議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 宮代町

平成15年 12月 定例会(第7回) 12月04日−04号




平成15年 12月 定例会(第7回) − 12月04日−04号









平成15年 12月 定例会(第7回)



          平成15年第7回宮代町議会定例会 第7日

議事日程(第4号)

                平成15年12月4日(木)午前10時00分開議

     開議

     議事日程の報告

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書の訂正の件について

日程第3 一般質問

      11番  神田政夫君

      12番  加藤幸雄君

      10番  大高誠治君

       1番  唐沢捷一君

     閉議

出席議員(22名)

   1番   唐沢捷一君       2番   加納好子君

   3番   林 恭護君       4番   野口正男君

   5番   高柳幸子君       6番   角野由紀子君

   7番   小山 覚君       8番   木村竹男君

   9番   榎本和男君      10番   大高誠治君

  11番   神田政夫君      12番   加藤幸雄君

  13番   丸藤栄一君      14番   柴山恒夫君

  15番   赤塚綾夫君      16番   高岡大純君

  17番   木村晟一君      18番   野口秀雄君

  19番   野口秀夫君      20番   小林新一君

  21番   山下明二郎君     22番   横手康雄君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した人

  町長      榊原一雄君   助役      柴崎勝巳君

  収入役     島村孝一君   教育長     桐川弘子君

  総務担当参事兼合併推進室長   町民生活担当参事兼生活環境課長

          山野 均君           篠原敏雄君

  健康福祉担当参事兼福祉課長   技監兼工事検査室長

          折原正英君           横田英男君

  教育次長兼教育総務課長     総務課長    田沼繁雄君

          岩崎克己君

  総合政策課長  岡村和男君   税務課長    並木一美君

  町民サービス課長        健康課長    森田宗助君

          斉藤文雄君

  介護保険課長  吉岡勇一郎君  農政商工課長  小暮正代君

  建設課長    鈴木 博君   都市計画課長  中村 修君

  会計室長    金子良一君   水道課長    福田政義君

  学校教育課長  飯野幸二君   社会教育課長  青木秀雄君

  総合運動公園所長

          谷津国男君

本会議に出席した事務局職員

  事務局長    織原 弘    書記      熊倉 豊

  書記      元井真知子



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(横手康雄君) 開会します。

 ただいまの出席議員は20名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(横手康雄君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(横手康雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において7番、小山覚議員、8番、木村竹男議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第4号の訂正の件について



○議長(横手康雄君) 日程第2、請願第4号 和戸駅西側土地区画整理事業成立への支援を求める請願書の訂正の件についてを議題といたします。

 請願第4号については、請願者から訂正いたしたいとの申し出がありますので、これを許可することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、請願第4号の訂正の件は許可することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(横手康雄君) 日程第3、昨日に引き続き一般質問を行います。

 質問の通告がありますので、順次発言を許します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△神田政夫君



○議長(横手康雄君) 通告第14号、神田政夫議員。

     〔11番 神田政夫君登壇〕



◆11番(神田政夫君) おはようございます。

 11番の神田でございます。

 通告書に基づきまして一般質問を行わせていただきます。

 今回は2つほどお尋ねをさせていただきます。

 まず、1つはいわゆる宮代病院についてでございます。

 皆様もご存じのように山崎交差点の近くに、長い間宮代病院という看板が掲げてあった建物がございます。現在、あれが全体を覆われまして、何か中で工事らしきものをやっているのかやっていないのか、何かそんな動きがあるようでございますが、あれについて、いろいろ町の方が関心をお持ちのようでございまして、私などもいろいろ尋ねられるわけでございます。

 例えば、「今度本当にあそこに総合病院ができるのですか」とか、あるいは「何かあそこにもみの木みたいな、いわゆる介護施設ができるような話も聞いておりますが、どうなんですか」とか、あるいは「いや、何か老人ホームができるらしいというようなうわさもあるのですが、どうなんでしょう」とか、いろいろ聞かれるわけです。町でやるらしいですねとか、いやあ民間でしょうとか、いろいろお話があるようでございます。そこで、私も情報を持ち合わせているわけではございませんので、やはりこれは町当局にお聞きする方が正しい情報が得られるのではないかと。もちろん町としても、あれは民間でしょうから、すっかり把握しているわけでもないでしょうと思うのです。でも、やはり町で把握している範囲で、また、答えられる範囲でお答えいただければ結構なんでございますが、今後いわゆる宮代病院というあの建物、あれは現在どうなっているのか、また、これからどういうふうになっていくのか。町で把握している範囲で結構でございますし、また、答えられる範囲でも結構でございます。そんなことで、あえてお尋ねをするわけでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それから、2点目なんですが、教育行政についてお尋ねをしたいと思います。

 まず、教育行政の1点目なんですが、宮代町にはいろいろ文化財がたくさんあるわけでございますが、この文化財の件につきましてお聞きしたいと思うんです。

 非常に貴重な文化財も多いようでございます。町史編さん委員会の皆さんがいろいろここ10年余り一生懸命研究されまして、いろいろなものが新しく見つかったり、また非常な価値のあるものだというようなことがいろいろおわかりになったと、そういうことでございますが、あれらがやはりだんだん朽ちていったり、散逸したり、あるいは何といいますか、もう少し大事にしておけばよかったなというふうに後で思うようなこともあろうかと思うんですが、とにかくそういう町にある貴重な文化財を守り、後に残すということは、これ今の我々の務めではないかと思うのです。そういう点から考えて、町ではこれらについて、どのように考えておられるか。何か具体策でも考えておいでかどうか、その点を伺いたいわけでございます。いろいろと具体策も考えておるような点も私も承知しておりますが、さらに新しいことが考えられておるならば伺いたいと思うんです。

 それから、教育行政の2点目でございますが、宮代町の町史をどのように小中学校の児童・生徒に教えているかというようなことを伺いたいわけなんです。

 町内小中学校において宮代の町史をどのように教えているか、その現状を伺いたいと、こう書いておきました。あわせて児童・生徒らのために町史のダイジェスト版、あるいは副読本のようなものは用意されているか、それも伺いたいと、こういうことなんでございます。

 私も指導要領の内容によりまして、今は小学校の3年生で郷土についての学習をしていると。郷土についての勉強をしているというふうなことは承知しているわけでございますが、そしてまた、準教科書みたいなものも用意されているというようなことも承知はしておりますけれども、具体的にどのようにこれが教えられているのかどうか。特に中学の場合、これがどうなっているのかと。

 やはり町の歴史をしっかり教えることが、郷土を愛する気持ちを育てることにもつながりますし、そういう点から考えても歴史教育は大事かと思うのですが、指導要領に沿った郷土全体について教えるというふうなことも大事なんですけれども、特に歴史をしっかりと教えるということが、さらに大事なのではないかなと私は思いますので、その点、今、町内の小中学校ではどんなふうになっているか、それを伺いたいわけでございます。

 以上、いわゆる宮代病院のことと教育行政の点について、よろしくお願いします。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 神田議員の質問に答弁願います。

 1点目、いわゆる宮代病院につきまして。

 助役。



◎助役(柴崎勝巳君) おはようございます。

 宮代病院にかかわる件につきましてお答えを申し上げます。

 いわゆる宮代病院の跡地につきましては、ことし夏ごろ、春日部の福祉関係事業者から、当該敷地及び建物を利用して有料老人ホームを行いたいという相談がございました。町といたしましては、本町を含めた近隣には、現在、この種の有料老人ホームがないことから、今後の福祉基盤整備として公益的に考えた場合、多種類の社会福祉施設が新設されることは、高齢者の福祉サービス利用者にとりまして、施設選択肢の拡大、福祉基盤の増加につながり、福祉の向上に寄与するものと考え、また、現在の建物がこのまま放置されることは好ましくないことも考えあわせ、この計画に前向きな見解を示したところでございます。

 この有料老人ホームの整備関係事務は、県の所管事項でございまして、現在、福祉関係事業者が有料老人ホームの整備に当たりまして、継続して建築関係の許認可、社会福祉施設の整備を主管する県の関係部局に相談に行っているようでございます。今後は県の関係部局と連携をしながら、施設整備の状況を見守ってまいりたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 2点目、教育行政につきまして。

