議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 宮代町

平成15年 12月 定例会(第7回) 12月09日−05号




平成15年 12月 定例会(第7回) − 12月09日−05号









平成15年 12月 定例会(第7回)



          平成15年第7回宮代町議会定例会 第12日

議事日程(第5号)

                平成15年12月9日(火)午前10時00分開議

     開議

     議事日程の報告

日程第1 会議録署名議員の指名

     ●議案の質疑、討論、採決

日程第2 議案第94号 平成15年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について

日程第3 議案第95号 平成15年度宮代町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第4 議案第96号 平成15年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第5 議案第97号 平成15年度宮代町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)について

日程第6 議案第98号 平成15年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第2号)について

日程第7 議案第99号 平成15年度宮代町水道事業会計補正予算(第2号)について

日程第8 議案第100号 宮代町市民参加条例の制定について

日程第9 議案第101号 宮代町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について

日程第10 議案第102号 選挙長等の費用弁償に関する条例の一部を改正する条例について

日程第11 議案第103号 宮代町教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについて

日程第12 議案第104号 宮代町固定資産評価審査委員会の委員の選任につき同意を求めることについて

日程第13 議案第105号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについて

      ●議員議案の上程、提案理由の説明、質疑、討論、採決

日程第14 議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例について

      ●請願の委員長報告、質疑、討論、採決

日程第15 請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書

日程第16 請願第5号 年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願書

日程第17 議会運営委員会の閉会中の継続調査の件について

日程第18 議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査の件について

日程第19 議員派遣について

      町長あいさつ

      議長あいさつ

      閉議

      閉会

出席議員(22名)

   1番   唐沢捷一君       2番   加納好子君

   3番   林 恭護君       4番   野口正男君

   5番   高柳幸子君       6番   角野由紀子君

   7番   小山 覚君       8番   木村竹男君

   9番   榎本和男君      10番   大高誠治君

  11番   神田政夫君      12番   加藤幸雄君

  13番   丸藤栄一君      14番   柴山恒夫君

  15番   赤塚綾夫君      16番   高岡大純君

  17番   木村晟一君      18番   野口秀雄君

  19番   野口秀夫君      20番   小林新一君

  21番   山下明二郎君     22番   横手康雄君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

  町長      榊原一雄君   助役      柴崎勝巳君

  収入役     島村孝一君   教育長     桐川弘子君

  総務担当参事兼合併推進室長   町民生活担当参事兼生活環境課長

          山野 均君           篠原敏雄君

  健康福祉担当参事兼福祉課長   技監兼工事検査室長

          折原正英君           横田英男君

  教育次長兼教育総務課長     総務課長    田沼繁雄君

          岩崎克己君

  総合政策課長  岡村和男君   税務課長    並木一美君

  町民サービス課長        健康課長    森田宗助君

          斉藤文雄君

  介護保険課長  吉岡勇一郎君  農政商工課長  小暮正代君

  建設課長    鈴木 博君   都市計画課長  中村 修君

  会計室長    金子良一君   水道課長    福田政義君

  学校教育課長  飯野幸二君   社会教育課長  青木秀雄君

  総合運動公園所長

          谷津国男君

本会議に出席した事務局職員

  事務局長    織原 弘    書記      熊倉 豊

  書記      元井真知子



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(横手康雄君) 皆さんおはようございます。

 ただいまの出席議員は22名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(横手康雄君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(横手康雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において7番、小山覚議員、8番、木村竹男議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第94号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第2、議案第94号 平成15年度宮代町一般会計補正予算(第3号)についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) おはようございます。12番議員の加藤です。

 補正予算の幾つか説明も受けたんですけれども、わからないところをお聞きしたいと思います。

 まず、7ページです。歳入から伺いますけれども、民生費国庫負担金で非被用者児童手当等、ここのところで増額ということなんですけれども、たしかご説明のときに支給額の増というふうにご説明を受けたんですけれども、そうしますと、制度が変わって支給額が増額をされたのか。あるいは対象児童数がふえたので、全体として増額となったのかと、この点を明確にお願いをしたいと思います。

 それから、一番下の県支出金の教育費県補助金。国体の競技施設整備事業費補助金ということですけれども、この345万7,000円というのは、整備するべき部分がまだ残っていて、これから整備をするのか。もう既に整備は終わったんだけれども、補助金が増額になったのかということをお願いしたいと思います。

 それから、次のページです。

 諸収入の自治総合センターコミュニティ助成金ということで、これはご説明で川端と姫川地区の子供みこしへの助成金ということでわかるんですけれども、次の歳出の方の10ページのところで、負担金補助金のところで、同じように自治総合センターコミュニティ助成金と、ここに支出されるわけですけれども、この歳入歳出で書き方が紛らわしいなと思います。歳出は、確かに自治総合センターからコミュニティ助成金ということで来ていますので、それでいいと思うんですけれども、歳出の方はやはりわかりやすく、川端、姫川地区の子供みこしへの助成金だということで書いていただいた方がいいのかなと思います。これをぱっと見ますと、歳入でこの自治総合センターから助成金が来て、歳出でこれを返したような形になるかなと思うので、わかりにくいと思いますので、この点改めてもらえればなと思います。

 11ページの財産管理費の公有財産購入費で、基金所有購入地7,600万円あります。笠原小公園というふうにお聞きしましたけれども、もう一度どこかご説明いただきたいと思います。

 15ページに移ります。

 民生費の保育園費で臨時職員の126万4,000円の増額であります。国納保育園のゼロ歳児を預かる数がふえたので保育士の増員が必要だということで、臨時職員で対応されるということですけれども、現在、国納保育園、ゼロ歳児は何人預かっているのか。当初の見込みよりもどれぐらいふえているのか。それから、新しくオープンしたみやしろ保育園ではどのような状況になっておりますか、ご説明をお願いしたいと思います。

 それから、その下の保育園解体工事は、西原の保育園の解体ですけれども、これを解体して駐車場にされるようなんですが、あそこには歴史資料館とふれ愛センターが近くにあって、そこの駐車場にするということなんでしょうけれども、全体で何台ぐらい置ける広さになるのかどうか。その点もお願いしたいと思います。

 17ページの保健衛生総務費の修繕料で、これは保健センターの玄関ドアの修繕だということなんですけれども、どのような修繕なのか。ふぐあいがどういうものなのか、お願いできればと思います。

 19ページの方ですけれども、道路新設改良費のことで、これはいろいろご説明を受けたんですけれども、何せちょっと早いものですから、メモがとり切れなかったので、もう一度ゆっくり説明していただけるとありがたい。すみません、お願いします。

 それから、土木費の都市計画総務費のうちの工事請負費、さくの設置工事で、中央二丁目までは書いたんですけれどもどこか、もう一度、すみません、お願いしたいと思います。

 21ページです。

 教育費の学校管理費、これは小学校も中学校も共通なんですけれども、早急に修繕する箇所があるので、その修繕料ということで伺いましたけれども、各小学校、中学校ともにどういうような修繕なのかということ。

 それから、これは以前からお願いしていることなんですけれども、小規模契約登録の活用はどのようになっているかという点で、この小規模契約の対象は50万円以下の額なので、それよりも高い額なのかもしれませんけれども、以前一般質問でお聞きしたところによりますと、この小規模契約の趣旨かなかなか生かされていなくて、幾つかの小さい修繕をまとめて発注するようになってしまうので、この50万円以下で出すということがなかなかされていなかったということがありまして、そういった点からどのような見直しがされているんだろうか、今度の件ではどうなんだろうかという点でお願いをしたいと思います。

 それから、最後の24ページですけれども、これは保健体育総務費の需用費の修繕料で劣化診断の結果ということで修繕料が出ていますけれども、どのような内容なのかお願いをしたいと思います。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の質疑に答弁願います。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) それでは、お答え申し上げさせていただきます。

 まず、予算書の7ページでございます。

 歳入の国庫支出金におきまして、民生費の国庫負担金におきまして補正額の増ということで、今回417万円の増ということでございますが、これは支給額の増というものではなくて、かつ制度が変わったというものではなくて、対象児童数がふえたためということでございます。昨年と比べましても転入者の方が非常に多いというようなことがございまして、このような形でさせていただいているものでございます。

 続きまして、15ページ。保育園費でございます。今回、保育園費の中で、7節賃金ということで126万4,000円ということで、臨時職員の賃金を計上させていただいているわけでございますが、この賃金につきましては、サポーターの2人分ということでございます。そして、ゼロ歳児を担当するいわゆるサポーターの増ということで、当初2名ということでゼロ歳児いたわけですが、いろいろな申請等によりまして、定員が8名、いわゆる8名の申請があったと、延べでございますけれども、8名の申請があったということで、2名のサポーターの増ということでさせていただいたものでございます。

 ちなみに、みやしろ保育園につきましては、現在9名ゼロ歳児がございます。

 続きまして、保育園の解体工事、工事請負費の関係でございますが、駐車場の台数ということでございますが、約30台ということでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、答弁願います。

 社会教育課長。



◎社会教育課長(青木秀雄君) お答え申し上げます。

 補正予算書の7ページ、第59回国民体育大会競技施設整備事業補助金の関係でございまして、整備が残っているかどうかというふうな旨のご質問でございますけれども、これにつきましては、補助金の名称は競技施設整備事業ということでございますけれども、その対象といたしまして仮設の競技施設の整備に係る事業でございまして、リハーサル大会で的台の裏に設置いたしました仮設の防屋ネットに係る補助金でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、答弁願います。

 総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) お答え申し上げます。

 まず、1点目が8ページの歳入の中で、雑入として自治総合センターのコミュニティ助成金、それから同じように、歳出10ページの中で、負担金、補助及び交付金の中で、同様に自治総合センターのコミュニティ助成金となっておりますけれども、こちらにつきましては、川端、姫川地区の子供みこしの整備費用として交付を受けたものでございまして、これにつきましては助成金を町を経由して支払いをするということで、このように計上させていただいております。

 そういう意味から、歳入と歳出の整合を図ると、わかりやすくしようという意味で同様の表現をさせていただいたということでご理解いただきたいと思います。

 それから、11ページの一番上になりますけれども公有財産購入費、この場所というご質問でございますけれども、こちらにつきましては、加藤園さんの手前にございます笠原小公園、こちらの方の買い戻しに充てるための購入経費ということでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 健康課長。



◎健康課長(森田宗助君) お答え申し上げます。

 17ページ、衛生費、保健衛生費、保健衛生総務費の需用費、修繕費につきましてお答え申し上げます。

 保健センターは、昭和60年に建築し、18年目を迎え経年による悪化のため、玄関の自動ドアが開閉時にレールと建具にひどいがたつき及び音が見られることから、修繕が必要となったものでございます。工事の内容としましては、各種部品交換及び調整を行うものでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 建設課長。



◎建設課長(鈴木博君) 19ページ、3目道路新設改良費の事業内容ということでございますが、13節委託料につきまして、上段の道路用地調査測量業務委託料でございますが、これにつきましては、町道70号線の整備を予定してございまして、これの測量の委託料でございます。

 都市計画道路につきましては、後ほど都市計画課長がお答え申し上げます。

 15節工事請負費でございますが、地区生活道路整備事業、これは和戸駅の北側でございますが、あの部分が道路が一部東武鉄道の敷地になっております。さらに、東武鉄道は余剰地を何か開発か何かを予定しているというようなことで、この道路と東武鉄道の用地を明確化にいたしまして、そこを採納していただくということになっております。そのために道路が若干、5メートル50程度しかございませんので、それを6メートルに拡幅するというようなことで採納を受ける予定でございますので、そこの道路整備費を計上させていただいております。

