議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 八千代市

平成23年  9月 議会運営委員会 08月24日−01号




平成23年  9月 議会運営委員会 − 08月24日−01号









平成23年  9月 議会運営委員会



            議会運営委員会会議録

                平成23年8月24日午前9時58分開会

                           4階第2委員会室

議題 (1)議案の取り扱いについて

   (2)平成23年第3回定例会会期日程案について

   (3)その他

出席委員(6名)

   委員長   菅野文男   副委員長  嵐 芳隆

   委員    木下映実   委員    西村幸吉

   委員    橋本 淳   委員    山口 勇

   副議長   伊東幹雄

欠席委員(1名)

   委員    堀口明子

   議長    林 利彦

出席執行部職員

   市長           豊田俊郎

   副市長          竹之内正一

   総務企画部長       松永慶一郎

   総務企画部次長      山崎茂則

   総務課長         伊藤一男

   財務部長         相馬清彦

   財務部次長        坂巻祐一

   財政課長         安斉喜久夫

出席事務局職員

   議会事務局長       高橋次男

   議事課長         加藤義二

   議事課主任主事      平田武樹

               午前9時58分開議



○菅野文男委員長 おはようございます。開会に先立ち申し上げます。

 本日、堀口委員は病気療養のため、また、議長は都合により欠席いたしますので、御了承願います。

 ただいまの出席委員は6名であります。定足数に達しておりますので、これより議会運営委員会を開会いたします。

 これより議事に入ります。平成23年第3回定例会の議案並びに会期について協議をお願いします。

 初めに、議案について、執行部の説明を求めます。



◎豊田俊郎市長 皆さんおはようございます。本日は、委員の皆様方には御多用のところ、平成23年八千代市議会第3回定例会の開催について御協議をいただくため、議会運営委員会を開催していただきましてまことにありがとうございます。

 さて、今定例会に提案を予定しております案件といたしましては、補正予算案6件、条例の制定案1件、条例の一部改正案3件、契約の締結案4件、財産の取得案1件、決算の認定案2件、人事案1件の都合18案件を予定いたしております。

 その概要につきましては、財務部長及び総務企画部長より説明させますが、議会の招集日につきましては、来る8月31日を予定いたしておりますので、よろしくお願いをいたします。



○菅野文男委員長 ありがとうございました。相馬財務部長。



◎相馬清彦財務部長 私からは、最初に議案第1号から第6号について御説明させていただきます。座って説明させていただきます。

 お手元の配布資料のうち平成23年度9月補正予算(案)概要、それの1ページをご覧ください。A4で4枚綴ったものでございます。そちらをご覧いただきたいと思います。

 まず1ページ、議案第1号 一般会計補正予算(第2号)につきましては、第1条歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出それぞれ8億9,162万円を追加いたしまして、総額を541億5,605万9千円とするものでございます。

 補正理由といたしましては、市民生活に係る緊急課題へ対応するとともに御案内のようにこの度の東日本大震災に起因いたしました景気の減退に伴う税収の落ち込みや災害復旧、防災対策などの支出増が想定されますことから、それら変動要因に今後適切に対応できるよう財政基盤の強化に配慮した所要額の補正を行うものでございます。

 以下、その主な内容につきまして、表に沿って順次御説明申し上げます。

 まず、歳入でございますが、第15款国庫支出金では、地震防災対策特別措置法の適用によります補助率の変更に伴いまして、小学校の地震補強等工事に係る安全・安心な学校づくり交付金で、1,700万円の増額を。

 そして、第16款県支出金におきましては、民間保育園施設の大規模修繕工事に係る安心こども基金事業費補助金の増額、高齢者や障害者等の社会的弱者支援に係る地域支え合い体制づくり事業補助金、東日本大震災に係る災害救助費負担金、被災者住宅再建資金利子補給事業補助金、液状化等被害住宅再建支援事業補助金の追加等々で、6,885万8千円の増額を。

 1つ飛びまして、第19款繰入金では、特別会計の平成22年度事業費の確定等によります精算に伴う繰入金の追加並びに財政調整基金繰入金の減額、合わせまして4億9,697万6千円の増額を。

