議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 松戸市

平成14年  6月 定例会 P.269  07月11日−06号




平成14年  6月 定例会 − 07月11日−06号









平成14年  6月 定例会



           松戸市議会会議録  第1252号

1.日時    平成14年7月11日午前10時

1.場所    松戸市議会議場

1.出席議員  43名

       1番  向井俊子    26番  山口博行

       2番  中村多賀子   27番  工藤鈴子

       3番  高橋妙子    28番  二階堂 剛

       5番  吉野信次    29番  吉岡五郎

       6番  山沢 誠    30番  糠信作男

       7番  渡辺美喜子   31番  中川英孝

       8番  岩堀研嗣    32番  杉浦正八

       9番  箕輪信矢    33番  鈴木正夫

      10番  桜井秀三    34番  関川和則

      11番  田居照康    35番  渡辺 昇

      12番  渋谷和昭    37番  池田 清

      14番  草島 剛    38番  伊藤余一郎

      15番  淀 裕一    39番  谷口 薫

      16番  中田 京    40番  松井貞衞

      17番  長谷川 満   41番  松崎国忠

      18番  佐藤恵子    43番  岡田 脩

      19番  藤井弘之    44番  元橋スミ子

      20番  末松裕人    45番  小林健治

      21番  杉浦誠一    46番  石井 清

      22番  大川一利    47番  小沢暁民

      23番  岡本和久    48番  湯浅泰之助

      24番  富澤凡一

1.欠席議員   なし

1.出席説明員

       市長            川井敏久

       助役            宇田川 正

       収入役           弓木田俊紀

       水道事業管理者       鈴木克洋

       病院事業管理者       斉藤政大

       総務企画本部長       和田 務

       財務本部長         大熊 明

       市民環境本部長       中川英夫

       健康福祉本部長       小林捷明

       都市整備本部長       原島貞廣

       税務担当部長        中村 健

       市民担当部長        小笠原治生

       経済担当部長        市原 勝

       環境担当部長        湯浅武志

       社会福祉担当部長      坂巻忠男

       児童家庭担当部長      渡辺 忠

       都市緑花担当部長      大川邦和

       建設担当部長        及川 忠

       病院事業管理局長      竹之内 明

       消防局長          平舘征三

       教育長           齋藤 功

       生涯学習本部長       山口勝幸

       学校教育担当部長      山内幸治

       代表監査委員        中西 務

       監査委員事務局長      小林健二

1.出席事務局職員

       事務局長          太田典義

       事務局次長         倉持有孝

       議事課長          神野文彦

       調査課長          高橋邦雄

       議事課長補佐        小倉 智

       議事課主幹         岩崎 進

          平成14年松戸市議会6月定例会

                       議事日程第6号

                      平成14年7月11日午前10時開議

+−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

|日程|             事件名             | 備考 |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

|  |議案第2号|松戸市立学校及び松戸市立幼稚園の学校医、学校歯|一括上程|

|  |     |科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の|    |

|  |     |一部を改正する条例の制定について       |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議案第3号|松戸市都市公園条例の一部を改正する条例の制定に|    |

|  |     |ついて                    |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議案第4号|松戸市消防本部及び消防署の設置に関する条例の一|    |

|  |     |部を改正する条例の制定について        |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

| 1|議案第5号|松戸市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正す|    |

|  |     |る条例の制定について             |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議案第6号|松戸市消防団員退職報償金支給条例の一部を改正す|    |

|  |     |る条例の制定について             |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議案第7号|動産の購入について              |    |

|  |     |(市立小中学校児童生徒用机・椅子)      |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議案第8号|訴えの提起について              |    |

|  |     |(幸田第二市営住宅)             |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

| 2|平成14年度|樹林地の保全に関する意見書の提出を求める陳情 |    |

|  |陳情第1号|                       |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

| 3|松戸市農業委員会委員の推薦について            |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

|  |議員提出 |松戸市議会会議規則の一部を改正する規則の制定に|一括議題|

|  |議案第1号|ついて                    |    |

| 4+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議員提出 |松戸市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を|    |

|  |議案第2号|改正する条例の制定について          |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

| 5|議員提出 |「個人情報保護法案」の撤回と再提出を求める意見|    |

|  |議案第3号|書の提出について               |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

|  |議員提出 |「有事関連3法案」について慎重審議を求める意見|一括議題|

|  |議案第4号|書の提出について               |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