 22節補償補てん及び賠償金につきましては、それの工事に伴います電柱移設の費用でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 道路新設改良費の委託料のうち、都市計画道路用地測量委託料につきましては、備中岐橋通り線の測量委託料でございます。

 それから、その下段の都市計画道路設計業務委託料ですが、同じく備中岐橋通り線でございます。

 それから、都市計画総務費のうちの工事請負費でございますが、財産の場所でございますが、中央二丁目の679の1外3筆でございまして、具体的には東武鉄道杉戸工場用地と島村材木店に挟まれた土地でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 教育次長。



◎教育次長兼教育総務課長(岩崎克己君) お答え申し上げます。

 補正予算書の21ページ、11節需用費並びに15節工事請負費の劣化診断工事の内容につきまして、まず最初にお答えを申し上げます。

 今回の改修内容でございますが、早急な修繕といたしまして人的災害を起こす可能性があるもの。2点目といたしまして、部屋や施設を使用するに支障が出るもの。また、消防用設備等の点検基準の改正により改善が必要なものの3点に基づき改修を行うものでございます。小学校19カ所、中学校34カ所の計53カ所となっております。主な学校別の改修箇所といたしましては、まず小学校では須賀小学校におきまして、校舎、廊下、天井板の張りかえ、屋内消火栓ホースの製造後10年以上経過したものの交換、こちらが26カ所でございまして全部でございます。

 次に、百間小学校では屋内消火栓ホースの製造後同じく10年以上経過したものの交換、これが20カ所ございます。

 次に、東小学校では同じく屋内消火栓ホースの製造後10年以上経過したものの交換15カ所、続いて衛生面からプールろ過機の取りかえ、また、校舎外壁のひび割れによる漏水防止のための壁面改修。

 続きまして、笠原小学校では屋内消火栓ホースの製造後10年以上経過したものの交換10カ所ございます。

 続きまして、中学校では須賀中学校におきまして屋内消火栓ホースの製造後10年以上経過したものの交換14カ所、それと校舎外壁ひび割れによる落下防止のための壁面改修。続きまして、プールの防水機能低下による水漏れ防止のための防水塗装工事、続きまして、屋内消火栓ポンプの腐食による交換。

 続きまして、百間中学校におきましては屋内消火栓ホースの製造後10年以上経過したものの交換16カ所。続いて、校舎外壁ひび割れによる落下防止の壁面改修。続きまして、外部鉄骨非常階段の腐食による改修。

 続きまして、前原中学校におきましては屋内消火栓ホースの製造後10年以上経過したものの交換14カ所。校舎外壁ひび割れによる落下防止のための壁面改修。続きまして、衛生面からプールろ過機の取りかえを行うもの。

 以上のような工事となっております。

 続きまして、小規模業者等への発注についてでございますが、こちらにつきましては工事等の内容や規模などを配慮しながら、指名委員会の方で選定してまいりたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 総合運動公園所長。



◎総合運動公園所長(谷津国男君) 24ページ、10款教育費の1目保健体育総務費、11需用費の修繕費でございますが、これは、まずプールの温水ボイラーの修繕でございます。ボイラーの着火点、それからボイラーから一時保管する温水等にするホース関係の修繕でございます。

 それから、管理棟の屋根の修繕。これは排水工でございます。こちらのひび割れ等につきましての修繕でございます。

 それから、体育館の屋内消火栓のホース、それからプールと屋内の消火栓のホース、管理棟屋内消火栓のホース、それぞれ交換でございます。

 それから、勤労者体育センター屋内消火栓のホースの交換となっております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 加藤議員、再質疑ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 詳しくご説明いただきましてありがとうございました。

 自治総合センターのコミュニティ補助金ということで、いきさつは県から来たものを町を経由してその地域に渡すので、こういう書き方になったということでわかりましたけれども、わかりやすくしたというふうにおっしゃいましたけれども、わかりづらいので、改めていただければなと思います。

 確認したいのは1カ所なんですけれども、保育園のゼロ歳児のところです。15ページの国納の保育園、当初2人見込みをしていたんだけれども、8人の方から申請があったということで、宮代は既に9人預かっているということなんですけれども、8人申請があったんだけれども受け入れはどうなんでしょうか。その点だけ確認をさせていただきます。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の再質疑に答弁願います。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) 再質問にお答え申し上げます。

 8人の申請がありまして、8人全員受け入れるということでございます。

 以上でございます。



◆12番(加藤幸雄君) はい、ありがとうございました。



○議長(横手康雄君) ほかにありますか。



◆12番(加藤幸雄君) ありません。



○議長(横手康雄君) 榎本議員。



◆9番(榎本和男君) 10ページの一般管理費についてお伺いいたします。

 10ページの健康診断委託料、これは確定により減額となっております。19節のそれに振りかえるという形で、19節宮代職員等厚生事業補助金ということになって説明を受けたわけですが、人間ドックを受けるということになりますと、同額を振りかえていますが、金額的に差があるのではないかなと思うわけで、この点について詳しくお願いいたします。



○議長(横手康雄君) 榎本議員の質疑に答弁願います。

 総務課長。



◎総務課長(田沼繁雄君) 10ページの質問に対してお答え申し上げます。

 健康診断委託料を補助金の方に振りかえて予算計上させていただいたわけですが、人間ドックを実施する際、健康診断と金額的に差があるのではないかということでございますが、確かに差がございます。それで、健康診断は町の負担で職員の健康診断を実施しているわけですが、人間ドックにつきましては、その町でやるべきことを個人で負担してやっていただいているものに対して、町でかかっている相当分を個人に補助金として支出しているものでございます。ですから、かかる分をこちらで補助するということで同額を計上させていただいております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 榎本議員、再質疑ありますか。

 榎本議員。



◆9番(榎本和男君) そうしますと、自己負担で人間ドックをかかって、当然町でかかるべき費用分については負担するということですというような答弁を聞きました。そうすると、人間ドックを受ける、受けないは、これは健康診断を受けなかった人は人間ドックをすべて受けなくちゃならないのか。それとも、健康診断を受けなかった人が任意で人間ドックを受けると。その受けたときについて、当然町は健康診断したときに負担すべき金額だけを補助するというようなのか、その辺をお伺いいたします。



○議長(横手康雄君) 榎本議員の再質疑に答弁願います。

 総務課長。



◎総務課長(田沼繁雄君) お答え申し上げます。

 職員の健康診断につきましては、人間ドックを受けても健康診断、集団で行います健康診断を受けても、どちらでも健康診断を受けるということになっております。これは労働安全衛生法に基づきまして、職員は全部受けなければいけないということになっております。ですから、どちらかで受けるわけですけれども、30歳以上の方については人間ドックが対象となりますが、それ以下の方につきましては健康診断という形ですべて受けていただいております。

 今回、健康診断で当初予定していたもので、30歳以上の方で人間ドックに振りかえたいという方がおりまして、その方が59名おります。その方を補助金として対応させるべく、今回このような形をとらせていただいたものでございます。どちらで受けても結構だということです。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 榎本議員、いいですか。



◆9番(榎本和男君) わかりました。



○議長(横手康雄君) ほかにありますか。

 柴山議員。



◆14番(柴山恒夫君) 議席14番、柴山でございます。

 2点ほどお伺いします。

 19ページ、土木費の公園整備実施設計委託料、これは中央の分教場跡地に整備費ということで伺ったんですけれども、この整備の内容についてお伺いします。

 過日、一般質問でグラウンドゴルフの練習場とかいう答弁もありましたけれども、実際どのような整備の内容なのかについて、もう少し詳しくお願いします。

 それと、先ほど加藤議員が質問した教育費の劣化診断のことについてお伺いします。

 この劣化診断は、内容は今お聞きしたのでわかったのですけれども、例えば室内消火栓のホースの交換、ほとんど全箇所ということで、耐用年数10年ということでありましたが、これは耐用については規格があるのかないのか。わざわざそういう委託して診断してもらわなければいけないのかどうか。この劣化診断は、今回あちこちやっていますけれども、定期的に行うのか。それと、この劣化診断を請け負った業者、委託した業者ですね、そういった専門的な業者なのか。さらに、建物調査委託料ということで新たな予算も計上されていますので、これから計画的に劣化診断が行われるのか。外壁とか実際屋根とか、これは定期的にふだんはやっていると思うんですけれども、あるいは使用者が学校であれば学校側からさまざまな要求を専門で出されると思うんですけれども、そういった劣化診断のやり方というか方法について、業者も含めてお尋ねしたいと思います。

 以上、2点お願いします。



○議長(横手康雄君) 柴山議員の質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 公園整備実施設計委託料の設計方針についてお答え申し上げます。

 こちらの場所につきましては、広場的要素を多分に盛り込み、また避難所用途にも耐えられるために多目的な広場を中心に植栽、ベンチ、遊具を配置する予定でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして答弁願います。

 総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) お答え申し上げます。

 劣化診断についてでございますけれども、今回、劣化診断を行いました目的でございますが、今回町内の公共施設が数多くできてまいりましたけれども、経年の劣化によりまして、毎年突発的に修繕を要するというような予算要求等も上がってまいります。このような実態を未然に、事前に調査をすることによりまして、計画的な施設の修繕を行いたいという趣旨で今回劣化診断を行ったところでございます。

 最終的には、今月中に町内の33施設の計画書がまとまるわけでございますけれども、これらをもとにいたしまして来年度以降、計画的に修繕を行っていきたいということで、定期的にこの劣化診断というものを継続して行うかどうかについては、現在ところはまだ未定でございます。

 なお、今回の劣化診断の結果につきましては、その修繕計画というものを合併をした際にも宮代町としての計画書ということで、継続して修繕を行っていきたいと、このように考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 柴山議員、再質疑ありますか。

 柴山議員。



◆14番(柴山恒夫君) 14番、柴山でございます。

 再質問ですけれども、最初の公園整備のことですが、グラウンドゴルフの練習ができるというふうに理解してよろしいんですか。というのは、グラウンドゴルフをやる場合は、あそこに芝生があってはやりにくいと思うんですよね。土だと思うんですけれども、そういうことでよろしいのか。

 それと、多くの人が来るわけなので、トイレとか駐車場についてはどのようになっているのか。子供の遊具についてはどのように、多目的ですから、いろいろ使うんですけれども、例えばグラウンドゴルフだとほとんど専用的に使うような形になるんですが、あの場所から言えばね。そういうことで、グラウンドゴルフが使用可能なのかどうか。その辺について、トイレ等を含めて確認させていただきます。

 次に、劣化診断ですが、これについては業者についてはお伺いしたんですが、お答えがなかったので、専門的な業者なのかお聞きしているので、お答え願いたいと思います。というのは、例えばさっきも言ったんですけれども、屋内消火栓のホースが10年でほとんど交換ということですけれども、これは、わざわざ業者に見てもらわなくちゃいけないのかどうか、ちょっと疑問なんですよね。そういう耐用年数がわかっていれば、別にお金をかけなくてもそういう規格どおりやればいいわけなので、その業者がどういう専門的な、定期的には考えていないということですけれども、どのような専門的な判断なのかをお聞きします。お願いします。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 柴山議員の再質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) グラウンドゴルフが練習可能かというご質問でございますが、多目的な広場でございますので、グラウンドゴルフも練習可能でございます。

 それから、トイレの件でございますが、過日の住民説明会、また意見交換会の中でトイレの説明を申し上げましたところ、トイレにつきましては犯罪の温床ともなるので、住民の方からもつくらないでほしいというような要望もございました。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) 劣化診断の件でございますけれども、委託した業者は鹿島建設でございます。それから、消防のホースとかは委託するまでもないのではないかというようなご質問かと思いますけれども、今回の劣化診断につきましては施設、建物本体、それから各種設備とか機械とか、なかなか職員では内容等が把握できない専門的な委託ということでお願いをいたしまして、その中で今回、消防のホースだとかというものが数多く出てきたというような、結果としてホース等が出てきたということでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 柴山議員、再々質疑ありますか。

