議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 流山市

平成21年 12月 定例会(第4回) 12月03日−01号




平成21年 12月 定例会(第4回) − 12月03日−01号







平成21年 12月 定例会(第4回)





       平成21年12月招集流山市議会定例会会議録(第1号)

1  日  時   平成21年12月3日午後1時開議
1  場  所   流山市議会議場
1  出席議員   26名
     2番   森  田  洋  一  議員     3番   堀     勇  一  議員
     4番   松  田  浩  三  議員     5番   徳  増  記 代 子  議員
     6番   酒  井  睦  夫  議員     7番   宮  田  一  成  議員
     8番   藤  井  俊  行  議員     9番   中  川     弘  議員
    11番   山  崎  専  司  議員    12番   小 田 桐     仙  議員
    13番   松  野     豊  議員    14番   坂  巻  忠  志  議員
    15番   松  尾  澄  子  議員    16番   関  口  和  恵  議員
    17番   戸  部  源  房  議員    18番   青  野     直  議員
    19番   田  中  美 恵 子  議員    20番   乾     紳 一 郎  議員
    21番   秋  間  高  義  議員    22番   高  野  と  も  議員
    23番   中  村  好  夫  議員    24番   高  橋  ミ ツ 子  議員
    25番   横 須 賀     靖  議員    26番   田  中  人  実  議員
    27番   馬  場  征  興  議員    28番   伊  藤     實  議員
1  欠席議員   2名
     1番   高  瀬  眞  木  議員    10番   海 老 原  功  一  議員
1  出席理事者
  市   長   井  崎  義  治      副 市 長   石  原  重  雄

  教 育 長   鈴  木  昭  夫      水 道 事業   戸  部  幹  夫
                          管 理 者

  企 画 財政   染  谷     郁      総 務 部長   石  井  泰  一
  部   長                   (選挙管理
                          委 員 会
                          事 務 局長
                          併 任 )

  市 民 生活   吉  田  康  彦      健 康 福祉   高  市  正  高
  部   長                   部   長

  子ども家庭   沼  沢  輝  義      産 業 振興   池  田     孝
  部   長                   部   長
                          ( 農 業
                          委 員 会
                          事 務 局長
                          併 任 )

  環 境 部長   宇 仁 菅  伸  介      都 市 計画   山  下  義  博
                          部   長

  都 市 整備   阿  曽     弘      土 木 部長   志  村  誠  彦
  部   長

  会計管理者   櫻  井  範  子      監 査 委員   高  橋  道  秋
                          事 務 局長

  学 校 教育   渡  邉  哲  也      生 涯 学習   海 老 原  廣  雄
  部   長                   部   長

  消 防 長   大  越  一  夫      企画財政部   遠  藤  幹  夫
                          次   長
                          ( 兼 行政
                          改 革 推進
                          課 長 )

  企画財政部   菅  原     治      秘 書 広報   加  茂     満
  次   長                   課   長
  ( 兼 財政
  課 長 )

  企 画 政策   水  代  富  雄      マーケティ   間  瀬  範  幸
  課   長                   ン グ 課長

  工 事 検査   石  野  一  男      総務部次長   小  林     博
  室   長                   ( 兼 総務
                          課 長 )

  人 事 課長   井  上     透      管 財 課長   河  原  智  明
  税 制 課長   藍  川  政  男      市民税課長   岩  橋  正  美

  資産税課長   豊  田  和  彦      市民生活部   倉  田  繁  夫
                          次   長
                          ( 兼 コミ
                          ュ ニ ティ
                          課 長 )

  市民生活部   片  桐  正  男      市 民 課長   小 野 寺  孝  吏
  次   長
  ( 兼 安心
  安全課長)

  国 保 年金   福  島     明      健康福祉部   小 笠 原  正  人
  課   長                   次   長
                          (兼障害者
                          支援課長)

  健康福祉部   加  藤  正  夫      社 会 福祉   村  越  友  直
  次   長                   課   長
  ( 兼 健康
  増進課長)

  社会福祉課   友  野  哲  雄      高 齢 者   栗  田     徹
  健 康 福祉                   生 き がい
  政 策 室長                   推 進 課長

  介 護 支援   上  村     勲      子ども家庭   針 ケ 谷     勉
  課   長                   課   長

  保 育 課長   宮  島  芳  行      産業振興部   岡  田  一  美
                          次   長
                          ( 兼 商工
                          課 長 )

  産業振興部   福  田  良  恵      環境部次長   岡  田     稔
  次   長                   (兼クリーン
  ( 兼 農政                   推進課長)
  課 長 )

  環 境 政策   飯  泉  貞  雄      リサイクル   宮  崎     浩
  課   長                   推 進 課長

  都市計画部   山  岸  勇  二      都市計画部   石  本  秀  毅
  次   長                   次   長
  ( 兼 宅地                   ( 兼 建築
  課 長 )                   住宅課長)

