議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 八千代市

平成21年  3月 予算審査特別委員会 03月11日−03号




平成21年  3月 予算審査特別委員会 − 03月11日−03号









平成21年  3月 予算審査特別委員会



               平成21年度

            予算審査特別委員会会議録

                  平成21年3月11日午前10時開会

                          2階第1・2会議室

 出席委員(15名)

    委員長   坂本 安   副委員長  塚本路明

    委員    秋葉就一   委員    嵐 芳隆

    委員    伊東幹雄   委員    植田 進

    委員    江野沢隆之  委員    江端芙美江

    委員    海老原高義  委員    遠藤 淳

    委員    菊田多佳子  委員    菅野文男

    委員    皆川知子   委員    茂呂 剛

    委員    横田誠三

 欠席委員(0名)

 出席事務局職員

   事務局長          三上博文

   議事課長          高橋次男

   議事課主査         山口 孝

   議事課主任主事       平田武樹

   議事課主事         高橋和也

   議事課主事         加澤信太郎

   庶務課主査補        石川 誠

 出席議事説明員

   副市長           竹之内正一

 消防本部

   消防長           武藤博明

   消防本部次長        篠田俊夫

   消防総務課長        桑田健一

   消防総務課長補佐      岩井精一

   予防課長          鵜澤公男

   警防課長          山崎春男

   指令課長          青木 茂

  中央消防署

   中央消防署長        常岡正良

   中央消防署八千代台分署長  征矢 隆

   中央消防署睦分署長     日原龍一郎

  東消防署

   東消防署長         斉藤 清

   東消防署勝田台分署長    染谷正博

 産業活力部

   産業活力部長        豊田和明

   産業活力部次長       酒井久男

   産業活力部参事       矢野克行

   産業政策課長        朝比奈昌明

   農政課長          立石 眞

   八千代ふるさとステーション館長

                 金子 実

   商工課長          齋藤清美

 農業委員会事務局

   農業委員会事務局長     我孫子常雄

   農業委員会事務局次長    立石梅夫

 都市整備部

   理事            加藤雄一

   都市整備部長        小杉富康

   都市整備部次長       鈴木孝行

   都市整備部技監       榊原隆夫

   都市整備部技監       百瀬登展

   都市整備部参事       綱島幹夫

   都市計画課長        藤代重幸

   建築指導課長        (百瀬技監事務取扱)

   都市整備課長        大河内義昭

   宅地開発指導室長      岩元光行

   大和田駅南地区

   土地区画整理事務所長    (大河内課長兼務)

   公園緑地課長        古木明良

   土木管理課長        高橋陽一

   土木建設課長        森田陽一

               午前10時00分開会



○坂本安委員長 ただいまの出席委員は15名であります。定足数に達しておりますので、これより予算審査特別委員会を開会いたします。

 これより会議を開きます。

 これより議事に入ります。

 昨日に引き続き、議案第1号 平成21年度八千代市一般会計予算を議題とします。

 消防本部所管事項について審査を行います。

 執行部の説明を求めます。

     〔武藤博明消防長説明〕



○坂本安委員長 以上で議案説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆植田進委員 当初予算の要望について、積算額がどの程度で、最終的な査定額が幾らだったのかを、ますお示ししていただきたいと思います。



◎武藤博明消防長 消防費につきましては、予算枠1億2,457万3,000円の枠がございました。その前に消防のほうで概算要求をいたしておりますが、ちょっとこの額を今把握しておりませんが、当然のことながらこの枠をはるかにオーバーした内容で財政のほうに概算要求をさせていただきました。そんな中で基本的には今回の予算の積算に当たりましては、やはり私どもの任務というのは市民の生命・財産を守るということですので、いわゆる救急業務におけます消耗品だとか、ふだん必要なそういうものを優先させていただきながら、消防の備品であります防火着だとか、そういったものを選定しまして、更新を迎えている消防車両等につきましては新年度予算の中では見送った経緯があります。そして基本的には予算枠の中に必要なものを優先させながら織り込んでいったと、このような経緯になっております。



◆植田進委員 今の数字が、積算額と最終査定額の数字がはっきりわからないので、もう一度後でお答えいただきたいんですが、要するに例えば、車両の問題で耐用年数と、耐用年数にかかわってそれが前倒しになるのか、標準どおりやられているのか、おくれているのか、ちょっとその辺の判断について、今回の補正予算で車両の買いかえがありましたけれども、当初予算ではどの程度反映されたかという、もう一度その辺を。



◎武藤博明消防長 先ほど額の説明、数字を把握していないということで大変失礼いたしました。当初が概算のほうが2億4,542万8,000円、枠配当のほうが1億2,457万3,000円でございます。大変失礼いたしました。

 それと消防車両につきましては、今御質問ありましたように当初の中では考慮いたしませんが、平成20年度の補正の中で、国の2次補正ということで消防車両等が地域活性化交付金というものの中で対象になるということでしたので、消防といたしましては新年度予算も考慮した中で、この補正の中で4台ほど措置をさせていただき、今議会のほうに追加議案の中で御提案をさせていただいております。したがいまして、更新車両等については予定どおりの、計画的な運営が図られているという状況にあります。



◆植田進委員 消防関係の全体の費用として、積算と査定の金額が幾らだったのかということをもう一回、2億というのはちょっと別な数字だと思いますので。



◎桑田健一消防総務課長 ただ今消防長が答えました中には人件費が含まれておりませんので、消防の純粋な消防予算でございますが。人件費を除いた額でございます。

 以上です。



◆植田進委員 人件費を除いた額でということで今の数字だという理解だとすると、主に事業として、当初積算したものと比べて、例えば50%以上削減されているものとか、そういうのがあるのかないのかということが、我々議会側としても市民の安全を守るということで、どうなっているのかということを知りたいので、その辺はどういうふうになっているかということを改めて。



◎桑田健一消防総務課長 50%以上削減されたという、それほど大きい削減等はございませんでした。



◆植田進委員 質問をちょっと変えます。

 火災警報器が法律により設置が義務になってきておりますが、これの今の設置状況、新設は100%やらざるを得ないと思いますが、その新設外の今の設置状況は、どの程度になっているかということは掌握されてますでしょうか。



◎鵜澤公男予防課長 住宅用火災警報器の設置については、既存の住宅についても届け出の義務はございません。それから新築の一般住宅についても、消防から検査する義務はございませんので、なかなか普及率を把握するということは難しいんですけれども、平成19年度と平成20年度は市内の大きなイベント、あるいは消防フェスティバル、それから消防署に見学に見えた方、それから講習会、研修会等の皆さんにアンケート調査ということで御協力いただいて、推測という形で把握に努めております。

 普及率については平成20年度ですけれども、2月末現在で713人の方に協力をいただいているんですけれども、設置した方が324人ということで、約45%です。今後設置するという方が70人ということで18%、合わせますと53%になりますので、そこまでいってないと思いますけれども、順調に普及は進んでいると思っております。

 以上です。



◆植田進委員 火事で逃げおくれて死亡するという事件、特にひとり暮らし、高齢者などが八千代市でもふえています。そういう意味で茨城県の大子町などでは消防団が共同購入で安く買いながら、それを消防団が直接取りつけるということで普及を図って、全世帯の50%でもうすでに普及が進んでいるというふうな、そういう情報も私は聞いておりますけれども、そういうふうな普及活動を急いで、やはりそういう火災による死者をなくしていくということに、八千代市消防としても取り組んでいただきたいなということで要望しておきたいと思います。

 以上です。



◆茂呂剛委員 予算書の40ページ、41ページのちょっと確認なんですけれども、県補助金の消防費補助金で石油貯蔵施設立地対策交付金というのが去年も同じ額なんですけれども、ことしも同じ額が出ている。これもう一度、確認の意味で教えていただければと思います。



◎桑田健一消防総務課長 石油の備蓄でございますが、石油の備蓄を円滑に進めるため石油貯蔵施設が立地する地域及びその近隣地域の公共施設等の整備事業に対して交付される交付金で、定額でなっておりますので同じ額になっております。



◆茂呂剛委員 これはガソリンスタンドだとか、そういうふうなものと判断してよろしいんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 ガソリンスタンドとかそういうものではございませんで、京葉コンビナート地帯が主です。あそこに貯蔵されている量に対しましての近隣市町村への交付金でございます。



◆茂呂剛委員 続きまして、消防団について大まかなことを教えていただきたいんですけれども、私も以前消防団のほうに所属していたんですけれども、そのときは車両等がかなり、今回第3分団のほうは新しくしていただきましたけれども、古い車両等が結構あったと思うんです。たしか消防団の車が20年を過ぎないと新しい車両に変更できなかったかと思うんですけれども、今現在13分団あると思うんですけれども、その中で、平均使用年数とか、大体一番長く使っているという分団があれば教えていただければと思います。



◎山崎春男警防課長 消防団の車両につきまして、今年度で3分団、12分団にCD−?型という車両を納車させていただいております。そういう車が現在6台でございます。ダブルキャブのトラック型のという、それ以外のものにつきまして、ボンネット型の車が1台あるんですが、それ以外につきましては、小型動力ポンプを積載した可搬積載という形のものでございます。それで一番古いものといいますか、それが平成2年に納車がなった車が今のところ一番古い車両です。



◆茂呂剛委員 ということは、あと二、三年でもう一台、しなければならなくなってしまうというような形になるんですか。



◎山崎春男警防課長 更新計画に基づきまして更新する予定でございます。



◆茂呂剛委員 続きまして、消防団の数というのはたしか定員決まっていると思うんですけれども、昨年とことしはどのような形になっているんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 消防団員の数でございますが条例で309名と決まっております。それで平成19年4月1日は292名、94.5%の充足率でございました。現在平成21年1月1日現在、303名で98.1%の充足率になっております。



◆茂呂剛委員 若干ふえたということだったんですけれども、来年度は予算等が厳しいというのはわかっているんですけれども、消防団に対する予算が若干削られているようなんですけれども、市民の生命・財産を守る、サポートする消防団としていますので、できるだけ自分の仕事があるのに、いざというときに出るということですので、そちらのサポートのほうもお願いしたいと思います。

 あと、昨日も安全環境部のときに、お話しいただいたんですけれども、今八千代市が自主防災組織というもので、市民の方々が自分たちの地域を守るんだというふうな形でかなりふえてきているという話だったんですけれども、その中で消防団の数が結構年齢が上がってきているということだったので、そういうふうな方々にも消防団に入ったらどうですかというような普及のサポートをしていただければなと思います。

 これは要望でお願いいたします。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 今の茂呂委員に関連することを先に質問させていただきます。

 そのうち女性消防団員、これは今現在何名でしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 女性消防団員、現在13名でございます。



◆菊田多佳子委員 平成21年度は何名の予定でしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 消防団本部の枠が女性消防団員13名になっておりますので、消防団本部としては13名充足されております。



◆菊田多佳子委員 平成23年度までに女性消防団員30名ということが目標になっていますが、そこら辺のところをちょっと教えてください。



◎桑田健一消防総務課長 13名が本部の枠でございますので、あと13個分団ありますので、その中で男性にまじっていただきまして、採用していきたいと思っております。



◆菊田多佳子委員 女性消防団員が13名、女性の本当に活躍の場というのが多々あるかと、これからも必要だと思いますが、そこら辺のところを具体的に教えてください。



◎桑田健一消防総務課長 女性消防団員は女性でなければならないソフトな面を持っておりますので、その点で普通救命講習、あと地域の講習等に参加していただいております。



◆菊田多佳子委員 それでは附属資料の120ページ、総務管理事業に対してお聞きいたします。

 まず、ここにございます総務管理事業4,519万5,000円となっておりますが、これの細目別の事業の金額を教えてください。



◎桑田健一消防総務課長 報償費としまして4万円、9目旅費といたしまして140万2,000円……



○坂本安委員長 事業別の話でしょ。



◆菊田多佳子委員 事業別です。



○坂本安委員長 質問者の質問要旨をしっかりとらえて答弁をお願いします。

 執行部の答弁を求めます。



◎桑田健一消防総務課長 消防学校等研修職員派遣でございますが、主なものを申し上げます。初任科研修として114万5,480円でございます。本部庁舎・各署等消防施設の維持管理でございますが、これは清掃等ですね、受水槽補修委託等を全部入れまして512万9,000円でございます。それと消防職員安全装備品の整備でございます。これは防火着が主なものでございます。火災現場に出動するやつですけれども、930万4,008円になっております。以上が主なものでございます。



◆菊田多佳子委員 わかりました。

 それでは、こちらにあります消防学校の研修への職員派遣となっていますけれども、平成20年度は何人ぐらいの方が職員派遣されたんでしょうか。



◎武藤博明消防長 21名ほど行っています。内訳ですが、県の消防学校に15人、医療機関のほうに5人、消防大学校に1名となっております。



◆菊田多佳子委員 明年は何人ぐらいの方が職員派遣される予定でしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 平成21年度は消防大学校1名、県の消防学校に13名、13名の内訳は幹部研修1名、初任科9名、訓練指導科1名、薬剤投与講習2名、計14名となっております。



◆菊田多佳子委員 この研修内容というのは主なもので結構ですので、教えてください。



◎篠田俊夫消防本部次長 それでは消防大学校及び消防学校の研修内容の主なものということですけれども、消防大学校は幹部研修でございます。千葉県消防学校の初任科というものは新規採用職員を半年間教育する課程でございます。同じく幹部研修が1名あるんですが、これもやっぱり幹部1名の幹部研修でございます。訓練指導科というのは消防団員に操法指導をしたり、訓練礼式の指導する課程でございます。その教育でございます。薬剤投与講習は、これは救急救命士がすでに救命士の資格を持っておりますが、その救命士を取る以前に薬剤投与の講習を受けていない職員を追加講習として講習を受けて、初めてこれで病院実習を受けて認定される課程の講習。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 予防業務事業、附属資料の121ページのところを聞かさせていただきます。ここのところの予防業務事業の中の防火思想の普及等といろいろ書いてございますが、まず平成20年度に消火訓練とか避難訓練とかが入ると思うんですが、平成20年度の実績を教えてください。



◎鵜澤公男予防課長 消防訓練の届け出件数は2月末現在で389件でございます。



◆菊田多佳子委員 避難訓練とか、そういうのもわかりましたら教えていただきたいんですが。



◎鵜澤公男予防課長 避難訓練が264回、それから消火訓練が223回、それから通報訓練が249回、それから映画等で44回ということです。



◆菊田多佳子委員 この予防業務事業の今教えていただいた中で、これからの課題というんでしょうか、そういうことが何かありましたら、教えていただきたいと思います。



◎鵜澤公男予防課長 課題ということはやっぱり火災を出さないための方法ということだと思いますけれども、それぞれ事業所には防火管理者が選任されるようになっています。その防火管理者の方が火災を出さないための対策、それから火災を出しても最小限に抑える対策、そういうものを消防計画という形で提出するようになっておりますが、まだ届け出が十分になっておりませんので、そういうことでそういう必要な施設には防火管理者を選任して消防計画を出すようにして、消防計画の中で消防訓練などをして、火災を出さないような対応をしていただきたいということで、それが今課題といえば課題と思っております。



◆皆川知子委員 先ほどの菊田委員の関連質問になります。

 女性の救急救命士は現在何名おられるでしょうか。あるいはこれからなる予定、受験する予定の方がいらっしゃいましたら、その数をお願いいたします。



◎桑田健一消防総務課長 女性の救急救命士は現在1名でございます。今年度はいません。来年度採用で1名受験いたします。



◆皆川知子委員 先ほど幹部候補生の研修が1名ということを伺いましたけれども、幹部候補生を毎年1名としている根拠はなんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 1名入校しまして、幹部としての勉強をしていただいて、帰ってきまして、消防署内で研修していただくようにして、1名おります。



◆皆川知子委員 つまり消防署の各種職員の方々を養成するに当たり、一人一人にかけられる養成料というものが何千万、何億なのかもしれません。幹部候補生は非常に重要な役割ですので、年1名ということで十分なのか、あるいはその方に何がしかの事態が生じたときに、予備という形でもう1名、幹部候補生を養成するというような、その養成の数についての考え方を教えてください。



◎篠田俊夫消防本部次長 幹部研修につきましては、全国的な枠がございまして、大体1期に全国で60名、県に割り振られる数というのもありますんで、そういう意味で大体消防大学校に入校できる幹部は1名が限界ということになっております。



◆皆川知子委員 ありがとうございました。以上で終わります。



◆横田誠三委員 予算的には人件費を除けば1億円ぐらいなんで、この大きな組織としては、削られる分もあるんですけれども、市民の安全を守るという意味では非常に頑張られているのではないかと思います。

 ちょっと質問させていただきますが、消防本部も新しくなって、あるいは人口はふえつつあるし、高層のマンション等もふえているんですが、消防車両や救急車の数はここ四、五年変わってないと思うんですが、今後この傾向というのはどうなるか、何かお考えがあれば聞かせてください。



◎武藤博明消防長 お答えをさせていただきます。人口が本市の場合は増加傾向にあります。そういった中で消防につきましては、車両及び人員につきましては、過去より維持、現状消防車両35台ありますけれども、職員定数210名とこういうことで対応いたしておりますが、本市の場合は幸いにして、管轄面積が約52キロ平米だと、あるいは医療機関関係にも、東京女子医大八千代医療センターがオープンしているとか、そういった意味で大変効率的な運用が図られていると。また火災におきましても52キロ平米の中にそれぞれ署、分署を設けまして、効率的な運用が図られているということですので、現状の中では人口がふえていても十分なカバーができていると認識しております。

 今後それぞれの業務の活動の中で検討しながら課題解決に向けて対応していきたいと、今後についてはそのように考えております。



◆横田誠三委員 非常に効率的にできているということで、市民も喜んでいると思います。ただ、消火の水が化学消火剤になったりとか、いろいろ世の中が進歩しているんで、多分消防車も更新はもっと高いかもわからないけれども、消火能力の高いやつとか、今後変えていかなきゃいけないので、更新ということはどんどん進まなきゃいけないと思うんですが、できればこの規模を守ってあまり経費をかけないようにやってもらいたいと思います。

 それから火事が多かった平成16年と比べると火災件数は減ってきていると思うんですが、平成16年を見ますとたばこが12件とかたき火が17件、放火とその疑いが34件、放火とその疑いと書かれていましたけれども、ということで多かったんですが、平成19年しか実績見ていませけれども、たばこが12件が6件、たき火が17件から5件、放火とその疑いが34件が18件と、ほとんどこの半分近くなって減ってきているんですね。そういう意味ではさっき言った消防台数がふえないというのもよくわかりますけれども、この減ってきた要因というのは予防されているとか、いろいろな要因が考えられると思いますが、たばこは、多分私が言っていいかどうかわかりませんが、たばこを吸う人が減ったのか。たき火は野だきをやっちゃいけないとか、いろいろな規制を皆さんが守るようになったのかと思うんですが、放火、あるいは放火のその疑い、放火を防ぐための手立てというものは何かされているのか、ちょっとお聞かせください。



◎鵜澤公男予防課長 放火とか放火の疑いの対策ということですけれども、やはり家の周りを整理整頓するとか、あるいはかぎをかけて出かけるとか、それから、要するに死角になるような暗いところで、放火とかそういうものはありますので、そういう死角をつくらないと、そういうようなのが必要ではないかと思っております。



