議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 杉戸町

平成26年  9月 定例会(第3回) 09月03日−一般質問−04号




平成26年  9月 定例会(第3回) − 09月03日−一般質問−04号







平成26年  9月 定例会(第3回)





            平成26年第3回杉戸町議会定例会 第7日

平成26年9月3日(水曜日)
 議 事 日 程 (第4号)

 1、開  議
 1、諸般の報告
 1、一般質問
     1番  平 川 忠 良 議 員
    12番  宮 田 利 雄 議 員
    11番  稲 葉 光 男 議 員
     7番  坪 田 光 治 議 員
    13番  須 田 恒 男 議 員
 1、次会日程の報告
 1、延  会

午前10時00分開議
 出席議員(15名)
     1番   平  川  忠  良  議員       2番   伊  藤  美 佐 子  議員
     3番   大  橋  芳  久  議員       4番   窪  田  裕  之  議員
     5番   都  築  能  男  議員       6番   勝  岡  敏  至  議員
     7番   坪  田  光  治  議員       8番   ?  田  章  一  議員
     9番   石  川  敏  子  議員      10番   上  原  幸  雄  議員
    11番   稲  葉  光  男  議員      12番   宮  田  利  雄  議員
    13番   須  田  恒  男  議員      14番   森  山  哲  夫  議員
    15番   阿  部  啓  子  議員

 欠席議員(なし)
                                                   
 説明のための出席者
    古  谷  松  雄   町   長        島  田     厚   副 町 長

    野  口  俊  彦   秘 書 広報        門  脇  利  夫   政 策 財政
                 課   長                     課   長

    白  石  敏  明   財 産 管理        野  口  浩  之   総 務 課長
                 課   長

    島  村     薫   人権・男女        荻  原  勝  典   住 民 参加
                 共 同 参画                     推 進 課長
                 推 進 室長

    間  中  重  光   町 民 課長        新  井  恒  雄   税 務 課長

    千  把  幸  夫   福 祉 課長        知  久  伸  二   子 育 て
                                           支 援 課長

    武  井  喜 代 美   高 齢 介護        大  島  康  夫   健 康 支援
                 課   長                     課   長

    武  井  義  和   環 境 課長        勅使川原  将  吾   都 市 施設
                                           整 備 課長
                                           ( 兼 )
                                           産 業 団地
                                           拡 張 推進
                                           室   長

    山  ?  利  昭   上 下 水道        池  川  幸  一   建 築 課長
                 課   長

    鈴  木     聡   産 業 課長        輪  島  正  視   教 育 長
                 ( 兼 )
                 農業委員会
                 事 務 局長

    古  谷  恒  夫   教 育 次長        麻  生  雅  彦   学 校 教育
                 ( 兼 )                     課   長
                 教 育 総務
                 課   長

    田  原  和  明   社 会 教育        川  島  美 喜 雄   会計管理者
                 課   長                     ( 兼 )
                 ( 兼 )                     会 計 課長
                 町史編さん
                 室   長

    岡  田  孝  行   選 挙 管理
                 委 員 会
                 書 記 長
                 ( 兼 )
                 公平委員会
                 事務局長・
                 監 査 委員
                 事務局長・
                 固 定 資産
                 評 価 審査
                 委員会書記
                                                   
 事務局職員出席者
    染  谷  康  宏   事 務 局長        安  藤  秀  夫   事務局次長
    小  澤  哲  也   書   記        栗  原  明  子   書   記







△開議の宣告                               (午前10時00分)



○?田章一議長 これより本日の会議を開きます。

 

                          ◇                        

 



△諸般の報告



○?田章一議長 日程第1、諸般の報告をいたします。

  当局から議案第39号 平成25年度杉戸町一般会計歳入歳出決算の認定についての議案資料に一部誤りがあり、正誤表が送付されてまいりましたので、本日お手元に配付しておきました。お手数ながら各自ご訂正くださるようお願いいたします。

  以上で諸般の報告を終わります。

 

                          ◇                        





△一般質問



○?田章一議長 日程第2、きのうに引き続いて町政に対する一般質問を行います。

  1番、平川忠良議員。

       〔1番平川忠良議員登壇〕



◆1番(平川忠良議員) おはようございます。1番議員の平川忠良でございます。ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、通告書に従い、質問いたします。

  初めに、質問事項1、発達障がい児、障がい者の支援についてであります。町内全小中学校に特別支援学級が設置され、4月に全校訪問させていただきました。埼玉県では、専門的な知識を持つ人材の育成、親への支援、診療、療育体制の強化、就労の支援を推進しています。そこで、お伺いいたします。

  (1)、杉戸町における発達支援マネジャー、発達支援サポーターの研修受講状況は。

  (2)、小学校における幼保から小学校へ支援をつなぐ特別支援教育研修の実施状況は。

  (3)、親への具体的な支援策は。

  (4)、就労支援について町の対応策は。

  (5)、埼玉県では、本年6月1日から、発達障がい者の就労について相談から職場定着までカバーする支援拠点を川口市と草加市に開設いたしました。当町の取り組み状況を明らかにしてください。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔千把幸夫福祉課長登壇〕



◎千把幸夫福祉課長 おはようございます。お答えいたします。質問事項1の質問要旨(1)、(3)、(4)及び(5)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  まず、質問要旨(1)についてでございます。平成23年度から開始されました発達支援マネジャー、発達支援サポーターにつきましては、それぞれ埼玉県が実施いたします所定の研修を修了する必要があります。発達支援マネジャーにつきましては、発達障がいの知識を有し、支援の中心となる人物を育成するもので、具体的には早期から発達障がいに関する各種相談への対応、支援施策の企画立案等を行います。研修は5日間の日程で行われ、福祉課、健康支援課、保育園、幼稚園に職員の参加を依頼しております。当町における受講者済み者数は、平成25年度末現在5名でございます。

  発達支援サポーターにつきましては、発達障がいの知識を有し、早期の気づきができる人材を育成するもので、具体的には発達障がい児等に早期に気づき、特性に応じた保育、支援の実施、保護者への育児支援、行政機関との情報共有及び医療福祉サービスの利用支援、小学校との連携、サポート手帳の活用、施設における他の職員への助言、指導等を行います。研修は3日間の日程で行われ、保育園、幼稚園、子育て支援センターに職員の参加を依頼しております。当町における受講済み者数は、平成25年度末現在19名でございます。

  次に、質問要旨(3)についてでございます。埼玉県では、発達が気になる親または発達障がい児の親に対する支援として幾つかの事業を展開しております。まず、子どもの発達支援巡回事業ですが、平成23年度より実施しているものでございます。この事業は、専門知識を有する者が保育所、幼稚園等を巡回し、発達障がいが疑われる子どもの対応について助言、支援を行うものでございます。また、必要に応じて親への育児相談、支援を行うものでございます。

  次に、親のストレスを解消する子育て応援講座の実施でございます。育児のコツを学び、親のストレスを緩和することを狙いとするものでございます。

  次に、ペアレントメンターによる相談の実施でございます。発達障がいの子どもを持つ親がみずからの子育ての経験を生かし、相談、助言するものでございます。

  次に、質問要旨(4)についてでございます。町では、平成20年5月に「自分らしい働く生活を送るために」をキャッチフレーズに、杉戸町障がい者就労支援センターを設置いたしました。当センターは、発達障がいを含む障がい者及びその家族並びに事業主に対し、就労及び雇用に関する相談、能力評価、訓練、職場実習、就職、定着などをワンストップで支援する町独自の取り組みによるものでございます。また、平成25年度には役場敷地内に事務所を移転し、利便性の向上を図るとともに事業体制の充実を図り、よりきめ細かな支援体制に整備したところでございます。当センターの特徴といたしましては、個々の障がいの特性を踏まえつつ、面接や作業を通じて何が得意で何が不得意であるかなど、客観的に利用者の職業能力を評価いたします。また、本人の適性を加味し、よりよい就職につながるよう、職場で必要とされるコミュニケーション能力やビジネスマナーの習得を目指します。さらに、就職先の紹介と調整のほか、ハローワーク等へも同行いたします。一方、企業、事業主に対しましては、障がいに対する正しい理解や受け入れ態勢を整えていただけるようアナウンスいたします。就職後につきましてもセンター職員が定期的に職場訪問を行い、本人と企業の双方をフォローしながら障がい者の職場定着を図ります。ほかにも仕事以外の時間をうまく使えるよう、余暇活動や仲間づくりをサポートするワークコミュニケーションズなどを行っております。このように当センターの活用により、障がい者はみずからの能力を発揮し、働くことの喜び、生きがいの感じることができるとともに、社会参加が促進されると考えております。平成25年度の新規就業者数は25名でございましたが、町といたしましても一人でも多くの障がい者が就労できるよう努めてまいる所存でございます。

  最後に、質問要旨(5)についてでございます。ことしの6月1日、埼玉県は発達障がい者の就労を支援する拠点として、発達障がい者就労支援センターを川口市と草加市に開設したところでございます。当町におきましては、発達障がいを含む障がい者に対しまして、先ほど答弁いたしました障がい者就労支援センターにおいて、就労についての相談、就職支援等を各障がいにおける特性に対応しながら、適切な支援を実施しているところでございます。しかしながら、発達障がい者の中には、特定の分野に高い知識や能力がありながら、社会性が十分に備わっていないため、就労が難しいという方もおられます。発達障がい者就労支援センターにつきましては、このような発達障がい者に特化し、一般就労を目指す支援を行うことから、現在注目されているものでございます。町といたしましては、まだ新しい施設でございますので、周知に努めるとともに、発達障がい者就労支援センターと連携しながら発達障がい者の就労を推進してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 続いて、答弁願います。

  学校教育課長。

       〔麻生雅彦学校教育課長登壇〕



◎麻生雅彦学校教育課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  小学校における幼保から小学校へ支援をつなぐ特別支援教育研修の実施状況についてでございますが、この研修会は平成25年度から小学校教員向けに埼玉県福祉部福祉政策課が実施している研修会でございます。杉戸町立小学校の教員は、平成25年度においては、管理職対象の小学校長等管理職研修に5名、特別支援教育コーディネーター対象の発達支援コーディネート研修に2名、通常学級担任対象の発達支援基礎研修に4名の教員が参加いたしました。また、今年度は小学校長等管理職研修に4名、発達支援コーディネート研修に2名、発達支援基礎研修に5名の教員が参加しております。この研修会は、幼稚園、保育園や関係機関との連携により、継続的な支援を行うことができる人材を育成するとともに、学校全体での支援体制づくりの推進を目指して実施しているものでございます。

  また、杉戸町独自では、毎年夏季休業中に特別支援教育推進研修会を実施しております。今年度の研修会は、埼玉県教育局特別支援教育課の特別支援教育担当の指導主事を指導者として招聘し、幼稚園と小中学校の教員を対象に7月29日に実施いたしました。幼稚園教諭14名、小中学校教諭11名が参加しました。この研修会の目的は、各幼稚園、小中学校の特別支援教育充実のため、特別支援教育コーディネーターを中心に特別支援教育についての研修を行うことですが、今回は各学校区を中心とした縦割りのグループでの話し合いを行い、各幼稚園、小中学校の支援の仕方や支援体制のあり方、また支援の必要な園児、児童生徒についての情報交換を行うなどの研修を実施しました。また、8月4日には、保護者への支援も含めて、今後の児童生徒の就学相談に生かすため、杉戸町障がい児就学支援委員会専門部会研修会として、療育の専門職である臨床心理士を指導者として招聘し、発達検査の実施方法や検査結果の読み取りの仕方等についての実践的な研修を実施しました。今後もこのような研修会を継続して計画的に実施し、特別支援教育の充実や特別支援教育における幼稚園、小学校、中学校の連携の強化を図ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、再質問したいと思います。

  最初に、質問要旨(1)につきまして、発達支援マネジャーは5人、発達支援サポーターは19人と今回答弁ありましたが、その内訳についてお示ししていただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔千把幸夫福祉課長登壇〕



◎千把幸夫福祉課長 お答えいたします。

  発達支援マネジャー5人の内訳につきましては、子育て支援センター2人、保育園1人、高齢介護課1人、福祉課1人となっております。

  発達支援サポーター19人の内訳につきましては、私立保育園1人、私立幼稚園1人、幼稚園11人、保育園3人、子育て支援センター3人となっております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 今福祉課長から答弁あったのですけれども、発達支援マネジャーにつきましては、発達障がいの知識を有し、支援の中心者となる人材育成を県が5日間行った研修でございます。先ほど答弁あった中に、当町では5名中、幼稚園に実際いらっしゃらないとのことなのですが、当町では支援の中心者となる発達支援マネジャーは幼稚園に置かないのかどうか、そのお考えをお示ししていただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  学校教育課長。

       〔麻生雅彦学校教育課長登壇〕



◎麻生雅彦学校教育課長 お答えいたします。

  幼稚園の管理職につきましては、先ほど答弁ありましたように、発達支援マネジャーの研修会には昨年度、今年度と園長先生は参加しておりませんが、先ほど(2)の答弁でさせていただいたように、町独自としての研修会等には参加していただいております。決して発達支援の専門的な知識を有する管理職の育成をしていないということではないのですが、そういう研修会に参加していただきながら、また同じく県の福祉部福祉政策課で行っている研修会に発達障がい児支援のための園長等管理職研修という保育園、幼稚園の園長を対象に行う研修がございます。今年度は9月11日に実施されるのですが、それについては参加予定の園長先生はおります。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問要旨3についてお伺いをしたいと思います。

  先ほど福祉課長のほうから答弁があったのですけれども、実際に子どもの発達支援巡回事業、また子育て応援講座の実施、またペアレントメンターによる相談の実施とございますが、この実施状況をお示ししていただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔千把幸夫福祉課長登壇〕



◎千把幸夫福祉課長 お答えいたします。

  実施状況というところでございますが、全て県による実施状況でございますので、町といたしましては周知を図るだけで、実際の参加人数等は把握しておりません。申しわけございませんが、以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問要旨4についてお伺いしたいと思います。

  杉戸町の障がい者就労支援センターが町役場敷地内に事務所を移転したということで、以前よりはやはり進み状況はよくなった、職員も1名ふやしたということでよくなったと思います。それで、実際に発達障がい者の新規就労者の状況はどうなのかお伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔千把幸夫福祉課長登壇〕



◎千把幸夫福祉課長 お答えいたします。

  平成25年度の新規就業者数25名のうちには、残念ながらおりません。今年度につきましては、現在2名の方が新しく就労しておるところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 実際に今言った就労支援センターにおける就労先をお示ししていただきたいのと、先ほど発達障がい者については平成26年度は2名いたということで、その2名の方の就労先を教えていただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔千把幸夫福祉課長登壇〕



◎千把幸夫福祉課長 お答えいたします。

  重立った就職先でございますが、職種でご紹介いたしますと、倉庫の入出庫などの物流関係、また清掃業務、調理の補助などの食品関係への就職が多くなっておるところでございます。また、今年度就職いたしました2名の発達障がい者の方につきましては、こちら物流関係のほうに就職してございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問要旨5についてお伺いをしたいと思います。

  今回埼玉県の川口市と草加市のほうに発達障がい者の就労支援センターができたということで、まだ日が間もないのですけれども、オープン前には担当者が町のほうに説明に来ていると思います。それ以降に実際相談がありましてそちらを紹介したとか、そういうお話があればお聞きしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔千把幸夫福祉課長登壇〕



◎千把幸夫福祉課長 お答えいたします。

  発達障がい者就労支援センターへの紹介の関係でございますが、まだ杉戸町には該当されるような方がおりませんでしたので、そちらのほうへの紹介等はまだ行っていないところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、次の質問事項に行きたいと思います。

