議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 八千代市

平成22年  3月 予算審査特別委員会 03月11日−04号




平成22年  3月 予算審査特別委員会 − 03月11日−04号









平成22年  3月 予算審査特別委員会



              平成22年度

           予算審査特別委員会会議録

                  平成22年3月11日午前10時開会

                          2階第1・2会議室

 出席委員(15名)

    委員長   菅野文男   副委員長  奥山 智

    委員    秋山 亮   委員    嵐 芳隆

    委員    石井敏雄   委員    植田 進

    委員    江端芙美江  委員    正田富美恵

    委員    武田哲三   委員    塚本路明

    委員    原 弘志   委員    堀口明子

    委員    松井秀雄   委員    緑川利行

    委員    皆川知子

 欠席委員(0名)

 出席事務局職員

    事務局長         三上博文

    事務局次長        小名木利雄

    議事課長         高橋次男

    議事課主査        山口 孝

    議事課主任主事      平田武樹

    議事課主事        加澤信太郎

    議事課主事        宮内 真

    庶務課主査補       石川 誠

 出席議事説明員

    副市長          竹之内正一

 総務企画部

    総務企画部長       清宮達三

 財務部

    財務部長         小出忠行

    財務部次長        相馬清彦

    財政課長         瀬能尾光男

 健康福祉部

    健康福祉部長       佐々木とく子

    健康福祉部次長      欅田高雄

    健康福祉部次長      福山貴昭

    健康福祉部参事      小川敏行

    健康福祉課長       三橋正道

    長寿支援課長       (小川参事事務取扱)

    長寿支援課主幹      木村栄一

    地域包括支援センター所長 古江伸二

    健康づくり課副主幹    川上真由美

    健康づくり課主査     山崎さかえ

    国保年金課長       笠原豊晴

 子ども部

    子ども部長        武田 登

 生涯学習部

    生涯学習部長       酒井久男

 安全環境部

    理事兼危機管理監     石原敏行

    安全環境部長       在原茂樹

 都市整備部

    都市整備部長       小杉富康

 産業活力部

    産業活力部長       鈴木孝行

 会計課

    会計管理者        綿貫 正

 選挙管理委員会事務局

    選挙管理委員会事務局長  橋口良次

 監査委員事務局

    監査委員事務局長     宇井博一

 農業委員会事務局

    農業委員会事務局長    磯崎節男

 教育委員会

    教育長          加賀谷 孝

    教育次長         稲毛英三

 消防本部

    消防本部次長       常岡正良

 上下水道局

    事業管理者        鵜澤陽子

    上下水道局長       村山拓男

    上下水道局技監      竹内賢和

    経営企画課長       御園生 悟

    経営企画課主査      瀬能尾幸広

    給排水相談課長      (竹内技監事務取扱)

    建設課長         迫 秀信

    維持管理課長       小笠原 朗

    維持管理課主幹      青木秀仁

     午前9時58分開会



○菅野文男委員長 ただいまの出席委員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより予算審査特別委員会を開会します。

 執行部より資料が提出されております。

 配布漏れありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 申し上げます。

 8日の財務部所管事項の審査において要求した資料の提出がありました。

 お手元に配付したとおりでございます。

 次に、昨日の消防本部所管事項の審査中の普通救命講習の実施状況について訂正がありましたので、資料をお目通しください。

 お手元に配付したとおりでありますので、御了承願います。

 これより議事に入ります。

 議案第2号 平成22年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算を議題といたします。

 執行部に説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 おはようございます。

 それでは、議案第2号 平成22年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算について御説明いたします。

 予算書の187ページをごらんください。

 議案第2号 平成22年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算。

 平成22年度八千代市の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ170億7,016万5,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 歳出予算の流用。

 第2条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 それでは初めに、歳入予算の概要について御説明いたします。

 196ページから199ページをごらんください。

 第1款、第1項国民健康保険料でございますが、一般被保険者及び退職被保険者等の国民健康保険料合計は49億9,002万1,000円の計上で、対前年度比1.4%の増となっております。なお、国民健康保険法の政令改正に伴う平成22年4月1日施行予定の国民健康保険料医療費分と支援分の賦課限度額の改正分につきましては、当初予算で反映させていただいております。

 次に、200、201ページをごらんください。

 第4款、第1項国庫負担金は33億4,784万1,000円の計上で、対前年度比2.3%の増となっております。主な内容は療養給付費等負担金などでございます。

 次に、202、203ページをごらんください。

 第2項国庫補助金は2億3,186万6,000円の計上で、対前年度比18.3%の減となっており、主な内容は普通調整交付金の減でございます。

 次に、第5款、第1項療養給付費等交付金は5億8,928万1,000円の計上で、対前年度比0.8%の減となっており、65歳以上の退職被保険者が一般被保険者に移行することに伴う交付対象者数の減によるものでございます。

 次に、第6款、第1項前期高齢者交付金は39億8,857万2,000円の計上で、対前年度比23.6%の増となっており、社会保険診療報酬支払基金から示される前期高齢者1人当たりの医療給付費が増になるため、交付額の増が見込まれるものでございます。

 第7款、第1項県負担金は1億1,102万2,000円の計上、対前年度比5.6%の増で、千葉県国民健康保険団体連合会が行う高額医療費共同事業医療費拠出金の増が見込まれることによるものでございます。

 次に、204、205ページをごらんください。

 第2項県補助金は5億9,923万6,000円の計上で、対前年度比0.8%の増で、内容は特別調整交付金において増額が見込まれるためでございます。

 次に、第8款、第1項共同事業交付金は16億6,447万4,000円の計上で、対前年度比6.8%の増となっております。この交付金は、高額医療のうち一定の額を超える医療費に対して、県内の保険者の負担を調整するため、千葉県国民健康保険団体連合会から交付されるものでございます。

 次に、206、207ページもごらんください。

 第10款、第1項一般会計繰入金は15億373万4,000円の計上で、対前年度比7.6%の減となっております。主な要因は、保険基盤安定繰入金で2,889万1,000円の増となったものの、財源補てん分であるその他一般会計繰入金で1億4,539万4,000円が減となったことなどによるものでございます。

 続きまして、歳出について御説明いたします。

 予算書の212、213ページをお開きください。附属資料は171ページをごらんください。

 第1款、第1項総務管理費は3億1,448万8,000円を計上、対前年度比3.9%の増となっており、制度改正に伴うシステムの改修費など、委託料の増等によるものでございます。

 次に、214、215ページをごらんください。附属資料は173ページになります。

 第2項徴収費は4,897万7,000円を計上、対前年度比9.5%の減となっており、収納員1名の減によるものでございます。

 次に、216、217ページをごらんください。附属資料は174ページです。

 第4項特別対策事業費は2,494万6,000円を計上、対前年度比3.0%の減となっており、医療費適正化特別対策事業において医療機関から送られる診療報酬明細書(レセプト)の電算化に伴い、嘱託職員1名の減など経費の縮減を見込んだものでございます。

 次ページになりますが、第2款、第1項療養諸費は103億5,459万9,000円を計上し、対前年度比7.8%の増となっており、国民健康保険法の改正及び昨年の実績を踏まえ保険給付費の増を見込んだものでございます。

 次に、222、223ページをごらんください。附属資料は179ページです。

 第3款、第1項後期高齢者支援金等が22億4,291万8,000円、対前年度比7.6%の増となっており、対象被保険者の増によるものでございます。

 次に、224、225ページをごらんください。附属資料は180ページです。

 第5款、第1項老人保健拠出金は1,181万6,000円、対前年度比94.6%の減となっております。その要因は、平成20年4月から老人保健制度が廃止されたことに伴い、22年度については前年度の精算の拠出のみとなっております。

 附属資料は181ページをごらんください。

 第6款、第1項介護納付金は8億2,196万7,000円、対前年度比0.3%の減となっており、算定の対象となる介護保険第2号被保険者数の減少が見込まれることによるものでございます。

 次ページになりますが、第7款、第1項共同事業拠出金は18億4,860万円、対前年度比3.9%の増となっており、第2目保険財政共同安定化事業拠出金における事業額の増等によるものでございます。

 次に、第8款、第1項特定健康診査等事業費は1億1,121万1,000円、対前年度比は皆増となっておりますが、これは前年度事業費を一般会計に繰り出し事業執行しましたが、本年度は歳入歳出ともに特別会計に計上し執行することといたしました。なお、事業の執行に当たっては前年度同様に健康づくり課で対応するものでございます。

 以上で平成22年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算についての説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑はありませんか。



◆武田哲三委員 今、部長から説明を受けましたけれども、4月1日に施行される国民健康保険の医療費分と支援分の賦課限度額の改正分について、当初予算に反映されているような説明だったんですけれども、その内容についてまずお願いいたします。



◎笠原豊晴国保年金課長 内容ですが、これにつきましては国民健康保険料の医療費分、支援分の賦課限度額の改正ということで、医療費分が現行47万円、これを50万円、3万円の増。支援分を現行12万円、これを13万円に1万円の増と。この改正を行うことによりまして約700世帯、2,000人の被保険者に影響が出てくると。金額的には約2,500万円の保険料収入の増を見込んで予算計上しております。

 これを改正するに当たりましては、国民健康保険条例の一部改正が伴うことになりますが、予算に直結するものはこの賦課限度額の改正分ともう1件ございまして、非自発的失業者の保険料の軽減というものがございます。内容といたしましては、非自発的失業者の国民健康保険料について失業から一定の期間、前年の給与所得に対して100分の30として算定する、こういう内容がございます。

 以上、国民健康保険条例の一部改正に絡む内容ということでお答えさせてもらいました。



◆武田哲三委員 今提案されている国民健康保険条例の一部改正の限度額の改正内容というのは入っていなかったんじゃないかと思うんですけれども、ここら辺についての対応はどうなりますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 御指摘のとおり、当初提案で国民健康保険条例の一部改正を上程しておりますが、そこには含まれておりません。この辺の経緯ですが、平成21年12月11日付で厚生労働省保険局のほうから、一応22年4月1日から、先ほど申しました賦課限度額の改正、それから非自発的失業者の保険料の軽減、これについて施行を予定していると、鋭意準備を進めてくださいよというような内々の提示がございました。

 それを受けまして、現在国会のほうで地方税法等の一部を改正する法律案、これがまず国会を通過して、その後閣議で決定を受けて公布されて、それから国民健康保険条例の一部改正という流れになってきます。正式な公布がまだされてないということで、今法務室ともその辺を協議しているところですけれども、今議会内の追加提案もしくは専決処分、そういうことで協議をしているところです。国の動向を今見ていると、そういう状況です。



◆武田哲三委員 八千代市のほうで実際にそれが始まるのは今のところ予測がつかないというふうに考えて、それともあらかじめ大体いつぐらいだろうというような予測についてはどうなんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 正式な通知ではないんですが、今の動きとしては3月26日に閣議決定、公布が3月31日ということで非公式の予定は示されています。そういうことから、先ほど追加提案もしくは専決処分というお話をしましたが、正式な通知に沿って対応していきたいと。22年4月1日施行は変わりません。



◆武田哲三委員 概要はわかりました。

 では、歳入について質問をしたいんですけれども、保険料の滞納繰越分についてなんですけれども、調定見積額を決める基準みたいなものがあれば示していただきたい。これは2年で保険料については時効だとは伺っているんですけれども、そこら辺をお願いいたします。



◎笠原豊晴国保年金課長 滞納繰越分の予算の組み方の考え方ということでよろしいでしょうか。滞納繰越分の予算につきましては、21年度の調定見込額から同じく21年度の収納見込額と不納欠損見込額、これを控除しまして21年度の現年分の22年度への繰越見込額、これを加えまして調定見込みとしています。考え方は基本的にそういうことです。



◆武田哲三委員 実際に医療費分の中の4節、5節、6節ですね。医療費分と後期高齢者分、これは実際にこの1億3,000万円とか2,000万円、1億3,000万円というふうにあるんですけれども、19年度、20年度、21年度、あるいはそれ以前になるのか、そこら辺の算定の数字を教えていただけますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 各年次別の滞納繰越額ということでよろしいですね。

 まず、医療給付費分ですが、これにつきましては基本的な考え方として、まずその滞納繰越分については過年分が直近のデータといたしまして21年3月末現在、それから現年分につきましては同じく21年5月31日現在、この状況でお答えさせてもらいます。

 古いほうからですと17年度以前、こういうくくりをさせていただきますが、これが1億1,402万1,000円、それから18年度分、これが3億5,303万4,000円、19年度分4億1,514万円、それから20年度分、これが5億1,151万1,000円、こういう状況でございます。

 なお、17年度以前につきましては、国民健康保険料の時効が2年となりますけれども、分納誓約、滞納処分、一部納付、こういうものがあるために時効とならない保険料があるので残っております。



◆武田哲三委員 ちょっとはっきりしないのでお聞きしたいんですけれども、短期保険証とこの時効と保険料の関係をお聞きしたいんですけれども、例えば、21年度保険料を払わないと22年度については短期保険証になっちゃうのか、あるいは、遅く出せば時効になるというような関係がありますが、そこら辺を教えてもらいたいです。例えば21年度払わなかったと、そうすると22年度には短期保険証になるのかどうなるのかということなんですけれども。



◎笠原豊晴国保年金課長 一応、通常の保険証から短期保険証に切りかえる考え方ですが、基準日としましては毎年一斉更新、これを8月に行っております。その段階でそれ以前の分の滞納があった場合、これは短期保険証へ切りかえになります。よろしいでしょうか。



◆武田哲三委員 時効というのは2年で、8月を基準にしてその2年前。そうすると、例えば21年度保険料を支払わなかったけれども、使ったとか何だとかいうことは関係なくて、一斉更新のときを期限にそういうのを決めるということなんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 一斉更新を基準と先ほど言いましたけれども、前年分以前で滞納があれば一斉更新時に短期保険証に切りかえると、そういうことで対応しております。



◆武田哲三委員 わかりました。

 そうすると、資格証明書だとそれからさらに遅くなるということでいいんでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 資格証明書の関係につきましては、弁明書を発送した時点で1年以上の滞納があった者ということで、通常毎年弁明書というのをお送りして弁明の機会を付与しております。それである程度分納誓約とかそういうのをしていただければ短期保険証をそのまま継続するんですが、それがない場合はそこで資格証明書にしています。ですから、1年以上滞納があった方、そういうことで切りかえております。



