議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 館山市

平成24年  6月 定例会(第2回) 06月12日−02号




平成24年  6月 定例会(第2回) − 06月12日−02号









平成24年  6月 定例会(第2回)





1 平成24年6月12日(火曜日)午前10時
1 館山市役所議場
1 出席議員 18名
       1番  福 岡 信 治          2番  石 井 敏 宏
       3番  森   正 一          4番  瀬 能 孝 夫
       5番  望 月   昇          6番  石 井 敬 之
       7番  太 田   浩          8番  龍 ?   滋
       9番  石 井 信 重         10番  本 多 成 年
      11番  三 澤   智         12番  鈴 木 正 一
      13番  内 藤 欽 次         14番  秋 山   貴
      15番  榎 本 祐 三         16番  吉 田 惠 年
      17番  本 橋 亮 一         18番  鈴 木 順 子
1 欠席議員  なし
1 出席説明員
  市     長  金 丸 謙 一     副  市  長  田 中   豊
  会 計 管 理 者  庄 司 武 雄     市 長 公 室 長  吉 田 安 重
  総 務 部 長  鎌 田 洋 司     健 康 福祉部長  西 川   隆
  経 済 観光部長  上 野   学     建 設 環境部長  忍 足 俊 之

  教 育 委 員 会  出 山 裕 之     教育委員会次長  鈴 木 千佳士
  教  育  長

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  和泉澤   薫     書     記  櫻 井 保 志
  書     記  安 田 仁 一     書     記  和 田 敦 子
  書     記  小 ? 恒 夫     書     記  山 口   賢
  書     記  鈴 木 敏 雄

1 議事日程(第2号)
 平成24年6月12日午前10時開議
 日程第1 行政一般通告質問







△開議午前10時00分



○議長(福岡信治) 本日の出席議員数18名、これより第2回市議会定例会第2日目の会議を開きます。

 本日の議事は、お手元に配付の日程表により行います。





△行政一般通告質問



○議長(福岡信治) 日程第1、これより通告による行政一般質問を行います。

 締め切り日の6月1日正午までに提出のありました議員、要旨及びその順序はお手元に配付のとおりであります。

 質問時間は、答弁を含めて1時間以内といたします。

 これより順次発言を願います。

 2番石井敏宏議員。御登壇願います。

         (2番議員石井敏宏登壇)



◆2番(石井敏宏) おはようございます。選挙からはや1年が過ぎましたが、初心を忘れずに取り組んでいきたいと思います。では、一般質問の初日、第1番目の質問を始めます。

 通告に従いまして、大きな1、交通安全について。常日ごろから、高齢者、障害者、児童の保護者など、行政など関係機関に意見を言える場をつくるべきだと思いますが、どうでしょうか。

 2、道路の危険箇所の改修をもっと積極的に進めるべきだと思いますが、どうでしょうか。例えば市道369号線の段差が改修されず、転倒者も出ていると沿線住民から聞いていますが、どうするのでしょうか。

 3、今、西岬地区への土砂ダンプの危険性が問題になっております。千葉県土砂運搬適正化対策要綱第1条、これ読み上げます。「この要綱は、県土の開発の活発化に伴い土砂の運搬による生活環境の悪化、交通事故の発生等住民の被害が増加していることにかんがみ、千葉県、千葉県警察本部、千葉運輸支局及び市町村が一体となって土砂の運搬を適正化するための措置を講ずることにより、土砂の運搬に伴う生活障害等の防止並びに人の生命及び身体の安全を図り、もって県民の福祉の維持及び増進に資することを目的とする」となっています。そこで、見物への残土運搬と坂田への残土運搬について、市としてどのようにかかわっているのか伺います。

 4番、過積載についての対応はどうされておりますか。

 大きな2番に入ります。土砂埋め立て問題について。1、4月下旬から5月上旬にかけて、雨のたびに坂田川から大量の土砂が流出し、河口付近の海が茶色くなりました。この原因をどう考えていますか。

 2番、過去に坂田海岸の駐車場を埋め立てた土砂の中に、今もアスファルトやれんがのかけらなどが入っていますが、問題ではないのでしょうか。

 3番、残土条例見直しの進みぐあいはどうでしょうか。

 大きな3番、平成22年8月の事業仕分けで、体験型観光の受け入れ態勢の整備事業に5名の行財政改革委員のうち、改善4名、縮小1名という評価がなされましたが、その意見は反映されているのでしょうか。

 大きな4、漁業について。平成23年の市政概要に、年間の漁獲高は約10億円と書いてありますが、10年前、20年前はどうだったのでしょうか。また、10年後の見通しを伺います。

 2番、同じく平成23年の市政概要に、漁獲量は全般的には乱獲などの弊害から減少傾向とありますが、乱獲の対策は市町村としてはとれるのでしょうか。

 3番、長く続けてきた下原漁港の整備には、幾らの税金を投じたのでしょうか。総額と内訳、例えば国県支出金、地方債、一般財源などを伺います。

 以上になります。



○議長(福岡信治) 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) おはようございます。石井敏宏議員の質問にお答えいたします。

 大きな第1、交通安全についての第1点目、高齢者、障害者、児童の保護者が行政などの関係機関と意見交換できる場についてですが、4月27日に大賀で発生した大きな交通事故を受け、4月29日に館山警察署の主導で関係機関を招集した交通死亡事故緊急対策会議が開催されました。この会議の中で、関係機関や地域が連携をとりながら、児童生徒の命と安全を守るための交通安全対策を行うことが必要との意見がありました。現在館山市と館山市教育委員会では、今後このような事故が発生しないよう、継続して関係機関に要望できる体制づくりを検討しているところです。これを進めていく中で、議員御提案の高齢者、障害者、児童の保護者も意見を述べることができる場を設けることも考えていきます。

 次に、第2点目、道路の危険箇所の改修についてですが、通常より実施している道路パトロールや町内会や周辺住民の方からの連絡により、現地を確認し、対応しています。また、市道369号線の路肩における段差解消については、既に着手している舗装工事により実施します。

 次に、第3点目、見物と坂田の土砂運搬についてですが、事業主から安房土木事務所に届け出がされた運搬計画に係る事項について、千葉県土砂運搬適正化対策要綱第5条第1項の規定に基づき、安房土木事務所からの協議があり、これに対し、館山市としての意見を集約し、回答しているところです。

 次に、第4点目、過積載への対応についてですが、道路交通法に基づく館山警察署による指導や取り締まり及び千葉県土砂運搬適正化対策要綱に基づく千葉県の行政指導により、適正に対応すべきものと考えています。

 次に、大きな第2、土砂埋め立て問題についての第1点目、坂田川河口付近の海が茶色くなった原因についてですが、上流部で行われている農園用地造成事業の中で、防災対策として実施される調節池造成工事の施工箇所に雨水が流れたことが原因として考えられますが、現在はその上流部で水をせきとめ、排水管により下流に放流するようになっています。

 次に、第2点目、坂田海岸の埋め立てについてですが、現地には産業廃棄物と思われるコンクリート等が埋まっており、一部露出している状態ですが、地元の方に確認したところ、埋め立てた時期が40年以上前であることから、その当時の廃棄物の処理及び清掃に関する法律には抵触しないものと考えています。漁港管理者として、地元の意見を聞きながら対応していきたいと考えています。

 次に、第3点目、土砂の埋め立て等に関する条例の見直しの進捗についてですが、現在の作業としては、県条例の適用除外となっている市町の条例、規則の規定内容の確認や、見直しに向けた検討事項の整理を行っているところです。

 次に、大きな第3、体験型観光の受け入れ態勢の整備事業についてですが、観光立市を推進する館山市では、観光形態の主流の一つである体験型観光による魅力的な観光地づくりを目指しており、その中心的役割を館山体験交流協会が担っています。館山体験交流協会は、教育旅行のコーディネートを中心に事業展開を行い、自立に向けた努力を行ってきた結果、コーディネートの実績は平成22年度に106団体、1万904人と右肩上がりの増加傾向となっていました。しかしながら、東日本大震災が発生し、教育旅行等の予約が相次いでキャンセルとなり、平成23年度の実績は前年度に比べ、大幅に減少しました。そこで、首都圏の小学校等の遠足、校外学習等の誘致及び旅行会社への営業などを積極的に行い、運営体制強化等の努力を行いましたが、今年度の教育旅行予約数は平成22年度の水準までは回復しておらず、運営は厳しい状況となっています。そのため、運営状況の見通しがつくまでは、行政の支援は必要と考えます。

 次に、大きな第4、漁業についての第1点目、年間漁獲高の推移と今後の見通しについてですが、市内10漁港における総漁獲高は20年前の平成4年は約14億円、10年前の平成14年は約8億円、平成21年は約10億円、平成22年は約9億円となっています。10年後の見通しとしては、漁獲量の安定確保のため、栽培漁業の推進を図っているところですが、魚価の低迷もあり、過去の推移から見ても漁獲高の増大については、厳しい状況にあると考えます。

 次に、2点目、乱獲への対策についてですが、法律や千葉県の規則により、操業の許可や禁漁期間、禁漁区域の設定などさまざまな制限が設けられており、一定の対策はとられていると考えています。

 次に、第3点目、下原漁港の整備についてですが、漁港整備費としては平成8年度から平成21年度までの事業で事業費の総額は11億3,600万円です。うち県支出金が国の分を含めて8億8,625万円、地方債は1億9,210万円、一般財源は820万円となっています。また、荷さばき施設整備関係の事業費としては、平成23年度から平成25年度までの事業で事業費の総額は約1億8,800万円です。うち県支出金が国の分を含めて約9,900万円、一般財源は約1,650万円となっています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) では、まず1番についてですが、これは高齢者、障害者、児童の保護者など考えていくということなんで、ぜひ進めていってほしいと思います。現状だと、行政機関はいろいろ意見交換とかされているように感じるんですが、一般の住民の方が意見を述べていくという場が不十分かと私は考えていますので、これはよろしくお願いしたいと思います。

 2番、これももっと積極的に進めていってほしいと思うんですが、369号線なんですが、これは段差は例えば今年度平成24年度中に改善されるということでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 市道369号線の工事の関係でございますが、今月中には工事に着手する予定でおりまして、一応夏まで、8月までを完了予定として今計画をしているところでございます。3カ月以内ということを目安として発注しております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) では、大きな1の3番目に移ります。

 坂田説明会の議事録及び去年の11月16日の私ども市議会の全員協議会の資料では、1日100台ということになっているんですが、許可後に出された運搬計画届出書では1日平均135台、最大150台とふえています。坂田の説明会のときは、今は1日100台前後ですというあいまいな、余りよくない説明だったと思うんですけれども、ふたをあけてみたら大分台数がふえているということで、これはまずいんじゃないかと私は考えております。

 それで、計算してみますと、午前8時から午後5時までの間に最大で150台とすると、この計画書によると、10トン車10台が往復するということですから、150台だと15往復、片道だと30回と。それで、8時から5時の9時間で計算してみると、片道だと館山港から坂田まで18分しかないという計算になります。往復でも36分。これ普通の車で、ただ行って帰ってくるだけだったら別に問題ない時間なんですけれども、土砂を10トンぐらい港で積み込んで、それで坂田の大山の搬入路をゆっくりと大きな音を立てないように上っていって、それで土砂をおろして、それでまた館山港に戻ってくるというのが36分。これだと昼の休憩もとれないでしょうし、極めてタイトなスケジュールだと考えているんですけれども、これは改善して減らしていくべくように、これは業者とか関係機関に要望していくべきだと私は考えますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 台数の数値的には、議員がおっしゃるように、ただ計算をしますと、そういうことになるかというふうには思います。土砂の運搬に関しましては、関係法令を遵守して、細心の注意を払うようにということで、事あるたび、市としても要請をしておりますし、先ほどお話ありました千葉県土砂運搬適正化対策要綱に基づく協定書の中にもそういうものが含まれております。安全に運行されるものと考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 私としては、平均135台じゃなくて、せいぜいやっぱり100台前後あるいは100台以下にしてほしいと思うんです。

 それで、別の観点から見ますと、歩行者とかそういったフラワーラインを利用されている方から見ると、150台で計算すると、平均1分48秒に1台のダンプとすれ違うことになります。それで、あんな危ない道でそんなにたくさんのダンプとすれ違うと、非常に危険だと考えますので、これはやっぱりもとの説明会のとき、100台前後とかちょっとあいまいな説明会だったんですけれども、これは普通に考えて、やっぱり100台以下にさせるよう、それなりの数値を要望すべきだと考えますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 台数の数値につきましては、最大ということで理解をしております。交通安全確保、それはやはり市としても重要なことであるというふうに認識しておりますし、当初の申請が出た際に、また先ほど申し上げましたように、要綱の中でも歩行者の安全、また観光シーズン等、そういう場合における運行についても配慮を願いたいということも含めまして、事業者に要請をしております。それらにつきましては、事業者が真摯に受けとめているもの、また今後遵守されて安全対策、十分にとられるものというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 私としては、これ最大150台なんですけれども、平均の台数も135台となっていて、それでなぜか許可の土量が104万立米だったのに、135台で走っていっても73万5,000立米ぐらいにしかならないということで、どうもこの計画自体が整合性がとれていないというか、非常に不安になるわけで、先ほどのいろいろ要望していってくださっているということなんで、引き続きちょっと具体的な話を詰めていっていただきたいと思います。

 それでは、ちょっと4番の過積載についてなんですけれども、市としてもある程度過積載というものがどういうものなのか認識を持っていただきたいのと、基準みたいのをひとつ示していただきたいと思うんですが、私が調べたところによりますと、いろいろ各メーカーさんで荷台の高さが大体52センチから54センチということになっていて、60センチを超えるものはある意味見たことがないという状況なんですけれども、荷台の高さというのはどれくらいに、10トンダンプですけれども、なると市のほうでは見ているのでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 荷台の積算寸法、これにつきましては道路運送車両法、この保安基準がございますので、これにつきましては、詳細につきましては館山警察署あるいは自動車メーカーに聞くべきものかと思っています。今お話がありました通常一般的な10トン車の荷台のサイズ、これちょっと聞いてみたんですけれども、長さが510、5.1メーター、それと幅が2.2、高さがおっしゃったように52センチ、それが基準ということでございますけれども、これあくまで基準がございますので、そちらのほうで確認して、もう違反等あれば警察にということになるかと思います。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 住民のほうで警察にこうやって連絡するというのも一つの方法かなと思うんですけれども、市としてもそれなりに過積載対策にはかかわっていかなければならないかと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 先ほど建設環境部長が申しましたけれども、県の要綱あるいは道路関係、道交法もありますし、道路運送車両法、こういったものがありますので、その中で取り締まっていくべきということで考えております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 土砂運搬適正化対策要綱でも市と県とか、そういったものが一体となって、こうやって安全を守っていくんだと、そういう理念がうたってあるんで、どうもそのお答えだと、何か不十分かなと思うんですけれども、市としてやはり取り組んでいただけないものなんでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 先ほど一番最初に市長がお答えしましたけれども、先ほどの適正化対策要綱、これにつきましては館山市としての意見を集約して県と協議してということで考えております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) これ非常に不満なんですけれども、次へいきます。

 では、2番、土砂埋め立て問題に入ります。これは現に、じゃ産業廃棄物であるコンクリートなどが入っているということで、40年以上前ということなんですけれども、ここの土地の管理者は市になるんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 現地は漁港区域の範囲内でございます。市のほうの管理すべき土地になっております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 40年以上前というのが随分あいまいで、何か根拠があるのかなと思ってしまうんですけれども、これは別にというか、具体名はいいんですけれども、だれがだれに頼んで埋めたのかというのは把握されているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 先ほども市長答弁で申し上げましたけれども、何分40年以上前の事案でございまして、はっきりとしたところがつかめてございません。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) はっきりしたことはわからないで、現にアスファルトとか瓦れきが入っている、そういった埋立地があるというのは、これでは館山市の埋め立ては適正に行われているとは言えないんではないでしょうか、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) これも先ほど市長答弁で申し上げたんですが、埋め立てた時期が40年以上前であるということは現地の方に確認をしてございます。その当時の廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づいて照らし合わせますと、抵触していないものと、かように考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 当時いつ、40年前というのも本当にそうなのかなという、何とも何の記録もないようですので、真相はやぶの中ということなんじゃないかと思いますけれども、でも現実において、現在の法律だと坂田海岸駐車場は、さながら産業廃棄物の安定型最終処分場のように見えます。これは今すぐとは言わないんですけれども、撤去とか駐車場の工事のやり直しの必要があるのではないかと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 今後産業廃棄物処理の担当窓口でございます県、それから地元の方々とも十分協議をしながら、今後の最善の策というものを検討してまいりたいと考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) では、残土条例の関係に入ります。