  質問事項2、杉戸宿開宿400周年に向けた取り組みはでございます。

  (1)、杉戸宿めぐりの進捗状況は。

  (2)、杉戸宿ガイドマップの活用効果は。

  (3)、8月3日に大落古利根川ポケットパーク開所式がありました。杉戸宿めぐりのコースに取り入れるなどの考えは。

  (4)、杉戸宿開宿400周年に向けた今後の取り組みは。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  質問事項2、質問要旨(1)から(4)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)、杉戸宿めぐりの進捗状況についてでございますが、杉戸宿めぐりは本年4月に発足した杉戸宿案内人の会により実施されており、新聞やテレビを初め、多くのメディアにも取り上げられているところであります。現在杉戸宿案内人の会は、町観光協会より認定された杉戸宿観光案内ボランティアガイドの方10人により活動しております。杉戸宿めぐりは、4月から7月までの間に、公募による参加で4回、研修会を兼ねた団体参加で2回の計6回開催されており、延べ122人の参加がございました。今後の杉戸宿めぐりの予定につきましては、杉戸宿案内人の会では春と秋の季候のよい時期を中心に月2回程度の実施を継続していきたいとしており、現在参加者を募集している9月実施予定の2回分につきましては、8月20日現在で既に延べ40人の参加希望者の受け付けをしているとの状況でございます。

  次に、質問要旨(2)、杉戸宿ガイドマップの活用効果についてでありますが、本年4月から配布を始めた杉戸宿まちあるきマップである「日光街道宿場めぐり杉戸宿」については、当初4万部を作成し、役場や公共施設を初め、県庁や東武動物公園駅など東武線沿線の駅、町内の各商店の店先などでも配布しており、既に3万部程度が配布されている状況であります。その効果につきましては、休日などを中心に地図を片手に町歩きをしている方が見受けられることや、商店の方から町歩きの人が寄ってくれたなどの声を聞くようになってきていることから、徐々にではありますが、配布効果が出てきているものと考えております。また、杉戸宿めぐりの参加者へのアンケートの結果でも、杉戸宿まちあるきマップに対し高い評価をいただいており、今後秋を迎え、町歩きに適した季節を迎えることから、さらに配布効果もあらわれてくるものと考えております。

  次に、質問要旨(3)、大落古利根川ポケットパークを杉戸宿めぐりのコースに取り入れられないかとのことですが、杉戸宿案内人の会の活動内容には、杉戸宿めぐりなどのガイドのほかに、案内人のレベルアップを図るための勉強会や研修会も実施しており、会員の増員も計画していることから、徐々に案内できる範囲を広げ、案内するコースもふやしていきたいと考えているところであります。大落古利根川沿道は、まちあるきマップでの推奨コースになっており、また川のまるごと再生事業での周遊コースにもなっていることから、町の観光スポットの一つとして活用していきたいと考えております。

  次に、質問要旨(4)、杉戸宿開宿400周年に向けた今後の取り組みについてでありますが、杉戸宿の歴史や文化、観光を活用し、開宿400周年に向けた取り組みについて検討し、意見をいただくため、広報での公募などによる20人程度の参加者により、杉戸宿魅力再発見ワークショップを7月より開催しております。また、杉戸宿開宿400周年を契機に、杉戸宿ブランドを活用した施策展開を進めるため、観光協会内に町や商工会、商工団体、有識者などから成る(仮称)杉戸宿魅力再発見協議会を設置したいと考えております。この協議会において、開宿400周年に向けて、杉戸宿の魅力の再発掘や記念事業イベントの内容、さらに新たな観光資源の開発や活用を検討し、町の活性化につなげていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、再質問したいと思います。

  先ほど約6回の開催がありまして、122人の方が参加をされたということですけれども、町内と町外の人数はどうなっているのかお伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  参加者122人の町内外の内訳でございますけれども、先ほど申し上げましたとおり6回の開催で122名の方にご参加いただいております。そのうち80名の方が町外から、42名の方が杉戸町内からの参加者となっておりまして、約65%が町外からの参加者となっております。特に新聞等で取り上げていただいたこともございましたので、町外の参加者が多くなっていると考えているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 私は、第2回目のときに参加をしましたが、ボランティアのガイドさんが手づくりで行った先の写真などをもとにして説明をしておりました。今後町歩きのためのガイドブックの作成をする考えはあるのかどうかお伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  まず、第2回目の町歩きご参加いただきましてまことにありがとうございます。

  ガイドブックを作成する予定はというようなご質問でございます。私も案内人の方々がご自分たちで収集した写真や資料等を参加者に見せながらご案内しているところを拝見しております。そのような写真などが掲載されたガイドブックがあれば、より効果的であると考えております。そのようなことから、現在まちあるきマップ2のほうには掲載し切れなかった写真や情報を盛り込みました杉戸宿まちあるきブックを作成中でございます。現在作成中でございますが、年内に完成できるように現在作業を進めておりますので、完成のときには町歩きの際に活用するとともに、広くPRをしていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問します。

  第2回目のときに参加した中でちょっと思ったのですけれども、トイレ休憩と、あと休憩と合わせて、最後の宝性院というところで1カ所だけ休憩がございました。約2時間のコースで一番最後だけの休憩というのはちょっと非常に厳しいかなと思いまして、トイレを含めたコースの途中の休憩所を持つとか、そういう見直しは考えているのかどうかお伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  トイレを含めた休憩場所が必要ではないかというようなご質問かと思います。先ほど申し上げましたとおり、参加した方々にアンケート調査をさせていただいております。そのアンケート調査の中でも、やはり途中でトイレ休憩ができる場所、休憩場所があったほうがいいようなご意見もいただいております。さらに、案内人の方からも休憩場所が何カ所かあればありがたいというようなお声もいただいているところでございます。町歩きを行うに当たりましては、以前よりトイレ等の問題、休憩場所の問題ご指摘をいただいておりまして、これは大きな課題であると認識しているところでございます。しかしながら、トイレ単体での設置というのは非常に課題が多いということで、今後研究していく必要があると思いますが、さらにさまざまなコースを今度広げていったりする中で、公共施設等活用するなりしていければと考えております。さらには、以前より提案をいただいておりますトイレシェアリングなどについてもさらに検討を進め、トイレを含めた休憩場所が設置できるかどうか検討、研究を進めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) では、質問要旨(2)についてお伺いをしたいと思います。

  杉戸宿のガイドマップにつきましては、3万部を配られたということなのですけれども、小中学校へも配布をしていますが、その活用方法はどういうふうにされているのかお伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  学校教育課長。

       〔麻生雅彦学校教育課長登壇〕



◎麻生雅彦学校教育課長 お答えいたします。

  学校での杉戸宿ガイドマップの活用状況についてということでございますが、今年度4月に町内の小学校5、6年生の児童及び中学校の全学年の生徒に杉戸宿ガイドマップを配布させていただきました。活用状況につきましては、小学校では社会科の時間に杉戸宿の歴史や鎌倉街道についての学習等で活用をさせていただいております。また、大好き杉戸町町探検という単元で、杉戸宿のガイドマップを使って町めぐりを行ったという学校もございます。中学校では、総合的な学習の時間に郷土について調べ学習をしている生徒が活用したり、社会科の時間にガイドマップを使って五街道についての授業を行った学校もございます。また、町内の教職員にも配布させていただきましたが、夏休みに今年度杉戸町の小中学校に新たに着任した教員を対象に実施した研修会である杉戸町めぐりでもガイドマップのほうを活用いたしました。今後とも学校、学年の実態に合わせて杉戸宿ガイドマップの活用がさらに進むように努めてまいりたいと思います。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問要旨(4)について再質問したいと思います。

  先ほど課長のほうから、杉戸宿開宿400周年へ向けて(仮称)杉戸宿魅力再発見協議会を設置したいということで答弁いただきました。この設置時期や協議会の目指す目的があればお示ししていただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  (仮称)杉戸宿魅力再発見協議会、その設置時期と目指す目的ということでございますけれども、設置時期に関しましてはできれば本年中には設立をできればというふうに考えております。内容といたしまして現在考えているところといたしましては、杉戸宿を観光資源として活用するための施策として、杉戸宿に残っています歴史的な遺構ですとか古民家の活用、また案内板などの環境整備、またさらに新たな杉戸宿グルメの開発、あと実際400周年の記念事業に向けた取り組みなど、専門家の方等によりましてさまざまなご意見をいただきたいというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) では、最後に副町長にお聞きしたいと思います。

  杉戸宿開宿400周年ということで2年後に迫っております。日光街道サミット等も行われておりますが、やはり杉戸宿開宿400周年というのは非常に町としても活性化につながる大きなことだと私は感じております。そこで、お伺いしたいのですけれども、杉戸宿開宿400周年へ向けて町の構想、目指すところがあればぜひお聞かせいただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  副町長。

       〔島田 厚副町長登壇〕



◎島田厚副町長 お答えいたします。

  杉戸宿の最大の魅力は、江戸時代の五街道の一つ、日光街道の宿場町であったことだと思います。いろいろな街道がある中で、こう位置づけられるだけでもまさに財産、貴重な資産だと思います。そして、当時のにぎやかな往来や人々の活気を想像するだけでロマンをかき立てられます。一方で、確かに往時をしのばせるものは数少なくなりましたが、春日部方面から一直線に延びる通りはここに街道があったことを教えてくれます。また、今も残る本陣跡や蔵造りの旧家、神社やお寺は街道の生き証人でもあります。杉戸宿400周年に向けては、こうした魅力や歴史資産を大切にし、どう生かしていくのかが問われていると、そのように思います。まずは多くの方々に来ていただき、興味を持ち、安心して歩いていただくための環境整備が必要です。既に町でも取り組んでいるところでもありますが、周遊ルートの設定を行うほか、先ほど議員のご指摘にもありましたようにガイドブックの作成、トイレや休憩場所の確保など、こうしたものは最低限取り組まなければいけないと、そのように感じております。

  次に、魅力の再発見といいますか、発掘や創出を行う、こういったことも必要だと思います。ジオラマで杉戸宿の町並みを再現するのも一つの手法だと思いますし、古民家を改修してカフェにするなど、こうしたものに有識者やNPOなどの専門家の協力を得ながらできたらいいなと、こうしたアイデアは膨らみます。そして、何より大切なのは、町ぐるみで杉戸宿400周年に向かうムーブメントをつくっていくということが必要だと思います。既に杉戸宿案内人の方々にはボランティアで杉戸宿の魅力を語っていただいておりますが、杉戸のことを愛し、そしてまた歴史に詳しい方々はまだまだいらっしゃると思います。こうした方々にまた杉戸宿案内人に加わっていただきたいとも思いますし、町民の方々が参加しやすい場をつくっていくということも必要だと思います。さらに、町歩きの方々をお迎えするに当たっては、商店や商店会の方々にもぜひともご協力していただき、おもてなしの心を発揮していただきたいと、そのように考えています。

  先ほど産業課長がお答えしましたように、今後この取り組みを推進するに当たっては、(仮称)杉戸宿魅力再発見協議会が果たす役割は大きいところだと思います。そしてまた、今申し上げましたような多くの方々の知恵と力がムーブメントとなり、観光だけでなく町おこしにもつながる、町が元気になるという、先ほど議員がおっしゃられていましたように活性化につながると、そういう夢を持って取り組んでいきたいと、そのように思います。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問事項3に行きたいと思います。

  地区防災計画策定の取り組みについてでございます。平成25年6月に災害対策基本法が改正され、市町村の一定の地区内の居住者及び事業者、地区居住者等による自発的な防災活動に関する地区防災計画制度が創設され、平成26年4月に施行されました。それに伴い、内閣府防災担当では地区防災ガイドラインを作成しました。そこで、お伺いしたいと思います。

  (1)、地区防災計画策定の取り組みについて、町の見解を伺います。

  (2)、平成25年12月13日に消防団を中核とした地域防災力の充実強化に関する法律が制定されました。地区防災ガイドラインの中でも災害時における消防団との連携の重要性を訴えています。当町においても消防団を中核とした地域防災力の充実強化を図るとともに、地区防災計画策定を進めていただきたいと提案しますが、町の見解を伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(1)及び(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)の地区防災計画策定の取り組みについてでございますが、この地区防災計画とは、東日本大震災を教訓として改正された災害対策基本法の中で、市町村の各地域における自治会や自主防災会、事業者などが策定することができる防災計画を地区防災計画として災害対策基本法に位置づけされたものでございます。これまで防災計画とは、国レベルの総合的かつ長期的な計画である防災基本計画と、地方レベルの計画である都道府県及び市町村での地域防災計画の定めが規定されていましたが、東日本大震災を教訓として、市町村の一定の区域内の居住者及び事業者が自助、共助の精神に基づき、市町村と連携して自発的にそれぞれの地域の実情に沿った地区防災計画の策定を進めることで、より実効性のある防災対策となり、地域防災力の向上が図れるものです。また、今回の災害対策基本法の改正では、この地区防災計画を市町村地域防災計画に定めることができることとしたものです。今後町といたしましては、今回創設された地区防災計画制度について、内閣府が公表した地区防災計画ガイドラインをもとに、自主防災組織を初めとした地域住民の方々や事業者等に周知して、地区防災計画の策定に向けた支援を進めてまいります。

  次に、質問要旨(2)、消防団を中核とした地域防災力の充実強化を図るとともに、地区防災計画の策定を進めていただきたいとのご提案についてでございますが、消防団はそれぞれの地域に密着しており、いざ災害が発生した場合に地域の実情に沿った防災対策を迅速、的確に実施できる消防機関であり、地域防災のリーダーとして防災対策の中核的な役割を果たしております。議員ご提案のとおり、町といたしましても消防団の充実強化に向けた各種取り組みを今後も推進していく所存でございます。

  また、地域住民の方々や事業者が自主的に策定することができる地区防災計画については、地区防災計画ガイドラインを活用して積極的に情報提供するとともに、消防団と地域住民や自主防災組織等が連携した防災対策となるよう推進し、より実効性のある計画となるよう地域住民等の支援に努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、再質問したいと思います。

  この地区防災計画ガイドラインというのが内閣府から公表しておりますが、こちらの先ほどの答弁があった中に、自主防災組織を初めとした地域住民の方々や事業者に周知して地区防災計画の策定に向けた支援を進めてまいりたいという答弁ございましたが、この周知方法、どう周知をしていくのかというところと、この地区防災計画の策定時期というのをいつごろに定めているのかお伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  地区防災計画の周知方法並びに策定の時期のご質問かと思います。防災計画でございますが、この計画を作成する団体としては、都市部、郊外、住宅地、商業地、工業地、マンション等あらゆる地域の地区居住者を対象としておりますので、その地区の自治会、町内会、また小学校区、または1つのマンション等含めてさまざまな団体等が対象となります。町といたしましては、こちらのガイドラインにつきましては、基本的には自主防災組織を策定されておりますので、その自主防災組織の団体を通じて情報提供に努めてまいりたいと考えております。

  また、こちらの地区防災計画の策定時期でございますが、この計画の時期については特に定めはございません。既に策定されている自主防災団体等の地域もございますので、それぞれの地域の実情に応じて策定されるものと認識しております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) ただいま課長の答弁の中に既に策定している地域があるというお話だったのですけれども、具体的にはどの辺、幾つの地区、地域があるのでしょうか。お伺いをしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  地区防災計画を策定している団体、具体的にはどのくらいの数かというご質問でございますが、町といたしましては全町民、全世帯が自主防災組織を構成している団体となっております。それぞれの組織については、それぞれの計画を作成しております。現時点では、その計画がこの地区防災計画に該当するのかなと町では認識しております。ただし、この地区防災計画、今回ガイドラインで示されたわけですが、さらに現在の各団体が策定している計画よりもきめ細やかな計画が今回ガイドラインで示されておりますので、今後は各団体の計画についてはガイドラインに沿った計画となるよう改めて見直しの必要もあるのかと考えております。数については、全ての団体ということで町は認識しております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、質問(2)のほう、消防団の充実、強化に向けた具体的な取り組みはどうなのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  消防団の具体的な取り組みということでございますが、町では杉戸町消防団活性化総合計画を策定しております。消防団の充実強化をこの計画に基づき進めているところでございます。こちらの計画の内容でございますが、平成23年から平成27年までの5カ年計画であり、消防団の現状と課題を分析し、各課題解決に向けた取り組みを計画的に進めるものでございます。内容につきましては、団員の確保対策や消防団活動の活性化対策、団員の処遇改善策、消防団施設の充実強化、消防団広報活動、消防団の福利厚生事業、消防団の表彰制度や消防団協力事業所表示制度などについてこの計画では規定しているものでございます。町といたしましては、この計画に基づいて消防団の活性化に向けた取り組みを今後も進める予定でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前11時01分



