議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 成田市

平成 4年  6月 定例会(第2回) P.113  06月23日−04号




平成 4年  6月 定例会(第2回) − 06月23日−04号









平成 4年  6月 定例会(第2回)



       平成4年 成田市議会定例会会議録第4号

       6月招集

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                平成4年6月23日

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                目次



●議事日程…………………………………………………………………………………115

●出席議員…………………………………………………………………………………116

●欠席議員…………………………………………………………………………………116

●職務のため出席した事務局職員………………………………………………………116

●説明のため出席した者の職氏名………………………………………………………116

●開議………………………………………………………………………………………118

●会議録署名議員の指名…………………………………………………………………118

●全議案・請願審議………………………………………………………………………118

 (委員長報告)

 ▲教育民生常任委員長(有川清君)…………………………………………………118

 ▲建設常任委員長(塚本昭君)………………………………………………………119

 ▲総務常任委員長(石橋義祐君)……………………………………………………119

 ▲交通安全対策特別委員長(桜井伍六君)…………………………………………121

 ▲環境施設整備調査特別委員長(平山正吉君)……………………………………121

 ▲空港対策特別委員長(岩澤貞男君)………………………………………………122

●質疑………………………………………………………………………………………123

●討論………………………………………………………………………………………124

  馬込勝未君の討論

●採決………………………………………………………………………………………125

●議案第13号・第14号一括上程審議………………………………………………127

 (神崎富士雄君提案理由説明)

 (塚本昭君提案理由説明)

●質疑………………………………………………………………………………………128

●委員会付託省略…………………………………………………………………………128

●質疑………………………………………………………………………………………128

●討論………………………………………………………………………………………128

  馬込勝未君の討論

  足立満智子君の討論

●採決………………………………………………………………………………………131

●議案第15号〜第20号一括上程審議………………………………………………132

 (市長提案理由説明)

●質疑………………………………………………………………………………………133

  馬込勝未君の質疑……………………………………………………………………133

●委員会付託………………………………………………………………………………134

●発言の取り消しについて………………………………………………………………134

●答弁保留分の答弁………………………………………………………………………135

●委員長報告………………………………………………………………………………135

●質疑………………………………………………………………………………………136

●討論………………………………………………………………………………………136

●採決………………………………………………………………………………………137

●閉会………………………………………………………………………………………138



議事日程第4号

                        平成4年6月23日午後1時開議

第1 会議録署名議員指名

第2 全議案・請願審議

   (委員長報告〜質疑〜討論〜採決)

第3 議案第13号・第14号一括上程審議

   (提案理由説明〜質疑〜委員会付託省略〜質疑〜討論〜採決)

第4 議案第15号〜第20号一括上程審議

   (提案理由説明〜質疑〜委員会付託〜委員長報告〜質疑〜討論〜採決)



●出席議員(30名)

  1番   小川善嗣君          2番   湯浅伸一君

  3番   吉田茂君           4番   平山裕司君

  5番   山崎昭男君          6番   青野勝行君

  7番   日暮澄子君          8番   大迫良一君

  9番   内山健君          10番   足立満智子君

 11番   海保貞夫君         12番   渡邉昭君

 13番   桜井伍六君         14番   幡谷紫浪君

 15番   宇都宮高明君        16番   喜久川政司君

 17番   越川富治君         18番   大倉富重雄君

 19番   馬込勝未君         20番   高橋保君

 21番   岩澤貞男君         22番   加藤勘兵衛君

 23番   片山啓三郎君        24番   成尾政美君

 25番   神崎富士雄君        26番   飯塚一郎君

 27番   塚本昭君          28番   有川清君

 29番   石橋義祐君         30番   平山正吉君

●欠席議員(なし)

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●職務のため議場に出席した事務局職員

 局長    藤枝聖司君         局次長   鈴木重昭君

 主査    青柳一君

  −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

●地方自治法第121条により説明のため出席した者

 成田市長  長谷川録太郎君

 (委嘱を受けた者)