 第20款繰越金におきましては、平成22年度決算剰余金の確定に伴いまして1億8,295万9千円の増額を。

 第21款諸収入では、東日本大震災に関連いたしまして千葉県市町村振興協会市町村交付金の増額並びに千葉県市町村振興協会災害見舞金の追加で、9,142万7千円の増額。

 最後に、第22款市債では、大和田・八千代台小学校の校舎地震補強等工事に係る地方債充当率の変更に伴いまして、3,430万円の増額をするものでございます。

 次に、歳出でございますが、2ページをご覧いただきたいと思います。

 2ページ最初に、第2款総務費では、東日本大震災による液状化等被害住宅の再建支援に係わります災害対策施設整備等事業、基幹情報システム管理事業の増額などで、7,974万6千円の増額を。

 第3款民生費におきましては、地域支え合い体制づくり事業補助金に係る老人福祉総務事業、保育園施設整備事業補助金に係る民間保育園運営事業の増額並びに東日本大震災被災者への対応といたしまして、応急仮設住宅借上事業の追加などで、6,518万1千円の増額。

 第4款衛生費におきましては、東京女子医科大学附属八千代医療センター用地購入に係る地域医療対策事業、不燃物埋立用地購入に係る廃棄物処理企画調整事業の増額などで合わせまして、5億8,602万円の増額をするものでございます。

 次に1つ飛びまして、第8款土木費でございますが、道路橋梁補修事業及び東日本大震災に伴います被災住宅の再建資金利子補給金に係る建築事務事業の増額並びに地域排水整備事業の追加などで、5,644万9千円の増額を。

 第10款教育費では、小・中学校施設・設備の修繕に係る小・中学校管理事業並びに小学校施設整備事業の増額で、2,150万6千円の増額を。

 最後に、第12款諸支出金におきましては、市債の適正な管理によりまして将来にわたり財政の健全な運営に努めるため、市債管理基金において8,000万円の積立金を増額するものでございます。

 次に、第2条地方債の補正におきましては、小学校の地震補強事業債の限度額を変更するものでございます。

 続きまして、特別会計の補正予算(案)について御説明申し上げます。3ページの方をご覧いただきたいと思います。

 議案第2号 国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、第1条歳入歳出予算の補正において歳入歳出それぞれ9億3,244万3千円を追加いたしまして、総額を189億1,443万4千円とするものでございます。

 主な内容といたしましては、まず歳入でございますが、第5款療養給付費等交付金で、9,785万2千円の増額。

 第10款繰入金で、財政調整基金繰入金3億8,980万8千円の増額。

 第11款繰越金で、平成22年度決算剰余金の確定に伴いまして4億4,478万3千円の追加をするものでございます。

 次に、歳出でございますが、まず最初に第10款諸支出金で、平成22年度事業費の確定に伴います精算のため国庫負担金等返還金並びに一般会計繰出金の追加を合わせまして、9億3,244万3千円の増額をするものでございます。

 続きまして、4ページをご覧いただきたいと思います。

 4ページ、議案第3号 介護保険事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、第1条歳入歳出予算の補正におきまして歳入歳出それぞれ5,264万9千円を追加いたしまして、総額を74億5,091万8千円とするものでございます。

 主な内容といたしましては、まず歳入でございますが、第3款国庫支出金で、平成22年度介護給付費の確定によります過年度分の追加交付に伴い、2,341万円の増額。

 第7款繰入金で、介護給付費準備基金繰入金590万5千円の増額。

 第8款繰越金で、平成22年度決算剰余金の確定に伴いまして、2,333万4千円の追加をするものでございます。

 次に、歳出でございますが、第6款諸支出金で、平成22年度事業費の確定に伴う精算のため、国・県、支払基金への返還に係る償還金並びに一般会計繰出金の追加合わせまして、5,264万9千円の増額をするものでございます。

 続きまして、5ページをご覧いただきたいと思います。

 議案第4号 後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきましては、第1条歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出それぞれ368万8千円を追加し、総額を14億6,675万7千円とするものでございます。

