議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 館山市

平成24年 12月 定例会(第4回) 11月30日−01号




平成24年 12月 定例会(第4回) − 11月30日−01号









平成24年 12月 定例会(第4回)





1 平成24年11月30日(金曜日)午前10時
1 館山市役所議場
1 出席議員 18名
       1番  福 岡 信 治          2番  石 井 敏 宏
       3番  森   正 一          4番  瀬 能 孝 夫
       5番  望 月   昇          6番  石 井 敬 之
       7番  太 田   浩          8番  龍 ?   滋
       9番  石 井 信 重         10番  本 多 成 年
      11番  三 澤   智         12番  鈴 木 正 一
      13番  内 藤 欽 次         14番  秋 山   貴
      15番  榎 本 祐 三         16番  吉 田 惠 年
      17番  本 橋 亮 一         18番  鈴 木 順 子
1 欠席議員  なし
1 出席説明員
  市     長  金 丸 謙 一     副  市  長  田 中   豊
  会 計 管 理 者  庄 司 武 雄     市 長 公 室 長  吉 田 安 重
  総 務 部 長  鎌 田 洋 司     健 康 福祉部長  西 川   隆
  経 済 観光部長  上 野   学     建 設 環境部長  忍 足 俊 之

  教 育 委 員 会  大 澤 光 彦     教 育 委 員 会  出 山 裕 之
  委  員  長              教  育  長

  教育委員会次長  鈴 木 千佳士     選挙管理委員会  安 西 信 雄
                       委  員  長

  選挙管理委員会  四ノ宮   朗     監 査 委 員  宮 ? 健 一
  事 務 局書記長

  監 査 事務局長  滝 本 康 之     農業委員会会長  加 藤   貢

  農 業 委 員 会  植 木 喜 晃
  事 務 局 長

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  和泉澤   薫     書     記  櫻 井 保 志
  書     記  安 田 仁 一     書     記  和 田 敦 子
  書     記  小 ? 恒 夫     書     記  前 田 一 樹
  書     記  角 張 洋 平

1 議事日程(第1号)
 平成24年11月30日午前10時開議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 会議日程の決定

 日程第4 議案第57号 平成24年度館山市一般会計補正予算(第5号)の専決処分の承認
             について                          
      議案第58号 千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関す
             る協議について                       
      議案第59号 工事請負契約の変更について                 
      議案第60号 平成24年度館山市一般会計補正予算(第6号)        
      議案第61号 館山市小規模水道条例の制定について             
      議案第62号 館山市市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例
             の制定について                       
      議案第63号 館山市都市公園条例の一部を改正する条例の制定について    
      議案第64号 平成24年度館山市一般会計補正予算(第7号)        
      議案第65号 平成24年度館山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)  
      議案第66号 平成24年度館山市介護保険特別会計補正予算(第2号)    
      議案第67号 平成24年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)   







△開会午前10時00分



○議長(福岡信治) 本日の出席議員数18名、これより平成24年第4回市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。





△議長の報告



○議長(福岡信治) 本定例会議案審議のため、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求に対し、お手元に配付のとおり出席報告がありました。





△議案の配付



○議長(福岡信治) 市長から議案の送付がありましたので、これを受理し、既に各議員に配付してありますので、御了承願います。

 本日の議事は、お手元に配付の日程表により行います。





△会議録署名議員の指名



○議長(福岡信治) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 4番瀬能孝夫議員、17番本橋亮一議員、以上両名を指名いたします。





△会期の決定



○議長(福岡信治) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。本定例会の会期について、議会運営委員会の意見は本日から12月19日までの20日間ということであります。会期を20日間と定めますことに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、会期は20日間と決定いたしました。





△会議日程の決定



○議長(福岡信治) 日程第3、会議日程の決定を行います。

 お諮りいたします。お手元に配付の会議日程表は、議会運営委員会の意見により作成いたしました。本定例会をこの会議日程表により運びますとともに、議事の都合等によりまして、その都度これを改めることにし、大体このようにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、会議日程は決定いたしました。





△議案の上程



○議長(福岡信治) 日程第4、議案第57号乃至議案第67号の各議案を一括して議題といたします。





△提案理由の説明



○議長(福岡信治) これより各議案に対する提案理由の説明を求めます。

 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) おはようございます。本日ここに第4回市議会定例会を招集し、当面する諸案件について御審議をお願いすることといたしましたが、議員の皆様方には御多用のところ御出席をいただき、まことにありがとうございます。

