議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 八千代市

平成21年  3月 予算審査特別委員会 03月12日−04号




平成21年  3月 予算審査特別委員会 − 03月12日−04号









平成21年  3月 予算審査特別委員会



               平成21年度

            予算審査特別委員会会議録

                  平成21年3月12日午前10時開会

                          2階第1・2会議室

 出席委員(15名)

    委員長   坂本 安   副委員長  塚本路明

    委員    秋葉就一   委員    嵐 芳隆

    委員    伊東幹雄   委員    植田 進

    委員    江野沢隆之  委員    江端芙美江

    委員    海老原高義  委員    遠藤 淳

    委員    菊田多佳子  委員    菅野文男

    委員    皆川知子   委員    茂呂 剛

    委員    横田誠三

 欠席委員(0名)

 出席事務局職員

   事務局長          三上博文

   議事課長          高橋次男

   議事課主査         山口 孝

   議事課主任主事       平田武樹

   議事課主事         高橋和也

   議事課主事         加澤信太郎

   庶務課主査補        石川 誠

 出席議事説明員

   副市長           竹之内正一

 総務企画部

   総務企画部長        清宮達三

 財務部

   財務部長          石原敏行

   財務部次長         鈴木憲一

   財政課長          相馬清彦

 健康福祉部

   健康福祉部長        佐々木とく子

   健康福祉部次長       欅田高雄

   健康福祉部次長       磯崎節男

   健康福祉課長        三橋正道

   長寿支援課長        小川敏行

   長寿支援課主幹       木村栄一

   地域包括支援センター所長  佐藤千枝子

   地域包括支援センター副主幹 古江伸二

   国保年金課長        笠原豊晴

   国保年金課副主幹      山口節子

   国保年金課副主幹      浅野孝治

 子ども部

   子ども部長         武田 登

 生涯学習部

   生涯学習部長        鎌田 清

 安全環境部

   安全環境部長        在原茂樹

 都市整備部

   都市整備部長        小杉富康

 産業活力部

   産業活力部長        豊田和明

 会計課

   会計管理者         小出忠行

 選挙管理委員会事務局

   選挙管理委員会事務局長   橋口良次

 農業委員会事務局

   農業委員会事務局長     我孫子常雄

 教育委員会

   教育長           加賀谷 孝

   教育次長          稲毛英三

 消防本部

   消防長           武藤博明

 上下水道局

   事業管理者         鵜澤陽子

   上下水道局長        村山拓男

   上下水道局次長       林 昭雄

   経営企画課主査       瀬能尾幸広

   給排水相談課長       竹内賢和

   建設課長          迫 秀信

   維持管理課長        小笠原 朗

   維持管理課主幹       青木秀仁

               午前10時00分開会



○坂本安委員長 おはようございます。

 ただいまの出席委員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより予算審査特別委員会を開会いたします。

 これより会議を開きます。

 申し上げます。

 10日の教育委員会及び生涯学習部所管事項の審査中に要求いたしました資料の提出がありました。

 お手元に配付したとおりであります。

 これより議事に入ります。

 議案第2号 平成21年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算を議題といたします。

 執行部の説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 おはようございます。

 議案第2号 平成21年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算について御説明いたします。

 それでは、予算書の183ページをごらんください。

 議案第2号 平成21年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算。

 平成21年度八千代市の国民健康保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ162億2,738万7,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 歳出予算の流用。

 第2条、地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 初めに、歳入予算の概要について御説明いたします。

 192ページから195ページをごらんください。

 第1款、第1項国民健康保険料でございますが、一般被保険者及び退職被保険者の保険料の合計は、49億1,992万1,000円の計上で、対前年度比0.9%の減となっております。

 196、197ページをごらんください。

 第4款、第1項国庫負担金は、32億7,218万9,000円の計上で、対前年度比1.2%の増となっております。主な内容は、療養給付費等負担金などでございます。

 198、199ページをごらんください。

 第2項国庫補助金は、2億8,386万8,000円の計上で、対前年度比20.2%の減となっており、主な内容は、普通調整交付金の減でございます。

 次に、第5款、第1項療養給付費等交付金は、5億9,409万3,000円の計上で、対前年度比45.1%の減となっております。減の要因は、65歳以上の退職被保険者が一般被保険者に移行することに伴う交付対象者数の減によるものでございます。

 次に、第6款、第1項前期高齢者交付金は、32億2,740万1,000円の計上で、対前年度比18.7%の減となっております。減の要因は、社会保険診療報酬支払基金から示される前期高齢者1人当たりの医療給付費が減になるため、交付額の減が見込まれるためでございます。

 200、201ページになります。

 第7款、第1項県負担金は、1億509万6,000円を計上し、対前年度比6.8%の増でございます。内容は、千葉県国民健康保険団体連合会で行う高額医療費共同事業医療費拠出金の増が見込まれるためでございます。

 第2項県補助金は、5億9,428万1,000円の計上で、対前年度比0.9%の減であり、内容は、特別調整交付金において減額が見込まれるためでございます。

 次に、第8款、第1項共同事業交付金は、15億5,871万7,000円の計上で、対前年度比9.6%の増となっております。この交付金は、高額医療のうち一定の額を超える医療費に対して、県内の保険者の負担を調整するため、千葉県国民健康保険団体連合会から交付されるものでございます。

 202、203ページをごらんください。

 第10款、第1項一般会計繰入金は、16億2,727万2,000円の計上で、対前年度比1.4%の減となっております。減の要因は、保険基盤安定繰入金(保険料軽減分)で619万3,000円、財政安定化支援事業繰入金で1,424万9,000円、財源補てん分であるその他一般会計繰入金で1,443万4,000円が減となったことなどによるものでございます。

 続きまして、歳出予算について御説明いたします。

 予算書の208、209ページをお開きください。附属資料は161ページからあわせてごらんください。

 第1款、第1項総務管理費は、3億268万8,000円を計上、対前年度比4.5%の減となっております。減の要因としましては、昨年度は大規模な制度改正に伴うシステムの改修費や周知に必要な印刷製本費、郵送料などを計上いたしましたが、21年度につきましては、それらの事務経費が縮減したことによるものでございます。

 次に、210、211ページをごらんください。附属資料は162ページになります。

 第2項徴収費は、5,414万4,000円を計上、対前年度比4.9%の減となっております。減の要因は、収納員1名の減によるものでございます。

 次に、212、213ページをごらんください。附属資料は164ページでございます。

 第4項特別対策事業費は、2,571万3,000円を計上し、対前年度比8.3%の減となっております。減の要因は、医療費適正化特別対策事業において、医療機関から送られる診療報酬明細書の電子化に伴い、事務経費の縮減を見込んだものでございます。

 次に、第2款、第1項療養諸費は、96億167万9,000円を計上し、対前年度比11.4%の減となっております。減の要因は、後期高齢者医療制度の創設や国民健康保険法の改正及び昨年の実績を踏まえ、保険給付費の減を見込んだものでございます。

 次に、218、219ページをごらんください。附属資料は168ページになります。

 第3款、第1項後期高齢者支援金等は、20億8,453万8,000円、対前年度比4.2%の増となります。増の要因は、20年度は11カ月分の支援金であったことに対し、21年度からは12カ月分の支援を行うことによるものでございます。

 次に、220、221ページをごらんください。附属資料は169ページになります。

 第5款、第1項老人保健拠出金は、2億1,858万1,000円、対前年度比54.8%の減となっております。減の要因は、平成20年4月から老人保健制度が廃止されたことに伴い、21年度については、前々年度の精算の拠出のみとなることによるものでございます。

 次に、第6款、第1項介護納付金は、8億2,478万9,000円、対前年度比1.3%の減となっております。これは、算定の対象となる介護保険第2号被保険者数の減少が見込まれるためでございます。

 次に、222、223ページになります。

 第7款、第1項共同事業拠出金は、17億7,863万9,000円、対前年度比15.2%の増となっております。増の要因は、第2目保険財政共同安定化事業拠出金における事業額の増等によるものでございます。

 第8款、第1項保健事業費は、4,520万8,000円、次ページ上段の特定健康診査等事業費を含めた対前年度比では77.9%の減となっております。減の要因は、保健衛生普及費及び特定健康診査等事業費が21年度より健康づくり課に移管となり廃目となること、また、疾病予防費において、人間ドックの単価が減少することでございます。

 次に、226、227ページをごらんください。附属資料は175ページでございます。

 廃目となった保健衛生普及費及び特定健康診査等事業費は、第10款、第2項、第1目一般会計繰出金において、一般会計へ繰り出し、成人保健事業にて支出することとなります。

 以上で、平成21年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算についての御説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○坂本安委員長 以上で、説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆植田進委員 まず、被保険者資格証明書に係る関係で若干質問させていただきたいと思いますが、この間、国のほうから、窓口での申し出により、病気の人については短期保険証に切りかえるという指導があって、八千代市での取り扱いは、その点ではどういうふうに考慮されているかを伺いたいと思います。



◎笠原豊晴国保年金課長 八千代市の対応といたしましては、国民健康保険法の一部を改正する法律、これが平成21年4月より施行されることに伴い、現在準備を行っております。具体的には、資格証明書発行及び短期保険証への切りかえ等の管理を適切に行う必要があることから、システム改修が前提となりますが、2段階に分けた対応を考えています。

 まず、第1段階ですけれども、4月1日からの対応を前提に、120世帯程度の義務教育の子供のいる資格証明書発行世帯、こちらに対して、対象者を抽出しまして、システム対応ではなく、自己処理での対応を予定しています。なお、3月中に、子供については短期保険証、親御さんについては資格証明書、これをお宅に郵送する形で行っていきたいと。

 考え方としては、今ちょっと触れてしまったんですけれども、郵送で同封するものとして、中学生以下の子供に対して、有効期間を6カ月とする国民健康保険短期保険証、これが1点目です。2点目としては、中学生以下の子供のいる資格証明書発行世帯の親御さん等に対しての資格証明書。3点目が、お知らせ文ということで、同封を考えています。

 お知らせ文の内容といたしましては、中学生以下の子供に対しては、有効期間を6カ月とする短期保険証を交付し、また、親御さん等につきましては、資格証明書発行世帯に対して資格証明書を交付すると。ただし、医療を受ける必要があり、かつ医療機関において医療費の一時払いが困難な状況にある方に対しては、特別な事情に準ずる判断として、短期保険証を交付させていただきますので、御相談をいただきたい。こういう内容での御案内を考えています。

 第2段階ですけれども、義務教育の子供がいない資格証明書発行世帯、この方たちに対しては、4月に入りましてから、システム改修を予定しています。準備が整い次第、資格証明書発行世帯に対して、第1段階で説明した内容と同様の内容で御案内をしていきたいと、そのように考えています。



◆植田進委員 その仕組みでぜひ進めていただきたいのですが、そうすると、資格証明書の発行はどの程度まで減ると考えられますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 1月1日時点で資格証明書発行世帯数は1,408世帯ということなのですが、この方たちに対して、これから対応していくと。今回の対応については、御案内を差し上げて、あくまでもお申し出をいただいて切りかえていく。前段では資格証明書を発行しますので、お申し出がない限り、資格証明書のままになってしまいます。

 どのぐらいを見込んでいるかというお尋ねなんですけれども、今まで御案内とか投げかけをしても、実際には余り来ていません。ただ、今回は、先ほど申したとおり、医療を受ける必要があり、支払いが困難等の場合については、お申し出により切りかえる、そういう御案内を差し上げるということがありますので、かなりの方に来ていただけるのではないかと。ですから、数として幾つというのは申し上げにくいです。



◆植田進委員 質問をかえますが、保険給付費が前年度比で11億6,900万円の減額になっていると。これは後期高齢者医療制度が発足したことによる影響、それから、保険給付費等の関係で、積算的に過大に見積もったということはないでしょうか。その辺の制度の変更と保険給付費の見込みとの関係について、お聞かせいただきたいのですが。



◎笠原豊晴国保年金課長 21年度当初予算の考え方としては、ベースとして20年度の決算見込み、これをもととしております。20年度決算のところで、大分予算額に対して乖離が生じています。その辺から御説明したほうがいいと思いますので、触れさせてもらいますけれども、20年度については、大きな要因が3点ございました。

 1点目は、70歳以上の前期高齢者に係る自己負担額の見直しにより、自己負担額割合が平成20年4月より2割負担となる予定でスタートしました。しかし、その後凍結され、1割負担が継続されたという経緯がございます。予算編成段階では、こういう状況下で、保険者負担を9割と見込んでおりました。ただし、その後、国から20年2月21日に通知があったわけですけれども、指定公費負担という形で、1割負担を行うということがありましたので、実質的には保険者負担が1割分減額されたと。これが1点目です。

 2点目としましては、被保険者数の見込みを予算編成時点では5万2,740人、これで見込んでおりましたが、実績平均被保険者数、実績値として5万1,443人ということで、約1,300人減少してきたと。こういう要因が2点目です。

 3点目ですけれども、70歳以上の前期高齢者に係る見込み伸び率、これを予算編成段階では39%と見込んでいました。19年10月から新たに老人保健制度に移行する方が発生してきて、70歳到達者と75歳の後期高齢者医療制度に移行する方、この方たちが近似値になってきた等の理由から、実績としては伸び率が大分落ちて、6%程度になったと。そういう要因から、大きな額が決算の段階で落ちてきました。

 そういうことを踏まえて、21年度当初予算については、決算をベースに見込ませていただいたところ、大きな減額となっています。

 以上です。



◆植田進委員 今の説明だと、制度上のいろいろな変更が正確に掌握できないということから出てきた問題であって、主観的な積算の根拠で誤っているわけではないと、こういう理解でよろしいでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 基本的にはそういうことでよろしいかと思います。



◆植田進委員 では、国民健康保険料の引き下げ問題について、20年度決算見込みで、一般会計からの赤字補てん分はどの程度になりますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 20年度決算見込み、20年度の法定外分ということでよろしいですね。−−4億7,708万1,000円です。



◆植田進委員 当初予算で6億9,000万円の赤字補てん分を見込んでいるということで、最高値では一般会計からの赤字補てん分は10億円あって、これが19年度では7億円程度組んで、20年度の決算上は4億7,700万円。一般会計からの繰り入れを大幅に減らしているという関係で、この減った分を、今は被保険者の生活状況が大変な状況ですから、生活を守るということで、やはり1世帯当たり1万円の引き下げに使うべきではないか、その辺の考え方についてお聞かせいただきたいと思います。



◎笠原豊晴国保年金課長 20年度決算見込み額につきましては、3月補正において、歳入における確定額や歳出における実績値をもとに決算の見込みを検証した結果、収支の差に伴う財源補てん分である一般会計繰入金、これを減額したところです。

 お尋ねの引き下げ等の考えはないかということですけれども、常任委員会でもこれは御答弁を差し上げたのですが、本来、歳出財源の不足分は保険料収入で賄うことが原則となっています。また、一般会計繰入金についても、近年増加傾向にあり、平成19年度決算においては、1人当たりの繰入金額が県下でトップになっていること等を考えますと、料金改定は、引き続きそういう収支の状況を見ながら考えていくようになると思います。