 社会教育課長。



◎社会教育課長(青木秀雄君) 2の教育行政の(1)につきましてお答え申し上げます。

 宮代町は、議員ご承知のとおりおよそ2万年の歴史を有し、その間連綿とした先人たちの日々の営みがあり、文化財はこのような長い間の町の歴史の中で生まれ、そして、はぐくまれ守られてきたもので、先人たちの足跡を伝える有形・無形のさまざまな文化遺産であり、町の歴史・伝統・文化などの理解に欠くことのできないものであるとともに、将来のまちづくり、文化創造の基本として、重要なものであると認識しております。町といたしましても、こうした文化財の保護・保存につきましては、現在、郷土資料館を中心といたしまして進めさせていただいているところでございます。ご承知のように文化財には、有形文化財・無形文化財・民俗文化財・記念物等があり、歴史資料・建造物・彫刻・絵画・工芸技術・年中行事・遺跡などさまざまな人々の歴史と文化、暮らしを伝えるものがございますが、こうしたさまざまな文化財の中でも特に重要なものにつきましては、国・県そして町の指定文化財に指定されております。

 現在、町内には、国指定重要文化財である西光院阿弥陀三尊像を初め、県指定文化財の五社神社本殿、東粂原鷲宮神社の獅子舞を初めとした町指定文化財関係11件、合わせまして13件の指定文化財がございます。こうした文化財、殊に町の指定文化財等につきましては、所蔵者のご理解とご協力をいただき、できるだけ現地において保存・保管していただけるよう努めておりますが、現地において不可能、あるいは管理を移管する希望が寄せられたものにつきましては、資料館において保管・保存の措置をとらさせていただいているところでございます。

 また、このほか町内には、さまざまな文化財がございますが、先に終了いたしました町史編さん事業による諸調査、さらに埋蔵文化財の発掘調査などによりまして多くの文化財の所在等の情報を得ているところでございます。こうしたことから、平成15年度には新たに1件、指定文化財の指定をさせていただいたところでもございますが、さらに現在、文化財保護委員会を中心といたしまして、指定文化財の新たな指定につきまして、現地視察等調査・研究を行い、検討しているところでございます。

 また、現在、指定文化財となっている文化財等につきまして、有形文化財につきましては一部経年劣化しているものもありますことから、今後、補修・修繕が必要であると考えております。劣化の詳細につきまして十分調査をいたしまして、今後計画的に保存措置を講じてまいりたいと存じます。

 また、無形文化財につきましては、後継者の育成が課題となっており、地元保存会と連携し、後継者の育成につきまして研究・検討してまいりたいと存じます。

 また、埋蔵文化財につきましては、引き続き縮図調査等を実施し、町内遺跡を確認し、遺跡の保存、発掘調査による記録・保存等の措置を講じてまいりたいと存じます。

 一方、文化財の保護には、町民の皆様の関心と理解、そして、ご協力がなければその目的は達成されないものと存じます。町民の皆様に一層文化財保護に対する意識と郷土に対する理解と愛着を深めていただくため、資料館におきまして、指定文化財を初めとする各種の文化財などの展示・公開をさせていただいているところでございます。

 また、町内に点在する多くの文化財につきましては、現在、全町博物館構想に基づき、毎年文化財案内板を設置させていただいております。現在、21カ所の文化財案内板が設置されたほか、以前県で設置したふるさと歩道に係る案内板もあり、町民の皆様の文化財についての関心と理解も一層深まってきているものと存じます。さらに、健康マッ歩やウォーキングマップや「歩け歩け」のコースなどにおいて、チェックポイントなどにも活用されているところでもございます。

 以上のように、文化財の所有者の皆様を初め、町民の皆様の深いご理解、ご協力をいただきながら、引き続き調査・研究を進め、過去・現在・未来をつなぐ貴重な町の財産である文化財につきまして、保護・保存、そして活用に努めてまいりたいと存じますので、ご理解を賜りたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) (2)、学校教育課長。



◎学校教育課長(飯野幸二君) お答え申し上げます。

 町内小中学校において宮代の町史をどのように教えているか、また、児童・生徒等のために町史のダイジェスト版、あるいは副読本のようなものは用意されているかについてお答え申し上げます。

 初めに、町内の小中学校において、町史をどのように教えているかについてお答え申し上げます。

 宮代の郷土学習につきましては、小学校の3、4年生の社会科の目標として、地域の地理的環境、人々の生活の変化や、地域に尽くした先人の働きについて理解できるようにし、地域社会に対する誇りと愛情を育てるようにするという文言を受けて、以前より郷土学習のための副読本「みやしろ」を作成いたしまして、3、4年生を中心として学習を行っているところでございます。

 内容としまして「郷土に伝わる願い」の大単元の中で、小単元「郷土を開いた人」という題材で、井沢弥惣兵衛が300年前に行った笠原沼の開発について学習します。さらに、「むかしのくらし」という題材で、「郷土資料館を訪ねて」という内容で、郷土資料館のかまどを初めとしまして、水がめ等を使った生活道具の様子に触れ、「おじいさんやおばあさんが子供のころ」という内容でひきうすやたらい、ランプ、火鉢を使った昔の暮らしについて学んでおります。

 また、社会科以外にも、総合的な学習の時間で郷土資料館を訪問し、調べ学習を行っているところでございます。

 中学校におきましては、社会科では日本や世界の大きな流れを主に取り扱っておりますので、郷土の歴史について触れる時間は余りございません。しかしながら、小学校と同様に総合的な学習の時間において、郷土の歴史を調査するということから、「ふるさと宮代を調べよう」等のテーマで調査している生徒もおり、教師の指導を受けながら各学校の図書室に備えている宮代町史を活用して学んでおります。

 さらに、郷土資料館を活用し、江戸時代の地図と現在の比較、有線放送について調べよう、土器について調べよう等について、調べ学習を進めている生徒もおりました。町民文化祭で拓本講座にも参加している中学生が数名おりました。

 続きまして、ダイジェスト版のようなものは用意されているかについてお答え申し上げます。

 郷土学習の資料といたしましては、先ほど申しました社会科副読本「みやしろ」及び宮代町史、及び展示図録、パンフレット等がございます。社会科副読本「みやしろ」につきましては、小学校3、4年生であり、上級生では物足りないものであると存じます。宮代町史となりますと、児童・生徒では理解が困難でございます。このことから見やすい内容、写真等を使用し、子供たちでも活用できるような宮代町史ビジュアル版を今年度中に刊行すべく、現在、作業を進めているところでございます。さまざまな機会をとらえまして、今後とも郷土宮代に対する誇りと愛情を一層育てていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 神田議員、再質問ありますか。

 神田議員。



◆11番(神田政夫君) 1点目の宮代病院につきましてはよくわかりました、了解いたしました。ありがとうございました。

 2点目の教育行政の点なんですが、その中の最初の文化財のことなんですが、これについてもおおむね満足のできる答弁をいただけたかと思いますが、さらに要望といたしまして、課長のお話の中にもありましたけれども、さらに町もこれについて予算を組むなり何なりして、もちろん所有しているのがお寺とか、あるいは神社とか、また個人のものも多いわけですが、それについて町もただ文化財というふうに指定するだけではなく、何らかの方法で援助すると、そういうこともさらに考えてもいいのではないかと思います。

 郷土資料館で今、大事なものを預かっていると。これなんかも大変結構なことだと思うのですが、とにかく文化財は、一たんなくなってしまうと、消失してしまうとか、あるいは流出してしまうとか、破損してしまうとか、こうなりますとかけがえのないものでございますので、貴重なものでありますから、さらに力を入れていただきたいと、こういうことを要望したいわけでございます。教育委員会としては、非常によくやっておいでのようで、大変ありがたいと思っております。1点目につきましては、要望と激励を申し上げておきます。

