議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 流山市

平成21年  5月 臨時会(第1回) 05月14日−01号




平成21年  5月 臨時会(第1回) − 05月14日−01号







平成21年  5月 臨時会(第1回)





       平成21年5月招集流山市議会臨時会会議録(全)

1  日  時   平成21年5月14日午前10時開議                     
1  場  所   流山市議会議場                               
1  出席議員   28名                                   
     1番   高  瀬  眞  木  議員     2番   森  田  洋  一  議員
     3番   堀     勇  一  議員     4番   松  田  浩  三  議員
     5番   徳  増  記 代 子  議員     6番   酒  井  睦  夫  議員
     7番   宮  田  一  成  議員     8番   藤  井  俊  行  議員
     9番   中  川     弘  議員    10番   海 老 原  功  一  議員
    11番   山  崎  専  司  議員    12番   小 田 桐     仙  議員
    13番   松  野     豊  議員    14番   坂  巻  忠  志  議員
    15番   松  尾  澄  子  議員    16番   関  口  和  恵  議員
    17番   戸  部  源  房  議員    18番   青  野     直  議員
    19番   田  中  美 恵 子  議員    20番   乾     紳 一 郎  議員
    21番   秋  間  高  義  議員    22番   高  野  と  も  議員
    23番   中  村  好  夫  議員    24番   高  橋  ミ ツ 子  議員
    25番   横 須 賀     靖  議員    26番   田  中  人  実  議員
    27番   馬  場  征  興  議員    28番   伊  藤     實  議員
1  欠席議員   なし                                    
1  出席理事者                                        
  市   長   井  崎  義  治      副 市 長   石  原  重  雄    

  教 育 長   鈴  木  昭  夫      水 道 事業   菊  池  允  臣    
                          管 理 者                 

  企 画 財政   染  谷     郁      総 務 部長   石  井  泰  一    
  部   長                   (選挙管理                 
                          委 員 会                 
                          事 務 局長                 
                          併 任 )                 

  市 民 生活   吉  田  康  彦      健 康 福祉   高  市  正  高    
  部   長                   部   長                 

  子ども家庭   沼  沢  輝  義      産 業 振興   池  田     孝    
  部   長                   部   長                 
                          ( 農 業                 
                          委 員 会                 
                          事 務 局長                 
                          併 任 )                 

  環 境 部長   宇 仁 菅  伸  介      都 市 計画   山  下  義  博    
                          部   長                 

  都 市 整備   阿  曽     弘      土 木 部長   志  村  誠  彦    
  部   長                                         

  会計管理者   櫻  井  範  子      監 査 委員   高  橋  道  秋    
                          事 務 局長                 

  学 校 教育   渡  邉  哲  也      生 涯 学習   海 老 原  廣  雄    
  部   長                   部   長                 

  消 防 長   大  越  一  夫      人 事 課長   井  上     透    
  税 制 課長   藍  川  政  男      市民税課長   岩  橋  正  美    

  資産税課長   豊  田  和  彦      健康福祉部   小 笠 原  正  人    
                          次   長                 
                          (兼障害者                 
                          支援課長)                 

1  出席事務局員                                       
  事 務 局長   秋  山     純      次   長   福  留  克  志    

  次 長 補佐   仲  田  道  弘      次 長 補佐   吉  原     浩    
  ( 兼 議事                   ( 兼 庶務                 
  係 長 )                   係 長 )                 

  主   査   須  郷  和  彦      主   事   小  谷  和  雄    

        平成21年流山市議会第1回臨時会日程表(全)
           平成21年5月14日午前10時開議
第 1 会議録署名議員の指名                                  
第 2 会期の決定                                       
第 3 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市税条例等の一部を改正する条例の制定について)           
    議案第34号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)        
    議案第35号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市重度障害者医療費及び特定疾病者医療費の支給に関する条例の一部を改正
            する条例の制定について)                        
           (議案上程・提案理由説明)                        
第 4 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市税条例等の一部を改正する条例の制定について)           
    議案第34号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)        
           (質疑・委員会付託)                           
第 5 議案第33号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市税条例等の一部を改正する条例の制定について)           
    議案第34号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)        
           (委員長報告・質疑・討論・採決)                     
第 6 議案第35号 専決処分の承認を求めることについて                    
           (流山市重度障害者医療費及び特定疾病者医療費の支給に関する条例の一部を改正
            する条例の制定について)                        
           (質疑・委員会付託省略・討論・採決)                   
第 7 議案第36号 固定資産評価員の選任について                       
           (議案上程・提案理由説明・採決)                     
第 8 議会運営委員会委員の選任について                            
第 9 常任委員会委員の選任について                              

 本日の会議に付した事件                                    
  日程第7まで議事日程表のとおり                               
第 8 議長辞職の件                                      
第 9 議長の選挙                                       
第10 副議長辞職の件                                     
第11 副議長の選挙                                      
第12 議席の一部変更の件                                   
第13 議会運営委員会委員の選任について                            
第14 常任委員会委員の選任について                              







