議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 宮代町

平成16年  9月 臨時会(第7回) 09月27日−01号




平成16年  9月 臨時会(第7回) − 09月27日−01号









平成16年  9月 臨時会(第7回)



宮代町告示第84号

 平成16年第7回宮代町議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成16年9月24日

                       宮代町長  榊原一雄

 1.期日  平成16年9月27日

 2.場所  宮代町議会議場

 3.付議事件

  1 平成16年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について

  2 宮代町・杉戸町合併協議会の設置について

  3 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例について

            ◯応招・不応招議員

応招議員(20名)

   1番  唐沢捷一君       2番  合川泰治君

   3番  西村茂久君       4番  加納好子君

   5番  木村竹男君       6番  大高誠治君

   7番  角野由紀子君      8番  高柳幸子君

   9番  加藤幸雄君      10番  丸藤栄一君

  11番  柴山恒夫君      12番  高岡大純君

  13番  川野昭七君      14番  横手康雄君

  15番  山下明二郎君     16番  飯山直一君

  17番  野口秀雄君      18番  小河原 正君

  19番  榎本和男君      20番  小山 覚君

不応招議員(なし)

           平成16年第7回宮代町議会臨時会 第1日

議事日程(第1号)

                 平成16年9月27日(月)午後1時00分開会

     開会

     開議

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

     町長あいさつ

     ●議案の上程、提案理由の説明

日程第3 議案第59号 平成16年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について

日程第4 議案第60号 宮代町・杉戸町合併協議会の設置について

日程第5 宮代町・杉戸町合併協議会の設置請求代表者による意見陳述の日時、場所の決定について

     ●議員議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決

日程第6 議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例について

     閉議

出席議員(19名)

   1番   唐沢捷一君       2番   合川泰治君

   3番   西村茂久君       4番   加納好子君

   5番   木村竹男君       6番   大高誠治君

   7番   角野由紀子君      8番   高柳幸子君

   9番   加藤幸雄君      10番   丸藤栄一君

  11番   柴山恒夫君      12番   高岡大純君

  13番   川野昭七君      14番   横手康雄君

  15番   山下明二郎君     16番   飯山直一君

  18番   小河原 正君     19番   榎本和男君

  20番   小山 覚君

欠席議員(1名)

  17番   野口秀雄君

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

  町長      榊原一雄君   助役      柴崎勝巳君

  収入役     島村孝一君   教育長     桐川弘子君

  総務担当参事兼合併推進室長   町民生活担当参事兼生活環境課長

          山野 均君           篠原敏雄君

  健康福祉担当参事兼福祉課長   技監兼工事検査室長

          折原正英君           横田英男君

  教育次長兼教育総務課長     教育次長兼学校教育課長

          岩崎克己君           戸田幸男君

  総務課長    田沼繁雄君   総合政策課長  岡村和男君

  税務課長    菅井英樹君   町民サービス課長

                          斉藤文雄君

  健康課長    森田宗助君   介護保険課長  吉岡勇一郎君

  農政商工課長  小暮正代君   建設課長    鈴木 博君

  都市計画課長  中村 修君   会計室長    金子良一君

  水道課長    福田政義君   社会教育課長  青木秀雄君

  総合運動公園所長

          谷津国男君

本会議に出席した事務局職員

  参事兼議会事務局長

          織原 弘    書記      熊倉 豊

  書記      浅野菜津紀



△開会 午後1時00分



△開会の宣告



○議長(小山覚君) 皆さん、こんにちは。

 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、これより平成16年第7回宮代町議会臨時会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(小山覚君) 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(小山覚君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(小山覚君) 日程に入るに先立ち、報告をいたします。

 野口秀雄議員におかれましては、本日議会欠席の連絡を受けておりますので、報告いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(小山覚君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において11番、柴山恒夫議員、12番、高岡大純議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(小山覚君) 日程第2、会期決定の件を議題といたします。

 ここで、議会運営委員会の審議結果の報告を求めます。

 高岡大純議会運営委員長。

     〔議会運営委員長 高岡大純君登壇〕



◆議会運営委員長(高岡大純君) こんにちは。

 議会運営委員長の高岡でございます。

 議会運営委員会は、本日午前10時に会議を開催させていただきました。

 本臨時会に提出される案件は、執行部議案が第59号及び60号の2件、議員議案1件でございます。また、内容につきましては、第59号及び第60号は合併協議会設置とそれに伴う補正予算の関連議案ということで、一括上程とさせていただきたいと考えております。