 3,000平方メートル未満の現在の館山市残土条例では、隣地所有者の同意という項目がございます。隣地所有者の同意を残土条例の見直しに当たっては3,000平方メートル以上の場合にも義務づけるべきだと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 条例の見直しに当たりましては、その点も検討項目だというふうに認識して資料等集めている現状でございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 私は、県外の残土というものが非常に危ないものだと認識していて、いろいろ過去の経緯とかを調べていたら、大井の残土処分場で平成16年11月17日に許可になったものがありまして、そのとき許可証に添付されている館山市の意見に、県外で発生した残土ではなく、県内で発生した土砂を使用するように努めること、こういうふうに館山市が意見を述べているわけなんですけれども、これはどういった経緯で盛り込まれたんでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 確かに意見書の中に県内残土、県内で発生した土砂ということが記載をされて提出されております。

 ただ、その経緯につきましては、特に記録として残っておりませんので、承知はしておりません。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) これ記録は残っていないということなんですけれども、説明会の議事録を読んでいると、やはり当時も県外の残土を心配する住民の声が残っているわけです。恐らくこれは地域住民の意見を配慮したものかなと説明会の議事録を読んでいると思えるんですが、今後とも市民、住民の声を条例改正に盛り込んでいっていただきたいと思います。

 それで、また残土の条例改正の見直しについてなんですが、今のチェック体制、例えば残土を運ぶ船では発生場所ごとに残土を分けているんでしょうか、それともまざって運ばれているんでしょうか、把握されておりますでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 特定事業等における土砂につきましては、発生場所ごとに船に積み込まれて運ばれてまいります。その土砂の運搬の状況につきましては、県の事業では土砂等土地管理台帳によって管理され、運搬に使用した船についても記載をされているところでございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 今県の場合の話もありましたが、3,000平米未満ですか、市の場合はどういった管理をされているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 市の場合も同様に管理をしているというところでございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 君津市では、2月に基準値以上の砒素が検出された事件がありまして、発生元が特定できないでいるようです。館山市では、仮に有害物質の混入が見られた場合に、発生元を特定できる体制にあるのでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 仮にというお言葉でございますが、入らないようにということで特定事業等、埋め立てに関する条例が定められているところでございます。そして、その土砂の搬入に関しましては、発生元ごとに事業者から土砂等の搬入届が提出されますし、そこには土砂等採取元証明書、土質の内容等について添付されておりますので、そちらで確認はできるというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) ただ、業者の書類を信用するということかと思いますけれども、現在は館山市としては、こういった船の港とか、あるいは発生場所とか、そういった場所への立ち入りというか、実際に見せてもらうとか、そういうことは全く行っていないんでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 発生元へは現状として行っておりません。

 ただし、市の職員も県の併任職員として県とともに土砂の確認には立ち会っておりますし、定期の場合に現地に参りまして、採取するところ等を確認をしております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 残土が出る神奈川とかの港とか、あるいは館山港には行かれることはあるのでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 先ほども申し上げましたように、現地、また県外での確認というものは行っておりません。館山港におりる場合、毎回というわけではございませんが、立ち会い等もしている場合もございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 館山港に立ち会いをしてくださっているという話は私、ちょっと研究不足で初めてお伺いしたわけですが、そういった活動をぜひ続けていっていただきたいと思います。

 ただ、そうすると、出るほうの港のチェック体制ができないということになろうかと思います。

 それで、君津市で県外残土を禁止したのは、そういった発生元のほうに、もう何百カ所とあるところに検査するのが不可能だと。それで、実際にこういったまざってしまったような事例も起きたからだと。そういうことで条例が改正されたんで、ちょっと業者さんの書類を信用するだけということであれば、原発の安全神話を信じているような、ただ信じるだけというのは制度として、これは非常に危険きわまりないものだと私は思いますので、ちょっと検討していただければと思います。

 それで、ちょっとまたさらに一般論なんですけれども、残土を埋め立てた地表よりも、かなり深いところに仮に瓦れきとか埋められてしまっていたら、これは館山市はそれを発見できる体制にあるのでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 埋め立てのところで深いところに瓦れき等埋まっていたらというお話でございますけれども、これに関しましては、埋め立て事業というよりは産業廃棄物の不法投棄、そういう問題になるかというふうに思います。不法投棄等については、法律で禁止されているところでございます。埋め立て事業に関しましては、土砂の確認、現地でも確認をすることになっております。一定の高さ、そういうところで定期的に検査することで、仮定の話をされたような内容につきましては、発見される、防止できるものというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) じゃ、深いところまで掘ることも場合によってはあるということでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 掘り返すということではございませんで、一定の高さごとに検査をしていく、一気に非常に掘り返せないような高さ、ウン十メートルというような場合まで放置しておくことはないということでございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) では、そういった残土条例に関しては、まだ3月議会から、今年度から見直しが始まったということなんで、しっかり取り組んでいただきたいと思います。また、残土の管理監督も適正に行っていただきたいと思います。

 それで、体験型観光の再質問に入ります。2年前の事業仕分け、私傍聴していまして、そこで結構興味深いやりとりがされていました。何で観光協会から体験交流協会を分けたんですかという質問があって、答える職員のほうは体験観光に力を入れるために独立させたというやりとりがありました。その中で出てきた、ちょっと印象に残ったんで、言うんですけれども、1人の委員が新しい団体をつくって、そこに補助金が入っているとなると、悪い言い方をすると、補助金の受け皿団体に見えてしまうという意見がありました。また、体験交流協会を観光協会に戻すべきじゃないかという意見もありました。これ私の記憶なんですけれども、説明する職員も一般論として補助金を受ける団体がふえるのは望ましくない。あるいはまた、観光協会に戻すことも検討材料と答えていたかと思います。私も補助金を受ける団体というのは減らしていくべきですし、あと体験観光だったら体験交流協会とか、あるいはほかのことだったら観光協会とか分けるんじゃなくて、観光協会に一本化したほうがいいんじゃないかと考える次第なんですけれども、それで税金で支援を続けるんでしたら、体験交流協会は観光協会に戻したほうがいいと私は考えますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 館山体験交流協会でございますけれども、体験観光のコーディネート、それから新規メニュー造成など館山市の体験型観光を推進するための中心的な役割を担っていただいております。お客様と体験事業者を結ぶ中間的な組織でございまして、決して補助金の受け皿という存在ではございません。

 先ほど議員のほうから観光協会に戻すべきなのではないか、あるいは補助金の受ける組織がたくさんあることはいかがなものかという御質問ございましたけれども、先ほど申し上げましたように、そういう役割を担っていただいておりますので、さらにその体験型観光を進めるために組織を強化していただいて、自立に向けて動いていただきたいと、こういうふうに考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 平成23年度に大震災があって、その影響で支援を続けているということは妥当かと思いますけれども、事業仕分けのときの資料を見てみると、本来は3カ年のサンセット方式で、平成22年度で終了のはずでした。立ち上げを支援するというのはよいとしても、いつまでも支援を続けているというのは私はいかがかと思うんですけれども、それで段階的に支援額を減らしていく必要があると考えますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 当然自立に向けていろいろな協会側の営業努力、そういうものを続けていく上で、市からの支援というのは減額していくべきだと考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) では、漁業についてに移ります。

 それで、いろいろ漁業の就業者数を見てみると、平成5年が439名、それで平成20年が208名と衰退ははっきりしていて、今後私は漁業という産業が10年後とか20年後に存続しているのかということを考えると、非常に心配になってくる次第であります。

 それで、あとまた現在の状況をお聞きしたいんですけれども、今の漁業の就業者の平均年齢というのは大体お幾つぐらいなんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 現在の就業者の平均年齢はおよそ67歳前後でございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) それで、なかなか高齢化と、そういった就業者の減少と、はっきりとした傾向があらわれているんですけれども、私は漁港の整備事業というのは、延々とずっと昔から続いているというか、何かハード事業に税金を投じ過ぎじゃないかと考えるものなんですけれども、そうすると、下原漁港で今大きいのができているんですけれども、できる前とできた後に漁獲高のこれ向上は見られたんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 下原漁港の漁獲高、陸揚げの金額でございますけれども、平成20年度が金額でございまして、約4,500万円、それから平成21年度が3,600万円、それから平成22年度が4,400万円となっております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 平成20年度からおっしゃっていただいたと思うんですけれども、平成8年から始まったかと記憶しているのですけれども、それ以前の記録というのはありますでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) ちなみに、平成7年度でございますが、下原漁港は4,000万円でございます。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) 多額の投資に見合った成果かなと考えると、非常に疑問を感ずるところであります。

 それで、館山市の政治レベルではどうこうの話じゃないんですけれども、ちょっと全体の認識を市としては漁業に対してどう思っているのかということをお伺いしたいと思います。私は、日本は乱獲のために日本全体で、館山市だけじゃなくて、魚が減って、1970年ごろから衰退が見られ、1990年ごろから衰退がはっきりしたと。それで、お魚の量を回復させるためには、ノルウェーとか、あとアイスランド、ニュージーランドとかがやっているんですけれども、船ごとあるいは漁協ごとに漁獲量を割り当てて、それ以上とらせないとする個別漁獲枠制度を私は国なり県なりに設けてほしいと考えております。つまり国にその制度をつくってほしいと、県もできる限りやってほしいと思っているんですが、執行部ではこの漁獲量を割り当てる個別漁獲枠制度というものはどのように認識されておりますか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 正直申し上げまして、個別漁獲割り当てにつきましては、不勉強で申しわけございませんが、そういう認識を持っておりません。すべからく、今後の検討材料かと思いますが、現状の水産業の中で、まずは漁獲を伸ばすことを考えていくべきだと、かように考えております。



○議長(福岡信治) 石井敏宏議員。



◆2番(石井敏宏) これいきなり持ち出した話だったんで、今後いろいろちょっと研究していただきたいと思うんです。国全体でおっこっちゃっているということは、多分館山市だけの、館山市は仮にこうやって衰退していっているとしても、国のほうで適切な施策を打っていただかないと、どうしようもないと思いますので、いろいろ原因をちょっと考えていただいて、必要があれば国のほうに要望していただきたいと思います。

 以上で質問のほうは終了いたします。ありがとうございました。



○議長(福岡信治) 以上で、2番石井敏宏議員の質問を終わります。

 次、13番内藤欽次議員。御登壇願います。

         (13番議員内藤欽次登壇)



◆13番(内藤欽次) 皆さん、こんにちは。それでは、さきに通告しました大きく5点について質問いたします。

 1番、大賀地区での交通事故にかかわり、事実上生活道路であり、通学路である道路行政について問います。

 2番、坂田地区の残土埋め立ての事業について問います。

 3番、千葉県が4月25日に発表した予測を受け、館山市の津波、液状化対策はどのようになっていますか。

 4番、館山夕日桟橋付近におけるウミホタルの生息状況は、桟橋ができる前と比較してどのようになっていますか。

 5番、里見氏城跡の国史跡指定を受けて、今後どのような取り組みを考えていますか。

 以上、よろしくお願いします。答弁によっては、再質問をさせていただきます。



○議長(福岡信治) 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) 内藤欽次議員の質問にお答えいたします。

 第1点目、大賀の交通事故に伴う対応についてですが、4月27日の事故の発生を受け、館山市として事故当日の27日にドライバーに注意を呼びかける安全・安心メールを配信しました。

 4月29日には、館山警察署により、交通死亡事故緊急対策会議が開かれ、館山市としては交通死亡事故多発警報発令を知らせ、交通安全を呼びかける安全・安心メールの配信、館山警察署との共同による主要交差点での街頭監視、交通指導車による交通安全広報の実施、旗やポスターの掲示による交通安全の啓発を行ったところです。

 5月2日に開催された緊急現地診断においては、事故防止の対応策について協議を行いました。その後、交通指導員等へ危険箇所への再点検を依頼するとともに、今回の事故発生に加え、最近不審者が連続発生したことから、小学校の下校時間に合わせ、防災行政無線と安全・安心メールにより、市民の皆様に子供の安全への御協力をお願いしているところです。

 また、教育委員会では、今回の事故を受け、児童への心のケアを行うとともに、全小中学校の安全主任会議を開催し、各校での交通安全指導の取り組み状況、バス通学の現状及び今後の取り組みについて協議し、交通安全対策についての情報共有を図りました。現在学区内の危険箇所の再点検及び要望書の提出について各校に通知し、教育委員会で取りまとめをしています。各校から要望された危険箇所について、今後開催される関係機関との会議等において報告し、改善を求めていきたいと考えています。

 なお、危険箇所の改善以外にも、これまでの交通安全指導に加え、児童生徒の危険予測、危険回避能力の育成を図り、さらには関係機関や地域との連携を一層深め、学校、地域で連携し、子供の見守りを行っていきたいと考えています。今後の取り組みについてですが、館山市と館山市教育委員会のさらなる連携を強化し、子供の安全対策を講じていきたいと考えています。

 次に、第2点目、坂田地区の残土埋め立て事業の進捗状況ですが、現在は防災対策として実施される調節池造成工事の施工中で、農園造成の盛り土工事が始まるのは6月末ごろになると事業者から聞いています。

 次に、第3点目、館山市の津波、液状化対策についてですが、千葉県の発表は東日本大震災を受け、従来の津波被害想定を大幅に見直した津波浸水予測図と震度5弱から震度6強までの震度ごとの液状化の被害予想を示した液状化しやすさマップを公表したものです。今後千葉県から、さらにこれらの地域別の詳細データが提供されると伺っており、これを受け取り次第、防災マップの修正を行い、今年度の秋ごろを目途に市民に配布する予定です。

 なお、この千葉県の発表に伴う今後の取り組みについてですが、想定の見直しに伴い、津波一時避難ビルの追加などが考えられますが、基本的にこれまで取り組んできた初動体制に重点を置いたソフト対策を中心に進めていく予定です。

 次に、第4点目、館山夕日桟橋付近におけるウミホタルの生息状況についてですが、現状の生息状況調査は実施していませんので、正確には比較できませんが、ウミホタルがとれにくい状況にあるため、ウミホタル観察会が休止状態にあることは承知しています。

 第5点目、里見氏城跡の今後の取り組みについては、教育長から答弁いたします。

 以上です。



○議長(福岡信治) 出山教育長。

         (教育長出山裕之登壇)



◎教育長(出山裕之) 引き続き、内藤欽次議員の御質問にお答えいたします。

 第5点目、里見氏城跡の今後の取り組みについてですが、国史跡、里見氏城跡、稲村城跡を次世代に確実に継承し、歴史遺産を生かしたまちづくりの実現に資するため、稲村城跡保存管理計画策定委員会を組織し、文化庁及び千葉県教育委員会の指導と助言を受けながら、今年度と来年度の2カ年事業により、史跡の保存管理、整備活用の基本方針と構想を策定してまいります。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) それでは、再質問させていただきます。

 1番、今回の大賀地区で起きた交通事故や2年前のバス待ちの神戸小学校生徒の3人が車にはねられ、重傷を負った事故の最大の問題点は、生活道路であり、通学路にもなっているのに、歩行者の安全が優先されていないことだと思います。道幅は全体的に狭い、車がそこを通り抜けるのにいっぱいいっぱいで、歩行者の通るところの幅はとても狭い。このようなところこそ、歩行者の安全をまず第一に考えるべきだと思いますが、いかが思いますか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 確かに議員のおっしゃるとおり、歩行者の安全は最重点に考えたいと思っておりますけれども、市内国道、県道、市道、大変距離数も多うございますので、危険箇所からということで私どものほうでは安全対策を考えていきたい、このように思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) まず、そういうところから始めていってもらいたいと思います。

