議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 館山市

平成22年  9月 定例会(第3回) 08月31日−01号




平成22年  9月 定例会(第3回) − 08月31日−01号









平成22年  9月 定例会(第3回)





1 平成22年8月31日(火曜日)午前10時
1 館山市役所議場
1 出席議員 20名
       1番  吉 田 惠 年          2番  石 井 信 重
       3番  本 多 成 年          4番  三 澤   智
       5番  吉 田 正 二          6番  鈴 木 正 一
       7番  真 田 司 郎          8番  今 井 義 明
       9番  内 藤 欽 次         10番  秋 山   貴
      11番  山 口 安 雄         12番  榎 本 祐 三
      13番  早 船 亮 一         14番  福 岡 信 治
      15番  松 坂 一 男         16番  小 沼   晃
      17番  本 橋 亮 一         18番  三 上 英 男
      19番  小 幡 一 宏         20番  鈴 木 順 子
1 欠席議員  なし
1 出席説明員
  市     長  金 丸 謙 一     副  市  長  関   隆 晴
  会 計 管 理 者  庄 司 武 雄     市 長 公 室 長  田 中   豊
  総 務 部 長  川 名 房 吉     健 康 福祉部長  武 田 博 之
  経 済 観光部長  吉 田 安 重     建 設 環境部長  和泉澤   薫

  教 育 委 員 会  大和地 紀 昭     教 育 委 員 会  石 井 達 郎
  委  員  長              教  育  長

  教育委員会次長  忍 足 光 正     選挙管理委員会  安 西 信 雄
                       委  員  長

  選挙管理委員会  鎌 田 洋 司     監 査 委 員  宮 ? 健 一
  事 務 局書記長

  監査事務局長  鈴 木 敏 明      農 業 委 員 会  小 柴 正 典
                       事 務 局 長

1 出席事務局職員
  事 務 局 長  伊 藤 一 雄     書     記  井 澤   浩
  書     記  和 田 敦 子     書     記  藤 田 達 郎
  書     記  前 田 一 樹     書     記  森   正 治
1 議事日程(第1号)
 平成22年8月31日午前10時開議                         
 日程第1 会議録署名議員の指名                           
 日程第2 会期の決定                                
 日程第3 会議日程の決定                              
 日程第4 議案第50号 館山市市税条例の一部を改正する条例の制定について      
      議案第51号 館山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について 
      議案第52号 館山市ふるさと創生人材育成基金条例を廃止する条例の制定につい
             て                             
      議案第53号 館山市看護師等修学資金貸付基金条例の制定について      
      議案第54号 館山市乳幼児医療費支給条例の一部を改正する条例の制定について
      議案第55号 館山市ひとり親家庭等医療費等の助成に関する条例の一部を改正す
             る条例の制定について                    
      議案第56号 館山市看護師等修学資金貸付条例の制定について        
      議案第57号 館山市介護保険条例の一部を改正する条例の制定について    
      議案第58号 平成22年度館山市一般会計補正予算(第4号)        
      議案第59号 平成22年度館山市老人保健特別会計補正予算(第1号)    
      議案第60号 平成22年度館山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号) 
      議案第61号 平成22年度館山市介護保険特別会計補正予算(第1号)    
      議案第62号 平成22年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)   
      認定第 1号 平成21年度館山市一般会計歳入歳出決算の認定について    
      認定第 2号 平成21年度館山市国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定につ
             いて                            
      認定第 3号 平成21年度館山市老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第 4号 平成21年度館山市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                           
      認定第 5号 平成21年度館山市介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について
      認定第 6号 平成21年度館山市学童災害共済事業特別会計歳入歳出決算の認定
             について                          
      認定第 7号 平成21年度館山市下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定につい
             て                             







△開会午前10時00分



○議長(吉田惠年) 本日の出席議員数20名、これより平成22年第3回市議会定例会を開会いたします。

 本日の会議を開きます。





△議長の報告



○議長(吉田惠年) 本定例会議案審議のため、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求に対し、お手元に配付のとおり出席報告がありました。

 次に、平成21年度館山市一般会計等財政健全化審査意見書が報告されております。既に各議員に配付してあります印刷書により御了承願います。





△議案の配付



○議長(吉田惠年) 市長から議案の送付がありましたので、これを受理し、既に各議員に配付してありますので、御了承願います。

 本日の議事は、お手元に配付の日程表により行います。





△会議録署名議員の指名



○議長(吉田惠年) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 7番真田司郎議員、14番福岡信治議員、以上両名を指名いたします。





△会期の決定



○議長(吉田惠年) 日程第2、会期の決定を行います。

 お諮りいたします。本定例会の会期について、議会運営委員会の意見は本日から9月22日までの23日間ということであります。会期を23日間と定めますことに御異議ございませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田惠年) 御異議なしと認めます。よって、会期は23日間と決定いたしました。





△会議日程の決定



○議長(吉田惠年) 日程第3、会議日程の決定を行います。

 お諮りいたします。お手元に配付の会議日程表は、議会運営委員会の意見により作成いたしました。本定例会をこの会議日程表により運びますとともに、議事の都合等によりまして、その都度これを改めることにし、大体このようにしたいと思います。これに御異議ございませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(吉田惠年) 御異議なしと認めます。よって、会議日程は決定いたしました。