| 6|議員提出 |国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求|    |

|  |議案第5号|める意見書の提出について           |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議員提出 |NPO優遇税制の拡充を求める意見書の提出につい|    |

|  |議案第6号|て                      |    |

|  +−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+    |

|  |議員提出 |オウム真理教(現アレフ)の抜本的対策及び観察処|    |

|  |議案第7号|分の延長を求める意見書の提出について     |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

| 7|所管事務の継続調査の許可について             |    |

+−−+−−−−−+−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−+−−−−+

1.会議に付した事件

 議案第2号 松戸市立学校及び松戸市立幼稚園の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第3号 松戸市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第4号 松戸市消防本部及び消防署の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第5号 松戸市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第6号 松戸市消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第7号 動産の購入について

       (市立小中学校児童生徒用机・椅子)

 議案第8号 訴えの提起について

       (幸田第二市営住宅)

 平成14年度陳情第1号 樹林地の保全に関する意見書の提出を求める陳情

 松戸市農業委員会委員の推薦について

 議員提出議案第1号 松戸市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について

 議員提出議案第2号 松戸市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議員提出議案第3号 「個人情報保護法案」の撤回と再提出を求める意見書の提出について

 議員提出議案第4号 「有事関連3法案」について慎重審議を求める意見書の提出について

 議員提出議案第5号 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める意見書の提出について

 議員提出議案第6号 NPO優遇税制の拡充を求める意見書の提出について

 議員提出議案第7号 オウム真理教(現アレフ)の抜本的対策及び観察処分の延長を求める意見書の提出について

 議員提出議案第8号 樹林地の保全に関する意見書の提出について

 所管事務の継続調査の許可について



△開議

          午前10時13分開議



○池田清議長 ただいまから平成14年松戸市議会6月定例会6日目の会議を開きます。

 本日の議事については、お手元に配付の日程表のとおり進めたいと思いますので、御了承願います。



△議案の上程



○池田清議長 日程第1、議案第2号から第8号までの7件を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議案第2号 松戸市立学校及び松戸市立幼稚園の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第3号 松戸市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第4号 松戸市消防本部及び消防署の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第5号 松戸市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第6号 松戸市消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する条例の制定について

 議案第7号 動産の購入について

       (市立小中学校児童生徒用机・椅子)

 議案第8号 訴えの提起について

       (幸田第二市営住宅)

                               (委員長報告)



○池田清議長 本件について、所管の各委員長の報告を求めます。



△総務財務常任委員長報告



○池田清議長 まず、総務財務常任委員長の報告を求めます。

          〔長谷川満議員登壇〕



◆17番(長谷川満議員) おはようございます。台風一過、松戸市には被害がなく、職員の皆さんも徹夜で配備に当たられていたということで、職員の皆さん、本当に御苦労さまでございました。

 それでは、総務財務常任委員会に付託を受けました議案3件に対する審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 本常任委員会は、7月8日、第1委員会室において委員全員出席のもとに開催し、関係理事者の出席を求め、慎重なる審査を遂げた結果、それぞれ次のとおり決定いたしました。

 まず、議案第4号、松戸市消防本部及び消防署の設置に関する条例の一部を改正する条例の制定については、五香消防署の移転新築に伴い、同消防署の所在地を変更するためのものであり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第5号、松戸市消防団員等公務災害補償条例の一部を改正する条例の制定については、厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済制度との統合を目的とする法律の施行に伴い、年金給付と損害補償との調整に関する規定に引用されている法律名称を変更するためのものであり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第6号、松戸市消防団員退職報償金支給条例の一部を改正する条例の制定については、消防団員退職報償金支給責任共済契約に基づく退職報償金に関する市町村に対する支払額の改定に伴い、当該改定額相当額の退職報償金の引き上げを図るためのものであり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 以上、本常任委員会に付託を受けました議案3件に対する審査の経過並びに結果についての御報告といたします。



△教育経済常任委員長報告



○池田清議長 次に、教育経済常任委員長の報告を求めます。

          〔小沢暁民議員登壇〕



◆47番(小沢暁民議員) 教育経済常任委員会に付託を受けました議案3件に対する審査の経過並びに結果について御報告申し上げます。

 本常任委員会は、7月9日、第1委員会室において委員全員出席のもとに開催し、関係理事者の出席を求め、詳細にわたる説明を徴しつつ、慎重なる審査を遂げた結果、それぞれ次のとおり決定いたしました。