 大賀の場合もそうですが、道路は所轄は県なので、千葉県の警察署交通部規制課に事故に対する対応を確認してみました。この規制課という部署は、人を守るためのさまざまな道路規制をやっているそうです。担当者に確認したところ、重要なのは地元の声だ。地元の状況がよくわかっている方々の意見をもとにすれば、どのような規制をすればよいかよく見えてくるということでした。また、埼玉県の川口市では、県警や住民との話し合いを重ね、生活道路の事故対策を強め、効果を上げているとのことです。地元の方々がどこが危険なのか、どんな対策が必要なのか、最もよく知っていると思います。

 そこで、お尋ねします。市が行う対策会議などには、先ほど答弁もありましたが、住民代表、交通弱者、児童の保護者、PTA代表、町内会代表などに必ず出席してもらい、意見を聞くことが重要だと思います。特に保護者、PTAの意見を聞いてほしいと思いますが、確認になるかと思いますが、お答え願いたいと思います。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 先ほど石井敏宏議員に市長から答弁したとおり、そういった地元の意見ですとかPTA、そういう各種団体、そういった意見が言える場を検討していきたいということで考えております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) ぜひともよろしくお願いしたいと思います。

 さて、毎日新聞の5月29日付の記事には、道路標示やバス停の移設も実施されないで、事故の衝撃で亀裂が入ったブロック塀もそのままで、現場は放置状態とあります。事故から1カ月なのに、何も対応されていないため、地元から行政の対応が遅過ぎるとの怒りの声が強まっているとありました。市の教育委員会は、5月9日に緊急会議を開いて対策要望をまとめて、先ほどの答弁にもありましたが、今後の対策に努めています。

 それで、お聞きします。いろいろあると思いますが、幾つかの対策として歩道の拡幅、ガードレールや縁石の設置、運転手に注意を促す標識の設置や、場所によっては速度制限、登校時間帯の通行禁止などが挙げられているようです。6月4日には既に路面標示が実施されましたが、それ以外には具体的に何をいつまで実施しようとしているのかお答え願いたいと思います。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 ただいま交通安全施設の整備状況、新聞情報で内藤議員からお話がありましたけれども、確認の意味で私のほうから若干説明させていただきます。まず、道路管理者であります安房土木事務所、そちらのほうでは路面標示といたしまして、山形の減速マーク、それから立体的に見える減速標示、それと速度を落とせという標示、それからハブ式外側線、ハブ式というのは車のタイヤが乗りますと、音が出る区画線、こういったものを6月4日に施行したということで確認をしております。

 それから、ほかの対策ということですけれども、道路管理者だけではなくて千葉県の公安委員会、今規制課云々のお話がございましたけれども、そちらのほうでは50キロから40キロの速度規制の変更を行う準備を進めているということです。これは速度規制をしますと、当然に路面標示ですとか規制標識、そういったものを設置しなくてはいけないということなんで、規制課のほうで準備を進めているという、このような状況を聞いております。

 それから、もう一方で、バス事業者、こちらのほうではバス停の移動、カーブのあったバス停を5メートルほど西岬側に移動しまして、待合者はわき道の少し入ったところで現在待っていただいている、このような状況でございます。

 ただ、これをもう少し安全な場所にということで考えておりますけれども、なかなか用地の提供の話が、順次進めておりますけれども、それを協議しておりますので、それがある程度了解が得られれば、バス停の移動についても陸運局の許可等が必要でございますので、それは協議を進めながら、用地が確保できれば移動したい、このような現在の状況でございます。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) かなり具体的なことであって、ぜひそれを進めていってもらいたいんですが、その具体的な一つに、歩道と車道の色分け、こういうことがかなり有効かというふうに思いますが、これはどうですか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) 有効性については承知しておりますけれども、これは道路管理者である安房土木事務所と相談しながらということで考えていきたいと思います。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) よろしくお願いします。

 40キロにするという提案がありましたが、そのことについてお尋ねします。ちょっと不思議なんですが、道路を調べてみますと、宮城の交差点から事故のあったところを含めて、波左間までは時速が50キロになっていると。伊戸からその先までは、波左間から伊戸までは40キロです。また、宮城の交差点から船形方面に向かう海岸通り、また城山商店街に向かう通りは40キロです。このうち海岸道路は整備されましたが、歩道も広く縁石、ガードレールもある、整備されたところですが、また上真倉から大神宮に抜ける410号も民家が少ないのに40キロです。

 ここで振り返りますと、宮城と波左間の間だけが50キロになっている。それだから起こったというわけではありませんが、なぜそこだけがこのような制限速度になっているのか、わかったら教えていただきたいと思います。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 道路規制につきましては、先ほど来お話がありますように、千葉県の公安委員会の道路規制課、そういったところで交通量、そういったものを加味しながら規制していくと思っています。何か聞くところによりますと、この場所も以前から速度制限がどうかなという話は聞いておりますけれども、最終判断といいますか、これは当然規制していく公安委員会のほうで定めるべきものだと思っていますし、もし特段規制でこの地点が速度制限が適当ではないということのものがあれば、市のほうとしても公安委員会のほうに申し入れをしていきたい、このように思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) なぜそこになっているのかというのは、公安委員会が考えているということでしたが、そのとおりだと思いますので、そこのところ、もしできたらはっきりさせて、後で教えていただきたいというふうに思います。

 それから、不思議なことに、事故現場に向かう道路面では、それぞれ上下に道路にカーブ注意という標識がなされています。しかし、笠名から事故現場までの大賀までの間には、ほぼ同様のカーブが二、三カ所あります。そこにはカーブの標識がありません。常識的には同様の標示がそれぞれのカーブの箇所になされるはずだと思うんですが、そうはなっていない、その理由はどんなところにあると思いますか、お願いします。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 個々のケースはいずれにしましても、規制標識というのは先ほど申し上げましたように、公安委員会で決めております。例えばとまれですとか、先ほど言いました速度ですとか、それは公安委員会です。それ以外の警戒標識、黄色で四角く横になっているのを御存じかと思いますけれども、ああいった警戒標識については、道路管理者が設置するということになっておりますので、もし警戒標識であれば、道路管理者、市道であれば市でできますけれども、ここは県でございますので、こういったところに警戒標識が必要ではないかということであれば、その要望を受けて道路管理者のほうに要望していく、市であれば市で設置すると。私どものほうで交通安全対策費を持っておりますので、その中で市道であれば前倒しで実施していきたい、このように思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) いろいろ分担があるようですけれども、市はそういう要望を受けて、ぜひとも実現をよろしくお願いします。

 1番の最後になりますが、石井さんも聞かれましたけれども、これから夏の観光シーズンを迎えます。波左間の海水浴を初め、西岬方面の車と人の流れが多くなります。そして、今後坂田地区残土埋め立て場へのダンプカーが恐らく先ほど言いましたが、かなりの台数が走るということになります。市としてはいろいろ挙げたと思いますが、人優先、人の安全の施策をどのように進めていくつもりですか、お答え願いたいと思います。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 確かにこれから夏を迎えて、お客さんが多く、交通量もふえていくと思いますので、先ほど残土の関係で6月末から多少動き始める、お客さんも来る、そういった状況で、交通事故には安全教育含めて、道路を急に直すというのもなかなかできない状況ですので、先ほど言いました規制あるいは警戒標識等、あるいは安全広報、私どものほうで交通指導車持っていますので、それでパトロールするなり、ソフト面で対応していかざるを得ないかなということで現在は思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 先ほどダンプを1日100台以下を要望していくと、期待するけれども、信用していいのかどうかというふうな話がありましたけれども、もし100台以下、またそれ以上とまらないというようなことが起こった場合、市のほうではどのように対処するんでしょうか。一番重いのは工事中止というようなことになるかと思いますが、なかなか言うことを聞いてくれないという場合はどのようなことを考えておりますか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 埋め立て事業に対する運搬の件でございますけれども、先ほどもお話しさせていただきましたとおり、事業者に対しまして交通安全、特に地元の方々、お子様、通学路というところもございますし、高齢者の方もいらっしゃいます。歩行者の安全確保ということを強く要望しております。県の土砂運搬適正化要綱におきましてもそれらが協定の中に含まれて、市の意見も添付されているところでございます。法令等を遵守されて、制限速度につきましても含めて安全対策というものが確保されるというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 一般的な答えじゃなくて、私が聞いたのは重くて事業中止という措置も考えているのかどうかということですが、どうしても守らないという場合はそういうことを考えていくのかどうかお聞きしたいと思います。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 特定事業の取り消しということに対しましては当てはまらない内容かと思います。取り消し等の要件には当てはまらない内容で、現実的に安全確保がされることが重要かというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) それはできないということですが、じゃほかにどういう施策をとりますか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 市としては繰り返しになりますが、事業者の計画等も確認しております。安全確保、運転者に関するもの、速度制限、周辺への土砂の飛散等起こらないようにと、そういうことも含めて、車両の運行に関して事業者から提出されている内容を確認しております。事あるたびに市としても要請をして、確実に実施していただけるものと考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) しつこいようですが、しつこく迫っていただきたいと思います。

 2番に移ります。1月5日に市と業者で交わした覚書についてお尋ねします。住民のための施策を行うということは、先ほど大賀の事故でも言えることですが、そういう場合に地元住民と行政、そしてできたら専門家、この3者の協議が基本だと思います。したがって、覚書の作成に当たって、地元に当たる波左間の漁協ですが、先ほど漁業の問題が出ましたが、漁業の死活問題として繰り返し要請をしている地元の波左間漁協の意見を聞くべきだと思いますが、そうしましたか、しませんか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 覚書に関しましてでございますけれども、お話は伺っておりません。全体的な話として、県の条例プラス市の考え方ということで、県の条例に加えまして覚書により排水検査等、追加をして実施するようにということで取り交わしたものでございます。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) ちょっと私の聞き方が悪かったかと思いますが、地元波左間漁協の意見を聞いたのか聞かないのか、このイエスかノーかです。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) ですので、伺ってはおりません。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 私が再三述べているように、地元を大切にしていくということが基本だということですが、盛んに訴訟まで起こしてやっているわけです。なぜそういう意見を聞かなかったんでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 埋め立て事業に関しましては、現在県の条例でその制度の中で動いておるものでございます。県の制度に加えまして、市としても皆様方の安心を確保するため、放射能の関係、また水質について加えて事業者に実施するようにというふうに要請しているところでございます。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 何だか教科書を読んでいるような感じですが、なぜ波左間の漁協の意見を聞かなかったのかということを明確に答えてください。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 県の条例の中で行われている内容でございます。その内容について、基本的には十分なところというふうに認識しておりますが、地元の皆様方のことを考えて、覚書で追加して安全性の確保をするために測定を実施するようにということで覚書を締結したということでございます。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) ちょっとよくわからないんですが、これ続けているとあしたになっちゃうんで、ぜひとも波左間漁協の意見を、それどう対応するかは別としまして、聞いていただきたいということをお願いしたいと思います。

 それで、今答弁の中にありました水質検査、放射能検査、いろいろありますが、そのときに漁協関係者などに立ち会ってもらうと、一緒にやってもらうというようなことをやるべきだと思いますが、いかがですか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) これらの検査に関しましては、県条例の中で定められているもの、また市として行うものでございます。県条例の中にも立ち入りの検査権、県の職員持っております。市の職員も併任ということで、その検査権を持っております。そういう職員が現場で確認をする。そして、検査におきましては、試料採取につきましても認められている、認定されている検査機関の者が試料採取するということで行われるものでございます。十分に信憑性は高いというか、これ以上のものはないというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) それはそうだと思いますが、立ち会わせるのか、立ち会わせないふうにするのか、どちらか、これもイエスかノーかなんですが、どうでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 検査におきまして、先ほども申し上げましたように、立入検査権を持っている職員ということで立ち入って検査をしております。民間の土地に入るということで、その権限に基づいて行っているものでございまして、一般の方々が入れるかというのはまた別の問題、現実的にはだれでも入れるというものではないというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) それじゃ、市の職員の立ち会いはどうですか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 市の職員は県の併任辞令を受けております。立入検査権を有して県の職員とともに検査に当たっております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) じゃ、ぜひよろしく市の職員に立ち会っていただきたいと思います。

 じゃ、次に移ります。先ほどの坂田川の汚れですが、新聞でも報道されています。汚れている、これは上のほうは売り払ったんですが、下のほうは市のもの、まだ市のほうだと思いますが、汚したのはその責任をとってもらうということで、館山市法定外公共物管理条例違反となります。厳正な措置をすべきじゃないかというふうに思いますが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) 現在訴訟中でございますので、答弁は差し控えます。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 訴訟中であるから言えないというのは、ちょっと何か解せないんですが、それはどういう理由ですか。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) 今現在訴訟中なんで、答弁は差し控えます。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) ちょっとよくわかりませんが、後で詳しく聞いていきたいと思います。こうやっていると、また時間が経過してしまいます。やったとか、やらないとか。

 じゃ、次、昨年10月10日に差しかえられた土砂等の運搬計画に、また新しく出したんですが、虚偽記載の疑いがあります。市を相手に訴訟を起こした皆さんを中心に、県にその確認をしているそうです。このことについて、市の見解をお尋ねします。幾ら許認可権者、県が許可するといっても、市は現地の自治体です。地方自治法では、地方公共団体の基本である住民の福祉の増進がうたってあります。市の不安を払拭するためにも、みずからその実態を調査すべきだと思います。県任せでなく、先ほど来やりとりはありましたが、独自で調査するべきじゃないかと思うんですが、いかがですか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 今回の埋め立て事業に関しましては、議員、県、県とおっしゃいますが、県の条例に基づいて許可をされております。その搬入に関しましても県で十分審査されているものと考えております。現実的に搬入をされる場合には、土砂の搬入に発生元ごとに証明、そして土質検査等も添付されております。その内容につきましては、確認をできるものと考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 今確認ができると思いますというふうなことなんで、ぜひそれが本当の工事なのかどうか、あり得る工事なのか確認をしていただきたいというふうに思います。

 それでは、3番に入ります。地震、津波の問題ですが、4月25日と言いましたけれども、最近県が6日ですか、対策を強めた実際の対策を発表しました。また、いろいろそれによって取り組まなきゃいけないとは思いますけれども、まず市街地の中心である海岸沿いの付近、那古船形から館山、沼、ここには津波の高さ6メートルというふうに予想されています。この低い地域に在住している人数、世帯はどのぐらいいますか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 ただいま御質問で6メートルというお話がございましたけれども、私ども以前5メートルということで調べた世帯数、人数がございますので、それでお知らせしたいと思います。もちろんこれは1件ずつ確認ではなくて、住宅地図あるいは住民基本台帳、大字等から算出したもので、一つの目安、推計ということで思っていただければいいと思います。大字では川名から宮城までの区域で5メートル以下の住んでいる方、これは世帯数でおおむね2,800世帯、人口で申しますと約6,000という数字を持っております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) ちょっと少ないかなというふうに思いますが、5メートルでやっておりますか。仕方がないかと思いますが、ここにいる方が一番助けられなきゃいけないというふうに思いますけれども、この人々の命を救う最善の施策は、私は次のように考えておるんですが、いかがでしょうか。

 まず、避難箇所の確保、それができたら避難する経路、どういうふうにやったら一番いいのか、その調査と整備、その避難経路の標識、これを切迫感のあるものをつくって、だれもがさっと逃げられる、こういうふうな方策がいいんじゃないかと思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) そのとおりだと思います。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 一致したんで、大変うれしく思います。なかなかありませんから。