 今回、3月補正で一般会計に若干でも戻すことができたということから見ても、適正な方向に向かっているという見方をしております。



◆植田進委員 引き下げを強く要望して終わります。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。



◆嵐芳隆委員 幾つか確認したいんですけれども、国民健康保険料の収納率を去年と比べると来年度は多く見積もっているようなのですが、これはちゃんと払ってくれる人が多くなってきたということで、毎年だんだんふえてきているのですか。前のものを確認していないので、申しわけないんですけれども。



◎笠原豊晴国保年金課長 今の御質問ですけれども、予算書の192、193ページをごらんいただきたいと思います。一般被保険者国民健康保険料の目において、第1節の医療給付費分現年分で御説明していきたいと思います。

 ここに、調定見込額、収納率が書いてございます。定期分で、21年度は87.6%を見込ませていただきました。昨年度が86.6%ですから、1%上がっております。この辺のとらえ方としては、収納員、職員の収納努力というのももちろんあるんですけれども、大きな要因としては、20年度から特別徴収が開始されたこと。そういうことで、確実な収納となっているという要因もございます。今回1%上げたのは、20年度の決算状況を見て1%ふやしております。以下、同じような考え方でございます。



◆嵐芳隆委員 確認したいのですが、この随時分というのは、要は滞納分ということでしょうか。ちょっとわからなかったので。随時分は50%になっていますね。



◎山口節子国保年金課副主幹 随時分というのは、滞納者ではなくて、当初から入っているほかに、それ以降に転入とか新しく入った方たちの分に当たります。

 以上です。



◆江端芙美江委員 短期人間ドック助成事業についてお伺いいたします。

 この事業は、病気の早期発見とか早期治療に大変重要な事業だと思います。今、八千代市では費用の8割が助成されていると思うのですが、年齢別に人数を、受診者の実態を教えていただきたいです。



◎笠原豊晴国保年金課長 受診者の構成ということですが、20年度見込みでお答えさせてもらいます。

 20年度は、受診者総数で370名の見込みということでとらえています。平均年齢としては64.7歳。年齢構成ですが、30代17名、40代17名、50代23名、60代199名、70代114名、こういう状況です。



◆江端芙美江委員 男女別をお願いします。



◎笠原豊晴国保年金課長 男女別で、受診者総数370名の内訳ですが、男性が191名、女性が179名。年齢別で見ますと、30代、男性が13名、女性が4名、合計で17名。40代、男性が8名、女性が9名、合計で17名。50代、男性が13名、女性が10名、合計で23名。60代、男性が92名、女性が107名、合計で199名。70代、男性が65名、女性が49名、合計で114名です。



◆江端芙美江委員 21年度は何人ぐらいを見込んでいらっしゃるのでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 先ほど受診者総数370名ということでお話ししましたけれども、昨年度の予算では480名を想定しておりました。21年度については、推計等を勘案しまして、544名を見込んでおります。



◆江端芙美江委員 この制度は大丈夫だと思いますので、よろしくお願いいたします。

 もう1点、出産育児一時金貸付金について伺いたいと思います。

 貸し付けということで、9割貸し付けられると思うのですが、利用者数と実態、21年度の見込み数をお願いいたします。



◎笠原豊晴国保年金課長 まず、20年度の見込みですけれども、38件を見込んでおります。21年度については、48件を見込ませていただいています。

 額については、20年度は35万円の9割で見ていたものが、21年1月1日から出産育児一時金が38万円に変更になったことで、その分が上がっていますので、総額的には若干ふえていると思います。



◆江端芙美江委員 この出産育児一時金そのものが、21年度の10月から42万円にアップしますよね。



◎笠原豊晴国保年金課長 10月から42万円という改正の話は報道等で私どもも把握していますが、正式には通知が来ておりませんので、予算上は現行制度、35万円から3万円引き上がって38万円と、これで考えております。



◆江端芙美江委員 前年度比507万6,000円の増になっているので、42万円にアップすることを想定してふやしているのかなというふうに思ったんですけれども、そうではないのですね。



◎笠原豊晴国保年金課長 そのとおりです。見込んでおりません。正式な通知が来ておりませんので、その42万円の改正の分は、21年度当初予算では見ておりません。



◆横田誠三委員 国民健康保険制度は非常に複雑なので、もしかするととんちんかんな質問になってしまうかもしれませんが、その場合は許してほしいと思います。

 収納率が90%を割ると、ペナルティーとして交付金が減るというお話があったと思いますが、そういう制度は続いているのか。八千代市もそういうペナルティーがあるのかどうかをまず教えてください。



◎笠原豊晴国保年金課長 収納率に対してのペナルティー相当分、その制度は引き続きございます。



◆横田誠三委員 あるということは、やはり90%が基準でペナルティーをかけられるという理解でよろしいのでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 今、何%というのはちょっとお答えできなくて申しわけないんですけれども、確認して後ほどお答えしてよろしいでしょうか。



◆横田誠三委員 私も不勉強で申しわけないんですけれども、前に見た本で、二、三年前までは90%を割るとという話が出ていたと思うのでお聞きしました。

 退職者の場合は、95%とか98%とか、退職した直後だからかどうかわかりませんけれども、収納率が高くて、それと一般の人とを合わせて90%を超えていたのかと思います。当然、高齢者のほうが収納率は高いという実績が出ていると思いますので、昨年から後期高齢者医療制度ができて、収納率が高い人たちがそちらの新しい医療制度に入ったということで、多分収納率は下がっていくのではないかと思うんですけれども、その場合に90%がいい悪いという議論になると思い、それが続いているかどうかをちょっと知りたかったので、こういう質問をしました。わかりました。後ほど教えてください。

 それから、予算書193ページの収納率の話、先ほど御説明があったんですけれども、国民健康保険料の算定をどういうふうに、ラフでいいのですが、例えば、平成20年度から大きく制度が変わりましたよね。したがって、21年度の保険料の算定の場合は、20年度の実績なり、個別にだれがみたいな想定でやっているのか、対象者が何人いてこうだという……。歳入の事項別明細書だけ見ているとよくわからないので、この45億円がどういう形での歳入なのかを概略でいいので教えていただければと思います。



◎笠原豊晴国保年金課長 概略ということなんですけれども、基本的には20年度の決算見込みをベースにしております。20年度からいわゆる料金改定、後期高齢者支援金等分とか、新たに入ってきた部分もありますので、決算見込み、こういうものをまず立てて、そこから調定見込みを立てて、最終的には保険料収入見込みと。そういうことで積算しております。



◆横田誠三委員 八千代市における国民健康保険の対象者数というのは、21年度は何人を想定されていますでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 先ほどは決算ベースにということでお答えしたのですが、例えば、医療一般とか医療退職、支援一般と、個々に要件が異なりまして、この決算の段階で、世帯数ということで見ますと、医療一般で2万7,578人、医療退職で1,797人、支援一般で2万7,578人、支援退職で1,797人、こういうものをベースに21年度の保険料の見込みを立てさせていただきました。



◆横田誠三委員 不勉強ですみません、医療一般と支援一般との違いというのは何かだけ、ちょっと教えてもらえますか。



◎笠原豊晴国保年金課長 予算書で見ますと193ページです。まず、第1目で一般被保険者国民健康保険料、その中に医療給付費分というのがございます。これがいわゆる医療一般という言い方になります。それから、その下の第2目の退職被保険者等国民健康保険料、それの横を見ていただくと、医療給付費分というのがございますけれども、これがいわゆる医療退職というように、略語で恐縮なのですが、そういう見方をしていただければと。次のページにも出てきますので。



◆伊東幹雄委員 高額療養費の中で、八千代市として、今年度に適用になった病名みたいなものがありますね。それと、実績、件数、来年度に予定している対象の病名、わかれば教えてください。



◎笠原豊晴国保年金課長 20年度の実績ということで、どういう病名で云々というのは、今、内訳等は持っていないんですけれども、21年度予算で申しますと、予算書の214、215ページのところ、高額療養費の部分でよろしいですね。

 まず、第1目の積算につきましては、被保険者数は20年度の実績を勘案して、4万8,117人を見込みました。それから、21年度の新たな要因については、高額医療・高額介護合算制度で、合算分として、対象者を若干見込んでおります。

 20年度の実績は手元にないということでお話ししましたけれども、19年度決算で見ますと、疾病大分類統計、こういう集計がございまして、新生物、精神及び行動の障害、循環器系の疾患、こういうものが主な病名になります。



◆伊東幹雄委員 大体何割ぐらいがそうやって占められているかという比率はわかりませんか。



◎笠原豊晴国保年金課長 これも19年度決算ベースでお答えさせてもらいますけれども、まず、新生物が13.3%です。それから、精神及び行動の障害が16.7%。循環器系の疾患が19.3%です。



○坂本安委員長 他に。



◆皆川知子委員 附属資料161ページの一般職員人件費に関することで伺います。

 1億9,501万円、26人分を支払っております。今の働き方を考えますと、残業等が多い時期があるというふうに伺っております。国の関係ではワーク・ライフ・バランスということが言われていますけれども、一般職員を早く帰宅させるために、パートでの対応はどのようになさっているのか。



◎笠原豊晴国保年金課長 第1款の一般管理費におけるパートの人数ということでお答えさせてもらいます。

 21年度予算は、人数で5名、ここでは見ております。ただ、予算額としては、半日が2名でありますので、総額4名分ということで見ております。



◆皆川知子委員 そうしますと、パートを雇うことによって、残業で支払う分よりも安く作業が終わると考えていいのでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 パートを雇うことで残業が減るかというお尋ねにお答えしますと、パートについては職員の補完ということで、いろいろな補助事務をお願いしています。これは当然日中の話ですね。ですから、そういう方たちがいないと、窓口応対とか電話応対、国保年金課で持っている事務の整理、こういうものも当然ございますので……。だからといって、残業が減るかというと、それはどうなのかなと。国保年金課は窓口等を抱えている職場であります。日中については、窓口応対、電話応対、こういうことで、どうしても業務後の処理が発生してくる。ですから、パートを雇ったから残業が減るというのは、ちょっとどうなのかと考えています。



◆皆川知子委員 昨日の相談業務の様子もつぶさに見させていただきましたところ、確かに、自分の職責を全うするに当たり、非常に時間がとられていることはわかりました。

 もう1点質問させていただきます。

 附属資料172ページ、高額療養費貸付金についてです。

 「その支払いに困った時」とありますが、どのような基準でしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 これは基準といいますか、対象ですね、貸し付けをできる方。そういうことで見ますと、国民健康保険料を完納していて、高額療養費の支給の要件に該当する世帯で、医療機関への支払いが困難な場合、支払いが困難な方については、貸し付けを行っていくと。

 そういうことでよろしいでしょうか。



◆皆川知子委員 高額な医療費を助けてあげるということで、例えば、有名なのはリウマチがあると思います。まだ治す方法がないと。

 予算書201ページの高額医療費共同事業医療費交付金のところで話を伺いたく、この交付金はどのくらいの人がいるのかということと、一定額というのは1年間どのくらいというふうに換算されるのかということについてお尋ねします。



◎笠原豊晴国保年金課長 質問の趣旨を読み取れなかったので、申しわけありませんでした。

 まず、高額医療費共同事業医療費拠出金の内容ということでちょっと御説明させてもらいますと、千葉県国民健康保険団体連合会が行う高額医療費共同事業の運営に要する費用を市が負担するという事業内容です。

 それで、積算ということでよろしいでしょうか。

     〔何事か呼ぶ者あり〕



◎浅野孝治国保年金課副主幹 高額療養費の制度ということでよろしいでしょうか。−−高額療養費につきましては、上位所得者、一般、非課税世帯というふうにありまして、自己負担限度額が決まっております。通常の一般の話をさせていただきますと、1医療機関で、自己負担限度額は1カ月8万100円。一般の世帯の人は、総医療費から26万7,000円を差し引いたものの1%が加算されます。ですから、8万100円に医療費の1%をプラスということで、それが1カ月の自己負担限度額になっております。それを超えたものにつきましては、高額療養費の制度がありますので、そちらで支給させていただいております。

 以上です。



◆皆川知子委員 先ほど伊東委員からもありましたように、その限度額を超えてしまって助けていただいている人がどのくらいいるのか、その総額がどのくらいなのかということを資料請求させていただきたいと思います。



○坂本安委員長 それは答弁できますか。

     〔何事か呼ぶ者あり〕



◎笠原豊晴国保年金課長 では、今の御質問についても、調べまして後ほどお答えさせてください。



○坂本安委員長 暫時休憩します。

               午前10時53分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午前10時54分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 では、皆川委員のただいまの質疑については、後ほど答弁してください。



◆茂呂剛委員 大きなことについて教えていただきたいのですが、私もちょっと勉強不足でわからなかったんですけれども、附属資料163ページの賦課徴収事業についてお伺いさせていただきます。

 この委託料の中身を教えていただければと思います。



○坂本安委員長 答弁を求めます。

 時間がたってしまうので、課長が調べているんだったら、わかる人が答弁してください。



◎笠原豊晴国保年金課長 委託料の中身ということで、大きな要因でよろしいでしょうか。−−まず、一番大きなものとしましては、納入通知書等出力業務委託、これで1,400万円ほど見ております。次に、市税等に係る預金口座振替に関する業務委託、これで63万円。あとは細かいものの積み上げです。



◆茂呂剛委員 こちらに関しては、取りに行くという作業は特にしていないのでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 収納員によりまして、御事情がある方についてはございますが、基本的に集金には行っていないと。



◆茂呂剛委員 私が聞きたかったことは、同じ部なんですけれども、国保年金課とか長寿支援課とか、同じように徴収するような作業があるのですが、課を超えて部で徴収する係というのがあるのかどうか、ちょっと教えていただければと思った次第だったのです。



◎笠原豊晴国保年金課長 現在は、同一部内であっても、それぞれの所管ごとに対応しております。



◆茂呂剛委員 このように財政が厳しい中ですので、そういうものがまとめられれば、少しだけでも経費削減になるのかなと思います。もしできれば、そういうことも今後考えてみていただければと思いまして、要望で終わらせていただきます。



○坂本安委員長 それでは、先ほどの答弁を求めます。



◎笠原豊晴国保年金課長 皆川委員の御質問ですけれども、19年度実績でお答えさせていただきます。

 総医療費が8,414万7,644円。これに対して、貸付金額が1,939万6,000円。件数としては40件。実人数としては44名。

 そういうことでよろしいでしょうか。



○坂本安委員長 皆川委員、よろしいですか。



◎笠原豊晴国保年金課長 よろしければ、引き続き横田委員の質疑に対してお答えしようと思ったんですけれども。



○坂本安委員長 いいですか、皆川委員。



◆皆川知子委員 はい、いいです。



◎笠原豊晴国保年金課長 先ほどの横田委員のいわゆるペナルティーの減額率のところですけれども、すぐお答えできなくてすみませんでした。

 減額率につきましては、人口規模によって異なってきます。一般的に申しますと、一般被保険者数が1万人から5万人まで、5万人から10万人、10万人以上、そういう区分がございます。減額率につきましても、例えば、収納率が91%から93%までの範囲は5%、88%から91%は7%とか、段階的にペナルティーの減額率が異なっております。