 まず、議案第2号、松戸市立学校及び松戸市立幼稚園の学校医、学校歯科医及び学校薬剤師の公務災害補償に関する条例の一部を改正する条例の制定については、厚生年金保険制度と農林漁業団体職員共済制度との統合を目的とする法律の施行に伴い、年金給付と公務災害補償との調整に関する規定に引用されている法律名称を変更するためのものであり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第3号、松戸市都市公園条例の一部を改正する条例の制定については、栗ケ沢公園庭球場の改修と併せ、管理棟に有料施設等を設置するためのものであり、審査の過程において、シャワー施設は身体障害者も利用可能か等の質疑があり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。

 次に、議案第7号、動産の購入について(市立小中学校児童生徒用机・椅子)は、新しい日本工業規格に適合した児童生徒用机・椅子を購入し、学習形態の多様化に対応するためのものであり、審査の過程において、児童生徒とも同規格の机・椅子だが、身長差等による使用上の問題はないか等の質疑があり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、同意すべきものと決定いたしました。

 以上、本常任委員会に付託を受けました議案3件に対する審査の経過並びに結果についての御報告といたします。



△都市整備常任委員長報告



○池田清議長 次に、都市整備常任委員長の報告を求めます。

          〔鈴木正夫議員登壇〕



◆33番(鈴木正夫議員) 都市整備常任委員会に付託を受けました議案に対する審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 本常任委員会は、7月9日、第2委員会室において委員全員出席のもとに開催し、関係理事者の出席を求め、慎重なる審査を遂げた結果、次のとおり決定いたしました。

 議案第8号、訴えの提起については、滞納家賃等の支払いに応じない市営住宅の入居者に対し、法的措置を講ずるためのものであり、採決の結果、妥当なるものと認め、全会一致、同意すべきものと決定いたしました。

 以上、本常任委員会に付託を受けました議案に対する審査の経過並びに結果についての御報告といたします。



△質疑応答



○池田清議長 ただいまの各委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 質疑なしと認めます。



△討論



○池田清議長 これより討論に入ります。

 中田京議員から通告がありますので、発言を許します。

 中田京議員。

          〔中田京議員登壇〕



◆16番(中田京議員) 通告してございますので討論をやらせていただきます。議案第3号、松戸市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について、賛成討論いたします。

 栗ケ沢庭球場の改修工事に関しましては、3月議会で大変議論になりました。多額の借金をしてまで計画にない工事をする必要がないという反対意見も理があるとは思いましたし、地方財政を語る際に、悪名高い地総債を松戸が借りられることになったのに驚きながらも、私は賛成いたしました。市民のロビイングに感心したのがその理由です。高齢者あるいは障害のある方たちがテニスを楽しめるように活動しておられる市民を、それはそれはよく市役所のあちこちでお見かけしておりました。

 教育委員会で、しあわせ課あるいは障害福祉課で、記者クラブで、そしてこの議場の傍聴席にしょっちゅうその姿を拝見しておりました。新聞にも各紙にその活動が何年にもわたって紹介されております。あれだけ熱心に自分たちの活動を行政や大勢の市民に理解してもらおうとしておられた方たちを認めないわけにはいかないと思い、賛成をいたしました。

 で、賛成した以上は、いい工事してもらわないとって思いました。担当課にお願いして図面を見せていただき、どのようなコンセプトでどの程度改修をするのか、説明してもらいました。正直に申し上げて、既存の施設のバリアフリー化はかなり厳しいものでした。車いすのテニスプレーヤーがコートに入るのに、そうではない人たちとは違う出入口を使わざるを得ませんし、今回議案にかかっている温水シャワーも、健常な方向けと車いすの方に対応するものはフロアーが違います。とてもユニバーサルデザインは実現しませんでした。

 しかし、限られた条件の中でかなり努力して図面を検討してくださったことも確かです。もう地総債もなくなりましたから、このような改修工事は余りないかもしれませんが、今後も一律に障害者対応というようなことではなく、利用する人たちの状態をよく考えた設計を心がけてくださるようお願いしておきます。

 では、改修工事が済んだ施設をどのようなコンセプトで市民に提供するのか、そういう視点でこの議案を見せていただきました。地下にある車いすの方が利用できるシャワーはどう使ってもらえるのか。障害のある人には無料です。それは結構でしょう。それなら地下のシャワーを健常者が使いたい場合はどうするのか。健常者には使わせないというのでは、障害のある人とそうではない人を区別することになるので変です。てすりがついているんですから、支えるものがある方がいいような状態の方には特にお使いいただきたい。ただし、有料ですよ。そのような考え方で利用していただくというのでオーケー。賛成いたします。

