議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 館山市

平成14年  9月 定例会(第3回) 09月05日−01号




平成14年  9月 定例会(第3回) − 09月05日−01号









平成14年  9月 定例会(第3回)





1 平成14年9月5日(木曜日)午前10時
1 館山市役所議場
1 出席議員 24名
       1番  鈴 木 忠 夫          2番  福 岡 信 治
       3番  金 丸 謙 一          4番  松 坂 一 男
       5番  関   和 彦          6番  丸 山 定 夫
       7番  吉 田 惠 年          8番  小 沼   晃
       9番  青 木 芳 政         10番  本 橋 亮 一
      11番  三 上 英 男         12番  小 幡 一 宏
      13番  忍 足 利 彦         14番  鈴 木 順 子
      15番  宮 沢 治 海         17番  増 田 基 彦
      18番  島 田   保         19番  斉 藤   実
      20番  植 木   馨         21番  脇 田 安 保
      22番  永 井 龍 平         23番  川 名 正 二
      24番  山 中 金治郎         25番  神 田 守 隆
1 欠席議員  1名
      16番  秋 山 光 章


1 出席説明員
  市     長  辻 田   実     助     役  勝 海   務
  収  入  役  安 田 高 靱     企 画 部 長  青 木 洋 夫
  企 画 部 参 事  山 本   章     企 画 部 参 事  遠 藤 昭 男
  総 務 部 長  高 橋 功 一     市民福祉 部 長  大 山 了 一
  経済環境 部 長  平 嶋 倫 治     建 設 部 長  小 滝 秀 策
  港湾観光 部 長  福 田 英 雄     教 育 委 員 会  水 島 陽 子
                       委  員  長
  教 育 委 員 会  三 平   勉     選挙管理委員会  金 子 光 男
  教  育  長              委  員  長
  選挙管理委員会  田 辺 利 夫     監 査 委 員  宮 崎 健 一
  事務局書 記 長
  監査事務 局 長  伊 藤 一 雄     農業委員会会長  黒 川 市之助
  農 業 委 員 会  小 倉 利 武
  事 務 局 長


1 出席事務局職員
  事 務 局 長  高 木 和 夫     事務局長 補 佐  小 柴 正 典
  書     記  加 藤 浩 一     書     記  四ノ宮   朗
  書     記  鈴 木 達 也     書     記  小 高 恒 夫


1 議事日程(第1号)
 平成14年9月5日午前10時開議
 日程第1 会議録署名議員の指名                           
 日程第2 会期の決定                                
 日程第3 会議日程の決定                              
 日程第4 議案第45号 館山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認について 
      議案第46号 館山市議会議員及び館山市長の選挙における選挙運動の公費負担に
             関する条例の一部を改正する条例の制定について        
      議案第47号 館山市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について    
      議案第48号 館山市市税条例の一部を改正する条例の制定について      
      議案第49号 館山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について 
      議案第50号 館山市心身障害者ホームヘルプサービス事業に関する条例の一部を
             改正する条例の制定について                 
      議案第51号 館山市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定について  
      議案第52号 平成14年度館山市公設地方卸売市場事業特別会計予算     
      議案第53号 平成14年度館山市一般会計補正予算(第3号)        
      議案第54号 平成14年度館山市介護保険特別会計補正予算(第1号)    
      認定第 1号 平成13年度館山市一般会計歳入歳出決算の認定について    
      認定第 2号 平成13年度館山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定につ
             いて                            
      認定第 3号 平成13年度館山市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第 4号 平成13年度館山市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第 5号 平成13年度館山市学童災害共済事業特別会計歳入歳出決算の認定
             について                          
      認定第 6号 平成13年度館山市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
             て                             












△開会午前10時01分



○議長(鈴木忠夫) 本日の出席議員数24名、これより平成14年第3回市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。





△議長の報告



○議長(鈴木忠夫) 本定例会議案審議のため、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求に対し、お手元に配付の出席報告がありました。

