議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 杉戸町

平成25年  3月 定例会(第1回) 02月25日−一般質問−03号




平成25年  3月 定例会(第1回) − 02月25日−一般質問−03号







平成25年  3月 定例会(第1回)





            平成25年第1回杉戸町議会定例会 第7日

平成25年2月25日(月曜日)
 議 事 日 程 (第3号)

 1、開  議
 1、諸般の報告
 1、一般質問
     2番  伊 藤 美佐子 議 員
     1番  平 川 忠 良 議 員
    14番  森 山 哲 夫 議 員
     3番  大 橋 芳 久 議 員
 1、次会日程の報告
 1、延  会

午前10時00分開議
 出席議員(14名)
     1番   平  川  忠  良  議員       2番   伊  藤  美 佐 子  議員
     3番   大  橋  芳  久  議員       4番   窪  田  裕  之  議員
     6番   勝  岡  敏  至  議員       7番   坪  田  光  治  議員
     8番   ?  田  章  一  議員       9番   石  川  敏  子  議員
    10番   上  原  幸  雄  議員      11番   稲  葉  光  男  議員
    12番   宮  田  利  雄  議員      13番   須  田  恒  男  議員
    14番   森  山  哲  夫  議員      15番   阿  部  啓  子  議員

 欠席議員(1名)
     5番   石  井  幸  子  議員
                                                   
 説明のための出席者
    古  谷  松  雄   町   長        村  瀬  泰  彦   副 町 長

    大  串  雅  治   秘 書 広報        門  脇  利  夫   政 策 財政
                 課   長                     課   長

    白  石  敏  明   財 産 管理        野  口  浩  之   総 務 課長
                 課   長

    島  村     薫   人権・男女        荻  原  勝  典   住 民 参加
                 共 同 参画                     推 進 課長
                 担 当 参事

    染  谷  康  宏   町 民 課長        新  井  恒  雄   税 務 課長

    武  井  義  和   福 祉 課長        野  口  俊  彦   子 育 て
                                           支 援 課長

    武  井  喜 代 美   健 康 増進        大  島  康  夫   すぎとピア
                 課   長                     所   長
                                           ( 兼 )
                                           保   健
                                           セ ン ター
                                           所   長

    間  中  重  光   環 境 課長        加  藤     衛   都 市 施設
                                           整 備 課長
                                           ( 兼 )
                                           産 業 団地
                                           拡 張 推進
                                           室   長

    川  島  美 喜 雄   上 下 水道        関  根  孝  一   建 築 課長
                 課   長

    鈴  木     聡   産 業 課長        野  中     淳   商業活性化
                 ( 兼 )                     推 進 室長
                 農業委員会
                 事 務 局長

    石  井  秀  典   消 防 長        輪  島  正  視   教 育 長

    鈴  木  光  男   教 育 次長        田  中  健  寿   学 校 教育
                 ( 兼 )                     課   長
                 教 育 総務
                 課   長

    古  谷  恒  夫   社 会 教育        鈴  木     聡   会計管理者
                 課   長                     ( 兼 )
                 ( 兼 )                     会 計 課長
                 町史編さん
                 室   長

    岡  田  孝  行   選 挙 管理
                 委 員 会
                 書 記 長
                 ( 兼 )
                 公平委員会
                 事務局長・
                 監 査 委員
                 事務局長・
                 固 定 資産
                 評 価 審査
                 委員会書記
                                                   
 事務局職員出席者
    中  村     茂   事 務 局長        千  把  幸  夫   事務局次長
    栗  原  明  子   書   記        萩  原     淳   書   記







△開議の宣告                                (午前10時00分)



○稲葉光男議長 これより本日の会議を開きます。



                          ◇                        





△諸般の報告



○稲葉光男議長 日程第1、諸般の報告をいたします。

  初めに、一般会計予算に対する総括質疑の通告書が提出されてまいりましたので、本日、お手元に配付しておきました。後日、日程に従い、総括質疑をお願いすることになりますので、あらかじめご了承願います。

  次に、2番、伊藤美佐子議員から一般質問における図・表等の使用についての申請があり、これを許可いたしました。なお、当該資料につきましては、本日お手元に配付しておきました。

  以上で諸般の報告を終わります。



                          ◇                        





△一般質問



○稲葉光男議長 日程第2、これより町政に対する一般質問を行います。

  この際、一般質問の発言時間について申し上げます。

  今期定例会における一般質問の各議員の持ち時間は、会議規則第52条第1項の規定により、質問、答弁を含め60分以内といたします。

  一般質問の通告がありましたので、通告の順序に従い順次発言を許可いたします。

  2番、伊藤美佐子議員。

       〔2番伊藤美佐子議員登壇〕



◆2番(伊藤美佐子議員) おはようございます。2番議員の伊藤美佐子でございます。議長より発言の許可をいただきましたので、通告書順に質問させていただきます。

  質問事項1、選挙の投票率向上に向けて。質問要旨、昨年12月に執行された衆議院議員選挙の状況等について質問します。幸手市では、資料として提出しておりますが、こちらの資料でございますが、衆議院議員総選挙のお知らせとして、投票率向上を図るために、選挙管理委員会よりチラシを配布されております。この中には、投票日、期日前投票、投票所の一覧及び案内図、投票できる対象の要件など記載されております。詳しく見てわかるような、ちょっとした疑問でもわかるように記載されております。投票日に投票できない方のために、投票ができる制度、期日前投票の仕方や宣誓書を記載して活用できることまで周知しております。

  そこで、伺います。1、杉戸町では事前の周知方法はどのように行ったのでしょうか。

  2、選挙公報は現在新聞折り込みを利用しています。最近では新聞を購読する世帯が減少していますが、そのような世帯に対してどのような対応を行ったのでしょうか。

  3、投票事務の効率化について伺います。期日前投票の際には入場整理券を持参しても本人確認のために宣誓書を記入しなくてはなりません。ふだんとは違い、なれない場所のために高齢者や障がい者の中には宣誓書の記入に時間がかかる方もいます。多くの選挙管理委員会では期日前投票の負担軽減のために、ホームページから宣誓書をダウンロードできるようにしています。そこで、投票率向上のために我が町でもホームページから宣誓書をダウンロードできるようにして、事前に記入した宣誓書を持参して投票できるようにすることを提案しますが、見解を伺います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  選挙管理委員会書記長。

       〔岡田孝行選挙管理委員会書記長登壇〕



◎岡田孝行選挙管理委員会書記長 おはようございます。お答えいたします。質問事項1について、事務を担当しております私から一括してお答えいたします。

  まず、質問要旨(1)の衆議院議員選挙時における事前周知についてでございますが、議員ご承知のとおり、今回行われた衆議院選挙は突然の解散により執行されました。事務局といたしましては、全世帯に選挙の周知を図るため、急遽「広報すぎと」による記事掲載を行いました。また、役場庁舎への懸垂幕の掲示、公共施設へのポスター掲示、公用車活用による啓発、さらには町ホームページを活用し選挙の周知を行ったところでございます。

  次に、質問要旨(2)の選挙公報についてですが、各種選挙時に発行される選挙公報は、現在のところ新聞折り込みによる方法により対応しております。ほかの方法といたしましては、郵便や宅配による配達が考えられますが、この場合宛名の張りつけ等に時間を要するとともに、多額な費用も見込まれます。このようなことから、現在のところ新聞折り込みによる配布が唯一の方法と考えております。なお、新聞を購読されていない方の対応といたしましては、役場、公民館等公共施設に備えつけておりますので、大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りたいと思います。

  次に、質問要旨(3)、期日前投票時の宣誓書のダウンロードについてですが、これまでも高齢や障がいのある方々にもご不便をおかけせずに投票いただけるよう、投票所の改善や宣誓書の記入についてご説明をしてまいりました。議員ご案内の宣誓書をホームページからダウンロードすることにつきましては、多くの方々にとりましても利便性が向上し、投票率の向上に有効な方法の一つであると考えます。このため、期日前投票の宣誓書をホームページからダウンロードすることにより利用できるよう、次回の選挙までには必要な準備を進めてまいりたいと考えておりますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 再質問させていただきます。

  幸手市では、先ほど資料としてお知らせを提出しましたけれども、今回の選挙でも準備期間が大変短い中でもこういうものが発行されて対応されております。選挙管理委員会の問い合わせとか、いろんな部分ではこういうものがあることによって簡素化につながると思いますが、町としての考えをお聞かせください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  選挙管理委員会書記長。

       〔岡田孝行選挙管理委員会書記長登壇〕



◎岡田孝行選挙管理委員会書記長 お答えいたします。選挙時に啓発用のチラシを全戸配布する考えはないかとのご質問にお答えいたします。

  当選挙管理委員会では、投票などに関する内容は、先ほどのご答弁のとおり、選挙公報に掲載し周知を行っております。昨年12月行われた衆議院選挙では、突然の解散のため詳細を掲載することができませんでした。通常任期満了に伴う選挙では広報誌2ページから3ページにわたり掲載し周知を行っているところでございます。平成23年7月執行の知事選挙、同年8月執行の町議会議員選挙のときの掲載では、3ページにわたり掲載いたしました。掲載の内容は、投票日及び告示日の日程、投票所の一覧表及び案内図、投票ができる方の住所要件や年齢要件、投票所入場券の郵便に関すること、選挙公報の新聞折り込みに関すること、投票日に投票ができない方の期日前投票に関すること、投票用紙に文字が書けない場合の代理投票に関すること、身体の不自由な方法の郵便での不在者投票に関すること、明るい選挙を実施するための寄附金のルールなどを掲載いたしました。議員ご案内の資料の幸手市のチラシに掲載された内容は、当町においておおむね広報誌に掲載しておりますが、一部掲載されていない事項もありますので、ご提供いただきました資料を参考にさせていただき、今後も「広報すぎと」への掲載を主体に周知を行ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 杉戸町では「広報すぎと」で周知しているということでございますが、やはりインパクトが違うと思うのです。わかりやすく載っていますので、こういうものを1回つくっておくことによって、毎回変更があった部分だけを修正する形で活用ができるかと思いますので、このことについてどういうふうにお考えでしょうか。お聞かせいただければと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  選挙管理委員会書記長。

       〔岡田孝行選挙管理委員会書記長登壇〕



◎岡田孝行選挙管理委員会書記長 お答えいたします。

  啓発用のチラシにつきましては、町では広報誌に掲載をして行ってきておりますが、こういったチラシにつきまして、発行に当たりなるべく広報誌に掲載をする方向でもって、資料等の削減を行っている次第でございます。国及び県の選挙管理委員会で発行する啓発用の関係がございましたら、そちらとあわせて今後盛り込んで実施していきたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 今後ともそういう方向に検討していただければと思いますので、経費がかかることですけれども、やはり有権者にわかりやすい投票で向上する部分を検討していただきたいと思います。

  3点目ですが、宣誓書についてなのですが、先ほどの答弁で前向きに検討いたしますということでしたけれども、再度確認させていただきます。宣誓書のパソコンからダウンロードできて活用できるのは、不在者投票と期日前投票も両方兼ねて使用されるのかということと、あとそれはいつ開始されるかということを再度確認させていただきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  選挙管理委員会書記長。

       〔岡田孝行選挙管理委員会書記長登壇〕



◎岡田孝行選挙管理委員会書記長 お答えいたします。

  宣誓書のホームページからダウンロードについて、実施の時期の質問及び、それから宣誓書の様式等になろうかと思いますが、必要な準備の関係でございますが、現在近隣の実施市町から宣誓書の様式等を取り寄せて実施に向け準備を進めております。その中において、ご質問の期日前投票における宣誓書及び不在者投票の宣誓書、両方兼ねるような形でもって、記入の省略化等もできるような形で現在検討を進めているところでございます。ご理解賜りたいと思います。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 先ほど周知方法が「広報すぎと」ということで、宣誓書が記載されていない状況のもとであります。ダウンロードを全面的検討されるということですが、やはりパソコンでダウンロードをできない方たちのためにも、そういう部分の周知をされたほうがという提案なのですが、できないという現状のもとで、今、期日前投票所を設置されているところから宣誓書を持ち帰ってまた自宅で記入して使うことができるかどうか、そこをちょっと確認させていただきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  選挙管理委員会書記長。

       〔岡田孝行選挙管理委員会書記長登壇〕



◎岡田孝行選挙管理委員会書記長 お答えいたします。

  期日前投票における宣誓書の関係でございますが、期日前投票所に宣誓書を備え置いておりますが、その用紙につきましては、幸手市のこの宣誓書の様式とまるきり同じでございます。ご質問の事前に期日前投票所に宣誓書をとりに来て、一度持ち帰って記入して持ってくるというようなことになった場合に、二重の手間にもなりますので、期日前投票所で書いていただければそういった時間的なロスもなくなりますので、期日前投票所の宣誓書につきましては極力、二重の手間等もかかりますので、期日前投票所でもって対応していただけたらと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) そうしますと、やはりパソコンからのダウンロードを利用する方法しか、なかなかそこで書けない状況とか、緊張してとかいう部分で配慮がされないのかなというふうには、ちょっと残念だなと思いますが、投票率の資料から見ますと、国政選挙にはやっぱり期日前投票が結構上がっております。ぜひ7月参議院選挙ございます。また、町長選もありますが、そこに間に合うように速やかな対応をお願いして、次の質問に移ります。

  今回の議会によって予算化されていますが、通告書に従って質問をさせていただきます。質問事項2、高齢者肺炎球菌ワクチン接種に助成金をということです。質問要旨、平成24年6月定例会において高齢者肺炎球菌ワクチン接種に際する町独自の助成金導入を要望しましたところ、高齢者肺炎球菌ワクチン接種に助成を行う自治体が県内でもふえてきている現状にあります。今後北葛北部医師会の構成市町でもある幸手市とも情報交換を進め、実施体制、助成内容、財源確保に向けて検討してまいりたいとのことでした。その後の助成金導入に対する検討状況について明らかにしてください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。質問事項2、高齢者肺炎球菌ワクチン接種に助成金をにつきまして、事務を担当しております私よりお答えいたします。