 助役    出山隆君          収入役   鈴木眞君

 市長    関口豊君          総務部長  平山清司君

 公室長

 民生部長  吉岡昭夫君         環境部長  谷平稔君

 環境部   木村正義君         福祉部長  青柳徳厚君

 次長

 経済部長  大竹信夫君         土木部長  篠原孝男君

 都市部長  木皿木元君         都市部   川島祥光君

                     次長

 消防長   榊原晋君          水道部長  高橋孝司君

 企画課長  澤田喜信君         秘書課長  鶴田成孝君

 総務課長  海保勇夫君         財政課長  並木清一郎君

 教育                  教育

 委員会   檜垣篤君          委員会   小川武彦君

 教育長                 教育次長

 農業

 委員会   山田英二君

 事務局長

    各課、室、所、場、署長



 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(喜久川政司君) これより本日の会議を開きます。

                             (午後 2時10分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(喜久川政司君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、議長において、内山健君、足立満智子君を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△全議案・請願審議



○議長(喜久川政司君) 日程第2、これより全議案・請願を審議いたします。

 各委員長の報告を求めます。まず、教育民生常任委員長。

         〔教育民生常任委員長 有川清君登壇〕



◎教育民生常任委員長(有川清君) 教育民生委員会よりご報告をさせていただきます。

 当委員会は、去る10日午後2時から全委員出席のもと開催し、付託されました議案第3号及び第6号の審査を行いました。

 まず、議案第3号についてでありますが、現在、放置自転車がかなり多いと思うが、その台数はどれくらいか。また、栗山駐輪場ができたら、どのくらい解消されるのかとの問いがあり、放置自転車の数は西口と駅前それぞれ 200ないし 300台である。栗山駐輪場が完成すれば、駅前については解消されると考えているとのことであります。

 採決の結果、本案については全会一致により可決と決定いたしました。

 次に、議案第6号については、通常は代替施設ができてから既存のものを廃止すると思うが、それができなかった理由は何かとの問いがあり、空港2期工事に係る国道51号線の地下化工事に伴い、十余三青年館の移転の必要が生じ、空港公団、十余三区、市で協議をしてきた。しかし、移転先について合意が整わない状態でいたが、国道51号線の工事が本年8月までに完成させなければならず、やむを得ず十余三青年館の用途廃止の専決処分をさせていただいたとのことであります。なお、空港公団が十余三区の条件を満たす移転先を用意し、地元区の合意が得られたとのことであります。

 採決の結果、本案につきましても、全会一致により承認と決定をいたしました。

 以上が、当委員会の審議結果であります。議員各位のご賛同をお願いいたしまして、報告を終わります。



○議長(喜久川政司君) 次に、建設常任委員長。

         〔建設常任委員長 塚本昭君登壇〕



◎建設常任委員長(塚本昭君) 建設委員会からご報告いたします。

 去る11日午後2時より付託されました議案第10号及び第11号を審査いたしましたが、本2件につきましては、中台運動公園に計画中の多目的球技場の整備に伴う水路改修工事の契約案件であり、球技場の全体計画及び水路改修の必要性等、当局から図面による説明を受けました。

 その結果、以上2件については、いずれも質疑もなく採決の結果、全会一致により可決と決定した次第であります。

 この後、ポンプ能力アップに伴う根木名川越流堤計画の中止、取香歩道橋架設工事等について説明を受け、委員会を閉会いたした次第であります。

 以上簡単ですが、議員各位のご賛同をお願いいたしまして、報告といたします。



○議長(喜久川政司君) 次に、総務常任委員長。

         〔総務常任委員長 石橋義祐君登壇〕



◎総務常任委員長(石橋義祐君) 総務委員会よりご報告申し上げます。

 去る6月18日、全委員出席のもと委員会を開催し、付託されました議案8件及び継続審査中の請願1件を審査いたしました。

 その結果でありますが、まず、議案第1号から申し上げます。県・国から成田市の場合、職員数が少し多いという指摘があると聞くが、今回、一挙に30名の定数を増やすことは、その辺、問題とならないかという問いがあり、一般行政職については若干多いのではないかとの指導がある。ただ、今回の場合、新たに消防関係の事務所を増設することからの定数増であり、特に問題はないとのことであります。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第2号でありますが、課税限度額を超える世帯及び応能割保険料の負担能力のない低所得の世帯の割合はとの問いがあり、課税限度額を超える世帯は10%であり、6割軽減世帯は19.7%、4割軽減世帯は 3.4%となっているとのことであります。

