議事ロックス -地方議会議事録検索-


千葉県 銚子市

平成29年  6月 定例会 05月30日−01号




平成29年  6月 定例会 − 05月30日−01号









平成29年  6月 定例会





             平成29年6月銚子市議会定例会

    議 事 日 程 (第1号)               平成29年5月30日(火)
                                午前10時開議
日程第1 議席の指定
日程第2 会議録署名議員の指名
日程第3 会期の決定
日程第4 議案第4号 銚子市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて
     (上程、説明、採決)
日程第5 議案第5号 銚子市農業委員会の委員の任命につき同意を求めることについて
     (上程、説明、採決)
日程第6 議案第1号 平成29年度銚子市一般会計補正予算(第2号)
     議案第2号 平成29年度銚子市病院事業会計補正予算(第1号)
     議案第6号 銚子市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について
     議案第7号 専決処分の承認を求めることについて(銚子市市税条例の一部を改正する条
           例)
     議案第8号 専決処分の承認を求めることについて(銚子市都市計画税条例の一部を改正
           する条例)
     議案第9号 専決処分の承認を求めることについて(平成29年度銚子市一般会計補正予
           算(第1号))
     (上程、説明)
日程第7 議案第3号 平成29年度銚子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)
     (上程、説明、質疑、討論、採決)
日程第8 銚子市議会常任委員会委員の選任について
日程第9 銚子市議会議会運営委員会委員の選任について
                                            
〇本日の会議に付した事件
 日程第7まで議事日程のとおり
 日程第 8 議長辞職許可について
 日程第 9 銚子市議会議長選挙
 日程第10 副議長辞職許可について
 日程第11 銚子市議会副議長選挙
 日程第12 東総地区広域市町村圏事務組合議会議員選挙
 日程第13 千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙
 日程第14 銚子市議会常任委員会委員の選任について
 日程第15 銚子市議会議会運営委員会委員の選任について
 日程第16 議案第10号 銚子市監査委員の選任につき同意を求めることについて
       (上程、説明、採決)
                                            
〇出席議員(19名)
   1番   田  中     努  君      2番   笠  原  幸  子  君
   3番   池  田  健  一  君      4番   石  上  友  寛  君
   5番   加  瀬  栄  子  君      6番   桜  井     隆  君
   7番   工  藤  忠  男  君      8番   鎌  倉     金  君
   9番   宮  内  和  宏  君     10番   加  瀬  庫  藏  君
  11番   大  野  正  義  君     12番   尾  辻     廣  君
  13番   釜  谷  藤  男  君     14番   広  野  恭  代  君
  15番   岩  井  文  男  君     16番   根  本     茂  君
  17番   地  下  誠  幸  君     18番   石  上  允  康  君
  19番   宮  内  昭  三  君

〇欠席議員(なし)
                                            
〇説明のための出席者
  市  長  越  川  信  一  君     副 市 長  島  田  重  信  君
  教 育 長  石  川  善  昭  君     理  事  飯  田  正  信  君

  政策企画  宮  澤  英  雄  君     総務市民  長  島     潔  君
  部  長                    部  長

  健康福祉  石  井  倫  宏  君     産業観光  笹  本  博  史  君
  部  長                    部  長

  都市環境  椎  名     寛  君     消 防 長  菅  澤  信  博  君
  部  長

  教育部長  山  口  重  幸  君     会  計  城 之 内  一  道  君
                          管 理 者

  水道課長  野  口     寿  君     秘書広報  安  藤     隆  君
                          課  長

  財政課長  宮  内  伸  光  君
                                            
〇事務局職員出席者
  事務局長  原     孝  一        書  記  石  毛  秀  明
  書  記  林     友  見



          午前10時00分  開 会



○議長(石上允康君) これより平成29年6月銚子市議会定例会を開会いたします。

  直ちに本日の会議を開きます。

                                            



△諸般の報告



○議長(石上允康君) この際、諸般の報告をいたします。

  最初に、去る3月定例会において可決されました「福島原発事故による自主避難者への「住宅無償提供」の継続を求める意見書」及び「障害児者の「暮らしの場」の拡充を求める意見書」につきましては、内閣総理大臣を初め関係方面に提出しておきましたので、ご了承を願います。

  次に、地方自治法第121条第1項の規定による出席者は、お手元に配付いたしました印刷物のとおりでありますので、ご了承を願います。

  次に、市長から報告がありました平成28年度銚子市一般会計繰越明許費繰越計算書ほか3件並びに地方自治法第243条の3第2項の規定による株式会社銚子スポーツタウンの平成29年度事業計画及び平成28年度決算書並びに地方自治法第180条の規定による専決処分3件は、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、去る4月23日執行の市議会議員補欠選挙において当選されました方の議席については、ただいまご着席の議席を仮議席と定めたので、ご報告いたします。

                                            



△表彰状伝達



○議長(石上允康君) 次に、表彰状の伝達を行います。

  全国市議会議長会において表彰の栄に浴され、受賞された次の方々は、演壇の前までおいで願います。

  工藤忠男議員、宮内和宏議員、石上允康。

                 表  彰  状

                                 銚子市

                                  工 藤 忠 男 殿

  あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第93回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします

  平成29年5月24日

                        全国市議会議長会

                         会 長   山 田 一 仁



        〔表彰状伝達〕    (拍手)



                 表  彰  状

                                 銚子市

                                  宮 内 和 宏 殿

  あなたは市議会議員として10年市政の振興に努められその功績は著しいものがありますので第93回定期総会にあたり本会表彰規程により表彰いたします

  平成29年5月24日

                        全国市議会議長会

                         会 長   山 田 一 仁



        〔表彰状伝達〕    (拍手)



                 感  謝  状

                                 銚子市

                                  石 上 允 康 殿

  あなたは全国市議会議長会地方財政委員会委員として会務運営の重責にあたられ本会の使命達成に尽くされた功績は誠に顕著なものがありますので第93回定期総会にあたり深甚な感謝の意を表します

  平成29年5月24日

                        全国市議会議長会

                         会 長   山 田 一 仁



        〔表彰状伝達〕    (拍手)





○議長(石上允康君) 以上で表彰状の伝達を終わります。

                                            



△市長の挨拶



○議長(石上允康君) 次に、市長から挨拶があります。

  市長。

          〔市長 越川信一君登壇〕



◎市長(越川信一君) おはようございます。平成29年6月定例会の開会に当たりまして、ご挨拶を申し上げます。

  まず初めに、全国議長会におきまして表彰状、感謝状を受けられました工藤忠男議員、宮内和宏議員、石上允康議長の栄誉をお喜び申し上げますとともに、銚子市政の振興に対するこれまでのご尽力に心から感謝を申し上げます。

  さて、5月17日より2期目の市長任期がスタートいたしました。厳しい財政や人口減少など銚子市を取り巻く環境は、てんでんしのぎの荒海の状況にあります。しかし、これほど豊かな地域資源に恵まれたまちはありません。何よりも郷土愛と矜持に満ちた市民がいます。「確かな食楽仕の形」という土台の上に人を大切にするまちづくりを推進していけば、どんな荒海も乗り越えることができる。人口減少の中でも真の豊かさを実現することができます。

  これからの4年間は、財政の再建と病院の再生を確かなものにしながら、銚子創生という新しい扉を開くときであります。郷土愛を結集して銚子電鉄を復活させた銚子商業高校の生徒たちのように、市民一人一人の情熱と力を重ね合わせ、行動をし、まちづくりの翼を広げていけば、必ず銚子創生をなし遂げられると信じております。

  高市早苗総務大臣と森田健作千葉県知事がこの5月、銚子市を訪問いたしました。銚子市が昨年12月から取り組んでおりますお試しサテライトオフィスモデル事業の視察であります。この事業は総務省の委託事業で、地方への新たな人と情報の流れをつくるため、お試し勤務を通じて民間企業のサテライトオフィスのニーズを把握し、地域の特性を生かした誘致戦略を策定するための事業であります。高市大臣からは「銚子はサテライトオフィスに適した魅力的な地域である。銚子で育った若者が都市部のIT企業の正社員として銚子のサテライトオフィスで働けるようになればうれしい」こういった感想をいただきました。これまでにIT関連など9つの企業がお試しサテライトオフィスを利用し、東京を中心に100社以上の企業が関心を寄せています。モデル事業は9月末に終了することになっておりますが、引き続き継続できるよう高市大臣にお願いをいたしました。

