議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 杉戸町

平成26年  6月 定例会(第2回) 06月11日−一般質問−04号




平成26年  6月 定例会(第2回) − 06月11日−一般質問−04号







平成26年  6月 定例会(第2回)





            平成26年第2回杉戸町議会定例会 第7日

平成26年6月11日(水曜日)
 議 事 日 程 (第4号)

 1、開  議
 1、一般質問
     5番  都 築 能 男 議 員
    12番  宮 田 利 雄 議 員
     7番  坪 田 光 治 議 員
     3番  大 橋 芳 久 議 員
 1、次会日程の報告
 1、散  会

午前10時00分開議
 出席議員(14名)
     1番   平  川  忠  良  議員       2番   伊  藤  美 佐 子  議員
     3番   大  橋  芳  久  議員       4番   窪  田  裕  之  議員
     5番   都  築  能  男  議員       6番   勝  岡  敏  至  議員
     7番   坪  田  光  治  議員       8番   ?  田  章  一  議員
     9番   石  川  敏  子  議員      11番   稲  葉  光  男  議員
    12番   宮  田  利  雄  議員      13番   須  田  恒  男  議員
    14番   森  山  哲  夫  議員      15番   阿  部  啓  子  議員

 欠席議員(1名)
    10番   上  原  幸  雄  議員
                                                   
 説明のための出席者
    古  谷  松  雄   町   長        島  田     厚   副 町 長

    野  口  俊  彦   秘 書 広報        門  脇  利  夫   政 策 財政
                 課   長                     課   長

    白  石  敏  明   財 産 管理        野  口  浩  之   総 務 課長
                 課   長

    島  村     薫   人権・男女        荻  原  勝  典   住 民 参加
                 共 同 参画                     推 進 課長
                 推 進 室長

    間  中  重  光   町 民 課長        新  井  恒  雄   税 務 課長

    千  把  幸  夫   福 祉 課長        知  久  伸  二   子 育 て
                                           支 援 課長

    武  井  喜 代 美   高 齢 介護        大  島  康  夫   健 康 支援
                 課   長                     課   長

    武  井  義  和   環 境 課長        勅使川原  将  吾   都 市 施設
                                           整 備 課長
                                           ( 兼 )
                                           産 業 団地
                                           拡 張 推進
                                           室   長

    山  ?  利  昭   上 下 水道        池  川  幸  一   建 築 課長
                 課   長

    鈴  木     聡   産 業 課長        輪  島  正  視   教 育 長
                 ( 兼 )
                 農業委員会
                 事 務 局長

    古  谷  恒  夫   教 育 次長        麻  生  雅  彦   学 校 教育
                 ( 兼 )                     課   長
                 教 育 総務
                 課   長

    田  原  和  明   社 会 教育        川  島  美 喜 雄   会計管理者
                 課   長                     ( 兼 )
                 ( 兼 )                     会 計 課長
                 町史編さん
                 室   長

    岡  田  孝  行   選 挙 管理
                 委 員 会
                 書 記 長
                 ( 兼 )
                 公平委員会
                 事務局長・
                 監 査 委員
                 事務局長・
                 固 定 資産
                 評 価 審査
                 委員会書記
                                                   
 事務局職員出席者
    染  谷  康  宏   事 務 局長        安  藤  秀  夫   事務局次長
    小  澤  哲  也   書   記        栗  原  明  子   書   記







△開議の宣告                               (午前10時00分)



○?田章一議長 これより本日の会議を開きます。

 

                          ◇                        





△一般質問



○?田章一議長 日程第1、きのうに引き続き町政に対する一般質問を行います。

  5番、都築能男議員。

       〔5番都築能男議員登壇〕



◆5番(都築能男議員) おはようございます。議席番号5番の都築能男です。議長より発言の許可をいただきましたので、通告に従い、一般質問を行います。

  初めに、質問事項1の東武動物公園駅東口通り線の整備について質問をいたします。平成18年度、杉戸町、宮代町、埼玉県、東武鉄道の4者が集まり、都市計画道路東武動物公園駅東口通り線の整備検討に関する勉強会が始まりました。

  当町では、東武動物公園駅東口通り線の整備を協議する協議会が平成20年8月31日に発足し、ことしで6年目になります。その間に先進地の視察や勉強会、意見交換会などを行い、わずかずつですが、協議を進めてきました。

  最近では、平成24年度に「水と緑あふれるやすらぎとふれあいの町杉戸」をコンセプトに今後の街並みをどのようにするのかを検討し、今も協議を続けています。また、宮代町では東武動物公園駅東口駅前広場を整備するための都市計画決定がされました。現在東武動物公園駅西口駅前広場整備を進めている状況であり、平成28年度には完成の見込みです。東口駅前広場の整備はその後になるとのことでしたが、そこでお伺いいたします。

  質問要旨(1)、この事業の現在の進捗状況は。

  要旨(2)、事業の整備工程を明らかにしていただきたいと思います。

  要旨(3)、事業の今後の進め方は。また、町はどのように考えているのかをお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 おはようございます。それでは、お答えをさせていただきます。質問事項1、質問要旨(1)、(2)、(3)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)、この事業の現在の進捗状況についてでございます。都市計画道路東武動物公園駅東口通り線につきましては、これまで杉戸地区まち・道づくり協議会において、古川橋から本陣跡地前交差点までの県道区間の整備手法や今後の商店街のあり方などについて検討してまいりました。

  現在の進捗状況でございますが、昨年度県から出された課題を踏まえ、沿道整備街路事業整備基本計画(案)の策定に向けた検討を行い、その結果、街路事業と沿道整備街路事業を組み合わせた手法で事業化を目指すことについて協議会にお示しをさせていただいたところでございます。

  次に、質問要旨(2)、事業の整備工程についてでございます。先ほど申し上げましたとおり、昨年度事業の手法については決定をさせていただきました。今後につきましては、都市計画道路にかからない地権者の方々も含めた詳細な意向確認、事業区域の概定、用地測量等の実施、換地計画(案)等の検討を進めていく必要があります。その後は換地計画(案)をもとに地権者の方々との合意形成を図りながら事業認可取得を目指すことになります。

  最後に、質問要旨(3)、今後の進め方と町の考えについてでございます。今回整備を検討しております古川橋から本陣跡地前交差点までの区間は、県道東武動物公園駅停車場線と重複しているため、県に県道として整備をお願いをしているところでございます。

  また、県からは東口駅前広場の整備や狭小敷地対策など事業実施の条件が出されております。町といたしましては、県からの条件の一つである駅前広場の整備について、宮代町が平成28年度以降の事業認可の取得を目指しているということから、宮代町及び県と事業スケジュールの調整を図りながら、早期の事業化に向けて検討を進めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) それでは、再質問をさせていただきます。

  この東武動物公園駅東口通り線の事業のことに関しては、協議会が発足して以来、多くの議員の皆さんが一般質問で取り上げています。当初は、町としても一丸となって進めていきますという発言や、積極的に取り組んでいきますとの答弁がありましたけれども、その後は事業実施に向けた熟度を高めていきたいとの答弁や、関係箇所に働きかけていきたいとの答弁となってきています。積極的にという言葉が聞こえてこなくなりました。そして、この事業は宮代町との連携が必要であり、宮代町の動向を見て当町も進めていくとの答弁も多く聞かれます。

  埼玉県から、この事業を推進する条件として3つ挙げられていて、その中の1点であります東口駅前広場のある地域は宮代町ですので、宮代町との連携を密にとり、事業を進めていくことは最初からわかっていたことであると思います。なので、宮代町の状況を踏まえて当町が追随していくという考え方ではなく、宮代町が東口駅前広場の事業認可を取得した後、当町でも同時に、遅くても二、三年後には事業に取りかかれるように事前に準備をしておく必要があると思います。当町でも、できることから積極的に事前準備をしておく必要があると考えています。今答弁いただきましたこの工程の内容の、日程の年月日が入っていない状況です。この状況で28年度というものに間に合うのかどうか、甚だ疑問でございます。

  古谷町長や職員の皆さんも同じ思いであると思いますけれども、この事業は地元住民の皆さんにとっても長年の思い、切なる願いであります。毎年わずかずつですけれども、協議を進めてまいりましたけれども、事業の先行きを不安視する意見なども聞こえてくるということが現状であります。町として情報を示し、もっと積極的にかかわっていく必要があると思います。杉戸町の顔となる東口通り線です。前向きな、建設的な答弁を望みますが、これからの町の姿勢をお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  これからの町の姿勢ということでございますが、議員ご発言のとおり、都市計画道路東武動物公園駅東口通り線は町の顔ともなる道路でございます。そのために町といたしましても、今後宮代町が平成28年度以降の事業認可取得を目指しているということでございますので、そこに合わせていけるよう協議会の皆様のご協力をいただきながら、また県や宮代町と連携を図りながら、必要な検討をできることから進めてまいりたいと考えております。

  また、協議会の皆様に対しまして、今後の進め方や一歩進んだ検討内容などを示していけるよう努力してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) 1回目の答弁で、この事業の整備工程を示していただきました。

  埼玉県からこの事業を推進する条件として3つ挙げられているのは、さきに述べました。商店街の活性化に関しては、産業課の担当かと思います。埼玉県のホームページで黒おび商店街として紹介していただけるよう頑張ることが、一つの目標になるのかなと私は思っています。

  そして、残り2点ですけれども、宮代町との連携や埼玉県との調整が必要になるので、日にちは入っていませんけれども、この工程は予定であるということはもちろん理解しています。そして、これからは関係者の皆さんと個別に相談していく機会がふえていくことと思っております。

  これらのことを考えたときに、私は町として都市施設整備課の中の一担当ではなく、課を超えてより専門的に、一元的に対応できるようにするために担当部門、例えば推進室などを設けて対応していくほうがいいのではというふうに考えております。今後担当部門を設ける考えはないのか、お伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  課を超えた担当部署の設置のご提案ということでございますが、今後事業の進捗が図られてくれば担当職員の業務量も増大していくことが想定されます。したがいまして、そのときには組織の充実などを検討していく必要はあろうかと考えております。ただ、現時点では専門部署を設けるということに関しての議論等も行っておりませんので、現在では予定はないという状況でございます。

  今後につきましては、事業化に向けた検討や関係機関との調整の進捗状況を見ながら、必要に応じて関係各課と調整をしながら設置についての検討も進めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) 前回質問した方の内容と余り変わらないような内容の答弁でしたけれども、事業の進捗次第で一元的に対応していただけるような部門を今後考えていくというようなご答弁をいただきました。

  その受け身とかという考え、ちょっと極端な話になるかもしれませんけれども、その受け身という考え方ではなくて、積極的に携わっていっていただくことを、ぜひともその姿勢という形で見せていただければと思います。

  あとは、宮代町という隣町の自治体との関係、埼玉県との関係もございます。こちらも杉戸町のほうから積極的に他の自治体のほうにも働きかけをしていって、こういうことを要望するということをどんどん行っていっていただきたいと思っております。

  埼玉県との協議に当たっては、関係する住民の皆さんと町、あとは議員が一体となって交渉を進めていかなければなりません。町としても、これからも積極的に携わっていただくことを切望いたしまして、質問事項1の質問は終わりにいたします。よろしくお願いいたします。

  次に、質問事項2の東武動物公園駅東口通り線(町道?級4号線)の整備について質問をいたします。三井住友信託銀行のある本陣跡地前交差点から国道4号線までの町道についてですが、この区間は交通量が多い道路であるため、歩行者、自転車、自動車にとって大変危険な道路になっています。既に国道4号線から町道?級1号線との交差点までの区間は整備済みであることから、整備の状況に差が出ています。そこでお伺いします。

  質問要旨(1)、町ではこの現状をどのように捉えているのかお伺いいたします。

  要旨(2)、道路整備、歩道整備等を行う予定はあるのか。

  要旨(3)、東武動物公園駅東口通り線の整備事業に合わせて、県道への変更を含め、同時に進められないのかお伺いをいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。質問事項2、質問要旨(1)、(2)、(3)について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  初めに、質問要旨(1)、町ではこの現状をどのように捉えているのかについてでございます。議員ご指摘のとおり、本陣跡地前交差点から国道4号までの町道を含めて、東武動物公園駅東口から国道4号までの区間が現在未整備となっております。この都市計画道路が一体的に整備されれば、現状のさまざまな問題点を解決でき、安心安全な都市空間の創造に直結するものと考えられることから、町としても整備の必要性は認識をしております。しかしながら、現在の厳しい財政状況下においては、町道区間の都市計画道路を直ちに整備することは困難であると考えております。

  次に、質問要旨(2)、道路整備、歩道整備等を行う予定はあるのかについてでございます。先ほども答弁させていただきましたとおり、厳しい財政状況によりまして、都市計画道路としての整備は現状では困難であると考えております。しかしながら、舗装の傷みが激しく、車の通行や歩行者の歩行に支障がある箇所につきましては、予算の範囲内で修繕工事を適宜実施してまいりたいと考えております。

  最後に、質問要旨(3)、東武動物公園駅東口通り線の整備事業に合わせて、県道への変更を含め、同時に進められないかについてでございます。議員ご提案のように、現在検討を進めている県道部分の整備と合わせて、残る町道部分についても同時に整備を進めることができれば、町にとっても非常に望ましいことであると考えております。しかしながら、その場合、現在検討しております古川橋から本陣跡地前交差点までの区間から外れているということから、県との調整が難航することや、事業費の確保が難しいという点から、着手の見込みがさらに長期化することが懸念されます。町といたしましては、現在検討を進めている古川橋から本陣跡地前交差点までの区間の整備を進めていくことが最優先であると考えております。