  都 市 計画   小  瀧  邦  昭      都市整備部   千  葉  正 由 紀
  課   長                   次   長

  まちづくり   林     雅  己      西 平 井・   吉  岡  郁  雄
  推 進 課長                   鰭ケ崎地区
                          区 画 整理
                          事 務 所長

  みどりの課長  菅  原  智  夫      土木部次長   嶋  田  隆  一
                          ( 兼 道路
                          建設課長)

  道 路 管理   須  賀  哲  雄      河 川 課長   吉  田  光  宏
  課   長

  下水道業務   大  竹  晴  樹      下水道建設   南  雲  嘉  弘
  課   長                   課   長

  会 計 課長   安  蒜  秀  一      水道局次長   海 老 原  敦  男
                          (兼水道局
                          経 営 業務
                          課 長 )

  水道局工務   伊  藤  昌  男      選 挙 管理   小  川     昇
  課   長                   委 員 会
                          事務局次長

  農業委員会   岡  田  敏  夫      学校教育部   高  橋  茂  男
  事務局次長                   次   長
                          ( 兼 教育
                          総務課長)

  学 校 教育   田  村  正  人      指 導 課長   寺  山  昭  彦
  課   長

  生涯学習部   友  金     肇      公 民 館長   直  井  英  樹
  次   長
  ( 兼 生涯
  学習課長)

  図 書 ・   川  根  正  教      消 防 本部   高  市  豊  勝
  博 物 館長                   次   長
                          ( 兼 消防
                          総務課長)

  消 防 本部   鈴  木     平      予 防 課長   清  水     彰
  次   長

  消 防 防災   小  菅  康  男      中 央 消防   戸  部  富  雄
  課   長                   署   長

  東消防署長   久  保     明      南消防署長   染  谷  広  美
  北消防署長   野  口  博  一

1  出席事務局員
  事 務 局長   秋  山     純      次   長   福  留  克  志

  次 長 補佐   仲  田  道  弘      主   査   竹  内  繁  教
  ( 兼 議事
  係 長 )

  主   査   須  郷  和  彦      主   事   小  谷  和  雄

        平成21年流山市議会第4回定例会日程表(第1号)
           平成21年12月3日午後1時開議
第1 会議録署名議員の指名                                   
第2 会期の決定                                        
第3 議案第79号 流山市総合計画後期基本計画を定めることについて               
   議案第80号 平成21年度流山市一般会計補正予算(第5号)                
   議案第81号 流山市部設置条例の一部を改正する条例の制定について             
   議案第82号 流山市情報公開条例及び流山市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定につい
          て                                     
   議案第83号 流山市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定につい
          て                                     
   議案第84号 工事請負契約の変更契約について(第2庁舎建替工事)             
   議案第85号 平成21年度流山市介護保険特別会計補正予算(第3号)            
   議案第86号 流山市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例の制定について          
   議案第87号 流山市高齢者生活管理支援サービス手数料徴収条例を廃止する条例の制定について 
   議案第88号 流山市公民館並びに市民会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制
          定について                                 
   議案第89号 平成21年度流山市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)          
   議案第90号 流山市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定につい
          て                                     
   議案第91号 指定管理者の指定について(流山市自転車駐車場)               
   議案第92号 平成21年度流山市水道事業会計補正予算(第2号)              
   議案第93号 市道路線の認定について                           
          (議案上程・提案理由説明)                         
第4 流山市後期基本計画検討協議会の調査事項について                      
第5 発議第29号 「流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会」の設置について         
          (議案上程・提案理由説明・質疑・討論・採決)                
第6 休会の件                                         

 本日の会議に付した事件                                    
  議事日程表のとおり                                     







△午後1時00分開会



○伊藤實議長 ただいまから平成21年流山市議会第4回定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

  本日の出席を御報告します。

  ただいまのところ出席議員26名、欠席議員2名であります。よって、定足数に達しておりますので、会議は成立していることを御報告します。



△諸般の報告



○伊藤實議長 これより諸般の報告をします。

  地方自治法第121条の規定による出席要求に対し、市長から出席者の職氏名の通知がありました。お手元に配付の印刷物により御了承願います。

  次に、監査委員から地方自治法第235条の2第1項の規定に基づく例月出納検査結果について報告がありました。お手元に配付の印刷物により御了承願います。

  その他会議等につきましては、お手元に配付の印刷物により御了承願います。

  これをもって諸般の報告を終わります。

  また、本日市長から議案の送付があり、これを受理しましたので、御報告します。

  本日の議事につきましては、お手元に配付の日程表によって進めたいと思いますので、御了承願います。



△会議録署名議員の指名



○伊藤實議長 これより議事に入ります。

  日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において酒井睦夫議員並びに宮田一成議員を指名します。



△会期の決定



○伊藤實議長 日程第2、「会期の決定」を議題とします。

  お諮りします。今定例会の会期は、本日から12月24日までの22日間としたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、会期は本日から12月24日までの22日間と決定しました。