 それから、2点目の町の小中学校の生徒に対する町史の教育でございますけれども、これもしっかりやっているようでございますが、私、端的に申し上げますと、現在ある副読本というか、小学校の3年生、4年生に使わせている本なんですが、もう少し興味の持てるような編集が必要なのではないかなと。物足りないと今、課長も言っておりましたけれども、物足りないだけではなくて、子供がもっと興味を持って食いつくような、そういう副読本であってほしいと思うんです。一部、今もお話しの笠原沼の開墾に当たった井沢弥惣兵衛ですか、そういう話のも載っているんだというようなことがありましたけれども、そういう人物が宮代にはたくさんいるんです。やはり歴史というのは人物を多く取り上げて、興味深く教えるということが一つの方法ではないかと思うのです。我々もNHKのドラマ、いろいろ宮本武蔵とか何かありますが、ああいうみんな人物を取り上げている。だから、みんな興味があるわけですね。やはりこういうものも、そういう点、もう少し着目していただければなと、こう思うのです。今回、宮代の広報の12月号ですか、あるいは島村盛助さんのことが出ておりましたけれども、ああいうふうな非常に立派な方がいるわけで、そのほかにも興味深いものがあるんです。例えば折原静汀さん、歌人、そういう方、町長になってわずか38歳で亡くなってしまった。折原源太郎さんと言った方が分かりやすいかもしれませんが、そういう方もおるし、あるいは和戸のキリスト教、小島九右衛門さんですか、ヘボン式ローマ字を発明されたヘボンさんと非常に深い関係があったと。ああいう小島九右衛門さんの話だとか、あるいは皇女和宮なんかにつきましても、皇女和宮が臣下に降嫁された、京都から東海道を通らずに、中仙道を通ってきたわけです。桶川宿ですか、そこへ来たときに宮代の人は応援に大勢行っているんです。須賀の人とか百間の人、蓮谷の人、そういう人が行っていろいろ仕事をしたり、協力したりしている。そういう興味深いものがほかにもたくさんあるんですね。そういうことをもっともっと取り上げて、宮代町の歴史をおもしろく教えることもできるのではないかと。今はっきり言って、宮代町がいつ誕生したのですかということを知っていますかと聞いても、まず答えられる人は本当に少ないと思うんです。昭和30年7月20日だと、明確に答えられる人は余りいないんじゃないかと思うのです。やはりそういうのは教育をする必要があるのではないかと思うんです。

 あるいは、現在、合併問題でいろいろ騒がしくなっておりますけれども、50年前に1町6カ村の合併問題、それがなぜ崩れたか、その結果どうなったかというふうなことなども非常に参考になるわけです。そんなことを申し上げると時間が幾らあっても足りませんからやめますが、いずれにしても歴史教育というのは非常に大事だということ、郷土の歴史を小中学生にしっかりと教えて、愛郷心を育てる、これが非常に大事なことだと思うので、今、何か副読本を改訂する時期だとか何かというようなことを伺っておりますけれども、ぜひそれらも考えて、子供が食いつくような興味深い歴史読本をつくっていただければありがたいと思うんですが。検討していただけるかどうか、その点、再質問としてお願いします。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 神田議員の再質問に答弁願います。

 学校教育課長。



◎学校教育課長(飯野幸二君) お答え申し上げます。

 ここに持ってきてあるわけなんですけれども、この副読本、10版を重ねております。10回の改訂がなされてきておるわけですけれども、3年に1度改訂をしておりますので、今度、平成18年度がその時期になるのですけれども、合併もあるわけですがその辺もにらみながら、議員ご指摘の島村盛助さんとか折原源太郎さん等の人物について、今後副読本をつくるに当たって研究してまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 神田議員、再々質問ありますか。

 神田議員。



◆11番(神田政夫君) そういうものを編集する場合に、やはりこの町の町史編集委員の方、ああいう方も入れていただいたらどうかなと、こう思うのです。立派な副読本をつくれる、そういう能力のある方が何人かおります。そういう方を入れていただいて、この町のことをよく研究し知っている人、そういう人を入れていただいて、子供たちに向くような歴史の準教科書をつくっていただきたい。そういうことによって、さらにその方の教育が進むのではないかなと、こう思うので、このことを要望いたしまして、私の一般質問を終わります。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 以上で神田政夫議員の一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△加藤幸雄君



○議長(横手康雄君) 続きまして、通告第15号、加藤幸雄議員。

     〔12番 加藤幸雄君登壇〕



◆12番(加藤幸雄君) 議席12番の加藤です。

 風邪をひいてしまいまして、大変、ふだんはいい声なんですけれども、ご容赦願いたいと思いますが。

 私は、3つの項目について伺ってまいりますので、よろしくお願いいたします。

 まず、通告の1番ですけれども、災害対策についてということで伺います。

 災害といいますのは、さまざまな形でいつどこで起こるかわからないわけであります。宮代のあります埼玉東部地域というのは、平坦な地形から土砂災害の発生はそれほど心配ないと思うのですけれども、かつて洪水ということもございました。ちょっとした不注意から起こしてしまう火災というような人災、それから、大地震による各種の災害、これからは地球温暖化に伴う大雨、あるいは干ばつとか、冷害、あるいは熱波などの災害も想定されているところであります。どのような災害にしろ、それらに備えて万全の用意をして、また不幸にも災害が起きたときには、適切な初期対応が災害の規模を小さくするというふうに言われております。そうした意味でも、町が推進している地域ごとの自主防災組織の働きが大いに期待をされるところでもございます。日ごろの防災意識の啓発、あるいはいざというときの初期対応にも、地域の状況を早く知り得る地域の防災組織の活動が不可欠ではないでしょうか。

 そこで、(1)としては、自主防災組織の育成、立ち上げについての町の目標をどのあたりに置いているのか伺うものであります。

 (2)としては、既につくられております自主防災組織への支援策はどのようにされているのか、あるいはどのようにしていこうとされているのか伺うものであります。

 (3)としては、これは確認でありますが、公共施設で耐震化工事が残っているところはあるのかどうか、お示しをいただきたいと思います。

 質問の2番目であります。国保の問題について伺います。

 この国保問題については、私もこの間、加入者の置かれている経済的な状況とか、医療費負担増から暮らしと健康を守る立場から、国保税を値上げしない、税を払えない人にも保険証をちゃんと渡す、こういうことなどを求めてきたところであります。99年4月に平均で18.1%の国保税を引き上げたわけですが、それから2年経過したところでその税の余剰、それから、老人医療の個人負担増などで国保の支出軽減がございまして、それらを勘案して2001年度に平均5%税を引き下げ、この引き下げというのは3年間を見通してのことだったので、今年度、2003年度は、また、大変財政的には逼迫をしているといいますけれども、引き上げをしないで一般会計からの繰り入れをふやして据え置いた、こういう経過をたどってきたわけであります。

 6月議会の一般質問で、支払基金の動きや、今年度は全額取り崩してもなお不足する分、1億5,000万円を繰り入れるなど説明をいただきました。昨年10月から、老人医療費の定額から1割ないし2割の定率負担もあったわけであります。6月議会では、一般会計繰り入れや保険税について、今後の動向を見て検討すると説明をされました。その後、半年を経ておるわけですが、そろそろこれからの方針が決まってきているのかなと、そういう時期に来ているのではないかと思いますので、以下の2点について伺うものであります。

 (1)としては、当年度の国保会計の財政の見通しはどうか、この点であります。

 (2)として、当年度の国保会計が赤字となった場合には、今後どうされていくのか、この点であります。

 3番目の質問は、乳幼児医療費の助成の充実についてということで伺います。

 このことにつきましても、私どもは繰り返し求めてきたところであります。宮代町では、既に入院につきましては入学前までを実施し、ことしの4月からは通院分について1歳引き上げて3歳まで拡充したところでありました。この点については、私どもも評価をしているところでございます。

 そこで、(1)として、これをさらに推し進めていただいて、通院分についても就学前までに拡充をと願うものでございますが、その点について見解をお示しいただきたいのであります。

 (2)として、乳幼児の病気というものは時間との勝負というのが多々ありまして、この点でも財布の中身を気にしないで病院に駆け込める、そういう安心が非常に大切だと言われています。お金の心配なしにかかれるという点では、窓口支払いのない、委任払い方式を取り入れていただきたいのであります。見解をお示しください。

 以上であります。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の質問に答弁願います。

 1点目、災害対策。

 町民生活担当参事。



◎町民生活担当参事兼生活環境課長(篠原敏雄君) それでは、災害対策についてのご質問のうち、(1)と(2)につきましてお答えを申し上げます。

 災害から住民の皆様の生命・財産などを守るためには、防災関係機関の強化はもちろんではございますが、阪神・淡路大震災などの大きな災害への対応となりますと、町の防災機関をすべて動員いたしましても、対処することは残念ながら困難な状況であります。したがいまして、住民の皆様の自主的な対応が大変重要になってくるものと考えております。

 このため、町では総合的な防災力の向上を図るため、町民の皆様が参加しやすい防災訓練を実施いたしますとともに、自主防災組織の設立を支援をしてきているところであります。

 自主防災組織につきましては、町内すべての地域におきまして、設立されることを最終的な目標としておりますことから、防災訓練の会場における自主防災組織設立の呼びかけや区長会議など、あらゆる機会をとらえまして設立の検討をお願いしているところでございます。

 現在までの自主防災組織の設立状況を申し上げますと、本年9月に和戸町内会自主防災会が誕生いたしまして、6つの組織が設立をされております。世帯数で申し上げますと、約2,600世帯となっておりまして、町内全世帯のおおむね20%となっておるところでございます。町といたしましては、今後とも新たな自主防災組織の設立に努めてまいりたいと考えております。