  これまでも創業支援セミナーや空き店舗補助、企業誘致補助制度など、企業・起業家の誘致、支援のため、さまざまな事業を積極的に展開してまいりました。担当職員も懸命に取り組んでおります。今回のお試しサテライトオフィスモデル事業も検証しながら、企業・起業家の誘致に向けた戦略を組み立て、実行していきたいと思います。

  平成29年度の当初予算は、市長選を控えていたことから、義務的な経費や経常的経費を中心に骨格予算として編成いたしました。この6月議会には、肉付け予算となる11億8,000万円余りの補正予算を計上しております。補正予算に計上した主な事業と選挙時に掲げた公約の方向性についてご説明を申し上げます。

  まず、洋上風力発電については、銚子市漁業協同組合と東京電力が商業運転化の協議を進めています。海で暮らす、海で生活する漁業者の同意、漁業と自然との共生が洋上風力発電を成功させる絶対条件であります。銚子漁協と東京電力の協議の推移を見守りながら、洋上風力推進室を中心に事業推進に向けた研究、準備を進めます。今回の補正予算でも先進地視察のための経費を計上いたしました。

  移住定住の推進については、西小川町に設けたお試し住宅に加え、空き家バンクを活用し、新たにお試し住宅を整備いたします。住宅の改修費やPRのための経費などを補正予算に計上しております。1件目のお試し住宅は、利用者の利便性、住みやすさを優先し、町なかに整備をいたしました。今回は、東京での移住相談会の意見を参考に、海に近い、潮風の感じられる長崎町の一軒家を用意する予定であります。新たな移住者の獲得につながることを期待しております。

  旧銚子西高校跡地を活用した銚子スポーツタウン事業は、スポーツ合宿施設の平成30年4月オープンに向け、株式会社銚子スポーツタウンを1月に設立をし、準備を進めています。今回の補正予算では、スポーツ合宿施設の運営に支障が出ないよう、旧銚子西高の校舎を撤去するための経費として2億9,000万円弱を計上しています。官民協働事業として進めてまいります。国の地方創生推進交付金を活用し、観光DMO構築事業を支援するため、5,000万円余りの補正予算を計上しました。観光を活かした地域づくりを持続的、戦略的に推進し、牽引するためのものであります。銚子市観光協会を中心として、まちづくり会社機能や地域商社機能を持った専門性の高い組織の構築を目指します。

  市民の安全と大切な財産を守り、住みよい環境を整えるため、道路、河川、橋りょうの整備を進めます。できる限り住民要望に応えられるよう、予算を確保し、道路の舗装や側溝の整備などを進めます。3億3,000万円余りの補正予算を計上しております。

  人口減少に対応し、消防力を低下させないように配慮をしながら、常備消防体制の規模の見直しを図ります。本年度は、東部分署の建築に取りかかり、西部分署の車庫棟も整備いたします。平成30年9月には再編を完了し、1署2分署体制に移行する予定です。補正予算では、東部分署の建設のための継続費補正のほか、西部分署の車庫棟整備の予算も加え、2億4,000万円余りを計上しています。

  子どもの健康を守り、医療費の縮減を図るため、銚子市医師会の協力を得て、6か月児から中学生までの子どものインフルエンザ予防接種費用の助成をスタートさせます。子ども1人につき年1回、2,000円を助成するもので、730万円弱の補正予算を計上いたしました。

  高齢者や障害者の移動支援と高齢ドライバーの運転事故防止を図るため、高齢者や障害者が路線バスや銚子電鉄を無料で利用できる福祉パスの実証実験を行うため、担当者を神栖市に派遣いたしました。検討を進めております。平成30年度当初予算に関連経費が計上できるよう、スピード感を持って事務を進めます。

  子どもの医療費助成を平成30年4月から高校3年生まで拡大するための手続を進めております。拡大にあわせ、所得制限の撤廃も検討しております。厳しい財政状況ではありますが、将来を担う子どもたちのため、高校3年生までの助成拡大と所得制限の撤廃が必要だと判断いたしました。

  今回の肉付け予算の内容と選挙時に掲げた公約の取り組み方針について述べさせていただきました。今議会では、一般会計補正予算のほか8議案を提案させていただきました。慎重審議をお願いし、挨拶といたします。よろしくお願いいたします。



○議長(石上允康君) 以上で市長の挨拶は終わりました。

                                            



△議席の指定



○議長(石上允康君) これより日程に入ります。

  日程第1、議席の指定を行います。

  今回当選されました議員の議席は、会議規則第4条第2項の規定により、議長において、池田健一議員を3番に、ただいまご着席のとおり指定いたします。

  この際、新しく議員になられた方をご紹介申し上げます。

  池田健一議員。



◆池田健一君 新しく市議会議員になりました池田健一と申します。どうぞよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(石上允康君) 以上で紹介は終わりました。

                                            



△会議録署名議員の指名



○議長(石上允康君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において加瀬庫藏議員、大野正義議員を指名いたします。

                                            



△会期の決定



○議長(石上允康君) 日程第3、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今期定例会の会期は、本日から6月22日までの24日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石上允康君) ご異議なしと認めます。

  よって、会期は24日間と決定いたしました。

  続いて、提出されております付議事件中、人事案件がありますので、先例に倣い、これより全員協議会室において議員協議会を開催いたします。

  この際、暫時休憩いたします。

          午前10時17分  休 憩

                                            

          午前10時26分  再 開



○議長(石上允康君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△議案第4号の上程、説明、採決



○議長(石上允康君) 日程第4、議案第4号を議題といたします。

  議案を職員に朗読させます。

          〔職員朗読〕



○議長(石上允康君) 提案理由の説明を求めます。

  副市長。



◎副市長(島田重信君) それでは、議案書の1ページをごらんください。議案第4号 銚子市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて提案理由を説明します。

  本市の固定資産評価審査委員会委員3名のうち飯嶋孝夫氏につきましては、平成29年7月19日をもって任期が満了いたします。つきましては、この後任として引き続き飯嶋孝夫氏を選任いたしたいのであります。

  固定資産評価審査委員会の委員は、市長が決定した固定資産の価格等の固定資産台帳に登録された価格について、納税義務者から不服審査の申し出がなされた場合、これを適正、公正に審査し、決定をしていただくものであります。この点、飯嶋氏は人格、識見ともにすぐれた方でございますので、適任と認めるものでございます。

  それでは、飯嶋氏の略歴について申し上げます。飯嶋孝夫氏は、昭和31年生まれの61歳で、市内長塚町にお住まいです。同氏は、司法書士の資格を有し、現在は市内で司法書士業を営まれております。平成26年7月から固定資産評価審査委員会委員としてご尽力をいただいております。

  固定資産評価審査委員会委員の選任に当たりましては、地方税法第423条第3項の規定により議会の同意を得るよう定められておりますので、よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(石上允康君) 説明は終わりました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第4号については、正規の手続を省略し、直ちに採決をいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石上允康君) ご異議なしと認めます。

  よって、直ちに採決をいたします。

  議題となっております議案第4号については、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(石上允康君) 起立全員であります。

  よって、これに同意することに決しました。

                                            