  高齢者肺炎球菌ワクチン接種に対する助成につきましては、北葛北部医師会の構成市町である幸手市とも協議を進め、平成25年度予算に150万円を計上させていただいたところであります。助成金額は3,000円を予定しており、対象年齢につきましては、高齢者インフルエンザ予防接種の対象者と同様の65歳以上を基本に、医師会の医学的見地からの意見を踏まえ決定したいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 再質問させていただきます。

  助成金が1人3,000円ということになっておりますけれども、実施時期はいつごろなのか、また接種はどこの医療機関でも受けられるのか、その方法をお聞かせください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。

  高齢者肺炎球菌ワクチンの接種の時期につきましては、北葛北部医師会の構成市町であります幸手市と今後協議を進めて決定してまいりたいと考えております。ただ、効果的なのはやはり秋以降には接種が必要になるかと思いますので、できるだけ早目に接種ができるように協議を進めたいというふうに考えております。

  もう一点の接種の機関ですけれども、こちらにつきましては、北葛北部の構成市町であります幸手市のほうの医療機関とも乗り入れを相互に行いまして接種ができるようにしたいということで、やはり幸手市のほうと協議を進めているところでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 助成金を受ける部分の方法ですが、受けてから申請するのか、またその助成金を引いた形で接種のときに支払いをするのか、またそういう方法をちょっとお聞きしたいと思っております。秋という方向性ということですので、それまでに周知方法をどういうふうにされるのか、またそこの点をお聞きいたします。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 高齢者肺炎球菌ワクチンの接種の方法ですけれども、高齢者肺炎球菌ワクチンの予防効果は5年以上継続すると言われております。そのため、接種をしたかどうかということをやはりこちらのほうとしても把握しなければいけないというふうに考えております。ですので、事前に保健センターなりに申し込みをしていただいて、それから医療機関のほうに予約をとっていただいて接種をしていただくという形になるかと思います。その際に助成金額であります3,000円を除いた金額が自己負担でありますので、その自己負担の金額を出していただいて接種を受けられるという形になるというふうに今の時点では考えております。

  それと、周知方法ですけれども、今後最終的な接種の方法等が決まりました後に、広報あるいはホームページ等でご案内をしたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) そうしますと、予算の部分では町としてのこの接種する対象の人数というか、それは把握されているのでしょうか。現在もう受けていらっしゃる方もいるかと思いますので、その部分で、5年間有効期間があるということなので、年齢がかさんでいくといつごろやったのか、自分が接種したのかがわからなくなってしまう部分もあるかと思いますので、その点どういうことを考慮しながら考えられているのかもお聞きしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。

  150万円の積算基礎でございますけれども、こちらにつきましては、高齢者のインフルエンザワクチンの接種された方の約十分の1の方、10%程度を見込んだ数字でございます。500人ということになります。既に高齢者肺炎球菌ワクチンを受けている方もいるのではないかというご質問ですけれども、確かに全部自己負担で受けている方もいらっしゃることと考えております。そのため、高齢者肺炎球菌の今後ワクチンについて、受けたいということで申し込みをいただく際には、受けていないかどうかというチェック欄等を設けて確認をした後に助成をしていきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) この制度は本当に高齢者の方が待ち望んできた制度であると思いますので、早目に対応を、実施ができるようにお願いしたいと思います。

  続きまして、次の質問に移らさせていただきます。質問事項3、訪問型子育て支援事業の導入をということです。質問要旨、乳幼児を育てる母親を対象にしたベネッセ次世代育成研究所のアンケート調査で、3人に1人、34.3%の人が子ども同士を遊ばせながら立ち話をできる人が近所にいないと答えていることです。このような現状にある母親は子育ての悩みなどを誰にも相談できず、ひとり不安を抱え、鬱傾向にある人も多く、これが子どもへの虐待につながってしまうと懸念されています。そこで、地域の力で子育て家庭の孤立を防止するために、親が親をサポートする訪問型子育て支援事業として、住民による訪問支援、ホームスタートの導入を提案しますが、町の見解を伺います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  子育て支援課長。

       〔野口俊彦子育て支援課長登壇〕



◎野口俊彦子育て支援課長 お答えいたします。質問事項3、訪問型子育て支援事業の導入について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  ホームスタートは、1970年代にイギリスで始まった訪問型子育て支援となっており、内容は、未就学児の家庭にビジターと呼ばれる研修を受けた子育て経験者がボランティアで週に1回2時間程度訪問して家事や育児を一緒に手伝ったり、相談事を受けとめたりしています。そして、その中で親御さんの孤立や不安に寄り添いながら子育てを支援している事業でございます。県内ではNPOや行政等が中心となって埼玉ホームスタート推進協議会を発足させ、相互に連携を始めたようでございます。

  なお、当町の取り組みにつきましては、次世代育成支援行動計画に基づき、子育て支援センター事業として子育て相談や出前たんぽぽ広場の開催などにより、この施策の中で孤立している親子や発達のおくれのある子ども、また虐待のおそれのある子どもや障がいを有する子どもなど特別な支援が必要と思われる親子で、子育て支援センターに出向いてこられない親子に対して職員が家庭訪問を行い、相談や子育ての方法などの支援を実施しております。また、保健センターでは生後4カ月までの全戸訪問として、保健師が「こんにちは、赤ちゃん訪問」を実施しております。体重測定や発達チェックを行い、母親の育児ストレスや育児不安の軽減、虐待防止につなげているところでございます。

  議員ご指摘のホームスタート事業は県内でも始まったばかりの事業でございますので、まずはどのような形で行政がかかわっていけるのかなど、調査研究をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 再質問させていただきます。

  町職員が家庭訪問により相談を受けているようですが、実績はどのくらいあるのか、教えていただきたいです。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  子育て支援課長。

       〔野口俊彦子育て支援課長登壇〕



◎野口俊彦子育て支援課長 お答えいたします。

  家庭訪問による実績でございますけれども、子育て支援センターにおきましては、過去3年間で申し上げますと、延べ件数になりますが、平成22年度は5件、平成23年度は3件、平成24年度は現在まで1件となっております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。

  保健センターが所管しております「こんにちは、赤ちゃん訪問」につきましては、平成23年度は224件、また3カ月健診や1歳6カ月健診の未受診児に対する訪問につきましては、23年度で8件、また「こんにちは、赤ちゃん訪問」や要保護児童対策協議会会議での経過観察児訪問といたしまして、養育支援訪問ですけれども、平成23年度で延べで20件、また職員以外といたしまして、母子愛育会による声かけ訪問などを行っております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 家庭訪問の実績もあるようですが、実際に訪問して家庭の状況はどういうものだったのか、ちょっと教えていただきたい。また、訪問したことによってどのような効果があったか、あれば教えていただけますでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  子育て支援課長。

       〔野口俊彦子育て支援課長登壇〕



◎野口俊彦子育て支援課長 お答えいたします。

  家庭訪問による内容でございますけれども、子育て支援センターにおいての訪問事業でございますけれども、まず訪問した家庭の状況でございますが、子育てに関しまして誰に相談していいかわからず孤立をしていて、緊迫している家庭もあったようでございます。また、訪問した効果でございますけれども、話を聞いてもらえて気持ちが軽くなったとか、また相談できるところがわかってよかったなどの声が多いようでございます。また、相談に来られない家庭に対し職員が訪問し、悩みを聞いてあげたり、子育てに関する知識や情報を提供することで少しでも意識の向上が図られたものと認識をするところでございます。

  また、この訪問による最大のメリットなのですけれども、何らかの事情によりましてどこにも相談できずにひとりで悩み、問題を抱えている孤立した親御さんに対しまして、職員が家庭を訪問し、親の気持ちになって寄り添いながら温かく接したりすることで、今後みずから相談していくことのきっかけづくり、こういったものができたことは最大のメリット、このように考えるところでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。

  「こんにちは、赤ちゃん訪問」につきましては、町の保健師が各家庭を訪問しているわけですけれども、その訪問の中では、子どもの発育状況ですとか、その中で子どもの体調、またお母さんの体調、また健康、子育てに対する不安などいろいろな質問が出ております。それらにつきまして保健師のほうからアドバイスを行っているところでありますけれども、やはりそういった疑問とかについて相談に乗ると、会話を行うということは非常に効果的なのかなと、それが不安解消につながっていくのではないかというふうに考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 効果があるように、ホームスタートはやはり相談に行けない人に対して大変効果のある取り組みと考えていますが、やはり寄り添うということに徹している部分もありますので、今後町としてどういうふうに取り組むか、また方向性があれば教えていただきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  子育て支援課長。

       〔野口俊彦子育て支援課長登壇〕



◎野口俊彦子育て支援課長 お答えいたします。

  ホームスタートの今後の方向性というような質問でございますけれども、ふだん実施している相談業務とは異なりまして、家庭に訪問することで今まで見えなかった家庭の状況、また子育て家庭のさまざまな不安や悩み、こういったものが把握できまして、先ほども答弁させていただきましたけれども、大変効果的な事業と認識をするところでございます。現在は職員により直営というような形で家庭訪問を実施しておりますけれども、この事業は職員ではなく、子育て経験者などが専門的な研修、そういったものを受けて実施する事業でございます。このようなことから、実施するには課題も多くあるところでございますので、こういった事業のあり方、また行政がどのようにかかわっていくのか、こういったものを今後調査研究をしてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  2番、伊藤美佐子議員。



◆2番(伊藤美佐子議員) 母親が家庭の中でひとり孤立して子どもを育てる中では、やはりそういう虐待につながる、本当残念ながらこういう状況がだんだんふえている現状だと思います。また、それだけ行政では対応が難しくなってくると思いますので、こういう本当に寄り添う、またいろんな知識を学んだ人が担当としてどういうふうに、また相手の気持ちを広げていく部分で、こちらから聞くのではなく、相手から心を開かせるという動きをしているような活動をされているところでありますので、やっぱりこういう部分のものが本当に今後大事になってくるかと思います。また、埼玉県では和光市、加須市、越谷市などが活動されています。現在吉川市とか戸田市なども検討されているようでありますので、ぜひ我が杉戸町でも検討をお願いしたいと思います。

  以上で私の一般質問を終わりにいたします。ありがとうございました。



                                                   





○稲葉光男議長 1番、平川忠良議員。

       〔1番平川忠良議員登壇〕



◆1番(平川忠良議員) 1番議員の平川忠良でございます。ただいま議長より発言の許可をいただきましたので、通告書に従い質問いたします。

  初めに、質問事項1、町管理の橋梁の安全対策はであります。昨年発生した山梨県の中央自動車道笹子トンネルの天井崩落事故は、生活の根幹である道路の安全性を確保することがいかに大切なことかを痛感しました。また、平成23年に発生した東日本大震災や平成7年に発生した阪神・淡路大震災などにおいても多くの道路が損傷し、通行できなくなる事態に至っています。特に阪神・淡路大震災の際は、地震により高速道路の高架橋が倒壊するというショッキングな光景を目の当たりにしました。町内には多くの河川が流れているため、橋梁も多く架設されていますが、震災時にはこれらの橋梁が損傷し、最悪は落橋することも想定されます。また、多くの橋梁は架設からかなりの年数が経過し、経年劣化による破損も心配されます。しかしながら、町が管理している橋梁に目を向けると、路面に穴があいた跡や、橋桁がさびているような状況も見受けられます。

  そこで、お伺いいたします。1、現在町が管理する橋梁はどのくらいあるのか、またこれらの点検はどのように行っているのか。2、橋梁の安全性を確保するための修繕や維持管理は行っているのか。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項1、質問要旨(1)、(2)について、事務を担当しております私よりお答えをいたします。

  初めに、町の管理する橋梁の数と点検方法についてでございます。現在町が管理している橋梁は236橋あり、通常は職員が道路パトロールの際に目視にて点検を実施しております。また、震災等で被災した場合、早期の復旧は困難とされている橋長15メートル以上の31橋につきましては、今年度国からの社会資本整備総合交付金を活用いたしまして、専門業者により国の点検要領に基づいた点検を行っているところでございます。この点検結果によると、31橋の中には現在のところすぐに落橋する危険性のある橋梁はないとの結果となっております。

  次に、橋梁の安全性を確保するための維持修繕についてでございます。目視による点検において発見された路面の穴等は、発見次第修繕を行っております。一方、大規模な修繕やかけかえにつきましてはここ数年実施しておりませんでしたが、町としまして橋梁の安全確保は喫緊の課題であると認識しております。このため、今年度実施している点検結果に基づき、来年度は橋長15メートル以上の31橋について、長期にわたって橋梁の安全性を確保するための修繕計画を策定し、その後順次修繕を実施していく予定でございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 橋梁の安全性確保のための維持修繕について再質問させていただきます。

  昨年12月に発足した公明党、自由民主党で構成する安倍連立政権は、命と暮らしを守るために緊急に必要とされるインフラの再建築のため、老朽化対策、事前防災、減災対策を抜本的に強化し、国土強靱化を推進するとしています。これは、国、県、町が協力して初めて実現できるものであります。先ほどの答弁の中で、今後点検結果に基づき橋の修繕計画を策定してから修繕を実施するとのことですが、この修繕計画には老朽化対策、事前防災、減災対策は含まれているのでしょうか。また、どのような計画になるのか、お伺いしたいと思います。



