議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 杉戸町

平成16年  9月 定例会(第4回) 09月01日−議案説明−01号




平成16年  9月 定例会(第4回) − 09月01日−議案説明−01号







平成16年  9月 定例会(第4回)





        平成16年第4回杉戸町議会定例会 第1日

平成16年9月1日(水曜日)
 議 事 日 程 (第1号)

 1、開  会
 1、開  議
 1、会議録署名議員の指名
 1、会期の決定
 1、諸般の報告
 1、町長提出議案の報告及び上程
 1、町長提出議案の提案理由の説明
 1、議案第31号〜議案第34号の説明
 1、議案第35号の説明
 1、議案第36号の説明
 1、議案第37号の説明
 1、次会日程の報告
 1、延  会

午前10時開会
 出席議員(23名)
     1番   田  中  敦  美  議員     2番   坂  本  吉  江  議員
     3番   坪  田  光  治  議員     4番   高  岡     享  議員
     5番   古  谷  松  雄  議員     6番   岡  田  秀  夫  議員
     7番   石  川  敏  子  議員     8番   ?  田  章  一  議員
     9番   上  原  幸  雄  議員    10番   菅  沼  静  枝  議員
    11番   稲  葉  光  男  議員    12番   宮  田  利  雄  議員
    13番   原  田  三  男  議員    14番   長  岡  朝  子  議員
    15番   須  田  恒  男  議員    16番   五 月 女  経  夫  議員
    17番   加  藤     實  議員    18番   新  井     敏  議員
    19番   斎  藤  正  雄  議員    20番   森  山  哲  夫  議員
    21番   鈴  木     勲  議員    22番   阿  部  啓  子  議員
    23番   白  石  孝  司  議員

 欠席議員(なし)

 説明のための出席者
    小  川  伊  七   町   長        布  藤  純 一 郎   助   役

    関  口  尚  夫   収 入 役        大  木  久  雄   総 務 財政
                                           調 整 幹

    鈴  木  光  男   合 併 推進        小  林  朝  美   秘 書 政策
                 室   長                     課   長

    島  村  福  二   財 政 課長        蛇  塚  隆  行   総 務 課長

    関  根  孝  一   人権・女性        中  村     茂   住 民 参加
                 政 策 担当                     推 進 課長
                 参   事

    内  田  勝  義   町 民 課長

    高  橋     清   税 務 課長        倉  持  正  雄   環 境 福祉
                                           調 整 幹

    神  田  仁  巳   福 祉 課長        藤  沼  利  夫   健 康 増進
                                           課   長

    小  島  和  夫   環 境 課長        井  上  清  一   建 設 経済
                                           調 整 幹

    染  谷  幸  男   都 市 整備        江  森  良  雄   建 築 課長
                 課   長

    新  井  健  一   道 路 河川        鈴  木     聡   産 業 課長
                 課   長                     ( 兼 )
                                           農   業
                                           委 員 会
                                           事 務 局長

    小  暮  正  幸   会 計 課長        田  中  正  俊   水 道 課長

    関  口  博  司   消 防 長        内  田  弘  之   教 育 長

    野  口  珎  彦   教 育 次長        北  島     隆   教 育 総務
                 ( 兼 )                     課   長
                 幼   保
                 一 元 化
                 推 進 室長

    山  口  美 佐 夫   学 校 教育        松  本  邦  雄   社 会 教育
                 課   長                     課   長
                                           ( 兼 )
                                           町   史
                                           編 さ ん
                                           室   長

    田  中     智   選 挙 管理        田  中     昭   監 査 委員
                 委 員 会
                 書 記 長
                 ( 兼 )
                 公   平
                 委 員 会
                 事務局長・
                 監 査 委員
                 事 務 局長

 事務局職員出席者
    堀  江     明   事 務 局長        柴  田  美 登 里   事 務 局
                                           次   長

    青  木     毅   書   記        川  島  昭  男   書   記







△開会の宣告                               (午前10時)



○新井敏議長 ただいまから平成16年第4回杉戸町議会定例会を開会いたします。



              ◇             





△開議の宣告



○新井敏議長 これより本日の会議を開きます。



              ◇             





△会議録署名議員の指名



○新井敏議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第111条の規定により、

   7番 石 川 敏 子 議員

  14番 長 岡 朝 子 議員

 を指名いたします。



              ◇             





△会期の決定



○新井敏議長 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

  議会運営委員会委員長の報告を求めます。

  議会運営委員会委員長。

    〔15番須田恒男議員登壇〕



◆15番(須田恒男議員) おはようございます。15番の議会運営委員会委員長の須田でございます。

  第4回定例会の会期等につきましては、去る8月26日、議会運営委員会を開催し、審議いたしましたので、結果につきましてその概要をご報告いたします。

  初めに、会期は、本日9月1日から28日までの28日間とし、本定例会に町長より提出されます議案は全部で16件であります。

  次に、会期日程でありますが、本日9月1日及び2日は町長提出議案について町長より提案理由の説明及び各課長等より補足説明をお願いいたします。

  9月3日は、議案調査のため休会といたします。

  9月4日及び5日は、休日のため休会といたします。

  9月6日、7日及び8日は、町政に対する一般質問を予定しております。

  9月9日は、議案調査のため休会といたします。

  9月10日は、議事都合により休会といたします。

  9月11日及び12日は、休日のため休会といたします。

  9月13日は、議案第38号から第46号までの質疑をお願いいたします。その後、議請第3号について紹介議員よりご説明を申し上げます。その後、議案第31号から第36号までの議案審議をお願いいたします。

  9月14日は、議事都合により休会といたします。

  9月15日は、議案第31号から第37号の議案審議をお願いいたします。

  9月16日は、議案第36号及び第37号の議案審議をお願いいたします。

  9月17日は、議事都合により休会といたします。

  9月18日、19日及び20日は、休日のため休会といたします。

  9月21日は、総務財政常任委員会付託審査のため、9月22日は建設経済常任委員会付託審査のため休会といたします。

  9月23日は、休日のため休会といたします。

  9月24日は、教育厚生常任委員会付託審査のため休会といたします。

  9月25日及び26日は、休日のため休会といたします。

  9月27日は、議事都合により休会といたします。

  9月28日は、委員会審査報告等をお願いいたします。

  以上、申し上げました。円滑な議会運営ができますようお願いを申し上げ、ご報告といたします。



○新井敏議長 お諮りいたします。

  今期定例会の会期は、議会運営委員会委員長の報告どおり、本日から9月28日までの28日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○新井敏議長 ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日から9月28日までの28日間と決定いたしました。



              ◇             





△諸般の報告



○新井敏議長 日程第3、この際、諸般の報告をいたします。

  平成16年5月27日以降における平成16年8月26日までの議会に関する事項は、印刷の上、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、監査委員から、平成16年6月30日現在における杉戸町一般会計並びに特別会計現計表が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、一般質問通告書が提出されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。後日、日程に従い、ご質問をお願いすることになりますので、あらかじめご了承願います。

  次に、当局から、平成15年度一般会計等の施策成果表が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、監査委員から、町長あてに提出されました平成15年度杉戸町一般会計決算、杉戸町水道事業会計決算、杉戸町特別会計決算、杉戸町各基金運用状況の審査意見書の写しが提出されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、議案第31号 杉戸町公平委員会委員の選任についての参考資料として略歴書が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、議案第32号 杉戸町固定資産評価審査委員会委員の選任についての参考資料として略歴書が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、議案第33号 杉戸町固定資産評価審査委員会委員の選任についての参考資料として略歴書が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、議案第34号 杉戸町教育委員会委員の任命についての参考資料として略歴書が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、議案第37号 平成16年度杉戸町一般会計補正予算(第2号)の概要書が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、議案第38号 杉戸町国民健康保険税条例の一部を改正する条例の参考資料として新旧対照表が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、1市3町の合併に賛成する会代表、野口勝久君から、杉戸町・春日部市・庄和町の1市2町による合併の推進についての請願書が提出されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきました。後日、日程に従い、ご審議お願いしますので、あらかじめご了承願います。

  次に、埼玉青年学生平和友好祭実行委員会実行委員長、清野拓也君から、核も戦争もない平和な21世紀をめざす要望書が提出されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、庄和町議会議員、福岡正男君ほか11名から、春日部市、杉戸町及び庄和町の合併推進に関する要望書が提出されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、1市3町の合併に反対する杉戸町の会代表、中里文夫君から要望書が提出されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、杉戸町土地開発基金による土地の購入について(報告)が送付されてまいりましたので、議案送付の際に同封しておきましたから、ご了承願います。

  次に、当局から、7番、石川敏子議員、20番、森山哲夫議員、22番、阿部啓子議員の一般質問等に関する資料が送付されてまいりましたので、本日お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。



              ◇             





△町長提出議案の報告及び上程



○新井敏議長 日程第4、町長から議案の提出がありましたから、ご報告いたします。

  事務局長をして朗読させます。

    〔事務局長朗読〕



○新井敏議長 ただいま報告いたしました議案は、印刷の上、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  町長から提出された議案を一括上程いたします。



              ◇             





△町長提出議案の提案理由の説明



○新井敏議長 日程第5、町長から提出議案の提案理由説明を求めます。

  町長。

    〔小川伊七町長登壇〕



◎小川伊七町長 おはようございます。本日ここに、平成16年第4回杉戸町議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご健勝にてご参集賜り、当面する重要案件につきましてご審議をいただくことができますことは、町勢発展のため、まことに喜びにたえないところであり、衷心より感謝申し上げる次第でございます。

  さて、今回ご提案申し上げました議案は、人事案件が4件、合併協議会の廃止が1件、条例が1件、決算の認定が6件、補正予算が4件であります。

  それでは、今回ご提案申し上げました議案につきまして提案理由の説明を申し上げます。

  初めに、議案第31号は、杉戸町公平委員会委員の選任についてであります。現在同委員であります折原利夫氏が本年9月30日で任期満了になります。後任として舟越芳朗氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

