議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 船橋市

平成20年12月予算特別委員会−12月05日-01号




平成20年12月予算特別委員会

予算特別委員会記録(平成20年第4回定例会・1)

16時46分開議
△委員長の互選
互選の方法は、指名推選と決定。
石渡憲治委員を推す発言があり、全員異議なく、石渡憲治委員が当選した。
 ──────────────────
◆石渡憲治 委員  【あいさつ】
 ご推薦いただきありがとうございます。委員長として、公平で円滑な委員会運営に徹したいと考えている。
 先輩議員が大変多い中で、お手やわらかによろしくお願いし、あいさつとする。(拍手)
   ──────────────────
△副委員長の互選
互選の方法は、指名推選と決定。
橋本和子委員を推す発言があり、全員異議なく、橋本和子委員が当選した。
 ──────────────────
◆橋本和子 委員  【あいさつ】
 ただいま副委員長のご推薦をいただき、ありがとうございます。
 微力ではあるが、委員長を補佐し、円滑な議事運営に心がけてまいるので、皆様の協力を願う。よろしくお願いする。(拍手)
△審査日程等について
次回の委員会は、12月12日(金)午後1時30分に、第4・第5委員会室で行うことと決した。
 ──────────────────
審査方法は、提案理由説明を省略し、議案ごとに質疑、討論、採決の順に行うことと決した。その際次のような発言があった。
○委員長(石渡憲治)
 質疑は、一般会計(議案第1号)については、歳出・衛生費、歳出・土木費、歳出・教育費、歳入、地方債の順に、特別会計(議案第2号)については歳入・歳出を一括して行うことでよろしいか。
◆佐藤重雄 委員  
 議案第1号について、一括してもよいのではないか。
○委員長(石渡憲治)
 今、佐藤重雄委員のほうから1号議案に対しては一括でという趣旨があったが、ほかに意見はあるか。
◆七戸俊治 委員  
 あっち行ったり、こっち行ったりするといけないから、委員長の言ったとおりでよい。
◆佐藤重雄 委員  
 あっち行ったり、こっち行ったりしない。一括で、丁寧に、総括的にやる。
◆七戸俊治 委員  
 その辺は委員長に任せるということでいいのではないか。
◆佐藤重雄 委員  
 衛生費、土木費等、当初予算ならば分けて審議するのも合理性があるが、ほんのわずかで済むものなのだから、分けたほうが非効率なのではないか。
◆佐々木克敏 委員 
 七戸俊治委員の言ったように、委員長案で了承する。
◆七戸俊治 委員  
 委員長が決めればよい。
○委員長(石渡憲治)
 意見が出たので、1号議案に関しては一括して順に行うことでよろしいか。(「はい」と呼ぶ者あり、そのように決した)
   ──────────────────
委員の資料提出方要求は、委員会の審査過程において要求があった場合は、委員会に諮って決定すること、それ以外の資料については、通常の議長を通しての資料要求とすることを了承した。
   ──────────────────
傍聴については、当日の1時から1時20分まで受け付け、上限を6人とすることとしたが、その際以下のような発言があった。
○委員長(石渡憲治)
 傍聴の扱いについては、通常の委員会と同様、1時から1時20分まで受け付け、上限は6人とすることでよろしいか。
◆佐藤重雄 委員  
 上限の6人とは議員を除いたものと考えてよいのか。
◆七戸俊治 委員  
 一般の方が6名ということであろう。
◆佐藤重雄 委員  
 それならばよい。
○委員長(石渡憲治)
 それでは、議員を除く一般の方が6名とすることに決したいと思うが、いかがか。(「はい」と呼ぶ者あり、そのように決した)
   ──────────────────
また、委員会運営上、必要な事項は、その都度委員会で協議することとなった。
16時56分散会
     [出席委員]
  委員長
 ・石渡憲治(新風)
  副委員長
 ・橋本和子(公明党)
 委員
 ・七戸俊治(市政会)
 ・浅野正明(市政会)
 ・田久保好晴(市政会)
 ・松嵜裕次(公明党)
 ・高木明(公明党)
 ・渡辺ゆう子(日本共産党)
 ・佐藤重雄(日本共産党)
 ・小石洋(耀(かがやき))
 ・浦田秀夫(市民社会ネット)
 ・佐々木克敏(リベラル)
 ・小森雅子(民主党)
     [欠席委員]
 ・早川文雄(市政会)
     [正副議長]
 議長
 ・村田一郎
 副議長
 ・野田剛彦
     [議会事務局出席職員]
 出席職員
 ・宮本議会事務局長
 ・富田議事課長
 ・小川議事課長補佐
 ・担当書記
 ・泉議事第2係長
 ・白石主任主事
 ・飯田主事