◆横田誠三委員 今100年に1度の不況とか、世の中が大分騒々しくなっていますんで、それを理由に放火がふえては困るんですけれども、そういう傾向がないとも言えないんで、その放火については十分注意をしてもらいたいと思いますけれども。先ほど私が持っているのは平成19年の実績までだったんで、申しわけありませんけれど、平成20年の火災件数の発生理由のベスト4ぐらいまでわかれば、ちょっと教えていただけますか。件数と。



◎鵜澤公男予防課長 放火と放火の疑い含めまして12件、それからてんぷら油の加熱によるコンロ火災、これが8件、それからたき火が6件、たばこが5件でございます。



◆横田誠三委員 はい、わかりました。家庭でてんぷらで火事になるのも多いんで、これも注意しないといけないと思います。

 次の質問ですが、附属資料の122ページで消防士の勤務環境の整備という項目がありますけれども、これは具体的に何をされているのかだけ、ちょっと教えていただけないでしょうか。



◎常岡正良中央消防署長 主なものを申しますと、中央消防署、東消防署に設置されている空気呼吸器の保守委託と、あと消防用ホースの備品購入等でございます。



◆横田誠三委員 消防用ホースの備品が勤務環境……



○坂本安委員長 執行部の答弁を求めます。



◎武藤博明消防長 先ほど言いましたようにホースとか、そういう備品類につきましては、ここに書かれている安全面になります。勤務環境といいますと、どうしても消防の場合はチームを組んで、それぞれ出動等をいたします。そして激しい現場における活動等がありますので、精神的な面いろいろ、こういうものにつきましては、やはり係長を中心としたミーティングですとか、そういったことをふだんから心がけて対応しているというような部分、あるいは先ほどありましたように中央消防署を初めといたしまして、施設、庁舎新しくなっておりますので、夜勤の勤務等につきましても、十分、今本市の場合は1人ずつの休憩室を設けたり、配慮をしている状況にあります。

 以上です。



◆横田誠三委員 多分例えば、上等な毛布を買うとか、部屋をつくるとか、そういうことを想定していたんで、そういう答えで構わないと思います。

 皆さんも知っているかと思うんですが、2交代制ですね。2交代制の中身について知らない委員もいるかもわかりませんので、簡単でいいんですけれども、どういうふうな交代をしているのかだけ、ちょっと説明してもらえますでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 2交代制、24時間勤務をしております。朝の8時20分から次の日の朝8時30分までです。それで20分から30分間で1係と2係で交代して勤務につくようになっております。



◆横田誠三委員 朝8時から翌朝の8時30分までということで、24時間ということで、大変な苦労をされていると思うんですが、指定された休憩というのは、どこかで8時間程度とるような体制になっているんでしょうか。



◎岩井精一消防総務課長補佐 日勤者については市役所職員と同じような休憩時間、12時15分から1時までの間の休憩時間になっております。消防署等に勤務する隔日勤務者の休憩時間につきましては、1日24時間10分拘束されるわけですが、その中で15時間30分の勤務時間、残る時間につきまして休憩時間とさせていただいております。ただ、時間的には昼間の休憩時間は日勤者と同じ12時15分から1時までの間と設定されております。夜間につきましては10時以降から翌朝の6時までの間、これが休憩時間、そのうち1時間夜勤という形で起きる形になりますが、その間の時間は休憩時間とされております。

 以上です。



◆横田誠三委員 夜間の22時から6時までが休憩ですけれども、夜間に発生する火災も当然多いと思うんで、それは休憩時間ではなくなる。ただし火災件数がそんなにあっては困るんで、年間六十数件なんで、割と休める部分もあるけれども、勤務としては1日交代で、24時間出勤するという、御苦労さまです。

 以上で、質問終わります。



◆江端芙美江委員 附属資料の124ページ、消防団の運営管理事業についてお伺いします。

 ここに書かれています事業内容ですが、事業別の予算額について、まずお伺いしたいと思います。



◎桑田健一消防総務課長 消防団員に係る報酬ですが、1,032万円6,000円、それにあと費用弁償でございますが、出動手当として271万6,000円でございます。ただ今の費用弁償は、水火災・訓練等の出動手当でございます。それとあと、消防団員のヘルメット購入でございます。77万6,000円でございます。あと消防団ポンプ操法大会の開催と、出初め式の開催でございます。これは出てきた人数1日2,000円で計算します。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 先ほど女性消防団員が13名おられるというお話でございましたが、この女性消防団員を採用した目的というのは、どこにあるんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 時代が女性にもどんどん参加して、男女共同参画社会ですか、していただきたいと思いまして、それで採用いたしております。



◆江端芙美江委員 大変簡潔な御答弁なんですが、男性社会の中で女性が消防団員にまじって、いろいろな角度から活躍されているということは大変喜ばしいことだと思うんですが、だからこそ、相談ですとか悩みだとか、そういうものを人知れず持っていらっしゃる方もいらっしゃると思うんですが、そういうものに対する相談の体制みたいなものはできているんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 女性消防団員の中に班長1人、部長1人おります。その方に相談できるようになっております。そのほかに、消防団幹部の中に、男性消防団の人ですけれども、1名、女性消防団担当係がおりまして、相談できるような体制をとっております。



◆江端芙美江委員 女性の消防団員が発足して何年になりますでしょうか。



◎岩井精一消防総務課長補佐 女性消防団員、これは女性部が発足いたしましたのは平成11年10月1日から発足しております。本年まで10年を経過、正確に言いますと、9年と3カ月の経過でございます。



◆江端芙美江委員 当初から消防団員として活躍されていらっしゃる方は、今何人ぐらいいらっしゃいますか。



◎岩井精一消防総務課長補佐 現在13名の女性がおりますが、発足当時からの女性は現在2名でございます。



◆江端芙美江委員 かなり交代があると思うんですが、退職される理由ですね、ちょっとお伺いしたいと思います。



◎桑田健一消防総務課長 御主人の仕事による転勤等が多くなっています。



◆江端芙美江委員 わかりました。女性消防団員がしっかりと活躍できるようにいろいろな面で御配慮をお願いしたいと思います。

 それと1点、女性消防団員の方が前にズボンの制服がないというようなお話を伺ったことがあるんですが、今はそういうものはきちっと対応できていらっしゃいますでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 前年度、全女性消防団員に同じものをそろえさせていただきました。



◆江端芙美江委員 わかりました。

 それともう一つなんですが、地域の消防団は住民参加で運営されていると思いますけれども、高齢化の進展等、消防団員のなり手がいないだとか、消防団員の確保に悩んでいられる自治体がかなり多いというふうに伺っております。八千代市の地域における消防団員の現状について、ちょっとお話をいただきたいと思います。



◎桑田健一消防総務課長 八千代市におきましては消防団員の充足率はかなり98%と多くなっておりまして、防災に協力していただいております。



◆江端芙美江委員 今、大変充足率がいいということですが、今後これからもっともっと高齢化等が進むと、消防団員が不足してくるという事態も考えられると思うんですけれども、例えば、八千代市の場合は外国人の国籍の方がかなりいらっしゃると思うんですが、消防団員には外国人の国籍を持っていらっしゃる方というのはなれないんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 原則としまして、市内居住、満18歳以上、身体強健な方となっておりますが。



◆江端芙美江委員 それは国か何かの法律か何かで決まっていることなんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 八千代市の消防団条例で決まっております。



◆江端芙美江委員 消防団の方というのは通常仕事を持っていらっしゃって、そして火災だとか、災害が発生したときに出動するということだと思うんですけれども、身分というのはどういうふうに保障されているんでしょうか。



◎岩井精一消防総務課長補佐 身分につきましては非常勤の特別職員でございます。



◆江端芙美江委員 特別職の地方公務員ということでよろしいんでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 はい、そのとおりでございます。



◆江端芙美江委員 他市の例なんですけれども、外国人の国籍を持っていらっしゃる方でも、日本人の女性と結婚されて、地元の消防団で本当に活躍されているという方の例ですとか、自治体によっては外国籍の国籍であっても、消防団として認めているという市もありますので、今後、今は本当に充足率が達成されていて、大丈夫だと思うんですけれども、今後不足が生じた場合にこういうところまで、やはり検討していくような状況が出てくると思うんですが、その辺についてのお考えをお聞かせいただきたいと思います。



◎桑田健一消防総務課長 今の点につきましても今後検討してまいりたいと思います。



◆江端芙美江委員 いろいろな条件とかそういうものがあるかと思いますが、現場の対応というのがすごく大事だと思いますので、柔軟な対応でいろいろなことに頑張っていただきたいと思います。ともかく市民の生命と財産を守るという、大きな使命を果たすための消防団でございますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上でございます。



◆秋葉就一委員 附属資料123ページの救急活動事業に関連してお尋ねいたします。

 この節の中の委託料27万8,000円が前年度あったのがなくなっていますが、この原因はなんでしょうか。



◎篠田俊夫消防本部次長 27万8,000円につきましては、前年度、人工呼吸器の減圧弁の補修点検があったんですけれども、それがなくなったということでございます。



◆秋葉就一委員 わかりました。

 この事業が有効に行われるためにお聞きしますが、市長への手紙がホームページに出ていましたけれども、昨年の9月6日の夜に、けがで救急隊に搬送された方が、土曜日だったので夜間待機で東京女子医大のほうに搬送されたそうですが、その日外科医さんは1人もいないということで、三、四時間待たされたあげく、湿布だけ張られて、それで終わったという苦情の投書だったわけですけれども、救急隊はその曜日が外科医の担当が女子医大だというのがわかっていても、本当にいるかいないか、確認しないで搬送しちゃうということなんですか。



◎篠田俊夫消防本部次長 救急搬送につきましては、一応当番表とか、県のデータを見ながらやっているわけですけれども、うちのほうは必ず医療機関と救急隊が携帯電話で連絡を取り合って、確認して収容しています。

 以上です。



◆秋葉就一委員 でも、確認してとおっしゃっているけれども、9月6日は現実には外科医がいない医療機関に搬送しちゃったんじゃないんですか。どうしてそういうことが起きたんですか。



◎篠田俊夫消防本部次長 その辺がちょっとはっきりわからないんですけれども、基本的に救急隊の行う仕事は患者を観察して、これが救急隊が、外科の患者なのか内科系なのかは、はっきり判断できない場合もあると思うんです。ですからそのときの状況を医療機関に連絡をとりまして、病院のほうがそういう患者だったら受けるよということで、結果が外科だったのか内科だったのかというのは診察後になると思うんですけれども、うちとしてはこういう患者をお願いしたいということで交渉しているわけです。



◆秋葉就一委員 今ちょっと手元にその投書がないんですけれども、たしか刑事事件のようなもので殴打されたかなんか、そういう案件だったと思うんですね。一般論に移しかえますけれども、一応当番表があるけれども、当番表で内科、外科が、そういう先生がいるはずの日にいない場合、事前に消防本部に、それを届け出てもらうという仕組みは夜間待機の中にないということなんですか。



◎篠田俊夫消防本部次長 医療機関の当番の関係は、変更があれば変更連絡が必ず来ております。



◆秋葉就一委員 必ず来ていれば、そんな投書がないはずでしょう。9月6日に外科医がいないのに、外科医の当番日の医療機関に運んだら、いなかったわけじゃないですか。だから必ずとかという不正確な答弁しないでください。じゃ、しなかったらペナルティーがあるんですか。



◎篠田俊夫消防本部次長 うちのほう、きょうどこの医療機関がどの外科、内科、どういう先生がいるというのは連絡は来ているわけですね。ですからそれが来た段階で対応しているんですけれども、結果行ったときに本当にいなかったのかどうかということが、現実にはこの場でお答えできないんですけれども、うちのほうとしては必ずアポをとってやっていることですので、医療機関が受けてくれるということは、それなりの処置ができるという判断で、うちは考えていると思います。



◆秋葉就一委員 これ最後にしますけれども、一般論おっしゃるけれども、現実に起きているし、しかも市長への手紙で来て、市長決裁で回答しているわけでしょう。救急隊で搬送してもらったのに何のための救急隊なんですかと、手紙に書かれていたのに、その手紙についての事実関係の照会を受けてないということですか、消防は。



◎武藤博明消防長 私どものほうの救急活動の中では必ず、今次長がお答えしましたように、病院へは連絡しながら搬送します。そうしませんと医師不在だとか、今御質問にあるような事態が起きます。ただこれは病院のほうのそのときの回答に基づいて私どもはメディカルコントロールを場合によっては行いながら、患者さんを搬送するわけですけれども、例えば向こうに到着して、患者さんの状態だとかいろいろな形の中で、手術中だとかいろいろな問題が起きるケースとしてもあります。その例えの答えではないですけれども、ただ消防としては相手方の部分が、どうのこうのという部分は、私どもは今ここで御答弁できませんが、いずれにしても言えることは必ず病院にタッチをして、その上で搬送すると、そうしませんと不測の事態が起きたときに、やはり問題が起きますので、それは間違いなく対応してやっておりますので、御理解をお願いしたいと思います。

 それで市長への手紙の部分なんですが、たしかその回答については私どものほうの所管のほうではないと考えています。それに対する回答は私どもではしておりませんので。搬送はうちでやっておりますけれども、病院状況についてという部分では、うちのほうへは来てないはずです。

 以上です。



◆秋葉就一委員 救急隊の搬送について苦情を明記されているのに、照会を受けなかったということに対してどう思うんですか。



◎武藤博明消防長 すみません。内容をちょっと見てないんで、何とも言えないんですが、救急隊の苦情は救急隊が搬送する部分での苦情であれば、私どものほうでお答えもできますけれども、病院に搬送して医師が云々という形になってきますと、救急隊が連絡をとって、その連絡が誤りだったというのであれば、私どもも対応しますが、そうでなければ病院を所管しているほうで、恐らく回答したのかもしれません。ちょっと後ほど調べてみますんで。

 いずれにいたしましても、関係する部分であれば合議とかいろいろな形で開封がされますので、私どもも十分、大変重要な問題ですので、今後そのようなことのないように、ちょっと調べながら認識を改めていきたいと思いますので、御理解をお願いいたします。



◆菅野文男委員 附属資料125ページ、9款1項4目水防事業のほうの印旛利根川水防事務組合、きのう、ちょっと私はハザードマップで質問して、途中からちょっと注意事項で私勘違いして取り消したんだけれども、実際は取り消さなくて私のほうの思いが一緒だったんですけれども、皆さんのセクションで、この印旛利根川水防事務組合というのがセクションであるわけですね。私きのう、皆さんいらっしゃらなかったからあれなんですけれども、私、きのう質問した、こういうことがあったんですよ。利根川下流災害情報協議会、1都5県8市6町で平成17年5月17日から八千代市も40市町村の中に入って、朝日新聞でニュース見ていて、それできのう質問しかけたんですけれども、印旛利根川水防事務組合とこの利根川下流災害情報協議会との違いというのは、ちょっと明確に説明していただけたら。全くタッチしてないの。



◎山崎春男警防課長 印旛利根川水防事務組合は消防本部の所管でございますが、先ほど委員がおっしゃったものについては消防のほうは関知はしておりません。

 以上です。



◆菅野文男委員 では、認識はしている。



◎山崎春男警防課長 申しわけありません。その協議会というか、そちらのほうの名前を、私は今初めてお聞きいたしました。



◆菅野文男委員 ちょっと日付は覚えてないんですけれども、切り抜きもしなかったんで、ちょっと忘れたんですけれども。1カ月前の朝日新聞なんですけれども、ちょっと庁内のセクションを調べましたら、ハザードマップはわかりますか。今度防災のほうで予算化しているんですよ。ハザードマップ、水害の。利根川水害のハザードマップ。そのハザードマップをつくるために利根川水系の1都5県8市6町村で国土交通省の指導下、協議会をしたんですよ。現在は活動、ハザードマップのほうにいったんで。皆さんその認識持っていない。災害のほうから連絡なり何なり、持ってきてなかった。



◎山崎春男警防課長 総合防災課のほうでハザードマップの作成に係ることは認識しておりますが、消防のほうはそのハザードマップのほうには協力、防災課のほうから依頼があれば協力はするという姿勢ではおります。

 以上です。



◆菅野文男委員 今御答弁、協力ということをおっしゃったんですけれども、向こうにも言いかけたんですけれども、連携すべきだろうと、情報を共有すべきだろうと。なぜかといったら、皆さんも担当部局ですよね、利根川洪水では堤防が決壊して、溢水がだあっと来て、大和田ぐらいまで新川の流域全部、印旛沼流域が全部水没する可能性があるわけですよ。そうしたら皆さんのお仕事でしょう。ですから情報は共有していただけたらと。でも実態が進んじゃったんで情報だけ入れておきます。

 以上。



◆嵐芳隆委員 附属資料の122ページなんですけれども、指令管理事業、その中で委託料で1,604万3,000円と書いてあるんですけれども、この指令管理事業の中で消防通信設備の維持管理、その委託料というのはこれ内容というのをちょっと知りたいんですけれども、これは何でしょうか。



◎青木茂指令課長 指令管理事業の中の委託料1,604万3,000円ですが、これは2点ほどありまして、一つ目は高機能消防指令センターの保守点検委託です。それが1,467万7,950円を計上してあります。主な対象ですが、指令台を含んだ指令装置、自動出動指定装置、地図検索装置、あるいは支援サブシステム等で、このほかに各装置16項目ほどあるんですが、その保守点検委託を行います。もう一つは発信地表示システムの端末保守点検委託料として、136万5,000円ほどあります。この保守点検の内容ですが、検索制御装置、統計管理端末装置、プリンター装置や接続機器の保守点検を行います。

 以上でございます。



◆嵐芳隆委員 ということは、これは1年に1回、毎年これからずっとかかっていくということでしょうか。



◎青木茂指令課長 最初に申し上げました、高機能消防指令センターの保守点検ですが、毎年1回やっております。そのほかにも故障が発生したときにも、365日24時間対応してもらう、消防側からの要請で技術員が派遣されています。

 またこれから、毎年1回という質問だったんですが、発信地表示システムについて年2回、半年に1回やっております。今の装置がある限り、保守点検は必要だと思っております。

 以上です。



◆嵐芳隆委員 わかりました。一応メンテナンス契約というか、常に対応できるような形だという判断ですよね。それでこの費用が毎年かかっていくということですよね、そういうことですよね。



◎青木茂指令課長 そのとおりです。



◆菊田多佳子委員 それでは附属資料の121ページの警防管理事業について、お聞かせいただきたいと思います。

 まずこの中に1,541万8,000円となっていますが、これの事業別の予算額を教えてください。



◎山崎春男警防課長 お答えいたします。

 消防本部で保有しております車両の維持管理、これ車検ですとか、修理ですとか、もろもろ含めたものでございますが、その金額が708万円になります。それからそのほか消耗品等印刷製本ということでございますけれども、そこら辺も約700万円の金額になっております。



○坂本安委員長 答弁者に申し上げます。細かく要りませんから、事業別の予算額をお示しください。



◎山崎春男警防課長 負担金補助のうちの負担金につきまして、救急業務メディカルコントロール協議会に係るものが主でございまして、289万9,000円でございます。



○坂本安委員長 警防課の事業費が1,541万8,000円になっているわけですね。その中の事業別に予算額をお示しいただければそれでいいんじゃないかと思うんですが。



◎山崎春男警防課長 報償費といたしまして、市内に点在しております防火貯水槽への負担、借地をしておりますので、地主への謝金という形でやっておりますが、それが50万3,000円でございます。