 採決の結果、賛成多数により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第4号、5号については、一括議題といたしましたが、さしたる質疑もなく、それぞれ採決の結果、第4号については賛成多数により、第5号については全会一致により可決と決定いたしました。

 次に、議案第7号でありますが、集会所建設のため、市有地を無償貸し付けするわけであるが、このような施設をつくる場合、土地の高度利用の観点から複合施設とすべきではないかとの問いがあり、かつての建設部仮庁舎の中に消防施設及び祭りの山車等があり、これらの集約も含めて集会所の建設をするという条件のもとに市有地を貸すこととしたが、逆の目からすると、旧仮庁舎の方が、このために高度な土地利用が図れるという面もあるとのことであります。

 また、駅周辺に市が自由に物を建てられる土地が少なくなってきているし、確保しにくい状況でもある。そういう意味では、今回の場所は貴重な土地である。残った土地については、単独の施設をつくるのではなく、将来的に市として何が必要なのかを十分に考えて、土地利用を検討してほしいとの意見がありました。

 さらに、以前は集会所の用地は地元で手当をするということであったと思うが、幸町の事例また今回のような市有地を貸与するという方向で今後進むのかとの問いに対し、できれば地元で用意してもらいたいが、地元でどうしても用地を物色できない場合には、市の事業に支障のない範囲内で市有地をお貸しするという考えであるとのことでありました。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第8号についてでありますが、来年4月の開校に向け本城小学校の用地取得状況はとの問いがあり、議案資料の公図写しにある 249番2、 252番3については交渉中であるが、取得できる見込みである。しかし、 253番1については、非常に厳しい状況であるとのことであります。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第9号及び12号については、質疑もなく採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 最後に継続審査となっておりました「法務局の増員に関する請願」について申し上げます。3月以降、バブル経済の崩壊等により請願の前提条件が違ってきている面もあるし、また行政改革に逆行するということもある。大幅増員というのは、他の公務員にも大きな影響を及ぼすと思うので、この請願については不採択としたいとの意見がありました。

 採決の結果、棄権者1名ありましたが、当委員会としては不採択と決定をした次第であります。

 以上が審議結果であります。議員各位のご賛同をお願いいたしまして、報告を終わります。



○議長(喜久川政司君) 次に、交通安全対策特別委員長。

         〔交通安全対策特別委員長 桜井伍六君登壇〕



◎交通安全対策特別委員長(桜井伍六君) 交通安全対策特別委員会よりご報告申し上げます。

 当委員会は、去る15日午後2時より全委員出席のもと第1委員会室で開催をいたしました。執行部より、助役、民生部長外関係課長の出席がございました。

 初めに、執行部より報告事項が5点ほどありましたが、その中で主なものについて簡単に申し上げます。

 まず、交通事故発生状況でありますが、平成4年4月末現在、発生件数 159件で、件数、死傷者とも昨年より増加しているとのことであります。

 次に、春の全国交通安全運動の実施結果でありますが、期間は4月6日から4月15日までの10日間で、交通安全教室実施、車両による広報活動、懸垂幕、横断幕の掲出、啓発物資の配布、交通安全施設の点検等の施策、行事を実施したとのことであります。

 次に、交通火災共済加入状況でありますが、5月末現在で加入者が2万 5,484人で加入率は 28.68%で前年に比べわずかでありますが減少しておるとのことであります。今後とも加入促進に鋭意努力していきたいとのことであります。

 次に、委員より要望がございましたので申し上げます。

 まず、「十余三、駒井野線の大型車両の規制について再検討してほしい」「交通事故の事後処理のマナーについて広報誌でPRをしてほしい」「交通量の多い道路に駐停車して買い物をする車両が多いため、事故が発生するなど危険なので、その対策を講じてほしい」等の要望がございました。