 そこで、市のほうの協力も得て、今八幡ではその経路づくりを連合区長を先頭にやっております。避難場所を確保することに立ち会っていっておりますし、つい二、三日前に安房高に行って、この標識を立ててもよろしいかどうか、ちょっとかたいところですから、なかなかうまくいかないんですが、何とか許可をもらえるということになりました。これは市の協力もあるわけですが、大変苦労しております。自慢話ではありませんけれども、連合区長さんが一生懸命やっておりますので、みんな協力してやっているんですが、これができれば、特に八幡では3区と言われる海岸沿いの方、これが非常に問題でありますけれども、地域が一生懸命やらないと、また苦労してやっていかないと、なかなか進まないということがここでわかりましたけれども、他の地域は、私は調べたわけじゃないので、どうなっているのか、こういうことがやられているのかどうか、またやってもらうように努力しているんでしょうかどうですか、そこら辺のところを聞きたいと思います。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 ただいま八幡の関係、詳しく御説明していただいたんですけれども、ほかの防災組織、自主防災会のほうでも助成金ございます。コミュニティ助成事業を使って、例えば八幡でやっているような事業、標識つくったり備品そろえたり、そういうこともやっていますし、特に一番お願いしているというか、一番各自主防災会で実施しているのは、実際の実施訓練、これを主体的に行動して、どこへ逃げたらいいのか、あるいは避難場所はどこなのかということで、震災を踏まえて、そういう意識というのは市内で大分高まってきているということで認識しております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) やはり現場が一番大切だと思うんで、ぜひともきめの細かい御指導をよろしくお願いします。

 4番に移ります。市長さんの御回答でも、桟橋付近ではウミホタルがとれにくくなっているということを言っております。これは大変重要な問題じゃないかと思います。2011年3月発行の館山市基本計画の45ページ、観光立市たてやま行動計画の推進の項には、いつでも会えるウミホタル観察事業が挙げられております。52ページには、「館山市の自然資源の保全とその活用について検討します」とあります。また、2006年6月9日発行の観光立市たてやま行動計画の9ページには、いつでも会えるウミホタル観察事業について、「滞在型観光を推進するためには、宿泊することで体験できるメニューの開発が重要となります」とあります。「そこで、現在、宿泊施設との連携により「館山海ほたる観察倶楽部」が中心となって開催している「ウミホタル観察会」の充実を図ります」とあります。このように非常に重要視していることがわかります。先ほどの答弁の中でも体験観光を推進するということがありました。 ウミホタルはアクアラインの名前にもつけられておりますし、東京湾100選にも載っています。このことから、市の観光行政の重要な柱の一つであると思いますが、そのとおりでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) そのとおりでございます。ウミホタルの保護や育成でございますけれども、市の観光立市の中では重要なことでございます。これまで私もウミホタルの観察会などにも出席をいたしましたけれども、そもそもウミホタルの放つ青い輝きをごらんになった皆様が非常に感動する様子などを拝見しますと、やはり観光資源における一つの素材として、非常にすばらしいものであると考えております。大切な観光資源と認識をしてございます。

 以上でございます。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) そのとおりで大変皆さんが考えていることだと思いますが、それを受けて、基本的にウミホタルの生息調査、これを行ってもらいたいというのが主題なんですが、また前のことを言いますが、2008年、県立安房博物館の発行した冊子、「館山湾のウミホタル」では、ウミホタルの生息量、生息個体のサイズなど定期的に調査すると。調査したことを受けて、これをさらに定期的に調査するというふうに挙げています。市は博物館の機能を引き継いだわけですから、この機能を発展させて、ぜひ生息調査、これをやっていただきたいと思いますが、いかがですか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 議員御指摘のとおり、ウミホタルの実態調査ということは、生息調査をすることは非常に大事なことだと考えております。今後に向けては、どういうあり方が必要かということを検討する上でも実態調査の検討などもしてまいりたいと考えております。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 私の思ったとおりの答えが出て、大変ありがたいというふうに思います。そういう調査を含めて、ウミホタルが生きていかれる自然環境をつくっていただいて、保護、育成、こういう活動をぜひとも部長さんが述べたように進めていただきたいというふうに思います。

 さて、5番、教育長さんの答弁ですが、国指定まで運んできた、こういう努力も非常にすばらしいと思います。長年10年、20年かけてようやっと達成されたと。こういうことをさらに続けて、今までよりもさらに観光客を呼び寄せるものとして、または史跡を、歴史を学ぶということもやっていけたらというふうに思っております。

 それで、ちょっと長ったらしい名前なんですが、稲村城跡保存管理計画策定委員会、こういうものをつくってやっていきたいというふうに言っております。その会をつくって、基本的にはどのようなことを目指しているのか、ちょっと伺いたいと思います。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 保存管理計画策定委員会は、来月7月ぐらいに立ち上げたいというふうに考えております。この計画策定委員会は、メンバーがまず学識経験者、考古学だとか歴史学、造園学、環境学、こうした専門家の方に委員になっていただきます。また、地元、稲地区の方もこのメンバーに入っていただくと。それから、館山市民の中からこうした活動にかかわり合いのある方、そうした方をメンバーに入れて、委員会を立ち上げていきたいと思います。この委員会では、今後稲村城跡をどういうふうに整備して、どういうふうに活用していくか、そういうことをこの立ち上げ後に話し合っていくという予定でございます。

 以上です。



○議長(福岡信治) 内藤欽次議員。



◆13番(内藤欽次) 今御回答をいただきましたけれども、地元の方、それから今まで取り組んできた方、こういう方に入っていただくと。非常に民間や市民の意見を取り入れていくという姿勢だと思います。実際には非常に難しいことかもしれませんが、ぜひ先ほど言いました観光立市たてやま行動計画概要版の中に、9ページ、10ページにはもちろん稲村城跡そのものですけれども、「NPOや行政などが協働し」というふうにうたわれております。ぜひともそういうメンバーを入れて、実際携わってきた方々の御協力をぜひともいただいていきたいというふうに思います。

 じゃ、私の質問はこれで終わります。ありがとうございました。



○議長(福岡信治) 以上で、13番内藤欽次議員の質問を終わります。

 午前の会議はこれで休憩とし、午後1時再開いたします。

          午前11時53分 休憩

          午後 1時00分 再開



○議長(福岡信治) 午後の出席議員数18名。午前に引き続き会議を開きます。

 9番石井信重議員。御登壇願います。

         (9番議員石井信重登壇)



◆9番(石井信重) 本日3番目の登壇となります。よろしくお願いいたします。それでは、通告に従い、大きく3点について質問をさせていただきます。

 まず、大きな第1、成年後見制度について伺います。館山市の65歳以上の高齢化率は30%を超え、現代の核家族化の進展なども伴い、ひとり暮らしの高齢者や高齢者のみの世帯も年々増加してきております。こうした中、残念ながら振り込め詐欺ですとか孤独死といったニュースが耳に入り、大変胸を痛めております。また、認知症など判断能力が不十分になってしまう方々も増加傾向にあり、不幸にして悪徳商法などトラブルに巻き込まれてしまっている方々も少なくないと聞いております。私たちにとって、まさに地域の宝であり、大切な存在である高齢者の皆様の安全、安心な暮らしを守ることは、現代を生きる私たちの責務であり、未来にも向けた人としての連綿とつながる大事な問題であると私は考えています。そのような中で、成年後見制度の持つ役割はますます重要性を帯びてきていると思います。

 そこで、次の2点につきまして、質問をさせていただきます。まず、第1点目として、申し立て、制度利用状況について伺います。平成12年、西暦2000年よりスタートいたしましたこの成年後見制度と介護保険制度は両輪であると言われておりました。しかし、成年後見制度の普及はなかなか進んでいないのが現状であると思います。近年、家族関係の崩壊により、親族の協力が得られない方や、御家族がいても介護の疲れなどから身体的あるいは心理的虐待につながるケースなども多く報告されております。また、本人の意思や利益に反して、判断能力がないことをいいことに、親の財産などを勝手に使ってしまうような経済的虐待などもあるかもしれません。本来親族が申し立てることが多い個人的なプライベートな問題でもあり、非常に難しいところではございますが、こうしたさまざまな問題から身動きのとれない後見等のサポートを必要とする高齢者の存在が多くあるのではないかと危惧してなりません。ここで市町村長による申し立て制度の活用が期待されてまいると思います。改めて市内の高齢者数、ひとり暮らしの高齢者の数、また障害を持つ方々の人数を確認させていただきたいと同時に、近年における市長が審判の請求を行った件数をお聞かせいただきたいと思います。

 次に、第2点目として、館山市における取り組みについて伺います。成年後見制度の利用が進まない理由に、制度に関する情報提供や相談体制が不十分であるといったことや、市町村長の申し立て制度が十分に活用されていないことなどが考えられます。館山市として、どのように取り組んできたのか、また今後どう利用促進を図っていくのかお聞かせ願いたいと思います。

 続きまして、大きな第2、交通安全対策について伺います。4月に市内において児童の大変痛ましい事故があり、本市以外においても最近通学中の児童生徒の集団が被害者となるような事故が頻発しております。これらの被害を未然に防ぎ、安全を確保することは、行政を含め、私たち今を生きる社会全体での重大な責務であると感じています。

 そこで、本日午前中にお二人の議員さんも交通安全に対する質問に触れておられましたけれども、多少重複することがあるとは思いますが、私からも交通安全対策について3点ほど質問をさせていただきます。

 まず、第1点目として、館山市教育委員会での安全主任会議について伺います。去る5月9日に、市内各小中学校の安全を担当する方々を集められ、安全主任会議を開催したと伺っています。新聞報道等でも多く取り上げられておりましたが、改めてどのような内容であったのかをお尋ねいたします。

 次に、2点目として、市内各小中学校の危険箇所取りまとめ状況について伺います。これもやはり危険箇所の再点検を学区ごとにしているとお聞きいたしましたので、その状況を伺いたいと思います。

 第3点目として、児童生徒に対する交通安全指導、今後の取り組みについて伺います。今回の事故を初め、登下校時などに集団で被害に遭うケースは本来子供たちに非はないものであると思っています。しかし、現実にはハード面の整備拡充、ドライバーなどのマナー、モラルの醸成など、挙げれば切りがないほど課題は山積していると思います。現代の車社会、現実的な悪い通学路の環境の中で児童生徒の意識を高めること、また心のケアに配慮することなど非常に多くのことも重要になってきているように感じています。そこで、改めまして、交通安全指導という観点から今後の取り組みについてお伺いしたいと思います。

 最後に、大きな第3、館山市の情報発信について伺います。まず、その第1点目として、館山市の暮らしの便利帳発刊、配布について伺います。今回初めてしっかりとした厚い形での便利帳ということが各戸別に配布されました。非常にいいことだと思っております。特に今回の作成に当たりましては、官民協働事業ということで、パブリック・プライベート・パートナーシップ、PPPを採用したというように伺っております。今回そのPPPを採用したメリット、またどのような考えで今回便利帳を発行されたかということでお尋ねをさせていただきたいと思います。

 最後に、第2点目として、館山市ホームページのリニューアルについて伺います。平成16年の4月から利用されていましたホームページの作成システムの入れかえに合わせて、今回リニューアルをしたと伺っておりますけれども、私もいろいろと実際に試したり、いろいろのぞかせていただく中で、非常に本当に使い勝手がいい部分もありますし、逆に今までのシステムになれてしまっていると、ちょっとあれっというところもございます。そういったことも含めまして、今回情報発信という観点からホームページのリニューアルについてもお尋ねさせていただきたいと思います。今回特にどのような観点でリニューアルされたかということについて伺いたいと思います。

 以上、大きく3点について質問させていただきました。御答弁によりまして、再質問させていただきます。



○議長(福岡信治) 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) 石井信重議員の質問にお答えいたします。

 大きな第1、成年後見制度についての第1点目、申し立て、制度利用状況についてですが、市内における65歳以上の高齢者数は本年5月1日現在で1万5,813人、ひとり暮らしの高齢者数は平成23年10月1日現在で2,133人です。また、知的障害者は本年4月1日現在で351人、精神通院医療受給者は本年4月1日現在で683人です。市長が審判の請求を行った件数についてですが、館山市成年後見制度利用支援事業実施要綱が施行された平成18年度以降に行った高齢者についての請求は、平成20年度に1件、平成22年度に1件、平成23年度に1件、平成24年度に1件の計4件があり、いずれも後見開始の審判です。知的障害者についての請求はありません。精神障害者についての請求は平成20年度に1件あり、これは保佐開始の審判です。

 次に、第2点目、館山市における取り組みについてですが、広報やパンフレットなどで制度の周知や利用促進に努めてきました。引き続き館山市地域包括支援センター、安房地域生活支援センター、千葉県中核地域生活支援センターや関連団体等との連携により、制度普及のための広報を行うとともに、講習会を開催していきます。今後高齢化の進行に伴い、成年後見制度の活用の増加が見込まれる中、さまざまな立場や職種の方々、関係機関などと連携しながら、制度の利用につながるような体制づくりに努めます。

 大きな第2、交通安全対策については、教育長から答弁いたします。

 次に、大きな第3、館山市の情報発信についての第1点目、館山市暮らしの便利帳の発刊、配布についてですが、民間事業者の編集ノウハウにより、これまで掲載してきた行政情報に加え、身近な生活情報、観光や歴史、文化、食のブランド、直売所など地域情報も掲載し、楽しむ、知る、調べるなど市民の皆様にとってさまざまな場面での利活用が可能となっています。また、広告の掲載により、編集から発行、配布まで、館山市が財政負担をすることなく、市内の全世帯に配布することができました。

 次に、第2点目、館山市ホームページのリニューアルについてですが、まずホームページを見やすくするため、各課の情報を暮らしの情報、観光・文化情報、しごと・産業情報、市政情報の4つに分類し、トップページに配置するとともに、イベントカレンダーや暮らしの状況に応じた情報ページへのリンクを設置することにより、情報を探しやすくしました。また、サーバーを外部のデータセンターに配置し、クラウド化することにより、災害時の影響を受けにくくするとともに、システムの脆弱性への対応などセキュリティーの強化を図りました。

 さらに、記事の作成についても統一された入力フォームから情報が入力できるようにするなど、入力作業の効率化と職員の負担軽減を図り、簡単な操作により、タイムリーな情報発信が行えるように改善しました。

 以上です。



○議長(福岡信治) 出山教育長。

         (教育長出山裕之登壇)



◎教育長(出山裕之) 引き続き、石井信重議員の御質問にお答えいたします。

 大きな第2、交通安全対策についての第1点目、館山市教育委員会での安全主任会議についてですが、5月9日に各小中学校の安全担当の職員を集め、緊急の安全主任会議を開催いたしました。会議では、各校での交通安全指導への取り組み状況、バス通学の現状、今後の取り組みについて協議し、学校で確実に行うべきことについて共通理解するとともに、学校からの要望についても意見を聞いたところであります。

 次に、第2点目、市内各小中学校の危険箇所取りまとめ状況についてですが、安全主任会議後に各校で再点検した学区内の危険箇所につきまして、5月末までに要望書として教育委員会に提出させ、現在教育委員会において提出された要望書を取りまとめているところであります。

 次に、第3点目、児童生徒に対する交通安全指導、今後の取り組みについてですが、これまでの交通安全指導に加えて、児童生徒の危険予測、危険回避能力の育成を図り、さらには地域との連携を一層深め、学校、地域で連携し、子供の見守りを行っていきたいと考えております。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 御答弁ありがとうございました。それでは、まず大きな第1、成年後見制度についての再質問をさせていただきます。

 ただいま市長からの御答弁で、市内65歳以上の高齢者が1万5,000人を超えていること、またひとり暮らしの高齢者も2,100人以上いるということです。また、それから館山市での市長が審判の請求を行った件数も確認することができました。

 南房総市では、平成22年度に高齢者が1名、それから平成23年度に高齢者1名、障害者が1名ということでこの制度での申し立てを行っているというふうに聞いています。高齢化率が30%を超えているこの地域におきまして、この館山市においても、今申しました隣接する南房総市においてもこれほど多くの高齢者がいるにもかかわらず、今の御答弁ですと、私の予想とは異なって請求件数が非常に少ないなということに正直驚いております。この安房地域全体ということで、成年後見制度の申し立て件数、さらにはまた同じく千葉県内全体での申し立て件数もわかればお聞かせください。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) それらの申し立て件数の合計ですけれども、3市1町、安房での平成23年中における申し立て件数でございますが、後見開始が34件、保佐開始が6件、補助開始が1件の合計41件でございます。また、千葉県全体での申し立て件数は、後見開始が1,239件、保佐開始が181件、補助開始が55件の合計で1,475件となっております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。3市1町ということでこの館山管内ということなんだと思いますけれども、全部で41件ということで、その中で館山市が先ほど話しましたけれども、23年度中で1名ですか、やはり。ということで、非常に確率としては少ないのかなということはこの数字からもやっぱり見てとれるかなと思います。