  議案第32号は、杉戸町固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。現在同委員であります荻野照雄氏が本年9月18日で任期満了になります。適任者と考えますので、引き続き同氏を再任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

  議案第33号は、杉戸町固定資産評価審査委員会委員の選任についてであります。現在同委員であります小林實氏が本年9月21日で任期満了になります。後任として田口實氏を選任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

  議案第34号は、杉戸町教育委員会委員の任命についてであります。現在同委員としてご活躍をいただいております内田弘之氏が本年9月30日で任期満了になります。適任者と考えますので、引き続き同氏を再任いたしたく、議会の同意を求めるものであります。

  議案第35号は、春日部市・宮代町・杉戸町・庄和町合併協議会の廃止についてであります。7月に実施した1市3町の合併の是非を問う住民投票の結果を受け、8月23日開催の第18回合併協議会において、平成16年9月30日をもって春日部市・宮代町・杉戸町・庄和町合併協議会を解散することが承認されたので、この議案を提案するものであります。

  議案第36号は、平成15年度杉戸町一般会計歳入歳出決算の認定についてであります。平成15年度におきましては、この1年を21世紀の夢あふれる杉戸町を築くため、第四次杉戸町総合振興計画の基本理念「人と緑を生かしたオアシスの創造」に基づき事業を実施してまいりました。

  第一に、安心と優しさを感じながら暮らせる町として、高齢者の方々が健康で元気で生活できるようふるさと元気村を設置し、健康づくりを推進しました。また、在宅介護支援センターを設置し、運営を行い、介護の充実を図り、ひとり暮らしの生活支援、健康支援を実施するとともに、高齢者対象の基本健康診査、がん検診等の事業を実施しました。さらに、これからの社会を担う子供たちが健やかに育つ環境づくりのため、次世代行動計画の基礎調査を実施しました。

  第2に、安全で水と緑に恵まれたさわやかな町として、複雑かつ多様化する環境問題に対処するため、町自身も1つの企業体として環境マネジメントシステムを構築し、ISO14001認証取得ができました。また、災害に強いまちづくりを進めるための防災行政無線屋外子局の整備を推進しました。

  第3に、個性豊かで魅力ある快適な町として、市街地の発展と安全で快適な環境づくりとして、引き続き東武動物公園駅東口通り線第2期整備事業を推進いたしました。また、(仮称)生涯学習センター進入路としての道路整備を行い、通行の安全を確保いたしました。さらに、道路冠水等を未然に防ぐため、雨水排水施設の整備、維持管理に努めました。

  第4に、力強く、地に根をおろした地域産業を育てる町として、倉松川改修工事に伴い、地域住民が利用する公共施設等アクセス道路として町道?級13号線の道路整備を実施いたしました。さらに、農業の環境改善や農地の高度利用のための農道整備や排水路整備を実施いたしました。

  第5に、きめ細やかで生きがいの持てる心豊かな町として、人間形成が最も大切な時期である就学前の教育の充実を図るため、幼保一元化に向けた(仮称)モデル幼児園設計及び建設予定地の一部購入をしました。また、町内各小中学校で子供たちの個性を伸ばし、豊かな心をはぐくみ、生きる力を育てるための特色ある学校づくり事業を推進しました。さらに、平成16年開催予定の彩の国まごころ国体に向けた(仮称)杉戸町国体記念運動広場等整備を実施いたしました。

  第6に、夢と希望を持ち、みんなが参加できる町として、住民の皆様とともにまちづくりを進めるため、各種事業の計画策定などに当たっては、さまざまな機会をとらえ、ご意見等をいただきながら進めてまいりました。また、国際交流をさらに推進するため、姉妹都市バッセルトン訪問団ブラスバンドを受け入れし、町内グループと合同演奏を披露するなど、音楽を通じ共通理解と交流が図られました。

  第7に、クリーンで効率的な行政を進める町として、1市3町による法定協議会の設置により合併に向けた検討協議を推進しました。また、深輪産業団地地区センター内に地域住民サービスを提供するための町民サービスコーナーの設置、さらには地方公共団体相互のコミュニケーションの円滑化、情報化、高度利用化を図るため、総合行政ネットワークシステムへの参加や情報セキュリティポリシーを策定し、行政の情報化を図りました。

  これらによりまして決算の状況は、歳入総額126億4,420万5,103円、歳出総額120億5,404万6,336円となりました。歳入歳出差引額は5億9,015万8,767円で、繰越明許費9,572万9,000円を含んだ額であります。

  議案第37号は、平成16年度杉戸町一般会計補正予算(第2号)であります。今回の補正は、町民生活に直結した緊急かつ不可欠な経費の追加措置を行うものであります。主な内容は、歳入につきましては、県支出金及び繰越金、町債等の追加並びに地方交付税や国庫支出金などの減額であります。歳出につきましては、執行差金の減額及びNPO法人に対する子育て交流支援事業補助金、学童保育所の臨時保育士賃金、河原橋改修費負担金、(仮称)モデル幼児園整備に関する用地取得費などを追加するものであります。補正額は、歳入歳出それぞれ7,977万4,000円を追加し、補正後の総額を130億600万円とするものであります。

  議案第38号は、杉戸町国民健康保険税条例の一部を改正する条例であります。地方税法の一部を改正する法律が平成16年4月1日から施行されたことに伴い、長期譲渡所得にかかわる特別控除が廃止されることにより改正の必要が生じたので、この条例を提案するものであります。

  議案第39号は、平成15年度杉戸町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。歳入では、国民健康保険税が調定額の減少などにより、前年度より1.5%の減額となったものの、国庫支出金及び療養給付費等交付金などが増額となったため、全体で9.2%増になりました。歳出では、老人保健拠出金が前年度より6.5%の減額となったものの、保険給付費が11カ月予算から12カ月予算となったことから、21.7%の増額となったため、全体では13.3%の増となりました。決算の状況は、歳入総額が34億5,845万635円、歳出総額が31億7,506万5,252円となり、歳入歳出の差引額が2億8,338万5,383円であります。

  議案第40号は、平成15年度杉戸町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。老人保健法に基づく老人医療給付費事業は、法改正に伴い、対象者の年齢が75歳に引き上げられたことから、老人医療費受給資格者が前年と比較して減少しています。また、医療給付額においても若干減少しています。本年度の受給者数は3,906人となり、総人口を占める割合は8.23%となっております。医療費総額は24億1,470万6,000円で、前年度比0.5%の減となっております。決算の状況は、歳入総額26億3,965万3,269円、歳出総額25億3,123万10円となり、歳入歳出差引額は1億842万3,259円であります。

  議案第41号は、平成16年度杉戸町老人保健特別会計補正予算(第1号)であります。歳入につきましては、繰越金の追加補正であります。歳出につきましては、償還金及び繰出金の追加補正であります。したがいまして、今回の補正額は歳入歳出それぞれ9,206万4,000円であり、補正後の総額は25億2,684万9,000円であります。

  議案第42号は、平成15年度杉戸町水道事業会計決算の認定についてであります。平成15年度の事業概要につきましては、給水人口4万7,427人、給水戸数1万6,393戸、年間総配水量604万4,731立方メートル、有収率90.32%となっております。また、県水受水量は395万6,003立方メートルで、年間総配水量の65.45%を占める割合となっております。経営状況につきましては、収益的収支のうち収入額は9億3,635万2,576円、支出額は8億7,573万8,156円です。差し引き6,061万4,420円の純利益を生じる結果となっております。これらにつきましては、減債積立金に304万円を積み立てた後、利益積立金に3,757万4,420円、建設改良積立金に2,000万円積み立てるものであります。また、資本的収支のうち収入額は7,593万1,636円、支出額は3億2,249万2,967円で、不足する額2億4,656万1,331円につきましては過年度分損益勘定留保資金、当年度分損益勘定留保資金及び消費税資本的収支調整額で補てんするものであります。

  議案第43号は、平成15年度杉戸町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。平成15年度の杉戸町公共下水道事業は、市街地への5ヘクタールを新たに面整備し、前年度までの区域と合わせて約372.6ヘクタールが下水道使用可能区域となりました。また、豊岡地区特定環境公共下水道事業につきましては約2.7ヘクタールを整備し、8年度末から一部供用開始となり、町全体の普及率は62.4%、普及人口2万9,602人となりました。決算の状況は、歳入総額10億6,662万3,526円、歳出総額10億5,539万4,584円であります。

  議案第44号は、平成16年度杉戸町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)であります。今回の補正は、消費税確定申告に伴います還付金、また決算確定に伴います繰越金の補正、そして事業執行上、緊急かつやむを得ない経費の追加及び減額措置を行うものであります。主な内容は、歳入につきましては、公共下水道事業特別会計平成15年度決算確定に伴います繰越金、消費税確定申告に伴います消費税還付金の追加補正及び繰入金の減額補正であります。歳出につきましては、公共下水道事業特別会計平成15年度決算確定に伴います一般会計繰出金、下水道施設維持のための維持管理費の追加補正及び公債費の減額補正であります。したがいまして、補正額は歳入歳出それぞれ減額の1,783万1,000円であります。

  議案第45号は、平成15年度杉戸町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についてであります。要介護認定者数は839人と対前年度比149人の増となり、歳出の約93%を占める保険給付費は10億3,323万61円と対前年度比14.4%の増加となりました。介護保険事業の決算の状況につきましては、歳入総額11億4,050万5,561円、歳出総額は11億940万8,793円となり、歳入歳出差引額は3,109万6,768円であります。