 以上が、当委員会の会議結果であります。議員各位のご理解、ご協力をお願いいたしまして交通安全対策特別委員会の報告といたします。



○議長(喜久川政司君) 次に、環境施設整備調査特別委員長。

         〔環境施設整備調査特別委員長 平山正吉君登壇〕



◎環境施設整備調査特別委員長(平山正吉君) 環境施設整備調査特別委員会よりご報告申し上げます。

 当委員会は、去る16日午後2時より全委員出席のもと第1会議室で開催いたしました。執行部より助役、環境部長外関係課長の出席がございました。

 当委員会に付託された案件は、継続審査中の平成3年12月定例会請願第5号の1件でございます。以下、審議の内容を申し上げます。

 委員より、まず立地について公式の場で説明できない内容があるのであれば、個別に住民に対し最大限明らかにすべきではないかとの問いがあり、焼却場は、それを建設できるスペースがあれば、物理的には可能であるが、迷惑施設であるということから、施設だけでなく地域振興につながる地元への見返りをつけてお願いするのがベターであるということから、5地区の候補地の中から、事務段階でいろいろ検討した結果、豊住地区に決定したとのことであります。

 次に、ダイオキシンの測定について、既設の施設あるいは新しい施設をつくった場合、幾つになるのか。他市の事例とかダイオキシンの今の状況とかを市が最大限努力して調査するなり、十分説明することが必要ではないかとの問いに対し、ダイオキシンの測定については、はかってはかれないことはないが、非常に精度の高い分析方法を強いられてくる。測定は10億分の1の単位まではからないと検出できないので、理論的には発生のメカニズムはわかっているが、ガイドラインでは、その発生を抑えようという方向になっているとのことであります。

 次に、いつまでに焼却場の建設をスタートさせなければならないのか、市はそのタイムリミットをどう認識しているのかとの問いに対し、豊住地区については、開発計画のたたき台は出しているが、プラン、区域が確定していないので、焼却場の位置も決まっていない状態である。したがって、今後事務作業に入れたとしても、農振の除外、農地の転用、用地買収等々を考えると、今年を1年次とした場合、一番早く着手して5年目に造成工事に着手できる状態であるとのことでありました。

 この他にも、各委員より活発なる意見等が出されたものでありますが、結論としては、ここで豊住問題を決着して採決するには時期が尚早である。執行部にも、なお一層の努力をしてもらいたい。当委員会としても、もう少し努力をしていく必要がある等の意見により、継続審査を支持するもの10名、また不採択を支持するもの1名により継続審査と決定した次第であります。

 以上、当委員会の審議結果であり、議員各位のご理解、ご賛同をお願い申し上げまして、環境施設整備調査特別委員会からの報告といたします。どうもありがとうございました。



○議長(喜久川政司君) 次に、空港対策特別委員長。

         〔空港対策特別委員長 岩澤貞男君登壇〕



◎空港対策特別委員長(岩澤貞男君) 空港対策特別委員会よりご報告申し上げます。

 当委員会は、去る17日午後2時より第1委員会室で全委員出席のもと開催をいたしました。

 執行部より助役、市長公室長、空港対策課長が、空港公団より村田周辺整備部長外4名の出席がございました。

 まず、空港公団村田部長より、空港の現状並びに公団の組織の再編について説明がありました。

 空港の現状についてでありますが、平成3年度の運用状況については、旅客数が 2,200万人で前年度比7%増であり、航空貨物については 131万トンで前年度比5%減ということで、9年ぶりに減少したとのことであります。また、2期工事の状況ですが、第2旅客ターミナルビルについては完成をし、機械等の運転、調整を実施しており、今年秋を目途に供用を開始する予定とのことであります。

 次に、用地問題ですが、これについては全力を挙げ、誠心誠意話し合いを行っているとのことであります。

 次に、組織の再編成についてでありますが、これは第2旅客ターミナルビル等の施設が供用できる見通しとなり、事業部門と運用部門の充実を図ること、また成田空港と周辺地域とのさらなる共存共栄を目指し、調和のとれた地域振興の推進に十分対応できるよう組織の再編成を行ったとのことであります。主な改正事項としては、本社の7室7部を5室10部に変更し、また地域振興施策の充実がより重要な事柄となってきたことを踏まえ、周辺対策部を発展強化し、周辺整備部とし、従来の計画課、環境対策課に加え、振興整備課を新設するとともに事業本部、運用本部を設置したとのことであります。

