議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 八千代市

平成23年  1月 議会運営委員会 01月18日−01号




平成23年  1月 議会運営委員会 − 01月18日−01号









平成23年  1月 議会運営委員会



            議会運営委員会会議録

                平成23年1月18日午後9時41分から

                           4階第2委員会室

 議題・副委員長の互選

   ・追加議案の取り扱いについて

   ・閉会中継続審査申し出について

 出席委員(7名)

    委員長   菅野文男  副委員長  嵐 芳隆

    委員    木下映実  委員    西村幸吉

    委員    橋本 淳  委員    堀口明子

    委員    山口 勇

   議長            林 利彦

   副議長           伊東幹雄

 欠席委員(0名)

 出席執行部職員

   市長            豊田俊郎

   副市長           竹之内正一

   総務企画部長        小出忠行

   総務企画部次長       笠原豊晴

   総務課長          山崎茂則

   秘書課主幹         石川利治

 出席事務局職員

   議会事務局長        向後雄一

   議会事務局次長       高橋次男

   議事課長          加藤義二

   議事課副主幹        山口 孝

               午後9時41分開議



○菅野文男委員長 委員長として、議事を進めさせていただきます。

 次に、副委員長の互選を行います。

 副委員長の互選については、指名推選による方法と投票による方法がございますが、どちらがよろしいか御意見をお願いします。



◆木下映実委員 指名推選で。



○菅野文男委員長 指名推選で、御意見がありました。他に御意見ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 他に御意見がありませんので、副委員長の互選は、指名推選による方法に異議がなしと認め、副委員長の互選は、指名推選によることに決定いたします。

 指名については、委員からの指名と委員長からの指名が考えられますが、これについて御意見ございますか。



○菅野文男委員長 ないということでよろしゅうございますか。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 では、私、委員長から副委員長を指名してよろしゅうございますか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 異議なしと認めます。

 では、私、委員長から嵐委員を副委員長に推選したいと思いますが、いかがでしょう。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 異議なしと認め、嵐委員が副委員長に当選されました。

 ただいま、当選されました嵐副委員長に就任のごあいさつを頂きます。

 お願いします。

     〔副委員長就任あいさつ〕



○菅野文男委員長 以上で、議会運営委員会の副委員長の互選を終わります。

 次に、次回からの議会運営委員会の各委員の座席の指定については、私、委員長において指定させていただきたいと思いますが、これに御異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 異議なしと認め、そのように決定させていただきます。

 この後、追加議案が予定されてますので、しばらくお待ちください。



○菅野文男委員長 暫時休憩します。

               午後9時44分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後9時47分開議

     〔執行部入室〕



○菅野文男委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより、今期臨時会における追加議案の取り扱いについて協議をお願い申し上げます。

 追加議案について執行部の説明を求めます。



◎豊田俊郎市長 本日は、議会運営委員会を開催していただきまして、まことにありがとうございます。

 さて、監査委員につきまして、議員のうちから選任いたしました横山博美氏が議員の任期満了となったことに伴い、後任の監査委員として坂本安氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるため追加提案いたしたいとするものでございます。

 よろしくお取り計らいくださいますようお願い申し上げます。

 以上です。



○菅野文男委員長 以上で、執行部の説明を終わります。説明のありました議案について協議をお願いします。

 発言ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 発言なしと認めます。追加議案の取り扱いについては、本会議再開後、議案第1号・議案第2号とともに提案理由説明を行います。

 なお、人事案件につき委員会付託及び質疑・討論を省略し、本会議において採決を行います。

 追加議案の取り扱いについては、御了承いただけますか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように取り扱いいたします。

     〔執行部退席〕



○菅野文男委員長 次に、議会運営委員会の閉会中継続審査申し出について、事務局から説明を行います。



◎加藤義二議事課長 議会運営委員会では、定例会等の会期等を協議するためどうしても議会の開会前に、つまり閉会中に必ず開催することになります。

 議会の閉会中は、原則として委員会の開催は出来ないことになっておりますが、ただし、議会の議決により付議された特定の事件に限り、閉会中の継続審査とすることができますことから、委員会の開催が可能となります。

 このため、閉会中においても議会運営委員会を招集できる手続きとして、継続審査の申し出をし、議会の議決を得たいとするものでございます。

 調査事項としては、1.会議等議会の運営に関する事項について、2.議会関係の条例、規則等に関することについて、3.議会運営等議長の諮問に関することについてであります。

 なお、調査期間を、平成27年1月14日までとするものでございます。

 以上です。



○菅野文男委員長 以上、説明のとおり御了承いただけますでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように取り扱いいたします。

 次に、今臨時会に、秋葉就一議員から発議案を提出したいとの申し出がありました。配付のとおりであります。

 提出したいとする発議案について書記から朗読いたします。

     〔書記朗読〕



○菅野文男委員長 以上で、朗読を終わります。

 発議案の上程については、原則、定例会において上程することとなっておりますが、緊急を要する案件にあっては、臨時会においても上程し、可決された例がございます。

 今回、緊急を要する案件として原案をお示しいたしましたが、本案を今臨時会において上程するに該当するか否か、皆さんに御協議をいただきたいと思います。

 発言をどうぞ。



◆山口勇委員 私は、上程していいんじゃないかというふうに思います。



○菅野文男委員長 と言う御意見がございますが、皆さん、他の委員さんの御意見は。



◆堀口明子委員 急を要するということで、今議会に上程していいと思います。



○菅野文男委員長 他の委員さんはどうですか。



◆橋本淳委員 千葉県議会でも同じような発議案が、全会一致で可決されておりますので、本市でも、ぜひこの段階で上程したいと思います。



○菅野文男委員長 西村委員どうでしょうか。



◆西村幸吉委員 県議会のね、全会一致で可決した内容だったというのは聞いております。ただ、東葉高速鉄道のこの問題についてもうちょっとしっかりと議論をしてですね、何人か共有して意見書を書けばいいんじゃないのかなとは思ったりはしておりますが、ただタイミングのね、問題もあるのかなとは思ってはおりますけれども・・・。うーん、どうですかね。