△議案の上程



○伊藤實議長 日程第3、議案第79号から議案第93号まで、以上15件を一括して議題とします。



△提案理由説明



○伊藤實議長 提案理由の説明を求めます。井崎市長。

     〔井崎市長登壇〕



◎井崎義治市長 本日ここに、平成21年第4回定例会を招集いたしましたところ、議員各位には多くの御出席をいただき、議案15件について御審議をいただきますので、よろしくお願い申し上げます。

  提案理由の説明に先立ち、市政に関する諸般の報告を申し上げます。

  人口の動静及び財政状況については、お配りした資料により報告にかえさせていただきます。

  初めに、流山市総合計画後期基本計画について申し上げます。

  流山市総合計画は、最終目標年次を平成31年度末とした市の最上位計画であり、平成11年度に議会の議決を得て策定されたものです。そのうちの前期基本計画の計画期間が平成21年度で終了することから、平成22年度を初年度とする後期基本計画の策定に向けて昨年から作業に入りました。

  後期基本計画の策定に当たっては、厳しい社会経済情勢の中、施策の重要度や事業の費用対効果を考慮し、財源の確保、施策や事業の選択と集中などにより財政の見通しに立脚した計画となるよう策定作業を進めてまいりました。

  さらに、市民意識調査やNPOとの意見交換会、中学生アンケートなどを通じていただいた市民の皆様の御意見を素案に反映しながら、長寿、人口減少時代の到来、深刻化する地球温暖化、地方分権の進展という大きな時代の潮流の中で、流山市が今後10年間の進むべき方向性について多くの議論を重ねてまいりました。

  本年9月には粗案を公表し、タウンミーティングやパブリックコメントで皆様の貴重な御意見をいただきました。

  一方、総合計画審議会でも11月6日開催の第11回審議会において、これまで慎重に審議を重ねた結果として、素案に対する答申をいただいたところです。

  これら各方面からの御意見を踏まえて、基本構想で定めた将来都市像を実現させるための重要な計画として、流山市のまちづくりの羅針盤とも言うべき後期基本計画のとりまとめが完了したものです。

  なお、この計画は地方自治法に基づく議決事件ではありませんが、本市では平成21年4月に同時施行された流山市自治基本条例及び流山市議会基本条例の規定により、今回策定する後期基本計画から議会の議決事件として別途議案として上程させていただいております。

  次に、流山市第2次男女共同参画プランについて申し上げます。

  本市における男女共同参画社会への取り組みは、平成10年3月に策定した流山市男女共同参画社会づくりビジョン、パートナーシップ流山をもとに、平成14年3月に計画期間を8年とする流山市男女共同参画プランを策定しました。同プランが平成21年度で終了することから第2次男女共同参画プランの策定に向け、昨年度作業に着手したところです。

  第2次プランの策定に当たっては、推進本部、幹事会、研究会といった庁内組織を初め、男女共同参画審議会において議論を重ね、素案がまとまりましたことから、今後議会の皆様に御説明申し上げ、また今月25日から来月24日までの1カ月間パブリックコメントを実施する予定です。その後、市民の皆様からいただいた御意見を踏まえ、素案の修正作業を行い、平成22年第1回定例会期間中に完成したプランをお届けしたいと考えております。

  次に、平成22年4月1日組織改編について申し上げます。

  平成19年度に企画部門及び財政部門を一元化した企画財政部を設置し、今後の歳入歳出状況を的確にとらえた財政フレームを策定した上で、有効性の高い事業の選択を行い、さらには施策ごとに目標指標や目標値を設定するなど、行政評価システムとの連動を想定した後期基本計画の策定に取り組んでまいりました。

  後期基本計画がスタートする平成22年4月以降は、計画で掲げる事業を政策的な観点で総合的、一体的かつ迅速に取り組むため、また本市の財政はこれまでになく非常に厳しい状況にあり、財政基盤の強化が必要であることから企画財政部を再編し、総合政策部及び財政部とする議案を本定例会で上程させていただきました。

  総合政策部には、企業誘致及び進出企業等との調整に関する窓口の一元化を図るため、新たに誘致推進課を設置します。財政部には、財政部門及び税部門を一元化した自主納付の促進と徴収体制の強化を図るため、回収困難な市税及び国民健康保険料等の市税以外の未収債権の収納及び収納にかかわる助言等一体的に行う仮称債権回収対策室を新たに設置するなど、財政基盤の強化を図ってまいりたいと考えております。

  次に、新第2庁舎建設事業について申し上げます。

  新第2庁舎建設に関しましては、第3回定例会の一般報告でも申し上げましたが、市が率先してCO2削減に取り組む姿勢を示すために、地域グリーンニューディール基金を活用して通路及びトイレの照明をLED照明に変更するなど、電気設備、機械設備工事等で設計変更を行ったことから今定例会に工事請負契約変更議案を提案させていただいております。