△議案第5号の上程、説明、採決



○議長(石上允康君) 日程第5、議案第5号を議題といたします。

  議案を職員に朗読させます。

          〔職員朗読〕



○議長(石上允康君) 提案理由の説明を求めます。

  副市長。



◎副市長(島田重信君) それでは、議案書の3ページをごらんください。議案第5号 銚子市農業委員会の委員の任命につき同意を求めることについて提案理由を説明します。

  本市の農業委員会の委員は、平成29年7月19日をもって任期が満了します。新たな農業委員会の委員については、農業委員会等に関する法律の改正により、市長が議会の同意を得て任命することになります。ついては、加瀬晃司氏、昭和30年生まれの62歳、市内高神西町にお住まい、平野栄顕氏、昭和27年生まれの65歳、市内八木町にお住まい、木村哲夫氏、昭和30年生まれの61歳、市内小船木町にお住まい、向後篤氏、昭和25年生まれの66歳、市内桜井町にお住まい、笹本太一氏、昭和27年生まれの65歳、市内高田町にお住まい、宮内丈嗣氏、昭和31年生まれの60歳、市内野尻町にお住まい、山口信行氏、昭和28年生まれの64歳、市内三崎町にお住まい、神原長博氏、昭和29年生まれの62歳、市内松岸町にお住まい、根本峰晴氏、昭和31年生まれの60歳、市内北小川町にお住まい、石田整氏、昭和33年生まれの58歳、市内高田町にお住まい、名雪浩氏、昭和28年生まれの63歳、市内長塚町にお住まい、伊藤文子氏、昭和24年生まれの67歳、市内小畑町にお住まい、飯田隆衛氏、昭和28年生まれの64歳、市内小畑町にお住まい、飯田理氏、昭和23年生まれの69歳、市内長塚町にお住まい、以上14名、いずれの方も農業に従事され、地域農業の振興、発展のためにご活躍いただいており、農業委員会の役割である農地等の利用の最適化の推進にご尽力いただける方です。次に、中居好雄氏、昭和22年生まれの69歳、市内栄町にお住まいは、農業委員会等に関する法律第8条第6項の農業委員会の所掌に属する事項に関し利害関係を有しない者が含まれるようにしなければならないとする規定に該当する方です。以上の15名を適任と認め、任命したいのであります。

  農業委員会の委員の任命に当たりましては、農業委員会等に関する法律第8条第1項の規定により議会の同意を得るよう定められておりますので、よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(石上允康君) 説明は終わりました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第5号については、正規の手続を省略し、直ちに採決をいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石上允康君) ご異議なしと認めます。

  よって、直ちに採決をいたします。

  議題となっております議案第5号については、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(石上允康君) 起立全員であります。

  よって、これに同意することに決しました。

                                            



△議案第1号、議案第2号、議案第6号〜議案第9号の上程、説明



○議長(石上允康君) 日程第6、議案第1号、議案第2号及び議案第6号から議案第9号までの6議案を一括議題といたします。

  議案を職員に朗読させます。

          〔職員朗読〕



○議長(石上允康君) 提案理由の説明を求めます。

  政策企画部長。



◎政策企画部長(宮澤英雄君) それでは、別冊の補正予算書の1ページをごらんください。議案第1号 平成29年度銚子市一般会計補正予算(第2号)について説明します。

  第1条第1項は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ11億8,707万8,000円を追加し、総額をそれぞれ232億9,815万1,000円にしようとするものです。なお、平成29年度当初予算は骨格予算で編成しましたので、今回の補正予算がいわゆる肉付け予算となります。

  同条第2項は、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額を2ページ、3ページの第1表のとおりにしようとするものです。

  第2条は継続費で、消防署所再編に伴う東部分署整備事業に係る継続費の総額及び年割額を4ページの第2表のとおりにしようとするものです。

  第3条は地方債の補正で、5ページの第3表のとおり地方債を追加及び変更しようとするものです。

  それでは、歳入歳出予算の内容について説明します。まず、歳入から説明しますので、9ページ、10ページをごらんください。10款1項1目地方交付税1,334万2,000円の補正は、地方創生推進交付金事業に対し交付される特別交付税で、新たに採択された観光DMO構築事業ほか1事業に対する1,574万4,000円の追加と当初予算で計上したスポーツツーリズム推進事業ほか1事業が不採択となったことによる減額240万2,000円の差し引き1,334万2,000円の計上です。

  14款2項1目総務費国庫補助金2,753万1,000円の補正は、社会保障・税番号制度に対応するための情報連携本番対応業務に係る社会保障・税番号制度システム整備費補助金84万8,000円と新たに採択された銚子円卓会議の運営費負担及び観光DMO構築に係る地方創生推進交付金3,148万7,000円の追加と当初予算で計上したスポーツツーリズム推進事業及びハーフマラソン開催事業が地方創生推進交付金事業として不採択となったことによる減額480万4,000円の差し引きで2,668万3,000円を計上したものです。

  2目民生費国庫補助金112万3,000円の補正は、生活保護の適正な運用を図るため実施する年金受給権調査等に係る生活困窮者就労準備支援事業費等補助金104万9,000円と包括的な子育て支援のため実施する利用者支援事業に係る子ども・子育て支援交付金7万4,000円を計上したものです。

  3目衛生費国庫補助金1,167万1,000円の補正は、衛生センターの長寿命化を図るための基本設計及び発注支援に係る循環型社会形成推進交付金189万8,000円と長塚埋没処分地での太陽光発電導入のための事業化計画策定等に係る二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金977万3,000円を計上したものです。

  7目土木費国庫補助金9,461万3,000円の補正は、道路の安全性を確保するための橋りょう長寿命化及び道路舗装修繕等に係る社会資本整備総合交付金8,101万3,000円と市道と広域農道との一体整備に係る地方創生道整備推進交付金1,260万円、空き家対策等に係る社会資本整備総合交付金100万円を計上したものです。

  9目教育費国庫補助金163万4,000円の補正は、銚子市歴史文化基本構想の策定に係る経費に対する文化芸術振興費補助金を計上したものです。

  15款2項1目総務費県補助金305万5,000円の補正は、少子化対策啓発事業に係る地域少子化対策重点推進補助金53万5,000円と結婚新生活支援事業に係る結婚新生活支援事業費補助金252万円をそれぞれ計上したものです。

  2目民生費県補助金7万4,000円の補正は、子育ての包括的な支援のため実施する利用者支援事業に係る子ども・子育て支援交付金を計上したものです。

  11ページ、12ページをごらんください。3目衛生費県補助金424万2,000円の補正は、自殺対策を含む各種計画策定に係る地域自殺対策緊急強化事業費補助金を計上したものです。

  5目農林水産業費県補助金1,871万9,000円の補正は、農産物の千葉ブランド確立のための施設及び機械等の導入に係る新「輝け!ちばの園芸」産地整備支援事業費補助金1,847万円とこれからの地域農業のあり方等を記載した人・農地プランを作成するための人・農地問題解決加速化支援事業補助金24万9,000円を計上したものです。

  6目商工費県補助金222万4,000円の補正は、市町村が行う消費生活相談体制の充実・強化などの事業に対する消費者行政推進事業補助金75万9,000円と銚子文学碑めぐり観光案内板改修及び銚子ジオパークへの誘導標識等の整備に係る観光地魅力アップ整備事業費補助金146万5,000円を計上したものです。

  18款2項1目財政調整基金繰入金1億6,148万3,000円の補正は、今回の補正予算に係る一般財源の一部を財政調整基金からの取り崩しで対応するため、計上したものです。

  11目がんばれ銚子ふるさと応援基金繰入金982万9,000円の補正は、地域交流促進事業、観光宣伝事業等の財源とするため、追加計上したものです。

  12目地域再生基金繰入金533万8,000円の補正は、東京オリンピック・パラリンピック事前キャンプ誘致やインバウンド推進事業等の財源とするため、追加計上したものです。

  20目民力復興基金繰入金880万円の補正は、防災士育成事業及び、仮称ではありますが、農水産まつり等の財源とするため、追加計上したものです。

  23目一般廃棄物最終処分場設置地域振興基金繰入金100万円の補正は、一般廃棄物最終処分場設置地域で住民が主体的に取り組む地域振興事業に対し交付する補助金の財源とするため、計上したものです。

  20款4項2目雑入420万円の補正は、市内高神西町の高神連の太鼓等購入事業に対する自治宝くじ助成金収入250万円と移住・定住推進事業に対する一般社団法人地域活性化センターからの移住・交流推進支援事業助成金収入170万円をそれぞれ計上したものです。

  13ページ、14ページをごらんください。21款1項1目総務債2億8,110万円の補正は、旧第八中学校改修工事設計業務委託に係る地域交流促進事業債80万円と旧市立銚子高校野尻校舎の解体に係る公共施設除却債2億8,030万円を計上したものです。

