議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 宮代町

平成16年  3月 定例会(第3回) 03月24日−07号




平成16年  3月 定例会(第3回) − 03月24日−07号









平成16年  3月 定例会(第3回)



         平成16年第3回宮代町議会定例会 第20日

議事日程(第7号)

                 平成16年3月24日(水)午後1時00分開議

     開議

日程第1 会議録署名議員の指名について

     ●議案の委員長報告、委員長報告に対する質疑、討論、採決

日程第2 議案第6号 平成16年度宮代町一般会計予算について

日程第3 議案第7号 平成16年度宮代町国民健康保険特別会計予算について

日程第4 議案第8号 平成16年度宮代町老人保健特別会計予算について

日程第5 議案第9号 平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算について

日程第6 議案第10号 平成16年度宮代町農業集落排水事業特別会計予算について

日程第7 議案第11号 平成16年度宮代町介護保険特別会計予算について

日程第8 議案第12号 平成16年度宮代町水道事業会計予算について

     ●決議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決

日程第9 決議案第2号 埼玉県議会の海外行政視察における逸脱行為の真相究明と関係議員の出処進退の決断を求める決議(案)

     閉議

出席議員(19名)

   1番   唐沢捷一君       2番   合川泰治君

   3番   西村茂久君       4番   加納好子君

   5番   木村竹男君       6番   大高誠治君

   7番   角野由紀子君      8番   高柳幸子君

   9番   加藤幸雄君      10番   丸藤栄一君

  11番   柴山恒夫君      12番   高岡大純君

  13番   川野昭七君      14番   横手康雄君

  15番   山下明二郎君     16番   飯山直一君

  17番   野口秀雄君      18番   小河原 正君

  20番   小山 覚君

欠席議員(1名)

  19番   榎本和男君

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

  町長      榊原一雄君   助役      柴崎勝巳君

  収入役     島村孝一君   教育長     桐川弘子君

  総務担当参事兼合併推進室長   町民生活担当参事兼生活環境課長

          山野 均君           篠原敏雄君

  健康福祉担当参事兼福祉課長   技監兼工事検査室長

          折原正英君           横田英男君

  教育次長兼教育総務課長     総務課長    田沼繁雄君

          岩崎克己君

  総合政策課長  岡村和男君   税務課長    並木一美君

  町民サービス課長        健康課長    森田宗助君

          斉藤文雄君

  介護保険課長  吉岡勇一郎君  農政商工課長  小暮正代君

  建設課長    鈴木 博君   都市計画課長  中村 修君

  会計室長    金子良一君   水道課長    福田政義君

  学校教育課長  飯野幸二君   社会教育課長  青木秀雄君

  総合運動公園所長

          谷津国男君

本会議に出席した事務局職員

  事務局長    織原 弘    書記      熊倉 豊

  書記      元井真知子



△開議 午後1時00分



△開議の宣告



○議長(小山覚君) 皆さん、こんにちは。

 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(小山覚君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(小山覚君) 日程に入るに先立ち、報告をいたします。

 1点ほどございます。

 榎本議員におかれましては、本日、議会欠席の連絡を受けておりますので、報告をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(小山覚君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において3番、西村茂久議員、4番、加納好子議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第2、議案第6号 平成16年度宮代町一般会計予算についての件を議題といたします。

 本件について委員長の報告を求めます。

 文教厚生委員長。

     〔文教厚生委員長 大高誠治君登壇〕



◆文教厚生委員長(大高誠治君) 昨日の報告に加えまして、当委員会での主な質疑の内容について報告漏れもありましたので、追加報告いたします。

 健康課所管分でございますが、まず、「基本健診の通知方法については」というご質問がございました。子宮がん、乳がん検診では、広報と保健カレンダー等でお知らせしているだけで、個別通知は行っていない。個別で通知しているのは基本健診だけとのことでございます。

 次に、「乳がん検診におけるマンモグラフィー対象者が50歳以上であるが、対象の引き下げについて考えているか」については、国及び県としてはやる方向で審議を重ねているようだが、方向性がはっきりしていないから、それにあわせて研究していきたいとのことです。

 また、「前立腺がん検診の導入について」は、近隣では幸手市、菖蒲町でやっているが、その他の近隣市町では実施していないとのことでした。

 なお、要望として、基本健診の通知方法を乳がんにすること、マンモグラフィーの対象年齢を引き下げること、前立腺がん検査の導入等が質疑の中で出されました。

 「六花の診療所を地域医療の中核として、今後何を目指していくか」については、初期治療に加え、予防接種、病気の予防及び早期発見、高齢者の健康管理と治療、保育所における育児など、すべての世代の健康をサポートし、赤ちゃんからお年寄りまで集まる施設となることなどから、世代間の交流事業などを行い、だれもが輝きを持って暮らすことのできる地域医療社会の実現を図っていくとのことでございました。

 教育総務課所管では、「中学校の警備員配置について、その目的は生徒の安全確保だけにあるのか」について、生徒の生活指導面を補う要素もあるとのことでありました。

 なお、劣化診断、工事等で軽微なものは、町内小規模業者を活用してほしいとの要望がありました。

 学校教育課所管分で、「不登校対策事業について、県費さわやか相談員がなぜ減ったのか、生徒の学ぶ権利を保障することに逆行しているのではないか」については、他市町では、さわやか相談員が減ったままで措置していない学校も多いと聞いている。そういう町では、町費負担でさわやか相談員を措置し、フレンドルームの開催を週2日から3日にふやした。学ぶ権利を保障するために努力しているとのことです。

 また、「町民みんなが先生推進事業をどのように実施していくか」については、部活動は最近、年間12回の指導を目安として、年額で1人1万円、8人分の謝金を3校に、社会科や生活科等の授業や総合的な学習の時間に1回1,000円の図書券を1校50人分、7校に措置している。運用については、現在、各校で人材バンクを作成し、その取りまとめを学校教育課で行っているが、人材については広報等で広く募集している。

 また、やりたいゾウとも連携していきたいと考えているとのことでした。

 次に、「小・中一貫教育は現在研究途上にもかかわらず、全中学校に広めたいと考えていること」については、宮代町の小・中学校の関係は、1校の小学校から1校の中学校へ進学することになっているため、須賀小・中学校のモデル校がそのまま他の小・中学校に当てはまるので、成果をそのまま広めることができると考えているとのことでした。

 学校の自由選択制で、調整区域外の児童・生徒の異動については、小学校は4名で、調整区域3名、学区外1名のいずれかも転居予定。中学校8名、調整区域3名、学区外5名で、いずれも部活動が理由とのことです。

 「要準特殊学園補助事業での要保護と準要保護との違いについて、また、その財源について、合併に向けての事務レベルの調整について」は、要保護とは生活保護世帯で、準要保護とは生活保護世帯に準ずる世帯である。

 また、要については、国から県に、そして90市町村に配分されており、国が半額負担することになっておらず、町負担がふえ、財政的に圧迫されている。合併に向けた事務調整では、杉戸町、宮代町は1.5倍、春日部市、庄和町は1.3倍となっており、調整結果では1.3倍となっているとのことでした。

 「学力向上推進事業について、基礎学力の定着というねらいだけではないと考えるが」については、学力の定着、向上が主眼であるが、特に、最近は落ち着きに欠け、いすに座って話が聞けない子供がふえている低学年の児童の生活指導等にも、適切な指導や支援を行いたいと考えている。

 また、中学1年生で、小学校から中学校へのつながりにとまどい、不登校になる生徒が多いということもあり、この状況を改善するためにも重要な施策と考えるということでした。

 社会教育課所管分では、同和教育が人権推進事業に位置づけられたことについて、同和として県の補助金がなくなって、人権として包括してとらえているので、予算上はそうなっているが、町としても同和教育は十分尊重しているとのことでした。

 国体関係では、「簡素な国体というのがどのように行われるのか」という質問に、新たな建築物は設置しないで仮設のリースで行うことが必要であるについて、県などから借りる工夫をするという答えでございました。

 「公民館について、他の市町と比べてのあり方、格差の改善について、特に、備品購入費が計上されないなど、利用者の立場に立った公民館の充実を求めたい」ことについては、備品購入費については、利用者に共通する基本備品の充実に努めている。平成16年度は、公民館の劣化診断に基づく改修工事に経費を重点的に計上した。今後、必要に応じて充実させていくとのことでした。

 最後に、町立図書館分について、杉戸町民の利用割合については利用者の4分の1で、ここ数年同じとのことです。

 長期未返却本については、それほど多くはないとのことです。

 「本の貸し出し数が多いのではないか」については、多く借りる人は、すぐ読み終えるような本と、一部を読めば済むような本などを借りているとのことです。

 本の盗難については、過去3年間連続不明の本は除籍しているが、不明本の割合は1%未満で、館内に本の取り扱いに関する張り紙もしているとのことです。

 図書紛失防止措置の導入については、利用者の心理的圧迫感、コストから、導入は考えていないとのことです。

 本の除籍の分野別傾向については、文学、技術の順で、購入単価は辞典類を除いて5,000円をめどにしており、それ以上の本は県立図書館等から借りるようにしているとのことでございました。

 以上をもって追加報告といたします。



○議長(小山覚君) 次に、建設土木委員長。

     〔建設土木委員長 小河原 正君登壇〕



◆建設土木委員長(小河原正君) 18番、小河原です。

 総務委員長より再付託されました案件を、当日は野口副委員長、木村委員、川野委員、唐沢委員と私の全員が出席しまして慎重に審議をいたしましたので、ご報告いたします。

 慎重に審議をした内容については、3月15日、平成16年度宮代町一般会計予算のうち、第6款農林水産業費中、第1項農業費、第4目農地費、農業集落排水事業特別会計繰出金と、第8款土木費を審議をしております。

 なお、3月18日には、この審議をした内容をもとに町内を視察をしたところであります。

 それでは、順を追って説明をさせていただきます。

 平成16年度宮代町一般会計予算のうち、第6款農林水産業費中、第1項農業費、第4目農地費、農業集落排水事業特別会計繰出金と、第8款土木費を説明いたします。

 予算書は85ページです。事業別概要書は94ペーです。

 4目農地費、28節繰出金の農業集落排水事業特別会計繰出金は4,111万3,000円です。昨年度と比較しまして258万3,000円の増となっております。この増の理由といたしまして、処理場建設に伴う工事費が増額になったもので、詳細については農業集落排水事業特別会計で説明をいたします。

 次に、第8款土木費、第1項道路橋梁費ですが、予算書は88ページから91ページの上段にかけて説明をいたします。

 平成16年度は、総額8億2,230万2,000円を計上しておりまして、前年度と比較して3億554万9,000円の増となっております。増の主な理由といたしまして、都市計画道路備中岐橋通り線の用地買収費並びに町道70号線の用地買収が主なものです。人件費を除いては、平成16年度は4億511万7,000円。平成15年度当初では4億5,159万3,000円、147万6,000円、0.32%の減額になっております。主なる理由といたしまして、昨年までの公共物の常用申請手続が終了したためです。

 それでは、1目道路橋梁総務費を説明いたします。予算書88ページ、事業別概要書は97ページです。

 平成16年度は7,051万6,000円を計上し、前年度より325万8,000円の減額となっております。主な理由は、11節需用費は9万円の増額となっています。説明欄の法令追録代が6万5,000円の増。食糧費は、説明会のために4,000円の増となっています。

 12節役務費は、昨年度より14万2,000円の減額になっています。これは、埼玉県の土木積算システム更新のためのソフトウェア調整手数料となっています。

 13節委託料は、道路台帳補正業務委託料のみの予算計上で、昨年より73万9,000円の減となっております。

 19節負担金、補助及び交付金は、埼玉県の河川協会負担金が事業量の減少のため、昨年より3万2,000円減額になっています。他はほとんど増額です。

 2目道路維持費は6,713万2,000円で、前年度より2,347万1,000円の26%減額となっております。理由といたしましては、工事請負費の減のためです。

 11節需用費の消耗品費は、側溝ふた等の購入費で、昨年と同額です。

 13節委託料は、昨年より140万2,000円の増額となっております。説明欄の街路管理業務委託料は36万2,000円の増で、平成15年度末では、カエデ182本、コブシ39本、ハナミズキ214本、サルスベリ179本の合計614本と、平成16年度には、学園台の高木40本、低木30本、桃山台の高木10本、低木30本も管理委託されるようになっています。

 道路除草業務委託料は、昨年より104万円の増になっております。これは、隼人堀の健康マッ歩を新設したもので、草刈りも町負担になりました。

 なお、健康マッ歩は、平成10年より平成15年の完成まで、総延長9,707メートルになるそうです。

 他の委託料は昨年と同額です。

 15節工事請負費は2,487万3,000円の減額です。身近な道路修理を行う道路維持管理工事は300万円の増額となっております。

 道路舗装修理工事は1,949万8,000円の減額。

 予算書90ページの道路改良に伴う道路側溝修繕工事は、昨年度より837万5,000円の減額となっております。

 予算書90ページ、事業別概要書98ページになりますが、第3目道路新設改良費は6億7,965万4,000円で、3億6,097万8,000円の増額です。この増の理由は、主要町道整備の和戸地区町道70号線と、都市計画道路備中岐橋通り線の用地購入費です。

 12節役務費のうち、永久境界くい料です。用地買収後、これはコンクリートのくいを埋設するわけです。

 不動産鑑定料は、町道70号線、町道807号線備中岐橋通り線の用地鑑定料です。この363万円のうち240万円は、備中岐橋通り線の鑑定料です。

 13節委託料のうち、道路設計業務委託料は、通学路整備事業、地区生活整備事業、主要町道整備事業、姥ケ谷落整備事業です。

 道路用地調査測量業務委託料は、都市計画整備道路、地区生活道路用地取得の調査に伴うものです。

 移転補償等物件調査委託料は、都市計画宮代通り線の用地買収に伴うものです。

 登記事務委託料は全額、備中岐橋通り線の関係です。

 15節工事請負費のうち、地区生活道路整備は、国納の町道698号線、西粂原の町道529号線工事分です。

 主要町道整備工事は、東の町道259号線分です。

 姥ケ谷落整備は、和戸5丁目の改修工事です。

 17節公有財産購入費4億9,429万2,000円。道路用地買収費の内訳は、町道259号線54平米、町道252号線515平米、町道7号線1万3,600平米、町道807号線727.2平米、町道630号線390平米、備中岐橋通り線1万平米の合計2万5,286.2平米となっていますが、このうち約3億円が備中岐橋通り線になっています。