 内容は、平成22年度後期高齢者医療保険料納付金の確定に伴いまして、関連科目それぞれ所要の補正をするものでございます。

 続きまして、事業会計の補正予算(案)について御説明いたしますので、6ページをご覧いただきたいと思います。

 6ページ、議案第5号 水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、第3条資本的収入及び支出の補正において、まず収入でございますが、資本的収入で、西八千代北部特定土地区画整理事業水道工事負担金1億7,292万円の増額を。

 次に支出でございますが、資本的支出で、配水管等布設事業1億6,506万円の増額をするものでございます。

 続きまして、7ページをご覧いただきたいと思います。

 議案第6号 公共下水道事業会計補正予算(第1号)につきましては、最初に、第2条収益的収入及び支出の補正におきまして収入でございますが、下水道事業収益で、雨水処理負担金657万4千円の増額を。

 支出でございますが、下水道事業費用で、汚水管渠維持事業並びに雨水管渠維持事業合わせまして、2,165万円の増額をするものでございます。

 次に、第3条資本的収入及び支出の補正において支出でございますが、資本的支出で、計画及び認可等策定事業並びに雨水管渠改良事業合わせまして、1,181万3千円の増額をするものでございます。

 以上で、平成23年度9月補正予算(案)の概要説明とさせていただきます。

 引き続きまして、議案第16号及び17号について、簡潔に御説明申し上げます。

 まず、議案第16号につきましては、これに伴った資料はございません。平成22年度一般会計並びに特別会計の決算認定。議案第17号につきましては、平成22年度水道事業会計並びに公共下水道事業会計の決算認定に係るものでございます。

 この両案件につきましては、監査委員の決算審査に基づく意見をつけまして、議会の認定に付するため提案いたしたいとするものでございます。

 説明は、以上でございます。よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 ありがとうございました。松永総務企画部長。



◎松永慶一郎総務企画部長 私から、議案第7号から第15号及び第18号につきまして、御説明申し上げます。座らせていただきます。

 初めに、議案書の5ページをご覧ください。

 議案第7号 スポーツ基本法の施行に伴う関係条例の整備に関する条例の制定につきましては、スポーツ基本法の施行に伴い、関係条例を改正いたしたいとするものでございます。

 内容につきましては、スポーツ振興法の全部を改正したスポーツ基本法が施行され「スポーツ振興審議会」が「スポーツ推進審議会」に、「体育指導委員」が「スポーツ推進委員」に名称がそれぞれ改められたことなどに伴い、関連する条例の文言等を改正するものでございます。

 次に、議案書の7ページをご覧ください。

 議案第8号 八千代市税条例等の一部を改正する条例の制定につきましては、地方税法等の一部改正に伴い、条例を改正いたしたいとするものでございます。

 内容につきましては、寄付金税額控除の適用下限額の引下げ、秩序犯に係る罰則の見直し等、所要の規定の整備を行うものでございます。

 次に、議案書の19ページをご覧ください。

 議案第9号 八千代市下水道条例の一部を改正する条例の制定につきましては、下水道使用料の額を改定するため条例を改正いたしたいとするものでございます。

 内容につきましては、近年の核家族化や少子高齢化の進行、節水意識の浸透と節水型機器の普及により、下水道の少量使用者が増加していることから、こうした少量使用者の節水努力に報いると同時に節水型社会に対応した料金体系とするために、また、排除汚水量の多少に関係なく一律の使用料であった少量使用者間の公平性を図る観点から、使用者の実態に即した料金体系とするために基本料金と従量料金の二部料金制とするなど、使用料を改定するものでございます。

 次に、議案書の21ページをご覧ください。

 議案第10号 八千代市農業委員会委員の選挙区の設定及び選挙区毎の委員定数に関する条例及び八千代市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部を改正する条例の制定につきましては、住居表示の実施による字の区域及び名称の変更に伴い、条例を改正いたしたいとするものでございます。