 次に、市長から地方自治法第180条の規定による専決処分の報告、監査委員から平成14年5月乃至7月実施の例月出納検査の結果が報告されております。それぞれお手元に配付の印刷書により御了承願います。





△議案の配付



○議長(鈴木忠夫) ただいま市長から議案並びに説明書の送付がありました。

 議案並びに説明書を配付いたします。

 配付漏れありませんか。  配付漏れなしと認めます。

 本日の議事は、お手元に配付の日程表により行います。





△会議録署名議員の指名



○議長(鈴木忠夫) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 5番関 和彦議員、21番脇田安保議員、以上両名を指名いたします。





△会期の決定



○議長(鈴木忠夫) 日程第2、会期の決定を行います。

 本定例会の会期について、議会運営委員会の意見は本日から9月27日までの23日間ということであります。会期を23日間と定めますことに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木忠夫) 御異議なしと認めます。よって、会期は23日間と決定いたしました。





△会議日程の決定



○議長(鈴木忠夫) 日程第3、会議日程の決定を行います。

 お諮りいたします。お手元に配付の会議日程表は、議会運営委員会の意見により作成いたしました。本定例会をこの会議日程表により運びますとともに、議事の都合等によりまして、その都度これを改めることにし、大体このようにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木忠夫) 御異議なしと認めます。よって、会議日程は決定いたしました。





△議案の上程



○議長(鈴木忠夫) 日程第4、議案第45号乃至議案第54号並びに認定第1号乃至認定第6号の各議案を一括して議題といたします。





△提案理由の説明



○議長(鈴木忠夫) これより各議案に対する提案理由の説明を求めます。

 市長。

         (市長辻田 実登壇)



◎市長(辻田実) おはようございます。

 本日ここに第3回市議会定例会を招集し、当面する諸案件について御審議をお願いすることといたしましたが、議員の皆様方には御多用のところ御出席をいただきありがとうございます。

 今回提案いたします案件は、条例議案7件、予算議案3件及び認定議案6件でございます。以下、その概要について御説明を申し上げます。

 まず、議案第45号館山市市税条例の一部を改正する条例の専決処分の承認についてでございますが、法人税法における連結納税制度の創設による地方税法等の改正に伴い、館山市市税条例も改正する必要が生じたため、同条例の一部を改正する条例を地方自治法第179条第1項の規定により8月1日に専決処分いたしましたので、議会に報告し、その承認を求めようとするものでございます。

 改正の主な内容は、連結納税の承認を受けた法人に課する法人市民税につきまして、均等割の税率及び延滞金の計算方法を定めたものでございます。

 次に、議案第46号館山市議会議員及び館山市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、公職選挙法施行令の改正に伴い、館山市議会議員及び館山市長の選挙における選挙運動用自動車の使用及び選挙運動用ポスターの作成の経費につきまして、公費による負担の限度額を引き上げようとするものでございます。

 次に、議案第47号館山市特別会計条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本年10月1日から新たに館山市公設地方卸売市場事業特別会計を設置し、公設地方卸売市場事業の推進を図ろうとするものでございます。

 次に、議案第48号館山市市税条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、地方税法等の改正に伴い、個人市民税につきまして上場株式等の譲渡所得にかかわる所得割の税率等を定めるとともに、上場株式等にかかわる譲渡損失の繰り越し控除制度を創設しようとするものでございます。また、株式譲渡所得の申告分離課税への一本化に当たり、申告事務の負担軽減を図るため、特定口座を有する場合の上場株式等の譲渡所得にかかわる申告を不要とする特例を創設しようとするものでございます。

 次に、議案第49号館山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、地方税法等の改正に伴い、国民健康保険税につきまして市民税と整合を図るため、所得割額の算定にかかわる所得控除額を見直すとともに、上場株式等にかかわる譲渡損失の繰り越し控除制度及び特定口座を有する場合の上場株式等の譲渡所得にかかわる申告を不要とする特例を創設しようとするものでございます。