  3目衛生債660万円の補正は、廃棄物収集車両購入に係る清掃運搬施設等整備債を計上したものです。

  5目農林水産業債6,140万円の補正は、東総台地地区広域農道整備に係る広域営農団地農道整備(負担金)債2,460万円と漁港整備に係る銚子漁港修築(負担金)債2,290万円、外川漁港修築(負担金)債1,390万円をそれぞれ計上したものです。

  7目土木債2億1,430万円の補正は、道路橋りょう整備に係る道路橋りょう整備債1億8,100万円と河川整備に係る河川整備債3,330万円をそれぞれ計上したものです。

  8目消防債2億2,290万円の補正は、消防署所再編整備に係る消防分署整備債を計上したものです。

  9目教育債3,190万円の補正は、銚子中学校第2体育館等解体工事に係る中学校除却債を計上したものです。

  続きまして、歳出について説明しますので、15ページ、16ページをごらんください。2款1項1目一般管理費976万円の補正は、14節使用料及び賃借料は公共施設の維持管理に要する車両の借上料を、18節備品購入費は廃棄物収集車両等の購入費を計上したものです。

  7目財産管理費2億9,466万6,000円の補正は、旧市立銚子高校野尻校舎解体等に係る工事請負費を計上したものです。

  8目企画費2,594万1,000円の補正は、主なものは、8節報償費は少子化対策として高校生、大学生及び未婚の若年層を対象とした講演会等を実施するための講師謝礼等を、9節旅費は東京オリンピック・パラリンピックでの台湾チームの事前キャンプ誘致のための経費等を、13節委託料は旧第八中学校改修工事設計業務委託に係る経費等を、17ページ、18ページをごらんください、19節負担金、補助及び交付金は銚子円卓会議に対する運営費負担金等と結婚に伴う住宅費、引っ越し費用に係る費用を支援する結婚新生活支援補助金をそれぞれ計上したものです。

  13目電子計算費573万9,000円の補正は、13節委託料は社会保障・税番号制度に対応するためのシステム改修経費等を、14節使用料及び賃借料は基幹システム用のプリンターの更新経費を、15節工事請負費は電算機室の自動消火システムの更新に係る経費をそれぞれ計上したものです。

  16目自治振興費250万円の補正は、市内高神西町の高神連の太鼓等購入事業に対するコミュニティ助成事業費補助金を計上したものです。

  3款1項2目心身障害者福祉費422万5,000円の補正は、銚子市障害者福祉計画、第5期銚子市障害福祉計画及び第1期銚子市障害児福祉計画策定に係る経費を計上したものです。

  3項1目児童福祉総務費19万円の補正は、子育てコンシェルジュ事業のためのパソコン整備に係る経費を計上したものです。

  19ページ、20ページをごらんください。4項1目生活保護総務費121万円の補正は、生活保護の適正な運用を図るため、年金受給権調査の実施に係る業務委託料を計上したものです。

  4款1項1目保健衛生総務費126万1,000円の補正は、主なものは19節負担金、補助及び交付金で、市立病院の建物・設備改善計画策定業務委託の実施に伴う病院事業会計への補助金を計上したものです。

  2目予防費1,366万2,000円の補正は、1節報酬から12節役務費は健康増進計画、食育推進計画及び自殺対策計画策定に係る経費を、13節委託料は同じく計画策定業務委託に係る経費と小児季節性インフルエンザ予防接種を助成するための経費を計上したものです。

  2項1目清掃総務費200万円の補正は、一般廃棄物最終処分場設置地域で住民が主体的に取り組む地域振興事業に対し交付する補助金100万円と補助金の財源とするための一般廃棄物最終処分場設置地域振興基金積立金100万円をそれぞれ計上したものです。

  4目し尿施設処理費750万円の補正は、衛生センターの長寿命化を図るための基本設計及び発注支援に係る業務委託料を計上したものです。

  5目最終処分場費1,498万9,000円の補正は、次の21ページ、22ページにかけてですが、長塚埋没処分地太陽光発電導入事業化計画策定等に係る経費と一般廃棄物最終処分場に係る埋立終了計画策定業務委託料を計上したものです。

  6款1項3目農業振興費1,966万9,000円の補正は、主なものは19節負担金、補助及び交付金で、農産物の千葉ブランド確立のための施設及び機械等の導入に対する新「輝け!ちばの園芸」産地整備支援事業費補助金等を計上したものです。

  5目農地費2,804万8,000円の補正は、千葉県が行う東総台地地区広域営農団地農道整備事業への負担金を計上したものです。

  2項2目水産業振興費977万2,000円の補正は、15節工事請負費は忍町船入場護岸補修に係る経費を、19節負担金、補助及び交付金は本市の基幹産業である農業及び水産業をPRするための、仮称ではありますが、農水産まつりに対する負担金を計上したものです。

  3目漁港建設費5,367万3,000円の補正は、銚子漁港及び外川漁港の整備事業負担金を計上したものです。

  23ページ、24ページをごらんください。7款1項3目消費者行政費75万9,000円の補正は、県の補助金を活用して実施する消費生活相談の充実・強化や消費者啓発に係る経費で、相談員の報酬及び研修旅費、啓発用パンフレット購入代などの計上です。

  4目観光費6,590万6,000円の補正は、主なものは、15節工事請負費は銚子ポートタワーの清掃用ゴンドラや自動ドアの修繕工事等を、19節負担金、補助及び交付金は観光DMO構築に係る補助金等を計上したものです。

  8款2項3目道路橋りょう新設改良費2億7,275万円の補正は、13節委託料は社会資本整備総合交付金を受けて実施する道路付属物修繕計画策定業務委託等に係る経費を、15節工事請負費は同じく社会資本整備総合交付金を受けて実施する橋りょう長寿命化のための修繕工事、舗装修繕工事及びその他道路改良工事、緊急対応等に係る工事請負費等を、22節補償、補填及び賠償金は道路改良工事に伴う電柱移設等に係る補償金をそれぞれ計上したものです。

  4目道路舗装費2,300万円の補正は、道路舗装工事に係る工事請負費を計上したものです。

  25ページ、26ページをごらんください。3項1目河川維持改良費3,700万円の補正は、市内河川の護岸改修及びしゅんせつに係る工事請負費を計上したものです。

  5項1目都市計画総務費246万円の補正は、空き家の利活用を含む効果的な空き家対策の実施に要する銚子市空家等対策協議会に係る経費と不良住宅の除却を推進するための空き家再生等推進事業補助金を計上したものです。

  9款1項3目消防施設費2億4,117万8,000円の補正は、主なものは、13節委託料は消防署所再編に伴う東部分署建築に係る工事監理業務委託料を、15節工事請負費は東部分署建築及び西部分署車庫建築に係る経費をそれぞれ計上したものです。

  4目災害対策費90万円の補正は、地域防災力の向上を図るため、防災士の育成に係る経費を計上したものです。

  27ページ、28ページをごらんください。10款2項1目小学校管理費361万2,000円の補正は、飯沼小学校ほか5校の建築基準法に基づく定期検査報告について、外壁調査に係る業務を委託により実施するための経費を計上したものです。

  なお、このほかに3項1目中学校管理費で第一中学校ほか2校を、29ページ、30ページになりますが、7項3目図書館費、8項3目体育館費においても同様の業務委託料を計上しております。

  27ページ、28ページにお戻りいただきまして、3項1目中学校管理費3,736万8,000円の補正は、ただいま説明しました中学校3校の外壁調査業務委託料のほか、12節役務費及び15節工事請負費は銚子中学校第2体育館及び旧若宮幼稚園園舎の解体工事に係る経費を計上したものです。

  7項1目社会教育総務費539万1,000円の補正は、1節報酬から11節需用費までは、国の補助金を活用し、市全域の文化財を核とした地域づくりを実践するための銚子市歴史文化基本構想を策定するための文化財の調査員、基本構想の策定委員などに対する報償金等を計上したものです。

  15節工事請負費は、銚子ジオパークの誘導標識等の整備に係る経費を、19節負担金、補助及び交付金は、ジオパーク推進協議会への補助金の追加計上及び日本遺産「北総四都市江戸紀行 江戸を感じる北総の町並み」の魅力発信のために新たに設立する、仮称ではありますが、銚子市日本遺産活用協議会への補助金をそれぞれ計上したものです。