  議案第46号は、平成16年度杉戸町介護保険特別会計補正予算(第1号)であります。今回の補正は、平成15年度介護給付費及び総務費が確定したことにより、国庫負担金、支払基金交付金、県負担金、一般会計繰入金を精算し、追加交付または返還するものであります。主な内容は、歳入につきましては、国庫負担金、支払基金交付金、県負担金、一般会計繰入金及び繰越金の追加であります。歳出につきましては、準備基金積立金、償還金及び繰出金の追加であります。補正額は、歳入歳出それぞれ4,110万円であり、補正後の総額は112億3,869万6,000円であります。

  以上で提出いたしました議案の提案理由の説明を終わります。なお、詳細につきましては、別途担当より説明申し上げますので、ご審議の上、ご議決賜りますようお願い申し上げます。



○新井敏議長 以上で町長の提出議案の提案理由説明は終わりました。



              ◇             





△議案第31号〜議案第34号の説明



○新井敏議長 続いて、町長提出議案の補足説明をお願いいたします。

  初めに、議案第31号から議案第34号について、助役より補足説明を求めます。

  助役。

    〔布藤純一郎助役登壇〕



◎布藤純一郎助役 それでは、私より人事案件につきまして補足説明を申し上げます。

  初めに、議案第31号 杉戸町公平委員会委員の選任について補足説明を申し上げます。現在杉戸町公平委員会委員であります折原利夫氏が平成16年9月30日をもって任期満了となるため、後任として舟越芳朗氏を選任いたしたく、ご提案するものでございます。

  それでは、舟越氏の略歴についてご説明申し上げます。お手元の略歴書をごらんいただきたいと存じます。住所、杉戸町大字鷲巣642番地4、氏名、舟越芳朗、生年月日、昭和17年11月10日、現在61歳でございます。舟越氏は、昭和38年3月、埼玉県立春日部高等学校を卒業後、同年4月、八木アンテナ株式会社大宮工場に入社、昭和41年3月、同社を退職後舟越製作所を創立、昭和52年10月からは株式会社舟越製作所を設立し、代表取締役に就任され、現在に至っております。その後、同会社を経営する傍ら、平成10年7月から1年間杉戸ロータリークラブの会長を務められ、さらに本年4月からはわかば保育園の理事にも就任されております。

  舟越氏におかれましては、人格も高潔であり、地方自治の本旨及び民主的で能率的な事務の処理に理解があり、かつ人事関係につきましても代表取締役の経験と実績がありますので、適任者と考え、選任いたしたく、ご同意賜りますようお願い申し上げます。

  次に、議案第32号 杉戸町固定資産評価審査委員会委員の選任について補足説明を申し上げます。現在杉戸町固定資産評価審査委員会委員であります荻野照雄氏が平成16年9月18日をもって任期満了となるため、再任をお願いいたしたく、ご提案するものでございます。

  それでは、荻野氏の略歴についてご説明申し上げます。お手元の略歴書をごらんいただきたいと存じます。住所、杉戸町大字佐左ヱ門216番地、氏名、荻野照雄、生年月日、昭和15年5月6日、現在64歳でございます。荻野氏は、昭和34年3月、埼玉県立杉戸農業高等学校を卒業された後、家業の農業を営みながら、昭和51年1月からは大栄設備株式会社に勤務し、その間昭和48年12月、宅地建物取引主任者試験に合格するなど大変な努力家でございます。また、平成6年4月、杉戸町農業振興審議会委員、同年5月、埼玉みずほ農業協同組合の理事を歴任され、平成10年9月からは杉戸町固定資産評価審査委員会委員となり現在に至っております。

  荻野氏におかれましては、人柄も温厚で人格高潔、さらに税務行政に対する識見も高く、広く社会の実情に通じた方でございますので、適任者と考え、再任をお願いいたしたく、ご同意賜りますようお願い申し上げます。

  次に、議案第33号 杉戸町固定資産評価審査委員会委員の選任について補足説明を申し上げます。現在杉戸町固定資産評価審査委員会委員であります小林實氏が平成16年9月21日をもって任期満了となるため、後任として田口實氏を選任いたしたく、ご提案するものでございます。

  それでは、田口氏の略歴についてご説明申し上げます。お手元の略歴書をごらんいただきたいと存じます。住所、杉戸町大字佐左ヱ門1353番地、氏名、田口實、生年月日、昭和16年12月29日、現在62歳でございます。田口氏は、昭和34年3月、現在埼玉県鶴ケ島市にございます埼玉県農業大学校の前身である埼玉県立農業経営伝習場を卒業後、昭和35年7月、杉戸町田宮農業協同組合に就職、昭和46年4月、杉戸町農業協同組合提郷支所長、平成2年4月、同組合参事、平成5年4月からは埼玉みずほ農業協同組合参事となり、平成13年8月、同組合の常勤監事に就任されて現在に至っております。この間、平成6年1月、杉戸町特別職報酬等審議会委員、平成10年4月からは杉戸町施設管理公社の理事として現在もご尽力をされております。

  田口氏におかれましては、人格、識見も高く、広く社会の実情に精通された方でございますので、適任者と考え、選任いたしたく、ご同意賜りますようお願い申し上げます。

  次に、議案第34号は杉戸町教育委員会委員の任命についてであります。現在杉戸町教育委員会委員であります内田弘之氏が平成16年9月30日をもって任期満了となるため、再任をお願いいたしたく、ご提案するものでございます。

  地方教育行政の組織及び運営に関する法律の第4条には、委員は当該地方公共団体の長の被選挙権を有する者で、人格が高潔で教育、学術及び文化に関し識見を有する者のうちから地方公共団体の長が議会の同意を得て任命すると定められているところでございます。

  それでは、任命いたします内田氏の略歴について主なものをご説明申し上げます。お手元の略歴書をごらんいただきたいと存じます。住所、杉戸町杉戸3丁目5番20号、氏名、内田弘之、生年月日、昭和11年3月14日、現在68歳でございます。内田氏は、昭和34年3月に青山学院大学文学部を卒業いたしまして、同年4月から埼玉県立行田女子高等学校の教諭となったのを振り出しに、県立高等学校各校の教諭として25年間、そして県立大宮光陵高等学校長及び県立春日部女子高等学校長として5年間の通算30年の長きにわたり高等学校教育発展に貢献され、その間埼玉県教育局にも6年間出向かれ、県内教育発展にご尽力をされました。さらに、平成7年4月より平成8年3月まで県立南教育センター所長としてご活躍なされた後、平成8年10月より杉戸町教育委員会委員となり現在に至っております。

  内田氏の人柄につきましては、皆様もご承知のとおりでございます。長い間、教育現場で活躍され、かつ教育行政事務につきましても非常に精通されており、教育委員会委員としての実績もご承知のとおりでございまして、適任者と考えておりますので、再任をお願いいたしたく、よろしくご同意賜りますようお願いを申し上げます。



              ◇             





△議案第35号の説明



○新井敏議長 次に、議案第35号について、合併推進室長より補足説明を求めます。

  合併推進室長。

    〔鈴木光男合併推進室長登壇〕



◎鈴木光男合併推進室長 議案第35号 春日部市・宮代町・杉戸町・庄和町合併協議会の廃止について補足説明を申し上げます。

  1市3町の合併協議につきましては、昨年1月に1市3町の議会において法定合併協議会の設置をご議決いただき、同年4月に合併協議会を立ち上げ、対等、公開、参加を基本姿勢といたしまして約1年半にわたり協議を進めてまいりました。しかし、去る7月11日に実施いたしました1市3町による合併の是非を問う住民投票の結果、宮代町におきまして反対票が賛成票を上回ったことにより、同月13日開催の第17回合併協議会で1市3町による合併の是非が協議され、合併を非とすることが確認されました。さらに、8月23日開催の第18回合併協議会において、1市3町による合併協議会を打ち切り、平成16年9月30日をもって協議会を解散することが承認されたことから、春日部市・宮代町・杉戸町・庄和町合併協議会の廃止について提案するものでございます。



○新井敏議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前10時58分



       再開 午前11時15分





○新井敏議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



              ◇             





△議案第36号の説明



○新井敏議長 町長提出議案についての補足説明を続けます。

  議案第36号について、収入役より補足説明を求めます。

  収入役。

    〔関口尚夫収入役登壇〕



◎関口尚夫収入役 それでは、議案第36号 平成15年度杉戸町一般会計歳入歳出決算の認定について補足説明を申し上げます。

  初めに、決算の概要について申し上げます。まず、歳入でございますが、予算現額124億7,101万円、前年度に比べまして2億7,387万5,000円、2.1%の減となります。調定額では131億6,021万5,000円、前年度に比べまして3億4,240万9,000円、2.5%の減となります。歳入総額は126億4,420万5,000円、前年度に比べまして3億3,106万6,000円、2.6%の減となりました。不納欠損額は2,574万4,000円であります。収入未済額では4億9,026万6,000円となります。町税では、収入済額49億701万1,000円、前年度と比較いたしますと2億3,292万円、4.5%の減となります。長引く景気低迷等の影響によりまして、各税とも大幅な減となっております。また、地方譲与税については自動車重量譲与税の譲与割合の変更により増額となっております。利子割交付金につきましては、前年度に引き続き大きく落ち込んでおります。地方消費税交付金、自動車取得税交付金等につきましては、税率の特例措置により増額となっております。また、地方交付税につきましては国の交付税改革等によりまして、前年度より3億5,835万7,000円、13.7%の大幅な減となっております。また、分担金及び負担金では幸手市からのごみの受け入れに伴う負担金の増等であります。国庫支出金につきましては、知的障害者施設措置費負担金の交付等によりまして大幅にふえております。また、県支出金については彩の国緊急対策事業補助金、アグリパーク屋外ステージ設置工事費、昨年あったわけですけれども、それの減によりまして、前年度と比べまして大幅な減となっております。

