議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 佐倉市

平成29年 2月定例会予算審査特別委員会−02月27日-01号




平成29年 2月定例会予算審査特別委員会

         平成29年2月定例会 予算審査特別委員会 会議録


〇日時    平成29年 2月27日(月) 午後4時29分から

〇開催場所  佐倉市役所 議会棟 第1委員会室

〇事件    1)委員長の選任について
       2)副委員長の選任について
       3)委員会の運営について
       4)その他

〇出席委員  委員長・櫻井道明、副委員長・岡村芳樹
       委員・徳永由美子、敷根文裕、望月圧子、高木大輔、萩原陽子、五十嵐 智美、
          小須田 稔、石渡康郎、清宮 誠

〇欠席委員  なし

〇委員外議員 なし

〇説明のため出席した者の職氏名 なし

〇議会事務局 局長・橋口庄二、次長・鈴木則彦、書記・村上一郎、宮崎由美子、齊藤雅一



          午後4時29分開議
○臨時委員長(清宮誠) 委員会条例第10条第2項の規定により臨時委員長の職務を行います。
 ただいまより予算審査特別委員会を開催いたします。
 委員全員が出席しておりますので、会議は成立しております。
 なお、傍聴の申し出があり、これを許可しておりますので、よろしくお願いしたいと思います。
 では、これより委員長選任の件を議題といたします。
 委員長の選任については、互選をお願いしたいと思いますので、ご意見のある方はどうぞ。
 石渡委員。
◆委員(石渡康郎) 櫻井委員を推薦します。
○臨時委員長(清宮誠) 櫻井委員という声がございましたけれども、そのほかございますでしょうか。
         〔「よろしいのではないでしょうか」と呼ぶ者あり〕
○臨時委員長(清宮誠) わかりました。櫻井委員の推薦があり、それに同調する声がございましたので、委員長に櫻井委員が選任されました。
 委員長の就任挨拶がございますので、よろしくお願いいたします。
○委員長(櫻井道明) それでは、ただいま委員の皆様にご推挙いただきまして、委員長ということで務めさせていただきます櫻井でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。
 皆様方の意見を尊重しながら、公平かつ円滑な委員会を努めてまいりますので、どうぞご協力のほどよろしくお願い申し上げます。ご挨拶とさせていただきます。よろしくお願いします。
 それでは、これより副委員長選任の件を議題といたします。
 副委員長の選任は、委員会条例第9条第2項の規定により委員会の互選となっておりますので、互選をお願いいたします。
 高木委員。
◆委員(高木大輔) 岡村委員を推薦したいです。
○委員長(櫻井道明) ただいま岡村委員を副委員長にという言葉もございましたけれども、推薦がありました。いかがでしょうか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(櫻井道明) 皆さん同意ということで、了承させていただきます。
 それでは、副委員長は岡村委員が選任をされましたので、副委員長の席にお願いをいたしましてご挨拶をお願いします。
○副委員長(岡村芳樹) ただいまご指名いただきました岡村芳樹でございます。このたびの予算委員会では、委員長を補佐して円滑に慎重審議が進みますよう努めてまいりますので、皆様ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。
 以上でございます。
○委員長(櫻井道明) 続きまして、日程の委員会の運営に入る前に追加資料の確認をいたします。
 お手元にさくら会、市民ネットワーク及び共産党さんから要望のありました追加資料の一覧を配付しております。こちらの資料につきましては、議長より執行部に作成依頼をしております。委員会審査において有効活用していただきますようお願いをいたします。
 なお、追加資料につきましては、3月2日の午後、全議員に配付を予定しております。
 続きまして、運営方法及び審査日程の協議に入ります。
 初めに運営方法について協議していただき、その後、審査日程について、現地視察の部分を含めご協議をお願いいたします。
 それでは、事務局より運営方法の案を作成いたしましたので説明をお願いします。
 宮崎さん。
◎書記(宮崎由美子) 事務局、宮崎でございます。座ったままで失礼させていただきます。
 初めに、資料1のほうの予算審査特別委員会運営方法・審査日程案をごらんくださいませ。こちら上段1、運営方法までを最初に説明させていただきます。
 審査方法及び審査時間でございますが、審査する部局単位を9つに編成しまして、1部局の審査時間を120分としております。審査時間の内訳でございますが、執行部の説明を20分以内、1委員当たりの質疑時間を10分以内とさせていただいております。