 また、今般の備中岐橋通り線事業は、内容的には建設課の所管ですが、圏央道の関連事業ということで調整事務が多いため、都市計画課事業で施行するものであります。

 19節負担金、補助及び交付金のうち、農地転用除籍決済負担金は、見沼土地改良区、備前堀土地改良区分です。

 私道整備補助金は、補修、舗装工事分です。

 道路等後退用地補償金は、建築後退用地を町に譲渡する測量分補助です。

 22節補償、補てん及び賠償金の支障物件移転補償費は、道路建設に伴う立木、電柱の移設です。

 4目橋梁維持費の橋梁点検業務委託料は前年と同額です。

 5目橋梁新設改良費は430万円の計上ですが、前年度より2,870万円の減額となっています。この理由は、柚の木橋かけかえ工事が終了したためです。430万円の予算は、工事は終了したが、地面調査をして家屋の被害を確認するための採用だそうです。

 予算書91ページ、事業別概要書101ページをお開きください。

 第8款土木費、第2項都市計画予算は9億7,800万7,000円計上しておりまして、前年度より7,801万9,000円の増額となっております。

 1目都市計画総務費は1億7,860万1,000円で、前年度より2,170万4,000円の減額となっています。この理由は、東武動物公園駅周辺まちづくり整備計画作成調査業務委託が平成15年度中に終了し、これに伴う予算減です。

 都市計画総務費は、執行する事業として、都市計画課職員13名分の給与費や課全体の消耗品や各種負担金など庶務経費、都市計画審査会運営費、東武動物公園駅西口を含む都市区画計画事業費、建設開発経費で構成されています。

 それでは、次に、主なものを説明させていただきます。

 2節から4節は給与関係です。

 7節賃金の臨時職員賃金は、都市計画基礎調査を受託する場合のアルバイト料。

 8節報償費の彩の国さいたま都市づくりアカデミー参加者手当は、県主催のまちづくりアカデミーづくりを受講する町民の方々2名分の謝金です。

 なお、募集は県が行いますが、区画整理を予定している方に限定してもらうというような考えだそうです。

 予算書92ページの11節需用費は、課や道仏区画整理事務に係る共通経費です。

 12節役務費も、道仏地区区画整理事務所の関係です。

 13節委託料のうち、東武動物公園駅西口周辺地元調整業務委託は、地元説明会ではおおむね了解している流れになっているそうですが、しかし、町が予定しているのと、東武が予定しているのではスピードが違うようであります。東武鉄道は平成20年に終了したい。町としては、そのスピードでは合わない。両者が煮詰めていかなくてはならないが、その中では地元の関係もあるし、深く立ち入った居住者もいるそうです。

 区画整理では、財産を心配するとか、どこかへ移転しなくてはならないとか、いろいろな心配があると思われますが、居住者の方にスピードが早まった場合に備えて十分勉強してご理解いただくという形で、勉強会を4回ぐらい予定している内容だそうです。

 1回目は、熟度に達してもらうよう考えておるそうですが、例えば、2年先に事業施行する場合は、減歩率とか、補償をどうするとか、きちんとご理解をいただきまして、東武側にも話ができるように下づくりをしたいという考えだそうです。

 また、東武との折衝については4回行っているそうですが、その中では、開発部長も2回来ている。話し合いの中で、どうしてもうまくないのがスタートとスピードだそうであります。処分するには、早くやらないと買い手がつかない。区画整理事業を行うと、公共施設がどんと入ってしまうので、土地の価格が減ってしまう。

 そこで、町が先買いをしないとならないし、そこまで詰めてきているそうですが、先買いをすると金が必要なので、どうしても合併特例債が必要となってくるそうです。特例債のスタートは、早くても平成17年か18年になる。そこでどうしても乖離があるし、どうしても町では出し切れない。今の状況は以上のようなことだそうです。

 道仏地区用途地区計画策定業務委託料は、平成16年度の仮換地が終われば峠ですが、そこで議員さんが了解していただければ、あとは造成するだけになる、こういう話も出されているところであります。

 都市計画道路春日部久喜線延伸業務委託料についてですが、春日部市から負担金として半額をいただくことになっているそうであります。

 春日部市は最初、区画整理事業で行っていく話であったが、その後、こちらに来られまして、宮代町と一緒にタイアップして都市計画道路として行いたい。また、下水幹線も走っていて、その利用形態で幹線上は何かに利用できないので、春日部市の方から負担したいと乗り気だそうであります。今後は協定を結んで調査し、概略設計まで行いたい。今の予定は、宮代町0.4キロメートル、春日部市0.9キロメートルだそうです。

 次に、予算書93ページですが、19節負担金、補助及び交付金は、協議会等に係る負担金が主なものです。このうち、下から5行目の道仏土地区画整理事業負担金1,000万円は、組合事業の国庫補助金該当事業費4,000万円のうち、俗に言う裏負担として町の負担率4分の1の1,000万円を県へ負担するものだそうです。

 94ページの道仏土地区画整理事業補助金は、町の補助要綱に基づいて助成されるものであります。

 次の耐震診断と改修工事補助金は、平成16年度の新規事業です。新基準は、昭和56年5月31日以前の建築物の木造住宅が対象です。診断は、県の耐震診断を受講されている町の建築士が行います。改修は1件20万円補助ですが、宮代町の業者をお願いする補助要綱になっているそうであります。

 次に、2目下水道費は、平成16年度予算7億5,289万円を計上し、前年度より1億163万5,000円の増額となっています。増の理由は、15節の排水管路整備工事として4,966万5,000円、28節の公共下水道事業特別会計繰出金6億9,877万7,000円の5,000万円を増額したためであります。

 15節工事請負費の排水管路整備工事は、新庁舎ができるため、排水対策として本田5丁目にボックスカルバート工事を行うための内容だそうです。

 28節繰出金の公共下水道特別会計繰出金5,000万円の増額の理由は、消火器の増と受益者負担金の減額に伴うものであるということです。

 3目公園費は3,859万6,000円の計上で、前年度より191万2,000円の減額です。予算の内容は、ほとんどがはらっパーク宮代の管理経費となっています。はらっパーク宮代は、平成16年、国体が10月23日から28日まで実施されますので、その後の利用として、都市計画で公園以外に使用できないので、国体後の活用方針を検討するために、1,000人分のアンケートを無作為で行う考えだそうです。

 そのほか、このはらっパーク宮代についてもいろいろと質疑があったのですが、駐車場が午後5時になるとぴたりと閉められてしまうことや、トイレの汚れや犬のふんの問題など、利用者に対しての問題点もいろいろと出されているところであります。

 今、説明した内容については、質疑を兼ねた中での説明ですので、十分ご理解願いたいと思います。

 あとは、視察の問題ですが、ちょうどこの日は雨に降られてしまいまして、土木としてはかえって天候が悪い方が内容的には間違いないところが見られたのかなと。個々にはどうのこうのはなかったのですが、修理箇所とか、新設箇所を全部見てまいりました。これから、あの工事が全部終われば、ある程度、皆さんも満足できる内容かなというようには思います。

 そういうことでの視察がありまして、土木関係の視察の内容しか報告しませんが、最後に、道仏地区土地区画整理事務所へ道仏地区の理事長以下5名の方が出席していただきまして、道仏地区の今の流れについて事細かく説明をしていただいたところであります。先ほども報告の中にあったと思いますが、平成16年度には予定しているそうですが、仮換地が終われば、工事がどんどん進むという話もされておりました。

 中身については省略いたしますけれども、そういうことで有意義な視察ができたなというふうに思っております。

 以上の内容ですが、建設土木委員会では質疑、討論等はなかったのですが、全員参加のもとで、この内容について賛成をしております。

 なお、以上の内容ですが、補足が各委員さんからありましたら、1人1回、1つぐらいずつ説明していただければと思います。

     〔発言する人なし〕



◆建設土木委員長(小河原正君) ないですか。

 それでは、そういうことで終わります。

 どうもありがとうございました。



○議長(小山覚君) これをもって各委員長の報告を終了します。

 これより各委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 丸藤議員。



◆10番(丸藤栄一君) 議席10番議員の丸藤でございます。

 私は、日本共産党議員団を代表して、議案第6号 2004年度、平成16年度宮代町一般会計予算について、反対の立場から討論いたします。

 本予算案は、政府が定める地方財政計画を忠実に実行するということであります。新年度の地方財政計画の規模は、三位一体の改革によって大幅に圧縮されているのが特徴であります。

 その中で、地方自治体が住民に提供する行政サービスにおけるナショナルミニマムを国が財政的に保障する制度である地方交付税を大幅に削減していることは、極めて重大であります。

 地方交付税は、前年度比で6.5%の減額。また、代替財源の臨時財政対策債は28.6%の減額で、両方を合計した実質的な地方交付税は、実に12.0%の大幅な減額となっています。このために予算編成が不可能となって、国への抗議を込めて赤字予算案を発表した自治体も出ております。

 また、新年度は、義務教育費国庫負担金や公立保育所運営費等の国庫補助負担金の一般財源化が実施されるわけであります。したがいまして、国庫補助負担金は法律に基づいて福祉や教育など、国民へのナショナルミニマムを国が財政的に保障する責任を負っている制度であるにもかかわらず、一方的な削減は国の責任放棄につながるものと言わざるを得ません。長引く不況から、地域住民の福祉の増進を図り、地域経済の活性化などの施策を図るために、地方財政の財源確保は急務の課題であります。

 このような国の悪政のもとで、宮代町の新年度予算は、町民生活を守る予算になっているかといいますと、残念ながらそのようになっていないのであります。

 まず、歳入についてであります。

 町税については、長引く不況やリストラ、失業、倒産などの影響により、個人町民税が前年比約8,600万円、5.9%の減と見込まれています。町民の暮らしにかかわる所得が大きな打撃を受けていることが明らかです。

 また、固定資産税は相変わらず負担調整措置によって、町民にとっては重い負担となっております。

 こうした町税での厳しい状況のもと、冒頭申し上げたとおり、宮代町では三位一体の改革により所得譲与税が創設され、5,800万円が税源移譲されますが、その一方で、国庫補助負担金や県負担金が約5,800万円の減となります。

 地方交付税については、前年比1億9,000万円の大幅な削減です。これは、国の地方財政計画での6.5%減よりも上回る9.5%の減を見込んだものとなっております。

 町債については、地方交付税が大幅に削減された上、その交付税の財源不足の振りかえであるところの臨時財政対策債が5億6,500万円となっていますが、三位一体の改革による影響により、約1億1,500万円もの減額が見込まれています。これら三位一体の改革による一般会計への影響額は約3億円もの大幅な削減となりました。

 減税補てん債は、新年度分が5,000万円と、95年度、96年度発行分の減税補てん債の借換債7億2,000万円とあわせ、7億7,000万円も見込まれております。これらについては、本来、国の責任で措置すべきものでありますが、これらを地方に転嫁しているという点でも問題であります。

 加えて、保育料は、相変わらず国基準の80%までを口実に値上げし、また、前年度の進修館使用料の値上げに加え、新年度はこれまであった減免措置も廃止されるという、町民にとって負担の重くなる厳しい内容となっております。

 次に、歳出についてであります。

 総務費では、まず、合併推進事業であります。新年度予算では1,964万円見込まれております。もちろん、合併の是非を問う住民投票については異論のないところであります。しかし、春日部市を含めた1市3町による合併協議が既に14回開催され、新市の中身が明らかになってきました。新市では、住民サービスは宮代町がこれまで行ってきたものとそれほど変わらない中で、住民への負担だけは重くなるという内容であります。これは、合併問題に対する町民の願いとはかけ離れたものとなっております。今後、合併公約も発表されますが、住民投票に向け、合併ありきではなく、町としてもあらゆる情報を住民に提供するよう求めるものであります。

 交通安全対策費関連では、地域住民の交通安全を保障するため、生活道路の対策に本腰を入れることが求められます。とりわけ、幹線道路として大型車の通行が激しく、かつ、地域住民の暮らしにとっても重要な道路としてかちあっている場合、住民の通行が著しく脅かされている箇所の対策は待ったなしであります。関係各機関に積極的に働きかけることを求めるものであります。

 公害対策費では、ごみの不法投棄対策に力を入れるべきであります。耕作放棄された農地など、ヨシが生い茂ったりして人の目が届かないようになると、不法投棄の格好の場所になります。捨てられる前に対策をとらないと、ごみがごみを呼ぶことになりかねません。

 また、県の補助が廃止されたことにより、ダイオキシン測定地点を3カ所から2カ所へ縮小しますが、独自の予算計上で測定を続けるべきであります。

 防犯対策費のうち、地区管理の防犯灯もすべて町の管理とし一元管理することは、我が党が一貫して主張してきたところであり、評価するものであります。

 防災対策費では、この中での予算化ではありませんが、都市計画費で一般住宅の耐震診断と耐震工事への補助制度を導入するとのことです。昨年の予算審議の際にも申し上げていますが、私どもの主張してきた政策が前進したところであります。日本全体が地震活動期に入ったと言われているとき、防災対策を抜本的に強化する必要があります。

 戸籍住民基本台帳費では、住民基本台帳ネットワークの問題があります。町は国に合わせてシステムスタートと同時に接続したのですが、国が国民を一元管理することの是非を国民的討論にかけることなく、国の言うままに推進することには反対であります。

 次に、民生費の児童福祉費では、福祉医療センター内に開設した宮代保育園の定員を60人から70人に拡大し、一時保育や障害児保育、病後児保育などの新たな事業と、国納保育園に続いて子育て支援センターを運営することは評価するものであります。