△午前10時01分開会



○馬場征興議長 ただいまから平成21年流山市議会第1回臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

  本日の出席を御報告します。

  ただいまのところ出席議員27名、欠席議員1名であります。よって、定足数に達しておりますので、会議は成立していることを御報告します。



△諸般の報告



○馬場征興議長 これより諸般の報告をします。

  地方自治法第121条の規定による出席要求に対し、市長から出席者の職氏名の通知がありました。お手元に配付の印刷物により御了承願います。

  次に、監査委員から地方自治法第199条第5項の規定に基づく随時監査(工事監査)について報告がありました。お手元に配付の印刷物により御了承願います。

  次に、平成21年流山市議会第1回定例会において可決されました発議第8号「緑の社会への構造改革を求める意見書」については、平成21年3月25日付で関係省庁に送付しました。

  その他の会議等につきましては、お手元に配付の印刷物により御了承願います。

  これをもって諸般の報告を終わります。

  本日市長から議案の送付があり、これを受理しましたので、御報告します。

  4月1日付で議会の会派により変更があり、議会運営委員会の藤井俊行副委員長、伊藤實委員から議会運営委員の辞任の申し出があり、委員会条例第8条により、新たに酒井睦夫議員、松田浩三議員を選任しましたので、御報告します。

  また、議会報編集特別委員会の田中美恵子委員から議会報編集特別委員の辞任の申し出があり、委員会条例第8条により、新たに堀勇一議員、松野豊議員を選任しましたので、御報告します。

  本日の議事につきましては、お手元に配付の日程表によって進めたいと思いますので、御了承願います。



△会議録署名議員の指名



○馬場征興議長 これより議事に入ります。

  日程第1、「会議録署名議員の指名」を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において秋間高義議員及び高野とも議員を指名します。



△会期の決定



○馬場征興議長 日程第2、「会期の決定」を議題とします。

  お諮りします。今期臨時会の会期は、5月14日、本日1日限りとしたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 異議なしと認めます。よって、今期臨時会の会期は本日1日限りと決定しました。



△議案の上程



○馬場征興議長 日程第3、議案第33号から議案第35号までの以上3件を一括して議題とします。



△提案理由説明



○馬場征興議長 提案理由の説明を求めます。井崎市長。

     〔井崎市長登壇〕



◎井崎義治市長 おはようございます。本日ここに平成21年第1回臨時会を招集いたしましたところ、議員各位には多くの御出席をいただき、感謝申し上げます。

  本臨時会では、議案4件につきまして御審議をいただきますので、よろしくお願い申し上げます。

  提案理由の説明に先立ちまして、2件御報告を申し上げます。

  まず初めに、流山市の人口について御報告申し上げます。去る4月30日、本市の人口が16万人を突破いたしました。16万人目の市民の方は、平和台在住の方の長女として出生されましたお子さんであります。本市は、平成11年6月に15万人を超え、約10年の歳月を経て今回の記念すべき時を迎えました。人口減少が叫ばれる中、めでたく16万人目の市民を迎え入れられましたことに非常にうれしく感じているところです。

  次に、新型インフルエンザ対策について報告いたします。メキシコに端を発した新型インフルエンザは、米国を初めとする世界各国で患者が発生しており、WHO(世界保健機関)では警戒レベルをフェーズ5とし、世界各国へ警戒を呼びかけております。また、国では国内への新型インフルエンザの侵入を防止するため、空港や港などで海外渡航者を中心に水際での検疫体制の強化が図られているところです。

  このような中、本市では3月に策定した流山市新型インフルエンザ対策行動計画に基づき、WHOが4月28日早朝フェーズ4を発表したことを受け、新型インフルエンザから市民を守るため、同日午後3時に市長を本部長とする庁内の関係部長で組織する新型インフルエンザ対策本部を設置しました。

  さらに、5月2日には保健所、医師会、歯科医師会、薬剤師会、病院、警察、市民のライフラインと関連する事業者、公共交通機関など関係者の方々にお集まりいただき、新型インフルエンザ対策協議会を開催し、情報の共有と今後の国内発生を見据えた対策について協議したところです。

  現在のところ、国における新型インフルエンザ対策本部長であります内閣総理大臣の談話では、成田空港に到着した日本人が新型インフルエンザに感染していることが確認されましたが、空港における検疫の段階で対処したもので、基本的対処方針の国内で患者が発生した場合に当たるものではないとしております。

  今後新型インフルエンザが国内や県内外で発生した場合においても、市民の被害を最小限に抑える迅速な対応をするため、関係機関と連携を図り、万全を期した対策を進めてまいりたいと考えております。

  引き続きまして、ただいま上程されました議案3件について提案理由の説明を申し上げます。

  初めに、議案第33号及び議案第34号は流山市税条例等の一部を改正する条例の制定及び流山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について専決処分の承認を求めるものですが、関連がありますので、一括して説明を申し上げます。