 内容につきましては、勝田台駅北側地区に住居表示を実施するため、地方自治法第260条第1項の規定による字の区域及び名称の変更を行うことにより、同地区に勝田台北1丁目から勝田台北3丁目までの字の区域が生じることから、関連する条例の改正を行うものでございます。

 次に、議案書の23ページをご覧ください。

 議案第11号 契約の締結につきましては、八千代市市民会館耐震補強及び大規模改修工事、これは建築工事でございます。について、一般競争入札により、竹中・万葉特定建設工事共同企業体を契約の相手方として、契約金額8億3,979万円で契約を締結いたしたいとするものでございます。

 次に、議案書の25ページをご覧ください。

 議案第12号 契約の締結につきましては、八千代市市民会館耐震補強及び大規模改修工事、これは電気設備でございます。につきまして、一般競争入札により、きんでん・小池電機特定建設工事共同企業体を契約の相手方として、契約金額4億950万円で契約を締結いたしたいとするものでございます。

 次に、議案書の27ページをご覧ください。

 議案第13号 契約の締結につきましては、八千代市市民会館耐震補強及び大規模改修工事、これは機械設備でございます。について、一般競争入札により、東熱・竹中特定建設工事共同企業体を契約の相手方として、契約金額6億165万円で契約を締結いたしたいとするものでございます。

 次に、議案書の29ページをご覧ください。

 議案第14号 契約の締結につきましては、仮称八千代市学校給食センター西八千代調理場整備・運営事業について、総合評価一般競争入札により、八千代学校給食PFI株式会社を契約の相手方として、契約金額69億1,749万7,000円に金利変動及び物価変動による増減額並びに消費税及び地方消費税を加算した額の範囲内で契約を締結いたしたいとするものでございます。

 次に、議案書の31ページをご覧ください。

 議案第15号 財産の取得につきまして、高規格救急自動車を3,094万9,800円で、千葉日産自動車株式会社から取得いたしたいとするものでございます。

 次に、議案書の37ページをご覧ください。

 議案第18号 教育委員会委員の任命につきましては、教育委員会委員であります與那治彦氏が平成23年9月30日付けで任期満了となることに伴い、次期教育委員会委員として綱島照雄氏を任命いたしたいとするものでございます。

 綱島氏は、八千代市在住で、昭和53年3月法政大学法学部を卒業され、昭和53年4月から昭和58年9月まで山一証券株式会社に勤務、その後、現在まで農業に従事されております。

 また、昭和63年7月に社会福祉法人八千代美香会理事長、平成6年4月に特別養護老人ホーム美香苑施設長に就任し、社会福祉法人の経営者として活躍するとともに、平成21年4月から社団法人千葉県高齢者福祉施設協会理事、平成23年5月から千葉県地域包括・在宅介護支援センター協会会長を務めるなど、福祉関係団体の役員を歴任し、その実績は高く評価されております。

 こうしたこれまでの豊富な知識・経験から教育委員として適任であり、次期教育委員会委員として任命することにつき、議会の同意を賜りたいとするものでございます。

 説明は、以上でございます。



○菅野文男委員長 ありがとうございました。以上で、執行部の説明を終わります。説明のありました議案について協議をお願いします。

 発言お願いします。各委員さん何かございませんか。

     〔「なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 発言なしと認めます。続いて議案の取り扱い並びに会期日程案について、私から説明いたします。

 議案第1号は、各常任委員会へ、議案第2号から4号までは、福祉常任委員会へ、議案第5号、6号は、産業都市常任委員会へ、議案第7号は、文教安全常任委員会へ、議案第8号は、総務常任委員会へ、議案第9号、10号は、産業都市常任委員会へ、議案第11号から14号までは、文教安全常任委員会へ、議案第15号は、総務常任委員会へ、議案第16号及び議案第17号については、決算審査特別委員会を設置し、付託したいと思います。

