議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 館山市

平成23年  2月 臨時会(第1回) 02月02日−01号




平成23年  2月 臨時会(第1回) − 02月02日−01号









平成23年  2月 臨時会(第1回)





1 平成23年2月2日(水曜日)午前10時
1 館山市役所議場
1 出席議員 19名
       1番  吉 田 惠 年          2番  石 井 信 重
       3番  本 多 成 年          4番  三 澤   智
       5番  吉 田 正 二          6番  鈴 木 正 一
       7番  真 田 司 郎          8番  今 井 義 明
       9番  内 藤 欽 次         10番  秋 山   貴
      12番  榎 本 祐 三         13番  早 船 亮 一
      14番  福 岡 信 治         15番  松 坂 一 男
      16番  小 沼   晃         17番  本 橋 亮 一
      18番  三 上 英 男         19番  小 幡 一 宏
      20番  鈴 木 順 子         
1 欠席議員  1名
      11番  山 口 安 雄
1 出席説明員
  市     長  金 丸 謙 一     副  市  長  関   隆 晴
  会 計 管 理 者  庄 司 武 雄     市 長 公 室 長  田 中   豊
  総 務 部 長  川 名 房 吉     健 康 福祉部長  武 田 博 之

  建設環境部長  和泉澤   薫      教 育 委 員 会  石 井 達 郎
                       教  育  長

  教育委員会次長  忍 足 光 正

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  伊 藤 一 雄     書     記  井 澤   浩
  書     記  佐 野 能 弘     書     記  藤 田 達 郎
  書     記  島 本 一 樹     書     記  並 木 敏 行

1 議事日程(第1号)
 平成23年2月2日午前10時開議
 日程第1 会議録署名議員の指名
 日程第2 会期の決定
 日程第3 議案第1号 平成22年度館山市一般会計補正予算(第6号)







△開会午前10時00分



○議長(吉田惠年) 本日の出席議員数19名、これより平成23年第1回市議会臨時会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。





△議長の報告



○議長(吉田惠年) 本臨時会議案審議のため、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求に対し、お手元に配付のとおり出席報告がありました。

 市長から地方自治法第180条の規定による専決処分の報告がされております。お手元に配付の印刷書により御了承願います。





△議案の配付



○議長(吉田惠年) 市長から議案の送付がありましたので、これを受理し、既に各議員に配付してございますので、御了承願います。

 本日の議事は、お手元に配付の日程表により行います。





△会議録署名議員の指名



○議長(吉田惠年) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 10番秋山 貴議員、20番鈴木順子議員、以上両名を指名いたします。





△会期の決定



○議長(吉田惠年) 日程第2、会期の決定を行います。

 本臨時会の会期について、議会運営委員会の意見は本日1日ということであります。会期を本日1日と定めますことに御異議ございませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田惠年) 御異議なしと認めます。よって、会期は本日1日と決定いたしました。





△議案の上程



○議長(吉田惠年) 日程第3、議案第1号平成22年度館山市一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。





△提案理由の説明



○議長(吉田惠年) 議案の説明を求めます。

 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) おはようございます。提案理由の説明をいたします。

 議案第1号平成22年度館山市一般会計補正予算(第6号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ1億40万6,000円を追加し、総額168億7,969万2,000円としようとするものでございます。

 歳出の追加といたしましては、国の補正予算に伴う事業として、総務費では、老朽化した館山小学校耐震井戸の非常用飲料水ろ過装置撤去工事等を行う耐震井戸施設維持管理事業で120万円、中央地区学習等供用施設空調機等交換工事に係る設計を行う学習等供用施設整備事業で131万3,000円、コミュニティセンター外灯交換事業で58万4,000円、民生費では、保育園施設の修繕工事を行う保育園施設整備事業で893万3,000円、土木費では、市道の道路維持工事等を行う道路維持管理事業で1,531万4,000円、橋梁の補修工事を行う橋梁整備事業で390万円、大賀市営住宅の解体撤去工事を行う市営住宅解体事業で1,021万8,000円、消防費では、老朽化した消防団詰所の修繕工事等を行う消防施設整備事業で327万円、教育費では、小学校施設の修繕工事等を行う小学校施設整備事業で1,174万3,000円、小学校の教育用パーソナルコンピュータ等を買いかえる情報教育推進事業で1,093万8,000円、中学校施設の修繕工事等を行う中学校施設整備事業で227万6,000円、幼稚園施設の修繕工事等を行う幼稚園施設整備事業で619万4,000円、老朽化した地区公民館の修繕工事等を行う地区公民館整備事業で633万9,000円、図書館トイレ等改修事業で1,484万6,000円、図書館資料の充実を図るための図書館図書等整備事業で40万円、老朽化した第一柔剣道場の屋根及び外壁修繕工事を行う第一柔剣道場改修事業293万8,000円でございます。

