議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 柏市

平成24年  第2回定例会(6 月定例会) 06月01日−議案提案説明−01号




平成24年  第2回定例会(6 月定例会) − 06月01日−議案提案説明−01号







平成24年  第2回定例会(6 月定例会)





            柏市議会平成24年第2回定例会会議録(第1日)

                    〇          
                        平成24年6月1日(金)午後1時開議
議事日程第1号
 日程第1 会期の決定                         
 日程第2 会議録署名議員の指名                    
 日程第3 市政一般報告                        
 日程第4 議案(第1号〜第13号)                  
 日程第5 休会に関する件                       
                               
本日の会議に付した事件                         
 議事日程に同じ                            
                               
出席議員(36名)
     1番 内 田 博 紀 君       2番 日 下 みや子 君
     3番 武 藤 美津江 君       4番 山 下 洋 輔 君
     5番 永 野 正 敏 君       6番 長 瀬 慈 村 君
     7番 塚 本 竜太郎 君       8番 小 松 幸 子 君
     9番 中 島   俊 君      10番 円 谷 憲 人 君
    11番 後 藤 浩一郎 君      12番 村 田 章 吾 君
    13番 宮 田 清 子 君      14番 渡 部 和 子 君
    15番 平 野 光 一 君      16番 市 村   衛 君
    17番 上 橋   泉 君      18番 海老原 久 恵 君
    19番 橋 口 幸 生 君      20番 林   伸 司 君
    21番 助 川 忠 弘 君      22番 石 井 昭 一 君
    23番 小 島 晃 治 君      24番 古 川 隆 史 君
    25番 松 本 寛 道 君      26番 末 永 康 文 君
    27番 本 池 奈美枝 君      28番 戸 辺   実 君
    29番 中 村 昌 治 君      30番 坂 巻 重 男 君
    31番 田 中   晋 君      32番 小 泉 文 子 君
    33番 山 内 弘 一 君      34番 山 田 一 一 君
    35番 日 暮 栄 治 君      36番 山 中 一 男 君
                               
欠席議員
 な し
                               
説明のため議場へ出席した者
   〔市長部局〕
   市  長  秋 山 浩 保 君     副 市 長  関 口 隆 明 君
   副 市 長  石 黒   博 君  水道事業管理者  酒 井 美 一 君
   総務部長  吉 田 克 夫 君     企画部長  猿 渡 久 人 君

   財政部長  石 塚 幸 男 君    地域づくり  窪 井 公 輔 君
                       推進部長           

 市民生活部長  山 田 研 一 君   保健福祉部長  下   隆 明 君
保健福祉部理事  藤 江 美紀雄 君     保健所長  山 崎 彰 美 君
  こども部長  鬼 澤 徹 雄 君   こども部理事  大 塚 宏 子 君
   環境部長  伊 原   優 君   経済産業部長  大 竹 正 祥 君
   都市部長  吉 川 正 昭 君    都市部理事  鈴 木 正 明 君
   土木部長  石 井 健 三 君    会計管理者  飯 村 俊 彦 君
   消防局長  羽 石 清 二 君
   〔教育委員会〕
   教 育 長  河 合   良 君   生涯学習部長  草 野 啓 治 君
 学校教育部長  浮 谷   満 君  学校教育部理事  柴 田   均 君
   〔選挙管理委員会〕
   事務局長  大 内 俊 郎 君                    
   〔農業委員会〕
   事務局長  関 根 美 登 君                    
   〔監査委員及び同事務局〕
 代表監査委員  吉 井 忠 夫 君     事務局長  山 仲 英 二 君
                               
職務のため議場へ出席した者
   事務局長  菅 原 孝 弘 君     議事課長  小 林 敬 一 君
 議事課副参事  渡 邊 浩 司 君   議事課副主幹  早 ? 秀 隆 君
  議事課主査  渡 邉 昌 也 君





                    〇          

               午後 1時 5分開会



○議長(古川隆史君) これより柏市議会平成24年第2回定例会を開会いたします。

                    〇          

               午後 1時 5分開議



○議長(古川隆史君) 直ちに本日の会議を開きます。

                               



○議長(古川隆史君) ここで本定例会の招集について市長にあいさつを許します。市長秋山浩保君。

              〔市長 秋山浩保君登壇〕



◎市長(秋山浩保君) 本日ここに平成24年第2回定例会を招集しましたところ、議員の皆様には大変お忙しい中を御参集いただき、まことにありがとうございます。

 今定例会には、既に御案内のとおり、柏市アミュゼ柏条例及び柏市近隣センター条例の一部を改正する条例の制定について及び平成24年度柏市一般会計補正予算について等の議案を提案いたします。よろしく御審議をいただき、御賛同賜りますようお願い申し上げまして、簡単ではございますが、開会に当たってのごあいさつとさせていただきます。