  工事の進捗状況については、基礎工事、鉄骨工事が終了し、外壁工事に着手した段階ですが、天候等の影響により当初の計画よりもおくれが出ていることから、工期を1カ月延長し、平成22年3月30日とさせていただきます。また、当初の予定では現第2庁舎撤去後、跡地の一部に文書保管書庫を建設する計画でしたが、限られた庁舎敷地の中でより多くの来庁者用駐車場、駐輪場を確保するため、文書保管書庫は旧水道局跡地の一部に建設することといたしました。

  次に、総合評価方式一般競争入札特別簡易型の本格導入について申し上げます。

  総合評価方式一般競争入札については、昨年10月から本年9月末まで、延べ9件の建設工事案件で試行実施し、その試行結果の分析、検証を行い、新たな評価基準を作成して、去る11月1日から本格導入し、既に2件の入札を執行いたしました。

  新たな基準は、入札金額に対する価格点と、価格以外の加算点の割合を、従来の8対2から7対3に見直すことで価格以外の評価項目をより重視し、かつ工事成績への加算点を細分化することにより優良な工事を施工した建設事業者が有利となる内容としております。

  次に、市税収納対策強化月間について申し上げます。

  市税の収納については、昨年来の景気低迷の影響を受け前年同期を下回る状況にあります。このようなことから12月を市税収納対策強化月間と位置づけ、3日から19日まで集中の臨戸訪問を実施いたします。最終日の19日には部内管理職員による臨戸訪問とあわせ、納税相談窓口を開設し、市税収納に努めてまいります。

  次に、第31回流山市民まつりについて報告申し上げます。

  11月3日総合運動公園をメーン会場に市民まつり実行委員会主催による第31回流山市民まつりと、市民健康まつりが同時開催されました。また、本年度から福祉まつりが市民まつりに統合され、福祉会場として催されたほか、新たに市民活動団体20団体が参加し、市民活動のPRを行うなど、終日多彩なイベントが展開されました。当日は天候にも恵まれ、約2万人の来場者がありました。

  なお、本年も会場の準備、運営、撤去、清掃、後かたづけなどに、昨年より43人多い延べ356人のボランティアの皆様の御協力並びに市内各事業所、各自治会等からの御協賛をいただきました。本席をおかりし御礼申し上げます。

  次に、国民健康保険に係る出産費資金貸付金返済に伴う民事訴訟判決について申し上げます。

  平成21年第3回定例会において議決をいただきました訴えの提起についてに基づき、11月11日に松戸簡易裁判所において出産費資金貸付金返済に伴う民事訴訟裁判が行われました。被告人は全面的に訴状内容について認めており、原告である流山市に対して出産費資金貸付金68万4,000円及び延滞金、裁判費用について返済するよう判決が言い渡されました。今後本市では被告人に対して貸付金の返済等について顧問弁護士に相談しながら回収に努めてまいります。

  次に、新型インフルエンザ対策について申し上げます。

  9月に2学期がスタートして以降、新型インフルエンザの感染はさらに拡大し、現在まで市内小中学校で学級閉鎖や学校閉鎖の措置が続いています。このため10月8日には、強毒性インフルエンザの流行により市内の医療機関での対応が困難になった場合の発熱外来施設の設置を想定した実施訓練を、医師会、歯科医師会、薬剤師会、病院、警察など関係者の方々と市民の皆様に御協力をいただき実施しました。

  また、新型インフルエンザによる重症化を予防するためのワクチン接種については、妊婦、ぜんそくなど基礎疾患のある方の接種が既に始まっており、順次国が示した順番で進めてまいります。

  なお、新型インフルエンザに感染すると重篤化が懸念される幼児のワクチン接種については、当初12月中旬以降の予定でありましたが、千葉県、流山市医師会と協議し、1歳から就学前までの幼児を対象に、市内の15医療機関において、千葉県内自治体のトップを切って12月1日から集団的方式において始めております。さらに、ワクチンの優先接種者で市民税が非課税の世帯の方と、生活保護を受給している方については接種費用を公費で負担してまいります。

  次に、保育所の新規整備について申し上げます。

  本市は、安心子ども基金を活用し、定員総数で300人以上の定員増を目指し保育所整備を進めておりましたが、新規整備により現在の定員の25%、389人の定員増加が見込めることになりました。その内訳は、平成21年度における整備として、12月1日からつくばエクスプレス流山セントラルパーク駅前に定員29人の西平井保育所分園がオープンしました。これによりTXの市内3カ所の駅前すべてに保育園が整備されました。また、平成22年4月1日には流山九丁目に定員120人の城の星保育園がオープンいたします。平成22年度中には初石地区と南流山地区にそれぞれ定員90人の保育園を新設、またかやの木保育園が定員60人から120人へと増員する予定です。これらの整備により平成23年4月1日には待機児童ゼロが実現するものと考えております。