 でも、一言苦言を呈しておきます。別表第3の改正で、ミーティングルームとする金額へのただし書きに、アマチュアスポーツ以外の催物に関する場合100%増とあります。せっかく車いすのまま入っていける部屋ができたのですから、テニスをしなくても地域の方には大いに利用していただかなければなりません。この表現は、プロスポーツに対して使用料を倍いただきますという意味で書かれていると解釈しておられますが、自然に読めば、地域の方たちの集まりで利用される場合も100%増になってしまいます。次の条例改正の機会には、素直に読める表現に改めてなくてはとあえて申し上げておきます。



○池田清議長 以上で討論を終わります。



△採決



○池田清議長 これより議案第2号から第8号までの7件を採決いたします。

 議題のうち、まず議案第2号、第3号、第4号、第5号及び第6号の5件を一括して採決いたします。

 本件に対する委員長報告は、原案のとおり可決すべきとのことであります。本件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議案第2号から第6号までの5件は、原案のとおり可決されました。

 次に、議案7号及び第8号の2件を一括して採決いたします。

 本件に対する委員長報告は、同意すべきとのことであります。本件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議案第7号及び第8号の2件は、同意されました。



△陳情の上程



○池田清議長 次に、日程第2、平成14年度陳情第1号を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 平成14年度陳情第1号 樹林地の保全に関する意見書の提出を求める陳情

                               (委員長報告)



○池田清議長 本件について、都市整備常任委員長の報告を求めます。



△都市整備常任委員長報告

          〔鈴木正夫議員登壇〕



◆33番(鈴木正夫議員) 都市整備常任委員会に付託を受けました陳情に対する審査の経過並びに結果について御報告いたします。

 平成14年度陳情第1号、樹林地の保全に関する意見書の提出を求める陳情については、審査の過程において、まず、本市樹林地の推移などの説明がなされ、その後、松戸市の具体的な緑の保全策は。都市緑地保全法が改正されたことにより、本市の緑の条例等の施策に何か変更はあったか等の質疑があり、採決の結果、願意妥当と認め、全会一致、採択すべきものと決定いたしました。

 以上、本常任委員会に付託を受けました陳情に対する審査の経過並びに結果についての御報告といたします。



△質疑応答



○池田清議長 ただいまの委員長報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 質疑なしと認めます。



△討論



○池田清議長 これより討論に入りますが、通告はありません。

 したがって、討論なしと認めます。



△採決



○池田清議長 これより平成14年度陳情第1号を採決いたします。

 本件に対する委員長報告は、採択すべきとのことであります。本件は、委員長報告のとおり決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、平成14年度陳情第1号は、採択されました。



△農業委員会委員の推薦



○池田清議長 次に、日程第3、松戸市農業委員会委員の推薦についてを議題といたします。

 本件は、農業委員会等に関する法律第12条第1項第2号の規定により、農業委員会委員を市長に対し推薦するものであります。

 お諮りいたします。本件については、推薦すべき方を議長において指名することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議長において指名することに決定いたしました。

 松戸市稔台60番地、小林健治君、松戸市五香二丁目27番地の8、伊藤余一郎君、松戸市小金40番地、杉浦正八君、松戸市五香南二丁目11番地の5、吉岡五郎君。

 お諮りいたします。ただいま指名いたしました4人を松戸市農業委員会委員に推薦することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、ただいま指名いたしました4人を松戸市農業委員会委員に推薦することに決定いたしました。



△議案の上程



○池田清議長 次に、日程第4、議員提出議案第1号及び第2号の2件を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議員提出議案第1号 松戸市議会会議規則の一部を改正する規則の制定について

 議員提出議案第2号 松戸市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定について



△提案理由の説明



○池田清議長 議員提出議案第1号及び第2号について提案理由の説明を求めます。

          〔中川英孝議員登壇〕



◆31番(中川英孝議員) 議員提出議案第1号及び第2号の2件につきましては、いずれも各会派の幹事長名による提案であります。私から代表して提案理由の説明を申し上げます。

 議員提出議案第1号、松戸市議会会議規則の一部を改正する規則の制定及び第2号、松戸市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例の制定の2件につきましては、いずれも地方自治法が改正され、議員派遣が新たに規定されたことに伴い、所要の改正を行うものであります。

