議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 銚子市

平成29年  6月 定例会 06月01日−02号




平成29年  6月 定例会 − 06月01日−02号









平成29年  6月 定例会





             平成29年6月銚子市議会定例会

    議 事 日 程 (第2号)                平成29年6月1日(木)
                                 午前10時開議
日程第1 議案第1号 平成29年度銚子市一般会計補正予算(第2号)
     議案第2号 平成29年度銚子市病院事業会計補正予算(第1号)
     議案第6号 銚子市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について
     議案第7号 専決処分の承認を求めることについて(銚子市市税条例の一部を改正する条
           例)
     議案第8号 専決処分の承認を求めることについて(銚子市都市計画税条例の一部を改正
           する条例)
     議案第9号 専決処分の承認を求めることについて(平成29年度銚子市一般会計補正予
           算(第1号))
     (質疑、委員会付託)
日程第2 請願第8号及び請願第9号
     (委員会付託)
                                            
〇本日の会議に付した事件
 議事日程のとおり
                                            
〇出席議員(19名)
   1番   田  中     努  君      2番   笠  原  幸  子  君
   3番   池  田  健  一  君      4番   石  上  友  寛  君
   5番   加  瀬  栄  子  君      6番   桜  井     隆  君
   7番   工  藤  忠  男  君      8番   鎌  倉     金  君
   9番   宮  内  和  宏  君     10番   加  瀬  庫  藏  君
  11番   大  野  正  義  君     12番   尾  辻     廣  君
  13番   釜  谷  藤  男  君     14番   広  野  恭  代  君
  15番   岩  井  文  男  君     16番   根  本     茂  君
  17番   地  下  誠  幸  君     18番   石  上  允  康  君
  19番   宮  内  昭  三  君
                                            
〇欠席議員(なし)
                                            
〇説明のための出席者
  市  長  越  川  信  一  君     副 市 長  島  田  重  信  君
  教 育 長  石  川  善  昭  君     理  事  飯  田  正  信  君

  政策企画  宮  澤  英  雄  君     総務市民  長  島     潔  君
  部  長                    部  長

  健康福祉  石  井  倫  宏  君     産業観光  笹  本  博  史  君
  部  長                    部  長

  都市環境  椎  名     寛  君     消 防 長  菅  澤  信  博  君
  部  長

  教育部長  山  口  重  幸  君     会  計  城 之 内  一  道  君
                          管 理 者

  水道課長  野  口     寿  君     秘書広報  安  藤     隆  君
                          課  長

  財政課長  宮  内  伸  光  君
                                            
〇事務局職員出席者
  事務局長  原     孝  一        書  記  石  毛  秀  明
  書  記  林     友  見



          午前10時00分  開 議



○議長(桜井隆君) これより本日の会議を開きます。

                                            



△諸般の報告



○議長(桜井隆君) この際、諸般の報告をいたします。

  5月31日、鎌倉金副議長から請願第8号及び請願第9号の紹介を取り消したいとの申し出がありました。議長においてこれを許可いたしましたので、ご報告いたします。

                                            



△議案第1号、議案第2号、議案第6号〜議案第9号の質疑、委員会付託



○議長(桜井隆君) これより日程に入ります。

  日程第1、議案第1号、議案第2号及び議案第6号から議案第9号までの6議案を一括議題といたします。

  これより質疑に入ります。

  質疑の通告がありますので、発言を許します。

  最初に、石上友寛議員。



◆石上友寛君 それでは、議案第1号 平成29年度銚子市一般会計補正予算について伺います。今回の補正予算は、市長選挙後の肉付け予算として約11億8,700万円が計上されていますが、6月補正予算の概要の資料から4つの事業経費について質問させていただきます。

  質問は、全て概要の9ページに記載の4つの事業になります。まず、1点目、事業ナンバー8、結婚新生活支援経費について、事業の目的と制度の内容に関して、支援経費1件当たりの金額の根拠を伺うとともに、期待される効果についてお尋ねします。

  2点目、その下の項目、事業ナンバー9、洋上風力推進経費について、こちらは先進地視察に係る経費だと伺っておりますが、その視察場所、そして視察地の洋上風力発電事業が本市の推進事業にどのような点で生かすことができると考えられるかお尋ねします。

  続いて、3点目、事業ナンバー13、未利用施設利活用経費2億8,900万円について、こちらはスポーツタウン事業推進のため、旧西高の校舎解体に充てる経費と伺いましたが、この公共施設除却債の内容を含めた予算の内訳と解体までのスケジュールについて伺います。