  歳出につきましては、予算現額124億7,101万円、歳出総額は120億5,446万円、前年度に比較いたしますと2億3,179万3,000円、1.9%の減となっております。予算に対します執行率は96.7%となります。主なものといたしましては、総務費で法定合併協議会負担金あるいはOA推進事業、交通安全対策事業等の整備を図りました。民生費におきましては、心身障害者施設訓練等支援費の支給事業、介護予防、ふるさと元気村の開設事業、ファミリーサポート事業、生きがい対策事業、通所介護施設の開設などを実施してまいりました。衛生費におきましては、病院群輪番制病院運営事業への補助、ISO14001の取得事業、環境センター耐火材補修工事等の整備を行いました。また、農林水産業費においては土地改良の推進といたしまして町道?級13号線の整備、桜井農村センターの解体工事を実施をしております。商工費におきましては、SOHO事業者・起業者等支援センターへの補助などを実施してまいりました。土木費におきましては、木津内地内高規格堤防周辺整備事業、道路改良工事、東武動物公園駅東口通り線整備事業、南側整備事業などを実施してまいりました。消防費では、消防ポンプ自動車の購入、行政防災無線整備事業、耐震性貯水槽設置工事等を行いました。教育費におきましては、教育相談所管理事業、幼児園用地購入費、私立幼稚園建設費補助、西公民館空調改修工事等の整備を図ったところであります。公債費では、長期債償還元金の増加、諸支出金では基金積立金の減などであります。

  歳入歳出差し引き残金は5億9,015万9,000円となります。そのうち繰越明許費繰越額9,572万9,000円を差し引きますと、4億9,443万円が黒字となったわけでありますが、実質的には財政調整基金3億592万1,000円、公共施設整備基金3億円、地域福祉基金431万9,000円を取り崩し、それに地方債12億9,400万円を起こすなど賄いまして、大変引き続き厳しい財政状況が続いております。

  なお、平成15年度末の地方債残高は122億2,551万5,000円、前年度に比べまして1億3,328万1,000円の増となります。やや景気の上向き傾向が見え始めた社会経済状況の中ではありますが、国の構造改革によりまして地方交付税等、大幅な削減などありましたが、平成15年度の事業執行は予算に計上されました財源をより効率的に活用を図り、そしてできる限りの経費の節減に努め、行政改革を推し進め、第四次杉戸町総合振興計画に掲げた7つの基本目標に即した施策を着実に推進してまいりました。

  それでは、内容に入らせていただきます。2ページ、3ページをお開きいただきたいと思います。平成15年度杉戸町一般会計歳入歳出決算書。歳入につきまして、款ごとにその主なものにつきまして収入済額を前年度と比較して申し上げます。なお、予算額、調定額、予算現額と収入済額との比較については省略させていただきます。

  初めに、1款町税でございます。49億710万930円、前年度に比べまして2億3,291万9,675円、4.5%の減となります。不納欠損額では2,520万8,184円、前年度に比較いたしまして442万3,808円、14.9%の減となります。収入未済額では4億6,304万384円、前年度と比較いたしまして980万6,835円、2.1%の減となります。収納率では90.95%で、前年度が91.09でありますので、0.14%の減となります。

  2款地方譲与税では2億294万4,000円、前年度に対しまして1,263万7,000円、6.6%の増となります。

  3款利子割交付金では4,274万5,000円、前年度に比べまして1,871万9,000円、30.5%の減となりました。定期預金等の低利率が続いているための減であります。

  4款地方消費税交付金については3億3,077万7,000円、前年度に比較いたしますと3,874万8,000円、13.3%の増となります。消費の拡大が上向き傾向にあるための増であります。

  5款自動車取得税交付金1億8,740万7,000円、前年度に比べまして3,492万3,000円、22.9%の増となりました。税率の特例措置による増であります。

  6款地方特例交付金2億905万6,000円、やはり前年度と比べまして283万7,000円、1.3%の減となります。

  7款地方交付税では22億6,778万2,000円、前年度と比べまして3億5,835万7,000円、13.7%の大幅な減となりました。国の交付税改革等に伴う減であります。

  8款交通安全対策特別交付金については1,089万4,000円、前年度に比べますと414万4,000円、61.4%の増となっております。

  9款分担金及び負担金では4億3,886万1,541円、前年度に比べまして3,369万4,901円、8.3%の増となります。これは、幸手市からのごみの受け入れに伴う負担金の増が主なものであります。なお、収入未済額は255万2,140円であります。

  次に、4、5ページをお願いいたします。10款使用料及び手数料3億2,708万4,874円、前年度に比べまして516万4,672円、1.6%の減となっております。エコ・スポいずみ等の使用料の減が主なものであります。収入未済額では214万9,055円であります。

  11款国庫支出金では4億3,293万7,425円、前年度に比べまして8,814万8,250円、25.6%の大幅な増となっております。主な要因といたしましては、新たに民生費の知的障害者施設措置費負担金5,332万3,000円の増、街路事業費補助金3,035万円の増、合併準備補助金500万円の増等であります。

  12款県支出金4億6,976万1,451円、前年度に比べまして8,041万3,194円、14.6%の減となっております。合併協議会助成事業費補助金183万1,000円、障害者福祉費補助金710万3,000円、児童福祉費補助金809万円、選挙費委託金3,954万2,000円などの増がありましたが、深輪産業団地地区センター建設事業費負担金1億4,670万円の減、彩の国緊急対策特別事業費補助金2,500万円の減などによる減が主なものであります。

  13款財産収入556万5,553円、前年度に比べまして4,361万9,666円、88.7%の大幅な減となりました。主なものとしては、不動産売払収入の減であります。

  14款寄附金、寄附金はありませんでした。

  15款繰入金7億6,199万5,235円、前年度に比べまして1億2,023万3,120円、13.6%の減となります。主なものといたしましては、基金繰入金の減等であります。

  16款繰越金4億1,986万3,044円、前年度に比べまして3,560万8,453円、9.3%の増となります。

  17款諸収入3億3,543万3,050円、前年度に比べまして933万7,312円、2.7%の減となります。主なものとしては、学校給食費徴収金、中小商工業小口融資補償金等の減であります。なお、不納欠損額は53万5,820円、収入未済額では2,252万4,163円となります。

  次に、6、7ページをお願いいたします。町債12億9,400万円、前年度と比べまして2億9,363万1,000円、29.4%の増となります。主なものといたしましては、南側整備事業債6,100万円、耐震性防火水槽設置事業債1,120万、(仮称)国体記念運動広場整備事業債8,200万、住民税等減税補てん債7,580万円、臨時財政対策債9億9,520万円、都市計画道路事業債3,200万、防災行政無線整備事業債3,680万円等であります。

  以上、歳入合計、予算現額124億7,101万円、調定額131億6,021万4,849円、収入済額126億4,420万5,103円、不納欠損額2,574万4,004円、収入未済額4億9,026万5,742円、予算現額と収入済額との比較では1億7,319万5,103円となります。

  次に、8、9ページをお願いいたします。歳出につきましても款について、その主なものについて申し上げます。なお、予算現額と支出済額との比較については省略をさせていただきます。

  まず、1款議会費では1億4,758万664円、前年度に比べまして575万4,762円、3.8%の減となります。職員手当等の減が主なものであります。不用額350万7,336円については、旅費、交際費、需用費、負担金、補助及び交付金等の残であります。

  2款総務費14億8,947万5,545円、前年度に比べまして303万80円、0.2%の増となります。主なものといたしましては、退職手当組合特別負担金1,529万2,000円の増、法定合併協議会負担金1,875万円の増、衆参統一選挙等の選挙費6,256万1,000円の増、町有財産購入費3,504万4,000円の減、OA推進事業費の3,765万9,000円の減などによるものであります。不用額5,845万1,955円は、報酬、給料、職員手当等需用費、役務費、委託料、負担金、補助及び交付金等の残であります。

  3款民生費20億2,999万1,459円、前年度に比較いたしまして1億8,826万4,403円、10.2%の増となります。主なものといたしましては、心身障害者援護対策費1億4,549万7,000円の措置制度から支援費制度への変更の増、介護予防生きがい対策事業、ふるさと元気村開設793万円の増、ファミリーサポート事業332万4,000円の増、すぎとピアデイサービス開設費143万9,000円の増等によるものであります。不用額6,386万291円につきましては、給料、職員手当等需用費、委託料、負担金、補助及び交付金、扶助費等の残額であります。

  4款衛生費14億2,732万2,047円、前年度に比べまして5,380万7,478円、3.6%の減であります。主なものといたしましては、予防接種委託料516万4,000円、環境センター補修工事費2,800万7,000円の増などありましたが、リサイクルセンター賃借料3,283万2,000円の減、し尿処理負担金5,839万5,000円、幸手市への負担金でございますが、それの減などによりまして減となっております。不用額3,042万953円は、給料、職員手当等需用費、委託料、負担金、補助及び交付金等の残であります。

  5款農林水産業費では4億5,216万3,331円、前年度に比べまして7,181万9,436円、18.9%の増となっております。主な要因といたしましては、排水路整備工事費で1,832万円の減はありましたが、土地改良推進事業、町道?級13号線整備費1億5,024万5,000円、桜井農村センター解体工事468万7,000円の増などによるものであります。また、不用額1,889万2,669円は職員手当等、工事請負費、公有財産購入費、負担金、補助及び交付金等の残であります。

  6款商工費では1億211万6,920円、前年度に比べまして3億1,361万4,016円、75.4%の大幅の減となりましたが、主なものといたしましては地域工業整備事業深輪産業団地地区センター工事費2億9,498万7,000円の減が主なものであります。不用額309万5,080円は、需用費、委託料等の残であります。

  次に、10、11ページをお願いいたします。7款土木費16億1,723万1,662円、前年度に比べまして5,508万2,838円、3.3%の減となります。主な要因といたしましては、木津内地内高規格堤防周辺整備事業2,487万8,000円、南側整備事業1,374万2,000円、寄附採納補助金1,324万5,000円等の増などありましたが、道路改良工事費9,093万7,000円の大幅な減による減であります。なお、繰越明許費繰越額として深輪産業団地周辺整備事業費ほか3件として7,997万9,000円を繰り越しいたしました。不用額6,098万1,763円は、需用費、委託料、工事請負費、公有財産購入費、負担金、補助及び交付金等の残であります。

