議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 館山市

平成23年 12月 定例会(第4回) 11月30日−01号




平成23年 12月 定例会(第4回) − 11月30日−01号









平成23年 12月 定例会(第4回)





1 平成23年11月30日(水曜日)午前10時
1 館山市役所議場
1 出席議員 18名
       1番  福 岡 信 治          2番  石 井 敏 宏
       3番  森   正 一          4番  瀬 能 孝 夫
       5番  望 月   昇          6番  石 井 敬 之
       7番  太 田   浩          8番  龍 ?   滋
       9番  石 井 信 重         10番  本 多 成 年
      11番  三 澤   智         12番  鈴 木 正 一
      13番  内 藤 欽 次         14番  秋 山   貴
      15番  榎 本 祐 三         16番  吉 田 惠 年
      17番  本 橋 亮 一         18番  鈴 木 順 子
1 欠席議員  なし
1 出席説明員
  市     長  金 丸 謙 一     副  市  長  関   隆 晴
  会 計 管 理 者  庄 司 武 雄     市 長 公 室 長  田 中   豊
  総 務 部 長  鎌 田 洋 司     健 康 福祉部長  武 田 博 之
  経 済 観光部長  吉 田 安 重     建 設 環境部長  忍 足 俊 之

  教 育 委 員 会  半 澤 美緒子     教 育 委 員 会  石 井 達 郎
  委  員  長              教  育  長

  教育委員会次長  鈴 木 千佳士     選挙管理委員会  安 西 信 雄
                       委  員  長

  選挙管理委員会  四ノ宮   朗     監 査 委 員  宮 ? 健 一
  事 務 局書記長

  監 査 事務局長  小 柴 正 典     農業委員会会長  加 藤   貢

  農 業 委 員 会  石 井 節 子
  事 務 局 長

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  和泉澤   薫     書     記  井 澤   浩
  書     記  安 田 仁 一     書     記  和 田 敦 子
  書     記  小 ? 恒 夫     書     記  福 原 拓 也
  書     記  栗 原 隆 太

1 議事日程(第1号)
 平成23年11月30日午前10時開議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 会議日程の決定
      議案第63号 安房郡市広域市町村圏事務組合規約の変更に関する協議について
      議案第64号 館山市職員給与条例等の一部を改正する条例の制定について
      議案第65号 館山市市税条例等の一部を改正する条例の制定について
      議案第66号 平成23年度館山市一般会計補正予算(第6号)
 日程第4
      議案第67号 平成23年度館山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
      議案第68号 平成23年度館山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
      議案第69号 平成23年度館山市介護保険特別会計補正予算(第2号)
      議案第70号 平成23年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)







△開会午前10時00分



○議長(福岡信治) 本日の出席議員数18名、これより平成23年第4回市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。





△議長の報告



○議長(福岡信治) 本定例会議案審議のため、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求に対し、お手元に配付のとおり出席報告がありました。





△議案の配付



○議長(福岡信治) 市長から議案の送付がありましたので、これを受理し、既に各議員に配付してありますので、御了承願います。

 本日の議事は、お手元に配付の日程表により行います。





△会議録署名議員の指名



○議長(福岡信治) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 5番望月 昇議員、15番榎本祐三議員、以上両名を指名いたします。





△会期の決定



○議長(福岡信治) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。本定例会の会期について、議会運営委員会の意見は本日から12月16日までの17日間ということであります。会期を17日間と定めますことに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、会期は17日間と決定いたしました。





△会議日程の決定



○議長(福岡信治) 日程第3、会議日程の決定を行います。

 お諮りいたします。お手元に配付の会議日程表は、議会運営委員会の意見により作成いたしました。本定例会をこの会議日程表により運びますとともに、議事の都合等によりまして、その都度これを改めることにし、大体このようにしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、会議日程は決定いたしました。