 乳幼児医療費助成制度については、県でも本年10月から通院費の無料化を4歳まで拡充するとのことであります。県内の町村段階では80%の自治体が入院、通院費を就学前まで無料化しております。町においても、安心して子供を産み育てられる環境を整えるために、小児医療費助成制度のさらなる充実を求めるものです。通院費7歳までの無料化と窓口払いの廃止を求めるものです。

 社会福祉費では、福祉交流センター陽だまりサロンの月1回の土曜日開館は、子供の情操教育、高齢者の安らぎ場所の充実と評価します。今後は、高齢者や児童が身近に利用できるよう、各学校区に開設することを求めるものです。

 また、障害者福祉については、昨年、障害者支援費制度として、介護保険と同様に措置制度から利用者の直接の契約制度に変わりました。制度は、福祉サービスの確保は原則として障害者個人の責任とされ、行政の責任を大幅に後退させるものであります。自由に選択できるという政府のうたい文句どころか、在宅、施設ともにサービスが圧倒的に不足しているのが現実であります。これまでどおり負担能力に応じて支払う仕組みが維持されましたが、障害者、家族の負担が増大する心配など、問題点が残されております。

 福祉タクシーの増額などが見られますが、制度の改定により、これまでのサービスの後退が起きないよう、行政の取り組みを求めるものです。

 老人福祉費については、昨年、敬老会への招待年齢を70歳から順次75歳に改定され、新年度は200人分が減少しています。2001年度からの長寿祝い金支給事業の改定とあわせ、お年寄りのささやかな楽しみを奪うものであり、以前の制度に戻すことを求めます。

 衛生費では、基本健診受診率の向上とあわせ、保健師、栄養士による訪問指導の実施など、評価するものであります。乳がん検診のマンモグラフィー検査対象年齢の引き下げなどの充実と、新たに前立腺がん検診の追加を求めるものです。

 医療福祉センターは開設半年と、まだ検証する時点ではありませんが、高齢社会が進む中で、初期診療と休日、夜間救急医療などを含む医療施設、介護老人保健施設、保育所などを複合した施設として、町民の健康と命を守る保健、医療、福祉の地域医療拠点の確立に向け、町民の声が反映できるよう、さらなる運営の充実を求めるものです。

 農林水産業費では、国の減反政策を容認し、そのまま受け入れる内容であります。2004年度から米政策が変わり、減反面積の割り当てから、つくる米の量を割り当てるやり方になりますが、国内産をなるべくつくらせないという基本は変わりません。

 商工費では、今年度に中心市街地活性化事業のTMO立ち上げを行いました。商店街再生の活動に期待するものですが、現実に次々と廃業に追い込まれていく中で、地域住民の暮らしを支える視点で、手だてをどのようにとっていくのか。それは行政に課せられた大きな課題でもあります。ここに力を入れて研究を始めることを求めるものです。

 教育費では、2004年度計画で小学校の補助教員を町独自で採用し、小学校1、2年生、中学1年生で35人の学級編制が実施されます。これまで私どもが子供たちが学ぶ喜びと確かな学力をつけるために、また、教師も一人一人の生徒に目の行き届いた授業ができる少人数学級編制をと主張してきたもので、30人学級への第一歩として高く評価するものです。

 また、児童・生徒の安全を守る対策として、すべての小学校、中学校に高齢者事業団に委託し、警備員を配置する取り組みも評価できるものです。

 小・中一貫教育については、全町に広げる方針でありますが、昨年から取り組まれた須賀小・中での小・中一貫教育事業は、基礎学力の確かな定着や英会話を中心にした教育活動を小学校から継続的に進める学校行事の共同開催などの取り組みが始まったばかりで、まだ課題も多く、成果も出ていない段階であります。学校自由選択制もそうですが、学校での主人公である生徒や教師からの要求から出てきた事業ではなく、国の政策であり、学校間の競争で格差を生じる特色ある学校づくりとして取り組まれたもので、子供や教師、地域にとってどうなのか、検証する必要があります。

 新規事業である町民みんなが先生推進事業は、町民のさまざまな知識の活用や地域文化の継承と交流を広げるものであり、実効ある取り組みに期待するものです。

 また、昨年度、小・中学校で30人にもなっている不登校児対策は、さわやか相談員や和戸公民館でのフレンドルーム開館日の増設などで対応していますが、さらなる取り組みとして、不登校児の教育を公的に保障する教師の訪問教育やフリースクールなど、不登校児の立場に立った多様な施策が求められています。

 経済的理由により就学が困難な家庭に支給される就学援助費も、経済的影響から予算の増額が計上されていますが、義務教育を保障すべき国からの補助金は規定の配分がされていません。国や県に対しての対応も明確にすべきであります。

 社会教育費では、これまでの社会同和教育事業が人権教育推進事業と名称は変更されましたが、相変わらず人権問題の中心を同和と位置づけられています。県からの支出金が毎年減額され、2004年度はついにゼロになりました。それでも、町はこれまでどおり、同和協議会等に負担金を交付しています。これは、国や県の同和事業を人権問題一般として取り組むとする方針に照らしても問題であります。同和事業は、平成14年度をもって地域改善財政特例法は終結した。今後は、同和のさまざまな特別対策が一般施策へ移行し、終結することとする立場に立った行政の明確な対応を求めるものです。

 公民館費については、高齢化社会を視野に、生涯学習の拠点として、身近な地域の人たちのニーズに沿った対応と学校完全週5日制の地域での児童の活動拠点としての役割を重視すべきであります。そのためにも、設備と人員配置の早急な充実を求めるものですが、新年度の予算は改修工事などの取り組みは見られますが、備品の購入は予算の項目からも削除されています。

 また、いつでも気軽に利用できる公民館機能として職員の配置など、いまだに改善の方向が見られません。他市町公民館と比較して大きくおくれており、大幅な予算の増額で機能の拡充を求めるものであります。

 最後に、職員の増員の問題であります。宮代町では職員が少ないために、長時間勤務が余儀なくされているということ。組織的な体制そのものは前年度につくられていますが、超過勤務については前年比でマイナス240時間、額で392万円という努力目標であります。宮代町での新年度の大きな事業である合併と、国体関係だけでも相当な時間が費やされると予想できるわけであります。少数精鋭も結構ですが、一般職員はもちろんのこと、超過勤務としてあらわれてこない参事や課長、主幹クラスの健康についても、総体的に前年比1人増だけでは心配であります。きちんと職員の増員を図るべきであります。

 以上の点を指摘し、本案に対する反対討論とします。私ども日本共産党議員団は、町民と協力、協働の和を広げ、町民の暮らしと福祉、教育を優先し、何よりも住民の声が生きる町政に切りかえるために、2004年度も引き続いて全力で取り組むことを表明して討論を終わります。

 以上です。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 横手議員。



◆14番(横手康雄君) 14番の横手です。

 平成会を代表いたしまして、賛成の立場で討論をいたします。

 地方自治体を取り巻く財政状況については、長引く不況により税収の落ち込みや地方交付税の減額など、依然として厳しい状態が続いております。

 とりわけ、三位一体の改革が進められている中、地方自治体にとってはより一層の自立的、かつ、効率的な行財政運営が強く求められております。

 本町における平成16年度一般会計予算においては、国の改革情報や県等の見直し情報などを的確に把握し、当初予算に反映されていると言えます。このため、歳入が大幅に減額となりますが、各種基金、約18億円を積極的に活用するとともに、大幅な国庫補助負担金の削減が行われる中、可能な限りの特定財源の確保に努め、また、借入金につきましては、平成15年度は約20億円あったわけでございますが、平成16年度は14億円となっております。必要最低限にとどめているものと考えております。

 そうした中、平成16年度は「彩の国まごころ国体」の開催を初め、町民サービスの拠点で、防災基地としての役目を果たす町庁舎建設の開始があります。あすの宮代町を左右する合併問題に対する適切な対応等、約50年に及ぶ町の歴史の中で、宮代町として記念すべき、かつ、大きな転換の年となるものと思われます。

 このような状況の中、平成16年度予算におきましては、宮代町ならではの特徴的な施策が数多く盛り込まれている予算であると評価いたします。

 まず、福祉の分野におきましては、宮代保育園における一時保育、病後児保育、町内2カ所目の子育て支援センターの業務開始など、積極的な子育て支援を図っていること。

 環境の分野におきましては、環境マネジメントシステムをより効果的に運用するための環境会議の設置など、環境への積極的な取り組みを前進させていることでございます。

 また、町が進めております「農」のあるまちづくり、この拠点施設である新しい村の機能及び施設の充実を図っていることです。

 教育の分野におきましては、町内小学校1年、2年生及び中学校1年生に対する35人学級を編制し、町独自のきめ細かな学習指導体制の整備が図られていることともに、町内全小・中学校に警備員を配置するなど、安全対策への取り組みを、教育の町にふさわしい数多くの施策を教育の分野で盛り込まれていることであります。

 都市基盤の整備でありますが、いわゆる圏央道の側道としての機能を持つ都市計画道路備中岐橋通り線整備事業を初めとする都市基盤整備を図るとともに、県と連携を密にした成果として、宮代町を縦断する都市計画道路宮代通り線及び都市計画道路新橋通り線などの見通しが、道仏地区の区画整理の進捗に合わせて着実に進められていることなど、あすの宮代町にとってはならない道路整備が目に見える形で進んでいることでございます。

 以上、環境、福祉、教育、そして都市基盤の整備が調和のとれた形で盛り込まれている平成16年度一般会計予算となっております。

 なお、つけ加えさせていただきますと、対住民職員数が県内ではトップレベルの少数である中、今後とも職員の健康管理とあわせ、限られた人員と資源の中で最大の効果を上げることに努めていただきたいと思っております。

 以上のことを申し上げまして、議案第6号 平成16年度宮代町一般会計当初予算につきまして、私の賛成討論とさせていただきます。

 以上です。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 木村議員。



◆5番(木村竹男君) 5番の木村です。

 議案第6号 平成16年度宮代町一般会計予算案について、賛成の立場から討論いたします。

 平成16年度における町財政については、長引く不況により町税の落ち込みに加え、国と地方の財政構造を抜本的に見直すため、いわゆる三位一体の改革の影響などもあり、地方交付税等の大幅な削減が見込まれております。

 また、公債費も非常に高い水準で推移するなど、依然として厳しい財政状況にあると言えます。

 地方財政計画においても、3年連続してマイナスとのことであり、現在進められている三位一体の改革は地方自治体にとって大変厳しい改革内容と言わざるを得ません。

 しかしながら、今の財政状況から脱却するためには抜本的な改革が必要であり、また、改革なくしてはこの困難を乗り切ることは極めて厳しいものと考えているところであります。そのためにも三位一体の改革は必要であると考えますし、国庫補助金や地方交付税の削減が先行することなく、地方への財源移譲とあわせてバランスよく実現されなければならないと考えております。

 平成16年度は暫定的とはいえ、税財源移譲が行われることは改革の第一歩として一定の評価はするものの、地方にとって納得できる改革が進められることを期待するものであります。

 本町の平成16年度一般会計予算案については、このような状況の中にあって、国・県の改革や見直し、情報を的確に把握するとともに、基金を有効活用することにより、町の基本的方針であります「農」のあるまちづくりを着実に推進し、また、町民への各種サービスの堅持、あるいは拡充するなど、町民の視点に立った前向きな予算となっております。

 とりわけ、ソフト的な事業では、新たな取り組みとして、小・中学校における35人学級編制の関連予算が計上されております。今まで以上にきめ細かな学習指導による成果が期待されるところであります。

 さらに、この4月から宮代町市民参加条例の施行に当たり、市民参加推進強化委員会を設置するなど、町民と行政が一体となってまちづくりを展開していく予算なども盛り込まれております。

 また、防犯対策では、ご存じのとおり、各地で小学校への不審者や侵入者、通り魔的な犯罪が発生しております。宮代町では、大阪の池田小事件が発生したことを教訓として、全校生徒に防犯ブザーを配布するなど、近隣市町に先駆けた素早い対応が行われたところであります。

 平成16年度には、各小・中学校に監視員を配置し、不審者が学校内に侵入しにくい環境づくりに取り組むということであり、子供たちの安全の確保と保護者の方々の不安の解消につながるものと考えております。

 また、昨今の地震災害では、家屋の倒壊により多くの死傷者が出ており、大変悲しいことと言わざるを得ません。いつ、何どき発生するかわからない地震による災害は最小限にとどめたいものであります。

 平成16年度においては、一般住宅を対象とした耐震診断と耐震補強工事を積極的に支援するための新たな補助制度が予算化されております。これらの新規事業は町民の生命と財産を守るための事業であり、高く評価できるものであります。

 そのほか、従来の高齢者福祉や障害者福祉の各種事務事業に加え、公設宮代医療福祉センター六花における子育て支援センター開設や病後児保育、一時保育などを開始するほか、民間保育における12時間保育への支援など、福祉関連施策についても配慮した予算であるとうかがえるものであります。

 次に、ハード面の事業ですが、和戸地区姥ケ谷落整備が最終年度を迎えます。憩いと潤い、豊かな空間づくりのみならず、防火にも視点を置いた緑地整備など、自然と調和を重ね備えた道路整備が平成16年度に完了すると聞いております。

 さらに、都市計画道路備中岐橋通り線の整備事業や都市計画道路春日部久喜線の春日部方面への延伸計画など、広域的な道路網の整備の予算も盛り込まれております。今後のまちづくりに寄与する道路として、大いに期待するところであります。

 また、山崎山環境整備では、「農」のあるまちづくりの基幹事業として平成10年度から整備が進められてきましたが、いよいよ事業の最終年度として、水辺整備や集道整備が予定されております。将来を担う子供たちに残す町の貴重な財産として限られた財源の中、特定財源を確保しながらの事業の推進ではないかと思われます。ぜひとも、山崎山周辺の環境整備の早期完成を願うものであります。

 最後に、平成16年度は合併をするのかどうか、町民にとっても、また、議会にとっても大きな選択を迫られる年であります。町民の意識をしっかりと認識するための住民投票の実行予算が関連条例とあわせた予算計上をされております。町の状況を認識し、そして将来を見据えた正しい選択をしていきたいものであります。