       再開 午前11時10分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 一般質問を続けます。

  12番、宮田利雄議員。

       〔12番宮田利雄議員登壇〕



◆12番(宮田利雄議員) 12番議員の宮田です。議長より許可がありましたので、一般質問を行います。

  まず一番初めに、東武動物公園駅東口通り線の進捗状況はということで、質問要旨の中で1行目に「3年」というふうに書いてございますが、この「3年」というものを訂正させていただきたいと思います。

  これは、一番初めが18年の8月31日なのか。それで、それが第1回目になっているのか。その後の資料見ますと、21年の8月31日に第1回全体会というふうに書いてあるのです。そういうことなので、この「3年」は少なくとも間違いであるというふうに思っております。そういうことで、何年なのかよくわからないというのはそういう意味でございます。

  東武動物公園駅東口通り線の整備は、数年がたちまして、計画どおりに進んでいるのか。平成20年8月31日に第1回全体会が開かれたというふうに、私の調べたところによりますとそういうふうになっております。さらに、21年の6月8日の日刊工業新聞、これは県土整備事務所の記事として25年ごろ事業着手と、当時の新聞にはそういう記事がありました。計画が進んでいるのか。また、計画の全容が全く見えない。今後の予定を明らかにしていただきたいと思います。

  (1)として、買収計画の進捗状況は。

  (2)、地域との話し合いの内容、また町としてのこれについての課題は何か。

  3番目として、まち・道づくり協議会の開催状況、どの程度行っているのか、そういうことについてお伺いをいたします。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  質問要旨(1)、買収計画の進捗状況についてでございますが、さきの6月議会におきましても答弁をさせていただきましたとおり、これまで杉戸地区まち・道づくり協議会とともに、道路整備の手法や今後の商店街のあり方等を検討し、沿道整備街路事業整備基本計画案の策定に向け、整備手法などを検討させていただきました。その結果、整備方針として、街路事業による事業区域と沿道整備街路事業による事業区域をあわせた区域におきまして事業化を目指すとともに、検討が長期化していることも踏まえ、県道部分について必要に応じて用地の先行取得を行っていきたいと考えております。町といたしましては、これまでの事業化に向けた検討資料を今後より充実させ、精度の高い事業計画を策定し、事業着手に向けて少しでも前進できるよう測量等を実施してまいりたいと考えております。後日ご審議いただく一般会計補正予算におきまして、東武動物公園駅東口通り線整備検討業務委託に測量等を追加させていただいておりますが、これらを実施することで地権者の皆様の買収意向に速やかに対応でき、より効率的な用地取得が可能となるものと考えております。議員ご質問の買収計画は、現段階では決まってはおりませんが、今後も早期の事業化に向けて必要な検討を行い、県や宮代町と調整をしてまいります。

  続きまして、質問要旨(2)、地域との話し合いの内容及び町としての課題についてでございます。これまでの経過をご説明いたしますと、平成20年に協議会が設立されて、それ以降、これまでに道路整備の手法や今後の商店街のあり方、商店街の活性化の方策等について意見交換等を行ってまいりました。また、地権者等の整備に対するご意見や整備後の意向などを把握するための個別相談会も実施してまいりました。昨年度におきましては、これまでの経緯、課題等を踏まえ、主に整備手法について検討を行い、その結果として街路事業と沿道整備街路事業を組み合わせた整備手法を協議会でお示しをさせていただいたところでございます。

  また、町としての課題でございますが、これまでの検討結果やご意見等を踏まえ、いかにして早期の事業化を実現するかでございます。そのためには、県から提示をされた条件である狭小残地の解消や商店街の活性化等の課題を解決し、県に提示をして事業化を促す必要があると考えております。

  最後に、質問要旨(3)、協議会の開催状況でございますが、平成23年度におきましては、宮代地区、杉戸地区合同で全体会を2回、協議会を5回、合計7回行っております。平成24年度におきましては、杉戸地区の幹事会、個別相談会をそれぞれ1回、宮代地区、杉戸地区合同の全体会を1回、合計3回行っております。平成25年度におきましては、杉戸地区の幹事会、協議会、それぞれ1回の合計2回の開催となっております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 1番目の買収計画の関係でございますが、やはりこれは図面がといいますか、前全員協議会等でお示しをいただいた図面といいますか、正式な測量図面ではないかと思いますが、きちんと絵を、色づけしたものを見せていただいたというふうに考えているのですが、その場合に周りの話等々を全部聞いて、それで描いていったというわけではないのでしょうか。狭小とさっき言われましたけれども、狭い残地等々が残ってしまうというふうな部分についても、線引きがしてあるから、そういう狭いというか、少ない土地が残ってしまうというふうにわかったのだというふうに思うのですが、これは何としても、一番初めから考えますと、先ほど言いましたように年数が食っている割合には開催回数がここのところへ来てとても少ないということで、何か本当に買収計画どころか計画全体が、熱が下がったというのですか、そういうふうな考えをされても仕方がないのかなというふうなぐらい何かやっていないというふうに思うのですけれども、こんなことで買収計画どころかその線は、そうしますと買収計画は設計が終わってからということになるのでしょうか。その辺をお願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  買収計画の時期についてでございますが、具体的な日にちをこの場でお示しすることはできませんが、手順といたしましては今後地権者の皆様の詳細な意向を確認し、その結果によって事業区域を再検討いたします。さらに、地権者の情報としまして、測量等行って正確な土地の面積などを算出した上で事業計画のほうを作成をしていきます。その上で地権者の皆様にはご説明をし、同意をいただき、それに基づき買収のほうに入っていくと、そのような流れになっておりますので、買収計画につきましては今後の事業区域がある程度定まり、土地の形状等がわかってきた段階で検討をしていくということになろうかと思います。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 今ちょっとわかりづらかったかなと思うのですが、実はまち・道づくりニュースと、これは町で出しているものだと思うのです。14号というふうに出ております。これは、24年第1回全体会ということで出ていました。事業化までの流れということで、25年は意向、また事業手法等調整をすると。再配置基本方針等をつくるということなのでしょうか。それで、26年は事業計画案の作成と。換地設計作成、補償調査等々というふうに書いてございます。こういった中で、この流れというのを、これを出したのが25年の4月1日の今言ったまち・道づくりニュースでございますので、25年はこのとおり進んで、26年もこのように進んでいくのか、その辺のところをお聞かせいただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  今後のスケジュール等についてでございますが、平成25年度につきましては主に事業手法の検討を行っております。結果としましては、先ほど申し上げましたとおり街路事業と沿道整備街路事業の2つの区域で事業化を進めていくということを昨年度、平成25年度におきまして検討いたしました。今年度につきましては、その結果を踏まえまして詳細な地権者の方の意向を確認をすること及び可能であれば測量の実施を行い、事業計画の策定に向けた検討を進めてまいる予定となっております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 予定に沿ってやっていくということで、この先みんな一緒になってしまうかもしれませんが、了解しました。

  次に、2番目の地域との話し合いの内容、今言う商店街活性化の検討というのもずっと入っているのですが、そういったことも含めて話し合いの内容は、そして町としてはどんなふうな課題がこれはあるなというふうな考え方でいらっしゃるのか、その辺のことをお伺いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  これまでの協議会での検討内容ということでございますが、平成20年度から協議会におきまして検討をしております。内容につきましては、まちづくりプランの作成、整備方策の検討、また事業化推進プロセスの検討、それに伴います課題の整理、平成22年度に入りまして、商店街の活性化の方策も含めまして、町、当時の産業課内にあります商工振興の推進室のほうと連携をしまして検討をしてまいったところでございます。その中で協議会の皆様からは、同じような検討ばかりをしていないで早く構想を出してくれ、また測量等を早く行ってくれというような意見等も出ているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 今早く測量してくれというふうな話もあったということでございますが、やはり何かどんどん地域では何となく出席率が悪いのではないのかなというふうな感覚もちょっと得るようなお話かなというふうに思ったのですが、地域ではそこの話し合いがあるたびにおおむね七、八割、あるいは100%とはいかないでしょうけれども、ずっと地域で話し合い、そこで役員になっている方というか、推進員というのですか、そういう方はほとんどいつも同じ人で、来ない人はずっと来ないとか、そういうのではなく、きちんと来ていらっしゃるのでしょうか。意見がそれであるのでしょうか。その辺をお願いします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。

  協議会への出席状況及びそこで出た意見についてでございますが、出席状況、詳しい人数につきましては現在手元に資料がありませんので、申し上げることはできませんが、少なくとも全員の方が毎回出席をされているという状況ではございません。

  また、協議会におきまして出た意見としましては、直近の平成26年3月に行われました協議会におきましては、実際の工程につきまして具体的な日にちは入れられないのかなど、また意向確認をした方々で回答を得られていない方にはどのように対応していくのか等の意見が出ている状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) やはりそうやって出席率が悪いという部分につきましては、私はこちらから毎回出た課題というのでしょうか、意見というのでしょうか、そういうものに対して適宜に答えていかないと、それはだめなものはだめ、こういうものはこうというふうに、いいものはいいというのでしょうか、そういうふうに答えていかないと、その方たちが求めているもの、こういうものがぼけてしまうというか、薄れてしまう。協議会の内容について話をして、さらに自分自身の、こうなればやはりうちの土地が減るとかふえるとかというふうな話になってくると思いますから、具体的な話をどんどんしていかないと、やはり町についてこないのではないかなというふうに思っておるところでございます。そういう中で、これは古川の川のまるごと再生でもこれやりましたけれども、あれも始まったのはそう大して時期は変わらないのではないかなと思うのです。これについても、こっちの川についても、やはり町長がどんどん出席してばりばりやったので、地権者がいなかった分ということで、地権者がいなかったというのでしょうか、そういうことで川のほうは県の協力も非常にあって、町長の踏ん張りもあってできたのだというふうに私は思っているのです。そういうところからしますと、これは一番初めに県の事業として始まってきたわけですから、ぜひこの機会を逃すことなく進めていくのには町長の馬力と、馬力とパワーとというのは変ですけれども、馬力で、どんどん町長も時間を割いて、あるいはつくっていただいて、出ていって、それでどんどん引っ張っていっていただければありがたいのかな、そういうふうに考えております。聞きますと、やはり2年に1回担当者がかわったり、何でかわったりということなので、これも一番初めは平成18年といいますと野口さん、前町長さんがいたころなのかなと思っております。そういう中では、やはり地元の人に相手がかわるからなかなか先へ出ないよというふうな印象を持たれないように、開催を多くして出席者をさらにふやせるようにしていければなと思います。その辺につきまして町長の考え方はいかがでしょうか。突然振ったものでなんですが、やはりぜひ誰か、課長だけではなくて専従の人を置くぐらいな気持ちで進んでいっていただきたいと思います。町長にその意気込みを伺えればありがたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えしたいと思います。

  動物公園駅東口通り線につきましては、やっとここへ来て測量の業務ができるのかなということで今回予算づけをさせていただくところでございます。委員会のというか、杉戸地区、宮代地区ございますが、これは県議にも2人出ていただいております。宮代担当の県議と当杉戸の担当の県議と2人出ていただいております。その中で、結構地元の方も出席してくれます。ただ町と県と宮代町とやるものでございますので、いろいろな方が1つにならなくてはできないのかなとなっています。やっとここへ来て宮代も区画整理ができまして、28年度には着手の見込みという話は聞いていますけれども、実際それができる、できないまではわかりません。ただ、なるべく早くやりたいと思っていますので、その中で測量から始まっていって、進めなくてはいけないと思っていますので、ぜひご理解を賜れればと思います。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) ぜひ町長にも、もちろん県議、もちろん担当者というふうに出ていっていただいているのですが、やはり町長の今のパワーというのでしょうか、やる気のところを見せていただいて、ばっと進んで、熱いうちに打てというふうな部分がありますので、やはり燃えてきたこの部分につきましてはどうしても完成させないといけないというふうな意気込みで、ほかも忙しいでしょうが、ばりばりやっていただきたいというふうに思います。そういうことで、町長もいろいろほかにあるようでしたので、この部分につきましては終わりにしたいと思います。

  まち・道づくりの協議会の開催状況というふうに3番目でありますけれども、これについては今後数多く、どうでしょう、開いてやっていくということでお願いしたいと思うのですが、いかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  今後協議会を数多く開いてほしいというご意見かと思いますが、まずは現在補正予算に上げさせていただいています測量を実施することになれば、そのことについて地元の方々へは説明をしていきたいと考えております。その後測量等今年度行うべき検討が進んだ段階で次の開催時期については検討をしていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 適宜開いていくということで受けたわけですけれども、やはりみんなが燃え上がっているときにどんどん数多くやって、担当課としても大変でしょうが、やはり杉戸町としては本当の一大事業だというふうに私は思うのです。ですから、ぜひこのことにつきましては数多く開催して、出席者の状態をふやして今後やっていってもらいたいということで、この質問事項1番目を終わりにしたいと思います。よろしくお願いします。

  次に、2番目に入ります。流灯まつりについてです。流灯まつりは、年々発展を遂げ、古谷町長就任以降、護岸の整備も完成し、環境も大変よくなったわけでございます。こういうふうなお祭りにつきましても長年続けていくと。21回続いているということは、その間に空白の期間もあったわけでございます。そういうことで、内容も変わって21回というふうに進んできたということでございます。これを21回から30回だ、40回だ、50回だというふうに持続するために当局としてはどのような考え方を持っているのか、どのように計画を作成しておくことが望ましいのか、町の見解を伺いたいと思います。

  今1番目言ってしまいましたので、1番目は、担当者は産業課だけで随分大変だというふうに私は思っているのですが、産業課だけで十分なのか、その辺についてもお伺いいたします。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  質問事項2、質問要旨(1)、(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  まず、本年の第21回古利根川流灯まつりでございますが、会場である大落古利根川では、埼玉県の実施する川のまるごと再生プロジェクトによる護岸改修や町によりますポケットパークの整備も行い、これまで以上に楽しんでいただける環境の中で開催することができました。また、杉戸町流灯工房も改修が完了し、壁面には県立杉戸高等学校の生徒さんによる絵画も描かれるなど、流灯まつり会場周辺の環境も整備され、流灯まつりの当日には埼玉県知事のご視察をいただき、盛況のうちに開催できたところであります。