  8款消防費8億9,120万6,133円、前年度に比較いたしまして4,334万2,681円、5.1%の増となります。主なものといたしましては、昨年は救急自動車購入費4,055万1,000円ありましたが、それの減などありましたが、消防自動車購入費5,155万5,000円、消防団のポンプ車の購入を含むわけですけれども、防災行政無線屋外子局整備費4,956万円の増などとなっております。不用額1,058万8,867円は、職員手当等需用費、役務費、委託料等の残であります。

  9款教育費24億3,719万8,269円、前年度に比べまして1億251万2,919円、4%の減となります。主なものといたしましては、主な要因といたしましては、幼児園用地購入費3,784万5,000円、私立幼稚園建設補助金1,860万、町史編さん業務委託料4,505万4,000円、生涯学習センター建設委託料1,323万円、西公民館空調設備2,688万4,000円の事業費の増などありましたが、第3小体育館改修工事1億2,908万1,000円、(仮称)国体記念運動広場整備事業3,892万1,000円、南テニスコート改修工事費4,283万4,000円が昨年度あったわけですけれども、それの工事費の減などによりまして昨年度に比べ減となっております。なお、繰越明許費繰越額として(仮称)生涯学習センター建設事業費といたしまして1,575万円を繰り越しをいたしました。不用額5,930万6,228円は、給料、職員手当等賃金、報償費、旅費、需用費、役務費、委託料、使用料及び賃借料、工事請負費、備品購入費あるいは負担金、補助及び交付金等の残であります。

  10款公債費14億5,850万1,970円、前年度に比べまして1,920万7,227円、1.3%の増となります。これは、長期債償還元金の増によるものであります。

  11款諸支出金125万8,336円、前年度に比べまして2,668万4,527円、95.5%の大幅な減となりました。公共施設整備基金積立金の減が主なものであります。

  12款予備費はありません。

  以上、歳出合計、予算現額124億7,101万円、支出済額120億5,404万6,336円、翌年度繰越額9,572万9,000円、不用額3億2,123万4,664円、予算現額と支出済額との比較では4億1,696万3,664円となります。

  次に、12、13ページをお願いいたします。歳入歳出差し引き残高5億9,015万8,767円、繰越明許費繰越額9,572万9,000円、実質収支額4億9,442万9,767円、うち基金繰入金2億4,721万4,884円、翌年度繰越額2億4,721万4,883円であります。

  以上、簡単にご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご認定賜りますようお願いいたします。なお、事項別明細書等については会計課長からご説明申し上げますので、よろしくお願いいたします。



○新井敏議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前11時48分



       再開 午後 1時





○新井敏議長 午前中に引き続き会議を開きます。



              ◇             





△発言の一部訂正



○新井敏議長 この際、報告いたします。

  収入役から、議案第36号 平成15年度杉戸町一般会計歳入歳出決算の認定についてに対する補足説明を一部訂正したい旨の申し出がありましたので、これを許可いたします。

  収入役。

    〔関口尚夫収入役登壇〕



◎関口尚夫収入役 先ほど平成15年度一般会計決算の認定につきまして私の方から説明いたしました中について、一部間違いがありましたので、訂正をさせていただきます。

  説明の中の歳出の3款民生費の説明の中で、すぎとピアデイサービス開設費143万9,000円と申し上げましたが、すぎとピアデイサービス整備費、開設ではなくて整備費143万9,000円と訂正させていただきます。よろしくお願いいたします。



              ◇             





△議案第36号の説明(続行)



○新井敏議長 議案第36号の補足説明を続けます。

  会計課長より補足説明を求めます。

  会計課長。

    〔小暮正幸会計課長登壇〕



◎小暮正幸会計課長 それでは、平成15年度杉戸町一般会計歳入歳出決算事項別明細書によりましてご説明申し上げます。決算書の18ページをお願いいたします。歳入につきましては収入済額で、歳出につきましては支出済額で新規の事業、また主なものにつきましてご説明をさせていただきますので、ご了承をお願いいたします。

  まず、歳入でございます。1款町税、1項町民税、個人でございます。収入済額19億8,123万5,276円、前年と比べまして1億3,930万1,717円の減となっております。不納欠損額850万1,064円、これは滞納繰り越し分85人分でございます。

  次に、2目法人、町民税でございます。2億9,315万2,700円、前年と比べまして3,044万5,300円の増でございます。不納欠損額58万9,500円、滞納繰り越し分6人分でございます。

  次に、2項固定資産税、1目固定資産税22億6,845万3,892円、前年と比べまして1億1,585万2,665円の減でございます。不納欠損額1,565万7,620円、109人分でございます。

  次に、2目国有資産等所在市町村交付金でございます。3,594万4,100円、前年に比べまして55万2,900円の増でございます。

  20ページをお願いいたします。3項軽自動車税4,604万400円、前年と比べまして238万2,200円の増でございます。不納欠損額46万円、これは84人分でございます。

  次に、4項町たばこ税2億8,227万4,562円、前年に比べまして116万5,993円の減でございます。

  次に、5項特別土地保有税、これはゼロでございます。これは、税法の改正によりまして15年度より新たな課税は行わなくなったことによるものでございます。

  次に、2款地方譲与税、1項自動車重量譲与税でございます。1億5,108万5,000円、前年に比べまして3,417万2,000円の増でございます。

  次の22ページをお願いいたします。2項地方道路譲与税5,185万9,000円、前年に比べまして2,153万5,000円の減でございます。

  次に、3款利子割交付金でございます。収入済額4,274万5,000円、前年に比べまして1,871万9,000円の減でございます。

  次に、4款地方消費税交付金3億3,077万7,000円、前年に比べまして3,874万8,000円の増でございます。

  次に、5款自動車取得税交付金1億8,740万4,000円、前年に比べまして3,492万3,000円の増でございます。

  24ページをお願いいたします。6款地方特例交付金でございます。収入済額2億905万6,000円、前年に比べまして283万7,000円の減でございます。

  次に、7款地方交付税でございます。22億6,778万2,000円、前年に比べまして3億5,835万7,000円の減となっております。

  次に、8款交通安全対策特別交付金1,089万4,000円、前年に比べまして414万4,000円の増でございます。

  26ページをお願いします。9款分担金及び負担金、1項負担金、1目総務費負担金7万5,100円、前年に比べまして458万3,300円の減、これは合併協議会事務室改修工事費各市町負担金の減によるものでございます。

  2目民生費負担金1億1,409万2,580円、前年に比べまして57万8,340円の増でございます。

  3目衛生費負担金3億2,205万2,000円、前年に比べまして3,585万8,000円の増でございます。主な要因としましては、幸手市からの可燃ごみ受け入れに係る受託費負担金の増によるものでございます。

  4目教育費負担金65万7,894円、大島新田多目的グラウンド維持整備に伴う幸手市からの負担金でございます。

  5目土木費負担金198万3,967円、これは東武動物公園駅東口通り線整備に係る電線共同溝建設負担金でございます。

  次に、10款使用料及び手数料、1項使用料でございます。収入済額2億257万2,534円、前年に比べまして822万5,822円の減でございます。

  28ページをお願いします。増減の主なものとしまして、1目総務使用料、3節庁舎使用料、収入済額203万5,587円、前年に比べまして160万2,517円の増でございます。1市3町合併協議会での事務室使用に伴うものでございます。

  次に、5目商工使用料301万8,430円、前年に比べまして237万7,530円の増、地区センター使用料でございます。

  次に、6目土木使用料、1節住宅使用料2,157万3,850円、前年に比べまして175万1,850円の減でございます。

  30ページをお願いいたします。8目教育使用料、1節幼稚園使用料7,390万6,700円、前年に比べまして710万7,300円の減、次に3節保健体育施設使用料4,339万6,460円、前年に比べまして152万670円の減であります。

  次に、2項手数料でございます。収入済額1億2,451万2,340円、前年に比べまして306万1,150円の増でございます。主な要因としましては、次のページでございます。32ページ、3目衛生手数料、2節清掃手数料、収入済額1億183万440円、前年に比べまして475万3,130円の増、じんかい処理手数料の増によるものでございます。

  次に、11款国庫支出金でございます。1項国庫負担金、収入済額3億1,044万1,223円、前年に比べまして7,622万4,842円の増でございます。これは、1目民生費国庫負担金、1節の障害者福祉費負担金5,266万9,592円の増と3節児童福祉費負担金990万7,880円の増、それと次のページをお願いします。5節の国民健康保険基盤安定負担金1,200万4,927円の増などによるものでございます。

  次に、2項国庫補助金でございます。収入済額1億489万8,000円、前年に比べまして1,489万4,000円の増でございます。主には、合併準備補助金及び街路事業費補助金の増によるものでございます。

  1目総務費国庫補助金500万円、市町村合併準備に係る補助金でございます。

  36ページをお願いいたします。5目土木費国庫補助金のうち2節都市計画費補助金5,500万円、前年に比べまして3,035万円の増でございます。東武動物公園駅東口通り線整備に係る補助金でございます。

  6目教育費国庫補助金、1節小学校費補助金532万7,436円、前年に比べまして2,847万790円の減でございます。これは、公立学校施設整備費補助金の減によるものでございます。

  次の7目消防費国庫補助金1,131万2,000円、泉出張所及び第1、第5分団に配備しております消防ポンプ自動車の更新に伴う補助金でございます。

  次に、3項委託金でございます。収入済額1,759万8,202円、前年に比べまして297万592円の減でございます。主な要因は、2目民生費委託金、2節国民年金費委託金の減によるものでございます。

  38ページをお願いいたします。12款県支出金、1項県負担金でございます。収入済額1億2,721万430円、前年に比べまして1億847万4,504円の減でございます。主な要因としましては、深輪産業団地地区センター建設に係る県負担金1億4,670万円が減となったためでございます。