  次に、保育ママ制度について申し上げます。

  保育ママ制度は、10月1日付で初石にお住まいの保育士、有資格者1名を本市第1号の保育ママに認定し、11月1日から1歳児1人の保育をスタートいたしました。保育ママ制度は、保育所の定員枠が少ない3歳未満児を対象としており、保育所整備を補完するサービスとしても重要な制度であると考えております。今後は本年度中に保育士無資格者の研修を行うとともに、来年度以降も順次希望者を募り、充実させてまいりたいと考えております。

  次に、プレミアム商品券について申し上げます。

  流山市商工会はプレミアム商品券第2弾として、12月6日に流山市プレミアム商品券を市内9カ所の特設会場において販売いたします。今回も前回同様15%のプレミアムつきの商品券で、大型店と中小事業所の共通券となる1,000円券5枚と、中小事業所のみで利用できる500円券13枚つづり、1万1,500円をワンセット1万円で、合計1万セット、1億円分を販売いたします。

  さらに今回は抽せんで100名の方に1万円分のプレミアム商品券が当たるダブルチャンスの特典のほか、歳末商戦に合わせて各商店街では売り上げ拡大セールなど特色ある取り組みが行われます。

  第2弾目となる今回のプレミアム商品券の実施に当たっては、前回5月15日に緊急経済対策として実施したプレミアム商品券の売れ行きが好評であったこと、また市商工会で取り扱い加盟店を対象に行ったアンケート調査の結果、加盟店から売り上げや客数が増加し、効果があったとの回答を得られたことから商工会では、さらなる市内経済の活性化のために第2弾のプレミアム商品券発行事業を行うこととなり、市としても前回同様プレミアム分に対する助成を行い、市民の皆様に御利用いただくことにしたものです。

  なお、第2弾目となるプレミアム商品券の発行は、県内で本市が初めとなっております。

  次に、「流山市地球温暖化対策実行計画」(案)等にかかわるパブリックコメントの実施について申し上げます。

  現在「流山市地球温暖化対策実行計画」及び地域推進計画に基づいて、本市の地球温暖化防止対策を進めていますが、この計画期間が平成21年度で終了します。そこで地球温暖化防止に関する社会情勢及び本市の地域特性を踏まえ、平成22年度以降地球温暖化防止の取り組みを強化するため、地球温暖化対策実行計画の案が環境審議会の検討を経てまとまり、12月1日から来月4日までの約1カ月間パブリックコメントを実施しております。

  また、生物多様性基本法に基づき地域の生物多様性を保全し、その恵みを将来にわたり持続するため流山市生物多様性地域戦略の案が環境審議会の検討を経てまとまり、パブリックコメントを同様に12月1日から来月4日までの約1カ月間実施しております。それぞれ平成21年度末までに計画を策定してまいります。

  次に、「流山市路上喫煙及びポイ捨て防止条例の一部を改正する条例」(案)にかかわるパブリックコメントの実施について申し上げます。

  近年道路等に犬のふんを放置したまま散歩をさせる飼い主が増加し、不快に感じる市民から御意見が多く寄せられております。そこで流山市路上喫煙及びポイ捨て防止条例の一部を改正し、これまで飼い主のマナーに依存していた飼い主のふんの放置を禁止するとともに、勧告に従わない飼い主には過料を科すなど規制の強化を図りたいと考えております。

  また、たばこのポイ捨て等の防止の強化を図るため過料の対象範囲を重点区域から市内全域に広げ、より一層きれいなまちづくりを推進するために条例の名称も流山市路上喫煙の防止及びまちをきれいにする条例に変更することを考えております。

  この条例の改正案については12月1日から来月4日までの約1カ月間パブリックコメントを実施しております。このパブリックコメントの後、平成22年第1回定例会に条例の改正案を提案し、周知期間を経て、平成22年7月1日から施行する予定としております。

  次に、「流山市一般廃棄物処理基本計画」(案)にかかわるパブリックコメントの実施について申し上げます。

  「流山市一般廃棄物処理基本計画」は、本市の区域内から発生するごみや生活排水などの一般廃棄物の処理について長期的、総合的視点に立った基本事項を定めるものです。本計画は、概ね5年ごとに見直しを行っており、前回平成16年度の見直しから5年が経過したこと、また新たな人口推計に基づくごみ発生量の予測、社会経済状況の変化、最新データ等を反映させる必要があることから今年度見直しを行うものです。

  本計画の見直しに当たっては廃棄物対策審議会に諮問し、去る11月6日の答申を受け、この答申を踏まえて「流山市一般廃棄物処理基本計画」(案)を作成しました。

  この「流山市一般廃棄物処理基本計画」(案)については、12月1日から来月4日までの1カ月間パブリックコメントの手続を実施しており、平成22年3月の作成を考えております。

  次に、都市計画道路3・1・1号線の見直しについて申し上げます。

  都市計画道路3・1・1号線については、昭和44年に東京第2外郭環状流山線として都市計画決定されましたが、これまで未着手の状況にありました。一方、本道路を含む新市街地地区及び運動公園周辺地区の土地区画整理事業の進捗、松戸・野田有料道路の無料化と旧県道の移管など環境の変化を踏まえ、道路機能の検証が必要となってきたことから、昨年6月千葉県に対して当該道路の見直し要望を行ったところです。現在市においては県及び関係機関と連携を図りながら見直しの基本的な方向性の確認及び協議を行っているところで、平成22年度に都市計画の変更手続を進める予定です。