  今後、県道部分の整備完了の見通しが立った段階で、残る国道4号までの区間について事業化を検討する際に、県道への昇格について、県と調整をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) それでは、再質問をさせていただきます。

  なかなか難しいというご答弁をいただきました。ですが、現状は認識しているとのことでした。都市計画道路として決定している路線ですので、早急に整備を進めていただきたい。この区間の道路整備に着手するには、まだまだ時間がかかるということでしたけれども、整備の見通しが立っていないということであれば、現状を補修、修繕ではなく、まずは抜本的に見直しをしていくということ。まず、今の道路幅のままでいいのかということとか、歩道はこの段差がある状態でいいのかどうか、電柱は邪魔になっていないかなど検討すべきではないかと思いますけれども、どう考えていらっしゃいますでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  現在の道路状況を考えると、抜本的な対策が必要なのではないかということでございますが、現在の道路状況を説明させていただきますと、まず歩道でございますが、駅に向かいまして左側は車道から1段高くした形状になっておりまして、幅員が約1.5メートル、右側は車道と同じ高さのフラット形式で、幅員が約1.7メートルから1.8メートルということになっております。また、歩道内には電柱や信号柱などが立っております。

  次に、車道の部分でございますが、幅員が5.7メートルとなっております。路面の状況については、老朽化などによりまして側溝周りや舗装に段差やひび割れが目立ち始めており、議員ご指摘のとおり、通行される方々にとっては必ずしも良好な状態ではないということは認識をしております。

  当課といたしましても、これまでに当路線の改善方法の検討を行ってまいりましたが、現在の道路幅員の中で歩行者、自転車、車のそれぞれが余裕を持って安全に通行できるようにするためには、どうしても現在の道路幅員が足りず、改善には道路用地の取得と物件補償が伴うことになってしまいます。このため、今回のこの区間以外の道路の整備につきましても同様でございますが、町の単独費での整備は非常に困難な状況ということになっております。そのため、国の交付金の活用の検討が必要となってまいります。

  しかしながら、その場合ですと道路構造令に合致した幅員構成にする必要がございまして、必然的に都市計画道路の幅員、またはそれに近い幅員構成で計画をしなければならなくなってまいります。このため、現状としましては本格的な整備は困難であると考えてはおりますが、昨年度一部の区間で舗装の打ちかえ工事を実施したところでございますので、引き続き歩行者、自転車、車が少しでも安全に通行できるように段差の解消等の対策の検討も含めまして、修繕工事のほうを適宜実施してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) 1回目の答弁ですけれども、町としては駅前通り線の整備事業と、この区間の整備は別の事業であると考えているのは答弁の中でわかりました。ですが、利用している皆さんにとっては、同時に一体的に整備してもらったほうが利便性は向上するし、安全は確保されるし、交通もスムーズになると思います。何か事が起こってからでは遅いと思います。

  当町の現在の財政状況では、当町単独での道路整備は厳しいとのことでございます。毎回このような発言はいただくところでございますけれども、ならばなおさらのこと、どのようにすれば整備のきっかけがつかめるのか模索、研究をしないといけないのではないでしょうかと思いますけれども、いかがでしょうか。

  埼玉県との交渉を経て、この区間を県道に格上げして、駅前通り線の整備事業に続いてこの区間の整備をしていく考えはあるのか、改めてお伺いをいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  まず、先ほどの現道の安全対策ということで、今後も研究をしていったほうがいいのではないかということにつきましては、これまでも検討を重ねてきておりますので、引き続き適切な修繕を行いながら、よりよい方法がないかは研究をさせていただきたいと思います。

  また、県道区間に続いて町道区間を県道に格上げし、引き続いて整備をしていく考えはあるかということについてでございますが、まずは現在検討を進めております県道区間の事業を推進していくことが最優先であると考えております。その先の町道区間につきましては、現在検討している県道区間が事業化され、事業が進んでまいりましたら、その進捗状況を見ながら、できることであれば間をあけずに引き続いて整備ができるように、県道への格上げや町道区間の事業化に向けて、県と調整をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) ただいま答弁をいただきました。

  検討、研究をしていくというようなお話をいただきました。これは前向きな発言だと思いますけれども、これは検討、研究をした結果も随時お示しをして進めていくということも絶対必要だと思いますので、そこら辺をわずかずつでもいいです。着実に一歩ずつお示しをしていただきたいと思います。私たちも努力しますので、ぜひともそれはどんどん進めていければと思いますので、着実に考えて、それを実行に、目に見える形でお願いしたいと思います。

  これをもちまして第2問目の質問は終わりにさせていただきます。

  次に、質問事項3の魅力ある町を目指してについて質問いたします。近年、自治体の人口減少が話題になっています。子育てしやすい、住みやすいと感じ、その結果、当町杉戸町に転居をしてみたいと考えていただくためには、魅力ある町の創造を推進、継続していくことが大変重要なことだと考えております。このためには、まず当町に興味を持っていただけるよう情報を発信することが重要であり、初めの一歩であると考えます。

  質問要旨(1)、杉戸町の魅力とは。

  要旨(2)、情報発信をどのように推進していくのかをお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  秘書広報課長。

       〔野口俊彦秘書広報課長登壇〕



◎野口俊彦秘書広報課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(1)、(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、(1)の杉戸町の魅力とはについてでございますが、杉戸町の魅力は、水と緑に囲まれ、美しい自然と田園風景が心も体も癒やしてくれるところであります。埼玉県の東部に位置する杉戸町は、首都圏40キロ圏内にありながら、自然と都市が調和した郊外の田園都市として発展を続けており、四季折々のイベントが開催されるとともに、歴史や伝統、さまざまな地域文化が息づいています。具体的には、肥沃な大地と豊かな水に恵まれた杉戸町では、古くから人々の暮らしが脈々と営まれており、町を散策してみれば、歴史をしのぶさまざまな文化に出会うことができます。

  2年後の平成28年には、杉戸宿は開宿400周年を迎えます。現在、杉戸町を南北に通っている国道4号の旧道が日光街道の道筋で、街道には日本橋から数えて5番目の宿場町として杉戸宿が形成されました。この杉戸宿の町並みを生かした観光資源の発掘のため、ことし4月には「魅力再発見マップ(日光街道宿場めぐり杉戸宿)」が発行され、杉戸宿をボランティアでガイドする「杉戸宿案内人」が誕生するなど、杉戸宿開宿400周年に向け、大いに盛り上がっております。

  また、毎年8月の大落古利根川を舞台にした古利根川流灯まつりでは、畳1畳ほどもある手づくりの大型灯籠250基が古利根川に浮かべられ、幻想的な美しい光の帯を約1キロにわたり川面に描き出します。昭和初期に始まり、一時中断していましたが、平成2年に住民の手によって復活して以来、杉戸の代表的な夏の風物詩になっております。大型灯籠の製作から係留まで多くの町民ボランティアが参加してつくり上げるこの流灯まつりは、ふるさとの安らぎが感じられるイベントとして親しまれています。まさに豊かな自然と歴史の中で町を愛し、手をとり合いながら考え、行動するという町民気質も杉戸町の魅力と言えます。

  さて、杉戸町の最大の魅力の一つである農業の象徴的な施設といえば、ことしで14年目を迎えるアグリパークゆめすぎとです。その施設は、道の駅として地域の方々やドライバーの憩いの場になっているほか、地元でとれた新鮮な農産物の販売や地元産のそばを味わうことができます。また、農業体験や収穫体験ができる施設として、連日県内外からの来園客でにぎわっております。首都圏近郊にありながら多彩な魅力に触れることができるアウトドアかつファミリースポットとして、今後もPRしていきたいと考えております。

  次に、質問要旨(2)の情報発信をどのように推進していくのかについてでございます。町では、先ほど申し上げたような歴史や伝統、地域文化を生かした取り組みのほか、時代のニーズに応じた取り組みを行っており、そうした特色ある取り組みをさまざまな手法を用いてアピールしてまいりました。例えば、ことし4月には大規模太陽光発電施設杉戸ソーラーウェイが完成しました。未利用地の有効活用と再生可能エネルギー創出の両立が図られるほか、町民の環境学習にも生かすことができる施設であり、こうした特色が評価され、マスコミ各社にも数多く取り上げられました。

  このように春日部記者クラブを初めとした新聞、雑誌、テレビ、ラジオなどマスコミ各社に情報提供を行うほか、広報紙、町ホームページなどを活用し、効果的なPRを図っているところでございます。中でも広報紙につきましては、住民の方による広報特派員を活用し、地域に密着した身近な話題を取り上げるなど、町の魅力のPRに努めているところでございます。また、広報特派員からのご意見等を含め、編集コンセプトの検討やマイナーチェンジを施し、まずは「広報すぎと」を手にとって読んでもらうための創意工夫に努めているところでございます。今後は、広報特派員との連携をさらに深め、住民参加の広報紙づくりとして内容の充実に努めてまいります。

  次に、ホームページにつきましては、ページに対する評価などを投稿できるシステムを導入しており、閲覧者の率直なご感想をいただくもので、多くのご意見が寄せられるなど、関心が高まっているものと考えております。また、これらの閲覧者による評価だけでなく、インターネットによる情報発信手法などの進歩、普及を認識し、修正や更新作業を随時行い、内容の充実に努めているところでございます。

  こうした各課等での事業推進上の取り組み、施策、行事等を町内外の方々に知っていただくことは、町のPRとして大変効果的であり、今後もこのような広報媒体を活用し、積極的な情報提供に努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) それでは、再質問をさせていただきます。

  ただいま課長から、杉戸町の魅力を大変具体的に答弁していただきました。私も懐かしい風景や生活する環境、根づいている文化、歴史などの杉戸町の魅力を今改めて思いめぐらせましたし、住んでいる皆さんの心の豊かさを再認識したところでございます。そして、この魅力を一つ一つの情報として、多くの機会にさまざまな手法で発信して興味を持ってもらう機会、当町に来ていただく機会をつくっているとお聞きしました。

  ですが、発信するだけでは次の情報発信につながりません。どこでどのような情報が必要とされているのかを把握する必要があると思います。町では情報ニーズをどのように捉えているのかお伺いをいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  秘書広報課長。

       〔野口俊彦秘書広報課長登壇〕



◎野口俊彦秘書広報課長 お答えいたします。

  町では情報のニーズをどのように捉えているのかというご質問でございましたけれども、情報のニーズをどのように捉えているかにつきましては、住民が必要とする情報の把握でございますけれども、先ほども答弁の中にございましたけれども、広報特派員制度、こういったものがございます。広報特派員制度を生かしまして、情報の収集に努めているところでございます。この情報特派員でございますけれども、町では情報特派員といたしまして、現在10名の方々に委嘱をいたしまして、住民参加の広報紙づくりに努めているところでございます。この広報特派員の方々には、地域内の話題や出来事などを取材し、広報記事として捻出していただくことのほかに、町からの情報に関する意見、ご提案など随時いただくことで、住民の情報ニーズの一端を把握させていただいているところでございます。

  次に、答弁の中にもまたありましたけれども、町のホームページを活用いたしまして、閲覧者によりページに対する評価などが投稿できるシステムをページの中につくりまして、提供した情報について情報は役に立ったか、役に立たなかったか、また入手したい情報に対するリクエスト、また情報が見づらかった内容、こういったものを記入していただく項目を設けまして、ページごとに情報提供に対する評価をいただいているところでございます。また、そのほかにも町長への手紙やメールなどによりまして住民の声を適宜傾聴して、幅広く情報ニーズの把握に努めているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) 情報特派員の方からの取材をもとにするとか、ホームページの中で評価していただく欄を設けているとかというような答弁をいただきました。

  住民からの情報ニーズ把握の方法として、ホームページということを活用して把握しているとお話をいただいた中で、情報を入手するには、よく私もホームページを利用していますけれども、情報の提供に対して、住民からはその中でどのような意見があるのでしょうか。

  また、このシステムの実績と効果について、情報があるようでしたらお聞きしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  秘書広報課長。

       〔野口俊彦秘書広報課長登壇〕



◎野口俊彦秘書広報課長 お答えをいたします。

  ホームページにおいて住民からのご意見、また効果、そういったご質問でございますけれども、まずホームページを見ていただいた閲覧者の方からのご意見でございますけれども、実績といたしまして、昨年度の数値になりますけれども、延べ数で申し上げますと869件いただいております。そのうち掲載した情報が役に立ったという方が578件、またそれとは別に役に立たなかったという方が291件ございました。

  また、ご意見等の主な内容でございますけれども、もっと詳しい内容の情報が欲しいといった情報の追加にかかわるものが多く、こういったいただいたご意見等につきましては随時各課等に連絡をいたしまして、修正作業を行っているところでございます。

  次に、効果でございますけれども、効果につきましては、このようにホームページを通じまして提供した情報に対して評価やさまざまなご意見をいただく中で、住民がどのような情報を欲しがっているのかなどの情報ニーズも把握することができますので、大変効果的なシステムと認識をしているところでございます。

  今後におきましても、これらのご意見を参考にするなど、町の発信したい情報と住民情報、ニーズを鑑みまして、広報力の充実を図ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) 869件の中で、ちょっとまだ足りないのではないかという意見が291件あるというふうなお話でした。ですが、随時もっと詳しい内容が欲しいということですので、修正をして、どんどん対応しているというようなお話でした。これを随時していって、なるべく役立たないというような意見ではなくて、本当に役立ったと、これからもぜひともそういうことは続けてくれというような前向きな意見をいっぱいいただけるようなものにぜひともしていただきたいと思っております。

