議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 我孫子市

平成15年  9月 定例会(第3回) 09月24日−05号




平成15年  9月 定例会(第3回) − 09月24日−05号









平成15年  9月 定例会(第3回)



 平成15年9月招集

我孫子市議会定例会会議録(第5号)

9月24日(水)

              −−−−−−−−−−−−



△議事日程

議事日程(第5号)

 平成15年9月24日(水)午後2時開議

日程第1.議案第1号ないし議案第24号及び請願・陳情並びに閉会中の継続審査総括審議

日程第2.発議案第1号

              −−−−−−−−−−−−

               午後2時15分開議



○議長(松島洋君) これより本日の会議を開きます。

              −−−−−−−−−−−−



△議案第1号ないし議案第24号及び請願・陳情並びに閉会中の継続審査総括審議



○議長(松島洋君) 日程第1、議案第1号ないし議案第24号及び請願・陳情並びに閉会中の継続審査の件を一括議題に供し、総括審議を行います。

 各委員会の審査結果について委員長の報告を求めます。総務企画常任委員長宇野真理子議員。

     〔総務企画常任委員長宇野真理子君登壇〕



◆総務企画常任委員長(宇野真理子君) 総務企画常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告いたします。

 初めに、議案及び発議案の審査結果について御報告いたします。

 議案第1号、我孫子市印鑑料条例の一部を改正する条例の制定について

 発議案第1号、我孫子市市政オンブズマン及び通報者の保護等に関する条例の制定について

 以上、議案1件、発議案1件について審査いたしました結果、発議案第1号につきましては、閉会中の勉強会を含め慎重に審査いたしました結果、起立少数につき否決すべきものと決定いたしました。また、議案第1号につきましては、多数をもって、可決すべきものと決定いたしました。

 続きまして、陳情の審査結果について御報告いたします。

 陳情第73号、国民健康保険の改善を求める陳情について

 陳情第45号、公共工事における賃金等確保条例(公契約条例)の制定にむけた検討を求める陳情書について

 陳情第59号、「基礎年金における国庫負担割合の引き上げを求める」意見書の提出に関する陳情書について

 陳情第62号、合併についての住民投票条例の制定について

 陳情第69号、清潔で公正・公平な国民奉仕を貫く公務員制度の確立を求める陳情書について

 以上、陳情5件について審査いたしました結果、陳情第73号につきましては起立者がなく、その他の陳情につきましては起立少数につき、不採択にすべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして総務企画常任委員会の報告を終わります。



○議長(松島洋君) 教育福祉常任委員長沢田愛子議員。

     〔教育福祉常任委員長沢田愛子君登壇〕



◆教育福祉常任委員長(沢田愛子君) 教育福祉常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案の審査結果について御報告申し上げます。

 議案第2号、我孫子市保育園設置条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第9号、我孫子市民プールの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について

 議案第13号、平成15年度我孫子市老人保健特別会計補正予算(第1号)について

 議案第14号、平成15年度我孫子市介護保険特別会計補正予算(第1号)について

 以上、議案4件について慎重に審査いたしました結果、議案第9号につきましては多数をもって、議案第2号、議案第13号及び議案第14号につきましては全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 なお、議案第9号につきましては、老朽化した市民プールについて、廃止するのであれば、温水プールを早期に整備すべきであるとの意見がありました。

 次に、請願の審査結果について御報告申し上げます。

 請願第25号、全ての子に教育の機会均等を保障し、ゆき届いた教育条件を改善していくための請願書について

 今回、請願者より、要旨について一部訂正願が提出されたことにより、委員会としてその願意を認め、全員異議なく、採択すべきものと決定いたしました。

 次に、陳情の審査結果について御報告申し上げます。

 陳情第71号、幼稚園・保育所の「一元化」、保育所調理室の必置規制撤廃論議に関する意見書提出の陳情書について

 陳情第72号、「保育所運営費の一般財源化」に関する意見書提出の陳情書について

 慎重に審査いたしました結果、いずれの陳情も全員異議なく、採択すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして教育福祉常任委員会の報告を終わります。