○稲葉光男議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午前10時56分



       再開 午前11時10分





○稲葉光男議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

  一般質問を続けます。

  1番議員の質問に対し、当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えいたします。

  今年度実施しております点検結果に基づき、平成25年度に長期にわたって橋梁の安全性を確保するための修繕計画、いわゆる橋梁の長寿命化計画を策定し、これに基づき平成26年度より橋梁の大規模修繕に着手していきたいと考えております。この計画の中には老朽化した橋梁の補修工事はもちろんのこと、緊急輸送道路に指定された路線にある橋梁や、重要公共交通機関である鉄道、東武日光線の上を越える橋梁の耐震補強などの事前防災、減災対策も織り込む予定であり、国からの交付金などを活用して修繕を実施してまいりたいと考えております。また、橋梁の修繕には多大な費用を要するため、各年次において予算が平準化できるよう、優先順位をつけて順番に修繕を実施する予定でございます。具体的に最優先となりますのは鉄道を越える橋梁でございます。これは、震災時に落橋した場合、そこに通過する列車が衝突し大惨事となるおそれがあるためでございます。次に実施するのは緊急輸送道路に指定された路線にある橋梁でございます。緊急輸送道路に指定された路線にある橋梁が震災時に落橋した場合、避難所に物資等の搬入がスムーズに行えなくなるため、優先的に修繕をするものでございます。これら橋梁の修繕が完了した後に残りの橋梁の修繕は行ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 先ほどの答弁で、橋梁の修繕には多大な費用がかかるというのはわかるのですけれども、大体どのぐらいの費用がかかるのか、お伺いをしたいと思います。また、橋梁の修繕計画については、大体何年ぐらいで完了するのかというのもあわせてお伺いをしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えいたします。

  現在点検を実施しているところでございまして、実際の修繕計画は平成25年度に策定する予定でございますので、詳細な費用や計画期間については現在では未定でございます。しかしながら、現在点検を実施している専門業者の見解では、概算にはなりますけれども、橋長15メートル以上の31橋全てを修繕するのにおおむね20億円程度かかるというふうに聞いております。また、修繕計画の期間についてでございますが、総額で20億円かかるとなりますと、毎年1億円投入しても20年かかることになります。この計画期間につきましては、今後の町の予算状況等を勘案しながら、引き続き来年度以降検討していきたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 先ほどの担当課長の答弁で、15メートル以上の31橋、橋がありまして、それに対して総額20億円かかるということなのです。毎年1億円の予算で考えますと約20年かかるということなのです。皆さんご存じのとおり、震災というのはやはりいつ起こるかわかりません。あした起きる可能性もあるというわけなのですが、道路というのは非常に大事なものであり、やはり震災時の、復旧活動のためには必要最低限の機能が維持されることが絶対に必要であると考えます。町民の安心、安全な生活を守るためには、20年かかってやっと完了という、そんな悠長なことは言っていられない状況にあると私は考えます。

  そこで、古谷町長にお伺いをしたいと思います。私は、橋梁の安全性を確保するための修繕は早急に実施していただき、早期に全て完了させるべきであると考えますが、古谷町長はどういうふうにお考えなのか、お伺いをしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えしたいと思います。

  私も議員さんがおっしゃるとおり、橋梁の安全性を確保するのが一番しなくてはならないかな、早期実施、早期完了して町民の皆さんに安全を訴えなくてはいけないのかなというふうに思っております。しかしながら、先ほど担当課長が言ったように、大体約20億円、この金はどうしようかなと考えております。すぐに予算化するということは難しいと思います。しかしながら、今のところ基金も崩しますけれども、少しでもやっぱりためておかねばいけないのかなと思いまして今までずっとやってきました。15、6億までいっても、使えればすぐ使ってしまいますよね。その中でどうしようかな。やっぱり早くやらなくてはいけないのかなと思いまして、いろんな形の中でこれを考えなくてはならないと思っています。しかしながら、先ほど課長も言ったように、鉄道、東武鉄道とめてしまうわけにいきません。築道陸橋とか、子どもさんとか通る陸橋ありますね。ああいうのを先やらなくてはいけないのかな。もしとめたりしては物すごい莫大な金がなおかかります。やっぱり一番防がなければいけないということで、またある程度やっぱり基金も必要ですけれども、ある程度はやっぱり崩してもいいから先やらなくてはならないというふうに思っていますので、順次少しずつでも財政状況勘案しながら考えておりますので、ぜひご理解賜ればと思います。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 町長にも前向きな答弁をしていただきまして大変ありがとうございます。橋梁の安全性確保のための維持修繕はとにかく大至急やっていただけるように強く要望しまして、次の質問に移りたいと思います。

  質問事項2、高齢者の交通安全対策は。平成24年度中埼玉県内では200人の方が交通事故で亡くなりましたが、そのうち高齢者の交通事故死者は96人で、全死者数の48%を占めています。埼玉県は全国ワースト2位でございます。高齢者死亡事故は、歩行者、自転車によるものが約8割も占めています。高齢者ドライバーによる交通事故が増加し、事故防止への取り組みが大きな課題となっています。警察の取り組みとしては、70歳以上の高齢者ドライバーに対し、加齢に伴う身体機能の低下と運転への影響を自覚し、安全に運転できることを目指す高齢者講習を免許更新時に義務づけているとのことです。それでも高齢者ドライバーの事故件数は増加の一途をたどっているようであります。

  そこで、当町の状況についてお伺いいたします。(1)、当町の高齢者による交通事故の実態については把握されているのか。

  (2)、当町における高齢者の交通事故防止に対する取り組み状況は。

  (3)、高齢者の交通事故抑止策として、当町では運転免許証を自主返納される方に対し、有効期限10年の顔写真つき住民基本台帳カードを無料交付していますが、この実績と周知は、またその結果を町はどう捉えているのでしょうか。お伺いしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。質問事項2、質問要旨(1)、(2)について、事務を担当しております私からお答えをいたします。

  (1)、当町の高齢者による交通事故の実態については把握されているのかとのご質問ですが、平成24年度中における杉戸町の交通事故死傷者数は321人であり、そのうち65歳以上の高齢死傷者数は55人、全体の17%でありました。前年と比較しますと2人増という結果でした。過去の統計を確認したところ、杉戸町では毎年交通事故により50人前後の高齢者の方が死傷している状況です。

  次に、(2)、高齢者の交通事故防止に対する取り組み状況はとのご質問ですが、まず大きな対策の一つとして、毎年高齢運転者再教育講習、シルバードライバードックを町、警察署、春日部自動車教習所との共同で開催しております。講習内容は、高齢運転者の運転技術を専門指導員がチェックし、忘れかけていた基本動作を復習しながら安全運転意識の高揚を図っております。また、交通安全関係団体の協力をいただき、高齢者世帯訪問を行い、一人一人に交通安全に関する啓発品を配布し、丁寧に説明をし、注意を呼びかけています。さらに、今年度は交通事故防止特別対策地域に指定されたことから、杉戸警察署からの協力を得て6月にすぎとピアにおいて高齢者交通安全教育を開催したほか、各グラウンド・ゴルフ練習会場を訪問し、各チーム個別に反射材等を配布しながら、幅広く交通事故防止を呼びかけました。今後におきましても、高齢者の交通事故が一件でも減少するよう、関係機関、団体等と連携を図り、高齢者への交通安全対策に関する説明や指導等を実施し、誰もが安心して安全に暮らせるまちづくりを推進してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  町民課長。

       〔染谷康宏町民課長登壇〕



◎染谷康宏町民課長 お答えいたします。質問事項2、質問要旨(3)について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  当町におきましては、平成23年7月1日から70歳以上の高齢者で運転免許証を自主返納された方を対象に、顔写真つきの住民基本台帳カードを無料交付しているところでございます。実績についてでございますが、平成25年1月末現在、70歳以上の方の住民基本台帳カードの交付件数は41件で、そのうち19件が運転免許証の自主返納制度に基づき無料で交付されている状況でございます。

  また、制度周知についてでございますが、運用開始の平成23年7月発行の「広報すぎと」を初め、町ホームページや窓口対応によりPRを行ってきたところでございます。

  また、この結果をどう捉えているかについてでございますが、町が運転免許証の自主返納者への無料交付の制度を開始した当初は申請件数もふえましたが、その後埼玉県警察においても従来6カ月の有効期限であった運転経歴証明書を生涯有効となる証明書に制度改正したことなどによりまして、住基カード無料交付制度の利用率は低下したものと認識をしております。町といたしましても、高齢者の事故が多発している現状を踏まえ、この制度を有効活用していただけるよう、今後も引き続き交通安全対策の一環として制度のPRに努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、再質問させていただきます。

  まず、質問要旨(1)について、課長の答弁で毎年交通事故により50人前後の高齢者の方が死傷している状況ということでお話があったのですけれども、決して恐らく減っている状況ではないと私は思います。交通事故はやはり歩行中や自転車事故が多いのでしょうか。また、事故原因について町はどういうふうに考えているのか、お伺いをしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  高齢者の事故発生状況について、また事故の原因についての質問ではないかと思います。まず、高齢者の事故の関係ですが、杉戸警察署の事故担当者に確認したところ、高齢者ドライバーは注意力や集中力、そして判断力が低下しており、交差点やカーブでの事故が目立つ傾向だそうでございます。また、歩行者、自転車の場合、自宅から1キロ以内での事故の発生が約7割であり、自宅付近のなれた道では要注意という傾向であることを確認しております。

  次に、高齢者の死傷者数が高い原因についてでございますが、原因について一概にはお答えできませんが、警察署の事故担当者により確認したところ、ドライバーと高齢者双方の錯誤による分析としています。ドライバーはこのレベルでは道路を渡り切れるだろうという一種の錯誤があります。そして、高齢者はスピーディーに交差点を渡っているつもりでも、必ずしもスピーディーではないという状況でございます。という両者の錯誤があり、比較的高齢者は横断中にはねられるという分析結果を確認しております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) では、次に質問要旨2について再質問します。

  毎年高齢運転者再教育講習、シルバードライバードックを開催しているということなのですが、具体的にどういうふうに実施しているのかということをもう少し詳しく答えていただきたいのと、このドライバードックについての参加している人数、また対象者についてはどういう人を、選定しているのか、方法、またこれに伴う費用とか、あと開催回数、毎年行っているということなのですが、年にどのぐらい開催しているのかもあわせてお伺いしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  シルバードライバードックの具体的な内容、また参加人員、回数等の質問かと思われます。まず、シルバードライバードックにつきましては、高齢運転者の方の自動車運転の安全度を専門的な指導員の方がチェックし、安全運転のために的確なアドバイスを行い、事故に遭わないようするというものでございます。開催数につきましては、年に5回程度実施しております。対象は65歳以上の普通免許を有する方で、費用は無料でございます。参加者数につきましては、平成24年度の実績で申し上げますと、毎回15名程度の方に参加をいただいております。具体的なこの内容ですが、この講習につきましては、実車講習と学科講習の2本立てで行われております。講習時間については180分でございます。カリキュラムについては、まず実車講習において、前方50メートルの地点に前方の5メートル間隔でパイロンを2個セットし、遠方視力の確認を行います。また、前後左右にパイロンを並べて車を運転し、パイロンにどれだけ接近できるか、ゲーム感覚の中で視力と運転手のバランス感覚を確認します。さらに、教習所内のコースの交差点に模擬車両や二輪車を配置し、交差点内の右折時の危険予測を体験させます。学科講習では、教習所教官による高齢者の安全な運転の方法など講話が実施されております。参加された方からの意見といたしましては、講習会に参加して大変参考になった、よかった、よい経験ができたなどの感想をいただいております。

  また、周知の関係でございますが、高齢者の参加者の募集につきましては、町の「広報すぎと」の掲載のほか、杉戸町ホームページでの掲載にて周知を行っております。また、警察署、また春日部自動車教習所においても広報活動を行っていると聞いております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) ただいまシルバードライバードックについて詳細にお話をしていただきありがとうございます。1つ、周知というところで、教習所または広報に載せるということなのですが、このシルバードライバードックって非常に内容がいいものだと思いますし、やはり自分が実際運転することによって今まで自分が思っていたよりうまくいかなかったこととか、そういうのが体験できる非常にいいものだと私は思っています。そういう意味では、広報に、またチラシとかに作成する場合には、ぜひ参加者の声を掲載してやることによってやはりそれを見た方が非常に効果があるのではないかなというふうに要望したいと思いますが、この点についてはいかがでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  住民参加推進課長。

       〔荻原勝典住民参加推進課長登壇〕



◎荻原勝典住民参加推進課長 お答えいたします。

  周知の関係でございますが、先ほどもご答弁申しましたとおり、現在は「広報すぎと」、またホームページでの周知を行っているところであり、また警察署、春日部自動車教習所も同様の広報を行っているところでございます。今後町といたしましても、この周知につきましては、警察署、また春日部自動車教習所の共同で実施しておりますので、連携を図りながら、よりよい、参加しやすい、高齢者の方が参加してみようかなという意向がなるような形で、議員ご提案の参加しての感想等も含めて周知して参加者の拡大に向けて努めていきたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) では、続きまして質問要旨(3)についてお伺いをしたいと思います。

  70歳以上の高齢者ドライバーは毎年増加するわけですけれども、町民課長の答弁で制度の周知については、運用開始の平成23年7月発行の「広報すぎと」を初め町のホームページや窓口対応によりPRを行ってきたとありましたけれども、その後何回ほど「広報すぎと」に掲載をしたのでしょうか。それから、運用を開始してからまだ2年余りで、住民の方は知らない方が多いと思います。70歳以上の方がホームページを見るのは難しいと思いますし、窓口対応といっても来る方も非常に少ないのではないかなというふうに私は思います。別の形の周知方法を考えていただきたいと要望しますが、いかがでしょうか。

  以上2点お伺いしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町民課長。

       〔染谷康宏町民課長登壇〕



◎染谷康宏町民課長 お答えいたします。

  まず、制度の周知について、制度発足当時に広報掲載いたしましたが、その後の状況についてということがまず1つ目のご質問かと存じます。確かに制度当初に広報載せさせていただいた後に広報掲載のほうはしていない状況がございますので、今後もまた継続的にこの制度が有効に活用されますよう、制度の周知をしていきたいというふうに考えております。また、ホームページは高齢の方々についてはなかなか見ないのではないかというようなご指摘かと思いますが、この制度が発足した当初、免許更新の関係につきましては、警察署のほうに高齢の方々は行かれますので、そのときに警察、今安全協会ですか、そちらのほうで制度周知のパンフレットを配っていただけるように依頼した経緯もございます。ただ、このパンフレットの配布につきましては、安全運転協会で配っていただいている関係もあって、誤って皆さんに同じような制度を配ってしまって、対象とならない方が窓口に来たりしたというようなこともあったりしたものですから、その後そのチラシについては警察のほうにお願いをしていない状況もございます。ですから、できるだけ有効にこの制度が活用できるように、また皆さん方が間違いなくできるように、改めてそういう制度周知の方法等も検討していきたいというふうに考えております。

