議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 野田市

平成29年 環境経済委員会 01月23日−01号




平成29年 環境経済委員会 − 01月23日−01号







平成29年 環境経済委員会





            環境経済委員会会議録

1 開催日時   平成29年1月23日
         開会 午前10時03分
         散会 午前10時24分

1 場  所  委員会室

1 出席委員
     委 員 長  石 原 義 雄     副委員長  染 谷 信 一
     委  員  栗 原 基 起     委  員  西 村 福 也
     委  員  鶴 岡   潔     委  員  竹 内 美 穂

1 欠席委員
     委  員  舩 橋 繁 雄

1 出席事務局職員
     事務局主幹   藤 井 秀 樹    事 務 局   須 賀 康 行
                        議 事 調査
                        係   長

     事務局書記   岡 田 敦 子    事務局書記   大野木 亮 二

1 付議事件
   (1)平成29年度の行政視察に向けた協議について



                 午前10時03分  開 会



○委員長(石原義雄) ただいまから環境経済委員会を開きます。

  初めに、舩橋委員、所用のため欠席でございます。

  平成29年度の行政視察に向けた協議を行います。

  昨日までに栗原委員、それから政清会から別紙のとおり情報の提供がございました。この件につきまして、それぞれの委員の方から御説明願います。



◆栗原基起委員 私は九州のほう出させていただきました。まず、宮崎県日南市なのですけれども、商店街の再生事業ということでシャッター通り商店街があったというまちなのです。これ市長が4年間で外部のコンサルテング経験者等を2人雇用して、4年間で20店舗出そうという取り組みで、333人から選ばれた2人がこの事業に携わりまして、本当に3年で約15店舗ほどつくりまして再生したというような取り組みでございます。結構全国から視察も多く、ネットでも検索すると本当にいろんな人がこの取り組みをブログ等で上げていると。野田市もシャッター通り商店街、形は違うのですけれども、ひとつ見てみたいなというところで出させていただきました。

  そして、もう一つ、中津市の6次産業化の取り組みについてでございます。6次産業、野田市もこれから加工等、農産物に関して必要であるというところと、中津市の取り組み、NPO法人が燦燦市場というホームページ内で独自に大分県中津市6次産業ブランド認定になった商品を販売していると。今現在約483の商品で81店舗が出店しておりまして、本当に充実したホームページ、この辺もすごく参考になるのかなというところで、利便性を考えて九州の2つの市選ばせていただきました。

  以上でございます。



◆鶴岡潔委員 まず最初に、第2期八戸市中心市街地活性化基本計画、これは全国至るところでまちの中の空洞化というのが進んでおり、郊外に大型店が出ておりまして、むしろまた郊外の大型店同士がぶつかり合うという異常な事態の中で、中心市街地をどのように活性化させるかということで、八戸市では内閣府により認定を受けて今進めているそうなものですから、ちょっと行ってみたいなと。ただ、人口の規模的に大きいものですから、どうなのかなというふうな思いがしましたけれども、それで1点選びましたということです。

  次に、今度は食と農からのまちづくり、秋田県横手市です。今は、地産地消とか食についてこれからのTPPとか、いろんなものありますけれども、農家が元気にならなければ地域も元気にならないのかなと。農業と商業といろんなもの連携して、6次産業化とかという感じかなと思って、とりあえず食と農なので、一応これは横手市のほうを選びました。

  新発田市についてもそのような食の循環によるまちづくりということで、これからは食が大切な、安全安心がキーワードですから、その辺も考えてどのような取り組みしているのかということで新発田市を選んでみました。

  また、岩手県の北上市なのですけれども、今関東、この辺におきましても圏央道が2月26日に全線オープンということになっておりまして、そのつながりを見てみると、五霞インター、幸手インター、栄インター、その周りにはすごく工業の立地ができているのです。やはりこれからはそのような工業を中心に雇用が生まれて、その地域のそこに住む方がまたふえていくのかなということで、多分いろんな誘致に成功ということ書いてありましたので、それで北上市を選んでみました。