  最後に、4点目、事業ナンバー16、銚子円卓会議運営経費について、まず確認事項として、平成25年度から活動しているこの銚子円卓会議の設置目的とその活動内容を伺います。また、今回の予算を充てるインターンシップ受け入れ促進事業等、平成29年度の事業、活動内容について詳しく伺います。



○議長(桜井隆君) 政策企画部長。



◎政策企画部長(宮澤英雄君) では、私のほうから3点答弁させていただきます。

  まず、結婚新生活支援事業の目的と内容はというご質問ですが、本市の人口減少の要因の一つに少子化があり、その要因の一つとして若年層の未婚化が考えられているため、経済的理由で結婚に踏み出せない方を対象に、新生活をスタートするための住宅の取得や引っ越し等に伴う費用を経済的に支援することで婚姻数の増加を図ろうとするものです。補助の対象ですが、1年間の夫婦の合計所得が340万円未満で、銚子市の住民基本台帳に記載されており、市税の滞納がないことなどを補助の条件としております。補助の対象となる経費については、住宅の購入費、あるいは住宅を賃貸借する際の賃料や敷金、礼金、仲介手数料など、また引っ越しに要する費用なども対象とする予定です。1件当たりの補助金額の限度額が24万円となっておりますが、これは国の補助金の上限額の設定で、本市も国の補助限度額を上限額としようと考えております。

  2点目ですが、洋上風力発電の視察先はどこかというご質問ですが、現時点では長崎県の五島市を想定しております。長崎県の五島沖で戸田建設株式会社が計画している洋上風力発電施設について、漁業との共生・共栄を特に重視しているため、五島市と戸田建設による漁業との共生策が本市の参考になるものと考え、視察先として選定しております。

  3点目が旧西高校の解体についてですが、解体に係る財源についてですが、公共施設等適正管理推進事業債が事業費の90%充当されます。事業費の予定が2億8,900万円ですので、そのうちの90%で、2億6,010万円がこの除却の起債を考えております。残りの10%に対して千葉県の振興資金が70%の充当で借り入れることが可能なため、県の振興資金を2,020万円見込んでおります。残りの870万円が一般財源となる予定です。また、スケジュールですが、今議会で解体の予算を提案してございますが、予定価格が1億5,000万円以上の工事であることから、9月市議会で契約議案を上程する予定です。工期としては、6か月程度かかると予定しております。



○議長(桜井隆君) 総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) それでは、私からは銚子円卓会議運営経費に係るご質問についてお答えします。

  まず、1点目、円卓会議の設立趣旨及び目的ということでお答えします。銚子円卓会議は、銚子市と銚子商工会議所、大学、観光協会、金融機関などで構成された任意団体で、議員ご指摘のとおり平成25年9月に設置されました。まちづくり活動の推進と地域課題の解決のため、持続的かつ戦略的にまちづくり活動に取り組み、それを推進することを目的とした会議などを行っております。また、地域通貨を活用したまちづくり活動の支援にも取り組んでおり、地域通貨の流通促進、仕組みの浸透にも取り組んでおります。

  2点目ですが、インターンシップ受け入れ促進事業に関するご質問がございました。これは、東京圏在住の地方出身学生の地方環流や地元在学生の地方定着を促進するため、銚子円卓会議が主体となってインターンシップ事業を実施しようとするものです。事業の内容といたしましては、対象者である大学生へのニーズを把握する調査及び受け入れ先となる市内事業所、事業者などの掘り起こしを行います。また、まちづくり人材の確保育成につながる銚子市の特性を生かしたインターンシップ・プログラムを開発し、インターンシップ生と事業所とのマッチングを行っていきたいという考えのものです。なお、具体的な事業の詳細につきましては、今後の円卓会議の議論の中で詰められていくものと思われます。

  3点目、29年度の事業計画についてのご質問があったと思いますが、今申し上げましたインターンシップやこれまでこの銚子円卓会議が取り組んできた事業、先ほど申し上げました地域通貨、いわゆるすきくるスターの流通拡大に係る事業等を行っていく予定というふうになっております。



○議長(桜井隆君) 石上友寛議員。



◆石上友寛君 それではまず、結婚新生活支援経費に関して再質問なんですけれども、新規に婚姻した世帯を対象とした住宅費用及び引っ越し費用というふうな形なのですけれども、こちらに関しては、引っ越し費用に関しては、もちろん婚姻届を銚子市で出したご夫婦ということだとは思うんですが、引っ越し費用というのは市内での引っ越しというような形になるのか、市外からなのかその辺の詳細をお伺いしたいのと、旧西高の校舎解体、こちらに関して、もちろんこの解体をしないとスポーツタウン事業に多少の影響が出るから、来年度のオープンに向けてちょっと支障を来すというようなことだとは思うんですけれども、解体を例えばしない、またはおくらせた場合の影響、また解体をすることによって期待される効果などを伺いたいと思います。