○議長(松島洋君) 環境経済常任委員長関谷俊江議員。

     〔環境経済常任委員長関谷俊江君登壇〕



◆環境経済常任委員長(関谷俊江君) 環境経済常任委員会に付託されました議案の審査結果について御報告申し上げます。

 議案第3号、損害賠償の額の決定について

 議案第8号、財産の取得について

 議案第12号、平成15年度我孫子市手賀沼浄化事業特別会計補正予算(第1号)について

 以上、議案3件について審査した結果、いずれの議案も全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上をもちまして環境経済常任委員会の報告を終わります。



○議長(松島洋君) 都市建設常任委員長早川真議員。

     〔都市建設常任委員長早川真君登壇〕



◆都市建設常任委員長(早川真君) 都市建設常任委員会に付託されました案件の審査結果について御報告申し上げます。

 初めに、議案の審査結果について御報告申し上げます。

 議案第4号、我孫子市景観条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第5号、市道路線の認定について

 議案第6号、市道路線の廃止について

 議案第7号、市道路線の変更について

 議案第11号、平成15年度我孫子市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)について

 議案第15号、平成15年度我孫子市水道事業会計補正予算(第1号)について

 以上、議案6件について慎重審査いたしました結果、いずれの議案も全員異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、請願の審査結果について御報告申し上げます。

 請願第27号、汚水マンホールから汚水の噴出す下水道の原因調査と必要な対策を一刻も早く実施し若松地区住民の不安を除去していただくための請願書について

 請願第3号、「天王台上流調整池計画に関する解析調査」を見直し、真に有効な水害対策の実施を求める請願について

 請願第4号、天王台上流調整池の築造を含む治水対策の早期実現を求める請願について

 以上、請願3件について慎重審査いたしました結果、請願第3号及び請願第4号については、全員異議なく、閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。請願第27号については、全員異議なく、採択すべきものと決定いたしました。

 次に、陳情の審査結果について御報告申し上げます。

 陳情第7号、天王台幹線排水路事業の予算を確保するため積立基金を創設し予算面から事業の進行促進を図り、1日でも早く「年超過確率5年の降雨」では水害が起こらなくすることをお願いする件について

 陳情第19号、木下工務店住宅地開発計画に対する陳情について

 陳情第64号、我孫子駅をよくするための施設要望について

 陳情第67号、我孫子駅をよくするための陳情書について

 以上、陳情4件について慎重審査いたしました結果、陳情第64号及び陳情第67号については、可否同数となり、委員長採決の結果、閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。陳情第7号及び陳情第19号については、全員異議なく、閉会中の継続審査とすべきものと決定いたしました。

 なお、天王台の治水対策関係の請願及び陳情につきましては、今任期の中で委員会の審査及び閉会中の勉強会、現地視察を行い、天王台流域の治水対策が停滞することのないよう、天王台上流調整池築造、泉地区管内貯留及び並木地区排水路改修の3ヵ所について、それぞれ事業を進めるよう提案し、天王台上流調整池築造については、それぞれ相反する請願であるため、住民との円卓会議等の話し合いを実現するよう進言してきましたが、時間の経過とともに、この地域を取り巻く状況も大きく変化しており、他の治水事業の進捗を見ながら、その効果等についてなお経過を見る必要があるのではないかという意見が出されました。

 また、陳情第64号及び陳情第67号につきましては、我孫子駅構内の通路の改修も含め、今議会で市長より3つの提案がなされた中、今後JRとの協議も更に必要であり、また、現在我孫子隧道改修の具体的計画も示され、その方向性を見定める必要性があると委員長として判断いたしましたことを申し添えて、都市建設常任委員会の報告を終わります。



○議長(松島洋君) 予算審査特別委員長津川武彦議員。

     〔予算審査特別委員長津川武彦君登壇〕



◆予算審査特別委員長(津川武彦君) 予算審査特別委員会に付託されました議案の審査結果について報告をいたします。

 議案第10号、平成15年度我孫子市一般会計補正予算(第2号)につきまして、慎重審査をしてまいりました。

 賛成討論の後、採決をいたしました結果、全員が異議なく、原案どおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上で予算審査特別委員会の報告を終わります。