 まず、会議規則の改正につきましては、法の改正に基づき、議員派遣の規定を加えるものであり、また、政務調査費の交付に関する条例につきましては、法に議員派遣の規定が加えられたことにより、引用規定の整理を行うものであります。

 皆様方の御賛同をお願い申し上げ、提案理由の説明とさせていただきます。



△即決



○池田清議長 ただいま議題となっております議員提出議案第1号及び第2号の2件については、質疑、委員会の付託並びに討論を省略して、直ちに採決したいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第1号及び第2号については、質疑、委員会の付託並びに討論を省略することに決定いたしました。



△採決



○池田清議長 これより議員提出議案第1号及び第2号の2件を一括して採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第1号及び第2号の2件は、原案のとおり可決されました。



△議案の上程



○池田清議長 次に、日程第5、議員提出議案第3号を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議員提出議案第3号 「個人情報保護法案」の撤回と再提出を求める意見書の提出について



△提案理由の説明



○池田清議長 議員提出議案第3号について提案理由の説明を求めます。

          〔二階堂剛議員登壇〕



◆28番(二階堂剛議員) 革新クラブの二階堂剛です。議員提出議案第3号、「個人情報保護法案」の撤回と再提出を求める意見書の提出についてであります。この議案は日本共産党、革新クラブの共同提案であります。ちょっと長いんですけども、案文を朗読して提案理由の説明とさせていただきます。

 「個人情報保護法案」の撤回と再提出を求める意見書

 1999年の住民基本台帳法改正当時、個人情報保護の観点から住民基本台帳ネットワークシステムの実施に懸念が示されたことから、「個人情報保護のあり方について総合的に検討した上で、法整備を含めたシステムを速やかに整えていきたいと考えている。」という小渕首相答弁を直接のきっかけとして今回の個人情報保護法の法制化作業が開始された。もちろん高度情報社会の進展、住民基本台帳法の改正、警察をはじめ各種機関からの情報流出・漏洩事件等、個人情報の保護の必要性が高まっており、包括的個人情報保護法を早く制定すべきことは論を待たない。

 ところが、昨年の通常国会に提案され、今国会で実質審議に入った「個人情報の保護に関する法律案」は、個人情報の保護を求める国民の期待を逆手にとり、基本法制と民間規制を複合するという複雑な法体系にした上で、本当に必要な分野には規制が甘く、私的自治に委ねるべき分野に一律の規制が投網のようにかかるものとなっている。特に、大きな問題点としては、自己情報コントロール権が保障されていない「基本原則」の適用によって、表現の自由や言論の自由に対する公権力の介入につながることが懸念されることや、大臣、官僚の裁量が多い主務大臣制をとっているなどの点が指摘されている。

 政府案に対しては、日本弁護士連合会が反対の意見書を提出し、日本新聞協会、新聞各社、放送関係者などメディア側からも、報道や文学など表現活動の萎縮につながりかねない「知る権利」を損なうことになるなどとして、「基本原則」も含めた同法案の全面的な適用除外が強く求められている。また、消費者団体だけでなく政府が設置した検討部会の委員からも修正意見が出されている。出版・雑誌関係者やフリージャーナリスト、作家らによる「共同アピールの会」も政府案の廃案を要求するとともに、独自の対案作りを行っている。

 首相や政府・与党首脳からも、修正に柔軟に応じる姿勢が示されて、政府・与党としても自ら法案の根幹部分に問題があることが認められている。

 したがって、政府は直ちに法案を撤回し、根本的に内容を見直した上で、国民の不安や期待に応える本来の個人情報保護法案として再提出すべきである。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 どうか満堂の皆さんの賛同をよろしくお願いいたします。



△質疑応答



○池田清議長 これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 質疑なしと認めます。



△委員会付託省略



○池田清議長 ただいま議題となっております議員提出議案第3号については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第3号については、委員会の付託を省略することに決定いたしました。



△討論



○池田清議長 これより討論に入りますが、通告はありません。

 したがって、討論なしと認めます。



△採決



○池田清議長 これより議員提出議案第3号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに賛成の方の起立を求めます。

          〔賛成者起立〕



○池田清議長 起立少数であります。したがって、議員提出議案第3号は、否決されました。



△議案の上程



○池田清議長 次に、日程第6、議員提出議案第4号から第7号までの4件を一括して議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議員提出議案第4号 「有事関連3法案」について慎重審議を求める意見書の提出について