△議案の上程



○議長(吉田惠年) 日程第4、議案第50号乃至議案第62号並びに認定第1号乃至認定第7号の各議案を一括して議題といたします。





△提案理由の説明



○議長(吉田惠年) これより各議案に対する提案理由の説明を求めます。

 金丸市長。

         (市長金丸謙一登壇)



◎市長(金丸謙一) おはようございます。本日ここに第3回市議会定例会を招集し、当面する諸案件について御審議をお願いすることといたしましたが、議員の皆様方には御多用のところ御出席をいただき、ありがとうございます。

 今回提案いたします案件は、条例議案8件、補正予算5件及び認定議案7件でございます。以下、その概要について御説明申し上げます。

 まず、議案第50号館山市市税条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、県内の市町村の状況を勘案し、軽自動車税の納期を4月から5月に変更しようとするものでございます。

 次に、議案第51号館山市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、国民健康保険税の暫定賦課を廃止するとともに、介護保険料等の納期と統一するため、普通徴収に係る国民健康保険税の納期を変更しようとするものでございます。

 次に、議案第52号館山市ふるさと創生人材育成基金条例を廃止する条例の制定についてでございますが、青少年海外派遣事業等を実施するために創設したこの基金は、所期の目的を達成したので、廃止しようとするものでございます。

 次に、議案第53号館山市看護師等修学資金貸付基金条例の制定についてでございますが、館山市看護師等修学資金貸付条例の貸し付けに関する事務を円滑かつ効率的に行うため、基金を設置しようとするものでございます。

 次に、議案第54号館山市乳幼児医療費支給条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、支給対象者を小学校3年生まで拡大するとともに、保護者の所得制限、自己負担金及び医療費の請求期間を県の補助制度と同じ内容に改正しようとするものでございます。

 次に、議案第55号館山市ひとり親家庭等医療費等の助成に関する条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、医療費の請求期間を県の補助制度と同じ内容に改正しようとするものでございます。

 次に、議案第56号館山市看護師等修学資金貸付条例の制定についてでございますが、将来安房郡市内において看護師または准看護師の業務に従事しようとする者に対し、修学資金を貸し付けることにより、その修学を容易にし、もって市内における看護師等の確保を図るため、新たに条例を制定しようとするものでございます。

 次に、議案第57号館山市介護保険条例の一部を改正する条例の制定についてでございますが、介護保険料の暫定賦課を廃止するとともに、国民健康保険税等の納期と統一するため、普通徴収に係る介護保険料の納期を変更しようとするものでございます。

 次に、議案第58号平成22年度館山市一般会計補正予算(第4号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ3億3,563万円を追加し、総額164億3,200万8,000円としようとするものでございます。歳出の主な内容といたしましては、総務費では陶芸窯購入事業で100万円の増、民生費では保育園等への親子文庫の創設や空気清浄機、AEDの設置などを行い、子育て環境の向上を図るための地域子育て創生事業で1,352万3,000円、老朽化した私立保育園の施設改修費の一部を補助する保育園施設整備助成事業で410万3,000円、後期高齢者医療特別会計事務費繰出金で359万円のそれぞれ増、衛生費では館山市看護師等修学資金貸付条例に基づく貸付事務を円滑かつ効率的に行う基金を設置するための、館山市看護師等修学資金貸付基金繰出金で7,100万円、市民税非課税世帯及び生活保護世帯に対し、新型インフルエンザワクチン予防接種費用を助成する新型インフルエンザワクチン接種助成事業で1,699万7,000円のそれぞれ増、新型インフルエンザワクチン接種助成事業実施に伴い、高齢者のインフルエンザワクチン接種事業費を減額する予防接種事業で312万8,000円の減、三芳水道企業団出資金で695万2,000円の増、労働費では緊急的な雇用対策事業として千葉県から交付されるふるさと雇用再生特別基金事業補助金を活用し、地域求職者等を雇い入れて行う事業を民間委託により実施し、地域における継続的な雇用、就業機会の創出を図るためのふるさと雇用再生特別基金事業で798万円、同じく千葉県から交付される緊急雇用創出事業臨時特例基金事業補助金を活用し、離職を余儀なくされた非正規労働者、中高年齢者等の失業者に対して、次の雇用までの短期の雇用、就業機会の創出を図るための緊急雇用創出事業臨時特例基金事業で782万5,000円のそれぞれ増、農林水産業費では、戸別所得補償制度導入の推進を図るための戸別所得補償制度導入推進事業で175万円、都市と農山漁村の交流を促進するため、地域におけるグリーン・ブルーツーリズム資源の創出・活用に向けた取り組みを支援する地域活性化交流促進施設整備事業で100万円のそれぞれ増、商工費では観光プロモーション推進活動等を行うNPO等の団体が国・県等の受託・助成を受けて行う公益事業に対し、事業が円滑に推進できるよう資金の貸し付けを行う館山市観光プロモーション活動推進事業資金貸付金で760万円、観光振興基金積立金で638万3,000円のそれぞれ増、土木費では、下水道事業特別会計繰出金で713万円の増、諸支出金では、平成21年度に一般会計が庁舎建設基金から借り入れた額を返還する庁舎建設基金返還金積立金で1億8,000万円の増額をお願いしようとするものでございます。