 柴山議員。



◆14番(柴山恒夫君) 意見になるかと思うんですけれども、先ほどの公園整備の関係で、トイレについては犯罪の温床になるということですが、簡易トイレということでそんなに費用がかからない、公園に置いてあるところがあるんです、結構ね。だから、きちんとしたものでなくてもできると思うので、それはぜひ高齢者多いと思うんですけれども、トイレがないということは、長時間そこでプレーができないということだし、衛生的にも問題があるので、これについては検討を要するのではないかというふうに意見を申し上げておきます。

 それから、劣化診断の方ですが、鹿島建設ということですか、これは名前で言えば大手ですよね。ですから、こういった点では地元業者にそういうことがお願いできないのか、その辺もうちょっと意見として申し述べておきます。

 以上で終わります。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

 加納議員。



◆2番(加納好子君) 2番、加納です。

 15ページの保育園費の賃金について私も質問させていただきます。

 過日、六花と及び保育園を私たちの仲間が視察・研修させていただいた折には、丁寧にご案内いただきましてありがとうございます。まずお礼を申し上げます。そのときに、保育園のところで質問が出たんですが、男性の保育士についてはあちらこちらで必要性が今言われていますが、みやしろ保育園ではそういった必要性はないですかという質問が出ました。そして、そのときに園長のお答えは、今のところ十分に対応していますので、その必要性はないということでした。本当に現場を見させていただいて、そのとおりだと思いました。そして、保護者の方たちからは、むしろ男性の保育士が1人いるということで、トイレの世話とかそういったことをお願いするのに、少し男性の保育士の場合はちゅうちょすることもあるんじゃないかというような話でした。ですが、視察に来ていた何人かは、それでも男性の保育士の必要性は今後出てくるでありましょうし、2名複数であるとちゅうちょするというようなことがカバーできるんじゃないかというような意見もたくさん出たところです。

 それは、保育園で今すぐに必要かどうかということではないかもしれませんが、男性の保育士というのは、今後やはり必要になってくるんじゃないかと思います。

 それで伺いますが、こういった臨時職員のところでテストケースという意味で、男性保育士を登用するというお考えがあるかどうかをまず伺いたいと思います。



○議長(横手康雄君) 加納議員の質疑に答弁願います。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) お答え申し上げます。

 臨時職員として男性保育士としての採用をする気はあるのかというようなご質問かと思います。

 基本的に登録の中には、今のところ男性保育士は見当たらないということでございます。しかし、議員さんご指摘のとおり、やはり保育というものにつきましてはさまざまな需要等もございます。そういった中で、今後十分研究・検討をさせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 総務担当参事。



◎総務担当参事兼合併推進室長(山野均君) ご答弁申し上げます。

 現段階ではまだ採用候補者の段階でございますが、来年度1名、男性保育士が候補者の中に入っております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 加納議員、再質疑は。



◆2番(加納好子君) いえ、ありません。ありがとうございました。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

 唐沢議員。



◆1番(唐沢捷一君) 1番の唐沢ですけれども、1点だけ簡単なやつなんでけれども質問しますけれども、19ページの方の3の公園費の関係でございますけれども、分教場の跡地ということで、前段者の質問で答弁しておりましたけれども、従来ここは総合政策が窓口になって取り組んできた場所だと思いますけれども、これが都市計画課に移行した経緯をまず聞かせていただきたいと思います。それが第1点。

 それから、2点目ですけれども、ここの場所につきましては住民参加、宮代流の住民参加で十分地元の人と話し合いを進めながら決めていく。どういう使用方につきまして決めていきたいということが再三再四総合政策課の方からの答弁をいただいておりますけれども、今、都市計画の課長によりますと、もう何か決まったような話で話が進んでいるというふうなことなんですけれども、住民参加ということですから、恐らく何回か何十回か地元の皆さん方と話し合いをしてきたと私は思っておりますけれども、宮代町が進めている住民参加、どういう形でやってきたのか、ひとつ参考までにお聞かせ願いたいと思います。

 2点、ひとつよろしくお願いいたします。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員の質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) お答え申し上げます。

 旧分教場跡地につきましては、ご案内のように分教場廃止に伴いまして老朽化した建物が撤去されまして、用途を特定せず過渡的に広場という形で現在に及んできているところでございます。位置的に住宅が練檐、密集した市街地の中にありまして、貴重な空閑地でございまして、現状におきましても地域の皆様の憩いの場ともなっておりまして、その利用方法につきまして論議されてきたところでございます。

 また、このたびの新庁舎建設に伴いまして、コミュニティ広場の代替機能の移転も必要となりましたことから、平成13年3月に策定されました都市計画マスタープランや緑の基本計画などの上位計画におきまして、この場所が一時避難所としての検討地域や緑化推進重点区域として位置づけられていることもありまして、当課におきまして現行の広場機能を維持保全しながら、これら上位計画を融合していくこととなったものでございます。

 以上でございます。

 それから、2番目の住民参加でございますが、このような方針に基づきまして、過日11月22日でございますが、周辺700世帯の方に回覧を申し上げまして、また区長さんにもご案内申し上げまして、当小ホールで説明会並びに意見交換会を開催したところでございます。

 それから、これらの意見を設計に反映させていただきまして、来る2月あるいは3月の中で、また皆様にお集まりいただきまして、意見を求めたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員、再質疑ありますか。



◆1番(唐沢捷一君) もう1回ちょっと確認をしておきたいんですけれども、総合政策課から都市計画に移った経緯、何かちょっと抽象的でよくわからないんですけれども、どういう経緯があって、もう少し具体的にご説明いただきたいと思うんですけれども、従来一貫して総合政策が窓口になってあそこを整備してきたし、管理もしてきたし、住民との対応もしてきたと思うんですけれども、どういう経緯なのか。もう少し具体的にご説明を願いたいと思います。

 それから、もう1つ。宮代流の住民参加、住民の皆様と十分話し合いを進めながら、あそこを整備する。それからまた、有効な利用方を進めていきたいということでやってきたと思うんですけれども、何か1回だけでもう住民の話し合いが終わったということ。それも何か一方的に決まったことを住民に説明したというふうな今、課長からの説明なんですけれども、過去に何回ぐらい、少なくとも住民参加ですから、1回で事が済むことじゃないと思うんですけれども、住民参加、住民の皆様方と十分コミュニケーションを踏まえながら、あそこをどうするかということで取り組んできた宮代町の姿勢から言うと、ちょっと何かおかしいのかなという感じがするもので、何回やってきたのか、もう1回ちょっとくどいようですけれどもお聞かせ願いたいと思うんですけれども、よろしくお願いします。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員の再質疑に答弁願います。

 総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) 私の方からは、分教場の跡地の整備につきまして、総合政策課から都市計画課に今回移管した経緯でございますけれども、ご存じのように新庁舎の建設が再開をされるということになりまして、それと連動いたしまして分教場跡地の整備も並行して進めていくと。そういった場合に、役場の中での役割分担をしっかりしようということになりました。その中で、新庁舎の建設につきましては総合政策課、それから分教場の跡地整備につきましては都市計画課ということで役割分担をしたところでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 2点目はどうですか。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 町民参加に係るご質問でしたけれども、説明会、意見交換会は去る11月22日でございましたけれども、今後、絵がないと意見も出せないというようなこともありまして、来年の2月あるいは3月に1回、それからその後また5月ごろに1回予定しております。

 それから、過日の意見交換会の中で、跡地利用の問題でいろいろご意見をいただきました。その中で予算上の都合であるとか、設計方針であるとか、それから他課に属するもの等ありまして、それらにつきましてはこういう意見があったということで関係課には伝えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員、再々質疑はいいですか。



◆1番(唐沢捷一君) はい。ありがとうございました。



○議長(横手康雄君) ほかにありますか。

 神田議員。



◆11番(神田政夫君) 11番の神田でございます。

 黙っていようと思ったんですけれども、いろいろ聞いていますと発言せざるを得ないんで申し上げますが、19ページの公園整備実施設計委託料のことでございます。お尋ねしますが、まずこの設計を委託する場合に、町の方からこういうものとこういうものとこういうものは、例えば設置したいもの、つくりたいもの、そういうものを指名して設計を委託する、当然だろうと思うんですけれども、その点まず確認いたしたいと思います。設計者に丸投げでお願いしちゃうんじゃないと思いますけれども、まずその点確認したいと思います。それから質問させていただきますから。



○議長(横手康雄君) 神田議員の質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 公園の設計の関連でございますが、過日の意見交換会におきまして、住民の皆さんからいただいた意見、その中ではいろいろな意見がございまして、犯罪の防止、草の繁茂、それから管理の簡単なもの、それから余り木を植えないでください、それから木陰をつくってほしいなどいろいろな意見がございまして、それらの要素を取り入れて、それから町で考えております避難所形態ですか、それから広場機能充実と、そのような形で設計方針に盛り込む予定でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 神田議員、再質疑ありますか。

 神田議員。



◆11番(神田政夫君) 私の質問に余り正面から答えてはいないようですけれども、申し上げますが、前段の議員からもいろいろ質問がありましたけれども、何点か申し上げますが、犯罪防止のためにトイレをつくらないんだと、こういうことですね、1つはね。私はこれはもう本末転倒だと思いますね。そういう意見がどこからか出ているか知りませんけれども、あそこを利用する方が、グラウンドゴルフだとかあるいはほかの町民の方とかいろいろな方が来て利用するわけですけれども、犯罪がありそうだからトイレつくらないということじゃこれは本末転倒で、利用者のために親切でないと思います。

 例えば、グラウンドゴルフやる方々、あるいはゲートボールやる方々、しょっちゅうトイレへ行っているんですよ。それがトイレがないというんでどうしますかね。あの辺でやっていいんですか。そういう点まず考えていただきたいと思うんですね。

 それから、分教場跡地、あれを先ほどどなたかも出ましたけれども住民参加ということですから、これから住民にあれをよく使ってもらうためには、地元の方はもちろんでしょうけれども、あれを比較的よく使う団体の方々の代表の方の意見でも聞いて、どういうふうにあれを設計し、どういうふうにつくったら皆さんが喜んで使ってもらえるか、そういうことをもっともっと考えるべきだと思うんですよ。最低、駐輪場とかトイレ、これは必要だと思いますよ。どこの町のそういう関係の施設へ行っても、最低あります。

 それから、あずまやも要なんですよ。そこには小さいながらもあずまやがあるので、雨が急に降ってきたときとか、あるいは暑いときとか、熱射病にならないためにも、ああいうのがあるからあそこに入り込んで、皆さんがちょっと休憩したり休んだり、雨よけしたりできるんですよね。そういうものもやっぱり必要なんです。

 そういうこともよく考えていただいて、住民参加、そういう方法でもとっていただく、そして利用者の意見を聞いて、そしてみんなに喜ばれるようなものをつくってもらいたいと思うんですね。

 今回も代表者が集まって話したのかどうか知りませんが、グラウンドゴルフやゲートボールをやっている方の代表というのは出ていないんじゃないかと思いますが、どうなんですかね。多目的広場として使えるように、よくひとつ考えていただきたい。

 総合政策課でもどの課でも結構ですけれども、もう少し利用者に親切なことを考えてやっていただきたいということを申し上げておきます。そういう点をさらに再考していただけるかどうか、それを再質問します。



○議長(横手康雄君) 神田議員の再質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 再質問にお答え申し上げます。

 まず、トイレの件でございますが、何よりもあの場所につきましては、近隣約700あるいは800世帯の方の憩いの場にもなっておりますので、それらに住まわれている方の意見を尊重したいと考えております。ですから、その中でトイレの要望等があれば、またその中で検討をすべきものと考えております。