  もともとこの制度につきましては、運転に不安を持った高齢の方々が自主的に運転免許証を返納しやすい環境づくりの一つということで、本来は高齢者の方々による交通事故を減らすことが目的だというふうに理解をしているところでございます。このようなことですから、制度周知についても町民課でできる部分について積極的に今後も努めてまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) あと町民課長の答弁で、住基カード無料交付制度の利用率の低下は埼玉警察において運転経歴証明書を6カ月の有効期限を生涯有効に制度改正したというふうにあります。これは、高齢者運転免許自主返納制度、要はシルバーサポート制度のことと判断してよろしいのでしょうかということと、これに関連して運転免許証を返納すれば運転経歴証明書が発行されて、この証明書を利用する事業者に提示すればさまざまなサービスが受けられるというのは私も今回この中で勉強させていただいたのですけれども、この運転経歴証明書というのは杉戸警察でも発行できるのかというところと、そしてこのシルバーサポート制度に協賛している事業者というのは杉戸町にはあるのでしょうか。あればそのサービス内容をちょっと教えていただきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町民課長。

       〔染谷康宏町民課長登壇〕



◎染谷康宏町民課長 お答えいたします。

  運転経歴証明書について、シルバーサポーター制度との関連もご質問されたかと思いますが、運転経歴証明書につきましては、その言葉のとおり、運転免許の経歴を証明するものでございまして、運転免許の有効期限内に自主的に免許を返納した日から5年以内に返納者本人が申請することによって取得できるものでございます。また、シルバーサポーター制度につきましては、高齢者運転免許自主返納支援制度という名前でございまして、これは埼玉県警に平成20年9月より導入された制度でございます。この制度につきましては、運転免許を返納した方々に運転経歴証明書を交付し、その証明書を提示することでさまざまな特典が受けられるようにするという、そういう制度でございます。また、ご質問の中で杉戸町の中でそういったシルバーサポーター制度に加入しているというか、そういうサービスを提供しているところはあるかということでございますが、埼玉県内でもさまざまなお店が協賛しておりまして、自主返納のロゴマークというのをつけているのですけれども、そういった表示をされているところでさまざまな特典が受けられます。杉戸警察署管内で協賛しておりますのは、杉戸タクシーと太平交通、この2つの事業所が加入をしております。特典の内容といたしましては、タクシー代の1割引きになるというようなことでございます。免許証を返納してしまいますと車の運転ができませんので、大変有効な制度かなというふうに思っております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) ただいま町民課長の答弁に1点だけ抜けていたのですけれども、運転経歴証明書は杉戸警察で発行できるのかというのをちょっとお答えしていなかったので、お願いいたします。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町民課長。

       〔染谷康宏町民課長登壇〕



◎染谷康宏町民課長 お答えいたします。答弁漏れがございまして、大変失礼いたしました。

  運転経歴証明書につきましては、申請につきましては、運転免許センターと各警察署で行うことができます。ただ、警察につきましては、自主返納と運転経歴証明書を申請する場合のみ受け付けられまして、また申請に際しては運転免許証に加えて手数料が1,000円必要になるというようなことでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 昨年平成24年の5月から8月までの3カ月間、埼玉県より交通事故防止特別対策地域に指定され、さまざまな取り組みをされたと思いますが、時間がたてばやはり忘れてしまいます。交通事故はなかなか減らないわけですが、減らせる対策を少しでも前進させていただきたいと要望しまして、次の質問に移ります。

  質問事項3、安心できる救急搬送体制についてです。埼玉県内の平成23年度における救急車の出動件数は30万1,000件、搬送人数は26万8,000人と、ともに過去最高となりました。これは、救急車が約2分に1回の割合で出動し、県民27人に1人が搬送された計算になります。また、医療機関への受け入れの照会を行い、1回の照会で搬送先が決まった割合が約7割、3回までの照会で搬送先が決まった割合が約9割となっており、最多照会回数は33回であったという驚きの結果でした。医療機関が患者の受け入れを断る理由として、手術中、患者対応中、ベッド満床、処置困難、専門外が挙げられています。

  そこで、お伺いいたします。(1)、我が町の救急搬送体制の実情、特に昨年の5月に東埼玉総合病院が幸手市に移転しましたが、搬送において影響はなかったのか。

  (2)、消防の広域化に伴い、救急搬送体制に懸念される問題点はないのか。

  (3)、埼玉県ドクターヘリの運航体制と我が町の導入時からの現在までの要請状況は。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  消防長。

       〔石井秀典消防長登壇〕



◎石井秀典消防長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(1)から(3)について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  初めに、当町の救急搬送の実情でございますが、議員お示しの埼玉県内の数値をもとに当町の場合についてお答えいたします。当町における出動件数でございますが、平成23年中が2,037件で、1日平均5.6件、平成24年中が1,996件で、1日平均5.5件の出動となっております。また、搬送人員は、平成23年中が1,895人、平成24年中が1,817人となっており、出動件数、搬送人員ともいずれも減少しております。

  次に、病院への受け入れ状況でございますが、1回の照会で搬送先が決定したのは、平成23年中が1,450件で、全体の約77%、平成24年中が1,308件、全体の約72%、3回までの照会で搬送先が決定したのは平成23年中が1,778件で、約94%、平成24年中が1,655件で約91%、さらに最多紹介回数では、平成23年中は15回が最高で、平成24年中は22回でございました。いずれの年も県内の平均と同様またはややよい結果となっておりますが、平成23年度よりも平成24年度の病院照会に関しましてはやや多くなっております。

  しかしながら、この数値は全ての医療機関を対象としたデータでございますので、どこの病院がどんな理由で収容できなかったのかの統計ではございませんので、この数値で東埼玉総合病院の移転との因果関係については判断することはできません。救急現場から東埼玉総合病院への救急車の搬送時間や搬送人員の差異につきましては、同じ月を比較するため、移転前を平成23年6月から12月までとし、移転後を平成24年6月から12月の7カ月間を比較しますと、搬送時間は、移転前の平均が5.2分、移転後の平均が7.7分でございますので、2分程度多く時間を要しております。また、東埼玉総合病院の搬送人員は、移転前が1,099人で全体の約50.6%、移転後が1,066人で全体の約49.6%でございますので、若干減少しておりますが、大きな差異はないものと考えております。

  以上のことから、東埼玉総合病院の移転に伴う影響を考察いたしますと、地理的条件による搬送時間にも若干時間を要するようになりましたが、泉地区や東地区からの救急車の搬送は以前よりもスムーズになったとの救急隊員の意見もございますので、消防としての大きな影響は特にないものと考えております。

  次に、質問要旨(2)の消防広域化に伴い救急搬送体制に懸念される問題点でございますが、特に問題点はないものと考えております。消防広域化により杉戸消防署及び泉出張所の救急車が隣接の宮代町や幸手市などに出動する機会は現在より多くなる可能性がございますが、その反面、杉戸町内に多くの事案が発生し、杉戸消防署、泉出張所の救急車のみで対応できない場合などは、宮代消防署や幸手消防署の救急車が直ちに杉戸町内へ出動し対応することとなりますので、効果的であると考えております。

  また、これまで個々の消防本部が実施しておりました収容病院等の事前調査等も広域化によりまして集約でき、情報の一元化が図れることや、地震などの被害が広範囲に及ぶ災害では、病院ごとに何名の収容が可能なのかなどの情報収集が円滑かつ効率的に管理できるものと考えております。

  最後に、質問要旨(3)、埼玉県ドクターヘリの運航体制と我が町の導入時からの現在までの要請状況ですが、埼玉県のドクターヘリは、重篤な救急患者の救命率向上と後遺症の軽減を図るため、平成19年10月26日から運用を開始しており、5年と約4カ月が経過し、現在では全国34道府県に配置されているところであります。埼玉県の運航体制につきましては、県が主体となり川越市にあります埼玉医科大学総合医療センターに民間委託された運航会社のヘリコプターが待機し、消防本部指令室や救急現場の救急隊からの要請によって同病院の医師及び看護師がヘリコプターに乗り込み、災害現場へ出動しております。この際、要請から離陸までの時間を5分以内とし、離陸したヘリは災害現場近くのランデブーポイントという離着陸場に着陸することになります。杉戸町では14カ所指定しており、いずれの場所も基地離陸後5、6分で着陸できる予定となってございます。ドクターヘリの出動要請の基準については、生命の危険が切迫していることや、特殊救急患者で搬送時間の短縮を図ることなどがあります。多くはランデブーポイントで救急車からヘリに傷病者を引き継ぎますが、交通事故などで救出に時間がかかる場合などは、ヘリからおりた医師と看護師が消防車等で現場に駆けつけ、救命処置に当たることもございます。また、ヘリコプターは原則として日の出から日没までの離着陸の制限があることから、夜間や悪天候時には運航できないという制限や、着陸の際砂じんの飛散防止のための消防車での散水や周囲の物品飛散のおそれがないかなどの安全確認をするため、災害現場とは別の消防車等を直ちに支援出動させ対応する必要があります。

  参考までに、県内の出動件数ですが、発足から本年1月31日まで1,324件、ここ数年では毎年300件程度の出動をしております。杉戸町においてはこれまで6件の出動がございました。年別では、平成20年に1件、平成23年に3件、平成24年に2件、種別につきましては、交通事故が5件、労働災害事故が1件でございます。

  今後におきましても、重篤患者の救命率の向上と後遺症軽減を図るため、ドクターヘリコプター、空飛ぶ救急治療室の的確かつ迅速な有効活用に努めてまいります。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) それでは、再質問させていただきます。

  質問要旨3についてですが、ドクターヘリの出動実績が杉戸町では6件あったという答弁がございました。そのときの消防署員の行動についての評価はどうだったのかということと、あとは反省点とか課題というのはなかったのかどうか、お伺いをしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  消防長。

       〔石井秀典消防長登壇〕



◎石井秀典消防長 再質問にお答えしたいと思います。

  ドクターヘリと救急隊の活動をどう受けとめて、どう評価したのかというふうなご質問でよろしいのかなと思いますが、毎年開催されております搬送後の事後検証やヘリの運航会議に参加し、連携の維持がとれるよう努めておりまして、当消防本部の組織に合ったドクターヘリ対応マニュアルを作成しておりまして、そちらに基づき運営しておりますので、スムーズな搬送活動が実施されているものと判断しております。なお、救急隊による反省点等については、主なものは、連携はそれなりに密にしてやっているというような内容は聞いてございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) ドクターヘリの離着陸地が杉戸町町内では14カ所あるというふうに答弁ありましたが、この14カ所については選定してから約5年たっておりまして、離着陸地の状況は変わっていないのでしょうか。また、その離着陸地の点検はきちんと行っているのか、お伺いをしたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  消防長。

       〔石井秀典消防長登壇〕



◎石井秀典消防長 お答えいたします。

  町内のランデブーポイントの適、不適についてはどう考えるのか、あるいは確認はしているのか、このような質問の趣旨かと思われます。ランデブーポイントの選定に当たりましては、地域バランスはもとより、救急車がスムーズに進入できるか、あるいはヘリの離着陸時に風圧、砂じんの影響が付近住民に影響がないのかとか、それら防止や安全管理のための、消防隊が速やかに活動できる場所かどうかなど総合的に判断し選定してございます。また、ランデブーポイントの着陸部分や周囲状況の確認を適宜実施し、好ましくないと思われる場合には関係機関と調整しまして改善をし、困難な場合には指定を取り下げると、さらにほかの場所を新たに選定することとしてございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  1番、平川忠良議員。



◆1番(平川忠良議員) 冒頭でお話ししたとおり、埼玉県内の救急車の出動件数が過去最高になり、杉戸町では減っているとのことですが、4月からは消防の広域化になり、状況が変わっていくと思いますが、命を預かる救急搬送体制は強固なものにしていただきたいと要望しまして、私の一般質問を終わらさせていただきます。



○稲葉光男議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午後 零時03分



       再開 午後 1時00分





○稲葉光男議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○稲葉光男議長 一般質問を続けます。

  14番、森山哲夫議員。

       〔14番森山哲夫議員登壇〕



◆14番(森山哲夫議員) 14番の森山でございます。それでは、通告書の順に沿って一般質問を行います。

  まず、質問事項の1点目、西近隣公園の多目的スポーツ広場について質問いたします。初めに、質問要旨の(1)についてであります。西近隣公園内につくられた多目的スポーツ広場の利用開始から約半年間が経過いたしました。そこで、この間の利用実績や現在の利用状況などを簡潔に明らかにしていただきたいのであります。

  次に、質問要旨の(2)について質問いたします。私は、昨年の9月議会で利用状況の低迷など、今後の推移によっては広場の運用をさらに見直すこともあるのかと町の見解を一般質問でただしたのですが、これに対して都市施設整備課長は、当面はこの運用を実施し、状況を見てまいりたいと答えていたのであります。そこで、この間の利用実績や同広場の現状をどう評価しているのか、明らかにしていただきたいのであります。

  次に、質問要旨の(3)についてであります。この間地域住民からはどのような意見や要望、質問が寄せられているのでしょうか。件数や内容を簡潔に示していただきたいのであります。

  次に、質問要旨の(4)について質問いたします。古谷町長は昨年の6月議会で、住民との話し合いにはいつでも私出ていきます、呼ばれれば行きますと答弁していましたが、地域住民との話し合いや意見の聴取などは西公民館での説明会以降どの程度やられているのでしょうか、明らかにしていただきたいのであります。

  次に、質問要旨の(5)についてであります。町として多目的スポーツ広場の利用者や地域住民を対象としたアンケートを実施し、利用者や地域住民の意向を把握すべきと思いますが、そうした考えはないのかどうか、質問いたします。

