議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 柏市

平成25年  第2回定例会(6 月定例会) 06月07日−議案提案説明−01号




平成25年  第2回定例会(6 月定例会) − 06月07日−議案提案説明−01号







平成25年  第2回定例会(6 月定例会)





            柏市議会平成25年第2回定例会会議録(第1日)

                    〇          
                        平成25年6月7日(金)午後1時開議
議事日程第1号
 日程第1 会期の決定                         
 日程第2 会議録署名議員の指名                    
 日程第3 市政一般報告                        
 日程第4 議案(第1号〜第13号)                  
 日程第5 休会に関する件                       
                               
本日の会議に付した事件                         
 議事日程に同じ                            
                               
出席議員(35名)
     1番 内 田 博 紀 君       2番 日 下 みや子 君
     3番 武 藤 美津江 君       4番 山 下 洋 輔 君
     5番 永 野 正 敏 君       6番 長 瀬 慈 村 君
     7番 塚 本 竜太郎 君       8番 小 松 幸 子 君
     9番 中 島   俊 君      10番 円 谷 憲 人 君
    11番 後 藤 浩一郎 君      12番 村 田 章 吾 君
    13番 宮 田 清 子 君      14番 渡 部 和 子 君
    15番 平 野 光 一 君      16番 市 村   衛 君
    17番 上 橋   泉 君      18番 海老原 久 恵 君
    19番 橋 口 幸 生 君      20番 林   伸 司 君
    21番 助 川 忠 弘 君      22番 石 井 昭 一 君
    23番 小 島 晃 治 君      24番 古 川 隆 史 君
    25番 松 本 寛 道 君      26番 末 永 康 文 君
    27番 本 池 奈美枝 君      29番 中 村 昌 治 君
    30番 坂 巻 重 男 君      31番 田 中   晋 君
    32番 小 泉 文 子 君      33番 山 内 弘 一 君
    34番 山 田 一 一 君      35番 日 暮 栄 治 君
    36番 山 中 一 男 君
                               
欠席議員(1名)
    28番 戸 辺   実 君
                               
説明のため議場へ出席した者
   〔市長部局〕                               
   市  長  秋 山 浩 保 君     副 市 長  関 口 隆 明 君
   副 市 長  石 黒   博 君  水道事業管理者  酒 井 美 一 君
   総務部長  吉 田 克 夫 君     企画部長  岩 崎 克 康 君

   財政部長  石 塚 幸 男 君    地域づくり  窪 井 公 輔 君
                       推進部長

 市民生活部長  山 田 研 一 君   保健福祉部長  下   隆 明 君
保健福祉部理事  藤 江 美紀雄 君     保健所長  山 崎 彰 美 君
  こども部長  鬼 澤 徹 雄 君     環境部長  伊 原   優 君
 経済産業部長  大 竹 正 祥 君     都市部長  吉 川 正 昭 君
  都市部理事  鈴 木 正 明 君     土木部長  石 井 健 三 君
  会計管理者  飯 村 俊 彦 君     消防局長  羽 石 清 二 君
   〔教育委員会〕                            
   教 育 長  河 原   健 君   生涯学習部長  草 野 啓 治 君
 学校教育部長  田 牧   徹 君  学校教育部理事  大 内 俊 郎 君
   〔選挙管理委員会〕                          
   事務局長  佐 藤 正 志 君                    
   〔農業委員会〕                            
   事務局長  関 根 美 登 君                    
   〔監査委員及び同事務局〕                       
 代表監査委員  吉 井 忠 夫 君     事務局長  山 仲 英 二 君
                               
職務のため議場へ出席した者
   事務局長  菅 原 孝 弘 君     議事課長  小 林 敬 一 君
 議事課副参事  渡 邊 浩 司 君    議事課主幹  ? 村   光 君
 議事課副主幹  早 ? 秀 隆 君   議事課副主幹  野 戸 史 樹 君





                    〇          

               午後 1時 3分開会



○議長(山内弘一君) これより柏市議会平成25年第2回定例会を開会いたします。

                    〇          

               午後 1時 3分開議



○議長(山内弘一君) 直ちに本日の会議を開きます。

                               