 それから、利用目的、あずまやのご意見もいただきましたけれども、あずまや等につきましては住民の方々からご意見ありまして、ホームレス関連のこともあるんでというような意見がありまして、今のところつくらない方向でおります。

 また、住民参加につきましては、今後2回ほど予定しておりますので、その中でまたご意見があれば設計内容等に反映させてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 神田議員、再々質疑。



◆11番(神田政夫君) よく住民の方から住民の方からと言うんだけれども、一部の住民の方の意見じゃだめなんですよね。実際に利用する方の住民の意見も聞いてもらわないと、またできてから不満なんか持ち上がってくるんですよ。そういう点ひとつよく考えてもらいたいと思うんですね。

 あずまやはちょっと無理だということならば、あそこの場所はそんな広くないから、これもやむを得ないと思うんだけれども、駐輪場とかトイレ、これは最低必要な施設ですからね、私からも強く要望しておきます。

 あずまやの件については、また後日機会を見て申し上げたいと思っております。そういう点をよく考えて、しっかりと設計をお願いしたいと思います。

 以上です。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

 赤塚議員。



◆15番(赤塚綾夫君) 15番議員の赤塚ですが、どなたも質問していなかったものですからさせていただきます。

 私が一般質問でお伺いしたところなんですけれども、どうしても耳が悪いんでしょう。きちんと答弁なさっていたところだと思うんですが、確認の意味でお伺いします。

 それは、10ページの財産管理費の15節工事請負費の中に調査建設工事費3億9,000万円が予算化されておりますけれども、その点で総合支所建設に当たってということで一般質問させてもらったんですが、(2)でお尋ねした耐火耐震性についてお尋ねしたところ、答弁では耐震性については大断面集成材を使った柱とはりを特殊なコネクターで接合する工法を採用したから、耐震性・耐久性に問題ないとのご答弁をいただいたんです。

 それからもう1つ、8番では、床張りについてお尋ねしたところ、事務室はOAフロア、それから通路は1階がタイル、2階がフローリングとお答えされたように、そのように聞き覚えがあるんですが、どうも私横文字、片仮名語が弱いので、そこでお尋ねするんですが、事務室はOAフロア、私、片仮名言葉で調べたら、OAというのはオフィスオートメーションの略だそうです。フロアというのは床ということなんです。それからフローリング、フロアリングのことで建築とか床張りとか床仕上げ材と辞書に載っているんです。私は床張りについて、フローリングについてはどんな素材を使うんですかとお尋ねしたと思うんですが、何かこれで調べると、全然答えになっていないような気がしました。

 ただ、通路については1階はタイルで、2階はフローリングとまた出てくるんですね。フローリングというのは床張りのことだから、素材じゃないような気がするんで、どんな素材をお使いになるんですかとお尋ねをしたんで、答えたのかもしれません。聞き取れなかったものですから、もう一度その辺をお伺いしたいと思います。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 赤塚議員の質疑に答弁願います。

 総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) お答え申し上げます。

 新庁舎に関しまして、床材のご質問でございますけれども、1点OAフロアでございますが、これは厚さが5センチほどのブロックとなっておりまして、その中が空洞になっているというんですかね、その中をOA機器の配線が中を縦横に走るというようなものでございまして、床の上にOA機器関係の配線だとかが露出をしないというようなメリットがございますので、今回一応事務室につきましてはOAフロアを採用させていただいております。

 OAフロアの素材はプラスチックで、表面がカーペット張りになっております。

 それから、2階で採用いたしますフローリングの素材でございますけれども、こちらにつきましては樺材というものを採用をさせていただきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆15番(赤塚綾夫君) まだ答弁されていないよ。コネクタって何ですか。



○議長(横手康雄君) 赤塚議員、再質疑の中でお願いします。再質疑ありますか。

 赤塚議員。



◆15番(赤塚綾夫君) 再質問じゃない。最初の質問しているのが答えが出ていませんよというの。答弁漏れ。それで3回、3回なんて言われたんじゃ話にならないよ。



○議長(横手康雄君) 総合政策課長、漏れなく答弁お願いします。



◎総合政策課長(岡村和男君) 大変失礼いたしました。

 コネクターでございますけれども、こちらにつきましては新庁舎の柱の中で大断面集成材を加工して使うわけでございますが、その柱と柱をつなぎ合わせる構造材としてそのコネクター、接合部材を使います。金具でございまして、今回の建設の中の特徴の一つでございます、いわゆる工法といたましてKS工法というものを採用したところでございまして、そのKS工法の中で柱と柱をつなぐ部材のことを今回コネクターと呼ばさせていただいているということでご理解いただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 赤塚議員、再質疑。

 赤塚議員。



◆15番(赤塚綾夫君) 通路についてもお尋ねしたところなんですが、1階はタイル、2階はフローリングと言ったんだけれども、そのフローリングというのは床張りのことだから素材ではないので、タイルは素材ですけれども、フローリングというのは素材じゃないからもう1回そこを。2階の通路の素材をもう1回教えてもらいたい。

 それから、樺材というのは、また余計わからなくなった。

 それから、タイル材。1階はタイルということなんですが、タイルは非常にむしろ危険じゃないのかなと、滑ったり何かして。そういうので何か加工されたタイルなのかお伺いします。



○議長(横手康雄君) 赤塚議員の再質疑に答弁願います。

 総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) お答え申し上げます。

 2階のフローリングの素材でございますけれども、樺の木というものがございまして、樺の木を使いましたフローリングということでご理解いただきたいと思います。

 それから、1階のタイルでございますけれども、こちらにつきましては滑りどめ加工が施されているタイルを使用していきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



◆15番(赤塚綾夫君) よくわかりました。ありがとうございました。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 議席13番議員の丸藤でございます。

 もう前段の議員の中で言い尽くされているかと思うんですけれども、19ページの公園費。確認させていただきたいんですけれども、これまで公園というとトイレをつくるときには、それなりの理由を言って設置してきました。今回、利用者の立場からぜひ設置していただきたいという、そういう声もありながら、なぜここにトイレとかあずまやにしなくても、ベンチ等とか駐輪場というのは、これはどこの公園だってセットとして当然の常識的な設置のあり方なんですけれども、今後こういう形で進まれるのかどうか。その点大変気になりますので、その点だけ確認をさせていただきたいと思います。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員の質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 公園費につきましてお答え申し上げます。

 トイレと駐輪場のご質問でございましたが、駐輪場につきましては設計の中に考慮させていただいております。

 それから、トイレでございますが、トイレにつきましては、この計画の広場的機能なんですが、ほかの地区にも街区公園と呼ばれる公園がございます。ある程度の用途上の均衡を考えさせて、今のところ先ほど申し上げましたように、トイレはつくらない方針であると、この旨申し上げております。あくまでも他の街区公園とバランスをとっての意味でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員、再質疑ありますか。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 理由を聞いてみますと、先ほどからトイレについては、子供たちの犯罪の温床になるとか、それからあずまやについては、そういう方々がふえては困るとか、そういう理由とか言っておりますけれども、それは2次的な問題で、ここについてはほかの公園とのバランスということを考えるのであれば、もともとは庁舎建設のためにコミュニティ広場が使えなくなったと、そこの代替地として跡地を使うわけでしょう。そうすると、普通はここで行われたことが、向こうに移設することによって不都合が出るわけですよ。それを緩和するのが当然、そこを考えるのが行政としての当然のあり方だと思うんですけれども、そういった点でもこういうふうに言うと、ほかの公園とのバランスとか言いますけれども、実際、ここに現に使われていた、特にお年寄りの人たちは楽しみにしてゲートボールとかやっていたわけです。それから、いろいろな運動会もやっていたし、そういう意味では、それをできるような最小限同じというわけにはいかないにしても、やはり条件は同じようにする、それで初めて移転ということになるんじゃないでしょうか。ですから、私が言っているのは、利用者の立場に立って考えてみてくれたのかどうか、その点どうなんでしょうか。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員の再質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 再質問につきましてお答え申し上げます。

 ご利用になられる皆様のご意見、それから近隣の住民の皆様の意見、各階層の意見を取り入れていく方針でございますので、まずはもっとも近くに接する多くの住民の方、先ほど申し上げましたが700あるいは800世帯の中のご意見は最も重要だと考えております。その中でのご意見も重要視する意味がありまして、このようなコンセプトになっているところでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員、再々質疑ありますか。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 最後ですので、もう一度確認したいんですが、そうしますとトイレの設置については、近隣の住民の人たちが反対をしていると、設置はいかんというふうに言っているわけですね。それを総合的に勘案して、設置をしないということで確認させていただいていいですか。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員の再々質疑に答弁願います。

 都市計画課長。



◎都市計画課長(中村修君) 住民の皆様の要望だけではございませんで、他の同じような広場でございます街区公園等とのバランスも考えてのことでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 議席13番議員の丸藤でございます。

 私は、日本共産党議員団を代表して議案第94号、2003年度、平成15年度宮代町一般会計補正予算について、反対の立場から討論を行います。

 補正予算の中には、障害者ホームヘルプ事業や宮代町生活サポート事業、保育所整備事業、蓮谷地内の湛水防除対策事業、街区公園等整備事業、私立幼稚園就園奨励事業、小・中学校就学援助事業、小・中学校等各施設の劣化診断に基づく施設修繕等々についての予算づけについては必要なものであり、評価するところであります。欲を言えば、公園の整備実施設計委託料につきましては、もっと利用する立場からも十分配慮していただきたいと思います。

 こういう評価する面もございますが、しかし、人事院勧告に準じた人件費の減額、つまり人事院勧告に基づく給与等の改定が行われました。私どもは、先月17日の臨時議会での条例改正の際にも申し上げましたが、特に職員の改定率が全体でマイナス1.12%、これは月額給与の引き下げは2年連続のマイナス改定で、年収は5年連続のマイナスであります。

 給与改定でマイナス1.08%、これは平均月額約マイナス3,300円であります。手当関係では、期末手当でマイナス0.2カ月分、平均で約8万8,000円となり、扶養手当は配偶者1万4,000円からマイナス500円の1万3,500円となったわけであります。

 これらについては、4点にわたり反対理由を述べました。今回の賃下げは職員の生活をさらに悪化させ、ひいては地域経済にもはかり知れない悪影響を与えるものであり、これらの内容が含まれた一般会計補正予算並びに以下特別会計補正予算についても同様でありますので、反対いたします。

 以上、申し上げまして反対討論といたします。



○議長(横手康雄君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 赤塚議員。



◆15番(赤塚綾夫君) 15番議員の赤塚ですが、議案第94号 平成15年度宮代町一般会計補正予算(第3号)について、賛成の立場から討論いたします。

 補正予算には、国家公務員の人事院勧告による給与改定が行われたことにより、地方公務員も国家公務員に準じて給与及び期末手当などが減額改定されることになりました。

 当町の職員数は、他の市町村の職員数と比較しても少ない中で、創意工夫し、町民のサービス向上のため懸命に努力なされております。まさに少数精鋭の中での頑張りです。職員の意気に反すること、人事院勧告に反対しても罰則はないとのことから、私は条例の提案に反対いたしましたが、原案どおり可決決定されました。

 よって、補正予算(第3号)では、人件費の減額もありますが、宮代町の中枢拠点であります庁舎が耐震診断の結果、非常に危険であるとのことから、新庁舎総合支所を建設することになりました。庁舎については早急に建設するよう何度も要求してまいりました。その新庁舎総合支所の建設費が予算化されました。

 よって、私は職員給与減額すべき条例には反対しましたが、大同小異、是々非々の立場に立ち、議案第94号 平成15年度宮代町一般会計補正予算(第3号)に賛成することを申し上げ、討論といたします。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 次に、反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第94号 平成15年度宮代町一般会計補正予算(第3号)についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ここで休憩します。