  最後に、質問要旨の(6)について質問いたします。多目的スポーツ広場を利用しているグラウンド・ゴルフ2団体には西仮グラウンド等を利用してもらうようにし、多目的スポーツ広場については、従前の多目的広場、すなわちいつでも、誰もが自由に利用できる広場に戻すべきと考えますが、古谷町長の見解を示していただきたいのであります。

  以上です。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。質問事項1、質問要旨(1)から(6)について、事務を担当しております私よりお答えをいたします。

  初めに、質問要旨(1)の供用開始後の利用状況についてでございます。昨年7月1日の有料化後から本年1月末日現在までに利用した団体につきましては、高野台小学校と西小学校、それからグラウンド・ゴルフを目的とした3団体の計5団体でございます。利用申し込み数は合計59回でございます。

  次に、質問要旨(2)の供用開始後の利用実績等をどう評価しているのかについてでございます。グラウンド・ゴルフ団体による利用申し込み数は、有料化した昨年7月1日から本年1月末日までの間に計52回、116時間でございます。一方、有料化前の前年度の同期間は計131回、294時間でございます。これは、地域の皆様からの声を受け、町においてグラウンド・ゴルフ等のために貸し出す時間を制限したことなどにより、グラウンド・ゴルフ団体による利用が約4割にまで減少したものと考えております。また、この結果として、一般利用者の方が多目的広場全体を利用できる時間が大幅に増加しているものと考えております。

  次に、質問要旨(3)の供用開始後、地域住民からの意見や要望、質問件数と内容はについてでございます。7月1日以降4名の方から質問や要望が寄せられました。質問の主な内容は、町は多目的広場に歩道設置工事をする際、住民に対して事前に工事のお知らせや説明をしなかったのか、町はなぜグラウンド・ゴルフ団体に多目的広場を貸すのか、町はなぜグラウンド・ゴルフ団体に国体記念運動広場や西仮グラウンドに練習場所を移すよう指導ができないのかなどでございます。

  次に、質問要旨(4)の地域住民との話し合いや意見聴取等は説明会以降やられているのかについてでございます。6月議会後に説明会を開催し、多目的広場をグラウンド・ゴルフ団体に貸し出すことについて反対であるという住民の方がいらっしゃることは理解しております。また、西近隣公園においてグラウンド・ゴルフを続けたいと希望している方がいらっしゃることも認識しております。この両者の相反する要望の折衷案として、現在の時間を制限した形での広場運用に至っております。このため、当面の間は現在の運用で様子を見てまいりたいと考えておりますので、説明会以降地域住民との話し合いや意見聴取等は実施しておりません。

  次に、質問要旨(5)の利用者等を対象としたアンケートを実施する考えはないかについてでございます。先ほど答弁させていただいたとおり、当面の間は現在の運用で様子を見てまいりたいと考えておりますので、アンケートを実施する予定はございません。

  最後に、質問要旨(6)のグラウンド・ゴルフ団体には西仮グラウンド等を利用してもらい、従前の多目的広場に戻すべきではないかについてでございます。町の総合振興計画では生涯スポーツの振興を掲げており、お年寄りの健康、体力づくりを支援するために国体終了後も引き続き多目的広場をグラウンド・ゴルフの練習場としてご利用いただいております。町といたしましては、一般利用される方とグラウンド・ゴルフ等をされる方の双方がお互いに共存して公園を利用することが理想と考えております。このため、当面の間は現在の運用で様子を見てまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 再質問させていただきます。

  質問要旨の(1)、この間の利用実績などについて幾つかお尋ねをいたします。資料も提出していただいたわけですが、提出していただいた資料によりますと、この間多目的スポーツ広場を利用した団体、有料で利用したスポーツ団体というのはグラウンド・ゴルフだけで、しかもこのAとBの2団体だけだったと、こういうことなのでしょうか。グラウンド・ゴルフ以外のスポーツで利用されたというケースはなかったということなのでしょうか。確認の意味でお尋ねをいたします。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  議会資料として提出をさせていただきました資料は9月以降の利用実績となりますけれども、9月以降におきまして有料で多目的スポーツ広場を利用した団体につきましては、グラウンド・ゴルフを目的とされている2団体のみでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 提出していただいた資料には、件数というのは申請のあった数で、実際に利用された件数ではないわけですよね、この資料は。人数についても、これは申請書に記載されている数ということで、実際に利用した人数ではないわけです。ということは、実際一体何件の利用があって、何人の方がどれぐらいの時間利用されたのかということについてはこの資料では何ら押さえられていないのです。実際上の数字はわからないということなのですか。利用人数、利用時間、利用件数、一体どうなっているのでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  実際に利用されている件数とその人数を把握していないのかというご質問でございますけれども、件数につきましては、申請書を提出されて実際当日雨が降ってしまったりということでご利用がいただけなかったというケースもございます。こういった場合につきましては、他の日に振りかえをさせていただいて、その分の新たな申請書というのを承っていないものでございますので、書面上で一番確認できる方法として申請書をもとに今回の資料のほうは作成をさせていただいております。利用人数につきましても、1人お幾らという料金設定ではなく、1時間幾らという料金設定をさせていただいておりますので、窓口でのきょうは何人いますかという確認等は実施をしておりませんので、集計上はあくまでも証拠が持てる数ということで申請書をベースとした資料を作成をさせていただいております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 利用料金は人数ではなくて利用時間ということでいただいていると、ということであれば、このグラウンド・ゴルフのA、Bそれぞれの団体の利用時間というのは月別にわかるのですか、これは。先ほど7月1日から本年1月末日までの間に52回、116時間と書かれていますよね。この116時間の内訳というのがわかるのでしょうか。実際上何時間利用したのかというのがこれですと明らかになっていないのです。提出していただいた資料によると、昨年9月のグラウンド・ゴルフの利用件数は8件で、利用料は4,800円となっています。ところが、10月の利用件数は16件、9月の2倍にもなっているにもかかわらず、利用料は9月と同額の4,800円と。1回大体3時間使っているのではないかと思うのですが、11月になると12件の利用で2,800円の収入と。この利用件数と利用料金の間に整合性がないのです、時間が書いてあれば別ですけれども。普通料金というのは利用件数に応じて入ってくるようなものなのではないかなというふうにもとれるわけです。これは利用を申請したものの、先ほど課長がおっしゃったように、実際には利用していないと、雨が降ったと、振りかえられた場合は別ですけれども、実際にはプレーしていない件数もここには含まれているのではないかということなのですが、町としてはその利用時間とかはちゃんと押さえているのでしょうか、押さえていれば明らかにしていただきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  まず初めに、利用件数と料金の整合性が資料上とれていないという件についてでございます。こちらにつきましては、利用につきましては、例えば9月であれば9月中の利用を申し込まれた数、要は9月1日から30日までの間の利用を申し込まれた数になっておりますけれども、9月の使用料というのは、こちらにつきましては指定管理に出している関係で毎月締めでの計算をしております。そうしますと、当然9月中の利用に対する収入が9月に入っているものもあれば、1カ月前から予約が受け付けできますので、予約をしていただいた段階で料金のほうも頂戴をしていることから、9月の4,800円の中には10月分の利用料金が入っていることもございます。そういったことから、月別の利用件数と利用料金について整合性がとれていないというような状況になっております。

  それから、利用の時間数につきましてですが、申請書ベースでの時間のほうにつきましては町のほうで把握はしておりますが、済みません、9月以降の利用時間については現在手元に今資料がないためお答えすることができません。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) A、Bそれぞれの利用時間は幾らで、料金は幾ら入っているのか、それを明らかにしていただきたいと言ったのです。そういうものがわかるような資料を出していただきたいと思うのです。申請書ベースだなんて言っていたら、それは利用団体が申請書に記載した数だけですよね。やはり利用件数とか利用時間、利用時間に応じて利用料金を収受しているわけですから、やはりきちんとそうした点については押さえていただいて明らかにしていただきたいと思うのです。こんなことでは有料施設の管理というのは私は成り立たないのではないかと思います。利用実態が明らかになっていないわけです。申請のあった数、申請書ベースだなんて言うのですけれども、では実際に利用した人数というのは確認していないということなのですね。人数とかは確認していないと。しばらく様子を見ていきたいと言ったのだけれども、実際に何人利用しているかは見ていないと。利用時間についてはどうなのかというのも議会に明らかにしていないわけなのですが、いずれにしても5カ月間で1万8,800円ですか、そんなには利用されていないと、当局の認識としてはこの利用実態についてはどう見ているのか、念のためお尋ねをしておきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  有料化後の広場の運用実績についてどう町として捉えているのかというご質問であったかと思います。町としましては、先ほど答弁でも申し上げたとおり、地域の皆様からの声を受け、グラウンド・ゴルフ等のために貸し出す時間を制限をしたことにより、前年度と比べグラウンド・ゴルフ団体による利用は約4割にまで減少をしていると認識をしております。また、平日午前中のみの今利用ということで、週に5回利用が可能な状況ですけれども、現状としましては大体週2回から3回の利用で、2回はあいているという状況でございますので、全くは使われなくなったという認識は持っておりません。それなりの利用は現状でもあるというふうに認識をしております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 念のために伺っておきたいのですが、グラウンド・ゴルフで利用しているこのAとBの団体の構成員、メンバーの人数というのはどのぐらいなのでしょうか。おわかりでしたら教えていただきたいと思うのです。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  グラウンド・ゴルフで利用している2団体の構成員についてというご質問であったかと思いますが、町ではこの2団体の構成メンバーのほうにつきましては名簿等は持っておりませんので、把握はしておりません。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 質問要旨の(2)のこの間の利用実績や広場の現状、これをどう評価しているのかという点についてさらに幾つかお尋ねをしたいわけですが、最初の答弁でお答えいただいた内容というのは、評価というよりは実態ですよね。グラウンド・ゴルフ団体による利用が約4割にまで減少したと。それをもって何か一般利用の方が利用できる時間帯大幅に増加したと言っているのですけれども、この4割にまで減少したというのは、これは低迷という認識ではないのですか。しかも、多目的スポーツ広場で、グラウンド・ゴルフだけではなくて、いろんなスポーツに利用してもらうということも考えていたわけですよね。どうなのですか、これは。

  なぜ私がこの利用実績などに対する評価を聞いているのかというと、この多目的スポーツ広場の運用についてはしばらく様子を見てから考えていくと、こういうことになっていたからなのです。しかも、このしばらくの間様子を見ていきたいと言っていたのは、実は課長だけではないわけです。昨年の9月議会でも請願の討論などでも、しばらく状況を見て検討したほうがよいと考えますとか、いましばらく経過観察し、改善すべき点があれば改善していくということで住民の皆様には前向きに理解していただくことも必要だとおっしゃっていた議員もいます。総務建設常任委員会の委員長が請願を不採択とした理由も、もう少し利用実績を見きわめることが必要だからということだったのです。

  そこで、この間の利用実績に対する認識についてもう一度課長にお尋ねしたいのですが、評価ですよ、低迷しているという認識は持っていないのか。これまで芝生広場を利用していた5団体のうち3団体は、西仮グラウンドや野球場などに練習場を移しているのですよね。幸手のグラウンド・ゴルフの方々は野球でプレーしているのだということも伺っています。一方、もとに戻してほしいという地域住民の声は、署名は900人以上にも達していると伺っているのですが、町はそうしたことを含めてどう評価しているのかと、この利用実態を。運用面での問題点とか支障は出ていないと、そういうふうにも考えているのか、共存はできているという認識なのか、そういう評価を聞いているわけです。数字見ればわかることを聞いているのではなくて、どう評価しているのか。まだ様子を見ていきたいというのは、何かどういう意味なのかよくわからないのです。利用率が今後変わる可能性でもあるのか。半年間のこの運用を様子を見て判断されていることはないのかということなのですけれども、そういったところはどう評価し、考えられているのか、明らかにしていただきたいと思うのです。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  有料化後の利用実態についてでございますけれども、利用件数につきましては、先ほど答弁で申し上げたとおり、昨年度比約4割にまで減少はしております。これにつきましては、利用時間につきまして平日の午後はグラウンド・ゴルフ等での利用は禁止をいたしました。また、従前は一部土曜日についても月に2日は認めておったところでございますけれども、これについても利用は原則認めないこととさせていただいております。こういったところから、当然利用数は昨年と比べ減るものというふうに認識をしております。また、実際に利用される団体が従前の5団体から2団体に減ったというところはございますけれども、まだ2団体の方につきましては当広場での利用を希望されているということであるとも考えておりますので、当初の考え方のとおり、町としましてはグラウンド・ゴルフ等をされる方と一般利用される方、こちら両者が共存できる広場を目指して今回運用のほうを変更させていただいております。現状といたしましては、町の考えているとおり、両者に利用ができるような形態に今現状はなっているものというふうに考えてございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 昨年の11月19日付で1―2の区長から議長宛てに、つまり議会宛てに陳情書が送付されておりますけれども、この陳情書にはこういったことが書かれているのです。近隣住民のうち、特に午前中に利用したいと考えているのは幼稚園就園前の幼児とその母親や体力が低下しつつある高齢者の人たちです。こうした人たちは利用したくてもスポーツ広場化によって広場から排除されてしまっていると。それと、近隣の幼稚園や保育所などできょうは天気がよいから子どもたちを広場で伸び伸び遊ばせたいと思っても、少なくとも1カ月前に予約しておかないと利用できないことになり、現場の先生たちから不満の声が出ていると。陳情書ではこう言っているわけですが、町としてはこうした苦情ともいうべき声をどう受けとめているのでしょうか。今共存できているというようなお話だったのですが、こうした声はどのように受けとめていらっしゃるのですか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えいたします。

  町としましては、現在の運用につきまして、グラウンド・ゴルフ等をされる方と一般利用される方お互いが共存して公園を利用できるよう、平日の午前中の3時間のみグラウンド・ゴルフ等の占用に対して利用を認めるというものでございます。ですので、平日の午前中3時間につきましては一般の方々には大変ご不便をおかけしますが、その時間は残った小さいほうの広場や園路、または周辺のスペースを活用していただき、11時以降につきましてはグラウンド・ゴルフ等の占用ができなくなりますので、その後は全面を使って公園のほうをご利用いただければというふうに考えております。