 今回提案します案件は、条例議案3件、一般議案2件及び補正予算6件です。以下、その概要について御説明申し上げます。

 まず、議案第57号平成24年度館山市一般会計補正予算(第5号)の専決処分の承認についてですが、衆議院解散に伴う衆議院議員総選挙及び最高裁判所裁判官国民審査を執行するための補正予算を地方自治法第179条第1項の規定により11月19日に専決処分しましたので、議会に報告し、その承認を求めようとするものです。

 次に、議案第58号千葉県市町村総合事務組合規約の一部を改正する規約の制定に関する協議についてですが、組織団体である大網白里町が平成25年1月1日から市制を施行し、大網白里市になることに伴い、千葉県市町村総合事務組合規約を改正する必要があるため、同組合規約の一部を改正することについて、地方自治法第286条第1項の規定により、関係地方公共団体と協議しようとするものです。

 次に、議案第59号工事請負契約の変更についてですが、市庁舎(本館事務棟)耐震改修工事については、昨年6月に市議会の議決をいただき、白幡興業株式会社と2億55万円をもって工事請負契約を締結しましたが、施工に際し、既存コンクリートブロック壁の鉄筋が柱、はりに十分に定着されていなかったことが判明し、新たに補強工事が必要となりました。この工事に213万7,800円を要するため、契約金額を2億268万7,800円に変更しようとするものです。

 追加の工事の内容は、壁柱脇及び開口部周り等の鉄筋補強7カ所、壁上部等の鉄筋補強39メートル並びに乾式壁新設3カ所です。

 次に、議案第60号平成24年度館山市一般会計補正予算(第6号)ですが、歳入歳出予算の補正として、歳入歳出それぞれ213万8,000円を増額し、総額169億5,197万6,000円としようとするものです。

 歳出の内容としては、総務費で、現在実施中の庁舎本館事務棟耐震改修工事において追加補強工事を実施するため213万8,000円の増額をお願いし、歳入では財政調整基金繰入金を増額しようとするものです。

 次に、議案第61号館山市小規模水道条例の制定についてですが、これまで千葉県により行われていた小規模水道に対する規制と同様の規制を館山市が行うために必要な事項を定めようとするものです。

 次に、議案第62号館山市市営住宅の設置及び管理に関する条例の一部を改正する条例の制定についてですが、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により、公営住宅法の一部が改正されたことに伴い、入居資格のうち、同居親族要件を廃止し、収入基準を定めるとともに、笠名住宅の一部について用途を廃止しようとするものです。

 次に、議案第63号館山市都市公園条例の一部を改正する条例の制定についてですが、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により、都市公園法の一部が改正されたことに伴い、都市公園及び公園施設の設置基準について定めようとするものです。

 次に、議案第64号平成24年度館山市一般会計補正予算(第7号)ですが、歳入歳出予算の補正として、歳入歳出それぞれ1億2,554万3,000円を増額し、総額170億7,751万9,000円としようとするものです。

 歳出の主な内容としては、総務費では、地域おこし協力隊に係る隊員の支援業務委託費で200万円の増、民生費では、介護サービス施設の整備費に対する補助について、補助対象事業者が事業実施を取りやめたことによる地域密着型サービス施設整備事業で3,540万円の減、更生医療を必要とする身体障害者などの増加により、自立支援医療費で1,301万3,000円、障害福祉サービスの報酬改定などにより、障害介護給付費で8,740万円、私立の認可保育園などへの入所児童の増加による児童福祉法第51条による運営委託料で1,818万4,000円のそれぞれ増、農林水産業費では、松くい虫防除事業で436万3,000円、平砂浦砂防林の再生を図るための平砂浦植林事業で21万2,000円のそれぞれ増、教育費では、北条小学校耐震改修事業で1,551万4,000円、経年劣化した館山城外壁の修繕などを行う博物館修繕事業で309万1,000円のそれぞれ増額をお願いし、あわせて職員数の減少及び異動に伴う各款における人件費の補正をお願いしようとするものです。

 また、歳入として、分担金及び負担金、国庫支出金、財政調整基金繰入金、市債を増額し、県支出金を減額しようとするものです。

 このほかに、債務負担行為の補正として、平成25年度当初から実施する必要があるため、電子複写機その他事務用機器の借り上げ等に係る使用料及び賃借料のほか27件の追加をお願いするとともに、地方債の補正として学校教育施設等整備事業の変更をお願いしようとするものです。