 そういった中で、非常に今やっぱり市長の請求による審判ということは重要なのかなというふうに考えているんですけれども、実際ここで市内におけるというんですか、高齢者の方々の実情についてお聞かせいただきたいと思うんですけれども、実際に財産被害などに遭ったような事例などは把握していますでしょうか。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) 財産被害といいますか、振り込め詐欺について、館山市内での件数は平成23年度で4件となっております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。振り込め詐欺で4件ですね。

 じゃ、同じく続きまして、実情ということで、例えば先ほども私少しお話しさせていただきましたけれども、高齢者への身体的ですとか経済的だとか、ある程度虐待ということもお聞きしております。そういったような事例などもやはり把握しているかということと、あわせてそのようなことに対する対策などは行っていますでしょうか。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) 高齢者を扶養している養護者からその高齢者に対する虐待の件数ですけれども、相談や通報を受けた件数は平成22年度に19件ありました。その虐待の主な内容は、身体的、または心理的な虐待が主な内容でございます。

 また、その対策ですけれども、このような高齢化率が進展して、独居老人、また高齢者だけの世帯がふえる中で、虐待するケースも多々ふえることがあるかと思います。そのために、館山市においても高齢者虐待防止ネットワークを開催し、関係機関との情報共有や見守り体制の強化を図っているところでございます。

 以上でございます。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。現状で、今平成22年に19件ということで、それだけの相談や通報などがあるというやっぱり実態があるのだと思います。これは本当に非常に厳しいというか、悲しい現実であると思うのですけれども、今の対応というお話の中で、高齢者虐待防止ネットワークですか、というものを開催されていると今お聞きしましたけれども、このネットワークというものは一応どんな目的で設置されたというんですか、また経緯等もあわせてちょっと教えてください。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) 虐待防止ネットワーク会議が設置された経緯でございますけれども、地域において高齢者と接する機会のある関係機関と連携いたしまして、高齢者虐待を早期発見するため、またその防止を図ることを目的に、平成19年11月に設置されたものでございます。これは高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律が平成18年4月1日から施行され、その中で市町村が責任を持ってその虐待の防止、また適切な支援を行うための連携体制を整備しなければならないと、そういうような規定がございまして、それに基づき、高齢者虐待防止ネットワークを設置したところでございます。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。19年にということで、とにかく早期に発見するということは本当に大事なことであると思います。

 同じようなもので、館山の高齢者見守りネットというものもあると思うんですけれども、そちらのほうもちょっと改めて確認ということで、目的、また経緯等をお聞かせください。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) たてやま高齢者見守りネットについてでございますけれども、これはひとり暮らしの高齢者、高齢者のみの世帯が増加している、これは先ほどから述べておりますように、その中で高齢者を孤立させないためのまちづくりを進めるため、館山市社会福祉協議会とともに見守りネットワークを平成23年2月に立ち上げたところでございます。これは従来館山市社会福祉協議会が中心とした民生委員、また保健推進員活動等による見守り活動が行われてきたところでございますけれども、日常業務で高齢者と多く接点を持つ郵便局、または新聞販売店など、それぞれそのような多く接点を持つ各種事業所の協力、警察や消防などとの関係機関とも連携し、さりげない見守りを行うために連絡体制をつくったところでございます。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 今高齢者虐待防止ネットワークということですとか、それからたてやま高齢者見守りネットということで2つ一応今確認をさせていただきました。先ほどから話させていただいておりますとおり、実際南房総、この安房のエリアは非常に高齢者が多いということ、そして高齢者のみの世帯ですとか、ひとり暮らしの高齢者が多いという中で、現実にそういったような被害に遭うケース等もあるということを確認しますと、今話をお聞きしました高齢者虐待防止ネットワークの存在ですとか、さらには高齢者見守りネットですか、というものの働きというのは非常にやっぱり重要になってくるのかなというふうに認識しています。

 そういった中で、今回申し立て件数ですとか財産被害だとか、本当にいろいろな事例、実情ということを踏まえていろいろと聞かせていただいたんですけれども、こういったことの取り組みの中で、やはり成年後見制度の利用につなげていかなければならないというように考えています。そのためには、日ごろからあらゆる角度から、今言ったようなあらゆる関連団体からの見守りや市民全体での取り組みというものが必要であるというふうに考えているんですけれども、その辺はどのようにお考えでしょうか。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) 見守りについては、今申しましたように、高齢者見守りネットとか虐待防止ネットワークを通じて見守りを行いたいと思うんですけれども、それらの情報等を有効に活用するために、今後はもっと連携を強く図っていくと。それだけではなくて、保健推進員の活動の中の研修会とか、地域包括との協議の中で見守りについて、そういう視点から研修会とか講習会を改めて強く実施していくことが必要かと思っております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 今部長もお話しされていましたけれども、まさにいろいろなそういう関連団体がある中なんですけれども、特に行政ということでいいますと、本当それこそ健康課に属します保健師ですとか、管理栄養士さんなどというのも高齢者と触れ合う機会、非常に多いと思うんです。また、今お話がありましたとおり、保健推進員も市内に140名を超える方がいらっしゃいます。そういうような方々ももっと成年後見制度というものの理解を深めていただいて、ふだんから意識をしてもらうことで、いろいろな連携を持ってトラブルの防止になるのではないかなというふうに私も考えております。

 そういった中で、成年後見制度の果たす役割は本当に重要で、今後も利用がふえてくると思うんですけれども、実際には後見人の確保という部分が非常に少ないというふうに聞いているんですけれども、その辺はどのようにお考えでしょうか。



○議長(福岡信治) 西川健康福祉部長。



◎健康福祉部長(西川隆) 高齢者が増加していく中で、判断能力が低下していくとか、認知症が進むとか、それぞれ後見人の活用する場、利用する機会が多くなってくるかと思います。それに対応いたしますために、平成24年4月から市町村でこれは市民後見人制度、市民後見人と呼んでいるんですけれども、市民後見人を養成するための研修制度をやりなさい、またそういう利用促進を図るための協議会等を設置しましょうという、そういうような努力義務が課されました。そのような努力義務に明記されたものに基づきまして、市民後見人の養成、育成を図っていきたいと、そういうふうに考えております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。私も非常に同感であります。市民後見人という取り組みというんですか、この制度も今非常に注目をされてきているのかなというふうに考えています。

 一般的には、後見人、または保佐、補助ということで、通常は親族の方が後見人になるケースというのが全体の半分以上を占めているというふうに伺っています。そういった中で、さらには司法書士さんですとか弁護士さんですとか社会福祉士さんというような専門的な後見人という方もいらっしゃいます。

 ただ、またそういったいろいろの中で、まさにボランティアというものを中心に親族後見人と専門職後見人の中間的な位置になるのが市民後見人であるというように私も認識をしております。後見人制度の申し立てをするにも非常に書類の作成が大変であったりとか、それから実際には財産等が絡めば、家族であってもトラブルになることがあったりですとか、いろいろなケースがある中で、本当にある意味中立的な立場であり、ボランティア的な助け合い、また支え合いができるという意味では、非常に市民後見人のこれから存在というのが本当に大事になってくるというか、大きくなってくるなというふうに感じております。たまたまですけれども、つい先ほど館山市でも市民後見人の何か講習会的なものが開かれたということは耳にしております。今部長もお答えいただいたとおり、ぜひ市民後見人という形、制度に関してもしっかりと力を入れて取り組んでいただければ、本当にありがたいなと思います。

 いろいろとお話しさせていただきましたけれども、本当に成年後見制度の役割というものを市民の皆さん一人一人、それぞれにもやっぱりもっと理解してもらう必要があるんじゃないかなと思います。中には、自分の家族の中でそういう高齢者を抱えていて、この制度を知らなかったために、今の特徴的な核家族というか、家族の中でのコミュニケーションがない中で、悲しい、例えばトラブルに巻き込まれてしまった事例なんていうことも伺っています。そういうことを考えると、本当に市民お一人お一人がこの制度という内容を知れば、もっと未然にいろいろな被害が防げるんじゃないかなと、本当に高齢者に対して安心、安全が供給できるような体制がつくれるんじゃないかなというふうに感じています。

 これから先、先ほどからネットの話ですとか、保健推進員ですとか、保健師さんですとかいろんな話出しましたけれども、本当に地域を挙げて、民生委員さんもいらっしゃいます。行政がやはり主体となって成年後見制度をもっと広める、もっと利用促進していくという見守る体制をつくっていただきたいことをお願いしまして、この大きな第1の質問は終わらせていただきます。

 続きまして、大きな第2、交通安全対策についての再質問をさせていただきます。その第1点目の館山市教育委員会での安全主任会議ということでしたけれども、先ほどの御回答の中で、安全主任会議で出された各校の取り組みというものがあったようです。その中で、特に市内の各学校の中で上げられた取り組みの中で参考になるというようなものが具体的にあったのでしょうか、お聞かせください。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 市内の小中学校での取り組みについてですが、参考というか、実際に取り組んできた事例ですが、1つには警察や交通安全協会等の機関に協力を得た交通安全教室の開催、こうしたものを検討すると。それから、2つ目に地区別、通学路別に児童会における危険箇所の見直しを行う。それから、3つ目が危険箇所の写真を掲載した安全マップ、これを作成して学校に掲示する、こうした取り組みを行っているところです。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 特に今3点のことをお話しいただいたと思います。交通安全教室ですか、ふだんからもされているんだと思うんですけれども、より取り組んでいこうということであると思います。

 危険箇所の見直しということで、それこそ先ほど危険箇所の取りまとめということで最初の質問でもさせていただきました。

 安全マップの作成という今お話がありましたけれども、これ私も確認して、私の認識でおりますと、その安全マップというものですか、以前からあると思うんですけれども、ただこれが学校の中に掲示はされていると思うんですけれども、多分それだけであるのかなというふうにちょっと思っています。今回新たに見直しを加え、写真等も入れて非常にわかりやすく作成しているんだと思うんですけれども、ただ学校に掲示するだけではなくて、本来地域の危険箇所というものは、その地域の皆さんがもちろん知っていなきゃいけないことですし、子供たちの登下校に合わせた見守りにもつながると思いますので、家庭ですとか、また地域等にも周知する必要があると思うんですが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 現在各学校で写真掲示や色分け等の工夫を加えて、現在掲示している安全マップをこれからさらに見やすく、効果的なものにしていこうということで見直しているところです。これが完成しました段階で、学校の特定の場所に大きく掲示するのはもちろんですが、各教室とか各家庭、そして地域へ周知していくという予定で現在取り組んでおります。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。ぜひ本当そのようにしていただきたいと思います。もちろん子供たちがしっかりと認識することは当然のことですけれども、学校の先生、またPTA、そしてそれだけではなくて、本当に地域の皆さんにもそういったものを意識してもらうことによって、より安全に近づけると思います。よろしくお願いいたします。

 次に、再質問の第2点目になりますけれども、市内各小中学校の危険箇所の取りまとめ状況についてということで、先ほど御回答いただきましたけれども、各学校の危険箇所ということで、各学校から上がってくる要望というのは実際にどのぐらい上がってきているんでしょうか、もう少し具体的な内容がお聞かせいただければお願いします。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 各学校の危険箇所の取りまとめですが、教育委員会では5月末までに取りまとめたのが72カ所の危険箇所、これに対する要望書の提出がございました。その後も取りまとめが行われておりまして、現在80カ所の危険箇所、この要望書を取りまとめているところです。それぞれの学校から危険箇所を優先順位をつけて要望書という形で提出されておりますけれども、教育委員会の中でその優先順位を整理して、一元的に取りまとめを行っていると。そのような取りまとめの内容の具体例を申しますと、かなりあるんですが、横断歩道に関することで新しくペイントを再度濃くペイントをするというようなこととか、速度制限に関する減速とか速度の標示をしてほしいとか、それからガードレールやポールに関することで危険な歩道にそういうガードレールを設置してほしいとか、それから一時停止線に関することで車が飛び出す危険箇所にそういうものを設置してほしい、狭い歩道を拡大してほしい、カーブミラーに関することで車の見通しが悪い箇所にカーブミラーを設置してほしい、それから陸橋に関することでバイパスに陸橋を設置するとか、標識に関することで児童の横断、登下校の通学を車両に示すような標識を設置するとか、そうしたような内容が現在上がってきているところです。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) いろいろと細かい内容を御提示いただきまして、ありがとうございました。これふだんから皆さんもそうだと思いますけれども、本当にいろんな皆様から上がってきていることだと思います。

 ただ、要望というものを見ますと、実際道路に関することですとか、どうしてもハード面に関する要望が多いのかなということはやはり見てとれます。予算的な問題等、いろいろそうすぐ簡単に取り組めるものでないということは私も認識はしていますけれども、今聞いた話の中ですと、例えばペイントをし直すだとか、例えば標識をつけるだとか、特に大きな工事を伴ったり、予算を伴わなくてもできるものなんていうものもやはりあるんだと思います。また、その辺もしっかりと優先順位の中で考えの中の一つに入れていただいた中で、やはりぜひ早い段階でできるところから実現をさせていっていただけたらなと思っています。

 実際私の住んでいる地元の那古等でも、多くのやっぱり保護者の皆さんとお話しすると、いろんな意見を聞いています。ある小学校に行く途中の細い道は非常に車が通るので、そこだけは例えばこの役所の前の道のように、登下校時間だけ規制してもらえないのかなとか、例えばどうしても学校に入る手前の丁字路のところの歩道が狭いので、歩道を設置してもらえないのかなとか、やはり親御さんたち、また地域の人たちの心配というものは同じだと思います。そういった部分をもう十分酌んでいただいているとは思いますけれども、先ほども申しましたとおり、なるべく優先順位の中でも早く実現できるところ、しっかりと考えながら要望に対応していただけたらなというように思います。

 これだけの要望が上がっているんですけれども、そういったことで、実際今後教育委員会として、こういった要望に対してどう対応していくんだということがあれば、もう一度最後にお聞かせください。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 交通の危険箇所につきまして、今学校でこういうふうに取りまとめていただいているところなんですが、それはあくまでも教育委員会でこういうところが危険だということでまとめたものです。今後通学路における点検を教育委員会、また警察、それから道路管理者、こうした方々と一緒に協議をしまして、教育委員会だけの考えと道路管理者あるいは警察等の考え、そうしたものと情報を共有して、一番いい対策は何かということを今後検討していきたいなというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。本当そうですね。やっぱり警察ですとか県の関係ですとか、それぞれあると思いますので、しっかりとした体制を築いて続けていただきたいと思います。

 交通安全に対する第3点目の児童生徒に対する交通安全指導、今後の取り組みについてということでも1点だけ再質問させていただきます。先ほどの御答弁で、児童生徒の危険予測、または危険回避能力を養うということのお話いただきましたけれども、実際どのような交通安全指導が必要と考えていますでしょうか、そうした子供のために。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 児童生徒の危険予測、危険回避能力を養うということで、これは教師からの一方的な知識の伝達ということでは能力が養えないというふうに考えております。児童生徒が自分で考えて自分で判断する、そういう学習場面ということを、これからそういう場面をつくり出していく。また、具体的には危険な場所で予想されるような、そうした危険のことを子供同士で話し合うとか、それから安全と思われている場所が、実はそこに危険が潜んでいるんじゃないか、そうしたことを子供同士、生徒同士で話し合って判断すると、そういうような安全教育というのを行っていく予定でございます。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 実際に児童といいましても、本当に1年生とかちいちゃい子からそれなりの子供たちまでいろいろな段階があると思います。それぞれに合わせて、特にまだ幼い児童等に関しては反復で、本当に体で覚えさせるということは非常に大事だと思います。最初に私も申しましたけれども、そういう今おっしゃるとおり、生徒、児童がみずから考えて判断する力というものも、それがやっぱり最後、自分の身を守るのは自分でとなってくる部分がありますので、そういったところ、本当にしっかりと身につけさせてあげていただけたらなと思います。