  あと最後に、円卓会議運営経費なんですけれども、円卓会議の活動に関して、電子地域通貨、すきくるスター、こちらはよく耳にするんですけれども、まだちょっと認知度だったりとか低いような印象を私は受けているんですが、こちらの地域通貨が使える例えば店舗数、あとはこれまでの実績、課題や対策、あればで構いませんので、お伺いしたいと思います。



○議長(桜井隆君) 政策企画部長。



◎政策企画部長(宮澤英雄君) それではまず、結婚新生活の引っ越しの費用についてですけども、先ほど申しましたように、銚子市の住民基本台帳に記載されていることが条件ですので、市内での引っ越し、あるいは市外から銚子市に引っ越してくる、そういった引っ越しの費用に関しては、引っ越し業者や運送業者に支払った経費を対象としますので、市内だけであっても、市外から市内に引っ越してきても、両方対象となる予定です。ただし、住民基本台帳を銚子市に移すということが条件となります。

  それから、西高の解体についてですけども、解体しない場合の影響ですが、まず既存校舎と体育館が西高校の場合は接続しております。株式会社スポーツタウンが今年度体育館を整備するということですので、まず校舎との切り離しが法的に必要になってくるかと考えられます。また、宿泊客を新年度から受け入れることで、既存の校舎が建ったままであった場合、宿泊者が既存の校舎に侵入しないような、そういった管理を徹底する必要が発生することも考えられます。また、オープン後の解体では進入路や足場の設置等に支障を来すおそれがあるということも考えられます。

  また、校舎を解体したときの効果ですけども、まず旧西高校の校舎は耐震性が低く、公共施設として再利用するためには多額の費用を要することが想定されます。公共施設の除却については、先ほど申しましたが、除却債が75%から90%に充当率が今年度から引き上げられているということとこの制度が現時点では平成33年度までしか予定されておりません。また、スポーツタウンが合宿施設としてオープンする予定の来年以降の解体では管理や運営に支障があるということも伺っております。ですので、スポーツタウンが今年度実施する合宿施設や体育館の整備と並行して既存建物を解体し、来年4月のオープンに備えようとするものです。



○議長(桜井隆君) 総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) 私からは円卓会議の課題と対策といわゆるPR、すきくるスターの利用ができる店舗数についてのご質問についてお答えします。

  銚子円卓会議は、いわゆる地域資源である人、物、金などの発掘、育成、橋渡しによって協働のまちづくりを推進し、地域力、市民力の向上を目指すもので、具体的にはまちづくり活動の支援、まちづくり教育の普及、まちづくりに資する人材の確保育成、先ほど申し上げましたが、地域通貨を活用したまちづくりなどに取り組んでおります。課題といたしましては、主要な取り組み内容である地域通貨の流通、仕組みの普及が議員ご指摘のとおり伸び悩んでいることがあると考えております。今後の対策としましては、これまでに国・県の補助金を活用し、地域通貨の流通促進、仕組みの普及に努めてきたところです。しかしながら、このことは同時に国県補助金に頼らない、寄附金などを含めた自主財源による運営を目指すという将来的な課題というふうなこともあると思っております。なお、地域通貨の利用できる店舗数についてお答えしますと、平成27年度末は69店舗、28年度末におきましては80店舗となっております。



○議長(桜井隆君) 次に、尾辻廣議員。



◆尾辻廣君 平成29年度6月補正予算の概要の9ページの一般会計のナンバー1、男女共同参画経費について質問します。

  当初予算、骨格予算では3,000円でした。今回の補正予算、肉付け予算では57万5,000円となって大幅にふえているんですけども、摘要には第3次銚子市男女共同参画策定というのがあるんですけども、この内容はこれだけなのか、あとその内訳というのがわかったら教えてください。



○議長(桜井隆君) 政策企画部長。



◎政策企画部長(宮澤英雄君) 今回の補正予算で計上しました57万5,000円の内訳についてですが、今年度末に策定予定の第3次男女共同参画計画の計画書作成に係る印刷製本費が34万6,000円、それから男女共同参画計画推進委員会委員に対する報酬が12万円、それから市民対象講座実施時の講師謝礼として10万円、そのほか当初予算3,000円にプラスした出張旅費が9,000円で、あわせて57万5,000円となっております。