 八千代市は85%から88%未満で、これは一般被保険者分のところで算定していきますので、例えば、89.53%が19年度の収納率だったんですけれども、一般被保険者分ですと若干落ちまして、9%の減額、これが八千代市の状況です。

 よろしいでしょうか。



◆横田誠三委員 八千代市は平成19年度で9%の減額。先ほどの説明だと、93%までで5%、93%以上だと減額なしという理解でよろしいでしょうか。



◎笠原豊晴国保年金課長 よろしいと思います。



◆横田誠三委員 要は、収納率を上げれば上げるほど減額率が下がって、保険財政が助かるということですので、収納員の方は大変だと思いますけれども、ぜひ収納率を上げるように頑張っていただきたいと思います。

 以上です。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第2号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第3号 平成21年度八千代市老人保健特別会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 それでは、平成21年度八千代市老人保健特別会計予算について御説明させていただきます。

 予算書の237ページをごらんください。

 議案第3号 平成21年度八千代市老人保健特別会計予算。

 平成21年度八千代市の老人保健特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ681万7,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 平成21年度予算は、歳入歳出それぞれ681万7,000円で、対前年度比では99.3%の減となっております。減の要因は、老人保健法に基づく医療事業が昨年3月の診療までとなりますので、20年度より清算のための期間となり、請求おくれ分と請求の過誤による再請求分のみの計上となっております。

 それでは、予算書の244、245ページをお開きください。

 まず、歳入予算の概要について申し上げます。

 第1款、第1項、第1目医療費交付金につきましては、362万7,000円を計上し、対前年度比較では99.3%の減となっております。内容につきましては、1割負担の方の医療給付費の50%及び3割負担の方の医療給付費の100%が交付されるものです。

 第2款、第1項、第1目医療費負担金につきましては、198万6,000円を計上し、対前年度比較では99.3%の減となっております。内容につきましては、1割負担の方の医療給付費の12分の4に相当する法定負担でございます。

 予算書の246、247ページをお開きください。

 第4款、第1項、第1目一般会計繰入金につきましては、68万2,000円を計上し、対前年度比較では99.2%の減となっております。内容につきましては、県負担と同額の法定負担に事務費等を加えた額を一般会計から繰り入れるものでございます。

 次に、予算書の250、251ページをお開きください。附属資料の177ページをあわせてごらんください。

 歳出予算の概要について申し上げます。

 第2款、第1項、第1目医療給付費につきましては、543万6,000円を計上し、対前年度比較では99.4%の減となっております。内容につきましては、請求おくれ分と請求の過誤による再請求分などを見込んだものです。

 第2目医療費支給費につきましては、117万5,000円を計上し、対前年度比較では98.0%の減となっております。内容につきましては、医療給付費と同様に、高額医療費の請求おくれ分などを見込んだものでございます。

 以上で、平成21年度八千代市老人保健特別会計予算の説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いします。



○坂本安委員長 以上で、説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第3号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第4号 平成21年度八千代市介護保険事業特別会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 私から、平成21年度八千代市介護保険事業特別会計予算について御説明させていただきます。

 予算書の255ページをお開きください。

 議案第4号 平成21年度八千代市介護保険事業特別会計予算。

 平成21年度八千代市の介護保険事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ66億3,925万6,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 歳出予算の流用。

 第2条、地方自治法第220条第2項ただし書の規定により歳出予算の各項の経費の金額を流用することができる場合は、次のとおりと定める。

 (1)、各項に計上した給料、職員手当及び共済費(賃金に係る共済費を除く。)に係る予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 (2)、保険給付費の各項に計上した予算額に過不足を生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 それでは、予算書の262、263ページをお開きください。

 まず、歳入予算の概要について申し上げます。

 第1款、第1項、第1目第1号被保険者保険料は、13億8,886万3,000円を計上し、対前年度比較では6.6%の減となっております。内容は、介護保険の第1号被保険者が負担する保険料の改定による減でございます。

 次に、第3款、第1項、第1目介護給付費負担金は、法定負担分として、10億9,874万2,000円を計上し、対前年度比較では11.5%の増となっております。

 予算書の264、265ページをお開きください。

 第2項国庫補助金では、地域支援事業等の法定負担分として、6,374万5,000円を計上し、対前年度比較では0.9%の増となっております。

 第4款、第1項支払基金交付金につきましては、社会保険診療報酬支払基金の介護給付費及び地域支援事業の法定負担分として、18億4,210万8,000円を計上し、対前年度比較では6.1%の増となっております。

 次に、予算書の266、267ページをお開きください。

 第7款、第1項一般会計繰入金につきましては、国・県と同様、介護給付費及び地域支援事業の法定負担分として、一般会計繰入金11億6,317万9,000円を計上し、対前年度比較では4.9%の増となっております。

 次に、予算書の276、277ページをお開きください。附属資料は184ページをあわせてごらんください。

 歳出予算について御説明いたします。

 第2款保険給付費、第1項、第1目介護サービス等諸費では、在宅・施設サービス等の給付に要する経費として、54億1,087万7,000円を計上し、対前年度比較では11.3%の増となっております。

 次に、予算書の278、279ページをお開きください。附属資料は185ページをあわせてごらんください。

 第4項、第1目高額介護サービス等費につきましては、介護サービス費が基準額を超えた場合、経済的負担を軽減することを目的として、7,959万3,000円を計上し、対前年度比較では18.4%の増となっております。

 予算書の280、281ページをお開きください。附属資料は186ページとなっております。

 第6項、第1目特定入所者介護サービス等費につきましては、介護保険施設入所者等にかかわる居住費及び食費について、低所得者への補足給付を目的として、1億7,306万4,000円を計上し、対前年度比較では3.0%の増となっております。増の要因といたしましては、給付対象者の増によるものでございます。

 次に、予算書の282、283ページをお開きください。附属資料は187ページをあわせてごらんください。

 第4款、第2項、第2目介護予防事業につきましては、介護予防施策事業として、6,072万9,000円を計上し、対前年度比較では24.7%の減となっております。減の要因といたしましては、生活機能評価の対象者が、65歳以上の高齢者から、要支援・要介護認定者を除く65歳以上の介護保険被保険者と変更されたことに伴う生活機能評価委託料等の減によるものでございます。

 次に、予算書の284、285ページをお開きください。附属資料は188ページです。

 第3項、第1目包括的支援事業につきましては、地域包括支援センターの運営経費として、1億1,840万9,000円を計上し、対前年度比較では15.0%の増となっております。増の要因といたしましては、地域包括支援センターシステム賃借料等を補助対象経費とするため、一般会計予算の介護予防支援事業から組み替えたことによるものです。

 説明は以上でございます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○坂本安委員長 以上で、説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆菅野文男委員 1点だけ教えてください。

 第4款、第3項、第1目の地域包括支援センター運営事業で、1億1,800万円ほど出ているんですけれども、連携がちょっとわからないので教えてほしいのですが、社会福祉協議会の支会、従前は支会を地区社会福祉協議会と言っていて、七、八年前ですか、地域包括支援センターのほうに行政が力を入れられているんですけれども、この地域包括支援センターから社会福祉協議会のほうへ、今でも支援金が出ているのですか。同じ趣旨の補助金が出ているのですか。



○坂本安委員長 執行部の答弁を求めます。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 地区社会福祉協議会に支援金が出ているかというお尋ね……

     〔何事か呼ぶ者あり〕



○坂本安委員長 質疑の要旨をとらえて、きちんと答弁してください。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 この地域包括支援センター運営事業費からは、地区社会福祉協議会には出ておりません。



◆菅野文男委員 では、別の枠で出ていますか。



◎欅田高雄健康福祉部次長 一般会計予算のほうで、市内の20支会に対して助成をしております。ですから、今回のこの特別会計には入っておりません。



◆菅野文男委員 では、ルートは別で、同じ目的で、地域の保護を受けてきた方々、同じところへ……。もとが一つで、ルートが違って、一緒の方々に対して出ているわけです。それで、ダブって組織があるわけですね。地域包括支援センターと社会福祉協議会の各支会との連携について、知っているけれども、具体的にどういう状況か説明してください。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 地域の地区社会福祉協議会のほうで、例えば、御相談がある場合には、地域包括支援センターと連携をしながら、地域の方の支援をしております。



◆菅野文男委員 支会と連携して、もっと突っ込んだ事業をやっているでしょう。つまり、具体的に言えば、地域包括支援センターが、地区社会福祉協議会なり、支会なりの指導的な立場で、同じ目的で活動していただいているではないですか。そこを聞きたかったのです。



○坂本安委員長 もしあれだったら、社会福祉協議会と地域包括支援センターの役割をきちんと説明してあげてください。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 まず、地域包括支援センターの役割といたしましては、これは介護保険法に位置づけられた施設でございまして、市が包括的支援事業、例えば、総合相談支援、権利擁護等々を実施するために設置しているものでございます。

 社会福祉協議会の支会は、ボランティアという形で、地域の方々の御相談もございますし、地域の連携というところで活動なさっているというふうに考えております。

 以上です。



◆菅野文男委員 私も当事者で、やっているから、お金がどこから出ているかを聞きたかったのね。あなたたちの活動の中のお金の一部、我々に協力いただいているということで、その連携を聞きたかっただけなのです。

 責任者としては流れを余りつかんでいないので、少しがっくりしましたね。八千代台地域包括支援センターとか、各地域包括支援センターの上にあなたがいらっしゃるのでしょう。地域包括支援センターの統括官なのでしょう。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 はい、統括いたしております。



◆菅野文男委員 だから、当然、各地域包括支援センターの運営状況もつかんで、そして、予算なり決算なりをカバーリングしていると思ったので聞いたのです。多分知っていて、うまく話せなかっただけだと思いますけれども。ふだん、あなたの部下であるところの地域包括支援センターの動きを見ているので、それで、お金の流れがどう動いているのかと思っただけです。

 例えば、ボランティアさんたち、私もその「たち」の中に入っているんだけれども、あなたたちの部下が来て、指導してくれるわけです。私たちの相談も受けてくれるわけです。そこを聞きたかったのです。



○坂本安委員長 きちんと菅野委員の質疑の趣旨をとらえて、答弁をお願いいたします。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 失礼いたしました。

 八千代台地域での支会との具体的な連携といたしましては、敬老会ですとか、支会の方たちがお集まりのときに、例えば、高齢者の生活支援についてのお話をさせていただいたり、あるいは、支会の方々が地域でお困りの方の御相談を受けたときには、地域包括支援センターの職員と連携しながら、御相談をさせていただいたりというような活動をいたしております。



◆植田進委員 特別養護老人ホームの待機者の現状というのは、どういうふうになっていますでしょうか。



◎小川敏行長寿支援課長 直近のデータで、約300名でございます。



◆植田進委員 今後の施設整備の予定はどういうふうになりますでしょうか。



◎小川敏行長寿支援課長 御案内のとおり、平成21年度から、第4期介護保険事業計画がスタートいたします。その計画の中で、居住系サービスを含めまして、21年度から23年度までに5施設、164名の定数増を図りたいと。このように計画上は掲載させていただいております。



◆植田進委員 質問をかえますが、介護認定の新方式への対応として、1次判定、コンピューターですね、どうも低く出るのではないかという話がありますが、八千代市としては、この点ではどういうふうな対応を考えているでしょうか。



◎小川敏行長寿支援課長 ただいまの御質問につきましては、一般質問でも御答弁させていただきましたが、私どもも国から指定されまして、40件ほどのケースを新しいモデル事業で実施させていただきました。その結果、国とほぼ同じ傾向でございました。一部の新聞等によって、一般的に低下するのではないかというような危惧があるようでございますけれども、モデル事業をやった結果から見れば、そのような推定はできないものというふうに判断をいたしております。



◆植田進委員 次に、今回、基金を活用して保険料を引き下げるということについては評価したいと思いますが、利用率の低下という問題も、一方では貢献しているというふうに、言い方は変ですが、その辺の利用率向上の問題で、何か施策を考えていますか。



◎小川敏行長寿支援課長 利用率の低下ということでございますけれども、これは比較の問題でございますが、八千代市が参加する東葛南部圏域6市の中で、介護度別に利用できる区分限度額の利用実績で見れば、八千代市は非常に高い利用実績でございます。

 さらにそれを引き上げる、その方々に必要なサービスを必要なだけ提供する、それをプランニングするのがケアマネジャーの仕事でございます。市内に100名ほどのケアマネジャーがおりますけれども、そのあたりについては、あくまでもケアマネジャーが、本人の立場で、事業者から独立して、みずからの良心にのみ拘束されてケアプランを立てる。そういう趣旨の一層の徹底を図ってまいりたいと、このように考えております。



◆植田進委員 最後に一言だけ。

 マスコミでも「介護殺人」というショッキングな言葉が出て、老老介護の中で精神が疲れて、全く休息のない中で、行き場を失って殺人を犯してしまうということが、2008年度では千葉県でも3名ほど、そういう形で殺人が行われたという実態があります。ですから、この辺はどういうふうにして、八千代市でもそういう実態にならないようにカバーしていくのか、その辺の考え方をお聞かせください。



◎小川敏行長寿支援課長 前段の答弁と重複するかもしれませんけれども、八千代市に介護認定者は約3,800名いらっしゃいますが、その方々の具体的なサービス内容、生活実態等につきましては、ケアマネジャーがすべて仕切ることになっております。したがいまして、私どもは、ケアマネジャーに対して、公費全額、自己負担なし、その辺の認識について、十分周知徹底を図りまして、常時生活状況の把握に一層努めるように、周知徹底を図ってまいりたいと、このように考えております。



◆菊田多佳子委員 附属資料の188ページ、地域包括支援センターについてお尋ねさせていただきます。先ほどの菅野委員とダブらないように質問させていただきます。

 まず、この地域包括支援センターですけれども、常に3名体制ということでよろしいでしょうか。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 そのとおりでございます。

 ただ、八千代台地域におきましては、高齢者人口が8,000人を超えておりますので、4名体制にしております。



◆菊田多佳子委員 それでは、20年度における各地域包括支援センターの相談件数を教えていただきたいと思います。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 まず、勝田台地域包括支援センターでございますが、相談件数は4,754件。これは20年12月現在でお答えしております。阿蘇地域包括支援センター4,958件、村上地域包括支援センター6,036件、八千代台地域包括支援センター1万1,041件、高津・緑が丘地域包括支援センター4,039件、大和田・睦地域包括支援センターが3,696件、合計で3万4,524件でございます。