○坂本安委員長 再度申し上げます。この細目の報償費とか、旅費だとかそういうことじゃなくて事業、書いてあるでしょう左側に。附属資料に消防車両の維持管理、普通救命講習会等の開催、救急フェアの開催とか、さまざまな事業が書いてあるじゃないですか。これの事業別の予算額を示してくださいという趣旨だろうと思いますので。



◎篠田俊夫消防本部次長 それでは消防用車両の維持管理でどの程度なのか、296万8,000円でございます。次に、普通救命講習会の開催についての関係ですが、これは普通救命講習会の中で使うもの等で15万円、救急フェアの開催についての消耗品関係で2万円、これが主なものでございます。



○坂本安委員長 それじゃ1,500万円の事業費にならないんじゃない。だから主な事業の1,500万円に近づくような形で、きっちり答弁していただかないと。事業あるわけでしょう。

     〔「はい」と呼ぶ者あり〕



◎山崎春男警防課長 車両整備につきましては、車検整備料として296万8,000円でございます。それから保険料ですとか、そういうのも含めてあります。それから……



○坂本安委員長 きちっと整理してください。整理して答弁してください。

 暫時休憩します。

               午前11時16分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午前11時21分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。



◎山崎春男警防課長 大変失礼いたしました。

 警防管理事業につきまして御説明いたします。消防用車両の維持管理費として、車検、修理等々含めまして、924万5,000円でございます。それから先ほども答弁しましたが、救命講習会等の消耗品等で15万円、救急フェアの開催の消耗品として2万円、それから救急業務メディカルコントロール協議会への負担金として289万9,000円が、今の主なものございます。失礼しました。



◆菊田多佳子委員 その中でちょっと一つだけ教えてほしいんですが、公課費119万9,000円となっていますが、この公課費というのは、どういうあれなんでしょうか。



◎山崎春男警防課長 車検時における重量税でございます。



◆菊田多佳子委員 それでは普通救命講習会開催について、お尋ねさせていただきます。

 平成20年度のこの講習の実績を教えてください。



◎山崎春男警防課長 平成20年度普通救命講習でございますが、2月末現在で82回行っておりまして、1,048人の方が受講されております。



◆菊田多佳子委員 職員はほとんど全員受けておられるんでしょうか。



◎山崎春男警防課長 平成20年度で市役所職員は91名が受講されております。それ以前のものについてはちょっと手元にございませんけれども、かなりの数、はっきりとした数字把握しておりませんが、毎年新任者には必ず行っておりますので、順次ふえてきております。



◆菊田多佳子委員 AEDのことでお尋ねしたいんですけれども、現在AEDで公共施設で未設置なところというのは何カ所あるんでしょうか。



◎山崎春男警防課長 設置してございます施設については把握しておるんですけれども、未設置というところまでちょっと把握しておりません。申しわけありません。



◆菊田多佳子委員 角度を変えますが、設置されている箇所は何カ所あるんですか。



◎山崎春男警防課長 市役所庁舎初めまして、消防本部も含めて、公共施設におきましては消防本部を一つの施設といたしまして、15施設で52台の設置を確認しております。



◆菊田多佳子委員 それでは、角度変えさせていただきます。

 附属資料の123ページ救急活動事業について、お尋ねいたします。ここの救急患者の応急処置及び搬送ということになっておりますけれども、まず初めに平成20年度の実績を教えていただけますか。



◎山崎春男警防課長 これは統計上、平成20年の統計でさせていただいておりますので平成20年ということで、出場件数は6,957件でございます。



◆菊田多佳子委員 これは平成19年度と比較しまして、ふえているんでしょうか、減っているんでしょうか。



◎山崎春男警防課長 318件ほど減っております。



◆菊田多佳子委員 今、いろいろ社会でも問題になっていますが、本当に救急車を要請できる必要な人と必要でない人の、その区別というのは大変難しいとは思いますが、そこら辺のところはどのように判断されているんでしょうか。



◎山崎春男警防課長 現在八千代市の消防におきましては、119番を受信したときにその方がどこまでの病気なのか、けがなのかというのは目で見てみないとわかりませんので、要請されて救急車お願いしますということであれば、すべての救急には出動しております。



◆菊田多佳子委員 救急車の台数は何台ですか。



◎山崎春男警防課長 救急車は5台でございます。



◆菊田多佳子委員 5台全部出動した場合、救急要請があった場合はどうするんでしょうか。



◎山崎春男警防課長 予備の救急車が1台ございますので、それで対応しております。



◆菊田多佳子委員 これは本当に大変なお仕事だと思いますけれども、1分1秒、救急車で命を、本当に間に合わなくて落とすようなこともありましたので、大変だと思いますが、どうぞしっかり市民を守るためにも、よろしくお願いします。これは要望です。



◆皆川知子委員 職員の手当等について伺いたいと思います。

 現在の消防職員の方の年代別構成を、大まかにわかりましたらお願いいたします。

 10年単位で結構でございます。



◎武藤博明消防長 年齢別に申しますと、10代が1名、20代が33名、30代が40名、40代が51名、50代が83名、こんな状態になっています。合計で、平成20年4月1日現在ですけれども208名ということです。



◆皆川知子委員 市制が始まって41年目になろうかと思いますけれども、消防署の職員の方で、御不幸なことに殉職なされた方というのはいらっしゃいますでしょうか。



◎桑田健一消防総務課長 殉職した方はいません。



◆皆川知子委員 よかったです。重傷の方とかはいらっしゃいましたでしょうか。



◎岩井精一消防総務課長補佐 平成20年度にありましては、消防職員の公務災害は発生しておりません。

 以上でございます。



◆皆川知子委員 平成20年度はわかりましたけれども、過去においては、そういったことの御記憶の中であるかどうかをお尋ねします。



◎篠田俊夫消防本部次長 消防本部、署が発足してまもなく42年間を迎えるんですけれども、消防職員で重傷、中等傷以上というのは余り記憶にございません。多少のけが、火災現場でのそういうのはありましたけれども、そういう範囲だと私は思っています。



◆皆川知子委員 年齢構成比からいたしましても、御家族がたくさんいらっしゃる年代で、大黒柱の方が多いというふうに見ます。もし万が一何かあったときのための対応として、どのようなことを準備しておられますでしょうか。



◎岩井精一消防総務課長補佐 消防職員、いわゆる地方公務員が災害に遭った場合につきましては、公務災害補償がまずなされるものと。万が一、殉職等が発生した場合には千葉県市町村消防賞じゅつ金条例というものがございまして、それに障害に応じた補償がされるものがございます。

 以上でございます。



◆皆川知子委員 私ごとでございますけれども、以前バックドラフトという、消防士の兄弟の方のお兄ちゃんが亡くなってしまうという映画を見ましたとき、非常に、人の命を助けるために自分の命を賭すという、物すごい職業だなと思いましたので、どうか御健康に留意され、頑張っていただきたいと思います。頼りにしています。

 以上です。終わります。



◆伊東幹雄委員 風営法絡みのあれで、市内の、表立って、年に何件ぐらいやっていますか。査察ですか。



◎鵜澤公男予防課長 査察は年で何回やるということではなくて、当初に火災があった場合に拡大した場合、あるいは人命危機が大きいと、そういうような形で査察計画を立てまして実施しておりまして、風営法関係を何件という形ではやっておりません。



◆伊東幹雄委員 火災防止策で現状、私なんか見ますと、階段なんか結構非常階段、まだ空き瓶だとか、段ボールだとか。結構あと非常階段の前まで新聞紙を積んでいたりして、非常に危なくなるというか、火災シーズンとか予防シーズンは結構みんなきれいにしているみたいですけれども、ふだん結構乱雑にあの中はなっているような、踊り場だとかいろいろなところに清掃道具だとか、いろいろ積んであるんですね。そうしますと非常階段そのものが、非常階段じゃなくて、物置になっているんで、そういったところ外観でわかるところも結構あるんで、できたら常時パトロールを強化していただかないと、シーズンだけやっていたんじゃ、万が一ということに、市民の安全というか。個々には守っていてもやっぱり、そういうの結構散見できるので、今後取り締まってほしいというか、予防してほしいということと。

 あと、八千代警察にもちょっと何回か通報しているんですけれども、話しているんですけれども、風営法の絡んだやつで結果的に、表に看板出さないで、潜り営業をやっているのが八千代台だとか勝田台に結構多いわけなんですよ。そういった地図上に載っていない営業をやっているところがあるんで、それもある程度ちゃんと整備していかないと、八千代市そのものが文化都市と言われているのに、やはりそういったことも結構、警察とも連携していただいて、できるだけそれをやっていただきたいというのは。なぜかというのは、潜り営業というのはそもそも存在しないわけですよ。だから税金も払ってないということです。すべてにおいて八千代市が損害受けるということもありますから、そういったところをある程度、状況把握を常日ごろからやっていただきたいということを要望します。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で消防本部所管事項に対する質疑を終わります。

 この際、暫時休憩いたします。

               午前11時34分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後1時00分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 産業活力部所管事項及び農業委員会費について審査を行います。

 執行部の説明を求めます。

     〔豊田和明産業活力部長説明〕

     〔我孫子常雄農業委員会事務局長説明〕



○坂本安委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆江野沢隆之委員 農政部門で、附属資料の98ページ、農業振興事業の報償費15万5,000円並びに負担金補助及び交付金の124万8,000円の内容を教えていただきたい。



◎立石眞農政課長 ただいまの質問なんですけれども、報償費15万5,000円については、市の農政審議会委員の謝金でございます。

 その内容といたしましては、委員長が約7,500円、委員が7,000円で、10名分のものです。年2回を予定しております。

 続きまして、負担金補助及び交付金の124万8,000円の内訳ですけれども、地域農林振興協議会の負担金として17万1,000円、それから千葉農業改良普及協議会の負担金として8万2,000円で、合計で25万3,000円の負担金でございます。

 あと続きまして、農業近代化資金の関係ですけれども、これが48万5,000円になります。それから続きまして、公表の関係が約1万4,340円と。それから、農業経営基盤強化の利子補給金ですけれども、これが約12万円と。それから、遊休農地リフレッシュ活用支援事業が約37万5,000円と。

 以上でございます。



◆江野沢隆之委員 附属資料99ページの園芸振興事業の負担金補助及び交付金223万3,000円の内容はどんなものか。



◎立石眞農政課長 園芸振興費の補助金について申し上げます。

 これは、223万3,000円のものです。1つとしては、「園芸王国ちば」強化支援事業補助金として213万3,000円と。それから、園芸農業振興活性化推進事業補助金として10万円と。

 以上です。



◆江野沢隆之委員 遊休農地リフレッシュ活用支援事業とは、どのような事業をいうのか。



◎立石眞農政課長 遊休農地リフレッシュ活用支援事業ですけれども、これは耕作放棄地を地域資源として活用していくための地域独自の取り組みとか、それから小規模な耕作放棄地の再生利用活動に対する助成であります。

 以上です。



◆江野沢隆之委員 1つここで要望でございますけれども、これらの農業施設はもとより、本市の農業を継続振興して安全・安心な食料を確保していくために、農家の後継者の皆さんたちが頑張っております。また、それを支えておるのも、今JA八千代市の青年部の皆さんが中心となってやっているわけでございます。また、この附属資料の99ページですか、園芸王国ちばとも言われておりますけれども、八千代市の後継者の皆さんも一生懸命頑張っておるわけでございます。

 しかしながら、燃料の高騰に伴い、農業にかかわるもの、例えば肥料、農薬あるいは園芸資材等が倍以上も値上がってございます。また半面、野菜を初め、農産物の市場価格は非常に安い。これでは、せっかくの農業後継者の皆さんがやる気をなくしてしまう。また、今後、後継者が育たなくなるという懸念もございます。

 これらによって、本市の農業を発展させるために、予算がないとは申しませんけれども、現在の予算にまた加えていただきたいと要望いたしたいと思います。これは、要望書、JAのほうからも参っておりますので、お願いいたしたいと思います。よろしくお願いします。



◆横田誠三委員 今の質問との関連なんですが、これは新規事業ということで附属資料の22ページに記載があるんですけれども、農業振興費として、農業経営基盤強化資金利子補給金ということで12万円。ここの説明が、例えば農業経営基盤強化資金を借り入れた農業者に対し利子補給金を交付し、経営感覚にすぐれた効率的かつ安定的な農業経営の育成を図ると、こう書かれています。

 利子を補給するんで、借りた人の利子を補足するんでしょうけれども、これ12万円ってすごくささやかな額のような気がするんですけれども、全体でどのくらいのお金を借りて、それの利子がどのくらいで、そのうちのどのくらいがこれで補給されているのかというのがわかったら。



○坂本安委員長 執行部の答弁を求めます。



◎豊田和明産業活力部長 利子補給の対象件数でございますが、既存分として15件、新規分として5件ございます。件数のみでお願いします。



◎立石眞農政課長 これは、農業経営基盤強化資金利子補給ということですけれども、これは昨年ほどからなんですけれども、1億円以上を借りた方が1件だけいるわけです。普通その方に対して、市のほうが0.15%を一応利子補給として助成しているということになります。



◆横田誠三委員 払った利息の0.15%という意味ですか。



◎立石眞農政課長 そういうことになります。



◆横田誠三委員 わかりました。

 それから、その次の遊休農地リフレッシュ活用支援事業補助金37万5,000円、これも説明がありますけれども、21年度からの新規ということなんで、具体的にどういうようなことをされるかもう少し、この記載だけじゃなくて何か、新しい交付金、交付目的で出されるわけですから、新しいものであればもうちょっと、どういうふうにすればもらえるのかとかも含めて、どういう仕組みなのかも含めて簡単に説明を。



◎立石眞農政課長 この事業の活動内容としては、農用地の遊休化防止、それから解消のための草刈り機の導入とか、それから動力噴霧器の購入、それから種子の購入と、そういう形の中で、こういう事業を行った団体に対して助成すると、こういうことになっています。



◆横田誠三委員 では、農地が遊んでいて、そこが草ぼうぼうだったりして、近所の人でも、例えば集団で我々が草刈りをするとかいう申請をすれば、例えば出るというようなこともそうですか。



◎立石眞農政課長 これは、農村部のほうで一定の団体をつくりまして、その中に対して一応助成すると、こういうことになっています。



◆横田誠三委員 わかりました。

 それから3番目ですが、園芸農産業費の「園芸王国ちば」強化支援事業補助金というのが213万3,000円ありますが、これ園芸王国ちばをつくろうということで交付金が出てて、21年度からやろうということなんでしょうけれども、具体的にどういうことをするかは大体市のほうでは決まっているんでしょうか。



◎立石眞農政課長 この事業は、今、八千代市のほうで梨が一応名産品になっているわけですけれども、その梨がもう導入されてからかなりの年数が来ていると。その年数が約30年以上のものに関しては、更新をしなければならないと。その更新のための機械として、バックホー2台を一応予定しております。



◆横田誠三委員 ちょっとよくわからない。30年以上たった梨の木という意味ですか。



◎立石眞農政課長 梨が30年以上を経過しますと、梨自体のなりが非常に悪いものですから、それをほかの梨に植えかえていくと。そのときの木を起こすということがありますので、それを機械でやると。それで、先ほどのバックホー2台が必要になると、こういうことになります。



◆横田誠三委員 はい、わかりました。

 人間も老朽化すると、そういうふうに新しい仕組みができるといいと思います。ありがとうございました。



◆遠藤淳委員 附属の98ページ、農政の問題で、先ほど例えば燃油とか肥料の対策ということで国のほうも補助を出していますよね、燃油、肥料に対する、21年6月までとか4月まで。この補助を例えば八千代市内では、活用状況というのはどうなっているでしょうか。国の補助の活用です。



◎立石眞農政課長 国のほうで、つい先ほど行いました肥料高騰緊急対策というか、水準があるわけです。これに対して八千代市では、肥料を中心にしてその対策に応じたと、こういうことになります。



◆遠藤淳委員 対象の農家は大体何件くらいですか。



◎立石眞農政課長 今回対象になって国のほうに申請したのが全部で3団体ということになっています。この3団体の内訳なんですけれども、1つは、梨の関係が1グループと、それからニンジンのほうが1グループと、それから生産法人が1グループと、こういうことで3グループを今回国のほうに申請しております。



◆遠藤淳委員 国のこの制度もなかなかいろんな制限があって、堆肥のために使う、例えば燃油だと思うんですが、例えば香取市の場合は、ビニールの農家に対して独自の補助ということで1リットル当たり1円の補助とかしているんですが、八千代市の場合、そういった独自の補助というのは考えていないんでしょうか。



◎立石眞農政課長 今のところ考えておりません。



◆遠藤淳委員 そこら辺もやはり考えていただきたいということ、これは要望といたします。

 次に、附属の104ページから105ページになると思います。雇用、中小企業の問題なんですが、例えば八千代市の場合、この緊急対応として、相談窓口というのはどこになるんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 相談窓口は、雇用関係は商工課になります。



◆遠藤淳委員 では、商工課が一応すべての対応窓口ということだと思うんですが、例えば当然、相談した方の中には、福祉的要素、例えば生活保護が必要だとか、いろんな要素があると思うんですが、そういった場合は関係の部署に連絡をして対応しているんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 それぞれ、その雇用関係の担当部署があれば、そちらのほうに紹介したりなんかしております。



◆遠藤淳委員 商工課が窓口というのはわかりましたけれども、ただ一般的に、他市でもそうですが、緊急対策ということで専門の窓口を設けているんですね。そういった窓口を設けるという考えはないんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 現在、そういった窓口はございませんので、商工課のほうで対応しております。



◆遠藤淳委員 やはり市民の人とか中小業者の方にとっても、やはり専門窓口という形であったほうがよりわかりやすいと思いますので、これも強く要望しておきます。

 次に、小規模工事なんですが、例えば習志野市あたりでは、1回50万円未満の工事については市内の業者に優先的に発注というのを予備費使ってやっていますが、八千代市はそういうのをやっていませんが、なぜそういう緊急的な対応をとらないんでしょうか。その点についてお願いします。



◎齋藤清美商工課長 習志野市で、緊急対策ということで50万円以内、小規模については市内の事業者にということをやっておりますが、八千代市も、私ども商工課の担当ではございませんが契約課のほうで、小規模に限らず市内の業者に優先してという、そういうやり方はやっております。

 以上でございます。



◆遠藤淳委員 例えば、昨年来の景気後退ですが、昨年の段階で、例えば緊急対策みたいな行動、アクションを起こそうという考えはあったんでしょうか。その点お願いします。



◎齋藤清美商工課長 昨年の12月中旬以降、近隣市でも、市のほうで雇用対策、市の臨時職員ということでやっている状況は把握しておりまして、私どもも検討いたしました。実際、様子見ながらということで、結果的には千葉市のように、100人応募したけれども、これは短期の雇用ですので、5人しか応募なかったとか、そういう状況を見てまいりまして、同時に国のほうでも第2次補正で緊急雇用ということで、ふるさと雇用再生特別交付金事業、あと緊急雇用創出事業と、こういった事業をやっておりましたので、そちらのほうで八千代市は雇用対策しようと、そういう形で今現在進んでおります。