 次に、議案第50号館山市心身障者ホームヘルプサービス事業に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、本事業の対象者として新たに精神障害者を加えるため、所要の改正をしようとするものでございます。

 次に、議案第51号館山市国民健康保険条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、国民健康保険法等の改正に伴い、被保険者の療養の給付にかかわる一部負担金の割合につきまして、本年10月1日から3歳未満の者は2割、一定以上の所得及び収入を有する70歳以上の者は2割、それ以外の70歳以上の者は1割としようとするものでございます。

 また、平成15年4月1日から外来にかかわる薬剤一部負担金の制度を廃止するとともに、70歳未満の退職被保険者等の療養の給付にかかわる一部負担金の割合を3割としようとするものでございます。

 次に、議案第52号平成14年度館山市公設地方卸売市場事業特別会計予算でございますが、平成14年度に入り用地の取得状況に進展があったことから、特別会計を設置し、事業推進を図ろうとするものでございます。

 歳出といたしまして、建設費で公設地方卸売市場建設工事請負費等を計上いたしました。

 また、歳入といたしましては、一般会計からの繰入金6,272万8,000円を含めまして、国、県支出金及び市債を見込み、歳入歳出それぞれ9,282万8,000円を計上いたしました。

 なお、債務負担行為といたしまして、公設地方卸売市場整備事業で限度額10億3,114万9,000円を、地方債といたしまして市場事業で1,610万円をそれぞれ計上いたしました。

 次に、議案第53号平成14年度館山市一般会計補正予算(第3号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ2,860万2,000円を追加し、総額172億6,048万3,000円としようとするものでございます。

 歳出の主なものといたしましては、総務費では安房地域の市町村合併について調査研究等を行うための安房地域市町村合併任意協議会負担金で150万6,000円、コミュニティセンター改修工事請負費で560万円、参議院千葉県選挙区選出議員辞職に伴う補欠選挙で1,493万4,000円、民生費では老人保健法の改正に伴う受給者証の郵便料で142万8,000円、障害者ホームヘルプサービス委託料で116万6,000円、農林水産業費では家畜排せつ物の適切な処理促進をするためのさわやか畜産総合展開事業補助金で1,327万9,000円、商工費では客船飛鳥の寄港に伴う歓迎行事委託料で248万1,000円、観光情報発信のためのライブカメラ設置事業で104万8,000円、教育費では学校内外を通じた奉仕活動、体験活動、推進事業で224万1,000円、プロサッカーチーム等のキャンプ誘致に伴う冬芝造成事業で387万7,000円のそれぞれ増加をお願いしようとするものでございます。

 また、公設地方卸売市場事業特別会計設置に伴いまして、一般会計に計上してありました人件費、工事請負費等8,848万2,000円を減額し、公設地方卸売市場事業特別会計繰出金で6,272万8,000円の増額をお願いしようとするものでございます。

 以上、歳出の主な内容について御説明を申し上げましたが、これらの財源といたしまして、地方特例交付金及び普通交付税の額確定に伴い、地方特例交付金で672万9,000円を減額し、地方交付税で2,315万9,000円を増額するとともに、国県支出金、諸収入等を増額し、財政調整基金繰入金を減額しようとするものでございます。

 次に、議案第54号平成14年度館山市介護保険特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ7,788万円を追加し、総額28億3,018万9,000円としようとするものでございます。これは、保険給付費等の確定による精算に伴い、歳出といたしまして介護給付費準備基金積立金で6,225万2,000円、一般会計繰出金で1,553万3,000円をそれぞれ増額し、これらの財源といたしまして国庫支出金、支払基金交付金及び前年度繰越金等を充当しようとするものでございます。

 次に、認定第1号乃至認定第6号の諸案件は、平成13年度の館山市一般会計ほか5特別会計の歳入歳出決算につきまして、地方自治法の規定に基づき監査委員の意見を付して、議会の認定をお願いするものでございます。