  それで、ここで私は副町長にお答えをしていただければと思っております。副町長は、当町に出向される前に、埼玉県庁ではさまざまな担当課を経験されて、特に広報担当や総合的に調整する課の役職を歴任されていたとお聞きしております。当町の現状を見ますと、私は他の自治体に比べて当町の情報発信力というのは、残念ですが、脆弱でありますし、不足しているのではないかと感じています。そこで、副町長の役割は大きいのではないかと思っております。具体的にはこれからのところが多いかと思いますけれども、今後どのように情報発信をしていかれるのか、どのように伝えていくおつもりなのかをお聞かせいただければと思っております。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  副町長。

       〔島田 厚副町長登壇〕



◎島田厚副町長 お答えいたします。

  情報発信で大切なのは、まずは何といっても事業や取り組み、記者の言葉をかりれば、いわゆるネタの中身だと思います。本当は地道な取り組み、いろいろな町でやっているいろんな取り組みを取り上げてほしいのですけれども、どうしても記者が関心を持つ、また記事になるのは、そのネタが全国初なのか、また県内初なのか、そういった鮮度の問題。そして、次に全国一なのか、県内一なのか、規模の問題。さらに、時代のニーズに即しているのか。少子化対策や環境対策、高齢者対策、安心安全といった問題にきちんと応えているのか。タイムリー性といってもいいと思いますし、まさに住民のニーズにどれだけ応えているか、影響を与えているのか、その価値が問われているというふうに思います。

  杉戸町でもいろいろとそういったものを、先ほど情報ニーズだとか、そういったものがありましたけれども、そういったものに丁寧にいろいろと取り組んでいるところだと思います。議員の皆様からのいろいろな議会での質問だとか、そういったものにもできるだけ応えようとしている。そういった状況の中で、4月以降これまで大きく取り上げられたものとしては、先ほど少しありましたけれども、杉戸ソーラーウェイであるとか、セブン&アイ・ホールディングスの備蓄基地、そのときに町と各企業と協定を結びました。そういったものは、今申し上げましたような要素があったことがマスコミに取り上げられる要因であったというふうに思います。

  そうした取り組みをアピールするときに、単なる資料をつくって、単なる報道発表をするだけではなくて、記者に対してその事業の特徴だとか効果だとか、それが事業になるまでどういった苦労があったかとか、そういったことを直接記者にアピールするということは、私はすごく大事だと思っているのです。たまたま私はそういう職責に長くいたこともありまして、そういった人脈もまだまだありますから、今事業を自分もこういった形でやるときに、そういったものを生かしながら努力させていただいているところであります。

  これから夏には流灯まつりがあります。ことしは川のまるごと再生事業の杉戸工区、ポケットパークも含めて、それが完成するタイミングです。まさに流灯まつり、去年は20周年だというふうに聞いていますけれども、ことしは川のまるごと再生とのタイミングで、それをドッキングした形でアピールしたらいいと。どの程度記事になるかわかりませんけれども、それはぜひ力を入れていきたいというふうに思います。

  さらに、先ほどから話題に出ていますけれども、杉戸宿400周年が2年後にあります。これに向けて、これは単なる観光という面だけではなくて、やっぱり商店街の活性化だとか、東口の駅前通りのところへの影響も大きく与えるものになると思うのです。ですから、まちおこしにつながるという意識を持って臨むということが大切だと思います。これは、もう絶対盛り上げていかなければいけないプロジェクトだというふうに認識しています。

  特に5月に開催されました杉戸宿案内人による杉戸宿めぐりには、私も都築議員とご一緒させてもらいました。記者にどうですかと、記事にならなくてもいいけれども、どうですかとお声かけしましたところ、NHK、埼玉新聞、朝日新聞の3名の記者が参加してくれました。私自身歩いてみないとわからないことがたくさんありました。そして、その杉戸宿案内人の方々に教えてもらわないとわからないことがたくさんあって、非常に感動もしましたし、新たな視点を、これからプロジェクトを進める上で大きなものをいただいたというふうに思っています。その後の杉戸宿めぐりには、雨の中でもほかの議員の皆様も参加されたというふうに伺っておりますし、まさにボランティアの案内人の活躍が非常にこれはすばらしいというふうに思います。

  そして、町民の皆さんが杉戸宿への愛情というのですか、そういったものを感じておられると思いますので、そういった杉戸宿のよさを、本当に行政も議員の皆様も町民の方々も一緒になって町ぐるみで盛り上げていくようになっていったらとても楽しみだというふうに思います。そういう動き、そういうムーブメントがまさにマスコミの対象になると思いますし、そういったものが一つずつできていくこと、それは一つ一つの段階でマスコミが取り上げる可能性が高いというふうに思います。そして、それをまた取り上げられたら次の事業につないでいく、いわば効果的な情報発信が事業のさらなる展開を生み出す、そういった循環をつくり出していく上で大きな役割を果たすというのが本当の情報発信だというふうに感じています。

  杉戸宿、そしてそのほかにもさまざまな行政課題はありますので、まさに杉戸一押しの事業を推進していく上で、ぜひとも都築議員のお力、そして議員の皆様のお力をおかしいただければというふうに思っております。

  以上です。



○?田章一議長 よろしいですか。

  5番、都築能男議員。



◆5番(都築能男議員) ありがとうございました。

  やっぱりこういうふうな今まで自分自身で培われたものを積極的に、この杉戸町に来ていただいたからには杉戸町に使っていただきたいと思っています。副町長におかれましても、杉戸町のためにぜひ今後とも力を発揮していただければと思います。

  以上で一般質問を終わりにいたします。



○?田章一議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前10時57分



       再開 午前11時10分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 一般質問を続けます。

  12番、宮田利雄議員。

       〔12番宮田利雄議員登壇〕



◆12番(宮田利雄議員) 12番の宮田です。ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、通告書に従いまして一般質問を行います。

  質問事項1、町有財産の適正管理はでございます。

  質問要旨(1)、開発公社の解散後、町の財産となった土地はどのように管理しているのか。開発公社が解散をして3年目でしょうか、長年公社で保有していた土地が町の土地となりました。町有地となってから、売却あるいは貸与など処理された土地もあるかと思いますが、そのほかの土地はどう管理し、また処分をしていく考えなのか伺います。

  2番目、鷲巣、木野川、宮前地区の遊休用地、これは当時コミュニティプラント等をつくって、周りの排水がないということでそういうものをつくっていたわけですが、その使用が終わりまして遊休用地ということで、今後どのように考えていらっしゃるのか伺いたいと思います。要するに、地域にあるものでコンクリートがそのまま放置状態というのでしょうか、そういうふうになっているわけです。利用が終わって、この土地を貸すといっても、どうも農地らしいと聞いております。今後どのように管理していく考えなのか伺います。

  3番目、同じような形ですが、町は基本的には農地は持てないと。ただ、開発公社等々から受けた土地もあるわけで、現在適正化に向けてはどのように考えているのかということでございます。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えをいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私から順次お答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)、開発公社解散後、町の財産となった土地の管理についてでございますが、町が保有している公用または公共の用に利用している行政財産、また直接町の目的のために供しない普通財産について財産台帳で管理をし、この中での未利用地の活用として、民間に貸し付けや売却処分を行っているところでございます。

  次に、質問要旨(2)、鷲巣、木野川、宮前地区の遊休用地の今後の考えとのことでございますが、現在町の財政負担の軽減や新たな歳入確保を図るため、未利用地の有効活用を全庁的に町有地活用検討委員会にて検討しているところでございます。当地区の遊休用地についても適正な管理に努めるとともに、活用について、処分また利用について関係機関と調整を図ってまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(3)、町有地での農地についてでございますが、現在遊休普通財産の約半数が農地となっており、利用または処分については農地法との制限があることから、関係機関と調整を図りながら、適正な活用ができるよう努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 再質問を行います。

  まず、この部分は一緒になるかと思いますけれども、町として開発公社から引き継いだ土地は何らかの考え、今後半数以上が農地ということですが、どんなふうに考えて、どんなコンセプトで処理に向けているのかということでございます。その考え方を、計画というのでしょうか、考え方をお伺いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。

  町有地の未利用地についての活用ということでございます。今後の考え方ということでございますが、町有財産活用検討委員会においても町の未利用地についての活用ということで、平成18年に基本方針を策定いたしまして、現在第3次の活用ということで検討しているところでございます。

  その中で、特に農地の部分につきましては、農地法の制限ということで先ほど答弁を申し上げましたが、その農地の活用についての有効活用といたしましては、農地は農地として活用できるようにということで、現在町有地の農地について農地を管理しているところの部分もございます。また、管理できない狭隘な道路の進入道路があります。そういったところについては難しいところから、近隣の隣接者に管理をお願いしているというようなことでございます。

  ただ、今後行政として利用、そしてまた民間として利用する際に、活用方法として新たな活用方策があることであれば関係機関、すなわち埼玉県の農林振興センターの所管でございますが、今後農業委員会を介しながら協議を進めていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 農地は農地として管理していくというふうな、今言葉がありました。農地は農地として管理していくのですが、現実的にはそこへ農地のままでコンクリートの造営物というのでしょうか、コミュニティプラザができているわけです。当時の形で職権で農地を雑地にするとか、そういうふうな形でできているわけではないですよね。基本的には農地は農地として管理していくというのが当たり前です。ですが、そういうコンクリートができてしまっているということは、そのコンクリートのものを農地として管理していくということは、コンクリートのものを壊すと、そういう意味でしょうか。お答え願います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。

  現在未利用地の農地の部分でございますが、そちらの部分については、基本的に農地は農地としてという県の指導等もございますが、今後町が利用計画等を定め、それを決定し、さらにそれを協議を進めるというようなことで、県の農林振興センターとも協議をしたことがございまして、今後利用決定に当たりましては、特に一筆ずつ調整をし、杉戸町の農業委員会を介しながら、県の農林振興センターとも協議を進めたいというふうに考えております。

  また、現在のコミプラ、特に木野川の部分でございますが、今管理をされている部分については所管課で管理をしているところでございます。ただ、もう目的がなくなりまして、現在は普通財産ということでございます。その普通財産については、今後それは壊して、さらに利用価値があるか、またその施設を使えるかどうかはやはり協議をし、調整をしていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 今はっきりしなかったわけですけれども、使用を終えている、コミプラの使用はしていない、そういうことで普通財産となったということでお聞きしました。普通財産となったら、農地は農地としてと先ほど言われた、管理していくという形だと、本来は形としては壊すということですよね。ですけれども、なかなか壊すことができない。さらに壊せないのでは、そのままで貸してもいいのではないかなというふうにも考えたのですが、壊すのには相手が農地なものですから、農地を取得できるというのでしょうか、農地を使える人でなければだめということだと、何かちょっと矛盾しているような感じがするのです。コンクリートは壊さない、壊さないでも農地は農地としてやっていくということになってきますと、若干おかしく感じるのですけれども、その辺はいかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。

  既に使用済み、または利用されていない町有財産、すなわち複数財産の中の部分でございまして、その中の今コミプラということでございますが、そのコミプラについても実効性のある財産処分ということであれば、その中で適正にコストはどのぐらいかかるかとか、その財産はどのぐらいだとかということで、総合的に判断をしながら壊すというようなこともあり得ると思います。

  昨年は、農地ではなかったのですけれども、フレッシュタウンの排水処理場でございまして、そちらについても一般競争入札にて処分をしたところでございまして、その際は施設を壊すという条件のもとで、競争入札にして落札した経緯がございます。

  今後、そのような適正な価格で売却もしくは処分ができるかどうかも検討してまいりたいと思いますので、今後の状況等を協議しながら進めさせていただきたいと思っております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 今フレッシュタウンの例を挙げていただきましたが、やはり費用対効果、フレッシュタウンは土地が高いですよね。宮前、鷲巣、木野川地区に比べて大変高いと思います。ですが、そこはそういうふうになったかもしれませんが、こっちの財産の場合は非常に低い。壊す費用としては、フレッシュタウンでも宮前地区のものでも、費用としては坪当たりというのでしょうか、単価としては同じだと思うのです。ですから、なかなか今言う費用対効果の面を見ているならばできないと。さらに、ここの場所が宮前の1カ所に、奥のほうですか、そこに公園用地として取得しているという形があるわけです。1カ所実は、そのコミプラの使用が終わってから公園用地、借り地だったのですけれども、公園用地として取得しています。これは、取得したのにはそれなりの理由があって取得したのだろうというふうに思うのですが、その公園ができるのだとすればいつごろで、どういうふうな計画になっていたのか、その辺を詳しく伺えればと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  議員ご指摘の公園として用地を取得した箇所につきましては、平成13年の4月24日から町の取得後、町の管理となっております。その時点では公園として整備をするということで取得をしたわけでございますが、その後の財政状況の悪化等によりまして、公園の整備には至っておりません。現在につきましても、地域での公園の設置は現状としては難しい状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 今お聞きしましたら、平成13年の4月からということで公園用地、これはコミプラの使用が終わってからですよね。そこをちょっと聞くところによりますと、コンクリートがそこにあります。それを壊してするのに、壊すだけでも2,000万ぐらいかかるだろうという話が漏れ聞こえてきました。

  こういうことですから、やはり土地を有効利用しようという考え方が基本的にはないのではないかな。農地は農地としてということもですけれども、基本的に大体農地にそういうものが建って、今までできて以来放置してあったということそのものが、いけないのではないかなと考えているのですが、ぜひ適正な管理を、ここだけにかかわらず適正な管理をしてもらいたいと考えているところです。

  それで、鷲巣、木野川、宮前等々については近隣だから買いたい、あるいはそのままでもいいから買いたいというふうな話もいただいております。また、借りたいと。そこのコンクリートを生かした形の中で何かをするので、借りたいという方もおりました。