 以上でございます。



◆遠藤淳委員 国の制度の活用というのはわかるんですが、やはりこれだけ経済が落ち込んでいるときに、やっぱり緊急的にそういう行動を起こすというのが本来だと思うんですよ。やっぱり予備費を使ってでも、そういう雇用対策、緊急経済対策を行うべきだった、私そう思います。その点は、今後の教訓として生かしていただきたいと思います。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 それでは、予算書の49ページにあります商工費貸付金収入、これ3億円計上されておりますけれども、すみません、ちょっとここの内容を簡潔にもう一度教えていただきたいんですが。



◎齋藤清美商工課長 この3億円は、貸付金の金融機関への預託金ということになります。



◆菊田多佳子委員 この預託金というのは、毎年度同じ金額というふうにとらえてよろしいんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 ここ数年は3億円でございます。

 あと、それ掛ける協調倍率というのがございまして、現在20年度、21年度、来年度の予算も7倍ということで、3億円掛ける7倍、21億円の枠があるということになります。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 附属資料の105ページにありますが、中小企業資金融資事業というところに3億2,864万5,000円となっていますが、すみません、これの事業別の内訳、事業資金の融資が幾らなのか、それから保証料の補給が幾らなのか、ちょっと教えてください。



◎酒井久男産業活力部次長 予算書のほうに沿って御説明いたしますと、先ほどの冒頭、部長のほうからも概略説明ございましたが、ただいま御指摘の3億円ですね、歳入として入っている3億円。これを歳出のほうで3億円同額計上いたしまして、貸付金として3億円。

 その他2,676万5,000円につきましては、いわゆる制度融資利用者に対する利子補給金と、それから、もうこれは既に廃止しているんですが、信用料の信用保証協会、融資受けた方が負担する信用保証料、これにつきましても補助をしておりました。ただそれは、2年前ですかね、もう既に廃止しておりますので、その分も、まだ残高残っている方についてはやっております、それの補給金。合わせて3億2,676万5,000円ということになります。

 ですから、ここの数字は、菊田委員が御質問した中身とちょっと違う数字になっています。



◆菊田多佳子委員 それでは、中小企業また小規模企業の資金繰りの支援の推進をするのが今国における信用保証協会、セーフティーネットだと思うんですけれども、まず、現在何業種拡大されたのか、それを教えてください。



◎齋藤清美商工課長 昨年の10月31日から現在までふえ続けまして、現在760業種まで拡大しております。



◆菊田多佳子委員 760業種ということは、ほとんどと言ってよろしいんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 おおむねほとんどということで、パーセンテージで言いますと85%ぐらいだと思います。あと15%ぐらい、まだその枠に入っていない業種もございます。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 それでは、この認定が受けられるその基準というんでしょうか、それはどういう内容になっているんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 まず、この経営安定関連保証ということで緊急保証ですね、私どもに参ります認定のほとんどは、5号の(イ)、それに5号の(ハ)でございまして、5号の(イ)の場合は、これが最近3カ月の平均売上高等が前年同期比で3%以上減少していること、これが(イ)でございます。

 次に、(ハ)のほうですね。これも、最近3カ月間の平均売上総利益率または平均営業利益率が、前年同期比で3%以上減少していることとなっております。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 それでは、この20年度相談件数、そしてまた認定を受けられた、認定がオーケーになった件数を教えていただきたいと思います。



◎齋藤清美商工課長 一番最近で、2月末で認定したのが210件になります。

 それと、相談件数は、全部はかっていないですが、100件近くだと聞いております。



◆菊田多佳子委員 相談件数、累計で100件ですね。

 では引き続きまして、そうしますと、最終的にこの認定の基準の該当者は銀行に行きますが、最終的にオーケーとして融資を受けられるというのは、そこまでは商工課として把握なさっているんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 これにつきましては私どもは、金融機関あるいは個人から来たものを認定いたしまして、それから認定された事業者が保証協会に持っていきますけれども、ただいま照会かけているんですが、それから先はまた銀行にその事業者が行って融資を受けるという形になりますが、その金額については今現在は把握しておりません。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 ちょっとさきに戻りますけれども、先ほど相談窓口ですね。窓口体制は商工課と伺いました。これは、何名体制でやっているんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 商工課4人でやっております。



◆菊田多佳子委員 1日相談件数というのは、直近では大体何件ぐらい相談にお見えになる、電話を含めてお願いします。



◎齋藤清美商工課長 多いときで10件、少ないときで3件程度、また電話も照会、個人あるいは金融機関からも結構ございます。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 大変御苦労さまということはよくわかりますが、例えば1日平均10件ぐらい見えるということに関して、4人の方で賄い切れるんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 やはり時間外、土曜・日曜なんかも参ります。こういう緊急の状況ですので、職員、力を合わせてやっております。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 ますますこれから不況のあおりを受けて、中小・零細企業は本当に厳しくなっていくと思いますが、どうか、大変でしょうけれども、しっかりそこをやっていただきたいと思います。

 あわせて引き続き質問させていただきます。

 八千代市の中小企業の資金融資ございますね。これは現在、限度額は幾らでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 市の制度融資の限度額でございますが、事業資金として、設備資金が3,000万円、運転資金が2,000万円になります。



◆菊田多佳子委員 今議会の議案の第20号に提案されていますけれども、中小企業の資金融資ですね。これが750万円ですが、今回1,250万円になるんですけれども、この上がった理由というのは何でしょうか。



◎齋藤清美商工課長 まず、今現在のこの厳しい経済情勢、中小企業者、特に小規模企業者、これは従業員20人以下、サービス業ですと5人以下、こちらの事業資金、これは今まで750万円ですと、審査会にかけないで1週間から10日ぐらいで融資が実行されると。これを1,250万円、資金需要も現在高くなっておりますので、当時750万円に設定したころは平均700万円程度の融資額でしたが、今現在それ引き上がっておりますので、そういうところの経済情勢をかんがみまして、1,250万円に引き上げて、審査会にかけないで早く資金が事業者に渡るように、そういった形で今回引き上げをいたす予定でございます。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 これは確認ですが、この中小企業の資金融資というのは、無利息・無担保ということでよろしいんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 担保はとりませんが、利息は金融機関の利息、それから利子補給というのをいたしますので、そういう形で無利息にはなりません。無担保・無保証になります。



◆菊田多佳子委員 最後に質問させていただきますけれども、この信用保証協会のほうでだめになった方が市のほうで、仮にこの1,250万円を中小企業が借りることができるんであれば、こちらのほうも大変にすばらしい政策だと思うんですが、そこら辺の、今後の本当に中小企業を救うためのこういう方策としてどのようにお考えになっていらっしゃいますか。



◎酒井久男産業活力部次長 制度融資の仕組みについて簡単に御説明を申し上げますけれども、市の中小企業資金融資制度につきましては、まず原則が信用保証協会の保証つき融資であるということが条件になります。

 ですから、信用保証協会の保証がとれないという場合に、市の、今回小口でですね、750万円から1,250万円に当たる小口の事業資金も保証協会つきですから、保証協会がつかないと、市の制度融資には申し込みはいただけないということになります。

 あと、金融機関からのプロパー融資を、あるいは政府系の民間人の保証制度がベースになっているところは大変だと思いますけれども、他の融資を受けるという形になると思います。



◆菊田多佳子委員 では、最後ですけれども、ますますこれからも厳しくなりますが、21年度もその影響は必ずあると思いますけれども、どうか、商工課の皆様も大変だと思いますが、懇切丁寧に相談窓口で応対していただきたいと思います。

 以上です。



◆嵐芳隆委員 附属資料の104ページの商工費なんですけれども、産業政策課のところですが、まず先ほどの説明でもありましたが、ふるさと親子祭補助金とどーんと祭補助金ということで1,280万円と出ていますけれども、これの内訳、どちらが幾らで、どちらが幾らかというのをちょっと教えてください。



◎朝比奈昌明産業政策課長 八千代ふるさと親子祭補助金800万円、八千代どーんと祭補助金480万円でございます。



◆嵐芳隆委員 ふるさと祭800万円って、これ直近というか、ここ3年ぐらいの推移はどうなっていますでしょうか。



◎朝比奈昌明産業政策課長 平成17年度から申し上げますと、補助金500万円、18年度500万円、19年度650万円、20年度800万円でございます。



◆嵐芳隆委員 これ18年度から19年度というときは、印旛沼の花火がなくなったときで、こっちに交流人口がふえるという感じだったかもしれませんが、これ20年度にまた800万円、21年度も800万円という予定ですよね。これ今年度と来年度は変わらないということですけれども、ちょっとこれ徐々にふえているんですけれども、その理由をお願いしたいと思います。



◎朝比奈昌明産業政策課長 19年度に650万円になっております。150万円を増額しております。これは市制施行40周年という事業で、そのときに記念事業としまして、クリーンな祭りの実施ということで150万円プラスして実施いたしました。

 それで、20年度800万円、そして今回21年度も800万円で計上してございます。これにつきまして、御存じのように、ふるさと祭につきましては大変人出も多く、交流人口の増加に寄与しているということもありまして、来場者の増加に伴いまして安全面の確保、とりわけ交通安全というような観点から、ガードマン・警備員の配置、それからアルバイト等、その人件費等が非常に大きくかさんできているということから、それに相応した増額ということで800万円としたものでございます。



◆嵐芳隆委員 どーんと祭のほうの経緯は、それもちょっとお願いしたいんですけれども。



◎朝比奈昌明産業政策課長 失礼しました。

 どーんと祭の先ほどお答え漏れございました経費のほうでございますが、17年度、どーんと祭480万円、18年度補助金480万円、19年度530万円、20年度480万円ということで、19年度は、先ほどのふるさと親子祭、花火大会と同様に、市制施行40周年記念ということで、記念事業という冠をつけて50万円ふやしたということでございます。

 それで、20年度につきましては、またもとのとおりの480万円という形で、補助金をもとに戻しているという状況でございます。



◆茂呂剛委員 附属資料の99ページ、園芸振興事業についてお伺いします。

 先ほども園芸王国ちばの事業について教えていただいたんですけれども、今回、この事業というのは県からの補助金だと思うんですけれども、これは昔からあって、それを取り入れていなかったということなんでしょうか。それとも、今回初めて県のほうで創設されたので、当市でもということになっているんでしょうか。



◎五十嵐昭雄農政課副主幹 園芸王国ちばにつきましては、以前からあったものなんですけれども、機械導入ということで新たに導入がありまして、この園芸王国ちばを今回補助金の対象としたものです。



◆茂呂剛委員 では、昨年度まで千葉のオリジナルブランド産地づくり支援事業というふうな補助事業があったと思うんですが、それは、今回こちらのほうを取り入れるので受けられなかったというような形なんでしょうか。



◎五十嵐昭雄農政課副主幹 去年度の千葉のオリジナルブランド産地づくり支援事業につきましては、事業が廃止されましたので、新たにこの園芸王国ちばを採用させていただいたところであります。



◆茂呂剛委員 今回、遊休農地リフレッシュ活用支援事業というのを県のほうから取り入れるような形になりまして、本市のほうでも取り入れていると思うんですけれども、今、八千代市のほうで農地が休んでいるぞというふうに把握している面積等はどれぐらいかわかりますか。



◎立石梅夫農業委員会事務局次長 農業委員会のほうからお答えいたします。

 21年2月1日現在ということですが、田んぼが52.3ヘクタール、それから畑が65.8ヘクタール、合計しまして118.1ヘクタール、これが遊休農地になっております。



◆茂呂剛委員 今回、こちらの補助をすることによって若干は減るかとは思うんですけれども、今年度、大体予想としてはどれぐらいを考えているんでしょうか。



◎立石梅夫農業委員会事務局次長 遊休農地の解消につきましては、これから遊休農地対策協議会というところで、今後どのように遊休農地を解消していくかということを話し合う予定となっております。それから、農政課のほうで遊休農地リフレッシュ活用支援事業とか、そういうのを進めていただいて、実際の数字になってあらわれてくるのは21年度以降ですかね。今のところは、すぐには解消できないような状況です。



◆茂呂剛委員 こちらの補助事業は、県のほうなんですけれども、来年度以降なくなってしまうとか、そういったものは予想はまだわからないですよね。わかりますか。



◎立石眞農政課長 この事業に関しては、平成23年度まで今のところ実施の予定になっております。



◆茂呂剛委員 農業というのは、正直言って時間がかかるものだと思うんです。毎年毎年、単年度では改革というのは難しいのかなと思うので、根気強く、私たちの食ですので、見守っていただくよう指導していただければと思います。よろしくお願いします。



◆塚本路明委員 では、1つだけ、よろしいですか。

 先ほど、ふるさと親子祭の件ですけれども、800万円の補助金が多いのか少ないのかはちょっとわからないんですけれども、全体的な総予算としてはどのくらいで行っているのかつかんでいますでしょうか。



◎朝比奈昌明産業政策課長 20年度でよろしいでしょうか。20年度の事業費3,404万3,503円でございます。



◆塚本路明委員 これはいろいろな方たちで、市として800万円で、このお祭り、市の代表的なお祭りが行われていると思うんですけれども、今たしか実行委員会形式で行われていると思うんですけれども、そこら辺の確認はどうですか。よろしいでしょうか。



◎朝比奈昌明産業政策課長 実行委員会で開催しておりまして、その事業費等につきましては、当然、事業完了報告という中で確認しております。



◆塚本路明委員 1つだけ、このぐらいの規模のお祭りが、主催者が実行委員会形式でのお祭りというのは、私の認識では度を越えているんではないかと。全国的にいえば、明石市とか、お祭りでの大きな事故の可能性というのは常に秘めているわけで、そうすると、その責任の所在がもう八千代市としての規模になっているんではないかというふうに思うんですけれども、そこら辺を、認識のほうを少しお聞かせください。



◎朝比奈昌明産業政策課長 ただいまの明石市の事故、教訓として、八千代市もそれ以降、ふるさと親子祭、花火大会につきましては、八千代市が後援という形で実施しておりましたものを八千代市共催という形で開催し、安全対策面、これにつきましては、八千代市の管理職員160名何がし、この人間を使って、人の誘導であるとか交通の誘導、こういった安全対策面で八千代市は共催してございます。

 それで、祭りの開催のいわゆる実行委員会方式はどうなのかという、その考えはとういうことの御質問だと思いますけれども、現在、実行委員会の小久保名誉会頭、この方が祭りの実行委員会の会長を務めておりまして、今後の祭りの開催方法についてどうあるべきかということを考える場を設けようということを聞いております。近いうちに、そういった懇談会等が開催されるものかというふうに考えております。



◆塚本路明委員 何分、市を代表するお祭りでございます。安全に行われるように要望いたしたいと思います。



◆江野沢隆之委員 附属資料の102ページ、農業研修センター、この施設は農業に関係した施設として大分活用されております。農業研修センター運営事業の第1節、報酬の目的とそれに係る職員の経歴と報償費の目的、これはどんなものかお聞かせください。



◎藤崎和平農業研修センター所長 まず、期限つき任用職員2名がおります。この職員の経歴は、千葉県の県の職員でございまして、農業を専門的に指導していた方々です。あと、ほかにもう一名任用職員がおりますが、こちらも同じ経歴で、千葉県を出て、現在3名おります、農業指導員としてですね。

 それから、あと職員が2名、それと再雇用の職員が1名、これだけで実施しております。

 あと、報酬の内訳は、農業研修センターで行っている各種研修等の講師謝金でございます。

 以上です。



◆江野沢隆之委員 次に、ふるさとステーション、附属資料の103ページです。このステーションの維持管理事業で、光熱水費1,257万円並びに委託料1,122万5,000円、この内訳をお聞かせください。



◎金子実八千代ふるさとステーション館長 まず、需用費の光熱水費1,250万円の内訳でございますけれども、ふるさとステーションで使っております電気料が874万8,000円、空調用に使っておりますガスですけれども、ガス料金が172万2,000円、主にトイレの水道が多いわけですけれども、水道料として210万円でございます。

 次に、13節の委託料1,122万5,000円の内訳でございますけれども、維持管理のために各種業務の委託を発注しております。主なものを申し上げますと、日常的に清掃をシルバー人材センターにお願いしております費用が218万2,000円、それから施設の管理、夜間の管理でございますけれども、180万8,000円、それから緑を維持するための除草、剪定作業でございますが、189万7,000円、ほか14件となっております。



◆皆川知子委員 附属資料102ページです。農業研修センター運営事業等のことについてです。上から5行目、農業ボランティア推進事業とありますが、これはどの程度の実績があるか教えていただきたいと思います。

 以上です。



◎藤崎和平農業研修センター所長 農業養成講座というのがあるんですが、これは11年度から始まっております。現在も続いております。



◆皆川知子委員 市庁舎の1階、ハローワークの前に、農業ボランティア募集のポスターがかかっておりました。今、現状はいろいろ、とにかく雇用対策としての農業と、そういったものに関しての考えがあるかどうかお教えください。

 つまり、農業ボランティアを切り口としてそれを、就労する農業者を育成するというところまで持っていこうとする考えがあるのかどうかを尋ねています。



◎藤崎和平農業研修センター所長 現在は、ボランティアを養成するということで実施しておりますので、切りかえて、お金を取ってやるというようなことは考えておりません。



◆皆川知子委員 これは非常に大事な事業だと私は思っています。

 その下のふるさとステーションの中に市民の農業体験をさせることによって交流を深めるということもありますけれども、この農業政策に関しては、不登校であるところの子供たちを精神的、心身ともに、とにかく一般社会に出て生活していけるだけの素養をつけるに当たり、非常に有効なものであると。そういう観点からしても、この農業の担当課とほかの担当課とのさまざまな意味の連絡、連携等があるのかどうか教えてください。



◎酒井久男産業活力部次長 一般的なお答えになるかもしれませんが、私どもの部としましては、あくまでも農業政策を中心にして考えています。農業も産業の一分野でございますので、これを雇用のほうから考えますと、要するに雇い入れてくれる先の一つの分野にはなりますけれども、いわゆるそちらからの今おっしゃった形のようなアプローチといいますのは、なかなか難しい問題がございます。

 これ、私ちょっと聞きかじりなんですが、いわゆる不登校のような子供たちも、ちょっといろいろ社会に適応するのが難しい方をそういう農業体験をさせることによって、雇用ということよりもむしろ社会に参加してほしい、そういうようなことで、ある民間のそういう団体からお問い合わせ等があったことがあります。ただ、なかなか実態としては難しいというようなお話を伺ったことがございます。難しいというのは、申し入れをしていただいたほうの御判断としてですね。

 ですから要するに、現在のところ、雇用面からの農業分野での積極的なアプローチというのは、産業活力部としてはちょっと今のところは考えておらないということでございます。ちょっと長くなって申しわけございません。



◆皆川知子委員 八千代市に住む子供も青年も大人も、皆さん幸せに住みたいものですから、ぜひとも、縦割りの仕事も大事ですが、横の連携をとって、そういうプロジェクトチームを立ち上げていただきたいということを強く要望して、終わりにいたします。



◆横田誠三委員 附属資料の22ページ、先ほども22ページでお聞きしたんですけれども、商工振興費、下から5行目の商店街共同施設設置事業補助金というのがありますが、商店街に共同施設を設置する事業に対し支援し商店街の魅力ある発展に寄与するとありますが、これは共同施設を設置した年度だけなのか、あるいは共同施設が維持されると、ずっとそれに補助金が出るのか。継続して出るとすれば、幾つぐらいの共同施設に補助が出ているのかお知らせください。