 その下のその他でございますが、会派に属さない議員の質問につきましては1部局当たり1問、文書による質問を可能としまして、委員から質問が出ていない項目に限り、委員長から質問を行います。なお、文書による質問につきましては、執行部から的確な答弁を求めるためにも事前に質問内容を執行部に伝えさせていただきたいと考えております。
 以上でございます。
○委員長(櫻井道明) ただいまの事務局の案につきまして、何かご意見等ありましたらお願いいたします。
 よろしいですか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(櫻井道明) ないようでしたら、運営方法につきましては事務局提案のとおり実施することにいたします。
 続きまして、審査日程について協議を行います。
 初めに現地視察ですが、今回、市民ネットワークさん、日本共産党さんから現地視察の要望が出されております。所要時間などについて、事務局より説明をお願いいたします。
 宮崎さん。
◎書記(宮崎由美子) 引き続きまして、現地視察についてご説明をさせていただきます。
 今回、現地視察につきましては、市民ネットワークさんから(仮称)佐倉西部自然公園運動広場予定地、日本共産党さんから認可保育園設置予定のレイクピアウスイ3階、計2カ所のご要望をいただいております。現地視察を行う場合につきましては、例年どおり1日目の3月13日月曜日の議案審査前を予定しております。
 (仮称)佐倉西部自然公園につきましては、現地までの往復で35分程度、現地視察で25分程度で、計1時間の所要時間を見込んでおりまして、予備の時間も含めて8時45分ごろ市役所を出発していただければ10時からの議案審査に入れるかと考えております。ただ、現地のほう事務局で確認をしましたところ、駐車スペースも含めまして舗装がされておりませんので、雨天の場合には大変足元が悪くなりますので、視察のほうはちょっと厳しいかなと考えております。
 レイクピアウスイ3階のほうなのですが、こちらは今、別の用途で使用中でございまして、また、保育園設置場所も未確定な部分があるということで、現時点での視察は難しいとの回答が執行部のほうからございましたので、お伝えをさせていただきたいと思います。
 現地視察の説明については以上でございます。
○委員長(櫻井道明) 今説明があったように、担当に聞いたらレイクピアまだ何もやってないので、今行っても何のあれもないので、これは行かない。
 はい、どうぞ。
◆委員(萩原陽子) あそこの場所は皆さん行ったことあるかなと思うのですよ。ただ、あそこに保育園をつくる、定員たしか50名だったのですよね。そうしますと、こちらが今、教室をやっているところ、それから中華料理屋さんもありますよね。だから、そのものをどういうふうにつくるかわからないと言っても、そこにつくることを決めて予算計上しているわけですから、どういうふうにつくるのかという、あらましをご説明いただきたいと思うのですよ。できないことはないですよ。
○委員長(櫻井道明) 担当に聞いたのだけれども、今行ってもそういう状況なので何の視察にもならないから、何か形ができたならば見に行っていろいろ説明を受けられるのだけれども、ただ、今がらんどうのところに行って、ここにただつくりますよって見るだけでは。
◆委員(萩原陽子) 真ん中につくるのですかね。わからない。
○委員長(櫻井道明) だから、それもまだその状況になっているので。ただ、真ん中にするのか端っこにするのか三角にするのか、そんな議論をしていたのではしようがないから、それはまたできてからね。
◆委員(萩原陽子) 図面は、でも。
○委員長(櫻井道明) できてから行っても全然遅くない話で、そういうことなのですよ。
◆委員(萩原陽子) いつ開所でしたっけ。
○委員長(櫻井道明) まだ先ですよね。だって、今回、議案に出ている。
◆委員(五十嵐智美) 10月開所って言っていた。
◆委員(萩原陽子) 年内に開園するのでしょう。
○委員長(櫻井道明) 年内でしたか。ちょっと待って。
◎書記(宮崎由美子) はい、年内です。
○委員長(櫻井道明) 年内ね。そうしたら、年内に行けばいいのですよ。
○委員長(萩原陽子) だって、予算の審議に間に合わないじゃない。
○委員長(櫻井道明) だから、だって何もないところに行ったってしようがないでしょう。
◆委員(萩原陽子) 計画はあるはずでしょう、10月開所の。説明を求めないと。
○委員長(櫻井道明) だから、もし時間的にあれだったら、そこに行くのだったら、西部自然公園の時間がなくなってしまうわけだから、3つ今回出ていたでしょう。
◆委員(萩原陽子) 3つ。
○委員長(櫻井道明) 何かネットさんから2つ出てなかった。
◆委員(萩原陽子) 保育園は。
◆委員(五十嵐智美) いや、1カ所しか出してない、私たちは。
◆委員(萩原陽子) ああ、そうか。では1カ所。
○委員長(櫻井道明) 何か3つ出ていた。
◆委員(五十嵐智美) 出てないです。私たちは出してない、1カ所しか。
○委員長(櫻井道明) ああ、そうなの。
◆委員(五十嵐智美) はい。
○委員長(櫻井道明) 西部自然公園は、グラウンドというか、今、広くなっているところだから、あそこを見て、物がそのまま今やっているところだから見たほうがいいだろうということで、1カ所にという話なのですよ。