  次に、ぐりーんバス新規路線の導入について申し上げます。

  来年3月の導入を目途に準備を進めている野々下八木南団地循環ルートについては、昨年9月12日に八木地区自治会連合会が組織するぐりーんバス運行経路検討委員会主催の説明会が開催され、その中で運行経路や今後のスケジュール等導入に向けた説明を行い、承認されたことから開設へ向けた手続に入っております。

  運行事業者は京成バス株式会社に決定し、またバス停の設置位置について検討委員会の協力と隣接地権者の方々の御理解をいただき、11月26日にはバス事業者が関東運輸局への事業認可申請を行ったところです。今後は路線の開設に向け時刻表の作成やバス停の設置などの作業を行ってまいります。

  また、向小金、前ケ崎地域への導入については、実際にマイクロバスを走行し、収集したデータをもとに使用する車両の絞り込みを行っているところです。今後はルート案の検討を初め、安全運行に対する課題や対応について運輸局や地元代表の方々と引き続き協議を行ってまいります。

  次に、つくばエクスプレス沿線整備事業の進捗状況について申し上げます。

  木地区では、地区内の幹線道路となる木流山線及び木南流山線の整備が進められています。運動公園周辺地区では流山セントラルパーク駅周辺で中駒木線及び野々下思井線の整備が進められています。また、県道柏・流山線のバイパスとなる中駒木線の整備を千葉県とUR都市機構が連携して、来年秋の供用開始を目途に進めています。

  新市街地地区では第3回の事業計画変更手続が進められており、去る11月5日から11月18日までの間、事業計画の縦覧を行いました。今回の変更の主なものは、事業の進捗に合わせて必要となった土地利用計画の一部を見直すものです。

  西平井鰭ケ崎地区では、去る9月26日から10月4日までの間、本年度第1期の保留地販売を行いました。今回の販売では売り出した6区画のうち4区画に申し込みがあり、現在その契約手続を進めています。また、残りの2区画については、財団法人千葉県宅地建物取引業協会の情報網等を活用し、引き続き販売を図っております。なお、本日から今年度の第2期販売の受け付けを開始しております。

  次に、「緑の都市賞」における国土交通大臣賞の受賞について申し上げます。

  去る10月30日日比谷公会堂で、広げよう、育てよう、緑の都市全国大会が開催され、流山市が緑の都市賞入賞者表彰で国土交通大臣賞を受賞しました。財団法人都市緑化基金による緑の都市賞は、樹木や花などの緑を用いた環境の改善、景観の向上、緑のリサイクルなどに取り組み、緑あふれる施設づくりや町並みづくりに卓越した成果を上げている市民団体、企業、公共団体等を表彰するものです。今回の受賞では、本市が緑地再生にグリーンチェーン戦略という先導的な手法を取り入れている点や民有林の保全活用、市民が自宅の庭を公開するオープンガーデンを初めとする活発な市民活動など、市民や企業と一体となって総合的な緑の都市づくりに取り組んでいることが高く評価されました。

  次に、新東谷調整池整備事業の進捗状況について申し上げます。

  新東谷調整池整備事業については、去る10月31日に東谷自治会館で周辺住民への工事説明会を開催しました。また、11月13日には市、工事施工者の日本国土開発株式会社及び東谷自治会の三者で工事施工協定書を締結し、平成23年度末の完成を目指し工事に着手いたしました。

  なお、当該工事の施工に当たり説明会で寄せられました御意見、御要望を踏まえ周辺地域の生活環境と安全に配慮した工事を行ってまいります。

  次に、平成22年流山市成人式について申し上げます。

  平成22年流山市成人式を1月10日午前10時半から文化会館大ホールで行います。今回成人を迎えられた方々は、男性748人、女性735人、合計1,483人です。当日は、企画から運営まで32名の実行委員による新成人自らの手づくりによる成人式を計画しております。

  次に、「星野富弘花の詩画展 流山 〜やさしさに笑顔をそえて〜」について申し上げます。

  「星野富弘花の詩画展 流山 〜やさしさに笑顔をそえて〜」が去る11月26日から始まりました。初日の26日には会場の生涯学習センターでオープニングセレモニーが行われたほか、文化会館でもオープニングコンサートが開催されました。今回の詩画展では星野さんの作品の中から水彩画やペン画など100点を公開しておりますが、連日好評を博しています。今月23日までの開催期間中は、会場内の案内、誘導、監視等を多くの市民ボランティアの協力を得て運営されるほか、朗読会やコンサートなど関連行事も多数用意されています。多くの皆様が御来場されることを期待しております。