  5年、10年、100年で壊れるコンクリートではありませんので、できれば借りたいという人がいたら、ぜひ農地法だとしても何だとしても、職権で雑種地に変えるとか、整えてもらえればありがたいと考えるのですが、その辺のことを伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。

  農地を農地以外として利用するというようなことからでございますが、今後先ほどもご答弁申し上げましたように、その利用の計画が決定次第、今後農業委員会、農地法でございますので農業委員会を介して、そして県の農林振興センター等と協議をして、それが実行ができるかどうかを改めて検討してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 農業委員会とか県の農林振興センターでしょうか、そういうところを通してでもできるかどうかということで、そういう形に応えていけるようにしたいというふうな答弁をいただきました。ですが、現実的に私が直接言われるのは、町はそういうものをつくった、私の屋敷の前にそういうものをつくったときに、私の前だけれども、嫌なものだけれども、私のうちも使わせていただくということで、いいですよというふうにしてやったと。しかし、その後に調べてみたら農地だったということになりますと、もう使わなくなったのだからコンクリートが残っているまま買いたいなと、使わなくなったところだから買えると思ったのでしょうね。そうしたら、農地だから買えないと。町は農地としてそれを買って、使ってしまって、それでも農地を別に変えなくて、町のほうは大丈夫だ。一般の人が何かをやると、言いかえれば差し押さえをされたような形になってしまう。町だから構わないのだということでは、農地法としてはそういう形は、考え方としてはどうなのでしょうか。

  そういうふうな形でやってしまって、終わったものを今度は県の農林なり何なりへ問い合わせをして貸せるようになったとかということであれば、農地をそのままの状態で雑地に変えなくてはいけないと。それで、貸すのでなかったら貸せないということになってくるのではないかなというふうに思うのですが、その辺のところを伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  農業委員会事務局長。

       〔鈴木 聡農業委員会事務局長登壇〕



◎鈴木聡農業委員会事務局長 お答えいたします。

  原則といたしまして、農地は当然農地としてご活用いただくという部分でございますので、仮にその土地を購入したいという方がいらっしゃるということでございますが、あくまでも台帳上農地ということであれば、農地の売買ということになりますと、原則として農地法の中での売買となることと思います。仮にその農地が農地として活用されていない場合は、農地、耕作ができるような状態に直していただいてからの、所有権を移転する場合でございますけれども、所有権を移転する場合ではそういった是正というものが必要になってくるというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 答弁をいただきました。

  やはりそうなりますと、普通の農地に戻してから、それを何らかの方策で変えていくという形になってくるのだろうと思うのですが、そうすると農地に戻してからということになりますと、コンクリートを壊さなくてはならないですね。さっき私言いましたよね。壊さなくては売れないと。さっき言った費用対効果で、とても2,000万円かけて、100万円で、あるいは200万円で売るというのでは全然合いませんよね。ですから、その辺のところを今後どういうふうにすれば、そのままでコンクリートをつけたまま売れるのか、あるいは貸せるのか、その辺のところを伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。

  先ほど農業委員会の事務局長がご答弁をしたとおり、農地の農地法に対しての制限があるということから、今後町有農地の活用方針、そしてまたその利用計画等を決定し、その後農地を売買、転用できるかどうかのそういったところも含めまして、農業委員会を介しながら県の農林振興センターとも協議をしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 困りました。これは、結果的にはやはりもともとそういうふうに農地をそのまま使ったということ自体が大きな間違いであったのだろうなというふうに思っています。

  そういうことで、今後そういう形が、いろいろなものを要するに整理整頓というのでしょうか、できて、形がつくのはいつごろと考えていらっしゃるのか。または、公有地でありますので、物によっては処分計画ができているかとも思うのですけれども、いつごろまでにやるのか、見通しだけでも。あるいは財産管理課として考えていること。どういうふうにすれば、いつごろには何とかなるだろうという見通しだけでもお話しいただければありがたいと思います。その点をお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えをいたします。

  町有財産の今後の活用方法、または活用の方策等総合的な視点で、現在町有財産活用検討委員会の中でも検討し、微力でありながら処分ないし、今貸し付け等を行っているところでございますが、今後の見通しということでご質問だと思いますが、まず一筆ごと、先ほど言った農地法の関係もありますので、個別ごとの活用方策、そして今後の有効活用、そして売却等に係る有効な実効性のある財産処分というようなことで、計画的にといっても、できれば長期的に進めたいというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) なかなか年限を切った形というのは難しいと思いますが、やはりそこで検討して、よい方法で片づけられるように計画を立ててもらいたいというふうに思いますので、よろしくお願いします。質問事項1は、それで終わりにします。

  次、2番目です。通学路の適正化ということで、道が非常に狭く、通学路に適さないと思われる道路については改修計画等々はあるのかどうか伺います。

  資料をいただいたら、24年に3件、25年に2件ということで大変少ないわけです。この少ないというのは、やはり前に出してあるからということで、次に毎年毎年は要望しないということになっているのではないかなと思っています。要望がないからと、それ以前に出た要望も全て終わっている、あるいはこれはできないというふうに考えているのか、要望書は毎年毎年出さなくてはいけないものなのか、その辺のところを伺いたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えいたします。質問事項2について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  通学路につきましては、毎年度各学校にて通学路を決定しているところでございます。その関係で、通学路の改修計画はございませんが、毎年度各学校やPTA、道路管理者を初めとした関係機関とともに現地の確認を行い、情報の共有化を図り、通学路の安全対策を行っているところでございます。

  議員ご質問にございます、道が狭く危険な箇所についても、その中で幾つかご指摘をいただいている箇所はございますが、道路の拡幅には相当の時間を要することもあることから、その際には関係機関や学校、保護者と相談しながら、通学路の変更などの対応をしているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 先ほども言いましたけれども、第三小学校区域の1002号線、カーブがきつく曲がっていて見通しが悪いというのは24年度も25年度も出ているわけです。その前にも広報に載っているとおりに前から出ているのです。それについて検討したり努力をしたりされているのか。資料で見ますと今年度は、25年度は西小学校区域と、あと第三小学校区域と2つ出ていますが、その前にも当然出ていたと思うのです。こういうものは、例えば蓄積というふうになるのか。あるいは蓄積とならずに、そのまま要望がようやくなくなったから、もう終わったのだろうと、何とか自力で解決をしたのではないかというふうな考え方であるのか。

  私としては、学校は学校のPTAあるいは学校側で、通ってくる道の確認をもちろんしているでしょうが、それ以外の教育委員会もそういった子どもたちの通学路についてやはり関心を持って、この辺はどうだろう、あの辺はどうだろうという考え方を持って見てもらって、要望があるから、要望がないからといって、ないのだからいいわという考え方ではなく、二月に1回でも、半年に1回でも、1年に1回でも、時間を見計らって、道路を管理する、見守る、そういうことをしてもらえれば大変ありがたいと考えております。

  最近報道された、日光市の小学校1年生の子どもが殺されたところに関しましても、あの周りが交差点もわからないくらい鬱蒼としているところが物すごくきれいになったと。事故があってからではやはり遅いのだというふうな話が出ていました。ですから、事故がある前に教育委員会として要望があるなしにかかわらず、ある程度の場所を見ていただきたいというふうに思います。それらのところの考え方をお伺いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えいたします。

  通学路に関しては保護者や警察、PTA等の関係者の中で当然認識しておくべきことは、例えば危険要注意箇所、当然道路が狭い、見通しが悪いとか、人通りが少ないとか、やぶとか、いろんなところで要注意する場所ではないかというふうに考えます。

  その中で、今回の議会の資料に提出した杉戸第三小学校の町道?級2号線は、たしか藤搦バスから第三小に向かっていく、細いくねくねしたところでございます。これは、当然車が1台やっとすれ違えるような道路は私も知っております。その中で、第三小地区の子どもたちがあそこを通らざるを得ない道路でございますので、当然道路管理者も、町の道路でございますので、水路の形態とかいろんなものを網羅しながら道路整備を行うためにはある程度の財源が必要なことから、そこだけの道路ではなくて全体的に見ますと、やはりいろんな箇所があります。道路だけではなくて通学路で考えれば、私どもは例えばフェンスが壊れているとか、例えばここは道路標示がないとか、カーブミラーを設置してほしいとか、そういう総合的な判断の中で要望書を受けまして実質現地調査を行っております。当然子どもの安全でございますので、昨年は泉小、西小等がありました。その中では教育長、関係各課の職員を含め、当然ここでは危険であれば、例えば修理をしなければいけない、マークをつけなければいけない、壁の設置をしなければいけない、そういうことを踏まえて、地域と連携しながら通学路の安全点検を行っているところでございます。今後とも私どもが全部把握するということはなかなか難しいところでございますが、やはり学校と教育委員会、PTAと連携をとりながら安全の確保に努めたいと思っております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) 幸いにして杉戸の小中学校では、テレビに出るような事件等々、事故等々は起きていないということで、これはいいところなわけですけれども、やはり忙しいでしょうけれども、年に1回、あるいは2回は子どもの通学路を使っている時間帯に見ていただいて、確認をしていただいて、事前の事故がある前の対応、対策を、やはり確かに安心安全、子育て日本一と言っている形の中ですから、お金がないよと言うだけではなくて、その辺のところを踏まえてやっていただきたいと。

  やはり、泉小学校の道も40年ぶりに町長に大なたを振るっていただきまして、きちんとした形を、設計の予算をつけていただきました。こういうことで、周りの方たちとしては40年ぶり、40年以上ぶりと、泉小学校開校以来なのです。そういうことで、大変喜んでくれているところもあります。ですから、そういうところを含めて、事故が起きる前に見るというようなことも含めて、ぜひ見守って点検をしてもらいたいと思うのですが、お伺いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えします。

  実は、ここ数年全庁職員で通学路の安全点検を兼ねたパトロールを全町、学校区に応じて行っております。その中で、やはり子どもの安全を見ながら、例えば道路に物が落ちた、いろんなところがあればそのチェックをしながらパトロールを実施しておりますので、現実にはもう4月から各関係部署を通じてパトロールを実施していますので、それを通じて今後とも安全点検は実施していきたいというふうに思っています。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  12番、宮田利雄議員。



◆12番(宮田利雄議員) パトロールを実施して、ぐるっと回って見てもらって歩いていると思うのですが、やはり大きい通りだけになるのかなというふうな気もします。そういうことで、小さな通りもあるのだということで、たまには見てみようということで、そういうところをお願いしまして、通学路の管理を徹底的にやっていただくということをお願いしまして、質問を終わりにしたいと思います。ありがとうございました。



○?田章一議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前11時57分



       再開 午後 1時00分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 午前に引き続き一般質問を続けます。

  7番、坪田光治議員。

       〔7番坪田光治議員登壇〕



◆7番(坪田光治議員) 7番議員の坪田光治でございます。議長の許可をいただきましたので、通告書に基づきまして質問させていただきます。

  質問事項1、人手不足、資材費の高騰による町の公共工事への影響について。質問要旨、全国的に公共工事がふえたことにより、人手不足、資材費の高騰による入札不調、入札不落が各自治体で相次いでいると聞きます。また、契約しても発注工事の進捗がおくれているケースもあると聞いています。そこで、以下質問いたします。

  当町の平成25年度、26年度直近までの入札不調、入札不落の件数及びパーセンテージについて。

  次に、直近の入札状況及び傾向について。

  次に、今後入札不調、入札不落が相次いだ場合、当町はどのように対処するのでしょうか。

  次に、当町での発注工事の進捗状況について。

  次に、建設業界とは意見交換をしているのでしょうか。行っている場合はどのような意見が出ているのでしょうか。

  次に、今後控えている統合幼稚園・保育園複合施設の建設工事費に影響はないのでしょうか、お聞きします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(6)について、事務を担当しております私から順次お答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)、当町の平成25年度、平成26年度直近での入札不調、入札不落の件数及びパーセンテージのことですが、平成25年度の建設工事による一般競争入札及び指名競争入札では55件中、入札不調1件及び入札不落1件の計2件で、割合については3.6%でございます。

  また、平成26年度4月末現在では、建設工事発注による入札不調、入札不落はございません。

  次に、質問要旨(2)、直近の入札状況及び傾向とのことですが、報道機関等の調査によりますと、全国都道府県においては平成25年4月から12月に実施した公共工事での入札のうち、受注業者の決まらない入札不調などの割合は平均で7.8%となっており、例年の約2倍強となっている傾向でございます。

  次に、質問要旨(3)、入札不調、入札不落について、今後の対処はとのことですか、労務単価及び資材等の高騰を踏まえ、適正な設計積算による発注を進めるとともに、国や県の動向に注視し、適正な工事発注に努めてまいりたいと考えております。

  次に、質問要旨(4)、当町の発注工事の状況でございますが、平成25年度の発注工事につきましては、全て施工され完成しております。また、入札不調、入札不落の2件についても、施工され完成しているものでございます。

  次に、質問要旨(5)、建設業界との意見交換の状況でございますが、町内の土木工事関係で組織する杉戸町建設協力会との意見交換をさせていただき、そこで業界の状況や最低制限価格制度の見直し等の意見がございました。

  次に、質問要旨(6)、今後の統合幼稚園・保育園複合施設の建設工事の影響についてですが、現段階においては不透明な部分がございますが、今後も公共工事は全国的に増加し、人手不足や資材費の高騰による影響は継続していくおそれがあるものと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) まず、この文言なのですけれども、不調というのは初めての入札において入札参加者がなくて入札が成立しなかったものをいって、不落というのは最初の入札に参加した全てのものが予定価格を上回ったり、または最低制限価格を下回り落札に至らなかったもの等を指しておるところでございます。