 以上、歳出につきまして御説明申し上げましたが、これらの補正財源として、国庫支出金及び繰越金を増額しようとするものでございます。

 このほかに、繰越明許費の補正といたしまして、保育園施設整備事業外11件の事業につきまして、年度内に完了しない見通しとなりますので、追加をお願いしようとするものでございます。

 以上よろしく御審議のほどお願い申し上げます。



○議長(吉田惠年) 説明は終わりました。





△質疑応答



○議長(吉田惠年) これより質疑を行います。

 御質疑ございませんか。

 12番榎本祐三議員。御登壇願います。

         (12番議員榎本祐三登壇)



◆12番(榎本祐三) さきに通告しておりますとおり、館山市一般会計補正予算(第6号)に関して、補正予算全般について質問させていただきます。

 市の財政が厳しい中で、このような臨時的に交付金措置がされることはありがたいことと思っております。しかし、よく考えてみれば、来る統一地方選挙を意識した政府与党のばらまきではないかとさえ思います。

 そこで、お聞きするのですが、第1に国の補正予算6,035万1,000円に伴う措置として補正したとの説明でありましたが、繰越金4,005万5,000円も追加して補正した理由はどのようなことでしょうか、理由をお聞かせください。

 第2に、補正された事業は、老朽化した施設等の改修、補修など、安全安心に関係する事業がほとんどですが、国の補正予算がなかった場合、繰越金だけでも補正予算を組むことは考えておられたのかどうか、お聞かせください。

 第3に、このたびの繰越金は枯渇しかけている財政調整基金の補てんに充てなくても、長期的な館山市の財政運営には問題ないのか。

 以上、御見解をお聞かせください。以上、御答弁によりまして再質問させていただきます。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 議案第1号に関します第1点目、繰越金を追加しての補正についてですが、国から交付されるきめ細かな交付金及び住民生活に光をそそぐ交付金は、財政力や人口等を基礎として交付限度額が算出され、事業費が交付限度額を下回る場合は返還することとなりますので、交付金を限度額まで活用するためには、入札による事業費の減額を考慮する必要がございます。

 なお、住民生活に光をそそぐ交付金については、国の補正予算額1,000億円のうち、500億円について第1次交付限度額を設定し、残りの5,000億円については地方公共団体から提出された事業計画の中から第1次配分交付限度額を超える団体で、交付金の趣旨に沿った効果が高いと認められる事業に2次配分されることとなっています。このようなことから、対象事業については、平成23年度当初予算要求のあった市単独事業で実施すべき優先度の高い事業を基本に、交付金の趣旨に合致した事業を選定し、繰越金による一般財源の投入額を決定しました。

 次に、第2点目、国の補正予算がなかった場合の市単独での補正予算提案についてですが、今回の補正予算は平成23年度予算で実施すべき事業を国の経済対策に基づく事業として実施するもので、市単独費での補正予算は考えていませんでした。

 次に、第3点目、補正予算に係る繰越金を財政調整基金に補てんしなくても心配はないかということについてですが、今回補正予算として提案した事業は、平成23年度予算として市単独で実施すべき事業を国庫補助事業として前倒しして実施することとなりますので、結果的には一般財源の圧縮になると考えております。しかしながら、財政調整基金残高については、十分であるとは言えませんので、今後の財政状況などを見きわめながら財政調整基金の確保に努めてまいります。以上でございます。

 訂正させていただきます。第1次交付限度額の関係で、2次配分を「5,000億円」と申しましたが、「500億円」が正しゅうございます。申しわけございませんでした。



○議長(吉田惠年) 榎本祐三議員。



◆12番(榎本祐三) ありがとうございました。どういうからくりだったのかなと、それはわかりました。要するに、限度額まで使用しないと返却がある。したがって、当方としては限度額まで使えるように、そしてしかも入札でさらに安くなった場合には限度額を使わないということになってしまうと、せっかくもらえるものがもらえなくなってしまうということから、繰越金を使って事業をやっているんですよという、そのからくりはよくわかりました。ありがとうございました。