 それからもう一つ、具体例として、例えばこの地域にこういう共同施設があった、ちょっとイメージがなかなかわかないんで、例として何か1つあれば教えてください。



◎齋藤清美商工課長 商店街共同施設設置事業補助金、これについては、アーケード、アーチ、街路灯の設置の経費と、また街路灯の電気代について補助しておりまして、現在21年度は480基ですね、それで96万円の補助ということを考えております。

 以上でございます。



◆横田誠三委員 すみません、ちょっと今ここの文章だけ読むと、今商店街がどんどん寂れているんで、お茶サービスだとか、そういうものをイメージして質問しました。すみません、私の誤解です。

 今、街灯という話が出たんで、ちょっと街灯についてお聞きするんですが、私、八千代台ですけれども、商店街がどんどん寂れていって、商店の数が減っていって、商店会そのものを支えていくのはなかなか難しくなってきていまして、具体的には、今言った街灯をそろそろうちの商店街では面倒を見られなくなりつつ、会費が集まらなくなっているというような状況があるんですけれども、その辺の認識とか、例えばそういうことがあってまちが暗くなってはいけないので、商工会として何かバックアップをするような考え方はないでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 商店街が暗くなったとか、そういう形で、これの補助金につきましては、街路灯の設置についてもございますので、もしあれでしたら、商店会のほうを通じて、あるいは商工会議所も通じて申請していただければ、それも対象になりますし、また電気が消えているとか暗くなっているとか、そういうあれが商店街でございましたら、これが対象になりますので、ぜひ利用していただきたいと思います。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。



◆植田進委員 空き店舗対策事業でプログラム何とか事業というのを立ち上げていたと思うんですが、その進捗状況だけちょっとお聞かせください。



◎齋藤清美商工課長 昨年、空き店舗の関係のプログラムということで、7月に商店会の会長に集まっていただきまして、こちらから空き店舗について、空き店舗の活用ということで投げかける形で会議を設けました。その後も、各商店会長等とも、あるいは商工会議所の会議の中でも進めてまいりまして、これについてある程度研究が必要ということで、21年度は研究期間ということで、その次の年度あたりから、研究した成果を出したいと思っております。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 ふるさとステーションについてお伺いしたいと思います。

 道の駅の向かいの駐車場が閉鎖されまして、厚生水産という企業が出店しているんですが、これはふるさとステーションと何か関係ありますか。



◎金子実八千代ふるさとステーション館長 今お話ありましたように、過去には、私どものほうで借地としてお借りしましたけれども、返してくれということで個人にお返ししまして、その方が厚生水産にお貸ししたということでございますので、特に関係はないと言えばないということでございます。



◆江端芙美江委員 わかりました。

 それと、これ使用料と賃借料なんですけれども、見直しはどのように行われているんでしょうか、伺います。



◎金子実八千代ふるさとステーション館長 失礼しました。

 現在、市の全体の有料施設といいましょうか、使用料の見直し等も行政改革の中で言われております。それで、当然私どもの施設のところも見直しの対象になっているわけでございますけれども、今、対岸の島田地区でふれあいの農業の郷計画が進んでおりますので、それらとあわせまして、施設のレイアウトなり管理者なり、あるいは料金体系なり使用料体系なり、その辺をあわせて見直していきたいというふうに考えておるところでございます。



◆江端芙美江委員 附属資料の3ページの予算編成の基本項目の7というところに、「現行単価が3年以上経過した使用料・手数料については、単価改定に係る見直しを行うこと。」というふうにありますので、この辺の見直しについてもしっかりと守っていただきまして、適正な見直しをしていただきたいなというふうに思います。

 それと、104ページ、商工振興事業についてお伺いしたいと思います。

 ここに、商業活性化推進事業36万円の減額、商店街共同施設設置事業31万2,000円の減額となっておりますが、それぞれの減額の理由と事業内容について伺います。



◎齋藤清美商工課長 商業活性化推進事業補助金の減額についてでございます。これが商業活性化推進事業、11商店会がございまして、そこに補助金を出しているわけですが、そちらをまず細かく言いますと、勝田台北口商店会、こちらのほうが、前年度が45万円だったのが25万円マイナスになりまして20万円になりました。それと、村上中央商店街振興組合、これが20万円でありましたのが2万円減額で18万円、それと大和田駅通り商店会、これが30万円であったものが9万円減額されて21万円、これで36万円の減となりました。

 それから、共同施設のほうでございますが、これが商店街の先ほど横田委員にお答えした電灯、電気のほうですね、こちらの申請が10基減の480基、前年度が490基に補助しておりましたので、その分が2万円の減ということになります。

 以上でございます。



◆江端芙美江議員 商店街の活性化推進事業というのは、商店街にそういうふうなお金を支援しているというだけですか。そういうだけの事業ですか。



◎齋藤清美商工課長 この事業につきましては、商店街のにぎわいの創出のための催し物、また活性化のための調査研究に係る事業に対して補助するものでございまして、これについては、例えば八千代台西口商店街ですと歳末イベントを楽しむ抽せん会、あるいは八千代台駅東口商店街ですと秋祭り歩行者天国ということで、これを実施することによりまして若干衰退している商店会を活性化させて、一回この祭りに来た方についてはまたリピーターとして買い物に来ていただくとか、そういったことを考えて実施しているもので、市で補助しているものです。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 この商店街の施設の街路灯の電気料の補助ということですけれども、商店街別の事業の予算額と積算根拠についてお願いします。



◎齋藤清美商工課長 誠に申しわけありませんが、細かい事業についてはちょっと手元に持ってきておりませんが、施設設置1団体事業費の3分の1、上限1,000万円ということ、あと電気代は2分の1、1基当たり上限2,000円で、こういう補助金でございます。



◆江端芙美江委員 これ商店街別に補助率がばらばらになっていると思うんですけれども、その辺についての、何で統一されていないのかということをお尋ねしたいと思います。



◎齋藤清美商工課長 これについては、電気については各商店会から、ついている電灯がそれぞれ個数が違いますので、予算の段階以前に各商店会から申請いただいて、それに基づいた480基ということになっております。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 では、その個数によって違うということですね。

 これ、電気代の補助のほかに、どういう事業に対して補助が出るんですか。補助を受けられるような対象の事業について。



◎齋藤清美商工課長 先ほどと重複いたしますけれども、今現在は電気代の補助になっておりますが、そのほかアーケード、アーチ。街路灯は先ほども言いましたけれども、アーケード、アーチ等も補助金の対象になります。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 これは、あくまでも施設の設置事業に対する補助ですね。



◎齋藤清美商工課長 そのとおりでございます。



◆塚本路明委員 1つだけ。

 本市におきましても、農業というのは本当に大きな産業の一つだと思いますけれども、どうしても減反政策とか農業離れというのが進んでいると思われる中で、農業研修センター、そのあり方についてですけれども、農業経営者たちの支援とか振興に関してどのぐらいの力を入れているのか。その中で、資料がありましたらでお願いできれば、施設の使用者数とか稼働率の近年の推移というのはどうなっているんでしょうか。



◎藤崎和平農業研修センター所長 まず、私どもの事業ですが、各種研修を実施しておるわけですけれども、まず都市と農村の交流を目的とした研修会、これが6件ございます。それから、農村の担い手を育てるための研修として4件実施しております。

     〔何事か呼ぶ者あり〕



◎藤崎和平農業研修センター所長 1年間を通してやるものと……



○坂本安委員長 勝手にやりとりしないでください。



◆塚本路明委員 期間をお願いします。



◎藤崎和平農業研修センター所長 研修によって違いますけれども、短いものであれば1カ月に1回とか2回、それから長いものであれば半年とか、10月から11月、3月ごろまでやるものもあります。研修によってばらばらなものですから、1年単位とかということじゃなくて、研修によって短いものもあれば、長くやるものもあります。



◆塚本路明委員 来場者数とか、統計はとっていないんでしょうか。



◎藤崎和平農業研修センター所長 統計ですね。農業研修センターの利用状況でございますが、部屋ごとに言ったほうがよろしいですか、それとも総体でよろしいですか。



○坂本安委員長 好きなように答弁してください。



◎藤崎和平農業研修センター所長 利用者数は、2月末現在で574件、人数で1万170人です。

 また、内訳ですが、研修センター主催のものが142件、人数で1,334人、農業関係者16件、354人、それから市あるいは公的機関が使用したもので48件、1,059人です。それから、その他一般の方368件、人数として7,423人です。



◆塚本路明委員 メーンに聞きたかったのは、農業という産業に携わる人たちがその施設を使って、それが近年どう推移してきたか、ふえているのか減ってきたのかというのをちょっと知りたかったんですね。



◎豊田和明産業活力部長 平成19年度と20年度で比較して申し上げます。農業関係者の利用件数、19年度が17件、342人、先ほど申しましたが、20年度2月末現在で16件、354人でございます。

 したがって、2月末現在ですので、昨年度とほぼ同数というふうに理解しております。



◆菊田多佳子委員 予算書の104ページなんですけれども、労働諸費の中に、本年度1,565万1,000円、前年度が1,593万1,000円ですね。労働諸費の中の雇用対策事業というのがございます。予算書105ページ、412万2,000円と計上されていますね。

 すみません、ちょっとここ1点お聞きいたしますが、この雇用対策事業で412万2,000円となっていますが、先ほどちょっと聞こえなかったので、ここちょっともう一度お願いいたします。



◎豊田和明産業活力部長 内訳でございますが、主なものといたしましては、内職相談49万5,000円、高年齢者等雇用促進奨励金93万円、中小企業退職金共済掛金補助金182万6,000円などでございます。



◆菊田多佳子委員 この中小企業退職金制度というのは、現在までどのくらいあるんでしょうか、何社なんでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 約30社ございます。



◆菊田多佳子委員 では、最後になりますけれども、この退職金制度、福利厚生面でとても大切だと思うんですが、今後こういう中小企業の退職金制度ですね、これをもっとふやしていくというか、そういうあれはいかがでしょうか。



◎齋藤清美商工課長 私も、商工課にもパンフレットを置いたり、あるいは中小企業の制度融資の申込者を勧誘したり、あるいは中小企業退職金制度と同時にやっているんですが、特定退職金共済といいまして、商工会議所のほうでやっている退職金制度もこの補助の対象になっておりますので、会議所も通じて、ホームページあるいは会議所の新聞ですね、そちらのほう等でもPRして、中小企業者がどんどん加入されて、退職されたときにきちっと退職金が払えるような形になるようにPRをしておりますし、していきたいと思っております。

 以上でございます。



◆菊田多佳子委員 中小企業の働いている方の福利厚生はとても大事だと思いますので、なるべく1社でも多くできるように、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○坂本安委員長 ほかに質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で産業活力部所管事項及び農業委員会費に対する質疑を終わります。

 この際、暫時休憩いたします。

 3時より再開いたします。御苦労さまでございました。

               午後2時29分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後3時00分開議



○坂本安委員長 それでは、休憩前に引き続き会議を開きます。

 都市整備部所管事項について審査を行います。

 執行部の説明を求めます。

     〔小杉富康都市整備部長説明〕



○坂本安委員長 以上で説明を終わります。

 これより質疑を行います。

 質疑ありませんか。



◆菅野文男委員 何点かお聞きします。

 8款3項の3目砂防費、急傾斜地について聞きます。

 頼んでおいた図面、用意してくれましたか。

 資料の請求を、先にお願いしておいたんですよ。



○坂本安委員長 委員長に断りなくですか。

 資料の請求は委員会で諮ることになっているんで。



◆菅野文男委員 では、皆さんに諮っていただけますか。



○坂本安委員長 いや、だから、何の資料を請求しているのかわからない。



◆菅野文男委員 市内の急傾斜地の所在地、何カ所で、こういうふうにあるぞと、口じゃなしに図面で欲しいということで頼んでいたんだけれども、用意してあるかどうか確認してください。



○坂本安委員長 菅野委員からの資料請求について、委員の皆様の提出を求めることに賛成の諸君の挙手をお願いいたします。

     〔賛成者挙手〕



○坂本安委員長 挙手全員でありますので、ただいまの資料について執行部のほうで用意してありますか。

 あったら、提出をお願いします。

 では、事務局配って。

     〔資料配付〕



○坂本安委員長 暫時休憩します。

               午後3時14分休憩

            −−−−−−−−−−−−−−

               午後3時16分開議



○坂本安委員長 休憩前に引き続き会議を開きます。

 資料の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



◆菅野文男委員 先ほど部長の御説明であったところの、今年度の予定である吉橋はどこの位置になるか教えてください。



◎森田陽一土木建設課長 今回は、八千代市の吉橋地区で行う事業でございます。場所的には、県道船橋印西線、八千代西高校入口、「ぐるっと号」のバス停でいきますと、高本入口付近で行う事業でございます。

 この事業の内容につきましては、工事費として2,700万円、県の補助金として800万円の県の補助事業としてやる予定でございます。

 地図でいきますと、ちょっと見づらいんですが、吉橋の工業団地よりも、地図の上でいきますと上のところで、おわかりでしょうか。

 今回、この地図について御説明させていただきます。この新しく制定されました土砂災害防止法というのは、土砂災害警戒区域における土砂災害防止対策の推進に関する法律ということで平成12年に制定されまして、千葉県のホームページの中で閲覧できます。

 その内容について、八千代市の土木建設課のホームページの中でも、ここまで詳細ではございませんが、箇所としてわかるようにホームページで閲覧できます。ホームページの中の資料をここで今回印刷物にしてありますので、詳細につきましては、県のホームページで見ていただきますともう少し詳細にわかるかと思います。県のホームページでは、箇所の地番、それから名前ですか、そういうものとリンクできるようになっておりますので、そちらで調べていただくようお願いいたします。

 以上です。



◆菅野文男委員 ちょっと場所がわからないんで、ナンバー言っていただけます、今回の吉橋の現場。



◎森田陽一土木建設課長 ?‐1268です。桑納川に出る田んぼ沿いのところで、県道船橋印西線のところでございます。



◆菅野文男委員 質問続きます。

 これ、ばっと見て、ちょっと数だけ教えてみてください。



◎森田陽一土木建設課長 土砂災害防止法によります箇所としましては、地すべりと急傾斜地と、それから土石流という3つの災害があるわけですが、八千代市の中では、急傾斜地と地すべりがございます。地すべり地区は、八千代台に1カ所ございます。それと、急傾斜地の危険箇所ということで66カ所、箇所づけされております。ですから、地すべりと急傾斜を合わせますと、67カ所ございます。

 この地図の中では多少ラップしているところがありますので、詳細は、先ほど言いましたインターネットで御確認していただければありがたいと思います。

 以上です。



◆菅野文男委員 そうすると、67カ所、これはマーキングしてあるのは、全部工事が完了済み、それとも1カ所はことしやるわけですね。これは、やってあるのとないのとのあれを、大ざっぱでいいですけれども、割合。全部やった後で、いや、最後吉橋だよとか、そういう答え下さい。



◎森田陽一土木建設課長 先ほど言いました土砂災害防止法、これはソフトなものの法律です。ここに今書いてある箇所は、まだそこによって指定されたものじゃございません。指定の手続は千葉県で行います。

 指定されますと、土砂災害警戒区域と土砂災害特別警戒区域に分かれます。土砂災害警戒区域になりますと、防災の情報をいち早く伝える方法だとか、警戒避難体制の整備を図るということになります。それから、特別警戒区域になりますと、開発行為の制限だとか建築の制限がございます。今言ったのは、ソフトなものです。

 砂防3法と言われるんですが、急傾斜地の崩壊による災害の防止に関する法律、昭和44年の制定の法律ですね。それと、地すべり等防止法、昭和33年の法律です。それと、砂防法というのは明治の法律なんですが、これが砂防3法と言いまして、この法律に基づいて各事業が展開されます。

 八千代市の中では、急傾斜地法に基づいてやっている箇所が、地すべり1カ所と合わせまして34カ所で今事業展開しております。

 以上です。



◆菅野文男委員 歴史的に、それから多面にわたっての法律の背景、御説明いただいてありがとうございます。私は、それも必要なんですけれども、端的に例えば砕いた話で、こんなところが急傾斜地だよというようなこと、例えば私の八千代台東では、上も下も人が住んでいるんですよね。ですけれども、上も下も人が住んでいなかったら、そこらの山だと思うんですよ、里山だと思うんですよ。その辺の区分けを、あると思うんですけれども、それ言えたら言ってみてください。



◎森田陽一土木建設課長 急傾斜地法で言う急傾斜地とは、斜度、傾斜度ですね、これが30度以上の土地を急傾斜地と呼んでおります。その中で、先ほど言いました県のホームページ等を見ていただければありがたいんですが、危険区域1、それから危険区域2、その他の3というふうに3つに分かれております。それは、被害が想定される箇所で、人家、それが5戸以上のものとか5戸以下のものとか、それから人家がないけれども危険が及ぶというふうに想定されるエリアがある斜面地、そういうものに分かれております。

 以上です。



◆菅野文男委員 これで皆さん見てもらうと、八千代台のところに2カ所ありまして、赤いマーキングしているのが多分、お返事なかったけれども、砂防ですか、砂が流れるとか、地すべりか。



◎森田陽一土木建設課長 地すべりでございます。



◆菅野文男委員 そのちょっと上側が細長く同じ程度の規模のところがあって、?‐0077、いいナンバーの77、これ実は私住んでいたところで、私住んで45年なんですけれども、5年間で2回台風で土砂崩れがありまして。それで、1回目が線路のまくら木、2回目が間知ブロックで、私知っている限りでは7,000万円ぐらい大変な金かけていただいたんですけれども、これ全部で、大ざっぱでいいですよ、今までこういう施策をするためにどのぐらいかけてきたか。50億円以上だとか、私の推測ではそのぐらいいっているんじゃないかと思うんですけれども、どうでしょう。



◎森田陽一土木建設課長 申しわけございませんが、過去の建設投資額ですか、これについては調査しておりませんが、整備率で申しわけございませんが、回答させていただきます。

 34カ所、先ほど事業中ということでお話しさせていただきました。34カ所の距離であらわしまして、整備が必要な延長は7,843メートルございます。このうち、平成20年度末で整備が完了するものを含めまして完了となるのが5,294.6メートルとなります。

 ですから、整備率としては67.5%ということで、よろしくお願いします。



◆菅野文男委員 先ほどの?‐0077、これ私ずっともう毎日見ているわけなんですけれども、あれだけ7,000万円、当時7,000万円だから、今その4倍ぐらいかかっていると思うんですよ。大工事やっても、月日の経過とともに大分傷んできて、少しまだ心配まではいかないけれども、心配の手前ぐらいなんですけれども、これだけの5,200メートルの後先、長年の施策でございますから、経年が違うとは思うんですけれども、多分見回りとか何というか、そういうのを維持管理、そういうものをやっていらっしゃるかどうかまず聞きたい。



◎森田陽一土木建設課長 通常業務の中の点検業務としては、自治会とか近くの方からの通報とか、そういうもので把握させていただいていますが、6月の長雨の入る前に土砂災害のパトロールということで、八千代市の職員、それから八千代警察署、それから千葉県、それから千葉県がお願いしていますNPOの団体、そういうものでパトロールを実施しております。