 次に、議案第65号平成24年度館山市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)ですが、歳入歳出予算の補正として、歳入歳出それぞれ3,602万円を増額し、総額68億7,395万7,000円としようとするものです。

 歳出の主な内容としては、高額療養費の増加により、一般被保険者高額療養費で3,174万円、退職被保険者高額療養費で328万円のそれぞれ増額をお願いし、歳入では国庫支出金、療養給付費等交付金、繰入金を増額しようとするものです。

 また、債務負担行為の補正として、国民健康保険税事務に係る電算処理業務委託料のほか1件の追加をお願いしようとするものです。

 次に、議案第66号平成24年度館山市介護保険特別会計補正予算(第2号)ですが、債務負担行為の補正として、介護保険料事務に係る電算処理業務委託料のほか2件の追加をお願いしようとするものです。

 次に、議案第67号平成24年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)ですが、債務負担行為の補正として、防災設備の保守点検に係る委託料の追加をお願いしようとするものです。

 以上、提案理由について御説明申し上げましたが、議案第58号、議案第59号及び議案第60号については、本日先議をお願いしたいと存じます。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。

 また、提案理由説明について訂正をいたします。議案第59号の説明中、「鉄骨補強7カ所、壁上部等の鉄骨補強39メートル」と申し上げるべきところ、「鉄筋補強7カ所、壁上部等の鉄筋補強39メートル」と申し上げました。いずれも「鉄骨補強」に訂正をいたします。



○議長(福岡信治) 以上で提案理由の説明を終わります。





△質疑応答



○議長(福岡信治) この際、お諮りいたします。

 議案第58号乃至議案第60号については、本日審議いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。

 議案第58号乃至議案第60号について一括して質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

 18番鈴木順子議員。御登壇願います。

         (18番議員鈴木順子登壇)



◆18番(鈴木順子) 議案の第59号に関しましての質疑となります。

 先般の全員協議会において、今市長から提案のあった件については、了解をいたします。むしろ感想といたしましては、この工事の中でこういうかなり前の不備が出たということで本当にびっくりもし、それを補強するということについては了解をいたしたいというふうに思うのですが、この際、あえて私が伺いたいというものがございます。以前議会棟の工事にかかわった折あるいはその前段でも非常に何年も前から議論されておりますことの一つとして、要望が多いエレベーターの設置についてでありますが、非常に要望が多いということは皆さん御承知のとおりでないでしょうか。しかしながら、議会棟の工事の折にエレベーターの設置をされようとしていたことは御案内のとおりであります。残念ながら、しないまま終わったことは甚だ残念であります。その後、エレベーター設置の問題が議会において質問されるなどありましたけれども、私の認識ではその折に3,000万から4,000万ぐらいかかると、財政的に非常に厳しいという答弁をされたことは記憶に残っております。しかし、現在庁舎の耐震工事をしている状況の中で、エレベーターの設置、望めないかどうか伺いたいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) エレベーターについてでございますが、議員おっしゃるように、現庁舎につきましてはエレベーターがないことから、高齢者の方や、また障害者の方々の来庁に際しまして、十分な対応ができておりませんので、エレベーターの必要性については十分認識しております。財政状況でございますが、行財政改革を進める中で、徐々に改善してきてはおりますけれども、生活保護費や社会保障費につきましては、年々増加しておる中で、歳入につきましては、交付税につきましては増加しておりますものの、根幹となる市税あるいは各種交付金につきましては、減少傾向にございます。こうした中で、市民からの要望とか多い事業もたくさんございますけれども、各種事業につきましては、緊急性とか必要性を総合的に判断しまして、優先される事業から実施しているところでございまして、エレベーターにつきましては、今回の事業の中には入ってございません。



○議長(福岡信治) 鈴木順子議員。



◆18番(鈴木順子) 今の予算の中ではされていないということは知っているんですが、正直言って、私、皆さんもそうだと思うんですけれども、今この市役所の中にエレベーターがないということは、非常にあらゆる機会にやはり言われると思うんです。今部長から説明がありましたように、役所は少ない財政の中で各事業の優先順位については、非常に悩ましいところもあるでしょうけれども、体の不自由な人だけではなく、高齢の方、そして小さなお子さんを連れて見えなければいけない方、本当にさまざまな方が利用するところであるということを念頭に置けば、やはり市役所にエレベーターがないということは非常に市民から要望というよりは不満に近いような言葉が出ていることは御承知のとおりだというふうに思うのです。