△休憩 午前11時20分



△再開 午前11時35分



○議長(横手康雄君) 再開します。

 休憩前に引き続きまして会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第95号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第3、議案第95号 平成15年度宮代町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第95号 平成15年度宮代町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第96号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第4、議案第96号 平成15年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 1点だけお願いしたいと思います。

 50ページの施設管理費の修繕料なんですが、ご説明で第1中継ポンプ場の管理システムだということだったんですが、この管理システムのどのような修繕が必要なのか、その点だけご説明いただきたいと思います。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の質疑に答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(鈴木博君) お答え申し上げます。

 50ページの修繕料でございますが、これは第1中継ポンプ場と第2中継ポンプ場を結んでおります遠隔管理装置が故障を発生しております。第1中継ポンプ場で第2中継ポンプ場の制御等を行えるようになっているわけでございますが、これがちょっと故障を来しております。現在は、維持管理業者の器具を使ってこれを実施しているということでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第96号 平成15年度宮代町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第97号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第5、議案第97号 平成15年度宮代町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) これも1点だけ。61ページになりますけれども、補助率の件で、ここで金額としては441万円の増額なんですが、ここに補助率が2つ書いてあるんですけれども、4分の3以内というのと100分の0.5、この内訳についてどのような内容になっているのかご説明をいただきたいと思います。それだけです。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の質疑に答弁願います。

 建設課長。



◎建設課長(鈴木博君) お答え申し上げます。

 100分の0.5につきましては事務費でございます。一般事業につきまして事務費がついてくるものでございますから、これが約3万5,000円ほど充てられております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第97号 平成15年度宮代町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第98号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第6、議案第98号 平成15年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第98号 平成15年度宮代町介護保険特別会計補正予算(第2号)についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第99号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第7、議案第99号 平成15年度宮代町水道事業会計補正予算(第2号)についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第99号 平成15年度宮代町水道事業会計補正予算(第2号)についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第100号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第8、議案第100号 宮代町市民参加条例の制定についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 13番議員の丸藤でございます。

 私は、日本共産党議員団を代表して、議案第100号 宮代町市民参加条例の制定について賛成の立場から討論いたします。

 市民参加条例につきましては、東京都では小金井市や西東京市などで制定されております。埼玉県では和光市が9月定例議会で提案され、可決されております。和光市では、18歳以上の市民で10人以上の連署があれば市への政策を提案できるなどの内容を盛り込んだ市民参加条例でございます。これが来年の1月から施行されるというふうに聞いております。

 宮代町では、住民参加のまちづくりの実現を目指し、公募住民16人と町職員12人、計28人による市民参加条例制作チームをことし2月に設置し、定期的な会議による条例案の検討が行われてきました。

 宮代町では画期的な条例案で、これに参加された皆さんに敬意を表するものでございます。

 特に、条例案の前文でも「宮代町は市民参加の歩みをより一層発展させ、市民と町との協働によるまちづくりを進めることを将来にわたり約束するため、この条例を制定します」とあります。

 また、目的の第1条でも「この条例は市民参加に関し、基本的な事項を定めることにより行政活動における市民の参加を権利として保障することを目的とします」とございます。これまでの説明でも、このことについての考え方も条例という自治体の最高法規により、市民参加に関する基本的な事項を定め、行政活動における市民参加を権利として保障することで、宮代町は市民参加によるまちづくりを進めていくことを内外を問わず明らかとすることとなります。

 そして、「この条例を市民参加に関する共通の物差しとして、市民と町が共有し、市民参加によりまちづくりを進めていくこととします」と、こういうふうになっておりますので、私どもこの条例案に全面的に賛成をいたしたいと思います。

 以上で賛成討論といたします。



○議長(横手康雄君) ほかに討論はありますか。

 林議員。



◆3番(林恭護君) 提案された議案の賛成の立場で討論をしたいと思います。

 今、条例の趣旨は前段の議員も指摘されたところでございますが、今後合併協議を踏まえておりまして、仮に合併が予定どおり町民の賛成のもとに進んだ場合には、この条例自身は平成17年3月末で廃止されると、こういう運命にございます。ただし、現在合併協議の中で宮代町の現在案であり、12月議会で可決見通しである市民参加条例、この条例が非常に話題になっておりまして、これをひとつ手本として、新しい新市が公設された場合に、新市の中で市民参加のあり方を研究していくということは、確認をされております。

 また、同時に、これには一定の年月がかかるということが前提でございますから、その間はこの条例が施行された地域においては、この趣旨が生きるといいますか、この方針で進んでいけると、こういう議論もされております。この辺は最終的には、またいろいろな法的な関係等の確定も必要かと思いますが、少なくとも1市3町の中で、この種の市民条例を持つのは宮代町がこれで初めてでございますし、またその中身は住民を主体とした合併の中身をつくり上げるという意味で土台になっていくと、こういう議論もされております。

 したがいまして、この宮代町が率先して市民参加の条例を決めて、市民と協働した明るい町をつくっていくと、この趣旨を合併の中でもしっかりと形づくっていきたいと、このことを展望するとともに、もう1点は、この条例は行政に市民が参加する権利を保障したという意味で画期的でございますが、入り口だと思います。この入り口に入った中で、どのように市民がこの行政をみずからのものとして考えていくか、これをひとつ心して考えてみたい。できれば、この市民参加条例を入り口として、その次には、まちづくりそのものをそれぞれの市民がみずから担えるような方法論も考えてまいりたいと。今後の合併の中でつくられる地域審議会は、ある意味ではその入り口になるかもしれないと、期待とおそれを考えながら議論に参加させていただいております。

 以上、加えて賛成意見とさせていただきます。

 終わります。



○議長(横手康雄君) ほかに討論はありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第100号 宮代町市民参加条例の制定についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(横手康雄君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 ここで休憩します。



△休憩 午前11時55分



△再開 午後1時00分



○議長(横手康雄君) 再開します。

 休憩前に引き続きまして会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第101号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第9、議案第101号 宮代町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 確認なんですけれども、まず、この改正案の真ん中辺のところで、附則第8項中「商品先物取引」を「先物取引」に改める、これは文言の訂正ですけれども、附則第9項、第10項。



○議長(横手康雄君) 加藤議員、ちょっと聞こえないんだけれども。



◆12番(加藤幸雄君) 附則第8項中「商品先物取引」を「先物取引」に改めるというところは、文言の訂正なんですけれども、その次で9項、10項にして、8項の次に1項加えるということで、この9というものであります。その括弧書きを見ますと、先物取引の差金と決済に係る損失の繰越控除に係る国民健康保険税の課税の特例ということで、要するに先物取引で生じた損失について、これは説明されましたけれども、3年間継続してその損失分を控除できるということで理解してよろしいかどうか、その点だけお願いしたいと思います。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の質疑に答弁願います。

 町民サービス課長。



◎町民サービス課長(斉藤文雄君) お答え申し上げます。

 先物取引等の関係で3年間継続というお話でございますが、附則第9条関係では上場株式に係る譲渡損益の繰越控除、これが損失が生じた場合は、その年の翌年以降3年間とする制度を創設するものでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 加藤議員、再質疑ありますか。



◆12番(加藤幸雄君) 結構です。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 12番議員の加藤です。

 私は、議案第101号 宮代町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について、日本共産党議員団を代表し、本案に反対する立場から討論を行います。

 今回の改定内容は、平成16年からの介護の第2号被保険者、40歳から60歳の方々の介護納付金の上限を、7万円から1万円引き上げて8万円にすること。「商品先物取引」の文言を「先物取引」に改めること。そして、その先物取引で生じた損失について、次年度から3年継続して控除できるとする。この3点であります。

 景気の低迷と相次ぐ社会保障制度の切り崩しと国民負担増によって、国民の暮らしと健康は未曾有の危機にあります。医療でも介護でも年金でも、どれをとってみても将来にわたって安心して任せられるものはなく、国民全体にかつてなく不安が広がっているわけであります。

 そんな中で、介護納付金の上限を1万円も引き上げることは容認できないものであります。

 また、先物取引の損失を3年間継続して国保税から控除できる規定は、投機でお金を左右する人たちの投機損を公的にカバーして上げようとする、金持ち優遇の最たるもので、断じて認めることはできないものであります。

 以上の理由から、本案に反対するものであります。



○議長(横手康雄君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 ほかに討論ございますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第101号 宮代町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第102号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第10、議案第102号 選挙長等の費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第102号 選挙長等の費用弁償に関する条例の一部を改正する条例についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(横手康雄君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第103号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第11、議案第103号 宮代町教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについての件を議題といたします。

 教育長、退席願います。

     〔教育長 桐川弘子君退席〕



○議長(横手康雄君) 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第103号 宮代町教育委員会の委員の任命につき同意を求めることについての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(横手康雄君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

 教育長、入場願います。

     〔教育長 桐川弘子君入場〕



○議長(横手康雄君) ここで教育長、ごあいさつを願います。



◎教育長(桐川弘子君) それでは、一言お礼の言葉を述べさせていただきます。

 ただいまは私の再任に関しまして、皆様方からご承認を賜りましたこと、厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 甚だ微力ではございますが、精いっぱい尽くしてまいりたいと思いますので、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第104号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 続きまして、日程第12、議案第104号 宮代町固定資産評価審査委員会の委員の選任につき同意を求めることについての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第104号 宮代町固定資産評価審査委員会の委員の選任につき同意を求めることについての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(横手康雄君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第105号の質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第13、議案第105号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについての件を議題といたします。

 本案は既に上程、説明済みであります。

 直ちに質疑に入ります。

 質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議案第105号 人権擁護委員の候補者の推薦につき意見を求めることについての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(横手康雄君) 挙手全員であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第14、議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例についての件を議題といたします。

 職員をして議案を朗読いたさせます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(横手康雄君) 提出者から提案理由の説明を求めます。

 唐沢捷一議員。



◆1番(唐沢捷一君) 1番の唐沢でございます。

 議員議案第2号につきましてご提案をさせていただきたいと思います。

 中身につきましては、宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例ということで、提出者私の方からご提案を申し上げたいと思います。

 なお、賛成者につきましては宮代町議会議員の木村竹男議員、小山覚議員、神田政夫議員、赤塚綾夫議員、高岡大純議員、野口秀雄議員の各議員の賛成者をいただきましてご提案を申し上げたいと思います。

 提案理由につきましては、宮代町議会議員の定数条例の改正に伴い、議員の定数が22名から20名に削減されたために、今回の提案をするものでございます。

 なお、中身につきましては、宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例ということで、第2条中の「総務企画委員会6人」を「総務企画委員会5人」に削減する。文教厚生委員会を「6人」から「5人」に改めるというような中身になっております。

 なお、第4条の方の第2の2項中の「8人」から「7人」に改めるという中身につきましては、議会運営委員会の削減ということでご理解いただきたいと思います。

 以上でございます。ひとつよろしくお願いいたします。



○議長(横手康雄君) これをもって提案理由の説明を終わります。

 これより質疑に入ります。

 質疑ありますか。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 13番議員の丸藤でございます。

 1点お聞きしたいんですが、私も議運に入っていますので、この間の経過については周知しているつもりでございますが、先ほど委員長の方から提案理由がございました。今回、定数削減によって委員会と議運の定数を変えるという提案でございましたが、これは総意ということでわかるんですけれども、委員会制度については長所も短所ももちろんあります。その点については同じだと思うんですが、ここで問題なのは、やはり委員が少なくなった場合、定員どおり出席していればいいんですけれども、欠席者が多くなった場合、特に定足数すれすれで審査決定した場合、どうしても不十分な審議になりかねないと思うんですが、そういった点では唐沢委員長はどのようにお考えか伺いたいと思います。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員の質疑に答弁願います。