 なお、今回の合併協議会設置の審議に当たりましては、法に基づきまして請求代表者に対し、その意見を陳述する機会を与えなければなりませんので、一定期間が必要であり、その日を10月4日としたいとするものであります。

 本日は、議案第59号、60号の上程、提案理由の説明、あわせて意見陳述の日時、場所の議決、そして議員提案の上程、質疑、討論、採決までを行い、改めて10月4日に意見陳述を実施し、その後、議案第59号、60号の質疑、討論、採決と審議を行うものであります。

 したがいまして、本臨時会の会期は、本日から10月4日までの8日間といたしたいとするものでありますが、何とぞご協力をお願いいたしまして、報告とさせていただきます。



○議長(小山覚君) お諮りいたします。本臨時会の会期は委員長の報告のとおり、本日から10月4日までの8日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は8日間と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長あいさつ



○議長(小山覚君) ここで、町長あいさつをお願いします。

 町長。

     〔町長 榊原一雄君登壇〕



◎町長(榊原一雄君) 開会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 議員の皆様方におかれましては、何かとお忙しい中ご参集を賜り、まことにありがたく、深く感謝を申し上げるところでございます。

 本臨時会におきましては、平成16年度宮代町一般会計補正予算について、及び宮代町・杉戸町合併協議会の設置についてのご審議をお願い申し上げるものでございます。

 提出議案の内容につきましては、後ほどご説明させていただきたいと存じますが、何とぞ慎重なるご審議を賜りますようお願い申し上げまして、極めて簡単でございますが、開会のごあいさつとさせていただきます。

 どうぞよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第59号及び議案第60号の上程説明



○議長(小山覚君) 日程第3、議案第59号 平成16年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について、及び日程第4、議案第60号 宮代町・杉戸町合併協議会の設置についての件を一括議題といたします。

 職員をして議案を朗読いたさせます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(小山覚君) 提出者から提案理由の説明を求めます。

 町長。

     〔町長 榊原一雄君登壇〕



◎町長(榊原一雄君) それでは、議案第59号及び議案第60号についてご説明を申し上げます。いずれも関連議案となっておりますので、一括してご説明申し上げます。

 まず初めに、議案第59号 平成16年度宮代町一般会計補正予算(第3号)についてご説明申し上げます。

 本議案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ700万円を追加いたしまして、予算の総額を102億8,758万4,000円とさせていただくものでございます。

 補正予算の内容でございますが、歳入につきましては、財政調整基金から繰り入れさせていただき、歳出につきましては、全額宮代町・杉戸町合併協議会への負担金を計上させていただくものでございます。

 続きまして、議案第60号 宮代町・杉戸町合併協議会の設置についてご説明申し上げます。

 本議案は、9月7日付で市町村の合併の特例に関する法律第4条第1項の規定に基づき、合併協議会設置の請求があり、杉戸町長から議会に付する旨の回答がございましたので、同条第5項の規定により提案するものでございます。

 以上でございますが、詳細につきましては、担当参事より補足説明をいたさせますので、よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(小山覚君) 補足説明を願います。

 総務担当参事。



◎総務担当参事兼合併推進室長(山野均君) それでは、補足してご説明をさせていただきます。

 議案番号は前後いたしますが、まず初めに、第60号議案、宮代町・杉戸町合併協議会の設置についてご説明をさせていただきます。

 議案書2ページ、3ページをお開きいただきたいと存じます。

 本議案は、議案書3ページから5ページにございます宮代町・杉戸町合併協議会規約のとおり、2町による法定合併協議会を設置することについて、議案書6ページの意見を付しまして、ご提案させていただくものでございます。

 規約の内容につきましてご説明させていただきます。

 規約は全部で19条から構成されております。

 第1条は、合併協議会の設置根拠を示した規定でございます。

 第2条は、協議会の名称を宮代町・杉戸町合併協議会と称する旨を定めたものでございます。

 第3条は、協議会の担任事務を定めたものでございます。

 具体的な内容は、各号に定めておりますとおり、第1に、合併の是非を含めて2町の合併に関する協議を行うこと、第2に、合併特例法第5条に定める新市建設計画の作成を行うこと、第3に、これらの事項のほか、2町の合併に関して必要な事項を協議することとしております。

 第4条は、協議会の事務所を杉戸町役場内に設置させていただくものでございます。

 第5条は、協議会は22人以内の委員をもって組織することとしたものでございます。

 第6条は、委員となるべき者を定めたものでございます。

 委員は第1号によります2町の長、第2号によります2町の議会議員のうち、それぞれの議会から選出された各4人ずつの議員、第3号によります2町の長が協議して定める12人以内の学識経験を有する者となっております。