  3目図書館費86万3,000円の補正は、13節委託料は先ほど説明したとおり公正図書館の外壁調査業務委託料の計上で、8節報償費と11節需用費と、29ページ、30ページをごらんください、19節負担金、補助及び交付金は、絵本の読み聞かせ、配付を通じ、親子の触れ合いと読書の楽しさを知るきっかけづくりを進めるためのブックスタート事業に係る経費を計上したものです。

  8項3目体育館費については、先ほど説明したとおり、市体育館の外壁調査に係る業務委託料の計上です。

  以上で説明を終わりますが、31ページ、32ページには継続費に関する調書が、33ページ、34ページには地方債の現在高に関する調書がそれぞれ記載してありますので、後ほどごらんください。

  以上で議案第1号の説明を終わります。



○議長(石上允康君) 健康福祉部長。



◎健康福祉部長(石井倫宏君) 続きまして、同じく補正予算書の35ページをごらんください。議案第2号 平成29年度銚子市病院事業会計補正予算(第1号)についてご説明します。

  第1条は総則です。第2条は、収益的収入及び支出の補正です。収益的収入の第1款病院事業収益を122万7,000円増額し、2億1,922万7,000円にしようとするものです。

  第1項医業外収益122万7,000円の増額は、銚子市立病院の建物・設備改善計画策定業務委託を実施するに当たり、その財源を一般会計からの補助金により対応するための計上です。

  次に、収益的支出の第1款病院事業費用を122万7,000円増額し、病院事業収益と同額の2億1,922万7,000円にしようとするものです。第1項医業費用122万7,000円の増額は、老朽化している銚子市立病院の本館棟、A棟及びB棟ですが、こちらの建物と設備について、改修改善計画を策定するための業務委託料を計上しようとするものです。

  第3条は、他会計からの補助金の補正です。これは、今回の補正に伴い、一般会計から受ける補助金額を122万7,000円増額し、1億8,543万4,000円に改めようとするものです。

  なお、36ページ、37ページに補正予算実施計画を添付してございますので、ご参照ください。

  以上で議案第2号の説明を終わります。



○議長(石上允康君) 総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) それでは、議案書の6ページをごらんください。議案第6号 銚子市個人情報保護条例の一部を改正する条例制定について提案理由を説明します。

  行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律の一部が改正され、条例で定める個人番号を利用することができる事務について、情報提供ネットワークシステムを利用した情報連携が可能になったことに伴い、情報提供等記録を訂正した場合の通知先を追加するための所要の改正を行うほか、規定の整備を行おうとするものです。

  続きまして、同じく議案書の8ページをごらんください。議案第7号 専決処分の承認を求めることについて説明します。平成29年3月31日に地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部を改正する法律が公布され、同年4月1日からその一部が施行されたことに伴い、銚子市市税条例におきましても所要の改正をしたものです。条例を改正することにつきましては、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を経なければならないのですが、法律の改正と条例の改正の施行を合わせる必要があり、特に緊急を要するため、議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであったことから、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をしましたので、これを議会に報告し、その承認を求めようとするものです。

  改正された条例の内容を申し上げますと、軽自動車税におけるグリーン化特例を見直し、現行の特例措置について重点化を行った上で2年間の適用期限延長を、また配偶者控除、配偶者特別控除の見直しを行い、配偶者特別控除については、対象となる配偶者の合計所得金額の上限を76万円未満から123万円以下に引き上げるとともに、合計所得金額が900万円を超える納税義務者に係る配偶者控除及び配偶者特別控除については、納税義務者の合計所得金額に応じ低減、消失することとしたほか、所要の改正をしたものでございます。

  続きまして、議案書の24ページをごらんください。議案第8号 専決処分の承認を求めることについて説明します。本議案の提案理由も先ほどの議案第7号で申し上げました地方税法及び航空機燃料譲与税法の一部改正に伴うもので、銚子市都市計画税条例の一部を銚子市市税条例と同様の理由で専決処分により所要の改正をしましたので、これを議会に報告し、その承認を求めようとするものです。

  改正された条例の内容を申し上げますと、都市計画税の企業主導型保育事業に係る固定資産等に地域決定型地方税制特例措置、いわゆるわがまち特例を市の条例で規定したほか、所要の改正をしたものです。

  以上で議案第6号、議案第7号及び議案第8号の説明を終わります。



○議長(石上允康君) 政策企画部長。



◎政策企画部長(宮澤英雄君) 続きまして、議案書の28ページをごらんください。議案第9号 専決処分の承認を求めることについて提案理由を説明します。

  平成29年度銚子市一般会計補正予算(第1号)については、4月23日に行われました銚子市長選挙及び銚子市議会議員補欠選挙の予算措置が必要となったもので、この予算措置については、地方自治法第96条第1項の規定により議会の議決を経なければならないのですが、特に緊急を要し、議会を招集する時間的余裕がないことが明らかであったため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分をしましたので、これを議会に報告し、その承認を求めようとするものです。

  それでは、予算の内容について説明しますので、30ページをごらんください。第1条第1項は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ807万3,000円を追加し、総額をそれぞれ221億1,107万3,000円にしたものです。

  同条第2項は、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額を31ページの第1表のとおりにしたものです。

  次に、歳入歳出予算の内容について説明します。まず、歳入から説明しますので、35ページ、36ページをごらんください。18款2項1目財政調整基金繰入金807万3,000円の補正は、今回の補正予算の財源を財政調整基金からの繰入金で対応したものです。

  続きまして、歳出について説明しますので、37ページ、38ページをごらんください。2款4項7目市長選挙費2,150万5,000円の減額補正は、市議会議員の辞職に伴い、市議会議員補欠選挙が市長選挙とあわせて行われることとなったため、当初予算で計上してありました市長選挙費を全額減額補正したものです。

  14目市長選挙及び市議会議員補欠選挙費2,957万8,000円の補正は、次の39ページ、40ページにかけて市長選挙及び市議会議員補欠選挙の投開票等に要する経費を計上したものです。

  以上で議案第9号の説明を終わります。よろしくご審議お願いします。



○議長(石上允康君) 以上で説明は終わりました。

  ただいま議題となっております議案第1号、議案第2号及び議案第6号から議案第9号までの6議案に対する質疑は、議事の都合により6月1日に行うことといたします。

                                            



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(石上允康君) 日程第7、議案第3号を議題といたします。

  議案を職員に朗読させます。

          〔職員朗読〕



○議長(石上允康君) 提案理由の説明を求めます。

  総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) それでは、補正予算書の38ページをごらんください。議案第3号 平成29年度銚子市国民健康保険事業特別会計補正予算(第1号)について説明します。

  第1条第1項は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2億6,395万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ105億3,195万7,000円にしようとするものです。

  同条第2項は、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額を39ページの第1表のとおりにしようとするものです。

  今回の補正につきましては、平成28年度の国民健康保険事業特別会計の収支決算見込みにおきまして2億6,395万7,000円の収支不足が見込まれ、この収支不足補てんのため、翌年度の歳入を繰り上げて充てる必要があることから、平成29年度国民健康保険事業特別会計予算に所要額を編入しようとするものです。

  それでは、歳入歳出予算の内容について説明します。まず、歳入から説明しますので、43、44ページをごらんください。1款1項1目一般被保険者国民健康保険料2億6,395万7,000円の補正は、国民健康保険料の現年分、滞納繰越分を繰上充用金の財源として充てるため、計上したものです。

  次に、歳出について説明しますので、45、46ページをごらんください。12款1項1目前年度繰上充用金2億6,395万7,000円の補正は、先ほど説明しましたとおり、平成28年度の単年度収支で2億6,395万7,000円の歳入不足が見込まれることから、繰上充用金を計上したものでございます。

  以上で議案第3号の説明を終わります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(石上允康君) 以上で説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

  笠原幸子議員。



◆笠原幸子君 国民健康保険事業の繰り上げ充用についてお聞きしますけれども、平成28年度についても繰り上げ充用を行ったわけですけれども、その前にこの平成28年度の不足分を繰り上げ充用するということで、一般会計の財政調整基金の残高というのは、いろいろもろもろ補正を組んで、肉づけをして補正は幾らぐらいだったのか伺いたいのと、この周辺自治体で例えばどのぐらいの基準外繰り入れを行っているか、2点伺います。