                               



○議長(古川隆史君) 日程に入るに先立ち、報告をいたします。

              〔末尾参照〕



○議長(古川隆史君) まず、地方自治法第121条の規定による説明員の出席要求に対し、当局から説明員の職氏名の通知がありました。また、平成24年第1回定例会において採択と決しました請願につき、関係当局に対し善処方を要望し、送付しておきましたところ、その処理の経過及び結果について報告がありました。また、地方自治法第180条第1項の規定による専決処分についてが報告されました。また、平成23年度柏市継続費等の繰越計算書についてが報告されました。また、平成23年度柏市自殺予防対策実施状況資料及び平成23年度柏市がん対策実施状況資料が提出されました。いずれも各位のお手元に配付の印刷物により御了承を願います。

 次に、議会の事務報告についてでございますが、お手元に配付の印刷物により御了承願います。

 次に、平成24年第1回定例会において可決した汚染状況重点調査地域で行われる除染等に対する国庫補助の拡充等を求める意見書でありますが、内閣総理大臣、財務大臣、環境大臣、復興大臣あて送付しておきましたので、報告をいたします。

 以上で報告を終わります。

                               



○議長(古川隆史君) この際、表彰状の伝達式を行います。

 去る5月23日開催の全国市議会議長会定期総会の席上、山中一男君が議員在職25年以上の特別表彰を、上橋泉君、末永康文君、山田一一君が議員在職20年以上の特別表彰を受けました。ただいまからその表彰状の伝達を行いますので、お名前を呼ばれた方は演壇にお進みください。

 まず、議員在職25年以上の表彰状の伝達を行います。

 山中一男君、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 山中一男君登壇〕



○議長(古川隆史君) 事務局長をして表彰状を朗読いたさせます。

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          山 中 一 男 殿

 あなたは市議会議員として25年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第88回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰いたします

     平成24年5月23日

                    全国市議会議長会会長 関 谷   博

                               

           (拍手)

                               



○議長(古川隆史君) 次に、議員在職20年以上の表彰状の伝達を行います。

 上橋泉君、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 上橋 泉君登壇〕

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          上 橋   泉 殿

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第88回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰いたします

     平成24年5月23日

                    全国市議会議長会会長 関 谷   博

                               

           (拍手)

                               



○議長(古川隆史君) 次に、末永康文君、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 末永康文君登壇〕

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          末 永 康 文 殿

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第88回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰いたします

     平成24年5月23日

                    全国市議会議長会会長 関 谷   博

                               

           (拍手)

                               



○議長(古川隆史君) 次に、山田一一君、演壇にお進みください。

              〔被表彰者 山田一一君登壇〕

              〔事務局長朗読〕

                               

           表 彰 状

                        柏 市

                          山 田 一 一 殿

 あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市政の発展に尽くされその功績は特に著しいものがありますので第88回定期総会にあたり本会表彰規程によって特別表彰いたします

     平成24年5月23日

                    全国市議会議長会会長 関 谷   博

                               

           (拍手)

                               



○議長(古川隆史君) 以上で表彰状の伝達式を終わります。

                               



○議長(古川隆史君) 日程に入ります。

                    〇          



○議長(古川隆史君) 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、本日から21日までの21日間といたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古川隆史君) 御異議なしと認めます。よって会期は21日間と決定をいたしました。

                    〇          



○議長(古川隆史君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、議長において永野正敏君及び小島晃治君を指名いたします。

                    〇          



○議長(古川隆史君) 日程第3、市政一般報告を求めます。市長秋山浩保君。

              〔市長 秋山浩保君登壇〕



◎市長(秋山浩保君) 平成24年第2回定例会の開会に当たり、市政運営の主要な事項について、その概要を申し上げ、議員各位の御理解と御協力を賜りたいと存じます。

 初めに、利根川水系江戸川において、国の基準値0.08ミリグラムを超えるホルムアルデヒドが検出され、北千葉浄水場の取水が停止されました。これにより、5月19日12時ごろから市内全域で水道水の断水が発生し、市民の皆様に大変御不便をおかけしましたことをおわび申し上げます。