 次に、既設の自主防災組織についての支援策でございますが、宮代町自主防災組織補助金交付要綱によりまして、自主防災組織の設立に係る経費、自主防災組織が実施をする防災訓練に係る経費及び防災資機材の購入に係る経費に対しまして、資金面での支援を実施しております。

 また、技術的支援といたしまして、自主防災組織の行う防災訓練時におきまして、宮代消防署の職員が指導に当たることや、地元消防団の方にも参加をいただき、事故防止や身につく訓練などを実施しておるところでございます。

 さらに、埼玉県が主催をいたします自主防災組織代表者研修会に参加をいただくことや、8都県市合同防災訓練を見学いただくなど、防災に関する知識の習得などにつきましても支援をしているところでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) (3)、総合政策課長。



◎総合政策課長(岡村和男君) それでは、(3)につきましてお答え申し上げます。

 公共施設の耐震診断につきましては、平成7年に実施しておりまして、その判定結果に基づき順次補強工事を行ってまいりました。これによりまして、災害時の避難場所となります公共施設につきましては、おおむね耐震補強が完了しているところでございます。

 ご質問の耐震化工事が未実施の施設といたしましては、西原公民館、和戸第二公民館、それから、現在の庁舎となっております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、2点目、国保につきまして。

 町民サービス課長。



◎町民サービス課長(斉藤文雄君) お答え申し上げます。

 1点目の当年度の財政見通しについてのご質問でございますが、国民健康保険は我が国の簡易保険体制の中核として、地域住民の医療の確保と健康の保持増進に重要な役割を果たしてきているところでありますが、近年の急速な高齢化の進展による医療費の著しい増嵩、加えて長引く景気の低迷に伴う低所得者の方や無職の方の増加による保険税調定額の落ち込みなどにより、財政運営は従来にも増して厳しい状況でございます。

 本町におきましても、国保財政の安定を図るため、医療費適正化対策等の努力をしておりますが、財政運営は極めて厳しい状況でございまして、今年度の当初予算額でございますが、1億7,671万4,000円を赤字補てん分として一般会計から繰り入れをお願いしている状況でございます。

 また、国民健康保険支払基金につきましても、平成14年度末の基金残高は5,242万8,161円でございまして、平成15年度中に基金を全額取り崩す予定であり、引き続き厳しい状況でございます。

 このような財政状況の中、今年度におきましても昨年10月の健康保険法等の改正により、75歳までを国保の被保険者とする影響も考えられるところでございますが、今後も引き続き保険税の収納率向上対策、被保険者の健康管理、疾病予防などの各種保健事業等に積極的に取り組むことにより、医療費の支出をできるだけ抑え、保険基盤の安定を図るとともに、国や県に対しましても財政安定化のため国庫負担金県特別助成費の引き上げ等を要望してまいりたいと考えております。

 次に、2点目の赤字になった場合の対策についてのご質問でございますが、先ほども申し上げましたが、現在も国保財政の不足する分、いわゆる赤字補てん分を一般会計から繰り入れしている状況でございます。今後におきましても国保運営に関しましては、根底にある構造的な問題の解決は難しく、厳しい状況が続くものと考えております。現在、構造的な問題を抱える医療保険制度体系そのものをどのようにしていくべきか、国において議論しているところでございますが、今後もその動向を注意深く確認しながら、事業運営に努めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、3点目、医療費の助成。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) まず、1点目の乳幼児医療助成の通院分について、就学前までの拡充につきましてのご質問にお答え申し上げます。

 平成15年3月議会でもお答え申し上げたところでございますが、町といたしましては、乳幼児医療費制度は少子化対策における重要な子育て支援施策と考えまして、厳しい財政状況ではございますが、県の基準に準ずることなく町独自に所得制限、一部負担金の導入はせず、食事医療費負担も従来の町負担分の援助、入院における対象年齢を7歳児の誕生月とさせていただき、保護者の負担軽減を図らさせていただいているところでございます。

 町では、放課後児童クラブの全校設置、近隣に先駆けた障害児デイサービス事業、病後児保育などを初め、子育て家庭への支援といたしまして子育て支援センターの開設等を実施し、総合的な観点から子供のための環境づくり、安心して子供を産み育てられる環境づくり、そして、就労を支えることにより子育て家庭の支援に取り組んでいるところでございます。

 また、次世代育成支援対策推進法の施行による宮代町行動計画も鋭意策定準備をしているところでございます。

 以上のようなことから、通院分の拡充につきましては、今後の推移や町の財政状況等を見きわめながら、医療費の助成制度のみでとらえるのではなく、福祉施策全体の中で検討してまいりたいと存じますので、ご理解をいただきたいと存じます。

 2点目の窓口委任払いの実施につきましてのご質問にお答え申し上げます。

 この質問につきましても、平成15年3月議会でお答え申し上げたところでございますが、窓口委任払いは、受診した際に医療機関の窓口ですべてが完了することは、対象者の方にとっても大変便利でございまして、要望があることは認識しておるところでございます。実施方法としても、宮代町のように償還払い方式といいまして、受給者の方が医療機関等の窓口で保険の自己負担金を支払い、みずから医療費請求書を市町村の窓口に提出して医療助成を受ける方式が1つ、申請手続の簡素化といいまして、受給者が医療機関の窓口で保険の自己負担金を払いますが、医療機関が受給者にかわって市町村に請求書を提出し、受給者が医療助成を受ける方法、最後に議員ご指摘の、受給者が医療機関の窓口で保険の自己負担金を支払わず、医療機関の請求により市町村が医療機関に対して助成金を支払う方式と3通りございます。

 申請手続の簡素化にせよ、窓口払い廃止にせよ、実際に実施している県内の市町はいずれも市内、町内、あるいは近隣で連携している医療機関に限られておりまして、すべての医療機関で実施しているわけではございません。

 また、窓口委任払いを実施することにより、新たな財政負担も生じます。さらに、これは乳幼児医療だけでなく、重度医療、ひとり親医療等の関連もございまして、町といたしましては、医療機関の協力が必要不可欠というふうに考えておりまして、医療機関における調整を県から県医師会に、全県的な窓口払いの廃止に向けて調整していただくよう要望していきたいと考えております。

 また、町民の皆様にご理解いただけるよう、窓口等で周知を図っていきたいと考えておりますので、ご理解いただきたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 加藤議員、再質問ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 再質問お願いします。

 まず、1番の災害対策についてなんですけれども、(1)の町の目標というところでは、すべての地域につくっていきたいということで、そのとおりだと思います。とりわけもう現在、各地で大地震が起こっているわけで、地震学者などは新たに日本列島が地震活動期に入って、これから数十年にわたって大地震が各地で起こるだろうと、こう予測をされている時期でもありますし、この自主防災組織というのが阪神大震災の痛恨の経験から、やはり地元で初期対応できるものはした方がいいということから生まれてきたものだと思いますので、ぜひお願いをしたいと思います。それも住宅密集地が町内には幾つかあるわけですけれども、そういったところの立ち上げというのを急がなければならないと思います。そうした点も要望をしておきたいと思います。

 それから、支援策についてであります。

 (2)の点なんですけれども、資金面あるいは防災訓練の折に宮代消防署から指導に派遣をしているというようなお答えでございました。この質問に先立ちまして、当局にそれぞれの自主防災会の備蓄している資機材の一覧をいただきました。これらを見てみますと、それぞれの防災会によって資材もまちまちなわけであります。もちろん自主組織でありますので、それぞれの防災会の「うちはこうやっていくんだ」というような判断がありまして、それはそれで尊重されるべきだと思うのですけれども、しかし、それぞれの用意してある機材がいざというときになるべく効果を発揮してもらいたいわけですけれども、そのためには日ごろの訓練も当然のことながら、その備蓄する資材というのも消防のプロからアドバイスも必要ではないかと思うところであります。

 また、自主防災会と役場、そして消防の関係につきましても、それぞれの役割分担ですとか、初動活動の範囲ですとか、いろいろなことを打ち合わせしながら、また、それぞれの連絡網が必要ではないかと思うわけですけれども、こうした点について、自主防災組織の自主性は尊重しながらも役場と消防の有機的な連合によって効果的な対応ができるというようなことが必要だろうと思うわけですが、その点についてはこれからどのように考えられるのか、この点についてお願いしたいと思います。