 平成16年度予算は大変厳しい財政状況の中にあって、町民が望む環境、福祉、そして教育を柱にした積極的な予算と評価するところであります。このようなことを申し上げまして、議案第6号 平成16年度宮代町一般会計予算案についての賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(小山覚君) ほかに討論はありますか。

 高柳議員。



◆8番(高柳幸子君) 8番の高柳です。

 平成16年度宮代町一般会計予算案について、賛成の立場で討論を行います。

 我が国の経済状況は依然として厳しい状況にあります。地方財政の参考指標となる地方財政計画の規模は3年連続して前年規模を下回り、前年比1.8%のマイナスとなっております。

 また、国庫補助金、税源移譲、地方交付税のいわゆる三位一体の改革が進む中、地方交付税の大幅減など、地方財政は一段と厳しさを増してきております。

 こうした厳しい状況下、予算編成された宮代町一般会計予算は100億8,900万円で、対前年比0.03%の増、本年12月完成が予定される新庁舎建設事業を初めとする主要事業及び新規事業が推進され、町民の安全確保、福祉、環境、教育の向上に積極的な取り組みを評価し期待するものであります。

 まず、歳入については、町税での個人町民税は前年に引き続き景気の低迷と高齢化など、納税者数の減少などで前年比5.9%減、8,600万円の減額となっております。

 地方交付税では、前年比9.5%の減、1億9,000万円の大幅な減額となっております。

 こうした厳しい財政環境を支えたのは、これまでまちづくりを計画的に進めるため、適正規模を確保してきた基金であり、財政調整基金など各基金の積み立て活用による繰入金18億3,194万円であります。

 また、これまで基金については議論のあったところでございますが、大変な今日を見据え、本町の財政構造等を考慮し、基金の適正規模を確保することについては、町民に対する財政の健全運営を果たし得たものと考えるものであります。

 歳出につきましては、第3次総合計画4年目、総合計画に掲げました「輝き、慈しみ、創出」の各分野における施策の実現に向け取り組むとされ、子育て支援推進事業は、子育て支援センター、一時保育、病後児保育など、子育て支援を充実することで、家庭における子育てと地域における子育ての新しい仕組みが構築されます。子育ての孤立化を解消し、安心して子供を産み育てる環境が整いますことから、高く評価します。

 また、ブックスタートは、絵本を通して豊かな親子関係をはぐくみ、乳幼児の穏やかな発達を図ることも大変重要なことであります。

 市町村合併推進事業は、住民投票実施に当たり、十分な情報の提供を要望します。

 道仏地区土地区画整理事業は、新たな人口の受け皿、また、若い世帯の定住意向にこたえるため、魅力ある住環境の整備促進が期待されます。

 また、待たれる都市計画道路整備事業の促進を願うものでございます。

 一般住宅耐震対策事業は、耐震対策の関心の向上に期待します。

 少人数学級推進事業による学習能力の向上と生活指導の改善がより一層図られますことを要望します。

 小・中学校安全対策事業の推進では、高齢者事業団による警備員の配置も、不審者の侵入を警戒し、子供たちの安全確保に期待し評価します。

 国民体育大会開催推進事業は、町民総参加を目指し、大成功を願うものでございます。

 山崎山周辺環境整備事業、新しい村管理運営事業は、「農」のあるまちづくりの拠点施設であります新しい村の機能と役割を高めるとともに、地域産業の活性化を図ることで、自立性の高いまちづくりが形成されますよう強く要望いたします。そして、町民の皆さんの誇れるものとなることを期待します。

 環境に優しいまちづくりは大変に大切です。私の好きなケニアのことわざの中に「地球を大切にしなさい。それは親からもらったものではなく、子供たちから借りているものだからだ」とあります。当町は環境の国際規格ISO14001を他市町に先駆け取得いたしました。環境マネジメントシステム推進事業は、今年度は住民で組織する環境会議を運営し、町民、事業者、生産者、町の三者が環境基本計画に基づく環境づくりの目標に向かって共同で取り組み、実践行動を行うことにより、さらなる環境意識の向上が図られ、特に評価するものでございます。

 新庁舎の建設も、太陽光発電や雨水利用システムなど、さらなる環境付議の提言を図るとなっており、循環型社会への取り組みがなされております。

 以上の事柄を申し上げまして、平成16年度一般会計予算案に賛成するものです。

 以上で終わります。



○議長(小山覚君) ほかに討論はありますか。

 西村議員。



◆3番(西村茂久君) 3番、西村茂久でございます。

 ウェーブの会を代表いたしまして、平成16年度一般会計予算に対しまして、賛成の立場から討論を申し上げたいと思います。

 私どもウェーブの会は、常に町民の立場に立つということを前提にして、今回の予算が果たして町民の思いにこたえているか、あるいは、利益にかなっているのかどうかという立場から考えて、賛成ということで、これから討論を申し上げます。

 まず検証の基本なんですがこの検証の基本は予算編成の基本的姿勢であって、それが事業として、また数字としてどういうふうに反映されているかというところにあると思っております。たとえ部分において不十分、不満があったとしても、それが全体予算の中で決定的なものでない限り、反対の立場はとれない。反対討論の中でありましたけれども、その内容について幾つか同意をする、つまり同じ意見を持つということはありますけれども、私どもがこれまでずっと一般会計の予算を見た限りにおいて、その内容において不十分なものもあれば、首をかしげるものも確かにあります。

 ただ、先ほども申し上げましたように、それは意見として、あるいは要望として次年度の、あるいは補正予算の中で反映していただくということを期待をしております。

 さて、平成16年度一般会計予算について申し上げます。

 まず、その基本姿勢ですが、国財政及び国民経済が極めて厳しい状況にある中で、合併問題を視野に入れて、財政の健全性の確保に留意しつつ、予算の重点化と効率化、そして具体的には生活者の目線に立って、環境、福祉、教育に配慮した優しさのある行政運営を目指した予算となっているかどうかであります。

 1つに、その立場で見た場合に、財源捻出のために経常的経費の見直しがかなり進められているということが見受けられます。

 2つに、まちづくりの基礎となる事業、まちづくりの基本を支える事業、そして、まちづくりの特徴を生み出す事業が適正に配置された予算となっております。

 冒頭申し上げるのを忘れたのですが、私は、この賛成討論に当たって、個別事業にあえて触れることはいたしません。かなり大ざっぱといいますか、全体を見ながら申し上げております。

 そういう意味で、ただいま申し上げたように、宮代町の特徴を生み出す事業として、今回配置された予算になっておりますけれども、将来を見据え、しかも基金を使わざるを得ない厳しい財政を背景としながらも、職員の英知と工夫が随所に見られるという予算ということで評価をいたしております。

 安心の拠点であります六花の機能を最大限に発揮させるとともに、健康をはぐくむ保健予防の推進、障害者の自立と社会参加のための施策と事業、次世代育成支援のための子育て支援センターを初めとする他の市町に誇れる事業の展開があります。

 教育では、学校教育における不登校の対策、小・中一貫教育推進、町民みんなが先生推進、小・中学校の35人学級の編制、家庭・学校・地域ふれあい事業等、斬新的な事業も組み立てられております。

 安全で潤いのある町とするため、防犯対策では、一般住宅に対する耐震診断、あるいは防犯活動では防犯灯の町管理への移行、交通安全、都市基盤整備では、継続促進のために予算化が図られております。

 また、活力と魅力を増すために、新しい村を拠点とする「農」のあるまちづくり、人と自然、都市と農村が共生する取り組みが予算面に盛られています。何よりも地方自治の原点であります市町村のまちづくりの視点が不十分であるとはいえ、貫かれていることです。

 市民参加条例に基づく各種の審議会での公募委員制度であります。町民と行政の情報共有化、政策決定プロセスの透明化等、開かれた町政、町民本位の町政を実現するに当たって、これは大きな前進ととらえております。

 多々ありますけれども、以上申し上げたことを踏まえて、議案第6号 平成16年度宮代町一般会計予算に賛成をいたします。



○議長(小山覚君) ほかに討論はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第6号 平成16年度宮代町一般会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(小山覚君) 挙手多数であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 ここで休憩します。



△休憩 午後2時32分



△再開 午後2時45分



○議長(小山覚君) 再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第3、議案第7号 平成16年度宮代町国民健康保険特別会計予算についての件を議題といたします。

 本件について、委員長の報告を求めます。

 町民経済委員長。

     〔町民経済委員長 加納好子君登壇〕



◆町民経済委員長(加納好子君) 4番、加納です。

 過日、本会議の中で町民経済委員会に付託されました議案第7号 平成16年度宮代町国民健康保険特別会計予算審議の結果をご報告申し上げます。

 予算書の147ページをお開きください。

 歳入歳出ともに26億3,864万8,000円で、前年比2億4,461万1,000円、率にして10.2%の伸びとなりました。

 歳入の主なものを申し上げます。

 第1款国民健康保険税9億4,248万3,000円で、全体の35.7%を占めています。

 第2款国庫支出金8億820万2,000円で、全体の30.6%です。

 第7款繰入金4億5,523万3,000円で、全体の17.3%で、これは25.1%の増です。

 保険税は、所得の低い方、企業離職者の増加による被保険者数の伸びによるものだそうです。平成14年、平成15年の平均的伸び率を推定し計上したそうです。

 繰入金については4億5,523万3,000円のうち、その他一般会計繰入金が大半を占めており、3億2,080万6,000円となっています。

 一方、歳出については、次のページ、148ページですが、第2款保険給付費17億1,047万3,000円、前年比11.4%の増となっていまして、これは、全体の64.8%を占めています。

 第3款老人保健拠出金6億1,535万8,000円、全体の23.3%です。

 第4款介護納付金1億6,288万5,000円、これが全体の6.2%を占めておりまして、2款、3款、4款の合計で全体の94.3%になります。

 以上が総体的な概要です。

 では、149ページをお開きください。

 第1款国民健康保険税、1目一般被保険者国民健康保険税は7億4,482万3,000円、前年比2,185万7,000円で、3.2%の増です。

 2目退職被保険者等国民健康保険税は1億9,766万円で、前年比2,149万1,000円、12.2%の増になりました。この増の理由は、平成14年10月から老人保健対象者が75歳からとなったことに伴い、退職者の増加が重なり増となっているとのことです。

 第2款国庫支出金、第1項国庫負担金、1目療養給付費等負担金は7億6,901万5,000円で、前年比5,606万7,000円の増で、これは国からそれぞれ40%おりてくるものです。

 事務費負担金は▲になっていますが、国の三位一体改革で、介護保険事務費の方が一般財源化されたのでなくなったそうです。

 第3款療養給付費等交付金は2億9,889万8,000円、3,260万円の増で、率にして12.2%です。これは、退職者医療療養給付費等を支払基金から交付されるものです。

 第4款県支出金、第1項1目高額医療費共同事業負担金は、歳出に対する4分の1を県が負担するものです。

 第2項県補助金、1目国民健康保険事業補助金の147万5,000円は、健康診査、人間ドック等の国保で行っているものを、県が3分の1の補助をするものです。

 続いて、151ページ、第5款共同事業交付金は3,535万4,000円で、前年比330万6,000円の減額で、これは高額医療費の一部を埼玉県国民健康保険団体連合会からもらっているとのことです。

 共同事業交付金については、国と県と連合体からそれぞれ交付されるものです。

 第7款繰入金、1目一般会計繰入金は1節から6節までの合計で4億5,523万2,000円です。前年比1億7,367万1,000円の増額になります。

 152ページの第1項基金繰入金、1目支払基金繰入金は、全額取り崩す予定なので、科目設定です。

 ここで質問がありました。「徴収率90%はどう解釈したらいいのか」ということなのですが、90%を維持するのは非常な努力を要しているということで、これからも1件1件の状況を見て、丁寧に当たっていくとのお答えでした。

 12月が保険証更新の時期なので、助役を本部長にして、一斉に臨宅徴収を実施しているが、なかなか会えない家もあるということです。年間を通じて努力をしていると、委員会では受け取ることができました。

 歳出に移ります。

 155ページ、第1款総務費、第2項徴税費、1目賦課徴収費は1,084万5,000円で、33万7,000円の増です。これは、納税通知等の増によるものです。

 第3項運営協議会費について、委員の新陳代謝を図ってほしいとの要望が委員よりありました。今回、欠員の枠を公募するということがわかりました。女性が入っているというのはいいことだという感想もあったところです。つまり、女性、男性、さまざまな年代の方が論議を重ねることが大切との意見がありました。

 156ページ、一番下の欄です。

 第2款第1項1目一般被保険者療養給付費は10億3,759万8,000円、前年比1億506万4,000円で、率にして11.3%の増となりました。循環器系の病気に高額な医療費がかかり、また、がんなどの病気の増も給付費の伸びの背景の一つとなっている模様です。

 ちなみに、人工透析を受けている人は16人くらいだそうです。

 2目退職被保険者等療養給付費は4億5,933万円で、前年比4,327万1,000円、率にして10.4%と、これも大きな伸びを示しております。

 第2項高額医療費、1目一般被保険者高額医療費は1億2,269万円で、前年比1,242万3,000円で、11.3%の増です。

 2目退職者被保険者等高額医療費は3,194万2,000円で、前年比1,002万2,000円です。実績で多くの金額を計上したそうです。1人で総医療費が340万円ほどもかかった人がいたということでした。

 158ページになります。中段をごらんください。

 第5項葬祭諸費、1目葬祭費です。総額1,800万円、前年比400万円です。これは1件10万円で、40件分の増を見込んでいます。

 第4款介護納付金は1億6,288万5,000円で、975万1,000円、6.4%の増です。

 159ページに移ります。

 第5款共同事業拠出金は5,734万2,000円で、前年比3,645万4,000円、率にして174%の増です。これは、平成15年から制度が変わり、9月に補正を組んだところです。埼玉県でかかった医療費の宮代分に、平成16年度の拠出金の合計額を掛けたものだそうです。