  それから、2点目の保育園や幼稚園等から不満の声が上がっているということでございますけれども、町といたしましては、そういった事実は一切確認をしておりません。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 平日午前中3時間のみの利用に限定しているので、一般の人には大変ご不便をおかけしますがと言っているわけですけれども、やむを得ないということですよね。そうした認識にあること自体問題だと思うのですけれども、あともう一つ、幼稚園や保育園の問題については確認していないということなのですが、これはそうした事実はないということなのか、それとも把握していないというだけのことなのか、その点については再度答弁の中で明らかにしていただきたいわけですが、私はこの半年間の利用の実績や現在の利用の実態というのがどうなっているのかということで、やはりそもそも形状は都市公園の広場そのものですよね。遊歩道つくっただけで、やはり共同利用するには無理があるのではないかと。サッカーと野球を同じ敷地内で同時にやらせるような、そんなものなのではないかというふうにもとれるわけです。スポーツ広場、ネットフェンスで囲まれているわけでもないですから。誰だってやっている最中に入ってこられるようにもなっているわけですし、振興を図る必要があるとおっしゃっているのですが、そう言うのだったら、同じ300万かけて西仮グラウンドを整備してもよかったのではないかと思うのです。しばらく様子を見るというわけですけれども、再考する考え方はないということなのですか。半年間の経過観察ではまだ足りない点があると、そういうことなのでしょうか。

  幾つか質問いたしましたが、お答えいただきたいと思います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えいたします。

  まず初めに、保育園、幼稚園等の利用についてでございますけれども、こちらにつきましては、町のほうから保育園、幼稚園等に確認をした結果、そういった事実はないとのことでございます。

  続きまして、多目的広場のグラウンド・ゴルフの利用についてでございますけれども、こちらにつきましては、本年7月1日の有料化から始まった事実ではございません。平成16年の国体において杉戸町がグラウンド・ゴルフのデモンストレーション会場となることから、その選手たちの練習場所として国体以前よりお使いをいただいており、現状に至っているという事実がございます。これだけ長い期間運用している中で大きな問題というのは発生をしてきませんでしたので、現状で問題はないという認識でございます。

  今後につきましても、現状で半年ほど様子を見させていただいておりますけれども、まだ半年ということでございますので、当面はこの運用で様子を見させていただきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 平成16年から利用してもらっているけれども、大きな問題は発生してこなかったというわけですけれども、なぜに今回このような遊歩道を設置したのかということについては、前の課長もこのままでは共存できないと、こう言っていたわけです。共存できないことを認識しながら占用利用を許可し続けたわけなのです。本来なら国体が終わった段階で西仮グラウンドなどを利用するように、私はこれは振興ということからも西仮グラウンドのほうを整備するとか、利用してもらうように働きかけるべきだったのだと思うのです、本来の設置目的からすれば、都市公園の。今回共存できないということで、さらに共存共栄なのだということで、グラウンド・ゴルフなどのスポーツができるスペースを逆に拡大というか、大部分をスポーツ広場につくりかえて固定化してしまったわけです。この様子を見ていきたいというのは、様子を見るような考えはないということ言っているわけですよね、つまりは。どういった様子を見る必要があるのですか。今まで積み重ねた既成事実をそのまま続けさせていただきたいと言っているにしかすぎないと思うのですけれども、そういった点で、このことは別として、質問要旨(4)の地域住民との話し合いについてもう少しただしておきたいと思うのですが、7月1日以降4名の方から質問や要望が寄せられましたというのですが、この地域住民、とりわけ1―2の区長からは、文書にて陳情書も来ているわけなのですけれども、この6月20日の西公民館で行われた説明会以降、文書にて寄せられた要望書、質問書というのは何件ぐらい来ているのですか、明らかにしてください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  第1―2区の区長様より6月21日以降要望を受けた件につきましては、計5回でございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) この文書にて寄せられた要望書などのうち、直接お会いして説明してほしいと、そういった要望はなかったのでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  要望をいただいた中で2回ほど回答の際説明の機会を設けるよう要望されたものはございましたが、2件とも実現には至っておりません。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 実現には至っていないというのですが、実現のための努力をしたのかどうかというのも問われるところですが、最近寄せられた要望書、直近の要望書というのはいつ付で来ているでしょうか。この要望書に対して回答書というのは出しているのかどうなのか、出していないとすればどうして出していないのか、明らかにしてください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  直近の要望としましては、平成25年2月6日に要望書のほうをいただいております。こちらにつきましては、現在まだ回答についてはいたしておりません。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 回答していない理由は答えられていないわけですけれども、昨年の6月議会で、これは6月11日ですけれども、大橋議員の質問に対して町長は、いつでも私出ていきますと、町内どこでも出ていきます、設定していただければいつでも出ていきますと答えていたのです。私にも呼ばれれば行きますと言っていたのです。ところが、この6月20日の西公民館以降は住民から直接会ってくれという要望があったにもかかわらず、説明や意見聴取には出かけていっていないのではないですか。最初の答弁で、当面の間は現在のままで様子を見てまいりたいと考えておりますので、説明会以降地域住民との話し合いや意見聴取等は実施しておりませんと。会うことに前提条件なんかなかったわけです。この答弁は、考え方を変えることはないので、当面の間ないので、話し合いは拒否しますと言っているのと何ら変わらないのではないですか、これは。今様子見ているのだと、会う必要ないのだと。早急に町長、地域住民のところに足を運んで直接対話をして、町長選挙もありますし、お互いの認識とか論点のずれなどを克服して、問題解決の足がかりをつくるべきではないかと思うのです。町長の思いを率直にお聞かせいただきたいと思うのです。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えしたいと思います。

  先ほど何回も質問ございましたが、昨年6月議会ですか、呼ばれれば行きますという答弁しております。しかしながら、要望も来ておりましたけれども、一方的な要望であれば今までと同じではないかと私は思っております。お互い杉戸町町民でございます。その町民がどうして仲よく使えないのかな。建設的な意見があるならば話す余地もあると思います。ただ、一方にだめだよ、だめだよではなくて、こうしましょうよ、お互い地域の仲間なのだよ、同じここに今いる人間ではないかという話をするならばいつでも行きますし、また話はできると思います。例えば、その要望の中におきましても担当と話をしたのですが、できることはちゃんとしなさいよと話していますので、ご理解賜るのは難しいかしれませんけれども、建設的な意見があるならば、お互いそうですよねと、そうしましょうよという話はできると思います。一方的な話だけだったら、今と同じではないですか。もっともっと町民として、仲間としていろいろな話しながらやっていきたいと思っています。

  実はこの間子ども議会で私は答弁しました。全部使うのではないよ、皆さんが学校へ行っている間、朝の8時から11時の3時間はおじいちゃん、おばあちゃんがそこで楽しんでもいいではないか、そのかわりみんなが学校から帰ってきたときはいつでも使えるのだよ、そういう話をしました。いろいろな形の中で町としてもできる範囲、当面は折衷案でやっていきますので、ぜひご理解賜ればと思います。

  以上です。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 一方的なのか、建設的なのかということは、それこそ一方的に判断をせずに、町長が言うように、同じ町民なのですから、胸襟を開いてぜひお話し合いをされるよう強く要望いたしまして、質問時間の関係もありますので、これで質問事項1についての質問は終了させていただきたいと思います。

  それでは、次の質問です。質問事項の2、南側整備基本設計に基づく事業の再開についてお尋ねをいたします。平成23年12月議会で当時の都市施設整備課長は、南側の整備を再開するに当たっては、中長期間にわたる町の他事業との比較、町の財政状況の見通しや財政規模に見合った計画で再開することが必要であると答弁するとともに、整備を行わない中止区間を設けて事業規模を縮小するといった考えについては現在持っておりませんと否定しました。

  そこで、2点にわたって質問いたします。1つは、事業の再開や見直しについて、町としてはこの間どのような検討を行ってきたのかを明らかにしていただきたいのであります。もう一つは、事業凍結から8年半になりますが、今後の事業展開はどうなるのかという点であります。およその見通しぐらいは地域住民に示していくべきではないかと思うのですが、町としてはどのように考えているのか、明らかにしていただきたいのであります。

  以上です。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。質問事項2、南側整備基本設計に基づく事業の再開について、事務を担当しております私よりお答えいたします。

  初めに、質問要旨の?、事業の再開や見通しについて、町としてはこの間どのような検討を行ってきたのかについてでございます。議員ご承知のとおり、南側の整備につきましては、町へ移管された後の平成2年、南側整備計画基本構想を策定し、市街化区域内の整備に着手いたしました。その後平成16年度までは町単独による整備を継続してまいりましたが、社会経済情勢の変化や税収の落ち込みなどにより町財政は非常に厳しい状況となったことから、平成17年度以降普通建設事業費の凍結により南側の整備も休止となったところでございます。これ以降は国や県による整備が一部実施されましたが、依然として町の財政状況は厳しい状況にあるため、昨年の12月議会においても南側の整備を再開するに当たっては、町の財政状況の見通しや財政規模に見合った計画で再開することが必要であると答弁いたしました。その後事業再開に向け、国や県の補助金を活用し、町の持ち出しがなるべく少なくできるような整備手法がとれないか検討してまいりましたが、補助が受けられそうなメニューであっても町の負担が事業費の約半分は必要となるなど課題は多く、事業再開に至るような結果には至っておりません。

  次に、質問要旨の?、今後の事業展開はどうなるのか、およその見通しぐらいは地域住民に示していくべきについてでございます。南側の整備は多額の費用を要するため、現在の町の財政状況からするとすぐに再開できる状況にございません。今後につきましても、先ほど平川議員からのご質問にございました喫緊の課題であると考えている橋梁の安全確保に多額の予算が必要となるなど、財政状況は厳しさを増すことが想定されます。このため、今後も現在の機能を維持するための適切な維持管理を実施するとともに、引き続き町の財政状況を踏まえた上で整備再開の時期や手法を見きわめてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  14番、森山哲夫議員。



◆14番(森山哲夫議員) 答弁がいま一つはっきりしなかったのですが、地域住民に対する説明については全く考えていないということなのでしょうか、その点だけお答えください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  現状といたしましては、南側の整備の再開時期について明言をすることはできませんので、地域の方々にもいつ再開というふうな形でお知らせすることができない状況でございます。

       〔「再開の説明ではない」と言う人あり〕



◎加藤衛都市施設整備課長 引き続き現状の維持管理についてはやっていきたいと思っておりますので、不便等を感じるところがあればご相談をいただければ対応は考えていきたいと存じております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 この際、暫時休憩いたします。



       休憩 午後 2時00分



       再開 午後 2時15分





○稲葉光男議長 休憩前に引き続き会議を開きます。



                                                   





○稲葉光男議長 一般質問を続けます。

  3番、大橋芳久議員。

       〔3番大橋芳久議員登壇〕



◆3番(大橋芳久議員) 3番議員の大橋芳久です。今回欲張って5項目ありますので、なるべくテンポよく質問してまいりたいと思います。

  それでは、質問通告書の順に従い順次質問をさせていただきます。まず、質問事項1番、生活保護費の不正受給者のチェックについてです。生活保護は、日本国憲法第25条第1項に定められた生存権の理念に基づき、最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする制度でありますが、一方ではその不正受給が社会問題となっています。不正受給は勤労意欲をそぎ、また真に保護を必要としている人にとっては迷惑な話であります。当町は町でありますので、県が主体となって生活保護制度を運用していると認識はしておりますが、当町において県と連携しどのように生活保護の不正受給をチェックしているのか、改めて説明を求めます。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔武井義和福祉課長登壇〕



◎武井義和福祉課長 お答えいたします。質問事項1について、事務を担当しております私からお答えを申し上げます。

  ご質問の生活保護費の不正を県と連携しどのようにチェックしているかについてですが、ご承知のとおり、当町における生活保護の実施機関は埼玉県が設置する東部中央福祉事務所になりますが、当町が生活保護に関して実施する事項については、要保護者の発見や被保護者の生計状況の変化を発見したときの通報、保護の開始申請や変更申請の送付、保護費の交付、また福祉事務所からの求めに応じた要保護者に関する調査などを行うこととされています。不正受給に関する調査等につきましては、福祉事務所において家庭訪問での生活状況や収入状況の確認、課税状況調査などを実施しており、当町では不正に関する情報の通報や福祉事務所の求めに応じた調査等の協力を行っております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 何点かお尋ねしたいと思います。

  まず、当町においての生活保護を受給している方の人数、そして生活保護者を訪ねるケースワーカーの人数、それと直近で構いませんので、不正受給に関する通報があったらその件数と、それがどうなったのかを教えてください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔武井義和福祉課長登壇〕



◎武井義和福祉課長 お答えいたします。

  まず、生活保護受給者の人数でございますが、本年1月の時点で保護世帯が316世帯、人数としては466人でございます。

  次に、当町を担当する東部福祉事務所のケースワーカーの数は5名でございます。

  次に、不正等に関する通報の件数ですが、住民からの通報の件数は本年度8件でございます。これらの通報は直ちに福祉事務所に連絡し、福祉事務所での調査等対応することになりますが、現在のところ不正受給との報告はありません。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 県と連携しているとのことですけれども、県との間に定期的なミーティングというか、そういうような意見交換をしているのかを伺います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  福祉課長。

       〔武井義和福祉課長登壇〕



◎武井義和福祉課長 お答えいたします。

  県との連携はどのように行われているかとのご質問ですが、県との定期的な会議というものは年に数回でございますが、連携といたしましては、県のケースワーカーにつきましては、担当する被保護世帯の家庭訪問や調査などの際、ほぼ毎日のように福祉課に立ち寄っておりまして、被保護世帯の生活状況などの情報交換を行うほか、被保護世帯からの相談や問題が発生した場合には福祉事務所との協議、指示等により対応するなど、情報共有を図りながら保護事務に当たっておるところでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 生活保護はなければいけない制度だと個人的には思っています。ただ、生活保護の認定を出したり、そのチェックをするのは町の仕事ではないということは私も議員になるまでは知らなかったことです。このことは町民の関心も高いことだと思いますので、県との連携を深めていただきたいと思います。

