議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 我孫子市

平成 9年 12月 定例会(第4回) 12月02日−01号




平成 9年 12月 定例会(第4回) − 12月02日−01号









平成 9年 12月 定例会(第4回)



 平成9年12月招集

     我孫子市議会定例会会議録(第1号)

 平成9年12月2日(火)

現在議員32名で次のとおり

      早川 真君      矢吹啓子君

      坂巻宗男君      宇野真理子君

      関谷俊江君      渡辺光雄君

      勝部裕史君      沢田愛子君

      吉岡正子君      栗原洋子君

      飯牟礼一臣君     宮本慈子君

      青木宏榮君      小泉良雄君

      山川長敏君      鈴木美恵子君

      岡田 彰君      印南 宏君

      豊島庸市君      増田文俊君

      渡辺永治君      掛川正治君

      宮田基弘君      吉松千草君

      山本忠雄君      佐々木豊治君

      秋谷 明君      鈴木一雄君

      松島 洋君      津川武彦君

      渡辺太成君      村越新男君

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会

 平成9年12月2日(火)午後3時16分開議



○議長(増田文俊君) ただいまから平成9年第4回我孫子市議会定例会を開会いたします。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程

議事日程(第1号)

 平成9年12月2日(火)午後1時開議

日程第1.会期の件

日程第2.会議録署名議員指名

日程第3.議案第1号ないし議案第11号及び報告第1号

     (市政一般報告及び提案理由の説明)

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(増田文俊君) 直ちに本日の会議を開きます。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の報告



○議長(増田文俊君) 日程に先立ち諸般の報告を申し上げます。

 市長より請願に対する処理経過について、平成8年度我孫子市歳入歳出決算審査意見書の正誤表について、監査委員から現金出納検査の結果報告等がありました。それぞれお手元に配付の印刷物により御了承願います。

 以上をもちまして諸般の報告を終わります。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の件



○議長(増田文俊君) 日程第1、会期の件を議題に供します。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は本日から12月16日までの15日間とすることに御異議ございませんか。

               (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(増田文俊君) 御異議ないものと認めます。よって会期は15日間と決定されました。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員指名



○議長(増田文俊君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議規則第81条の規定により、議長から指名いたします。

               吉松千草君

               山本忠雄君

 以上の両君にお願いいたします。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議長の報告



○議長(増田文俊君) 本日、市長から議案の送付があり、これを受理いたしましたので、御報告いたします。

             (巻末資料に掲載)



○議長(増田文俊君) 議案の配付漏れはございませんか。

                (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(増田文俊君) ないものと認めます。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号ないし議案第11号及び報告第1号(市政一般報告及び提案理由の説明)



○議長(増田文俊君) 日程第3、議案第1号ないし議案第11号及び報告第1号を一括議題に供します。提案理由の説明を求めます。市長福嶋浩彦君。

                〔市長福嶋浩彦君登壇〕



◎市長(福嶋浩彦君) 平成9年第4回我孫子市議会定例会の開会に当たり、市政に関する一般報告をいたします。

 まず、古利根沼周辺整備構想案についてです。

 昨年度より策定作業を行ってきましたが、このたび構想案がまとまりました。

 構想案は、古利根沼周辺の環境特性を生かし、全体の樹林地を「環境保全ゾーン」「自然観察の森ゾーン」など4つのゾーンに区分し、貴重な自然環境の保全と生態系の復活及び一部樹林地の利用を目標とした内容です。

 今後は、この構想案に基づいたさまざまな保全方策を研究しながら具体的な事業となるよう努力していきますので、御理解と御協力をお願いいたします。

 また、樹林地の一部である国有地の取得についても、約1.1ヘクタールのうち3分の1を無償貸与、3分の2を時価で払い下げるとの大蔵省方針が決定されましたので、今年度内の売買契約に向けて事務手続を進めていきます。

 次は、手賀沼を誇れるまちづくり計画の推進についてです。

 千葉県東葛飾土木事務所が岡発戸新田地区の湖岸堤と水辺の間の約1.6ヘクタールで、自然植生浄化施設の整備を今年度に行うことになりました。事業計画及び管理については、市民参加方式を取り入れたいとの意向です。

 これは、手賀沼を誇れるまちづくり計画の6つのプロジェクトのうちエコトーン再生プロジェクトとして受けとめ、水辺の植生空間の復活の一環として全面的に協力をしていきます。