◆菊田多佳子委員 トータルで3万4,000件なんですけれども、これは19年度と比較しても、やはりふえているのでしょうか。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 19年度のトータルは3万8,684件でございました。20年度は12月末で3万4,524件。3カ月間で、恐らく19年度の相談件数よりはふえるというふうに見込んでおります。



◆菊田多佳子委員 主な相談内容としては、どういうものが挙げられるでしょうか。



◎佐藤千枝子地域包括支援センター所長 19年度で、総合相談支援ということで見てみますと、介護保険制度あるいは介護に関する相談等々で、9,060件ほど対応しております。それから、権利擁護といいまして、虐待等に関するもので713件。ケアマネジャーへの支援で484件の対応。そして、介護予防ケアプランを作成いたしておりますが、そのときに生活相談等をお受けいたしておりまして、それらが2万4,267件という内訳になっております。



◆菊田多佳子委員 今、相談内容をお伺いしたのですが、この地域包括支援センターで対応できない相談というものもあったのでしょうか。



◎古江伸二地域包括支援センター副主幹 虐待に関連して財産の保全と、あるいは、虐待があったときにその方を保護、例えば、特別養護老人ホームに送致したときの費用徴収金を確保するために法的な手続が必要かどうか、そのような判断が必要なときに、市の顧問弁護士等に相談したり、あるいは直接家庭裁判所等に相談したり、必要な手続をとっております。

 また、こちらのほうで対応できないと判断した場合には、それぞれの専門機関に御案内をさせていただいております。



◆菊田多佳子委員 これは要望ですけれども、各エリアにある地域包括支援センターは本当に身近なところですので、大変だとは思いますが、懇切丁寧に対応していただきたいと思います。



◆横田誠三委員 附属資料183ページの認定調査事業に関して、ちょっと質問させていただきます。

 私の家族も、新規か更新か、調査してもらいたいと思っているんですけれども、この費用のほうで、手数料と委託料で二千何百万円かずつ出ていますが、手数料と委託料の違いと中身について教えていただければと思います。



◎小川敏行長寿支援課長 初めに、手数料でございますけれども、介護認定申請に伴いまして、私どもの調査員とともに、主治医の意見書を添付させていただきます。その主治医意見書に係る作成の手数料でございます。細かく申し上げますと、在宅と施設に分かれておりまして、在宅は、新規の場合5,000円、継続の場合4,000円。これは国の単価基準で定められております。施設においては、新規の場合4,000円、継続の場合3,000円というふうになっております。これがトータル的な手数料です。

 続きまして、委託料でございますけれども、これにつきましては、私どもは調査委託の一部を社会福祉協議会に委託しております。その委託料が約2,600万円でございます。そのほか、遠方の施設に入所している方々、市の職員が直接訪問等をできかねる地域にいる方々については、その地域の居宅介護支援事業所または施設に調査をお願いする、その費用が1件4,000円でございます。合わせてこの金額ということで御理解いただければよろしいかと思います。



◆横田誠三委員 それでは、手数料の件数の実績だけ、トータルでいいですから教えてください。



◎小川敏行長寿支援課長 在宅は、新規の場合、先ほど5,000円とお話ししましたけれども、1,680件。継続の場合は4,000円でありますが、2,600件。施設につきましては、新規の場合4,000円、これが740件。継続の場合は3,000円でありますけれども、280件。これを見込んでおります。

 以上でございます。



◆横田誠三委員 ありがとうございました。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第4号に対する質疑を終わります。

 暫時休憩します。

               午前11時33分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午前11時38分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第5号 平成21年度八千代市墓地事業特別会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 平成21年度八千代市墓地事業特別会計予算について説明いたします。

 予算書の299ページをごらんください。

 議案第5号 平成21年度八千代市墓地事業特別会計予算。

 平成21年度八千代市の墓地事業特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ6億4,718万4,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 地方債。

 第2条、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は、「第2表 地方債」による。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 それでは、歳入予算について申し上げます。

 予算書の306、307ページをお開きください。

 第1款、第1項、第1目一般会計繰入金につきましては、7,248万2,000円を計上し、対前年度比較では154.6%の増となっております。これは起債対象外の経費を一般会計から繰り入れるものでございます。

 第4款、第1項、第1目墓地債につきましては、5億7,470万円を計上し、対前年度比較では19.8%の増となっております。これは墓地施設整備のための地方債でございます。

 歳入は以上でございます。

 次に、歳出予算について申し上げます。

 予算書の308、309ページをお開きください。附属資料は191ページをあわせてごらんください。

 第1款、第1項総務管理費につきましては、墓地運営管理事業を新設いたしまして、墓地施設竣工後の維持管理に要する経費68万4,000円を計上しております。

 第2款、第1項、第1目墓地施設整備費につきましては、建設工事費5億7,692万3,000円のほか、合葬式墓地に設置する納骨壇の購入費5,808万6,000円など、計6億4,411万5,000円を計上し、対前年度比較では26.8%の増となっております。

 予算書の310、311ページをお開きください。

 第3款、第1項公債費につきましては、墓地事業の財源として借り入れた長期債に係る利子償還に要する経費として、238万5,000円を計上しております。

 次に、地方債について御説明いたします。

 予算書の302ページをごらんください。

 平成19年度から21年度まで、3カ年の継続事業で墓地施設の整備を進めているところですが、21年度の地方債の限度額を5億7,470万円とするものでございます。

 以上で、平成21年度八千代市墓地事業特別会計予算の説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○坂本安委員長 以上で、説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆江端芙美江委員 この墓地事業で一番心配なことは、やはり地盤が水田だということで、大変軟弱で不安定なことであると思います。盛り土がなされていて、地盤の調査等も行っていると思いますが、これは心配ないでしょうか。



◎三橋正道健康福祉課長 建設地の地盤でございますが、芝生墓地のカロート部分につきましては、盛り土による圧密を施してございますので、問題ございません。そのほか、建物を建設する部分につきましては、安定地盤が地下16メートルから25メートルまでございます。管理棟につきましては20メートルのくいを12本、合葬式墓地については20メートルのくいを24本打つことになってございます。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 それでは、市民の方に聞かれたときに、「心配ありません」とお答えして大丈夫でしょうか。



◎三橋正道健康福祉課長 今申し上げましたとおり、盛り土の圧密とか、建物部分にはくいを打っているということで、問題ないと考えております。



◆江端芙美江委員 工事請負費5億7,699万9,000円というふうに計上されておりますが、工事の内容について伺います。



◎三橋正道健康福祉課長 工事請負費の内訳でございますが、土木工事が3億3,162万2,000円、建築工事が2億4,530万1,000円でございます。そのほか、NTT回線工事費として7万6,000円で、合わせまして5億7,699万9,000円でございます。



◆江端芙美江委員 この墓地は22年度に供用開始と伺っておりますけれども、予定どおり進んでいますでしょうか。進捗状況についてお願いいたします。



◎三橋正道健康福祉課長 工事の進捗状況でございますが、土木工事につきましては、市道や井戸、調整池の整備が終わっております。また、カロート部分につきましては、南エリアは終了しておりますが、北エリアが建築工事の関係で一部残っております。それにつきましては、建築工事の終了後にカロート設置工事や植栽工事などを施しまして、22年3月に完成する予定となっております。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 そうすると、募集はいつごろになりますでしょうか。



◎三橋正道健康福祉課長 市営墓地の募集でございますが、今申し上げましたとおり、施設の完成が22年3月でございます。その後、事務手続等がございますので、募集につきましては、22年度の早い時期に行いたいというふうに考えております。



◆塚本路明委員 公営墓地建設協議会は建設だけについてで、これからの運営については、運営協議会とか、どういうふうに進行していくのかを確認したいです。



◎三橋正道健康福祉課長 現在、公営墓地建設協議会がございます。これについては、建設が終わるまでということで考えています。その後の運営につきましては、運営協議会というような形で検討していきたいと考えております。



◆塚本路明委員 先ほど工事請負費について確認されたんですけれども、備品購入費が6,000万円以上あるのですが、この備品というのは、市が何を購入するのか、ちょっと確認したいです。



◎三橋正道健康福祉課長 備品購入費の内訳でございますが、焼骨を入れる納骨壇、合葬式墓地にロッカー式の納骨壇というのがあるのですが、それが5,808万6,000円でございます。そのほかは、新たに施設を設置しますので、初度調弁ということで400万円となってございます。



◆菅野文男委員 盛り土をしたから大丈夫だと言ったが、盛り土をしたから大丈夫ということはあり得ないです。普通は盛り土をした後に何かしたから大丈夫なんだけれども、盛り土をして大丈夫という認識をどうしてしたのか。



◎三橋正道健康福祉課長 盛り土をしまして、その後、圧密、上にさらに土を載せて、それで地盤を安定させるという方法をとっております。



◆菅野文男委員 それはわかるんだけれども、圧密の期間をどのぐらいとったのか。それから、盛り土を幾つぐらいして十分と思ったのか。



◎欅田高雄健康福祉部次長 この土地につきましては、平成12年度に大体3メートルから4メートルの盛り土をして、自然転圧というのでしょうか、図ってきたわけですが、墓石を載せた場合の支持力というものが非常に心配されたわけで、その辺に関しましても、構造計算を行いました。私どものほうは、芝生墓地で、五、六十センチメートルぐらいの墓石を考えておりますので、総沈下というのでしょうか、そういう点で、特に支障は生じないという報告をいただいています。



◆菅野文男委員 私はわかっていて聞いたのです。上に何年置いたかを聞きたかっただけなのです。そうすると、大丈夫ということですね。



◆江野沢隆之委員 この墓地を長年、できるまで待とうという方がたくさんいます。そこで、「広報やちよ」で市営墓地の名称募集を行っておりましたけれども、何件ぐらいあったのか。また、どんな名称が出たかわかりますか。



◎三橋正道健康福祉課長 市営墓地の名称募集についてでございますが、「広報やちよ」や市のホームページによりまして、今年1月15日から2月16日までの約1カ月間募集いたしました。その結果、70件の応募がございました。数の多さに大変驚いている状況でございます。

 作品名ということで何点か挙げますと、例えば、「八千代市営墓苑」とか、「サイレントパークやちよ」、「八千代緑の郷」というような応募作品がございました。

 以上でございます。



◆江野沢隆之委員 これはいつごろ1つに絞るのか。



◎三橋正道健康福祉課長 応募いただいた作品につきましては、八千代市公営墓地建設協議会の選考を経まして、決定してまいりたいというふうに考えております。



◆伊東幹雄委員 墓地施設整備のところの利率が「5.0%以内」となっていますけれども、実際はどういうふうになっていますか。



◎三橋正道健康福祉課長 19年度分の借り入れにつきましては、利率は1.8%でございます。

 以上でございます。



◆伊東幹雄委員 これは証券で発行しているのか。それとも、どういう……。



◎三橋正道健康福祉課長 銀行借り入れでございまして、証書借り入れです。



◆茂呂剛委員 まだ決まっていないことだというのは承知の上なんですけれども、この墓地の供用開始が22年度からだと思います。現在、持っていてはいけないのでしょうが、お骨を家庭で持っている方もおられるのかなと思うんです。そういう方々が、先ほど江野沢委員も言っていたんですけれども、この墓地を待っているということなのですが、大体どれぐらいを目安に募集開始を考えているのでしょうか。



◎三橋正道健康福祉課長 先ほども申し上げましたけれども、22年度の早い時期に募集したいと考えております。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。



◆塚本路明委員 募集をかけるに当たって、今言っていた、今も遺灰で持っている方々の募集比率と新しく来る方の比率、これはどのくらいで考えていますか。



◎三橋正道健康福祉課長 今考えております募集の計画につきましては、1回ですべて募集するのではなく、数回に分けまして募集したいと考えております。

 以上です。



◆塚本路明委員 もう待っている方々を優先的に入れるのか、募集の分であけておくのか、どっちの方向でいくのか。



◎三橋正道健康福祉課長 問い合わせもございますが、やはり焼骨をお持ちの方というのは結構いるみたいです。一応、そういう方をなるべく優先的に対応したいというふうに考えております。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第5号に対する質疑を終わります。

 この際、暫時休憩いたします。

 午後1時より再開いたします。

               午前11時54分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後1時00分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第6号 平成21年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎佐々木とく子健康福祉部長 それでは、平成21年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算について御説明いたします。

 予算書の315ページをごらんください。

 議案第6号 平成21年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算。

 平成21年度八千代市の後期高齢者医療特別会計の予算は、次に定めるところによる。

 歳入歳出予算。

 第1条、歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ12億3,997万8,000円と定める。

 2、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、「第1表 歳入歳出予算」による。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 それでは、予算書の322、323ページをごらんください。

 まず、歳入予算について申し上げます。

 第1款、第1項、第1目後期高齢者医療保険料につきましては、10億1,081万5,000円を計上し、対前年度比較では10.3%の増となっております。

 次に、第3款、第1項一般会計繰入金につきましては、2億2,407万7,000円を計上し、対前年度比較では14.1%の増となっております。内容につきましては、一般管理費、徴収費等の事務費分及び保険料の法定軽減を補てんする保険基盤安定分の一般会計からの繰入金でございます。

 次に、歳出予算について申し上げます。

 予算書の326、327ページをお開きください。あわせて、附属資料の193ページをごらんください。

 第1款、第1項、第1目一般管理費につきましては、7,356万1,000円を計上し、対前年度比較では7.2%の減となっております。内容としましては、後期高齢者医療制度の事務に従事する職員の人件費及び資格管理、給付管理、情報システム管理などの事務に要する経費となっております。

 次に、第2項、第1目徴収費につきましては、717万8,000円を計上し、対前年度比較では0.5%の増となっております。内容は、保険料納付通知、納付書の発送事務などに要する経費となっております。

 次に、予算書の328、329ページをお開きください。あわせて、附属資料の194ページをごらんください。

 第2款、第1項、第1目後期高齢者医療広域連合納付金につきましては、11億4,663万8,000円を計上し、対前年度比較では12.7%の増となっております。内容は、徴収いたします保険料に法定軽減を補てんする保険基盤安定繰入金などを加えた額となっております。

 以上で、平成21年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算の説明とさせていただきます。御審議のほど、よろしくお願いいたします。



○坂本安委員長 以上で、説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆横田誠三委員 後期高齢者医療制度は去年からできているということで、先ほどのほかの保険と違って、例えば、収納率というのがここには書いていないのですが、制度的な違いなのか、なくてもいいものなのか、ちょっと教えてください。



○坂本安委員長 執行部の答弁を求めます。



◎木村栄一長寿支援課主幹 説明のところに収納率等を記載してございませんが、具体的に申しますと、平成21年度につきましては収納率99.48%を見込んでいるところでございます。