 これに関連して委員より、周辺整備部となって以前と中身が違ってくるのかとの問いに対し、空港周辺の交流を盛んにしたりとか、農地の貸し付けについても1つ加工を加えて貸したりとか、以前とは違ってくるとのことであります。

 以上をもって委員会を閉会し、畑ケ田代替地、航空科学博物館、空港管理ビル13階ランプコントロール室の視察を行った次第であります。

 以上が当委員会の会議結果であります。当委員会としても、空港の早期完全化はもとより、地域の振興により一層の努力をしていく所存でありますので、議員各位のご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、空港対策特別委員会からの報告といたします。



○議長(喜久川政司君) 以上で、各委員長の報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(喜久川政司君) これより各委員長に対する質疑を行います。

 まず、教育民生常任委員長に対する質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) 次に、建設常任委員長に対する質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) 次に、総務常任委員長に対する質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) 次に、交通安全対策特別委員長に対する質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) 次に、環境施設整備調査特別委員長に対する質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) 次に、空港対策特別委員長に対する質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) 以上で、各委員長に対する質疑を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(喜久川政司君) 次に、討論を行います。

 討論はありませんか。

 馬込議員。

         〔19番 馬込勝未君登壇〕



◆19番(馬込勝未君) 討論を行います。

 議案の2号についてですが、国民健康保険税条例の一部改正ですが、課税限度額が42万から44万円に引き上げられるものです。改定された地方税法の限度額より2万円低く抑えてはいますが、それでも年々引き上げられるこうした負担は、市民にとって負担増加となるものであり、反対をいたします。

 なお、国保財政の収入に対する国庫負担の占める割合は、臨調行革の始まった83年度には56.1%ありましたが、90年度には38.8%に下がっております。国保税引き上げの背景にこうした国庫補助率の引き下げがあることは明らかです。そういった点で、国庫補助率をもとに戻す、そうした働きかけを市に求めて2号についての討論を終わります。

 また、継続審査中の請願1号については、不採択に反対を表明し討論を終わります。

 以上です。



○議長(喜久川政司君) 以上で、討論を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(喜久川政司君) これより各議案について採決を行います。

 まず、議案第1号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第2号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立多数〕



○議長(喜久川政司君) 起立多数であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第3号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第4号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立多数〕



○議長(喜久川政司君) 起立多数であります。

 よって、本案は承認されました。

 次に、議案第5号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は承認されました。

 次に、議案第6号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は承認されました。

 次に、議案第7号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第8号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第9号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第10号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第11号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第12号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、継続審査中の平成3年12月定例会請願第5号を採決いたします。

 本請願について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本請願は継続審査と決しました。

 次に、継続審査中の平成4年3月定例会請願第1号を採決いたします。

 本請願について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立多数〕



○議長(喜久川政司君) 起立多数であります。

 よって、本請願は不採択と決しました。

 以上で、採決を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号・第14号一括上程審議



○議長(喜久川政司君) 日程第3、議案第13号、第14号を一括上程し議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 まず、議案第13号について、神崎議員。

         〔25番 神崎富士雄君登壇〕



◎25番(神崎富士雄君) 議案第13号について、提出者28名を代表して提案理由を述べさせていただきます。

 明るく平和な郷土づくりにおいて、脅威を与える暴力団の追放は国民の願いであります。そのため官民一体で暴力団追放運動を積極的に推進することが必要であり、全国的にさまざまな形で展開もされております。

 このため、当市議会においても本決議を行い、安全で平穏な生活を確保すべく努力をすべきと考えます。

 議員全員のご賛同をお願いいたしまして、提案理由の説明といたします。



○議長(喜久川政司君) 次に、議案第14号について、塚本議員。

         〔27番 塚本昭君登壇〕



◎27番(塚本昭君) 議案第14号について提案理由を申し上げます。

 成田空港を擁する当市は、日本の表玄関として、特に道路を中心とする都市基盤の整備は急務であります。現在、計画中の圏央道・北千葉道路等をはじめ国道51号線の拡幅整備、さらには日常生活の基盤としての生活関連道路等、早急に整備すべき道路は数多くあります。