 それで、さきの質問の中でも申し上げましたけれども、このたびのこの補正の事業というのは、当初23年度予算に組み込むべき事業だったんだと、しかし査定で振り落とされた部分について、このたびの国の交付金にのっかって、振り落とされた分をやるということになったんだという御説明をいただきました。それだけ今やっぱり市の財政がかなり厳しいのかなというのは、中身を先ほど申し上げましたけれども、安全安心の部分いわゆる老朽化した施設の補修だ、改修だという部分が今回の補正に大分のりましたけれども、それが新年度の予算の中から振り落とされているというようなことを考えると、かなり23年度予算も厳しい査定で臨まれたのかというふうに思いますけれども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 新年度予算も厳しいものになるのではないかなという御質問でございますけれども、現在数字について精査しているところではございますけれども、やはり庁舎建設基金から繰り入れるということなしには新年度予算の編成は難しい状況であるということでございます。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 榎本祐三議員。



◆12番(榎本祐三) わかりました。ありがとうございました。

 もう一つ、最後にですけれども、財政調整基金の話ですが、今回我々の議員年金の6月での廃止による各自治体に対する負担、一挙に約6,000万、それとか子ども手当の地方自治体いわゆる地方負担、これも館山市も数千万、七、八千万あるんじゃないかと思うんですけれども、そういう事態が国の政策で一挙にぽんとこういうふうに出てくるということになると、やはりそれなりの財政調整基金を持っていないと、えっということになりかねないんじゃないかなという危惧がありますので、これからもやはり財政調整基金については極力確保するという方向でやっていっていただきたいなというふうに思いますが、その辺いかがでしょうか。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 財政調整基金をしっかり積んでおかなければいけないというのは議員おっしゃるとおりでございますが、まずその前にやはり庁舎建設基金を取り崩しての必死の財政運営をしているわけでございまして、その点御理解をいただきたいと思います。

 なお、参考までに附言いたしますと、普通交付税につきましては当初予算で31億ということで22年度予算編成しておるわけでございますが、最終的には普通交付税34億近くなりますので、その部分につきまして財政的に剰余金が生まれた場合は、2月の定例会の補正等でまた積み立てることが可能かとも思いますので、慎重に検討してまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 榎本祐三議員。



◆12番(榎本祐三) ありがとうございました。

 財政問題については、次回の定例議会の一般質問等でまた議論させていただきたいというふうに思っております。

 終わります。



○議長(吉田惠年) 以上で12番榎本祐三議員の質疑を終わります。

 他に御質疑ございませんか。

 9番内藤欽次議員。御登壇願います。

         (9番議員内藤欽次登壇)



◆9番(内藤欽次) おはようございます。3点について質問いたします。さきの榎本議員と重複するようなところがあるかもしれませんが、一応質問をしていきたいと思います。

 第1番目、歳入について、繰越金として約4,000万ということで補正しておりますが、この約1億円の4割、この4割は今説明したとおりのことだと思いますが、4割にするか5割にするか、また3割にするか、そこの割合をどのようにして算定したんでしょうか。

 2番目、歳出についてですが、今市長さんが述べられたような各項目がありますが、この項目をどのようにして算定したのでしょうか。答弁の中では、23年度の優先度の高いものからというふうにしたというようなものがありましたけれども、その順番のスケジュールなどはあらかじめ決められていたのでしょうか。

 第3番目、実際にその工事を始める場合、業者の決定の方法はどのように行うのか。

 以上3点について質問いたします。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 議案第1号に関します第1点目、繰越金の算定についてですが、榎本議員の御質問の第1点目でお答えしたとおりでございます。

 次に、第2点目、事業の選定方法等についてですが、対象事業については平成23年度当初予算要求のあった市単独事業で、実施すべき優先度の高い事業を基本に交付金の趣旨に合致した事業を選定しました。また、事業実施の順番、スケジュール等については、補正予算議決後、契約の準備が整い次第、順次実施していくこととなります。

 次に、第3点目、実施する場合の業者の決定の方法についてでございますが、通常の事業発注と同様に、地方自治法や館山市財務規則、館山市建設工事等入札参加者資格審査規程等にのっとり、入札等を実施し、業者を決定します。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 内藤欽次議員。



◆9番(内藤欽次) まず、1番ですが、その説明そのものはわかるんですけれども、約4割というのはどんなあんばいなのかということを、いろいろあると思いますが、もし伺うことができたらお願いしたいと思います。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 補正予算をこれ編成しますのに、4割とか5割とかということではなくて、6,000万交付金がいただけると、それを有効に使うには一般財源を一緒にこう使うのが、より一層効果的だということで、繰越金のほうから組み入れて編成をしておるということでございます。ちなみに、議案資料の主要事業説明書のほうに財源内訳として、それぞれの事業の国庫支出金の割合、それから一般財源の数値ということについては記載されておりますので、そちらのほうをごらんいただきとうございます。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 内藤欽次議員。