 以上です。



◆菅野文男委員 私としては、要望どおりの図面が来たんで満足しているんですよ。多分、皆さんのセクションではないんですけれども、洪水のハザードマップができてくるんで、これに塗りつぶされて低地に水が来るような状況ができるだろうなと思います。そういうときにも、皆さんのセクションは土木と関係しているんで、また今までどおり御精励ください。

 以上。



◆茂呂剛委員 建築指導課の方にちょっとお伺いさせていただきます。

 まず1点、今回、附属資料の115ページ、こちらに木造住宅等耐震診断費補助金というふうな形に書いてあります。こちらの額は幾らぐらいなんでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 附属資料の115ページの細目内訳の一番下の欄に補助金193万円という計上がございますが、そのうちの180万円が木造住宅の耐震診断補助にかかわるものです。1件当たり6万円の補助、30件分を想定させていただいております。



◆茂呂剛委員 ちなみに、八千代市で木造住宅というのは何軒くらいか把握しているんでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 耐震改修促進計画をつくる中で調べた資料がございますが、今手元にございませんので、数字、今の時点で申し上げられません。



○坂本安委員長 それはすぐわかりますか。



◎百瀬登展都市整備部技監 ちょっと時間いただきたいと思います。



◆茂呂剛委員 こちらの耐震は、約30件ぐらいというふうな形で考えているということだったんですけれども、現状として予算のほうが厳しいということで、このような金額に抑えたのでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 平成19年度から制度ができまして、30件ずつの予算要望をさせていただいています。

 実績といたしまして、19年度で14件、今年度はちょっと減りまして6件の申請となっております。ホームページ等の広報に加えて、今年度は自治会に直接お手紙等出したりして広報を図っているところですけれども、ちょっと数字としては私どもの予定しているよりも少ない実績というのが現状でございます。



◆茂呂剛委員 市民の財産等を守るので必要な事業だと思うんですけれども、今市財政が非常に逼迫していますので、適材適所にできるような考え方もしていただければと思います。

 続きまして、よろしいですか。

 同じく建築指導課のほうで、市営住宅のことについてお伺いさせていただきます。119ページです。

 今回、市営住宅の額が大幅に上がってきていると思うんですけれども、今現在、八千代市の市営住宅の戸数を再度ちょっと確認の意味で教えていただければ。



◎百瀬登展都市整備部技監 121戸でございます。



◆茂呂剛委員 今年度はこれがふえるというふうなことでこのような金額になっているのでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 予定といたしまして、19年度から行っております機構住宅の借り上げを今年度2戸実施しようとしております。それの借り上げ費がふえるということにあわせまして、今年度は第二ほしば団地の屋上防水改修工事という若干大がかりな工事をスポット的に予定させていただいていますので、金額がふえた形となっております。



◆茂呂剛委員 昨今の景気の状況とか、こういうふうな市営住宅を希望される方というのが今後ふえるのではないかなとは思うんですけれども、実際のところ、募集をしたときに大体どれぐらいの方々が応募してくるのかわかるんでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 昨年度2回、延べ13戸の募集を行いまして、21人の方の応募がありまして、平均倍率としまして1.69倍となっております。



◆茂呂剛委員 ことしもまた、先ほども申しましたけれども、厳しい状況ですので、また今後ふえる可能性もありますので、もし可能性があれば、一戸でもふやしていただければなと思います。



◎百瀬登展都市整備部技監 すみません。木造住宅の件を今お答えさせていただいてよろしいでしょうか。

 民間住宅が6万4,600戸、そのうち木造住宅が1万1,700戸。1万1,700戸という数字は、新耐震以前の旧耐震基準、いわゆる耐震診断の対象となる戸数として1万1,700戸という数字を前提に耐震改修計画を策定させていただきました。



◆茂呂剛委員 ありがとうございます。

 続きまして、公園緑地課についてちょっと教えていただきたいんですけれども、昨年、公園内で子供がけがを負う事故が発生いたしましたが、遊具・施設等の点検にかかわる予算、どれぐらいあるのか。変化があったのか教えていただければなと思います。



◎古木明良公園緑地課長 昨年7月に公園内事故がありまして、それ以降いろいろ点検等やって、来年度の予算ですけれども、一応540万円。これに対して、214カ所の公園。これは、今年度までは大体214カ所を半分に割りまして、100カ所程度を隔年で専門の定期点検を行っていたんですけれども、21年度以降においては、一応毎年定期的な点検を専門家によってやっていこうという考えでおります。

 以上です。



◆茂呂剛委員 公園とかそういったもので、子供の安全等を守るので、定期的にやっていただければなと思います。

 ちょっと視点を変えまして、今、指定管理者のほうで野球場とか総合運動公園を、それも管理はこちらですよね。野球場の管理についてお伺いさせていただきます。

 ごらんのとおり、今、八千代市には陸上競技場がございません。その関係で、中学校、小学校の総合体育祭を野球場でやっているんですけれども、実際のところ、私も野球場で野球をやったりとかしますけれども、ちょっと芝生等、結構むらになってしまっているのかなと思うんです。こういった設備点検にはお金は入っているんでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 指定管理者の業務の中に野球場そのもの全体がすべて含まれておりますので、うちのほうで指導等は行っておりますけれども、これから以降、細やかな形でのその辺の球場の芝生の管理含めて、ちょっと見ていきたいと思いますし、指導していきたいと思います。よろしくお願いいたします。



◆茂呂剛委員 ぜひ、正直この場で言うとまずいのかもしれないですけれども、高校野球の選手が、八千代球場では負けたくないということを言っていまして、なぜなのかなと思ったときに、負けるんであれば、きれいなところで負けたいというふうなことを言っていた球児がおられましたので、ぜひ、ラバーとかも何年に一度は必ずペンキとか塗りかえなければならないと思うんですけれども、指定管理者のほうの中にはそういった委託料というのまで十分入っているのかどうか、入っているとは思うんですけれども、いま一度都市整備部のほうで指導していただければなと思います。

 以上です。



◎古木明良公園緑地課長 いろいろ御迷惑かけて申しわけありません。

 今現在、そういう修繕とか工事については基本的に指定管理者業務からは外して、小規模な修理とかそういうものについては管理者のほうでやっていただくという形になっておりますので、当然大規模的な改修等については市のほうでやらなければいけないことですので、それは順次計画立ててやっていく形でおります。よろしくお願いいたします。



◆伊東幹雄委員 附属資料の117ページの、現状、これから予算執行したときの進捗状況はどういうふうになるか教えてください。



◎大河内義昭都市整備課長 117ページの大和田駅南地区土地区画整理事業の件につきまして、執行状況、現況の状況でよろしいですか。

     〔何事か呼ぶ者あり〕



◎大河内義昭都市整備課長 大和田駅南地区の大きな予算としましては、13節委託料、これは物件算定、要するに家屋を移転させるための、家屋が幾らかかるかということの算定委託が主なものでございまして、そのほかに事務所のいわゆるセキュリティーとかいろいろなものが入っておりますけれども、基本的にはその形で、委託料が、物件算定委託料で178万5,000円、これで……

     (「事業の進捗率」と呼ぶ者あり)



◎大河内義昭都市整備課長 進捗率だけでよろしいんですか。

 今年度実施すれば、事業費としては93.3%ということです。



◎藤代重幸都市計画課長 街路の進捗状況のほうを説明させていただきます。

 現在、八千代市では4本街路事業を実施しております。

 初めに、8・7・2号線。これは八千代中央から緑が丘方面に向かって東葉高速の側道という形で、自転車・歩行者道路、これの整備なんですが、これにつきましては進捗率が93.08%。

 3・4・6号線。これは武石インターから八千代西に入りまして、防衛省官舎、それから消防本部、それから3・4・1号にぶつかるところまで、これを3・4・6号線と言っております。これにつきましては進捗率が69.72%。

 それから、3・4・1号線。これは新木戸上高野原線ということで、市役所の前の通りなんですが、これにつきましては進捗率が92.91%。

 それから、3・4・12号線。これは八千代台南から勝田台へ通る道路でございますが、これにつきましては進捗率が78.98%でございます。

 以上です。



◆伊東幹雄委員 それで、おのおのの街路建設のほうだけれども、移転が難航しているように聞いているんだけれども、どういう状況なのかしら。



◎藤代重幸都市計画課長 3・4・1号線につきまして、現在、県施行で未同意者といいますか、それが1件。それから同じく3・4・1号線の市施行分があるんですが、これについても未同意者が1件おります。県施行につきましては、県の収用委員会のほうに諮りまして、収用委員会の中で委員さんのほうから、今回地権者への説明の中で、地権者の方が高齢というようなことがございまして、その地権者の方に再度よく千葉県から説明をして、その中で同意をいただいたほうがよろしいんじゃないかと、そういう意見が収用委員会のほうでありましたものですから、平成21年3月末まで、収用委員会といたしましては裁決をしないと。それまでに千葉県と未同意者の方がよく協議をして、それで同意をしていただく、そういう方法を3月まで待ちますというのが3・4・1号線の状況でございます。

 それから、3・4・12号線、これにつきましては、現在、土地を取得するために約三十数件の方がまだ残っておりますので、これについては順次土地のほうを買収していきたいと、そういうふうに考えております。

 それから、3・4・6号線、これにつきましては、県事業と市事業ということで分かれておるんですが、県事業につきましては、武石インターから来まして、八千代台西に入った場所が県施行で現在行われているところなんですが、これにつきましては、相続関係や、あと墓地、それから区分所有権のマンション、これらがあるということで、ちょっと用地買収に難航しているという状況がございます。

 それから、同じく市施行なんですが、これは消防本部から来まして、ちょうど突き当たり、成田街道にぶつかるところなんですが、ここについては現在3名の方がちょっと了解をいただけないということなんですが、この中の1人の方が、できれば近隣にある程度の土地を何とか取得できないかと、そういう要望が市のほうへ来ていますので、それについては市のほうも近隣でそういう場所があればということで、今検討しているところでございます。

 それから、8・7・2号線なんですが、これにつきましては、現在八千代中央から京成バラ園のところにつきましては、暫定的ではございますが、一応整備のほうが終わっております。京成バラ園から大師霊園のところ、この区間でまだ3名の方の同意がいただけない状況でございます。これにつきましては、1名の方がおおむね了解をいただけるということで、平成21年度に雨水の排水工事ということで210メートルほど、大師霊園のところからバラ園のところまで、その工事を21年度で実施したいと、そのように考えております。残りの2名の方につきましても、うちのほうも早急に開通させるために、今後とも土地収用ということは別として、引き続き交渉に当たっていきたい、そう考えております。

 以上でございます。



◆海老原高義委員 附属資料の、今の伊東委員と同じように117ページ。この大和田駅南地区土地区画整理事業の6,200万円。この問題は、内容を見るとよくわかるんですが、その中の、あれも62年から始まって、今現在、もう二十数年たった中のこの21年度の予算の中で、やはりこう見ていますと、改札口の近所は全部物件の移転が終わって、あと4件残っている。この問題について、今課長のほうから説明があった進捗率は93.3%。そういう中のこの4件というものについては、この中の、6,200万円の中に入っているのかどうか、ちょっと聞かせていただきます。



◎大河内義昭都市整備課長 この当初予算の中には4件のいわゆる移転費とか、そういったものは含まれておりません。



◆海老原高義委員 これはあくまでも使用料及び賃借料、それから工事請負費、これはやっぱり整備の道路とかそういう撤去したところの整備の中で、この6,200万円という金は充ててあるわけだな。



◎大河内義昭都市整備課長 そのとおりでございます。

 20年度で撤去したところの道路工事等の工事費でございます。



◆海老原高義委員 じゃ、最後に本当に4件になりましたよね。その問題についての合意はまだ得られていないと。今後どのようにした形の中で取り組んでいくのか、そこらを聞かせていただければ。



◎大河内義昭都市整備課長 現在、そこの最後の4件ほどあるんですが、その地主さんは1人でございまして、借家人と申してよろしいんでしょうか、その方々といわゆる大家とたな子さんの話し合いを進めていただいております。

 その4件、仮に4件の方、4名の方が借家で借りているところが、今度代替で移るところについて、借地人の届け出をされておりませんでした。私どもの事務所のほうにですね。ですから、私のほうの権限でAさんはここ、Bさんはここというふうに割り振りができません。ですから、あくまでも地主さんといわゆるたな子さんとの話し合いで分配を決めていただくと。その話し合いの間に現在弁護士さんが入っていただいて話を進めていて、たまに事務所のほうへ来て相談なされている状況です。



◆海老原高義委員 確かに地主さんは1人ですよね。その3件は借地でやっていますよね。それはやはり地主さんが代替を求めたところに−−地主は代替を求めているんでしょう。そこらはどうですか。



◎大河内義昭都市整備課長 その土地の中に地主さんのいわば店舗もございますので、地主さんの取り分もあるということでございます。



◆海老原高義委員 これは大体先は見えました。そういう形の中で、62年から始まって二十数年たったものの中で、先は見えてきましたけれども、よりよいやはり区画整理をしていただいて、5.3ヘクタール、全体の仕上げを早急にしていただいて、北側のほうについてやっぱりどういうふうにするか。副市長もいらっしゃる、小杉部長もいらっしゃる、そういう皆さんスタッフの中で、北側についても今後どのような形の中で、まちづくりの中で大和田の商店街って死んじゃっているんですよね。もう死に体ですよ。ですから、そういういろんなものの中の活性化を図る意味からも、土地活用の意味からも、やはり北側のいろんなものについても取り組んでいただければなと。これはお願いしますよ。

 それともう一つ、この下の3・4・12号だけ聞きますけれども、進捗率が78.98%ですか。三十数件の移転がまだ必要であるということですけれども、これは駅のほうから進めるという形の中で−−委員長、いいんですか、これ。



○坂本安委員長 どうぞ。



◆海老原高義委員 進めるよということで、これもやはり了解の得られないところがあるということを聞いていますけれども、やはりあそこの区画整理と同じで、この3・4・12号も絡んできているんですね。ですから、旧東洋バスのところで私一般質問にも出していますけれども、あそこを早く整備した中で、これは事故が起きますよと警察のほうでは言うかもしれませんけれども、何らかの交通のいろんなものを、ガードを、バリケードをやった中でも、あそこの交差点ぐらいは整備するような形の中で、あそこはもう移転は済むようになっているんでしょう。ちょっと聞かせてくれる。



◎大河内義昭都市整備課長 交差点の大和田駅方向からいきまして右斜め角にある商店、それは今月中に解体がなされるという段取りでございます。



◆海老原高義委員 あそこの角ね。あそこ3件か4件ですね。裏側にも毛糸屋さんみたいな、そういうのもありますね。あれが全部了解したわけ。



◎大河内義昭都市整備課長 そうでございます。



◆海老原高義委員 じゃ、それだったらそこを、課長、部長もね、よく聞いていただいて、あそこだけでも整備していただくと、非常に交通のいろんな、左右の交差点のいろんな形の中の整備ができれば、交通のいろんな形が妨げられないで済みますよ。ですから、ぜひひとつそういうものに取り組んでいただいて、その4件のあれはいつごろ撤去する予定なんですか。



◎大河内義昭都市整備課長 そちらのほうから解体の工程表が上がってきたのは、あしたあたりから解体に入るということを聞いております。



◆海老原高義委員 これはこの中の工事請負費の中に入っているんですか。それともこの中には入っていないわけ。



◎大河内義昭都市整備課長 解体はあくまでも、いわゆる地主さんのほうでやりますので、この工事費の中には含まれてございません。



◆海老原高義委員 幾ら幾ら、物件の移転をこうするよという補償はしても、その中でやってくださいということですね。

 それ、あしたあたりからやるの。



◎大河内義昭都市整備課長 そういうことでございます。



◆海老原高義委員 いろんな形の中で、委員長、この問題も大和田の駅という周辺について、もうちょっと土地活用をしましょうよ、皆さん。やっぱり税金も上がらないんだから。近隣商業地域で2階までなんていうのは、いまだないですよ。ですから、5.3へクタールという、これは整備は済んで、やはり北側についてはどうしていくかというのは今後の課題だと思いますけれども、土地活用をして、もっと税収を上げるようにしましょうよ。そういうものに取り組んでいただくことをお願いして、私の質疑を終わります。



◆江端芙美江委員 8の4の1、公共施設循環バス運行事業について伺います。

 平成9年度から公共施設の交通手段といたしまして「ぐるっと号」を運行しております。4コースで4,800万円という補助金が計上されておりますが、昨年度も同じ金額がついております。この補助金の額について、ここ数年変動がありましたでしょうか。



◎藤代重幸都市計画課長 平成17年度が4,749万7,443円、平成18年度が4,800万円、平成19年度が4,498万4,919円。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 19年度に「ぐるっと号」の今後のあり方を検討するための業務委託が行われていると思いますが、委託の事業内容について伺いたいと思います。



◎藤代重幸都市計画課長 平成19年度に、「ぐるっと号」につきましては平成10年度の3月に運行を開始しましてちょうど10年がたつということで、市内のバス利用者及び直接は利用していない方について、アンケート調査等を実施した事業でございます。



◆江端芙美江委員 検討委員会が設置されていると思いますが、検討内容と今後の対応について伺いたいと思います。



◎藤代重幸都市計画課長 現在、平成20年度に八千代市地域公共交通会議を設置いたしまして、会議のほうを2回実施しております。

 1回目が平成20年度の10月に行っております。これの主な内容につきましては、今回新しく委員の方を委嘱してございますので、公共交通機関の事業者、それから市民という形で市全域7地区に分けていただきまして、その7地区の代表の方を市民の代表ということで参加いただいています。それから国、県、警察、それから行政機関で構成する18名の委員で構成しております。

 第1回目の中では、見直しに至った経緯、それから現状、要望、課題等を説明をいたしております。見直しに当たっての基本的な考え方について説明をしております。

 第2回目の会議を平成21年2月に実施しております。この中では、見直し案ということで事務局より案をお示ししまして、これについて各委員さんより意見をいただいております。

 今後の予定につきましては、その見直し案の中で各委員さんより意見をいただいておりますので、その辺を踏まえまして、第3回目の会議をできるだけ早く開催したいと考えております。

 以上でございます。



◆江端芙美江委員 この「ぐるっと号」、運行から10年が過ぎまして、交通不便の地域への足の確保ですとか、また財政負担の軽減など、いろんな角度からの見直し案が18名の委員の皆さんから出ていると思います。本当に「ぐるっと号」、皆さんに便利に使っていただけるような、そういうすばらしい交通事業にしなければいけないと思うんですが、今、デマンド交通システムというのが大変注目を浴びております。

 ちょっと御紹介をさせていただきますけれども、このデマンド交通というのは、一定の区域内で乗り合いタクシーなどを運行して、電話予約に基づいて、自宅や指定場所に順次立ち寄って利用者を乗車させて目的地まで運ぶ交通サービスシステムのことを言うんですけれども、これは運行時刻や乗降場所が決められている路線バスとは異なりまして、利用者が希望する時間帯に、それぞれの目的地までドア・ツー・ドアで移動ができると。このために高齢者だとか障害者だとか、そういう方たちにとって路線バスの停留所まで歩くのが困難だった人たちの外出が大変楽になるという利点があります。また、自治体にとりましても住民のニーズに合わない路線バスなどの運行を見直して、財政負担を軽減できる上、地元の商工業者にとりましても、お店まで買い物に来てくれる契機となったり、また乗り合いタクシーなどを運行する交通関係者にとりましても、日中の保有車の有効利用などが期待ができるというシステムで、市民サービスの向上ですとか商店街の活性化、経費の軽減などを図るためにデマンドバスの導入を検討をしている自治体がかなり出てきていると聞いております。