 そこで、平成5年度を初年度とする第11次道路整備5カ年計画の策定に当たり、これが満額の財源確保をするとともに、本年度においても景気拡大を図るため、大型の補正予算を編成されるよう国に働きかけるものであります。

 本趣旨をご理解され、議員各位のご賛同をいただきたくよろしくお願い申し上げます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(喜久川政司君) これより両案に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) なしと認め、質疑を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託省略



○議長(喜久川政司君) 次に、お諮りいたします。

 両案については、委員会の付託を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会の付託は省略と決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(喜久川政司君) 委員会の付託が省略と決しましたので、改めて質疑を行います。

 質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) なしと認め、質疑を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(喜久川政司君) 次に、討論を行います。

 討論はありませんか。

 馬込議員。

         〔19番 馬込勝未君登壇〕



◆19番(馬込勝未君) 最初に、議案第14号 道路整備に関する意見書ですが、この道路整備の5カ年計画が高規格道路としての圏央道など、そうした幹線道路を中心にしたものであります。私どもは、公共施設の整備について、生活道路など生活関連施設の整備を優先すべきであると考えております。以上の点から、本案には反対をいたします。

 また、議案第13号についてでありますけれども、本案について賛成をいたします。警察庁の資料によれば、我が国の暴力団員の数は約8万人余り、その半数以上が山口組、稲川会、住吉連合に系列化されています。暴力団員の拳銃発射による死傷者は、年間数十名にのぼっております。市民の日常生活を脅かす民事介入事件も、警察庁の調べでも年間 7,000から8,000 件にのぼっています。また、東京佐川急便問題で明らかになったように、稲川会への1,000 億円の資金が流れていた、こういった問題も明らかになったわけであります。さらに、このような暴力団が右翼の有力な資金源になっていることも今日明らかであります。こうした状況のもとで、暴力団の取り締まりを強めることは、にせ左翼暴力集団への取り締まりを強化するとともに重要なことであり、本案に賛成するものであります。

 なお、文中にあります暴力団新法について一言述べます。この法律によって、取り締まりを強化しているとのことでありますけれども、取り締まりの基本に財界と暴力団との癒着の問題や、あるいは警察の取り締まりの姿勢など、そういった問題があります。こうした根本問題を抜きに新法による効果が上がるかどうか疑問です。また、新法の議決に当たって、衆参両院で全会一致で附帯決議がなされております。それは、本法の運用に当たっては、国民の人権を侵害し、事業者の営業の自由を損なわないよう特段の配慮をはらうとともに、いやしくも職権が乱用されることのないよう十分留意することとなっております。このことも指摘し、本案についての討論を終わります。

 以上です。



○議長(喜久川政司君) 足立議員。

         〔10番 足立満智子君登壇〕



◆10番(足立満智子君) ………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… …………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………

 …………………………………………………………………………

 ……………



○議長(喜久川政司君) 以上で討論を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(喜久川政司君) これより採決を行います。

 まず、議案第13号について採決いたします。

 本案については原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第14号を採決いたします。

 本案については原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立多数〕



○議長(喜久川政司君) 起立多数であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、お諮りいたします。

 ただいま決議並びに意見書が議決されましたが、字句等の整理及び取り扱いにつきましては、議長に一任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) ご異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号〜第20号一括上程審議



○議長(喜久川政司君) 日程第4、議案第15号から第20号までの6議案について一括上程し議題といたします。

 提案理由の説明を求めます。

 長谷川市長。

         〔市長 長谷川録太郎君登壇〕



◎市長(長谷川録太郎君) 本日、追加提案いたしました議案につきまして、その概要をご説明申し上げます。

 議案第15号から議案第17号までは、成田市立本城小学校の建設に係る建築本体工事、電気設備工事、給排水衛生・空調設備工事の請負契約の締結についてであります。

 請負契約に当たりまして、議案第15号につきましては、業者26社による13共同企業体、議案第16号及び議案第17号につきましては、業者20社による10共同企業体をそれぞれ選定し、去る6月15日に指名競争入札を執行いたしましたところ、議案の示す内容により落札を見ましたので、落札者と契約を締結しようとするものであります。