 それから、(3)の耐震化工事が残っているところは、この現庁舎と西原公民館、和戸第二公民館ということでございます。庁舎につきましては、建設が決まっておりますのでいいと思うんですけれども、西原、それから、和戸第二公民館については補強工事の計画があるのかどうか。また、あるとすれば、いつまでに終わらせる予定なのか。といいますのも、いざ水が出て水びたしになっちゃって床上浸水ですとか、大地震が来たと、こういうときにはそれぞれ住民が非難するのは公共施設しかないわけなので、そういった面では小学校、中学校があるわけですけれども、やはり公民館もそうした収容先だと思うのですが、そうした点でも早急な対応が必要ではないかと思うわけです。そうした点から、先ほどの予定があるのかどうか、いつごろまでで考えているのかということでお願いをしたいと思います。

 それから、2番目の国保のことでございます。

 先ほどご説明の中で、今年度は一億七千数百万円を補てんする予定と、当初予算ではそういうふうになっておりますと、先ほどそういうふうに言われましたけれども、これ細かいことですけれども、これまでも二千数百万円を老人医療費への拠出金という形で、それを補てんするという形で入れたわけで、またそれでもなおかつ足らなくなる分、一億五千数百万円だと思いますけれども、それをことし予定したということですから、そうするとそこはやはり分けて考えたいと思います。

 急速な高齢化とか、長引く不況のもとでの無職者、失業者の増加ということで保険税がなかなか予定した額が入ってこないということはわかります。この長引く不況の中で、国民の暮らしは悪化の一途をたどっているわけです。特に医療制度の改悪とか、消費税の増税が重なった97年、この年は9兆円の国民負担増だと言われておりました。この年を境に日本経済は加速度的に落ち込んで、今や潜在的失業者は1,000万人にも及ぶと言われております。

 また、医療制度の再改悪で、ことしは1兆5,000億円もの負担増が襲いかかりました。高齢者の患者負担増が実施された昨年10月以降に、経済的理由で例えば在宅酸素療法を打ち切る、こういう人が急増するなど、命にかかわる深刻な受診抑制が広がっていると言います。小泉首相は、国保は3割なんだから、サラリーマンあるいはその家族、退職者の医療費もすべて3割に統一するのは当たり前だ、こう言って被害を国民的規模に拡大したわけであります。

 しかし、国保も3割だと言った、その国保制度が今、さまざまな矛盾を抱えてかつてない危機的な状況にあるわけであります。それは、1問目の答弁でありましたように、宮代町におきましても同様でありまして、特に財政面から見ても逼迫をしているということでございます。先ほども急速な高齢化とか、無職者の急増とかございました。私もその点は同感であります。そのあたり、その国保を悪化させている要因について、もう少しご説明をいただければと思うのですが、いかがでしょうか。

 また、当初予算におきましても、滞納繰り越しや不納欠損がふえていることが示されていたわけでありますが、税額全部を1年間滞納してしまいますと、保険証を返させなさい、資格証明書を出しなさいと、国は介入を強めているわけであります。当町におきましては、これまで資格証の発行はしてきていないということでありましたが、予算議会の際にも、将来検討することもあると、こういう旨の説明もあったところであります。大変私は心配をしているところであります。この資格証明書というのは、窓口で医療費全額これを払って、後から7割分の払い戻しを受けるというものでありますから、保険料さえ払えない人に医療費全額を準備できるはずがないのです。しかも、返ってくるはずの7割分についても、保険料の滞納分の精算に回されてしまうために、事実上国保証がなければ、病気になっても医療にかかることは不可能であります。ということで、この国保証というのは、まさに失業・リストラでやむなく退職されてしまった方々、あるいは少ない年金で暮らしている方々にとりましては、国保証というのはまさに命綱だと思うわけであります。その国保証を取り上げられてしまって、医者に行けずに命を落とした、こういう事件が各地で起きているわけであります。そんなことが起こらないように、資格証明書の発行は絶対にやってはならないと思いますし、要求をしたいと思います。この点について答弁をいただきたいと思います。

 それから、以前から私どもが主張してまいりましたように、財政が赤字であるからと国保税を引き上げることになれば、一時税収は上がりますけれども、反面滞納者をふやすことになるのであります。それは、前の国保税の引き上げのときに経験したことであります。その上に、介護保険料の上乗せがあるわけでありますから、この国保税を支払うというのは本当に大変なことなのです。国保が最後のよりどころであるために、ほかの税は滞納してでも国保税だけは払ってきた、そういう人もいらっしゃるわけです。税の引き上げというのは、そういう人たちすら振り落としてしまうことになります。国保税は引き上げずに、安定策をとっていただくように求めるものでありますけれども、その点について答弁を求めたいと思います。

 3点目の乳幼児医療の点について伺います。

 ご答弁でも少子化対策の中でも重要な柱というふうにおっしゃいましたが、日本共産党の3月24日の国会質問の中で、全国にこの時点で3,241の市町村があったそうですけれども、このすべての市町村で何らかの形で乳幼児医療費助成が実施をされていて、最近の傾向としては助成対象年齢を引き上げる、そういう拡充傾向が顕著であるということが明らかにされました。

 そして、その中身を見ますと、とりわけ通院の場合におきましても、3歳以上対象が6割にも達して、その6割の中でも就学前までが急増しているということ、入院分についてもその傾向が顕著である、こういうことが示されております。就学前までの助成が全国的な流れになっているわけであります。

 また、県内の市町村の動向を見てみますと、8月1日現在、90市町村のうち入院・通院とも6歳までを対象にしているというのが64市町村、71%が既にそうなっています。先ほど窓口払いとか手続簡素化、委任払いのご説明がございましたけれども、その窓口払い、宮代と同じ償還払いは14市町村というふうに少数派になってきております。先ほどのご説明にもありました、窓口払いはするけれども医療機関が申請書を役場に回してくれるという手続簡素化を実施しているのが66市町村、窓口払いを廃止したのが15市町村となっているわけであります。これ足しますと90より超えますけれども、5市町村で簡素化と窓口払いの廃止、これをダブってやっているようであります。こうした全国的な流れ、そして県内の流れを見るときに、1問目で申し上げましたように、子供の病気は待ったなし、財布の中身を気にしないで病院に駆け込める、子育て世代の安心感を広げてあげることが本当に大事だと痛感する次第であります。そういった点で就学前までの拡充を願うものでありますけれども、その点につきましては、先ほどご説明ありました財政的な問題もありましょうし、さまざまな政策との関連もありましょうし、そういった点を含めましても、これから一歩一歩年齢を拡充していくという姿勢は、ぜひそういう姿勢であっていただきたいものだと思うわけであります。この点につきましては、町長の姿勢をどうしても伺いたいと思います。見解を伺います。

 また、この拡充につきましては、財政的な裏づけというものが必要になってくるわけであります。そういった点も含めまして考えるんですけれども、昨年の10月から3歳未満児の通院医療費の自己負担が3割から2割に引き下げられたということで、その分、1割分ですけれども乳幼児医療費助成制度からの支払いが軽減をされるわけだと思うんです。宮代では3歳までやっていますから、その分が1割、町の持ち出しが少なくなると思うわけであります。ということで、ぜひそうした分をそれだけで拡充ができるわけではありませんけれども、ぜひ拡充に回す財源としていただきたいと思います。その点ではどのようにお考えか、また、その1割分軽減になる額でありますが、どれぐらいなのだろうかという点でお示しを願えればと思います。

 以上です。



○議長(横手康雄君) ここで休憩します。



△休憩 午前11時11分



△再開 午前11時25分



○議長(横手康雄君) 再開します。お静かに願います。

 休憩前に引き続きまして一般質問を行います。

 加藤議員の再質問に答弁願います。

 町民生活担当参事。



◎町民生活担当参事兼生活環境課長(篠原敏雄君) それでは、災害対策についての再質問にお答えを申し上げます。

 自主防災組織、町、消防、こうした関係機関の連携強化というお尋ねかと思いますけれども、町といたしましても、関係機関相互がこれまで以上に連携を深めていくことは、非常に大切なことであるというふうに認識をしてございます。ご指摘の点を踏まえまして、今後検討してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、助役。



◎助役(柴崎勝巳君) 耐震性の関係でございますけれども、公民館につきましては今まで3館実施してきております。残りの2つの公民館につきましても、必要性は十分と認識をしております。劣化診断を踏まえまして、緊急に対応しなければならない部分につきましては対応させていただきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 町民サービス課長。



◎町民サービス課長(斉藤文雄君) 1点目の国保財政悪化の要因についてご答弁申し上げます。

 ご案内のとおり国民健康保険制度は、社会経済情勢の影響を受けやすい制度でございまして、今日のリストラ・早期退職等、ほかの医療保険から離脱しました比較的所得の少ない方々の加入者が増加しております。このような傾向は今後も続くものと想定しております。また、昨年10月の健康保険法等の改正の影響も考えられるところでございます。