○議長(山内弘一君) ここで本定例会の招集について市長に挨拶を許します。市長秋山浩保君。

              〔市長 秋山浩保君登壇〕



◎市長(秋山浩保君) 本日ここに平成25年第2回定例会を招集しましたところ、議員の皆様には大変お忙しい中を御参集いただき、まことにありがとうございます。

 今定例会には、既に御案内のとおり、柏市子ども・子育て会議条例の制定について及び平成25年度柏市一般会計補正予算について等の議案を提案いたします。よろしく御審議をいただき、御賛同賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会に当たっての挨拶とさせていただきます。

                               



○議長(山内弘一君) 日程に入るに先立ち、報告をいたします。

              〔末尾参照〕



○議長(山内弘一君) まず、地方自治法第121条の規定による説明員の出席要求に対し、当局から説明員の職氏名の通知がありました。また、平成25年第1回定例会において採択と決しました請願につき、関係当局に対し善処方を要望し、送付しておきましたところ、その処理の経過及び結果について報告がありました。また、地方自治法第180条第1項の規定による専決処分についてが報告されました。また、平成24年度柏市継続費等の繰越計算書についての報告がありました。また、平成24年度柏市自殺対策実施状況資料及び平成24年度柏市がん対策実施状況資料が提出されました。いずれも各位のお手元に配付の印刷物により御了承願います。

 次に、議会の事務報告についてでございますが、お手元に配付の印刷物により御了承願います。

 次に、平成25年第1回定例会において可決したトーランス市市民親善使節団の柏市訪問歓迎と姉妹都市交流事業の継続実施を感謝する決議でありますが、皆様御承知のように、去る3月26日柏市議会並びに柏市に表敬訪問をした際に、トーランス市長に直接伝達いたしましたので、報告いたします。

 以上で報告を終わります。

                               



○議長(山内弘一君) この際、表彰状及び感謝状の伝達式を行います。

 去る5月22日開催の全国市議会議長会定期総会の席上、日暮栄治君が議員在職25年以上の特別表彰を、海老原久恵さん、渡部和子さんが議員在職15年以上の表彰を受けました。また、古川隆史君と私が全国市議会議長会社会文教委員会委員長並びに全国市議会議長会国と地方の協議の場等に関する特別委員会委員の感謝状をそれぞれ受けました。ただいまからその表彰状の伝達を行いますので、名前を呼ばれた方は演壇にお進みください。

 まず、議員在職25年以上の表彰状の伝達を行います。

 日暮栄治君、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 日暮栄治君登壇〕



○議長(山内弘一君) 事務局長をして表彰状を朗読いたさせます。

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          日 暮 栄 治 殿

 あなたは市議会議員として25年の長きにわたって市政の発展に尽くされたその功績は特に著しいものがありますので第89回定期総会に当たり本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

     平成25年5月22日

                    全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文

                               

           (拍手)

                               



○議長(山内弘一君) 次に、議員在職15年以上の表彰状の伝達を行います。

 海老原久恵さん、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 海老原久恵君登壇〕

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          海老原 久 恵 殿

 あなたは市議会議員として15年市政の振興に務められその功績は著しいものがありますので第89回定期総会に当たり本会表彰規程により表彰いたします。

     平成25年5月22日

                    全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文 

                               

           (拍手)

                               



○議長(山内弘一君) 次に、渡部和子さん、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 渡部和子君登壇〕

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          渡 部 和 子 殿

 あなたは市議会議員として15年市政の振興に務められその功績は著しいものがありますので第89回定期総会に当たり本会表彰規程により表彰いたします。

     平成25年5月22日

                    全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文

                               

           (拍手)

                               



○議長(山内弘一君) 続いて、感謝状の授与を行います。古川隆史君、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 古川隆史君登壇〕



○議長(山内弘一君) 事務局長をして感謝状を朗読いたさせます。

              〔事務局長朗読〕

                               

           感 謝 状

                        柏 市

                          古 川 隆 史 殿

 あなたは全国市議会議長会社会文教委員会委員長として会務運営の重責に当たられ本会の使命達成に尽くされた功績はまことに顕著なものがありますので第89回定期総会に当たり深甚な感謝の意を表します。

     平成25年5月22日       全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文

                               

           (拍手)

                               

           感 謝 状

                        柏 市

                          古 川 隆 史 殿

 あなたは全国市議会議長会国と地方の協議の場等に関する特別委員会委員として会務運営の重責に当たられ本会の使命達成に尽くされた功績はまことに顕著なものがありますので第89回定期総会に当たり深甚な感謝の意を表します。