  両案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成21年3月31日に公布され、一部を除き同年4月1日から施行されることに伴い、平成21年度分の課税を行うことについて特に緊急を要したことから、去る3月31日に専決処分をしたので、その承認を求めるものです。

  その概要を申し上げますと、市民税では、住宅借入金等特別税額控除の拡充、長期譲渡所得に対する課税の特例の改正、上場株式等配当及び譲渡益に対する課税の特例の改正、固定資産税では、平成21年度評価替えに伴う土地に係る固定資産税の負担調整措置の継続、認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額を受ける場合の手続等、都市計画税では、土地に係る固定資産税と同様に、負担調整措置の継続について地方税法等において措置されたことに伴いまして、所要の改正を行ったものです。

  次に、議案第35号「専決処分の承認を求めることについて」は、流山市重度障害者医療費及び特定疾病者医療費の支給に関する条例の一部を改正する条例の制定について、平成21年3月31日までとしておりました障害者自立支援法に基づく高額治療継続者である重度障害者に対する重度障害者医療費の支給に係る所得制限の適用除外を同法の自立支援医療費の支給に係る所得制限の特例の延長に合わせ同様に延長することについて、特に緊急を要したため、平成21年3月31日付で専決処分したので、その承認を求めるものです。

  以上をもちまして提案理由の説明を終わります。よろしく御審議の上、議決賜りますようにお願い申し上げます。



○馬場征興議長 以上をもって提案理由の説明は終わりました。



△質疑



○馬場征興議長 次に、日程第4、議案第33号及び議案第34号の以上2件を一括して議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 質疑なしと認め、これをもって質疑を終結します。



△委員会付託



○馬場征興議長 ただいま議題となっております議案第33号及び議案第34号は総務委員会に付託します。

  なお、総務委員長から議案第33号及び議案第34号の審査を直ちに行うとの報告がありましたので、委員は第3委員会室に御参集ください。

  委員会審査のために暫時休憩をいたします。



     午前10時13分休憩



     午後 2時00分再開





○馬場征興議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



△委員長報告



○馬場征興議長 日程第5、議案第33号及び議案第34号の以上2件を一括して議題とします。

  本件に関し、委員長の報告を求めます。青野直総務委員長。

     〔青野直総務委員長登壇〕



◎青野直総務委員長 総務委員会に付託されました議案2件につきまして、審査の過程及び審査結果について審査経過順に御報告します。

  まず、議案第33号「専決処分の承認を求めることについて(流山市税条例等の一部を改正する条例の制定について)」と議案第34号「専決処分の承認を求めることについて(流山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について)」は、関連があることから、一括して審査を行いました。両案は、地方税法等の一部を改正する法律が平成21年3月31日に公布され、一部を除き同年4月1日から施行されることに伴い、緊急を要したことから専決処分をしたもので、その承認を求めるものです。

  その概要は、市民税では、住宅借入金等特別税額控除の拡充、長期譲渡所得に対する課税の特例の改正、上場株式等配当及び譲渡益に対する課税の特定の改正であり、また固定資産税では、平成21年度評価がえに伴う土地に係る固定資産税の負担調整措置の継続、認定長期優良住宅に係る固定資産税の減額を受ける場合の手続等、所要の改正を行ったものです。

  採決の結果、議案第33号については5対1をもって原案のとおり承認すべきものと決定しました。

  また、議案第34号については5対1をもって原案のとおり承認すべきものと決定しました。

  以上をもちまして総務委員会の委員長報告を終わります。



○馬場征興議長 これをもって委員長の報告を終わります。



△委員長報告に対する質疑



○馬場征興議長 これより委員長報告に対する質疑に入ります。質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 質疑なしと認め、これをもって質疑を終結します。



△討論



○馬場征興議長 これより討論に入ります。

  討論の通告がありますので、これを許します。22番高野とも議員。

     〔22番高野とも議員登壇〕



◆22番(高野とも議員) 日本共産党を代表いたしまして、議案第33号、専決処分を求めることについて、流山市税条例等の一部を改正する条例の制定について、議案第34号、専決処分を求めることについて、流山市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について、関連がありますので、一括して反対の立場から討論を行います。

  2つの条例改正の根拠になっている地方税法等の改正を含む今年の税制改正は、昨年来の未曾有の経済危機に対して経済効果をねらった減税措置をとっていることが特徴です。麻生内閣の経済対策の目玉としている過去最大級の住宅ローン減税、ハイブリッドカーなどの環境に優しい自動車取得税免税を初め、不動産取得税、固定資産税、都市計画税に係る改正となっています。

  反対理由の第1は、2009年度税制改正法の附則で消費税増税法案を2011年度までに成立させる方針を明記し、政府は早ければ来年の通常国会での可決を想定していることです。消費税は、応能負担の原則に反します。しかも、急激な景気の落ち込みが個人消費を悪化させており、このような時期に消費税増税の立法化にレールを敷くことは消費の落ち込みを加速させます。国民の審判を受けず消費税増税のレールを敷く法律を通すことは民主主義の原則を根本から踏みにじることだと我が党は国会で反対討論を行いました。