 本市では、防災行政無線やホームページ、配信メールなどを通じて市民の皆様にお知らせをするとともに、市内15カ所の災害用井戸、2カ所の耐震性貯水槽、1カ所の協定に基づく給水所及び3台の給水車により、応急給水活動を行いました。

 20日未明には断水状態がほぼ解消されましたが、給水再開に伴い、広範囲で濁り水が発生したため配水管洗浄を継続して実施し、22日にはおおむね解消されました。

 現在、北千葉広域水道企業団において、利根川上流の測定結果を継続的に監視しており、現在に至るまで異常値の報告はされておりません。

 今回の断水に際しましては、市民の皆様への周知方法や応急給水の対応などに幾つかの課題が残りました。

 今後は、今回明らかになった課題を一つ一つ検証し、災害対応マニュアル等の見直しを早急に進めてまいります。

 次に、放射線対策関連について御報告申し上げます。

 まず、柏市除染実施計画については、3月15日付で環境省との協議が調い、平成26年3月末日までを計画期間として策定いたしました。

 この計画に基づき、小学校16校、保育園3園、幼稚園1園、公園14カ所の除染を実施いたしました。

 今後は、小学校については8月末までに柏の葉小学校を除く全校を、また市立保育園については10月末までに全園の除染を実施するなど、各施設ごとに目標を定めて計画的に取り組んでまいります。

 なお、敷地全体を総合的に除染すること、及び除染に要する機材や作業員の需要増などにより関連経費が高騰していることから、今定例会に、中学校除染事業経費8億円を補正予算として計上しております。

 続きまして、町会等との協働による地域における除染については、現在、約80の町会等から相談をいただいており、そのうち、今月末までに22団体の除染が完了する見込みです。本市では、地域における放射線量の測定や除染の実施に当たり、除染アドバイザーの派遣や、必要な機材、消耗品を提供しているところですが、今後は、市職員による除染ボランティアの参加も含め、引き続き除染を推進してまいります。

 除染費用の財源については、放射性物質汚染対処特別措置法に基づく国からの補助金が措置されることから、これまでに平成23年度分として約9億8,000万円、24年度分として約17億円の交付申請をしております。このうち23年度分については、約9億8,000万円の交付決定を受けておりますが、今後、個々の事業について精査された上で、精算される予定となっております。また、除染を含む地方の復興需要に対して震災復興特別交付税が措置されることになっており、平成23年度の除染費用分として約18億円が交付されております。これについても、補助金の枠組みが不明確な中、財源確保の観点から重複して申請しているので、補助金が確定した段階で、精算が求められることになっています。今後とも、補助金の活用や特別交付税の確保等、市負担の軽減を図りながら除染を推進するとともに、国からの支援策のさらなる拡充等について、要望してまいります。

 なお、本市の基本的な方針として、放射線対策に要した費用の全額を国あるいは東京電力に求めていくこととしております。こうした考えから、去る3月29日に、平成23年度に要した費用として、国の補助対象外とされる費用を含む約28億円を原因者である東京電力に請求したところです。

 続きまして、放射線に対する安全・安心の確保に向けた取り組みについて御説明いたします。

 初めに、食品衛生法の改正に伴い、4月から一般食品中に含まれる放射性セシウムの基準が1キログラム当たり500ベクレルから100ベクレルに引き下げられました。

 これに合わせ、本市の農作物については検査機器本体を更新し、新基準に対応した検査を実施しております。また、市場に流通する食品については、5月から、月1回の計画で販売店などから当面5品目を検体として買い上げ、放射性物質検査を実施しております。

 また、市民の皆様の持ち込みによる食品や井戸水などの放射性物質検査を行うため、消費者庁から測定機器を借り受けて検査を開始しました。

 4月末時点で6月下旬までの予約が埋まるなど、多数の申し込みがあったことから、消費者庁から機器1台が追加貸与されることになりました。当面、貸与されるまでの期間は市内事業者から機器等を借り受け、前倒しで検査体制の強化を図ります。

 なお、4月18日から5月25日までの検査結果については、放射性物質を検出したものはすべて家庭菜園等で栽培された自家消費用であり、市場に流通するものはありませんでした。

 次に、放射線に対する健康不安の軽減に向けた対応につきましては、健康への影響に関する見解や情報などを広報紙やホームページ等を通じて提供しております。また、震災以来、市民の皆様からの電話相談や個別の相談会を実施しており、4月末までに延べ826件の御相談がありました。今年度もさまざまな機会をとらえ、放射線に対する情報提供、啓発により不安の軽減を図ってまいります。