 第6款保険事業費です。1目疾病予防費は248万円、前年度比マイナス432万4,000円となっています。5年間の継続事業が終わり、国の補助がなくなったからということです。説明欄の基本健診委託料、胃がん検診委託料ともに40歳未満の方が対象です。

 基本健診の費用ですが、8,200円掛ける40人分。胃がん検診は4,283円掛ける30人分です。

 説明欄下段の人間ドック受診補助は、2万5,000円掛ける80人を見込んでいるとのことです。平成15年度は30件だそうです。

 なお、年に1回、人間ドック、脳ドックのどちらかを選択して補助を受けられるとのことで、高額でありますから、なるべく受けたいものだというような意見交換がありました。

 費用削減はできないかということで、費用削減の対策としては、なるべく重複受診を避けるとの提案がありました。1人の人が何回か、同じような種類のものを受けるということもあるようです。

 160ページ、3目保養所費について、何人利用者があったかの質問がありました。609人が利用したそうで、そのうち国保の利用者は475人だそうです。

 ほかに、「資格証明書、短期被保険者証についての最近の状況を聞きたい」という質問がありました。資格証明書は、1年間保険料を納めない人に資格証明書を発行するというものですが、現在の宮代町については、窓口に来たときや、保険証更新のときなどに分割で納めてもらう約束をしたり、分納証明書を本人が書いたりしていただければ、資格証明書を発行していないということです。

 短期の被保険者証は、平成14年度で2件ありましたが、平成15年度については今のところないそうです。

 短期被保険者証の発行条件は、誓約書を書いてもらう。誓約書を書くのを拒んだり、誠意を見せなかったりと問題はありますが、原則として資格証明書を出すのが本来の目的ではなく、あくまで納めてもらう、他の人との平等性の確保が原則ということなので、できるだけのことはしているということでした。

 さらに、「払う気持ちがあっても、出すお金がないというぎりぎりのときは」の質問がありまして、そういうときは誓約書を書いていただくが、状況が変わったら納めてください、そういうことなら短期証明書を発行となりますということです。定期的に顔を出して状況を知らせてくださいということでした。

 それから、「平成10年に保険料を18%値上げしたとき、制度がえ繰り入れの基準を設けましたが、それはまだ生きていますか」という質問には、一応4,000万円を基準としているということでした。

 以上のような審議経過がありまして、町民経済委員会に付託されました議案第7号 平成16年度宮代町国民健康保険特別会計予算について討論に入りました。賛成討論2名、続いて採決に入りました。挙手全員でありました。

 よって、付託されました案件は原案どおり可決されました。

 なお、委員さんから補足がありましたらお願いいたします。

     〔「なし」と言う人あり〕



◆町民経済委員長(加納好子君) ありがとうございました。



○議長(小山覚君) これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 飯山議員。



◆16番(飯山直一君) 16番、飯山です。

 議案第7号 平成16年度宮代町国民健康保険特別会計予算につきまして、賛成の立場で討論いたします。

 国民健康保険は、国民皆保険体制の中核として、社会保障制度の重要な役割を担い、地域医療の確保と住民の健康増進に大きく貢献してきたところであります。

 しかしながら、急速な高齢化の進展に伴う老人医療費の増嵩、保険税負担の困難な無職者や低所得者の増加、加えて長引く経済情勢の低迷等による保険税収入の減少により、国保の財政運営は極めて逼迫した状況に直面しております。

 このような状況の中で、国においては、さきの社会保障審議会医療保険部会において、市町村国保の統合、再編を進めるに当たっての指針の検討状況を報告したところであります。その中で、厚生労働省は都道府県単位を軸とした保険運営を目指し、医療費の水準が同程度である保険者の場合には、保険税も同じにするといった基本的考え方を示したところであります。

 また、保険者の再編、統合議論の先には、高齢者医療制度の議論が待ち構えているところでありまして、昨年閣議決定された基本方針のポイントが、再編、統合後の保険者が新たな高齢者医療制度を担うという点にあり、市町村保険者を前提に議論が進められるかどうか、高齢者医療制度の議論の進め方につきましても注目されているところであります。

 当町の平成16年度国民健康保険特別会計予算の歳入においては、長引く不況の影響等もあり、国保税算定の基礎となる1人当たり基準総所得金額につきましては、伸びが期待できない状況であります。

 また、国庫支出金につきましても約8.7%の増となっておりますが、医療費の増加に伴うものであり、国庫負担率の変更はなく、今後とも財源の確保はより一層の厳しさを増していくところと考えるところであります。

 次に、歳出では、全体の64.8%を占める保険給付費におきましては、前年比11.4%の増ということで、医療技術の進歩、高齢化の進展に伴う財政負担の傾向は今後ともますます厳しい状況が続くことになると思われます。

 こうした医療費の増加、長引く不況の中、不足する財源として、引き続き制度がえ分の一般会計からの繰り出しをいただくものと聞いております。

 医療費適正化対策につきましては、レセプトの点検、調査に専門員を置くことにより点検体制の強化を図り、健康優良家庭の表彰につきましても、健康に対する普及活動につながるものと考えるところであります。

 保健事業につきましても、人間ドック及び脳ドックの受診者への助成件数をふやし、また、国保被保険者に対しての基本健診、胃がん検診などを実施することとしていることなど、健康保持、疾病予防の観点から被保険者のサービス向上が図られているところであります。

 今後も国保財政の安定的運営を図るため、なお一層の財源の確保に努力されることを希望いたしまして、本案について賛成するものであります。

 終わります。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第7号 平成16年度宮代町国民健康保険特別会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(小山覚君) 挙手全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第4、議案第8号 平成16年度宮代町老人保健特別会計予算についての件を議題といたします。

 本件について委員長の報告を求めます。

 町民経済委員長。

     〔町民経済委員長 加納好子君登壇〕



◆町民経済委員長(加納好子君) 4番、加納です。

 過日、本会議にて町民経済委員会に付託されました議案第8号 平成16年度宮代町老人保健特別会計予算の審議につきまして、結果をご報告申し上げます。

 予算書175ページ、歳入から申し上げます。

 第1款支払基金交付金15億878万2,000円。これは前年比5,550万4,000円で3.5%の減です。

 第2款国庫支出金5億7,414万5,000円、前年比1億2,924万6,000円の増。

 第3款県支出金1億4,340万5,000円、前年比3,230万2,000円の増。

 第1款、第2款、第3款で全体の96.7%を占めます。

 一方、176ページ、歳出におきましては、第2款医療諸費22億8,317万1,000円、前年比5,226万3,000円の増。これだけで99.2%になります。

 177ページ、歳入の部の審議内容です。

 第1款支払基金の中の医療費交付金14億9,912万4,000円、前年比5,632万4,000円の減額となっています。これは、平成14年度から医療費制度が変わり、負担割合が変わったことによるそうです。

 第3款第1項1目一般会計繰入金は7,554万2,000円で、5,236万9,000円の減です。繰り入れの内訳は、医療費繰入金5,736万3,000円、事務費等繰入金1,817万9,000円です。

 179ページ、歳出の部の審議内容です。

 第1款総務費、1目一般管理費、13節委託料の電算委託料223万8,000円は、老人保健システムを電算入力したのが50万円ほどふえたことによるものだそうです。

 同じく委託料のレセプト点検委託料264万1,000円は、件数増加に伴い増額となっています。

 それから、診療報酬明細書仕分け業務委託料62万5,000円は、これは業者が個人別に仕分けするものだそうです。1枚7円で委託しているそうです。

 「レセプト点検の効果はあるのか」という質問に対して、どういう病気にどういう薬が出るのか、その経緯を見ることができるなどの意見がありました。

 また、レセプトの点検はクロスで管理、チェックするシステムになるということです。

 それから、「レセプト点検の業者は町内、町外どちらの業者か」というような質問がありました。答えは、レセプト点検機関に勤めている専門の人で、さいたま市に住んでいる個人業者であるとのことでした。

 委員からは、町内だと、だれがどういう病気になっているのかわかるということで抵抗がある人もいるので、こういった町外の方がむしろ抵抗がないのではないかというような意見もありました。

 以上のような審議を経て討論に入りました。反対討論1名、賛成討論1名ありました。

 続いて、挙手による採択に入り、賛成多数で本議案は町民経済委員会においては可決されました。

 なお、委員会の委員さん、補足がありましたらお願いいたします。

     〔「なし」と言う人あり〕



◆町民経済委員長(加納好子君) 以上で終わります。



○議長(小山覚君) これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 加藤議員。



◆9番(加藤幸雄君) 9番議員の加藤です。

 私は、日本共産党を代表して、議案第8号 2004年度、平成16年度宮代町老人保健特別会計予算案について、本案に反対する討論を行います。

 老人医療制度は、一昨年10月に自己負担1割、一定所得以上の人は2割負担が導入された結果、病院に行かない、通院回数を減らすなどの受診抑制が起こりました。

 厚生労働省自身も、この改定で、お年寄りの患者負担が年間2,000億円ふえ、さらに、患者負担引き上げによる受診抑制で年間2,400億円の国庫負担を削減、合計で4,400億円の削減効果があるとしました。

 受診抑制は、病気の重症化を招いて、結局、医療費の増大につながっていくことになり、こうした政策はやるべきではありません。

 また、老人保健対象者を70歳から75歳へ段階的に移していくことが始められておりますが、70歳から74歳の高齢者が国民健康保険からの支払いになるため、国保財政を当然圧迫することとなります。

 このように、国の医療費支出を抑えるために、患者と自治体の負担を強化するやり方を押しつける内容に貫かれたものであり、容認できませんので反対であります。

 以上です。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第8号 平成16年度宮代町老人保健特別会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(小山覚君) 挙手多数であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 ここで休憩します。



△休憩 午後3時19分



△再開 午後3時37分



○議長(小山覚君) 再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第5、議案第9号 平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算についての件を議題といたします。

 本件について委員長の報告を求めます。

 建設土木委員長。

     〔建設土木委員長 小河原 正君登壇〕



◆建設土木委員長(小河原正君) 18番、小河原です。

 建設土木委員会は、総務委員長より再付託されました議案第9号 平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算について、慎重審議を15日にしたところであります。

 なお、18日に、この審議の内容に基づいて、町内視察をしております。

 それでは、ご説明いたします。

 予算書138ページをお開きください。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ10億2,354万8,000円と定めています。この金額は、前年度と比較して4,867万円、比率にして5%の増額となっているところであります。

 それでは、事項別明細書に基づいて説明をいたします。予算書191ページ、事業別概要書156ページをお開きください。

 まず、歳入、第1款分担金及び負担金、第1項負担金、1目下水道事業負担金は1,405万3,000円を計上し、前年度より1,074万2,000円の減額となっています。

 1節受益者負担金は減となっているところであります。

 2節滞納繰越分1,095万5,000円は125件分です。

 3節公共下水道施設負担金は、隼人堀川に春日部市在住者が3軒ほどありますが、宮代町の下水道を使用しているために、春日部市が負担しているものであります。

 第2款使用料及び手数料、第1項使用料、1目下水道使用料は1億8,121万2,000円を計上し、前年度より344万9,000円の増額となっているところです。この理由は、着実に工事が進んでいるため、使用料がふえているためのものであります。

 また、区域内の加入促進の件についても、議論のあったところであります。

 3節の下水道施設使用料は、ポンプ場内の電柱の使用料です。

 第2項手数料、1節下水道手数料は、前年より5万8,000円の減額になっていますが、更新年度でないため、科目設定になっているところであります。責任技術者登録は114名、指定工事店登録は81社という内容であるそうであります。

 第3款国庫支出金、第1項国庫補助金、1目下水道事業国庫補助金は3,000万円を計上し、前年度より1,000万円の増額になっています。この内容は、管渠と工事の補助金です。

 第4款繰入金、第1項繰入金、1目一般会計繰入金は6億9,877万7,000円を計上し、前年度より5,210万8,000円の増額となっています。これは、財源不足として繰り入れるものであります。

 第5款繰越金、第6款諸収入、第1項延滞金、加算金及び過料、第2項町預金利子、第3項雑入は科目設定です。

 第7款町債、第1項町債、1目下水道債は9,950万円を計上し、前年より200万円の減額になっています。内容は、説明欄に記載してあるとおりです。

 次に、歳出の説明をいたします。予算書193ページ、事業別概要書158ページをお開きください。

 第1款公共下水道費、第1項下水道管理費は1億4,505万7,000円を計上し、前年度より2,079万8,000円の増額となっています。

 1目下水道総務費は6,863万1,000円を計上し、前年度より463万3,000円の増額です。この内容は、人件費、庶務的経費が主なものです。

 11節需用費の食糧費は、中川流域下水道見学会を広報で募集して行うものであります。

 13節委託料の下水道使用料徴収業務は、水道課に業務を委託するものであります。

 2目施設管理費は7,642万6,000円を計上し、前年度より1,612万5,000円の増額となっています。増の理由として、後で資料で説明しますが、15節工事請負費の施設修繕で東姫宮の場所ですが、調査の結果、修繕する必要が出たからであります。

 13節委託料の警備、電気保安業務、消防設備保守点検、施設管理業務は、第一、第二ポンプ場の委託料です。

 下水道台帳作成業務委託料は、毎年工事を行った場所の委託料です。

 次に、予算書195ページ下段の第1款公共下水道、第2項下水道新設改良費、1節管渠等新設改良費は1億3,858万円を計上し、昨年度より1,224万4,000円の増額となっています。この理由は、認可拡大に伴う工事です。

 13節委託料の測量設計委託料は、百間1丁目地内の管渠布設工事に伴うものです。

 15節工事請負費の枝線布設工事は、百間1丁目地内、和戸地内の管渠布設工事分です。

 公共升取りつけ工事は40カ所分です。

 第2款流域水道費、第1項下水道管理費、1目布設管理費は9,950万9,000円を計上し、前年度より111万9,000円の減額となっています。この減の理由は、建設負担金が減になっているためであります。

 第3款公債費、第1項公債費、1目元金は3億2,968万2,000円を計上し、前年より2,544万8,000円の増額です。これは、元金を償還するためのものであります。