 このため、手賀沼関係市民団体との懇談会など意見交換を行いながら、市として整備内容や管理手法についての要望事項をまとめていきます。

 次は、斜面緑地保全対策についてです。

 市の緑地の中心である斜面林は、近年の土地の高度利用や建築工法の進歩などにより、虫食い的な開発が目立っています。

 特に、我孫子を代表する景観である手賀沼沿いの斜面林を、長期的な視点に基づいて保全し次代に引き継ぐことは、私たちの重要な役割であり、大切な施策と考えています。

 このような斜面緑地の保全のため、斜面林の分布状況、残存樹林・樹木の保全管理や利用状況などを現地調査を踏まえて具体的に把握し、さらに所有者等を直接訪問し意向を十分把握した上で、既存の保全手法の見直し、所有者に対する助成措置のあり方などを早急に検討します。

 このため、都市計画や税制等の分野を担当した経験豊富な職員による斜面緑地保全研究会を年度内に設置します。さらに、外部の専門家の意見も取り入れながら保全すべき緑地の場所、量、優先順位などを決め、それぞれの緑地単位での保全手法を検討していきます。

 次は、コミュニティ整備計画の見直しについてです。

 見直し項目として、近隣センターの整備方針、近隣センターの管理・運営、まちづくり協議会の3項目に分類して検討しています。

 近隣センターの整備については、建物の規模とグレード及び他の公共施設との複合化による機能集約などを、近隣センターの管理・運営については、現方式の改善点や使用規定などを、まちづくり協議会については、位置づけや役割などを検討しています。

 これらの検討に当たっては、他計画との調整を図りながら進めていきます。

 次は、自主防災組織の育成についてです。

 阪神・淡路大震災の教訓を生かし、一昨年から防災計画の見直しを行い、ことし5月に新たな防災計画地震対策編をまとめました。その中で、予防対策の一つの大きな柱として自主防災組織の育成・強化を掲げました。

 現在、今年度新たに設立した10組織に加え、59組織の自主防災組織が結成されていますが、全自治会162団体の36%であり、組織の活動内容も十分とは言えないものも少なくありません。

 今後も、この防災計画に基づき、なお一層の設立の拡大と組織の活性化に向けて指導し、補助制度の効果的運用を図ります。また、昨年11月に設立された自主防災組織連絡協議会の活動を通して、組織間の横の連携に努めていきます。

 次は、我孫子メールによる市民課サービス業務の拡大についてです。

 現在、市役所や支所等に来庁できない方は、戸籍、住民票等を郵送で申請し、取り寄せることができる制度があります。

 このたび、郵便局の協力により協定が結ばれ、市内12ヵ所の郵便局の窓口に市で用意する専用の戸籍、住民票及び公的年金証明書等の申請書と、市への送付と返信用の2種類の封筒を置き、郵送での申請が容易にできる我孫子メールを平成10年1月5日から開始することにしました。

 次は、介護保険への対応についてです。

 現在、参議院で審議中の介護保険制度の導入に向けて、措置制度から保険制度への大転換に対応できる新たなシステムと準備組織の検討、医師会を初め各関係機関との調整などを行っています。

 また、平成10年度は、被保険者管理電算システムの開発、ケアマネージャーの育成など執行体制の準備を始め、在宅、施設入所者の中から100ケースの面接調査、認定審査会での審査、ケアプランの作成などを行う全国一斉のモデル事業を実施し、さらに被保険者のニーズ調査、介護保険事業計画策定などを行う予定です。

 この上に、平成12年4月から実施ができるように、平成11年度には介護保険担当課を設置し、介護保険条例の制定、保険証の配布、千数百ケースの調査、認定審査、ケアプランの作成などを行う計画です。

 市では今後とも介護基盤整備に全力を傾注し、「保険あって介護なし」ということがないよう努めていきます。

 次は、福祉総合相談窓口についてです。

 市民の皆さんの福祉に関するあらゆる相談に対応し、保健・医療・福祉サービスを効果的に提供する窓口として、福祉総合相談室を10月1日からスタートしました。

 10月の相談件数は119件で、項目は160件にも及んでいます。その内訳は、生活の相談、年金・手当の相談、在宅福祉サービス、医療・保健の相談、精神の相談が多く、その他、家庭問題、生きがいの相談など多岐にわたっています。また、福祉六法以外の相談も多く、住宅相談、葬儀や祭壇の相談、ボランティア資料が欲しいなどの相談があります。