◆9番(内藤欽次) 説明で納得はできかねるかと思うんですが、私の解釈としては別に決まったもんではないと、4割が決まったもんではなくて、その時々の事業の重要性、そういうものによって決まっていくんだと、だからこれが固定したものではないし、今回はこれでいくというような解釈をしたわけですが、それでよろしいでしょうか。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 大体その御見解でよろしいかと思います。

 この繰越金という意味合いでございますけれども、いわゆる実質収支額、21年度にある歳入総額から歳出の総額を引いたものを形式収支と言うわけでございます。そこから理由があって翌年度に繰り越した事業に使う財源というもの、その分を引いたのが実質収支額と、それが繰越金でございます。22年度の場合は、5億2,093万円という繰越金があったと、それを財源として年度中途に出てきて、どうしてもやんなきゃいけないこの事業、そういったものに使用すると、そういうことでございます。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 内藤欽次議員。



◆9番(内藤欽次) 大変な懇切丁寧な答弁ありがとうございます。

 では、2番に行きますが、優先度の高いものというのは大変説明が難しいんじゃないかと思いますが、どんなぐあいなのか、お聞かせ願えればと思います。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 補正予算の主要事業の説明書をこう逐次ごらんいただければ納得していただけるんじゃないかと思いますけれども、老朽化に伴いまして公民館が雨漏りしたり、それから冷暖房機が壊れてしまっていたり、学校のパソコンが使えなくなってしまっていると、あるいは図書館のトイレが詰まっていると、構造のぐあいがどうも芳しくないと、改修しなければならない事業、そういった事業いずれもこれ実施しなければいけない事業でございます。そういった事業を現在の財政の仕組みからしますと特定財源、国のほうからいただける財源というのが、そういった改修に使えるものというのはないわけでございまして、今回の地域活性化交付金を使って、それで事業ができるということは大変ありがたいことで、順番といいますか、そういったものもしっかり考えた上での事業の選定でございます。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 内藤欽次議員。



◆9番(内藤欽次) ちょっとその緊急性、重大性、こういうこととか、そういうのはわかるんですが、そのどちらに軍配を上げるか、どちらを先にするかというのは、大変微妙な問題ではないかと思います。今説明にありました図書館のトイレの改修、私も実際見に行きましたら、こんな小さいトイレで大変だなと、1つ壊れたものもありましたけれども、それを約1,000万で解決するということですが、今までそういうことができなかったのが不思議なくらいだと思いますが、実はそういうのはたくさんあるんじゃないかと思います。したがって、絶えずいろいろな点検等を行ってやっていく中で、どれが本当に重要であるのかということは、なかなか決定は難しいと思いますが、絶えずそういう順番みたいのをつくっておいてやっていったらどうかと、このスケジュールなどの大まかなものはやっていないという回答でしたが、今後そういうものもつくっていったらどうかというふうに思いますが、いかがでしょうか。



○議長(吉田惠年) 川名総務部長。



◎総務部長(川名房吉) 事業にいたしますれば、非常に大変多くのものがございます。ですから、福祉ですとか教育ですとか土木とか、それぞれの分野で必要なもの、どうしてもやらなければいけないものというのは、もう行政内部で把握しておりますので、それを順次予算化して、それをやっていくということでございます。

 以上でございます。



○議長(吉田惠年) 内藤欽次議員。



◆9番(内藤欽次) 大変難しいので、なかなか決められないと、しかし一生懸命やっていくというふうなことじゃないかというふうに思われますが、だれもが納得いけるようなものをつくっていくには、やはりそういうことも必要ではないかというふうに申し上げておきます。

 3番については答弁を一応納得したということで、質問を終わります。



○議長(吉田惠年) 以上で9番内藤欽次議員の質疑を終わります。

 他に御質疑ございませんか。  御質疑なしと認めます。よって、質疑を終わります。





△委員会付託の省略



○議長(吉田惠年) お諮りいたします。

 本案については、委員会の付託を省略したいと思います。これに御異議ございませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田惠年) 御異議なしと認めます。よって、決定いたしました。





△討論



○議長(吉田惠年) これより討論を行います。

 討論ありませんか。  討論なしと認めます。よって、討論を終わります。





△採決



○議長(吉田惠年) これより採決をいたします。

 本案を原案どおり可決することに御異議ございませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田惠年) 御異議なしと認めます。よって、本案は原案どおり可決されました。





△閉会午前10時30分



○議長(吉田惠年) 以上で本臨時会に付議されました案件は議了いたしました。

 よって、これで第1回市議会臨時会を閉会いたします。



 ◎本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 議案第1号