     平成25年5月22日

                    全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文

                               

           (拍手)

                               



○議長(山内弘一君) 次に、私が受領いたします。

              〔被表彰者 山内弘一君登壇〕

              〔事務局長朗読〕

                               

           感 謝 状

                        柏 市

                          山 内 弘 一 殿

 あなたは全国市議会議長会社会文教委員会委員長として会務運営の重責に当たられ本会の使命達成に尽くされた功績はまことに顕著なものがありますので第89回定期総会に当たり深甚な感謝の意を表します。

     平成25年5月22日       全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文

                               

           (拍手)

                               

           感 謝 状

                        柏 市

                          山 内 弘 一 殿

 あなたは全国市議会議長会国と地方の協議の場等に関する特別委員会委員として会務運営の重責に当たられ本会の使命達成に尽くされた功績はまことに顕著なものがありますので第89回定期総会に当たり深甚な感謝の意を表します。

     平成25年5月22日

                    全国市議会議長会会長 佐 藤 祐 文

                               

           (拍手)

                               



○議長(山内弘一君) 以上で表彰状及び感謝状の伝達式を終わります。

                               



○議長(山内弘一君) 日程に入ります。

                    〇          



○議長(山内弘一君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から27日までの21日間といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(山内弘一君) 御異議なしと認めます。よって会期は21日間と決定いたします。

                    〇          



○議長(山内弘一君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において中島俊君及び末永康文君を指名いたします。

                    〇          



○議長(山内弘一君) 日程第3、市政一般報告を求めます。市長秋山浩保君。

              〔市長 秋山浩保君登壇〕



◎市長(秋山浩保君) 平成25年第2回定例会の開会に当たり、市政運営の主要な事項について、その概要を申し上げ、議員各位の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 さて、我が国の経済は、昨年12月に発足した新政権による緊急経済対策などにより、株価や為替にその効果があらわれ始め、1月から3月期のGDP成長率も高い伸びを示しており、また、5月の月例経済報告でも景気判断を上方修正するなどデフレからの脱却に向けて進んでいます。

 こうした中、これまで減少傾向にあった本市の人口は、6月1日現在で、40万5,902人となり、ピークであった平成23年8月の40万5,786人を上回り、過去最高の常住人口数となりました。これは、最近の不動産市況が上向いているなど、さまざまな要因があると考えられますが、原発事故由来の放射線問題に、市民一丸となって取り組んだ除染等による成果が、不安の払拭や安心の回復につながった面もあると思います。

 今後も、重点事業である「元気な柏 発信プロジェクト We Love Kashiwa」キャンペーンを通して、市民の皆様と一体となって、全国に、元気な柏を印象づける年にしてまいりたいと思います。5月6日には、柏市民文化会館において、市内の芸術文化団体による総合芸術祭「2013かしわ市民芸術祭」が初めて開催され、「We Love Kashiwa」の一環として大いに盛り上がりました。今夏には、ことしで36回目となる柏まつりで、小学生による「NEW柏おどり」が披露されます。また、2年間開催を見合わせていた手賀沼花火大会を、柏・我孫子花火大会in手賀沼として開催し、利根川河川敷など3会場を加えた計6会場で同時打ち上げを行うほか、小学生花火デザインコンテストを実施し、約400の応募作品から選んだ10作品を実際に打ち上げ、その大賞を決定します。去る5月19日には、市民が支え、市民が参加する花火大会の開催に向けた街頭募金活動を行い、引き続き募金の御協力をお願いしてまいります。

 続きまして、行財政に関する取り組みについて御報告申し上げます。まず、平成24年度の決算見込みについては、一般会計においては、市税収入が4年連続で前年度を下回る厳しい状況にありましたが、行政経営方針に沿って歳出の抑制や財源の確保等を積極的に推進してきたことなどにより、前年度と同程度の実質収支が確保される見通しです。また、今後も市税収入の大幅な回復が見込めない中で、扶助費を初め社会保障関係費の増加が見込まれることから、財政基盤の強化を図り、将来の財政運営に備えるため、財政調整基金条例に基づき、決算剰余金の2分の1を財政調整基金に編入いたしました。今後も厳しい財政状況が見込まれますが、平成25年度から平成27年度までの3年間に取り組むべき本市の施策や事業方針を示した第六次実施計画を基本に、財政規律を確保しつつ、市民の安全・安心に資する事業や市民生活に密着した事業、本市の新たな活力と成長に結びつく事業を適切に選択した上で、後期基本計画に掲げる施策を積極的に推進してまいります。次に、5回目となる柏市版事業仕分けを、8月をめどに実施する予定です。これまでの事業仕分けで課題に上げられた市民の意見については、新たに市民公募の評価者を加えるなど、工夫を図ってまいる予定です。