 さまざまな検討委員会の中で検討される中に、このデマンド交通の御意見というのは出ておりますでしょうか。



◎藤代重幸都市計画課長 委員御指摘のとおり、デマンドバスについては非常に利便性があるということは認識はしておりますが、今回の検討会議の中では、デマンドについて特に今までの中では意見という形では出てきておりません。



◆江端芙美江委員 この「ぐるっと号」の今のシステムだけでは、市民のニーズにこたえることはできないと思いますので、先ほども申し述べましたように、大変利便性のあるメリットの多い交通システムになっておりますので、ぜひそれを検討していただきまして、このデマンド交通システムの導入に向けても前向きに検討していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

 それと、公共交通対策事業についてお尋ねいたします。

 これは勝田台北口広場における混雑の緩和及び交通安全の確保ということになっておりますけれども、これについて、事業内容と予算額についてお伺いしたいと思います。



◎藤代重幸都市計画課長 勝田台北口の関係だと思いますが、勝田台北口の借地料につきましては、現在、勝田台北口は非常に狭いということがございまして、今までの意見の中で、北口のバス事業者に対して、ある程度の負担等というお話が過去に出た経緯がございますので、それに基づきまして、勝田台駅北口につきまして、今回144万円という形ではございますが、新しく計上をさせていただいております。料金の算定方法につきましては……

     〔何事か呼ぶ者あり〕



◎藤代重幸都市計画課長 失礼しました。1,139万円の勝田台北口の借地料のお話ということでよろしいでしょうか。

     (「はい」と呼ぶ者あり)



◎藤代重幸都市計画課長 失礼しました。これにつきましては、村上団地が昭和51年6月に団地として入居が開始されて以降、当時の日本住宅公団、現在の都市再生機構が用地の一部という形で借りてきた経緯がございまして、平成6年に公団が村上団地に係る事業はすべて終わったということがございまして、それ以降に市による有償の借地という形で現在まで来ております。

 平成20年度から都市計画課のほうが窓口になりまして、この1,139万円の負担をしていると、そういうことでございます。



◆江端芙美江委員 過去の経緯はわかりました。これ、勝田台北口のバスの折り返し地点の用地は、要するにバス会社から使用料を1,139万円をいただくことで解決をしたということでよろしいんでしょうか。



◎藤代重幸都市計画課長 これは、あくまでも勝田台北口の駅前広場が狭いということで、借地料ということで1,139万円をお支払いしているということでございます。



◆江端芙美江委員 それでは、借り上げ料の案分についてちょっとお聞きしたいんですが。



◎藤代重幸都市計画課長 これは、算定という形でいきますと、千葉県の積算基準に基づきまして、借地料の土地評価額の5%を基本的に……



○坂本安委員長 答弁者に申し上げます。

 質問の要旨をきちっと把握した上で答弁してください。



◎藤代重幸都市計画課長 土地評価額の5%として1,139万円……

     (「案分だから」「市とバス会社の案分」と呼ぶ者あり)



◎藤代重幸都市計画課長 市のほうで借地料としてお支払いしているものが1,139万円です。そのうちバス事業者が144万円を払っている、そういうことでございます。



◆江端芙美江委員 バス会社から使用料144万円いただいているということですか。



◎藤代重幸都市計画課長 バス事業者から144万円、市のほうに歳入という形で入れております。



◆江端芙美江委員 わかりました。

 次に、先ほどの市営住宅の件でちょっと関連した質問をさせていただきます。

 市営住宅に入居が決まりますと、連帯保証人が必要になりますよね。この連帯保証人の問題は私も過去に何回かお尋ねしているんですが、本当に人間関係が希薄になって、保証人になってくれる人がいないので困るんだという御相談を受ける場合があります。この連帯保証人の責任というのは、多分お家賃を滞納したときの責任をとるというようなことだと思うんですが、その辺、連帯保証人の責任についてお聞かせいただきたいと思います。



◎百瀬登展都市整備部技監 八千代市の市営住宅につきましては、申し込み時点で連帯保証人を決めて申し込みしていただいております。

 連帯保証人の責務につきましては、入居人と連帯して家賃等の支払いをするということでございますので、滞納等が起こりました場合、連帯保証人に通知して、連帯して家賃を支払うようにというような措置をとることになっています。そのようにさせていただいております。



◆江端芙美江委員 そうすると、連帯保証人がいなければ入居の申し込みはできないということですか。



◎百瀬登展都市整備部技監 現在の八千代市の市営住宅の管理条例の中ではそのようになっております。



◆江端芙美江委員 そうすると、今まで市営住宅に入居した方々が滞納か何かをされて、連帯保証人にまで責任が及んだことというのはありますか。



◎百瀬登展都市整備部技監 連帯保証人に状況を通知して、家賃の支払いを促したことはございますけれども、連帯保証人が賃借者にかわって家賃を納めたという実績は、ここ数年の話ですけれども、私の知っている範囲ではないと思います。



◆江端芙美江委員 ここ数年ということですが、過去にはあったケースがあるんでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 申しわけありません。市営住宅始まって、昭和40年ぐらいからのものについてまでは把握してございません。



◆江端芙美江委員 この市営住宅は、住宅に困っている所得の低い人のために安い家賃で提供するということが目的でございまして、福祉の兼ね合いが非常に強い事業だと思っております。今まで連帯保証人にまで責任が及んだケースがないということの実績が、そういう過去何十年にもわたってそういうものがあるとすれば、この連帯保証人が本当に必要なのかなという思いがいたします。その辺、連帯保証人がいなければ申し込みもできないわけですから、その辺、何とか廃止をするということはいかがでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 ここ数年の間に、社会情勢踏まえまして、滞納する方がふえてくる傾向も若干ございますので、それを解消する意味で、連帯保証人の制度をなくすということについてどうかということは、ちょっと考えるところだと思いますけれども、市営住宅を行っているのは八千代市だけでもございませんし、県営住宅という大きな組織もございますので、その辺のやり方を参考にしながら、検討はさせていただきたいと思います。



◆江端芙美江委員 他市の自治体でもこの連帯保証人の問題でいろんな角度から検討がなされて廃止をしているという自治体もふえておりますので、八千代市もぜひ検討していただきたいと思いますし、民間のアパートを借りたいというひとり暮らしのお年寄りですとか、または高齢者ですとか、そういう方たちが本当に保証人がいなくて入居ができないというケースがかなりふえていると思います。そういった場合、市が民間の保証会社と協定を結んで、民間会社が保証人となって、入居しやすくしてさしあげるという、そういう支援制度、そういうものまで取り入れている自治体もかなりありますので、その辺ぜひとも検討していただいて、この保証人の問題、何とか解決してあげたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 以上でございます。



◆塚本路明委員 今現在でわかる範囲でお答えいただければ。

 附属資料の118ページです。県立八千代広域公園建設事業。今、市民の中でも本市において目玉となっています。この広域公園建設事業の中の負担金の2,500万円、これの説明をちょっといただければ。



◎古木明良公園緑地課長 広域公園の負担金というのは、例えば用地を購入した場合に補助金として国に例えば3分の1出してもらって、3分の2は県と市の負担になるわけです。今現在、八千代市、交付団体になっておりますので、その3分の2の4割ですね、それを負担金として納めるという形をとっております。だから広域公園そのものは、国の補助金と県の費用と市の負担金から成って100%という形になっております。



◆塚本路明委員 用地買収をどこかしたところに対しての負担金を払うということですよね。



◎古木明良公園緑地課長 はい、そのとおりです。



◆塚本路明委員 公園の中で、今回の総合グラウンドの基本設計に入るということで、現時点で、基本設計の契約方法はどういう形になりますか。



◎古木明良公園緑地課長 今現在の形では、具体的な契約方法というのはちょっとまだ想定していないんですけれども、これもう早急に、年度が通過しましたら契約課のほうと詰めに入っていきたいと思いますけれども、今現在はちょっとそこまでは踏み込んでおりません。すみません、よろしくお願いします。



◆塚本路明委員 本年度ももう終わりですんで、予定だけでもあれかなと思ったんですけれども、大体の規模と総予算の予定、どのくらい見込んでいますか。



◎古木明良公園緑地課長 お答えします。

 基本設計額は、予定として1,800万円を見込んでおります。

     〔何事か呼ぶ者あり〕



◎古木明良公園緑地課長 全体のですか。



◆塚本路明委員 それは見ればわかるんですけれども、違うんです。総合グラウンドとしての規模とか総予算をどのくらいで見込んでいるかということです。



◎小杉富康都市整備部長 お答えいたします。

 今回、基本設計ということですけれども、そもそも広域公園の中にどういう施設が適切なのかというところで、基本となる部分の検討を今回の基本設計で行うということで、全体どうなるかということについては、今後、基本設計の中で詰めていきたいということで考えております。



◆塚本路明委員 わかりました。今のところ真っさらということで。

 そうなると、今回、都市計画事業のほうで新規で立ち上がっているものに関してなんですけれども、八千代市の都市再生整備計画を策定していくと。これ、あくまでも全体じゃなくて新川周辺という限定で行われている部分ですよね。そうすると、これ予想ですけれども、どこら辺の範囲でどのくらいの規模を予定しているか、ちょっと今決まっていることあれば教えていただきたいんですけれども。



◎藤代重幸都市計画課長 まちづくり交付金という形では、今検討会議の中で新川周辺として、米本から勝田台と、そういう形で考えております。



◆塚本路明委員 あくまでも文書には出ていないんですけれども、都市計画事業の新規の事業、これはあくまでも新川周辺のまちづくり交付金に対しての事業に着手したと、そういう形で認識してよろしいですか。



◎藤代重幸都市計画課長 まちづくり交付金の事業を実施するために、今後、県あるいは国とのそういう提出の書類等が出てきます。そのための委託料ということでございます。



◆塚本路明委員 最後に1つですけれども、今おっしゃられた委託料290万円ですね。これは外注として考えてよろしいですか。一括外注ということですか。



◎藤代重幸都市計画課長 はい、そのとおりでございます。



◆塚本路明委員 その選定は、どういうふうに行われるんですか。



◎藤代重幸都市計画課長 今後、契約課のほうと詰めていくと、そういう形に考えております。



◆塚本路明委員 わかりました。



◆横田誠三委員 附属資料の118ページの都市公園管理事業、今話題になっていたところの上ですけれども、そこの事業内容の一番下の未利用地利用広場維持管理事業補助金。補助金ですから、これが右側の77万8,000円だと思うんですが、この内容について少し説明をお願いします。



◎古木明良公園緑地課長 未利用地利用という、要するに基本的には民間の土地、これをゲートボールなり野球なり等の方々が使用する場合、それに対して補助金を出すという形で、今21団体、21カ所の土地、広さにすると5.3ヘクタール分、これに対して補助金を出しております。

 以上です。



◆横田誠三委員 私、民間の土地じゃなくて市営の土地かと思っていたんですが、じゃ民間の土地ということで理解しました。

 今、21団体ということですが、例えば補助を出す上限とか、かかった費用の何分の1とか、何か特別なルールとかいうのはあるんでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 一応基本的には1カ所の管理費に1万4,000円という数字、あと借り受けた費用、土地の借受料ですね。それに対しても場所によって単価等違うんですけれども、それにも補助をしております。



◆横田誠三委員 はい、わかりました。

 ただし、上限とかいうのは逆にないというふうに理解してよろしいんでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 上限そのものは設定しておりません、現在のところ。



◆横田誠三委員 はい、わかりました。

 同じくそこの遊具・施設の補修及び整備ということで、先ほど公園の遊具の整備の話が出ましたけれども、東葉高速沿線のほうは若い人がふえて子供がふえているんですが、京成沿線は御存じのとおり、高齢者がふえているんですが、あちら側の公園の遊具というのは、ブランコじゃなくてもうちょっと高齢者向けの何かを考えていかなきゃいけないんじゃないかと思うんですが、これは前にもちょっと質問したことがあって、ちょっと答えづらい問題かもわかりませんけれども、何か今までと同じことをやっていたんでは、高齢者の健康づくりとかいうのはなかなか進まないので、これは健康づくり課が考えるのか公園緑地課が考えるのかなかなか難しいんですけれども、どこかが中心になって、今言った京成沿線側を中心に何かやっていくみたいな考え方はないかだけ、ちょっとお聞かせください。



◎古木明良公園緑地課長 これですね、まさに去年の夏ぐらいから安全・安心対策交付金事業という形で、国が補助金制度を設けてきているわけです。これいろいろ条件があるんですけれども、その中に計画書を3年もしくは5年ぐらいの範囲の長期計画でつくりなさいという形、それをもとに申請しなさいという形ですね。その中でうちのほうも市として、場所によって子供が多い地区においては子供遊具、また高齢者の方等のあれにはやはり健康器具的なそういうような器具、そういうものを踏まえて、今現在は非常に撤去ばかりだというような形で、全然要するに交換なり新設というのをちょっとまだ考えられない状況にありますので、長期計画のもとに財源そのものを確保するような形で、幼児とか高齢者に合った遊具類、器具類ですね、それを今後計画して考えていきたいと考えております。よろしくお願いします。



◆横田誠三委員 今お聞きして非常に安心しましたので、長期というのはどのくらいになるかわかりませんけれども、ぜひとも今言ったように、沿線とか住んでいる方たちに合った、公園づくりに努力してもらいたいと思います。これは要望です。

 もう一つだけ、附属資料の156ページに、さっき茂呂委員も聞かれたかと思うんですが、体育施設の管理事業についてなんですけれども、指定管理者に委託しているということですので、委託料のほとんどが人件費だと思うんですが、これは前に議会でもお聞きしたんですが、指定管理者制度を利用して民間に委託していくということで、基本的にはメリットの一つとしては人件費の削減が図られていかなければいけないということだと思うんですが、まず、この委託料の21年度の予算が出ていると思いますが、19年度と20年度と21年度の委託料の変遷についてちょっとお聞かせください。



◎古木明良公園緑地課長 お答えします。

 平成18年度ですね、これにつきましては6,929万9,000円、平成19年度、これにつきましては7,129万9,000円、そして平成20年度、これが6,332万4,000円。これは本来でいきますと、債務負担の関係でいきますと19年度と同じ数字になってしかるべきなんですけれども、今年度の4月時点において、屋外プールがいわゆる休止状態になりましたので、その辺の経費関係を4月1日時点において減額して契約という形をとっております。よろしくお願いいたします。



◆横田誠三委員 21年度は幾らでしたか。すみません。



◎古木明良公園緑地課長 21年度が6,860万6,000円です。これは基本的に22年度、23年度も債務負担の関係で同じになります。よろしくお願いいたします。



◆横田誠三委員 ということは、20年度はプールが減って6,332万ですか。来年度がまた6,800万円にふえているというのは何か理由はありますか。



◎古木明良公園緑地課長 これが、18年度、19年度、20年度、初めの財団との指定管理関係をやっていく中で、その費用負担の問題をちょっと見直しをしていかなければいけないという形になって、その中で人件費、要するに管理的経費としてその分を上積みしております。それが逆に市民会館との問題もあるんですけれども、総額では大体同じになるんですけれども、運動施設として管理費分ぐらいを区分けの中で見てきたという形をとっております。



◆横田誠三委員 はい、わかりました。

 それで、最初の質問なんですが、これ、指定管理者制度が始まるときにちょっとお伺いしたんですが、最初に文化・スポーツ振興財団に委託するということで、市側の人間が何人かはこの事業に携わっていって、なれていけばそのうちその人が引き揚げるというふうなことで説明があったと思うんですけれども、そういった効果がこの3年なり第2期目の指定管理者制度、指定したことによってあらわれているのかどうかということで、おわかりになったらちょっと説明いただければと思います。



◎古木明良公園緑地課長 当初、市の職員が全く4月1日付をもってがらっとかえるというわけにはいかない形で、2年間、市の職員がついて、その辺のノウハウを伝授していくという形をとっております。3年目以降については引き揚げておりますので、全くの財団だけの職員になっております。



◆横田誠三委員 具体的には、今はもうゼロということで、最初、その2年間は何名携わっていたのかわかりますか。



◎古木明良公園緑地課長 1名です。



◆横田誠三委員 じゃ、1名のこの指定管理者制度を利用した効果があったというか、なかなか微妙なんですけれども、1名の定員減にはなったということですね。はい、わかりました。

 以上です。



◆遠藤淳委員 簡単に何点かについて伺います。

 まず、附属の109ページ、城橋の歩道橋。これについて私どもも幾度となく早期の事業ということで求めてきたんですが、今後のちょっと具体的なスケジュールなどについて伺います。



◎森田陽一土木建設課長 城橋の歩道橋につきましては、第3次総合計画第4期実施計画の中に位置づけられておりますが、平成21年度において予備設計、22年度において実施設計を実施したいと。23年度以降については、今のところ実施計画の中には、まだ期間外ですので位置づけされておりませんが、今後、先ほどからお話しいただていますまちづくり交付金事業でできないかということで検討してまいりたいと考えております。

 以上です。



◆遠藤淳委員 附属の115ページ、「ぐるっと号」についてですね。2月に公共交通会議が開かれまして、素案出されましたよね。この中で、運賃が150円とか、土・日運行もCコースだけとりあえず試行運転ということで、また勝田台とか高津地域ですか、民間のバス路線があるところから「ぐるっと号」撤退というような、そういった趣旨だったと思うんですけれども、この内容からいくと、かなりアンケートとった内容と乖離があると思うんですが、そこら辺はどのように考えているんでしょうか。



◎藤代重幸都市計画課長 アンケート調査等で要望が特に強かったものにつきましては、便数をふやしてほしい、それから土・日の運行をしてほしい、それから駅への乗り入れをしてほしいと、これが一応上位のほうにかなり意見としては来ておりましたので、その便数をふやすためには、今回の事務局の案としましては、どうしても現在4コースで運行して、1日6便なんですが、これにつきまして交通の便のいい箇所につきましては、今回のルートから見直すと、今までのルートから見直すという形で、今回の案という形ではお出しをしております。ですから、あくまでも便数の増加を中心に考えたと。なおかつ交通不便地域における生活交通手段の確保を図ると、そういうことで今回の案を作成してございます。



◆遠藤淳委員 また3回目の中でも地域の代表者の方からもかなりいろんな意見が出されていましたんで、ただやはりこれを見ますと、結局一部のところから撤退して、その分を不便地域に回しただけの話で、さほど拡充というあれでは全くないと思うんですよね。それと同時に、交通不便地域対策というのはわかるんですけれども、交通弱者対策。私も何度も言っていますが、交通弱者対策という面からいくと、結局民間を使うということはそれだけ大変な、往復だけでも費用的に大変なわけですよ。確かに駅への乗り入れという問題、今回駅も入れると言いますけれども、ただ運賃も150円でしょう。だからここら辺はもっとやはり考えていかないと、かなりいろいろ問題あると思いますけれども、これはまた今後の会議の中でまた聞いていきたいと思います。