◆武田哲三委員 いろいろ話を聞きますと、22年の滞納繰越分については収納率が何%とかというのがあるんですけれども、13.1%。これについては例年このような数字だから盛ってきているという考え方でいいんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 これも先ほどの医療給付費分でちょっとお答えさせてもらいますが、収納率の見込みといたしましては、21年度の収納状況、それから20年度の決算の収納率を換算しまして、おおむね今回は20年度決算と同程度を見込んでおります。ちなみに、収納率につきましては20年度決算、それから21年度決算見込みとして13.15%、22年度予算が13.10%ですから、ほぼ同程度を見込ませてもらっています。



◆武田哲三委員 滞納するにはいろいろ原因があると思うんですね。昨年ぐらいから景気が悪くなって、今度法律改正されますので、非自発的な方だとかいろいろいらっしゃるから一概に滞納をどうのこうのという話ではないんですけれども、この場合は料ですから、税収に関係なく最低幾らというのはもう決まっているわけですね。ところが、ある程度税収に合わせて金額が決まっている方というのは、おおむね払うことができる方というふうな位置づけでよろしいんでしょうか。

 要するに、一定以下の場合、一律にかかる方についてはいろいろ減免の策はあるんですけれども、そこら辺はどういうふうに考えて収納基準をつくられていますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 やはり保険料の算定、賦課につきましては、前年の所得に対して賦課をします。それで、先ほどの100分の30の軽減等ですけれども、その前の年の収入と大幅に変わったと、そういう場合は軽減策も設けておりますが、そういう枠にはまらないものについては通常どおりの額で賦課していきます。



◆武田哲三委員 税金にしても医療にしても同じなんですけれども、悪質滞納者ということをよく聞くんですが、実際にどれくらいだかよくわからないんですけれども、そういう人たちに対する納税意欲というんですか、説得するというようなことはどういう状況で行われているんでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 私どもで悪質滞納者と見ていますのは、端的に言いますと、先ほど弁明書の話を出しましたけれども、短期保険証から資格証明書に切りかわる場面で、そういうときにいわゆる弁明の機会を与えて、実際来られます。それで、これからはちゃんと納付しますよと納付誓約をしていただきます。一、二回納付するとまたあいてしまう、それを毎回毎回繰り返す方を悪質というとらえ方をしています。

 そういうことを繰り返す方については、職員、私も含めてじかに会って、やはりこういうことが続いたら好ましくないので何とか善処をお願いしたいと、そういうような折衝はさせてもらっています。



◆武田哲三委員 今の話だと、弁明書を書くと所得とか何とか関係なくやるということなんですか。それとも、一定額を支払える人に対して行うのか、そこら辺をはっきりさせてください。



◎笠原豊晴国保年金課長 おっしゃるとおり、その弁明書の機会のときに状況をいろいろお伺いします。支払い能力があるのかないのか、どのぐらいあるのか、それは一応御相談を受けながら、その方々それぞれに状況が違いますので、状況を見ながら対応しております。額もそのケースによって全部異なってきます。



◆武田哲三委員 悪質滞納者といわれている中でも、事情を聞いて本人に全く悪意がないような状況と、多少これくらいは払えるんじゃないかという2つのパターンになりますと、当然払えそうな人には必ず収納員が行くというような状況で、これは例年同じようなことをやっているんですか。それとも、ことしについては特別にこういうふうにやるとか、毎年こういうことを考えている。特にこれは22年度の予算ですから、22年度についてこういうことを新たに考えているということがあればおっしゃってください。



◎笠原豊晴国保年金課長 基本的なスタンスは、以前からずっとそういう考え方でやっております。ただ、21年度ぐらいからは今までの状況を見て、ちょっとこれは困るなと、そういうものについては特に注意してやるように心がけています。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆堀口明子委員 政府答弁の中から、2010年度から資格証明書について高校生まで拡充、また短期保険証についての有効期限も6カ月以上にするということがありますが、現在八千代市で高校生の方に資格証明書を出している数、あと6カ月未満の短期保険証の方というのは何人いらっしゃるんでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 高校生の数を絞ってということですよね。その数字は今持ち合わせていません。申しわけありません。



○菅野文男委員長 もう1点は。



◎笠原豊晴国保年金課長 2月時点でお答えしてよろしいでしょうか。短期保険証の発行数は2,402世帯です。



◆堀口明子委員 今のは6カ月未満の短期保険証の数でよろしいでしょうか。

 一応、2010年度から資格証明書についても拡充、短期保険証も6カ月以上にしろというふうになりますけれども、それを先取りして早目に本市でそれに取り組むというようなお考えはどうでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 国保実務、国保新聞等の情報によりますと、22年7月から国で制度化して高校生まで拡大すると、こういう動きがございます。各自治体それぞれがその辺を検討しているところだと思いますけれども、当市におきましてもやっぱり国の動向を見ながら対応していきたい、現在はそのように考えています。



◆堀口明子委員 ぜひ前向きによろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆松井秀雄委員 高額医療の件についてお聞きしたいんですけれども、今回の予算は去年より1,600万円ぐらいふえていますけれども、過去からさかのぼって、毎年どういう傾向にありますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 ここ数年間の状況を見ますとやはり増加傾向、こういう状況でございます。



◆松井秀雄委員 高額医療費は病院に入って請求するけれども、高額医療費の定義というのかな、幾ら以上だとかそこら辺のことについて、内容を教えていただけませんか。



◎笠原豊晴国保年金課長 制度の概要、概略ですけれども、月々支払う医療費が高額になった場合、年齢で若干違うんですけれども、70歳未満の方の場合は一般で申しますと限度額が8万100円、70歳から75歳未満の場合は一般で言いますと4万4,400円、これは入院をした場合です。この額を超えた分が高額療養費として支給される、こういう内容です。



◆松井秀雄委員 私、たまたま去年初期がんで入院させていただいたんですけれども、救急の方というのはお医者さんと話す間もなく入院してしまって、高額医療の話に自動的になってしまうんですが、たまたま私は時間があって、お医者さんから「高額医療の請求になりますけれどもどうしますか」というように尋ねられたんで、「じゃ、お願いします」という形で、月の真ん中だったんですよ。

 ですから、月をまたぐと医療費が、さっき言ったように少なくなるとか出ないという背景があるんですけれども、私のほうはたまたまそういう状況で事前に知ったものですから、国保のほうに高額医療請求をしますよという形で伺ったら、これぐらいの紙をもらって病院に出して、医療費が90万円ぐらいかかったんですけれども、かなり安くしてもらったという、このおかげで非常に助かったんです。

 これを知らずにぽんと入っていって月をまたがってしまうと、要するに私は月の真ん中だったんですけれども、もしこのとき月をまたがった入院だった場合、例の月をまたがった場合に出るとか出ないとかいう話ありますね。事前に出した場合と入院が終わって全額払った後から書類を提出した場合の変化というのはあるんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 今、高額療養費ということでお話をいただいているんですが、通常保険料の未納がない方につきましては限度額適用認定証というのを申請いただきますと、高額療養費の手続をとらずに限度額を超えた場合の精算で、病院でもやってもらえるようになっています。基本的には月々のとらえ方なので、その辺の診療報酬明細書、その月にかかった分ということで限度額を超えるか超えないか、そういう判断です。



◆松井秀雄委員 わかりました。理解しました。

 それで、たまたま私のほうは先に書類を提出したので手術後提出する必要はなかったんですけれども、救急で入って入院したという方は後から請求を出さざるを得ない。そうすると、請求を出してから本人にお金が返ってくる期間というのはどのぐらいかかるんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 一応、手続をおとりいただいてから2カ月ぐらいです。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆植田進委員 まず、一般被保険者療養給付費が8億円の増になりますけれども、この増の要因は主にどういうことが考えられますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 この療養給付費の増につきましては、通常予算立てをするときに過去3カ年の傾向をデータでとっていくんですけれども、平成20年度から後期高齢者医療制度が創設されて、75歳以上の方が国保の被保険者から抜けましたので、そういう実績通知がないことから、22年度の予算につきましても前年度実績を注視してきました。傾向としては、21年度決算見込みで、これは相当ふえてきておりますので、月々の被保険者数を1,500人ぐらいふえることを前提に予算を組みました。結果、このような増額となっています。



◆植田進委員 続いて、国民健康保険料は国のほうもいろいろ制度改正をやってきているようですね。7割、5割、2割のいわゆる軽減措置も、応能・応益負担が45から55の範囲にとどまらなくていいよという改正をこの4月からやるようですよね。そうすると、八千代市もこれまで平準化で進めてきたけれども、どうも国はそういう方向じゃないというふうになってきているのはどういうふうに理解していますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 八千代市は先行して平準化はもうやっております。国のほうが制度改正で7割、5割、2割、こういうことをどんどんやっていきなさいということで今来ているわけですけれども、八千代市は先行して前向きに取り組んでいると、そういうような考えを持っています。



◆植田進委員 今回の措置は、保険料を減額賦課する際に応益割合にかかわらずでしょう。だから、応益割合が45対55にならなくても、自治体は7割、5割、2割の軽減を6割、4割から可能とするというのが今回の制度改正の趣旨じゃないですか。だから、八千代市が先行しているしていないにかかわらず、応益が45になってなくても適用しますよというのが今回の制度改正の趣旨じゃないんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 今回の制度改正の趣旨はそのとおりです。八千代市が先行してやったというのは、保険者として健全な財政運営に寄与すると、特別調整交付金なんかの算定要素にも入っていますので先行して取り入れたと、そういうことです。



◆植田進委員 その結果、応益割合が、八千代市は7割、5割、2割を入れても相当負担がふえていることは事実で、例えば、所得が200万円、300万円前後でも40万円を超えるわけですよね。ですから、先ほど武田委員からも滞納の問題がありましたけれども、悪質でない、いわゆる払いたくても払えないという実態というのは相当深刻だと私は思うんですよ。その辺の認識はどうですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 御指摘いただいたように、その方々により状況が異なります。滞納者で所得が高い方、低い方、中間層の方がいらっしゃるわけですけれども、所得が多ければ多いだけ支出のほうもいろいろ御事情があって多い。低い人は所得が少なくて生活費を引くとこれしか残らない、そういういろいろな方々の状況のお話を伺いながら、当課としては分納誓約で可能な限りお納めいただく、そのような御相談をさせてもらっています。



◆植田進委員 でも、保険料は八千代市でもこの10年間で2倍以上にもなっているという事実はありますよね。その件を確認させてください。



◎笠原豊晴国保年金課長 基本的な考え方としては保険料で歳出を賄う、これが前提ですので、やはり歳出を満たすために料率改定等を過去ずっとやってきました。結果的には上がっているという事実はございます。



◆植田進委員 一般会計からの繰り入れの問題について、市のほうも全市民に負担をかけるということで、市の財政も大変だというので繰り入れはやらない、減らすんだと。自治体の役割としての福祉の増進という問題から考えて、例えば、東葉高速鉄道を利用していない人にも八千代市は財政負担を、6億2,000万円を出すでしょう。何で国保だけは全市民に負担をかけるという批判をするんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 先ほども触れましたけれども、国保財政の基本的な理念としては保険料で歳出を賄うと。22年度当初予算におきましてもまだ多額な財源補てん分、5億数千万円見ていただいているという状況にありますので、できるだけ保険料で賄うように、その他一般会計繰入金は削減していきたいと、そのように考えています。



◆植田進委員 実態として、どこの市町村、自治体も結局一般会計から繰り入れをしなければ保険料の高騰には耐えられないということで、どんどん一般会計から繰り入れているんですね。千葉県内の都市部はほとんどそうですよ。八千代市は1人当たり繰入額が一番多いと言っていたけれども、いっときは10億円を超えていて、今回の繰り入れだって5億4,500万円でしょう。前年度より1億数千万円減らしているんですよ。これで国保の支払いが大変で、収納率が90%にもならないような状況で、それでまた赤字が出たら次の保険料にかぶせていくというやり方を繰り返したら、まさに自転車操業じゃないですか。

 だから、一般会計から繰り入れる必要性が非常にあるんだろうと思うんですよ。それを減らさなきゃいけないという形で、全市民に負担をかけるようなやり方はしないというふうに、何で国保だけそういうふうにするのかが私にはわからないんですよ。東葉高速鉄道はやるでしょう。全市民に負担をかけるなんて言い方をしますか。

 副市長、この東葉高速鉄道は市民に負担をかけるんですか。



◎竹之内正一副市長 ただいまの議論なんですけれども、国民健康保険の制度に係る問題だと思います。先ほどから課長のほうからも御答弁申し上げていますけれども、いわゆる独立採算という形の中で経営しているものですから、そういった制度の内容をまずは御理解いただいて議論させていただきたいと思っております。

 一般会計は「入るをはかりて出るを制す」と言われますけれども、国保の場合は逆でございまして、医療費等の歳出予算をまず固めまして、その上で入りのほうを充てていくというシステムでございますので、おのずとそこには保険料との関係が絡んでまいります。そこでやりくりできない部分につきましては、八千代市としても一般会計から繰り出しという形で対応しておりまして、その中でも5億円を超える金額を22年度も対応させていただいております。

 しかし、そのことと東葉高速鉄道に対する支援の関係とはやはりおのずと違ったシステムの中でありますので、御理解をいただきたいと思います。



◆植田進委員 そうであれば、全市民に負担をかけるから繰り入れはやりませんという言い方はしないでほしいんですよ。



◎笠原豊晴国保年金課長 何回か御答弁していますけれども、その他一般会計繰入金、財源補てん分の繰入金が減っているということは、国保財政の運営上健全な方向に向かっているということで、繰り入れをしないという御答弁をしたことはございません。



◆植田進委員 ある市民団体からの繰り入れをしてほしいというときの回答で、繰り入れが全市民に負担をかけると批判しているんですよ。だから問題にしているんです。こういう言い方で繰り入れを減らすんだということで、おどかしをかけるような言葉を何で使うんですかと私は怒っているんですよ。何で一般会計からの繰り入れが全市民に負担をかけるという言い方をするんですか。



○菅野文男委員長 植田委員、それは何ですか。今お手元にあった資料は。委員の皆さんにも……



◆植田進委員 全日本年金者組合が予算要求をやって、その回答書の中に、一般会計から繰り入れをするのは全市民に負担をかけるから繰り入れを減らしていくんだという言葉を使っているわけですよ。



○菅野文男委員長 回答者はだれだったんですか。



◆植田進委員 回答者はわかりません。健康福祉……



○菅野文男委員長 健康福祉部としてね。



◆植田進委員 多分、国保年金課でしょう。



◎笠原豊晴国保年金課長 今の回答文については、一般会計の性格からして全市民にかかわると、そういう税金がそこに当然投入されているわけですから、それが特別会計に繰り出される、そういう意味合いで私たちは御回答しました。