 次に、窓口サービスの改善に向け、6月3日から本庁舎の市民課や保険年金課を初め、福祉関係部署などの窓口利用者を対象に、窓口サービスに関するアンケート調査を実施しております。6月29日までアンケート調査を実施し、調査結果を分析した上で、今後の改善につなげたいと考えております。市有施設の命名権、いわゆるネーミングライツについては、新たな財源の確保と施設のサービスの維持・向上を図ることを目的として、導入の検討を始めております。柏市、命名権取得者、市民それぞれにとってメリットになるような取り組みとして進めるため、実績のある先進市の取り組み事例等を参考に、具体的なガイドラインを定め、実施してまいりたいと考えております。

 続きまして、本市、東京大学及び都市再生機構が協働で進めている「豊四季台地域高齢社会モデル事業」についてでございます。在宅医療を含めた地域包括ケアシステム実現に向けて、当該地域に設置予定の拠点施設について関係者で協議を重ね、(仮称)地域医療拠点は平成25年12月に、サービスつき高齢者向け住宅は平成26年3月の完成を目指して、整備工事が着手されました。引き続き、在宅医療研修の実施などにより、医療・看護・介護の多職種の連携強化を進めるとともに、在宅医療システムの本格稼働に向けて、在宅医療のルールづくりと市民への啓発を行い、柏市全域での在宅医療の充実に取り組んでまいります。

 続きまして、首都圏を中心に流行している風疹対策についてですが、妊娠中の女性が風疹にかかると、白内障、先天性心疾患、難聴を主な症状とする先天性風疹症候群の子供が生まれる可能性があります。本市は、未来の子供を守るため、妊娠を予定・希望されている女性とその夫、または、妊婦の夫を対象として、4月1日から12月31日までの風疹予防接種にかかる費用を助成することといたしました。5月1日から受け付けを開始しており、5月31日までに677件の申請となっております。

 次に、子育て支援に関する取り組みについてでございますが、平成27年度から子ども・子育て支援新制度が始まることから、本市におきましても、新制度移行に向け、事業計画の策定や新たな認可手続などの諸準備を進める必要があるため、今議会において、柏市子ども・子育て会議条例など、関連条例について上程しております。待機児童対策については、平成25年4月1日に、新規に3園の私立認可保育園が開園し、270人の定員の増加を図りましたが、同日現在の国基準の保育園入園希望者の待機児童数は、117人で、前年同月の133人から16人の減少となりました。国基準の待機児童ゼロ人を達成した横浜市や、123人から32人へと大幅に減少させた千葉市などの事例が報道されておりますが、本市におきましても、待機児童の減少率を加速させるため、平成27年4月に、待機児童数をゼロ人にする「(仮称)柏市版待機児童解消緊急アクションプラン」を策定し、先進市の取り組み事例を参考にしながら、本市の実情に合った、本年度と来年度の2カ年にわたる緊急的な取り組みを行ってまいります。

 続きまして、放射線対策の取り組みについてでございます。

 まず、今年度の除染作業については、引き続き、公園、スポーツ施設、子供施設周辺市道や通学路等を計画的に進めております。町会等との協働による地域における除染については、現在108の町会等から相談をいただき、そのうち、5月末までに除染を実施した団体数は74となります。今後とも、市民の皆様の御協力をいただきながら、除染を推進してまいります。

 次に、放射性物質を含む焼却灰対策について、南部クリーンセンターでは、手賀沼終末処理場内に設置された一時保管場所への焼却灰の搬送を継続しつつ、北部クリーンセンター敷地内で保管を続けていた枝草を焼却してまいりましたが、その焼却処理をようやく終えたことから、当面の間、搬送を停止することといたしました。今後、定期点検の後、民間最終処分場への焼却灰の搬出が可能となるよう、焼却灰の放射性物質の濃度を低減させるための取り組みを進めてまいります。なお、4月10日と6月3日の2回にわたり、県内における指定廃棄物処理の促進を目的とした市町村長会議が開催され、最終処分場の確保について、ようやく具体的な方向性が示されつつあります。引き続き、国の責任において確実に指定廃棄物を引き受けていただけるよう、取り組んでまいります。