 住民の代表の方につきましては、この第3号の学識経験を有する者の枠によって、各5人ずつの委員に就任していただく予定でございます。

 第7条は、会長及び副会長について定めたものでございます。

 協議会には会長と副会長を置き、その選任は2町の長の協議により委員の中から選任することといたしております。

 また、会長に事故があった場合などに備えまして、副会長がその職務を代理する旨を定めたものでございます。

 第8条は、協議会の会議の招集などについて定めたものでございます。

 第9条は、協議会の会議の運営について定めたものでございます。

 第3項によりまして、会議は原則として公開することとしております。

 第10条は、協議会の会議で委員以外の者から意見聴取等を行う場合に、これらの者に協議会への出席を求めたり、必要な資料の提出を求めたりすることができる旨を定めたものでございます。

 第11条は、協議会が担任する事務の一部につきまして、特に調査をし、また審議を行う必要が生じた場合などに委員会を置くことができる旨を定めたものでございます。

 第12条は、協議会に提案する事項などについて、協議または調整をするために幹事会及び専門部会を置くことを定めたものでございます。

 第13条は、協議会の事務処理機関として事務局を設置する旨を定めたものでございます。

 第14条は協議会の運営に伴う経費につきまして、2町で協議して負担する旨を定めたものでございます。

 第15条は、協議会の出納に関する監査について、2町の監査委員のうちから会長があらかじめ各1人ずつの監事を委嘱し、その監事によって行う旨を定めたものでございます。

 第16条は、協議会の予算、出納等の財務の管理について定めたものでございます。

 第17条は、協議会の会長、副会長、委員及び監事並びに意見聴取等を行うために出席を求めた委員以外の者が報酬または職務遂行のために要する費用弁償を受け取ることができる旨を定めたものでございます。

 第18条は、協議会が解散した場合の出納処理などについて定めたものでございます。

 第19条は、この規約に定める以外の事項については、会長に委任することを定めたものでございます。

 附則として、この規約の施行日を2町の長が協議して定める日から施行するとするものでございます。

 規約につきましては以上でございます。

 次に、議案第59号 平成16年度宮代町一般会計補正予算(第3号)につきましてご説明をいたします。

 議案書にございますように、歳入歳出それぞれ700万円を追加するものでございまして、歳出補正の全額は、宮代町・杉戸町合併協議会の負担金に充てられるものでございます。

 そこで、負担金の使途の概要につきましてご説明させていただきたいと存じます。

 お手元の資料、平成16年度宮代町・杉戸町合併協議会歳入歳出予算(案)をごらんいただきたいと存じます。こちらの資料でございます。右端の方に、議案第59号参考資料と銘打ってあるものでございます。こちらの表の1ページをごらんいただきたいと存じます。

 これは、議案第60号でご提案させていただいております宮代町・杉戸町合併協議会が設置された場合に予定しております平成16年度の予算案でございます。

 まず、歳入でございますが、資料1ページの1、歳入をごらんいただきたいと存じます。

 歳入項目は、各町の負担金700万円と、雑入として預金利子1,000円の合計1,400万1,000円を計上するものでございます。

 歳出につきましては、同じく資料1ページの2、歳出をごらんいただきたいと存じます。

 まず、第1款事業費は992万2,000円でございます。主な内訳は、委員報酬など協議会の運営に211万4,000円、合併協だより、新市建設計画の印刷費や協議会運営支援業務委託などに780万8,000円を計上するものでございます。

 第2款総務費でございますが、コピー等の事務局費として313万8,000円でございます。

 第3款予備費でございますが、94万1,000円を計上させていただいております。

 以上、歳出合計1,400万1,000円でございます。

 補正予算につきましては以上でございます。

 なお、参考資料といたしまして、ただいまの資料の2ページ目、そこに合併協議会組織図(案)をお示ししてございます。

 また、同じく資料の3ページには、仮に現行合併特例法の適用期限内の合併を目指すこととした場合の合併協議スケジュールの例を、参考までに添付させていただいております。ご参照の上、よろしくご審議賜りますようお願い申し上げます。

 補足説明は以上でございます。



○議長(小山覚君) これをもって提案理由の説明を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△宮代町・杉戸町合併協議会の設置請求代表者による意見陳述の日時場所の決定について