 たしか私の記憶の中では、当時3,000万から4,000万かかるという話がありました。そういった中で、今家庭の中においてもエレベーターをつける家庭があったり、あるいは施設なんかでも大きいタイプのエレベーターはもとより、結構小さい、車椅子が1台やっと、あと補助する人ともう一人乗るぐらいの小さいタイプのエレベーターを設置している、そういうところもあります。そういったさまざまな形のエレベーターがあるという中で、金額について、どのぐらいかかるかというのは、これはよく調査をしたりということはしているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) 以前エレベーターについて検討した折には、当時の業者の見積もりであるとか、あるいは他の事例を参考に3,000万から4,000万かかるであろうという想定をしておりましたけれども、現在どのような、また新たなエレベーターができて、それが費用的にどのくらいかかる等については、まだ検討いたしておりません。



○議長(福岡信治) 鈴木順子議員。



◆18番(鈴木順子) それでは、エレベーターが非常に要望が高いということは認識していらっしゃる。そういった中、毎年予算要望の中にエレベーターの部分の要望というのは出ていますか。毎年出ているんですか。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) 一応来年度の予算編成方針といたしましては、まず減災、防災対策事業を重点に、また地域経済活性化対策、雇用対策に力を入れている中で、エレベーターについては、予算要求としては上がっておりません。



○議長(福岡信治) 鈴木順子議員。



◆18番(鈴木順子) 行政は市民に対して、市民に向けたやっぱりサービスというのがされなければならないというふうに思うのです。通るか通らないかは、私は別問題だというふうに思っているのです。やっぱり必要だということ、皆さんから要望が多いということが頭にあるのであれば、予算要望は私はきちんとしてもらいたいというふうに思うのです。なし崩しのように、金がかかるから、行革の一環でそういうことを毎回毎回羅列されて、過ぎるというのは私はちょっと違うなというふうに思います。その辺はよくお考えをいただきたいというふうに思います。

 エレベーターの額というのですか、工事費も含めたものになると思うのですが、非常に年々改良され、値段も少しずつ安くなっているというふうにも聞いていますので、その辺はきちんとそれを調査した上で、毎年予算の中に組み入れてもらうということが必要ではないかなということを私はあえてつけ加えさせていただきたいというふうに思います。議案そのものがエレベーターのことではありませんので、余りこれ以上やるのもどうかなと思うのですが、工事をしている際に、できれば当然外づけという形になるかというふうに思いますが、もしかなうのであれば、そういったことを視野に入れていただくということをお願いをしておきたいというふうに思います。

 市長は、このことについてどう思いますか。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) 以前からエレベーターは欲しいという要望も来ています。今総務部長が答えたように、優先順位、またこれからも以前に見積もりをとったということですが、最近の状況はちょっと把握しておりませんので、また調査をさせていただくということで考えております。



○議長(福岡信治) 鈴木順子議員。



◆18番(鈴木順子) 私自身も庁舎ということだけではなくて、例えばもう人間60を過ぎますと、膝の状態も衰えてきて、高い場所へ、高い階に移動する際、特に重いものを持ったりして移動したりなんかするときは、非常に体がこたえるということはもう現実に私自身も経験をしております。そういった中、市民の方がやはり気軽に庁舎に来ていただくということがされるような整備をされることをお願いをして終わります。



○議長(福岡信治) 以上で18番鈴木順子議員の質疑を終わります。

 他に御質疑ありませんか。  御質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。





△委員会付託の省略



○議長(福岡信治) お諮りいたします。

 各議案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、決定いたしました。





△討論



○議長(福岡信治) これより討論を行います。

 討論は一括して行います。

 討論ありませんか。  討論なしと認めます。よって、討論を終わります。





△採決



○議長(福岡信治) これより採決いたします。

 採決は一括して行います。

 議案第58号乃至議案第60号の各議案を原案どおり可決することに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、各議案は原案どおり可決されました。





△散会午前10時28分



○議長(福岡信治) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 明12月1日から5日までは議案調査のため休会、次会は12月6日午前10時開会とし、その議事は行政一般通告質問を行います。

 本日はこれをもって散会といたします。



 ◎本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 会議日程の決定

1 議案第57号乃至議案第67号