  以上で市政に関する一般報告を終わります。

  引き続きまして、ただいま上程されました議案15件につきまして、提案理由の説明を申し上げます。

  初めに、議案第79号「流山市総合計画後期基本計画を定めることについて」は、本市ではこれまで、平成12年度から平成31年度までを計画期間とする、本市の目指すべき「まちづくりの指針」である基本構想、そしてその基本構想を具体化するための基本的な施策を定めた平成12年度から平成21年度を計画期間とする前期基本計画に基づき、市政運営を行ってまいりました。このうち、前期基本計画の計画期間が、今年度で終了することから、平成22年度から平成31年度までを計画期間とする、流山市総合計画後期基本計画を、新たに定めるものです。

  次に、議案第80号「平成21年度流山市一般会計補正予算(第5号)」については、生活保護扶助費及び障害者の自立支援給付事業に係る扶助費等の増額並びに八木中学校の大規模改造事業の減額などに伴い補正するもので、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ3億5,596万5,000円を追加し、予算総額を406億79万円とするものです。

  次に、議案第81号「流山市部設置条例の一部を改正する条例の制定について」は、後期基本計画に対応し、諸施策の具体化及び財政基盤の強化を図るため、組織を改編するものです。その概要を申し上げますと、後期基本計画に掲げる事業を政策的な観点で総合的、かつ、迅速に取り組んでいくため、企画財政部の再編を行い、部の名称を総合政策部とします。また、歳入・歳出両面から財政基盤の強化に向けた一体的な取組を進めるため、財政部門及び税部門を一元化した財政部を設置します。

  次に、議案第82号「流山市情報公開条例及び流山市個人情報保護条例の一部を改正する条例の制定について」は、流山市自治基本条例の施行に伴い、開示請求権を有する者の範囲を広げること及び開示決定までの期限を短縮することの知る権利の保障の強化を図り、市政の透明性を確保するため制定するものです。

  議案第83号「流山市特別職の職員の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、本市前職員の公金横領事件に対して、市長及び副市長の任命権及び監督の責任を明確にするとともに、今回の事件で市民の皆様に市政や職員に対する不信感を抱かせたことの重大性を真摯に受け止め、市長及び副市長の給料月額について、減額するものです。

  次に、議案第84号「工事請負契約の変更について」は、平成21年流山市議会第1回定例会において議決をいただきました新日本建設株式会社と締結した第2庁舎建替工事に係る契約について、照明器具を環境に配慮したLED照明に変更するほか、建物の設備等に変更が生じたため、変更契約を締結するものです。

  次に、議案第85号「平成21年度流山市介護保険特別会計補正予算(第3号)」については、介護給付金、地域支援事業である特定高齢者の食の自立支援配食サービス事業費の増額など、所要の補正を行うもので、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ2,576万2,000円を追加し、予算総額を68億6,920万4,000円とするものです。

  次に、議案第86号「流山市敬老祝金支給条例の一部を改正する条例の制定について」は、支給対象者の年齢を77歳、88歳又は99歳以上から88歳又は99歳以上に改めるものです。

  次に、議案第87号「流山市高齢者生活管理支援サービス手数料徴収条例を廃止する条例の制定について」は、介護認定に該当しない人へのサービス提供に対して手数料として徴収していたところですが、これを手数料から契約関係によって生じるサービス利用に伴う費用の対価の徴収とすることから、本条例を廃止するものです。

  次に、議案第88号「流山市公民館並びに市民会館の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、北部公民館の2階準備室を広く市民の利用に供するため会議室とするとともに、文化会館の駐車場の長時間利用に対応するため使用料に上限を設けるものです。

  次に、議案第89号「平成21年度流山市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)」については、後期高齢者支援金、老人保健事務費拠出金及び介護納付金の確定等に伴い補正するもので、既定の歳入歳出予算総額に歳入歳出それぞれ3,211万5,000円を追加し、予算総額を139億5,875万3,000円とするものです。

  次に、議案第90号「流山市廃棄物の減量及び適正処理等に関する条例の一部を改正する条例の制定について」は、平成22年度から汚泥再生処理センターの稼働に伴い、現在はごみとして焼却処分されている剪定枝を当該センターで堆肥化又はチップ化できることとなるため、市民及び事業者が剪定枝を自ら搬入した場合の手数料を定めるとともに、剪定枝を含め一般廃棄物の受入基準を明確にするものです。

  次に、議案第91号「指定管理者の指定について」は、流山市自転車駐車場を管理する指定管理者として、大新東ヒューマンサービス株式会社を平成22年3月1日から平成25年3月31日まで指定しようとするものです。

  次に、議案第92号「平成21年度流山市水道事業会計補正予算(第2号)」については、つくばエクスプレス沿線整備施行者である千葉県、都市再生機構の事業変更に伴う減額や流山市水道事業基本計画見直し業務委託事業における債務負担行為の設定などに伴い補正するもので、収益的支出予算額について、既定の予算額から3,174万2,000円を減額し、33億9,166万円とし、資本的収入予算額について、既定の予算額から、1億9,882万8,000円減額し、5億6,976万2,000円とし、資本的支出予算額について、既定の予算額から1億9,392万2,000円減額し、13億6,505万3,000円とするものです。