  次に、2項県補助金でございます。収入済額2億3,692万7,574円、前年に比べまして754万7,998円の減でございます。

  40ページをお願いいたします。1目総務費県補助金、3節合併推進費補助金183万1,000円、合併協議会への助成事業に対する補助金でございます。

  42ページをお願いいたします。4目農林水産業費県補助金734万8,772円、2,940万8,365円の減でございます。これは、14年度に実施しましたアグリパーク屋外ステージ屋根の設置工事に伴う補助金の減によるものでございます。

  次に、5目商工費県補助金、備考欄、埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金432万円、商店等IT相談支援業務に対する補助金でございます。

  6目土木費県補助金、1節下水道費補助金345万円、同じく埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金でございます。南側散策道美化清掃に係る補助金でございます。

  次に、7目教育費県補助金、1節小学校費補助金、備考欄中の同じく埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金420万円、それと次のページ、お願いします。2節の中学校費補助金、同じく備考欄中、埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金206万100円、3節の幼稚園補助金、同じく埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金130万2,000円、それぞれ小中学校並びに幼稚園における樹木管理に係る補助金でございます。次に、4節社会教育費補助金、備考欄中、同じく埼玉県緊急雇用創出基金市町村事業費補助金374万3,000円、緊急発掘調査事業に係る補助金でございます。次に、5節保健体育費補助金2,400万円、国体記念運動広場等整備事業に伴うものでございます。

  次に、8目消防費県補助金、2節消防施設等整備費補助金293万6,000円、大字目沼、本島地区に設置いたしました耐震性防火水槽に伴うものでございます。

  次に、3項委託金でございます。収入済額1億562万3,447円、前年に比べまして3,560万9,308円の増でございます。主には、選挙費委託金の増によるものでございます。

  次のページをお願いいたします。13款財産収入556万5,553円、前年に比べまして4,361万9,666円の減でございます。これは、不動産売払収入4,427万3,792円の減によるものでございます。

  48ページをお願いいたします。15款繰入金、1項基金繰入金、1目財政調整基金繰入金3億592万1,000円、15年度の一般財源を補てんするため基金を取り崩し、繰り入れたものでございます。

  2目公共施設整備基金繰入金3億円、平成15年度の公共施設整備費用に充てるため基金を取り崩し、繰り入れたものでございます。

  3目地域福祉基金繰入金431万8,794円、ふるさと元気村設置事業等に充てたものでございます。

  56ページをお願いいたします。諸収入のうちの雑入でございます。備考欄の方をごらんいただきたいと思います。中ほどでございます。土木費雑入のうち、履行遅滞に伴う損害金75万3,257円、これは道路改良工事において年度内の履行ができなくなったことによる損害金でございます。

  次のページをお願いいたします。4目の過年度収入、3節児童福祉費負担金過年度収入、不納欠損額25万7,580円、これは2名分でございます。次の4節幼稚園使用料過年度収入、不納欠損額3万2,000円、4名分でございます。少し飛びまして、10節の汚水使用料過年度収入、不納欠損額24万6,240円、9名分でございます。いずれも消滅時効により処分したものでございます。

  5目埼玉県市町村振興協会市町村交付金451万1,000円、日本宝くじ協会からの交付金でございます。

  次に、18款町債12億9,400万円、南側整備事業債を初めとするものでございます。

  次のページをお願いいたします。以上、歳入合計といたしまして収入済額126億4,420万5,103円、前年対比2.6%の減でございます。また、調定額に対する収入割合96.08%でございます。

  次のページをお願いいたします。歳出でございます。1款議会費、支出済額1億4,758万664円でございます。内容としては、本会議運営また委員会運営等に要した費用でございます。

  少し飛びまして、70ページをお願いいたします。2款総務費、1項総務管理費、2目文書費でございます。備考欄をごらんいただきたいと思います。下から2行目でございます。弁護士報酬388万5,000円でございます。土地明け渡し請求事件のほか2件の費用でございます。

  次のページをお願いいたします。3目広報費、同じく備考欄でございます。1、広報関係事務、13、委託料のうちの町勢要覧作成委託料231万円、14、15年度2カ年事業として進めておりましたが、本年3月に作成終了いたしました。

  77ページをお願いいたします。6目財産管理費、同じく備考欄でございます。上から11行目、役場第2庁舎外壁改修工事設計業務委託料29万4,000円、次の役場第2庁舎外壁改修工事監理業務委託料18万9,000円、15、工事請負費の442万500円、いずれも役場第2庁舎外壁改修に要した費用でございます。

  81ページをお願いいたします。7目企画費、備考欄でございます。19、負担金、補助及び交付金のうちの法定合併協議会負担金1,875万円、1市3町合併協議会への負担金でございます。次の2、国際交流推進事業344万617円、バッセルトンからの訪問団受け入れに係る費用を含んだものでございます。

  83ページをお願いいたします。8目の情報管理費でございます。備考欄の中ほど、13、委託料中の情報セキュリティポリシー策定委託料472万5,000円、これは町が保有する情報の機密性を保持するとともに、安定的かつ正確な情報の提供を行っていくために策定したものでございます。次の総合行政ネットワーク保守委託料137万6,676円、14年度に構築いたしましたネットワークシステムの運用に要した費用でございます。

  少し飛びまして、100ページをお願いいたします。100ページの下の方でございます。4項選挙費9,173万9,393円、前年度に比べ大幅な増となっております。例年になく多くの選挙が執行され、埼玉県議会議員一般選挙を初めとする各選挙に要した費用でございます。

  121ページをお願いいたします。3款民生費、1項社会福祉費、2目心身障害者福祉費、備考欄の上から4行目でございます。知的障害者施設訓練等支援費1億791万8,400円、15年度から権限移譲により実施してきたものでございます。

  125ページをお願いいたします。3目の老人福祉費でございます。備考欄の上から12行目でございます。ふるさと元気村管理委託料40万1,802円、工事請負費220万5,242円、18の備品購入費572万4,684円、いずれもふるさと元気村設置及び運営管理に要した費用でございます。

  次のページをお願いいたします。同じく備考欄でございます。上から7行目、8、在宅介護支援センター運営事業1,015万5,366円、昨年7月1日にオープンいたしましたすぎとピア在宅介護支援センター、これの運営費及び既存の東埼玉総合病院内の東埼玉在宅介護支援センターへの運営委託費等の費用でございます。

  135ページをお願いいたします。2項児童福祉費、1目児童福祉総務費、備考欄中ほど、5、ファミリーサポート事業332万3,957円、地域の子育てを支援するため福祉課内にファミリーサポートセンターを開設し、15年10月より援助活動を行ってまいりました。

  141ページをお願いいたします。4目保育園費でございます。備考欄の中ほど、13、委託料中、保育園運営委託料(高野台こどもの家保育園)3,286万9,000円、当該保育園の認可に伴い、新たに運営委託を行ったものでございます。

  次のページをお願いいたします。下の方でございます。5目学童保育所費2,139万5,257円、15年度より開設いたしました南学童保育所の運営管理費をも含むものでございます。

  148ページ、お願いいたします。5項の災害救助費でございます。20節扶助費20万円、火災による災害見舞金4件分でございます。

  153ページをお願いいたします。4款の衛生費、1項保健費、2目予防費でございます。備考欄をお願いいたしたいと思います。上から5行目、3種混合予防接種委託料1,653万2,970円、15年度より対象年齢を以前6カ月だったものを3カ月時に引き下げました。乳幼児期の病気予防を図ってまいったものでございます。

  157ページをお願いいたします。3目保健センター費でございます。備考欄、下から11行目でございます。13、委託料のうち健康日本21すぎと計画業務委託料256万2,000円、14年度より策定を進めてまいりましたが、3月に策定が終了いたしました。

  163ページをお願いいたします。2項の衛生費、3目公害対策費でございます。備考欄の中ほど、13、委託料、ISO14001認証取得支援業務委託料でございます。430万5,000円、役場庁舎を対象に町が行う環境保全のための施策、また日常業務における環境配慮をより一層推進するため認証を取得いたしました。

  次のページをお願いいたします。3項の清掃費、2目じんかい処理費、備考欄でございます。中ほど、13、委託料のうちの一般廃棄物処理基本計画策定業務委託料238万3,500円、廃棄物を取り巻く諸情勢の変化や新たな課題に対応するため、資源循環型及び水環境を保全するまちづくりを基本方針とした基本計画を策定いたしました。

  次のページをお願いいたします。同じく備考欄でございます。13、委託料中の白色トレイ処理業務委託料151万4,625円、ごみの資源化を促進するために新たに分別収集処理を行ったものでございます。

  171ページをお願いいたします。3目環境センター費でございます。備考欄の1行目、幸手市可燃ごみ処理事務委託経費負担金前年度返還金1,779万2,146円、14年度に納付された受託費負担金が処理実績により返還となったものでございます。

  少し飛びまして、181ページをお願いいたします。5款農林水産業費、1項農業費、5目農地費でございます。備考欄の上から6行目、2、土地改良推進事業、15、工事請負費1億5,209万2,500円、町道?級13号線及び関連する道路の新設改良工事でございます。

  次のページをお願いいたします。6目農村センター費でございます。15節の工事請負費584万2,200円、桜井農村センターの解体撤去に要した費用でございます。

  次のページをお願いいたします。7目農業公園費、備考欄の15、工事請負費中、避雷針設置工事費453万6,000円、来園者及び施設設備を落雷による被害から防ぎ、安全を確保するため設置したものでございます。次の17、公有財産購入費、農業公園用地の購入費でございます。1,829万6,770円、土地開発公社からの用地取得でございます。

  次のページをお願いいたします。6項商工費、1項商工費、1目商工総務費でございます。備考欄、上から5行目、13節委託料、商店等IT相談支援業務委託料432万円、商工会に業務委託したもので県の補助事業によるものでございます。