○議長(松島洋君) 決算審査特別委員長及び議会運営委員長小泉良雄議員。

     〔決算審査特別委員長及び議会運営委員長小泉良雄君登壇〕



◆決算審査特別委員長及び議会運営委員長(小泉良雄君) 決算審査特別委員会に付託されました平成14年度決算認定議案9件の審査結果について御報告いたします。

 これらの案件につきましては、収支命令に符合しているか、計算に間違いはないか、収支は適法か、予算が所期の効果を上げたどうか等について審査をいたしました。

 議案第16号、平成14年度我孫子市一般会計歳入歳出決算の認定について

 議案第17号、平成14年度我孫子市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第18号、平成14年度我孫子市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第19号、平成14年度我孫子市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第20号、平成14年度我孫子市手賀沼浄化事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第21号、平成14年度我孫子市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第22号、平成14年度我孫子市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第23号、平成14年度我孫子市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について

 議案第24号、平成14年度我孫子市水道事業会計歳入歳出決算の認定について

 以上、9議案について慎重に審査いたしました結果、議案第16号及び議案第17号については多数をもって、議案第18号ないし議案第24号については全員異議なく、認定すべきものと決定いたしました。

 なお、議案第16号につきましては、委員より反対討論がありましたことを申し添えまして、決算審査特別委員会の報告を終わります。

 続きまして、議会運営委員会に付託され、閉会中の継続審査となっております請願の審査結果について御報告を申し上げます。

 請願第20号、市議会・委員会の議場における情報機器の使用解禁の請願について

 継続審査について採決したところ、起立少数のため、続いて願意で採決した結果、起立少数により不採択とすべきものと決定いたしました。

 なお、審査におきましては、将来に向けて情報機器導入の必要性は認めるが、会議録への記録方法、機器使用に対応できる議事堂、委員会室の改造など、時間をかけて検討すべき事項があり、使用解禁は時期尚早であるという結論に達しました。

 以上をもちまして議会運営委員会の報告を終わります。



○議長(松島洋君) 以上をもって委員長の報告は終わりました。委員長報告に対する質疑はありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(松島洋君) ないものと認めます。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 討論は通告がありませんので、ないものと認めます。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) これより順次採決いたします。

 閉会中の継続審査となっております発議案第1号、我孫子市市政オンブズマン及び通報者の保護等に関する条例の制定について、委員長報告は否決であります。発議案第1号について、原案に賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって発議案第1号は否決されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 議案第1号、我孫子市印鑑条例の一部を改正する条例の制定について、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。よって議案第1号は可決されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 議案第9号、我孫子市民プールの設置及び管理に関する条例を廃止する条例の制定について、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。よって議案第9号は可決されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 議案第16号及び議案第17号を一括して採決いたします。

 議案第16号、平成14年度我孫子市一般会計歳入歳出決算の認定について、議案第17号、平成14年度我孫子市国民健康保険事業特別会計歳入歳出決算の認定について、以上、議案2件について、委員長報告のとおり、認定するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。よって議案第16号及び議案第17号は認定されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 議案第18号ないし議案第24号を一括して採決いたします。

 議案第18号、平成14年度我孫子市土地区画整理事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第19号、平成14年度我孫子市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第20号、平成14年度我孫子市手賀沼浄化事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第21号、平成14年度我孫子市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第22号、平成14年度我孫子市公共用地取得事業特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第23号、平成14年度我孫子市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、議案第24号、平成14年度我孫子市水道事業会計歳入歳出決算の認定について、以上、議案7件について、委員長報告のとおり、認定するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。よって議案第18号ないし議案第24号は認定されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) ただいま議決いたしました議案を除く各議案について、委員長報告のとおり、原案に賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立全員と認めます。よって各議案は可決されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) これより請願・陳情について採決いたします。

 陳情第73号、国民健康保険の改善を求める陳情について、委員長報告は不採択であります。陳情第73号について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって陳情第73号は不採択と決定いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 陳情第45号、公共工事における賃金等確保条例(公契約条例)の制定にむけた検討を求める陳情書について、委員長報告は不採択であります。陳情第45号について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって陳情第45号は不採択と決定いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 陳情第62号、合併についての住民投票条例の制定について、委員長報告は不採択であります。陳情第62号について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって陳情第62号は不採択と決定いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 陳情第69号、清潔で公正・公平な国民奉仕を貫く公務員制度の確立を求める陳情書について、委員長報告は不採択であります。陳情第69号について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって陳情第69号は不採択と決定いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 請願第20号、市議会・委員会の議場における情報機器の使用解禁の請願について、委員長報告は不採択であります。請願第20号について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって請願第20号は不採択と決定いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 陳情第59号、「基礎年金における国庫負担割合の引き上げを求める」意見書の提出に関する陳情書について、委員長報告は不採択であります。陳情第59号について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。よって陳情第59号は不採択と決定いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 陳情第64号及び陳情第67号を一括して採決いたします。