  質問要旨(1)、持続させるための計画はあるのかでございますが、観光協会の主催事業でございますので、事務局である商工会に確認したところ、現状では計画の作成はされていないとのことでございます。今回の護岸整備だけでなく、会場周辺の民間の住宅開発などさまざまな環境の変化もございますので、町としても実行委員会を初め、商工会等とも連携し、対応を図ってまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(2)、担当課は産業課だけで十分なのかでございますが、ことしの流灯まつりの観光客数は、実行委員会の発表によりますと5万5,000人で、昨年の5万人と比較すると大きく増加しております。来場者がふえている中、開催に向けては実行委員会を初め、ボランティアの方々や商工会、関係団体など多くの方々のご協力をいただいて準備を進めました。さらに、大型灯籠の作成に当たりましては、緊急雇用創出基金を活用した事業所への業務委託もしたところです。議員ご指摘のように今後年々観光客が増加していく状況の中、発展を遂げていくためには体制の整備も望まれるところでございます。来年度以降の流灯まつりの準備、開催に当たっては、観光客の増加や実施環境の変化に対応すべく、各団体の協力体制について検討を進めるよう実行委員会に働きかけたいと考えております。また、役場の体制につきましては、産業課を主体として従来より灯籠の係留、撤去などに対し、各課職員が協力しておりますが、実行委員会や商工会等のご意見も伺いながらその体制もあわせて検討していく必要があると考えております。今後も古利根川流灯まつりが杉戸町の特色ある行事として継続し、発展するよう、関係各位のご理解とご協力を賜りたいと思っております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 持続させるために、にぎわっていてもやはりいつかもうちょっと下火になってきたというふうなことがあるのかなというふうにも考えました。そういう中で考えますと、やはり十分な計画を立てたから人が来るというものでもないのかもしれませんが、例えば周り、通りへもうちょっと何とか工夫をして商店街をふやすとか、そういったような工夫は考えられないのでしょうか、なかなか難しいかもしれませんが。2番目にありましたとおり、去年5万人がことしは5万5,000人だということで大変多くなったわけですけれども、もうちょっと何か工夫することによって、杉戸町の一大イベントでもあるわけですから、あの周りへ商店をつくって、あるいはあの周りで何かが売れるようになったというふうな、商店か何かをつくるとか、何かつくれるようにするとか、何か工夫はないのかなというふうに考えますが、その辺はいかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  流灯まつり充実させるために何か工夫することはないかというようなご質問でございます。古利根川流灯まつりにつきましては、昭和初期から始まりまして、平成2年に再開し、これもまさに杉戸町の夏の風物詩として、杉戸町の一つの大きな文化、一つの大きな祭りというもので、それを継続していくということが大変意義あるものと考えております。そういった中で、昨年の第20回の流灯まつりにおきましては、今年度から流灯工房という形で活用しておりますけれども、昨年度第1回の写真展等を開催いたしました。また、今年度におきましては、流灯工房の改修が完了いたしましたので、写真展とか落語寄席、その他たくさんイベントを行いながら、流灯まつりとあわせて多くの方に見ていただきまして、充実したものになったかと考えているところでございます。今後も毎年毎年充実していくということも必要かと思いますが、特に節目の年、例えば25回ですとか30回というようなときには、また一つのイベントか何か工夫してできればよろしいのかなというふうなことも考えているところでございます。

  また、商店等ふやしてというようなことでございますけれども、商店等をふやすというようなこと、商店を誘致するというようなことなのでしょうか、非常に難しい部分もあろうかと思います。そういったこともありますので、人の流れができていたところでございますので、川沿いにおきまして何か新たなイベントをするなど、そういった何かにぎわいができるようなものを、そういった取り組みについて今後研究していくということも必要かなというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 今商店街といいますか、商店を持ってくるというのは確かに問題がといいますか、相手もあることですから、簡単にはできないというふうにも思います。ですが、あそこの場所をもうちょっと利用した、工夫した考え方の中であそこが、まだ駅通りが先ほど言ったようにこれから測量の段階というふうなわけですから、それにかわるぐらいの何かあそこへ盛り上がりを私はつけていくということが必要だろうというふうに思うのです。そういうことになれば、確かに流灯工房なんかはとってもあれよかったと思うのです。あれをつくったおかげで来た人も逆にふえたのかな。写真を見て歩いている人たち、また中で逆に説明をしている人、説明をするのがあそこにいる説明員が説明するのではなくてほかの人が説明していたのです。私たちは見たことあるよ、昔のこと見たことあるよというふうな話を説明していましたので、ああ、これは何かほかに一般のボランティアでもそういうことができるのかなというふうにも感じたぐらい、ああいう立ち寄り場所があったということはとってもよかったことだなというふうに思っています。そういう中で、地域の今言いましたように周りの人が商店をつくるということは確かに大変だと思いますけれども、この周りはたしか住宅のほうが非常に多いのだろうと思うのです。そこで商店というのは大変だかもしれませんが、もうちょっと何か一工夫をすると、あそこにポケットパークもありますし、一工夫をすると何かに使っていける。何か、何かと言っているだけではだめなのですが、ぜひ商店をつくっていけるように商工会等とも話して、ここを何通りにしようとかというふうな考え方で進めていっていただければありがたいと思うのですが、何通りにしようとかというふうな考え方はないでしょうか。その辺についてお願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  まず、流灯工房の件、ご指摘をいただきました。確かに写真展の説明員としては、先ほどのご質問でもいただきましたけれども、杉戸宿案内人の会の方に説明員としてお願いしたところでございます。ただ、議員ご指摘のとおり、やはり写真を見に来た方が「これは私のおじいちゃんだよ」とか、そういった方で見に来た方がほかの方に説明をしてくれているというような、そういったシーンも見受けられたところでございましたので、いい企画ができたのかなというふうに考えているところでございます。

  また、商店をつくって何通りというようなことにできないかというようなご質問でございますが、申しわけございません。何通りというようなことはちょっと検討してございませんので、今お答えすることは難しいところでございますけれども、1つ目の質問でございました東口通り線のほうの整備等があわせて何らかの形で川沿いにも人が流れるような工夫ができればというふうに考えております。杉戸宿案内人の会で杉戸宿の案内をしておりますが、川沿いを歩くコースというのも設定されております。そういったことから、今後案内人の方々等が案内する際に川沿いの案内を含めて、川沿いを通りながら今度町なかの商店街を歩いていただくと、そういったことで現在ある商店のほうにお客さんが入っていただくというような流れもできていけばありがたいかなというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 先ほどの質問でほかの方が言っておりましたけれども、やはり途中の休憩所で便所というふうな部分もありました。あそこへポケットパークだのああいうものがあるところで便所というのは難しいかもしれませんが、散歩をするような通りであれば便所というのも確かに必要かなというふうに思っています。ポケットパークもできまして、流灯も立派にできまして、そういう部分については大変感謝をしたいというぐらいよくできたなというふうに考えているところでございますが、立派な完成の石も立っておりますが、あの近くでも何でも結構ですから、管理ができるようなトイレ、貸せるようなトイレも含めて、あそこへ人が来るようなことを、人が寄ってくるようなところにしていきたいと私は考えておりますので、ぜひその辺のことも考え合わせていただけますようにお願い申し上げまして、私の質問を終わります。



○?田章一議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前11時58分



       再開 午後 1時00分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 午前に引き続き一般質問を続けます。

  11番、稲葉光男議員。

       〔11番稲葉光男議員登壇〕



◆11番(稲葉光男議員) 11番の稲葉でございます。これより一般質問をさせていただきます。

  まず、第1点目、南側整備事業についてお伺いしたいと思います。現在南側整備事業は、財政状況により休止となっております。整備計画から10年以上たち、何の目途も立っていません。近隣住民からは、一日も早く整備をとの声を聞きます。護岸整備と堆積しているヘドロの処理だけでも早急にとの要望も寄せられております。そこで、次の点を伺います。

  まず、1点目、南側整備計画は実現可能なのか。

  2点目、整備計画の見直しは考えられるのか。

  3点目、要望を踏まえ、早急に整備していく箇所はあるのか。

  以上、この3点をお願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  質問要旨(1)、南側整備計画は実現可能なのかについてでございます。議員ご承知のとおり南側の整備につきましては、昭和63年3月に埼玉県から町へ管理が移管され、その後の平成2年に南側整備計画基本構想を策定し、市街化区域内の整備に着手をいたしました。それ以降、平成16年度までは町単独による整備を継続してまいりましたが、社会経済情勢の変化や税収の落ち込みなどにより町の財政が非常に厳しい状況となったことから、平成17年度以降は普通建設事業費が凍結となり、あわせて南側の整備も休止となっております。その後国道や県道に接する部分につきましては、道路の改良工事に合わせ整備を依頼する形で一部整備されてまいりましたが、それ以外の大部分につきましては、計画どおりの整備は進んでいないのが現状です。しかしながら、未施工区間には護岸の崩れなどにより水路に隣接する宅地に悪影響を及ぼす危険性のある箇所があるため、本格的な整備ではありませんが、そうした箇所におきまして護岸の補修工事を現在実施しているところでございます。南側整備計画の実現可能性につきましては、現在の町の財政状況を考えますと計画どおりの整備を直ちに再開することは難しいと考えてはおりますが、今後とも限られた予算の中で必要最低限の補修は実施をしてまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(2)、整備計画の見直しは考えられるのかについてでございます。南側の整備計画につきましては、基本構想を平成2年3月に策定し、平成13年3月に大字堤根から大字本郷地内について基本設計を実施しております。また、平成16年6月に幸手市行政界から大字杉戸地内についても基本設計を実施をしております。いずれも策定、設計から年数が経過をしており、現在の町の状況に合ったものではなくなってきているため、見直す必要はあるかと考えております。しかしながら、整備の再開の見込みが立っていないことから、計画の見直しにも着手できていない状況です。このことから、現時点では護岸の崩れなどにより水路に隣接する宅地に悪影響を及ぼす危険性のある箇所について順次護岸の補修工事を実施をしていきながら、町の財政状況を勘案し、整備実施の見通しがついた段階で状況に見合った計画への見直しを検討してまいります。

  最後に、質問要旨(3)、要望を踏まえ早急に整備していく箇所はあるのかについてでございます。地域の皆様方からの整備実施の要望の中で、家屋等への被害を心配されていることは十分認識をしております。そのため水路に隣接する宅地に悪影響を及ぼす危険性のある箇所につきましては、順次補修工事を実施していくこととしております。現在南側水路の最上流部に当たる幸手市との行政界から埼玉県が県道さいたま幸手線の歩道として整備をする区間までの延長約540メートルの区間について、護岸補修工事のための測量設計等を行っております。これまでのところ、測量が終了しており、今後は補修箇所や方法等について検討し、渇水期には緊急性の高い区間から順次補修工事を実施してまいります。実施に当たりましては、事前に地域の皆様に補修内容等について説明をさせていただきたいと考えております。また、堆積土砂につきましては、予算の範囲内で適宜しゅんせつ等を実施してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 課長、答弁ありがとうございます。

  今3点私質問したのですけれども、順番は違ってしまいますけれども、最後のほうに答えていただいた部分の中で、540メートルの区間の中で護岸の補修工事をこれからという形なのですけれども、これどういう形でやっていくかというのが、これから決めていくという部分が今伺った中であったのですけれども、それどういう形というのを、その想定している形をわかる範囲でお教えいただけますか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。

  今回補修を予定している区間の補修の形態についてでございますが、今回の補修につきましては基本構想に基づいたようなコンクリート製品等用いた本格的な整備ではございません。あくまでも護岸の崩落等を防止するための応急的な補修ということで、木柵での補修を予定をしておるところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 私もこの南側に関係しましては、私が議員になってからですから、もう20年近くたつのですけれども、その間ずっとこの整備の促進というのを町のほうにお願いしてきました。財政状況、経済状況が、その関係で休止状態という形にはなったというのは私もわかるのですけれども、ただ年々護岸も崩れていくし、応急的な処理だけでは今後どうしようもなくなってくるのではないのかなと思っております。西地区の部分だけではなくて南地区を含めて4キロという長い区間があります。この休止状態がいつ解消されるのか、この部分に関しましてまだ目安が立っていないのではないのかなと思います。そうすると、本当に休止なのか、それとももうこの事業そのものが白紙に近い状態になっているのではないのかなという状況が見えます。今の状況の中で経済状況また杉戸町の財政状況がよくなる見通しというのがいつごろなのか、それに合わせてそれではこの南側の整備事業というのができるのか、その辺がなかなか私たちにはわからないし、地元の住民の人たちもその辺の不安があるのです。質問が2つダブってくるような形になるのですけれども、整備計画の見直しというか、地元の人たちの要望というのが今どういう状況になっているか。もう当初計画したすばらしい計画ありますけれども、その計画はお金もかかるし、いつできるかわからない。だから、せめて護岸だけでもきちっとやってもらいたい、コンクリートで。そうすれば、10年、20年は崩れるような不安とかそういうのは、コンクリートでやればそういう崩れないというのが皆さんがわかって安心していますので、この辺の見直しとかという部分が、先ほどなかなか考えられないようなこと言っていましたけれども、この辺のお金を少し下げてでも住民の皆さんの要望に少しでも応えてあげるという形の中では、護岸をしっかりした形で、暗渠にしなくても結構です。そういう形で進めていかなくてはいけないのかなと思っております。

  また、その辺のことに関しましては、課長、それとまた近隣住民の人たち、南側の、この人たちが今どういう考え方をしているというのが、課長のほうにも要望とかそういうのは来ていますか。また、そういう状況というのも把握しているかどうかちょっとお伺いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  まず、地元からの要望の内容について把握をしているのかということに関しましては、私のほうでも地元の区長様を通じて南側水路の整備に対する要望が来ていることは把握をしております。内容につきましては、先ほどの答弁の中でも申し上げましたが、護岸の崩れなどによりまして家屋等構造物の崩壊の心配をされているという趣旨の内容でございました。それ以外にも本格的な整備を求める声も多数来ているというのも現状であります。それに関しまして、予算の問題ということで整備がとまっているという状況に対して、護岸だけでもというお話でございましたが、先ほど申し上げましたとおり現状ではコンクリート製品による護岸整備については、予算上の問題もありまして非常に難しいというふうに考えております。現状としましては、木柵等の軽微な補修によりまして護岸の崩れを押さえ、宅地への影響を減らしていく方向で検討をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 今課長から答弁していただきましたけれども、財政状況の関係でなかなか現時点ではできないという部分もあるのは重々わかっております。ただ、本当に町がやる気になれば予算の手当てとかそういうのはつくっていけるのではないのかなと思っております。全体のバランスの中でどれを重要課題としてやっていくかという部分に予算を大きくつけていく、これは町長の判断でやっていく部分だと思っております。私が質問した中でも、杉戸町の中で重要な課題の一つに南側はたしかなっているはずです。それの解決のためには、やはり政治的な判断も必要なのではないのかなと思っております。町長、町長の判断でこれを推進を早目にしていくというのは、政治的判断できるのは町長だと思っております。確かに杉戸町の財政状況の中で、公共施設等老朽化している、それに対しても今後お金もかかるというのあります。いろいろな形でサービスの低下を招かないように、サービスの向上というような施策の中でも少しずつふやしていっている部分はわかりますけれども、一時はソフトの部分にかなり力を入れていた部分もあったと思うのですけれども、コンクリートから人へという一時風潮が流れましたけれども、実際には両方並行してやっていかないと行政が偏ってくるような形になるのではないのかなと思っております。ですから、そういう部分を含めまして、町長、この辺で政治的な決断のもとに南側を、来年からすぐやれとは言いません。ただ、目安をつけるだけの、これをやってほしいのです。今の状況だといつできるかわからないし、ここ10年ほとんど手つかずの状態で、それでまた休止状態がいつ解けるかも、その目安もたっていないのです。負の遺産的なのがまだ4キロも残っているというのは、これを解決するにはやはり町長の決断だと思っているのですけれども、その辺の考え方を、町長、お願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えしたいと思います。