  第2は、上場株式等の配当、譲渡益への一律10%軽減税率を復活させ、3年間延長するなど、上場株式等を大量に所有する大資産家優遇を拡大するものだということです。この措置は、金持ち優遇税制との批判もあった中で政府税制調査会も廃止すべきものとしていたものであり、政府の方針さえもほごにするものです。また、固定資産税の負担調整措置は負担水準が低い土地ほど税の負担を上昇させる仕組みになっています。住民に連続増税を強いる仕組みの延長は容認することはできません。

  第3は、貧困と格差を拡大させてきた構造改革路線は根本的な転換をすることなく、国民生活への支援策は一時的、限定的なものにすぎないということです。派遣切りや雇いどめで生活基盤をも失った人、社会保障費自然増2,200億円のカットで介護制度から排除される人、生きていくために欠かせないサービスに利用料という負担が重くのしかかっている障害者など、将来不安のない安心できる暮らし、持続可能な社会がここには見出せません。

  今やるべきことは、かつての骨太方針2008でも政府が触れざるを得なかった生活の根底を支えるセーフティーネットの全面見直しなどの緊急支援であり、それこそが個人消費を温め、景気回復につながる道ではないでしょうか。ましてや減税のツケを消費税増税でとなれば日本の経済はますます立ち行かなくなってしまうと強く指摘して反対の討論といたします。



○馬場征興議長 これをもって討論を終結します。

  採決前に申し上げます。本日19番田中美恵子議員は、けがのため起立採決することができません。そこで、本日19番田中美恵子議員の採決に限り、議長において挙手採決を認めることとしたいと思います。御了承願います。



△採決



○馬場征興議長 これより採決します。

  初めに、議案第33号を採決します。

  本案に対する委員長の報告は承認であります。

  本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○馬場征興議長 起立多数であります。よって、議案第33号は原案のとおり承認されました。

  次に、議案第34号を採決します。

  本案に対する委員長の報告は承認であります。

  本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○馬場征興議長 起立多数であります。よって、議案第34号は原案のとおり承認されました。



△質疑



○馬場征興議長 日程第6、議案第35号を議題とします。

  これより質疑に入ります。質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 質疑なしと認め、これをもって質疑を終結します。



△委員会付託省略



○馬場征興議長 議案第35号については、会議規則第37条第3項の規定により委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 異議なしと認めます。よって、議案第35号は委員会の付託を省略することに決定しました。



△討論



○馬場征興議長 これより討論に入ります。討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 討論なしと認め、これをもって討論を終結します。



△採決



○馬場征興議長 これより議案第35号を採決します。

  本案は、これを承認することに賛成の議員の起立を求めます。

     〔賛成者起立〕



○馬場征興議長 起立全員であります。よって、議案第35号は原案のとおり承認することに決定しました。



△議案の上程



○馬場征興議長 次に、日程第7、議案第36号を議題とします。



△提案理由説明



○馬場征興議長 提案理由の説明を求めます。井崎市長。

     〔井崎市長登壇〕



◎井崎義治市長 ただいま上程されました議案第36号「固定資産評価員の選任について」は、固定資産評価員、戸部幹夫氏が退職したことにより、その後任として、税務担当部長である石井泰一総務部長を選任したいので、議会の御同意をお願いするものです。

  御審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○馬場征興議長 以上をもって提案理由の説明は終わりました。



△正規の手続省略



○馬場征興議長 ただいま議題となっております議案第36号については、正規の手続を省略し、無記名投票により直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 異議なしと認めます。よって、議案第36号については正規の手続を省略し、無記名投票により直ちに採決することに決定しました。



△採決



○馬場征興議長 これより採決します。

  議案第36号「固定資産評価員の選任について」を採決します。

  この採決は、無記名投票をもって行います。

  念のため申し上げます。本案を可とする議員は「賛成」と、否とする議員は「反対」と記載の上、点呼に応じて順次投票願います。

  なお、投票中、賛否を表明しない投票及び賛否の明らかでない投票は、会議規則第73条第2項の規定により「否」とみなします。

  議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○馬場征興議長 ただいまの出席議員は28名で、この投票における投票議員は27名であります。

  まず、立会人を指名します。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に横須賀靖議員、伊藤實議員、高橋ミツ子議員を指名します。

  投票用紙を配付します。

     〔投票用紙配付〕



○馬場征興議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めます。

     〔投票箱点検〕



○馬場征興議長 異状なしと認めます。

  この際、申し上げます。本日19番田中美恵子議員は、けがのため投票することが困難であることを理由に代理投票の申し出がありましたので、代理投票を認めることにいたします。

  立会人の意見を聞いて投票補助者2人を定めることとします。先ほど申し上げました横須賀靖議員、伊藤實議員、高橋ミツ子議員は、議長席前までお集まりください。

     〔投票補助者の決定〕



○馬場征興議長 投票補助者に職員の仲田次長補佐、須郷主査を指名いたします。

  点呼に応じて順次投票願います。

  点呼を命じます。

     〔氏名点呼〕

     〔各議員投票〕



○馬場征興議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○馬場征興議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了します。