 以上でございます。



◆横田誠三委員 これは法律で決まっているんだからしようがないと思うんですけれども、後期高齢者医療制度は圏域で皆さん一律の保険料だと思いますが、質問の意味が自分でもわかりづらいんですけれども、特別会計でやらなければいけない理由がどうもはっきりしていないのです。保険料そのものは全部後期高齢者医療広域連合に納めてしまいますよね。医療費はそちらから支給されるわけなので。市レベルでこの12億円ぐらい、保険料11億円が集まって、繰入金を足して、そのまま全額渡すみたいな制度で、これを市の中でやるためには、もちろん事務費とかはかかるので、その金額だけわかっていれば何となくいいような感じがします。保険料を集める、医療給付に使うというのは広域連合の話なので、トータルして12億円ぐらいの会計にするというのがどうも、制度だからしようがないのでしょうが、これは全国そうだと思うんですけれども、やっている方も何か不思議には思いませんか。



○坂本安委員長 答弁を求めます。



◎木村栄一長寿支援課主幹 委員おっしゃるとおり、これは法定制度でございますので、特別会計で実施することになっているところでございます。その辺のところ、実際に区別する必要があるのかどうか、事務側として何か必要性を感じているのかどうかというお話でございますけれども、当然、保険料につきましては、収納率、滞納繰越分等々が出てきます。市としても、それに対応していかなくてはならないので、これが特別会計にされている理由となっているのかなというふうには感じているところでございます。



◆横田誠三委員 ちょっと変な質問だったので結構です。

 先ほどの国民健康保険に関してはペナルティーというものがありましたけれども、こちらはそういうものはないのですか。



◎木村栄一長寿支援課主幹 国民健康保険とは違いまして、後期高齢者医療制度につきましては、ペナルティーというものはございません。



◆横田誠三委員 そうすると、これは広域連合でやられて、市町村で金額は同じだとしても、例えば、集めた金額が足りないというか、広域連合に納めなくてはいけない額というのは多分指定されると思うのですが、収納率が低くて、保険料として集まらなかったような場合はどうなるのでしょうか。



◎木村栄一長寿支援課主幹 後期高齢者医療制度の財源の概要というのは、御案内のとおり、公費50%、支援金40%、保険料10%でございます。保険料が不足した場合はどうなるのかという御質問かと思いますけれども、これにつきましては、財政安定化基金を設けているところでございまして、保険料未納のリスク、給付増のリスク等の財政の運用に対応するために、国・県及び広域連合が3分の1ずつ拠出して、県に設置しているということでございます。ちなみに、広域連合では、事業規模として、現在2,000億円を用意しているところでございます。

 以上でございます。



◆横田誠三委員 そうすると、例えば、八千代市がちょっと保険料の集まりが悪くても、八千代市の一般財政とかから持ち出して補てんする必要はないということでよろしいでしょうか。



◎木村栄一長寿支援課主幹 貸し付けと給付につきまして、財政安定化基金のほうで繰り入れるということになっております。

 以上でございます。



◆横田誠三委員 別の質問ですが、予備費を1,000万円とられていますけれども、介護保険のほうが総体は大きいのに700万円なのですが、この予備費を1,000万円計上する必要があるのかどうかだけ、ちょっとお聞きします。



◎木村栄一長寿支援課主幹 老人保健特別会計につきましては、給付費の支払いがございましたので、緊急の場合に備えまして、予備費等を余分に用意していたところでございます。今回の後期高齢者医療制度は保険料の会計ということになるわけなのですが、そのほかに徴収等、あるいは一般事務等の管理費の部分もございます。今後、国の制度のいろいろな見直し等があった場合に、その辺のシステムとか、そういったものに対応する部分は、やはりとっておかなければならないと感じております。

 以上でございます。



◆横田誠三委員 制度ができて2年目なのでいいと思うんですけれども、予備費の使用状況を見ていて、余り必要がなければ、やっぱり収入も支出も下げたほうがいいと思います。

 それから、最後の質問ですけれども、うちの家族の場合だと、3カ月後ぐらいに高額療養費の返還通知が来ていましたが、後期高齢者医療制度になってから、5カ月ぐらいたたないと来ないので、例えば、確定申告をするときに、医療費を払っていて戻った金を申告しなくてはいけないんですけれども、5カ月分ぐらい収入のほうを申告しないで、ずれがすごく大きくなっているのですが、これについてちょっとお聞かせください。



◎木村栄一長寿支援課主幹 老人保健制度と比べまして、高額療養費の返還が遅いというお話でございますけれども、20年度にスタートいたしまして、システム等のおくれからおくれているということで、広域連合から、今後システム整備をしながら対処したいというふうに聞いております。現状でおくれているのは、確かにそういう事態でございます。

 以上です。



◆横田誠三委員 高齢者医療というのは、高額の場合は確かにすごくかかっていて、なるべく早く返してもらう必要があるので、システムの問題であれば、なるべく早期に改めてもらいたいということと、それから、確定申告をしていまして、返還された分は引かれますから、自分の払ったものと余りそごがないほうが確定申告も正しくできるので、やはり従来どおり3カ月ぐらいをめどにやるべきではないかと思います。ここだけの問題ではないかと思いますけれども、広域連合としてこれから検討してもらいたいと思います。

 以上です。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。



◆伊東幹雄委員 保険証が薄いと市民から言われていますので、それだけ検討をお願いしたいと思います。



◎木村栄一長寿支援課主幹 被保険者証ですが、確かに薄いと言われれば薄い、小さいと言われれば小さいんですけれども、例えば、これを銀行のキャッシュカード並みの厚さにするとか、実際にこれをやるというふうにはまだ決まっておりませんが、その辺のところは、広域連合のこれからの取り組みで考えていきたいということで、こちらも要望いたしますし、また、広域連合のほうにも考えてもらうようにいたしたいと思います。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で、議案第6号に対する質疑を終わります。

 この際、暫時休憩いたします。

               午後1時15分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後1時20分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 議案第7号 平成21年度八千代市水道事業会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎村山拓男上下水道局長 説明させていただきます。

 議案第7号 平成21年度八千代市水道事業会計予算について御説明いたします。

 予算編成に当たりましては常に安全で安定した水を供給すること、節水意識の向上等により唯一の財源である料金収入の伸びの鈍化が予想される状況であること、経常的経費等の契約の見直しや仕様の見直しを行うなど支出の抑制をすること、施設の維持管理・改良事業ではその必要性、効果等について十分な検討を行うことなどを考慮し、予算編成に努めたところであります。

 それでは、予算書の1ページをお開き願います。

 第1条、平成21年度八千代市水道事業会計の予算は次に定めるところによる。

 2条の業務の予定量といたしましては、給水件数は前年度に比較しまして、2.4%増加して7万9,900件で、年間総給水量は1,969万1,000立方メートル、1日平均給水量は5万3,948立方メートルで1.9%の減と見込んでおります。

 次に、主要な建設改良事業の内容といたしましては、西八千代北部特定土地区画整理事業地内の送・配水管の布設5,082メートル。未給水区域への布設1,200メートル。合わせて6,282メートルを予定しております。睦浄水場施設改良事業を3カ年継続事業での工事となっております。

 次に第3条、収益的収入及び支出について申し上げます。第1款水道事業収益において34億2,546万4,000円を予定しております。主な内容は第1項営業収益は主に水道料金収入で、前年度に対して2%減の31億6,108万9,000円を予定しております。第2項営業外収益は主に納付金でありまして、中高層マンション等の建築による新規申し込みが例年並みに見込めないことなどから、前年度比12,8%減少の2億6,437万5,000円を予定しております。

 次に、費用といたしましては第1款水道事業費用で31億9,764万5,000円を予定しております。主な内容は、第1項営業費用は29億2,320万1,000円を見込んでおりまして、主に水道事業の運営や浄水場・給水場などの施設の維持管理に充てるための費用であります。対前年度比0.4%減少しております。次に第2項営業外費用は企業債利息で2億7,144万3,000円を見込んでおります。第3項は特別損失の財務計上でございます。第4項は予備費で300万円を計上いたしております。

 次に、第4条、資本的収入及び支出につきましては2ページをお願いします。

 第1款資本的収入は18億2,278万円で、主な内容は第1項企業債は第5条で定めております。石綿セメント管更新事業で3億円を、睦浄水場施設改良事業で7億円を、計10億円の借り入れを計上いたしております。第2項工事寄附負担金は西八千代北部特定土地区画整理事業に伴う水道工事負担金などで8億2,278万円を計上いたしております。

 次に、支出でありますが、第1款資本的支出においては33億5,234万8,000円で、主な内容は第1項建設改良費は、配水管等布設及び改良事業並びに睦浄水場の施設改良事業などで27億1,588万2,000円を計上し、第2項企業債償還金は3億3,646万6,000円を計上し、第3項投資は長期資金運用として3億円を計上いたしております。

 1ページ下段の括弧書きに戻りますが、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額15億2,956万8,000円は当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額8,931万4,000円、減債積立金3億3,646万6,000円及び過年度分損益勘定留保資金11億378万8,000円で補てんするものであります。

 次に第5条、企業債におきましては、先ほど説明しました2事業について、起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について定めようとするものでございます。

 第6条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費は職員給与費と交際費にしており、経費の性格から流用の制限を行うものとしております。

 第7条、たな卸資産購入限度額につきましてはたな卸資産の購入限度額を4,226万6,000円と定めようとするものであります。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 なお、4ページの平成21年度八千代市水道事業会計予算実施計画から37ページの平成20年度八千代市水道事業会計予定貸借対照表までにつきましては、記載のとおりございます。また、予算に関する説明書附属資料は収益的支出及び資本的支出を事業別に作成してございます。参考としてお使いいただければと思います。

 以上、御説明させていただきました。御審議のほどよろしくお願いいたします。



○坂本安委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆菅野文男委員 先ほどの第2条で給水件数予定数7万9,900件、現下大不況で予定の大型マンションが各地で中止になったけれども、こんな大予定変動があった場合はどう対応していますか。



◎竹内賢和給排水相談課長 御指摘のとおり、開発行為に伴います施設整備費、給水申込納付金等が減少傾向にあります。収入が減少しているのが確実なことでありますので、支出をできるだけ切り詰めて合理的な事業運営を心がけていきたいと考えております。



◆菅野文男委員 お金の面だけではなしに、その水の量等も何かあるんじゃないかと思って質問しています。そちらも教えてください。



◎竹内賢和給排水相談課長 費用の面以外でも節水型の家電も普及しておりますし、市民の皆さんも水の使い方自体が少なくなってきていると考えております。



◆菅野文男委員 私が質問しているのは当然これだけ出すぞという予定で費用も用意して、体制もとっていると思うんです。例えばそこで1マンションが千何百件とか、そんな見積もりだったら、5,000件ぐらい、ぱっと一気に計画で消えちゃうわけですよ。そうしたら例えば、皆さん方やってくれている、今年は1万件ぐらいふえるぞというところを5,000件に減っちゃったときのテクニカルな、皆さん現場の人間でいらっしゃるから、その現場はどうなっているかと聞きたいんです。



◎村山拓男上下水道局長 確かに今、人口がふえていますから、件数やあんなのは若干ふえているんですけれども、先ほど担当課長が申し上げましたように節水意識とかそういうふうなもの、またこの不況の影響かどうかわかりませんけれども、使用水量は非常に減ってきております。そういう中で私どものほうの水源は井戸水が6割、北千葉広域水道企業団から持ってくる水が4割でございます。おおむね大体6・4になっておりますが、そういう中で水道だとかそういうものは減るということになれば私どものほう、北千葉だとかそういうふうなところから、今まで予定していたものより、持ってくる水を少なくするとか、できるだけ安い井戸水を使ったりして、そういう努力をして、皆様に少しでも安定した水の供給と安価な水の供給を進めていきたいとこういうふうに考えております。



◆菅野文男委員 逆の場合はあれですか、高くても臨時的に北千葉広域水道企業団の水をいろいろと買ってくるということも考えられるということ。



◎村山拓男上下水道局長 北千葉から持ってくるのは、決して高いとかいうことにならないんでしょうけれども、私どものほうは北千葉から、ある程度持ってこられる量、それから自分たちが使える井戸水というのがありますから、そういうものをできる限り有効に使っていくような対策をしていくんだということです。



◆菅野文男委員 私が聞きたかったのは、あちらから権利がまだあるから、でもそれは電話1本で絞ることもできるし、バルブちょっと閉められるかと、それから井戸もまだくみ上げる能力あるから、それをバルブあけて調整する、閉めて調整する、そういうテクニカルなものを聞きたかっただけ。だからそれでわかりました。

 質問を変えます。

 防災訓練のところで、よく飲まさせていただいている、あのおいしい缶入りのお水、どうなったのか聞きたいです。けさの朝日新聞に大きく載って、皆さんも知っていらっしゃるでしょうけれども、皆さんの考え方がすばらしいと思ったのが3年前だったかな、同じことを全国でやって、思想的に行動的には最先端を行ったけど、2年たって、3年たって消えちゃったけれども、どうしたか心配して、そのことだけ教えて。



◎小笠原朗維持管理課長 ペットボトルにつきましては、平成20年度初めて災害時の備蓄用として年度当初に1万本、そして先月、もう1万本追加をして、都合2万本製作をしました。試作品ということもありまして、今年度につきましては市が主催をする行事に限りましてお配りをしまして、現在9,000本ほど配布をしました。それでアンケートも一緒にいただいて、150通ほど回収をされていますけれども、総体として好評だというふうに受けとめております。新年度につきましても2万本の製作を予定をしておりますけれども、御質問の中身からいけば新聞では、きょうのやつは販売としての報道がされていましたけれども、そのことについて八千代市の考え方をお答えすればよろしいんでしょうか。

 当時につきましては、まだ1年ということでやはり販売商品として、種々含めてですね、見合うことになるかどうかというのを、まだまだ見きわめるところまではいっておりませんので、もう1年、少し今度は配布のパイを広げまして、市民の皆様の御意見も聞きながら検討したいなというふうに受けとめております。

 以上でございます。



◆伊東幹雄委員 新聞記事でこれなんですけれども、安全、うまい、PRをほかの50都市はやっていますよね。八千代市もネーミングを考えて、どっちみちつくるんであれば効果的なPRもしてもらいたいし、市民に普及させてもらえれば八千代市のまた名物になると思うんで、例えば新川の水とか、ちょっとおかしいかもしれないけれども、要は八千代にちなんだ源右衛門でしたか、何とかの水とか、そういうふうにやってもらえば非常にいいんじゃないかと思うんで、ひとつよろしくお願いします。



◎小笠原朗維持管理課長 御指摘ありがとうございます。

 とりあえず今のネーミングやデザインにつきましては、市民の方に公募した結果の製品でありますので、新年度の中で再度、そうしたことも取り入れながら、ぜひ検討させていただきたいと思います。

 以上です。



◆嵐芳隆委員 ちょっと確認なんですけれども、前も質問しているんですけれども、石綿セメント管の更新事業で配水管、たしか590キロだか600キロ弱だったと思うんですけれども、それを毎年1万メーター、約10キロぐらい更新してきていると思うんですけれども、それの進捗状況はどれぐらいでしたか。今年度、来年度もやるんで、来年度やった後にどれぐらいの進捗状況になるか、何%ぐらいいったかというのをちょっと確認したいんですけれども。