 陳情第64号、我孫子駅をよくするための施設要望について、陳情第67号、我孫子駅をよくするための陳情書について、以上、陳情2件について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立少数と認めます。

 継続審査とすることについて過半数の賛成が得られませんでしたので、続いてお諮りいたします。

 陳情2件について、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。(「10人しかいないんじゃないの」と呼ぶ者あり)よって陳情第64号及び陳情第67号は採択と決定いたしました。(「全然いないよ、今。議長、間違いないですか、今の採決」と呼ぶ者あり)間違いありません。(「半分いないよ」と呼ぶ者あり)

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 請願第4号、天王台上流調整池の築造を含む治水対策の早期実現を求める請願について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。よって請願第4号の閉会中の継続審査は許可されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 請願第3号、陳情第7号及び陳情第19号を一括して採決いたします。

 請願第3号、「天王台上流調整池計画に関する解析調査」を見直し、真に有効な水害対策の実施を求める請願について、陳情第7号、天王台幹線排水路事業の予算を確保するため積立基金を創設し予算面から事業の進行促進を図り、1日でも早く「年超過確率5年の降雨」では水害が起こらなくすることをお願いする件について、陳情第19号、木下工務店住宅地開発計画に対する陳情について、以上、請願1件、陳情2件について、委員長報告のとおり、閉会中の継続審査を許可するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立多数と認めます。よって請願第3号、陳情第7号及び陳情第19号の閉会中の継続審査は許可されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 請願第25号、請願第27号、陳情第71号及び陳情第72号を一括して採決いたします。

 請願第25号、全ての子に教育の機会均等を保障し、ゆき届いた教育条件を改善していくための請願書について、請願第27号、汚水マンホールから汚水の噴出す下水道の原因調査と必要な対策を一刻も早く実施し若松地区住民の不安を除去していただくための請願書について、陳情第71号、幼稚園・保育所の「一元化」、保育所調理室の必置規制撤廃論議に関する意見書提出の陳情書について、陳情第72号、「保育所運営費の一般財源化」に関する意見書提出の陳情書について、以上、請願2件、陳情2件について、委員長報告のとおり、願意妥当と認め採択するに賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立全員と認めます。よって請願第25号、請願第27号、陳情第71号及び陳情第72号は採択と決定いたしました。

     (豊島庸市君退席)

              −−−−−−−−−−−−



△発議案第1号



○議長(松島洋君) 日程第2、発議案第1号を議題に供します。

     (巻末資料に掲載)



○議長(松島洋君) お手元に配付のとおり、所定の賛成者を得て、発議案1件が提出されました。

 発議案の配付漏れはありませんか。

     (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(松島洋君) ないものと認めます。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) お諮りいたします。ただいま議題としております発議案につきましては、この際成規の手続を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(松島洋君) 御異議ないものと認めます。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) これより採決いたします。

 発議案第1号、幼稚園・保育所の「一元化」、保育所調理室の必置規制撤廃論議及び「保育所運営費の一般財源化」に関する意見書について、原案に賛成の議員は起立願います。

     (賛成者起立)



○議長(松島洋君) 起立全員と認めます。よって発議案第1号は可決されました。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 可決されました意見書の取り扱いについては議長に一任願います。

              −−−−−−−−−−−−



○議長(松島洋君) 以上で今期定例会に付議されました案件の審議はすべて終了いたしました。

              −−−−−−−−−−−−



△宮田基弘君の発言



○議長(松島洋君) ここで、宮田基弘議員、増田文俊議員、飯牟礼一臣議員、栗原洋子議員から発言を求められておりますので、これを許します。

 初めに、宮田基弘議員。

     〔宮田基弘君登壇〕



◆(宮田基弘君) 宮田でございます。大変お疲れのところ恐縮に存じますが、議長からお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し述べさせていただきたいと存じます。