  議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○馬場征興議長 開票を行います。

  よって、立会人の立ち会いをお願いいたします。

     〔投票点検〕



○馬場征興議長 投票結果を報告します。

     投票数   27票

  これは、先ほどの投票議員数に符合しています。

  そのうち

     賛 成   23票

     反 対   4票

  うち

     白 票   0票

  以上のとおりであります。よって、議案第36号はこれに同意することに決定しました。

  暫時休憩します。



     午後 2時24分休憩



     午後 2時52分再開





○馬場征興議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議事の都合により、副議長と交代いたします。

     〔議長、副議長と交代〕



○関口和恵副議長 議長にかわりまして、副議長の私が議長席に着かせていただきます。



△日程の追加



○関口和恵副議長 ただいま馬場征興議長から議長の辞職願が提出されております。

  お諮りします。この際「議長辞職の件」を日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○関口和恵副議長 異議なしと認めます。よって、この際「議長辞職の件」を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。

  なお、以下の日程は順次繰り下げますので、御了承願います。



△議長辞職の件



○関口和恵副議長 日程第8、「議長辞職の件」を議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、馬場征興議員の退席を求めます。

     〔28番馬場征興議員退席〕



○関口和恵副議長 まず、辞職願を事務局長に朗読させます。



◎秋山純事務局長 それでは、朗読させていただきます。

  辞 職 願

  今般、都合により議長を辞職したいので、御許可くださるようお願い申し上げます。

  平成21年5月14日

  流山市議会副議長 関口和恵様

                                   流山市議会議長 馬場征興 

  以上でございます。



○関口和恵副議長 お諮りします。

  馬場征興議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○関口和恵副議長 異議なしと認めます。よって、馬場征興議長の辞職を許可することに決定しました。

  馬場征興議長の除斥を解きます。

     〔28番馬場征興議員復席〕



○関口和恵副議長 この際、議長を辞職されました馬場征興議員のごあいさつがあります。

     〔28番馬場征興議員登壇〕



◎28番(馬場征興議員) 退任に当たりまして、一言御礼のごあいさつを申し上げます。

  私は、平成19年5月18日、皆様の御支援を賜り、流山市議会の議長に就任して以来、ここ2年間無事にその任を終えることができました。顧みますと、この間は地方自治に関する変化が著しく、地方分権の確立、充実、地方議会の改革など、議長の責務も議会内外において非常に重要な問題が多かった時期であったと思います。

  私もこのような事態の重要性を認識しつつ、皆様の御協力を得て、千葉県下においても率先して議会基本条例を制定することができました。また、その他の議会改革に最善の努力を尽くしてまいったつもりでございます。しかしながら、力及ばずといいますか、その面も多く、皆様の御期待に沿う業績を上げ得なかったことを今さらのごとく反省する次第でございます。

  それにもかかわらず、この間私に力強い御協力とご支援を終始お寄せいただきましたことは感謝にたえません。皆様の厚意に対し心から御礼を申し上げます。今後は、この貴重な経験を広域的な視点を踏まえて流山市政に尽力してまいりますことをお誓い申し上げまして、私の退任のあいさつといたします。本当にありがとうございました。(拍手)



△日程の追加



○関口和恵副議長 お諮りします。

  この際「議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○関口和恵副議長 異議なしと認めます。よって、「議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決定いたしました。

  なお、以下の日程は順次繰り下げますので、御了承願います。



△議長の選挙



○関口和恵副議長 日程第9、ただいまから「議長の選挙」を行います。

  念のため申し上げます。この選挙は、単記無記名投票で行いますので、投票用紙には被選挙人の氏名を記載してください。

  議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○関口和恵副議長 ただいまの出席議員は28名で、この投票における投票議員は28名であります。

  まず、立会人を指名します。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に中村好夫議員、高野とも議員、秋間高義議員を指名いたします。

  投票用紙を配付します。

     〔投票用紙配付〕



○関口和恵副議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○関口和恵副議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めます。

     〔投票箱点検〕



○関口和恵副議長 異状なしと認めます。

  この際申し上げます。本日19番田中美恵子議員は、けがのため投票することが困難であることを理由に代理投票の申し出がありましたので、代理投票を認めることにいたします。

  立会人の意見を聞いて投票補助者2人を定めることとします。先ほど申し上げました中村好夫議員、高野とも議員、秋間高義議員は、議長席前にお集まりください。

     〔投票補助者の決定〕



○関口和恵副議長 投票補助者に職員、仲田次長補佐、須郷主査を指名いたします。

  点呼に応じて順次投票願います。

  点呼を命じます。

     〔氏名点呼〕

     〔各議員投票〕



○関口和恵副議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○関口和恵副議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○関口和恵副議長 開票を行います。