 なお、議案第18号は、人事案件につき付託を省略となります。

 また、報告案件として、陳情の処理の経過及び結果について、健全化判断比率について、資金不足比率について、専決処分の報告について、が出されます。

 以上のとおり、議案等の取り扱いについては、説明のとおり御了承いただけますか。

     〔「異議なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように取り扱いいたします。

 続いて、会期日程案について御協議願います。お手元に日程案を配付してございます。

 8月31日水曜日に開会し、9月2日金曜日は、請願・陳情の取り扱いのため、議会運営委員会を開催いたします。5日月曜日、6日火曜日は、一般質問、7日水曜日は、一般質問及び質疑等を行い、8日木曜日は、総務常任委員会と福祉常任委員会を開催し、9日金曜日は、産業都市常任委員会と文教安全常任委員会を開催いたします。9月13日火曜日から16日金曜日まで、決算審査特別委員会を開催いたします。

 そして、27日火曜日に総括審議を行い、会期を28日間とする案であります。

 なお、議会運営委員会に付託される案件があった場合には、審査日を9月12日月曜日といたします。

 以上、会期日程案について、御説明のとおり御了承いただけますか。

     〔「異議なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように決定いたします。

 以上で、議案及び会期日程の協議を終わります。執行部は、退席されて結構です。ありがとうございました。

     〔執行部退席〕



○菅野文男委員長 次に、決算審査特別委員会について、事務局から説明いたします。



◎加藤義二議事課長 それでは、お手元に配付させていただいております決算審査特別委員会設置及び運営要領(案)の方をお願いします。

 決算審査特別委員会の運営方法につきましては、この決算審査特別委員会設置及び運営要領により、これは基本的に例年通りでございますが、審査を行っていただくようになります。

 この要領自体は、今、述べました通り基本的に例年通りであります。ですので、今回の主なところについて、御説明いたしたいと思います。

 まず、今定例会での審査期間ですが、先ほど委員長の方から御説明ありましたが、9月13日火曜日から9月16日金曜日までの4日間であります。4日間の審査順序及び審査予定時間につきましては、3ページになりますが、参考資料1、審査順序及び審査予定時間のとおりでございます。

 次に、決算審査特別委員会の設置についてですが、まず、委員選出については、要領の2.委員の選任のところをご覧ください。

 委員は、会派からの選出を基本とし、会派に所属する議員の中から2人に1人の割合で選出する、と言うふうになっております。そこで、その具体的な委員構成については、付随資料になりますが、「平成23年第3回定例会決算審査特別委員会の設置」の方をご覧ください。こちらに記載されておりますが、今回は、会派の移動がありましたので、自民クラブさんが新たに加わっておりまして、まず、新風さん3名、公明党・市民クラブ・未来・みんなの広場さん各2名、日本共産党・自民クラブ・新政八千代さん各1名、以上合計で14名の委員構成というふうになっております。

 会派からの今回の委員の届け出についてですが、こちらに書いてありますとおり8月31日水曜日・議会開会日でございますが、正午までということで議事課まで届け出の方、よろしくお願いいたします。

 また、同様の期日ということで、要領の10.審査前の資料請求になりますが、こちらも8月31日水曜日・議会開会日の正午までということで、議事課まで資料請求書の提出をお願いいたします。

 なお、届け出のあった委員の公表につきましては、9月2日金曜日に開催されます議会運営委員会において公表いたしたいと思います。

 次に、質問時間についてですが、これについては4ページになりますが、参考資料2(質疑)をご覧ください。

 会議時間数は、4日間における審査予定時間の合計を1,200分とします。詳細については、3ページの資料1(審査順序及び審査予定表)に記載の通りでございます。

 部局の説明時間数については、全体で200分としますので、残り時間は、1,000分ということになります。つまりこの1,000分が質疑・答弁に対する時間と言うことになります。

 この1,000分に対しての質疑時間数というのは、表になりますが、会派持ち時間欄の下の合計欄のとおり465分となります。ですので、残りの535分が答弁時間数と言うことになります。