 今回現実には本当に予算の部分だとかハード面の整備だとか、考えれば難しいことは非常に多くあると思っています。あえて今回その中で教育委員会として取り組めることはどういうことがありますかという思いで今回質問させていただいたつもりでいます。先ほどの御回答にもありましたけれども、子供自身の判断能力の向上ですとか、本当に地域を挙げての見守り体制、さっきマップのことも地域の皆さんにということも話しましたけれども、そういったことがやっぱり非常に重要になってくるのじゃないかなと思います。

 ほかにも例えば子ども見守り隊という活動をしている団体が市内にも7団体ほどたしかあると聞いております。例えば防犯パトロールというものを車に乗せて活動しているPTAの皆さんたちもいらっしゃいますし、子ども110番という、うちもシールつけていますけれども、ですとか、本当にありとあらゆるいろいろな方たちがやはり子供たちの安全のため、見守りのために活動していると思います。教育委員会のみならず、いつも同じような話になってしまうんですけれども、社会安全課ですとか、本当にいろいろな多くの組織が横の連携をしっかり持って情報共有する中で、地域を挙げてやはり対策に臨んでほしいということをお願いしまして、この第2点目の再質問も終わらせていただきます。

 大きな第3、館山市の情報発信についての再質問に移らせていただきます。第1点目の館山市暮らしの便利帳の発刊、配布についてということで、暮らしの便利帳の先ほど利点というんですか、そういったものお話聞きましたけれども、実際にいろいろな構成ができているということで、便利帳の実際開くところに幾つかカテゴリーがあると思うんですけれども、行政と一口に言ってもさまざまなそのカテゴリーというか、コンテンツがある中で、特に表紙の部分にあのような構成にしたというところで何か特別なお考えがあるのか、または今回同時に市のホームページもリニューアルしているということで、同じ情報の発信ということにおいては、便利帳としても、またホームページとしてもやはり整合性が重要になってくるのかなと思いますので、その辺の整合性を図ったかということもあわせてお尋ねします。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 まず、暮らしの便利帳のページ構成、これにつきましては館山市ガイド、行政情報、生活ガイド、この3つのカテゴリーに分類してございます。市の概要、庁舎案内、観光、海辺のまちづくり、歴史文化、南総里見八犬伝、季節のイベントなどを盛り込んだ館山市ガイドをまず最初に配置しております。利用頻度ですとか重要性、共同開発業者、これはその業者と協議しまして、その経験あるいはノウハウ、そういったものを考慮しまして、簡単に検索できる、あるいはわかりやすさに配慮してページ構成をしたつもりでおります。

 それから、もう一つ御質問がありましたホームページとの構成上の整合性、これにつきましては、暮らしの便利帳に掲載できる限られたページの中で、市のホームページで公開しているすべての内容、これを掲載することはできませんので、暮らしの便利帳につきましては、市民が必要とする情報を利用頻度あるいは重要性などを考慮して構成しております。

 なお、暮らしの便利帳におきましては、市のホームページで公開されているメニューなどの確認をして一応構成しておりますけれども、ホームページの情報量の違いというんですか、その整合性というのはなかなか情報量がちょっと違うというか、ホームページは大変多くの情報が入りますので、おのずとそれとの整合性というのは限界があるんではないかなとは思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 御丁寧にお答えいただきまして、ありがとうございます。

 今のホームページとの整合性のところから話させてもらいますけれども、確かに情報量の違いというのは非常にもうはっきりとありますので、そういった中でも私が思ったのは、ホームページの入っていき方の、先ほど言ったようにホームページだと4つの分類があるというところから入っていく。例えば便利帳だと3つのカテゴリーからというようなところです。例えばそういったところで、何となくどっちを見てもイメージ的に入り込みやすいようなというんですか、というようなやっぱりリンクというんじゃないんですけれども、整合性というふうなことなんかはいいのかなというふうに思いました。

 ただ、おっしゃるとおり、情報量の違いということはよくわかりますので、その辺のことをまた今後も考えながらやっていただけたらなと思います。

 今回便利帳が配布されているんですけれども、実際には結構厚みもありますし、ふだんからやっぱり民間で配られている電話帳があると思うんですけれども、非常にやっぱりサイズというか、大きさも似ているというか、雰囲気も似ているというところがあるんでしょうか。「便利帳届きましたよね」なんていう話をしますと、「いや、うち来ていないな。電話帳なら届いているんだけどな」というようなお声を聞くことが非常に結構多くあります。そういった意味で、せっかく今回初めてつくった便利帳ということで、本当にいい内容になっておりますので、便利帳だということをもう一度しっかりPRというか、強調するべきじゃないかと思うんですが、どうでしょうか。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) これはかなり電話帳と間違えられちゃったら困っちゃうなと思うんですけれども、非常に私はよくできている自信作だと思っているんです。

 イメージなんですが、館山の花と海ということをベースにしまして、ブルーを基調にしてあります。それで、花というのはやはりいろんな花もありますでしょうけれども、菜の花、ヒマワリ、そういう黄色という、そういうのを中にポイントを入れながら表紙はつくったんです。ですから、そういう面では電話帳と間違えるというのはちょっと想定外なんですけれども、PRはしていきたいなと思っております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 市長の本当に思いというか、わかりました。本当手にとってみたときに、要するにふだんから今までそういう便利帳という形のスタイルがなかったというところが多分問題なのかなと思うんです。今までとにかくああいった形の冊子的なサイズというものが来ると、電話帳という経験しかない中でというところがあるのかなと思いますので、そういった意味で本当にすばらしいものなので、ぜひ皆さんが開いていただけるように、開いて市民憲章だとか、館山市のマークがちゃんと皆さんに理解してもらえたら本当はいいんだろうなというふうに感じています。

 最後に、便利帳ということで、もう一点だけお聞きしたいんですけれども、今回いろいろと便利帳を発行するに当たって、民間とのということがあって、予算もなく、 使っているということなんですけれども、多分毎年は、だから発行は難しいのかなというふうに思います。

 そういった中で、実際にはいろいろと条例が変わったりですとか、やっぱり記載内容に変化があると思うんです。毎年のように、例えば課の組織が変わることもあるかもしれないとか、電話番号が変わることもあるかもしれない。今までですと、電話番号はちょっと厚い紙の裏表の、例えば市役所の電話番号表が多分配られていたと思うんですけれども、今回は便利帳の中に載っていますから、それは配られていないと思うんですけれども、そういったことで、今後いろいろと記載内容に変更が生じた場合の対応ということはしっかり考えていかなきゃいけないと思うんですが、その辺はどのようにお考えになっていますでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 記載内容に変更が生じた場合という御質問でございますけれども、この対応につきましては、市のホームページですとか広報「だん暖たてやま」などを使いまして、市民の皆さんに周知していくように努めていきたいと思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) 確かに一応市で発信していくとなると、広報がやっぱり中心になるのかなと思います。それこそ先ほど申し上げましたとおり、ホームページもしっかり活用する中で、おくれのないように、例えば変更が生じた場合にはわかりやすく早い情報の提供をしていただけたらと思います。

 続きまして、第2点目の館山市のホームページのリニューアルについても何点か再質問させていただきたいと思います。今回ホームページのシステムを旧システムから現システムに変えている中で、構築費というんですか、それから維持管理費もかかっていると思うんですが、その辺の旧と現の違いを教えてください。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 御質問の、これは金額で申し上げたほうがわかりやすいかと思いますので、金額で申し上げます。旧システムの費用につきましては、構築費で287万6,000円、維持管理費で年間18万円です。現行のシステム、改正後のシステムでございますけれども、これは構築費が726万6,000円、維持管理費につきましては年間200万3,000円ということになっています。現行システムのほうが金額的に高くなっておりますけれども、これにつきましては、ホームページの構成あるいは操作性の向上による職員の負担軽減あるいはクラウド化等によるメリット、こういったものが大きいということで考えております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。

 実際今回構築費で700万円超えるもの、どこが大きいかというと、維持費がやっぱりかなりこれからかかるようになってしまうというところであると思います。実際先ほどの答弁でもありましたけれども、クラウド化ということで別にサーバーを持つ中で、やはり本当に何か災害があったときなんかも安心できるものもあるでしょうし、これだけのホームページのシステムの中では、どうしても維持費がかかってくるのかなというのはあるんですけれども、実際安房の地域の各市町村もいろいろ取り組んでいると思うんですが、特にほかの例えば鴨川だとか南房総市だとか、この近隣の市町村は実際システムはどういうふうになっているか、同じようにわかりますか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) 同じような形で安房郡内は対応していると思いますけれども、最後のほうでちょっと御質問がありましたサーバーの設置場所ということですと、鴨川と南房総市は庁内ということで聞いています。館山市はもちろん庁外というか、館山市外にサーバーを設置しておりますけれども、そういった意味でクラウド化ということで考えております。鋸南も何か町外に置いてあるという話は聞いています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。

 そのシステムという形ですと、じゃ、きっと鋸南は館山と同じようにクラウド化をしているのかなというふうにとれるんだと思います。そうしますと、実際には自前というか、クラウド化していない状況でつくっている場合ですと、維持費というものは構築費等もそんなにはかからないのかもしれませんけれども、やはりクラウド化することによって利便性も高まる分、それだけ維持費もかかるという中では、しっかりとしたそれこそホームページの活用をしていただきたいなということは一応申し述べておきます。

 それと、従来といったらいいんですか、最初に私も話させていただきましたけれども、今までのホームページにちょっとなれていると、大体調べるときに各課から入っていくような形になっていたと思うんです。その各課にいくと、その内容、どんな仕事をしているというのも書いてあるんですが、そこからいろんなものがリンクされて記事に飛んだりとか、必要なデータだとか何か情報が得られるという形になっていたんですが、今回はその各課の案内のほうに入っていっても、その課の説明だけなんです。別の4つのカテゴリーというか、分類からの入り方になったりとかするんでしょうけれども、以前の使い方になれている人から見れば、各課のところからも今までと同じようにいろんなところにリンクしていただけると非常に使い勝手がいいなというふうに思っているんですけれども、その辺はどうでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 石井信重議員は市役所の業務を大変よく御存じですので、各課の入り口から検索したほうが必要な情報を探しやすいというのは、市の職員もそうですけれども、そういう状況ですけれども、一般の市民の方ですと、そういう課の業務というのはどういうことをやっているかというのを的確に把握しておりませんので、今回のリニューアルに当たりましては、今までの各課の業務を理解して、各課ごとの入り口から入らないと探せなかったものを必要な事柄から探せるように配慮して、4つの分類メニューを配置しております。

 最後のほうに信重議員のほうからちょっと話がありましたけれども、各課から入るのはどうしたらいいかということですけれども、現在のホームページで課別に検索する場合は、組織・各課案内というのが右端に表示してありますので、そこのほうから各課の業務を紹介するページに入れますので、そこから入っていただければということで考えています。順次使いやすいように改善していきたいなとは思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 石井信重議員。



◆9番(石井信重) わかりました。できれば以前と同様な形のリンクもしていただければなというふうに思います。

 いろいろと質問させていただきましたけれども、今回便利帳という一つのアナログ的な発想、もう一つ、ホームページというと、デジタル的な発想といったらいいんですか、今やっぱりさまざまな、先ほど高齢者の話もしましたけれども、いろんな方がいる中で、やはり情報の発信というのは非常に重要です。そういった中で、それぞれの立場の人がなるべく同じ共通の情報が得られるように、メディアミックスというんですか、そういった形もしっかり取り組んでいっていただけたらと思います。

 終わります。



○議長(福岡信治) 以上で、9番石井信重議員の質問を終わります。

 次、7番太田 浩議員。御登壇願います。

         (7番議員太田 浩登壇)



◆7番(太田浩) こんにちは。午後の2番目ということで、大分リラックスする時間帯ですが、よろしくお願いいたします。

 また、先ほどより同じような質問になる部分があろうかと思いますが、また新たな気持ちでひとつよろしくお願いいたします。

 それでは、通告に従い、2点質問させていただきます。まず、大きな1としまして、県道南安房公園線の安全性についてお伺いします。ことし3月の第1回の定例会の中でも、この道路に関して生活道路としての歩道整備を含め、歩行者や通学生徒への安全確保についてお伺いしました。その1カ月後の4月に、あってはならない悲惨な交通事故が館山で起こってしまいました。本当にやるせない思いと大変残念でなりません。そして、この4月には全国的に同様の事故が多発しました。安全の確保には交通法規の遵法精神が前提にあるのは当然ですが、それを取り巻く道路事情が万全であったのかという疑念もぬぐい切れないと思います。そこで、既存する館山市内の安心、安全な道路環境は整っているのかということです。

 それでは、小さな質問1です。4月27日に発生した交通事故について、行政はどうとらえているのかお伺いします。

 次に、小さな質問2です。過去においても同様の事故が館山市で発生しており、行政は事故教訓をどのように活用してきたのかお伺いします。

 次に、小さな質問3です。今後行政としてどのような対策をとり、安全性を確保しようとしているのかお伺いします。

 次に、大きな2番、観光促進についてお伺いします。新春の房総半島の春の季節に始まり、若潮マラソン大会、またことしは館山市においてトライアスロンアジア選手権が開催されました。若潮マラソン大会においては、念願の1万人を超えるという大会でした。大変盛り上がり、成果は大であったと思います。トライアスロンアジア選手権においても各国が開催候補地として名乗り上げる中、日本の千葉県館山市が選出され、大会が実施できたことは、大いなる館山市の存在感を示し、PR効果も大きな大会になったと思います。

 小さな質問1です。4月末から5月初旬のゴールデンウイーク後の8月の花火大会までのシーズンオフとも言える、この期間の観光事業の計画についてお伺いします。

 次に、小さな質問2です。さらなる観光客拡大のための観光事業をふやす計画はないのかお伺いします。

 以上で質問を終わりますが、御答弁により再質問させていただきます。



○議長(福岡信治) 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) 太田 浩議員の質問にお答えいたします。

 大きな第1、県道南安房公園線の安全性についての第1点目、今回の事故についてですが、何の落ち度もない小学1年生の児童が亡くなるという大変悲惨な事故であり、二度と起きてはいけない、起こしてはいけない事故だと思っています。

 次に、第2点目、過去の事故の教訓についてですが、平成22年9月に神戸で発生した交通事故では、交通事故後に館山警察署が関係機関等を集めて実施した緊急現地診断において、事故防止対策としてガードパイプや車どめの設置が提案されました。館山市として、直ちに国道に隣接している市有地内に交通安全施設を設置するとともに、道路管理者である千葉県に対し、歩道の設置及び拡幅などの要望を行いました。さらに、市の交通指導員や防犯指導員などに危険箇所の再点検をお願いし、それに基づく交通指導などの対応を図りました。

 次に、第3点目、今後の対策と安全性の確保についてですが、まず危険箇所については、引き続き館山市の道路パトロールによる定期的な点検や、今回教育委員会が各小中学校に依頼した通学路等の危険箇所の再点検により、その把握に努めていきます。また、これに対する安全対策については、危険箇所を把握する中で出された要望に対し、市道に設置するガードレールやカーブミラー等の交通安全施策については、早急に対応していきます。

 さらに、国道と県道の安全対策については、道路管理者に対し、継続して強く要望をしていきます。

 次に、大きな第2、観光振興に関する第1点目、花火大会までの観光事業の計画についてですが、6月は南房パラダイスを会場に、15日の県民の日イベントとして開催されるちばっぴーDAY及び北条海岸を会場とするオーシャンフェスタ館山が計画されています。また、7月には、たてやま海まちフェスタ、館山わかしおトライアスロン、海水浴場開設、オープンウオータースイムジャパンオープン、館山オープンウオータースイムレース及びリゾートあわトレインの運行などの観光事業が計画されています。

 次に、第2点目、観光事業をふやす計画についてですが、これからの観光振興には行政と民間がそれぞれの役割を認識しながら、相互に協力する態勢強化が必要だと考えています。具体的には、今後市内NPOが開催するサーフィン大会や、JR東日本の販売強化月間に伴う各種イベント、館山市観光協会が計画しているたてやまファンクラブを初めとした各種事業、東京湾フェリーが実施する婚活やサイクリングを取り入れたツアーなどさまざまな計画がありますが、これらの民間団体が行うイベントに対して協働、参画を積極的に行います。