  次に、2目商工振興費、備考欄中ほど、2、商工会助成事業、SOHO事業者・起業者等活動支援センター運営業務委託料230万円、支援センター事業運営費として商工会に補助したものでございます。次の人材バンクシステム構築事業補助金40万円、商工会との共同でシステムの構築を図ったものでございます。

  次のページをお願いいたします。3目工業団地整備費、備考欄の2行目でございます。工場等誘致奨励金446万6,400円、町内への進出企業3件分でございます。

  196ページをお願いいたします。7款の土木費でございます。2項道路橋梁費、2目道路維持費でございます。備考欄をごらんいただきたいと思います。工事請負費の中、舗装補修工事費5,671万6,207円、これは舗装打ちかえ工事4路線、舗装修繕1路線のほか町内全域の維持補修にかかった費用でございます。次の側溝整備工事費3,217万7,250円、清地3丁目及び大字下高野目沼地内でございます。同じく備考欄の2、雨水対策整備事業、15、工事請負費のうち豊岡地区雨水排除施設整備工事費1,960万7,700円、大字宮前地内緑ケ丘団地ほか8カ所でございます。次の市街地雨水排除施設整備工事費272万6,640円、大字下野地内町道890号線ほかでございます。

  次のページ、お願いいたします。199ページでございます。3目道路新設改良費でございます。備考欄の下の方でございます。2、道路改良事業の15、工事請負費1億3,045万3,050円、町道268号線及び?級1号線道路改良工事ほか4路線でございます。同じく備考欄、17、公有財産購入費917万8,549円、町道257号線ほか道路用地購入費でございます。

  次のページをお願いいたします。同じく備考欄でございます。3、深輪産業団地周辺道路整備事業4,076万3,210円、町道?級18号線改良工事に係る費用でございます。次の4、本郷工業専用地域整備事業4,289万2,198円、町道1198号線の拡幅改良に伴います用地購入並びに物件移転補償費等でございます。次の5、木津内地区高規格堤防周辺整備事業2,487万7,650円、国土交通省と共同で進めております防災拠点整備に伴う進入路の整備を行ったものでございます。

  次に、4目の橋梁新設改良費、19節負担金、補助及び交付金2,694万9,000円、埼玉県の施行による倉松川改修に伴う九右衛門橋及び金附田橋の橋梁かけかえ工事の負担金でございます。

  203ページをお願いいたします。3項の住宅費、1目住宅管理費でございます。備考欄、15、工事請負費、下高野町営住宅外壁改修工事費1,106万4,900円、施設の良好な維持保全に努めるため実施したものでございます。

  次のページをお願いいたします。4項の都市計画費、都市計画総務費でございます。備考欄の中ほどでございます。13、委託料中、市街化区域編入業務委託料533万4,000円、深輪産業団地を市街化区域編入に向けての資料作成と準備作業を委託したものでございます。

  207ページをお願いいたします。3目の街路費でございます。支出済額1億5,022万8,965円、14年度からの繰越明許分1,234万91円を含むものでございます。備考欄をごらんいただきたいと思います。3、東武動物公園駅東口通り線整備事業の13、委託料、測量調査設計業務委託料133万3,500円、家屋事前調査業務委託ほかでございます。

  次のページ、お願いいたします。209ページでございます。同じく備考欄1行目でございます。電線引き込み管路設備委託料188万8,406円、電線共同溝引き込み管路の設備工事委託でございます。15、工事請負費1億1,106万9,000円、東武動物公園駅東口通り線第2期整備工事でございます。次の17、公有財産購入費290万3,953円、第2期整備に係る道路用地の購入費、平成14年度からの繰越明許によるものでございます。次の22、補償、補てん及び賠償金3,258万1,793円、支障物件等の移転、移設補償費でございます。うち繰越明許分が934万1,638円でございます。

  次に、4目下水道費でございます。備考欄の下から2行目でございます。南側設計調査業務委託料234万1,500円、家屋の事前調査業務及び実施設計に要した費用でございます。

  次の工事請負費、次のページをお願いいたします。211ページの備考欄2行目でございます。南側整備工事費8,610万円、大字堤根地内、延長233.8メートルを整備したものでございます。

  次のページ、お願いいたします。失礼しました。223ページをお願いいたします。8款の消防費、1項消防費、1目常備消防費でございます。備考欄の1行目、消防ポンプ車購入費1,963万5,000円、泉出張所の消防ポンプ車が老朽化したために更新したものでございます。

  225ページをお願いいたします。2目非常備消防費、備考欄の上から5行目でございます。18、備品購入費の消防ポンプ車購入費3,192万円、第1、第5分団に配備しております消防ポンプ車が老朽化したために更新したものでございます。

  次に、3目の消防施設整備費、備考欄中、13、委託料178万5,000円、15、工事請負費のうち耐震性貯水槽設置工事費1,798万6,500円、いずれも大字本島地内及び目沼地内に設置した耐震性防火水槽に係る費用でございます。

  227ページをお願いいたします。4目防災費、備考欄中、15、工事請負費の中、防災無線屋外子局整備工事費4,956万円、3カ年計画の1年目で24基を整備したものでございます。

  230ページをお願いいたします。教育費でございます。事務局費、備考欄をごらんいただきたいと思います。下から7行目でございます。図書ボランティア謝礼181万5,000円、15年度より新規事業として実施したものであります。小中学校に各1名を配置したものでございます。

  243ページをお願いいたします。2項の小学校費の学校管理費でございます。備考欄の6、校舎付属施設等整備事業、13、委託料中、泉小学校教室棟内部改修工事監理業務委託料149万1,000円、その3行下に同じく泉小の引っ越し業務委託料48万2,535円、次の14、使用料及び賃借料10万1,430円、次の15、工事請負費中の同じく泉小学校教室棟内部改修工事費4,304万2,650円、いずれも西側教室棟の内部改修工事に係る費用でございます。

  253ページをお願いいたします。3項の中学校費でございます。1目学校管理費、備考欄の上から6行目でございます。工事請負費、杉戸中学校管理教室棟給水管改修工事費907万5,150円、給水管の老朽化に伴う改修でございます。

  259ページをお願いいたします。4項の幼稚園費、1項幼稚園管理費でございます。備考欄のうちの7、幼保一元化推進事業、19、負担金、補助及び交付金、私立幼稚園建設費助成補助金1,860万円、杉戸白百合幼稚園への建設費等の一部助成金でございます。次の8、幼児園整備事業、13、委託料1,242万7,464円、モデル幼児園の設計業務に要した費用でございます。

  次のページをお願いいたします。同じく備考欄の上から7行目でございます。17、公有財産購入費3,784万6,455円、モデル幼児園予定地として主に土地開発公社より取得したものでございます。

  271ページをお願いいたします。備考欄の5行目でございます。(仮称)生涯学習センター整備に係るPFI事業アドバイザリー業務委託料1,323万円、14年度の繰越明許分630万円を含むものでございます。

  273ページをお願いいたします。2目の公民館費でございます。備考欄、13、委託料中、西公民館空調設備改修工事監理業務委託料115万5,000円、中ほどの15、工事請負費、西公民館空調設備改修工事費2,688万4,200円、老朽化による全面的な改修に要した費用でございます。

  285ページをお願いいたします。保健体育費、2目の社会体育施設費でございます。備考欄1行目、4、国体記念運動広場等整備事業2億5,105万2,619円、継続費の逓次繰り越し分7,209万6,350円を含むものでございます。

  287ページをお願いいたします。備考欄の中ほどでございます。18、備品購入費、厨房機器購入費3,977万4,804円、13年度の建設に伴い整備いたしました厨房機器購入費の割賦金でございます。

  次のページをお願いいたします。公債費でございます。1目元金11億6,071万8,769円、2目利子2億9,776万3,721円、財務省を初め各金融機関等への償還金でございます。

  次に、11款諸支出金でございます。1項財政調整基金積立金64万2,322円、財政調整基金の預金利子分を積み立てたものでございます。

  次に、2項公共施設整備基金積立金61万6,014円、同じく預金利子分を積み立てたものでございます。

  次のページでございます。以上、歳出合計でございます。支出済額120億5,404万6,336円、執行割合96.7%でございます。

  292ページ、実質収支に関する調書でございます。午前中、収入役より説明済みでございますので、省略させていただきます。

  294ページをお願いいたします。財産に関する調書でございます。移動のあったもののみ説明させていただきます。1、公有財産、(1)、土地及び建物、公共用財産のうちの学校でございます。土地で2,354平方メートルの増でございます。これは、杉戸第2小学校敷地内に公簿上で残っておりました国有の導水路、これを町名義に登記したことによるものでございます。その6行下、農村センター、土地823.6平方メートルの減でございます。元桜井農村センター敷地を普通財産へ移行したものでございます。その2行下でございます。公園及び遊園地、102平方メートルの増、ポケットパーク用地として取得したものでございます。

  次のページをお願いいたします。中ほど、(仮称)モデル幼児園用地2,139平方メートルの増、土地開発公社から取得した分でございます。

  次に、普通財産でございます。普通財産の4番目、元桜井農村センター823.6平方メートルの増、これは公共用財産より移行したものでございます。同じく元桜井農村センターの建物の方でございます。木造延べ面積が285.45平方メートルの減、これは解体撤去によるものでございます。

  以上、合計でございます。土地が年度中増減で4,595平方メートルの増、決算年度末99万6,948.75平方メートル、木造延べ面積285.45平方メートルの減、決算年度末5,536.08平方メートル、非木造延べ面積はございません。合計は、木造延べ合計で285.45平方メートルの減、決算年度末10万7,892.26平方メートルでございます。

  次のページをお願いいたします。出資による権利でございます。合計で申し述べます。前年度末現在高8,428万8,000円、決算年度中増減高1万円、決算年度末現在高8,429万8,000円でございます。