◎迫秀信建設課長 今の御質問の石綿管の更新については、平成20年度までに152キロを更新、まだ年度が終わっていませんけれども更新、見込みでやっています。平成21年度についても10キロを予定しております。平成21年度は整備した残りとして、未整備更新が約123キロが残っております。



◆嵐芳隆委員 ありがとうございます。あともう1つ、説明書の19ページの改良工事費の中の勝田台浄水場施設改良事業で2,145万というのは建てる分、前年度解体やりましたよね。この2,145万円の内容を教えてもらいたいんですけれども。周りの補償とか。



◎青木秀仁維持管理課主幹 お答えいたします。こちらにつきましては勝田台の改良工事が一応終わりましたので、その後の家屋の事後調査などを行う、またそれにかかわる、もし被害が出ているような場合に対しての補償の算定などをしていただくための経費になります。



◆嵐芳隆委員 補償とかそういう調査費用ということですね。はい、わかりました。



◎青木秀仁維持管理課主幹 はい、そのとおりです。



◆横田誠三委員 19ページをあけてもらっていますので、そのまま19ページの質問なんですが、このページは資本的支出なんですけれども、一番上の人件費がここに5,900万円計上されるのは、普通の民間企業では資本的支出で人件費がここだけ出てくるのはあまりないんで、ちょっとこの会計の人件費の意味を教えてください。



◎林昭雄上下水道局次長 職員人件費、一般職員人件費の5,905万5,000円ですか、これにつきましては一般職員6人分にかかわる給料、手当等、共済組合納付金等でございます。



○坂本安委員長 質問の要旨は、そういう質問じゃないんです。要するにこの資本的支出に何で人件費が上がってきているのか、そのことを問うていますので、質問の趣旨に沿った形で答弁をお願いいたします。



◎林昭雄上下水道局次長 ちょっと待って下さい。



○坂本安委員長 それでは、ほかに移ってください。



◆横田誠三委員 すみません。同じようなお金の話なんですけれども、これは前にもちょっと聞いているんですけれども、現金預金が41億円あって、利息が少ないと、前にも質問して、ちょっとお答えいただいたと思って、その後何かちょっと、実はこういうのがありますとお聞きした記憶があるんですけれども、40億円の預金があって1,000万円ぐらいしかついてないので、ちょっと利息としては低いのではないかと思いますので、その運用方法なり、あるいは別の説明を受けたような気がしたんですけれども、ちょっと忘れましたんで、もう一度ちょっと説明願えればと思います。



◎村山拓男上下水道局長 預金、私ども41億円とかそういう金があるということでございますけれども、私ども運用しているのは預金だけじゃなくて、そのほかに有価証券等でも運用していますので、預金のところでいうと、また有価証券で出てくるものがございます。前回たしかお答えさせていただいたとき、預金の部分だけだったものですから少ないんじゃなかろうかと。そのほかに有価証券があって。また来年度予算につきましては、私どものほう3億円ばかり、またそういう有価証券と長期のものを取得できるような工夫をしたいということで、今回の予算にも計上させていただいてございます。運用についてはできる限り有利な方法で運用していきたいというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○坂本安委員長 暫時休憩します。

               午後1時42分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後1時43分開議



◎村山拓男上下水道局長 予算書の4ページのところをお開き願えますでしょうか。

 その中で営業外収益、それから受取利息及び配当金というところを見ていただきますと、預金利息で900万円、有価証券利息で150万円、それからその下の雑収益のところで有価証券売却収益というふうなことで計上させていただいておると。預金のみじゃなくてこういうものでもって運用させていただいております。ということでございます。



◆横田誠三委員 有価証券等は固定資産なんで、流動資産と本来違うので、現金で40億円持っていると書いてあるんで、今の説明ではあまり納得できないんですけれども、前にも聞いたからこの問題はいいとして、最初の問題だけあと答えてくれればよしとします。



◎瀬能尾幸広経営企画課主査 先ほどの資本的支出の中に職員人件費が計上されているのはなぜかという御質問の答えなんですが、ちょっと会社の経理のほうは不勉強で大変申しわけないんですけれども、我々が考えている人件費につきましては資本の中で建設事業を行っています。それに対して職員はどのくらい従事しているのか、それを事務費として考えておりますので、それも合わせて資本形成されるという考え方で資本的支出の中にも、我々は職員人件費を計上しているような考え方でやっております。



◆横田誠三委員 その説明でわかりました。一般の事務の人もいるけれども、それは除いてこの建設事業に携わっていた人たちの人件費も含めて建設コストが幾らかかったということで、資本的支出で計上しているということですね。



◆遠藤淳委員 西八千代の区画整理事業内の水道管5,082メートルというのは、県道の既設から分岐する部分とループ状に直接西八千代の事業地区内に入れる管の合計のメートル数でしょうか。



◎迫秀信建設課長 5,082メートルについては、地区内の配水管布設延長と睦浄水場から西八千代地区までもってくる、約3キロあるんですけれども、その一部を合わせて5,082メートルの距離になります。5,082メートルが全距離で地区内については4,182メートルあるんですね。再度言いますけれども、送水管が900メートルですね。合計で5,082メートルになります。



◆遠藤淳委員 例えば、地区内に当然今、県道の既設の管があって、地区内にループ状で渡しますよね。例えば新規の管が当初予定よりも若干容量を大きくしたいと、例えば400ミリを500ミリとかにした場合、そのふやした分というのは、こちらのほうの負担という形になるんでしょうか。



◎迫秀信建設課長 今の御質問の既設の今の現道に既設の管は入っております。今回の西八千代北部に関して、人口が約1万4,000人ですか、人口が張りつくということで、今の既設の管では到底容量的にはもちません。今回県道に布設する送水管については、西八千代北部の1万4,000人に対して、水を供給する専用管という形で大体計画しております。



◆遠藤淳委員 断水に備えて、当然今の既設の管と直接地区内にループ状で本管を入れるわけでしょう。そのとき例えば当初地区内のあれは400ミリの管でいいよというところを、全体のことを考えて例えば500ミリの管にする場合、その100分は市の持ち出しという形になるんですかということです。



◎村山拓男上下水道局長 遠藤委員の御質問は、例えば北部に必要な管が400ミリだと。だけれども行政としてそこのところを500ミリの管を入れたければ、その100分はどうするんですかという御質問というふうなとらえ方でよろしゅうございましょうか。

 今建設課長がお答えをしましたけれど、一応地区外のところで持ってくる500ミリについてはそういうふうなことではなくて、北部の中の供給量に対する管ということでございますので、その部分については公団に負担をしていただくと。ただもし、そういうふうな場所が出てきた場合には、あそこの区画整理に負担させるにはいかないわけでしょうから、そういうときについては市との案分が出てくるんだろうと、こういうふうに思います。ただ、今回の5,082メートルですか、その中についてはその案分はないですね。今回の中にはそういう管はないというふうなことでございます。



◆遠藤淳委員 あとは、今回睦浄水場改良で12億円ついていますが、この中で今まで市が老朽化のために必要なものと西八千代に給水するための区分けというんですか、例えばポンプの増設とか、そこら辺はどのように区分けしているんでしょうか。



◎青木秀仁維持管理課主幹 お答えいたします。負担の割合のほうですが、西八千代のほうに関係する配水ポンプや送水ポンプなど、その当該地域への配水するための設備であれば、その台数に応じて負担額を決めております。あと配水ポンプ盤などの用途が明確になっている盤などにつきましても、この面数に応じて負担をしていただくようになっております。それと建物や、電気的に共有する部分につきましては区分ができないところから、給水量の割合に応じて負担をしていただくということになっております。



◆遠藤淳委員 あと、この平成21年度のどこからどういうふうに布設をしていくかという、そういった具体的な箇所というのは出ているんでしょうか。



◎迫秀信建設課長 まず、浄水場からの送水管については県道部分でかなり規制ですか、舗装したところは3年間とれませんよという県の規制がありますので、今現在考えているのが、浄水場から出た県道部分のところで約900メートルですね。地区内についてはまず、平成22年の4月ですか、学校が開校ということで、それに合わせた地区について配水管を布設する計画で、今現在計画しております。



◆遠藤淳委員 あと、水道料金なんですけれども、例えば引っ越しなどをした場合に、たしか半月ごとの単位で料金取っていたと思うんです、日割りじゃなくて。そこら辺、日割りで料金を取るという形に私は変えるべきだと思うんですが、そこら辺はどうでしょうか。



◎竹内賢和給排水相談課長 今半月ごとに区分をして徴収しているわけですけれども、日割りにするということは今時点で考えておりませんので。



◆塚本路明委員 実は僕は、あまり見方、なれていないもので、一言ね。

 流動資産の中の未収金、予算書の33ページと36ページで、来年度と今年度のとのが出ているんですけれどもこれについての内容を少々教えていただきたい。



◎瀬能尾幸広経営企画課主査 水道事業会計の流動資産の未収金の内訳という御質問だと……。

 貸借対照表上に載っているものは、基本的に水道料金の約1カ月分相当になります。3月末調定に回ったものが、その月にすぐ入りませんので、どうしても翌月に回ってしまうというものがありますので、それを見込んでその中に計上しております。



◆塚本路明委員 先ほど説明の中に横田委員の説明に有価証券、これ3億円入れて150万円という利息についての説明があったんだけれども、本年度分では3億円計上してないでしょう。来年度から3億円のせるんじゃないんですか。



◎村山拓男上下水道局長 平成21年度に3億円を有価証券にしたいという。



◆塚本路明委員 来年度ですね。



◎村山拓男上下水道局長 平成21年度です。



◆塚本路明委員 そうですよね。だからさっきの説明だと3億円も流動資産、これ有価証券を投資して150万円の利益が出たような雰囲気で−−ああ、いいのか。来年度150万円を見込んでいるということ。



◎村山拓男上下水道局長 予算でございますので、来年度を見込んでいるということです。



◆塚本路明委員 わかりました。ことし3億円、現金の中の3億円を、有価証券に3億円入れて150万円をもうけようという話、考えているということですね。



◎村山拓男上下水道局長 そのとおりでございます。



◆江端芙美江委員 端的に伺います。配水管の布設事業ですが、水道の普及率が98.9%と伺っております。未給水地域とあと平成21年度に解消される地域がどこなのか教えていただきたいと思います。



◎迫秀信建設課長 平成21年度の更新地区については、今現在米本地区の一部、それと保品、神野地区の一部、それと先ほども言いましたように西八千代北部の区域を予定しております。



◆江端芙美江委員 そこが完成すれば100%になるんですか。



◎迫秀信建設課長 今のお話のようにそこを整備すれば100%ということじゃないんで、1年にやる距離というのが1,200メートルぐらいを予定しておりますんで、まだかかると思います。



◆江端芙美江委員 わかりました。それと先ほどの石綿セメント管の更新事業なんですが。この事業が完了するのはいつですか。



◎迫秀信建設課長 今、国のほうからも石綿管が多い市町村ですか、都道府県も含めて多いんで早急に改良しなさいということで、新聞等でもありますんで、一応上下水道局のほうでは今後10年間ぐらいで更新を完了したいということで計画はしております。



◆江端芙美江委員 10年間というといつまででしょうかね。



◎迫秀信建設課長 一応計画だと、平成29年度までには終わらせたいという計画は持っております。



◆江端芙美江委員 長い期間をかけての更新になるかと思うんですが、健康の面からですとか、ここに書いてありますように災害に強いという面から見ましても、できる限り早く完了させていただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



◆嵐芳隆委員 幾つか。まず最初に先ほどの説明書の33ページ、バランスシートでちょっと私も知りたいので確認をもう一回させてもらいたいんですけれども、現金預金で41億円って、現金預金と書いてあって、それで900万円の預金利息と。これ5ページですね。金利が安いんじゃないかという、さっきの質問にありましたけれども、これはペイオフとか、そういうのを見込んで安い金利のところに預けているのか、そういうことを一応確認したいんですけれども。



◎村山拓男上下水道局長 やはり私ども公のところが運用する金でございますので、やはり相当かたいところしか運用はできないわけですよね。預金するんですけれども、有価証券を買うといっても、国債だとかそういうふうなことで一般社会の方々から見たら、もう少し運用はあるんじゃなかろうかというふうに思われるかもしれませんけれども、ある程度のそういう中で運用していっていると。私も最大限の努力をしているんじゃなかろうかと思っていますので、よろしくお願いいたします。



◆嵐芳隆委員 わかりました。かたいところということと、もう1つが水道メーターの交換する期間、スパンというんですか、これはどれくらいを予定しているのか。



◎竹内賢和給排水相談課長 計量法で示されておりまして、8年ごとに交換しております。



◆嵐芳隆委員 最後にもう1つ、節水コマのお知らせとかはどのようにしているのかということでお知らせください。



◎竹内賢和給排水相談課長 節水コマにつきましては、水道で催していますイベントのときとか、窓口にお客さまが来られたときなどに、お渡しするようにしてございます。



◆塚本路明委員 もう一回、教えてください。

 毎年度純利益が出ているように見えるんですね。貸借対照表ですけれども。前年度現金預金45億円で1億1,000万円純利が出ていますね。現金預金が45億円から41億円になっている。4億円差があるんですね。それで3億円回していますよね。1億円純利があるのに3億円しか使っていなくて、4億円減収になっているというのは、そこはちょっとどういうふうになっているのかわからないんで。



◎村山拓男上下水道局長 利益がすべてそっちのほうに回るということじゃなくて、私どものほうはそういうふうな留保資金、こういうふうなものを資本費のほうに回して使っているわけでございます。私のほうの足らない金については企業債を借りてくるか、それから前年度まであった留保資金をその資本費の中に充てていくわけございます。それで私どものほう、さっきの企業債が昨年度より減っていますよというお話をさせていただいているかもわかりません。事業が多くなれば企業債は必然的にはふえるわけです。だけれども、そういうふうなもの前年度までたまっていた金を、企業債を借りるのを少しでも少なくして、今企業債のほうは金利が高いわけですね、預けておくよりも。そうすれば内部の留保資金を使ったほうが有利になるというふうなことをやっています。結局利益が出たから、それがそのまま次の年度に、前年度のものが足されていくというふうなことではないんじゃなかろうかと思っています。



◆塚本路明委員 純利が今年度1億1,000万円出て、来年度も1億3,000万円を見込んでいるわけですよ、純利で。本来ならすごいなと思っただけで。そういうことです。すみません。



◆皆川知子委員 お尋ねします。日本では一番最初に水道管を地下に埋設したのは横浜と聞いていますが、こちらはいつの時代に埋設したでしょうか。



◎迫秀信建設課長 昭和42年であります。



○坂本安委員長 発言の途中ですが、会派新風は持ち時間を使い切りましたので質疑を簡潔にして終了してください。



◆皆川知子委員 要望いたします。横浜では水道管をリニューアルするに、コストが安く、期間が早く、そういった工法を行っているということがありますので、こちらでも活用していただければということで御検討いただきたいと思います。要望いたします。