○議長(桜井隆君) 次に、笠原幸子議員。



◆笠原幸子君 議案第1号の銚子市の補正予算について伺います。

  補正予算書の21、22ページにあります最終処分場費の中の業務委託料1,472万6,000円の内訳を伺います。もう一点は、27ページ、28ページの学校管理費、小学校、中学校の校舎の外壁調査を業務委託するという説明でありましたが、小学校6校、中学校3校ということですが、これでは全部の小中学校にはなりません。ほかの学校の調査については今後どうするのか、まず伺います。



○議長(桜井隆君) 都市環境部長。



◎都市環境部長(椎名寛君) それでは、最終処分場費の内訳としまして、最終処分場費1,498万9,000円の補正は、現在稼働中の一般廃棄物最終処分場の埋め立て終了に備え、最終覆土計画の検討、浸出水処理施設の改修、廃止に向けた維持管理計画の策定を目的とする計画作成業務委託料として500万円、また埋め立てを終了した長塚埋没処分地の有効活用として、太陽光発電事業の実現化に向け、基本方針の設定と課題の検討整理など事業化計画の策定に係る経費として998万9,000円を計上したものです。



○議長(桜井隆君) 教育部長。



◎教育部長(山口重幸君) 私から小中学校の外壁調査についての質問に対してお答えいたします。

  今回の外壁調査は、建築基準法で定められている3年ごとの定期報告に基づいて実施するものです。これまでの定期報告では、市の技術職員が目視や壁をたたいて外壁調査を実施していましたが、施設の老朽化等も考慮して、テストハンマーによる打診等を広範囲に行うことなどの業務を専門業者へ委託するものです。なお、業者委託しない学校については、職員による調査は実施いたします。



○議長(桜井隆君) 笠原議員。



◆笠原幸子君 最終処分場のことですけども、八木町の処分場についてはこれからいつまで利用するのか、それと長塚町の処分場跡地の再利用の調査ですか、事業計画ですか、今後どのような方向性を考えているのか伺います。

  それと、学校管理費のことですけども、調査に係る業務委託費ということですけども、どこも老朽化が進んでおりますけども、工事が必要という判断になりましたら今後どのように対処するのか伺います。



○議長(桜井隆君) 都市環境部長。



◎都市環境部長(椎名寛君) 八木の処分場に関しましては、現在八木町の皆様との協定では今年度いっぱいというふうになっております。これを昨年度から広域のごみ処理施設の処分場の建設を前提としまして、3年程度の延長を今お願いしているところでございます。また、長塚町の埋没処分場の今後の方針としましては、昨年度環境省がまだ閉鎖に至っていない最終処分場の利用方法としまして、太陽光発電を利用して低炭素時代に向けた事業というものを国のほうで推進しております。今年度は、その事業のより実現化に向けた、また課題ですね、全て発電したものを自己消費するのか、それとも売電するのか、そのような方針につきましてより詳しく検討する業務を今年度実施しようと考えております。



○議長(桜井隆君) 教育部長。



◎教育部長(山口重幸君) 外壁調査の結果、改修が必要となった場合どうするのかというご質問です。今回の調査結果により改修が必要と判断される施設は少なからずあるものと考えております。外壁落下などの危険性やその緊急度、また改修規模などにより対応は異なりますが、児童生徒の安全面を第一に考えて、また市財政の負担なども考慮しながら計画的に実施してまいりたいと考えております。



○議長(桜井隆君) 笠原議員。



◆笠原幸子君 最後、要望ですけども、学校施設の中で体育館の床や教室、廊下など、児童生徒が日常的に利用している場所についての老朽化対策についても早急に対処していただきたいというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(桜井隆君) 以上で通告による質疑は終わりました。

  ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) これをもって質疑を終結いたします。

  ただいま議題となっております議案第1号、議案第2号及び議案第6号から議案第9号までの6議案については、お手元に配付してあります付託議案等分担表のとおり、所管の委員会に付託いたします。

                                            



△請願第8号、請願第9号の上程、委員会付託



○議長(桜井隆君) 日程第2、請願2件を議題といたします。

  ただいま議題となっております請願2件については、お手元に配付いたしてあります請願文書表のとおり、所管の委員会に付託いたします。

                                            



△休会について



○議長(桜井隆君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

  お諮りいたします。議事の都合により、6月2日から6月8日までは休会にいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

                                            



△次会日程の報告



○議長(桜井隆君) 次会は6月9日定刻より会議を開きます。

                                            



△散会の宣告



○議長(桜井隆君) 本日はこれにて散会いたします。

  ご苦労さまでした。

          午前10時26分  散 会