 私は、今任期であります11月30日をもちまして、後進に道を譲るために勇退することといたしました。

 翻って考えてみますと、私を御支持いただきました市民の皆様の真心からの御支援によりまして、昭和58年11月、初当選をさせていただきました。当時、8人の新人が当選をいたしまして、実に4分の1、当時の議席は32議席でございましたので、4分の1が入れ替わり、まさに新旧交代の時期であったと思います。そして8人の議員は、3期まで御一緒でございました。そしてその後、お1人は市長に、お1人は大学の教授に、お1人は実業家へと、それぞれ転身をされました。そして残る5人は、5期連続当選をし、現在では御存じのとおり、それぞれ各会派の会長ないしは会派の中心者として活躍をしておられることにつきましては、まさに御同慶の至りでございます。

 ところで我孫子市は、今回、どことも合併をせず、自立したまちづくりを進めることになりました。低迷する景気の中で、税収は伸び悩み、財政状況は極めて厳しい局面を迎えるものと思われます。マックス・ウェーバーは、『職業としての政治』の中で、「政治とは、情熱と判断力の2つを駆使しながら、厚い板に力を込めてじわじわっと穴をくり抜いていく作業である」、こう言っております。私もまさにそのとおりであると実感をいたしております。

 さて、任期満了に伴います我孫子市議会議員選挙は11月に予定をされております。ひょっとすると、衆議院選挙とダブるのではないかとも言われております。現職で出馬される皆様が、見事激戦を勝ち抜かれ、引き続き市政に参画をされ、市民のために御尽力賜りますよう、心からお願いを申し上げますとともに、これまで大変お世話になりました市民の皆様、そして先輩、同僚の議員の皆様、そして市長初め全職員の皆様に心からの感謝と御礼を申し上げ、勇退のごあいさつとさせていただきます。皆さん、長い間本当にありがとうございました。(拍手)

              −−−−−−−−−−−−



△増田文俊君の発言



○議長(松島洋君) 続きまして、増田文俊議員。

     〔増田文俊君登壇〕



◆(増田文俊君) 皆さん、16年間ありがとうございました。私も昭和62年に議員になりまして、皆さんの御指導を受けながらここまでやってこれました。これもひとえに皆さんの力添えだと心から感謝しております。また、市長初め職員の皆様には、本当にお世話になりました。

 これからも我孫子市のために一市民として我孫子市を見つめていきたいと思っております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。どうもありがとうございました。(拍手)

              −−−−−−−−−−−−



△飯牟礼一臣君の発言



○議長(松島洋君) 続きまして、飯牟礼一臣議員。

     〔飯牟礼一臣君登壇〕



◆(飯牟礼一臣君) 大変今は平和な気分でおります。

 私は8月に68歳になりました。今、日本の男性の平均寿命は78歳でございます。あと10年、もし生きられるとすれば、あと10年しか私の人生はありません。

 実は私、個人的なことになりますけれども、中学校の3年生のときに、15歳のとき、昔で言えば元服のときですけれども、将来何になろうかということをいろいろ考えました。末は博士か大臣かではないですけれども、子供の夢をたくさん持っておりました。作家になりたい、舞台俳優になりたい、会社の社長になりたい、政治の世界にも入りたい、マスコミの世界でも頑張ってみたい、子供らしいロマンに満ちた夢をたくさん抱いておりました。しかし、それだけの夢をかなえるには、10年ごとに仕事をかえていかないと実現できない。そこで私は勝手に人生10年一節説というものをつくりまして、10年ごとに仕事をかえて挑戦してまいりました。市議会議員は12年ですので、10年で辞めるわけにはいきませんけれども、人生10年一節論を掲げながら、これまで頑張ってまいりました。

 この話を聞いて、多くの人は誇大妄想狂じゃないかということで笑われましたけれども、1人だけ、「この男のロマンを実現するのなら、私は屋台を引いてでもあなたを支えていきます」という女性が、たった1人おりました。それが今の家内でございます。

 この先、最後の10年間、私はやりたいと思って1つ残っておりました物書きに挑戦したいと思っております。これが実現できるかどうかは、これからの私の能力のいかんにかかっておりますけれども、最後の10年間、男のロマンを求めて頑張っていきたいと思っております。

