議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 佐倉市

平成28年 8月会派代表者会議−08月18日-01号




平成28年 8月会派代表者会議

        平成28年8月 会派代表者会議 会議録


〇日時     平成28年 8月18日(木) 午後 0時59分から

〇開催場所   佐倉市役所 議会棟 第一委員会室

〇事件     1)決算審査特別委員会委員の選出について
        2)委員会室の改修について
        3)その他

〇出席議員   議長・川名部実、副議長・村田穣史、
        11番・橋岡協美、12番・萩原陽子、14番・伊藤壽子、25番・森野 正、
        27番・清宮 誠

〇欠席議員   なし

〇代理出席議員 なし

〇代表外議員  なし

〇議会事務局  次長・橋口庄二、書記・村上一郎



          午後零時59分開議
○議長(川名部実) ただいまから会派代表者会議を開催いたします。
 本日傍聴の申し出があり、これを許可しておりますので、ご了承願います。
 本日の議題ですが、開催通知では決算審査特別委員会委員の選任についての1件でございましたが、その他といたしまして委員会室の改修についてを追加し、議題とさせていただきます。
 初めに、決算審査特別委員会委員の選任の件を議題といたします。
 本件に関しましては、6月定例会最終日に議長諮問案をお示しさせていただき、これまでに諮問案に対するご意見等が寄せられていないことから、当該諮問案に基づき特別委員会を設置したいと思います。あらかじめ各会派から推薦いただきました委員候補者を取りまとめ、配付資料1としてお手元にお配りいたしました。そちらの名簿に登載されております11名をもって決算審査特別委員会を設置したいと思いますので、よろしくお願いいたします。よろしいですね。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(川名部実) 続きまして、委員会室の改修の件を議題といたします。
 本件につきまして、事務局より説明いたさせます。
 橋口次長。
◎事務局次長(橋口庄二) では、座ったまま説明させていただきます。
 配付資料2の委員会室の改修について、こちらのほうをごらんいただきたいと思います。今来年度の実施計画の要求の時期になってまいりました。その中で、議会事務局として提案をしたいという案件でございます。現状で委員会室4つあるのですけれども、4つとも手狭であるというようなことで、一般傍聴が少し多目の方が来るとそれだけでいっぱいになってしまうというような状況もございます。ですので、もう少し広い委員会室への改変ができればということでございます。一例として、2つほど書かせていただいたわけでございますけれども、案1といたしましては、第3委員会室と議運の部屋、これを一つにして奥行きをちょっと広くして傍聴の方にも対応できるようなというような形で、とれればということになっています。もう一つは、第3委員会室、第4委員会室を一つにということなのですが、これですと部屋が1つ、実際には委員会室が減ってしまうのですが、かなり広い中規模な委員会室が、余裕のある委員会室がとれるのではないかということです。ただし、通路部分の出っ張りといいますか、第4委員会室のほうが若干広いので、デッドスペースができてしまうというようなこともございます。いろいろな協議を、実際には予算要求のほうは資産管理経営室のほうが出すということで、もしこの会派代表者会議の中でご了承いただければ、資産管理経営室と直ちに協議に入りたいというふうに考えております。
 以上でございます。
○議長(川名部実) 今事務局から説明がありましたが、このことにつきましてご意見がございましたらお願いいたします。
 伊藤議員。
◆14番(伊藤壽子) 今1案、2案あるのですけれども、これはどちらにするのがいいのかというのはここで決めるのではなくて、資産管理経営室との協議ということ。
○議長(川名部実) 橋口次長。
◎事務局次長(橋口庄二) それは、一つの案として考え得るというようなところでございまして、実際に資産管理経営室と協議をして、どういった形が一番ベストであるかというのをこれから協議を進めたいと。進めるに当たってのご了解をいただきたいということでございます。
○議長(川名部実) 萩原議員。
◆12番(萩原陽子) この中で私が思うには、今議会運営委員会室がとても狭くて、傍聴に入ったときに非常に出入りもしにくい状況で、入り切れなかったりしますので、この案としては議会運営委員会室を統合するのはいいのかなというふうに思います。意見です。
○議長(川名部実) 清宮議員。
◆27番(清宮誠) 事務局にではないですけれども、予算的なものとか、そういうのは全然考えなくていい。
○議長(川名部実) 橋口次長。
◎事務局次長(橋口庄二) この下に書かせていただいたのですけれども、まず予算要求するに当たっては実施計画に載せなければいけませんので、まず今回これを了解いただいた上で実施計画に載せて、来年度の予算要求という形になります。
◆27番(清宮誠) では、今は考えなくていいということね、使い勝手だけで。
○議長(川名部実) 伊藤議員。
◆14番(伊藤壽子) 今、議会改革のほうでもインターネット中継について陳情にも出ていたのですけれども、その前提も踏まえながら検討するというような形で進めては……
○議長(川名部実) これは関係ないでしょう。
 橋口次長。
◎事務局次長(橋口庄二) まずは、スペースを広くするというところから、その後の話かと思います。
○議長(川名部実) 伊藤議員。
◆14番(伊藤壽子) 実施計画に拡張するということがあるときに、工事をするに当たって同じような手間があるのであれば、配線とか、そういうようなものもできるのかなというふうな、一度に済むという、そういう前提も考えられるのではないのかなというふうに思います。
○議長(川名部実) 橋口次長。
◎事務局次長(橋口庄二) そういう電気関係とか配線関係含めて、いろんな多目的に使えるような形では当然考えています。
○議長(川名部実) ほかにありますか。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(川名部実) なければ、余り否定的なご意見はないようですけれども、本日の会議の結果を踏まえて、出された意見を念頭に、具体的な検討を進めるようにお願いいたします。
 以上で予定した議題は終了となりますけれども、そのほか何かございましたらお願いいたします。
               〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(川名部実) 特になければ、以上をもちまして会派代表者会議を終了いたします。
 お疲れさまでした。
          午後1時07分閉会