◆植田進委員 水道事業会計は独立採算制と言いながら、市が大変だったらお金を取るでしょう。都合のいいときは独立採算制を使いながら、都合が悪くなったらお金をどんどん引き上げてくる、そういう一貫性のないやり方がおかしいと言っているんですよ。

 そうじゃないですか、副市長。水道事業会計は独立採算制と言いながら、一般会計が大変だったらお金を引き出してくるじゃないですか。何で国保に一般会計から繰り出して悪いんですか。



◎竹之内正一副市長 過去においても、一般会計からの繰り入れを国保会計にしてきております。ただ、その金額の多寡が、一時は10億円を超えるという事態もございました。しかし、健全な国保財政を維持していくためには、先ほど来課長からも御答弁申し上げているように、その会計の中で収支の帳じりが合うというのが理想でございますけれども、市民の皆さんの税負担、国保料負担というものが大きくなっていくということを踏まえながら、一般会計の中で財源補てん措置として繰り入れをしているところでございまして、それが平成22年度は5億円という数字になったと。結果としてそういう形になったということでございまして、市民の皆さんの料金の算定においても従来と変わってないと。ここで限度額の改定の分は見込ませていただいておりますけれども、そういう状況でございます。



◆植田進委員 もうこれ以上は言いませんけれども、市町村国保は今のままじゃ成り立たないということで、後期高齢者医療制度と同じように全県一本化しようという動きも出てきているんですよ。それはやっぱり独立採算では成り立たないんです、この国保というのは。そういう矛盾を抱えているからこそ一本化の方向が出てきているんじゃないですか。



◎竹之内正一副市長 再三申し上げますけれども、一般会計からの繰り入れを一切しないで対応していくということを申し上げているわけではなくて、そこら辺の事情については八千代市のみではなくて他市町村も同じような状況でございますので、基本的には制度の問題として国等にいろいろ働きかけていくような部分も必要になるのかなというふうに考えております。

 このような国保財政の悪化というのは、国全体としてのあり方というものから、今後議論されていかなければならないのではないかというふうに認識いたしております。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆皆川知子委員 附属資料179ページの葬祭費のことについてですが、前年度比で565万円ほど減っているのはなぜでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 22年度当初予算につきましては昨年度実績を踏まえて計上しております。傾向値からして、21年度実績で1,100万円程度落ち込んでいますので、そういうものも勘案しております。



◆皆川知子委員 費用的なことはわかったんですが、実際に葬祭をしない方たちがふえているというふうに考えていいんですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 これにつきましては申請主義ですので、しない方がいるのかどうかというのは確認をとっていないんですが、実際に支給件数が減っているという状況です。



◆皆川知子委員 別件で、高額介護合算療養費というのがあるんですが、昨年度はゼロですけれども、この内容について少し説明していただいていいでしょうか。附属資料177ページになります。一般と退職被保険者の高額介護合算療養費ですね。



◎笠原豊晴国保年金課長 制度の概要ということでよろしいでしょうか。

 医療費が高額になった世帯に介護保険の受給者がいる場合は、国民健康保険と介護保険の自己負担額を合算しまして、一定の限度額を超えた場合は、超えた分が高額介護合算療養費として支給される制度です。なお、申請においても、ワンストップサービスということで、介護担当課、国保担当課のどちらに出しても手続がとれるという制度です。



◆皆川知子委員 もう1点ですが、附属資料183ページの高額療養費貸付金について、無利子で資金を貸し付けるというのは大変ありがたい制度なんですけれども、実質的にこれは昨年度比708万円ほどふえております。利用者がふえるであろうということもあると思うんですが、これはどういうふうな形で償還していくのか、その制度的なことを教えてもらってもいいでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 基本的には、医療費が高額な場合でその支払いに困ったときにこの制度を利用されています。貸し付ける際には高額療養費の9割相当、これを貸し付けさせてもらっています。実際は高額療養費の支給申請をいただいて、支給がされたときに基本的には相殺していきます。



○菅野文男委員長 皆川委員、いいですね。



◆江端芙美江委員 短期人間ドック助成事業についてお尋ねしたいと思います。

 まず、ここの人間ドック、21年度の実績で、わかりましたら月別の受診者数をお願いいたします。



◎笠原豊晴国保年金課長 月別の状況ですが、21年度から健診型ドックということで特定健診と併用受診になっておりますことから、6月がスタートになります。6月が40人、7月70人、8月47人、9月54人、10月77人、11月66人、12月86人、特定健診が12月末ですのでここで終了です。合計で440件です。



◆江端芙美江委員 今お話しのように、特定健康診査の受診券というのは、到着は5月ごろでしたでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 21年度ですと5月末ごろです。



◆江端芙美江委員 そうすると、受診券が到着してから12月31日までの間がこの対象期間になるということだと思うんですけれども、当然1月から受診券が届くまでは人間ドックは受けられないという状況にありますよね。

 それで、去年11月ごろには、既に予約でいっぱいですというお返事が幾つかの医療機関からあったんですね。そうすると、本当に人間ドックを受ける期間が短いなというふうに思うんです。特定健診と一緒でなければいけないとなるとそういうふうになってしまうんですが、人間ドックを受けられる期間、要するに受診券をもう少し早く皆さんのもとに届けるのは難しいんでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 特定健診の受診券の送付時期ですが、これについてはやはり受診期間をできるだけとりたいということで、22年度についても早くお配りしたいと、鋭意早く出せるような調整をしております。21年度よりは若干早まると想定しています。



◆江端芙美江委員 わかりました。

 いろいろな御事情もあると思いますけれども、先ほど申しましたように、人間ドックを受ける期間が年のうち半分ぐらいになっておりますので、その辺をよく考えていただいて、なるべく早く受診券を届けるようにお願いしたいと思います。



○菅野文男委員長 委員の皆様に御認識しておいていただきます。

 この後、老人保健特別会計、介護保険事業特別会計、墓地事業特別会計、後期高齢者医療特別会計とありますので、認識のもとによろしくお願いします。



◆石井敏雄委員 はい、認識しながら。

 附属資料183ページ、健康づくり推進事業について詳しく教えていただけますか。



◎山崎さかえ健康づくり課主査 22年度の予定ということでよろしいでしょうか。

 こちらの推進事業の中身ですけれども、まず生活習慣病予防講演会を考えておりまして、その謝金ということで報償費のほうを計上しております。

 それと、やちよ元気体操をここ何年もやっておりますので、その健康体操教室講師謝金ということで、体育指導員を予定しておりまして、その内容を報償費ということで予算計上しております。この中身ですけれども、やちよ元気体操の普及と生活習慣病予防に関する普及・啓発ということで、やちよ元気体操のビデオ等につきましても貸し出し等をしております。

 やちよ元気体操に伴いまして、元気広場等でいろいろ修了した方につきましては、応援隊という形で、その後自分たちでいろいろしていただくような方向で考えておりますので、そのための元気広場の傷害保険ということで計上している部分が新規という形になります。



◆石井敏雄委員 この健康づくり推進事業をしっかりやることが国保のお金を下げていくための一助に絶対なると思うんですね。ですから、このことをもっともっと市民の皆さんに周知しながら、参加してもらうことがすごく大事だと思うんですね。

 それにはこの金額、40何万円というのはちょっと少ないのかなと私は思うんですけれども、先ほどのやちよ元気体操を皆さんで考案されて、ケーブルテレビでもやっていたりするんですけれども、意外と市民の皆さんは知らないという部分が多いですから、もうちょっとしっかり考えて普及させることが大事なのかなと。

 元気になれば国保予算ももっと軽くなってくるということにつながると私は思いますので、その辺のお考えを。



◎笠原豊晴国保年金課長 予算上は高額を見込んでおりませんが、お金をかけずに普及・啓発というものも実際に取り組んでおります。各部との連携事業、それから、これは市の機関ではないですが、八千代市文化・スポーツ振興財団で年間を通して独自の体操教室を行っています。そういうところにも、やちよ元気体操の普及ということで1時間程度お時間をいただいて参加者にPRを図ったり、関係者に周知をお願いしたりということも既にやっております。22年度以降も機会がありましたらそういう考え方で取り組んでいきたいと思います。



◆石井敏雄委員 私の勉強不足かもしれませんけれども、食育は健康づくり課でやっていたと思うんですね。課長がお金にはあらわれていないけれども、そのことも一生懸命やっているんだよということのあかしだと思うんですが、横の連絡を密にとってやっている食育について御発言いただければ。



◎川上真由美健康づくり課副主幹 食育に関しましては、八千代市健康まちづくりプランの中で、主に母子保健課が主管課となって進めている事業ですが、母子保健課のみでなく、健康づくり課や農政課等、一緒に事業を進めている状況でございます。



◆石井敏雄委員 私の不勉強も含めましてですけれども、横の連絡を密にとって、私が質問したときに全庁的に推進するという答弁もいただいていますので、皆さん方も一生懸命それに協力して推進していただければと要望いたします。

 以上です。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で議案第2号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第3号 平成22年度八千代市老人保健特別会計予算を議題といたします。

 執行部に説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 それでは、議案第3号 平成22年度八千代市老人保健特別会計予算について御説明いたします。

 予算書の241ページをごらんください。

 議案第3号 平成22年度八千代市老人保健特別会計予算。

 平成22年度八千代市の老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ240万9,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 平成22年度の歳入歳出予算は240万9,000円で、対前年度比では64.7%の減となっております。この会計は、老人保健法に基づく医療事業が後期高齢者医療制度へ継承されたことにより、平成20年度より請求おくれ分や請求の過誤による再請求分などを対象とする精算のための事業費を計上しておりますので、最終年度となる平成22年度の予算は大幅な減となっております。

 予算書の248、249ページをごらんください。

 まず、歳入予算の概要について申し上げます。

 第1款、第1項、第1目医療費交付金につきまして、110万9,000円を計上、対前年度比較で69.4%の減となっており、1割負担の人の医療給付費の50%及び3割負担の人の医療給付費の100%が交付されるものです。

 第2款、第1項、第1目医療費負担金につきましては、73万8,000円を計上、対前年度比で62.8%の減となっております。内容につきましては、1割負担の人の医療給付費の12分の4に相当する法定負担でございます。

 次に、予算書の250、251ページをごらんください。

 第4款、第1項、第1目一般会計繰入金につきましては、35万6,000円を計上、対前年度比で47.8%の減となっており、県負担と同額となる1割負担の人の医療給付費の12分の1に相当する法定負担に事務費等を加えた額を一般会計から繰り入れるものでございます。

 次に、予算書の254、255ページをごらんください。あわせて、附属資料の189ページからごらんください。

 歳出予算の概要について申し上げます。

 第2款、第1項、第1目医療給付費につきましては、172万8,000円を計上、対前年度比で68.2%の減となっております。内容につきましては、先ほど申し上げましたが請求おくれ分と請求の過誤による再請求分などを見込んだものです。

 第2目医療費支給費につきましては、49万4,000円を計上、対前年度比で58.0%の減となっております。内容につきましては、高額医療費の請求おくれ分などを見込んだものです。

 以上で説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で議案第3号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第4号 平成22年度八千代市介護保険事業特別会計予算を議題といたします。

 執行部に説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 それでは、議案第4号 平成22年度八千代市介護保険事業特別会計予算について御説明いたします。

 予算書の259ページをごらんください。

 議案第4号 平成22年度八千代市介護保険事業特別会計予算。

 平成22年度八千代市の介護保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ66億5,895万6,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 歳出予算の流用。

 第2条、地方自治法第220条第2項ただし書きの規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)、各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 (2)、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 それでは、予算書の266、267ページをお開きください。

 まず、歳入予算の概要について申し上げます。

 第1款介護保険料につきましては、14億1,867万4,000円を計上、対前年度比2.1%の増となっております。内容は、介護保険の第1号被保険者が負担する保険料でございます。

 次に、第3款、第1項、第1目介護給付費負担金で、法定負担分として11億274万円を計上、対前年度比で0.4%の増となっております。

 予算書の268、269ページをごらんください。

 第2項国庫補助金では、地域支援事業の法定負担分として6,627万5,000円を計上、対前年度比4.0%の増となっております。

 次に、第4款、第1項支払基金交付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金の介護給付費及び地域支援事業の法定負担分として18億4,939万6,000円を計上、対前年度比0.4%の増となっております。

 次に、予算書の270、271ページをごらんください。

 第7款、第1項一般会計繰入金につきましては、国・県と同様、介護給付費及び地域支援事業の法定負担分として、一般会計繰入金11億6,326万1,000円を計上いたしております。

 次に、予算書の276、277ページをお開きください。附属資料は193ページとなっております。

 歳出について御説明いたします。

 まず、第1款、第1項、第1目一般管理費では、介護保険事業計画策定事業として585万3,000円を新たに計上し、第5期介護保険事業計画策定のため、被保険者等の実態、介護サービス実施状況及び介護給付実績状況等の調査・分析にかかわる経費でございます。

 次に、予算書の280、281ページをお開きください。附属資料は196、197ページとなっております。

 第2款、第1項介護サービス等諸費では、在宅・施設サービス等の給付に要する経費として54億4,465万8,000円を計上、対前年度比0.6%の増となっております。

 予算書の282ページをお開きください。

 第4項高額介護サービス等費につきましては、介護サービスが基準額を超えた場合、経済的負担を軽減することを目的として8,403万6,000円を計上、対前年度比5.6%の増となっております。

 次に、284、285ページをお開きください。あわせて、附属資料は198ページとなっております。

 第6項特定入所者介護サービス等費につきましては、特定施設入所者の給付に要する経費として1億5,419万5,000円を計上、対前年度比10.9%の減となっております。

 次に、予算書の286、287ページをお開きください。附属資料は199、200ページです。

 第4款、第2項、第2目介護予防事業費につきましては、介護予防施策として、生活機能評価事業委託金等で6,552万4,000円を計上、対前年度比7.9%の増となっており、生活機能評価にかかわる対象者の増によるものです。

 次ページになりますが、第3項包括的支援・任意事業費につきましては、地域包括支援センターの運営経費等で1億1,692万2,000円を計上、対前年度比3.7%の減となっております。減の要因といたしましては、地域支援事業補助対象となる法定枠を超過したことに伴い、地域包括支援センター運営事業などにかかわる事業費を一般会計予算の介護予防支援事業へ組み替えたことによるものです。

 以上で説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆堀口明子委員 介護認定のことについてお聞きします。