  南側の整備につきまして、私も何度か視察させていただきながら、直さなくてはいけないなというふうには思っておりますが、今町として小中学校のトイレとか、やっぱりそういうのを先やったほうがいいのかなというふうに思っております。中でも今議員さん言われたように南側も当然わかっておるのですが、どれを先というの、この政治的判断と言われますが、一番悩むのがそこだと思います。その中で、県の予算とかつけられたものに対してはやっていただくし、またはそういうのをある程度確保しながら前向きに進めなくてはいけないと思っておりますので、以前みたいな形はできないと思っています、はっきり言って。だから、先ほど議員さん言われたように見直しは必要。その中でやっていかなくてはいけないのかなと。一般的なちょっとした補修だけは、補修で終わってしまいますものですから、ある程度の、100メーター、200メーターであるとか、いろいろな形の中で進めるべきなのかと思っています。また予算組みがありますので、頭の隅に置いておきますので、ご理解賜れればと思います。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 町長のほうから答弁いただきまして、町長もこれからは見直しも含めてというような形で進めていきたい意向のニュアンスは私も受け取れ、前進1つしたのかなと思っています。と同時に、また補助金という話もちらっと出たのですけれども、現時点で、課長、県なり国なりの補助金というのが、南側に対して適用できるようなのというのがなかなか今までは見つからないと私も聞いていたのですけれども、その辺はやっぱり難しいのか、ちょっとお願いします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  南側の整備に係る国の補助金が現段階であるのかどうかということでございますが、これまでも南側の整備に関して現在社会資本整備総合交付金の適用ができないかということでいろいろ研究、調査してまいりましたが、現状としましては準用河川等でないということでございますので、現状では社会資本整備総合交付金の適用の対象にはなっていないという状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 今後も少しでも早く南側整備事業が進めるような形で、それと1つ町長及び課長にお願いしたいのですけれども、地元の皆さんたちと少し情報交換をしながら、今までの計画を少しずつ見直していって、できるような形で整備計画をしていけるように、一日でも早くできるような計画で進めていっていただければありがたいと思っています。

  次に、質問事項2番目の町道整備についてでございます。普通建設事業の縮小、凍結により町道の傷みが進み、危険な箇所がふえる一方です。同一路線内でも舗装の打ちかえや側溝の一部が未整備の箇所も見受けられます。そこで、次の点を伺います。

  1番目といたしまして、町道の危険な箇所の整備を早急に着手していく考えはあるのか。

  2つ目といたしまして、下高野地内、町道591号線、永福寺から全長寺付近までの間の側溝の整備と舗装整備の計画はどうなっているのか教えていただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項2、質問要旨(1)、(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  質問要旨(1)、町道の危険な箇所の整備を早急に着手をしていく考えはあるかについてでございます。議員ご承知のとおり、現在町では普通建設事業を原則として休止をしているところでございます。このため既に事業に着手をした多くの拡幅計画路線の整備が休止となり、また道路の経年劣化や老朽化などから新たに維持補修を必要とする路線の整備についても、直ちに事業化することが困難な状況となっております。しかしながら、道路は町民生活に欠かすことのできない社会基盤であり、厳しい財政状況においても通行の安全を確保するため、必要性、緊急性及び危険性が高い路線の整備は実施をしていかなければならないものと考えております。そこで、現在は社会資本整備総合交付金を活用しながら、大字倉松地内の町道?級21号線ほか6路線の補修と、大島、茨島地内の町道?級5号線の拡幅を進めております。今後も町民の安心、安全を確保するため、特に必要性、緊急性及び危険性が高い路線につきましては、厳しい財政状況にあっても限りある予算を最大限活用し、引き続き整備に着手できるよう計画してまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(2)、下高野地区内町道591号線の永福寺から全長寺付近までの間の側溝整備と舗装整備の計画についてでございます。当路線の整備につきましては、平成16年度に実施をした側溝整備以降、事業は休止となっており、地域の皆様には大変ご不便をおかけしております。当路線の今後の整備計画は、整備効果や施工効率を考慮し、また整備費用の縮減などを図るために、隣接する南側水路の整備計画とあわせ一体的に実施をすることとしております。しかし、この南側の整備には多額の費用がかかるということから、実施をしたくてもできないという状況にあり、現在のところ実施の見通しは立っておりません。しかしながら、当路線の舗装がよい状態ではないということは十分に認識をしております。このため南側整備の実施にかかわらず道路整備を先行する計画も検討しなければならないと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) ありがとうございます。

  前回質問したよりも少し、半歩ぐらい前へ出たのかなとは思っておりますけれども、課長もあそこの道路実際に見ましたか。多分あそこは、途中まではきれいに整備されています。現状を考えますと、側溝の部分にもう土が入ってしまっていたり、排水機能もなくなっている場所、また今の基準ではなくて前の基準だと思うのです、かなり狭い側溝で。その辺の差とかいろいろ出ております。また、アスファルトの部分でも何回もやりかえた部分があるのですか。色も違っていますし、両サイドが変わっていたり、あるいは水道の関係だかその辺がちょっとわからないのですけれども、途中で穴があいていたのを補修したりというような、非常に傷んだ状態になっております。今まで南側の整備事業と一緒にあわせる必要があるのだというような形で来ていたのですけれども、先行して計画を検討しなければいけないというような今返答があったのですけれども、これはぜひ早くやってもらいたいのです。あの区間だけがなぜできないのか。あのそばに住んでいる人たちは、何でうちのところだけできないの、最初のうちは私も説明しておりました。南側整備計画と一緒にあわせてきれいな形ができますから、それまで我慢してくださいよ。ところが、南側整備事業がいつになっても進まない、休止状態で先も見えない状態の中で取り残された区間の住民はどのように考えているか。これ皆さん想像つきますよね。自分のところだけが取り残されて、ほかのところはよくなっている。一向に南側の整備が進まない、休止状態、本当にできるのかできないのかというのを疑問に思っている人たちも多いです。ですから、ここは南側と完全に切り離した中でこれ早急にやってもらいたいのです。もう検討ではなくて計画して早急に、課長、来年度の予算で強引に、課長が予算をとってもらえるように頑張っていただけますか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  議員ご要望の路線につきまして、来年度平成27年度予算に計上できないかということでございますが、現在町内において道路の補修が必要な路線は数多くございます。その中で、現在国の社会資本整備総合交付金を活用しながら大規模な補修等を実施しているところであります。予算の関係もございますが、現在の全体の町道の中の優先順位等踏まえて今後検討をしていきたいと考えておりますが、平成27年度当初予算に計上するかどうかにつきましては、その優先順位の中で検討をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 今答弁伺いましたけれども、課長、私ちょっと聞き方が悪かったのかな。あそこを整備していくという部分の中で、それだけやっていくという意気込みは課長にあるのかどうかというのが1つあったのと、あと一つが、私も聞き方悪かったせいか、あそこの区間を全部やれという部分ではなくて、少しでも進めてもらいたいというのがあったので、例えばあそこが100メートルあるのだったら50メートルでもやっていって、その予算をとりに課長に行ってもらいたいという部分があるのです。もう最終決定は、課長が予算要望を政策財政課に強くやってくれれば、政策財政課のほうでも動く可能性がありますよね。やっていただいた中で、最終的な判断は町長にはなるのでしょうけれども、その前にもう一度、課長、その辺の、あの周りの人たちの要望に応えて、少し強く予算要望を政策財政課のほうにやっていただけますか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  町道591号線に関して私の意気込みということでございますが、先ほども申し上げましたとおり、町内には舗装の状況の悪い路線がたくさんございまして、一部の地域を取り上げてそこをこの場ですぐやるということは非常に言いづらいものでございます。したがいまして、全体の路線の状況を勘案しながら、担当課としては優先順位をつけた上で来年度当初予算に要求をするかについては検討をさせていただきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 課長にはひょっとしたら申しわけないことを聞いてしまったのかなと思っています。課長の判断ではなかなか厳しい部分も、明言できない部分もあるでしょうけれども、町長、あの辺は町長も把握していますよね。あそこだけが切れてしまっていて、現状も重々町長も承知していると思うのですけれども、課長のほうから何らかの形で少しは上がってくるのかなと私はそれも期待しております。また、あと町長も実際あそこを見て、あそこだけが切れてしまっていて、だから一部南側と接しているところもきれいになっているのです。南側と逆に接していないほうがやりやすいのかなというような誤解を受けてはいけないから困っているのですけれども、その辺、町長、やはりこれ町長の判断になってくるのかなと思っているのですけれども、早目に少しでも着手して、1年で整備をするのではなくて3年でも、3年計画の中でやっていくとか。町長、ぜひやるような形でお願いしたいのと、町長の考えをお願いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えをさせていただきたいと思います。

  591号線は、実際今議員さん言われたとおり私も何回か見ております。中でもあそこはU字溝が埋まっているのと、いろいろな形見ています。中でもやらなくてはならないということは重々わかっておりますが、ほかもいろいろな道路もありますので、いろいろと勘案しながら、なるべく早い時期にやれるよう努力したいと思いますので、ご理解賜れればと思います。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 来年度から少しでも着手してもらえるのを私は町長のことだから期待しておりますけれども、早い時期に本当に整備を少しずつでもやっていっていただきたいというの、これを最後に要望します。

  それから、質問事項の3点目ですけれども、土地利用の見直しについてでございます。当町では、市街化区域が少なく、市街化調整区域の割合が多く占めています。また、調整区域内の大部分は農業振興地域となっております。こうしたことから土地利用が制限され、開発ができず、町の活性化や振興の推進が難しい状況になっています。将来のまちづくりとして、次の3地域の土地の利用の見直しについて、現在見直し作業中の第5次総合振興計画の基本計画に位置づけていく考えはあるのかを伺いたいと思います。

  まず1つが国道4号線、また国道4号バイパスの隣接地域についてです。

  2つ目が高野台南4丁目地内から大字杉戸地内、凸版印刷から県営杉戸舎人団地ですか、この間の農地ですか。

  それから、3点目が大字下高野地内、県道下高野杉戸線と南側用水路の間の区間ですか、この辺の地域に対しての見直しを伺いたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  議員ご質問の各地域に関しての第5次総合振興計画基本構想における現在の位置づけについてでございますが、質問要旨(1)の国道4号、国道4号バイパスの隣接地域のうち、国道4号につきましては沿道開発検討ゾーンとして位置づけられており、商業施設などの沿道開発を検討するエリアとなっております。国道4号バイパスにつきましては、現在位置づけはされておりません。

  質問要旨(2)の高野台南4丁目地内から大字杉戸地内、凸版印刷から県営杉戸舎人団地の間につきましては、市街化区域拡大検討ゾーンとして位置づけられており、将来的な定住人口の維持、拡大を図るため、計画的に市街化区域の拡大を検討するエリアとなっております。

  質問要旨(3)の大字下高野地内、県道下高野杉戸線と南側用水路の間につきましては、現在位置づけはされておりません。基本構想に位置づけられている地域の土地利用の見直しにつきましては、今後の人口の動向、農業との調和、郊外での開発抑制などを勘案して、それぞれの事業の実現可能性などを含め、具体的な内容を県にも相談しながら今後十分に検討をしていく必要があると考えております。その上で基本計画への記載内容についても検討をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 今質問した形の中で、国道4号、それから高野台から県営住宅のところまでというのは、第5次総振の中の基本構想の中では含まれている部分があると思うのですけれども、後期計画の中でこの2つの地域をもう少しワンステップ上げた形の中で計画を取り入れていっていただきたいなと思っていてこの質問したのですけれども、現状見てみますと、例えば旧4号線のところ、幸手は開発がかなり進んでいますよね。あそこの部分は、調整区域の中でも白地という部分が多くというか、ほとんど残してあって、計画できるような段階で早くからやっていて、商業施設が幸手にみんな持っていかれているのです。杉戸町の中の部分では商業施設というのがなかなか建ちにくい状況になってしまっているのです。ですから、ここを早目に計画を立てて、まだ需要、ニーズ的には杉戸から幸手の間というのが、商業施設ができる、魅力のある場所というように捉えているのです。杉戸町の人たちが幸手に買い物に行くとかほかに行くというのだったら杉戸町にとどめておく、これも町の活性化の一つかなと思っています。そういう部分も含めて、旧4号沿いは商業施設を含めた中である一定のエリアを開発できるように早く計画を立てて進めていくという、これを総振の中で位置づけを完全にしていっていただきたいと思っておるのです。4号バイパスのほうでは、まだこれからいろいろな計画あるでしょうけれども、こういう土地利用の基本的な考え方の中では大きな資源として捉えているのです。確かに農業資源としても有効かもしれませんけれども、商業的な部分、また住宅地的な部分を含めた中でももっと大きな資源になり得ると思っているのです、この土地は。農業としての資源だけではもうそれ以上進まないのです。そうすると、そういう地域というのはまたある程度限られてくると思うのです。だから、商業に利用できるような地域というのを、商業なり、また優良な住宅地に利用できるような、インフラが整ってきているようなところはそういう形で進めていく。それによって人口もふえてくるし、杉戸町から人口が流出していかないという部分も出てくると思うのですけれども、これを次の段階で早急に計画をしていっていただきたいと思うのですけれども、その辺の考えをちょっと伺いたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  国道4号沿いなどを商業エリアとして今後開発できるように具体的な検討をしていっていただきたいということかと思いますが、現在市街化区域のいわゆる編入ということで、杉戸屏風深輪産業団地の市街化区域の編入を現在手続を進めているというところでございます。その中で次の町としての市街化区域拡大等の検討につきましては、これからの人口の増減、現状では人口がふえているという状況ではございませんので、住宅系の市街化区域の拡大につきましては非常にハードルが高いのかなというふうに考えております。また、商業につきましては、沿道の開発に関しては都市計画法の改正等によりまして大規模施設の立地が非常に厳しくなっておるところでございます。さらに、農業振興地域と、農用地区域ということで農林との調整も非常に困難な状況となっているという課題がございます。そうした課題を踏まえまして、今後の市街化区域等の拡大のエリアにつきましては、県のほうとも随時情報交換をしながら、その可能性については調査研究等行っていきたいと考えております。総合振興計画の基本計画への記述につきましては、そういった計画が具体的に進んできた段階でないとなかなか記述するのは難しいというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 課長、ありがとうございます。これは難しいというのわかっていて、重々承知しながらちょっと質問して、一歩でも進むような形で町のほうに働きかけていきたいという部分がありましたので、その辺も含めて質問したのですけれども。

  私の家の近くの人たちでも幸手に移り住んでいる人結構いるのです。高野台の中ではちょっとお金が高いという部分が1つあったせいもあったのでしょうけれども、すぐ近くで、今幸手で、90坪以上で分譲できるような、白地の部分ですか、調整区域の中の、そこでの分譲で安く、そちらのほうに移り住んでいる、庭も広くとれますし、そちらのほうに結構移っている方もいるのです。ところが、杉戸町の場合はそういう地域が本当に限られていて少ないのです。もう本当に青地というところが多過ぎて、制限が強過ぎてしまうものですから、幸手はいっぱいありますから、そういう部分ではどんどん、どんどん幸手が開発していって住宅がふえていっています。こういう部分を含めた中で杉戸も白地の部分を拡大していって、杉戸町から外へ余り出ていかないで、同じ住宅地を買うのだったら杉戸町の中で移動してもらいたい。そうすれば、人口減の歯どめにはなりますし、逆に入ってくる可能性が高いという部分がありますので、そういう部分の提案も含めてこの質問になったのです。

  あと一つが南側から県道の間の部分、これを、なかなか皆さんちょっとわかりにくい部分があるのかな。地図でいいますと、南側と県道ですから、例えば永福寺を中心にしまして、永福寺の前に南側がありまして、その後ろ側に県道ありますよね。永福寺の横のラインのところは、一応は白地になっていると思うのですけれども、ここは住宅もかなりありますし、それから昔からのと、また新しく分譲されたりしていてふえてきているのですけれども、この辺はもう市街化に、県道の反対側が市街化になっていますし、編入してもいいのかなとは思っています。田んぼもあるわけではないですし、そういう部分ではクリアしやすいのかなと思っています。これを市街化にしてくれば、南側も含めて整備計画も進められるのかなと思っているのです。南側のところまで編入してしまえば、補助金もおりてくるというか、適用する補助金というのも出てくる。また、あの辺の方たちは下水も困っています。下水がなかなか接続できないという部分がありますから、あそこも市街化にして、下水と南側も一緒にあわせるという一石三鳥ぐらいの狙いで私はあそこやってもらいたいなと思っているのですけれども、市街化にすぐというわけにもいかないでしょうけれども、この辺を先行き市街化に編入していくというのは、今まで多分総振の中でも入っていないと思うのですけれども、そういう部分も今後考えていってもらいたいなと思って、その辺を今後考えの中に入れてくれるかお聞きしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  大字下高野地内の市街化区域への拡大の検討について、総合振興計画への位置づけをできないかということでございますが、担当課としましては、現在の総合振興計画を策定するときにはその地域は検討ゾーンとしては含めておりませんので、今後の位置づけにつきましては関係課とも相談をさせてもらいたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  11番、稲葉光男議員。