 いよいよお別れのときがやってまいりました。私は再びこの赤いじゅうたんを踏むことはないでしょう。本当に市民の皆さんありがとうございました。市役所の皆さん、本当にありがとうございました。議員の皆さんも、本当にありがとうございました。万感の思いを込めて、さようなら。(拍手)

              −−−−−−−−−−−−



△栗原洋子君の発言



○議長(松島洋君) 続きまして、栗原洋子議員。

     〔栗原洋子君登壇〕



◆(栗原洋子君) 貴重なお時間をいただきまして、一言ごあいさつをさせていただきます。

 私も今期で議員を引退いたしますけれども、3期12年間にわたり議員生活を続けてこられましたのも、市民の皆様方の御支援はもちろんのこと、同僚の議員の皆様方、また議会事務局の皆様方、また市長初め行政職の皆様方の御協力があったからこそと、本当に心から御礼申し上げます。

 私は、我孫子市で安心して老後を過ごしたいという思いのもとに議員活動を続けてまいりましたけれども、昨日65歳になりまして、介護保険の対象者になりました。できるだけ介護保険を利用する期間は短くしたいと思いますので、今後は健康に気をつけて過ごしたいと思っております。

 また、皆様方におかれましては、これからも我孫子市の発展のため、また、よりよい我孫子市をつくるために、是非とも御尽力をいただきたいと心からお願いするとともに、皆様方の御健康、御活躍を今後もお祈りいたしまして、お別れのごあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。(拍手)

              −−−−−−−−−−−−



△市長の発言



○議長(松島洋君) ここで市長から発言を求められておりますので、これを許します。福嶋浩彦市長。

    〔市長福嶋浩彦君登壇〕



◎市長(福嶋浩彦君) どうも議員の皆様には、平成11年から今任期の4年間、市政に対しまして大変な御協力、また御指導をいただきましたことを、改めて心からお礼を申し上げます。

 この4年間というのは、文字どおり20世紀から21世紀への橋渡しの時期でした。2000年には、地方分権一括法が施行をされ、また、介護保険も始まりました。また2002年には、我孫子市の新しい総合計画「手賀沼のほとり心輝くまち 〜人・鳥・文化のハーモニー〜」がスタートをいたしました。基本構想については、皆様が全員一致で可決していただいたものです。

 また、今年2003年の初めには、これまで検討してきた2市1町の合併の問題について結論を出し、我孫子独自のまちづくりを進めていく決意をしました。

 将来、我孫子の歴史を振り返ったときに、この4年間というのは非常に大きな意味を持つ4年間だったのではないかと思います。皆様からこの間いただきましたいろいろな御提言、御意見をしっかりと受けとめて、これからのまちづくりに生かしていきたいと思っております。

 11月には市議会の改選を迎えますけれども、皆様にはまたこの議場でお会いできると思います。どうか体には十分気をつけて御健闘をいただきますよう、お願いを申し上げます。

 また、今、大変心にしみるごあいさつをいただきました4人の引退される議員の皆様には、本当に長い間御苦労さまでした。市政発展のために尽くされました皆様の大きな御功績に心から敬意を表し、感謝を申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

 地方分権の時代、これからますます市民と協働のまちづくりが大切になると思います。どうか立場はかわりましても引き続き市政に対します御指導や御支援をいただきますよう、心からお願いを申し上げます。皆様の御健勝と御活躍をお祈りをして、簡単ですけれども、お礼の言葉とさせていただきます。本当にありがとうございました。

              −−−−−−−−−−−−



△議長の発言



○議長(松島洋君) 任期最後の定例会の閉会に当たり、一言ごあいさつを申し上げます。

 去る9月1日から開会いたしました定例会は、例年とは違い、秋とは思えない暑い日の中での審議でありましたが、本日をもって閉会となります。議員の皆様には、本会議並びに予算、決算特別委員会、各委員会におきまして、慎重なる御審議をいただきました。厚く御礼申し上げます。

 また、議長就任以来4回の定例会を通じ、議会改革のために議会運営委員会の皆様には特にたびたびの御審議をいただき、全議員の皆様方にも御協力をいただきました。ありがとうございました。おかげさまで、数件にわたり改善、改革が実現し、次の機会に灯をともしながら引き継ぐことができたと思っております。