 2節利子は3億771万円を計上し、前年度より870万1,000円の減額となっています。この理由は、率の引き下げに伴うものであります。

 今までの報告の中で、視察の関係について若干報告させてもらいますが、公共下水道施設管理事業については、東姫宮1、2丁目の関係で256メートル、これは不良管補修工事です。

 管渠等新設改良工事は、百間1丁目の158メートル、汚水幹線枝線布設工事。和戸地区についても200メートル、同じく汚水幹線枝線布設工事を行うということであります。

 また、予算書に戻りまして、第5款予備費の関係ですが、300万円を計上していますが、中継所のポンプ等、機器の修繕を考えると、もう少し多く予算化をしておいた方が安心ですとも報告されております。

 また、予算書198ページ以下の給与明細書等、債務負担及び地方債の調書は記載のとおりであります。

 もう1点、質疑の中での話が出ておりましたけれども、桃山台に対しての認可をことし取るようになっていると思いますが、それに基づく工事が、あそこは和戸橋というのですか、パチンコ屋のそばから桃山台の方に工事を少しやります。そういうことも報告されています。

 今、報告した内容については、当初予算と同じように質疑も含んだ中での報告ですので、ご了承願いたいと思います。

 討論については特段になかったのですが、全員賛成のもとで決まっております。

 ほかの委員さんで補足説明がありましたら、よろしくお願いしたいと思います。

     〔「なし」と言う人あり〕



◆建設土木委員長(小河原正君) なければ、以上で終わります。



○議長(小山覚君) これより、委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。



○議長(小山覚君) これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 柴山議員。



◆11番(柴山恒夫君) 議席11番議員、柴山でございます。

 私は、日本共産党議員団を代表して、議案第9号 2004年度、平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算について、反対の立場から討論を行います。

 新年度の予算総額は10億2,354万円となり、前年度と比べ4,867万円、率で5%の増となりました。これは、現在の事業認定許可地域であります313ヘクタールの整備がほぼ完了したことによるものです。

 そうした中で、新たなる事業は、百間1丁目地内の管渠布設工事設計と、和戸から桃山台への管渠布設工事、その他、不良管渠の修繕などが主なものです。

 本予算案に対し反対する理由の第1は、高過ぎる受益者負担金の問題であります。宮代町の受益者負担金は県下でも極めて高額な位置を占めています。長引く不況のもと、住民にとって重い負担となっています。

 第2は、財政問題であります。事業費については、一般会計からの繰り入れと町債で賄われています。地方債は9,950万円を見込んでおり、前年度末、2003年度末の残高は90億3,697億円と膨らんできました。この地方債の返済に6億3,739万円が計上されていますが、これは一般会計からの持ち出し分の6億9,877万円に匹敵する額となっています。

 一方、国からの補助金は、管渠等新設改良事業にかかわる3,000万円のみであります。こうした財政状況を招いている大きな要因は、93年度に強行されて以来、恒久化されてきた国庫補助負担金の削減措置にあることは明らかです。国は、高速道路の建設などと違って、公共下水道に対する国庫支出金については容赦なく削減し、削減に伴う影響額については地方自治体の借金という形で転嫁してきました。公共下水道は公共衛生の増進など、地域住民にとっては不可欠な公共施設の一つなのですから、地方分権のあり方としても、町長は国に対し積極的に働きかけ、さらなる財源の確保とともに町債に依存した財政体質からの脱却を目指すようにすべきであります。

 最後に、合併協議での調整結果によると、宮代町の場合、基本料金が800円、2カ月で48立方メートル使用した場合のモデルケースでは、宮代町は21円の値上げとなります。こうした下水道使用料体系は、そのまま合併公約にも、とのことであります。私どもは、町民が不利益をこうむることとなる調整結果は、この際、撤回するよう強く求めるものであります。

 以上の点を指摘しまして、本案の反対討論といたします。

 以上です。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 野口議員。



◆17番(野口秀雄君) 17番の野口でございます。

 議案第9号 平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算について、賛成の立場で討論をいたします。

 平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算については10億2,354万8,000円であり、平成15年度予算と比較して4,867万円の増額となっています。現在の事業認可区域の整備はほぼ完了しておりますが、なお、事業認可区域の拡大を図り、新たに桃山台地区への汚水を取り込むための工事を進めるとのことであります。このことは、下水道の整備を促進し、もって生活環境の改善と公共用水域の水質保全に寄与する町当局の積極的な姿勢として高く評価をできるものであります。

 言うまでもなく、公共下水道が果たす役割は大きく、各家庭からの生活雑排水を速やかに排除し、清潔で快適な生活環境が実現するとともに、河川、海などの公共用水域の水質が改善され、自然環境も保全されるわけであります。

 また、近年では潤いや安らぎを得る場としての親しみやすい水辺の要求や水への関心が高まり、安全な飲み水への要請、頻発する渇水問題など、水を取り巻く社会状況は非常に複雑になっており、望ましい水循環、水環境の創出に向けて、より一層の下水道の積極的な取り組みが期待されております。こうしたことから、今後におきましても下水道全体事業計画の計画的な整備促進を願うところであります。

 しかしながら、下水道の建設には膨大な費用がかかることも事実であります。そのため、既に整備済みの地域の方々から工事費の一部を負担していただく受益者負担金はやむを得なく、また、未整備地域の方々から見ても公平性が保たれるものであると考えているところであります。

 今後は、下水道事業における維持管理、経費回収に努めるとともに、投資的効果を最大に生かすべく、下水道処理区域における各世帯への接続についても、なお一層努力されるよう要望いたしまして、本案の賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第9号 平成16年度宮代町公共下水道事業特別会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(小山覚君) 挙手多数であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第6、議案第10号 平成16年度宮代町農業集落排水事業特別会計予算についての件を議題といたします。

 本件について、委員長の報告を求めます。

 建設土木委員長。

     〔建設土木委員長 小河原 正君登壇〕



◆建設土木委員長(小河原正君) 18番、小河原です。

 この案件につきましても、建設土木委員会は総務委員長より再付託されましたので、15日に慎重審議をしております。

 また、審議した内容についても、18日に視察をしております。

 それでは、平成16年度宮代町農業集落排水事業特別会計予算についてご説明させていただきます。

 歳入歳出予算、第1条、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ3億1,291万6,000円と定め、前年度と比較いたしまして17.1%の増となっております。

 それでは、事項別明細書に基づいて説明をいたします。予算書213ページ、事業別概要書161ページをお開きください。

 平成16年度の歳入歳出とも3億1,291万6,000円を計上し、前年度より4,563万3,000円の増額となっています。増の要因は、平成17年4月の一部供用開始に向けて、処理場建設を昨年度に引き続き行い、電気、機械、設備等の工事、マンホール設置工事による事業の増大に伴うものであります。

 次に、予算書215ページ、事業別概要書163ページをお開きください。

 歳入の第1款県支出金、第1項県補助金、1目農業集落排水事業補助金は1億5,120万円を計上し、前年度と比較して2,195万円の増額となっています。

 増の理由といたしましては、県補助金は補助対象事業の50%を国が補助いたしまして、残りの事業費の25%以内で県が負担して、町に補助として交付されるものであるということです。

 第2款繰入金、第1項繰入金、1目一般会計繰入金は4,111万3,000円を計上し、前年度と比較して258万3,000円の増額となっております。これは、財源不足のための内容です。

 第3款繰越金、第4款諸収入、第1項町預金利子、第2項雑入は、科目設定となっているところであります。

 第5款町債、1目農業集落排水事業債は1億2,060万円を計上し、前年度と比較して2,110万円の増額となっています。増の理由として、建設財源として町債を起こすもので、事業量の増加に伴うものであります。

 次に、歳出の説明をいたします。

 予算書217ページ、事業別概要書164ページをお開きください。

 第1款農業集落排水費、第1項農業集落排水管理費、1目農業集落排水総務費は607万6,000円を計上し、前年度と比較して2万2,000円の減額となっています。

 総務費は、経常的経費で職員人件費の微増もありましたが、公用車車検費用の減に伴いまして減となっているところであるそうです。

 第2項農業集落排水事業費、1目農業集落排水新設改良費は2億9,580万円を計上し、前年度と比較して4,434万6,000円の増額となっていますが、この新設改良費は排水管路整備、排水処理施設建設に係る費用です。

 13節委託料は、処理施設の詳細設計と排水管路詳細設計の設計業務委託費です。

 15節工事請負費のうち県道本復旧工事は、前年度排水管を布設した後の復旧工事分です。

 排水管路整備は、マンホール、ポンプの設置を予定しています。

 排水処理施設建設は、電気、機械の建設工事です。

 19節負担金、補助及び交付金は、排水管整備工事を行うときの水道管切り回し工事で、水道事業に支払う負担と前年度、排水管路整備工事を行った町道部分の本復旧を行う負担金です。

 22節補償、補てん及び賠償金は、管渠工事に伴う電線管の移設補償費と家屋の損害賠償費です。

 第2款公債費は903万3,000円を計上し、前年度より130万9,000円の増額となっています。

 1目元金は210万3,000円で、前年度より45万7,000円の増額になっていますが、前年度までに借り入れた地方債の据え置き期間が過ぎ、新たに元金償還が発生したものであります。

 2目利子は693万6,000円で、前年度より85万2,000円の増額ですが、前年度までに借り入れた地方債の利子です。

 3款諸支出金は、科目設定です。

 4款予備費200万円は前年度と同額ですが、不測の事態に備えて計上しているところであります。

 以上ですが、今、報告した内容の中にもあったのですが、質疑の中で幾つか、特に報告しておきたいことは、「平成17年4月には、すべてエリア内は供用開始になるかどうか」配管は、御成街道から南側がほぼ完了しているそうでありますが、延長で10.8キロのうち7割方完了していて、暫定で供用開始になる。対象件数は280件くらいになり、全体供用開始は平成19年度を予定しているそうであります。

 なお、18日の視察では、この集落排水の処理施設場、または、電気機械設備工事施工場所、また、マンホール工事施工箇所を何点か見てきたところであります。工事は大分進んでいるようですが、若干おくれもあるようですが、できればすばらしい農業集落排水事業になるのかなと思って見学をしてきたところです。

 以上ですが、委員会での討論等は特にありませんでしたけれども、全員賛成のもとで可決しております。

 なお、委員さんの方で補足がありましたら、よろしくお願いしたいと思います。

     〔「なし」と言う人あり〕



◆建設土木委員長(小河原正君) ないようですので、これで終わります。

 どうもありがとうございました。



○議長(小山覚君) これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第10号 平成16年度宮代町農業集落排水事業特別会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(小山覚君) 挙手全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第7、議案第11号 平成16年度宮代町介護保険特別会計予算についての件を議題といたします。

 本件についての委員長の報告を求めます。

 文教厚生委員長。

     〔文教厚生委員長 大高誠治君登壇〕



◆文教厚生委員長(大高誠治君) 6番の大高でございます。

 それでは、過日、本会議の中で文教厚生委員会に付託されました議案第11号 平成16年度宮代町介護保険特別会計予算の審議につき、ご報告申し上げます。

 平成16年度宮代町介護保険特別会計予算の歳入歳出の総額は、それぞれ11億3,084万1,000円で、前年度と比較しますと5,654万9,000円、率にして5.3%の増となっております。

 予算書239ページをお開きください。

 歳入、1款介護保険料、1項介護保険料、1目第1号被保険者保険料の平成16年度の予算額は2億1,278万9,000円でございます。前年度で比較しますと267万2,000円の増で、率にして1.3%の増でございます。

 特別徴収保険料と普通徴収保険料の割合でございますが、それぞれ人口比率により特別徴収分、いわゆる年金から天引きされる方の分を、第1号被保険者約5,500名のうち80%程度と想定し、また、老齢退職年金の支給額が月額1万5,000円に満たない方や、転入や、65歳になられたばかりで新たに資格取得された方などの普通徴収の方を第1号被保険者全体の約20%と想定しているとのことでございます。

 2款支出金、交付金、1項支出金、交付金、1目介護給付費交付金の本年度の予算額は3億3,684万9,000円で、これは、40歳から64歳の第2号被保険者の保険料分でございます。

 歳出の2款保険給付費10億5,266万3,000円で、政令で定められております負担率の32%を乗じた額が交付されるとのことでございます。前年度と比較しますと2,051万6,000円、率にして6.5%増となっております。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金、1目介護給付費負担金の平成16年度の予算額は2億1,053万円で、平成16年度の保険給付費予算に介護保険法で定められた国の基本負担割合20%を乗じた額が交付されるものとのことでございます。

 また、同様に、4款県支出金、1項県負担金、1目介護給付費負担金1億3,158万2,000円につきましては、平成16年度の保険給付費予算に県の負担割合12.5%を乗じた額が交付されるものとのことでございます。

 2項県補助金、1目介護保険事業費補助金の1節介護保険事業費補助金302万6,000円につきましては、介護サービス適正実施指導事業補助金でございまして、他市町村に先駆け、平成12年度に国のモデル事業の採択を受けてスタートしました介護相談員制度を継続して実施を図っているとのことでございます。

 6款繰入金、1項一般会計繰入金、1目介護給付費繰入金1億3,158万2,000円につきましては、国や県の負担金と同様に、平成16年度の保険給付費予算に法で定められた町の負担割合12.5%を乗じた額を一般会計から繰り入れするものでございます。前年度と比較しますと801万4,000円、率にして6.5%の増となっておりますが、繰り出しにおける保険給付費が増加するものと推計しているためとのことでございます。

 歳入につきましては以上でございますが、ここで委員から質問がありました。

 「介護保険料は、普通徴収の収納率が低下している。滞納者数もふえているが、その理由は、また、町独自の介護保険料減免制度のPRはどのようにしているか」との質問に対しまして、職員より、制度開始から4年が経過し、介護保険に対する関心がやや薄れてきている。今後は一層の制度周知に努めたい。