  直近の象徴的な例としましては、埼玉県の県立の小児医療センターが昨年度2回の不落を起こし、最終的には不落随契という非常に難しい契約方法で、これは2回目の入札でも落札者がない場合は入札者のうちの最低の価格で入札した者と交渉して、予定価格の範囲内になれば随意契約を締結するという、そういった手法らしいです。

  いろいろとありますように、いろいろと人手不足、資材費の高騰によりまして全国的に入札不落、入札不調等が相次いでいるというニュースは皆さんご存じだと思うのですけれども、そのことで町においてはさほどでもないような答弁があったのですが、今後いろいろと問題が発生する可能性があるということで質問させていただいたのですが、そういった中で今回国土交通省がいろいろそういったことに対しての対策づくりというわけで、1月24日、そして2月にもいろいろと対策を出しております。その公共工事、公共建設工事の円滑な施工確保に係る当面の取り組みについて、そしてまた公共工事の円滑な施工確保対策等々を出しております。

  その中で、予定価格等をめぐるいろいろな問題、課題が相次いでおりまして、簡単に言えば予定価格の設定が低くて、要は適用する単価が古いもので、その見積単価の設定が市場の実態と合っていない、そういった問題がいろいろあると。いろいろな各自治体は、その対策をとりなさいと、そういう通達が出ていまして、対策としては、1つ目としては予定価格の設定について、入札日直近の最新単価を適用したものへ徹底しなさい。そして、その実勢価格との乖離のおそれがある場合は業者を呼んで、見積もりの提出を求める方法等活用しなさい等々いろいろな対策をとりなさいというような通達が出ているわけでございます。

  そういった中で、今後そういう通達等を町は把握しているのか。そして、今後そういったことがある場合にはどういった方法をとるのかというのをもう一度聞きたいと思いますので、よろしくお願いします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えをいたします。

  入札の不調、入札の不落ということで、現在町ではそのパーセンテージの少ない状況でございますが、先ほど議員がおっしゃったとおり国のほうからも通達が来ておりまして、その通達によりますと入札において市場価格、または適正な価格でするようにというような通達は承知しているところでございます。

  その中で、今後入札の、町において今後の対策といたしましては、適正な実勢価格による積算はもちろんでございますが、労務単価においてもきちっとした積算を進めて、直近の状況においての積算で発注をし、また資材高騰に注視しながら入札についてできるようにという関係課のほうにも通知、指導をしているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 当町での発注工事の進捗状況については、全て施工され完成しているということでございます。

  また、26年度等にもいろいろあるのですけれども、一番気になるのが流灯まつりまでに間に合わせるポケットパーク、そして護岸整備のほうは流灯まつりまでには絶対間に合わせるというふうにありましたけれども、それは一応確認なのですけれども、大丈夫でしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。

  流灯まつりまでに、現在施工中の県が発注しております大落古利根川の護岸工事及び町のほうで工事をする予定になっておりますポケットパークの工事の完成時期についてでございますが、現在流灯まつりが行われる8月の頭の完成に向けて鋭意工事を進めているということでございまして、具体的にこの日までというところは今申し上げられませんが、流灯まつりの開始までには遅くとも完成をする予定で施工をしているという状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 続きまして、建設業界との意見交換の件なのですけれども、答弁によると業界の状況や最低制限価格制度の見直し等の意見がございましたとありますけれども、直近の人手不足、また資材費の高騰によって入札の予定価格を少し上げてくれとか、そういった話というのはないのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  財産管理課長。

       〔白石敏明財産管理課長登壇〕



◎白石敏明財産管理課長 お答えいたします。

  建設協力会との意見交換会をさせていただきまして、現状での建設業界の置かれているいろいろな問題点なども伺うことができました。その中で、議員が申し上げたとおり予定価格の件についても、この予定価格の設定に当たっては最新の労務単価、そしてまた資材などの時勢価格を適正に反映して行ってほしいというような要望もございました。それと同時に人手不足、または特にいわゆる若者が少ないというような労力の問題もお聞きした状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 公共工事を着実に実施していくには、その担い手である建設企業の経営が安定するよう受注した工事で採算がとれることが重要であるということを申し上げたいと思います。

  そして、次の統合幼稚園・保育園複合施設の件なのですけれども、一応前回の議会でも話があったのですけれども、8億円以内で何とかつくりたいという話がありました。一応その答弁を聞きますと、人手不足や資材費の高騰による影響は継続していくおそれがあるものと考えておりますという答弁ですので、もしかしたら8億円以上かかる可能性もあるという含みがあるということでよろしいのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  建築課長。

       〔池川幸一建築課長登壇〕



◎池川幸一建築課長 お答えいたします。

  統合幼稚園・保育園複合施設建設工事の設計の額の関係でございますが、現在基本設計をまとめている途中でございまして、今後実施設計の中で詳細な工事費を詰めていくことになります。よって、現段階で工事費が8億円以内におさまるか否かの明言は、今のところちょっとできない状態でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 不透明ということなので、何か変わったことが、変更等がありましたら、しっかりと議会のほうにも説明責任を果たして、情報公開等もしっかりとしていただきたいと思うのですが、その辺は約束していただけますでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  建築課長。

       〔池川幸一建築課長登壇〕



◎池川幸一建築課長 統合幼稚園・保育園の複合施設の関係で、先日も基本設計の途中段階ではございましたが、議員の皆様に全員協議会のほうで図面のほうのご報告をさせていただきました。また、その辺の変更等がございましたら、全員協議会または資料の配付等で対応させていただきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) それでは、質問事項2に移らせていただきます。

  国保財政安定のための施策提言と今後についてでございます。国保は加入者の年齢構成が高く、1人当たりの医療費が高い上に低所得者の加入者が多く、保険税収入が少ないという構造的な財政問題を抱えています。当町でも赤字財政補填のため、今年度は一般会計から2億円の繰り入れを行っています。国保財政安定のため、医療費抑制と保険税収納率の向上は喫緊の課題ですが、今後の見通しも含め、以下質問いたします。

  まず、ジェネリック医薬品の差額通知を導入してはどうでしょうか。

  (2)は、取り下げましたので、次に行きます。

  次に、医者にかからないのに高い保険税を納めるのはつらいとの声を多く聞きます。そこで、自動車保険のように医療費がゼロの人は負担を低くする、または商品券を贈るなどインセンティブ制度を取り入れてみてはどうでしょうか。

  次に、社会保障と税の一体改革には低所得者の保険税軽減と財政運営の都道府県化が入っていますが、当町への財政支援の影響と広域化の見通しについてお聞きいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  町民課長。

       〔間中重光町民課長登壇〕



◎間中重光町民課長 お答えいたします。質問事項2、質問要旨(1)から(4)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  質問要旨(1)、ジェネリック医薬品の差額通知の導入についてでございます。ジェネリック医薬品は、医療機関から処方される医療用医薬品のうち、後発医薬品と呼ばれ、新薬・先発医薬品と医療学的に同等であるものとされており、開発費用が安く抑えられていることから、薬の値段が安く抑えられております。このため、ジェネリック医薬品の普及は患者負担の軽減や医療保険財政の改善に資するものと考えられております。現在、ジェネリック医薬品数量シェアは約4割と言われております。厚生労働省は、平成30年3月までにジェネリック数量シェアを60%以上にするという目標を掲げておりますが、普及の進まない理由について、医療者関係者間での後発医薬品の品質や情報提供、安定供給に不安が払拭されていないことが挙げられております。その一方、ジェネリック医薬品の使用についての判断は医師や薬剤師が行うことになっており、普及勧奨につながるとされる差額通知等の導入につきましては、当町として杉戸町医師会や薬剤師会の意見をお聞きするとともに、東部地区保険者連絡協議会等により、近隣市町の動向を注視してまいります。

  次に、質問要旨(3)、医療費ゼロの人の被保険者負担を低くするインセンティブ制度の導入についてでございます。国民健康保険制度において、医療を受けた方にお支払いをいただいている医療費の一部負担金については、一般に乱診、乱療を防止し、保険財政の負担を軽減するとともに、療養の給付を受ける被保険者と健康な被保険者の間における公平の見地から設けられた制度とされております。このような観点から、現在埼玉県内で医療費がゼロの被保険者に対してインセンティブ制度の導入を行っている保険者はないことから、当町においても導入する予定はございません。

  次に、質問要旨(4)、社会保障と税の一体改革における保険税軽減による財政支援の影響と広域化についてでございます。社会保障と税の一体改革における社会保障制度改革プログラム法が昨年12月に公布施行となり、平成26年度の通常国会以降、順次個別法改正案が予定されているところでございます。まず、低所得者の保険税軽減につきましては、医療、介護の保険制度改革により、低所得者に対する国民健康保険税軽減措置の対象拡大を、今定例議会において専決処分の承認議案を提出させていただいております。保険税条例の一部改正により、保険税軽減措置の対象拡大による所得基準額の引き上げをしてございます。杉戸町では、約900万程度の国保税の軽減を見込んでおり、減収分につきましては国、県より財政措置がされることから、国保財政への影響はないところでございます。

  次に、広域化の見通しについてでございます。国民健康保険の運営を広域化することで、脆弱な市町村単位の財政基盤を安定させるため、市町村から都道府県に移す法案を平成27年の通常国会に提出することを目指し、平成29年度を目途に必要な措置を講じるとされております。現在厚生労働省では、国と地方の代表者から成る国民健康保険制度の基盤強化に関する国と地方の協議会を発足させ、国保の財政構造の問題分析と解決に向けた方策と国保の運営業務における都道府県と市町村の役割分担のあり方など議論を進めているところでございます。今後、平成27年の法改正から、2年後の平成29年度実施に向けた議論が進むと思われますので、国、県の動向を注視するとともに、他市町との情報交換を密に行ってまいります。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) ジェネリック医薬品の差額通知の件なのですが、実例を見ますと広島県の呉市というところで一番最初にこれをやったということなのですけれども、この例を見ますと、そのジェネリック医薬品、差額通知の制度をとった費用が2,600万円、費用削減効果が1億2,400万円、費用対効果として9,800万円という例がございます。そういった非常に効果が著しく出ているという例がありまして、全国的にもこれは広がっております。

  例えば、厚生労働省の全国高齢者医療・国民健康保険主管課(部)長及び後期高齢者医療広域連合事務局長会議という資料がことしの2月17日に出ているのですけれども、その中を見ますと、平成24年度の速報値なのですけれども、平成24年度だと保険者数が全国で1,881ある中で実施数が1,198、その実施率はもう63.69%になっております。中には、富山県等はもう100%やっていると。保険者でやっているという話があります。

  先ほどの呉市の国保の例にもありましたけれども、削減効果は非常に出ているので、こういうことをとっている保険者というのは多くなっているのです。そういったことを研究して、国保の財政安定にしていただければと思うのですが、確かに医師会と薬剤師会等のいろいろな話し合いというのは必要だと思うのですけれども、早急に取り組むことによって効果が出ているのですから、やっていただきたいと思うのですが、このジェネリック医薬品の差額通知制度をとることによって、国からも特別調整交付金が出るというふうにあるのです。そういったこともありますので、ぜひ研究していただいてやっていただきたいのですけれども、再度お聞きいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  町民課長。

       〔間中重光町民課長登壇〕



◎間中重光町民課長 お答えいたします。

  まず最初に、近隣における差額通知制度の導入の状況をお答えいたします。現在東部地区保険者連絡協議会、この埼葛地区でございますけれども、12市3町ございますが、この中で差額通知の導入を行っているのが約半数の6市1町でございまして、近隣では久喜市、白岡市、宮代町というような状況となってございます。

  次に、医薬品に関する医師会等への働きかけでございますけれども、当町におきましても平成24年度に杉戸町医師会に対し、ジェネリック医薬品の差額通知の導入についてご意見を伺いました。当時医師会の見解といたしましては、医師は医薬品を処方する際に、患者の状況に合わせ最良の医薬品の選択を行っているというようなことから、医薬品は医師が選択するものであって、患者が薬を選択するものは本来の医療とは言えないというご意見がございました。

  このような中で、ジェネリック医薬品は財政負担にすごく支援になるものでございますけれども、今回のジェネリック医薬品の差額通知の導入については近隣市町の動向を踏まえながら、杉戸町医師会や薬剤師会の意見を伺ってまいりたいと考えてございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) ぜひ近隣市町のほうの動向をよく見て、早急に対策をとっていただきたいと、そのように思います。

  続いて、(3)なのですけれども、この件なのですが、税自体の変更ができないというのはわかってはいるのですけれども、こういった声が非常に多いのです。いつも保険税を払っているのですけれどもと言って、何かこう医者にかかっていないのだから、何かそういう特典というか、そういうのはないのというのはよく聞かれるのです。ただ、これは支え合いの制度なので、何とかそれはこらえてくださいとは言ってはいるのですけれども、いろいろ1年間で医者にかかることが何もなかった場合には、何か商品券や、例えばお風呂の入湯券とか、そういうのもいいのかなと思います。

  例えば、特定健診等でそういったプレゼント制度というのをとっているところもあるのですけれども、なかなか特定健診と結びつけてやるというのは確かに一つのいい例かなと思うのですけれども、熊谷市とかだと旅行券5万円分とか、旅行券1万円分とか、抽せんで血圧計だとか、そういうのを何か1等、2等、3等とかで、いろいろとそうやって工夫して特定健診の受診に結びつけたりという例もあったりするのですけれども、何かそうやって動機づけというのをしていく方法は考えていないのか、ちょっとお聞きします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  町民課長。