 新方式で軽度に判定されている事例が多々ありますけれども、それについて市の認識はどうなんでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 平成21年4月から新たな介護認定方式となりまして、ただいま委員から御意見をいただきましたことにつきましては、確かにそういう傾向が八千代市においても見られました。そのことについて、いろいろな市民団体等から意見が寄せられましたが、厚生労働省は14名の委員をもって検討委員会を設置し、調査・検討した結果、実質的に3月まで行われていた方式に変えることによって、それらの問題について現在は多く出されていない、平静を保っているというふうに理解をいたしております。

 以上です。



◆堀口明子委員 では、市は国の意見にのっとって今後もということでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 全くそのとおりでございます。



◆武田哲三委員 介護認定審査会ですけれども、出席する人数と役職といいますか、どういう人たちが参加するのか、ちょっと言ってもらえますか。



◎小川敏行健康福祉部参事 介護認定審査会の構成でございますけれども、概要をまずお話ししたいと思いますが、介護認定審査会は水曜日、木曜日、金曜日の週3回で、水曜日は4グループで会議を開いております。時間は夜7時から大体1時間半程度で実施しております。

 その構成メンバーでありますけれども、医療保険の専門家ということで医師、歯科医師、薬剤師、それから、福祉関係者ということで介護福祉士または社会福祉士、理学療法士または作業療法士で、5名の委員で審査会を開催いたしております。

 以上でございます。



◆武田哲三委員 1グループの1回に平均でどれくらいの件数がかかるんですか。



◎小川敏行健康福祉部参事 1審査会当たり大体20件から25件の審査をお願いしております。したがいまして、それを逆算しますと大体5分程度というふうになろうかと思います。



◆武田哲三委員 地域包括支援センターで、一部の事業費が一般会計のほうに移ったということですけれども、そこら辺の理由は何かあるんですか。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 歳入のほうで、国と県の負担率を最大限に引き出すために、包括的支援事業の中で行っていた電算システムの費用を一般会計に移しました。そして、人件費をこの事業費のほうに入れました。それによって、限度額、法定額の3%ぎりぎりまで事業費を設定することができましたので、結果的には数百万円、国と県の交付金をふやすことができています。

 以上です。



◆武田哲三委員 地域包括支援センターの事業も含めて介護保険料の中でやることになっていたんですよね。そうすると、その分だけ介護保険にとっては余裕ができたという解釈でよろしいですか。それとも、介護保険以外の事業だからそっちのほうへ持っていったという考え方なんですか。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 介護保険の総給付費の3%がこの地域支援事業の経費とされております。そして、それらの支出の40%を国が負担する形、20%を県が負担する形になっていますので、事業費をぎりぎりまで多くしたいと。今までは電算費用等についてもこちらのほうに入れていたんですが、電算費用を出して人件費を事業費の中に入れて、3%の枠におさまるように設定することによって、結果的には国と県の交付金が多くなります。介護保険にゆとりができるということではなくて、介護保険の総給付費の3%という枠の中でのやり方なんですが、歳入のほうがふえるように、財政課と協議しまして、とにかく100万円でも200万円でも国と県の交付金をふやす方法をとりたいということで実施いたしました。



◆皆川知子委員 附属資料196ページの介護サービス等諸費のところですが、福祉用具貸与給付費及び特定福祉用具販売給付費の総額について、前年度で結構ですので教えていただけますでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 お答えいたします。

 初めに、福祉用具の購入の部分でございますけれども、購入については品目が定められておりまして、その品目ごとに御案内したいと思います。

 21年度、昨日現在のデータでございますけれども、便座が119件、特殊尿器が9件、入浴補助用具が263件、移動用リフトが2件という数字になっております。

 次に、福祉用具の貸与でありますけれども、車いすが非常に多くなっておりまして4,998件、その次が特殊尿器5,563件という数字になっております。



◆皆川知子委員 ありがとうございました。

 額はわかりますでしょうか。難しければ後ほどで結構です。



◎小川敏行健康福祉部参事 額は持ち合わせておりません。ただ、20年度までの決算については主要施策の成果に関する報告書の中に出ております。



◆皆川知子委員 新聞紙上で、福祉用具の貸与にかかわることで、例えば、車いすの費用が4倍になるとか、事業所によって価格設定が異なり、市が給付する額もそれに応じて違ってくるということで、その額が妥当なものなのかどうかということを市側も調査して、給付額の適正化を図らなければいけないということが報道されていたんです。その点についての御認識はいかがでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 確かにそのような新聞報道がなされました。

 福祉用具そのものにつきましては、年度単位で10万円を上限としてなされております。その中で、業者によって価格が違うという御意見でありましたけれども、例えば、車いすにしても特殊寝台にしても、オールアルミ等の材質ですとか、機能ですとか、それらによって価格が違うものですから、それらについてはその方々の所得状況等を考えまして、介護支援専門員が当事者と相談して適正な業者を選定していると、そのように理解いたしております。



◆皆川知子委員 続きまして、附属資料194ページの介護保険事業計画策定事業ですが、今回第5期の計画策定になるんですけれども、今までの事業を振り返りまして、状況的には一般質問でもしたとおり、介護保険料を八千代市の場合は下げてきていると、使う額に合わせてということで、今のところそんなに多くのものを使っていないので、それに見合って下げてきているということだったんです。

 今回実施する調査・分析によって、今後15年くらいの間に介護が必要となる方たちがふえるであろうという目測のもとに、潜在的にこの介護保険が適用される人がふえてくるであろうという、その潜在的な部分についての調査がこの項目の中にあるのかどうかを教えてください。



◎小川敏行健康福祉部参事 ただいまの事業計画につきましては、第4期介護保険事業計画ということで、平成21年度から始まりました。国におきましては平成26年度、つまり団塊の世代の多くが65歳に達するときを当面の目標として、例えば、要介護4・5について介護保険施設は70%以上の方々が入れるように確保しなさいという当面の目標数値を掲げております。それらをもとにして、我々はこれまで事業計画を査定してきたわけですが、26年度の中間目標の査定に当たっての計画が次期計画になります。

 したがいまして、23年度から始まる第5期介護保険事業計画の中でそれらを具体的に査定していくことになると思いますが、国がそういう目標を掲げておりますので、より細かい実態調査の項目がこれから指針として出されると思います。それらをもって八千代市でも対応してまいりたいと、そのように考えております。



◆石井敏雄委員 289ページの地域包括支援センター運営事業で、地域包括支援センターは地域とうたっているわけですから、その整備状況、配置状況についてお教えいただきたいと思います。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 市内を7つの生活圏域に分けまして、勝田台地区、八千代台地区、それから、阿蘇地区は米本団地の中に、村上地区は村上団地の中に、高津・緑が丘地区は高津団地の中に、そして、直営で大和田・睦地区を担当しており、以上6カ所に設置してございます。



◆石井敏雄委員 御答弁の中で、大和田と睦が一緒ということで、唯一睦がないわけですね。睦はそれだけ高齢化していないわけではないですよね。睦に対しての配置のお考えをお聞きしたいと思います。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 高齢化率は65歳以上の方が全人口に占める割合になるわけですが、その地区の高齢者数が少ないものですから、現在は直営でそこをカバーするというやり方で、必要であれば職員を増員しての対応を考えております。18年4月の発足当初に議論されたんですが、現在の睦地区に地域包括支援センターを設置しようとした場合、高齢者の対象人口が少ないことから極めて効率が悪くなるため、とりあえず直営でカバーしようということになったと聞いております。

 以上です。



◆石井敏雄委員 対象人数が少ないからということが一番なわけですけれども、敬老会等の中で地域のお年寄りの皆さんからお話を聞くと、そういう安心した施設があることがお年寄りの元気にもつながるということですし、私はコミュニティーで1つずつということが一番の目標だったと思うんですね。ですから、計画してきちんとした配置をお願いしたいと、私の要望とさせていただきます。お願いします。



◆塚本路明委員 地域包括支援センターについて、1カ所幾らの委託費でやっているかを確認です。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 基本的には1カ所2,000万円で委託をしております。ただ、八千代台地区につきましては対象人口が多いものですから、2,350万円ぐらいと増額して、職員も増員して配置しておりますので、そこだけ多くなっております。

 以上です。



◆塚本路明委員 先ほど言った場所ごとに、来場者、来庁者、統計的にやはり大分差はありますか。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 来庁者ということでは市でも地域包括支援センターでもとってはいない、直営の場合はそれこそ市役所全体に来る方という考え方をすればとっていないんですが、相談を受けたケースということであればある程度は数字としてあります。

 来所により相談を受けたケースは、勝田台地区が128件、阿蘇地区が40件、村上地区が70件、八千代台地区が140件、高津・緑が丘地区が130件、大和田・睦地区が222件、6カ所を合わせて730件になっております。これは総合相談として分類している数字で、実際の活動としては、それらの相談を受けていろいろな対応、訪問をしたり、ほかの機関につなげたりということで、その相談以降の活動のほうがはるかに多くなっております。

 以上です。



◆塚本路明委員 ちなみに、市庁舎に勝田台とか八千代台の方が来て相談をしてもいいんですか。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 直営ですので、どこの地区が来てもとりあえず話を伺います。ただ、本来は地区ごとに設置された地域包括支援センターが対応するのが原則で、そのためにつくってありますので、差し支えなければそれらの案内をして、そちらに伺ってもらうわけなんですが、中には市役所と話をしたいという方もいらっしゃいますので、その場合はお話を伺って、具体的な対応については極力その担当の地域包括支援センターで対応していただくことを了承していただくようにしております。

 以上です。



◆塚本路明委員 地域包括支援センターでサービスを拡充したいという要望はありますか。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 サービスを拡充という意味が判断しかねる部分もあるんですが、もし地域包括支援センターをふやしていくかという、先ほど石井委員からもあったことであるならば、当面はないんですが、要は相談を受けて必要な解決の方法を考えるというのが地域包括支援センターの役割ですので、具体的に提供できるサービス自体は特にふやしていくというふうには考えておりません。



◆塚本路明委員 おじいちゃん、おばあちゃんにいろいろなイベントをしながら、地域包括支援センターの活性化をという、幾つか回ったところでそういう意見もあるわけですよ。でも予算がないと。ないわけで自主的に収入を得る方法ですよ。当然ケアマネジャーがいてプランを、自主的に収入を得ながら活性化していきたいという意見に対して、それは賛同していくのか。



◎古江伸二地域包括支援センター所長 地域包括支援センターはケアプランの作成はできません。法律上、要支援1・2の方の予防プランは地域包括支援センターが立てることになっているんですが、要介護1から要介護5までの方については居宅介護支援事業所以外ではできない法律上の規制がございます。逆に、予防プランについては地域包括支援センター以外では立てられない仕組みになっております。したがいまして、予防プラン1件で4,120円が継続ですと入りますが、それらの収入を使って何か高齢者のためにということであれば、今後検討していかなければならないとは思います。



◆正田富美恵委員 介護施設の待機者は代表質問でもお聞きしましたからよくわかったんですけれども、施設入所を希望される方がたくさんいらっしゃる中で、優先入所と言われている要介護4・5、この方たちの実態というのはどのようになっておりますでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 これは一般質問でも出ましたけれども、待機者は304名でございます。その内訳でございますけれども、要介護4・5の方々が約8割を占めております。そのような状況でございます。



◆正田富美恵委員 私も相談を受けることが多いんですけれども、高齢者の方が高齢の方を見ている、60歳以上の方が要介護4の方を見ながら施設を待っているという方も大勢いらっしゃるんですけれども、この老老介護の実態を掌握していらっしゃるんでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 その実態をつかむべく、責務は当然あろうかと思いますが、現時点においては相談された方のみの把握にとどまっているというのが実情でございます。



◆正田富美恵委員 施設の待機者の方304人の中で、老老介護で本当に大変な思いをして、介護疲れをしてしまって、またその方も要介護になってしまうというような方も多いと思いますので、そういう実態もしっかり見ていただけたらと思います。

 それから、国保もそうなんですけれども、一生懸命頑張って、介護を受けないように元気で頑張って、私たちは介護保険を使ってきてないのよという方をすごく多く聞くんですね。そういう方たちのために、東京の稲城市は介護保険制度をポイント制にして、3年間使っていない方たちが今度使うときにポイントを加算してあげるという制度の取り組みが始まっているんですけれども、一生懸命介護保険を使わないで元気でいようと思っていらっしゃる方たちのために、介護保険を3年間使わなかった方たちが得するようなポイント制の導入をするお考えというのはないでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 第4期介護保険事業計画におきましては、市単独事業の一つとしての制度設計は持っておりません。ただ、先ほどお話ししましたが、第5期介護保険事業計画の中で、そういう声の実態調査の中で皆さん方の意見が多くなれば、その必要性を考えまして、介護保険事業運営協議会等で提案させていただきまして、でき得るものであれば実行していくという考え方をさせていただきたいと、このように思っております。



◆正田富美恵委員 健康福祉部全体に言えると思うんですけれども、保険制度を使わなかった方たちは本当に一生懸命努力していらっしゃるんですよ。国民健康保険も同じだと思うんです。元気で自分で気をつけている方たちが保険を何年間も使わなくてよかったなと思うような、そういう市民の方たちの努力に報えるような制度をぜひ考えていただけたらと要望して終わりにします。



◆原弘志委員 介護保険の給付につきまして、昨年、潤心協会の事故がありましたね。そして、事故のその後、この予算書に返済金というのが当然入ってくると思うんですけれども、予算書でそれはどういう扱いをされているんでしょうか。



◎小川敏行健康福祉部参事 ただいま御指摘いただきました潤心協会の件につきましては、皆様方に大変御心配、御迷惑をおかけしましたこと、改めまして深くおわびを申し上げたいと思います。

 その後の経緯でございますけれども、本年1月から償還が始まりまして、まだ2回目でありますが、予定どおり納入させていただいております。その金額の取り扱いでありますけれども、本年度については雑入扱いで入れる予定でございます。新年度以降、4月以降についてもその予定でおります。

 以上でございます。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で議案第4号に対する質疑を終わります。

 暫時休憩します。

     午前11時44分休憩

   −−−−−−−−−−−−−−

     午後零時58分開議



○菅野文男委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第5号 平成22年度八千代市墓地事業特別会計予算を議題とします。

 申し上げます。

 執行部から資料の提出がありました。

 お手元に配付したとおりでございます。

 では、執行部に説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 それでは、議案第5号 平成22年度八千代市墓地事業特別会計予算について説明させていただきます。

 予算書の303ページをごらんください。

 議案第5号 平成22年度八千代市墓地事業特別会計予算。

 平成22年度八千代市の墓地事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ4億4,852万7,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 まず、歳入予算について申し上げます。