○議長(石上允康君) 総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) それでは、一般会計からの国民健康保険事業特別会計における法定外繰入額について、手元に資料がある部分でお答えさせていただきます。

  平成22年度から平成27年度まででお答えします。旭市につきましては、22年度の法定外繰入額、5億5,000万円、23年度5億円、24年度も5億円、25年度が3億円、26年度が1億7,000万円、27年度が2億5,000万円です。匝瑳市の平成22年度の法定外繰入額は3億2,500万円、23年度3億7,500万円、24年度は2億4,000万円、25年度は2億円、26年度は1億5,000万円、27年度は1億3,000万円です。香取市、東庄町につきましては、法定外繰り入れはございませんが、予算措置としましては基金のほうに繰り入れておりまして、国民健康保険事業の赤字を解消している状況にあるというふうに伺っております。

  ちなみに神栖市を申し上げます。同じく国保事業における法定外繰入額でございます。平成22年度、神栖市は6億2,609万5,560円、平成23年度が4億1,247万1,500円、平成24年度が4億4,582万8,900円、25年度は3億8,479万3,962円、平成26年度は12万4,200円、27年度は1億1,925万9,293円となっております。



○議長(石上允康君) 政策企画部長。



◎政策企画部長(宮澤英雄君) 一般会計における財政調整基金の現在高はというご質問ですが、今回肉付け予算でしたので、6月補正予算の概要というものを補正予算と一緒にお配りさせていただいておりますが、その一番最後のページに基金の現在高の見込み表が記載されております。財政調整基金は、一番上の行ですが、6月の補正予算まで見込んだところで29年度末の現在高見込みは、一番右にありますが、3億3,500万円程度となっております。ただし、この残高の見込みも今後9月、12月の補正予算の財源となっていくので、年度末の残高はもう少し厳しいものになるかと予想されます。



○議長(石上允康君) 笠原幸子議員。



◆笠原幸子君 旭市、東庄町、神栖市の国民健康保険料の4人世帯で、標準的な世帯の保険料は1年間でどのくらいになりますでしょうか。わかれば教えてください。



○議長(石上允康君) 総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) 手元に資料がございませんので、後でお答えさせていただきます。



○議長(石上允康君) 笠原幸子議員。



◆笠原幸子君 私の記憶ですと、銚子市が一番高かったかなと思うのですけれども、今の銚子市の財源状況だとなかなか大変だというのはよくわかるわけなのですけれども、これで県へ移行になったときに、もちろん一般会計からの法定外をなるべく減らすというのが国や県の意向なのでしょうけれども、その移行までこの保険料で、銚子の市民については非常に保険料も高いという声を多く聞きます。県一括になるまで繰り上げ充用で、前にも伺ったのですけれども、引き続き繰り上げ充用でいくのかというふうに思うのですけれども、今年度、来年度どのようなお考えでいるのか伺いたいと思います。



○議長(石上允康君) 市長。



◎市長(越川信一君) まず、平成30年度から運営の単位が県に移管されることになります。その前の料金の見直しというのは混乱を招くということから、ここ2年間行わないという中で、当然行わなければ繰り上げ充用が発生するという状況でございます。かといって一般会計から多額の繰り入れをできる状況ではありませんので、結局繰り上げ充用が発生しているということで、27年度が6,000万円、28年度が2億円累積をして2億6,000万円ということになっておりますので、本年度も同程度発生すれば4億6,000万円程度、県に移管するまでに繰り上げ充用が累積するということになります。それをどうやってその後解消していくのかも含めて運営協議会の中で議論していきたいとは思いますが、基本的には県から示される標準料率の水準に合わせざるを得ないというふうに思っております。標準料率であれば単年度で赤字が発生しないというのが標準料率の水準になると思います。またもう一方で、累積した繰り上げ充用をどうやってその後解消していくのかについては、一般会計からの繰り入れをある程度財源としながら、10年なり15年なりのそれほど影響のない長期間をかけてその4億5,000万円、4億6,000万円の累積赤字に当たる繰り上げ充用を解消していく、またそれを別立てで考えるような仕組みを運営協議会の中で協議をしていただきたいなというふうに考えております。



○議長(石上允康君) 総務市民部長。



◎総務市民部長(長島潔君) 近隣の国民健康保険料のいわゆる4人世帯、標準モデルの世帯についての比較の数値について回答させていただきます。銚子市が国民健康保険料40万4,000円、旭市が38万9,000円、香取市が38万4,000円、匝瑳市が38万3,000円、東庄町が37万6,000円、神栖市が35万2,000円という状況になっております。



○議長(石上允康君) ほかに質疑はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石上允康君) これをもって質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第3号については、会議規則第37条第3項の規定により、委員会の付託を省略いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石上允康君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

  これより討論に入ります。

  討論はありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(石上允康君) 討論なしと認めます。

  これより採決いたします。

  議題となっております議案第3号について、原案のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(石上允康君) 起立全員であります。

  よって、さよう決しました。

  この際、暫時休憩いたします。

          午前11時22分  休 憩

                                            

          午前11時30分  再 開

          〔議長、副議長と交代〕

          〔石上允康君除斥〕



○副議長(地下誠幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  休憩中、議会運営委員会を開催いたしましたので、議会運営委員会委員長からその報告を求めます。

  宮内和宏議員。

          〔宮内和宏君登壇〕



◎宮内和宏君 休憩中、議会運営委員会を開催いたしましたので、そのご報告を申し上げます。

  石上允康議長から議長の辞職願が提出されました。これが取り扱いにつきましては、議長辞職許可の件を日程第8として本日の日程に追加し、その後の選挙につきましては順次日程に追加して行うことに議会運営委員会としては決定いたしました。

  以上のとおりでありますので、議員各位におかれましては、議事運営についてよろしくご協力くださいますようお願い申し上げまして、委員長報告を終わります。



○副議長(地下誠幸君) 以上で議会運営委員会委員長の報告は終わりました。

                                            



△日程の追加



○副議長(地下誠幸君) 石上允康議長より議長の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、議長辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(地下誠幸君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△議長辞職許可について



○副議長(地下誠幸君) 日程第8、議長辞職許可についてを議題といたします。

  職員に辞職願を朗読させます。

          〔職員朗読〕

                   辞  職  願

                                     平成29年5月29日

  銚子市議会副議長

     地 下 誠 幸 様

                         銚子市議会議長

                           石 上 允 康

  今般一身上の都合により、議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。



○副議長(地下誠幸君) お諮りいたします。

  石上允康議長の議長辞職を許可することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○副議長(地下誠幸君) 起立全員であります。

  よって、石上允康議長の議長辞職を許可することに決しました。

                                            



△議長退任の挨拶



○副議長(地下誠幸君) この際、石上允康議員よりご挨拶があります。

          〔石上允康君入場・登壇〕



◎石上允康君 改めて皆様方に御礼を申し上げたいと思います。

  市議会議長として2年間務めさせていただきましたが、その中でいろんなことも経験させていただきました。特にこの人口減少の中で銚子を発展させるというのが市長を初め議会の大きなまた一つの目標であったと思います。また、そのためには広域行政、特に道路、観光、あるいは産業振興等、その重要さを非常に感じました。そういった経験を生かして、またこれからの議員生活を議員の皆さんの一員となって努力させていただきたいと思います。本当にこの2年間お世話になりました。また結びに、越川市長を初め執行部の皆さん、本当にお世話になりました。これからの銚子市をお願いするとともに、またこれからの議会の活躍と議員それぞれ皆さんのご活躍を祈念いたしまして、私のこの2年間のお礼とさせていただきたいと思います。いろいろありがとうございました。(拍手)



○副議長(地下誠幸君) 以上で挨拶は終わりました。

  この際、暫時休憩いたします。

          午前11時35分  休 憩

                                            

          午後 2時30分  再 開



○副議長(地下誠幸君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△会議時間の延長



○副議長(地下誠幸君) 本日の会議時間は、議事の都合により、あらかじめこれを延長いたします。

                                            



△日程の追加



○副議長(地下誠幸君) 石上允康議長の辞職により、議長が欠員となりました。

  お諮りいたします。この際、議長選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(地下誠幸君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△銚子市議会議長選挙