 会派ごとの持ち時間数は、この表に記載されているとおりですので、よろしくお願いいたします。

 次に、本会議における予算審査特別委員会の設置の件につきましては、9月7日水曜日、一般質問、質疑終了後に「予算審査特別委員会の設置について」と言うことで、議長発議で議題といたし、委員の選任が行われる形でございます。その後、休憩に入りますので、その休憩時間を利用して決算審査特別委員会を開催していただき、正副委員長の互選、続いて、議会費の審査を行っていただく形の予定でございます。委員会終了後、本会議が再開となり、正副委員長の互選結果報告となります。

 最後になりますが、審査会場につきましては、例年どおりでございますが、別館2階第1・2会議室の方を使用する予定でございます。

 以上簡単ですが、説明を終わります。よろしくお願いします。



○菅野文男委員長 以上、説明のとおり、御了承いただけますでしょうか。

     〔「異議なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように取り扱いいたします。

 次に、一般質問順序の抽選を行います。資料を配付いたします。

     〔資料配付〕



○菅野文男委員長 配付漏れはありませんか。

     〔「なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 配付漏れなしと認めます。

 今回の質問通告者は、配付資料のとおりでございます。

 まず、代表質問ですが、配付資料の順により行います。続いて、個別質問順序の抽選を行います。まず、会派内の質問順序について、順次発表してください。

 ではまず、新風からお願いします。



◆西村幸吉議員 新風は、林隆文、西村幸吉議員の順です。



◆木下映実委員 公明党は、木下映実、正田富美恵議員の順です。



◆橋本淳委員 みんなの広場は、橋本淳、原弘志議員の順です。



○菅野文男委員長 それでは、抽選を行います。

 +新風は、2,8番      +

 |公明党は、1、4番     |

 |未来は、7番        |(抽選)

 |みんなの広場は、6、9番  |

 |日本共産党は、3番     |

 +希望の会は、5番      +



○菅野文男委員長 それでは、抽選結果を発表いたします。

 新風から順に、林隆文議員2番、西村幸吉議員8番、木下映実議員1番、正田富美恵議員4番、河野慎一議員7番、橋本淳議員6番、原弘志議員9番、小林恵美子議員3番、皆川知子議員5番、以上のとおり、御了承願います。

 なお、3日間の割り振りについては、6人・6人・5人で行いたいと思いますが、いかがでしょうか。

     〔「異議なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように決めさせていただきます。

 次に、今定例会から一般質問通告書の発表は、開会日といたします。質問確認は、8月26日金曜日の午後5時までとなっております。

 なお、定例会では、議員が確認します浄書済み通告書の取り扱いを試行的に次のとおり実施したいと思います。

 8月26日金曜日5時に質問確認が終了し、浄書済み通告書を同日、8月26日金曜日夜、事務局から議員へファクスにて送信いたします。

 議員は、通告書の内容確認を行い、事務局への返事をお願い申し上げます。返事については、翌日ですが、土日を除く平日ということになりますので、今回は、8月29日月曜日、午前10時までとなります。

 なお、先ほど申し上げましたが、今回は、試行的に実施しますので、その結果については御意見等があろうかと思います。

 ついては、総括審議終了後に開催する議会運営委員会の中で取り上げたいと思いますが、いかがでしょうか。

     〔「異議なし」の声あり。〕



○菅野文男委員長 御異議ないようですので、そのようにいたします。

 なお、会議内容については、それぞれ会派に持ち帰り御周知いただけるようお願い申し上げます。

 皆さんに御報告がございます。木下委員お願いします。



◆木下映実委員 公明党菊田議員の病気療養について御報告をさせていただきます。

 御存じのように前定例会ではお休みさせていただきましたが、5月から腰から右足の痺れと痛みがありまして、それが7月頃から重症化しまして8月に腰の手術をいたしました。結果は良好で、今リハビリの方に進んでおります。ただ、安全にしっかり治すために少し時間が掛るということで議会の方は休ませていただくことも多いと思いますが、本人の方からもしっかりと治しておりますという報告がありましたので、皆さんに御了解をいただければと思っております。よろしくお願いします。



○菅野文男委員長 御大事にしてください。以上で、議会運営委員会を閉会いたします。ありがとうございました。

               閉会午前10時36分