◆11番(稲葉光男議員) 今私がちょっと提案した部分を頭の中に常に入れておいていただいて、会議なり計画の段階の中では常にそれを思い浮かべながら進めていっていただければありがたいなと思っていますし、またそうしていただくように要望いたしまして、私の一般質問終わります。



○?田章一議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午後 1時56分



       再開 午後 2時10分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 一般質問を続けます。

  7番、坪田光治議員。

       〔7番坪田光治議員登壇〕



◆7番(坪田光治議員) 7番議員の坪田でございます。ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、通告書に従いまして順次質問していきたいと思います。

  質問事項1、振り込め詐欺から町民を守れ。質問要旨。警察庁のホームページによると、平成26年上半期の振り込め詐欺の認知件数は、前年同期に比べて約2割増加し、被害総額は約5割増加したとあります。被害に歯どめがかからない深刻な状況かと思いますが、以下質問します。

  (1)、県内及び町内の被害状況(予兆電話も含む)、また町の認識について。

  (2)、町として何か対策はとっているのか。

  (3)、警察との連携はどうなっているのか。

  (4)、自動で通話を録音する迷惑電話チェッカーを高齢者世帯へ無料で貸し出してはどうか。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)の被害状況についてでございますが、ことし1月1日から8月21日までの状況として、県内では614件の被害が発生しており、また未遂事件が76件発生している状況です。被害金額は19億1,500万円に上っているところでございます。杉戸警察署管内の被害状況につきましては、7件の振り込め詐欺事件が発生しており、被害金額は1,300万円でございます。この7件のうち2件は、杉戸町内で発生したものでございます。杉戸警察署管内における予兆電話につきましては、おおむね350件ほどの電話がかかってきているとのことでございます。

  また、町の認識についてでございますが、埼玉県警察本部の統計情報から、ことし上半期における被害は急増しており、昨年1年間の被害件数、被害金額に追いつく勢いで振り込め詐欺事件が発生している状況であり、町民の皆様に対しては被害等に遭わないよう積極的に情報提供に努め、注意喚起する必要があるものと認識しております。

  次に、質問要旨(2)の町としての対策及び(3)の警察との連携についてでございますが、振り込め詐欺事件の手口が年々巧妙化しているため、いかにして振り込め詐欺の手口に対して町民の方々の防犯意識を持ってもらうかが重要であると考えております。このため町では、杉戸警察署と地域安全のための相互協力に関する覚書の協定に基づき、杉戸警察署管内において振り込め詐欺事件が発生し、または発生するおそれがある場合には、杉戸警察署から町に対して情報提供が行われることとなっております。町では、警察からの情報を得た後、速やかに防災行政無線や杉戸町メール配信サービス「すぎめー。」を活用して町民の皆様に情報提供を行い、詐欺に遭わないよう注意喚起しているところでございます。また、杉戸警察署では地域課の警察官及びその家族により御用一座という寸劇団体を結成しており、オレオレ詐欺をを題材とした寸劇の上演により詐欺に遭わないよう啓発活動を行っていただいていることから、町のイベントにおいても御用一座を活用し、町民の皆様への防犯意識の向上に努めているところでございます。いずれにいたしましても、振り込め詐欺に関する情報提供や防犯活動については警察の協力が不可欠となっておりますので、今後も警察を初め、関係団体と連携を密にして、町民の財産を守ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 続いて答弁願います。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(4)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  高齢者世帯への迷惑電話チェッカーの無料貸し出しについては、市町村独自に希望世帯に設置する方法と、近隣の久喜市等で実施している電話会社のモニターになることを条件に市町村で公募して実施する方法があるようでございます。迷惑電話チェッカーは、警察等の行政機関から提供された迷惑電話番号や利用者が登録した迷惑電話番号をもとに、迷惑電話と判定された最新リストが専用のサーバーから携帯電話通信サービス提供会社のネットワークを利用して迷惑電話チェッカーに自動配信されることで迷惑電話を自動判別し、シャットアウトするものと聞いておりますので、高齢者が振り込め詐欺等の被害に遭わないために一定の効果が期待できるものと思われます。ただし、この機器を利用する場合は、モニターの場合は最長2年間無料で利用できますが、通常は月額700円の使用料が必要となります。さらに、モニターとしての利用に当たっては、自宅の固定電話が番号表示サービスを利用していること、モニター期間中のアンケートの協力、機器にかかる電気料や電話番号表示サービスの利用料金を負担できること、携帯電話通信サービス提供会社への個人情報の提供に同意できること等の条件があるようでございます。しかし、迷惑電話チェッカーを利用することで全ての迷惑電話を防止できるわけではありません。誰にでも簡単にできる迷惑電話対策として、在宅時であっても常に留守番電話を設定しておくことや電話番号表示サービスを利用するなどの自衛策をとっていただくことも大切かと思います。また、現在高齢介護課で導入している緊急通報システムも固定電話に装置を設置する方法をとっておりますことから、迷惑電話チェッカーと緊急通報システムの併設等についての調査も必要となります。この緊急通報システムのレンタル料は、65歳以上の脳疾患、心疾患を有するひとり暮らしの高齢者及び脳疾患、心疾患を有する高齢者世帯、90歳以上のひとり暮らし及び90歳以上高齢者世帯以外の利用者は有料となっております。したがって、迷惑電話チェッカーの無料導入については現時点では難しいと考えております。現在町では、援護を必要とする高齢者等が住みなれた地域で安心して生活ができるよう、地域住民、関係機関及び行政が連携し、地域全体で見守る杉戸町要援護者あんしん見守りネットワークを構築しており、このネットワーク全体会において、一昨年度は杉戸警察署による振り込め詐欺防止の寸劇を、昨年度は全国消費生活相談員協会による「高齢者を悪徳商法から守ろう」と題した講演を行いました。この全体会に参加された方々を通して、高齢者等が振り込め詐欺などに遭わないよう注意喚起を行ってまいりました。そのほかにも当課では老人クラブ講師派遣事業や高齢者サロンなどを所管しておりますので、今後さまざまな機会を捉え、振り込め詐欺などへの注意を促してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) まず、(1)での被害状況について説明がございました。杉戸警察署管内の被害状況では1,300万円で、2件は杉戸町内で発生したものというのですが、具体的な被害金額等がわかれば、宮代または杉戸ごとにわかればお願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  杉戸町管内における被害の状況、杉戸町、宮代別ということでございますが、詳しい内容については警察から情報はいただいておりません。現時点でわかっているのは、杉戸管内で7件で1,300万の被害があったと。また、そのうち2件については杉戸町で発生したという内容だけでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 1月1日から8月21日までで県内では614件、そして杉戸警察署管内では7件発生と。結構額も件数も多いのかなというふうに思います。それで、いろいろと、(2)、(3)にも連動するのですけれども、町の対策、独自の対策、そして警察との連携等もいろいろやっていただいているわけですが、それでもまだまだ被害が歯どめがかからない状況という現実がございます。基本的に第1次には警察が動くべき問題なのかなと思いますけれども、答弁にありましたとおり町民の財産を守るという観点からいけば、町でもいろいろとした対策、取り組みをしていかなければならないと考えております。そして、町では防災行政無線や「すぎめー。」等メールを活用して情報提供行っているとありますが、今後何か新しい取り組み等独自で考えていらっしゃるのでしょうか。お願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  町としての対策ということのご質問かと思います。先ほど申しましたとおり、現在町としては杉戸町のメール配信サービスを活用しての情報提供、またその他として防災関係団体と合同で実施する会合等を通じまして、御用一座という団体を利用した寸劇、またはチラシの配布などの注意喚起を行っております。また、町というわけではないのですけれども、杉戸管内防犯協議会という団体の事業を通しまして、防犯大会の開催や全住民に地域安全ニュース「ふるとね」というのを全戸配布いたしまして、そちらの啓発を行っているところでございます。また、同事業といたしまして、駅等においての街頭活動、防犯に関するチラシ等を配布しております。また、町の取り組みといたしましては、先日の課長会議を通じまして、先ほどの杉戸町くらしの会の寸劇、また御用一座の寸劇等を行っているという情報提供を、各課長を通じまして情報提供しまして、各課で所管するいろんな事業の中でこの寸劇を活用して防犯に対する啓発ができればということで担当課としては啓発活動に努めているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) いろいろとまた取り組みをしていただけるということなのですが、基本的に狙われる方というのはやはり高齢者が多いということで、私は一つの例として迷惑電話チェッカーというのを挙げさせてもらったのですけれども、そしてその中で高齢介護課長より詳しい答弁をいただきました。しかしながら、なかなか導入するのは難しいという答弁がございました。特に迷惑電話チェッカーだけにこだわるのではなく、今月の9月1日の「彩の国だより」でも振り込め詐欺に対する特集も組まれておりましたが、簡単に電話に自動録音システムをつけて、今からの会話は録音されますというアナウンスが流れて会話を録音するというそのシステムをつけるだけでも一つの効果があるというふうに聞いております。それぐらいであれば何か対策、お金もそんなにかからないし、できるのかなと思うのですけれども、その辺の臨機応変なる導入等は考えられないのかお聞かせいただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。

  平成26年8月1日現在、住民基本台帳による65歳以上の高齢者のみの世帯は4,418世帯でございます。そこに電話を録音しているというアナウンスが流れるだけでも予防の効果があるのではないかというご提案だったと思うのですけれども、4,418世帯、希望をとった場合にどれくらい希望が上がるかわかりませんけれども、かなりの世帯数でございますので、また導入に関してはどれくらいの経費がかかるかも、申しわけございませんが、現在把握しておりません。そういった中で、今後高齢者の方々からそういったものの設置の、町からの補助というのでしょうか、そういったものの要望がふえてくるようであれば、防犯を担当しております住民参加推進課と協議をさせていただき、検討させていただきたいなというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) その辺は、予算等もあるかと思いますけれども、費用対効果をよく考えていただいて、前向きに取り組んでいただければと思います。

  いろいろと町、そして警察との連携で、振り込め詐欺防止の寸劇、またいろいろな講演等も行っているということでございますが、なかなかそこに出向くというのは難しい人もいるし、一部の方が見るだけになってしまう可能性もあります。なので、高齢介護課長もおっしゃっていましたけれども、老人クラブ講師派遣事業とか高齢者サロンなどの場においてやはりいろいろと広報していくことが一番効果があるというか、重要なのかなというふうに思っております。振り込め詐欺についていろいろと記事等も読んだのですけれども、オレオレ詐欺にひっかからなかった事例として、月に1回程度やはり親に電話して声を聞いていたから、息子の声ではないというのがわかった。それで防止になったということもあります。ある警察幹部の話によると、高齢の被害者と連絡をほとんどとっていなかった息子ら家族にも責任があるのではないかというふうなちょっと厳しい声もありました。やはり家族内のコミュニケーションというのが一番結構大事なのかなというふうに思いますので、あらゆる会合で広報活動等をして、親子間で月に1回ぐらいは電話するように等言っていただいたほうが、それも効果があるのかなと思うのですけれども、その辺について答弁何かあればお願いします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  確かにオレオレ詐欺に遭わないためには家族同士の連携というのは大変重要であると認識しております。町といたしましても、いろんな機会を通じて、高齢者の方々等に対しましても広報を通じて、その中で家族との連携についてもPRしていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 町、そして警察との連携による取り組み等によりまして、今後詐欺被害が起きないことを願いまして、次の質問に移らせていただきます。

  ビッグデータ、オープンデータの活用をでございます。質問要旨。国は昨年、世界最先端IT国家創造宣言を発表し、その中でビッグデータ及びオープンデータの活用の促進を掲げています。埼玉県では、既に民間企業と連携してビッグデータを活用し、道路整備や防災対策に取り組んでいます。その一例として、ホンダのカーナビシステムを利用して走行データを分析し、急ブレーキ箇所を特定し、路面標示による注意喚起などの安全対策を実施したところ、急ブレーキ回数、事故件数ともに減少したとのことです。また、福井県鯖江市では、市ホームページで人口などの統計情報、市内公園等のトイレ情報や災害時の避難所の位置情報や市内のAED情報といった施設情報、鯖江百景の位置情報等の観光情報、議会情報、文化財情報、市内ワイファイ設置場所、バス情報などを提供しています。ビッグデータ及びオープンデータの活用により、町民の利便性向上や新規産業の創出、経済活性化などが期待できると思いますが、町の考えをお聞きします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。質問事項2につきまして、事務を担当しております私からお答えさせていただきます。

  ご質問のとおりビッグデータとは、企業や行政が保有する膨大なデータの集積物のことであり、近年これらを解析、活用することにより、新たなサービスを創出させようという動きがございます。また、オープンデータは、データの所有権などの制限を外して全ての人が望むように利用することが可能になるという考えであり、行政が保有するデータを機械判読に適したデータ形式で一般に公開し、社会が効果的に活用することにより、新たな産業やサービスを創出させようとするものでございます。ビッグデータの活用例といたしましては、議員のご質問にもございましたが、埼玉県と本田技研工業の取り組みのほか、鳥取県による産業連関表の作成などもございます。一方、オープンデータでは、鯖江市のほか流山市、横浜市等の活用例があるところでございます。しかしながら、ビッグデータ、オープンデータの活用につきましては、個人に関する情報の取り扱いや公開データの形式等、運用面での課題もあることから、先進自治体での取り組みを踏まえ、研究をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) ただいま課長から答弁もありましたけれども、ビッグデータの定義なのですが、総務省のホームページによりますと、情報通信技術の進展により生成、収集、蓄積等が可能、容易になる多種多様なデータのことを指しております。そのビッグデータを活用することにより、異変の察知や近未来の予測等を通じ、利用者個々のニーズに即したサービスの提供、業務運営の効率化や新産業の創出等が可能とあります。ビッグデータという、また横文字なのですけれども、聞きなれない方もいらっしゃるかと思いますけれども、その事例としては、Amazonという通販サイトがありますが、そこで買い物をしたときに下のほうにこの商品を見たお客様はこれも見ていますなどのお勧め機能というのが出てくると思うのです。とか楽天とかヤフーとかなどの各種の閲覧履歴からの広告機能、そしてNTTドコモでは、基地局エリアごとの携帯電話台数を顧客の属性別に数え、災害時に向けた帰宅困難者数の推計等も行っているとあります。ことしNHKスペシャルでもビッグデータを取り扱った帰宅困難者をどう捉えるかというスペシャルやっていましたけれども、いろいろそういう情報の集積を利用しようという動きが活発となっております。

