議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 野田市

平成29年 文教福祉委員会 02月24日−02号




平成29年 文教福祉委員会 − 02月24日−02号







平成29年 文教福祉委員会





            文教福祉委員会会議録

1 開催日時   平成29年2月24日
         開会 午前10時00分
         散会 午前10時19分

1 場  所  委員会室

1 出席委員
     委 員 長  山 口 克 己     副委員長  小 椋 直 樹
     委  員  中 村 あや子     委  員  織 田 真 理
     委  員  平 井 正 一     委  員  内 田 陽 一
     委  員  中 村 利 久

1 欠席委員
     な  し

1 出席事務局職員
     事 務 局長   戸 辺 健 一    事務局主幹   藤 井 秀 樹

     事 務 局   須 賀 康 行    事務局書記   岡 田 敦 子
     議 事 調査
     係   長

     事務局書記   大野木 亮 二

1 付議事件
   (1)平成29年度の行政視察に向けた協議について



                 午前10時00分  開 会



○委員長(山口克己) ただいまから文教福祉委員会を開きます。

  平成29年度の行政視察に向けて協議いたします。

  1月24日の本委員会におきまして、候補地及び視察項目として3人の委員の方から提案があり、説明等していただきました。それをもとに近隣市の事業を研究して再度協議することになっておりましたが、昨日までに中村あや子委員から別紙のとおり情報提供がございました。

  この件につきまして、中村あや子委員、御説明願います。



◆中村あや子委員 それでは、お手元に配付しております大府市、岐阜県岐阜市、大阪府和泉市の3市について、簡単に御説明いたします。

  ほとんど資料のとおりなのですけれども、愛知県大府市というのは、日本でも早くから認知症ゼロを目指す対策ということで、国立長寿医療研究センターというのが地元にありまして、早くから認知症対策について取り組んでいる先進的な取り組みをしている市であります。人口は9万人なのですけれども、大府市と、あと隣のまちと連携いたしまして、認知症対策については早くから研究をしていて、脳と体の健康チェックとか運動介護療法とか、さまざまな形で認知症対策に取り組んでいるということで、野田市にとってもぜひ学びたいなと思って、大府市をまず1つ推薦させていただきました。

  2点目の岐阜県岐阜市なのですけれども、ここは県庁所在地で大きな市ではありますけれども、市を挙げてスマートウエルネスぎふということで、賢く、スマートというのは賢くですね、健康なということでウエルネスで、賢く健康にということを政策の中核に捉えてまちづくりを進めているということで、健康都市、健康で幸せな都市をつくろうという取り組みをしているそうです。少子高齢化の中でやはり健康寿命を延伸することが必要で、そこには歩きを中心とした取り組みが大事であるということで、ウオーキングとか、あと自転車の道路を整備して、ウオーキングとサイクリング、レンタサイクルとか、そういうものと連携をして、エリアをきちんと認定しまして、さまざまなウオーキングコースを市民にも提供したりして、健康に取り組むまちづくりをしているという意味でとても興味深くて、できればここを視察させていただきたいなと思いました。

  3点目の大阪府和泉市なのですけれども、こちらが小中一貫教育を徹底して取り組んでいるところで、小学校6年、中学校3年の中で、小学校、中学校の教職員が連携を深めて、義務教育の9年間を見通した視点で教育活動すると。なので、よく中1ギャップというのが言われていますけれども、小学校の1年生から4年生まで、小学校の高学年、5年生、6年生と中学1年生まで、そして中学の2年生、3年生というふうに、こういうような形でくくりをして、スムーズに中学校教育に移行できるように取り組んでいるということが、とても興味深いと思いました。

  さらに、ここは英語教育にも早くから取り組んでおりまして、市内の全小中学校にALTを配置して、小学校3年生、4年生から楽しみながら生きた英語の表現、音声、文化等に触れているということで、これから日本も小学校から英語教育が義務化になりますので、先進的に取り組んでいる英語教育について学べたらいいなと思いました。

  もう一つ、キャリア教育ということなのですけれども、英語教育の裏面にありますけれども、野田市でも中学生から職場体験をしたりしてキャリア教育に力を入れておりますけれども、この和泉市の場合は、小学校の低学年から校区を縦割りで実施したりとか、小学校のときからいろんな取り組みを行っております。そういうことも含めて、特に小中一貫教育の中でも英語教育とキャリア教育について学べたらいいかなと思って、今回この3つを提案させていただきました。

  以上です。



○委員長(山口克己) ありがとうございました。

  中村あや子委員から御説明がございましたが、この件について御質問や御意見がございましたらお願いいたします。ありませんか。

  ないようですので、前回協議いただいた候補地及び視察項目と本日提案いただいた案を含めた上で優先順位を決め、視察案を2案作成したいと思います。

  ここをメーンにしたほうがよいなどありましたら、お願いいたします。

  暫時休憩いたします。

                 午前10時05分  休 憩

                                         

                 午前10時12分  再 開



○委員長(山口克己) 再開いたします。

  そうしましたら、2案作成ということですので、本委員会は、所管事務調査のため、第1案として、前回のときに大野城市、豊後高田市、南島原市、大牟田市、八代市、鹿児島市、高松市と提案いただいた中で、近々行かれたところを省くわけではないのですけれども、ちょっと後に置いといて、大分県豊後高田市、長崎県南島原市、鹿児島県鹿児島市を第1案として、第2案として、今中村あや子委員から御提案いただきました愛知県大府市、岐阜県岐阜市、大阪府和泉市ということに決定してよろしいですか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(山口克己) ありがとうございます。

  そして、もう一つ、時期なのですけれども、皆さん、手帳持ってきていただいたと思いますが、いつごろがよろしいでしょうか。(何事か発言する者あり)

  暫時休憩します。

                 午前10時14分  休 憩

                                         

                 午前10時18分  再 開



○委員長(山口克己) 再開します。

  それでは、もう一回改めて。第1案は、先ほど言ったとおりで大分県豊後高田市、長崎県南島原市、鹿児島県鹿児島市で、第2案が愛知県大府市、岐阜県岐阜市、大阪府和泉市に決定し、時期は10月16日の週、もしくは翌週23日の週に実施することでよろしいでしょうか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(山口克己) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。

  なお、先方の受け入れの都合上、今回の視察案に変更が生じることも考えられますが、その際の視察先の選定等については、正副委員長に御一任願います。

  以上で本日予定された協議事項は全て終了いたしました。

  この際、何か発言はありませんか。(なし)ないようですので、本日はこれにて散会いたします。

                 午前10時19分  散 会