 また、観光客を迎え入れ、気持ちよく周遊してもらうためのハード事業として、トイレ、案内看板、鏡ヶ浦通り、渚の駅たてやまなどの整備や、ソフト事業として官民共同による八犬伝まんじゅうや南総館山発見膳、館山炙り海鮮丼などの御当地グルメの開発や観光パンフレットなどによる観光情報の発信に努めていきます。

 さらに、県内はもとより、県外からの観光客誘致のための観光プロモーション活動などを積極的に行うなど、行政と民間の連携を一層強化しながら、行政が担うべき役割を積極的に果たし、館山市の観光振興につなげ、観光立市の実現を目指したいと思います。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) では、再質問させていただきます。

 答弁の中に、起きてはいけない、起こしてはいけない事故ということですが、事故の未然防止に対する改善が遅いと思うのですが、どうでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) 再質問にお答えします。

 改善が遅いというお話がございましたけれども、通常私どものほうで館山市として交通事故の防止対策、これにつきましては、市内のパトロールですとか市民からの要望、こういったものを聞きまして、カーブミラーの設置ですとか区画線、ガードレール、こういった市道の交通安全施設について設置、整備を順次進めてきたところです。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) 私がちょっとお聞きしたかったのは未然防止ということで、神戸の事故と今回の大賀の事故というのは全く同じような条件で発生しているということを考えれば、そういった対策がなぜできなかったのかということなんですが、どうでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 私のほう、ちょっと言い方が、答弁の仕方が適切ではなかったかもしれませんけれども、私が先ほど申し上げましたのは、通常交通安全対策をどのようにしているかということでお答えしたつもりでございます。

 再質問でまたございましたように、神戸の事故、そのときの状況と比較してというお話がありましたので、そのときの状況を少しお話ししながら、今回のと比較してみたいと思います。

 まず、今御指摘がありました神戸の事故、これにつきましては平成22年の9月、このときに発生した事故でございました。内容は皆さん御存じかと思いますけれども、消防団の詰所敷地内でバスを待っていた児童に車が突っ込んだ、こういう事故でございました。これを受けまして、翌9月14日に開催された緊急現地診断、これによりまして対策案の提案を受けまして、敷地内のガードパイプの設置あるいは既存ガードレールの建てかえ、車どめの設置、これを6日後の9月20日に設置したということでございました。なぜ早く設置できた、施工できたかということになりますと、この用地につきましては、市有地あるいは市道でございましたので、対応がすぐできたのかなとは思っています。

 今回の事故につきましては、決して対応が遅いと議員はおっしゃいますけれども、この事故が起きた4月27日、28日の翌日に館山警察署では交通事故多発警報を発令しまして、その翌29日、この日に緊急対策会議を開催し、休みの関係がありましたので、5月の2日に緊急現地診断、これが実施されました。この現地診断によりまして、各関係機関から提出されました事故防止対策、これにつきまして、それぞれの対策を実施するそれぞれの機関がございますので、その対応を検討して、館山警察署と協議した上で実施することになったわけでございます。

 先ほどというか、午前中に内藤議員にお話ししましたけれども、道路管理者である安房土木事務所についても早急に現地を見ながら対応していただいたということで考えていますし、警察のほうも速度制限等も考えている、こんな状況の違いがあるということを御理解ください。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。

 事故の改善対策なんですが、いろんな今までの状況を見ますと、改善対策が市民などに対して中間報告等の情報提供が少ないように思います。例えば初動としての対策会議は当然なんですが、改善対策としての問題点や期間、費用等を含め、その中間がどのように今対処して進んでいるかというところが、今後どのように市民にフィードバックしていくのかということをお尋ねします。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 たしかおっしゃるように、中間報告がなかったというのは反省しなければいけないなとは思っています。

 ただ、今後ですけれども、情報を提供する連絡会、そのような場ができないか、あるいは今後とも町内会あるいはPTAなどへ警察署、関係機関と協議しながら、市民の皆様に情報提供していかなければいけないなとは思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。

 過去の事故教訓から、事故防止対策としてガードパイプや車輪どめの設置が提案され、早期に改善されたことは、保護者や子供たち、近隣住民にとってはとても安心されたことと思います。そして、市有地ということで6日後という早期な対策がなされたというのは非常に結構なことと思います。その後に、他の地域の危険箇所に対する事前の事故防止に対する取り組みというのはどうだったんでしょうか。



○議長(福岡信治) 吉田市長公室長。



◎市長公室長(吉田安重) お答えします。

 市内における交通の危険箇所は常時うちのほうで把握しているというか、パトロール等で把握しているというふうに思っておりますけれども、交通の危険箇所につきましては、関係機関における点検、軽微なものについては、すぐに対応できるものはすぐに対応できますけれども、なかなか予算等もございますので、極力要望に沿うような形で考えていきたいと思っています。

 ただ、これは教育委員会でお話しすべきかもしれませんけれども、社会安全対策課のほうでも通学路、これにおける点検等を情報としていただいておりますので、ヒヤリマップというお話もございましたけれども、そういった情報を得ながら、危険箇所を順次整備というか、交通安全施設を整備していく、このように思っています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。

 ちょっと質問が重複するかもしれませんけれども、市内における交通の危険箇所について、市はいろいろ会議等、対策等を開いてきたと思うんですが、今後それの対応について、さらにもっと詳しく説明できる内容等はあるんでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 危険箇所の対策ですが、先ほど石井信重議員の御質問のときお答え少ししましたけれども、今後教育委員会が警察、それから道路管理者、こうした方々と、それから地元の方、学校、PTA、こうした関係する方々を一堂に集めて、協議の場を持っていきたいと思います。その協議の場で、これまでヒヤリマップという形でPTAの方々や子供たち、先生が危険だと思って、こうしたら改善できるんじゃないかというふうな提案が上がっていますので、それを道路管理者の方や警察の方と一緒になって話し合ってみて、一番いい方策は何かということで最終的な解決策というか、方策をまとめていきたいというふうに考えています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) 今回は基本的に通学路ということでちょっと優先的に質問はさせてもらっているんですが、通学路以外にも対策必要箇所の抽出というのは行われているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 現在のところ、通学路関係が先行しているということは事実でございます。保護者の方々、学校からの点検、そういうもので今回の事件があったということがありますが、それらソフト的な面から、そういう視点から通学路の点検が先行しております。ハード面、市も道路管理者としての立場もございます。そういった点で、常に道路パトロールを行いながら、緊急に補修できる部分については対応しているところでございますけれども、今後全般的なエリア、通学路以外のエリアにつきましても交通安全施設も含めて道路の点検を実施していく予定でございます。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。

 聞くところによりますと、緊急合同点検を実施されているということですが、この緊急合同点検というのはどういった関係者で構成されているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 緊急合同点検を予定しているんですが、これは構成メンバー、まず教育委員会と学校、それからPTA、地元の方、それに加えて警察の方、道路管理者、そうしたメンバーで実際にヒヤリマップに記された危険な箇所を熟知している人や、それに現実的に対応できる方、そうした方が一堂に集まって話し合えるように、そうした会議を持っていきたいというふうに考えています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) じゃ、緊急合同点検というのは、要するに危険箇所の抽出を行うお務めだとは思うんですが、この結果というのはいつわかるんでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 危険箇所は既に各学校から出されているわけですけれども、具体的に危険箇所を列記しても意味ありませんので、それへの具体的な対応策ということで取りまとめていきたいと思います。できればこの夏ぐらいを目指して、危険な箇所の対応策、そうしたものをまとめていければいいかなというふうに考えています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) じゃ、その結果については、またそれは市民に対して情報を提供していただけるということでよろしいんでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) それが取りまとまった段階で情報提供を関係する方々、市民の方々にしていきたいというふうに考えます。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。

 ことし3月の定例会の中でも重複するんですが、県道南安房公園線においては、残土事業の開始により、より一層の交通量の増加が見込まれてあるということを報告させていただきました。また、この路線は通学道路でもあり、在住する市民の生活道路でもあり、観光道路でもあることをあわせて報告させていただきました。それがゆえ、優先的に取り組み、早期に改善が急がれると思うのですが、どうでしょうか。



○議長(福岡信治) 忍足建設環境部長。



◎建設環境部長(忍足俊之) 県道南安房公園線につきましては、議員おっしゃるとおり、生活道路、通学路、また観光面でも非常に重要な路線であるということは承知しております。県道ということで、県のほうに要望もしておるところでございます。県の中でもほかの県道、また先ほどございました神戸地区の道路ですとか歩道の整備、進めていただいておるところでありまして、それら順次計画の中で実施していただいているという現実でございます。引き続き要望につきましては、行ってまいりたいと考えております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) これもまた前回の議員等の質問に重複するんですが、ある報道記事の中に、行政の対応が遅いという批判的な内容の記事がありましたが、市民感情としては同様の気持ちではないかと思います。行政としての対応は適切であったとお思いでしょうか。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) 今回の新聞記事、確かに私も読みました。今回の行政の対応は即座に対応していますし、住民の皆さんからすれば遅いというようなお気持ちかもしれませんけれども、道路管理者、いろんな部署のいろんな許可を得たり、いろんな形で本当に緊急にやったという中で、これだけ早く対応し、これだけ改善ができたという気持ちでおります。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。ぜひとも積極的に情報の発信を市民の目に伝わるように、今後とも積極的にお願いしたいと思います。

 以上で大きな質問の1については終わりますが、国道は国、県道は県、市道は市と道路管理者は明確ですが、より確かな安全性のある道路整備がなされているかといえば、決して万全ではないと思います。それが館山市の現状であると思います。それぞれの道路管理者の道路を活用して生活しているのは我々館山市民です。当然危険箇所を一番熟知しているのは、この地で生活している市民です。そうした市民の声を国や県に積極的に届けていく義務は行政にあると思います。市民が期待しているのは、迅速な事前の対策と確かな情報の提供であり、あってはならない事故が発生した場合の早急な対応であると思います。確かに歩行者や自転車通行者のための道路整備や安全対策には時間と費用といろいろな問題はあろうかとは思いますが、安心、安全な館山市づくりに今後より一層積極的に取り組んでいただきたいと思います。

 続きまして、大きな質問2の再質問をさせていただきます。花火大会までの計画は理解できましたが、それらのスポーツやその他の開催イベントの参加実績はどのようになっているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 先ほど市長答弁にございましたイベント等の過去5年間の参加実績などにつきまして申し上げたいと思います。

 まず、たてやま海まちフェスタでございますけれども、こちらのほうは平成19年が4,126人、これがピークでございました。20年が、こちらのほうは天候が悪くて屋外のメニューがすべて中止になったわけですが、1,139人、21年が3,027人、22年が2,927人とおおむね3,000人前後の参加者となっております。なお、23年度は震災の関係で開催を見送ってございます。

 次に、館山わかしおトライアスロンでございますが、平成22年からの開催になっておりまして、22年が722人、23年は1,089人となっております。

 それから、市内10カ所になりますが、海水浴場の開設でございますが、平成19年が9万4,639人、20年が9万4,591人、21年が9万5,196人、22年が7万8,840人、23年は震災の影響がございまして、4万8,246人と推移してございます。

 続きまして、オープンウオータースイムジャパンオープンでございます。こちらのほうは例年90人前後の参加でございます。

 最後に、館山オープンウオータースイムレースでございますが、平成19年が695人、20年が710人、21年の735人でピークを迎えておりまして、22年が580人、23年416人と推移してございます。

 以上でございます。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。数字的に見ると、増加にあるのか横ばいなのかということですが、行政としてはどのようにとらえているでしょう。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 議員御指摘のように、イベントの過去の数字を見ておりますと、確かにばらつきがございます。これは当然のことでございますけれども、先ほどもちょっと触れましたが、天候の影響だとか、それから参加者のニーズ、こういうものが多様に変化してございますので、そういうことが参加者の数にも大きく影響していると、かように考えております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) 時期的に梅雨どきに入るということもありますが、これらの観光事業の経済効果というのはどのように分析されているのでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 具体的な経済効果や費用対効果の算出というのは行っておりませんけれども、一般的にスポーツイベントなどは参加者ばかりではなく、当然その参加者の御家族あるいは応援者などの来場も期待できます。迎え入れる側の宿泊数の増加あるいは地元商工業者を初めとした地域の活性化にもつながるものと考えております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) どうしても館山は海に囲まれている地域ですので、海を活用したイベントがふえるというのは、これは私も理解できますし、大いに結構だと思います。

 ただ、ある特定の交通機関というか公共機関等、海岸の一部だけの繁栄という形に受け取られて、まちの市内の活性化というのには実質つながってあるのかというところなんですが、要は海岸と交通機関とのただ往復だけで終わってしまって、市内全般の活性化というのはどのようにとらえているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) もともと観光というのは非常にすそ野の広い産業でございます。したがいまして、見えているところでは宿泊業者ですとか、そういう交通事業者でございますか、そういう方たちだけに見えるかもしれませんが、その方たちのところが潤うことが地域全体の活性化にもつながっているものと判断しております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) じゃ、確認ですが、これから観光事業をふやすという計画については、現時点では行政では持っていないということでよろしいでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 直接行政のほうが主催をするということではなくて、民間と協働や、あるいは参画をしながら、行政の側が受け持つべき分野をしっかりと担ってまいりたいと、効果的かつ継続的な観光事業の実施がそのことによって可能になっていくというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。私がちょっと要望したいなと思ったのは、行政がリーダーシップをとり、観光事業のアイデア等を民間等に募集をかけて協働していくという考えはないんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 行政としては、民間を中心とした事業に対しまして、観光振興支援事業の補助金の制度がございます。まさしくこれが民間のアイデアを活用しながら、積極的に観光振興につなげる制度だというふうに考えておりまして、その事業の内容によっては、市のほうも積極的に連携を図ってまいりたいというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) 行政として、民間の行う事業に対し、協働していくということですが、具体的にどのようにかかわっていこうとしているんでしょうか。



○議長(福岡信治) 上野経済観光部長。



◎経済観光部長(上野学) 先ほど観光振興支援事業補助金のことを申し上げましたけれども、そのほかに市の広報を通じて、あるいはホームページなどでも積極的なPRをしてまいりたいと。当然人的、物的な支援も行うとともに、後援などにも携わりながら、今後もそういう取り組み方をしてまいりたいと、かように考えております。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。観光促進には企業努力も不可欠な、これは要因だと私も思います。やっぱり小企業や小売店などにとっては、大きな組織力を持つ行政に期待するというところが非常に大きいと思うんですが、これも現実だと思うんですが、どうでしょうか、その辺について。お伺いします。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) 今議員御指摘のように、行政で組織力があってリーダーシップとれる部門もあるし、いや、民間がそのネットワークを使ってやったほうが、とてもスムーズにいって効果がある部分もあるし、ですからケース・バイ・ケースでお互いに連携をとりながらやっていると、またこれからもやっていくということでございます。

 今現在館山市は、トライアスロンのアジア選手権大会、大成功のうちに終わりまして、その余韻から、現在トライアスロンのワールドカップ、これの誘致に名乗りを上げました。これがこういうような国際大会になりますと、やはり行政がある程度走っていかないといけないという面もございます。そういう面と、また、いや民間がネットを駆使しながらやったほうがいいと、行政はバックアップをしていくというような二面性があると思いますので、ケース・バイ・ケースで取り組みたいと思います。



○議長(福岡信治) 太田 浩議員。



◆7番(太田浩) わかりました。民間団体が行うイベントに対して、協働、参画はもちろんですが、私個人としては行政主導というものがさらにあればいいなと思いつつ、観光事業も積極的に企画し、民間を含めた協働事業に着手し、館山の経済復興、商店街の活性化に取り組んでいくことをお願いしまして、この質問を終わります。

 以上で質問を終わります。



○議長(福岡信治) 以上で、7番太田 浩議員の質問を終わります。

 暫時休憩いたします。

          午後2時38分 休憩

          午後3時00分 再開



○議長(福岡信治) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 5番望月 昇議員。御登壇願います。

         (5番議員望月 昇登壇)