△議案の上程



○議長(福岡信治) 日程第4、議案第63号乃至議案第70号の各議案を一括して議題といたします。





△提案理由の説明



○議長(福岡信治) これより各議案に対する提案理由の説明を求めます。

 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) 皆さん、おはようございます。本日ここに第4回市議会定例会を招集し、当面する諸案件について御審議をお願いすることといたしましたが、議員の皆様方には御多用のところ御出席をいただき、まことにありがとうございます。

 今回提案します案件は、条例議案2件、一般議案1件及び補正予算5件です。以下、その概要について御説明申し上げます。

 議案第63号安房郡市広域市町村圏事務組合規約の変更に関する協議についてですが、同組合で共同処理する事務のうち、地域救急医療について、構成市町が行う事務との区分を明確にするため、本組合が実施する地域救急医療に関する事務を具体的に規定しようとするものです。

 次に、議案第64号館山市職員給与条例等の一部を改正する条例の制定についてですが、本年9月30日の人事院勧告及び10月27日の県人事委員会勧告に準じ、給料表の改定を行おうとするものです。

 なお、本議案については、12月1日より施行することとなりますので、本日先議による議決をお願いしたいと存じます。

 次に、議案第65号館山市市税条例等の一部を改正する条例の制定についてですが、地方税法等の改正に伴う寄附金控除制度の拡充を行うとともに、各税目における減免規定の見直しを行おうとするものです。

 次に、議案第66号平成23年度館山市一般会計補正予算(第6号)ですが、歳入歳出予算の補正として歳入歳出それぞれ4,323万円を追加し、総額171億2,901万1,000円としようとするものです。

 歳出の主な内容としては、総務費では契約金額の確定に伴う庁舎耐震改修事業で3,390万円の減、市庁舎空調機設置事業で4,055万円、東日本大震災避難者支援事業で21万円のそれぞれ増、民生費では平成22年度障害者自立支援給付費等国庫負担金及び障害者医療費国庫負担金の精算に伴う過年度国庫支出金返還金で866万6,000円、介護保険特別会計繰出金で720万円、平成22年度保育所運営費国県負担金の精算に伴う過年度保育所運営費国県負担金返還金で354万8,000円、平成22年度生活保護費国庫負担金の精算に伴い過年度生活保護費国庫負担金返還金で484万7,000円のそれぞれ増、衛生費では住宅用太陽光発電システム設置費補助金で177万6,000円の増、農林水産業費では豊房地区ほ場整備に係る受益者負担金の償還について一括償還希望者の増加による農用地総合整備事業負担金で202万9,000円、安房中央土地改良区が実施する平久里川防潮堰の補修工事に対して負担する土地改良施設維持管理適正化事業で775万6,000円、松くい虫防除事業で114万2,000円、台風15号の影響により倒壊した下原漁港護岸の補修工事を行う漁港管理事業で171万円のそれぞれ増、商工費では千葉県信用保証協会の代位弁済に対して損失補てんを行う中小企業融資補てん金で38万2,000円、千葉県観光地魅力アップ緊急整備事業補助金を活用し、民間事業者が行う公衆用トイレの整備に補助する観光地魅力アップ緊急整備事業補助金で65万円のそれぞれ増、土木費では老朽化した市道369号線の舗装補修工事請負費の増及び市道8043号線つけかえ道路における用地購入費等の減に伴い、道路新設改良事業で3,907万8,000円の減、老朽化した汐入橋の補修工事を行う橋梁整備事業で5,200万円の増、消防費では東日本大震災における消防団員の被害を受け、消防団員等公務災害補償等責任共済等施行令の一部改正による共済制度負担金で889万2,000円の増、教育費ではふるさと納税寄附金を活用した小中学校備品購入事業で116万3,000円、平成24年4月に開催されるトライアスロンアジア選手権事業で80万円、館山市及び南房総市学校給食組合解散清算事業で117万4,000円のそれぞれ増、公債費では市債の借り入れ条件等の確定による利子償還金で909万1,000円の増、諸支出金ではフレフレ・たてやま応援基金積立金で114万2,000円の増額をお願いし、あわせて給与改定を含む各款における人件費の補正をお願いしようとするものです。