 次に、昨年11月から運用しているホールボディーカウンターによる内部被曝測定費用の一部助成については、開始から5月末までに289人のお申し込みをいただき、これまでの測定結果では、全員が放射性セシウムについて検出せず、あるいは預託実効線量の試算では0.1ミリシーベルト未満となっております。また、放射線に関する健康相談については、件数は減少の傾向にありますが、この5月に、国が策定した「原子力被災者等の健康不安対策に関するアクションプラン」に基づき、より市民に身近な人材の育成として、庁内保健福祉関係所属部署職員、教育委員会職員等に対し、リスクコミュニケーションに関する研修を実施したところです。引き続き、国や福島県の状況等を踏まえながら、放射線に対する市民の理解と不安軽減に向けて取り組んでまいります。

 続きまして、公設市場の整備計画に関することですが、昨年度実施した施設の老朽化調査と耐震診断の結果が示されました。この結果では、青果棟は全面的な耐震改修が必要であり、水産棟は一部の壁部分、関連食品棟は屋根及びシャッター部分に耐震対策が必要となります。この老朽化調査及び耐震診断の結果を踏まえ、今年度は、場内事業者と協議しながら市場整備計画を策定してまいります。

 続きまして、土地区画整理事業に関してですが、柏北部東地区につきましては、市においても地元町会等と対応方法や今後の進め方について相談、調整を行っており、5月31日、6月1日の2日間にわたり、大室地区の権利者の方々に対しまして、今後のまちづくりを一緒に考えていくための検討会の実施に向けた説明会を実施したところです。北柏駅北口土地区画整理事業については、事業の推進に向けて、平成22年度から事業計画の見直しに取り組み、このたび、その変更案がまとまったことから、4月には地元説明会、5月には法で定める縦覧を実施したところです。なお、縦覧において意見書の提出がなかったことから、7月には新たな事業計画で、千葉県知事の認可を取得できる見込みとなっております。南柏駅東口土地区画整理事業については、都市計画決定から40年以上が経過し、土地利用状況が当時と大きく変化していることから、都市計画の見直しを図る必要があると考えております。このようなことから、土地所有者の方々を対象に、まちづくりに関する意向調査を実施しているところです。今後、この御意見等を踏まえながら進めてまいります。

 次に、公益法人制度改革に伴い平成25年4月1日をもって財団法人柏市都市振興公社は、「一般財団法人柏市まちづくり公社」に、財団法人柏市みどりの基金は、「一般財団法人柏市みどりの基金」に移行いたしました。なお、(旧)財団法人柏市都市振興公社は、50周年を迎えたことから、記念イベントとしてまちづくりシンポジウムを、5月11日にアミュゼ柏において開催し、基調講演やパネルディスカッションが行われ、参加者はパネリストの方々との活発な意見交換を行いました。また、柏市みどりの基金では、5月18日から20日にかけて、移行後初となるイベント「カシニワ・フェスタ」を実施いたしました。延べ3,000人を超える方が、市民が大切に育てた庭や里山などのカシニワ登録地を訪れたり、各イベントに参加するなどして、緑の美しさや育むことの大切さを知る機会になったことと思います。

 続きまして、学校教育等に関連する取り組みについて御報告申し上げます。児童生徒の学力向上のためのモデル事業である「学びづくりフロンティアプロジェクト」の参加校については、昨年度末にコンペ方式で学校を募り、7中学校区21校から応募がありました。審査の結果、風早中学校区と土中学校区の中学校2校と小学校4校としました。現在、学校図書館を学びの核として、学ぶ意欲を高めることを狙いとした学校経営ビジョンと、教育委員会全ての課が提供する事業とのすり合わせを行っており、1学期中には保護者や地域とも一体となった事業展開が始まる予定です。また、2月補正予算により前倒しで進めている学校耐震補強工事については、小学校6校、中学校4校での実施を予定しています。

 続きまして、本議会へ上程している補正予算についてですが、一般会計では、国・県支出金等を財源に、公的介護施設などの開設準備等補助金や、道路改良工事等について所要の額を計上しました。このほか、下水道事業特別会計では、国の支出金や市債等を財源に、下水道事業の老朽化対策工事費として、所要の額を計上しました。