 また、独自減免制度については、普通徴収の納付者、特別徴収の開始通知書に通知を同封してPRを行っているとのことでございます。

 また、「介護保険料は5段階に分かれているが、その基準を教えてほしい。あわせて、2段階、3段階の滞納者が多いようであるが、その理由は」との質問に対しまして、職員より、第1段階は生活保護受給者及び老齢福祉年金受給者で世帯非課税の方、第2段階者は世帯非課税の方、第3段階は本人非課税で、世帯は課税の方、第4段階、第5段階は本人課税の方である。

 また、2、3段階の方は本人非課税であり、所得が低い方が多いと考えられ、そのため滞納者も多目であると考えられるとのことでございます。

 続きまして、歳出でございますが、執行部からの説明のうち、主なものにつきましてご報告いたします。

 予算書は240ページからになります。

 1款総務費につきましては、総額6,680万2,000円でございます。前年度と比較いたしまして757万4,000円の減額、率にしまして10.2%の減となっております。

 1款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費の一般管理事業でございますが、4,455万円を計上しております。こちらは、介護保険事業の運営における人件費及び業務経費とのことでございます。前年度と比較して618万8,000円の減となっております。人事異動により、介護保険担当職員が1名減になったことが主な理由でございます。

 また、3目介護費用適正化推進費につきましては6万円でございます。平成16年度予算で新たに計上されたものでございますが、電算を利用し、埼玉県の国民健康保険団体連合会と共同しながら、介護保険給付費のデータの分析を行うための費用とのことでございます。これにより、事業者からの不正請求や不適切な運営等が発見でき、改善指導が可能になるとのことでございます。

 続きまして、予算書の243ページにお進みください。

 2款保険給付費でございますが、総額で10億5,266万3,000円となっており、これが1項介護サービス等諸費、2項支援サービス等諸費、3項その他諸費、4項高額介護サービス等費のそれぞれの費用に割り振られているとのことでございます。

 内容でございますが、要介護認定を受けた方が在宅における介護サービスを利用したり、特別養護老人ホームなどの施設に入所したりしたときに支払われる介護保険給付費とのことでございます。平成16年度予算額は6,412万1,000円の増、率にしまして6.5%の増加となっておりますが、こちらは、本町におきましても急速に高齢化が進んでおり、要介護認定を受け、介護保険サービスを利用する方も増加しているとのことでございます。このため、介護保険事業計画におきましても保険給付費が増加していくものと推計し、予算を計上しているとのことでございます。

 次に、予算書248ページに進みます。

 3款財政安定化基金拠出金、1項財政安定化基金拠出金、1目財政安定化基金拠出金の財政安定化拠出金納付事業でございますが、105万8,000円を計上しております。これは、県が設置しました基金に、県、市町村がそれぞれ拠出して基金の積み立てを行い、介護保険財政において赤字が発生した場合に、ここから借り入れを行い補てんするものでございます。拠出率は、保険給付費の約0.1%とのことでございます。

 説明は以上でございますが、ここで委員から質問がありました。

 「介護給付適正化事業において、不適切な給付を発見し指導するとのことだが、過去の分についても調べるのか」との質問に対しまして、職員より、今回導入したシステムを利用すれば、過去の分も調べることができると思われるので、実施する予定であるとのことでございます。

 また、「介護相談員はどのように訪問活動を行っているのか。苦情が聞かれた場合の対応は」との質問に対しまして、職員より、相談員の活動は原則週1回であり、二、三人でチームを組んで施設、在宅訪問を行っている。連絡会議を町事務局と相談員全員で月1回行っており、会議で報告された意見や苦情を事務局から事業者に伝えているが、緊急性が高い場合は連絡会議以外でも報告を受け対応しているとのことでございます。

 また、「一人暮らしなど自分で介護の必要性が判断できない人についてはどのように対応しているか」との質問に対しまして、職員より、ケアマネージャーや在宅介護支援センター、介護相談員が訪問活動を行っているとのことでございます。

 また、「介護相談員の訪問において、施設訪問で対応した人数の方が多いが、何か理由があるのか」との質問に対しまして、職員より、介護相談員制度が開始となった当初は施設訪問を中心に行っていたが、徐々に在宅訪問に拡大していった経緯がある。

 また、施設に伺えば、1カ所で何十人ものお話を聞くことができるが、在宅訪問では1件に1時間以上かかる場合もあるので、なかなか数を回れないという事情もあるとのことでございます。

 また、「介護給付費においては、施設利用分の割合が半分近くを占めている。在宅サービス利用を促進するべきでは」との質問に対しまして、職員より、介護保険制度は住みなれた地域で自立した生活を送ることを趣旨としている。現在、施設偏重の傾向があるが、この傾向が進むと制度自体が続かなくなってしまう。国においても、このようなことを踏まえて制度の見直しを考えているところであるとのことでございます。

 以上で、介護保険特別会計に関する審議を終了いたしました。討論はございませんでしたので、直ちに採決に入り、採決の結果、全員賛成で、原案どおり可決されましたことをここにご報告申し上げます。

 なお、各委員さんから補足がございましたらお願いいたします。

     〔「なし」と言う人あり〕



◆文教厚生委員長(大高誠治君) ありがとうございました。



○議長(小山覚君) これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第11号 平成16年度宮代町介護保険特別会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(小山覚君) 挙手全員であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

 ここで休憩します。



△休憩 午後4時26分



△再開 午後4時40分



○議長(小山覚君) 再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の委員長報告、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第8、議案第12号 平成16年度宮代町水道事業会計予算についての件を議題といたします。

 本件について、委員長の報告を求めます。

 建設土木委員長。

     〔建設土木委員長 小河原 正君登壇〕



◆建設土木委員長(小河原正君) 18番、小河原です。

 議長より付託されました平成16年度宮代町水道事業会計予算について説明を申し上げます。

 なお、これにつきましても15日に審議いたしまして、その審議の内容に基づいて18日に町内視察をしているところであります。

 それでは、説明に入らせてもらいます。

 まず、予算書の1ページをお開きください。

 第2条につきまして、平成16年度の業務予定量ですが、給水件数1万2,839件、前年度は1万2,874件で、若干少なく見込んでおります。前年度を多く見込んだということであります。

 年間総給水量は4,173立方メートル、前年度が4万2,800立方メートル、若干減っているところであります。

 一日の平均給水量は1万1,443立方メートルになります。

 また、平成16年度において実施いたします主な建設改良事業といたしまして、配水管路などの整備拡張のほか、老朽管更新、第一及び第二浄水場遠方監視制御装置改修工事などでございます。

 次に、予算規模ですが、第3条の収益的支出と2ページの第4条の資本的支出の合計額は10億1,108万円でございまして、前年度と比較いたしますと、金額にして1,311万7,000円、率にして1.3%の増となっております。これは、主に資本的支出における建設改良費の増によるものでございます。

 第3条収益的収支及び、2ページにございます第4条の資本的収支の内容につきましては、23ページにあります平成16年度宮代町水道事業会計予算実施計画書に載っておりますので、それに基づいて説明をさせていただきます。

 23ページをお開きください。

 収益的収入及び支出について説明いたします。これは、当該年度における事業の経営活動に伴い発生すると予想されるすべての収益と、それに対応するすべての費用を計上したものです。

 なお、消費税込みです。

 収入につきましては、1款事業収益として7億112万2,000円を計上しています。前年度比2,636万8,000円の減となっております。これは、主に給水収益及び分担金の減を見込んだことによるものでございます。

 このうち、1項営業収益、1目給水収益では、前年度比1,395万9,000円減の6億4,061万5,000円を計上しています。これは、節水意識の向上や社会情勢の変化などにより、有収水量を前年度より6万立方メートル減の382万7,000立方メートルと見込んでいるところであります。

 また、給水器使用料については、前年度より35件の減です。

 3目その他営業収益についての2節手数料につきましては、指定給水装置工事業者の指定手数料でございまして、今後も新たに申請される方が予想されることから、10件分を見込んでいるそうであります。

 また、給水装置工事の設計審査及び工事検査手数料についても、それぞれ130件分を見込んでいるそうです。

 3節雑収益については、下水道事業により委託されています下水道使用料徴収業務委託料、他事業からの依頼による給配水管切り回し工事負担金、久喜地区消防組合からの消火栓維持管理費、町一般会計から委託されています町内3カ所の飲料水兼用貯水槽維持管理費などです。

 次に、25ページをお開きください。

 支出についてご説明申し上げます。

 1款事業費として7億6,968万5,000円を計上しています。前年度と比較しまして1,825万3,000円の減額となっていますが、これは、主に配水及び給水費や支払い利息の減を見込んだことによるものであります。

 このうち、1項営業費用、1目原水及び浄水費ですが、前年度と比べて145万9,000円増の2億6,461万9,000円を計上しております。主な増減といたしまして、設備の補修などに伴います9節修繕費の増、県水受水量の減に伴います12節受水費の減などでございます。

 12節受水費については、取水による地盤沈下対策や渇水による給水制限回避などのため、前年度まで日量7,500立方メートルを受水していましたが、年々配水量の減少が続いてることによって、この取水施設に十分な余裕があることなどから、県企業局と調整を図った結果、当年度は100立方メートル減の日量7,400立方メートルとなっているということです。

 26ページにかけましての2目配水及び給水費では、前年度と比べまして1,947万8,000円減の5,117万円を計上しています。主な増減といたしまして、水道施設情報管理システムのリース料が契約期間の終了に伴い大幅減となることにより、6節の賃借料の当年度は検定満期に伴う量水器の修繕を行わず、新規購入に切りかえるため、これに伴い予算計上を資本的収支に計上したことによる7節修繕費の減となっているところであるということです。

 3目総係費については、前年度比473万3,000円増の8,257万7,000円を計上しております。主な増減といたしまして、料金システムの再契約に伴い、13節賃借料の増などでございます。

 次に、28ページをお開きください。

 4目減価償却費については、有形固定資産の減価償却費でございまして、前年度より100万9,000円増の2億5,275万2,000円を計上しております。これは、老朽管更新事業及び配水池改修工事など、前年度に実施した建設改良事業に伴い発生したことから増となったものでございます。

 次に、2項営業費用については、前年度より608万7,000円減の1億1,147万8,000円を計上しています。

 このうち、1目企業債に伴う支払い利息については、前年度より497万円減の1億274万5,000円を計上しています。前年度2件の償還が終了することなどにより、大幅な減となっています。

 2目消費税については、課税支出で建設改良費に対し課税収入でございます。給水収益などの方が多く、当年度も納付額の発生が見込まれるため、前年度より102万7,000円減の1,172万3,000円を計上しているところであります。

 3項特別損失75万9,000円につきましては、1目1節固定資産売却損を1万円。

 2目1節過年度損益修整損については、不納欠損などが見込まれるため、74万9,000円を計上しております。

 4目予備費300万円は、不測の事態に備えるため計上しているもので、前年度と同額です。

 次に、30ページをお開きください。

 消費税込みの建設収支予算です。

 資本的収入及び支出について説明を申し上げます。

 1款資本的収入では総額といたしまして、前年度より4.3%増で、金額にして75万4,000円増の1,824万円を計上しています。増の理由といたしましては、下水道事業からの負担金の増によるものです。建設改良事業については第5次拡張事業の前期分が終了したこと。また、老朽管更新事業や第一浄水場の改修事業がほぼ完了したことなどにより、支払い利息の発生を抑え、経営の安定化を図るため、企業債の借り入れを行わず、補てん財源の充当により整備を進めているところであるということです。

 1項負担金、1目工事負担金については75万4,000円の増になっています。これは、主に下水道工事に伴う配水管布設替工事などの増によるものでございます。

 次に、31ページをお開きください。

 続きまして、資本的支出ですが、1款資本的支出では、総額といたしまして前年度比14.9%の増、金額にして3,137万円増の2億4,139万5,000円を計上してあります。これは、主に建設改良費の増によるものでございまして、1項1目建設改良費について前年度と比較して15.2%の増、金額にして1,579万5,000円の増額になっています。これは、主に浄水場施設整備事業の増によるものでございます。

 なお、建設改良工事の内容としては、安定供給の確保を図るため実施しています第5次拡張事業のうち前期分は終了していますが、引き続き推進していくということです。老朽管更新事業、農業集落排水工事及び下水道工事に伴う配水管埋設工事など、配水管整備事業として6,050万円。また、水道施設の耐震化、老朽化などの観点から進めています第一及び第二浄水場遠方監視制御装置改修工事など、浄水場整備事業として5,950万円を計上しております。

 これについては、予算書31ページを見ていただきたいと思いますが、ここで配水管関係の6,050万円の内訳につきましては、老朽管更新事業につきましては県道岩槻幸手線西粂原地内、歩道部に口径100ミリのダクタイル管、鋳鉄管を600メートル布設するということになっているそうです。金額にして2,727万円。水道単独事業として、県道春日部久喜線中島地区、配水管の布設2,000万円。この同じ2,000万円のうち、町道698号線国納地内200メートル、これを含んで水道単独事業。農業集落排水工事に伴う事業として、岩槻幸手線西粂原地内525万円。公共下水道工事に伴う事業、県道春日部久喜線和戸交差点から久喜方面525万円。消火栓新設工事4基予定、これが配水管関係の31ページの6,050万円の内訳です。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議時間の延長



○議長(小山覚君) ここで、あらかじめ時間延長をします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



◆建設土木委員長(小河原正君) 浄水場関係で5,950万円の予算化になっておりますが、これは、第一浄水場の関係では、第一と第二浄水場のテレメーター改修工事2,300万円。ろ過器の塗装工事2基280万円。マンホールふた取りかえ工事もFRP製ということで、さびない物だそうですが、10カ所200万円。管理棟塗装工事450万円、二十数年経過しているそうです。第一浄水場内自家発電機バッテリーの交換170万円。第二浄水場関係ではPCタンクの屋根防止工事、ウレタン防止を行うそうですが、250平米、約22年間くらい経過して劣化しているそうです。600万円。RC配水機のマンホールふた取りかえ工事、先ほど申しましたさびないFRP製、7カ所150万円。操作用制御用バッテリー交換700万円、これも交換時期が来ているそうです。宮東配水場関係については、舗装工事1,500平米、1,000万円。事務所入り口の強風時の防水対策100万円。このような内容で説明されております。