 以上です。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で議案第7号に対する質疑を終わります。

 次に、議案第8号 平成21年度八千代市公共下水道事業会計予算を議題とします。

 執行部の説明を求めます。



◎村山拓男上下水道局長 座らせて御説明をさせていただきます。

 よろしくお願いいたします。

 議案第8号 平成21年度八千代市公共下水道事業会計予算について御説明いたします。

 予算編成に当たりましては汚水排水の整備、雨水排水の整備、維持管理の充実にかかわる諸施策に取り組み、事務費事業においては一層の省エネ、省コストに取り組み、契約の見直しや仕様の見直しを行うなど、改善を図るよう努めたところであります。

 予算書の39ページをお開き願います。

 第1条、平成21年度八千代市公共下水道事業会計の予算は、次に定めるところによる。

 第2条の業務の予定量といたしましては、処理区域内人口は17万8,485人で対前年度比1.1%増を見込み、水洗化人口は17万4,366人を、年間総処理水量は2,158万4,838立方メートルで1日平均処理量は5万9,137立方メートルで年間有収水量は1,740万9,864立方メートルを見込んでおります。

 次に、主要な建設改良事業の内容といたしましては、汚水管渠整備事業、雨水管渠整備事業、西八千代北部特定土地区画整理公共下水道整備事業を予定しております。

 次に、第3条、収益的収入及び支出の予定額について説明申し上げます。

 収入において、第1款下水道事業収益において28億6,267万1,000円を予定しております。主な内容は、第1項営業収益は主に下水道使用料収入で27億2,150万7,000円を予定し、第2項営業外収益は主に一般会計からの負担金で1億4,116万4,000円を予定しております。

 次に、支出といたしましては、第1款下水道事業費用で28億2,747万3,000円を予定しております。主な内容は第1項営業費用は23億4,401万8,000円で主に流域下水道維持管理費及び減価償却費を計上しております。次に、第2項営業外費用は主に企業債利息で、4億8,039万8,000円を見込んでおります。第3項は特別損失で5万7,000円を見込んでおります。第4項は予備費で300万円を計上いたしております。

 40ページをお開き願います。

 次に、第4条、資本的収入及び支出の予定額について申し上げます。

 収入につきましては、第1款資本的収入は17億4,191万4,000円で、主な内容は第1項企業債は第5条で定めております公共下水道建設事業で8億5,390万円の借り入れを計上し、第2項出資金は一般会計からの基準内繰り入れで1億1,261万9,000円を、第3項補助金は西八千代北部特定土地区画整理事業などに伴う国庫補助金で7億2,398万5,000円を、第4項負担金は主に共同事業負担金で5,010万6,000円を、第5項長期貸付金返済収入は水洗便所改造資金貸付金元金収入で117万7,000円を、第6項固定資産売却代金は12万6,000円を計上いたしております。また第7項その他資本的収入は財務計上でございます。

 次に、支出でありますが、第1款資本的支出においては26億9,794万7,000円で、主な内容は、第1項建設改良費は汚水管渠整備事業、雨水管渠整備事業及び西八千代北部特定土地区画整理事業地内公共下水道整備事業で17億5,157万7,000円を計上し、第2項企業債償還金は9億4,517万円を、第3項投資は水洗便所改造資金貸付金で120万円を計上しております。

 40ページ上段、括弧書きに戻りまして、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額9億5,603万3,000円は、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額3,519万8,000円、過年度分損益勘定留保資金8,028万9,000円及び当年度分損益勘定留保資金8億4,054万6,000円で補てんするものであります。

 次に、第5条、企業債におきましては、先ほど説明いたしました公共下水道建設事業について起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法について定めようとするものでございます。

 次に、第6条、一時借入金につきましては一時借入金の限度額を5億円と定めようとするものであります。

 次に、第7条、予定支出の各項の経費の金額の流用につきましては、消費税及び地方消費税に不足が生じた場合における営業費用及び営業外費用の間の流用することができると定めたものであります。

 次に、41ページをお願いいたします。

 第8条、議会の議決を経なければ流用することのできない経費は職員給与費で経費の性質から流用の制限を行おうとするものであります。

 平成21年2月25日提出、八千代市長、豊田俊郎。

 44ページからの平成21年度八千代市公共下水道事業会計予算実施計画から73ページの平成20年度八千代市公共下水道事業会計予定貸借対照表までにつきましては記載のとおりでございます。

 また、予算に関する説明書附属資料は収益的支出及び資本的支出を事業別に作成してございます。参考としてお使いいただければと思います。

 以上、御説明を終わらせていただきます。御審議のほどよろしくお願いします。



○坂本安委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆菊田多佳子委員 それでは質問させていただきます。

 説明書の59ページ、水洗便所改造資金貸付金のことについてお尋ねいたします。

 まずこの金額の積算根拠をちょっと教えていただきたいんですが。



◎竹内賢和給排水相談課長 貸付資金として120万円計上しておりますけれども、これは過年度の実績から計上いたしまして、4人分、1件の貸し付けが30万円を限度としておりますので、4人分ということで120万円を過年度の貸し付けの実績から計上しております。



◆菊田多佳子委員 平成21年度に水洗化する計画の、何件ぐらいというかそこら辺のところはおわかりになりますでしょうか。



◎竹内賢和給排水相談課長 未接続の件数ということでお答えさせていただきたいと思います。

 平成20年3月末の現在で1,298件の未接続がありました。この1年の間に大和田地区で12件、上高野地区で10件、吉橋地区で16件、新たに3年間が経過しまして未接続の対象となっております。またこの1年間で57件が接続いただきまして、54件が取り壊し等で未接続の対象から外れております。この足し算、引き算によりまして、1月末現在で1,225棟の未接続が存在しております。



◆菊田多佳子委員 今の数は了解したんですけれども、なかなかまだ水洗化していないエリアというのがあると思うんですが、そこら辺のところの、これからの今後の普及とか、啓発としては所管の課としてどのようにお考えになっていらっしゃいますでしょうか。



◎竹内賢和給排水相談課長 平成21年度は大和田新田地区、高津地区、高津東地区に戸別訪問いたしまして、面談して接続をお願いすることになっております。また萱田地区、萱田町、米本地区につきましては早期着工の文書を配布いたしまして接続のほうを推進していきたいと考えております。



◆菊田多佳子委員 細かいことで恐縮ですけれども、先ほど戸別訪問をして水洗化を図る活動をなさっているんですが、それは職員の方ですね。



◎竹内賢和給排水相談課長 給排水相談課の職員と再任用職員を使いまして、2人ペアで回るようにしております。



◆菊田多佳子委員 回られたその結果として、水洗化の話をしたときに、金銭的に30万円に限られることはわかるんですが、そこら辺の折り合いがつかないこととか、今不景気なんですが、そこら辺のところは何か課題とかございますでしょうか。



◎竹内賢和給排水相談課長 実際回って面談して話すことによりますと、なかなか金銭的な問題のほかに建物が老朽化しているとか、建てかえる予定はあるんですけれども、貸し家とかアパートで借家人がなかなか退去していただけないとか、そういうさまざまな理由がありまして、なかなか水洗化が進まないのが現状であります。



◆遠藤淳委員 僕も長年要望しているんですが、下水道料金の1立方メートル単位の料金というのは新年度は考えているのかどうか。やはり審議会にかけて素案を出していただきたいと思うんですが、いかかでしょうか。



◎竹内賢和給排水相談課長 確かに高齢化が進みまして、使用料修正も配慮ということが必要だということで検討を進めてまいりました。1トンからの従量制ということで試算しますと概算で3,500万円ほどの減収になります。平成21年度の料金収入の現状からいいますと、この減収をどこで補てんするかというのが難しい課題になっております。簡単には従量制に移れないのが現状であります。



◆遠藤淳委員 船橋もやはり企業努力で負担なしで、全額、市のほうが持ってやっていますので、これやはり平成21年度に早急に検討していただきたいと。さらなる企業努力を強く要望いたします。

 今回の西八千代の整備事業で汚水・雨水がありますが、このうち補助と市のほうが持ち出しの分の割合はどういうふうな形になるんでしょうか。



◎迫秀信建設課長 西八千代北部についての事業費の負担割合ですけれども、西八千代については新市街地開発事業関連公共下水道の大都市法ですか、その関係の割合で、都市再生機構が36%八千代市が64%ですね。それとその中に既存の宅地から流れてくる汚水・雨水ですか、そういうのもありますので、そういうものについてはそこの市町村が全額負担ということで計上しています。それでその中で市の負担分として先ほどの64%の2分の1と、市が既成市街地分を100%出す分の2分の1が国のほうから補助金をもらうという形で負担割合を決めています。



◆遠藤淳委員 新年度の布設の具体的な箇所というのはあるんでしょうか。もうすでに始めているところというのは。



◎迫秀信建設課長 平成21年度については予定箇所は、先ほどの水道と同じような形で平成22年4月の学校の開校ですか、それを開校するということでそれに影響がないような地区を計画しております。



◆遠藤淳委員 例えばもうすでに、ある程度進めているというところは、まだない。これからということですか。地区内に関して。



◎迫秀信建設課長 平成20年度も一部下水の工事は着工はしております。



◆遠藤淳委員 平成20年度、行っているところというのは場所的にどの辺なんですか、北側だと思うんですけれども。



◎迫秀信建設課長 平成20年度の地区は先ほども言いましたように、学校の近辺ですか、学校が建つ、そこの主なところがSE工区という区画整理の中で、都市再生機構の造成区域を決めていますので。そういうところを平成20年度は整備しております。



◆横田誠三委員 先ほども40ページの説明で資本的収入が支出で足りない部分を当年度分損益勘定留保金で8億4,000万円という御説明があったと思うんですが、この当年度分の損益勘定というのは、私が思っているのは減価償却費で出てくる資金をここに充てるというふうに考えているんですが、それでよろしいんでしょうか。



◎村山拓男上下水道局長 そのとおりでございます。



◆横田誠三委員 それで充当して、もし余ったら翌年度に繰越金みたいな形で、また少し使えるということで、それが前年度にもあって過年度分ということで使われているということでよろしいですか。



◎村山拓男上下水道局長 そのとおりでございます。



◆横田誠三委員 わかりました。先ほど上水道のほうは40億円も余っていて、どうするんだと言っていたんですけれども、下水道のほうは逆に120億円の企業債というか借金を背負っているというのは問題なんですけれども、今年度から公営企業会計に移って会計の透明性とかは当たり前なんですけれども、120億円の借金を背負っていて下水道料金は、これから上げるのかどうかよくわかりませんけれども、今後の見通しというんですか、単純に言って下水道料金収入と下水道にかかわる費用ですか、その辺の今後の見通しがある程度どうなっているのか、120億円の借金も含めて、これずっと返せないと、毎年度3億円、4億円近い起債というか、利息も含めて返していかなきゃいけないんで、キャッシュフロー上、結構大変だと思うんで、安易に値上げするという結論じゃもちろんいけないんですけれども、公営企業会計に移って下水道事業のバランスというんですか、損益勘定はどういうふうに見ているのかちょっと説明してもらえばと思いますけれども。



◎村山拓男上下水道局長 確かにおっしゃるとおり私ども下水道企業会計に移行してお金を持っているわけじゃございませんけれども、私ども考えておりますのは企業債を毎年度返していくわけでございますけれども、私どものほうが今、雨水については市のほうから、企業債の部分でも雨水の部分は減価償却費等でいただいている。汚水のほうについては基本的には料金収入でやっております。

 ただこの中で今八千代市は大体資本回収率といったらいいんでしょうか、かかった経費を料金でどのくらい引き受けられるかということで言いますと、指数的には県下でも悪いほうじゃないのかなと。大体1はいっていると。ただ先ほども言っていますように、使用料が減ってきたり何かしている時代でございます。なるべくそういうふうなものについては、私ども、内部の努力によって抑えていきたいと思うんですが、今のところぎりぎりといったらいいんでしょうか、ちょっとあれすると非常につらいところがあるんですが、今年度あたりもきっと1いけるんじゃなかろうかなと思っております。ちょっとお答えになるかどうかわかりませんけれども。



◆横田誠三委員 公営企業会計に移ったからといって、インフラ整備ですから、これでもうけろと言っているつもりもありませんし、ただしこの事業運営がうまくいかなくて、借金が減っていかない限り金利で相当、ある意味じゃ、借りているところに金利として払っていかなきゃいけない金額が120億円と大きいので、やはり早めに返せるような努力はしていかなきゃいけないんですが、これがまた値上げにつながっちゃ、なかなかいけない話なんで、難しいところではありますけれども、いろいろ今後努力していただいて、これは非常にもうけ過ぎたら当然逆に下水道料金を下げろとかいう話にもなるんで、なかなか難しい話ではあるんですけれども、収入を上げるのと費用はなるべく削減して、一刻も早くいい会計にしてもらいたいと思います。これは要望です。

 以上です。



◆遠藤淳委員 先ほどのがよくわからないんですけれども。学校は当然22年4月開校ですから、それに合わせてというのはわかるんですが、実際、普通は下流から進めていくわけでしょう、下水というのは。どこら辺からという形なんでしょうか。



◎迫秀信建設課長 申しわけない。先ほどちょっと説明不足だったんで、現在は学校の地区の周りをやっています。平成21年度で今委員おっしゃるように下流が、地区内の整備と地区外で上下水道局のほうで整備する区間がありますので、それを整備する予定であります。



◆遠藤淳委員 そうすると、この下水道についても人口1万4,000人に対応したという形で取り組んでいくという形になるんでしょうか。



◎迫秀信建設課長 そのとおりであります。



◆菊田多佳子委員 附属資料の22ページにあります雨水管渠整備事業2億6,044万円が計上されております。まずここの雨水管渠整備事業なんですが、2億6,044万円の場所というんですか、場所と予定を教えてください。



◎迫秀信建設課長 雨水の整備箇所については、村上地区と今現在やっています、平成20年度で整備しました新木戸地区ですか、それと八千代台の南地区、そういうところを予定しております。



◆菊田多佳子委員 それでは、汚水管渠整備事業、これにも1億2,000万円が計上されておりますが、これはどこなんでしょうか。



◎迫秀信建設課長 汚水については、先ほど言いました西八千代の区域外の一部と、今現在整備しております八千代の工業団地の北側ですか、萱田第3循環線の続きの分ですね、その一部と大和田区画整理地区の中の一部、それと村上の一部でまだ未整備のところがありますので、そういうところを予定しております。



◆菊田多佳子委員 先ほどの雨水管渠整備事業の中で委託料とありますが、これはどこの委託のあれでしょうか。



◎迫秀信建設課長 この委託料につきましては、平成20年度に工事、新木戸ですか、そういうところで推進工事をやったところの家屋調査の事後調査ですか、そういうものと、今回平成21年度でやります推進とか、そういうところでやる家屋の事前調査ですか、そういうものが含まれています。