 唐沢委員長。



◆1番(唐沢捷一君) 今、丸藤議員の方の質問にお答えするわけでございますけれども、中身につきましては議員もご承知のとおり、議会運営委員会でも何回か議論をした結果がこのような提案というふうになっているわけでございまして、その議会運営委員会の議論の中で、今、丸藤議員が言っているような質問、それからまた意見交換、いろいろあったわけでございます。

 確かに、委員が減数をすることによって、丸藤議員が心配するようなことの事態も起こる可能性はあるかもしれませんけれども、現状の中で4つの委員会を生かした中で、委員会の議論をその選ばれた委員さんの中で十分議論をすれば、それらのものは十分クリアはできるのかなというふうに思っているわけでございます。ひとつそういうことでご理解をいただきたいと思います。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員、再質疑ありますか。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 十分な論議をすればクリアできるんじゃないかという、唐沢委員長の見解を聞いたわけなんですけれども、この件につきましては、委員会を4つにするときも私いろいろ心配される、また懸念されることを議論しました。やはりこの4委員会にしたときに、その懸念がずばり当たりまして、翌年の新年度予算の委員会のときに、たしか町民経済委員会だったと思いますけれども、もちろん5人ですね。2人欠席者がいたんですね。審議が委員長、副委員長、それから委員さん3人で、当初予算の付託された審議を行って採択というときに3人でやった。しかも、1人が委員長ですから、もう2人が賛成、反対で同数となったんですね。これで非常に困って、出席するように慌てて連絡をしたという、そういう一場面もあったんですけれども、これで果たして大事な重要な町の一委員会として十分かどうか。私は不十分だと思うんですけれども、その点は委員長どのようにお考えですか。伺いたいと思います。



○議長(横手康雄君) 丸藤委員の再質疑に答弁願います。

 唐沢委員長。



◆1番(唐沢捷一君) 今、丸藤議員から再質問をいただきました。たまたま町民経済委員会の過去の1つの例を挙げて指摘をしたわけでございますけれども、私も長い間議会議員をやらせていただいておりますけれども、1つの例外中の例外を1つ出して、多い少ないというふうな議論はなかなか、いかがかなという感じもしますし、また、十分か不十分かは見解の相違だというふうに思っております。

 議会運営委員会の中で、本当に慎重審議、議論を重ねた結果の今回のこの提案というふうなことでございますので、丸藤議員の不十分だというふうな見解につきましては、1つの意見としてお伺いをしておきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 丸藤議員、再々質疑ありますか。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 委員長から見解の相違だというふうに言われればそれまでなんですけれども、例外中の例外ということなんですが、これはもう当初から心配されている。また、議会の委員会の形式で、これらについては例外中というよりも、やはり懸念されているうちの1つなんですね。例外中の例外ではありませんので、それは見解の相違だということなので、それ以上は無理なんですけれども、埼玉県を見ましても、4つの委員会を持っているのは49町村の中で宮代町ただ1つなんです。それから、3委員会が43の町村、それから2委員会が1つの町と4つの村ですね。そういうふうになっているんですね。ですから、たしか埼玉県の事例でも大井町なんかも一たんは4つにしたことはあるんですが、やはりそういう不都合があって3つに戻しているんですよね。4つの委員会から3つの委員会にしているという事例もございますので、そこは見解の相違だということなんですが、そのことだけは申し上げておきたいと思います。

 以上です。



◆1番(唐沢捷一君) 質問じゃないの。



◆13番(丸藤栄一君) 聞いてもむだでしょう。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本案に対する反対討論の発言を許します。

 丸藤議員。



◆13番(丸藤栄一君) 議席13番議員の丸藤でございます。

 議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例について、日本共産党を代表して反対の立場から討論を行います。

 この委員会条例の一部改正につきましては、先ほども質疑の中でも言いましたし、また、過去にもそれから議運の中でもこの問題は取り上げてきました。一般質問の中でもたしか取り上げた経緯もございます。

 今回、議員定数を条例で減らしましたが、私は減らさなくても今の委員会の数の4つは多過ぎる、そういうふうに思っております。1個の委員会当たりの委員数は5人ということで、少なくなるわけでございます。総務企画委員会と文教厚生委員会、ここが1名ずつ減るわけでございます。20人の議員定数を4つの常任委員会を設けた場合、すべて5人の委員数となるわけでございます。そのうち委員長、副委員長を除きますと委員が3人となってしまうわけでありまして、あるいは採決の際、5人の委員から委員長を除きますと4人であり、3対1で可否どちらかに決まり、場合によっては2対2の可否同数となる場合もあります。あるいは先ほど実際宮代町でもあったように、2人欠席してしまった場合、委員長を入れて3人となり、採決する場合、委員長は除かれますと2人で可否が決せられるわけでございます。時には見解が分かれて1対1の同数となる場合も出てくるわけでございます。それで果たして十分な審査が内部意思の決定が可能かといいますと、私は大変問題があると思うわけでございます。

 実態が伴わない4つも委員会を置く必要はないと思いますので、本案には反対をいたします。

 以上で反対討論といたします。



○議長(横手康雄君) 次に、本案に対する賛成討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 賛成討論なしと認めます。

 ほかに討論ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより議員議案第2号 宮代町議会委員会条例の一部を改正する条例についての件を挙手により採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手多数〕



○議長(横手康雄君) 挙手多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第4号の委員長報告、質疑討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第15、請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書を議題といたします。

 本件について委員長の報告を求めます。

 榎本和男建設土木委員長。



◆建設土木委員長(榎本和男君) 9番、榎本です。

 建設土木委員会に付託されました請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書を議題とした審査の経緯と結果につきましてご報告いたします。

 審査は、12月5日午前10時より集会室にて行いました。1名傍聴の希望がありましたので許可いたしました。

 まず、紹介議員より請願の趣旨について請願書に沿った説明があり、補足説明では平成14年12月議会、平成15年1月臨時議会における和戸駅周辺地区に関する町長答弁、助役答弁の紹介がありました。この請願は、和戸駅西側周辺地区の地権者で構成する和戸駅西側土地区画整理準備会から出されており、この準備会では本年11月1日に施行検討区域の決定を行い、さらに土地区画整理組合の設立を目指しているとのこと。この施行検討区域には、和戸駅西側に駅広場と駅前通りを計画しており、和戸駅の橋上化を前提にしていること。これら和戸駅の橋上化や土地区画整理事業は、町が合併の説明会などで示した和戸駅周辺を新市の北の拠点とする重点整備の内容であり、また、そのための関係土地所有者、地権者の協力が不可欠であると述べていること。

 これらのことを踏まえ、事業の成立には和戸駅の橋上化は不可欠なものであり、土地区画整理事業の進展に合わせた迅速な支援が求められることなどから、請願項目として和戸駅の橋上化への具体的取り組みと事業の進展に合わせた迅速な支援を求めるとするこの請願書が出されたとの説明がありました。

 紹介議員の説明の後、質疑、答弁を行い、また準備会の内容について準備会の事務局でもある都市計画課の課長の確認を求めました。

 質疑の主なものとして、準備委員会における地権者の構成人数については158名である。役員の人数については、会長1名、副会長3名を含む23名の役員がいる。平成15年11月1日の施行検討区域の決定に関しての質問には、勉強会、研究会さらにこのたびの和戸駅西側土地区画整理準備会と発展してきた中で、各地区から出ている役員で構成する役員会で検討し、和戸駅西側土地区画整理準備会の総会において承認された。

 施行区域面積は、約11.6ヘクタールとのことです。この事項については、事務局に確認いたしました。地権者数については、とらえる時期により若干の変動があるとのことです。

 準備会は本年度設立され、総会は2回行われている。ここに至るまでの勉強会、研究会などの役員会を含めた開催回数については、長い期間行われており、かなりの回数開かれたとのことです。

 請願の内容などについての各役員の認識については、役員会出席者全員の賛同を得ている。また、組合設立が先で、その事業の進展の中での支援として、駅の橋上化となるのではないのかとの問いでは、役員会などで西口開設を前提に話を進めており、駅前広場、駅前通りが確定されれば、より事業が具体的になり、事業化に向け地権者の理解を得られやすい。また、駅の橋上化と区画整理事業は一体的なものとの認識で検討している。

 また、駅の橋上化には東口も関係するのでは、またA調査の30ヘクタール規模から、今回の区域は3分の1ぐらいに縮小されているが、駅広場の規模はどうなのか。事業区域は大きい方が有利ではないかとの問いでは、準備会としては西口開設のための駅の橋上化の要望であり、東口については行政の対応と考える。駅広場は3,000平米、駅前通りは幅員18メートルを計画、将来を見据えたもので、事業区域もこれまでの経緯を踏まえ設定したもので、これらは行政と協議の上で計画を検討してきたとの説明がありました。

 また、東武沿線は東口が先に開いており、西側が未開発だった。そこから橋上化として西口が開設された経緯があり、町と東武という関係もある。和戸駅の東口も含めて考えると、時間と費用も大きくなる。東口については、姫宮駅と同様に考えるべきではないか。橋上化することにより、西口が開設され、そのことにより組合として保留地処分が有利に進む関係があり、それらを含め準備会から要望が出されたと理解できるとの意見がありました。

 以上のような審議経過の後、反対討論はなく、賛成討論1名の討論終了後採決に入りました。

 請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願について採決を行ったところ、全員賛成で採決することに決定いたしました。

 以上で建設土木委員会の和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書についての審議の報告を終わります。



○議長(横手康雄君) ご苦労さまでした。

 ここで委員長報告に対しまして質疑があればお受けをいたします。

 質問ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 12番の加藤なんですが、先日、この本会議で請願者から文言の訂正をしたいという申し入れがあって、ここでこの訂正表ですね、このとおりに直すということでみんな了承した経緯があるんですけれども、この12月3日付の訂正された方の文書なんですけれども、そこは直っているんだけれども、直したところ「特に町の支援が重要と考えます」「特に町の支援が」というところが直っているわけなんだけれども、その後ろの「考えます」が「考えられます」になっているんですよね。初めの11月17日の方のやつでは「考えます」になっていて、「ます」と「られます」だから、そんなに変わっていないんだけれども、その点で大丈夫なのかなということなんですけれども、この請願の形態と請願を直した形態がちょっと違うので、その辺は大丈夫なのかなという心配があるんですけれども、その点はどうですか。



○議長(横手康雄君) お答え願います。

 榎本委員長。



◆建設土木委員長(榎本和男君) この点については準備会でも質問があり、提出者に確認をとりまして、この訂正の文でよろしいという了解を得ています。



◆12番(加藤幸雄君) 「られます」ね。はい、わかりました。



○議長(横手康雄君) 加藤議員、よろしいですか。



◆12番(加藤幸雄君) はい。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

 山下議員。



◆21番(山下明二郎君) 21番の山下でございますが、何点か質問させていただきたいと思います。

 小林松次さんが代表者で提出をされまして、新一さんが紹介議員になっているわけですが、すばらしい私もこの請願だと思っております。

 また、最終的に委員会で議論して、この議会でこれが採決、不採決になるわけでございますが、地域から選ばれている議員さんもおります。確かに委員会で地域からというと、榎本委員長さんだけだと思いますが、そのほかの委員さんで、地域からの委員さんのご意見、これらは提出に当たってどのように把握し、賛同を得ているのか。ちょっと説明をしていただきたいと思います。