 議員提出議案第5号 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める意見書の提出について

 議員提出議案第6号 NPO優遇税制の拡充を求める意見書の提出について

 議員提出議案第7号 オウム真理教(現アレフ)の抜本的対策及び観察処分の延長を求める意見書の提出について



△提案理由の説明



○池田清議長 まず、議員提出議案第4号について提案理由の説明を求めます。

          〔二階堂剛議員登壇〕



◆28番(二階堂剛議員) 革新クラブの二階堂剛です。議員提出議案第4号、「有事関連3法案」について慎重審議を求める意見書の提出についてです。この議案は、各会派の幹事長さんの共同提案であります。案文を朗読して、提案理由の説明といたします。

 「有事関連3法案」について慎重審議を求める意見書

 政府提案の武力攻撃事態対処法案、自衛隊法改正案及び安全保障会議設置法改正案の有事関連3法案が国会で審議されている。これらの法律案は、日本に対する武力攻撃が発生したり、武力攻撃のおそれや予測される事態への対処を定めたものであり、これらの場合におけるその対処について、地方自治体や指定公共機関に対し国への協力が義務づけられる。しかしながら、これら地方自治体への義務づけ及び首相の指示が実施されない場合の首相の代執行の具体的な内容並びに今後整備が予定されている国民保護法制の概要が示されていないため、地方自治体及び市民生活に与える影響が予測し得ない状況にある。

 わたしたちは、自治体として、住民の生命、身体、財産を守る責任を有する観点から、地方自治体や住民の理解が不十分なまま、法案の成立があってはならないと考える。

 よって、有事関連3法案について地方自治体に対し十分な説明を行うとともに慎重かつ十分な審議がなされるよう強く要望する。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 どうか満堂の皆さんの御賛同をよろしくお願いいたします。



○池田清議長 次に、議員提出議案第5号について提案理由の説明を求めます。

          〔松崎国忠議員登壇〕



◆41番(松崎国忠議員) 議員提出議案第5号、すなわち、国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める意見書の提出についてでありますが、全会派の幹事長名による提案でございます。代表いたしまして、私から趣旨説明をさせていただきます。

 国際刑事裁判所(ICC)設立条約の早期批准を求める意見書

 戦争犯罪、大量虐殺(ジェノサイド)及び人道に対する罪などを犯した個人を裁く常設の国際刑事裁判所(The International Criminal Court)が本年7月1日にオランダのハーグに設置された。

 ICC設置の国際法史上の重要な意義は、これまでの国際司法裁判所(ICJ)が領土問題などの国家間の紛争を裁く裁判所であるのに対し、ICCは個人の戦争犯罪等を問う初めての権威をもった国際法廷である。

 いまだに国家間の戦争や紛争、そして民族・人種・宗教等を理由とした紛争が絶えない中で、戦争犯罪や大量虐殺そして人道に反する犯罪と称されるものがいくつか指摘されている。そうした犯罪行為の中心となった者を裁く国際刑事法廷の存在は、多大な犠牲を伴う戦争や武力行使等への抑止力となるとともに、取り返しのつかない戦争犯罪等への抑止力としても機能することが期待され、何よりも武力による支配から法による支配へと、世界を大きく前進させることが期待されている。

 わが国は、この条約に関して捕虜や戦争犯罪人等の取り扱いについての国内法が整備されていないという理由で批准をしていないが、早急に必要な国内法を整備すべきであり、その上に立って、この条約を早期に批准し、戦争抑止と国際平和への貢献を適切に果たせるようにすべきである。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 満堂の皆様の御賛同をよろしくお願いいたします。



○池田清議長 次に、議員提出議案第6号について提案理由の説明を求めます。

          〔伊藤余一郎議員登壇〕



◆38番(伊藤余一郎議員) 伊藤余一郎でございます。議員提出議案第6号については、各会派の幹事長による共同提案でございます。私の方から、案文の朗読をもって、提案理由とさせていただきます。

 NPO優遇税制の拡充を求める意見書

 国民の価値観が多様化する中で、住民のニーズも多様化し、かつ増大しつつあり、こうしたニーズの増大と多様化に対しては、行政のみでは対応することが極めて困難な状況にある。こうした中で、平成10年に特定非営利活動促進法(NPO法)が施行され、本年4月19日現在で6,000団体を超えるNPO法人が誕生し、また平成13年10月より待望のNPO優遇税制が開始されたところである。

 しかし、NPO法人に個人や企業が寄付を行う場合、その一定額を所得控除や損金算入の対象とすることや、寄付金控除制度を利用することができる「認定NPO法人」となるための認定要件が厳しく、これまで認定されたのは、わずか5法人にすぎない。今後、より一層NPOを育成・支援し、活動しやすい環境を整備するために、以下の事項の実現を強く求めるものである。