 議案第18号は、成田市立向台小学校大規模改造工事請負契約の締結についてであります。

 現在の向台小学校は、昭和46年度に建設されたものであり、老朽化が著しいため2カ年計画で順次改造を行おうとするものであります。

 請負契約に当たりまして、業者13社を選定し、去る6月15日に指名競争入札を執行いたしましたところ、議案の示す内容により落札を見ましたので、落札者との契約を締結しようとするものであります。

 議案第19号及び議案第20号は、それぞれ成田市立遠山中学校の増築に係る建築本体工事、給排水衛生・空調設備工事の請負契約の締結についてであります。

 現在の遠山中学校は、昭和45年に建設されたものですが、その後の生徒数の増加による教室不足の解消と学習活動の充実を図るため、増築するものであります。

 請負契約に当たりましては、議案第19号につきましては業者13社を、議案第20号につきましては7社を、それぞれ選定し、去る6月15日に指名競争入札を執行いたしましたところ、議案の示す内容により落札を見ましたので、落札者と契約を締結しようとするものであります。

 何とぞよろしくご審議の上、ご可決くださいますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。

 終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(喜久川政司君) これより本案に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 馬込議員。



◆19番(馬込勝未君) 1つは、15号議案の本城小学校の新築なんですが、ちょっと手元に十分な資料がないのであれですが、平成小学校の場合に建設単価が、平方メートル当たり18万 7,000円とちょっと議案からの数字があるんですけども、今回防音工事が含まれておりますので、その防音部分を除いたその平成小との比較で、この今回の本城小の建設単価というのはどのくらいなのか、ちょっとお答えいただきたいと思います。

 それから、本城小の場合に、電気工事も分離発注になっているんですが、遠山中の増築については、電気工事の分離がないんですが、この辺の分離発注について、今回、給排水については分離をしてるということで、市の方の分離発注に対する基本的な考え方をちょっと伺いたいと思います。



○議長(喜久川政司君) 平山総務部長。



◎総務部長(平山清司君) それじゃ、私から2点目の関係についてお答え申し上げさせていただきます。

 まず、分離発注につきましては、考え方といたしましては、本体工事、電気工事、それから空調関係、おのおの分離発注をする考え方でございます。ご質問のございました今回の電気関係につきましては、いわゆる議会に付する金額までに達していないということで、ご提案をしてないと、電気工事もございますので、ご承知おきいただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(喜久川政司君) 小川教育次長。



◎教育次長(小川武彦君) ただいまの質問でございますけれども、細かい数字につきまして、ちょっと資料が手元にありませんので、計算して後でお答えしたいと思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(喜久川政司君) 以上で、質疑を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員会付託



○議長(喜久川政司君) 次に、お諮りいたします。

 ただいま上程の6議案について教育民生常任委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) ご異議なしと認めます。

 よって、さよう決しました。

 教育民生常任委員会は第1委員会室で休憩中に開催願います。

 あらかじめ時間を延長し、暫時休憩いたします。

                             (午後 3時02分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(喜久川政司君) 再開いたします。

                             (午後 5時45分)

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発言の取り消しについて



○議長(喜久川政司君) まず、足立議員より発言を求められておりますので、これを許可いたします。

 足立議員。

         〔10番 足立満智子君登壇〕



◆10番(足立満智子君) 先ほど議案第13号につきまして討論を行いましたけれども、棄権をするという討論はできないとのことでありますので、私の討論部分のすべてについて取り消しを許可されたくお願いします。

 なお、貴重なお時間の中、ご迷惑をおかけして申しわけございません。



○議長(喜久川政司君) ただいま足立議員より、先ほどの議案第13号についての討論について、発言の全部を取り消したい旨の申し出がありました。

 この際、お諮りいたします。

 この取り消し申し出を許可することにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) ご異議なしと認めます。

 よって、足立議員からの発言の取り消し申し出を許可することに決しました。

 会議録から足立議員の討論の部分は削除いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△答弁保留分の答弁