 予算書の310、311ページをお開きください。

 第1款、第1項、第1目墓地使用料につきましては、4億4,768万2,000円を計上しております。市営霊園の22年度供用開始に伴い、使用者から徴収する使用料、管理料等を計上したものでございます。

 次に、第2款、第1項、第1目利子及び配当金でございますが、市営霊園の円滑な運営を図るため、市営霊園基金を設置することに伴い、基金利子として80万6,000円を計上しております。

 また、予算書の312、313ページとなりますが、市営霊園の供用開始に伴いまして、一般会計繰入金及び墓地債につきましては廃目となります。

 歳入は以上でございます。

 次に、歳出予算について申し上げます。

 予算書の314、315ページをお開きください。附属資料は205、206ページをあわせてごらんください。

 第1款、第1項、第1目一般管理費につきましては、市営霊園の一般職員人件費と運営管理事業で、市営霊園に配置する職員、臨時職員を含めての人件費及び賃金で1,390万5,000円のほか、霊園の植栽管理、機械警備、廃棄物処理等に係る業務委託料496万1,000円など、合計で2,729万3,000円を計上しております。

 また、第2款、第1項、第1目元金につきましては、墓地事業の財源として借り入れた長期債に係る元金の償還が22年度から開始されるため、252万円を計上しております。

 次ページをお開きください。

 第2目利子についてでございますが、墓地事業の財源として借り入れた長期債に係る利子償還に要する経費として、824万7,000円を計上しております。

 また、第3款、第1項、第1目市営霊園基金積立金につきましては、基金の運用から生ずる利子及び市営霊園の使用料積立金として、4億746万7,000円を計上しております。

 次に、第4款、第1項、第1目予備費として、300万円を計上いたしております。

 続きまして、318、319ページをお開きください。

 墓地施設整備費でございますが、22年度事業開始となることから廃目となります。

 説明は以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で議案第5号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第6号 平成22年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。

 執行部に説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 それでは、議案第6号 平成22年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算について御説明いたします。

 予算書の325ページをごらんください。

 議案第6号 平成22年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算。

 平成22年度八千代市の後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ13億4,503万3,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 後期高齢者医療特別会計予算につきましては、この会計を設ける根拠となっております後期高齢者医療制度が平成24年度末をもって廃止することが決定されております。その後につきましては、後期高齢者医療制度廃止後の新たな制度の具体的なあり方について検討を行うため、厚生労働大臣の主宰により昨年11月末に設けられた高齢者医療制度改革会議で検討が進められており、ことしの夏には中間取りまとめがあり、年末には最終的な取りまとめが行われる予定となっております。

 それでは、御説明いたします。

 予算書の332、333ページをごらんください。

 まず、歳入予算について申し上げます。

 第1款後期高齢者医療保険料につきましては、11億2,028万3,000円を計上し、対前年度比10.8%の増となっております。

 第3款繰入金につきましては、2億2,025万7,000円を計上し、対前年度比1.7%の減となっております。内容につきましては、一般管理費、徴収費等の事務費分及び保険料の法定軽減を補てんする保険基盤安定分の一般会計からの繰入金でございます。

 次に、予算書の336、337ページをごらんください。附属資料は207ページとなっております。

 歳出予算について申し上げます。

 第1款、第1項、第1目一般管理費につきましては、6,487万9,000円を計上し、対前年度比11.8%の減となっております。内容といたしましては、後期高齢者医療制度の事務に従事する職員の人件費及び資格管理、給付管理、システム管理などの事務に要する経費でございます。

 次に、第2項、第1目徴収費につきましては、656万7,000円を計上し、対前年度比8.5%の減となっております。内容といたしましては、保険料納付通知、納付書の発送事務などに要する経費となっております。

 次に、338、339ページをごらんください。附属資料は208ページとなっております。

 第2款、第1項、第1目後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、12億6,098万6,000円を計上し、対前年度比10.0%の増となっております。内容といたしましては、広域連合への保険料納付金で、徴収いたします保険料に法定軽減を補てんする保険基盤安定繰入金などを加えた額となっております。

 以上で説明といたします。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆原弘志委員 この後期高齢者医療制度の問題について、収入のない人とか無年金者とか、そういう方々が当然おられると思うんですけれども、そういった人たちの扱いはどういうふうになるんでしょうか。



◎木村栄一長寿支援課主幹 お答えいたします。

 無年金者等、低所得者に対しましてはいろいろな軽減策がございます。後期高齢者医療保険料につきましては、すべての方から保険料をいただくことになっております。80万円等の基本的な年金額をもらっている方については9割軽減で、これは21年度から創設されております。なお、無年金者等につきましては、この制度のみならず、ほかの制度を適用しながら推進してまいりたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆植田進委員 保険料の2年ごとの見直しで、今回保険料を低額に抑えるための努力ということではどういうことが考えられたんでしょうか。



◎木村栄一長寿支援課主幹 22年度からの保険料の見直しでございますけれども、広域連合といたしましては、国から通知がありました広域連合の特別会計の移譲金、これは全額補てんをすると。もう1点といたしまして、財政安定化基金の活用を行うということでございます。

 なお、これにつきましては、現在県のほうで基金を設置しているところでございますけれども、現状の基金の積立金、さらに、22、23年度に積み立てられます基金の予想額、これを最大限利用すると。国の通知において、22、23年度、基本的にはこちらの賦課総額の約3%は基金に残せと。これは基金でございますから、不測の事態もございますので、最低3%は残すと。これをもちまして、広域連合としましては基金を最大限繰り入れたというふうに聞いております。

 以上でございます。



◆植田進委員 国のほうの見直しということでありましたけれども、民主党政権のもとで後期高齢者医療制度は即刻廃止ということが約束になっていたんですが、4年間先送りされたということで、市のほうから国に対して、差別医療、負担の問題なども含めて、後期高齢者医療制度の廃止を求める考えはありませんか。その件について伺います。



◎木村栄一長寿支援課主幹 廃止というお話でございますけれども、現状、高齢者医療制度改革会議のほうで、6つの基本方針、後期高齢者医療制度を廃止し、地域保険の一元化等、6つの方針を立てまして検討中でございます。

 市として、廃止の声といいますか、意見といいますか、そういったものをというお話ですけれども、広域連合を通じまして、全国後期高齢者医療広域連合協議会のほうで現行制度の見直しに対していろいろな要望等を出しております。その中では、廃止ということではございませんけれども、次期保険料の抑制措置等、現行の中でできる目いっぱいの国の努力をお願いしたいということで、要望しているということでございます。

 以上です。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で議案第6号に対する質疑を終わります。

 この際、暫時休憩します。

     午後1時12分休憩

   −−−−−−−−−−−−−−

     午後1時28分開議



○菅野文男委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第7号 平成22年度八千代市水道事業会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎村山拓男上下水道局長 それでは私から、座らせて説明させていただいてよろしいでしょうか。

 それでは、議案第7号 平成22年度八千代市水道事業会計予算について御説明いたします。

 予算編成に当たりましては、節水意識の向上等により唯一の財源である料金収入の伸びの鈍化が予想される状況であること。健全な資産管理を行うため、現況把握、具体的な計画等を策定し、水需要予測、事業分析を行うなど、適正な施設改修等を行うこと。中期経営計画に位置づけた耐震性施設への更新、給水区域の拡大、安定給水の確保にかかわる諸施策に取り組むこと。経常的経費等の契約の見直しや仕様の見直しを行うなど、支出の抑制をすること。施設の維持管理・改良事業では、その必要性、効果等について、十分な検討を行うことなどを考慮し、予算編成に努めたところであります。

 予算書の1ページをお開きお願いします。

 第1条、平成22年度八千代市水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

 第2条の業務の予定量といたしましては、給水件数は前年度に比較しまして2.6%増の8万2,000件で、年間総給水量は1,949万7,000立方メートル、1日平均給水量は5万3,088立方メートルで、対前年度比0.5%の減と見込んでおります。

 次に、主要な建設改良事業の内容といたしましては、安定した給水体制を確立するため、宮内水管橋更新事業を3カ年継続事業として予定しております。平成22年度におきましては、下部工、架設工事用道路、仮設桟橋の設置を予定しております。睦浄水場施設改良事業につきましては、工事の遅延により3月補正において、期間3カ年から4カ年に延長及び年割額の変更を計上させていただいております。健全な資産管理を行うために、2カ年継続事業で八千代市水道事業第2次長期基本計画策定事業を予定しております。なお、平成22年度につきましては、現状把握、水需要予測、事業の分析、評価、課題抽出等を予定しております。

 次に、第3条、収益的収入及び支出について申し上げます。

 第1款水道事業収益において、33億8,582万9,000円を予定しております。主な内容は、第1項営業収益は主に水道料金収入で、前年度に対して0.2%の減の31億5,358万3,000円を予定しております。第2項営業外収益は主に納付金でありまして、中高層マンションの建築による新規申し込みが前年と比較して見込めないことなどから、対前年度比12.2%の減少の2億3,224万6,000円を予定しております。

 次に、水道事業費用といたしましては、第1款水道事業費用で31億564万7,000円を予定しております。主な内容は、第1項営業費用は28億3,040万6,000円を見込んでおりまして、主に水道事業運営や浄水場・給水場等の施設維持管理に要する費用で、対前年度比3.2%減で計上をしております。次に、第2項営業外費用は、企業債利息で2億7,224万円を見込んでおります。第3項は、特別損失の存目計上でございます。第4項は、予備費で300万円を計上いたしております。

 次に、第4条、資本的収入及び支出につきましては、2ページをお願いいたします。

 第1款資本的収入は15億3,334万2,000円で、主な内容は、第1項企業債は、第7条で定めております石綿セメント管更新事業で4億円を、睦浄水場施設改良事業で4億5,000万円を、計8億5,000万円の借り入れを計上しております。第2項工事寄附負担金は西八千代北部特定土地区画整理事業に伴う水道工事負担金で、6億8,268万9,000円を計上しております。

 次に、支出でありますが、第1款資本的支出においては、46億9,863万6,000円で、主な内容は、第1項建設改良費は、配水管等布設及び改良事業並びに睦浄水場等の施設改良事業などで、27億1,231万6,000円を計上し、第2項企業債償還金は3億5,132万円を計上し、第3項投資は一般会計への貸付金として16億3,500万円を計上しております。

 1ページに戻らさせていただきますが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額31億6,529万4,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額9,102万4,000円、減債積立金3億5,132万円、過年度分損益勘定留保資金25億4,299万7,000円及び当年度分損益勘定留保資金1億7,995万3,000円で補てんするものであります。

 では、次に、第5条、継続費につきましては、八千代市水道事業第2次長期基本計画策定事業及び水管橋更新事業について、継続費の総額及び年割額について定めようとするものでございます。

 次に、第6条、債務負担行為におきましては、検定満了メーター取りかえ業務及び八千代市水道・下水道事業検針及び収納事務並びに支出事務について、期間及び限度額を定めようとするものでございます。

 次に、3ページをお願いいたします。

 第7条、企業債におきましては、先ほど御説明申し上げましたが、2事業について、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について定めようとするものでございます。

 第8条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費と交際費は、経費の性質から、流用の制限を行おうとするものでございます。

 第9条、たな卸資産購入限度額につきましては、たな卸資産の購入限度額を4,271万円と定めようとするものであります。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 6ページからの平成22年度八千代市水道事業会計予算実施計画から、39ページの平成21年度八千代市水道事業会計予定貸借対照表までにつきましては、記載のとおりでございます。また、予算に関する説明書附属資料は、収益的支出及び資本的支出を事業別に作成してございます。参考としてお使いいただければと思います。

 以上、説明をさせていただきました。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆植田進委員 まず、お尋ねいたしますが、今回の投資資金については、16億3,500万円を留保資金から一般会計に貸し付けるという方向になったようですけれども、本来ならこの留保資金というのは、それだけの財源を持っていれば、料金の値下げだとか、あるいは企業債の繰り上げ償還だとか、そういうものに充てるべきではないのかなというふうには思うんですけれども、その辺の留保資金の活用の仕方の考え方の原則というのはどういうふうになっているのかを伺いたいと思います。



◎御園生悟経営企画課長 ただいまの留保資金の活用ということでの御質問ということで、お答えさせていただきます。

 八千代市の公営企業の公金管理運用方針及び公金管理運用における事務要領を定めておりまして、これは平成14年4月に定めております。

 また、八千代市公営企業会計より他の会計に長期貸し付けに係る要領を定め、平成22年2月19日から運用、施行しております。その中で……。



○菅野文男委員長 局長、答弁できますか。



◎村山拓男上下水道局長 留保資金の活用ということについて御説明をさせていただきます。

 すみません、座ってよろしいですか。



○菅野文男委員長 はい。



◎村山拓男上下水道局長 先ほど述べましたように、繰り上げ償還だとか、それから料金の値下げだとか、そういうものに使ったらどうかというふうな御趣旨でございましたが、留保資金、私ども長い間水道事業については経営をしておかなくちゃいけないということですから、現世代の人たちが負担をするものと、それからまた、私ども施設をやるのは、非常に長い期間を使います。次世代の人にもやはり負担してもらわなきゃだめだとか、そういうふうなことのバランスを、今持っているお金を今すぐすべて使うとかということじゃなくて、やはり将来にも負担してもらわなくちゃだめなものについては、起債だとかそういうふうなもの。長期間にやらなくちゃいけない。それから、料金だとかそういうふうなものについても、やはり皆さんには安定した料金。すぐあれだとか、上がるから下がるということじゃなくて、長期スパンを考えた中で、私ども経営をしていかなくちゃいけない。そういう中で、私ども留保資金と企業債、こういうふうなもののバランスをとりながら、これで中期経営計画を策定させたりしていただいているわけですが、そういう中で論議をさせていただいております。そういうことでございます。



◆植田進委員 そうすると、留保資金の、現世代と次世代と、いろいろその組み合わせがあると思うんですが、先ほど言ったように、料金自体はかなり低額で八千代市は、地下水をくみ上げて。ただ、これから新たな井戸を掘るということになると、1本当たり1億円とか、かなりかかっていく。そういう意味で、新しい水源を確保するための費用が当然必要になってくるでしょうと。あわせて、企業債については、今はかなり低利になっていますけれども、4%、5%というの、まだ残っているわけでしょう。そういうものは、繰り上げ償還のためにこの留保資金を活用するとか、そういう方法というのはあるんですか。