○副議長(地下誠幸君) 日程第9、銚子市議会議長選挙を行います。

  議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○副議長(地下誠幸君) ただいまの出席議員は19名であります。

  投票用紙を配付させます。

          〔投票用紙配付〕



○副議長(地下誠幸君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(地下誠幸君) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

          〔投票箱点検〕



○副議長(地下誠幸君) 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号順に順次投票を願います。

          〔投  票〕



○副議長(地下誠幸君) 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○副議長(地下誠幸君) 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

          〔投票箱閉鎖〕



○副議長(地下誠幸君) 議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○副議長(地下誠幸君) 開票を行います。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に池田健一議員、石上友寛議員を指名いたします。

  よって、両議員の立ち会いを願います。

          〔開  票〕



○副議長(地下誠幸君) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数19票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。

  そのうち有効投票  19票

      無効投票  0票

  有効投票中

         桜 井   隆 議員  12票

         宮 内 和 宏 議員  7票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は4.75票であります。

  よって、桜井隆議員が議長に当選されました。

  ただいま議長に当選されました桜井隆議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

  当選人の発言を求めます。

  桜井隆議員。



◎桜井隆君 謹んでお受けいたします。よろしくお願いいたします。

                                            



△議長就任の挨拶



○副議長(地下誠幸君) 登壇でご挨拶を願います。

          〔桜井 隆君登壇〕



◎桜井隆君 ただいま議員各位のご推挙によりまして、第57代銚子市議会議長として拝命をいたしました桜井でございます。非常に銚子市、先ほど市長も言われましたように難題、また地方創生に取り組む姿勢、しっかりと議会としても後押しをしていかなければなりません。議会のスムーズな運営と、また今後の銚子市のさらなる発展のためにまた1年しっかりと粉骨砕身、努力してまいる次第でございますので、どうぞ議員各位におかれましては1年間よろしくお願いいたします。ありがとうございました。(拍手)



○副議長(地下誠幸君) 以上で議長の当選承諾及び挨拶は終わりました。

  議長と交代いたします。

          〔副議長、議長と交代〕

          〔地下誠幸君除斥〕

                                            



△日程の追加



○議長(桜井隆君) 地下誠幸副議長より副議長の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、副議長辞職許可についてを日程に追加し、直ちに議題とすることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△副議長辞職許可について



○議長(桜井隆君) 日程第10、副議長辞職許可についてを議題といたします。

  職員に辞職願を朗読させます。

          〔職員朗読〕

                   辞  職  願

                                     平成29年5月29日

  銚子市議会議長

     石 上 允 康 様

                         銚子市議会副議長

                           地 下 誠 幸

  今般一身上の都合により、副議長を辞職したいので、許可されるよう願い出ます。



○議長(桜井隆君) お諮りいたします。

  地下誠幸副議長の副議長辞職を許可することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(桜井隆君) 起立全員であります。

  よって、地下誠幸副議長の副議長辞職を許可することに決しました。

                                            



△副議長退任の挨拶



○議長(桜井隆君) この際、地下誠幸議員よりご挨拶があります。

          〔地下誠幸君入場・登壇〕



◎地下誠幸君 銚子市議会副議長退任に当たりまして、一言ご挨拶を述べさせていただきます。

  昨年6月市議会冒頭におきまして、歴史ある銚子市議会第56代副議長に就任させていただきました。任期中を振り返りますと、石上允康市議会議長を支えながら、公平公正、開かれた議会運営、銚子市議会のあるべき姿、銚子市の将来像、香取海匝地域においての銚子市の立場、市町村との関係を考えながら職務を務めさせていただきました。本日退任させていただきますが、議員各位並びに市長を初め執行部の皆様方におかれましては引き続きよろしくご指導をお願い申し上げ、そして銚子市の発展のため引き続き精進していくことを申し上げさせていただきまして、退任の挨拶とさせていただきます。1年間どうもありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。(拍手)



○議長(桜井隆君) 以上で挨拶は終わりました。

  この際、暫時休憩いたします。

          午後 2時47分  休 憩

                                            

          午後 3時40分  再 開



○議長(桜井隆君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△日程の追加



○議長(桜井隆君) 地下誠幸副議長の辞職により、副議長が欠員となりました。

  お諮りいたします。この際、副議長選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△銚子市議会副議長選挙



○議長(桜井隆君) 日程第11、銚子市議会副議長選挙を行います。

  議場の閉鎖を命じます。

          〔議場閉鎖〕



○議長(桜井隆君) ただいまの出席議員は19名であります。

  投票用紙を配付させます。

          〔投票用紙配付〕



○議長(桜井隆君) 投票用紙の配付漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) 配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

          〔投票箱点検〕



○議長(桜井隆君) 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記載の上、議席番号順に順次投票を願います。

          〔投  票〕



○議長(桜井隆君) 投票漏れはありませんか。

          〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) 投票漏れなしと認めます。

  投票を終了いたします。

          〔投票箱閉鎖〕



○議長(桜井隆君) 議場の閉鎖を解きます。

          〔議場開鎖〕



○議長(桜井隆君) 開票を行います。

  会議規則第31条第2項の規定により、立会人に池田健一議員、石上友寛議員を指名いたします。

  よって、両議員の立ち会いを願います。

          〔開  票〕



○議長(桜井隆君) 選挙の結果を報告いたします。

  投票総数19票、これは先ほどの出席議員数に符合しております。

  そのうち有効投票  18票

      無効投票  1票

  有効投票中

         鎌 倉   金 議員  13票

         広 野 恭 代 議員  5票

  以上のとおりであります。

  この選挙の法定得票数は4.5票であります。

  よって、鎌倉金議員が副議長に当選されました。

  ただいま副議長に当選されました鎌倉金議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

  当選人の発言を求めます。

  鎌倉金議員。



◎鎌倉金君 ありがとうございます。謹んでお受けいたします。

                                            



△副議長就任の挨拶



○議長(桜井隆君) それでは、登壇でのご挨拶をお願いします。

          〔鎌倉 金君登壇〕



◎鎌倉金君 皆様、どうもありがとうございます。ただいまご選任いただきました鎌倉金でございます。このたび副議長にご選任いただきまして本当にありがとうございます。桜井新議長の補佐役に徹することに専念して堅実な活動をしてまいりたいと思います。しかしながら、まだまだ未熟なところもございますので、ぜひ皆様のご助言もいただきながら堅実な議会運営を心がけてまいりたいと思います。どうもありがとうございました。(拍手)



○議長(桜井隆君) 以上で副議長の当選承諾及び挨拶は終わりました。

  この際、暫時休憩いたします。

          午後 3時52分  休 憩

                                            

          午後 4時45分  再 開



○議長(桜井隆君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△日程の追加



○議長(桜井隆君) 笠原幸子議員、地下誠幸議員より東総地区広域市町村圏事務組合議会議員の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、東総地区広域市町村圏事務組合議会議員選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△東総地区広域市町村圏事務組合議会議員選挙



○議長(桜井隆君) 日程第12、これより東総地区広域市町村圏事務組合議会議員選挙を行います。

  この選挙は、東総地区広域市町村圏事務組合規約第6条第2項の規定により議員2名を選出するものであります。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選の方法により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することといたします。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  東総地区広域市町村圏事務組合議会議員に鎌倉金議員、石上允康議員を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました鎌倉金議員、石上允康議員を東総地区広域市町村圏事務組合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました鎌倉金議員、石上允康議員が東総地区広域市町村圏事務組合議会議員に当選されました。

  ただいま当選されました鎌倉金議員、石上允康議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定による告知をいたします。

  当選人の発言を求めます。

  鎌倉金議員。



◎鎌倉金君 謹んでお受けいたします。ありがとうございます。



○議長(桜井隆君) 石上允康議員。



◎石上允康君 謹んでお受けいたします。よろしくお願いします。



○議長(桜井隆君) 以上で当選承諾及び挨拶は終わりました。

                                            



△日程の追加



○議長(桜井隆君) 次に、石上允康議員より千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙



○議長(桜井隆君) 日程第13、これより千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員選挙を行います。