 続きまして、クリーンセンターにおけるごみの焼却や放射性物質を含む焼却灰の仮保管場所等について御説明いたします。

 南部クリーンセンターについては、仮保管の限界が近づいてきた枝草等を焼却するため、3月13日から稼働を再開しましたが、焼却灰の増加に伴い、5月20日に稼働を停止しました。

 現在、南部クリーンセンターの収集区域から収集した可燃ごみは、北部クリーンセンターで焼却を行っておりますが、今後、仮保管場所の早急な確保が必要となっています。

 本市では、2月から南部クリーンセンター周辺町会等に御相談させていただいておりますが、5月13日に開催しました周辺5町会に対する説明会において、万全の放射線対策を講じることを前提として、南部クリーンセンターの敷地内に、鉄筋コンクリート製の仮保管庫を設置する計画を御説明しました。

 また、この仮保管庫が建設された場合であっても、同センターから発生する焼却灰の保管余力をおおむね1年分確保したにすぎず、新たに放射性物質濃度を低減させる全市的な取り組みが必要となることから、7月1日から枝草等の収集を現在の可燃ごみではなく、当面不燃ごみと合わせた収集に変更します。

 このことにより、枝草が通常の可燃ごみに混入することを未然に防ぎ、焼却灰の放射性物質濃度を低減させ、南部クリーンセンターの焼却灰を市外の最終処分場に搬出できるようにすることで、設置を計画している仮保管庫の負荷低減につなげたいと考えております。

 今後、南部クリーンセンター敷地内における仮保管庫の設置や枝草の収集変更といった焼却灰の仮保管庫等に関する説明会を、6月10日、アミュゼ柏において開催する予定です。

 なお、焼却灰の最終処分に関しては、5月21日に、横光環境副大臣が森田知事と会談し、1キロ当たり8,000ベクレルを超える放射性物質を含む焼却灰を処理するため、県内に新たな最終処分場を建設する方針で、9月を目途に場所の選定を行うことを伝えたと伺っています。また、千葉県におきましても広域行政の立場から、6月9日に手賀沼流域下水道手賀沼終末処理場の一時的な保管場所としての活用に向けた、周辺住民説明会の開催を予定するなど、具体的な取り組みを進めております。

 いずれにしましても、その最終処分場の完成や保管場所の確保には相当な期間が必要であり、柏市内外を問わず、各方面の御理解や御協力がなければ仮保管場所を確保できない現状にあり、引き続き、さまざまな工夫や努力に努めていきたいと考えております。

 市民の安全・安心について御報告申し上げます。

 防災対策については、現在、東日本大震災の教訓等を踏まえた地域防災計画の見直しを行っております。見直しに当たり、市民の皆様の視点をより多く反映させるため、公募委員や自主防災組織、福祉団体、男女共同参画団体等の関係者から成る柏市の防災計画をつくる会を5月25日に設立しました。今後は、さまざまな角度から多様な御意見を伺い、実効性の高い地域防災計画の策定を目指します。

 また、帰宅困難者対策については、特に利用者が多い柏駅周辺の混乱防止と帰宅困難者等の安全確保を目的とし、鉄道やバス事業者、大規模集客施設、柏警察署等の関係者を構成メンバーとする柏駅周辺帰宅困難者等対策ネットワークを5月29日に設立しました。今後、メンバー間の緊急連絡方法や帰宅困難者への迅速な情報提供と安全確保対策等を協議してまいります。

 続きまして、保健所業務の相互連携の取り組みについて御説明いたします。

 本年4月から、保健所の機能強化を図るため、同じ中核市である船橋市と人事交流を実施しております。また、新たな取り組みとして、健康危機発生時の相互支援協定を締結しました。これにより、大規模な感染症等が発生し、それぞれの保健所だけでは十分な対応が困難な場合に、的確な支援が可能となり、市民の皆様の健康被害を最小限にとどめることが期待されます。

 続きまして、節電対策について御説明いたします。

 原子力発電所の稼働停止に伴う供給電力の不足が懸念される中、消費電力のピークを迎える7月から9月までにかけて、本市では節電対策を強化し、平成22年度比で電力使用量15%削減を目指す強化エコアクションプランに取り組んでまいります。