 まず、平成13年度の概況でございますが、我が国の経済情勢は平成11年から緩やかな景気回復過程をたどったものの、平成13年度に入ってから回復の動きは弱まり、景気回復局面は短期間にとどまりました。このため、国におきましても経済、財政、行政などにわたる構造改革を推進しているところでございます。

 また、地方財政におきましても、大幅な税収の落ち込みに加え、国の経済対策の実施等の影響を受け、地方財政全体としての借入金残高が増加しているなど極めて厳しい状況が続き、徹底した行財政改革を進めるとともに、財政の健全化に努めることが求められております。

 一方、館山市を取り巻く状況は、引き続き厳しい経済状況にあるものの、館山自動車道の事業進展や館山港が国の特定地域振興重要港湾に選定されたことなどの波及効果を的確にとらえ、基本計画事業の着実な推進を図ることで今後の発展可能性がより一層高まっております。

 このような状況のもと、館山市におきましては引き続き行財政改革に取り組み、経常経費のより一層の削減を図るとともに、健全財政の堅持を基本に計画的な行財政運営に努めてまいりました。具体的な予算の執行に当たりましては、館山市基本計画に基づく各種施策の推進を図ってまいりました。

 この結果、一般会計におきましては、歳入総額168億9,293万9,000円で、対前年度比4億1,031万7,000円、2.5%の増、歳出総額161億9,882万7,000円で、対前年度比3億8,983万7,000円、2.5%の増となり、歳入歳出差引額は6億9,411万2,000円で、翌年度へ繰り越された急傾斜地崩壊対策事業などにかかわる財源2億5,435万5,000円を差し引いた実質収支は4億3,975万7,000円となっております。

 次に、特別会計についてでございますが、それぞれの特別会計につきまして運営の合理化、適正化に努めてまいりました。国民健康保険特別会計につきましては、歳入総額48億4,833万4,000円、歳出総額46億1,861万1,000円で、実質収支は2億2,972万3,000円となっております。老人保健特別会計におきましては、歳入総額59億9,604万7,000円、歳出総額59億9,441万7,000円で、実質収支は163万円となっております。介護保険特別会計におきましては、歳入総額25億3,729万6,000円、歳出総額24億7,448万2,000円で、実質収支は6,281万4,000円となっております。学童災害共済事業特別会計におきましては、歳入総額52億8,000円、歳出総額41万2,000円で、実質収支は11万6,000円となっております。下水道事業特別会計におきましては、汚水管渠整備といたしまして、引き続き幹線管渠及び枝線管渠の築造工事を実施するとともに、鏡ケ浦クリーンセンターの適切な維持管理と水質の保全に努めました。この結果、歳入総額9億6,372万6,000円、歳出総額9億6,251万8,000円で、実質収支は120万8,000円となっております。

 なお、平成13年度の個々の施策につきましては、「決算に係る主要な施策の成果に関する報告」及び「歳入歳出決算事項別明細書」等により御了承賜りたいと存じます。

 以上、各議案に対する提案理由について御説明申し上げましたが、この会期中に追加議案といたしまして、人権擁護委員候補者の推薦について及び館山市固定資産評価審査委員会委員の選任について上程する予定でございます。

 よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(鈴木忠夫) 以上で提案理由の説明を終わります。





△議長の報告



○議長(鈴木忠夫) この際、報告いたします。

 会議規則第159条の規定により、9月4日に市役所4号館で開催された安房地域市町村合併任意協議会へ宮沢治海議員を派遣いたしました。議長において決定いたしましたので、御報告をいたします。





△延会午前10時25分



○議長(鈴木忠夫) お諮りいたします。

 本日の会議はこれで延会したいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(鈴木忠夫) 御異議なしと認めます。よって、本日はこれで延会することに決定いたしました。

 なお、明6日から8日までは議案調査のため休会、次会は9月9日午前10時開会とし、行政一般通告質問を行います。



 ◎本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 会議日程の決定

1 議案第45号乃至議案第54号

1 認定第1号乃至認定第6号