  よって、立会人の立ち会いをお願いいたします。

     〔投票点検〕



○関口和恵副議長 投票結果を報告します。

     投票数     28票

  これは先ほどの出席議員数に符合しています。

  そのうち

     有効投票数   26票

     無効投票数   2票

  うち

     白票      2票

  有効投票中

     伊藤  實議員 12票

     田中 人実議員 10票

     乾 紳一郎議員 4票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は7票であります。よって、伊藤實議員が議長に当選されました。



△当選告知



○関口和恵副議長 ただいま議長に当選されました伊藤實議員がおられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知いたします。



△伊藤實議員のあいさつ



○関口和恵副議長 当選されました伊藤實議員のごあいさつをお願いいたします。

     〔25番伊藤實議員登壇〕



◎25番(伊藤實議員) ただいま皆様より信任をいただきまして、誠にありがとうございました。

  さて、国、地方を問わず昨今の日本の政治は閉塞感に満ちており、いろいろなしがらみや思惑によって改革がなかなか前に進まない状況であります。私たち流山市議会は、あしき固定観念とは決別をして、公平公正で市民に開かれた議会を目指し、不退転の決意で取り組まなければなりません。

  流山市は、3月定例会において自治基本条例と議会基本条例を同時に可決し、本年4月より施行しております。議会基本条例を本当に実効性のあるものにするためには、これまで以上に行政への監視、調査、政策立案及び立法の機能強化が求められてくるものと考えております。

  また、議会が積極的な情報公開を率先して行うことでより一層市民に開かれた議会を実現しなければなりません。さらには、議会は市民の多様な意見を的確に把握する努力をし、常に市民との対話を重ねながら議員間での自由闊達な討議を重ね、市民に信頼される議会運営に取り組まなければならないと考えております。

  議会は討論の広場です。有権者の立場に立って議論や協議を重ねることが民主主義の原理原則です。議長としての取り組みの中では、議会運営の中心となる委員会活動の活性化を図りたいと考えております。市長の議案提出に対する事前説明等について十分な討議時間の確保を求めていくなど、これから議会改革は特に議員各位それぞれが真剣に取り組み、自由な討議を重ねてこそ実現するものであると信じております。

  なお、私は議長選に臨むに当たって、議員各位に事前に配付させていただきました議長マニフェストの工程表を直ちに作成して、議会ホームページでマニフェストの進捗状況を広く市民に公表したいと思います。

  いずれにいたしましても、議会改革や諸課題の解決には、議長の決意だけでなく、議員一人一人の御理解と御協力を得なければ何も進みません。党派や会派にとらわれず、議員各位が互いに情報化、信頼関係を保つべく、円滑なコミュニケーションの調整役として議長のかかわりも必要と考えております。ぜひとも皆様からの御協力をいただきまして、今変わる流山市議会の実現に邁進したいと考えております。

  最後に、改めて議員各位の御理解と御協力をお願い申し上げまして、議長就任の所信表明とさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○関口和恵副議長 議長と交代いたします。

     〔副議長、新議長と交代〕



△日程の追加



○伊藤實議長 ただいま関口和恵副議長から副議長の辞職願が提出されております。

  お諮りします。この際「副議長辞職の件」を日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、この際「副議長辞職の件」を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。

  なお、以下の日程は順次繰り下げますので、御了承願います。



△副議長辞職の件



○伊藤實議長 日程第10、「副議長辞職の件」を議題とします。

  地方自治法第117条の規定により、関口和恵議員の退席を求めます。

     〔16番関口和恵議員退席〕



○伊藤實議長 まず、辞職願を事務局長に朗読させます。



◎秋山純事務局長 朗読させていただきます。

  辞 職 願

  今般、都合により副議長を辞職したいので、御許可くださるようお願い申し上げます。

  平成21年5月14日

  流山市議会議長 伊藤實様

                                  流山市議会副議長 関口和恵 

  以上でございます。



○伊藤實議長 お諮りします。

  関口和恵副議長の辞職を許可することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、関口和恵副議長の辞職を許可することに決定しました。

  関口和恵議員の除斥を解きます。

     〔16番関口和恵議員復席〕



○伊藤實議長 この際、副議長を辞職されました関口和恵議員のごあいさつがあります。

     〔16番関口和恵議員登壇〕



◎16番(関口和恵議員) 退任に際し、一言ごあいさつ申し上げます。

  皆様に支えられ、御協力をいただき2年間、馬場議長を補佐し、議長とともに無事終えることができ、また副議長という貴重な経験をさせていただき、心より感謝申し上げます。

  これからの2年間、市政発展のため尽力してまいりますことをお誓い申し上げ、退任のあいさつといたします。2年間本当にありがとうございました。(拍手)



△日程の追加



○伊藤實議長 お諮りします。

  この際「副議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、「副議長の選挙」を日程に追加し、直ちに選挙を行うことに決定しました。