 具体的な対策といたしまして、間引き消灯や空調使用の抑制、緑のカーテン設置など、全施設全職員による省電力行動を推進してまいります。

 あわせて市民の皆様に対しては、供給電力が逼迫した場合、かしわメール配信サービスを活用した節電予報による情報提供を行ってまいります。

 また事業者の皆様には、柏市省エネルギー対策の専用ホームページを通じて、周知啓発に努めてまいります。

 市民、そして事業者の皆様におかれましては、公共施設における設定温度の変更や一部消灯などによる節電対策に、引き続き、御協力を賜りますようお願い申し上げます。

 柏駅周辺整備の取り組みについて御報告申し上げます。

 柏駅東口ダブルデッキ改良事業については、広場の耐震性やバリアフリー機能の向上等を目的に、平成22年1月から歩行者の通行に配慮しながら工事を進め、本年4月にエスカレーターの供用開始を経て5月に完了いたしました。

 ダブルデッキ下のスペースについては、現在、柏駅東口中央エリアの5商店会が設立した協同組合柏駅東口中央商店街連合が実施主体となり、駅周辺商店街の活性化を目的とし、国の補助を受けながら、ウッドデッキ型のコミュニティスペースの設置事業等を進めています。

 現在、第一商業ビル前広場の整備が終わり、今年度については、スカイプラザ前広場及び周辺通路の整備を予定しており、今後はこれらの整備した広場において、各種イベントを実施するなど駅前のにぎわいを創出し、柏駅周辺の活性化につながる事業を支援してまいります。

 柏駅東口D街区第一地区の再開発事業については、去る3月13日に同地区再開発準備組合から組合設立認可申請の事前協議書を受理し、4月3日付で認可権者である千葉県に副申いたしました。引き続き、柏駅東口D街区第一地区市街地再開発組合の設立に向けて手続を進めてまいります。

 行政改革の取り組みについて御報告申し上げます。

 今回で4回目となる柏市版事業仕分けを8月を目途に実施する予定で準備を進めております。これまでの事業仕分けで課題となっていた傍聴者数をふやすことや意見の活用などについて改善してまいりたいと考えております。

 次に、民間事業者などの経営ノウハウや事業の企画力等を活用して、市民の皆様へのサービス向上及び経費の縮減を目指し、平成25年4月1日から、アミュゼ柏で指定管理者制度の導入を計画しております。

 そのため、本定例会では柏市アミュゼ柏条例及び柏市近隣センター条例の一部改正に係る議案の議決をいただき、7月から候補者の公募を開始し、10月の候補者の選考を経て、平成24年第4回定例会に指定管理者の指定についてお諮りする予定で、順次、準備を進めてまいります。

 続きまして、当面する市政の主要な事項について御報告申し上げます。

 市民公益活動の立ち上げ支援と育成を目的とした市民公益活動補助金については、今年度からふるさと協議会や町会等の地域団体を対象とする新たなコースを設けました。これまでに、福祉や防犯活動などに携わる9つの地域団体からの申請を受け付けております。

 公設市場の整備については、現市場施設の耐震改修等を行うため、詳細な耐震診断と施設の老朽化調査の準備を進めているところです。

 また、1月24日に(仮称)柏市柏インター第三土地区画整理組合設立準備会から提出されました、当該区画整理事業に関する費用の請求に対し、弁護士等の専門家の意見を参考に検討してまいりましたが、補償内容などを確定するための明確な根拠を見出すことはできませんでした。

 したがいまして、同準備会からの請求に対する補償は行うことができないと判断し、その旨を4月13日に回答させていただきました。

 新市建設計画における幹線道路の整備の進捗状況につきましては、4路線、約18キロメートルの整備区間のうち、約7キロメートルの区間の用地を買収し、約5キロメートルの整備が完了いたしました。

 今年度は、大井地区から道の駅しょうなんまでの間、約1キロメートルの用地交渉に着手するほか、大津川橋の耐震工事などの道路整備を約1キロメートル実施してまいります。

 これまで、各学校が個別に実施していた学力検査については、同一の内容で4月に柏市学力・学習状況調査として実施しました。今後は、調査結果をもとに本市の分析資料を作成し、各学校に資料を提供いたします。

 これにより、各学校では、学校の調査結果及び本市の分析資料を参考にして学習指導及び生徒指導の改善を図ります。本市としては、柏市教育振興計画や教育委員会の施策・事業の改善等に役立て、児童生徒の学力向上に努めてまいります。

 続いて、本議会へ上程している補正予算について申し上げます。

 一般会計において国・県支出金及び財政調整基金繰入金を財源に、放射線関連の事業で、中学校除染工事及び食品中の放射性物質検査に要する経費を計上したほか、緊急性・必要性の高い事業について所要の額を計上しました。