 執行部の皆様方におかれましては、企画立案から事業の執行、評価、検証まで組織をしっかりと生かし、困難な時代を乗り切り、市政発展のために努力されますようお願いを申し上げます。

 さて、改めてこの4年間を振り返りますと、日本を取り巻く世界の状況は大きく変化し、日本の社会、経済の情勢は、1990年代前半には予想もしなかった事態となり、過去のことは夢として新しい発想で対応しなければならない時代を迎えました。

 我孫子市におきましても、国の三位一体の改革を受けながら、少子高齢化の進行、さらには地域的な人口の偏り、歳入の減少の中で多様化する市民の要望にこたえ得る方策を見出していかなければならないわけでありますが、他市との合併をせずに独自の我孫子市づくりをする道を選びました。いずれも難しいことばかりでありました。困難なときこそ市政の効率的な運営が必要になります。都市経営の理念を基本に据えて市政を考えること、そして確かな情報と知識に基づいて判断をし、情熱を持って事に当たり、決断していくことが求められます。議会と執行部が地方自治のあり方を明確に認識し合うことも大切です。この4年間、私たち議員は高い見識を持って諸問題の解決に鋭意尽力してまいりましたことを、お互いに誇りを持って慰労し合いたいと思います。議会運営につきましても、より市民に開かれた議会とするよう、もろもろの改革が進みましたことは高く評価されるものと確信しております。

 最後に、今期限りで勇退されます議員の皆様方におかれましては、豊かな御経験とたゆまぬ御努力、あふれる個性を発揮され、議会に多大の貢献をされましたことに、議会を代表して心から感謝を申し上げます。また、青年の雰囲気をお持ちの皆様が御勇退されますことは、まことに残念でありますが、どうぞ御健康に十分留意され、我孫子市発展のため末長い御指導、御鞭撻を賜りますようお願い申し上げ、宮田基弘議員、増田文俊議員、飯牟礼一臣議員、栗原洋子議員への御礼の言葉といたします。

 また、来る11月の市会議員選挙に立候補される議員の皆様方におかれましては、御健康に留意され、市民の皆様に自らの思いを訴え、御支持を得て、再びこの議場で御一緒できますよう御健闘をお祈り申し上げ、議長のあいさつといたします。

 なお、10月9日には臨時議会が招集される予定でございます。その際には全員御参集くださいますようお願いを申し上げまして、本議会の定例会を終わることにいたします。本当に長い間御苦労さまでした。(拍手)

平成15年9月24日午後3時09分閉会

              −−−−−−−−−−−−



△本日の会議に付した事件

1.議案第1号ないし議案第24号及び請願・陳情並びに閉会中の継続審査総括審議

1.発議案第1号

              −−−−−−−−−−−−

出席議員

 議長   松島 洋君

 副議長  青木宏榮君

 議員

      佐藤幸子君      早川 真君

      坂巻宗男君      川村義雄君

      中島俊明君      関谷俊江君

      今井 勝君      沢田愛子君

      岡田 彰君      栗原洋子君

      宇野真理子君     渡辺光雄君

      勝部裕史君      鈴木美恵子君

      吉松千草君      飯牟礼一臣君

      宮本慈子君      豊島庸市君

      小泉良雄君      増田文俊君

      山川長敏君      宮田基弘君

      印南 宏君      津川武彦君

      鈴木一雄君      掛川正治君

              −−−−−−−−−−−−

欠席議員

      秋谷 明君

              −−−−−−−−−−−−

出席事務局職員

      事務局長       飯合節夫

      事務局次長      岡田登志男

      事務局次長補佐    倉部俊治

      書記         佐野哲也

              −−−−−−−−−−−−

出席説明員

      市長              福嶋浩彦君

      助役              渡辺 武君

      収入役             池田友二君

      教育長             今関敏男君

      水道局長            中村友教君

      企画調整室長          澤 次男君

      総務部長            鈴木光治君

      (併)選挙管理委員会事務局長

      市民部長            飯島 守君

      保健福祉部長          岩井和子君

      環境生活部長          豊嶋 誠君

      建設部長            中野 洋君

      都市部長            矢野 寛君

      消防長             若泉 薫君

      監査委員事務局長        大類泰久君

      教育総務部長          鈴木由男君

      生涯学習部長          伊藤 久君

      生涯学習推進担当参与      渥美省一君