 次に、資格証明書の件でございますが、現在、発行してございません。今後も滞納者の方と、きめ細やかな納税相談を行ってまいりたいと考えております。

 3点目につきましては、現在、一般会計から繰り入れませんと保険給付費等の支払いができない状況でございます。加入者の受益と負担の観点から、全額を保険税に求めた場合、急激な負担増を加入者に求めることになります。保険税で賄えない額を一般会計から繰り入れるものでございます。国民健康保険事業は、国庫負担金や補助金等の財源以外を保険税で賄うことが基本原則でございますが、先ほど申し上げましたが、今後も構造的な問題を抱える医療保険制度体系そのものをどのようにしていくのか、国において議論しているところでございますので、その動向を注意深く確認してまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) 乳幼児医療助成の充実についての再質問にお答え申し上げます。

 宮代町におきましては、先ほどご答弁させていただきましたけれども、町独自でいわゆる乳幼児医療につきましては、所得制限とか一部負担金の導入はしておりませんし、また、食事医療費につきましても他市町では導入していない、そういった食事医療費等も負担させていただいているといった形でさせていただいていると同時に、既に議員さんご案内のとおり、児童福祉というものについては何が必要なのかという観点に立ちまして、今回のみやしろ保育園の移築並びに障害児デイサービス並びに病後児保育、子育て支援センターの設置等をさまざまな観点の中で児童福祉というものにおいて取り組みをさせていただいていると、そういった中で私どもの方といたしましては、まず何が必要なのかという観点に立って児童福祉の向上のためのいろいろなさまざまな施策をさせていただいているというところでもございます。そういった点を勘案しまして、やはり現段階において、その拡充ということについてはかなり厳しい状況ではないかというふうに考えているところでございます。

 また、議員ご指摘の昨年の10月に3割負担から2割負担というような形の制度改正もございました。しかし、平成13年度と14年度の比較を決算いたしましても、逆に乳幼児医療費の町における支出額もかなりふえているといった実情等もあります。また、さまざまないろいろな需要等もありますので、先ほど申し上げましたように、窓口委任払い、そしてまた通院分の拡充等につきましては、答弁の繰り返しになるかもしれませんけれども、福祉施策全般の中で検証していきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 加藤議員、再々質問ありますか。

 加藤議員。



◆12番(加藤幸雄君) 1番の災害対策についてでありますけれども、助役から必要性は感じているということでしたけれども、いつまでにということはお示しになりませんでした。先ほども言ったように、いざというときにはやはり避難の拠点になる施設でありますので、早急な対策をお願いしたいと思います。

 それから、2番の国保についてでありますが、やはり財政悪化の要因といいますか、そういうことをお聞きしたところ、やはりリストラ・早期退職等による比較的所得の少ない人々の加入がふえているということでございました。1問目でも言ったんですけれども、この所得の低い方々に負担能力以上の税負担を求めるというのは、やはりいけないことで、ご説明の中にもありましたように、国保制度というのが国民皆保険の重要な中核でありますので、そういった点もかんがみると、やはり払える税額に抑えると、せめてこれ以上は上げないということが求められていると思います。その点につきましては明確なご答弁はありませんでしたけれども、これは今年度も来年度も同じですけれども、税額は引き上げないでいただきたい。

 構造的な問題の解決は難しいとおっしゃっておりました。この構造的な問題という一つに、国が出すべき部分を削ってしまったということが、大きな原因としてあるわけです。84年でしたか、そのときに国が医療費の45%を出していた分をがくんと減らしたわけですね。そこから全国の市町村の国保というものが大打撃を受けて、保険税の値上げにつながってきたわけでありますので、国の出す分をもとに戻せという主張も当然しなくてはいけないと思います。それは、これまでも聞いてまいりました。市町村会を通じて要望を上げているということでしたけれども、こうしたことも強く主張をしていく必要があると思います。ぜひその点もお願いをしたい、要望でございます。

 それから、乳幼児の医療費助成ですけれども、1問目と答弁は変わりませんでした。しかし、いろいろな子供対策、あるいは子育て支援ということで、その関連の中で考えるというわけなんですけれども、先ほど例に挙げられたみやしろ保育園、確かにいい保育園です。ただ、あの保育園とこの医療費助成制度は違うということなんですね。保育園はそこに通っている子供さんしか恩恵を受けられないのです。この医療費助成制度というのは、先ほども言ったように子育て世代の安心につながる、この町に住んでよかったという安心につながる大事な医療費助成制度ですので、そこのところは分けて考えていただきたい。ということで、ぜひ就学前までと1問目でこう書いてありますけれども、1歳ずつでも拡充をしていただきたい、このように強く要望いたします。

 それから、先ほど言い忘れましたけれども、窓口払いにつきましても、ご説明の中で連携している医療機関の協力が必要なことだというご説明がありました。それは確かにそのとおりなので、どうでしょうか、せっかく公設の福祉医療センターをつくったわけですから、そこから始めてもいいのではないでしょうか。先ほども全機関でやっているわけじゃないとおっしゃいましたから、初め、せめて宮代町がつくった医院で始めたらどうかなと思いますけれども、その点だけ伺います。



○議長(横手康雄君) 加藤議員の再々質問に答弁願います。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) 再々質問にお答え申し上げます。

 窓口委任払いの実施につきまして、今回開設をさせていただきました公設宮代福祉医療センターについて実施してはどうかというご質問でございますが、既にご案内のとおり町の医療機関でございますけれども、他の医療機関ともございます。公設宮代だけを窓口委任払いを廃止することが果たして本当にそれが実施していいものなのかどうかということについては、十分検討を要する余地があるものと思います。

 以上でございます。

     〔「ありがとうございました」と言う人あり〕



○議長(横手康雄君) 以上で加藤幸雄議員の一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△大高誠治君



○議長(横手康雄君) 続きまして、通告第16号、大高誠治議員。

     〔10番 大高誠治君登壇〕



◆10番(大高誠治君) 議席10番の大高誠治でございます。

 通告書に従いまして、何点か質問いたします。

 1番、宮代町立保育園、私設の学校法人学園の園児たちに対し、しつけを含めた教育についてお伺いします。

 (1)この10月に開設された公設宮代福祉医療センター六花を中心に今後、町の医療体制は強化され、子育ての一つに身体に対して心配である医療体制の支援は強まりましたが、一方、未来を担う保育園園児、または幼稚園の園児に対して、人間として総体的なしつけを含む生き方などについて、専門的な人を配置し、教育をするようにソフト面の支援が求められていると思います。この点をお伺いいたします。

 2番、若い世代に向けた教育をについてお伺いいたします。

 全国的に高齢化時代になり、当町も高齢化率14.5%となります。このような少子化問題がこれ以上進まないように、期待を含めてお伺いいたします。

 町内には、これから自分のかわいい我が子が欲しいと考えている人が多くいると思います。そのような人の中には、健康な我が子を授かりますようにどのようにすればよいか、またはしたらよいのかについて不安を感じている人たちがおります。そのような方々に対して町民の皆様からアンケート等をいただき、新たな親としての相談、食生活に対しての相談等をして、子育てによる喜びがより実感できるようにしていただきたい。国でも児童手当の拡大に向けて考えておりますので、町独自な支援策を考えていただき、今後の育児教育を充実していただく意味で、現在と将来的にはどのような計画があるのかについてお伺いいたします。行政として真剣にこのことに対し取り組み、成果を上げていただければ、町中に元気な子供たちが多く見られ、少子化問題も解決して、豊かな21世紀社会を担う子供たちの姿が見えてくると思います。

 3番、小中学校週5日制その後をお伺いいたします。

 (1)学校週5日制を始めるに当たり、文部科学省では、平成10年12月に小中学校の各学年で学習すべき内容を具体的にするため、また、埼玉県でも週5日制に向け早稲田大学の奥島孝康総長を初め、各界各層でご活躍されている方々に委員をお願いして、学校教育のあり方や家庭や地域の役割などについて熱心なご議論をいただき、新学習指導要領を示しました。これは、従来の6日制の見直しをし、基礎・基本の定着を図り、思考力を伸ばすというすばらしい計画のもとで週5日制が始まりましたが、現在では計画と違いが少しあるようですので、14年6月議会に次いで再度お伺いいたします。現在の週5日制に対し、保護者の声と町教育者的立場からの声をお伺いいたします。