       〔間中重光町民課長登壇〕



◎間中重光町民課長 お答えいたします。

  まず、国のほうの動向を紹介いたしますが、平成26年3月に政府の医療介護分科会の中で厚生労働省審議官が、既に国内で取り組みが行われている医療保険者によるヘルスケアポイント、これはウオーキングやジョギングの歩数、健診を受けたということをポイント化して健康グッズやスポーツクラブの利用券と交換する仕組み、この運用のあり方とか、国保税完納者で保険診療を受けなかった無受診者等に対する金銭的インセンティブの付与について、今後は国民健康保険制度の中で保健事業として取り組むことができる範囲を明確にした上で環境整備を進め、インセンティブを付与する向上策に取り組んでいきたいという見解を示しました。

  このようなことから、今後も国、県の動向を注視してまいるわけでございますけれども、杉戸町におきましてもヘルスケアポイントの一環というわけでございますけれども、今年度より(後刻訂正)すぎと健康マイスター制度を導入してございます。こういった制度を導入しながら、健康なまちづくりを推進するということで、医療費の削減につなげてまいりたいと考えてございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) そういった町民が健康づくりに参加しやすい制度をもっともっと考えて、施策に反映していただきたいと思います。



○?田章一議長 町民課長。

       〔間中重光町民課長登壇〕



◎間中重光町民課長 大変失礼いたしました。

  インセンティブ制度の私の答弁の中で、すぎと健康マイスター事業というのを本年度と発言いたしましたが、正確には昨年度からの事業でございまして、訂正の上、おわびいたします。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) それでは、改めて質問事項3、杉戸中の屋外トイレの改修を早急にという質問に移らせていただきます。

  杉戸中の体育館横の屋外トイレは老朽化が進み、排水も機能していないためか豪雨時には床が浸水し、また亀裂跡も多く散見し、耐震対策は大丈夫なのかとの声を聞きます。そこで、以下質問いたします。

  (1)、平成26年度に各幼稚園、小学校で環境整備事業が予定されていますが、その選考基準は。

  (2)、杉戸中の屋外トイレの築年数は。また、現状を把握しているのでしょうか。

  (3)、杉戸中の屋外トイレは早急な改修、または改築すべきではないでしょうか。

  以上です。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  初めに、質問要旨(1)の環境整備事業の選考基準でありますが、各年度の当初予算要求時に各幼稚園、小中学校より環境整備に係る要望書の提出をいただいております。その際、優先順位をつけていただいておりますので、おおむねその順位により整備を行っております。

  次に、質問要旨(2)の杉戸中学校体育館横の屋外トイレの建築年次でありますが、昭和47年建築となっております。なお、現状の把握につきましては、把握しておりません。

  次に、質問要旨(3)の早急に改修、改築でありますが、今後状況を確認し、必要に応じて対応してまいります。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) 現状の把握については、把握はしていませんというふうに答弁があったのですけれども、これ質問を出してから何日かあったので、見ていただいて、そういう声とかというのを聞いてもらっているのかなと思ったのですけれども。いろいろと私のほうの耳に、PTAとか親御さんとかから耳に入ってきたのです。あそこは現状を見ると亀裂が入っていたりとかで、雨が降るとかなり浸水するという話なのです。しっかりとPTAとか保護者からの話というのは全くないのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えします。

  PTAとか保護者の方からの意見はなかったかということだと思いますが、こちらのほうには要望等はございません。ただ、昨年ちょっと杉中の排水問題で私どもの職員がずっと2カ月か3カ月ほど、実はいろいろと対応しておりましたが、その間についても学校等からの要望等はなかったものですから、先ほど言いましたように把握はしておりませんというご答弁をさせていただきました。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) この環境整備にかかわる要望書の提出というのが、各幼稚園、小中学校とあるのですけれども、これは学校の先生方がそのまま現状を見てお願いをするのか。それとも、1回PTAだとか生徒だとか、またいろんなかかわっている人たちを集めて意見を聞いて、その集約として要望を出しているのか。そのところだけ教えてください。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えします。

  当初予算のときに、各学校からの要望を提出するよう教育委員会としてはお願いしています。その中で、今議員さんが言ったようにPTAからとか学校からとか、それは各学校のほうの判断と思いますが、各学校からのいわゆる要望書を一括して受けております。その中で、先ほど答弁しましたが、相当な数の要望が来ています。その中で優先順位をつけて、その中から私どもは財政部局と交渉しながら予算どりをして、毎年環境整備を行っているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) その学校、学校によって要望を、PTAがご一緒に行っているかというのはわからないけれども、学校単位で要望書を教育委員会に持っていくという話だというふうに今聞きました。それは各学校で判断されることなのかなとは思うのですけれども、いろいろな学校からいただいた要望書を優先順位をつけるというのですけれども、この優先順位というのは、なかなか何をもって優先順位にしているのか。老朽化といっても、それぞれあるではないですか。私は何が言いたいかというと、大体こういう不満があるのですけれども、何でここが先なのかという、今回は第三小のトイレやりましたけれども、ほかにもありますが、うちのほうがすぐやってもらったほうがいいのではないかといういろんな不満があるのです。やっぱりそういったものに関しては、納得してもらうために、老朽化の度合いとか整備の必要性だとかを数値化して、いろいろとランクづけ等をして、できれば第三者機関にお願いして、それで町民がそれを閲覧できるようにして、ああ、ではここは本当にひどいのだなというふうに納得してもらって、順位づけをしっかりして出せば、そういった不満は起きないのかなというふうに思うのですけれども、その辺はどうでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  教育次長。

       〔古谷恒夫教育次長登壇〕



◎古谷恒夫教育次長 お答えします。

  先ほどちょっと優先順位の話で、私の言い方が議員さんに伝わらなかったのかと思いますが、実は優先順は各学校でつけてもらっています。各学校の判断で、当然今年度はこれが欲しいと。これを修理してほしい、これが欲しいとか、これを工事してほしいとか、各学校で優先順位をつけています。その中で、私どもは委員会としての全体の数字をまとめた上で、それを拾っております。ということで、私どもが優先順位をつけているわけではないので、各学校で管理者のほうから、どうしてもこれは必要だということの要求をこちらが吸い上げているということでございますので、よろしくお願いいたします。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) いろいろな優先順位、学校に出ているという話なのですけれども、本当にもう築年数が相当たっている杉小、杉中、私も通っていたからわかるのですけれども、本当に今見るとひどい状況だと思うのです。町長には本当に大変だなと思うのですけれども、本当はいろいろ一遍に直したい。なのだけれども、予算がない。そこをどうやって有効活用してやっていくかというのは、町長は本当に大変だなとは思うのですけれども、やはり子どもたちの教育環境というのは大事ですので、いろいろと新規でやりたい事業というのもあるかと思いますけれども、しっかりとそちらのほうに目を向けて、子どもたちのためにしっかりと予算をつけて、来年度にはさらによい環境でいられるようにお願いいたしたいと思います。

  続きまして、防災無線についてお聞きします。先日行われた議会報告会で、「防災無線が聞こえづらい。何とかならないか」との意見をいただきました。このような指摘は全国的に同様にあり、原因としてスピーカーの位置で物理的に聞こえづらい、また家屋構造や、居る場所によるものなどがあると考えられます。一方で、就労時間の多様化により、逆に音量を小さくしてほしいとの声もあります。

  そこで、神奈川県茅ヶ崎市では防災無線と同じ内容が強制的に聞こえ、AMやFMも受信する防災ラジオを1台2,000円で希望者に配布しました。当町でもこのような対策を考えられないでしょうか、お聞きします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。質問事項4について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  防災行政無線個別受信機、いわゆる防災ラジオにつきましては、平成25年度に杉戸町自主防災組織連絡協議会を構成する46団体全てに対し、杉戸町自主防災組織補助金を活用して、各団体に1台を整備したところでございます。また、本年5月23日に開催された杉戸町自主防災組織連絡協議会の総会時においても、防災ラジオの購入に関する情報を提供し、整備推進に努めているところでございます。自主防災会として防災ラジオを購入する場合には、町の防災資機材補助制度の対象となり、整備費用の2分の1は町の補助、残り2分の1は自主防災会の費用負担となりますが、町の補助金の予算が限られているため、補助事業として整備できる団体は、過去5年間に防災資機材の補助金が交付されていない自主防災会、または設立5年未満の自主防災会を優先的に補助対象団体としております。

  議員ご提案の茅ヶ崎市と同様な防災ラジオの有償配布についてですが、茅ヶ崎市と同様の費用負担で整備した場合、大量購入により杉戸町における購入単価が仮に1万円と試算した場合、購入者の負担の2,000円を差し引いても、町の負担は1台当たり8,000円となります。町内1万8,000世帯分の整備費用としては、約1億4,000万の財政負担が生じます。また、現在の防災行政無線の電波がアナログ方式であり、今後防災行政無線がデジタル方式に移行された場合、現在の防災ラジオの機能がなくなることも予想されます。よって、防災ラジオの整備に係る財政負担等を考慮すれば、茅ヶ崎市の方式のように町が主体となった有償頒布は、現時点におきましては難しいものと判断しており、引き続き自主防災会を主体とした整備推進に努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) この防災ラジオの件なのですけれども、今回取り上げたこの茅ヶ崎の例なのですけれども、これは先月ニュースでもよく取り上げられていたのですが、どういったことかというと、開発は東京テレメッセージという昔のポケベルの電波を使って800メガヘルツだったかな、すごく出力が強いということで、屋内のほうまでしっかりと電波が届くらしいです。その出力の大きいポケベル回線で、電波の届きづらいところもしっかりとカバーし、費用は本体代金2,000円、通信料が月50円、そしていろいろ調べたのですが、茅ヶ崎市で当初昨年の12月配布分を1,000台としたのですけれども、これは全て売り切れてしまった。追加で、昨年の12月議会で9,000台を発注し、今年度の春から順次配布予定と言っております。

  答弁では、全世帯に配布した場合は、それはもちろん1億4,000万等の財政負担が生じるのでしょうけれども、例えば私の質問にあるように聞こえづらい場所、それから地域、そういったところがあると思うのです。スピーカーとスピーカーのちょうど中間地点とか、そういったところに、どうしても必要だという人に配ればという形であれば、そんなに財政負担というのはかからないのではないかと。実際茅ヶ崎でも、今のところ1万台しかつくっていないですし、杉戸町でもなかなか聞こえない地域というのは、ごく限られた場所になるかと思うのです。いろいろマンションとかで、鉄筋とかだとなかなかキッチンとかにいると聞こえづらいとかあるのでしょうけれども、本当に必要だという人には配る。だから、全部に配るのではなくて、そういった形でやれないかという意味で質問をしたのですけれども、なかなか難しいのでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  防災ラジオの関係でございますが、町といたしましては自主防災会を通じて、全世帯の方を対象として情報提供しておりますが、購入の数に関しましては自主防災会の判断に任せております。したがいまして、自主防災会の会員の中で聞こえづらいから購入したいという意思があれば、当然ながらそれについては対応していきたいと考えております。

  ただし、冒頭申し上げましたとおり、町が今配布している防災ラジオにつきましては、場所によっては聞き取りできない場所もございます。これ電波の関係だと思います。そういうものを踏まえまして、防災行政無線が聞き取りづらい地域の方が仮に購入したいという意向があって希望を出しても、実際にラジオをつけてみないと、本当に電波が入るかという確認も必要がございます。また、先ほど申しましたとおり、町が今後無線をデジタル化に変えた場合、現在のラジオそのものが聞こえなくなりますので、そういうのを考えると、現時点では町としては積極的に配布という形で進めていないのが現状でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) ちょっとかみ合っていないと思うのですけれども、自主防災組織に配る防災ラジオのことではなくて、今回茅ヶ崎でやっているようなポケベルの電波を使った特別な仕様の防災ラジオというのをつくって配布しているのですね。そういったもので、独自の茅ヶ崎方式の防災ラジオというのが、ポケベル回線の電波を使ってできないかという趣旨で、それを自主防災組織云々ではなくて、個人で必要だという方に何とかできないかという話なのですけれども、その辺はどうでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  茅ヶ崎市が導入している800メガヘルツ帯に変えて町もそのような形でシステム化するというご質問でございますが、現時点で町といたしましては、それについての検討はしていないところでございます。また、導入するに当たっての費用対効果も確認しておりませんので、その辺も含めて今後研究させていただいて、必要であればそのような形で整備できればと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  7番、坪田光治議員。



◆7番(坪田光治議員) しっかりと費用対効果と、また近隣、それたしか千葉県の鴨川市も導入するというふうに決まったらしいので、しっかりとその辺も研究していただいて、そういう住民の声に応えていただきたいと思います。

  そして、もう一つ例なのですけれども、知っている方もいらっしゃるかと思いますけれども、東秩父村というところで、村内全戸にタブレット型の端末機を配布して、4月から防災行政無線の放送内容を文字でも見ることができるようになったという話です。そのシステムは、携帯の電話回線を利用しているということで、インターネットの閲覧はできないのですけれども、そういったお知らせなどを、防災情報は自動的に、そして村からのお知らせなどはワンタッチで情報が表示されて、配布戸数は約1,100ということです。

  そういったいろいろと防災無線にかわる仕組みというのも一つ考えていただきまして、そういう町民の声に一つでも応えていただければと思いまして、これで質問を終わりにします。



○?田章一議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午後 2時00分



       再開 午後 2時15分





○?田章一議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○?田章一議長 一般質問を続けます。

  3番、大橋芳久議員。

       〔3番大橋芳久議員登壇〕



◆3番(大橋芳久議員) 傍聴の方におかれましては、お忙しい中お越しいただきまして、ありがとうございます。3番議員の大橋芳久です。僣越ながら一般質問の締めをさせていただきます。