○議長(横手康雄君) 山下議員の質疑に答弁願います。

 榎本委員長。



◆建設土木委員長(榎本和男君) ちょっと休憩願います。



○議長(横手康雄君) ここで休憩します。



△休憩 午後1時40分



△再開 午後1時42分



○議長(横手康雄君) 再開します。

 答弁願います。

 榎本委員長。



◆建設土木委員長(榎本和男君) その点については委員会では協議いたしませんでした。



○議長(横手康雄君) ほかに質疑ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 これをもって質疑を終了いたします。

 これより討論に入ります。

 まず、本件に対する反対討論の発言を許します。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 反対討論なしと認めます。

 次に、本件に対する賛成討論の発言を求めます。

 野口議員。



◆18番(野口秀雄君) 18番議員の野口です。

 請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書について、賛成の立場で討論いたします。

 和戸駅周辺の開発及び和戸駅の橋上化を含めた西口の開設については、地元住民の切なる願いであり、議会の一般質問においても多くの議員から取り上げられてきた重要な課題であります。

 平成4年9月定例会における一般質問で、和戸駅西口の開設についての私の質問に対し、「当地区は町の総合計画の中でも新住宅地としての位置づけもあり、毎年東武鉄道へ和戸駅西口の開設を要望している。また、和戸西側地区は土地区画整理事業等の面的整備を実施し、良好な新市街地を形成すべき箇所である。道仏地区の区画整理事業の進捗状況を勘案しながら検討していきたい」との答弁があったところであります。

 また、町は多くの要望にこたえるために、平成5年に計画面積を110ヘクタールとした和戸駅周辺地区A調査を実施したことはだれもが知っているところであります。

 これらを踏まえて、平成5年12月定例会において、和戸地区A調査の進捗状況について、私の一般質問に対し、「地区の整備方針を立案し、将来構想を作成するとともに、実現化の方策を検討し、早期に土地区画整理事業等の面整備の行う必要がある地域の絞り込みを行っていきたい」との答弁でありました。

 平成6年、A調査報告会が須賀中学校の体育館で行われ、和戸駅周辺地区の開発に関心のある多くの住民の参加により開催されたことがいまだに記憶に残っております。

 A調査の報告によりますと、平成元年に都市計画決定された和戸駅東口駅前広場として2,300平方メートルの整備に加えて、新たな調査対象として西口駅広場を2,300平方メートルとすることなどを初め、4パターンの整備手法の報告があったところであります。

 また、平成8年9月の定例会では、県の助成措置を視野に入れた駅づくり検討委員会が設置されたことを受け、「姫宮、和戸両駅の橋上化を研究し、県及び東武鉄道に要望していく考えについて」との私の一般質問に対し、「宮代町にふさわしく、地域の特性に配慮し、町民が誇りと愛着の持てる駅づくりを研究課題とし、町民の理解と協力を得ながら進めていく」との答弁がありました。

 これらに前後して、多くの議員からも和戸駅周辺開発の早期実現を望む一般質問が出されております。土地区画整理事業の実現についてはだれもが望むところであり、異論の挟む余地はないものと思うところであります。

 ここで私の意見を少しばかり申し添えさせていただきます。

 まず、このたびの請願にある「合併における北の拠点としての和戸駅周辺整備に沿うもの」とありますが、宮代町総合計画、実施計画でも常に優先的政策として位置づけられてきた推移があります。和戸駅周辺地区の整備は、もともと宮代町の将来にとって重要な施策であり、合併に関連づけることなく進めていくものであると思われます。

 また、和戸駅の橋上化につきましては、先ほども申し上げましたが、宮代町にふさわしく、地域の特性に配慮し、町民が誇りと愛着の持てる駅でなくてはならぬことから、和戸駅東口、西口ともに一体化すべきであり、総合的な視点に立ち和戸駅のあり方を考慮していくべきであると考えます。

 よって、平成元年に都市計画決定された和戸駅東口駅前広場の整備方針や、平成5年に実施された和戸駅周辺地区A調査の報告書などの整合性を図っていくことも必要であると思うところであります。

 A調査では、まず最初に着手すべき部分的整備を和戸駅東口駅前広場の整備とし、これらの既成市街地の市街地整備に伴う移転家屋の移転先として重要な役割を担う地区として、和戸駅西側の整備を挙げております。これらの方向についても無視することなく、常に視野に入れておくべきものと考えます。

 さらに、このたびの請願にある土地区画整理事業の区域のみならず、平成元年に都市計画決定された都市計画道路である延長1,890メートルの満願寺橋通り線との整合性を図っていくことを将来の整備計画として持ち合わせておくことも必要であると思われます。

 さて、少子化や高齢化により社会環境が大きく変化しており、以前の計画をそのまま機能させることは大変難しくなってきていることは十分理解しております。また、景気の低迷も土地区画整理事業の成立に悪影響を及ぼしているとも思われます。このたびの請願では、地権者で構成する和戸駅西側土地区画整理準備会により、施行検討区域の決定が行われたとのことであり、ここまでこぎつけた関係者の努力に敬意を表するとともに、土地区画整理組合の早期設立の実現を願うところであります。

 また、事業の将来性を見きわめながら、土地利用の円滑なる推進を図ることが求められています。それには、当事者である地権者の合意形成を高めることが成功への第一歩であると思われます。

 さらに、広域性をかんがみ、多方面から多く意見を求め、真剣慎重な姿勢で事業推進に臨まれることを申し上げまして、請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書の賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(横手康雄君) ほかに討論ありますか。

 大高議員。



◆10番(大高誠治君) 議席10番、大高誠治でございます。

 請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願に賛成の立場から討論いたします。

 今、春日部市を含む1市3町での合併に向けて、住民会議、合併協議会が開催されております。そこで示される新市建設計画では、単に将来像を示すだけでなく、具体的な事業内容や裏打ちとなる財源など、計画実現のためのプロセス、道筋を示し、実効性の高いものにしていくことが求められます。

 宮代町での市町村合併の地域別説明会で、春日部市を含む1市3町での合併においては、重点的整備として北の拠点として、和戸駅周辺でサービス機能の集積、新住宅地の形成を行うとあります。議会答弁では、その重点整備の具体的内容として、第1に和戸駅西口周辺の土地区画整理事業を進める必要がある。第2にこうした面的整備と一体的に和戸駅の橋上化を推進する必要があり、その上で地元地権者の理解と協力が不可欠であると述べております。

 和戸駅西側土地区画整理事業準備会が発足しており、今回の請願では施行、検討区域の決定を行い、その上での和戸駅の橋上化への具体的な取り組みと事業の進展に合わせた迅速な支援の要望であり、地元地権者の町の意思表示への答えであると思います。

 地権者と一体となった北の拠点として、和戸駅周辺の重点整備の取り組みへの可能性を示すものです。

 区画整理事業の事業費の資金計画として、大きくは国庫補助金、町助成金、保留地処分金の3つからなります。近年、区画整理事業の賛否を考える上で、保留地処分金が大きなウエートを占めております。当該地区には、駅西口前提に駅前広場、駅前通りを計画しており、保留地処分を行う際に駅の橋上化が重要な要素であり、この区画整理事業を成功させるためにも、和戸駅の橋上化の具体的取り組みが求められると思います。

 また、組合事業の早期成立には町の支援が不可欠であり、組合成立後にも保留地処分金を得るまでは、町の支援が大きなウエートを占めるものであります。

 事業の進展に合わせたこれらの迅速な支援が施行期間の短縮に欠かせません。これから地元地権者の要望を受け、町と地権者が一体となり、土地区画整理事業を成功させ、新しい新市の北の拠点として和戸駅周辺が活性化することを期待し、賛成討論といたします。ありがとうございました。



○議長(横手康雄君) ほかに討論ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書を挙手により採決いたします。

 この請願に対する委員長の報告は採択であります。この請願は、委員長の報告のとおり決定することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手全員〕



○議長(横手康雄君) 挙手全員であります。

 よって、本案は採択することに決定しました。

 ここで休憩します。



△休憩 午後1時55分



△再開 午後2時10分



○議長(横手康雄君) 再開します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第5号の委員長報告、質疑討論、採決



○議長(横手康雄君) 日程第16、請願第5号 年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願書を議題といたします。

 本件について委員長の報告を求めます。

 高柳幸子町民経済委員長。



◆町民経済委員長(高柳幸子君) 5番議員、町民経済委員長の高柳でございます。

 過日の本会議におきまして、請願第5号 年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願書の件が町民経済委員会に付託されました。これを受けて、開催しました委員会における審査の経過と結果をご報告申し上げます。

 町民経済委員会は、去る12月5日13時30分から進修館の集会室にて請願の審査をしました。出席者は5名の町民経済委員全員でございます。

 最初に、本請願の紹介議員であります加藤幸雄議員に趣旨説明を求めました。その後、3名の傍聴者がおりましたので許可いたしました。紹介議員から、請願者は埼玉土建一般労働組合宮代支部の支部長さんです。紹介議員は、共産党の加藤幸雄議員、丸藤栄一議員、柴山恒夫議員です。

 請願者からぜひ紹介議員になっていただきたいとの話がありまして、この請願に賛成して請願書を提出しました。老後の暮らしを保障する年金制度にしてもらいたいということで、意見書を政府に送っていただきたい請願ですとの説明がありました。

 紹介議員から請願の趣旨と請願事項が読み上げられ、補足説明がありました。その後、直ちに質疑を行いました。

 質疑では、国会で年金制度の議論が活発に交わされています。請願にある厚生年金の給付については、現役世帯の50%を下限としてはいるものの、保険料については年収の18%までを限度としての動きがあります。基礎年金の国庫負担率も将来2分の1に引き上げることも前向きに検討されていると思われます。これらの精算が確定してから議論が必要ではないかと思われますが、紹介議員はどう思われますかとの質問がありました。

 紹介議員から、政府案は負担は高く、給付は低くということである。今でさえ生活が苦しくいっぱいいっぱい、暮らしてはいけない。これで果たしてよいのか、老後も人間らしく安心して暮らせる保障がしてもらえる年金にしてもらいたいということです。

 そして、年収の18%は高過ぎると思っています。企業折半なので業績も悪くなり、ひいては日本経済にもよくない。政府案が確定した場合は、やっぱり保険料率はどこで決まるかわからないけれども、給付は低く負担はを高くという今の議論の延長で決められると予測し得ることなので、今こそ国民的なところで年金制度をよくしていこうとういことなのである。請願趣旨でもありますように、政府与党は年内に政府案を確定し、来年の通常国会に関連法案を提出するとしていますから、今でなければ間に合わないので、至急に国会に送付するようお願いしたい。

 それに対して委員の質問では、現在のまま年金保険料の引き上げはしない、給付額の引き下げは行わないこと、これが継続できればよいが、では財源はどうするのか。急速な少子・高齢化で支える人が少なく、給付を受ける高齢者が多くなっているので年金財政は悪化していく。ですから、安定した年金制度にするため、国の議論であると質問者は私はそう思うので、政府及び国会へ送付することはしなくてよいと思う。

 それに対して紹介議員は、その意見に対して説明させてもらいたい。なぜ年金財政が悪化したか。悪化は3つ原因がある。1つは基礎年金の国庫負担は、前回2000年の改正の際、法律の附則で2004年までの間に安定した財源を確保し、3分の1になっているものを2分の1にすると明記されている。これをやらなかった。金額は2兆7,000億円。2つめは、若者の失業。そして、3つ目は積立金の株式の投資や小泉首相が厚生大臣のときにつくった厚生年金施設などのむだ遣いをして、年金財政を悪化して国民に負担増をさせると説明。公共事業のむだ遣いをなくし、年金、医療費、介護保険の社会保障にすべきであると紹介議員は説明をしました。

 また、質問では読売新聞などにも掲載されているが、厚生労働省案は基礎年金の国庫負担割合を3分の1から2分の1に引き上げることを前提にしているのでは。紹介議員は、政府も3分の1から2分の1となってきている。国庫負担については先ほど申しましたように、前回2000年の改正の際、法律の附則で2004年までの間に安定した財源を確保し、2分の1へ引き上げると明記されている。