○菅野文男委員長 西村委員、他の委員さんに聞いてもいいですか。



◆西村幸吉委員 どうぞ、どうぞ。



○菅野文男委員長 そのまままわさせてください。



◆木下映実委員 まあこれは、議会全体でもう一度検討すればいいんじゃないかと思います。



○菅野文男委員長 三方が前向きに、二方が少し検討、慎重にと。嵐副委員長どうでしょう。



◆嵐芳隆副委員長 やっぱり、少し内容もちょっと詳しく知りたいですよね。

 いいとは思いますけども。



○菅野文男委員長 これで意見も分かれましたけど、もっともっと御意見ありましたらお聴きしたいと思いますが、どうですか。



◆西村幸吉委員 ひとつはね、まだ今うちの会派でこれね、実は揉んでないんですよ。資料としてはね、頂きましたけども、ただ会派の中で揉んでないということもあって、今即答しようということを言われてますが、ちょっとやっぱり持ち帰ってですね、ていう気持ちがちょっとあったもんでね。私としては躊躇して最後どうしようかなって結論を言わなかったわけでございますけれども、ただこの意見書の趣旨と言うのはこれは県議会でも一応まあ全会一致でね、可決した内容でございますので、これは問題ないと思うんですが、ただ県議会で通ったものだからと言ってね、市議会で、はいそのまま同じような文面でですね、上げるというのはどうかなと思いましてですね、もうちょっと確りとしてですね、八千代市議会として東葉高速鉄道の問題についてですね、議論を深めた上で、上げた方がいいんじゃないかというのが私の考えですね。



○菅野文男委員長 委員長権限について少し嵐委員に聴きたいんですけど、今の状況ですと3人方の委員の前向きな姿勢と慎重姿勢が二方。嵐委員は、いいともよということで・・・



◆嵐芳隆副委員長 オーケーではなくて、ちょっと詳しくということです。もうちょっと検討させてもらいたいということです。



○菅野文男委員長 そうすると三三になるけれど、もっと意見詰めたのがいいですか。



◎高橋次男議会事務局次長 まだこれ、ここではじめて見た方もいるかと思います。だからちょっと時間かかりますけど一旦オールで解散して見てもらって再度・・・



○菅野文男委員長 会派の意見を聴くと。



◎高橋次男議会事務局次長 それしか方法がないと思います。



○菅野文男委員長 そういう事務局からのアドバイスですけれども、それで行なわせていただいていいですか。

 異議ないですか。

     〔「異議なし」との声あり〕



○菅野文男委員長 異議なしということで、事務局のアドバイス通り、暫時休憩して各会派へ持って洗って来て下さい。それで決を採ります。

 暫時休憩します。

               午後10時02分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後10時13分開議



○菅野文男委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 皆さん各会派へ帰って意見をまとめて来てくださるという前提の下に中断しましたので、再開後失礼ですが、副委員長からその結果を言ってください。



◆嵐芳隆副委員長 私たちの会派では、一応願意は妥当でいいということなんですけれども、もう少し詳しくちょっと調べてみたいということだったので、今回の上程に関しては、一応反対という意見になりました。



◆木下映実委員 船橋市とのこともありますんで、しっかり纏ってということも考えれば、慎重にもう一回検討したほうがいいんじゃないのかということで、この上程はしない方がいいということで、よろしいでしょうか。



◆堀口明子委員 私のところでは、やはり国会が始まる前に結構、八千代市の方向性、触れられればいいんではないかということで、今議会に出すのが妥当ではないのかということです。



◆橋本淳委員 もとより今回出さないと意味がないんで、今回上程するといことです。



◆山口勇委員 私どもも会派では、内容的には妥当なんですけれども、もう少しよく調べてから次の機会に持ち越しの意見で今回は見送りといたしました。



◆西村幸吉委員 うちの会派もですね、もうちょっと内容等をですね、しっかりと検討した上で出した方がいいんじゃないのかということで、願意は理解できるんですけれども、今回出すことについてはですね、ちょっと慎重にということで、もうちょっと確りとですね、検討した上で上程するというのがございましたね。



○菅野文男委員長 御意見ありがとうございます。

 御意見が分かれておりますので、これより、賛否を採ります。

 発議案として取り扱うことに賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手少数であります。

 よって、発議案として取り扱いしないということを決定いたしました。

 それでは、発議案として取り扱わないという意見が多いですので、発議案として取り扱わないことに決定申し上げましたけれども、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」との声あり〕



○菅野文男委員長 御異議なしと認め、そのように取り扱います。

 議会運営委員会以外の議案等は、この後、会派控室に配付いたします。

 なお、申し上げます。閉会後、次期定例会の日程並びに議事予定の素案について、議会運営委員会を開催しますので、再度、御参集いただきますようお願いします。

 本会議終了後、直ぐに開会します。

 以上で、議会運営委員会を閉会いたします。

               午後10時16分 閉会