  広島県広島市です。スーパーに独自カード、要するに食品ロス対策、既に今ロスがどこのスーパーでも出ているのです、コンビニでも。この辺をどのように処理というか、やっていくのかなと。ちょっと離れていますけれども、選んでみました。

  以上です。



○委員長(石原義雄) ただいま栗原委員からは宮崎県日南市、大分県中津市、そして政清会のほうから非常に多く、5カ所ですか、広島県、新潟県、岩手県、秋田県、青森県、いろいろお話ございました。

  私のほうからも2カ所ほど挙げさせていただきました。1つは、愛知県大府市の健耕サポーター制度。なぜかといったら、今高齢化で農業者というか、非常に担い手が不足して大きな問題になっております。そういうことから、農業に興味がある方、いろいろ募集いたしまして、高齢化、後継者不足に悩む農家へ紹介して、無償で農作業のお手伝いをしていただくという制度でございます。これが1つ。

  それから、石川県小松市ですけれども、ここは環境王国こまつ推進本部というのを立ち上げがされておりまして、内容的には環境王国こまつを広く内外にPRしていくというようなことで、里山資源の活用の推進とか農業の振興、それから6次産業化の推進というようなことで、これは石川県小松市です。小松製作所のある市でございますけれども、その2点を一応提言をしたいと思います。

  今いろいろと皆様方から出していただきました。この件につきまして何か御意見ございますか。

  暫時休憩します。

                 午前10時11分  休 憩

                                         

                 午前10時18分  再 開



○委員長(石原義雄) 再開いたします。

  それでは、いろいろ皆様方から御意見出していただきまして、この中から大きく北と南に2通り分けて案をさらに練って、次回に2つの今度案を再度協議したいと思いますけれども、いかがですか。



◆竹内美穂委員 きょうせっかくこれだけのメニューがそろっているわけですから、ここでもう2通りパターンはつくれるのではないかと思いますので。



○委員長(石原義雄) そのとおりですね、これだけ出してもらったのですから。

  竹内委員のほうから今の提案ありました候補地の2通り、その件について協議したいと思います。

  では、皆様方から御意見お願いします。



◆栗原基起委員 ちょっと済みません。自分が出させていただいた九州のところなのですけれども、先ほどいろいろとお話しして、日南市はなしにして、大分県中津市を軸に考えていただければなというふうに思っておりまして、それでルート構築していただけると幸いでございます。



◆竹内美穂委員 それと、秋田県横手市、野田市これから発酵醸造文化ということで、いろんな市民の方からも野田市を発酵醸造の都市宣言ということをやったらどうかという声も今上がってきている、そういうときですから、横手市はまさにぴったりのところではないかと思いますので、これを中心に北のルートは決めていただきたいと思います。



○委員長(石原義雄) ほかにありませんか。(なし)



◎議会事務局議事調査係長(須賀康行) そうしましたら、今栗原委員と竹内委員のほうから話がありましたとおり、大分県中津市を中心と、あと横手市を中心ということで、もう一度うちのほうもきょう出していただいたところとその近辺で2つ案をつくらせていただいて、次回もう一回協議していただいて、場所と、あと日程と詰めていただくということでお願いします。



○委員長(石原義雄) それでは、そのようにしまして、大分県中津市を拠点とする案、そしてまた秋田県横手市を中心とする案、その2案を作成して次回に協議をしていきたいと、このように思います。それでよろしいですか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(石原義雄) それでは、そのようにしたいと思います。

  それでは、今度は視察項目、日程等ある程度次回は絞ってやりたいと思います。ついては、本委員会につきまして、次回の日程、2月にしたいと思いますけれども、一応案でございますが……暫時休憩します。

                 午前10時21分  休 憩

                                         

                 午前10時23分  再 開



○委員長(石原義雄) それでは、再開いたします。

  次の委員会の日程ですけれども、2月24日金曜日午後1時ということに決定したいと思いますけれども、いかがでしょうか。

               〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○委員長(石原義雄) 御異議なしと認め、そのように決定いたします。

  以上で本日予定されました協議事項は全て終了しました。

  この際、何か発言はありませんか。(なし)ないようですので、本日はこれにて散会いたします。

                 午前10時24分  散 会