 また、歳入として分担金及び負担金、寄附金、繰入金、諸収入を増額し、県支出金、市債を減額しようとするものです。

 このほか橋梁整備事業について、年度内に完了しない見通しですので、繰越明許費を設定しようとするものです。

 また、債務負担行為の補正として電子複写機、印刷機、その他事務用機器の借り上げ等に係る使用料及び賃借料のほか21件の追加をお願いするとともに、地方債の補正として庁舎耐震改修事業及び道路橋梁整備事業の変更をお願いしようとするものです。

 次に、議案第67号平成23年度館山市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)ですが、歳入歳出予算の補正として歳入歳出それぞれ1億2,481万1,000円を増額し、総額65億3,082万1,000円としようとするものです。

 歳出の主な内容としては、高額支給の増加により、退職被保険者等療養給付費で1億297万2,000円、一般被保険者高額療養費で2,183万9,000円のそれぞれ増額をお願いし、歳入では国庫支出金、療養給付費等交付金、繰入金を増額しようとするものです。

 また、債務負担行為の補正として国民健康保険税事務に係る電算処理業務委託料のほか2件の追加をお願いしようとするものです。

 次に、議案第68号平成23年度館山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)ですが、歳入歳出予算の補正として歳入歳出それぞれ2万円を増額し、総額6億3,222万4,000円としようとするものです。

 歳出の内容としては、給与改定を含む職員の人件費に係る総務管理費で2万円の増額をお願いし、歳入では一般会計繰入金を増額しようとするものです。

 次に、議案第69号平成23年度館山市介護保険特別会計補正予算(第2号)ですが、歳入歳出予算の補正として歳入歳出それぞれ720万円を増額し、総額43億5,612万5,000円としようとするものです。

 歳出の内容としては、給与改定を含む職員の人件費に係る総務管理費及び介護予防事業費で720万円の増額をお願いし、歳入では一般会計繰入金を増額しようとするものです。

 また、債務負担行為の補正として介護保険料事務に係る電算処理業務委託料のほか2件の追加をお願いしようとするものです。

 次に、議案第70号平成23年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第2号)ですが、歳入歳出予算の補正として歳入歳出それぞれ80万円を増額し、総額7億9,965万3,000円としようとするものです。

 歳出の内容としては、給与改定を含む職員の人件費に係る管理費で80万円の増額をお願いし、歳入では一般会計繰入金を増額しようとするものです。

 また、債務負担行為の補正として鏡ケ浦クリーンセンターにおける電気設備点検等に係る委託料のほか2件の追加をお願いしようとするものです。

 また、この会期中、追加議案として館山市教育委員会委員の任命について上程する予定です。よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(福岡信治) 以上で提案理由の説明を終わります。





△質疑応答



○議長(福岡信治) この際、お諮りいたします。

 議案第64号館山市職員給与条例等の一部を改正する条例の制定については、本日審議いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。

 議案第64号について質疑を行います。

 御質疑ありませんか。

 18番鈴木順子議員。御登壇願います。

         (18番議員鈴木順子登壇)



◆18番(鈴木順子) 議案第64号、館山市職員給与条例等の一部を改正する条例についてでありますが、ちょっと全員協議会での説明もいただきましたけれども、何点かお聞かせを願いたいというふうに思います。

 まず、今回の減額に当たる対象の人数は何人でありましょうか、お願いします。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) 対象の人数でございますが、194名が引き下げの対象となります。



○議長(福岡信治) 鈴木順子議員。



◆18番(鈴木順子) その影響額の説明は受けましたので、ちょっと一つだけ確認をします。これは通常ですと、4月の給与までさかのぼるというふうなことが今までだったでしょうけれども、これさかのぼらないということでよろしいんですね。そう理解してよろしいんですね。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) さかのぼりの調整はいたしません。