  次に、議案第93号「市道路線の認定について」は、土地区画整理事業によるもの2路線及び開発行為によるもの4路線を市道として認定し、適切な維持管理のもと、市民の利便の向上に資するものです。

  以上をもちまして、提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○伊藤實議長 以上をもって提案理由の説明は終わりました。

     流山市後期基本計画検討協議会の調査事項について



○伊藤實議長 日程第4、流山市後期基本計画検討協議会の調査事項についてを議題とします。

  流山市後期基本計画検討協議会から調査事項について報告したいとの申し出がありました。

  お諮りします。本件は申し出のとおり報告を受けることとしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 流山市後期基本計画検討協議会から報告を受けることに決定しました。

  流山市後期基本計画検討協議会会長の発言を許します。

  流山市後期基本計画検討協議会、馬場征興会長。

     〔馬場征興流山市後期基本計画検討協議会長登壇〕



◎馬場征興流山市後期基本計画検討協議会長 ただいまお許しをいただきましたので、流山市後期基本計画検討協議会の調査事項について御報告いたします。

  この協議会は、平成22年から平成31年までの本市のまちづくりの筋道を示す流山市総合計画後期基本計画(案)につきまして、本年3月に制定した議会基本条例第13条の規定に基づき議会としてその計画(案)のあり方等の調査検討をするため、平成21年10月2日に8名の会員をもって設置されました。

  協議会では、流山市後期基本計画(案)の調査検討に関すること及びその他流山市後期基本計画(案)に関し必要と認める事項を所掌事務とし、別紙のとおり合計6回にわたり会議を開催し、調査研究を重ねてまいりました。主な活動は別紙のとおりですが、第4回目の協議会からは会議の傍聴を原則公開し、開かれた議会として議員間の議論を活発に行ってまいりました。そして、各会派からの264件に及ぶ指摘、要望事項をとりまとめ、議長を通じ市長に提出いたしました。

  今後この計画は、先ほど上程された議案第79号として特別委員会での審査にゆだねることとなりますが、流山市議会としてこれまで取り組んでまいりました調査研究経過について御報告をさせていただきました。

  以上でございます。



○伊藤實議長 以上で流山市後期基本計画検討協議会の調査事項についての報告を終了します。



△発議第29号上程



○伊藤實議長 日程第5、発議第29号「流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会」の設置についてを議題とします。



△提案理由説明



○伊藤實議長 提案理由の説明を求めます。横須賀靖議会運営委員長。

     〔横須賀靖議会運営委員長登壇〕



◎横須賀靖議会運営委員長 では、御指名でございますので、発議第29号「流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会」の設置について、案文の内容をもって提案理由の説明を申し上げます。

  1、本議会は、流山市議会基本条例第13条の規定に基づき、流山市総合計画後期基本計画を審査するため、地方自治法第110条及び流山市議会委員会条例第6条の規定により、委員8名からなる「流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会」を設置する。

  2、本議会は、「流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会」に対し次の事項を付託する。

  (1)流山市総合計画後期基本計画に関する事項

  (2)その他、流山市総合計画後期基本計画に関し必要と認める事項

  3、調査期間

  上記特別委員会は、2に掲げる調査が終了するまで、閉会中もなお調査を行うことができる。

  以上のとおりであります。議員各位の御賛同をよろしくお願いいたします。



○伊藤實議長 以上をもって提案理由の説明は終わりました。



△委員会付託省略



○伊藤實議長 お諮りします。

  ただいま議題となっております発議第29号については、正規の手続を省略し、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、発議第29号については、正規の手続を省略し、直ちに採決することに決定しました。



△採決



○伊藤實議長 これより発議第29号を採決します。

  本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、発議第29号は原案のとおり可決されました。

  ただいま設置されました流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会の委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において



      2番  森 田 洋 一 議員

      7番  宮 田 一 成 議員

      8番  藤 井 俊 行 議員

      17番  戸 部 源 房 議員

      19番  田 中 美恵子 議員

      20番  乾   紳一郎 議員

      26番  田 中 人 実 議員

      27番  馬 場 征 興 議員



  の以上8人の議員を指名し、選任します。

  この際、流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会の委員長及び副委員長の互選のため、委員会条例第10条第1項の規定により、議長において流山市総合計画後期基本計画審査特別委員会を本日、本会議終了後、直ちに招集しますので、委員は第3委員会室に御参集ください。



△休会の件



○伊藤實議長 日程第6、「休会の件」を議題とします。

  議案研究のため、明12月4日から12月7日までの4日間は休会としたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。

  よって、明12月4日から12月7日までの4日間は休会することに決定いたしました。

  以上をもって本日の日程はすべて終了しました。

  次の本会議は、12月8日午前10時から開きます。

  本日はこれにて散会します。

  お疲れさまでした。



△午後1時55分散会