 今後も、多様化する福祉ニーズに対応する相談窓口の一元化と、適切な福祉サービスの提供システムの確立を目指していきます。

 次は、福祉広報の発行についてです。

 広報「あびこ」と同じタブロイド版、2ページで、親しんでもらえるよう名称を「ぽっかぽか」として、第1号を12月16日の広報「あびこ」に綴じ込みで発行します。

 今後福祉広報は、当面年4回の季刊で発行する予定ですが、今年度は来年3月に第2号を考えています。

 次は、あらき園の増築と今後の対応についてです。

 平成9年7月から工事着手したあらき園の増改築工事は、増築部の食堂棟482.56平方メートルの鉄筋コンクリート工事が完了し、ドーム型屋根部の大断面集成材工事を施工しています。

 なお、既存棟の食堂及び厨房施設を作業室に改修する工事も12月上旬から着手し、増改築工事は平成10年2月下旬に竣工する予定です。

 次は、今後の学童保育についてです。

 児童福祉法の一部改正に伴い、学童保育が「放課後児童育成事業」として制度化され、平成10年4月1日から施行されます。

 本市では、これに先立ち平成8年度から学童保育室を公設公営とし、管理運営は教育委員会に事務委任していましたが、法改正を受け平成10年度から児童保育課において学童保育室の管理運営をすることにしています。

 また、各小学校区に1学童保育室の施設整備を図るため、2小学校区合同の学童保育室を分割し、各学校の余裕教室を活用して学童保育室の増設を行い、児童健全育成事業の向上を図っていきます。

 次は、商業活性化ビジョン策定についてです。

 「我孫子市商業活性化ビジョン」は、我孫子市の商業の将来像を描き、それを具体化するための基本方針と位置づけられるものです。現在、議会からの委員を含めた20名で構成される我孫子市商工観光事業振興審議会に諮問し、策定作業を進めています。

 審議会では、地区別の既存商店街の具体的活性化策、新たな商業展開による活性策、さらにこれらの活性化策についての行政・商工会等のフォローアップ体制についての審議をお願いしています。

 なお、審議会で商業部会を設置し、この部会が中心となってビジョンの策定作業を進めています。また、1年半以上にもわたり商業活性化について論議を重ねてきた我孫子市商業活性化研究会とも一体となって作業を進め、平成10年3月末の策定を目指しています。

 次は、天王台上流調整池整備事業についてです。

 天王台上流調整池の必要性等について、付近の関係住民の皆様に説明会や広報・お知らせの発行などを再三にわたり行い、御理解を得る努力をしてきました。

 この結果、調整池建設予定地の搬入路に当たる自治会の一部からは御理解を得て、工事協定書を結びました。

 しかし、調整池に接するマンションの皆様からはいまだに御理解が得られず、準備工事の仮囲い、仮排水路と仮桟橋の設置、場内の整地及び地盤改良工事に着手できていません。

 これ以上遅らせた場合は、これらの工事を年度内に完成させることが非常に困難になりますので、住民の皆様との話し合いは継続しながらも、早期着手に全力を挙げていきます。

 次は、開発行為についてです。

 三菱地所のマンション建設計画について事業者は、近隣住民並びに市議会の理解を得られるよう努力をするとのことであり、事業計画立案のため現在関係各課と開発指導要綱を踏まえて協議を行っています。

 今後も、これらの経過をもとに事業者の事業計画について十分に話し合いを行い、指導していきます。

 また、根戸塗手久保の開発行為は、対象面積約2,000平方メートルで、根戸グリーンタウンの西側隣接地の現在の擁壁を撤去し高さ7メートルの擁壁を構築し、戸建住宅を建設するものです。

 現在の高さ5メートルの擁壁は、安全性が確認されていないため新たに構築するとのことで相談があり、開発行為として協議を進め、6月2日に宅地開発事前協議申請書、擁壁の確認申請書の受理をしました。

 しかし、地元自治会から、紛争の予防と調整に関する条例に基づく十分な説明会が行われていないとの申し入れがあり、再度説明会を行うよう事業者を指導し、事前協議申請書及び確認申請書が7月15日に取り下げられました。その後の説明会の経過については、請願の処理経過のとおりですが、説明会が終了し宅地開発事前協議申請書を受け付けた後も、事業者に対しては、住民との十分な話し合いを行うよう指導していきます。

 次は、新木駅南側土地区画整理事業についてです。

 平成9年12月1日現在、工事の進捗率は約80%に達し、地区内の移転は対象家屋86件に対して72件が移転及び契約済みです。この整備状況から、組合理事会は、11月4日付で全区域の30%に当たる東側区域の権利者に対し土地の使用収益開始について通知しました。