○議長(小山覚君) 日程第5、宮代町・杉戸町合併協議会の設置請求代表者による意見陳述の日時、場所の決定についての件を議題といたします。

 本件につきましては、市町村の合併に関する法律第4条第6項の規定により、請求代表者に対し、その意見を陳述する機会を与え、その上で慎重審議を行う必要があります。

 ここでお諮りをいたします。請求代表者に対し、意見の陳述をする機会を付与することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) ご異議なしと認めます。

 よって、請求代表者であります宮代町川端3丁目12番6号、中野勝栄さんに本議会において意見の陳述の機会を付与することに決定いたしました。

 次に、その日時と場所につきましてお諮りをいたします。

 日時につきましては、陳述人に通知し、広く住民に知らせるためにも日数が必要でありますが、本臨時会の会期が10月4日までとなっております。したがいまして、最終日の10月4日午前10時といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 異議なしと認めます。

 それでは、意見陳述の日時につきましては、10月4日午前10時からと決定させていただきます。

 なお、議案第59号 平成16年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について、及び議案第60号 宮代町・杉戸町合併協議会の設置についての件の審議につきましては、会期最終日に行います。請求代表者の意見の陳述をお聞きした後にしたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第6、議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例についての件を議題といたします。

 職員をして議案を朗読いたさせます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(小山覚君) 提出者から提案理由の説明を求めます。

 高岡大純議員。



◆12番(高岡大純君) 12番、高岡です。

 議員議案第2号の宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例につきまして、提案理由の説明をさせていただきます。

 提案理由につきましては、宮代町行政組織の改組に伴いまして、総務企画委員会の所管が一部変更されたため、宮代町議会委員会条例の一部を改正したいというものであります。

 具体的には、今後における行政運営の改革の改組に備え、現在ある合併推進室を改革推進室に改めることから、今回本案を提案するものでございます。

 よろしくお願いいたします。



○議長(小山覚君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。質疑はありますか。

 小河原議員。



◆18番(小河原正君) 18番の小河原です。

 突然今これを見て、もう少し具体的に説明を受けたいと思うんですが、今、改革推進室と合併推進室の違い、というのは、今度の議案の中でも2町がいいか悪いかは別、また1市3町の動きもある中で、合併推進室を変えたという意味をちょっと教えてもらいたいんですけれども。まだこれ決定してないんでしょう、2町の問題も。何でこれ合併推進室と変えちゃうの。それを聞きたいんだけれども…。



○議長(小山覚君) 質問は以上ですか。



◆18番(小河原正君) そうです。はっきり理解できるように教えてもらいたい。



○議長(小山覚君) 小河原議員の質疑に答弁願います。



◆12番(高岡大純君) 合併推進室と改革推進室の違いということでよろしいですね。これは今まで合併推進室で合併の推進を進めてきていたところでございますけれども、さらに今後行政改革が急務ということになったことから、より強力に合併も含めて推進室の方で行うということだと思いますけれども。

 ですから、合併推進室を含めて改革推進室に変更されたということで、総務企画委員会の一部が変更されるということでご理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(小山覚君) 小河原議員、再質疑ありますか。

 小河原議員。



◆18番(小河原正君) 18番の小河原です。

 説明の中では、合併推進も今後の推移によっては、動向によっては進めていくという説明がありまして、それはわかりました。でしたら、文章的にもこれはっきり入れておいてもらいたいと思います。後で入っている、入っていないで問題になると困りますので、議案が決まるまで、提案したときにはしてもらわないと、後でもう改革室になっていますので、合併には関係ありませんということになりかねないので、口頭ではちょっと私は信用しないとかするじゃなくて、どうもこの問題についてははっきりしないと思いますので、文章で入れておいてもらいたいと思います。



○議長(小山覚君) 小河原議員の再質疑に答弁を願います。



◆12番(高岡大純君) ここへ提案されているのはこういう形で出ているわけでして、それ以前のことにつきましては、事務局…。



○議長(小山覚君) 休憩します。



△休憩 午後1時30分



△再開 午後1時32分



○議長(小山覚君) 再開いたします。

 小河原議員の再質疑に答弁願います。



◆12番(高岡大純君) 今、事務局の方からお話がありましたけれども、合併推進室も含めてこの改革推進室で行っていくということでご理解いただきたいと思います。



◆18番(小河原正君) はい、わかりました。



○議長(小山覚君) よろしいですか。

 ほかに質疑はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより、議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例についての件を挙手により採決いたします。

 本案は、原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(小山覚君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(小山覚君) 以上をもちまして、本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後1時35分