◆5番(望月昇) こんにちは。本日最後の通告質問で皆様お疲れのところではございますが、通告に従いまして、大きな2項目について質問させていただきます。

 最初に、大きな1つ目、こちらは児童生徒の通学についての質問です。本日、今までの議員の質問がたくさんございましたが、違った観点よりの質問となると思います。

 その前に、ことし4月27日に通学のためバス停で待っていたときに、お亡くなりになられました児童またはその御家族様に、改めましてお悔やみ申し上げます。

 さて、特に昨年の3月11日の東日本大震災以降、館山のみならず、全国的に各自治体では安心、安全なまちづくりに対しまして、声を大にしていろいろ施策を模索し、できることから実行しているところだと思います。安心、安全なまちづくりとは、そもそもどういうことでしょうか。各自治体が、または国が地域の人々の命や財産を守ることではないでしょうか。そうであるならば、何も地震、津波、台風や風水害、竜巻などの自然災害のみに対して策を講ずるのではなく、今回の事故のような人災に対しても、特に児童生徒に対しては通学上の安全に対して、行政としてできるだけ対処すべきであると思います。

 国民の3大義務は、勤労、納税、子供に教育を受けさせることであり、国民の3大権利は生存権、教育を受ける権利、参政権です。義務教育である小中学生に教育を受けさせるため、安心、安全に通学させることは子供を持つ親としての、市民としての、また行政として最低限のインフラ整備ではないかと思うのであります。要するに義務教育とは義務でもあり、権利でもあるのです。

 昨年9月の平成23年第3回市議会定例会で、私はスクールバスの無料化に向けての質問をさせていただきました。教育委員会次長の御答弁は、要するにこういうことでした。1、現在スクールバスの無料化の予定はない、2、今後学校編成の協議等に合わせて、通学に対する支援の仕方について、市全体ですべての学校、児童について見直しの検討をしていきたいというお答えでした。この答弁を踏まえて、本日市長の御答弁もございましたが、改めまして、交通安全について、またもう一歩踏み込んだ質問をさせていただきます。

 1、通学に路線バスを利用している地区の児童生徒の通学方法のスクールバス化について、またスクールバスの無料化という今後の展望とそのお考えについて。

 次に、大きな2つ目、平成23年10月1日より改正されました条例により、公民館の使用料金の改正が行われました。実質値上げされた分が今まで以上に市民、利用者に使用しやすく反映されているのでしょうか。特に高齢者の方々のサークル活動などを通して、趣味の向上や健康の増進のためにもっともっと使用、活用していただきたいと思うのであります。高齢者の方々が、より以上に公民館を使用、活用して、お互いに顔を合わせる機会を多くつくり、健康状態を話ししたり、いろいろな悩みなども解決でき、孤独死の防止や病気の早期発見などができやすくなる一助となるのではないかと思うのであります。高齢者の方々が生き生きとして活力ある生活を過ごすことにより、生きがいを見つけ出し、その結果として国民健康保険や介護保険の市の負担の軽減にもつながるのではないかとも思います。

 そこで、公民館の使用料ほかの改正が平成23年10月1日より行われましたが、前年、前々年と比較して利用者の増減、要望について、料金徴収の経過とその他の問題について。

 以上、大きな2つについて質問いたします。御答弁によりましては、再質問をさせていただきます。



○議長(福岡信治) 出山教育長。

         (教育長出山裕之登壇)



◎教育長(出山裕之) 望月 昇議員の御質問にお答えさせていただきます。

 第1点目、通学に路線バスを利用している地区の児童生徒の通学方法のスクールバス化についてですが、厳しい財政状況の中、スクールバスの運行には多額の経費がかかることや、スクールバスが路線バスに比べて安全性にすぐれているという確証が得られないことから、現在のところ路線バス利用者のスクールバスへの移行は考えておりません。

 次に、スクールバスの無料化と今後の展望についてでありますが、昨年の第3回定例会でもお答えしましたとおり、館山市の財政状況や統合による遠距離路線バス通学者の費用負担との公平化の観点から、現在のところ無料化の予定はありません。

 ただし、今後予定しております学校再編の協議等々にあわせ、市全体の公共交通のあり方なども視野に入れながら、児童生徒の通学手段の見直し等の検討をしてまいりたいと現在のところ考えております。

 次に、第2点目、公民館使用料等の改正後における利用者の増減についてでありますが、コミュニティセンターや地区公民館、菜の花ホール等の学習等教養施設を含む平成23年10月から平成24年3月までの6カ月間の利用者数は13万2,734人で、前年度同時期の利用者数13万2,760人に対し、26人の減となりました。また、前々年度の15万1,763人に対しましては、1万9,029人の減となりました。

 次に、使用料収入の増減についてでありますが、これらの施設にかかわる平成23年10月から平成24年3月までの使用料収入額は222万1,150円で、前年度同時期の使用料収入額21万4,450円に対し、200万6,700円の増となり、前々年度の19万800円に対しては203万350円の増となりました。

 次に、使用料収入はどのように使われるかにつきましてですが、特定財源として各施設の維持管理予算に充当しております。また、利用者との間で問題が発生したかどうかにつきましては、これまで使用料改正等に伴うトラブルはなく、現在に至っております。おおむね施設利用者からの理解は得られたものと認識しております。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) 再質問をさせていただきます。

 最初の質問ですけれども、御答弁の中に路線バスと比較してスクールバスが、より安全な交通手段であるという確証を得られないという教育長からの今の御回答がございました。ことし4月の事故が路線バスの停留所であったということを御認識してでのことでしょうか。そもそも路線バスの停留所は、利便性、利益性やらの距離間隔等を加味して設定してあるものではないかと思うのであります。スクールバスの停留所は、もし設定するとすれば、どういう要素、根拠で設定するものでしょうか。児童生徒の乗降場の設定も交通手段の一部であると思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) スクールバスが路線バスに比べて安全性にすぐれているという確証についてですが、まず路線バスの許認可に当たりましては、バス事業者が道路管理者や公安委員会等と安全面などを調整して、国土交通省運輸局で認可をしております。民間のバスが利潤を追求しているということですけれども、利潤を追求するのは当然ですが、民間のバス会社であっても利潤の前提として、公共交通機関として安全性の確保が最優先に考えられて、その上で関係省庁から認可を受けて運行されている、その点で路線バスもスクールバスも両方とも子供たちにとって安全な交通手段であるというふうに考えています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) 次長の御答弁をいただきましたけれども、そもそも民間の路線バスとスクールバスと同じ質問になるかもしれませんけれども、優先順位をつけたならば、何をもって最優先にするかということをお考えいただければ、おのずとスクールバスの優位性は明らかになると思うのでありますが、ダブるかもしれませんけれども、いかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 最優先されることは、スクールバスであっても民間のバス会社であっても、まず前提が安全であると、その次に民間のバス会社の場合は利潤が来るでしょうけれども、一番の優先されるべきものは安全であると、そのもとで認可を受けているということで、優先度はいずれも同じであるというふうに考えております。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) これは話ししていてもお考えの見解の相違といいますか、その辺をまた具体的な例も入れて話進めていかなければならない問題だと思いますので、このお考えについては、これで今とめておきます。

 それと、もう一つ、最初の御答弁の中で、今後予定している学校編成の協議等にあわせという御答弁がございましたが、学校編成がなければ、今後見直しはしないという、スクールバスについてですけれども、そういうことでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 前回の議会のときにそのようにお答えして、教育委員会としては現在学校再編委員会が出した方針に基づいて再編の協議を行っております。その再編の協議を行っている中で、実は市内の子供たちが統合の補償ということもあったのでしょうけれども、意外に近いところの子供が通学費補助を受けている。統合されなかった学校については、案外距離が遠いのにもかかわらず、通学費の補助を受けていない、そういうふうなことがあって、住民の方からそういうふうな意見をいただきました。そういうようなことを考えますと、再編協議をした整理をした上で、子供たちに不公平のないような交通の手段というものを提供していきたい。それは、必ずしもスクールバスを運行するとかしないとかではなくて、そういう運行するということも当然視野に入りますし、全くしないということも視野に入ります。そういうような意味で、公平性をまず第一に考えて、そうした協議の中で考えていきたいと、そういう意味でございます。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) また、何か同じような御回答になりましたけれども、それはお考えはわかりました。御答弁ありがとうございました。

 続きまして、スクールバスの再質問でございますけれども、安房郡市3市1町で児童生徒が路線バスもしくはスクールバスにおいて有料なのは館山市だけであります。教育長は、3月末まで教育現場にいらしたわけですが、そのお立場、御経験を踏まえまして、館山市として児童生徒のため、または保護者のために果たして有料が適当か、無料が適当か、お考えをお聞かせください。



○議長(福岡信治) 出山教育長。



◎教育長(出山裕之) 平成23年度末まで私も鴨川中学校に勤務しておりました。議員御指摘のとおり、鴨川市は学校統合に当たり、スクールバスは無料とし、スクールバスで対応していない地区につきましては、遠距離通学費として定期代等の補助を行っていると伺っております。館山市におきましても学校統合により、遠距離通学となった地区のうち、路線バスのない地区や路線バス利用の不便な地区には、無料ではありませんけれども、スクールバスを運行しております。また、遠距離通学費補助金等も支給しております。児童生徒の登下校にスクールバスを運行することは有効な通学手段であり、スクールバスを無料にし、保護者の負担を軽減したい思いはあります。しかし、現在3系統のスクールバス運行だけでも年間約2,200万の委託料がかかっており、多額の経費がかかるのも事実でございます。市の厳しい財政状況の中、どのレベルまで予算を提供できるのかという問題もございます。先ほどの答弁の繰り返しになりますけれども、地域の実情や市の財政状況などを踏まえながら、今後も学校再編の協議等を視野に入れながら、見直しの検討を進めていかなければならないと協議しております。

 なお、私、鴨川市の校長のときに、路線バスのよさというのは教育の視点で考えますと、一般の大人あるいはお年寄り、赤ちゃん、そういう方も乗ります。その中で、中学生が触れるというのは教育的な見地から考えると、大変また一つのいい教育の場であるということは確かであります。そう感じております。

 以上です。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) 教育長のお考えはよくわかりました。将来の館山を、我々の郷土を、また広く大きく言えば、あすの日本を背負って立つ我々の館山市の子供たちのために、税金を、また足りなければこういうときにこそ、さきの市議会において総務部長より御答弁いただきました1%前後の市債を起債してでもこれに充てて、路線バスを使っている路線バス通学児童生徒のために金銭面ですけれども、マインドの件はいろいろ教育長から今いろいろお話しいただきましたけれども、金銭面について、特に路線バス通学児童生徒のスクールバス化をして、その無料化をするために1%前後の市債を起債してでもこれに充てて有効に使用すべきではないかと思いますけれども、市長のお考えはいかがでしょうか。



○議長(福岡信治) 金丸市長。



◎市長(金丸謙一) 望月議員の熱意は非常によく伝わります、市債を発行してというような気持ちも伺いましたけれども、子供たちのために何がいいんだと、スクールバスに補助をするのがいいのかどうかと、またここは議論が分かれるところだと思うんです。これは先ほど来お話のあったスクールバスと路線バス、どちらが安全か、私はそれはわからない。

 それから、子供たちのためにスクールバスがすごくいいんだというものも一概に言えないんじゃないか。今館山市の広さありますし、その中で路線バスの中に子供たちが先ほど教育長お話しありましたように、そういう中の混乗という中で世代間の交流ができる、いろんなこともできる、そういうことも非常に大事だと思っているんで、スクールバスが何が何でもいいというような考えは私持っておりません。

 また、スクールバスにした場合には、今の路線バスがなくなると、またそれに対しての補助も市としても続けていくには察してもらわなきゃいけない。そういうものをいろいろ考えた中で、総合的に考えていかなきゃいけない問題だと、こう考えておりまして、今市債を発行してまで云々ということは考えておりません。

 ただ、将来の子供たちのために何をしたらいいのか、その中でしっかりと財政的なものを支援していきたいと、そういう気持ちはございます。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) 起債についてちょっと補足で答弁させていただきますが、スクールバス全体の市の事業の中の優先順位の中で、できるだけの補助をしてまいりたいと考えておりますけれども、市債による無料化ということは、市債については適債事業というものがございまして、残念ながらスクールバス無料化のためには市債というものは起こせませんので、全体の事務事業の優先順位の中で、できるだけの措置をしてまいりたいと考えております。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) ちょっと唐突な要求なり質問なりであったと思いますけれども、子供たちのために、交通事故を起こさないようにするためにも、一つの問題提起になればいいかなと、その辺をまたちょっとじっくりお考えいただければありがたいと思います。

 続きまして、公民館関係の再質問をさせていただきます。公民館の利用者はどのような手段で公民館に来ておるんでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 公民館の利用者の交通手段ということですが、主に自家用車、それから自転車、徒歩、路線バス等でさまざまな方法で来館されているというふうに把握しています。

 以上です。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) 利用される方、高齢者の方も大変多いと思いますので、また交通安全に注意するように、喚起するようなポスターなりなんなりを張って啓発していただきたいと思います。

 公民館について、もう一つ質問させていただきます。先ほどの御答弁によりますと、使用人数は東日本大震災で落ち込んだままになっておりますけれども、料金については特にトラブルもなく、約10倍に伸びています。これはこれとしてよしとします。しかし、使用人数を震災前と同じ推移に戻さなければならないんではないかと思います。特に高齢者の人口がふえているのですから、平たく言えば、特に高齢者の使用頻度が減っているということではないかと思います。この使用料の特定財源を使用して、今までと違った方法を講じて元気な高齢者、特に医療関係に頼らなくてもよいくらいに、はつらつとした楽しい人生を過ごしていただく施策を何かお考えでしょうか。



○議長(福岡信治) 鈴木教育委員会次長。



◎教育委員会次長(鈴木千佳士) 公民館の利用者、高齢者が減っているんじゃないかということですが、御存じのとおり、公民館に行きますと、利用者のほとんどが高齢者の方です。したがって、減った人の内訳は恐らく確かに高齢者だと思います。

 そうした中で、高齢者にはつらつとして楽しい人生を送っていただく施策ということですが、これは公民館でできるだけそういうような講座を開催していきたいと思うんですが、現在考えているのが体操教室、これは明るく元気に過ごすために、お年寄りが体操をして元気になっていく、そういうための体操教室、それから地区内の史跡をめぐる歴史散歩、もしくは昔の遊びを通して児童との交流を図る、そうした講座を開催しているところです。これによって、高齢者の方が体力だけではなくて地域に誇りを持つ、それから子供と交流を持って、また若いときのことを思い出すと、そして元気になるというような効果があるというふうに思っています。他の公民館でも、これはコミセンに関して高齢者対策として行っている講座ですが、地区の公民館においても今後とも高齢者のニーズを把握して、多くの方が、高齢者の方が元気ではつらつとして楽しい人生を送れるような講座をこれから積極的に考えていきたいというふうに考えています。



○議長(福岡信治) 望月 昇議員。



◆5番(望月昇) ぜひそのように御努力お願いいたします。

 今子供たちの交通安全、特に通学に関して、全国的にさきの事故を踏まえまして問題になっております。しかし、館山市は館山市ならではの問題があるはずです。路線バスのスクールバス化、または無料化等々、他市がやっているからよしとするのではなく、児童生徒のために本当に必要だと思うことから、時間はかかるかもしれないけれども、先ほどお願いしたように着手していっていただきたいと思います。

 また、公民館の料金改正では、当初私はこれを高齢者の方が特に多いという観点から、利用者いじめにも見えました。しかし、料金もほぼ定着しつつある現在、利用者、活用者の方々の気持ちにこたえるべく、担当の皆様に対して、なお一層の努力を求めるべき要求をさせていただきます。

 最後に、特に児童生徒のため、市民の文化向上のための要求を以上お願いして、終わりといたします。



○議長(福岡信治) 以上で、5番望月 昇議員の質問を終わります。





△散会午後3時30分



○議長(福岡信治) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 次会は明13日午前10時開会とし、その議事は本日に引き続き行政一般質問を行います。

 この際申し上げます。一般議案及び補正予算に対する質疑通告の締め切りは13日正午でありますので、申し添えます。

 本日は、これをもって散会といたします。



 ◎本日の会議に付した事件

1 行政一般通告質問