△動議の提出

     〔「議長」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 青野議員。



◎青野直議員 休憩をお願いしたいと思います。

  理由は、会派内で打ち合わせをする事項が発生しましたので、お諮りをいただきたいと思います。



○伊藤實議長 ただいまの動議に対しまして、賛成者の挙手をお願いします。

     〔賛成者挙手〕



○伊藤實議長 2名以上の賛同者がおりますので、暫時休憩をしたいと思います。



     午後 3時22分休憩



     午後 4時01分再開





○伊藤實議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  副議長選挙を日程に追加いたしますので、以下の日程は順次繰り下げますので、御了承願います。



△副議長の選挙



○伊藤實議長 日程第11、ただいまから「副議長の選挙」を行います。

  念のために申し上げます。この選挙は、単記無記名投票で行いますので、投票用紙には被選挙人の氏名を記載してください。

  議場の閉鎖を命じます。

     〔議場閉鎖〕



○伊藤實議長 ただいまの出席議員は28名で、この投票における投票議員は28名であります。

  まず、立会人を指名します。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に乾紳一郎議員、青野直議員、戸部源房議員を指名します。

  投票用紙を配付します。

     〔投票用紙配付〕



○伊藤實議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めます。

     〔投票箱点検〕



○伊藤實議長 異状なしと認めます。

  点呼に応じて順次投票願います。

  この際申し上げます。本日19番田中美恵子議員は、けがのため投票することが困難であることを理由に代理投票の申し出がありましたので、代理投票を認めることにいたします。

  立会人の意見を聞いて投票補助者2人を定めることとします。先ほど申し上げました乾紳一郎議員、青野直議員、戸部源房議員は、議長席前にお集まりください。

     〔投票補助者の決定〕



○伊藤實議長 投票補助者に職員、仲田次長補佐、須郷主査を指名いたします。

  点呼を命じます。

     〔氏名点呼〕

     〔各議員投票〕



○伊藤實議長 投票漏れはありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了します。

  議場の閉鎖を解きます。

     〔議場開鎖〕



○伊藤實議長 開票を行います。

  よって、立会人の立ち会いをお願いいたします。

     〔投票点検〕



○伊藤實議長 投票の結果を報告します。

     投票数     28票

  これは先ほどの出席議員数に符合しています。

  そのうち

     有効投票数   17票

     無効投票数   11票

  うち

     白票      11票

  有効投票中

     高橋ミツ子議員 9票

     高野 とも議員 8票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は7票であります。よって、高橋ミツ子議員が副議長に当選されました。



△当選告知



○伊藤實議長 ただいま副議長に当選されました高橋ミツ子議員がおられますので、会議規則第32条第2項の規定により告知します。



△高橋ミツ子議員のあいさつ



○伊藤實議長 当選されました高橋ミツ子議員のごあいさつをお願いいたします。

     〔24番高橋ミツ子議員登壇〕



◎24番(高橋ミツ子議員) 社会民主党の高橋ミツ子です。ただいまは、副議長に御推挙いただきましてありがとうございました。その重責に身が引き締まる思いであります。副議長就任に当たりまして一言ごあいさつをさせていただきます。

  今流山市は、自治基本条例、そして議会基本条例が同時に制定され、全国から具体的な運用について注目が集まっております。副議長は、法的には、議長に事故あるとき、あるいは欠けたときに職務を執行するものですが、その場合の権限は議長と全く同じであると理解をしておりますが、副議長の役割は一言で言えば、議長を補佐し、支えることだと思います。

  議長の主な役割は、会議の運営や各会派間の意見調整であり、市民は行政、議会の情報の積極的な公開、公平中立な議会運営を求めているものと思います。私は、伊藤實新議長のリーダーシップに期待をするとともに、議長が十二分に力を発揮し、議員並びに市民の信頼にこたえられるような副議長としての職務を果たすつもりです。

  議員の皆さんにおかれましても、議会運営の3原則が遵守されますよう御協力をお願い申し上げまして、簡単ではございますが、私のあいさつとさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



△日程の追加



○伊藤實議長 お諮りします。

  議長及び副議長の選挙に伴い、議席を一部変更したいと思います。この際「議席の一部変更の件」を日程に追加し、直ちに議題としたいと思います。これに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、「議席の一部変更の件」を日程に追加し、直ちに議題とすることに決定しました。

  なお、以下の日程は順次繰り下げますので、御了承願います。



△議席の一部変更の件



○伊藤實議長 日程第12、「議席の一部変更の件」を議題とします。

  変更する議席番号及び氏名を事務局長から報告させます。



◎秋山純事務局長 それでは、議席の一部変更について報告させていただきます。

  1番高瀬眞木議員から24番高橋ミツ子議員までは変更ございません。

  26番横須賀靖議員、27番田中人実議員及び28番馬場征興議員は、それぞれ1つ番号が繰り上がり、28番が伊藤實議長になります。

  以上でございます。



○伊藤實議長 お諮りします。

  ただいま報告しましたとおり、議席の一部を変更することに御異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○伊藤實議長 異議なしと認めます。よって、ただいま報告したとおり議席の一部を変更することに決定しました。