  議長より発言の許可をいただきましたので、一般質問通告書の順に従って順次質問をしてまいります。

  まず、質問事項の1番、ガス管の敷設について。町内各地で都市ガスの敷設工事が行われています。ガスはライフラインの一つであるとともに、敷設の際には道路工事を伴うため、町民生活に大きな影響を及ぼしています。そこで、以下のことについて伺います。

  (1)番、現在の工事状況とその周知について。

  (2)番、ガスの契約などに関することについて。

  (3)番、道路舗装本復旧工事に関することについて。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  質問要旨(1)、現在の工事状況とその周知についてでございます。町内各地で行われております都市ガス工事は、株式会社東彩ガスがガス事業法に基づき経済産業大臣の許認可を受け、町や県の道路占用許可のもとに実施をしております。現在の工事箇所の状況としましては、内田2丁目、3丁目地内と倉松1丁目、2丁目、3丁目地内の敷設工事がほぼ終了し、現在は清地4丁目地内の一部で実施をしております。工事の周知につきましては、敷設工事を開始する前に事業者みずからが関係住民の皆様方を対象とした屋外での説明会や文書の配布、または直接訪問などにより周知を行っております。

  次に、質問要旨(2)、ガスの契約などに関することについてでございます。事業者とガス購入希望者との契約自体は、当事者同士で行われております。契約件数につきましても、町への届け出等を行うことにはなっておりませんので、町では把握はしておりませんが、道路占用許可の中でガス供給が可能となるおおむねの件数は把握しております。

  次に、質問要旨(3)、道路舗装本復旧工事に関することについてでございます。ガス管が敷設され、舗装の仮復旧が完了した町道につきましては、30日以上の自然転圧期間を置いた後に、舗装の本復旧工事を事業者が実施することとなっております。舗装本復旧を行う範囲につきましては、敷設工事が既設の舗装に与えた影響などを部分的に調査し、事業者と協議の上、本復旧舗装の影響範囲を決定しております。なお、道路の状況にもよりますが、その町道路線の舗装全面がやりかえになる場合もございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 現在の工事状況については、今課長がご説明いただきましたけれども、今後の見通し、わかっている範囲で伺いたいのですけれども、ガスの工事、課とすると道路の占用の許可だと思うのですが、いつまで、そしてどのエリアまで許可をするのか明らかにしてください。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。

  今後のガス工事の時期と範囲ということでございますが、現在、先ほど申しましたとおり清地4丁目地内のガス管工事を株式会社東彩ガスが行っております。その後は、清地5丁目、6丁目地内の敷設工事のほうを予定しているということでございます。具体的な日にちにつきましては、現在まだ申請が来ておりませんので、具体的な日にちについては、ここでは申し上げることはできません。また、さらにその後につきましては、平成30年度までに清地1丁目から3丁目地内、また杉戸1丁目から6丁目地内において敷設する計画があると伺っております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) ガスについての管轄が国や県ということになるので、町には権限がないと。それはそれで仕方がないのかなとも思うのですけれども、契約を結ぶことに限ってはちょっと別なのかなとも思います。私のところに来る相談としては、高齢の単身者の方から、契約について個別の説明があったと。個別だと、何かどこかだまされているのではないかと不安がある。契約に関する説明会があるにはあるようなのだけれども、それもうまく伝わってこないと。オープンの場で説明させることで、いろいろな人の意見が出て安心するというようなことがありました。

  このご時世なので、個別に来られても詐欺ではないのかと疑ってしまうということです。ですので、町に聞いたほうがいいのかなというような相談を受けたことがあります。私も都市施設整備課に聞くべきなのか、それとも産業課に聞くべきなのか、ちょっとわからなかったことがありました。実際所管が町にはないということで、職員の方に聞いても、なかなかわからないというのが実情だと思います。できれば相談窓口みたいなものを設置していただくと、町民の方も安心するかなと思いますし、職員にしてみても責任の所在がはっきりするので、余計な仕事を行わずに済むのかなと思います。

  民間事業に関して、公的な機関が窓口を設置するということは難しいのかなとは十分理解しています。そこで、消費生活センターが町にはありますけれども、そこは契約でのトラブルが発生した場合の窓口になっていただけるのかを確認しておきたいと思います。

  また、連絡があってから、この件について調べますというのではなくて、備えあれば憂いなしという言葉があるように、事前に情報を収集しているのかを伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。

  町といたしましては、当該ガス工事に関しての相談窓口というものを改めて設置をしていないところではございますが、議員の今ご指摘のとおり、町では杉戸町消費生活センターを設置しておりまして、毎週火曜日、木曜日、さまざまな消費生活におけるトラブルや苦情、相談等を受け付けているところでございます。現段階では、このガス工事に伴います、契約に伴います相談については受けていないという現状でございますけれども、仮にそういった契約間のトラブルがあった場合には、消費生活センターの窓口にご相談いただければ対応できるかと思います。また、消費生活センターで対応できない事例等が発生した場合におきましては、必要に応じまして法律相談等の窓口を紹介することも可能でございますので、ぜひそういったものをご活用いただければと思っております。

  なお、情報収集に関しましては、このガス工事等についての情報につきまして、都市施設整備課より入手いたしまして、専門の相談員がございます。こういった事例があるというようなことで、事前に話しておくようなことに努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 何となく縦割り行政についての弊害を感じてしまうわけなのですけれども、町民にとってはこれがどこかに属しているということは関係なく、やっぱり不安に思うことがあると思うのです。そこで、町で管轄していないので、いきなり県や消費者センターに電話してくださいと言うにしても、結論は同じだとしても、町として相談できる窓口があるということは、町民の方に安心を与えることができると思いますので、それはそれでよかったのかなと思っています。

  続いて、(3)についての再質問なのですが、まず仮舗装が行われます。この仮舗装が余りよろしくないということで、私の耳にはよく声が入ってきております。この仮舗装というものには何か基準があるのでしょうか、お伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  仮復旧についての基準ということでございますが、ガス管の敷設に伴います道路占用許可の条件では、道路の掘削工事を行った後、即日町のほうで指示をした組成で舗装を行い、仮復旧として道路を開放するということになっております。仮復旧の工事後、30日以上の自然転圧期間を置くようさらに指導をして、その間の段差等につきましては、事業者のほうに適切な点検、必要に応じて補修等を行うように指示を行っております。また、町のほうでは道路のパトロールを行っておりまして、そちらのほうで仮復旧段階の舗装に関しましてふぐあい等が認められた場合は、事業者のほうに補修もしくはやり直しなどの指示を行っているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 道路パトロールを行っているということなのですけれども、これって車で行かれているということなのですけれども、今度自転車でちょっと通っていただければと思うのです。それでも、まだ私も課長も高齢者というわけではないので、そんなに感じないとは思うのですけれども、私のところに耳に入るのは、やはり自転車で行動する人から多く意見が寄せられています。車で走る感覚と自転車で走る感覚ってやはり違うと思うのです。ぜひ道路パトロールをする際には、車だけではなく、自転車や歩いてみることが必要なのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  道路パトロールで自転車や徒歩を活用してはということでございますが、現在町のほうでは道路パトロールを車で行っておりまして、仮復旧工事後の道路の状態の把握に努めているところでございます。この道路パトロールは、先ほど申しましたように、主に車中から確認をしているところでございますが、路面の状態によりまして、おりて徒歩での確認のほうも行っております。自転車でのパトロールというご提案につきましては、どのような方法でできるかにつきまして、当課において検討研究のほうをしてまいりたいと思います。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 自転車のパトロールは自転車で走ればいいだけなので、簡単だと思いますので、ぜひご検討いただければと思います。

  あと、工事が終わった後の本舗装なのですけれども、よく工事完了後に本舗装を行うという看板が立っているのですけれども、その実施の時期が明示されていないのです。そうすると、いつになるのかなということがわからないので、30日以内とかというのが決まっているのであれば、指導をしていただいて、看板に書いていただくと。30日以降にということで看板に書いていただく。そうすると、ああ、この日まで我慢すればいいのかなというようなことで町民の方としては思うので、そのようなことが指導できないのかどうかお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えをいたします。

  本復旧工事の時期を明示できないかということでございますが、先ほども申し上げましたとおり、道路占用許可の条件におきましては、仮復旧工事後30日以上の自然転圧期間を置きまして、その後、本復旧工事を行うということになっております。株式会社東彩ガスにつきましては、広範囲にわたって工事をしておりますので、仮復旧工事を行ってから、その後ある程度の自然転圧期間を置いて、本復旧として舗装の半面または全面復旧工事を行っているという状況でございます。

  そのような中で、本復旧工事の時期の明示ということにつきましては、現在も工事の本復旧の前には工事看板等でお知らせをしているところでございますが、本復旧の時期がある程度わかった段階で、できるだけ早く看板等で明示をできないかということについて、事業者に対して指導をしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 最後に、工事の周知についてだけ改めて伺って次に移りたいと思うのですけれども、業者は道路の占有の許可を得なければならないので、恐らく町には丁重に対応するとは思うのですけれども、だからといって町民に対して丁寧に工事の周知を図るというわけではないのかなと思います。極端な話、町の許可さえあれば町民の同意は要らないわけなのですから、近隣の世帯に周知するといっても、町側と業者側では受け取り方がちょっと違うのかなと思います。町はどのように周知について指導しているのかという意見も耳にしましたので、周知の方法をどう定めて、それをどう指導しているのか改めて伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔勅使川原将吾都市施設整備課長登壇〕



◎勅使川原将吾都市施設整備課長 お答えいたします。

  住民への周知の方法ということでございますが、現在町といたしましては、地域住民の方への周知につきましては、住民等とのトラブル等が起きないように適切に対応するように指導をしているところでございます。その周知に関しまして、住民の皆様の受け取り方ということで不十分な点があるというものにつきましては、今後周知の範囲、もしくは方法などについて、より丁寧な周知ができないかどうかについて、改善の検討をするように指導をしてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) ガスは重要なライフラインの一つなのですけれども、道路も同じように町民の財産であります。町民の財産が損なわれないように監督していただけるよう、そしてもし苦情や相談があった際にはスムーズに対応できるような体制を整えていくことをお願いして、次の質問に移ります。

  それでは、質問事項2番、「すぎめー。」などのPR方法は。防災無線はそのときの気象条件などにより、聞こえぐあいが左右されてしまいます。そこで、防災無線を補完するものとして「すぎめー。」、フリーダイヤル、エリアメールなどがあるわけですが、それをどう町民に周知、PRしているのかを伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。質問事項2につきまして、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  初めに、防災行政無線は議員ご指摘のとおり、大気の状況等により、聞こえぐあいが左右されてしまいます。町では防災行政無線の情報を町民の皆様に伝達するための補完サービスとして、杉戸町メール配信サービス「すぎめー。」や、防災行政無線で放送した直前の内容が確認できるフリーダイヤルサービスを実施しております。また、生命にかかわる緊急性の高い情報につきましては、防災行政無線のほか、通信事業者によるエリアメールや緊急速報メールを活用しての情報伝達に努めております。

  これらのサービスをどのように町民に周知、PRしているかについてのお尋ねでございますが、「すぎめー。」やフリーダイヤル、エリアメール等の取り組み状況につきましては、平成22年4月以降、12回にわたり「広報すぎと」を活用して周知、PRに努めております。また、町のホームページにおいても「すぎめー。」の登録に関する情報や、防災行政無線が聞き取りにくかったときの対応としてのフリーダイヤルサービスについての情報提供を行っております。その他、自主防災組織連絡協議会の総会時や各地域で開催される防災訓練や、まなびっちゃすぎと塾での防災に関する講習会、さらに杉戸夏祭りを活用して周知、PRに努めております。今後におきましても、多くの町民の皆様に正確かつ迅速に防災に関する情報をお伝えできるよう、情報発信に取り組んでまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 「すぎめー。」が始まって、もう4年がたっているわけですけれども、それまでの登録者数の推移と、現在の登録者数について明らかにしてください。

  それと、「すぎめー。」も創設当時よりもパワーアップしています。当初は防災だけだったのが、そこにさまざまな情報を選択して受信できるようになっていると思います。分野別に必要な情報だけ受信できるのですが、現状ではどの分野に人気があって、どれだけの登録者数があるのかをあわせて伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  「すぎめー。」の登録者数の推移と現在の登録者の状況でございますが、平成26年6月1日現在で申しますと、「すぎめー。」の登録者数は全体で1,418人であります。うち、各分野に分かれておりまして、防災に係る登録については1,316人、防犯に係る登録につきましては1,220人、防災無線に係る登録につきましては1,251人、イベントに係る登録につきましては816人、子育てに係る登録につきましては539人、健康づくりに係る登録につきましては382人、税金、年金、保険料に係る登録につきましては321人、生涯学習に係る登録につきましては398人、生活情報に係る登録につきましては498人、また選挙に係る登録もございまして、こちらについては290人、また議会に係る登録につきましては232人、行政一般といたしまして322人と分別されております。したがいまして、先ほどの質問の中で人気ということでございますが、全体で多いのは、やはり防災に係る登録が1,316人で一番多いところでございます。