 最後に、毎年、市内外の皆様から手賀沼の夏の風物詩として親しまれている手賀沼花火大会ですが、本市では限られた財源の中で、最優先課題である放射線対策経費をより多く確保する必要があることから、手賀沼花火大会実行委員会へ中止を申し入れ、実行委員会では4月27日に今年度の花火大会の中止を決定しました。

 以上、前定例会以降の当面する市の課題等について御報告申し上げました。

 今後も市勢発展のため鋭意努力してまいる所存でありますので、議員各位の一層の御指導、御鞭撻をお願い申し上げ、市政報告といたします。

                    〇          



○議長(古川隆史君) 日程第4、議案第1号から第13号までの13議案を議題といたします。

              〔末尾参照〕



○議長(古川隆史君) 提案理由の説明を求めます。副市長関口隆明君。

              〔副市長 関口隆明君登壇〕



◎副市長(関口隆明君) ただいま議題となりました13議案につきましては、提案理由を御説明申し上げます。

 議案第1号は、専決処分についてでございまして、地方税法の改正に伴い、土地にかかわる平成24年度から平成26年度までの各年度分の固定資産税及び都市計画税の負担調整措置を講じるものであり、また個人市民税については東日本大震災にかかわる被災居住用財産の敷地にかかわる譲渡期限の延長の特例等を行うものであります。このため、柏市税条例及び柏市都市計画税条例の一部を改正する条例を専決処分しましたので、これを報告し、承認を求めようとするものでございます。議案第2号は、柏市税条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、地方税法の改正に伴い、個人市民税について寄附金税額控除の対象に仮認定特定非営利活動法人に対する寄附金を追加し、及び公的年金等にかかわる所得以外の所得を有しなかった者が寡婦控除を受けようとする場合の申告書の提出を不要にしようとするものでございます。議案第3号は、柏市火災予防条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、危険物の規制に関する政令の改正により、炭酸ナトリウム過酸化水素付加物が危険物の品名に追加されることに伴い、新たに一定量の危険物を貯蔵し、または取り扱うこととなる場所の位置、構造及び設備の技術上の基準等にかかわる経過措置を定めようとするものでございます。議案第4号は、住民基本台帳法の一部を改正する法律の施行等に伴う関係条例の整備に関する条例の制定についてでございまして、住民基本台帳法の一部を改正する法律の施行等に伴い、関係条例の整備を行おうとするものでございます。議案第5号は、柏市手数料条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、特定計量器定期検査手数料を指定定期検査機関へ納めさせ、その機関の収入としようとするものでございます。議案第6号は、柏市近隣センター条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、柏市新富近隣センターの10キロワットの電気式陶芸窯の廃止等をしようとするものでございます。議案第7号は、柏市アミュゼ柏条例及び柏市近隣センター条例の一部を改正する条例の制定についてでございまして、アミュゼ柏の指定管理者による管理にかかわる業務の範囲、管理の基準等を定めようとするものでございます。議案第8号は、柏市消費生活センター条例を廃止する条例の制定についてでございまして、公の施設としての消費生活センターを廃止しようとするものでございます。議案第9号は、工事の委託契約の締結についてでございまして、柏市柏北部中央地区一体型特定土地区画整理事業にかかわる公共下水道を整備するため、4億4,700万円をもって当該事業施行者、千葉県と契約を締結しようとするものでございます。議案第10号及び議案第11号は、財産の取得についてでございます。議案第10号は、こんぶくろ池公園用地を約6億3,163万円をもって千葉県土地開発公社から取得しようとするものでございます。議案第11号は、柏市立藤心小学校の給食用備品を2,100万円をもって株式会社関東三貴から取得しようとするものでございます。議案第12号は、平成24年度柏市一般会計補正予算についてでございまして、総額を約11億1,299万円増額し、約1,102億6,299万円に補正しようとするものでございます。議案第13号は、財産の取得についてでございまして、支援車を5,229万円をもって平和機械株式会社から取得しようとするものでございます。

 以上、提案理由を御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、御賛同賜りたくお願い申し上げます。

                    〇          



○議長(古川隆史君) 日程第5、休会に関する件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 明2日から6日までの5日間は休会いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(古川隆史君) 御異議なしと認めます。よってさよう決しました。

                               



○議長(古川隆史君) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次の本会議は、来る7日定刻より開きます。

 本日はこれにて散会いたします。

               午後 1時39分散会