  それでは、次に移ります。質問事項の2番、非常勤特別職の報酬についてです。当町にはさまざまな審議会などの附属機関があります。その委員に支払われる報酬は日額5,700円となっています。会議が短時間で終わるものもあり、中には報酬を要らないという委員やもらうことが後ろめたいという委員もいます。議員の数も削減されていますし、職員の方の給与も下がっています。厳しい町の財政状況や社会経済情勢を考えると、報酬の見直しを行う必要があるのではないのかと考えます。

  そこで、次の事項について当局の見解を求めます。(1)番、委員の日額報酬が5,700円となった経緯は。(2)番、厳しい財政状況を考慮して報酬を見直す予定はないのでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。質問事項2、質問要旨(1)、(2)について、事務を担当しております私からお答えさせていただきます。

  初めに、委員の日額報酬が5,700円となった経緯でございますが、平成10年より現在の5,700円となり、10年以上報酬額を据え置いているところでございます。それ以前は、町長等の給料月額の改正にあわせ、近隣市町との均衡を図りながら報酬額の見直しを実施してまいりました。報酬金額の妥当性につきましては、議員のおっしゃるとおり、会議の内容によっては短時間で終了する場合もございますし、逆に長時間に及ぶ場合もございます。また、委員が仕事を休んで会議に出席したり、事前に資料に目を通したりすることを考えますと、それ相応の金額を支給することも必要であると考えております。

  報酬のあり方につきましては、以上のように一律に判断することが難しい部分がございますが、ご指摘いただきました厳しい財政状況を踏まえ、委員としてふさわしい人材の確保という観点も含めまして検討してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) ありがとうございます。検討していただけるということなのですけれども、いつごろからの改定を予定しているのか、お尋ねいたします。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 検討している、いつごろからなのかというようなご質問でございますが、委員の報酬の見直しの検討につきましては、いつという時期的なものははっきりと申し上げられませんが、現在近隣市町の状況を調べて報酬金額等を比較するなど研究をしているところでございます。ご理解を賜りたいと存じます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 審議会の中には年に一回も開かれていないもの、年に数回しか開かれていないもの、また参加しても意見が反映されないから参加しても意味がないという厳しい声も耳にしたことがあります。審議会の存在意義やあり方についても今後考え直さなければいけないと思うのですが、そのあたりはどうお考えなのでしょうか、お示しください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。

  審議会のあり方についてということでございますけれども、附属機関の委員についてでございますが、附属機関の委員につきましては、ご承知のように、住民の行政需要の複雑化、高度化、多様化する中で、行政の民主化、公正化の観点から、住民の意思を十分に反映させることや、専門的な知識や技術を導入し行政需要に適切に対応していくため、執行機関の諮問あるいは調査等に応える附属機関として審議会や審査会などが設置されているわけでございます。その職務によっては活動内容や会議の形態に違いはございますが、それぞれ必要に応じて設置をされているところでございます。

  しかしながら、先ほど議員のほうからおっしゃっていただきましたように、その回数等が開かれていないところもあるというようなお話ありますけれども、今ほど申し上げましたように、必要に応じて開くという審議会もございますので、そういったことも含めて設置されているものというふうに考えているところでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 少し立ち入った話になってしまうのですけれども、審議会などに職員の方が委員として参加した場合は、職員の方はその報酬をいただくのでしょうか。また、我々議員はどうなるでしょうか、お教えください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  総務課長。

       〔野口浩之総務課長登壇〕



◎野口浩之総務課長 お答えいたします。

  職員が審議会の委員になった場合はどうなるのかということでございますけれども、審議会の委員に特別職を兼ねることは特に問題ございませんが、一般職の職員が委員などの特別職を兼ねた場合に、地方公務員法上の重複給与の支給の禁止というのがありますけれども、一般職が他の市の一般職を兼ねた場合にはこの規定がなされるわけですけれども、特別職を兼ねる場合にはこの規制は適用にはなりません。そういったことから、支給、報酬を支払うことは可能でありますが、しかし特別職の勤務をなしたために本務について勤務しない時間に対しては給与の減額というようなことになるわけでございます。したがいまして、職務上特別職を兼ねた場合は、特別職としての報酬を受け取ることは適当ではないと考えております。

  それから、議員の方がほかの審議会の委員を兼ねる場合につきましては、委員報酬については非常勤特別職の身分であることから、原則は地公法の適用は受けず、附属機関の委員としての報酬を受けることは何ら問題ないと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 私個人的には議員もいただくべきではないと考えております。課長、ぜひそれについても検討課題として挙げておいてください。

  それと、私、土地開発公社の理事を担当しているのですが、その会議も短い時間で終わり、この5,700円が根拠となっていると思うのですけれども、5,700円にしかも費用弁償の1,000円がつく、やはりこれもちょっと町民に対して説明がしにくいなと思います。このあたりを踏まえて、この件について最後に町長のお考えを改めてお聞きし、次の質問に移りたいと思います。町長、いかがでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えしたいと思います。

  総務課長が答弁しましたけれども、自分といたしましても、非常勤特別職の報酬につきましては、職務の内容によって異なることから、今判断するのは難しいのかなというふうに思っております。しかしながら、町全体を鑑みながら、自分が町長やっている間にいろいろなことを見直そうとも思っています。それは大橋議員が言われたように、長い短いがあるかしれません。しかしながら、先ほど総務課長が答弁したように、家で勉強してから審議会に来てくれる人、いろいろいると思います。これは人間さまざまでございます。いろんな形の中から、どの審議会がどのくらいの時間がかかるのか判断しながら、そしてまたこの近隣市町でどんなことやっているのかなということを全部調べてから、先ほど課長が答弁したように、では半年だ、1年後ではなく、どんな形になるかわかりませんけれども、なるべく早いうちには見直しも必要かと思っていますので、ご理解賜ればと思います。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 資料請求させていただきましたけれども、資料に載っているだけで年間約1,946万2,300円にもなります。費用弁償は1,000円ですので、費用弁償の分の1,000円だけ削減するとすると、約17.5%で340万円の節約になります。前向きに検討していただけるということですので、今後に期待をして次の質問に移りたいと思います。

  それでは、質問事項3番、平成24年度を振り返ってです。平成24年度もあと1カ月余りで終えようとしています。今年度もいろいろな事業が行われました。こども医療費無料化の拡大や泉保育園など複合施設の完成、巡回バスの運行改定などさまざまな成果がありました。その中、次の点に絞って伺います。

  (1)町長にとっての平成24年度とはどのような年だったのでしょうか。

  (2)平成25年度も掲げていらっしゃいますが、町長は今年度の施政方針で4つの「C」を掲げました。具体的にはどのように取り組んだのでしょうか。また、その進捗状況はいかがでしょうか。

  (3)東埼玉総合病院の移転について。

  ?、移転に対する町民からの相談はなかったのでしょうか。

  ?、移転後の町民に対してどのような健康対策を行うのでしょうか。

  ?、東埼玉総合病院による送迎バスは整備されるのでしょうか。

  (4)公共施設使用料の改定について。

  ?、今回の改定の総括は。

  ?、改定時に混乱はあったのか。

  ?、周知はどのようになされたのでしょうか。

  ?、改定に伴う利用状況の変化は。

  ?、西近隣公園多目的広場の使用状況は。

  ?、農村センター加工室でみそづくりを行う際の使用料は。

  以上です。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  町長。

       〔古谷松雄町長登壇〕



◎古谷松雄町長 お答えしたいと思います。

  質問事項3、質問要旨(1)、私にとってこの平成24年度とはについてでございますが、この平成24年度は私が町長に就任いたしまして3年目の年でもありました。私は、この間一貫して「自分たちの住む町をみんなの力でよい町にしよう」を合い言葉に、住民の皆様、そして議員の皆様のご理解、ご協力のもと、職員とともに全力で町政運営に取り組み、さまざまな施策を推進してきたところでございます。この4年間の任期を起承転結と考えますと、平成24年度は転、すなわち変化、発展のときでもありました。

  そこで、町政運営の基本姿勢といたしまして、4つの「C」、「チェンジ」、「チャレンジ」、「コラボレーション」、そして「クリエイション」を掲げ、私が最も力を入れております「子育て支援の充実」に加え、「住民が主役で活力のある協働のまちづくりの推進」、「安心・安全で快適なまちづくりの推進」、「公平で信頼される町政の推進」を重点施策として進めてきたところでございます。

  24年度に実施しました主な施策といたしましては、「子育て支援の充実」では、町職員の設計によります泉保育園・児童館・子育て支援センターの3つの機能が一体となった、木のぬくもりあふれる複合施設を開園するとともに、赤ちゃんを育てる家庭に対しますごみ袋支給やこども医療費の通院分を小学校修了まで無料化するなど、子育て施設の充実や子育て家庭の経済負担の軽減を図ってきました。

  「住民との協働によるまちづくり」では、町民の皆様の意見や発想を町政に反映させるため、「まちづくり懇談会」の開催や、町民、議会、行政が協働してまちづくりを進めるための指針でもあります「(仮称)自治基本条例」を制定すべく、住民検討委員会がスタートしたところでございます。

  「安心・安全で快適なまちづくり」では、高齢者が住みなれた地域や家庭で生き生きと、また安心して生活ができるよう、「高齢者サロン」の整備促進等を行ってきました。また、幼稚園及び小中学校の安心、安全で快適な学習環境維持のため、小中学校への扇風機設置を初めとする学習環境の整備も進めてまいりました。さらに、防災や交通安全、安全な道づくりといたしまして、消防の広域化の推進、生活に密着した道路や子どもたちの通学路の維持補修等を積極的に実施をしてきました。

  「公平で信頼される町政の推進」では、受益者負担の原則及び負担の公平性の観点から、公共施設におきます新たな使用料及び減免制度を7月1日より施行したところであります。

  その他、産業の充実では、農業経営を目指す新規就農者を確保し、支援するための「明日の農業の担い手」の育成を図り、また町の産業振興と就業機会の拡大を図るため、屏風深輪地区の産業団地の拡張も推進をしてまいりました。

  また、環境に優しいまちづくりといたしまして、町有地への大規模太陽光発電施設の誘致や、大島新田調節池に整備をいたしましたビオトープや散策路等の利用を開始したところでもあります。

  このように私にとっての平成24年度は第5次総合振興計画を着実に推進し、“住みごこち100%のまちづくり”に向け着実に進めることができた実り多い年だったと考えております。

  以上です。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  政策財政課長。

       〔門脇利夫政策財政課長登壇〕



◎門脇利夫政策財政課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(2)及び(4)の?から?について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  初めに、質問要旨(2)についてでございますが、平成24年度の町長の施政方針にありました町政運営に取り組む4つの基本姿勢「4C」、すなわち「チェンジ」、「チャレンジ」、「コラボレーション」、「クリエイション」のそれぞれの項目について、年度当初に各課が具体的な取り組み目標を設定し、達成に向け進めることとしました。この目標については全部で174項目設定され、上半期、下半期で達成状況を評価するものといたしました。

  具体的な取り組みの主なものといたしましては、初めに「チェンジ」として、外国人居住者向けの納税ガイドを窓口などに設置して納税に対する関心と理解をいただく、税務課でございます。また、スポーツイベント種目の見直し等を行い、参加しやすい環境をつくります、社会教育課でございます。

  次に、「チャレンジ」として、各報道機関への記者発表頻度を高めることで町をPRする機会の創出と町のさらなるイメージアップを図ります、秘書広報課でございます。また、町の流灯まつりをPRするため、商店街にエコ灯籠の設置に取り組みます、商業活性化推進室でございます。

  次に、「コラボレーション」として、みんなでつくるまちづくり支援制度を活用し、住民主体による公共的な活動を支援します、住民参加推進課でございます。また、アグリパークの集客イベントを出荷組合等と共同で実施する検討を行います、産業課でございます。

  次に、「クリエイション」として、ソーシャルネットワークシステム(フェイスブック)を活用して、職員採用などに関する情報を発信します、総務課でございます。また、マスコットキャラクター「すぎぴょん」を活用して、待合フロアに日本の四季を再現し、安らぎのある空間を創出します、町民課でございます。

  一例ではございますが、このように各課で4Cの取り組みを行ってまいりました。

  進捗状況についてでございますが、上半期の中間進捗状況では、おおむね順調に推移している状況となっております。最終的な達成状況については、年度終了後に下半期の達成状況を別途各課へ照会し、評価する予定でございます。

  次に、質問要旨(4)の?から?の使用料見直し全般に関することについてでございますが、昨年7月1日より新たな使用料及び減免制度が始まりましたが、各施設とも利用に際しての大きな混乱などは特に発生していないとの報告を受けております。また、見直しの前後で利用者及び使用料収入の変化を分析するため、平成23年度、平成23年4月から平成24年3月までの1年間、それと平成24年度、平成24年4月から12月までの9カ月間で、一月当たりの平均の利用者数及び使用料収入を算出し、比較いたしました。

  その結果、見直しの対象となった施設のうち、公民館、生涯学習センター、南テニスコートの平均利用者数はわずかに減少していますが、その他の施設は増加しており、見直しの対象となった施設全体でも一月当たりの平均利用者数は1万2,228人から1万3,226人へと増加しております。

  さらに、利用者の方に納めていただきました一月当たりの平均使用料の比較につきましても、深輪産業団地地区センター、杉戸西近隣公園、すぎとピア、南テニスコートは減少しておりますが、その他の施設は増加しております。見直しの対象となった施設全体でも、一月当たりの平均使用料収入は301万5,827円から352万428円へと増加しております。