  次のページをお願いいたします。物品でございます。これも同じく合計で申し上げます。306ページをお願いします。前年度末現在高532件、決算年度中増減高3件増、決算年度末現在高535件でございます。

  次のページをお願いいたします。基金でございます。まず、土地開発基金、合計で申し上げます。前年度末現在高1億7,000万円、決算年度中増減高、増で4,335万4,000円、減で同額でございます。決算年度末1億7,000万円でございます。

  財政調整基金、前年度末現在高10億3,288万5,000円、決算年度中増加分2億7,021万2,000円、減額分3億592万1,000円、決算年度末9億9,717万6,000円でございます。

  次に、公共施設整備基金でございます。現金11億7,851万4,000円、決算年度中増減高、増加分61万6,000円、減額分3億円でございます。決算年度末8億7,913万円でございます。

  次に、309ページの入学準備金貸付金でございます。現金307万1,000円、増減、増で269万8,000円、減で110万円、決算年度末現在高466万9,000円、貸付金でございます。前年度末592万9,000円、決算年度増110万円、減269万8,000円、決算年度末433万1,000円でございます。合計で前年度末900万円、増減ゼロ、年度末900万円でございます。

  次に、地域福祉基金、現金でございます。前年度末現在高2億5,059万9,000円、決算年度中増減高431万9,000円の減、決算年度末現在高2億4,628万円でございます。

  次の310ページから313ページ、土地開発基金事項別明細書につきましては省略させていただきます。

  以上、大変簡単ではございましたが、事項別明細書の説明を終わらせていただきます。よろしくご審議の上、ご認定賜りますようお願い申し上げます。



              ◇             





△議案第37号の説明



○新井敏議長 次に、議案第37号について、財政課長より補足説明を求めます。

  財政課長。

    〔島村福二財政課長登壇〕



◎島村福二財政課長 それでは、議案第37号 平成16年度杉戸町一般会計補正予算(第2号)につきまして補足説明を申し上げます。

  今回の補正は、町民生活に直結した緊急かつ不可欠な経費について補正するものでございます。また、歳入につきましては平成16年度の普通交付税の額の確定及び平成15年度の決算に伴います繰越金、特別会計からの繰入金などについて補正するものでございます。

  それでは、補正予算書1ページをごらんいただきたいと思います。平成16年度杉戸町一般会計補正予算(第2号)、補正予算につきましては歳入歳出それぞれ7,977万4,000円を追加いたしまして、130億600万円とするものでございます。また、第2条に掲げるとおり、地方債の補正につきましては変更するものでございます。

  2ページ、3ページをごらんいただきたいと思います。第1表、歳入歳出予算補正でございます。まず、歳入でございますが、8款の地方特例交付金から20款の町債までごらんのとおり補正しまして、補正額7,977万4,000円を補正いたしまして、補正後の額を130億600万円とするものでございます。

  次に、3ページ、歳出でございます。2款総務費から12款の予備費までごらんのような補正を行いまして、補正額7,977万4,000円、補正後130億600万円とするものでございます。

  次に、4ページ、5ページをお開き願いたいと思います。第2表、地方債の補正でございます。変更でございます。まず、住民税等減税補てん債、限度額8,700万円を限度額8,230万円に、臨時財政対策債を7億1,000万円を7億1,640万円にそれぞれ変更するものでございます。起債の方法、利率、償還の方法につきましては変更ございません。

  次に、9ページをお開き願いたいと思います。歳入歳出予算補正事項別明細書でございます。1の総括でございますが、歳入、10ページの歳出につきましては説明を省略させていただきます。

  12ページ、13ページをお開き願いたいと思います。歳入でございます。主なものにつきまして説明をさせていただきます。まず、地方交付税でございますが、8,282万1,000円の減でございます。これは、平成16年度普通交付税の確定に伴います減額でございます。

  次に、教育費県補助金でございます。1,254万6,000円、これは社会教育費補助金1,254万6,000円を補正するもので、9月に行われますソフトテニス国体につきましての運営補助金の交付金でございます。グラウンド・ゴルフの補助金575万4,000円、それからソフトテニスにつきましては679万2,000円でございます。

  次に、利子及び配当金でございますが、144万円でございます。これは、有限会社アグリパークゆめゆぎとに出資しておりますことから、15年度決算に伴います配当金でございます。

  次に、財政調整基金繰入金でございます。8,055万3,000円の減額でございます。

  次に、公共下水道事業特別会計繰入金、介護保険特別会計繰入金、老人保健特別会計繰入金、それぞれ平成15年度決算によります、確定によります繰入金でございます。

  次に、繰越金でございます。1億7,721万4,000円でございます。15年度決算によりまして、繰越金の追加を行うものでございます。

  次に、14ページ、15ページをお開き願いたいと思います。雑入904万5,000円でございます。幸手市に委託しているし尿処理について、平成15年度決算によります額が確定したことに伴う精算金でございます。

  次に、住民税等減税補てん債470万円の減、それから臨時財政対策債640万円の増につきましては、平成16年度につきましてそれぞれ変更するものでございます。

  次に、16ページをお開き願いたいと思います。3の歳出でございます。歳出につきましても、主なものにつきまして説明をさせていただきます。行政区運営事業の委託料345万2,000円につきましては、町内巡回バス2台運行しておりますが、この契約額の確定による減額でございます。

  次に、18ページ、19ページをお開き願いたいと思います。保育園教務の中の19、負担金、補助及び交付金でございますが、192万8,000円の補正でございます。これは、埼玉県の子供の生きる力を地域ではぐくむ補助事業によるもので、杉戸子育て支援協議会を通じましてNPO法人が実施する各種の子育て交流支援事業に対する補助をするものでございます。

  次に、学童保育所運営管理でございます。賃金204万1,000円でございますが、これは臨時保育士の賃金を追加するもので、県放課後児童クラブ運営基準が示されたことに伴いまして、この基準に沿った指導員を配置するため中央、泉、杉戸内田、西学童、各1人の臨時保育士を増員するものでございます。

  次に、衛生庶務でございます。19、負担金、補助及び交付金120万円の補正でございますが、これは現在組合の構成団体となっております岩槻市がさいたま市との合併を予定しているため、組合からの脱退をするための精算金の調査を行うための経費の負担金を計上するものでございます。

  次に、環境センター運営管理事業でございます。工事請負費499万8,000円につきましては、1号炉の補修の工事費を計上するものでございます。23、償還金、利子及び割引料の1,609万3,000円につきましては、幸手市可燃ごみ処理事業委託経費の負担金の返還金を平成15年度決算により計上するものでございます。

  20ページ、21ページをごらんいただきたいと思います。道路維持事業、工事請負費1,000万円の増でございますが、町道の通行の安全性、快適性を確保するため、町道の補修工事を行っておりますが、この補修工事について追加するものでございます。

  次の橋梁維持事業、19の負担金、補助及び交付金でございます。770万円の補正でございますが、杉戸4丁目にかかっております大落古利根川の河原橋につきまして調査の結果、補修工事が必要となったために、宮代町との負担によりまして工事を施工するため2分の1の負担金を計上するものでございます。

  次に、杉戸幸手栗橋線整備事業、19、負担金、補助及び交付金112万5,000円でございますが、これにつきましては国の事業として行っております圏央道整備事業が幸手市内において事業化されることに伴いまして、このアクセス道路となります幸手都市計画道路、杉戸幸手栗橋線の用地測量費の負担金を計上するものでございます。測量業務につきましては幸手市が行い、延長案分によりましてその費用を負担するものでございます。

  次に、下水道特別会計繰出金2,910万円の減額でございますが、公債費の減額による特別会計への繰出金の減額でございます。

  次に、22、23ページをお開き願いたいと思います。消防水利施設維持管理事業でございます。17、公有財産購入費504万4,000円につきましては、堤根地内の2カ所におきまして民有地に防火水槽が設置されております。このため、その用地及び防火水槽を購入するものの費用を計上するものでございます。

  防災活動事業、工事請負費240万円の減額でございますが、防災行政無線屋外子局整備工事の工事費の確定によります減額でございます。次の19、負担金、補助及び交付金250万6,000円の減額につきましては、県防災行政無線周波数移行整備事業の事業見送りによります負担金を減額するものでございます。

  次に、教員住宅維持管理事業でございます。工事請負費424万7,000円でございますが、補正予算に計上し調査を実施しておりましたが、清地教員住宅の解体工事について、おおむねその費用が確定してまいりましたので、工事費の不足分を補正するものでございます。

  24、25ページをお開き願いたいと思います。校舎付属施設等の整備事業、工事請負費240万1,000円につきましては、杉戸中学校の第2校舎の教室の入り口引き戸の補修工事費を補正するものでございます。

  次に、(仮称)幼児園整備事業、17、公有財産購入費5,015万6,000円につきましては、平成19年4月開園を目指し事業を進めております(仮称)モデル幼児園の用地3,750平方メートルの用地費について、所有者との内諾が得られましたので、補正予算を計上するものでございます。

  次の社会体育庶務でございます。19、負担金、補助及び交付金253万3,000円につきましては、9月に行われます少年少女ソフトテニス会場のふれあいテント2カ所、292席の仮設スタンドの設置費用につきまして、県補助事業によります補助金を追加するものでございます。

  以上、簡単に説明を終わりますが、ご審議の上、ご議決賜りますようよろしくお願いを申し上げます。



              ◇             





△延会について



○新井敏議長 お諮りいたします。

  本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

    〔「異議なし」と言う人あり〕



○新井敏議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本日の会議はこの程度にとどめ、延会することに決定いたしました。



              ◇             





△次会日程の報告



○新井敏議長 明9月2日は、午前10時から本会議を開きます。



              ◇             





△延会の宣告



○新井敏議長 本日はこれをもって延会いたします。

  ご苦労さまでした。

       延会 午後 2時15分