  また、推移でございますが、防災に係る登録の推移しか私のほうは把握しておりませんが、参考に申し上げますと、平成23年9月22日現在で1,131人の登録を確認しております。こちらにつきましては、過去の議会の答弁の中で確認させていただいた数値でございます。また、先ほど申しましたとおり、ことしの6月1日現在では1,316人、増加として185人ふえている状況でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 次にお伺いしたいのは、登録者の目標人数というものがあるのかなと思います。目標があって、初めてそれをなし遂げるための手だてを講じ対策を立てていくのだと思います。登録の目標人数を設定しているのであれば、その人数と、その設定根拠を明らかにしてください。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  登録者数の目標人数ということでございますが、特に定めておりません。また、先ほど申しましたとおり、防災に係る登録の推移から申しますと、おおむね年間60人程度がふえておる状況でございます。今後また「すぎめー。」の情報提供に努める中で、これまでの登録以上に登録数がふえるように、町としては努めていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 今の答弁によると、1年で60件程度というようなところなのですけれども、答弁の中で広報紙に12回載せたとあります。12回載せた割には、正直効果が薄いのかなと思います。あと、やはりせっかくこういうようなためになるものなので、もっともっとPRする必要があるのではないのかなと思うわけです。広報紙って12回やっても、年60人だとすると、これから例えば広報紙に載せ続けたとしても、同じぐらいなペースになってしまうようなことが予想されるわけです。つまり、広報紙で「すぎめー。」のPRをしたとしても、ある程度限界があるのではないのかなと思います。それならば、次は手段を変えてやっていかなければいけないと思います。

  私から2つ提案があるのですけれども、1つはもうちょっとマンパワーを、人の力を使うというのはいがかかと思います。まずは我々議員、そしてここにおられる課長級職員の方々、そして職員の方々、そして出先機関の方々、まずはその全員が登録するように働きかけるべきではないのかと思います。

  そして、住民参加推進課ですので、区長会のときなどに区長さんなどにお知らせをし、そして非常勤の方々、何かの会議があったときにはそのたびにPRし、さらに出先機関や公共施設、そして委託業者の方々には受け付けのときにPR、例えば公民館の利用の申し込みなどに来られた際にもPRをしてみたり、高齢者の方には高齢者サロンまで行って出張したりとか、そんなことが必要だと思うわけです。紙面に掲載するだけではなく、ここが一番肝心だと思うのですけれども、一歩進めて、登録が簡単なので登録してしまいましょうみたいなことで、もう少しプッシュをするというか、そのときに登録をさせてしまうというのが必要ではないのかと思うのですが、いかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  「すぎめー。」の登録に関しまして、もっと積極的にPRして、登録者数をふやしたほうがいいのではないかという趣旨のご質問かと思います。町といたしましては、これまでも自主防災組織等を通じての情報提供や、防災に関する講演会等を通じての情報提供、また先ほども答弁いたしましたが、平成24年度に夏祭りの会場において防災に関するグッズの配布とあわせて、備蓄品配布とあわせて登録に関するチラシも含めてPRに努めているところでございます。議員のご提案のとおり、人の力をかりて、各種いろんなイベントや受け付け等を通じて情報提供して登録する方法もあるかと思いますが、町といたしましても登録におきましては、できる範囲で進めていきたいと考えております。また、町の職員につきましては、この「すぎめー。」とは別の登録制度がありまして、そちらの活用もしているところでございます。いずれにいたしましても、「すぎめー。」の登録をしていただいて、特に防災に関する情報は重要となりますので、災害時に有効に活用できるように努めていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) もう一つなのですけれども、メリットがないとなかなか登録者というのはふえないのかなと思います。よくも悪くも、最近は電話よりメールの時代になっていますので、この「すぎめー。」は、むしろ今後活用の余地がまだまだあるのではないのかなと思います。さらに、町内にいなくても情報を仕入れることができる重要な手段でもあります。例えば、こちらから配信するだけではなく、町民からの声を受信するようにはできないものかと思います。例えば、どこどこの道路に穴があいているだとか、どこどこの防犯灯の電気が切れているとか、特に防犯灯の電気は夜につかないことがわかりますし、夜は役場がやっていないので、どうしてもタイムラグが出てきてしまいます。あとは広報紙にある町長への手紙を送信できるようにするとか、現状では各課のアドレスを調べてメールしなければならず、煩わしいなと思うものも、もし「すぎめー。」の配信先が受信できるようになり、大きな総合窓口のような役割を果たすようなことができれば、調べる手間もかからず、楽になることが多いのではないのかなと思います。

  もちろんシステムの問題もあると思うのですけれども、またそうすることによって町民の現場の声が、執行部の方々はもちろん我々議員も含めて、声がより伝わるようになりますし、登録人数がふえれば、それだけさまざまな話題が町民に取り上げられると思います。配信だけではなく受信もできるようなシステムにすれば、より登録者数がふえると思うのですが、システム改修を行うことはできないのかお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  登録に関する要望として、情報を町のほうが受けるようにシステム化できないかというご質問かと思います。現在、「すぎめー。」につきましては、ご承知のとおり一般的に普及している携帯やパソコンを通じて、町のメール機能を活用して情報提供に努めているところでございます。こちらの機能で、返信用のリンクをそのメールの中に、文章の中に設けて質問を受けるようなシステムにつきましては、システム上多分実施は可能かと思います。なお、その場合、ウエブシステムに該当しますので、メール機能のみの携帯電話では利用できない可能性もあるかと思われます。そこで、ウエブシステムだけではなく、問い合わせのときにメールアドレスをそのところにリンクして質問を受ける方法もあるのかなと思います。しかし、配信した内容には緊急的な情報もございます。その中で、その質問を受けることによって、多くの質問を一度に受けた場合、その対応も町としては当然ながら考えなくてはならないと。そういうのも含めた場合、一概に全てできますとは言えないのが現状でございます。よって、今後どのような形で住民の方々の意見を伺う場を設けることができるかということにつきましては、関係課と協議を進めて、またシステムの構築の部分も含めまして検討させていただきたいと思います。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) あと、フリーダイヤルなのですけれども、広報紙への掲載がなくなってしまったのですが、復活させるお考えはないのかお伺いいたします。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  議員ご指摘のとおり、フリーダイヤルにつきましては過去平成22年の4月以降でございますが、毎月「すぎとひろば」という広報紙の部分のページの一番下に2行でフリーダイヤルの案内を掲載したところでございます。その掲載につきましては、平成25年の4月号以降は掲載していない現状となっております。担当課といたしましても、ちょっと気づくのが遅かったのですけれども、来月以降、間に合えば来月、間に合わなければ再来月以降に、同じように掲載できるようにPRに努めていきたいと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 情報の中には、積極的に外に知らせていくべきものがあると思います。私は、常々答弁の中で執行部の方が、広報紙に載せましたとかホームページに載せましたと言って、責任を果たしたようにおっしゃっていることが見受けられますが、広報紙にしても見なければ情報が入らないですし、年配の方はホームページなんて見ないとか、見られないという方も多くいらっしゃいます。ぜひさまざまなポイントで情報を発信するだけでなく、マンパワーを活用して町民に情報を届けることが重要なのではないかと思います。

  それでは、質問事項3番、郷土愛を育む授業を。泉小学校では古代体験授業を行っています。古代体験授業は体験型の授業であり、ふだん座学では学ぶことができないものを学ぶことができ、ひいては歴史に対する興味を深め、郷土に対する愛を育むことにつながります。古代体験授業を含め、町内全小学校で郷土の歴史に関する特色ある授業を行うことができないのか伺います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  学校教育課長。

       〔麻生雅彦学校教育課長登壇〕



◎麻生雅彦学校教育課長 お答えいたします。質問事項3について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  杉戸町には、歴史を学ぶ上での貴重な教材ともいえる遺跡等が多く残っております。議員ご指摘のとおり、泉小学校ではこのような地域の特性を生かした古代体験学習を継続して行っており、特色ある教育活動として成果を上げております。遺跡や地域の方をゲストティーチャーとして学ぶ歴史学習など、体験型学習の効果は大変大きいものと考えます。

  郷土愛を育む授業としては、平成25年度は4校の小中学校から社会教育課の学芸員が講師として招聘され、出前授業を実施いたしました。内容については、古代の遺跡や土器などの出土品を通して歴史を学ぶ学校、学区に残る杉戸宿や大島新田について学ぶ学校、修学旅行で行く鎌倉と杉戸を関連させて鎌倉街道について学ぶ学校など、各学校の地域性や行事、教科の学習と組み合わせた学習を工夫して実施しております。平成26年度につきましても、既に4校でこの出前授業が実施されたところです。歴史学習のスタートとしての古代の学習だけでなく、埼玉県の指定史跡になっている恭倹舎や有隣塚、大島新田などについての学習についての要請もございます。

  現在の学習指導要領では、歴史を社会科の授業として学ぶのは小学校6年生からですが、各学校では小学校1、2年生の生活科や小学校3、4年生の社会科の郷土学習の中でも、地域のものや人を教材とした体験学習を行っております。地域の農家や商店、工場を訪ね、仕事に対する苦労や工夫を語ってもらったり、体験をさせてもらったりして学ぶことは、教科書だけではわからないことを知る大切な学習です。

  また、小学校3、4年生の社会科においては、地域について学習しますが、多くの体験学習や見学ができるように、教育委員会では杉戸町小学校地域学習副読本「のびゆくすぎと」を作成し、町内全児童に配付し、授業等で活用しております。例えば、小学校4年生で学習する大島新田の開発に尽力した大島清兵衛氏については、実際に大島新田の見学をしたり、地域の方から話を聞いたり、大島新田の開発の一部を体験したりするなど、学校の地域性に応じて工夫した体験学習ができるようにしております。

  さらに、郷土を愛する心を育むという面では、毎週各学級で実施する道徳の時間にも、内容項目「郷土愛」を主題とした学習も行っているところです。

  このように、地域の特性を生かし、各学校が工夫した学習を展開することで、郷土愛を育む、子どもたちにとって生きた学びが生まれるのではないかと考えております。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 泉小学校では土器づくりだとか、あと古代まつりとかということが行われていると聞いて、やっぱり生徒に聞いてみても、泉小の子というのは楽しかったとか記憶に残っていますし、逆にほかの小学校とかに聞いてみると、そんなのやっているの、うらやましいなというようなこともあるので、そういうような、もうちょっと体験型のことを泉小学校だけではなく、具体的なことを言うと土器づくりになってしまうのですけれども、せっかくエコ・スポいずみもちゃんと歴史の遺産ができるようになりますし、そういうような意味も込めて、もうちょっと体験型のを広げていくことはできないのかということをお伺いしたいと思います。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  学校教育課長。

       〔麻生雅彦学校教育課長登壇〕



◎麻生雅彦学校教育課長 お答えいたします。

  議員ご指摘のとおり、泉小学校では古代まつり、火おこし体験や土器づくり等の体験活動を行っております。泉小学校以外でも、杉戸町の遺跡や出土品について学習をしている学校もございますが、体験活動という大きな枠で考えた場合には、各学校の特色ある教育活動ということで、例えば学校ファームを活用した稲作体験とか、杉戸農業高校にご協力をいただいての梨づくり体験とか、また地域の方との連携を持って行う餅つき大会とか、各学校がそれぞれ特色を生かしながら、現在いろんな教育活動を、特色ある教育活動、体験活動を行っているところでございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) ちょっと1点確認したいのですけれども、この地域学習副読本の「のびゆくすぎと」って小学校を卒業するときに回収されてしまうとちょっと聞いたのですけれども、回収されてしまうのですか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  学校教育課長。

       〔麻生雅彦学校教育課長登壇〕



◎麻生雅彦学校教育課長 お答えいたします。

  現在の学習指導要領では、小学校3年生、4年生で地域の学習を行うことになっておりますが、教科書にも地域の学習のことは載っているわけなのですけれども、杉戸町に特化した内容にはなっておりませんので、杉戸町としては先ほどお話ししました「のびゆくすぎと」というのを作成して、杉戸町に特化した地域学習ができるように、3年生に進級するときに町内全児童に配付をしております。その後、小学校を卒業するときに回収するということはしておりません。

  さらに、現在「のびゆくすぎと」につきましても、資料等の中身がだんだん変わってきますので、今年度杉戸町地域学習の資料をつくる編集委員会を各学校の先生方にお願いをして組織をしまして、今年度はこの「のびゆくすぎと」を改訂して、現在の2年生が来年度使う副読本からは新しいものに改訂をして配付をする予定でございます。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) エコ・スポいずみの話なのですけれども、遺跡の常設展示場になるということで、小学生に学習の機会を、前も言ったのですけれども、近くに環境センターもあるので、そこで体験授業をできるような感じでぜひ検討していただければと思うのですけれども、いかがでしょうか。



○?田章一議長 当局の答弁を求めます。

  社会教育課長。

       〔田原和明社会教育課長登壇〕



◎田原和明社会教育課長 お答えいたします。

  エコ・スポいずみを活用した児童生徒の体験の場ということでございますけれども、現在エコ・スポいずみの改修につきましては、一つに歴史、埋蔵文化財を中心とした歴史の常設展示施設、また体験ができる施設と、スペースとして考えてございます。そのような中で、企画展または体験型ということで、当然町内の小中学生、また町民の皆様方にも埋蔵文化財を中心とした土器づくりとか、また地域には歴史の、泉小学校にあります古代住居、保存会もございますので、そういう方々にもご協力いただきながら、さまざまな体験というものを考えていきたいというふうに考えています。

  以上でございます。



○?田章一議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 私が今回郷土愛を取り上げたのには理由があります。郷土に愛着を持つことで、子どもたちに将来も杉戸町に住み続けてもらうことを希望したからです。私が年老いた後も、若い世代が多い活気のある杉戸町になることを願って一般質問を終わりにいたします。ありがとうございました。



○?田章一議長 これをもって町政に対する一般質問を終わります。



                          ◇                        





△次会日程の報告



○?田章一議長 以上で本日の議事は全部終了いたしました。

  明12日は、議案調査のため休会といたします。

  13日は、午前10時から本会議を開きます。



                          ◇                        





△散会の宣告



○?田章一議長 本日はこれをもって散会いたします。

  お疲れさまでした。

       散会 午後 3時06分