  このような状況を踏まえれば、今回の改定の総括としては、利用者の皆様にもおおむねご理解をいただいているものと認識しております。

  また、利用者の方への周知につきましては、平成23年3月議会の全員協議会で議員の皆様に公共施設使用料等見直し基本方針案をお示しした後、町民の方々によるワークショップや庁内の検討会議で検討を重ね、公共施設使用料等見直し基本方針の原案を作成し、平成23年10月16日にすぎとピアでまちづくり懇談会を開催してご説明や意見交換をいたしました。また、各公共施設を所管する担当課において、おのおの利用者などを対象とした意見交換会や説明会を実施し、周知と情報の共有化を図ってまいりました。さらに、「広報すぎと」やホームページで使用料等の見直しについてお知らせするとともに、全町民を対象としたパブリックコメントを実施し、周知を図ってまいりました。

  このように住民、利用者との情報の共有化を図った上で条例改正案を12月議会に上程し、ご議決をいただいたところであります。ご議決いただいた後も住民や施設の利用者の方に広くお知らせするため、「広報すぎと」1月号、4月号、7月号に使用料等の改定についての記事を掲載するとともに、町ホームページに掲載して周知を図りました。また、施設の所管課においても利用者との会議などの席で改定内容についてお知らせするなど、住民の皆様との情報の共有化を図ってまいったところでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。質問要旨(3)、東埼玉総合病院の移転につきまして、事務を担当しております私よりお答えいたします。

  初めに、?の東埼玉総合病院の移転に対する町民からの相談についてでありますが、保健センターといたしましては、医療面における相談等は特に受けていないところであります。

  次に、?の東埼玉総合病院の移転後の町民の健康対策についてでありますが、東埼玉総合病院において高齢者インフルエンザワクチンの予防接種及び乳がん検診を実施していただいておりましたが、これらについては移転後においても継続して実施していただいており、病院の所在地が変更になった以外に町と東埼玉総合病院との委託の内容に変わりはないところであります。

  次に、?の東埼玉総合病院による送迎バスについてでありますが、現在東埼玉総合病院と杉戸高野台駅間、また一部は清地クリニックと東武動物公園駅の停留所にとまる便が運行されております。当初は試験的に行われているもので1日7便の運行でしたが、現在は確定した形として1日11便が運行されているところであります。今後においてもその状況を見守ってまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(4)の?について、事務を担当しております私よりお答えをいたします。

  西近隣公園多目的広場の使用状況につきましては、先ほどの森山議員への答弁と重複いたしますが、昨年7月1日の有料化後から本年1月末日現在までに利用した団体につきましては、小学校2校とグラウンド・ゴルフ団体が3団体の計5団体でございます。利用申し込み数は合計59回でございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 続いて答弁願います。

  産業課長。

       〔鈴木 聡産業課長登壇〕



◎鈴木聡産業課長 お答えいたします。質問事項3、質問要旨(4)、?について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  平成24年7月1日より現行の杉戸町立農村センターに関する条例が施行され、加工室の使用料につきましては、条例上利用できる時間帯が午前9時から午後9時30分までとされておりますので、使用料につきましてもその時間の範囲内とさせていただいております。加工室はみそ加工団体が利用されておりますが、みそ加工団体の利用は各団体おおむね3日間の継続利用となっており、その間は加工室を占有されております。そのようなことから、占有期間の閉館時間を除く時間帯の使用料をいただいているところでございます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) (1)に対する再質問で町長に関連することは最終日に上原議員が行うと思いますので、そこは避けて、(3)、(4)、(5)について再質問したいと思います。

  それでは、(3)についての再質問を行います。東埼玉総合病院が移転されたことに対して相談が何もなかったということなのですが、私の耳には東埼玉総合病院が移設されたことに対する不安の声は多く入っております。本当に相談がなかったのか、お答えください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。

  東埼玉総合病院の移転に対しまして保健センターとしては医療面における相談はなかったと答弁をしたところでございますけれども、移転そのものについての町民からの意見といたしましては、昨年のまちづくり懇談会で遠くなってしまうといった意見や、おととしになりますけれども、巡回バスの利用者アンケートでは、巡回バスの停留所を東埼玉総合病院に設置してほしいなどの意見があったところでありまして、それに基づきまして東埼玉総合病院移転に合わせ路線変更を行ったところであります。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) ほかの場所で不安の声があったということで、それはそれで正直なところだったと思うのですけれども、役場内の横の連携ということもとても大切なことだと思います。先月介護予防のことで小鹿野町に視察に行ってきました。小鹿野では健康増進課と病院が同じ建物にあります。杉戸町でも課の組織が変わりますので、これを機に横の連携をより強化していただければと思います。

  また、小鹿野に行ってもう一つ学んだことがあります。健康とは長いスパンで考えなければいけないということです。今したことがあした成果が出るということではありません。成果が出るのは1年、2年、それこそ10年、いや、20年、30年先のことになるかもしれません。小鹿野では小学生や中学生にも細かいところまで健康診断を行ったりしています。病院が遠くなってしまった現在、より町民への健康対策が必要だと思いますので、何か新しい事業を行うよう希望いたしますが、いかがでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  保健センター所長。

       〔大島康夫保健センター所長登壇〕



◎大島康夫保健センター所長 お答えいたします。

  東埼玉総合病院の移転に係る健康対策ということでございますけれども、東埼玉総合病院の移転に伴うというわけではございませんけれども、平成25年度予算編成方針にあります「みんなにやさしく思いやりのあるまちづくり」といたしまして、みんなで健康〜すぎとチャレンジ〜事業を新たな取り組みとしてスタートすることとしております。その中で、すぎと健康フェスタ2013の開催、すぎと健康マイスターの任命、健康チェックシートの全家庭への配布などを行い、町民の皆様に健康についての関心を高めてもらおうと考えております。また、高齢者肺炎球菌ワクチンの助成を新たに行うなど、住民の方の健康づくりを積極的に支援してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 小鹿野町と杉戸ではいろいろと違うこともあるかと思いますが、参考になることも多いと思いますので、研究をしていただければと思います。

  それでは、(4)の再質問に移ります。これも改定における混乱がなかったとのことなのですが、西近隣公園の多目的広場でもわかるように、それは真実ではないのかなと思います。さらに、例えば公民館や農村センターは時間帯貸しから1時間単位での利用となったわけで、そのあたりで若干混乱があったのではないのかと思いますけれども、そのあたりはどうだったのでしょうか、改めて伺います。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  社会教育課長。

       〔古谷恒夫社会教育課長登壇〕



◎古谷恒夫社会教育課長 お答えします。公民館や農村センターのことでございますので、担当する私のほうから答弁させていただきます。

  公民館では、使用料の見直しに合わせ利用区分が今まで午前、午後、夜間の1日3区分から時間帯による利用区分というふうに分けさせていただきまして、使用料の納入も申請した日から利用日の午後5時までに変更させていただき、利用の効率化と利便性の向上を図りました。公民館では各公民館の単位でサークル団体の利用連絡協議会が組織されておりますので、事前に会合など機会を通じて疑問点や変更点など周知に努めてまいりましたので、大きな混乱は特にありませんでした。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 前総理大臣は近いうちに、近いうちにと解散時期を明確にせずに批判を浴びました。この西近隣公園の問題も当面の間、しばらくの間という言葉がありますけれども、もし町長にその辺で具体的な目安などがあればお聞かせください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  都市施設整備課長。

       〔加藤 衛都市施設整備課長登壇〕



◎加藤衛都市施設整備課長 お答えをいたします。

  先ほど森山議員からの質問の中でも当面の間というご答弁をさせていただきましたが、現状いつまでというのは特には決めておりません。急な状況変化や社会情勢の変化等、ほかの要因もある可能性もございますので、そのあたりも踏まえて当面の間様子は見てまいりたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) それでは、質問事項4番、スポーツ団体などの活動に対する町のかかわり方について移ります。

  杉戸町はグラウンド・ゴルフやソフトテニスを初めスポーツが盛んな町であります。町が共催する行事、後援する行事が数多くありますが、その基準がいまいちわかりません。

  そこで、質問をいたします。スポーツ団体などの活動に対する町の主催、共催、後援の基準について明らかにしてください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  社会教育課長。

       〔古谷恒夫社会教育課長登壇〕



◎古谷恒夫社会教育課長 お答えいたします。質問事項4について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  初めに、町の主催事業についてですが、現在町が主催しているスポーツ事業は、毎年10月に開催している杉戸町町民体育祭のみとなっております。過去には今のようにスポーツ活動団体の数も多くなかったことから、団体育成や新たなスポーツ種目の普及などを行い、生涯スポーツの推進を図るために、町や教育委員会が主催者となり、スポーツに関するイベントや体験教室などの事業を実施した時期もありました。しかし、現在は活動団体の数もふえ、活動も盛んに行われ、町における生涯スポーツの振興は地域住民や各種団体による自主的な活動が中心となっておりますので、これからはその活動に対する支援を行うことが行政の重要な役割であると考えております。このようなことからも、町や教育委員会が主催するスポーツ事業については、事業実施に伴う経費負担や人的負担も含めながら、その事業の必要性などを総合的に判断した中で行われるべきものと考えております。

  次に、町の共催及び後援の基準についてですが、町や教育委員会が共催もしくは後援する事業の基準については、杉戸町共催等名義使用承認に関する事務取扱要綱や杉戸町教育委員会の後援承認に関する内規で定めております。ご質問にあるスポーツ団体等の活動に対する原則的な基準の考えとして、一つは、行政目的や公共の福祉に供することや町の発展に貢献する活動であること、一つは、政治活動または宗教活動ではないこと、一つは、営利目的ではないことが挙げられます。このほかにも主催する団体の組織体制や活動目的、当該事業に参加できる対象者の範囲などに関する資料を提出していただき、公共性や公益性が高い事業であることを確認させていただきながら判断をしております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 主催のことはよくわかったのですけれども、共催、後援の基準の違いについてもう少し具体的に説明お願いいたします。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  社会教育課長。

       〔古谷恒夫社会教育課長登壇〕



◎古谷恒夫社会教育課長 お答えします。

  共催と後援ではどこが違うかということでございますが、対象となる事業の支援内容が異なります。後援事業として認められた場合の主な支援としては、事業の開催要項や参加募集案内などに町や教育委員会などが後援として明記されますので、当該事業の公共性や信頼性がアピールされ、参加者の確保につながることが期待できます。一方、共催事業として認められた場合の主な支援としては、後援と同様、町や教育委員会などが共催として明記されることで参加者の確保につながることが期待できるとともに、杉戸町の公共施設を利用する場合には使用料免除などの支援を受けることができます。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) 後援には活動する団体側の考えもあると思いますので、共催事業として具体的にどのようなものがあるのか、例を挙げてお示しください。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  社会教育課長。

       〔古谷恒夫社会教育課長登壇〕



◎古谷恒夫社会教育課長 お答えします。

  共催として認められる事業は具体的にはどんな事業ですかということの質問だと思いますが、共催として認める主な判断基準につきましては、先ほど答弁させていただいたとおり、一つは行政目的や公共の福祉に供するもの、一つは政治活動や宗教活動ではないこと、一つは営利目的ではないことの原則のほかに、事業を実施する団体の組織体制や活動目的、参加対象の範囲などを確認させていただきながら判断しています。スポーツ団体の活動に対して共催を認める場合の目安としては、いわゆる単独クラブによる活動はその参加対象がクラブのメンバーやクラブに関係する方に限られてしまうことから、共催事業としては認められないというふうに考えております。

  例えば、例を申しますと、体育協会やそこに加盟している連盟、協会などの連合が組織が行われ、広く参加者を募るようなイベント、スポーツの振興という観点から公益性が高いと考えられるため、共催事業として認められるものがあります。具体的な事業例を挙げますと、一つは体育協会が共催である、毎年9月から10月にかけて開催する体協祭という名前で親しまれているスポーツ大会、今年度も15種目の競技大会、競技種目の参加がありました。また、杉戸町総合型地域スポーツクラブが行うすぎスポ、これは毎年11月に開催するすぎスポ祭、今年度も約15種目の種目活動を行い、原則誰でも参加したり観覧できるイベントであることから、教育委員会としては共催事業に認めております。

  以上でございます。



○稲葉光男議長 よろしいですか。

  3番、大橋芳久議員。



◆3番(大橋芳久議員) それでは、続いて質問事項5番、カルスタすぎとで使用されていたパソコンは、私が議員になりたてであった平成23年9月議会で大激論の末にカルスタすぎとのパソコンが更新されることになりました。一番このことを覚えているのは古谷課長だと思うのですが、その結果23年度カルスタすぎとのパソコン指導室のパソコンを入れかえたわけでありますが、入れかえ前のパソコンは現在どこで使用されているのでしょうか。



○稲葉光男議長 当局の答弁を求めます。

  社会教育課長。

       〔古谷恒夫社会教育課長登壇〕



◎古谷恒夫社会教育課長 お答えします。質問事項5について、事務を担当しております私からお答えいたします。

  生涯学習センターカルスタすぎと、パソコン教室の入れかえ前のパソコンにつきましては、不具合が年々生じるなど利用者の学習等に不便を来している状況でありました。このようなことから、平成23年度において当時最新のバージョン機器に更新したところでございます。ご質問の入れかえ前のパソコンにつきましては、公民館のパソコン教室への活用も検討いたしましたが、発生する不具合やパソコン周囲のサポートが終了していること、さらに新たな設置費用等がかかることなど総合的に勘案し、再利用は断念した次第でございます。これを機に平成24年度からの町民を対象としたパソコン教室は、最新のOSを備えたカルスタで行う事業として位置づけ、利用者の利便性、合理性を図ったところでございます。



                          ◇                        





△延会について



○稲葉光男議長 お諮りいたします。

  本日の会議はこの程度にとどめ、延会いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

       〔「異議なし」と言う人あり〕



○稲葉光男議長 ご異議なしと認めます。

  よって、本日の会議はこの程度にとどめ、延会することに決定いたしました。



                          ◇                        





△次会日程の報告



○稲葉光男議長 明26日は、午前10時から本会議を開きます。



                          ◇                        





△延会の宣告



○稲葉光男議長 本日はこれをもって延会いたします。

  ご苦労さまでした。

       延会 午後 3時17分