 じゃ、引き続き、付属の118ページ、公園緑地ですね。

 この総合グラウンドなんですが、広域公園内は液状化の問題があるんですが、例えば5年後の見直しの中で、第4種のグラウンドというのが維持されるかどうか。当然地盤沈下とかも考えられるんですが、もし維持できない場合はどのようなことを考えているのかについて伺います。



◎古木明良公園緑地課長 実際問題、やってみないとわからないと言ってはおかしいんですけれども、これ実際うちのほうでつくる段階においては、公認という形でとる予定ではいるんですけれども、確かに委員がおっしゃるように、いろんな諸条件ありまして、そして公認そのものが今まで見ている限りにおいてはミリ単位のいろいろな条件が必要とされるという形になっておりますので、その5年後の時点においてどうなっているかというのをちょっと今の時点で論じても余り意味がないような気もするんですけれども、できるだけ存続できればそのまま公認を存続できるような形をとってはいきたいという考えでおります。よろしく。



◆遠藤淳委員 確かにね。ただ5年後に実際例えば沈下など当然考えられるわけで、そのときにまた新たな費用を入れなきゃならないというような問題が出てくると、結局無駄だったんじゃないかというような問題も出てきますんで、そこら辺は今後の問題だと思うんですが、それと同時に県からの補助というのは、これはもっと要望すべきだと思うんですが、そこら辺はどうでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 これも事業展開の中で、この陸上競技場内に総合グラウンド内という形、県のほうがつくってくれないかというようなうちのほうからの要望的なものは、内々のうちにはやってみたんですけれども、県の認可変更の絡み、ことしちょうど3月が認可変更されているんですけれども、その中にはのせられないというような形で回答は来てしまっておるので、可能な限りのそういう交付金なり補助金なり等をとれるような形では事業展開していきたいと考えておりますので、今の時点では県云々という形というのは難しいと思います。お願いします。



◆遠藤淳委員 それはやはり県立公園ですから、これは強く求めてください。

 やはり公園緑地で、市民プールの再開の件なんですが、やはり同じようにアンケートでたしか第2位ですか、野外プールを求めるという意見が出ていると思うんですが、21年度以降の市民プールの再開に向けての何か具体的な考えとかそういったものはありますでしょうか。お願いします。



◎古木明良公園緑地課長 これも委員おっしゃるように、まだ正直申しまして、いわゆる今言われているのはスポーツ・レクリエーション施設の整備基本構想の中において、市民アンケートという形でとられているアンケートの結果を見ますと、1位に陸上競技場等、そして屋外プールというのがたしか2位にありますので、その形において、これも屋外プールの方向性は見直し云々という、まだ話されている段階までにはちょっといっていないんですけれども、今現況では休止となっておりますけれども、今後内部での展開でどうなるかというのはちょっとまだこの場でははっきりできません。ただ、そういう事実があるのは間違いありません。よろしくお願いします。



◆遠藤淳委員 再開に向けて今後検討していくというふうに私は受けとめましたので、よろしくお願いします。

 次に、附属の116ページ、西八千代の北部開発の件なんですが、今回7億4,000万円、推進事業という形でついておりますが、具体的に平成21年度、どの辺まで、例えば幹線道路にしろ学校周辺、新設校の周辺にしろ、そういった具体的なものというのは出ているんでしょうか。



◎大河内義昭都市整備課長 負担金の内訳ということでよろしいですか。

 埋蔵文化財の整理業務が1つ。

 工事といたしまして、造成工事と道路舗装工事がございます。造成工事につきましては、八千代中央線の北側あたり。それから八千代西部線の中央部交差点のあたりですね。それから小学校用地の南側。道路工事につきましては、八千代緑が丘駅前線、これについてやっていくということです。

 あと、補償関係、移転補償ですね。これが2件ほどございまして、あと測量とか設計とかという形になっています。



◆遠藤淳委員 今の言われたことの資料みたいな、そういったものってできているんですか。要するに、今言われたようなところをやりますよという。21年度の。



◎大河内義昭都市整備課長 とりあえず今読み上げた数字関係は私の手元にございます。どこをやるというのは、まだ具体的にここだよというような範囲の中でしか手元には来ていませんので、資料としてお渡しできるものはちょっとございません。



◆遠藤淳委員 上下水道のインフラ整備なんですけれども、その負担割合というのはもう既に上下水道の負担というのは出ているんですけれども、例えば水道の配管などについてはUR側が負担ということになっているんですが、そこら辺何か協定書みたいな形で取り決めやっているんでしょうか。



◎大河内義昭都市整備課長 協定書というか覚書を締結している、上下水道局とやっているところです。



◆遠藤淳委員 それと、新設校の通学路の件なんですが、要するに八千代緑が丘駅前線から八千代西部線を通って通わすという形を今考えているわけですね。

 例えば当初は3・5・30号線、西八千代3号線を使ってというような形だったと思うんですが、実際どのようなルートで通学路を考えているのか、お願いします。



◎大河内義昭都市整備課長 3号線は、初めのころの教育委員会との説明の中でもあった話なんですが、先に申された駅前線から八千代西部線を通っていくというルートが現在考えているルートでございます。



◆遠藤淳委員 それは側道というか、そういう形で通っていくと思うんですが、交通関係、安全対策というのは、それはどのような形でとられているんでしょうか。



◎大河内義昭都市整備課長 通学路は西八千代、緑が丘駅前線から東地区を縦断する八千代西部線の2本を予定しておりますけれども、計画幅員、全面整備というのができれば一番こしたことはないんですが、幅員の中で通学路は確実に確保するということは機構のほうで考えております。



◆遠藤淳委員 あと新設校のグラウンドと本体部分ですか、グラウンドは大体1.5メートルすき取りで、校舎側は大体基礎部分ですから四、五メートルぐらいになると思うんですけれども、そこら辺は実際どれくらい掘るというふうな、そういった計画というか予定はありますでしょうか。



◎大河内義昭都市整備課長 グラウンド面は1.5メートル、御指摘のとおりでございます。それから、校舎部分は、いわゆる整備する基準面から2メートルを掘り下げます。ただ、建物がございます。建物の基礎等を打つことで建物の基礎分はその分余計に掘る形になっていくと思います。



◆皆川知子委員 質問させていただきます。

 説明書の115ページ、先ほど木造住宅等耐震診断費補助金のことについて、ほかの委員からも質問がありましたが、私が聞きたいのは、耐震診断、つまりこういったことをしてくれる業者等についての情報を広く市民に与えるということもなさっているのかどうかお答えください。



◎百瀬登展都市整備部技監 耐震診断につきましては、八千代市に耐震診断士という登録の制度がございまして、市内の建築士の方あるいは市外の方が登録しております。診断を行うということは広くインターネット等で広報しておりますけれども、窓口に一応一覧表がございまして、照会があれば一覧表をお渡ししております。



◆皆川知子委員 けさのテレビでしたけれども、新宿の西口のほうで実際にどのような耐震工事をするかということで全国の種々の業者が展開をして、いろんな情報を現物を見て判断をするということをしていましたので、そういったことで市民が直でそこの場に行けませんので、行政としては担当部署がそういった情報等についてもかき集める必要があると思っていますけれども、いかがでしょうか。



◎百瀬登展都市整備部技監 そういう民間の一般の情報に加えまして、県なり国なりからのセクションに対しての研修とか講習会等の案内がございますので、できる範囲で参加して、八千代市の建築指導課の技術力を上げる方向でやっております。



◆皆川知子委員 よろしくお願いいたします。

 同じページで、公共施設循環バス運行事業のことですが、先ほどデマンドバスのお話が出ましたけれども、私は視点を変えて、ことぶきチケット等についての考え方について担当課のほうのお考えを聞きたい。つまり、それは70歳以上の方々がバスを利用するに当たっては、料金的に一律のチケットを出して、どこまで行ってもそのチケット1枚で乗れるというような事業ですが、そういった形での市民サービスの向上ということについて意見される方は委員の中におられたかどうかが1点です。



◎藤代重幸都市計画課長 現在2回、会議のほう行っておりますが、その中ではそういう意見は特に出てきておりません。

 以上です。



◆皆川知子委員 タクシー券の廃止等々、いろいろ八千代市では厳しい財政事情をかんがみまして施策を変えてきたわけですけれども、ぜひそのことぶきチケットと同様な取り組みについても御検討いただきたいということで要望いたします。

 次の質問に移ります。

 次は、117ページです。3・4・12号線八千代台南勝田台線のことについてです。

 進捗状況が78.98%と伺いましたが、今年度の事業は進捗状況何%まで持っていくつもりでおられるでしょうか。



◎藤代重幸都市計画課長 3・4・12号線につきましては、先ほど言いましたとおり78.98%ということでございます。今年度につきましては、土地の買収としましては400平米程度考えております。

 以上でございます。



◆皆川知子委員 それは何件分に当たるんでしょうか。それを買収をしたとすると、進捗状況は100%になるんでしょうか。



◎藤代重幸都市計画課長 3件を予定しております。

 当然残りはまだ三十数件残っておりますので、基本的にはあと6年程度はかかると、そういうふうに思っております。



○坂本安委員長 課長、質問者は、その3件、400平米を買収してやった場合に、進捗率はどこまでいくかということを聞いているんで、そこのところはきちっと答えてあげてください。



◎藤代重幸都市計画課長 失礼しました。

 3件を足しますと、84.5%になります。

 以上でございます。



◆皆川知子委員 ありがとうございました。

 118ページです。県立八千代広域公園建設事業についてですけれども、先ほどお話がありましたとおり、設計委託をするということなんですが、県立ということもあります。ただ、我が市にできる我がまちの公園でございます。協働作戦、つまり市民との協働ということでつくっていくのであれば、市民の意見をどのように吸い上げるんでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 これですね、これまでの経緯の中で、18年度において八千代市のスポーツ振興マスタープランというものがありまして、その中等においてもパブリックコメントで意見の吸い上げ等もやっておりますし、千葉県の広域公園の認可変更に伴う、これについてもやはりパブリックコメントをやっており、その中においてもいろいろ中の施設のことについて意見が来ております。そして、先ほども言ったように、現在的なものでスポーツ・レクリエーション施設の整備基本構想の中、その中においてもアンケート等による吸収というものをやっておりますし、それから今後においてはまだちょっと具体的なものはつくられていないんですけれども、基本設計の中においてどういう形でその辺の吸い上げをやっていくかというのは、ちょっと並行して考えていこうと思っております。よろしくお願いいたします。



◆皆川知子委員 視察に行きました宇都宮市では、お城の跡を復元するということで、そこに防災的な意味合いを持たせて再現したということがあります。今回のこの県立の公園ではありますけれども、防災等の関係もかんがみまして、含めた上でのいわゆるもっとよりすぐりの公園になるように、さまざまな意見を集約して練り上げていっていただきたいと思います。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 附属資料の118ページの都市公園管理事業についてお尋ねさせていただきます。

 この中で遊具・施設の補修及び整備等ということがなっていますが、この2億4,482万4,000円の中で、この遊具のここの予算額は幾らでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 遊具・施設の整備等というのは、ちょっと申しわけありません。−−補修ですね。補修・整備等という形で、これについては補修そのものは、補修というか工事関係においては2,300万円の工事費を盛っております。これによって遊具等の補修というものをやる形になっております。



○坂本安委員長 答弁者に申し上げます。

 きちっと質問の要旨を把握して答弁してください。遊具・施設等の整備、このところの予算額は幾らかというふうに聞いているんで、2,300万円じゃないんでしょう。さっき答弁したでしょうに。



◎古木明良公園緑地課長 遊具・施設関係については、公園等、この修繕について105万円、遊具修繕について、ブランコとかそういうネットですね、それについて91万8,750円、いわゆるベンチ、フェンス等の修理については70万8,750円、あとトイレ、給水等について91万8,750円、こういう形で盛っております。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 今の金額はわかったんですけれども、実は遊具の耐用年数というのは、国からのあれだと15年と聞いているんですが、そこをちょっと確認したいんですが。



◎古木明良公園緑地課長 去年出ましたマニュアル等については、大体15年というものが指針として出ております。

 ただ実際は、先ほど言いましたように、専門技術者によって遊具等の点検というものをやっておりますので、主に点検の内容をAからDというランクづけを行いまして、そのランクづけのもとに改修計画というものは実施しております。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 そうしますと、この専門の人が各公園を回ったときにABC、ランクをつけるんですが、その中のCというんでしょうか、かなり老朽化している。それは撤去するのか、それともどういう形で対応しているんでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 AからDランク、先ほどあると言いましたけれども、Dランク、これにつきましては、危険性があるという形で、その場で改修なり撤去なりという形をとっております。

 Cランクというのは、若干危険になってきているという形で、通常は翌年に改修を行っていくという、そういうランクづけで行っていますので、予算の許す限りにおいてはもう当然改修なり交換なりを持っていくんですけれども、どうしてもきつい場合というのは、やっぱり撤去という形をして、変な意味ではないんですけれども、安く上げて危険性を除去するという形をとっております。



◆菊田多佳子委員 この撤去した数というんですか、20年度はどのくらいありましたか。



◎古木明良公園緑地課長 20年度のまだ細かい集計は、申しわけないんですけれども出ていないんですけれども、撤去した遊具等についてはそれほどありません。報告等はありませんので。ただ、細やかなフェンスの撤去とか車どめの撤去とかという、そういうものというのは2けた以上の撤去があります。



◆菊田多佳子委員 Cランク、Dランクなのかちょっとわかりませんが、ちょっと危険なブランコだとか、それから滑り台等があるということで、地域の人たちが子供たちにも注意しているんですが、これは所管のほうとして何か張り紙とか立て看板とか、そういうことは小まめにやっていらっしゃるんでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 それにつきましては、うちのほうで早急に行って、その対処というのはやっております。それが修理ですぐできるものであれば修理すぐにかけますし、無理なようなものであれば、それが使用できないような状態に仮設的にロープで枠をつくって使用禁止というような張り紙をつくるとか、そういうことはもうすぐに行っております。

 以上です。



◆菊田多佳子委員 これ最後は要望ですけれども、本当に子供たちや、先ほど横田委員もおっしゃったように、大人も安心してできる公園の環境づくりにお世話になりますが、よろしくお願いいたします。



○坂本安委員長 申し上げます。

 本日の会議時間は議事の都合により延長しますので、あらかじめ御了承願います。



◆秋葉就一委員 まちづくり交付金事業の定義の中に、例えばプールやテニスコートや市民会館やリサイクルプラザのようなものは、定義的には可能かどうか、それだけ。



◎藤代重幸都市計画課長 まちづくり交付金につきましては、各担当課から上がってくるものにつきまして、検討会議の中でそれが……



○坂本安委員長 質問要旨を把握の上、きちっとわかりやすく明快に答弁お願いします。



◎藤代重幸都市計画課長 基本的には、道路、公園、それから広場、そういうものが基幹事業ということで、下水道も含めてですね、基幹事業という形になります。

 基本的にはそれ以外のものにつきましては、提案事業という形になります。



◆江野沢隆之委員 附属資料の119ページの市民の森用地の取得状況について、今後の用地取得費用はどのくらいになるのかお尋ねします。



◎古木明良公園緑地課長 今後の用地取得に要する費用といたしましては、勝田台所有の八勝園市民の森、この4,211平米を除いた未買収地3万9,477平米については、約26億5,000万円の費用がかかるものと考えております。よろしくお願いします。



◆江野沢隆之委員 次に、附属資料の106ページ、土木総務事業関係で道路占用料の見直しの考えはあるのか、また、歳入はどのくらい見込んでおるのか。



◎高橋陽一土木管理課長 昨年4月1日、国では占用料の改定がなされました。減額とされましたこの改定におきまして、千葉市及び県のほうでも改定に合わせて見直しの作業が行われておりますが、結果、見送りの方針と聞いております。

 本市でも現在の財源確保の観点から、現時点では見送り、減額への見直しにつきましては、周辺市との状況に合わせまして検討させていただきたいと考えております。



◆江野沢隆之委員 同じく、道路境界事業の内容と消耗品の内容はどうなっているのか。



◎高橋陽一土木管理課長 道路境界事業でありますが、市の管理する道路、水路、その他道路関連します市有地と民有地との境を査定し、また確認するため、八千代市土地境界査定取扱規則により、現地にて関係者立ち会いを願い、行われております。

 この作業により境の確定、既存標識の状況確認を行い、その確定と合意点ということで境界のくいを入れまして、標示を行うことになります。この標示のくいを消耗品としまして購入するものがこの事業費になります。よろしくお願いいたします。



◆江野沢隆之委員 隣の107ページの道路台帳整備事業の目的と主な事業内容をお知らせください。



◎高橋陽一土木管理課長 道路台帳事業ですが、道路法によります認定市道には、道路台帳の整備が義務づけられております。この台帳は、適時新たな道路拡張等の変更にあわせて調査が必要になります。管理・保全とする台帳は、道路台帳情報として法により閲覧できるように準備しておきませんとなりません。前年度の変更結果の状況を加え、一括して調製をいたします。

 この道路網の変更要因につきましていろいろございますが、開発行為、区画整理、用地の寄附等がございます。その道路網図につきまして整備しますものを道路台帳整備事業測量業務のほうの委託により行っております。

 そのほかに関連します市道測量、私道用地測量、公共基準点網の整備事業がございます。これらの委託業務がこの事業費になります。

 以上です。



◆海老原高義委員 ちょっと要望にしておきますけれども、先ほどの広域公園の総合グラウンドの基本設計の問題ですね。生涯学習のほうでも168万円のそういう委託の設計のあれが入っていましたけれども、これ1,800万円も入っている。これ、これからつくっていくわけですけれども、この委託をする場合、基本設計を作成するのには、当然やっぱりプロにお願いするようになるんでしょうから、皆さんがやるのか、プロにお願いするんでしょうけれども、そういう業者を選定するのには一般競争入札じゃなくて、やっぱりプロポーザルとかそういう方式で、やはり設計料をたたいてとっちゃってやるというようなことじゃなくて、やはりちゃんとしたものの方式で業者を選定するということをお願いしたいと思うんですけれども、それで答弁があれば。なければいいですよ。私の要望、そういうふうにお願いしておきます。いかがでしょうか。



◎古木明良公園緑地課長 現実的には、先ほども言ったように、まだ方向性決めていないんですけれども、プロポーザルもその一つとして今後考えていきますので、早急にそれは結論つけます。



◆海老原高義委員 今、課長が答えた、当然だよね、これ。21年度の予算の中でこれ、議会通るか通らないかわからないんだものね。それから通ってからの話だから、だけど私は要望としてそういうものは慎重に、やはり作成する場合は、そういう業者を選定する場合は、やっぱりいろんな技術を持った提案型のものをやっていただくような形の中で生涯学習部のほうにもお願いしてあります。今回のこの件についてもお願いする。副市長にも昨日お願いしましたけれども、今回もお願いして私の質疑を終わります。



○坂本安委員長 他に質疑ありませんか。−−質疑なしと認めます。

 以上で都市整備部所管事項に対する質疑を終わります。

 以上で議案第1号 平成21年度八千代市一般会計予算に対する審査を終了いたします。

 お諮りします。

 本日の会議はこの程度にとどめたいと思いますが、これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○坂本安委員長 御異議なしと認め、本日の会議は以上で閉会といたします。

 明日は午前10時より開会いたします。

 大変に御苦労さまでございました。御協力ありがとうございました。

               午後5時5分閉会