  お諮りいたします。選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により指名推選の方法により行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。指名の方法につきましては、議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に私、桜井隆を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいまの指名のとおり、私、桜井隆を千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員の当選人と定めることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました私、桜井隆が千葉県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選いたしました。

  ただいまの告知に基づき、私から承諾の意味を込めましてご挨拶を申し上げます。謹んでお受けしたいと思います。

  以上で当選承諾及び挨拶は終わりました。

                                            



△銚子市議会常任委員会委員の選任について



○議長(桜井隆君) 日程第14、銚子市議会常任委員会委員の選任についてを議題といたします。

  常任委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名をいたします。

  ただいま議題となっております常任委員会委員の選任については、先例に倣い、お手元に配付の指名表のとおり指名いたします。

                                    


                  常任委員会委員指名表
┌─────┬──────────────────────────────────────┐
│ 総務企画 │ 笠 原 幸 子   桜 井   隆   工 藤 忠 男   宮 内 和 宏│
│ 委 員 会 │ 大 野 正 義   釜 谷 藤 男   岩 井 文 男   石 上 允 康│
├─────┼──────────────────────────────────────┤
│ 教育民生 │ 池 田 健 一   石 上 友 寛   加 瀬 栄 子   工 藤 忠 男│
│ 委 員 会 │ 加 瀬 庫 藏   大 野 正 義   広 野 恭 代   根 本   茂│
├─────┼──────────────────────────────────────┤
│ 産業建設 │ 田 中   努   石 上 友 寛   加 瀬 栄 子   鎌 倉   金│
│ 委 員 会 │ 尾 辻   廣   岩 井 文 男   地 下 誠 幸   宮 内 昭 三│
└─────┴──────────────────────────────────────┘


                                    



○議長(桜井隆君) ただいま選任されました委員の方々は、委員会を開催し、委員長及び副委員長2名を互選し、議長まで報告を願います。

  なお、場所は総務企画委員会が第一委員会室、教育民生委員会が第二委員会室、産業建設委員会は総務企画委員会終了後に第一委員会室で開催いたします。

  この際、暫時休憩いたします。

          午後 4時51分  休 憩

                                            

          午後 5時14分  再 開



○議長(桜井隆君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  各委員会における正副委員長の互選の結果を報告いたします。総務企画委員会委員長に石上允康議員、副委員長に宮内和宏議員、同じく工藤忠男議員、教育民生委員会委員長に大野正義議員、副委員長に石上友寛議員、同じく池田健一議員、産業建設委員会委員長に宮内昭三議員、副委員長に尾辻廣議員、同じく加瀬栄子議員、以上のとおりであります。

                                            



△銚子市議会議会運営委員会委員の選任について



○議長(桜井隆君) 日程第15、銚子市議会議会運営委員会委員の選任についてを議題といたします。

  議会運営委員会委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、議長において指名をいたします。

  ただいま議題となっております議会運営委員会委員の選任については、先例に倣い、お手元に配付の指名表のとおり指名いたします。

                                    


               議会運営委員会委員指名表
┌───────────────────────────────────────┐
│ 笠 原 幸 子   加 瀬 栄 子   宮 内 和 宏   加 瀬 庫 藏 │
│ 釜 谷 藤 男   岩 井 文 男   根 本   茂   地 下 誠 幸 │
└───────────────────────────────────────┘


                                   



○議長(桜井隆君) ただいま選任されました委員の方々は、委員会を開催し、委員長及び副委員長2名を互選し、議長まで報告を願います。

  なお、場所は第一委員会室といたします。

  この際、暫時休憩いたします。

          午後 5時16分  休 憩

                                            

          午後 5時32分  再 開



○議長(桜井隆君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  議会運営委員会における正副委員長の互選の結果、委員長に地下誠幸議員、副委員長に釜谷藤男議員、同じく笠原幸子議員が選任されましたので、ご報告いたします。

                                            



△諸般の報告



○議長(桜井隆君) この際、諸般の報告をいたします。

  従来から議会内に議会だより編集委員会が設置されており、これが委員については、お手元に配付いたしてあります選任表のとおり7名が選任されましたので、ご了承を願います。



                                            


              議会だより編集委員会委員選任表
┌───────────────────────────────────────┐
│ 田 中   努   石 上 友 寛   加 瀬 栄 子   鎌 倉   金 │
│ 広 野 恭 代   地 下 誠 幸   宮 内 昭 三           │
└───────────────────────────────────────┘


                                    



○議長(桜井隆君) なお、正副委員長を互選の結果、委員長に石上友寛議員、副委員長に広野恭代議員が選任されましたので、ご報告いたします。

  この際、暫時休憩いたします。

          午後 5時33分  休 憩

                                            

          午後 7時00分  再 開



○議長(桜井隆君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△諸般の報告



○議長(桜井隆君) この際、諸般の報告をいたします。

  市長から議案1件が提出されましたので、ご報告いたします。

  これが取り扱いについて、議会運営委員会を開催いたしましたので、議会運営委員会委員長からその報告を求めます。

  地下誠幸議員。

          〔地下誠幸君登壇〕



◎地下誠幸君 議会運営委員会を開催いたしましたので、そのご報告を申し上げます。

  本日市長から議案1件の追加提案がありました。これが取り扱いにつきましては、本日の日程に追加し、先例に倣い、議員協議会を開催した後、正規の手続を省略し、即決することに議会運営委員会としては決定いたしました。

  以上のとおりでありますので、議員各位におかれましては、議事運営についてよろしくご協力くださるようお願い申し上げまして、委員長報告を終わります。



○議長(桜井隆君) 以上で議会運営委員会委員長の報告は終わりました。

  提出されました議案は人事案件でありますので、先例に倣い、これより全員協議会室において議員協議会を開催いたします。

  この際、暫時休憩いたします。

          午後 7時02分  休 憩

                                            

          午後 7時06分  再 開

          〔岩井文男君除斥〕



○議長(桜井隆君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                            



△日程の追加



○議長(桜井隆君) お諮りいたします。

  市長から提出されております議案第10号については、この際これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認め、さよう決しました。

                                            



△議案第10号の上程、説明、採決



○議長(桜井隆君) 日程第16、議案第10号を議題といたします。

  議案を職員に朗読させます。

          〔職員朗読〕



○議長(桜井隆君) 提案理由の説明を求めます。

  副市長。



◎副市長(島田重信君) それでは、議案書(その2)の1ページをごらんください。議案第10号 銚子市監査委員の選任につき同意を求めることについて提案理由を説明します。

  本市監査委員は、銚子市監査委員条例に基づき、委員3名をもって構成し、運営されておりますが、議員のうちから選任された監査委員、根本茂氏から平成29年5月29日に退職願が提出され、承認されております。

  後任の監査委員といたしまして、市議会議員、岩井文男氏を適任者と認め、選任いたしたいのでありますが、地方自治法第196条第1項の規定により議会の同意を得るよう定められておりますので、よろしくご審議の上、ご同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(桜井隆君) 説明は終わりました。

  お諮りいたします。ただいま議題となっております議案第10号については、正規の手続を省略し、直ちに採決をいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

  よって、直ちに採決をいたします。

  お諮りいたします。議題となっております議案第10号については、これに同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(桜井隆君) 起立全員であります。

  よって、これに同意することに決定いたしました。

  この際、岩井文男議員からご挨拶があります。

          〔岩井文男君入場・登壇〕



◎岩井文男君 ただいま銚子市監査委員の選任について議員の皆様のご同意をいただきまして、大変ありがとうございました。みずから研さんに努めまして、厳正公正な立場で監査をしてまいりたいと考えておりますので、どうぞこれからもご指導をよろしくお願い申し上げまして、お礼の挨拶にかえさせていただきます。ありがとうございました。(拍手)



○議長(桜井隆君) 挨拶は終わりました。

                                            



△休会について



○議長(桜井隆君) 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

  お諮りいたします。議事の都合により、5月31日は休会にいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(桜井隆君) ご異議なしと認めます。

                                            



△次会日程の報告



○議長(桜井隆君) 次会は6月1日定刻より会議を開きます。

                                            



△散会の宣告



○議長(桜井隆君) 本日はこれにて散会いたします。

  ご苦労さまでした。

          午後 7時10分  散 会