◎村山拓男上下水道局長 繰り上げ償還をするためには、一つの基準がございまして、私どもが今、現金ちょっとあるから、高いところの、率4%、5%のものを、国に返すといっても、やはり一つの基準がありまして、その基準を超えたものでお返ししようとすると、その後何年間か新たな企業債を借りられなくなってしまうとか、そういうふうな決めごとがいろいろありまして、私どもそういうふうな基準の中でお返しできるものについては、繰り上げ償還をさせていただいてきております。



◆植田進委員 それは国の地方交付税制度の問題の中で、八千代市みたいに不交付団体になったときには、確かに繰り上げ償還の財源が、国が面倒見れないということで、これが交付団体であれば、その繰り上げ償還のための財源を国が用意して、各企業体にその分だけ充当するということはあるんですが、その辺のことだろうなというふうには思うんですが、ただ、やっぱり留保資金が突然と、16億円もあったのかという、私たちは率直に言って驚いたんですよ。

 じゃ、それどこまで、その留保資金は、一般会計、親が大変だったら子供は面倒見てくれるのかというのは、そうすると今回はたまたま16億円でとどまったけれども、そうすると今の時点で20億円まで借りることは可能なんですか。その辺の判断はどういうふうにされたんでしょうか。



◎村山拓男上下水道局長 平成21年度末と言っているんでしょうか、22年度当初で約23億円ぐらいの留保資金がございます。



◆植田進委員 23億円ですから、あと7億円程度。もちろん一般会計が全部、16億円まで使い切るという考え方はどうもなさそうですから、仮に15億円でとどまったとしても、その15億円は少なくとも1年据え置きですから、2年から5年で返済するという、多分均等返済だとは思うんですが、そうすると、やっぱりその間の資金というのは、水道局から見れば、その貸し付けた分だけは自由には使えなくなるわけですよね。

 だからそういう意味では、そういう資金を活用して本来の設備投資でもっと、石綿管をダクタイル鋳鉄管に切りかえるだとか、ビニール管ですか、今、切りかえるだとかという費用には、本来もっと手前に引き寄せて、前倒しでやるべきことがあるんじゃないかなという気がするんですが。それは今のところ、設備投資にかかわるそういう費用と、今の留保資金との関係というのは、どういうふうにとらえられているんでしょうか。



◎村山拓男上下水道局長 私ども単純に16億円をお貸ししますということじゃなくて、きちっと中期経営計画を策定してございます。それから、石綿セメント管についても、また来年度の予算でも、約1万メートルというふうなことを組んでございます。計画的にそういうふうなものの投資だとか、それから資金運用をさせていただいている、こういうふうに考えております。



◆原弘志委員 今の関連しますけれども、石綿管につきましては、当然取りかえていかなきゃいかんですが、過去の数字ですね。おわかりになれば、何メートルずつやってきたということと、もう一つは、来年度、ちらっと1万メートルとか言われましたが、正式にどのぐらい予定しているのかと。それから、残りが何万メートルになるのか。あるいは何キロメートルになるのか。それをぜひ教えていただければと。



◎迫秀信建設課長 石綿管の今までの整備した距離については、今、資料として18年度に約9.3キロメートル、19年度に8.1キロメートル、それと20年度に8.6キロメートル、21年度についてはまだやっていますけれども、見込みで約9.1キロメートル、合計で21年度末で約161キロメートルを整備しております。平成22年度については1万メートルを予定しております。残りの距離になりますと、22年度が整備した形で、残りの数については約114キロメートルが残る予定です。



◆原弘志委員 そのペースでいきますと、とりあえず先ほどの市のほうの一般財源に入れた、貸し付けた16億円というのは、少なくとも石綿管については影響なかったということは言えると思うんですが、その辺どうですか。



◎村山拓男上下水道局長 あくまでも私ども、おおむねこれ10年間で全部入れかえてしまうというふうなことを計画的に進めておりますので、一般会計にお貸ししたからおくれるとか、そういうふうなものではないというふうなことでございます。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆塚本路明委員 ちょっと確認なんですけれども、内部留保23億円と言いました。それがちょっとわからないので。



○菅野文男委員長 わからないって、どういうふうにわからないんですか。



◆塚本路明委員 貸借対照表でいくと、21年度46億円は現金預金があるわけですよ。僕は今回の16億円というのは、当然ここから持ち出すのかなと。来年度の貸借対照表を見れば、当然26億円になっているはずですよね。なっているんですよね。そういう理解でいいのかな。23億円というのがちょっとわからないんです。



◎瀬能尾幸広経営企画課主査 今の損益勘定留保資金の23億円なんですが、確かにバランスシート上は46億円の現金預金がございますが、その内訳が、利益積立金の15億円だとか、企業債償還金に積み立てたための減債積立金だとかがあるわけですね。純粋にそのほかの損益勘定留保資金というのは、収益的支出のほうの費用のほうで減価償却費、資産減耗費、資産が減っていくんじゃないかという見合いのものの減価償却費というのを支出しているんですが、年間約10億円ぐらい。その分がたまったものの合計額になりますので、46億円とは合致しないようにはなっております。



◆塚本路明委員 単純にはね。もう貸借対照表でいうと、現金預金ということしか書いていないんで、そこら辺の説明があれば、23億円がというふうに理解できるんですけれども。

 あと、先ほどの内部留保に関しての判断基準なんですけれども、結局先ほどの説明で、長期的な観点から、どの程度の予算規模が適当なのかという。その算定がなければ、余り、幾らあっても同じ。そこら辺はどの辺が適当だというふうに考えているんですか。



◎御園生悟経営企画課長 ただいまの質問でございますが、水道収益の1年分、約30億円を目安ということで考えております。



◆塚本路明委員 一つ、事業のほうで、宮内水管橋の費用が算入されているんですけれども、今回のまちづくり交付金、あそこの宮内橋の補修工事が入っていますので、それに合わせての話なのか。まちづくり交付金は全然関係なく、ここはここでやっていくのか。これ見ると、土地の購入となっているので、これは全く別の話なのかな。



◎迫秀信建設課長 今の御質問の中で、水管橋のかけかえ工事を3カ年計画で継続事業で予定しています。今のまちづくり交付金の土木のほうの宮内橋については、今現在の橋の塗装のやりかえということで、今回上下水道局でやるものとは別物になります。



◆江端芙美江委員 附属資料の14ページ、災害時応急給水用機材整備事業についてお尋ねいたします。

 ここに臨時用の給水栓というのが書いておりますけれども、これはどういうものでしょうか。



◎小笠原朗維持管理課長 これにつきましては、災害時に、例えば給水タンクをどこかの場所につけたときに、そこからホースで、一般家庭にある蛇口が何個もついたような器具をそろえていまして、そこで市民の方に給水してもらう。そういう給水栓でございます。



◆江端芙美江委員 蛇口が連結してずっとついている連結給水栓みたいなもののことですか。



◎小笠原朗維持管理課長 そのとおりでございます。



◆江端芙美江委員 178万5,000円予算計上なされておりますけれども、これは何基ぐらい買うんでしょうか。



◎小笠原朗維持管理課長 22年度につきましては、4連結のやつを10基予定をしております。1本17万円の単価になっております。



◆江端芙美江委員 そうすると、水道局として今何基ぐらいこれを備蓄されているんですか。



◎小笠原朗維持管理課長 22年度10基を予定していますので、仕上がりで71基になります。今現在は61基でございます。



◆江端芙美江委員 いざというときに使う、この連結の給水栓なんですけれども、具体的にどのような場面で使おうと思っていらっしゃるのでしょうか。



◎小笠原朗維持管理課長 今、私どもで想定をしていますのは、恐らく震災が来たときに、石綿管の地域は全滅状況になるだろうというふうに想定をしていまして、そこに、例えば鋳鉄管が残っていれば、そこから給水をすることは可能ですね。ですから、そこを拠点にして、大体災害直後は500メートルに1カ所ぐらいのそういう給水所を設けて、日にちの経過とともにその距離を狭めていくという計画で今考えてございます。



◆江端芙美江委員 いざというとき、災害が起こったときに、給水栓、給水車が出動すると思うんですけれども、給水車に搭載されている水というのは限度があるわけですよね。こういう連結の給水栓を使って、例えば災害用の井戸なんかから水をくみ上げていけば、どんどんどんどん水が出てくるわけですよね。そういうことを考えますと、これ学校には災害用の井戸がずっと設置されていると思うんですけれども、やっぱりそういうものと連結をして、本当にいざというときにお水がたくさん使えるような、そういう体制を整えていくという、そういうこともすごく大事ではないかなというふうに思うんですが、学校の関係ですので、これは教育委員会関係だとは思いますが、例えば教育委員会のほうから、そういう要請があった場合、水道局のほうとして、そういう指導だとか、いざというとき使うためには、当然日常的にいろいろと練習したりとか、何回かそういうものをやらないと、いざというときには使えないと思いますので、そういうものを子供たちに指導してあげるとか、そういうことは、例えば教育委員会のほうから要請があれば、水道局のほうで対応できるのでしょうか。



◎小笠原朗維持管理課長 2つに分けてお答えさせていただきます。

 1つは、後半のほうの部分につきましては、当然連携をとって、いつでも対応できるような体制はしいていきたいというふうに思います。

 それと、施設の整備の関係でございますけれども、実は今年度、学校の災害用井戸が設置されている場所から、それから子供たちが使うであろう洗い場の距離をはかりまして、実は日常的に災害用井戸から、飲み水以外に使えるような仕組みをつくれないかというふうに考えていまして、学校長に全部申し入れをしまして、その実態調査を行いました。それで、局の考えとしては、新年度の中で、できればそういう施設を洗い場のところへつくっていきたいというふうに考えているのが1点ございます。それと、それが物理的にもし無理であれば、あるいは財政的に無理な場合には、前もってこういうホースと給水栓を各学校に常備をしていただいて、それで、例えば何カ月に1遍、子供やPTAも含めた、そういう出すような訓練なども具体化できないかなというふうに考えていまして、きょう、今この瞬間はこういうふうにするというイメージまでは、ちょっと申し上げられないんですが、準備としては今進めております。



◆江端芙美江委員 学校の水飲み場で連結の給水栓を使って、災害用の井戸からくみ上げていけば、お水が本当に使えますので、いざというときに本当に役に立つと思います。ぜひ実現をしていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



◎小笠原朗維持管理課長 わかりました。



◆原弘志委員 漏水についてお尋ねしたいんですが、大東市では大きな穴があいて、大変なことになったりしておりますが、八千代市の場合、給水の中で、どのぐらい漏れているのかというような数字はつかんでおられますでしょうか。

 それともう一点は、日ごろどんな対策といいますか、対応をとっておられるのか。



◎小笠原朗維持管理課長 漏水量でございますけれども、全体の総配水量、給水量の0.12%程度、量でいいますと年間約2万4,000トンぐらいですね。

 それと日常的な漏水への取り組みでございますけれども、一つは毎年漏水調査を、これは委託で実施をしてございます。この中で、表面には出てこない地下漏水を早目に探知をして、早く修繕を行うと。

 それから、これは予防も兼ねた取り組みになりますけれども、日常的に漏水が、大概利用者の方から通報をいただくパターンが多うございますけれども、出たらすぐ、その日のうちに対応して修繕をするという形をとっております。

 以上でございます。



◆原弘志委員 そうしますと、八千代市のこの状態というのは、自己評価するといいほうなんでしょうか。



◎小笠原朗維持管理課長 これは平成19年度ぐらいの数値だったと思う−定かでないんですが、厚生労働省が出しております資料によりますと、全国平均が0.14%ですから、少し八千代市が低いという感じだと思います。



◆石井敏雄委員 それでは、水質管理事業についてお尋ねいたします。

 水道水の水質管理に努めると。定期的な水質検査となっておりますけれども、この検査状況についてお尋ねいたします。



◎青木秀仁維持管理課主幹 水質検査の状況ですが、毎年年度初め、前年度に、次年度にどういう内容をやるのか。その地点、回数、全部定めて、これは公表しております。それに基づいて全部検査をするようにしております。

 今年度、21年度分に見ましても、当初の計画どおり進んでおりまして、結果のほうもすべて水道の基準をクリアしているという状況であります。



◆石井敏雄委員 まず、飲み水ですから、人体に入って安全なということで、皆さん気をつけて、気を配ってやっていらっしゃると思うんですけれども、八千代市の水は、おいしい水と言われて久しいですよね。それで見ますと、その上に浄水場等管理事業もありますけれども、八千代市の水は、今は、例えば北千葉広域水道企業団のほうから来るのと、それから八千代市で取水している水との割合どのくらいですか。



◎青木秀仁維持管理課主幹 お答えします。

 全体から見ますと、今、北千葉広域水道企業団の水が4割、地下水が一応6割という形でやっております。あと、おいしい水のほうにつきまして、成分が、おいしい水の研究会というのが、前の厚生省の段階のときにありました。一応結果を見ますと、ほとんどクリアできていると。ただ、炭酸ガスの量と、あと残留塩素の濃度、これが若干。炭酸ガスのほうは地層の関係、それから地質的にちょっと炭酸ガスがほとんどないと。あと、消毒の効果のほうですが、末端まで送るまでということで、濃度が若干高いという感じの状況です。



◆石井敏雄委員 ありがとうございます。

 私はおいしい水にとっては、北千葉広域水道企業団よりも取水井戸からもっとたくさんとれればいいと思うんですね。それには睦のほうとか在のほうに、たくさん井戸掘っていますけれども、これ以上掘ることできないのか。その辺お伺いします。



◎青木秀仁維持管理課主幹 新たな井戸を掘るということですね。これにつきましては、他の水源がもうこれ以上ないということがはっきりしていれば、例外許可ということで認められるようになっております。



◆石井敏雄委員 そのことですけれども、いま一歩踏み込んでみれば、私、農業従事者です。農家ですから、この前皆さんにもちょっとお尋ねしたことありますけれども、再度確認なんですけれども、農業用水があります。農業用水というのは、例えば3月下旬から6月か7月いっぱい、いっても稲穂期入れて8月ごろまでしか使わないわけですね。その後あいているわけですよ。それは農水省とのいろいろのことがあるかもしれませんけれども、例えばここで、どこでしたっけかな。村上かどこかで1つ大きな井戸をふさいじゃったところありますよね。あるんですよ。皆さんのところに、使いますかという話をしたらしいんですけれども、使いませんよということで、穴をふさいじゃったところがあるみたいでして、そういうものを有効に使うとか、まだ井戸掘らなくても、相当農業用井戸がありますから、それを横断的にうまく利用できれば、もっと八千代市の水が災害的にも、それからおいしい水でも使えるわけですから、その辺検討なさったことありますか。