 また予算書に戻りまして、2項企業債償還金、1目元金償還金については、過年度に借り入れました企業債の据え置き期間が過ぎ、新たに償還金が発生するため、前年度より1,310万3,000円の増額で1億1,349万8,000円を計上しております。

 3項1目固定資産購入費、1節機械及び装置789万7,000円につきましては、量水器1,538台分の購入費です。先ほど申し上げましたように新品を買いますので、第4条で購入いたします。

 次に、7ページをお開きください。

 水道関係は、予算の説明がいろいろ、あっちへ行ったり、こっちへ行ったりするので、お許し願いたいと思います。

 平成16年度宮代水道会計資金計画についてご説明いたします。

 なお、当該計画は消費税込みです。

 平成16年度末の予定額は、受け入れ資金予定額16億1,839万1,000円に対しまして、支払い資金予定額9億3,821万4,000円を予定していますが、受け入れ資金総額から支払い資金総額を差し引きました6億8,017万7,000円が残高でございます。

 次に、15ページをお開きください。

 平成16年度宮代水道事業予定貸借対照表についてご説明申し上げます。

 これは、企業の財政状況を明らかにするために、町水道事業が保有するすべての資金、負債、資本を総括的に表示したものでございます。

 なお、消費税抜きです。

 まず、資産の部といたしまして、有形固定資産合計と無形固定資産合計を合わせました固定資産合計では59億9,021万7,000円。

 16ページに移りまして、流動資産合計では7億6,646万5,000円。固定資産合計と流動資産合計を合わせた資産合計では67億5,668万2,000円でございます。

 負債の部では、固定負債合計と流動負債合計を合わせた負債合計で1億7,496万9,000円。

 17ページにかけましての資本の部では、自己資本金合計と借入資本金合計を合わせた資本金合計で30億3,279万9,000円となる予定でございます。

 次に、17ページの剰余金ですが、剰余金のうち、資本剰余金では、イの寄附金からエの贈与財産評価額まで、資本剰余金合計として33億2,064万8,000円。

 利益剰余金では、減債積立金として8,700万円。

 利益積立金として7,333万9,000円。

 建設改良積立金として2億円でございます。

 なお、(2)のニに、当年度末処理欠損金として、総額1億3,207万3,000円ありますが、内訳といたしましては、ここで18ページをお開きください。

 平成15年度宮代町水道事業予定損益計算書の下段は19ページになりますが、この下段にあります当年度純損失6,042万円に、本予算書には載せていませんが、平成16年度損失見込額7,165万3,000円を加えた総額でございます。

 また、17ページに戻ってもらいたいのですが。

 なお、当年度未処理欠損については、(2)の利益剰余金のうち、ロの利益積立金及びハの建設改良積立金などにより処分させていただく予定になっております。

 次に、資本剰余金合計と利益剰余金合計を合わせた剰余金合計は35億4,891万4,000円。資本金合計と剰余金合計を合わせた資本合計は65億8,171万3,000円。これにより、16ページ下段にあります負債合計と17ページの下段にあります資本合計を合わせた負債資本合計は67億5,668万2,000円となり、16ページ上段の資産合計と一致するものでございます。

 次に、18ページから19ページまでは、平成15年度の予定損益計算でございます。

 20ページから22ページまでは、平成15年度の予定貸借対照表でございます。

 当年度の事業につきましても、前年度に引き続き安定供給確保の観点から、建設改良事業を積極的に推進し、経営状況を勘案し、可能な限り経営の安定化を図っていくという説明があったところであります。

 なお、質疑の中で幾つか出された問題について、もう少し報告させてもらいます。

 まず、県水の関係ですが、平成3年の施設増設の認可時に、平成12年度には人口がふえ続けた場合、総給水量の75%程度ぐらい受け入れる予定であったそうです。

 しかし、人口も減っているし、全体にバブルの崩壊後落ち込んでいるということで、平成8年ごろから日量7,500トン取っていましたが、県水の比率は平成16年度が64.7%になっています。町全体の売り上げも減っているし、県水は1立方メートル当たり61円78銭と高いので、渇水対策とか、地盤沈下対策のこともありますので、今の経営状態からすると県水を購入する量が多過ぎると考えられる。

 そこで、毎年交渉いたしまして、この予算を編成している段階では日量100トン減らして、7,500トンから7,400トンに減らしてもらったそうです。そして、何日か前に通知が来まして、日量300トン減らして7,200トンまで減らすことになったそうです。

 来年は、年間で670万円ぐらいの購入費用を減らすことができるということであります。

 もし、杉戸町のように県水利用を100%とすると、購入金額は1億8,000万円になるそうです。宮代町も100%とすると、金額は1億1,000万円ぐらい払うことになり、その穴埋めのために経営節減がどのぐらいできるかを考えますと、電気代として数百万円、薬品代で800万円ぐらい、人件費は変わらないとすると、どう頑張っても2,000万円ぐらいしか節減ができない。先を思うと、県水受け入れを100%にすると大変なことが推定されるということだそうです。

 また、水不足の心配についてですが、宮代町の水源は9本ありまして、概算だと1日平均給水量は1万1,433立方メートルですので、このぐらいの給水量を賄う余裕分はあるそうです。仮に、県水の受け入れがゼロになっても困ることはないと。通常の給水なら数週間はもつということだそうです。そういうことになりますと、県水の比率が約65%ですので、今は施設はかなり遊んでいることになるとも考えられるわけです。

 また、漏水ですが、漏水調査を5年間行った結果は、有水率も93%、かなりよい状態だそうです。ですから、今はほとんど良好な状態だということで報告がされたところであります。

 また、企業の使用料金について、東武動物公園と日本工業大学の使用の関係の質疑があったところでありますが、大幅に減少しているそうであります。

 東武動物公園は、平成10年に9,540万円、平成15年になると6,150万円、ここで約4,000万円ぐらい減っているわけです。日本工業大学は、平成10年が3,180万円、平成15年は2,170万円、これでも1,000万円ぐらい、両企業で四、五千万円ぐらい減少していると。

 特に、東武動物公園は大幅な減少になっていますが、これは、施設の改良とプールのろ過器を4台入れて、日量200トンぐらい減らしているそうであります。東武動物公園と日本工業大学の関係で、ちょうど今の赤字分に相当しているという報告もあったところであります。

 また、宮代町の水道水の味についてですが、以前は行田浄水場から来ていましたが、今は庄和から約85%給水されているそうです。行田から庄和に変更になったときに、町の3名ぐらいの方から「味がおいしくなった」と、連絡があったそうです。温度差で味が決まると言われていますので、一、二年前からは温度を下げれば県水の味も相当よいと。場合によっては、宮代町の味よりよいかもしれないというような報告もあったところです。

 以上が予算書に対しての説明でありますが、このほか、先ほど申し上げました工事予定については、先ほど報告された内容の場所を見学をしているところであります。

 また、余計なことかもしれませんが、アスベスト等の毒性の問題について説明がありましたので、水での毒性はないということの報告と、現在、アスベスト管の比率ですが、宮代町は近隣の各市町村と比べますと大分残管数はないと。配水管の総延長では3.9%、導水管の総延長では、まだ半分近くあると。これはメートル数は少ないので、大した問題はないだろうと思いますが、こういう報告もあったところであります。

 以上が委員会での審議内容で、委員会での討論では特にありませんが、採決の関係では全員賛成ということで決まっております。

 なお、委員の方で補足説明がありましたらお願いしたいと思います。

     〔「なし」と言う人あり〕



◆建設土木委員長(小河原正君) ないですか。

 それでは終わります。どうもありがとうございました。



○議長(小山覚君) これより委員長の報告に対する質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 加藤議員。



◆9番(加藤幸雄君) 9番議員の加藤です。

 日本共産党を代表して、議案第12号 宮代町水道事業会計予算案について、本案に反対する討論を行います。

 まず、生活に欠かせない上水道に消費税を課している問題であります。

 消費税は、所得の少ない人ほど負担が重い不公平税制であります。その消費税5%をそのまま転嫁していることは、不況から町民の暮らしを守る点からも容認できません。

 収益的収支は6,856万円の赤字となる予定であります。この帳簿上の赤字が水道料金値上げにつながることから、私どもは口径別、目的別分担金のほか、工事負担金についても収益的収入へ入れて、会計の安定を図るよう提起をしてきたところでありますが、予算案ではそうなっておりません。

 かつ、また、その措置をとっても、収益的収支の赤字を吸収できませんから、一般会計からの支援が求められるところであります。水道事業は暮らしに欠かせない安全な水を供給する重要な公共的役割を持ちますから、一般会計から支援するのが当然であります。

 ところが、国が地方公営企業に独立採算を強制し、一般会計から支援しないよう指導して、当町でもそれを受け入れてきました。これでは、いずれ水道料金の値上げとなってまいりますので、必要に応じて一般会計から機動的な支援をすることを求めて反対討論といたします。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 野口議員。



◆17番(野口秀雄君) 17番、野口です。

 平成16年度宮代町水道事業会計予算について、賛成の立場で討論いたします。

 まず、初めに、当初予算のうち、収益的収入及び支出において7,165万3,000円の純損益を見込んでおりますが、これは、前年度に引き続き事業収益のうち、営業収益において節水意識の向上や、景気低迷などにより給水収益の減少が見込まれること。

 事業費用のうち、営業費用においては、配水及び給水費や総係費など、経費の削減に努めているにもかかわらず、積極的な建設改良事業の結果による減価償却費の増、また、営業外費用においても、企業債の借り入れに伴う支払い利息が高額になっていることなどによるものであり、やむを得ないものであると思われます。

 これらに対して、建設改良事業が一段落し、ほぼ見通しが立ったことなどを勘案し、水道事業経営の安定化等の観点から、前年度に引き続き分担金を全額収益的収入に予算計上するなど、さらなる経営の安定化を図っていることがうかがえるところであります。

 また、業務サービスにおいては、水道施設情報管理システムの積極的な活用による適切な施設管理や水道業務サービスの一層の向上を図るため、電話による各種受け付けの推進など、事務事業の合理化を図りながら、さらに多様化する水道事業への期待にこたえるため、水道モニター事業を初め、災害に備えるための町内3カ所の飲料水兼用貯水槽の水質管理の強化など、積極的な事業の展開を図っていることを評価するところであります。

 次に、資本的収入では、工事負担金や国庫補助金などの積極的な活用により収入の確保を図り、企業債の借り入れを行わないための努力を行っていることがうかがえるところであります。

 また、資本的支出では、地震など災害に対応するための老朽管更新事業を初めとする配水管整備事業として約600メートルの更新や、安定給水の確保を図るため、第一及び第二浄水場の遠方監視制御装置の改修工事を予定するなど、積極的に水道施設の建設改良工事を推進していることを評価するものであります。

 以上、平成16年度予算を見ますと、将来にわたり、安全で安定した水道水の供給のために積極的な建設改良事業を図るとともに、企業経営では欠かすことのできない事務の合理化や業務サービスに積極的に取り組んでいる予算になっていることを評価し、私の賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(小山覚君) 次に、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第12号 平成16年度宮代町水道事業会計予算についての件を挙手により採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。

 本案は委員長の報告のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(小山覚君) 挙手多数であります。

 よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△決議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(小山覚君) 日程第9、決議案第2号 埼玉県議会の海外行政視察における逸脱行為の真相究明と関係議員の出処進退の決断を求める決議(案)を議題といたします。

 職員をして議案を朗読いたさせます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(小山覚君) 提出者から提案理由の説明を求めます。

 加納好子議員。

     〔4番 加納好子君登壇〕



◆4番(加納好子君) 4番、加納です。

 埼玉県議会の海外行政視察における逸脱行為の真相究明と関係議員の出処進退の決断を求める決議(案)を提出いたします。

 まず、本日、議事日程を詰めていましたところ、急遽、議事日程に入れていただきまして感謝申し上げます。といいますのも、県議会では明日、この請願2件についての本議会での審議があります。それに間に合うように入れていただきましたことを感謝申し上げます。

 それでは、提案理由は決議案文を読ませていただいて、提出理由にかえさせていただきたいと思います。その後、少し説明をいたします。

 このたびの埼玉県議会「産業・防災アジア行政視察団」一行の海外行政視察における、6人の県議会議員の逸脱した行動は、宮代町民を初め多くの県民に大きな衝撃と不信感を与えており、まことに遺憾である。

 全国の議会や政治全般に対する国民の信頼を大きく損なわせることになった責任は重大であり、町民の信託を得て活動する私たち宮代町議会としても到底許すことはできない。

 これに関して県議会は、「関係議員に自戒反省を求める決議」を行い、関係議員が県議会及び党の役職を辞任したとのことであるが、海外行政視察の目的や効果が問題視されている中での出来事であり、その後の説明責任も十分に果たされていない現状にある。県議会及び関係議員は、その責任の重大さを深刻に受けとめ、全力を挙げて信頼回復に努めるべきである。

 よって、本町議会は、埼玉県議会が県民の信頼を取り戻すために、自らの責任において事件の徹底した真相究明を行い、埼玉県議会議員政治倫理規程に基づき、厳正な対処をされることを求める。また、6人の議員は、自らの地位と責務を自覚し、辞職を含め出処進退を明らかにするよう強く求めるものである。

 以上、決議する。

  平成16年3月24日

               埼玉県南埼玉郡宮代町議会

 この間、県の総務委員会において不採択となりましたが、その後、この近隣の自治体では、春日部市、吉川町はその前に議決されていますが、八潮市で3月10日、越谷市3月18日、川越市3月18日、三郷市3月22日と、この辞職を求める等の決議文が可決されています。

 当議会におきましても、慎重審議をお願いいたします。



○議長(小山覚君) これより質疑に入ります。

 質疑はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(小山覚君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔発言する人なし〕



○議長(小山覚君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより決議案第2号 埼玉県議会の海外行政視察における逸脱行為の真相究明と関係議員の出処進退の決断を求める決議(案)の件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(小山覚君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(小山覚君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれで散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後5時29分