 この財源論では、消費税の論議もある。消費税の補てんは反対である。消費税は所得が低ければ低いほどその負担は高くなる不公平税制の最たるものである。消費税で年金の国庫負担金をふやすことはとんでもないと思う。国の財政のあり方を公共事業のむだ遣いをやめて、社会保障へ制度転換することであると思いますと説明しておりました。

 また、委員から国民年金特別会計関連について意見がありました。紹介議員は、国民年金特別会計のことは詳しくは知りませんが、年金の保険料と企業が負担している児童手当拠出金というのも特別会計に入ってくる。それを年金の給付に充てるもの、年金の積立金に充てるものというふうに中の細かいものはわかりません。この運用改正では株で穴をあけ、そして営業受け皿の資金計画がなくなっていくので反省しようと思う。

 また、紹介議員は年金積立金については今まで積み立てた人に返すのが最善である。厚生労働省案は100年かけて取り崩すとしていっているが、50年先の話で、まだまだ積み立ててからの話である。そうでなくてもここまで詰んできたわけだから、計画的に運用して給付に充てていく。これが国民の願いではないかと思いますとの紹介議員の説明であります。

 以上のような審議経過を踏まえ、町民経済委員会に付託されました請願第5号 年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願書について討論を行います。

 反対討論1名、賛成討論1名でした。討論終了後採決に入りました。賛成少数により、請願第5号の件は不採択と決定しました。そのことをご報告させていただきます。委員さんから補足がありましたらお願いします。



○議長(横手康雄君) 委員長報告に対する質疑があればお受けをいたします。

 ありませんか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 質疑なしと認めます。

 以上で質疑は終わります。

 これより討論に入ります。

 まず、本件に対する賛成討論の発言を許します。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 12番議員の加藤でございます。

 私は、年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願について、賛成の立場で討論をさせていただきます。

 将来、生活できる年金が保障されるのか、保険料の負担が大変にならないか。どの世論調査を見ても国民の年金への不安、老後への不安が広がっているわけであります。

 例えば、政府自身の調査であります。内閣府が8月30日に発表しました国民生活に関する世論調査によりますと、日常生活で悩みや不安を感じている、こう答えた人が過去最高の62.7%にも達し、また、その半数が老後の生活設計を上げています。ですから、不安を取り除き、だれもが安心できる年金制度をどうつくっていくのか、これが今問われているところであります。

 ところが、さきの総選挙の中で見ましても、自民、公明両党と民主党、相次いでマニフェストなるものを発表しましたけれども、その中では年金の給付や保険料の負担水準、国民の年金不安を画策させる大改悪をしようという内容でそろっておりました。

 また、その直前の坂口厚生大臣の試案を見ましても、その負担増と給付減は同じ軸を1つにしております。また、選挙後、厚生労働省の案が発表されましたけれども、それも坂口試案の延長線上にあるものでありました。

 小泉首相は、給付は現役世代の平均収入の50%、保険料労使折半は本人負担分は年収の10%程度を目指すと、こう言っておりました。これを受けて公明党の神崎代表も公明党の考え方とぴたっと一致した見解だと、こういうふうに述べて、もう選挙戦直前から選挙を通じまして、負担増と給付水準の減、これを競い合うという形でやられてきたわけであります。

 現行の給付水準は、賃金の59%を保障しておりますが、これがもし50%になりますと、月23万6,000円のモデルケースの場合で年間43万円の削減にも当たるわけであります。

 保険料を見ますと、現行年収の13.58%、本人負担はこの半分の6.79%でありますが、20%になりますと1.5倍の値上げになります。将来不安のもとは、これまで繰り返されてきたこの年金の給付減、負担増であります。それに歯どめをかける方策を示してこそ、将来不安を取り除く一歩となるのではないでしょうか。

 私ども日本共産党は、年金の改悪に反対し、年金制度を老後の暮らしを支えるよりよい制度とするための提案をしているところであります。基礎年金への国庫負担を直ちに2分の1に引き上げる、こうした改悪を実行していきますと、年金の負担増、給付減の改悪は必要なくなるはずであります。必要な2兆7,000億円の財源は、むだな公共事業の削減など、税金の使い道を社会保障を中心に据えることで生み出すことができるわけであります。

 そうした点でも、自民、公明、民主の各党も国庫負担の2分の1への引き上げを言っておりますが、それは将来的なことであって、法律に明記されております2004年度までにやるというものではありません。

 こうした国民への約束、義務を果たさないで、給付減、保険料負担増は当然のことのように国民に押しつけてしまう、こうした政党では、国民の暮らしを支える年金制度にできないのではないでしょうか。

 自民党が社会保障財源としての消費税増税について、国民的論議を行い、結論を得る。また民主党も消費税を充てる基礎年金の制度を4年以内に確立する。こういうのもなお重大なことであります。弱い人を支える社会保障の財源に所得の低い人ほど重くなる消費税の増税を持ってくるのは、余りにも国民を愚弄するものであり、過酷なものであります。

 必要なのは、将来も消費税に頼らないで安心できる年金制度を築くことであります。日本共産党が提案しております最低保障年金制度は、すべての国民に保険料なしで一定額の年金を保障するものであります。国民年金の空洞化や学生、専業主婦の年金問題などの矛盾も解決され、国民の負担も減り、給付も底上げできるものであります。これは全国町村会などの国への要望でも書かれていることでございます。

 こうした本当に将来の不安を解消する、安心できる年金制度をつくることこそ、今求められているこのことを強く申し上げまして、本請願への賛成討論といたします。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 次に、本件に対する反対討論の発言を許します。

 角野議員。



◆6番(角野由紀子君) 年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願に反対の立場で討論いたします。

 年金改革は、さきの第143回衆議院総選挙における最大の争点でもありました。何をいつまでにどのようにという数値目標、達成期限、財源を示したマニフェストが掲げられ、選択された選挙であったことはまだ記憶に新しいものがあります。

 急激な少子・高齢化や経済の低迷などを背景に、公的年金制度は各所にほころびを見せています。だれもが不安を抱いている老後の生活保障について、不安を安心へと変えることこそ政治に課せられた責務であります。

 厚生労働省が発表した年金制度改革案は、保険料はこれ以上上げないという上限固定方式、支給額についても年金積立金を取り崩し、これ以上下げないという安心給付を柱にしています。そのほかに女性の年金、働く高齢者の年金改革も盛り込まれています。

 今回出されている請願については、その必要性を認めることができません。その理由としては、厚生労働省の年金改革案に対して、年金の国庫負担を引き上げるなどの改善を求めるものであるとしていますが、厚生労働省の改革案の中には、既にそのことは入っていますし、最大の焦点は財源をどこに確保するか、財源を見つけいかに引き上げの道筋をつけるかが問われているところなのです。具体的数値を明示することが求められているのです。

 朝日新聞の社説では、保険料や税の負担増は避けられず、将来の先送りはもう許されない。つらくても避けられないのは保険料の引き上げだ。これ以上若い世代に負担を先送りしないためにも、踏ん切りをつけなければならない。厚生労働省が保険料固定、年金自動調整を打ち出したことは、年金財政を悪化させないための工夫としては評価できるとしています。

 年金制度は、今年金をもらっている人、これから年金をもらう人、保険料を払う人のための現在、そしてあすからの暮らし向きに密接に結びつく最大の課題です。単なるスローガンや耳当たりのよいおねだりであったり、財源の裏づけをあいまいにした説得力のない内容では、年金不信は解消されません。厳しい現実を直視せず、甘い言葉を振りまくだけでは、あしき人気取り政策であることを申し上げ、本請願不採択の討論といたします。



○議長(横手康雄君) ほかに討論ありますか。

     〔「なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 討論なしと認めます。

 これをもって討論を終了いたします。

 これより請願第5号 年金制度の改善を求める意見書を政府に送る請願書を挙手により採決いたします。

 この請願に対する委員長の報告は不採択であります。

 請願第4号を採択することに賛成の諸君の挙手を求めます。

     〔挙手少数〕



○議長(横手康雄君) 挙手少数であります。

 よって、本案は不採択とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会の閉会中の継続調査の件について



○議長(横手康雄君) 日程第17、議会運営委員会の閉会中の継続調査の件についてを議題といたします。

 議会運営委員長から会議規則第75条の規定により、お手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。議会運営委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査の件について



○議長(横手康雄君) 日程第18、議会だより編集特別委員会の閉会中の継続調査の件についてを議題といたします。

 議会だより編集委員長から、会議規則第75条の規定により、お手元に配りました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。議会だより編集委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、議会だより編集委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議員派遣について



○議長(横手康雄君) 日程第19、議員派遣についての件を議題といたします。

 お諮りいたします。議員派遣については、お手元に配付しました別紙のとおり派遣したいと思います。ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、お手元に配付しました別紙のとおり派遣することに決定しました。

 以上をもって本定例会に付議された案件の審議は全部終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長あいさつ



○議長(横手康雄君) ここで町長あいさつをお願いいたします。

 町長。

     〔町長 榊原一雄君登壇〕



◎町長(榊原一雄君) 閉会に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げます。

 今期定例会におきましては、補正予算、条例案をはじめといたしましての諸議案につきまして、慎重なるご審議を賜り、いずれも原案どおりご議決あるいはご同意をいただきました。町政推進のためにご同慶にたえないところでありまして、厚く御礼を申し上げる次第でございます。

 なお、審議の中で議員の皆様からいただきましたご意見、ご提言につきましては、今後の執行に当たりまして、これを十分尊重いたしまして、誠心誠意努めてまいりたいと存じます。

 ことしも残りわずかとなりました。緊急案件のない限り、本定例会が本年の納めの議会となります。また、あるいは任期最終の議会となるかとも思われますので、議員の皆様のご尽力、ご協力に対しまして、一言お礼を申し上げたいと存じます。

 時の流れは早いものでございまして、もう4年たってしまいました。その間の町議会の皆様のご協力に対し、心からお礼申し上げますと同時に、町民の福祉と町政発展のために注がれました皆様方のご尽力に深く敬意を表する次第でもございます。

 この4年間はいろいろ困難な事情もありましたが、議員の皆様方の多大なるご尽力とご協力によりまして、町政が目ざましい進展を見たところでございまして、まことに喜ばしい限りでございます。これは町民の皆様の町政に対する深い関心とご理解、ご協力によるものでもありますが、特に議員の皆様方は誠心誠意町民のための暮らしやすいまちづくりに熱意を持って尽くされたおかげであると、深く感謝をいたしているところでもございます。

 しかしながら、ご案内のように、町を取り巻く環境は、他の自治体も同様でございますが、歳入の伸び悩み、そして高齢化等の進展などによる歳出の増大など、極めて厳しい状況にあります。

 このようなときこそ町政に豊かな経験と深い愛情を持っておられる皆様が、来年の選挙後も引き続きこの諸問題の解決と諸事業の推進に当たっていただくことを願ってやまないところでございます。

 いよいよ本格的な冬の到来となりまして、厳しい日が続きますが、どうぞ健康には十分留意をなされまして、ますますのご活躍を願っております。

 最後になりますが、多年にわたる皆様方のご厚情に深く感謝を申し上げまして、極めて言葉足りませんが、お礼のごあいさつとさせていただきました。本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉議の宣告



○議長(横手康雄君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(横手康雄君) これで平成15年第7回宮代町議会定例会を閉会いたします。

 ご苦労さまでございました。



△閉会 午後2時37分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成15年  月  日

         議長      横手康雄

         署名議員    小山 覚

         署名議員    木村竹男

         署名議員    榎本和男