 今後は、全区域の使用収益開始ができるよう平成10年度の工事完了を目途に指導していきます。

 次は、布佐駅東側土地区画整理事業についてです。

 本年度は、駅前広場及び都市計画道路布佐駅前線の基本設計に基づき、土地区画整理事業の基本計画書案の作成にとりかかっています。基本計画書は土地利用計画及び事業計画で構成され、権利者の合意形成と事業認可を得るための建設省協議図書の基本となるものです。

 基本計画書案の作成に当たっては、去る11月30日に土地利用別の懇談会を開催し、商業系の権利者と住居系の権利者からそれぞれの意見をお聞きしました。

 今後も引き続き同意率を向上させるため戸別訪問、説明会、地元組織づくり、先進地視察に取り組んでいく考えです。

 次は、我孫子駅前土地区画整理事業についてです。

 我孫子駅南口線の東側歩道改修工事が完了し、駅前線としての形がつくられつつあります。また駅前広場は、広場予定地内の未移転建物について、建築物移転検討委員会の検討を踏まえて移転交渉を行った結果、建物所有者との交渉がまとまり、1件については10月末に移転が完了し、残るもう1件も今年度中に移転することになりました。駅前広場整備を平成10年度の早期に着工できるよう、現在、一部地下埋設施設や暫定駅前広場の整備を進めているところです。

 次は、我孫子駅北口土地区画整理事業についてです。

 JR昇降階段改修工事は、JRとの協議が調い、JRの施工として10月の中旬に着手し、今年度に完了する見込みです。また、これとあわせて駅前広場の歩道未整備部分の工事を行っています。

 次は、成田線輸送力整備促進事業についてです。

 成田線輸送改善計画の一日も早い再提示に向けて、乗降客数が増加傾向になる施策を推進していきます。

 具体的な施策は、JR東日本、千葉県及び期成会が「勉強会」を行い、有効な活性化策やJR東日本と地元の負担割合を研究していきます。

 また、JR東日本の企業努力については、千葉県や期成会と協議しながら提案してもらうことを確認しております。特に、部分複線化の実現までの対策として、朝夕のラッシュ時、昼間時間帯の増発及び最終電車の延長について、ダイヤ改正時に反映されるよう努力していきます。

 さらに11月17日、千葉県知事に、千葉県が部分複線化事業の実施に向けて積極的に取り組むよう再度要請しました。知事からは、千葉県内の複線化推進事業の中で成田線が最優先であると認識しており事業を推進していくという考えが示されました。

 地元選出国会議員や県会議員にも御支援御協力をお願いし、引き続き事業着手に向けて全力で取り組んでいく決意です。

 次は、行政改革についてです。

 先にお送りしたとおり、行政改革の第二次実施計画を11月に策定しました。本計画は、平成10・11年度の2ヵ年の計画で、?事務事業のスクラップ・アンド・ビルド、?事務の簡素化、効率化、?コスト意識に基づく受益者負担の適正化、?委託化の推進と職員定数の抑制を基本に策定したものです。

 本計画の策定により、本市の行政改革は、計画策定の段階から第一次実施計画及び第二次実施計画の改革項目の実行の段階に入りました。

 『行政改革指針』で位置づけられた「市民の視点に立ち、行財政全般を点検し見直しを進める行政改革」は、これら改革項目の完全な実行により達成されます。

 今後は、行政改革推進室と各部局の行政改革統括推進員及び推進員を中心に計画の進行管理を行い、確実に実行していきます。

 以上で市政一般報告を終わりますが、各事業の推進について、議員の皆様の一層の御協力をよろしくお願いいたします。

 引き続き、提案理由の説明を申し上げます。

 議案第1号は、人事院勧告及び経済情勢を考慮し、一般職の職員の給料並びに扶養手当の額及び期末手当の支給率を改定するとともに、不祥事に伴う期末手当及び勤勉手当の支給に関しての差しとめ等の制度を導入するため、我孫子市一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第2号は、平成9年第3回定例市議会で用途廃止をした旧新木団地青年館の建物を、地元の新木団地自治会に無償譲渡するものです。

 議案第3号は、あらき園の定員を変更するため、我孫子市精神薄弱者更生施設の設置及び管理に関する条例の一部を改正するものです。

 議案第4号は、児童福祉法の改正に伴い、保育園への入園の仕組みを改めるため、我孫子市保育園入園措置条例の一部を改正するものです。

 議案第5号は、規制緩和の一環として、排水設備工事にかかわる指定工事店の指定要件の緩和等を行うとともに、あわせて条文の整備を行うため、我孫子市下水道条例の一部を改正するものです。