◎青木秀仁維持管理課主幹 この用途のほうにつきましては、県の環境保全条例というものがありまして、許可を得たときの用途ですか。農業用だったら農業用、水道用だったら水道用ということだけで行うと。その用途を変えるということはできないような形になっております。



◆石井敏雄委員 でも、いざ災害のときは、それを超えて使わないと間に合わないわけですよ。その災害のこととうまくリンクしながら用途を使えれば、もっともっと地域からおいしい水が吸い上げられる。それはいっぱい吸い上げちゃうと、ダウンしちゃいますけれどもね。その辺ってやっぱり考え方だと思うんですけれども。



◎青木秀仁維持管理課主幹 災害用の井戸のほうにつきましては、できればそういう農業用の井戸、災害のときに何とか使えないかなと。そういうことも各自治体のほうから県のほうに、そういう要望も過去に出た例はあります。ただ、災害用は災害用として、防災計画の中に、そういう避難場所とかそういうところに必ず設けるというような位置づけがされているようです。



◆石井敏雄委員 わかりました。ずっと前に私も確認させていただいて、それから先進めたかなと思ったら、なかなかできないということで、ありがとうございます。

 それでは、非常時応急給水用機材整備事業ですか。この中に、ペットボトルとか、非常用給水袋と言っていいんでしょうか。これどのくらい用意しているのか、教えてください。



◎小笠原朗維持管理課長 給水袋につきましては、最終目標として、今1万5,000袋を予定をしておりまして、21年度もつくる予定で、8,100袋ぐらいに到達をする予定でございます。それから、ペットボトルにつきましては、常時5,000本を備蓄をするという計画で、今考えてございまして、新年度も2万本を製作をする予定でございます。



◆石井敏雄委員 常時5,000本備蓄ということで、それから今、2万5,000本つくるということは、2万本の差があるわけですけれども、余りは何かPRとかに使うんですか。



◎小笠原朗維持管理課長 トータルとして2万本を製作をしますけれども、1万5,000本につきましては、前年度も今年度も主に市が行う各種事業、イベント等のときに、一応PRも兼ねて配布をさせていただいています。



◆石井敏雄委員 ペットボトル等は各学校の倉庫がありますよね。倉庫の中に備蓄しているんですか。それとも水道局のほうに備蓄しているんですか。



◎小笠原朗維持管理課長 今現在私どもがつくっておりますペットボトルは、賞味期限を1年にしてございます。したがいまして、各学校の倉庫に備蓄をするような形は、残念ながらとっておりません。



◆石井敏雄委員 そこで、ああ、そうか、1年ですからね。でも、いざというときに、学校の備蓄倉庫にあってすぐ出せれば、相当いいと思うんですけれども、こちらにあって、ここにとりに来るのがまた大変な部分がありますから、何かいい方法考えて、ぜひともその備蓄倉庫の中に。賞味期限1年ということを考えると、それもわかりますけれども。

 それでは、最後に1つ。この予算の中からはちょっと見えませんけれども、水道工事やったとき、道路、穴掘りますよね。穴掘って埋めますと。最近は余りないと思うんですけれども、すぐその後に道路工事やったとかやらないとかって、いろいろな、穴掘ったのをかぶせたらまた掘って、またかぶせてということが何度もあって、市民の皆さんから苦情が来たということ、昔はよく聞いたんですけれども、最近は1回水道工事やった後、道路工事やった後、例えば何年間かやっちゃだめだよとかね。だめだよという言葉失礼ですけれども、そういうルールみたいなことを決めてやっているんですか。



◎迫秀信建設課長 今の御質問で、水道工事または道路工事ですか。そういうもので、例えば土木のほうで舗装をやった場合、新しく舗装した場合は、掘削占用として、3年間は掘れませんという規定の中で水道のほうもやっております。当然その道路を舗装やりますよということになりますと、水道が工事をやる場合は、土木のほうと調整して、同時にできるような形で調整しながら施行しております。



◆石井敏雄委員 今、迫課長言ったように、確かにそうだと思います。水道管入れるときに、道路のほうから、例えば下水のほうとか話しながら、工事を一緒にやる部分もよく見かけますので、すごく進んだのかなと思いまして。ですから、なおなお横の連絡をしっかり持ちながらやっていければ、もっと大事なお金が有効に使えるのかなと思いますので、これからもよろしくお願いします。



◆塚本路明委員 さっきの23億円の確認だけ、ちょっとさせてほしいんですけれども。

 先ほど口頭でざっと説明していただいたのは、24ページにある、結局水道事業会計資金計画という形の文字になっちゃっているんで、もう見過ごしちゃっているんですけれども、よく見たら、結果的に26億9,000万円あって、そこから21年度の未収金を引いた金額がこれになるということで、23億円ということの内部留保ということでよろしいんですよね。



◎瀬能尾幸広経営企画課主査 そのとおりでございます。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第7号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第8号 平成22年度八千代市公共下水道事業会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎村山拓男上下水道局長 では、また座らせていただいて、御説明をさせていただきます。

 議案第8号 平成22年度八千代市公共下水道事業会計予算について御説明をいたします。

 予算編成に当たりましては、ライフスタイルの変化により、使用料収入の伸びの鈍化が予想される状況であること。健全な資産管理を行うため、長寿命化計画等を策定し、適正な施設改修等を推進すること。中期経営計画に位置づけた汚水排水の整備、雨水排水の整備、維持管理の充実にかかわる諸施策に取り組むこと。事務事業については、一層の省エネ、省コストに取り組み、契約の見直しや手法の見直しを行うなど、改善を図るよう進めたところであります。

 予算書の41ページをお願いいたします。

 第1条、平成22年度八千代市公共下水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

 第2条の業務の予定量といたしましては、処理区域内人口は18万724人で、対前年度比1.3%の増を見込み、水洗化人口は17万7,012人を、年間総処理水量は2,180万7,995立方メートルで、1日平均処理量は5万9,748立方メートルで、年間有収水量は1,750万5,044立方メートルと見込んでおります。

 次に、主要な建設改良事業の内容といたしましては、汚水管渠整備事業として、汚水管の布設延長を213メートル、雨水管渠整備事業として、雨水管の布設延長を469.9メートル、西八千代北部特定土地区画整理公共下水道整備事業として、地域内の公共下水道施設整備を予定しております。内容といたしましては、汚水3,230メートル、雨水36メートルであります。新規事業として、下水道施設の計画的な改修、改築を行うため、公共下水道長寿命化基礎調査として、下水道施設の健全度に関する基礎調査を予定しております。

 次に、第3条収益的収入及び支出の予定額について申し上げます。

 収入において、第1款下水道事業収益において、28億5,020万3,000円を予定しております。主な内容は、第1項営業収益は主に下水道使用料収入で27億1,488万6,000円を予定し、第2項営業外収益は主に一般会計からの負担金で1億3,531万7,000円を予定しております。

 次に、支出といたしましては、第1款下水道事業費用で28億3,243万4,000円を予定しております。主な内容は、第1項営業費用は23億5,693万6,000円で、主に流域下水道維持管理費及び減価償却費を計上しております。次に、第2項営業外費用は主に企業債利息で4億7,249万7,000円を見込んでおります。第3項は、特別損失の存目計上でございます。第4項は予備費で300万円を計上いたしております。

 42ページをお願いいたします。

 次に、第4条資本的収入及び支出の予定額について申し上げます。

 収入につきましては、第1款資本的収入は6億5,908万8,000円で、主な内容は、第1項企業債は、第5条に定めております公共下水道建設事業で2億9,400万円の借り入れを計上し、第2項は出資金が一般会計からの基準内繰り入れで8,608万3,000円を、第3項補助金は、西八千代北部特定土地区画整理事業などに伴う国庫補助金で2億2,646万5,000円を、第4項負担金は、主に共同事業負担金で5,177万8,000円を、第5項長期貸付金返済収入は、水洗便所改造資金貸付金元金収入で76万1,000円を計上いたしました。また、第6項その他資本的収入は存目計上でございます。

 次に、支出でありますが、第1款資本的支出においては、16億1,516万2,000円で、主な内容は、第1項建設改良費は、汚水・雨水タンク整備事業及び西八千代北部特定土地区画整理事業地内公共下水道整備事業で7億1,259万2,000円を計上し、第2項企業債償還金は9億137万円を、第3項投資は水洗便所改造資金貸付金で120万円を計上いたしております。

 42ページに戻りまして、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額9億5,607万4,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,606万9,000円、減債積立金1,124万9,000円、過年度分損益勘定留保資金1億1,433万8,000円及び当年度分損益勘定留保資金8億1,441万8,000円で補てんするものであります。

 次に、第5条企業債におきましては、公共下水道建設事業について、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について定めております。

 次に、第6条一時借入金につきましては、一時借入金の限度額を5億円と定めようとするものであります。

 次に、第7条、予定支出の各項の経費の金額の流用につきましては、消費税及び地方消費税に不足が生じた場合における営業費用及び営業外費用の間の流用をすることができると定めたものであります。

 次に、43ページをお願いいたします。

 第8条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費は、職員給与費で、経費の性質から流用する制限を行おうとするものであります。

 平成22年2月24日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 46ページからの平成22年度八千代市公共下水道事業会計予算実施計画から、75ページの平成21年度八千代市公共下水道事業会計予定貸借対照表までにつきましては、記載のとおりでございます。また、予算に関する説明書附属資料は、収益的支出及び資本的支出を事業別に作成したものでございます。参考としてお使いいただければと思います。

 以上、御説明させていただきました。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆原弘志委員 下水道の料金ですね。これについて、以前単位が大き過ぎる。対象の単位が非常に大き過ぎて、高いんじゃないかという指摘もあったんですが、現状と、それから今後どのようにお考えになっているかを聞かせていただきたいんですが。



◎竹内賢和給排水相談課長 今の御質問についてお答えいたします。

 現状と今後の予測でございますけれども、平成21年度予算と比較いたしまして、平成22年度当初予算は金額で0.5%の減、水量では0.5%の増、調定の件数につきましては、2.7%の増となっております。人口につきましては、増加傾向にあり、また、年間の調定件数も増加傾向にはありますけれども、以前のように使用料の大きな増加としては見込めることができません。決算見込みにつきましては、大体プラス・マイナス・ゼロ程度を見込んでおります。

 以上でございます。



◆原弘志委員 ちょっと質問が違うんですよね。家庭で払う、1世帯が最初にあるじゃないですか、何立米まで幾らって。そのことも聞いているんです。



◎竹内賢和給排水相談課長 10トンまでの基本水量のことでよろしいでしょうか。

 以前から御指摘いただいておりまして、1トンからの従量制に変更できないかというお話は承っております。平成20年度の実績で試算いたしますと、仮に10トンで835円として、30円刻みで従量制に置きかえますと、年間で3,600万円程度の減収となっております。また、これを40円刻みで試算しますと、4,900万円程度の減収になります。この財源の補てんとしては難しい状況が現状でございます。



◆原弘志委員 消費者の立場といいますか、例えばひとり暮らしとか、2人で住んでいる方が、そんなにたくさん出さないと思うので、その辺は年間の先ほどの3,600万円とか4,900万円とか、そういう問題じゃないような気がするんですね。もう少しきめの細かい施策をされたらいかがかなと。これは要望ということで。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆植田進委員 あと35秒ですので。

 要するに10立方メートルまで、1立方メートルから従量制でなぜ実現できないのかと。一応これまでの約束では、検討しますということになっているわけですよね。だから、いつまでに検討して、1立方メートルからの方式に切りかえていくのか。もう船橋市ではそれをやっているのに、なぜ八千代市でやらないのと、こういうことだと思うんですよ。その辺の検討状況をお知らせいただきたいんですが。



◎竹内賢和給排水相談課長 御指摘をいただきまして、検討してはおりますけれども、昨今の一般会計の状況を見まして、これはこの設定をしますと、毎年数千万円単位で減収になりますので、それをどうやって見込んでいくかということが、検討はしておりますけれども、難しい状況ではおります。

 また、料金改定を踏まえて、船橋市では現実に値下げの料金改定しておりますけれども、千葉市等は1トンからの従量制を採用してはおりますけれども、実質値上げになっておりますので、料金改定の時期とあわせて検討を進めてまいりたいと考えております。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆江端芙美江委員 下水道の整備について、1点だけ確認させていただきます。

 市街化調整区域を含めて、公共下水道の全体の見直しを行っていくというふうに答弁されたと思うんですが、勝田の570番地先の位置づけについてだけ、ちょっと教えていただきたいのですが。



◎迫秀信建設課長 今の御質問の勝田についても、一応位置づけとしては、中には区域としては入れてあります。



◆江端芙美江委員 整備が大体いつごろになるかというのはわかりますか。



◎迫秀信建設課長 全体計画、そういうものを今作業をやっていますので、整備についての優先順位ですか、そういうものを今後検討してやっていきたいと考えております。



◆江端芙美江委員 じゃ、市街化調整区域における水道施設の整備を計画的に行っていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。



◆原弘志委員 下水道のことで、高津川がありますね。皆さんがよくやっていただいて、かなりきれいになっていると思うんですね。これも委員長が何回か質問もしていましたけれども、高津川は、川というよりは下水道だというふうな説明だったんですが、現状かなりきれいになって、魚が来ているような、あるいは鳥が来ているというようなこと。あるいはユスリカの発生が大分減ったようなことも聞いておりますけれども、今までのやってきたことと、それから22年度、これから先やっていくような、どんなところに力を入れていくのかというようなことを伺いたいんですが。よろしくお願いします。



○菅野文男委員長 課長に聞きますが、下水道ですが、答えられますか。大丈夫ですか。



◎小笠原朗維持管理課長 習志野市境から花見川の水路のことですよね。これにつきましては、そのユスリカの発生でかなり川の付近の方から苦情をいただきまして、基本的には発生をしない状況、環境整備を図るということを基本に、しゅんせつですとか、あるいは水路の構造、できるだけ土砂の堆積したものを取りやすいようにするという、構造を変えたりとか、それから除草も含めてですけれども、大体年間3回ほどしゅんせつを実施しております。おかげさまで21年度2回終わりましたけれども、今年度につきましては、ユスリカに関する苦情はゼロでございました。まだこれから暖かくなる時期を迎えますので、もう一回ぐらいは、今年度の中で、苦情があれば対応しようというふうに考えています。