◆菊田多佳子委員 最後の質問になりますけれども、18ページの中にあります、職員福利厚生費の厚生費59万3,000円が計上されておりますよね。これの内容を教えてください。



◎瀬能尾幸広経営企画課主査 こちらの職員福利厚生費の積算の内訳ということなんですが、まず千葉県の市町村職員互助会負担金がまず1点、八千代市の職員互助会への補助金、次には職員の定期健康診断の診断料ですね。あとその他局内の職員でちょっとけがしたときとかの常備薬品を購入しております。

 以上です。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で議案第8号に対する質疑を終わります。

 以上で本特別委員会に付託されました議案の質疑はすべて終了いたしました。

 討論、採決に当たり、休憩をいたします。

 3時に再開いたします。大変に御苦労さまでございました。

               午後2時36分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後3時15分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 討論、採決を行います。

 まず、議案第1号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆植田進委員 それでは、討論を行いたいと思います。

 この予算をつくる段階というのは多分去年の9月の時点での平成19年度決算を踏まえて、そしてその後の予算の枠組みをつくられたと思うんですが、そのつくられる過程で、御存じのようにアメリカ発の金融危機というのがあって、当然その影響が、当初は麻生内閣も、ファンダメンタルズがきちっとしているから余り日本にはそんな心配はないよと言いながら、だんだんやはりそうじゃないよということで、特にトヨタだとかキヤノンが首切りが始まって、これは相当深刻じゃないかというふうな過程の中で、八千代市も当然その辺を踏まえた予算編成をしていくということになったというふうに思います。

 しかし、そういう国の経済の動向がかなり地方自治体にも影響を与えてきたと思いますし、特に深刻な影響を与えてきたと言われるのは派遣切りなどに伴う非正規労働者の首切りの問題など、それから中小企業への貸し渋りの問題など、そういう問題が背景にありながら、八千代市としては平成21年度予算を組み立ててきたと。組み立てるに当たって、特に強調されているのは「基本方針2006」に基づいて、まず財政再建を最優先の課題としながら云々と述べて、枠配分方式を継続したいと、こういうことで取り組まれたというふうに思います。

 しかしこの方向は、財政再建を最優先の課題とするのかどうかというのは、今国でもかなり揺れた動向になってきているわけですし、特にその中で社会保障費など、増加する行政需要についてはどうするんだということで、この間、外注化だとか民間委託などというのはどんどん進められてきたというふうな状況の中にあると思います。今度の予算編成というのは、その中で今までのようないわゆる財政再建路線を堅持するのか、それともそこから転換を図るのかという、こういう瀬戸際だったと思うんです。

 ところが今回の予算編成は国の動向の「基本方針2006」を踏襲するということですから、財政再建路線のままに進んでいるという感じを私は受けるわけです。そういう中で国民に医療、介護、教育、生活保護など負担がふえる中で、一方ではセーフティーネットの機能が大きく低下していると。

 こういう状況にあると思います。そういう中で今回の予算について、まず最初に市民の根強い要求のもとで予算化されたということについては幾つか評価できるものはあります。端的に言って、小学校の耐震補強工事で8億4,400万円を計上したことや、国が妊産婦健診の無料化については14回まで拡充して、これも当然八千代市でもやられるということ。それから城橋の歩道橋の建設に市長は英断を持ったかどうかわかりませんが、見通しをつけるということで、そういうふうな方向性も打ち出されたということ。あるいは介護保険では基金を取り崩して保険料の引き下げを図ったということなど、こういうことについては評価をするものであります。

 しかしその一方で、現状でも給食費が払えない事態があるのに、1食当たり小学校では35円、中学校でも42円を引き上げて、この結果保護者負担は年間でも大ざっぱに言って6,000円から8,000円近い負担増になっております。

 それから100年に1度の大不況と言われる中で、雇用と中小商工業者の営業を守るためにも地方自治体としてのスピードが、支援策が求められているのに、近隣市では小規模公共工事、例えば船橋でも、習志野でも1,800万円程度の予備費を使ってやるとか、新年度でもさらに1億円を積み増しして小規模公共工事をやるとか、あるいは臨時職員を雇用するという、そういう対策も打ち出されています。それにもかかわらず八千代市では枠配分という問題と他市の動向を見てからということで、そういういいものはもっと私は積極的にやるべきだと思うんですが、八千代市では残念ながらそういう他市に先駆けた対応が見られなかったということ。

 それから、まちづくりの問題では銀行の貸し渋りなども影響して、不動産関連の企業の倒産が八千代市内でも相次いでおりますし、その結果マンション建設がストップしてきているという事例が生まれています。にもかかわらず西八千代北部開発には新たな見直しをするべきではないかという日本共産党の指摘に対しても、これには全くこたえず、このまま140ヘクタールの開発を進めるということであります。これは今のような経済状況の中で事業の失敗は避けられないし、平成26年3月末には工事完了しなければ、その後都市再生機構は撤退をするという状況ですから、今でも100億円もの市民の税金が投入される。それにプラスして、もし撤退した後のツケが市民に押しつけられることになるのではないかなと。

 それから、PFI事業として進められた総合生涯学習プラザの使用料収入についても光熱水費など、これに充てるとして多分積算されたと思うんですが、当初予定していた使用料よりも2,000万円も圧縮せざるを得ない、まさに事業計画の見通しの甘さを露呈しているのではないかなと。それから枠配分の中で公立図書館の図書購入費が昨年よりも数百万円も当初予算では削減されているということ、財政力からいえば県内では上から7番目から8番目と言われているのに、1人当たりの図書購入費は千葉県の平均という水準であるということ、市民の強い要望である市民プールの復活の要望も閉ざされたままであるということ、それから特別会計では後期高齢者医療制度については、うば捨て山に送るのかという批判の中で国は一定の見直しをしました。しかしそれでも矛盾が解決するものではなく、廃止する以外にはないということで後期高齢者医療制度の特別会計及び国保会計では、これだけ市民の生活苦の中で1世帯当たり1万円の引き下げを求めているのでありますが、それについてもこたえようとはしていないということなど、こういう意味で日本共産党は最終日には緊急の課題については予算の組み替えも提案しながら、この本予算については、反対の立場を表明して討論とさせていただきます。

 以上です。



◆茂呂剛委員 私は平成21年度八千代市一般会計予算について、4日間に及ぶ審査内容に基づき、賛成の立場で討論いたします。

 平成21年度当初予算は昨年から続く世界的な不景気を背景に全国的にも財源確保面で非常に困難を来した中、編成を強いられたものと認識しております。市長の施政方針にもありましたが、平成21年度計画的な市政の経営を行っていくための、次期総合計画に向けた市運営の礎をつくっていく年として位置づけ、法令の遵守はもとより、徹底した情報公開と市民参加型行政の充実を図りながら、市民にとって真に必要な行政サービスを提供するために事業の必要性や緊急性の精査、事業の集中・再編や廃止などによる再構築を行いながら、財政基盤の自立に向け財政の健全化を推し進めることを優先課題として編成されたものでありました。予算規模は市税を初めとした自主財源を減収見込みとしながらも本市の取り組むべき課題を基本として積極的に国からの各種交付金等を見込むことに加え、財政調整基金や臨時財政対策債の活用により1.5%増になったところです。

 編成の方法としてはこれまで以上に厳しい財政状況のもと、八千代総合医療センター及び東葉高速鉄道への財政支援という特殊要因を抱えながらも基本的行政サービス経費を確保するために予算配分の重点化・効率化を図ることを目的とした枠配分方式を継続し、事務事業評価の結果を参考としながら、各事業担当局の自主選択、自主決定に基づいて対応したものでした。これにより子育て環境整備で児童手当や子ども医療費助成事業など、継続施策のほか、生活環境の保全では最終処分場恒久対策、谷津・里山保全計画策定事業の継続実施ほか、馬込第2斎場整備にかかわる経費を計上、さらにまちづくり交付金制度の活用により、都市環境の再生関連経費を計上に加え、安全・安心施策では安全・安心な学校づくり交付金制度の活用により、義務教育施設の耐震対策経費を大幅に増額計上するなど、市民生活に直結した施策に配慮しながら、財源の公平かつ効果的な活用に留意した予算編成に努め、市民サービスの充実に向けた執行部の努力の跡をうかがうことができました。

 今後も厳しい財政状況が予想されることから、景気対策等も視野に入れ、引き続き財政の健全化に向けた取り組みを徹底し、行政の経営基盤の強化を図るとともに、市内の農業、工業、こちらにも目を向けた執行部の一層の努力を期待いたしまして、賛成討論とさせていただきます。



○坂本安委員長 他に討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第1号 平成21年度八千代市一般会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第1号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第2号について討論を行います。

 討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第2号 平成21年度八千代市国民健康保険事業特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

 議案第3号について討論を行います。

 討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第3号 平成21年度八千代市老人保健特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第4号について討論を行います。

 討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第4号 平成21年度八千代市介護保険事業特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

 議案第5号について討論を行います。

 討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第5号 平成21年度八千代市墓地事業特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第6号について討論を行います。

 討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第6号 平成21年度八千代市後期高齢者医療特別会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第7号について討論を行います。

 討論ありませんか。



◆遠藤淳委員 議案第7号 平成21年度八千代市水道事業会計予算について、上下水道局の日ごろの努力というものは私は認めておりますが、今回、未給水区域及び安定給水を確保するための整備ということで、見通しが不透明な西八千代北部特定土地区画整理事業内の配水管の布設等で4億7,700万円を計上、また区画整理事業内への給水施設整備などで睦浄水場施設改良事業として12億4,500万円ほど計上しております。この中で区画整理事業にかかわる費用については施行者負担で行い、市にかかわる整備部分については上下水道局の負担で行うということでありますが、線引きが不透明なところがあります。

 また区画整理事業の進捗によっては無駄な投資になりかねない、こういった問題点があります。また、麻生内閣のもとで2011年からの消費税の引き上げも、これも検討している中で、消費税が引き上げられますと、新たな市民負担増にもつながります。日本共産党は国の問題ではありますが、生計費非課税、こういった立場をとっております。

 この点から私は反対といたします。



◆秋葉就一委員 議案第7号 平成21年度八千代市水道事業会計予算に対して、多々執行部側の努力は評価しておりますが、幾つかの点で納得できない部分がありますので、反対討論をさせていただきます。

 先ほどの質疑の過程で現金預金が41億円余りあるのに対して、利息が約900万円という形で、また会計管理費にもシステム開発を除いても300万円程度かかっているということで、差し引き600万円程度しか運用ができていないような感じであるわけですが、新年度からは有価証券の取得というのも努力していただけるということではありますが、先ほどの900万円は利息に換算すると0.2%強ということで、幾ら低金利とはいえ、もう少し努力はできるのではないかというのが一つ言えると思います。

 またペットボトルで八千代市のおいしい水を広めていくという努力も評価はできるんですけれども、それをもっと積極的に収支をきちんと明確にした上で、場合によってはそれをもっと宣伝して、売り上げにつなげていくというような将来的なビジョンというものをうかがうことができなかったということは、一つ極めて残念なことであります。

 また、一部の委員から基本料金の現在の八千代市水道事業給水条例の27条では、15日以内は1日であっても月額の2分の1と、15日を超えると30日までは1カ月分の満額という形で15日単位の切り上げ方式になっているわけですが、これが果たして今多くの公共料金、電話会社などが基本料金日割りで精算している状況の中で、果たして市民に納得をいただけるような料金システムになっているのかという質問に対して、全く考えておりませんという答弁でした。それは市民の立場に立った市政とは私はやはり言えないと思いますので条例の見直しも含めた要望をさせていただいた上で、原案に対する反対討論とさせていただきます。



○坂本安委員長 他に討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第7号 平成21年度八千代市水道事業会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第8号について討論を行います。



◆遠藤淳委員 議案第8号 平成21年度八千代市公共下水道事業会計予算において反対の立場で討論を行います。

 下水道事業においては、今世界的経済危機の中で節水に努めている市民が幾ら節水をしても10立方メートルまでは排除汚水基本料金、1カ月835円の料金がかかってしまうと。これについてはやはり1立方メートルの単位の料金に改定すべきだというふうに思います。残念ながら新年度予算にはこのことが全く反映されていない。船橋市ではこの1立方メートル単位に料金改定を行った際の不足分については、全額市のほうが負担をしているということを近隣市でも行っているわけですから、やはり八千代市でもこの点は本来とるべきことだというふうに思います。そのことを指摘をいたしまして、反対討論といたします。



◆秋葉就一委員 議案第8号 平成21年度八千代市公共下水道事業会計予算に対しまして、幾つか指摘して反対討論をさせていただきます。

 1点目は遠藤委員が言われたのと同じではあるんですが、下水道条例14条、基本料金が10立方メートルまでは固定の835円と。いろいろ御検討はされているようではありますが、いろいろなパターンを、例えば5立方メートルまでは今の半額で固定にして5立方メートルを超えたら従量制にするとか、中間的な幾つかの案が考えられると思うんですけれども、そのような案を検討された様子が見られなかったということは極めて残念なことであります。

 また単に予算を組んで執行して決算をしていただくという、それだけではなく財政健全化法が施行されているような状況にありますので、122億円の下水道事業債の、もう少し内訳をきちんと数字で、単に雨水分は一般会計で持っていただけますとか、汚水は受益者負担ですとかという漠然とした答弁だけではなく、数字を入れて我々委員に説明していただく、それが結果的に市民にも説明されていくということが私は最低限必要だったと思いますので、そういう説明責任という観点からも不十分なところがあったと言うことを指摘して、反対討論とさせていただきます。



○坂本安委員長 他に討論ありませんか。−−討論なしと認めます。

 以上で討論を終わります。

 これより採決を行います。

 議案第8号 平成21年度八千代市公共下水道事業会計予算について、原案に賛成の委員の挙手を求めます。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手多数であります。

 よって、議案第8号は原案のとおり可決されました。

 以上で、予算審査特別委員会に付託された議案の審査はすべて終了いたしました。

 市長から発言を求められておりますので、これを許します。



◎豊田俊郎市長 皆さん、御苦労さまでございました。

 平成21年度予算審査特別委員会の終了に際しまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 委員各位におかれましては、3月9日より4日間にわたりまして御審査いただき、ありがとうございました。ここに厚く御礼を申し上げます。

 なお、審査いただいた中での御指摘等の点につきましては、担当部局におきまして、それぞれ調査・研究をし、今後の市政運営に役立てていきたいと考えております。

 以上、簡単でございますが、お礼のあいさつとさせていただきます。

 大変どうも御苦労さまでございました。



○坂本安委員長 以上で市長の発言を終わります。

 委員の皆様には4日間にわたる慎重審議をいただきまして、まことにありがとうございました。

 なお、委員長報告につきましては、私に御一任願います。

 以上で、予算審査特別委員会を閉会いたします。

               午後3時42分閉会