  先ほど埼玉県は本田技研工業と提携し、安全対策事業を実施したと述べましたけれども、もう一つ、トヨタ自動車なのですが、テレマーケティングサービスを利用して収集、蓄積した車両の位置や速度、走行状況などの情報を含むビッグデータをもとに加工した交通情報や統計データなど、自治体や企業が交通改善や地図情報の提供、防災対策などに活用できる新しい情報提供サービス、ビッグデータ交通情報サービス等も開発したと聞いております。このサービスは、利用する自治体が各種施設情報や業務用車両などの現在地を地図上に重ね合わせて表示したり、スマートフォンから地図上に現地の情報や画像を投稿できる機能も有しているということでございます。これが何ができるかというと、災害時には避難所などの施設情報に加え、スマートフォンを有する防災職員、緊急車両、災害支援車両等の位置を地図上に表示可能で、スマートフォンから防災職員が投稿した被害情報や救援要請などを自治体の有するハザードマップなどに重ね合わせて見ることができるため、被害状況の把握や復旧活動に役立てることが可能となっております。こういった先進的なデータサービスを利用し、企業とコラボすることにより、町民の利便性を向上させ、杉戸町はちょっと違う、そして先進的だと思われるような施策をぜひ考えられないかと思いますけれども、その点についてご答弁願います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。

  企業との連携によりビッグデータを使って行政サービスあるいは防災等に役立てられないかということでございますけれども、先ほど事例にございましたようにいろんな形でこのビッグデータを活用されている事例がございます。そしてまた、町の政策にも使っている事例もほかの自治体でも聞いております。そういったさまざまな、これからこのデータを活用していろんなサービスあるいは防災等にも活用できるということも認識しております。どのようなことができるのか、どのような企業と連携をしていくのか、さらに研究を進めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 今は、ビッグデータの自治体での利用方法、また利用に向けてどういうふうにやっていけるかということを質問したわけですけれども、次にオープンデータなのですけれども、オープンデータというのは先ほど課長が言われたとおり、行政が保有するデータを機械判読に適したデータ形式で公開し、新たな産業やサービスを創出させるというものなのですが、そういったことを実現するためには、課長がおっしゃっているように大前提としてデータを2次利用できるようにそれぞれの電子データの形で提供することが重要となってきていると思います。先ほど鯖江市の例を挙げましたけれども、鯖江市ではデータシティ鯖江というところがありまして、そこの互換性のあるコンピューター言語、形式であるXML、RDFというような形式によってオープンデータ化を推進し、またそれによってさまざまな賞を受賞しております。そこで、当町を見ますと、それぞれエクセルファイルなどの電子データなどで提供している公共データというのはほとんどないというふうに見受けられます。ゆえに2次利用がなかなかできないようになっていると思います。今後町は、ファイル形式等に配慮した公共データの公開、そして拡大について進めていく考えはないのかお聞かせいただきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。

  オープンデータについて、町で今データを公開しているものにつきましてはエクセル等ではないということで、なかなかオープンデータになっていないというようなことかと思いますが、今後そういったことに取り組んでいくのかということのご質問かと思います。現在ホームページでは、主にPDFというファイルによりまして情報提供しているところでございます。これは、データ閲覧という点では非常に有効でございますけれども、データの再利用という点では利用がしにくいものでございます。今後は、エクセルファイルやCSV、そしてPDFにとらわれずデータの活用を検討していきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) なかなか難しいかと思いますけれども、杉戸町のホームページ、下のほうに行くと地図情報サービスがあると思います。そこの部分がせっかくあるのですから、もっと使い勝手のいい、町民にとってここに何があるのかというのが一目でわかるようにもっと改良していただいて、町民の利便性の向上に寄与していただきたいと思います。その意気込みのほうをもう一度お願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。

  オープンデータ化に向けて使いやすいデータをということでございますけれども、先ほどリスクの面についてはちょっと申し上げなかったのですけれども、データをオープン化することによりまして、データの整合性の責任とか、あるいは著作権についてのルールづけの明確化など、利用規約も整備する必要もあるかと思います。そういったことも含めまして、研究課題として取り組んでいきたいというふうに思っております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午後 2時45分



       再開 午後 3時00分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 一般質問を続けます。

  13番、須田恒男議員。

       〔13番須田恒男議員登壇〕



◆13番(須田恒男議員) 13番の須田でございます。発言の許可をいただきましたので、ただいまより一般質問を行います。

  まず1点目は、介護保険はどう変わるのかご質問いたします。平成26年6月18日、医療介護総合確保推進法が成立をいたしました。地域における医療及び介護の総合的な確保の推進に関する法律が改正になったところでございます。これは、高齢化の進展に伴う社会保障と税の一体改革を目指しており、来年4月から実施をされます。そこで、これの導入に当たって当町での取り組み内容について以下お伺いをいたします。

  (1)、この法律による介護関係での変更点は。

  (2)、改正にかかわる問題等に関し、町内の介護事業者との確認課題はどうなっているのでしょうか。

  (3)、保険料、利用料でありますが、2倍になる内容と現在利用されている方の実態はどうなるのかお伺いいたします。

  (4)、特別養護老人ホームへの入所基準が要介護3以上になります。このことによる問題点は出てくるのでしょうか。

  (5)、現行世帯分離による軽減策を求める利用世帯がございます。今後はどうなっていくのでしょうか。

  (6)、現行要支援1、2の方は、介護保険の予防給付でございます。改正では町の裁量となりますが、町の取り組み方針をお伺いをいたします。

  以上であります。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(6)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)の介護関係の変更点につきましては、地域包括ケアシステムの構築と費用負担の公平化として次の5項目がございます。?、在宅医療、介護連携の推進などの地域支援事業の充実とあわせ、全国一律の予防給付のうち、訪問介護サービス及び通所介護サービスを地域支援事業として市町村が取り組む事業に移行し、多様化が図られます。?、特別養護老人ホームについて、在宅での生活が困難な中重程度の介護度3以上の要介護者を支える機能に重点化されます。?、低所得者の保険料軽減が拡充されます。?、一定以上の所得のある介護サービス利用者の自己負担が1割から2割に改正されます。?、低所得者の施設利用者の食費、居住費を補填する補足給付の要件に資産などが追加されます。

  次に、質問要旨(2)、改正に係る問題点等に関する町内の介護事業者との確認課題についてでございます。今回の介護保険制度改正の説明会は、7月28日に厚生労働省主催の都道府県に対する全国介護保険担当課長会議があり、それを受けて8月18日に埼玉県による市町村等介護保険担当課長会議が開催されました。この説明会を受け、現在町としての方向性及び課題を整理しているところであります。今後しかるべき時期に町内の介護事業者への説明の場を設けていきたいと考えております。

  次に、質問要旨(3)についてでございますが、介護サービス利用料が1割から2割に変更となる方は、前年の合計所得が160万円以上の方が対象になり、平成27年8月から適用されます。参考に、年金収入のみの場合は年間280万円以上の方が対象となります。また、現在介護サービスを利用されている方で利用料が1割から2割へ変更になる方は、平成25年中の所得で想定いたしますと133人となります。

  次に、質問要旨(4)、特別養護老人ホームへの入所基準が要介護3以上となることについては、限られた財源の中でより入所の必要性が高い方を入所しやすくするよう、居宅での生活が困難な中重度の要介護高齢者を支える施設としての機能に重点化を図ったものでございます。しかし、要介護1及び2の方についてもやむを得ない事情等が認められれば入所可能であることから、特段問題はないものと考えております。

  次に、質問要旨(5)、世帯分離による軽減策を求める利用者世帯についてでございますが、現在は介護サービス利用者が世帯分離した場合には、世帯分離前の状況にかかわらず、本人が住民税非課税であれば特定入所者介護サービス費の軽減の対象になりますが、平成27年8月から配偶者については民法上他の親族の扶養義務より強い生活保持義務があるとの解釈から、世帯分離されたとしても配偶者の所得を勘案することになります。

  最後に、質問要旨(6)、要支援1、2の方の介護予防サービスのうち、訪問介護と通所介護の2つが平成27年度から市町村の事業に移行されますが、これには経過措置があり、準備が整った市町村から順次実施し、平成29年度には全ての市町村で実施することとなります。地域支援事業して、訪問介護と通所介護サービスの内容や利用料金は町が決定することになります。サービスにおいては、既存の介護事業所によるサービスに加え、NPO法人、民間企業、住民ボランティア、協同組合等による多様なサービスが提供可能となり、効果的、効率的な事業が可能となってきます。そのため介護予防サービスに関する町内の資源を調査し、今年度策定する次期介護保険事業計画の中で検討するとともに、今後の国や近隣市町の動向を踏まえながら、町民のニーズに合った介護予防サービスが提供できるよう、利用料を含め調査研究してまいります。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 何点か教えていただきたいのでありますが、133人の方が利用料が2割に引き上げになるということでございます。この方への周知というのは、役所関係ではどのように進んでいくのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。

  先ほど133人と申し上げましたのは、現在介護サービスを利用している方で、平成25年度中の所得で想定いたしまして、利用料が1割から2割に変更になる方の数なのでございますけれども、前年度の所得により判定をされることになりますので、来年の8月からこれは導入されますので、その前に所得が確定した段階で利用料、2割になる方については個別に周知をさせていただくことになると思います。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 高額介護サービス支援制度というのがございますけれども、2割に引き上がった方については、1から4段階に分かれていますけれども、高額な金額を払ったということでの上限があるわけですけれども、この辺の数字というのは2割に上がった方についても同様だというふうに理解をしておいてよろしいのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。

  先ほど一定以上の所得のあるサービス利用者の方の自己負担が1割から2割に改正されますということ答弁させていただいたわけでございますけれども、利用者負担の月額上限が設けられておりまして、利用者負担が2割になる方全員が2倍の負担になるというものではございません。高額介護サービス費の月額の上限は、4万4,400円となる予定でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 次に、実は今回この質問をしたというポイントは、例として聞きたいのでありますが、昨年12月時点に特別養護老人ホームにある方が入所しておったと。介護認定審査会で要支援になってしまったと。介護施設を退所しなくてはならなかったという、そういうことがあったようにお聞きをしています。そういう意味では、介護認定審査会のいわゆる調査員とお医者さんを含めての中では、施設利用を望んでいる方については大変厳しいものが、判定によって入ることができる、あるいはできないという、そういう状況があったようにお聞きをしております。こういったことが今度介護度3になっていきますと、そこら辺に位置する利用の方については、判定に大変一喜一憂をするという、そういう状況が生まれてくるのかなというふうに感じました。そういったところを私ども、認定審査会は非公開で、出席をすることは不可能でありますから、そこら辺の状況というのは、杉戸町では昨年私はあったように聞いているのですが、担当課としてはどのようにお受けとめになっているのか。そういった事例が出てきたときに、杉戸町としての対応、いわゆる温情といいますか、対応はどのように考えられるのかお伺いをしておきたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えをいたします。

  まず、昨年の12月に要介護の判定を受けていた方が更新の申請、更新時の認定において要支援になったために特別養護老人ホームにいられなくなった事例があったということなのですけれども、申しわけございませんが、そういった個々の事例については私承知をしていないところであります。そもそも介護保険サービスは、介護度が進まないように、あるいは状態が、介護度が軽くなるようにサービスを使っていただくといいますか、サービスの利用の結果、介護度が進まない、あるいは介護度が軽くなるということが介護保険サービスだと思いますので、単に介護度が軽くなったということだけを見れば適切な介護保険サービスを利用していただいて介護の状態が軽くなったのかなと思うところなので、その部分だけを見ればよいことなのかなというふうには思うところです。

  先ほど介護認定審査会の話が出ましたけれども、介護度を決めるに当たりましては調査員による調査表と主治医意見書、その2つの資料をもって介護認定審査会において介護度が決定されるものでございます。ですから、特養に入っている方がその結果によって出なくてはならなくなったと。そういった場合、町の温情はないのかというお話はございましたけれども、そもそも介護保険サービスでございますし、介護度の決定は町が行うというよりも介護認定審査会で行っていただいているものなので、そういったものはないというふうにしかお答えできません。

  先ほど特別養護老人ホームへの入所の基準が原則要介護度3から2に変更されるわけですけれども、現在入所している方については、要介護1あるいは2の方で入所している方については、引き続き入所できることになっておりますので、ただそういった方も先ほどの事例で挙げていただいた方のように要支援になった場合には、残念ながらご利用できなくなってしまうということありますけれども、現在介護度1、2で入所されている方は引き続き入所をしていただくことができますので、よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 今待機者が80人いらっしゃるということで、他の議員の方の資料で確認をさせてもらったのですが、このうち介護度4、5の在宅の待機者というのは何人いらっしゃるのでしょうか。教えていただきたいのであります。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。

  平成26年4月1日現在で杉戸町の要介護者で特別養護老人ホームの入所待機者は80名となっております。待機者のうち在宅及び医療機関に入院中で待機されている方は39名です。先ほど議員さん要介護度4、5というふうにおっしゃられたかと思いますが、申しわけございませんが、今手元にありますのは要介護3以上の数ですので、それでご容赦願いたいと思うのですが、要介護度3以上で限定いたしますと32名となっているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) そうしますると、1、2は経過措置として特別養護老人ホームにこれからも改正になっても入っていることができるわけですけれども、今後新規に要介護1、2を受けて、なおかつ居宅での生活が厳しいという、そういうご家庭があると思うのです。杉戸町は、介護老人保健施設のすぎとナーシングとか介護療養型医療施設の今井病院とか、あるいは特別養護老人ホームのショートステイ、あとはグループホーム、こういったところに生活が難しいという人は流れていくのだろうというふうに思うのですけれども、そういったところを担当課としては改正導入に当たってどのようにフォローをしていこうという、そういうお考えというのはお持ちなのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 要介護1及び2の方についてなのですけれども、来年度から特別養護老人ホームの入所について要介護3以上というふうになるわけですけれども、要介護1、2の方の特例入所の要件を申し上げますと、まず1つが認知症により日常生活に支障を来すような症状、行動、意思疎通の困難さが頻繁に見られる。あるいは、知的障がい、精神障がい等で日常生活に支障を来すような症状、行動、意思疎通の困難さが頻繁に見られる。それから、家族等による深刻な虐待が疑われる等で、心身の安全、安心の確保が困難であること。それから、単身世帯である、同居家族が高齢または病弱等、家族の支援が期待できず、かつ地域の介護サービス、生活支援の供給が十分認められない。以上の4つの理由で在宅での生活が困難な方が対象になってまいります。特養ホームの入所要件に当てはまらない、あるいは当てはまらなくなったけれども、在宅での生活が困難であるという場合には、地域包括支援センター、相談窓口を持っておりますので、地域包括支援センターのほうにご相談いただきまして、どういった介護保険サービスあるいは福祉サービスが利用できるか、そういったことも含めまして、その方が在宅で生活ができるようにご相談に乗らせていただいて対応していくことになると考えておりますので、何かご心配なこと等ありましたら地域包括支援センターにご相談いただきたいなというふうに考えております。

  それから、ちょっと前後してしまうのですが、先ほど再質問いただいた中で、私待機者のうち在宅及び医療機関に入院中で待機されている方は39名というふうに申し上げたのですけれども、なぜ39名と申し上げたかというと、実際に有料老人ホームですとか何らかの施設に入っている方については、すぐに行く場所に困っているという状況ではないので、必要性の高い方は39名というふうに私ども捉えておりますので、それで39名というふうに申し上げました。その中で介護度3以上で限定をいたしますと32名ということになります。ちょっと説明が不足しておりましたようですので、つけ加えさせていただきます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 質問の(5)のところで世帯分離の関係でお伺いしておきます。

  今現在これを利用されている人数は何人なのでしょうか。今後課税所得があれば食費や部屋代の補助は打ち切るということらしいのですけれども、これの周知というのはどうなされるのか、2つ質問をお願いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 お答えいたします。

  世帯分離ということは、ご夫婦で世帯が違うということで限定をさせていただきますと、そういった意味では配偶者の有無については今後申請書により把握していくことになりますけれども、現時点では現状は把握できておりません。今後制度が変わりましたら、必要に応じ戸籍の照会をすることができるようになるようでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 要支援1、2が今後町の施策で問われてきます。これは、答弁ですと29年度までは大丈夫だということなのですけれども、おおよそ杉戸町としてはこれへの取り組みという、骨格、これは何年後ぐらいを予定をされているのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  高齢介護課長。