 以上です。



○議長(福岡信治) 鈴木順子議員。



◆18番(鈴木順子) それでは、きょうここで審議をする、結果を出すということに至った経緯の中には、組合との合意という大事な作業があったというふうに思いますけれども、その組合との合意に向けた議論の中で、どんなような議論がされたのか、組合からの要求なども含めてお聞かせを願いたいというふうに思います。



○議長(福岡信治) 鎌田総務部長。



◎総務部長(鎌田洋司) 組合交渉の中での組合員の意見でございますが、現在館山市は厳しい財政状況を踏まえて独自の削減をやっている中で、さらに人事院勧告、県の人事委員会の勧告に基づくとはいえ、これ以上の引き下げをするということは職員にとって生活をしていく上で非常に厳しいので、やめてもらいたいというような意見がございました。しかしながら、地方公務員の給与につきましては、地方公務員法に基づいて定めなければならないことから、人事院勧告、また県の人事委員会勧告に準じて給料表の改定を行うことはどうしても必要なことなので、理解をお願いしたいということで理解を得て合意に至っております。



○議長(福岡信治) 以上で鈴木順子議員の質疑を終わります。

 他に御質疑ありませんか。  御質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。





△委員会付託の省略



○議長(福岡信治) お諮りいたします。

 本案については、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これに御異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(福岡信治) 御異議なしと認めます。よって、決定いたしました。





△討論



○議長(福岡信治) これより討論を行います。

 討論ありませんか。

 18番鈴木順子議員。御登壇願います。

         (18番議員鈴木順子登壇)



◆18番(鈴木順子) 議案第64号館山市職員給与条例等の一部を改正する条例の制定についてでありますが、反対をいたしたいと思います。

 今回職員組合との交渉の中でも言われておりましたように、既に今現在館山市、3%から5%に向けての給与カットというのを行っております。それをさらに0.23上乗せした中での減額ということで提案されているのはそういうことであります。そういった中、全体の影響額から見るというような議論は、私は今回しないでおきたいというふうに思います。

 私たちが常日ごろ社会の中でいろいろ言われているように、公務員の給与のあり方について、とかく言われておりますけれども、今民間の給料が私たちの生活する中で十分に足りているかどうかの議論をしなければならないというふうに思います。今回の改正によって、月々の月額のマイナスの給料は恐らく千四、五百円台だというふうに理解をいたしますけれども、40代の職員にとっては、生活する立場から一番お金がかかる、子供の教育費あるいは生活に向けて金がかかる時期でもあります。そういったことも考えますと、到底今回の条例の制定について賛成はできないものであります。そもそも今度の公務員の給与の減額の問題については、余り議論はされておりませんけれども、社会全体の雇用のあり方も考えなくてはなりません。大きな企業が莫大な内部留保金を抱えながら、労働者には非常に低い賃金で、その雇用形態も安定しないまま雇用している状況であるとか、あるいは安い賃金を求めて国外へ出ていく企業であるとか、そういうことで日本の働く人たちの雇用がきちんと守れていくのかということもこの背景にはあるというふうに思います。そういったさまざまな背景、そして今抱えている公務員の皆さん方の苦労、それを考えると、到底納得できるものではないということを申し上げて、反対の討論といたします。



○議長(福岡信治) 以上で18番鈴木順子議員の討論を終わります。

 他に討論ありませんか。  討論なしと認めます。よって、討論を終わります。





△採決



○議長(福岡信治) これより採決いたします。

 採決は起立により行います。

 本案を可決することに賛成の皆さんの起立を求めます。

         (賛成者起立)



○議長(福岡信治) 起立多数であります。よって、本案は原案どおり可決されました。





△散会午前10時23分



○議長(福岡信治) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 明12月1日から4日までは議案調査のため休会、次会は12月5日午前10時開会とし、行政一般通告質問を行います。

 本日はこれをもって散会といたします。



 ◎本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 会議日程の決定

1 議案第63号乃至議案第70号