 議案第6号は、規制緩和の一環として、水道法の一部を改正する法律の施行に伴い、給水装置工事等にかかわる条文の整備を行うため、我孫子市水道事業給水条例の一部を改正するものです。

 議案第7号は、平成9年度我孫子市一般会計補正予算(第2号)を定めるものです。今回の補正は、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ1億8,074万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を292億2,034万1,000円とするものです。

 歳入については、消費譲与税並びに財政調整基金からの繰入金を財源とし、歳出では、人事異動及び人事院勧告に基づく給与の調整を行います。

 議案第8号は、平成9年度我孫子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)を定めるものです。今回の補正は、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ1億5,740万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を54億6,440万2,000円とするものです。

 歳入については、国庫支出金を追加するとともに前年度繰越金を財源とし、歳出では、老人保健拠出金や退職者医療給付費交付金償還金の追加などのほか、人事異動及び人事院勧告に基づく給与調整を行うものです。

 議案第9号は、平成9年度我孫子市土地区画整理特別会計補正予算(第1号)を定めるものです。今回の補正は、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ1,116万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億4,316万7,000円とするものです。

 歳入については前年度繰越金を財源とし、歳出では、人事異動及び人事院勧告に基づく給与調整を行うものです。

 議案第10号は、平成9年度我孫子市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)を定めるものです。今回の補正は、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ4,500万円を追加し、歳入歳出予算の総額を35億6,500万円とするものです。

 歳入については前年度繰越金等を財源とし、歳出では、ガス管切り回し工事補償並びに人事異動及び人事院勧告に基づく給与調整を行うものです。

 議案第11号は、平成9年度我孫子市水道事業会計補正予算(第1号)を定めるものです。今回の補正は、改良事業費中、妻子原浄水場中央監視設備更新事業の位置づけを見直すことに伴い、その事業費を減額するとともに、人事院勧告に基づく給与調整を行うものです。

 報告第1号は、地方自治法第180条第1項の規定により、議会から指定をいただいた専決処分事項について、同条第2項の規定により報告するものです。

 以上をもって提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上、御可決いただきますようお願い申し上げます。



○議長(増田文俊君) 以上をもって提案理由の説明は終わりました。

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会の件



○議長(増田文俊君) 明3日から8日までは議案自宅審査のため休会いたします。来る12月9日は午後1時から会議を開きます。本日はこれをもって散会いたします。

                 午後3時47分散会

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△本日の会議に付した事件

1.会期の件

1.会議録署名議員指名

1.議案第1号ないし議案第11号及び報告第1号

  (市政一般報告及び提案理由の説明)

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員

 議長   増田文俊君

 副議長  宮田基弘君

 議員

      早川 真君       矢吹啓子君

      坂巻宗男君       宇野真理子君

      関谷俊江君       渡辺光雄君

      勝部裕史君       沢田愛子君

      吉岡正子君       栗原洋子君

      飯牟礼一臣君      宮本慈子君

      青木宏榮君       小泉良雄君

      山川長敏君       鈴木美恵子君

      岡田 彰君       印南 宏君

      豊島庸市君       渡辺永治君

      掛川正治君       吉松千草君

      山本忠雄君       佐々木豊治君

      秋谷 明君       鈴木一雄君

      松島 洋君       津川武彦君

      渡辺太成君       村越新男君

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員

        なし

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席事務局職員

      事務局長        中村友教

      事務局次長       鈴木重和

      事務局次長補佐     田口耕三

      議事係長        藤代 勉

      書記          湯下正洋

      書記          川村 豊

           −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席説明員

      市長          福嶋浩彦君

      助役          松本成男君

      収入役         新井 洋君

      教育長         中村 宏君

      水道局長        土屋忠男君

      秘書室長        池田友二君

      企画財政部長      土田栄吉君

      総務部長        森田 渉君

      市民部長        花島 隆君

      保健福祉部長      大野木英夫君

      経済環境部長      水村哲也君

      建設部長        風澤 光君

      都市部長        畠山三郎君

      行政改革推進室長    豊嶋 誠君

      消防長         渡辺耕三君

      監査委員事務局長    林  勇君

      選挙管理委員会事務局長 酒井隆次君

      教育総務部長      矢島 弘君

      社会教育部長      高田利男君

      総務部付        今井 敬君