◆委員(五十嵐智美) その関連でちょっといいですか。私たち、資料請求しているのですけれども。
○委員長(櫻井道明) 資料の話ではない。
◆委員(五十嵐智美) ではなくて、保育園の図面ができていると思うのですが、それが出てくればある程度はわかるのでは。
○委員長(櫻井道明) だから、図面はできているかもしれない。だけれども、行っても現地が何もないところ、がらんどうでは。
◆委員(萩原陽子) では、図面は出る。
◆委員(五十嵐智美) では、図面は出るのですよね。資料請求して、どういうふうになるかわからないから審議できない。
○委員長(櫻井道明) 図面は出るの。まだでしょう。
◆委員(五十嵐智美) そのとき出てくるということにはなりますよね。ここに一応請求しているから。
◎書記(宮崎由美子) 請求はしているのですけれども回答がまだ来てないのです。
◆委員(萩原陽子) 図面が出ないと何もわからないです。
○委員長(櫻井道明) 出ないから、今回は行きません。
◆委員(五十嵐智美) 図面を出してほしいの。
○委員長(櫻井道明) 図面は聞いてみますよ。
◆委員(萩原陽子) ぜひ出してください。何もしないなんてとんでもない。
○委員長(櫻井道明) 担当に聞いてみます。それは出せるのかどうか。
◆委員(五十嵐智美) では、ぜひ。
○委員長(櫻井道明) ということでよろしいですか。
 それで、現地は雨降ったら中止。雨降ったら、だって傘さして、あんなどろどろのところ行ったって行かれないでしょう。それでは、西部自然公園、現地ということで、8時45分出発。
◆委員(五十嵐智美) ここでしょう。
○委員長(櫻井道明) うん、ここ。8時45分ね。おくれた人は置いていくから。
◆委員(萩原陽子) くれぐれも物件の図面を。
○委員長(櫻井道明) わかった。では、それは担当に早速聞いてみます。よろしいですか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(櫻井道明) では、現地はそういうことで8時45分。その後、こっちへ帰ってきて通常の時間であれします。
 では、現地のあれはそういうことでよろしくお願いします。
 続きまして、部局の組み合わせ及び日程について協議をお願いいたします。
 事務局から説明をお願いします。よろしく。
◎書記(宮崎由美子) 続きまして、議案審査についてご説明をさせていただきます。
 こちらは前回の予算委員会同様、全部局を9部局に編成しまして、議案質疑を3日間、4日目の午後から討論、採決という日程を提案させていただきました。部局の組み合わせにつきましては、1日目に企画政策部と税務部、会計室、議会事務局、次に総務部と資産管理経営室、契約検査室、監査委員事務局、選挙管理委員会事務局を組み合わせ、さらに市民部と危機管理室を組み合わせさせていただきました。
 1日目10時からの日程の下の米印のところに記載させていただいておりますが、国民健康保険の徴収部門は税務部でございますが、例年まとめて国民健康保険特別会計の審査につきましては市民部の審査時に行うことになっておりますので、そちらであわせて実施をさせていただきたいと考えております。
 続きまして、15日水曜日の組み合わせでございます。こちらは午前中に産業振興部と環境部、農業委員会を組み合わせまして、午後に土木部。
                 〔「14日は」と呼ぶ者あり〕
◎書記(宮崎由美子) 申しわけありません。14日のほうは特に組み合わせをしておりませんので、説明を割愛させていただいております。申しわけありません。
 15日の水曜日でございますが、午前中に産業振興部と環境部、農業委員会を組み合わせておりまして、午後は土木部と都市部の組み合わせとさせていただいております。
 先ほども申し上げましたが、14日のほうは特に組み合わせを行っておりません。それぞれ単独の部局で審査のほうをしていただきたいと考えております。
 日程については以上でございます。
○委員長(櫻井道明) ただいま、日程につきまして事務局から提案がありましたが、これでよろしいですか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(櫻井道明) それでは、異議がないようですので、このとおりにさせていただきます。
 次に、委員会の運営方法についてでございます。なお、例年どおり審査会場は全員協議会室とし、委員の席次につきましては委員長一任ということでよろしいでしょうか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○委員長(櫻井道明) それではよろしくお願いします。
 何かほかにございましたら。
                〔発言する者なし〕
○委員長(櫻井道明) では、さっき言った図面だけ、それすぐに手配して。よろしいですか。では、そういうことで一致結束してよろしくお願いします。
 以上をもちまして予算審査特別委員会を閉会いたします。
 お疲れさまでした。
          午後4時45分散会