○議長(横手康雄君) 大高議員の質問に答弁願います。

 1点目、しつけを含めた教育。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) それでは、お答え申し上げます。

 保育園は、乳幼児が生涯にわたる人間形成の基礎を養う大変重要な時期に、生活時間の大半を過ごすところでございます。保育園における保育の基本と申しますのは、家庭と地域社会が連携を図り、保護者の協力のもと家庭教育の補完を行い、健全な心身の発達を図っているところにあります。このような課せられた目標を達成するために、一般的な方向性や視点など、保育所保育のガイドラインといたしまして、保育所保育指針がございます。6カ月未満児の保育内容から1歳3カ月未満児、2歳未満児、2歳児、3歳児、4歳児、5歳児、6歳児まで、各年齢別に保育士のかかわりの視点・ねらい・内容・配慮事項等きめ細かにこの保育所保育指針に基づいて保育を進めているところでございます。

 また、子育ての専門家として保育士の毎月1回以上のミーティング、県埼葛、県社協などの研修などがあり、ありとあらゆる研修に積極的に参加し、議員ご指摘のしつけを含め、保育内容の向上に日夜努力をしているところでございます。

 一方、幼稚園につきましても、文部省告示の幼稚園教育要領というものがございまして、その中におきましても、幼稚園終了までに育つことが期待される生きる力の基礎となる心情・意欲・態度について、人とのかかわりに関する領域として、人間関係などについて他の人々と親しみ、支え合っていく生活をするために、自立心を育て、人とかかわる力を養うということで指導の重点化がなされているところでもございます。

 少子化の時代と言われまして、子供たちが少なくなった分、いわゆる大切にされ、心身ともに健やかに育ってよいはずでありますが、実際には報道などでご存じのとおり虐待の増加など、とても育ちにくい状況になっている現状もございます。子供たちがよく食べ、よく寝る、戸外で遊ぶなど、最も基本となる部分でさえ親の都合で置き去りになっているような場合もございます。子供たちが健やかに育っていくためには、保育の現場・保護者・地域が一緒になって取り組む必要があると考えております。

 また、これからの保育所、幼稚園、特に保育所は子育て就労の両立支援だけでなく、地域の子育て支援の役割も担わなければなりません。現在、国納保育園で実施しております子育て支援センター事業、あるいは一時保育につきましても、平成16年4月からみやしろ保育園においても事業の開始となります。子育てをしている家庭における子育ての負担、不安、孤立感などを取り計らうための受け皿となり、子育てに自信と誇りが持てるようアドバイスや支援を行い、子育て支援の情報発信地となるような事業の展開を考えております。総合的なしつけを含む人間の生き方などについて、専門的な人を配置し教育するようにソフト面の支援とのご指摘でございますが、これら現在の当町の保育環境、教育環境を総合的に判断しますと、先に述べました保育を取り巻く現状、あるいは支援センターの役割を含め、保育園、幼稚園の現場の保育士、幼稚園教諭、子育て支援センターの指導員、子育て相談員などの持っている力を最大限活用し、子育て家庭への支援、また、未来を担う子供たちの健やかな育ちを支えていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、2点目、若い世代への教育。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) 2点目の若い世代に向けた教育はについてお答え申し上げます。

 子供は21世紀を担うかけがえのない存在でありまして、無限の可能性を持っております。子供たちの姿は町に活気をみなぎらせ、未来への夢を与えてくれます。

 しかし、議員ご存じのとおり、子供たちをめぐる社会環境は大きく変化し、結婚や子育てに夢を持てない社会のあらわれの一つかと思われますが、少子化の社会になっていると言われております。したがって、子供自身が健やかに育っていける社会、子育てに喜びや楽しみを持ち、安心して子供を産み育てることができる社会を形成し、子供を産み育てることに夢を持てる社会、子供の健全な成長と子育て家庭を社会全体で支援することが緊急の課題となっております。

 町では、平成9年度から16年度を目標とする宮代すくすく計画を策定し、子供のための環境づくり、安心して子供を産み育てる環境づくり、男女共同参画のための環境づくりを基本的な考え方として、さまざまな子育て支援施策を講じてまいりました。

 子育て支援の新たな仕組みとして、国納保育園、みやしろ保育園におきまして、地域子育て支援センターの設置を図るとともに、子育て家庭の育児不安等に関する相談指導の充実、ふれあいセンターにおける三世代交流事業の充実、子供の健康と安全を守るための乳幼児健診、各種検診体制の整備、心理療法士での相談活動の充実、各種育児学級での仲間づくりへの支援、健康活動への支援、小児医療の充実、放課後児童対策のための全小学校学童保育の設置など、そして、ことし10月開設いたしました公設宮代福祉医療センターにより、さらなる充実が図られたところでもございます。

 また、新たな取り組みといたしまして、次世代育成支援対策推進法に基づき、宮代町地域行動計画策定に向け、現在準備を合併予定市町と緊密な連携調整を図っているところでもございます。そして、当該計画策定に当たりまして、町民の皆様方のニーズ調査を本年度実施し、アンケートなども実施して現状分析をしてまいりたいと考えております。

 そして、その現状分析をもとに国において今回、当該計画を策定するに当たり、さまざまな目標設定の一つといたしまして、議員ご指摘にございました母性並びに乳児及び幼児等の健康の確保及び増進という項目がございます。これは、乳幼児健診の受診率、食に関する学習機会の開催回数、性に関する正しい知識の普及のための研修会、開催回数など、詳細な健康に関する数値目標を設定いたしまして、そのねらいとして、1つとしては乳幼児健診の場を活用した親への相談指導の実施、妊娠と出産の経過への満足がよい子育てにつながることから、いいお産を普及するとともに、妊産婦に対する相談支援の充実など、子供や母親の健康の確保。2つ目といたしまして、発達段階に応じた食に関する学習機会や食事づくり等の体験活動を進めるなどの食育の推進。3つ目として、性に関する健全な意識の涵養と、正しい知識の普及など、思春期保健対策の充実。4つ目として、小児医療の充実、小児慢性特定疾患治療研究事業の推進、不妊治療対策の推進などでございます。このようなねらいを持った取り組みを通して、町といたしましても議員ご指摘の育児教育を推進し、家庭その他の場において子育ての意義についての理解が深められ、かつ子育てに伴う喜びが実感されるよう、行政として努力してまいりたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 続きまして、3点目、学校の週5日制。

 学校教育課長。



◎学校教育課長(飯野幸二君) 小中学校の完全学校週5日制のその後を問うについてお答え申し上げます。

 完全学校週5日制が実施されまして今年度で2年目となります。学校生活や家庭での休日の過ごし方については、子供たちも大分なれてきており、定着してきたと感じております。完全学校週5日制の趣旨は、学校・家庭・地域社会が相互に連携しつつ、子供たちに社会体験や自然体験などのさまざまな活動を経験させ、みずから学び、みずから考える力や、豊かな人間性、たくましく生きるための健康や体力などの生きる力をはぐくむものでございます。

 学校週5日制に対する状況に関しましては、埼玉県教育委員会や文部科学省等におきまして、さまざまな実態調査が行われておりますが、保護者から見た特色といたしまして、学年が上がるにつれて友達と遊ぶことがふえた、親子で一緒に過ごす時間がふえたと回答する保護者が多くなっております。また、子供の教育全般について、より関心を持つようになった保護者が学年が上がるにつれて多くなっているという傾向が見られます。

 昨年度、埼玉県で調査した保護者の意識調査によりますと、完全学校週5日制に賛成、どちらかというと賛成を合わせて約34%、反対、どちらかというと反対を合わせて約60%という結果でした。また、子供たちの特色といたしましては、毎週土曜日が休みになってよかった、まあよかったと回答した子供たちは約7割という状況でございます。町教育委員会といたしましても、本町の子供たちの実態を把握するため、昨年度以来継続して調査を実施しておりますが、今年度11月15日の土曜日の実態調査の結果によりますと、土曜日が休みになってよかったという割合は、小学生は約70%、中学生は約60%という実態でございました。

 学校週5日制の趣旨から考えますと、学校・家庭・地域の役割を明確にする必要があると存じます。

 まず、学校では、授業を通して生きる力をはぐくむことが重点であると考えます。それは、問題解決的な学習や、体験的な学習を重視していくこと、一人一人にきめ細かな教育を実施していくことであると認識いたしております。したがいまして、小学校に2名、中学校に1名の補助教員を配置し、授業の充実を図っております。また、各学校への指導訪問や研修会を実施し、教員の指導力がさらに向上するよう努めております。