               記

1 優遇税制認定要件の緩和

 「総収入に占める受け入れ寄付金総額が3分の1以上」という現行の認定要件について、最初の認定に当たっては「5分の1」とする優遇措置を設けること。なお、2回目以降は現行のとおり「3分の1」以上とすること。

2 寄付金に関する単年度主義の改善

 寄付金に関しては、2事業年度を通じて会計処理ができることとし、各年度に平均額の寄付があったものとして計上してよいこととすること。

3 みなし寄付金制度の実現

 認定NPO法人がその収益事業に属する資産のうちから、その収入事業以外のために支出した金額は、公益法人等と同等にその収益事業にかかる寄付金の額とみなす(損金算入限度額は、原則として公益法人等と同等の所得の金額の20%とし、一定額以下のものについては、社会福祉法人と同等の50%とする。)制度を導入すること。

4 活動地域の緩和

 優遇税制の認定要件の一つとしての複数の市区町村での活動という要件を緩和して、政令市、中核市、近年合併されてできた市及び一定以上の面積の町村については、一つの市区町村の活動範囲でよいとする例外規定を設けること。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 皆さんの御賛同をお願いするものであります。



○池田清議長 次に、議員提出議案第7号について提案理由の説明を求めます。

          〔鈴木正夫議員登壇〕



◆33番(鈴木正夫議員) 議員提出議案第7号、オウム真理教(現アレフ)の抜本的対策及び観察処分の延長を求める意見書の提出については、各会派幹事長さんの共同による提案でございます。案文の朗読をもって、提案理由の説明とさせていただきます。

 オウム真理教(現アレフ)の抜本的対策及び観察処分の延長を求める意見書

 平成7年に地下鉄サリン事件等の凶悪事件を起こしたオウム真理教(現アレフ)は、無差別大量殺人行為を行った団体の規制に関する法律(団体規制法)により公安調査庁の観察処分に付されている。

 しかし、オウム真理教(現アレフ)は全国各地で活動を活発化しており、これに対し関係自治体では対抗手段を講じているが、現法規の中では市民の不安を抜本的に解消することは困難な状況である。

 よって、観察処分の期限が迫ってきた今日、改めて地域社会の安全・安心と市民の平穏な暮らしを守るため、政府において抜本的対策を講じられるとともに、団体規制法に基づく観察処分の延長を求める。

 以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

 満堂の皆さん方の御賛同をよろしくお願いいたします。



△質疑応答



○池田清議長 これより質疑に入ります。



△即決の動議



◆45番(小林健治議員) 議長。



○池田清議長 小林健治議員。



◆45番(小林健治議員) 動議を提出いたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第4号から第7号までの4件については、会議規則第37条第2項並びに第60条第3項の規定により、質疑を打ち切り、委員会付託並びに討論を省略し、直ちに採決されんことを望みます。

 皆様の御賛同をお願いいたします。

          〔「賛成」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 ただいま小林健治議員から、議員提出議案第4号から第7号までの4件については、質疑を打ち切り、委員会付託並びに討論を省略して直ちに採決されたいとの動議が提出され、所定の賛成者がありますので動議は成立いたしました。したがって、本動議を直ちに議題とし、採決いたします。

 お諮りいたします。本動議のとおり決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第4号から第7号までの4件については、質疑を打ち切り、委員会付託並びに討論を省略して直ちに採決されたいとの動議は可決されました。



△採決



○池田清議長 これより議員提出議案第4号、第5号、第6号及び第7号の4件を一括して採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第4号から第7号までの4件は、原案のとおり可決されました。



△日程の追加



○池田清議長 ただいま鈴木正夫議員外4人から、お手元に配付のとおり、議員提出議案第8号が提出されましたので、これを日程に追加変更の上、直ちに議題にしたいと思います。これに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第8号を日程に追加変更の上、直ちに議題とすることに決定いたしました。



△議案の上程



○池田清議長 議員提出議案第8号を議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 議員提出議案第8号 樹林地の保全に関する意見書の提出について



△提案理由の説明



○池田清議長 提案理由の説明を求めます。

          〔鈴木正夫議員登壇〕



◆33番(鈴木正夫議員) 議員提出議案第8号、樹林地の保全に関する意見書の提出については、各会派の幹事長さん方の共同の提案でございます。提案理由の説明をさせていただきます。