 また、歳入といたしまして、県支出金、繰入金、繰越金、諸収入、市債を増額し、財産収入を減額しようとするものでございます。

 このほかに債務負担行為の補正といたしまして、安全安心情報配信業務委託料の追加をお願いするとともに、地方債の補正といたしまして、小学校施設改修事業の追加及び上水道出資債ほか1件の変更をお願いしようとするものでございます。

 次に、議案第59号平成22年度館山市老人保健特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ52万8,000円を減額し、総額1,041万1,000円としようとするものでございます。

 歳出の主な内容といたしましては、一般会計繰出金で108万7,000円の減額をお願いし、歳入では繰越金を増額し、支払基金交付金、国庫支出金、県支出金を減額しようとするものでございます。

 次に、議案第60号平成22年度館山市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ1,282万4,000円を増額し、総額7億808万4,000円としようとするものでございます。

 歳出の主な内容といたしましては、平成21年度後期高齢者医療保険料の確定に伴う後期高齢者医療広域連合納付金で、923万4,000円の増額をお願いし、歳入では繰入金、繰越金を増額しようとするものでございます。

 次に、議案第61号平成22年度館山市介護保険特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ4,752万3,000円を増額し、総額39億7,439万6,000円としようとするものでございます。

 歳出の内容といたしましては、保険給付費等の確定による精算等に伴い、過年度分介護給付費支払基金交付金返還金で1,389万1,000円、過年度分介護予防事業交付金返還金で290万6,000円、過年度分包括的支援事業等交付金返還金で645万3,000円、過年度分地域支援事業支援交付金返還金で754万1,000円、一般会計繰出金で1,673万2,000円のそれぞれ増額をお願いし、歳入では国庫支出金、県支出金、繰入金、繰越金を増額しようとするものでございます。

 次に、議案第62号平成22年度館山市下水道事業特別会計補正予算(第1号)でございますが、歳入歳出予算の補正といたしまして、歳入歳出それぞれ1,450万3,000円を増額し、総額9億3,607万3,000円としようとするものでございます。

 歳出の主な内容といたしましては、受益者負担金システム導入事業で223万3,000円の増額をお願いし、歳入では繰入金、繰越金、市債を増額しようとするものでございます。また地方債の補正といたしまして、下水道事業債及び資本費平準化債の変更をお願いしようとするものでございます。

 認定第1号乃至認定第7号の諸案件は、平成21年度の館山市一般会計ほか6特別会計の歳入歳出決算につきまして、地方自治法の規定に基づき監査委員の意見を付して議会の認定をお願いするものでございます。

 まず、一般会計でございますが、歳入総額178億4,355万7,000円で、対前年度比17億2,111万3,000円、10.7%の増、歳出総額171億6,921万9,000円で、対前年度比17億5,317万7,000円、11.4%の増となり、歳入歳出差引額は6億7,433万8,000円で、翌年度へ繰り越された市民センターホール棟解体事業などに係る財源、1億5,340万6,000円を差し引いた実質収支は5億2,093万2,000円となっております。

 次に、特別会計でございますが、国民健康保険特別会計におきましては、歳入総額64億8,578万1,000円、歳出総額63億408万9,000円で、実質収支は1億8,169万2,000円となっております。

 老人保健特別会計におきましては、歳入総額779万1,000円、歳出総額723万1,000円で、実質収支は56万円となっております。

 後期高齢者医療特別会計におきましては、歳入総額5億7,243万円、歳出総額5億6,319万5,000円で、実質収支は923万5,000円となっております。

 介護保険特別会計におきましては、歳入総額39億6,223万1,000円、歳出総額39億5,067万6,000円で、実質収支は1,155万5,000円となっております。

 学童災害共済事業特別会計におきましては、歳入総額68万9,000円、歳出総額66万3,000円で、実質収支は2万6,000円となっております。

 下水道事業特別会計におきましては、歳入総額8億6,909万1,000円、歳出総額8億6,391万7,000円で、実質収支は517万4,000円となっております。

 なお、平成21年度の個々の施策につきましては、決算に係る主要な施策の成果に関する報告及び歳入歳出決算事項別明細書等により御了承賜りたいと存じます。

 以上、よろしくご審議のほどお願い申し上げます。



○議長(吉田惠年) 以上で提案理由の説明を終わります。





△散会午前10時19分



○議長(吉田惠年) 以上で本日の日程は終了いたしました。

 明9月1日は議案調査のため休会、次会は9月2日午前10時開会とし、行政一般通告質問を行います。

 本日はこれをもって散会といたします。



 ◎本日の会議に付した事件

1 会議録署名議員の指名

1 会期の決定

1 会議日程の決定

1 議案第50号乃至議案第62号並びに認定第1号乃認定第7号