○議長(喜久川政司君) 次に、当局より発言を求められておりますので、これを許します。

 小川教育次長。



◎教育次長(小川武彦君) 先ほどの馬込議員の質問にお答えいたします。

 本城小学校の防音にかかわるものを除いた本体の建築費と平成小学校のそれとの比較についてでございますけれども、単純比較いたしますと、本城小学校につきましては、1平米約17万 1,000円でございます。平成小学校につきましては、1平米約16万 1,000円でございます。なお、グレードにつきましては、平成小と同等のものと考えております。

 以上でございます。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△委員長報告



○議長(喜久川政司君) これより議案第15号から第20号までの6議案を審議いたします。

 教育民生常任委員長の報告を求めます。

         〔教育民生常任委員長 有川清君登壇〕



◎教育民生常任委員長(有川清君) 休憩中に開催をいたしました教育民生常任委員会のご報告を申し上げます。

 付託されました案件は、議案第15号から第20号までの6議案であります。以下、議案順に審査経過並びに結果についてご報告いたします。

 まず、議案第15号でありますが、普通教室13で何年度を目途に設定したのかとの問いがあり、現在の住民登録されているゼロ歳までは対応できるとのことであります。また、シャワー室が見当たらないが、あるのかとの問いがあり、これから体育館を建設する際に対応していきたいとのことでありました。さらに、市としてシャワー室の考え方についてはどうなのかとの問いに対し、一度に多くの生徒が使えるような施設は考えていないとのことでありました。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第16号でありますが、管工事も電気工事も規模にかかわらず分離発注するのか。また、JVを組む場合、管工事、電気工事について金額的な目安をつくっているのかとの問いがあり、分離発注については平成2年12月に請願が出ていて、それに基づいて平成2年12月より本体、電気、管工事、給排を含めて分離発注するという基本的な考え方に立っている。金額については、県でも 250万で分離発注しているので、それに倣って分離発注していきたいとのことであります。また、JVの関係については、要領の中で電気工事は1億 5,000万円、管工事は3億円以上となっているとのことであります。また、今回は要領の基準を下回るのに、なぜJVを組むのかとの問いがあり、要領の中で特定の場合で、この基準により難いときは、審査委員会の意見を聞いて別途決めるということになっており、今回は総額の大きい工事なので、審査委員会で検討した結果、JVでいくということで決定したとのことであります。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第17号についてでありますが、さしたる質疑もなく、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第18号についてでありますが、大規模改修の場合、授業に影響が出ないのかとの問いがあり、プレハブ等で対応していくとのことでありました。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第19号でありますが、LL教室は1クラス分ぐらいの機械の台数はあるのかとの問いに対し、普通学級の1クラスの対応を考えているとのことであります。

 採決の結果、全会一致により可決と決定をいたしました。

 次に、議案第20号についてでありますが、質疑もなく、執行部の説明を了とし、全会一致により可決と決定をいたしました。

 以上が、当委員会に付託された案件の審査結果であります。議員各位のご理解、ご賛同をお願いいたしまして、報告を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△質疑



○議長(喜久川政司君) 次に、教育民生常任委員長に対する質疑を行います。

 質疑はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) なしと認め、質疑を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△討論



○議長(喜久川政司君) 次に、討論を行います。

 討論はありませんか。

         〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) なしと認め、討論を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(喜久川政司君) 次に、採決を行います。

 まず、議案第15号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第16号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第17号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第18号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第19号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 次に、議案第20号を採決いたします。

 本案について委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

         〔起立全員〕



○議長(喜久川政司君) 起立全員であります。

 よって、本案は可決されました。

 以上で、採決を終わります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(喜久川政司君) 以上で、今定例会に付議された案件は全部議了いたしました。

 お諮りいたします。これにて今定例会を閉会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(喜久川政司君) ご異議なしと認めます。

 これにて平成4年6月成田市議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

                             (午後 5時54分)





 上記のとおり会議の次第を記載し、相違ないことを証するため署名する。

     平成4年6月23日



         成田市議会議長   喜久川政司

         成田市議会議員   内山健

         成田市議会議員   足立満智子