 市内に点在する緑地は、市民生活にとって憩いの場の提供など、なくてはならないものであり、さらに大気の浄化や自然環境の保全に大変重要な役割を果たしております。

 しかしながら、樹林地の多くは、相続の発生等により処分され、宅地に供されるなど、年々減少しつつあり、これら樹林地の保全は、本市のみならず各自治体の重要な課題となっております。

 本市においても緑地の保全を図るため、さまざまな手立てを講じておりますが、抜本的な対策には至っていないのが現状です。

 そこで、保全緑地として協力する樹林地に対し、現行の相続税の軽減措置を図るなどの抜本的な対策を講じるよう意見書を提出するものでございます。

 どうか満堂の皆様方の御賛同をよろしくお願いいたします。



△質疑応答



○池田清議長 これより質疑に入ります。



△即決の動議



◆2番(中村多賀子議員) 議長。



○池田清議長 中村多賀子議員。



◆2番(中村多賀子議員) 動議を提出いたします。

 ただいま議題となっております議員提出議案第8号については、会議規則第37条第2項並びに第60条第3項の規定により、質疑を打ち切り、委員会付託並びに討論を省略し、直ちに採決されんことを望みます。

 皆様の御賛同をお願いいたします。

          〔「賛成」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 ただいま中村多賀子議員から、議員提出議案第8号については、質疑を打ち切り、委員会付託並びに討論を省略して直ちに採決されたいとの動議が提出され、所定の賛成者がありますので動議は成立いたしました。したがって、本動議を直ちに議題とし、採決いたします。

 お諮りいたします。本動議のとおり決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第8号については、質疑を打ち切り、委員会付託並びに討論を省略して直ちに採決されたいとの動議は可決されました。



△採決



○池田清議長 これより議員提出議案第8号を採決いたします。

 本件は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、議員提出議案第8号は、原案のとおり可決されました。

 ただいま意見書5件が可決されましたが、字句その他整理を要するものについては、その整理を議長に委任することに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、字句その他の整理は議長に委任することに決定いたしました。



△継続調査の許可



○池田清議長 次に、日程第7、所管事務の継続調査の許可についてを議題といたします。

 お諮りいたします。各委員長から委員会の調査事件については、会議規則第100条の規定により、閉会中の継続調査の申し出がありました。本件は、お手元に配付の申出書のとおり閉会中の継続調査とすることに御異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○池田清議長 御異議なしと認めます。したがって、各委員会の調査事件については、申出書のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

 以上で、今期定例会に付議された事件は議了いたしました。



△閉会のあいさつ

          〔川井敏久市長登壇〕



◎市長 平成14年松戸市議会6月定例会の閉会にあたりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 去る6月28日に開会されましたこのたびの定例会におきまして、議員各位には、本会議並びに各委員会を通じて御審議いただきました結果、御提案申し上げました数々の重要な案件につきまして御協賛を賜り、心からお礼申し上げる次第でございます。

 さて、本会議冒頭で表彰状の伝達が行われたところでございますが、千葉県、関東及び全国市議会議長会より、長年の議会活動における功績顕著なるをもって表彰の栄誉に浴されました山口博行議員、二階堂剛議員、吉岡五郎副議長、関川和則議員、伊藤余一郎議員に対しまして、衷心よりお喜びを申し上げる次第でございます。まことにおめでとうございます。

 各位におかれましては、このたびの御慶事を機会に、今後ますます市政発展のため御活躍されますようお祈り申し上げますとともに、御期待を申し上げる次第でございます。

 さて、議員各位より本会議あるいは委員会の審議におきまして御指摘、御指導をいただきました点につきましては、十分留意いたしますとともに、本議会冒頭に申し上げましたとおり、市長として3期目に当たりますこの4年間におきましては、「市民と行政が共に考え、共に汗を流す」新しい時代のパートナーシップによるまちづくりを推進してまいる所存でございますので、変わらぬ御支援、御協力をお願い申し上げる次第でございます。

 向暑のみぎり、議員各位におかれましては、健康に十分御留意いただきますようお願い申し上げまして、閉会のごあいさつといたします。

 ありがとうございました。



△閉会



○池田清議長 以上をもちまして、平成14年松戸市議会6月定例会を閉会いたします。

          午前10時58分閉会

 この会議録の記載が真正であることを認め署名する。

      松戸市議会議長   池田 清

           議員   鈴木正夫

           議員   関川和則