 なお、昨日付で、市職員2名について、痴漢行為で停職1カ月と欠勤で戒告の処分をそれぞれ行いました。また、平成23年度・24年度分の市民税・県民税に係る譲渡所得等について、29名の課税漏れが判明したことから、一昨日より職員が該当者宅へ、お詫びと説明のために訪問をしております。市民の皆様を初め、議員各位に多大な御迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。市民の皆様の信頼を取り戻せるよう、職員の綱紀粛正と課税チェックを徹底してまいります。

 以上、前定例会以降の当面する市の課題等について、御報告申し上げました。今後も市勢発展のため鋭意努力してまいる所存でありますので、議員各位の一層の御指導、御鞭撻をお願い申し上げ、市政報告とします。

                    〇          



○議長(山内弘一君) 日程第4、議案第1号から第13号までの13議案を議題といたします。

              〔末尾参照〕



○議長(山内弘一君) 提案理由の説明を求めます。副市長関口隆明君。

              〔副市長 関口隆明君登壇〕



◎副市長(関口隆明君) ただいま議題となりました13議案につきまして、提案理由を御説明申し上げます。

 議案第1号は、専決処分についてでございまして、地方税法の改正に伴い、引用条項の整理等を行うため、柏市税条例及び柏市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分によって制定しましたので、これを報告し承認を求めようとするものでございます。議案第2号は、柏市土地開発基金条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、柏市土地開発基金に属する現金を貸し付けることができる対象を改めようとするものでございます。議案第3号は、柏市税条例及び柏市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、地方税法の改正に伴い個人市民税の住宅借入金等特別税額控除の適用期限の延長の措置を講じるとともに、市政にかかわる延滞金の割合の特例の見直し等を行おうとするものでございます。議案第4号は、柏市駐輪場等条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、大津ケ丘駐輪場の位置を改めようとするものでございます。議案第5号は、柏市地区計画区域内建築物制限条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、柏都市計画豊四季台地区地区整備計画区域内における建築物に関する制限を行い並びに柏都市計画柏北部中央北地区地区整備計画区域内及び柏都市計画柏北部中央南地区地区整備計画区域内における建築物に関する制限の変更を行おうとするものでございます。議案第6号は、柏市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、あけぼの山公園の全てを指定管理者による管理の対象にしようとするものでございます。議案第7号は、柏市子ども・子育て会議条例の制定についてでございまして、子供、子育て支援のための総合的かつ計画的な施策の推進に資するため、柏市子ども・子育て会議を設置しようとするものでございます。議案第8号は、柏市健康福祉審議会条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、子供に対する教育及び保育の一体的な提供の推進に資するため、柏市健康福祉審議会及び児童健康福祉専門分科会の所掌事務に、幼保連携型認定こども園に関する事項の調査審議を追加しようとするものでございます。議案第9号及び議案第10号は、工事の委託契約の締結についてでございます。議案第9号は、柏北部中央地区一体型特定土地区画整理事業にかかわる公共下水道を整備するため、3億4,700万円をもって当該事業施行者千葉県と契約を締結しようとするものでございます。議案第10号は、柏北部東地区一体型特定土地区画整理事業にかかわる公共下水道を整備するため、2億4,330万円をもって独立行政法人都市再生機構と契約を締結しようとするものでございます。議案第11号は、柏市立高田小学校の給食用備品を約1,838万円をもって株式会社フジマックから取得しようとするものでございます。議案第12号は、平成25年度柏市一般会計補正予算についてでございまして、総額を約3億990万円増額し、約1,104億6,990万円に補正するほか、地方債の変更にかかわる補正をしようとするものでございます。議案第13号は、平成25年度柏市下水道事業特別会計補正予算についてでございまして、総額を1億4,300万円増額し、114億9,300万円に補正するほか、地方債の変更にかかわる補正をしようとするものです。

 以上、提案理由を御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御賛同賜りたくお願い申し上げます。

                    〇          



○議長(山内弘一君) 日程第5、休会に関する件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 明8日から12日までの5日間は休会といたしたいと思います。これに御異議ございませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(山内弘一君) 御異議なしと認めます。よってさよう決しました。

                               



○議長(山内弘一君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次の本会議は、来る13日定刻より開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

               午後 1時37分散会