       〔武井喜代美高齢介護課長登壇〕



◎武井喜代美高齢介護課長 地域支援事業につきましては、移行期間が2年間あるわけでございますけれども、先ほどご答弁申し上げたかと思うのですけれども、今町内等でサービスを提供していただける事業所、どういった事業所等があるか調査をしているところでございます。また、これは最終的には市町村で決めることなのですけれども、少なくとも近隣と余りに格差がありましても、いい意味でならばいいとは思うのですけれども、違った意味で格差がありましても住民の方の不利益にもなりますので、近隣の状況を見ながら、またどういった事業所さんからどのようなサービスを提供いただけるか、そのようなことを見ながら今後検討していくことになりますので、申しわけございませんが、現時点では申し上げられることはございません。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 最後に、今課長答弁されたように、そういう事業参加をするという方がいっぱい出るように、やっぱり民間にこういった仕事でどうなのかという、そういうことを知らしめるという、そういうことをこれからやっていただきたいなというふうに思っています。

  9月11日の日経新聞読みましたら、在宅での家庭介護をする家族の3割が介護を続けていけないという、そういうことが報道にありまして、なかなかここに移行するというのは大変厳しいのかなというのは個人的にも受けとめているところでございます。今度要支援1、2は町の施策になりますから、ぜひとも町長には、やっぱり子育て日本一ということで言われましたけれども、今度は杉戸町をついの住みかに、杉戸町で住んで、ああ、楽しかったね、よかったねと言える、そういうまちづくりもあわせてこの施策の中でやっていただくことを強く要望をさせていただきたいと思います。

  続いて、空き家条例制定に向けてに入らせていただきます。町では、国の動向を見て早期の空き家条例制定を予定しているとのことでありますが、条例の中身をどのように考えているのかお伺いをいたします。

  (1)、国の情勢をどのように判断していますか。

  (2)、町内の空き家数を把握していらっしゃるのでしょうか。

  (3)、やむなく建物の撤去を実行する条例文が入ったとしても、その前に建物を再利用した少子高齢化対策の取り組みを考えられないのかお伺いをいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。質問事項2、質問要旨(1)及び(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  質問要旨(1)の国の情勢をどのように把握しているのか、(2)の町内の空き家数は把握しているのかについて、あわせてお答えいたします。国の空き家に対する情勢でございますが、2013年のデータによりますと、全国で空き家が約820万戸、そのうち放置された空き家は約318万戸に上っている状況でございます。当初国においては、空き家対策特別措置法案をさきの通常国会での成立を目指していたところですが、新聞法道等によりますと秋の臨時国会への提出を目指すとのことでございます。法案の内容といたしましては、立入調査ができる権限を市町村へ与えていることや解体などの命令に従わない場合に行政代執行により解体できる規定が盛り込まれるとのことでございますが、固定資産税優遇措置の問題については、関係省庁の調整がつかず難航しているとのことでございます。町といたしましては、行政代執行を実施するタイミングや費用対効果、固定資産税額の優遇措置解除などにより空き家の解消が進みにくいなど、幾つもの課題が起こり得ると考えておりますが、現時点では従来のとおり所有者に適正な維持管理をしていただくよう通知をしているところでございます。今後の条例制定に係る事務についてでございますが、これまでの町の取り組みによる住民からの相談状況や空き家所有者の施設改善状況、また既に条例を制定している先進自治体での実効性や運用状況などの情報収集を進めるとともに、平成25年10月に埼玉県が示した空き家対策指針を基本として条例の制定を計画しておりますが、現時点ではまず国が進めております空き家対策特別措置法案の動向を十分に踏まえた上で、条例制定の是非を含め検討してまいりたいと考えております。

  次に、空き家の把握についてですが、当課においては平成24年度以降から町内の空き家に関する相談や問い合わせにより空き家建物数の把握に努めておりますが、平成26年8月現在で36件を確認しております。この件数は一般住宅等の件数であり、店舗や事業所、共同住宅等は含んでおりません。今後も改善のされない空き家につきましては、継続的に適正な維持管理に努めていただくよう所有者にお願いしてまいります。

  以上でございます。



○?田章一議長 続いて答弁願います。

  政策財政課長。

       〔門脇利夫政策財政課長登壇〕



◎門脇利夫政策財政課長 お答えいたします。質問要旨(3)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  やむなく建物の撤去を実行する条例文が入ったとしても、その前に建物を再利用した少子高齢化対策の取り組みを考えられないのかとのご質問でございますが、今後も増加が予想される空き家の再利用、特に少子高齢化対策に有効活用することについては、必要な研究課題であると認識をしております。一方、空き家の活用をスムーズに進めるためには、空き家情報の収集、空き家入居者の募集、空き家の利活用に対する契約の締結等、段階別にさまざまな取り組みが必要になると考えております。不動産物件の評価、不動産取引に関する仲介業務など、行政として対応が困難な分野もあり、行政が実施できない機能を補完するパートナー、例えば町内の不動産業者や自治会等と連携し、空き家活用の仕組みづくりを行うことが重要となると考えております。また、中古住宅の流通が促進されていない中で、当町の空き家に住みたいというニーズがどれぐらいあるか、事業の費用対効果は見込めるのか等、十分検討をしなければならない事項もあろうかと思います。そうしたさまざまな研究、検討課題がある中で、現時点では空き家の少子高齢化対策の活用については具体的な考えはございませんが、引き続き関係課等と先進成功事例等を研究してまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 国でも今度の秋の国会のほうに出すという動きのようでありますが、その中においても懸念材料は、条例文に撤去に対して行政代執行、これをやったとしてもお金の徴収が見込めない中でそういう条文を入れても本当に実効性があるのかなというふうに思うのです。その意味では、そこら辺の国の動きがどうなるか予断を許さないのですけれども、固定資産税を10年なりとか引き延ばしをするとか、やっぱりそういう動きを自治体からしていかなければ、声を上げていかなければいけないのかなというふうに思います。この近くにも自民党の代議士がいるわけですから、そういったところに条例を入れても、そういったものを入れていかないとなかなか実効性ある条例にはならないということを今後担当課も、あるいは町長もやっぱり言っていく必要がここのところにはあるのではないかなというふうに思っています。それは、要望としてお願いいたします。

  この関係について、今いろいろな民間が、国交省などの取り組みで空き家管理等基盤強化推進事業を推進する支援の対象団体、こういった募集等をやって、それにエントリーをしているという状況があります。ですから、担当課としてもこういったお金が出る、空き家対策に関係するものについては広く連携を図って、やっぱり杉戸町民が安心して過ごせる住環境確保に向けてこういったものもやっているのだということに取り組んでほしいのでありますけれども、そういった取り組みをする方針というのは今現在あるのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  国交省が行っている空き家の対策の一環とした補助制度の内容かと思います。当課におきましてもその内容について精査いたしまして、町の状況で対応できるかと確認したところ、一体的な整備でないと該当しない状況でございます。結果的には、その補助制度については採用できないという結果となっておりますので、現時点ではその他の補助制度は確認されておりませんので、そのような状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) そういう状況を知り得ての今の答弁だというふうに思いますけれども、やっぱりこういったものは今全国的に課題になっているわけですから、違った形の補助を伴った取り組みを、提案というのが当然出てくるのだろうというふうに思うのです。そういったものはアンテナを高くして、やっぱり民間を募るとかということを担当課でも骨折っていただきたいなということを申し上げます。

  3番目の質問、高野台地内の歩道整備を急げ。高野台のまちづくりは、昭和62年、1987年でありますが、西地区特定区域整備事業が終了し、27年の歳月が経過をいたしております。インフラ整備につきましては、昨年来町道756号線、通称くすの木通りでありますが、の整備に大々的に取り組まれまして、景観が一遍をしております。しかし、至るところで疲弊が生じてきています。その1つが安心、安全な歩道に亀裂や根っこを原因とする盛り上がりが発生をしているためであります。担当課でも調査をしているというふうに思いますが、危険な状況になりつつあると私は判断をし、日ごろ見ております。そこで、伺います。

  (1)、住民の声は。

  (2)、来年度整備方針を予算化する考えは。

  (3)、樹木の根による盛り上がりの整備費はおおよそ幾らなのか。

  (4)、ケヤキの木にかわる植樹を考えてはいかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(1)から(4)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  質問要旨(1)、住民の声はについてでございます。高野台地内の歩道には、ケヤキや桜、クスノキなどが植樹され、緑に親しめる空間や潤いの創出に役立っているものと考えております。しかし、その一方で、議員ご指摘のとおり、樹木の根の成長などにより舗装のひびや盛り上がり、また縁石のずれなどが各路線で発生しており、地元区長、高野台小学校、西小学校の先生方や父兄の皆様から改善のご要望をいただいております。改善要望をいただいた路線のうち、桜並木があります町道748号線や町道781号線の歩行者自転車専用道路と天神児童公園脇の町道717号線につきましては、部分的ではございますが、これまでに舗装の補修を実施し、通行の安全確保に努めております。

  次に、質問要旨(2)、来年度整備方針を予算化する考えはについてでございます。高野台地内の各歩道における樹木の根の影響による舗装等の損傷は、樹木の成長に比例して今後ますますふえるものと推測されます。このため路線ごとに全体的な補修の方針や計画を立てなければならないものと認識はしております。現在は、その対策としまして道路維持補修のための舗装補修工事費の予算の中で部分的な補修を実施をしております。今後は、全体的な補修について損傷状況を見きわめた上で路線ごとに整備計画を策定し、その時点の財政状況に合わせて予算化を検討してまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(3)、樹木の根による盛り上がりの整備費はおおよそ幾らなのかについてでございます。これまでに実施した整備費用で申し上げますと、整備の規模にもよりますが、軽微な根の処理と舗装の補修をした場合、1カ所当たり2万5,000円程度でございます。高野台駅西口前の町道756号線のクスノキ周りでは、全摘に根の処理を施し、舗装補修を実施しております。この際の整備費は、1カ所当たり4万円程度となっております。

  最後に、質問要旨(4)、ケヤキの木にかわる植樹を考えてはいかがかについてでございます。高野台地内の街路樹のケヤキは、主に町道?級4号線と町道?級5号線のいわゆる外周道路に植樹がされております。ケヤキは、根の問題のほかに落ち葉や木の成長に伴って日照や見通しの問題などもございますし、特に落ち葉の清掃では地元の皆様方にご協力をいただいており、維持管理が大変難しい面もございます。しかしながら、現時点では他の植栽にかえるという考えはございません。しかしながら、今後は樹木の成長に伴う舗装への影響を抑える樹木の維持管理方法や植栽の取り扱いなどについて、先進的な取り組み事例の情報を得るなどし、研究を行ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) 担当課でも調査をしていただいて、今答弁いただいたように、部分的でありますけれども、整備をされているということお聞きしました。私もその点については確認をしている一人でございます。残念ながらこの整備をしたところ、もう亀裂が入っているというところもあるのです。まだそれほどひどい盛り上がりではありませんけれども、一、二年のうちにはまた盛り上がってしまうのではないか、亀裂が入ってしまうのではないか、大きく、そういうところもございますので、イタチごっこかなというふうに感じております。

  ケヤキを今さら?級5号線と?級4号線なぜ植えたのかというの聞いても仕方がありませんけれども、維持管理費がかかるということは当然わかっていたわけなのですけれども、前課長はケヤキの剪定を、いわゆる強制剪定をしてくれたのです、ケヤキを。ケヤキというのは、伸び伸び天に向かっていくというのが、ああ、すごいな、ああ、雄大だなというふうに地元民は感じるのですけれども、今のがちがちに強制剪定したケヤキについては、あれはケヤキというふうに見ないです。見られないです。そういう意味ではケヤキ本来の木というのが、地元民では落ち葉が少なくなってよかったなというふうに思っているだけで、何らかの木にかえられるものならかえてほしいという、そういう希望というのは根強くあるということは承知をしておいていただきたいのです。大変ケヤキも育つのです。いわゆる幹が太くなるという、そういうことで3本、4本連なっていると大変見通しが悪いという状況が、声が届いているというふうに思うのですけれども、そういったところは担当課では今後どのように考えていらっしゃるのかお伺いをいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  ケヤキの木が密に植わっているということに関して、間引き等の検討をしてもいいのではないかという趣旨かと認識をしておりますが、その件に関しましては、外周どおりのケヤキについては、議員おっしゃるとおり多少間隔が一部狭くなっているという部分も見受けられるかというふうには認識をしております。また、ケヤキが大きくなって日が当たらないですとか、落ち葉が落ちて地元の方々が収集していただいていますが、そのあたりの維持管理の難しさもあるということは認識しております。その一方で、散策をされている方もいらっしゃって、その方々にとっては日陰にもなったり、緑に親しむことができる歩道であるということも一方でございます。また、枯れ木等については強風によって倒木のおそれがあるなど、民家の損壊や人命にかかわるということもありますので、こういったものは伐採について実際に行っていますし、今後も必要に応じて実施をしていきたいというふうに考えております。また、間引きにつきましては、地元の方々のご意見等もございますので、地元の方のご意見を伺いながら適切な維持管理に努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) ぜひ地元の意見を聞く時間をつくってください。そのように私もこの質問を終えた後地元の区長さん等にはお話をしておきたいと思いますので、担当課からもよろしくお願いをしたいと思います。

  根上がりによってもしお年寄りがけがをしてしまったと、そういう事例が発生する危険性高いのです。そういったときにはどうなるのでしょうか。現認者がいないと、1人でお歩きになっていると、そういった場合の対応というのはどのようにすればよろしいのでしょう。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  歩道の根上がりによって高齢者の方が転んだりするという危険性があるということでございますが、その場合、明らかな道路管理瑕疵があるということが認められる場合には、町のほうで損害賠償に応じる必要があるかと思います。個別具体なことにつきましては、この場では申し上げられませんが、そういったご相談がある場合には当課のほうまでお話をしていただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  13番、須田恒男議員。



◆13番(須田恒男議員) ケヤキにかわってハナミズキとかヤマボウシ、ヤマボウシは金額が安いらしいのですけれども、エゴノキ、ヒメシャラ、やっぱりこういった木を植えていくようにしたほうが、ランニングコストを今後考えると私的には財政的にも助かるのかなというふうに思っています。当然にして歩道の損傷というものも、大変大きくならない木でありますから、被害、亀裂等の、あるいは盛り上がり等の被害が少ないということで、それは課題としてお伝えをしておきますので、ぜひともそういう対応を町長から、お金の配分があったときには根っこを4万円引き抜いて、その後にその木を入れていくなりの対応をしていただければありがたいと思います。

  あと1点、久喜市では街路樹等の管理及び選定に関する条例が平成14年3月に議員提案で制定をされたというのを新聞で見ました、教育新聞で。やっぱり植える樹木を地元の人が決めるのだと、こういう条例なようです、新聞によると。たまたまきょう新聞読んで、あ、これは幸いだということで今披露しているのですけれども、そういった事例が近隣にありますので、地元の人は大きなケヤキというのはもう辟易だよという声が強くあるわけですから、やっぱり地元の人が木を選んで景観を一新するというのもこれまた協力、協働の一つにつながっていくのかなというふうに思いますので、研究するところが近くにございますので、ぜひとも活用して、よりよい住環境整備に役立てていただければ幸いでございます。

  以上で一般質問を終わります。ありがとうございました。



                          ◇                        





△延会について



○?田章一議長 お諮りいたします。

  本日の会議はこの程度にとどめ、延会したいと思います。これにご異議ありませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○?田章一議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本日の会議はこの程度にとどめ、延会することに決定いたしました。



                          ◇                        





△次会日程の報告



○?田章一議長 明4日は、午前10時から本会議を開きます。



                          ◇                        





△延会の宣告



○?田章一議長 本日はこれをもって延会いたします。

  お疲れさまでした。

       延会 午後 4時00分