  暫時休憩します。



     午後 4時17分休憩



     午後 4時18分再開





○伊藤實議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  先ほど決定いたしました議席にそれぞれお着き願います。

     〔各議員新議席に着席〕



△議会運営委員会委員の選任について



○伊藤實議長 日程第13、「議会運営委員会委員の選任について」を議題とします。


  議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、
     松  田  浩  三  議員   宮  田  一  成  議員
     藤  井  俊  行  議員   関  口  和  恵  議員
     乾     紳 一 郎  議員   横 須 賀     靖  議員
     馬  場  征  興  議員                 
  以上7人を議会運営委員会委員に指名し、選任します。


△常任委員会委員の選任について


○伊藤實議長 日程第14、「常任委員会委員の選任について」を議題とします。
  お諮りします。常任委員会委員については、委員会条例第8条第1項の規定により、
  総務委員会委員に
     高  瀬  眞  木  議員   宮  田  一  成  議員
     海 老 原  功  一  議員   小 田 桐     仙  議員
     坂  巻  忠  志  議員   関  口  和  恵  議員
     高  橋  ミ ツ 子  議員                 
  以上7人を指名し、教育福祉委員会委員に
     堀     勇  一  議員   徳  増  記 代 子  議員
     酒  井  睦  夫  議員   中  川     弘  議員
     青  野     直  議員   田  中  人  実  議員
     馬  場  征  興  議員                 
  以上7人を指名し、市民経済委員会委員に
     松  田  浩  三  議員   藤  井  俊  行  議員
     戸  部  源  房  議員   乾     紳 一 郎  議員
     秋  間  高  義  議員   中  村  好  夫  議員
     横 須 賀     靖  議員                 
  以上7人を指名し、都市建設委員会委員に
     森  田  洋  一  議員   山  崎  専  司  議員
     松  野     豊  議員   松  尾  澄  子  議員
     田  中  美 恵 子  議員   高  野  と  も  議員
     伊  藤     實  議員                 


  以上7人を指名し、それぞれの常任委員会委員に選任します。

  この際、議会運営委員会の委員長及び副委員長の互選のため、委員会条例第10条第1項の規定により、議長において議会運営委員会を直ちに招集しますので、委員は第1委員会室に御参集ください。

  また、議会運営委員会終了後、各常任委員会の委員長及び副委員長の互選のため、委員会条例第10条第1項の規定により、議長において各常任委員会を次のとおり招集します。

  総 務 委 員 会 第1委員会室

  教育福祉委員会 第2委員会室

  市民経済委員会 第3委員会室

  都市建設委員会 第4委員会室

  委員は、各委員会室に御参集ください。

  なお、本日の会議時間は、議事の都合によりあらかじめこれを延長します。

  委員会開催のため暫時休憩します。



     午後 4時22分休憩



     午後 5時41分再開





○伊藤實議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議会運営委員会及び各常任委員会において、それぞれ次のとおり委員長及び副委員長を選任した旨報告がありました。


  議会運営委員会
   委 員 長   横須賀   靖 議員
   副委員長   乾   紳一郎 議員
  総務委員会
   委 員 長   海老原 功 一 議員
   副委員長   高 瀬 眞 木 議員
  教育福祉委員会
   委 員 長   中 川   弘 議員
   副委員長   堀   勇 一 議員
  市民経済委員会
   委 員 長   中 村 好 夫 議員
   副委員長   松 田 浩 三 議員
  都市建設委員会
   委 員 長   松 尾 澄 子 議員
   副委員長   山 崎 専 司 議員


  以上のとおりであります。



△市長の発言



○伊藤實議長 以上をもって今期臨時会に付議されました議案はすべて議了いたしました。

  閉会に当たり、市長から特に発言を求められておりますので、これを許します。井崎市長。

     〔井崎市長登壇〕



◎井崎義治市長 特にお許しをいただきまして、一言ごあいさつさせていただきます。

  議案4件につきまして、いずれも原案のとおりお認めいただきありがとうございました。

  本日付をもって辞職されました馬場議長並びに関口副議長には、2年間にわたり民主的で円滑な議会運営や議会改革に積極的に取り組まれ、大きな成果を残されましたことに深く敬意を表する次第であります。

  また、先ほど議員の皆様方から多くの信任が寄せられ、新たに正副議長に御就任されました伊藤議長並びに高橋副議長におかれましては、御就任誠におめでとうございます。市議会のまとめ役としての御活躍を心から御期待申し上げます。

  さらに、本日新たに議会運営委員会委員並びに常任委員会委員も選任され、それぞれ正副委員長も互選されました。今後も従来と同様熱心で活発な御審議をいただき、さらなる住民の福祉の増進のためにお力添えを賜りますようお願い申し上げ、閉会のあいさつといたします。



○伊藤實議長 これをもって平成21年第1回臨時会を閉会します。

  御苦労さまでした。



△午後5時45分閉会