 それと、水路の水質の汚濁度合いというんですかね。水質の基準につきましては、環境保全課のほうで測定をしていまして、こことも情報交換をしながら、着実に水質が浄化をされているというふうなことは、情報としてはいただいておりますので、今後につきましても、そういうしゅんせつ作業を、これは直営で比較的小回りのきく状況で作業ができるものですから、そういう体制で対応していきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆原弘志委員 あとは、八千代市で一生懸命やっても、上流がそのままだと、また大変なことになると思いますので、その上流市との話し合い等とか、どのようになっているんでしょうか。



◎小笠原朗維持管理課長 この幹線につきましては、船橋市、習志野市、千葉市、八千代市の4市の共同管理になっておりまして、毎年4市の代表が集まる幹事会、それから総会等もございまして、そのたびに八千代市の取り組み状況を報告をしながら、とりわけ上流市の清掃などについてもお願いをしてきまして、ようやくと申しますか、上流市でも意識的に掃除などをしていただいているところでございます。引き続きそういった機会もとらまえて、働きかけをしていきたいというふうに思います。

 以上でございます。



◆原弘志委員 今のいろいろなお話を聞きまして、一生懸命やっていただいているのはよくわかりました。それで、これはオープンな水面ですので、例えば今一生懸命やっていただいている。それで悪臭も多分減っていると思うんですね、ユスリカも減っていると。非常にいいことだと思いますので、今後もぜひ頑張っていただきたいと思います。

 以上です。



○菅野文男委員長 他に質疑ありますか。



◆植田進委員 確認ですが、西八千代北部特定土地区画整理公共下水道整備事業は1億5,200万円全額国庫補助で、これはやるということでしょうか。



◎迫秀信建設課長 西八千代北部特定土地区画整理公共下水道整備事業について、昨年度より事業費は減っておりますが、補助事業でやっておりまして、西八千代北部特定土地区画整理事業の進捗に合わせて工事をやっておりますので、22年度については、1億5,200万円の事業をやる予定です。全額補助事業でございます。



○菅野文男委員長 他に質疑ありませんか。−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第8号に対する質疑を終わります。

 以上で、本特別委員会に付託されました議案の質疑はすべて終了しました。

 討論、採決に当たり、暫時休憩をいたします。

     午後2時35分休憩

   −−−−−−−−−−−−−−

     午後3時7分開議



○菅野文男委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 これより、討論、採決を行います。

 まず、議案第1号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆植田進委員 まず、議案第1号について、反対の立場で討論を行います。

 今回の予算は502億円を計上したもので、その特徴を見ると、財源的には市税が12億円も落ち込んでいるということ。この4.4%の減というのは、ちょっと私は多いんじゃないかという気がするので、本当に4.4%でいいのか。4.1%程度で抑えられるんではないかという思いはありますけれども、それは思いとして伝えたいと思いますが、その財源確保のために、水道事業会計からの繰り入れとして16億円を計上していると。

 そういう深刻な財源不足に陥っているのに、開発型行政という形で、西八千代の見直しもなければ、正々堂々とおっしゃられていましたが、都市再生整備計画についても、粛々と進めていただくという、本当に危機意識を認識しているかどうかと疑われるような答弁がありました。それはやっぱり今の八千代市の一般会計の財政の認識が、余りにも危機意識が弱いのではないかというふうな思いがあります。

 そういう中で、地方自治体の役割、仕事として、福祉の増進を図るということから見て、日本共産党としては、組み替えの要求はしていきたいなというふうに思っています。

 後で特別会計についても討論をやりますけれども、特に、市民生活にかかわる、今深刻な問題になっている、負担能力を超えた国保料の負担増で、とても払い切れないという中で、国保料の1世帯当たり1万円の引き下げをやること。

 それから学童保育料。八千代市は全県でも5番目に高い学童保育料になっていて、保護者と市の負担の割合を5対5にするという、ある意味では保護者負担を押しつけて、こういう高い保育料になっているということで、こういう保育料を引き下げること。

 あるいは市民の望んでいる福祉タクシー券を復活させるとか、そういうものに、この予算をつくりかえていくということを改めて市長にその点については求めていきたいというふうに思います。

 もちろん一部、今回の予算の中でも、県の事業として小学校3年までの子供の医療費が拡充されることや、それから、防犯灯でも、これまで1灯当たり2,100円の電気料を、40ワットについては100円値上げをして2,200円にしたとか、それから、60ワットのものについては2,800円にしたという、そのことについては評価はしたいと思います。

 全く全面的否定するものではないんですが、そういう評価をしながらも、やっぱり大もとでの見直し、特に投資的な経費の見直しは必要ではないのかということを申し述べて、一応議案第1号については反対の討論とさせていただきます。

 以上です。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。



◆武田哲三委員 私はこの議案に対して、賛成の立場で討論をいたします。

 昨年からの経済状況を見てみますと、本市も多分減収に見舞われるんじゃないかということを心配していましたが、ちょっと私の予想した以上の状況になっていたということ。そして、歳入の落ち込みは、昨年に比べて、自主財源では8億6,000万円減。依存財源では交付税が受けられたことと、市債発行増が11億7,000万円あったということで、45億円増となって、全体を見ると36億5,000万円増で502億6,000万円の予算となったということが一つです。

 それから財源の確保では、苦労の跡が随分見られたと私は思います。財政調整基金繰入金はなかなか少ない中で、水道事業会計からの繰り入れによって何とか収支不足を補っているという点が工夫した点ではないかというふうに見ております。

 あと、歳出に目を向けますと、予算の配分で、特に市民に対して圧迫するようなものは、これといったものが見当たらない。

 また、それとは別に、待機児童対策として、民間保育園施設整備に対する補助を行っている。八千代緑が丘駅及び京成勝田台駅のエレベーターの設置の補助をしている。また、八千代台東小学校の屋内運動場の老朽化に伴う改築を予定している。そして放置自転車対策として、(仮称)勝田台南自転車駐車場の整備をしようとしている。それから、市民会館も耐震補強及び大規模改修工事を実施しようとする計画を立てている。そしてまた、切れ目なく、小・中学校屋内運動場の耐震工事を実施しているということなどは、震災その他災害に対する市民の不安を少しでも防ごうとする点で、この予算の中では評価できると思います。

 また、水道事業会計からの繰り入れも、緊急避難的に限度額を示したものという答弁が本会議中にありましたので、予算執行の中で、繰入額を少しでも減らしていくようなことを考えていただければいいかなということを希望しております。

 いろいろな期待は入ってはおりますけれども、いずれにしても、この予算については賛成すべきものと思いまして、私の賛成討論といたします。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。



◆原弘志委員 私は、今回の予算で、11月13日付の予算編成方針が予算に反映されているかを考えますと、これはそれが生かされた予算であるとは言えないということで、反対の立場で討論をいたします。

 この編成方針の一部を引用しますと、

  社会経済状況の悪化を背景として、平成21年度では、歳入の根幹をなす市税をはじめ各種交付金の大幅な減収が見込まれるなど、深刻な影響が現われており、平成22年度においても更なる減収が避けられないことに加え、財政調整基金残高が枯渇寸前であることなど、財政の体力が急激に減退している。一方、歳出では、生活弱者の増加や少子高齢化社会の進展に伴い、保健・医療・福祉などの社会保障関連経費の増加が必至であることや、公債費も過年度の地方債の累増に伴い増加基調にある。さらには、東葉高速鉄道沿線の市街地整備の推進、公共施設の老朽化対策が急務の課題となっており、加えて新たな行政需要への備えも必要な状況を考えれば、まさに危機的な状況にある。

  このようなことから、現下の厳しい財政状況を職員一人ひとりが自覚し、将来の世代への責任にも配慮した、持続可能な身の丈にあった行財政運営を行っていかなければならない。

と、こういう非常に立派な編成方針が示されたわけですね。しかし、これが本当に生かされているかということになると、甚だ疑問であります。もちろん全部だめだということじゃなくて、例えば城橋歩道橋の設計予算がついたとか、それから第2次最終処分場、ここに少年野球などのための多目的広場ができる。あるいは市民会館リニューアルの耐震設計とか、そういう予算がついたと。それから、防犯灯予算ですね。明るい防犯灯をつけた自治会に対しては、その自治会負担が軽減されると。それから、さらに、これは非常に大事なことなんですが、計画策定において、従来みんなコンサルタントに丸投げしてきた、例えば男女共同参画プラン、あるいは行財政改革大綱の推進計画の策定、こういったものを丸投げじゃなくて自前で、自分たちで汗流そうと、こういう姿勢が見られるんで、その辺は遅きに失した感はあるけれども、私も大変評価をしております。

 一方、先ほども出ましたように、都市再生整備計画の事業化にはまっしぐらで、見直す気が全然ない。それから、生涯学習プラザの収入について非常に甘い見通しを立てている、業績を上げる工夫が見られない。それから、あれだけ言われていてもふるさとステーションの運営の抜本的な見直しが見られない。そして、非常に大きなところですが、市長を初めとした人件費の見直しが、22年度においては全く見られない、千葉市を参考にしようともしていないと。それから、水道事業会計からの16億円の繰り入れですね。これは従来言われたことと違いまして、安易に繰り入れをしていると。それから、小・中学校の耐震改修が随分先送りされて、24年度が28年度まで延びてしまったと。そうすると、それに関連しまして、今度は公共施設の耐震改修の問題がおくれていると。市民体育館なんというのは、耐震診断もされていないと。それから、市役所庁舎等ですね。これが随分おくれると。つまり、市民が来るたびに、このぼろぼろな庁舎を見てがっかりして帰られるというふうなことになると思うんですね。

 つまりどういうことかというと、新しいことには一生懸命熱心だけれども、箱物には熱心だけれども、今ある施設、例えば図書館にしても何にしても、今ある施設を手入れして使おうじゃないかという、それが今、一番求められていることだと思うんですね。もったいない精神、これがどうもかけらも見られない予算であるということで、反対の立場での討論といたしました。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第1号 平成22年度八千代市一般会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆堀口明子委員 議案第2号 平成22年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算について、反対の立場で討論いたします。

 現在の国民健康保険料は、市民の負担能力の限界を超えて負担されていると思います。にもかかわらず、平成22年度のその他一般会計繰入金は5億4,514万9,000円で、対前年度比で見ても減額され続けております。質疑でも主張いたしましたけれども、一般会計からの繰り入れをふやして、少しでも保険料を下げるべきときではないかと思います。

 以上のことを理由とし、反対討論といたします。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第2号 平成22年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第3号について討論を行います。

 討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第3号 平成22年度八千代市老人保健特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆植田進委員 平成22年度八千代市介護保険事業特別会計予算ですが、質疑の中でもいろいろ出ていたように、やっぱり、一つは今、市民が特別養護老人ホームの入所に対しても、今304名の待機者がいるということで、本当に必要としている人が即入れない状況に追い込まれていることや、それから、それぞれの施設で働いている労働者、職員の給与問題でも、国会でもいろいろな議論がされて、引き上げるということがありましたけれども、本当にわずかの引き上げにしかなっていないということで、そのために介護従事者が定着できないという深刻な問題もあります。

 やっぱりそういう内容を改善する方向で、この特別会計予算がつくられていかなきゃならないということで、若干の改善等、それから国も補助金制度などでしていく方向はありますけれども、今緊急に必要としている問題に、その方向性が見えていないということを述べて、反対の討論とさせていただきます。

 以上です。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第4号 平成22年度八千代市介護保険事業特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第5号について討論を行います。

 討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第5号 平成22年度八千代市墓地事業特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手全員でございます。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆堀口明子委員 議案第6号 平成22年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算について、反対の立場で討論いたします。

 保険証について、短期保険証、資格証明書の発行がいよいよことし千葉県でも行われようとして、準備しております。75歳を超えた方から保険料を取り、さらに病院に行くことにも足どめをするような、こういった考え方には、日本共産党は反対です。

 今回、2年に1度の料金改定には、大幅な値上げはなかったものの、値上げの要因をまだまだ残していると思います。これ以上の値上げには最も反対です。

 以上のことを理由として、反対の討論といたします。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第6号 平成22年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆植田進委員 議案第7号 平成22年度八千代市水道事業会計予算について、反対の立場で討論を行います。

 今回の投資という形で、一般会計への繰り入れ、貸し付けというか、この点については、いろんな理由があるので、それ自体は反対の理由にはしませんけれども、ただ、今の八千代市のまちづくりの中で、特に西八千代北部にかかわって、こんな大型な開発に成功するかどうかはわからないところに、事前の投資という形で、水需要を賄うために、睦浄水場の拡張というか、拡充といいますか、そういうことを進めながら、区画整理事業地内は、当然URなりが負担ということになるんでしょうが、そこまでの間については、八千代市が負担をするということで、そういう過大なまちづくり、大型開発の中に組み込まれていく八千代市の水道事業会計であるということで、こういうやり方は改めるべきだと私は思います。

 そういうことを述べて、反対の討論とさせていただきます。



○菅野文男委員長 他に討論ありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第7号 平成22年度八千代市水道事業会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆植田進委員 議案第8号 平成22年度八千代市公共下水道事業会計予算についても、先ほどの趣旨と同じでありますが、これは広域下水の関係ね。必ずしも八千代市がというよりも、流域下水道の整備という形で、上位のほうに置かれている問題ではあります。

 ただ、いずれにしても、西八千代北部にこの下水道が通されて、その行くまでの間については、応分の負担が八千代市も求められるという意味では、本当にそういう負担でいいのかという問題意識を持っております。そういうまちづくりの失敗のために−市の当局の方は失敗というふうにまだ判断できないと思っておると思いますが、失敗、見通しのない開発のために、このインフラ整備を進めるというのは、私は認められない。そういう立場を表明して、反対の討論といたします。



○菅野文男委員長 他に討論はありませんか。−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第8号 平成22年度八千代市公共下水道事業会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○菅野文男委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 以上で、予算審査特別委員会に付託された議案の審査はすべて終了しました。

 市長から発言を求められておりますので、これを許します。



◎豊田俊郎市長 平成22年度の予算審査特別委員会の終了に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 委員各位におかれましては、8日より4日間にわたりまして御審議をいただき、ありがとうございました。ここに厚く御礼申し上げます。

 なお、審査いただいた中での御指摘等の点につきましては、各担当部局におきまして、それぞれ調査・研究し、今後の市政運営に役立ててまいりたいと考えております。

 以上、簡単でございますが、御礼のあいさつとさせていただきます。どうもありがとうございました。



○菅野文男委員長 以上で市長の発言を終わります。

 4日間にわたる慎重審議ありがとうございました。

 なお、委員長報告につきましては、私に御一任願います。異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○菅野文男委員長 以上で予算審査特別委員会を閉会します。

 お疲れさまでした。ありがとうございました。

     午後3時31分閉会