 続きまして、家庭や地域での取り組みでございますが、家族の触れ合いの中で生きる力をはぐくむことや、豊かな体験を通して生きる力をはぐくむことが重要ではないかと考えます。休日に子供たちを学校から家庭に返し、さまざまな触れ合いを通して体験・経験する中で、子供たちに豊かな心をはぐくむことができるものと存じます。

 町教育委員会といたしましても、休日となった土曜における子供たちの活動の受け皿といたしまして、子供文化創造事業や資料館におきまして子供体験講座、図書館におきまして童話を読む会等を実施してまいりました。これらの活動に積極的に参加し、さまざまな体験をすることも生きる力をはぐくむことにつながるものと考えております。今後とも、学校週5日制の趣旨を達成できるよう教育を進めてまいりたいと存じます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 大高議員、再質問ありますか。



◆10番(大高誠治君) はい、あります。



○議長(横手康雄君) 大高議員。



◆10番(大高誠治君) 第1問目でございますが、大変すばらしいお答えでございました。大変ありがとうございました。

 また、これに対しましては、将来的にもしかして財政的な面で必要があれば合併後もぜひ、特に宮代地区はそのようなことをお守りいただいて、これからずっと先の世代に生きるような方法で使っていただきたいなということでございます。

 あと、2番目でございますが、ちょっとわかればですけれども、今、二十から例えば40歳ぐらいまでの方で結婚していない方が大分いらっしゃいますけれども、そういう方が宮代町でどのぐらいいらっしゃるか、もしわかればで結構です。

 あと、3番の前回のお答えの中に公募性補助金を使わせていただいて支援をしたいというようなお話があったのですが、その辺はどういうところでしていらっしゃるのか。それと、社会体験として地域にいろいろ生徒をお返しして、地域の体験を学んでいただくということでございますが、どのぐらい、どのようなところでそれが実施されたか、それがおわかりになれば教えていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 大高議員の再質問に答弁願います。

 健康福祉担当参事。



◎健康福祉担当参事兼福祉課長(折原正英君) 再質問にお答え申し上げます。

 20歳から40歳までの方の未婚率ということでございますが、申しわけございませんが、今手元にデータがないものですから、申しわけございませんけれども、後日、可能でしたら資料等を提供させていただきます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 大高議員、ちょっと確認ですけれども、公募性の補助金のことについてですか。



◆10番(大高誠治君) そうです。

 前回、それを使って支援したいという、行事をしたいというようなお答えが入っていましたので……。



○議長(横手康雄君) 何関係に対してですか。



◆10番(大高誠治君) もし何でしたら取り下げます。



○議長(横手康雄君) 学校教育課長。



◎学校教育課長(飯野幸二君) お答え申し上げます。

 学校週5日制の対応事業といたしまして、平成14年度の実績で童話を読む会、ソフトボール出前講座、紙芝居と折り紙、学校開放事業、お話し会、子供映画会、第1回子供体験講座絞り染め体験教室、どんぐりのこまづくり等でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 大高議員、再々質問ありますか。



◆10番(大高誠治君) ありません。



○議長(横手康雄君) 以上で大高誠治議員の一般質問を終わります。

 ここで昼食休憩といたします。



△休憩 午後零時03分



△再開 午後1時00分



○議長(横手康雄君) 再開します。

 休憩前に引き続きまして一般質問を行います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△唐沢捷一君



○議長(横手康雄君) 通告第17号、唐沢捷一議員。

     〔1番 唐沢捷一君登壇〕



◆1番(唐沢捷一君) 1番の唐沢でございます。

 通告書に従いまして、2点一般質問をさせていただきたいと思います。

 まず、1点目の方の榊原町長の政治姿勢ということで質問するわけでございます。1と2ということで2つに分けてそれぞれ質問したいと思いますので、ひとつよろしくお願いしたいと思います。

 長女の政治資金規正法の違反に伴いまして、土屋前知事の辞職となりまして、混乱した県政の立て直し、そしてまた、多くの県民の皆さん方のいろいろな複雑な思いをとって経て、官から民の上田清司新知事があすの埼玉を託して支持をされたわけでございます。これからは、国に物が言える人、マニュフェストの早期具現化を目指して、まさに700万県民の期待を担って上田知事が誕生し、そしてまた、今3カ月を迎えているわけでございます。就任から3カ月、過日の定例会見の中でもマニュフェスト、すぐやると言った項目はほとんどできた、自己採点でも80点をとったという上田知事の成果を強調した新聞記事も載っているところでございます。

 そこで、榊原町長にお伺いをするわけでございますけれども、この上田埼玉県政に何を期待するのか。いや逆に、上田県政とは距離を置いて、冷静にしばらく見守っていきたい。町長、この上田県政に対しての率直なご意見をお聞かせをいただきたいと思います。

 2番目としまして、町長就任以来、基本的な政治姿勢は変わっていないというふうに私も確信をしておりますけれども、町長の政治姿勢につきまして、確認も含めてお伺いをするわけでございます。

 今から9年前、平成5年の秋、日下部前町長の急逝に伴いまして、町を二分する激しい町長選挙が戦われたわけでございます。結果は榊原一雄氏の人間的な温かさ、また、町に対する熱い思いが多くの町民に支持をされまして圧勝し、そして、今日まで約9年間、町政に携わってきたわけでございます。当時の宮代町燃ゆるが、まだきのうのような感じもしますし、遠く去った過去のような感じもしますし、私としても複雑な気持ちになっているきょうこのごろでございますけれども、そこで初当選をした平成5年の12月3日の12月定例議会におきまして、榊原町長、町政担当に当たって、その第一声の中で3つの大きな基本姿勢を示したわけでございます。特に町民の夢と声を大切にしていきたい、町民一人一人が主役のまちづくりを進めていきたい、そして、町民とともに考え、ともに歩んでいきたい、そんな基本姿勢、大きな3本を示したわけでございます。あわせて4つほどの具体的な施策も示したわけでございますけれども、その当時の思いと現在、全く変わりはないのかどうか、ひとつ振り返ってみてお聞かせをいただきたいと思うわけでございます。

 続きまして、2点目の方の「新しい村」の周辺整備ということで質問するわけでございます。

 環境共生型エリア、まさに新しい村の整備ということで、着々とその整備は進んでいると思いますし、また同時に、前段者の同種の質問の中でも新しい村の設立の精神、また、今、町民とともに新しい村を運営している、そんな経緯につきましては理解をしているわけでございますけれども、前段者でも若干このような質問があり、重複するというようなことにもなろうかと思いますけれども、再度確認も含めて質問をさせていただきたいと思います。

 宮代町総合計画実施計画の優先的政策「慈しみ」の中で明記をされておりますけれども、各種事業が平成15年、平成16年、平成17年とその3カ年の中で着実に事業が進められているというふうに、もちろん確認しておりますけれども、今後この整備事業が予定どおり進められていくのか。また、今後若干の見直しなり、また手直しをする考えがあるのかないのか、お聞かせをいただきたいと思います。

 また、あわせて2番目の方で将来に向けての展望、特に管理運営面も含めてでございますけれども、あわせてお聞かせをいただきたいと思います。

 答弁によっては再質問したいというふうに思っております。

 以上、よろしくお願いいたします。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員の質問に答弁願います。

 1点目、町長の政治姿勢。

 町長。

     〔町長 榊原一雄君登壇〕



◎町長(榊原一雄君) 私の政治姿勢に関するお尋ねにお答えをいたしたいと思います。

 まず、(1)の上田県政との関係でございますが、議員ご案内のとおり、去る9月2日に第57代埼玉県知事として上田知事が就任され、新たなリーダーのもとで新しい県政運営が始まったところでございます。上田知事は、就任あいさつの中で、官から民へ、国から地方へという大きな流れをつくり出して、埼玉から日本を変えたいと表明をされました。特に市町村行政につきましては、マニュフェストの中で、「市町村本位の埼玉をつくります」、と市町村中心の地方分権の推進を明らかにされております。

 申し上げるまでもなく、時代は地方分権の実施段階にあるわけでございまして、合併により市町村の規模や能力が拡大強化される中で、広域自治体としての都道府県と基礎的自治体としての市町村のあり方が、地方分権の重要な論点となって浮かび上がってきております。市町村はこれまでも福祉や教育、あるいはまちづくりなど、住民生活に密着した身近な行政サービスを提供してまいりましたが、21世紀の分権時代を迎えまして、さらなる自治能力の向上が求められております。

 したがいまして、これからの市町村と県や国のあり方につきましては、市町村にできることはできるだけ市町村に任せ、市町村ではできないこと、できないもの、あるいは非効率となってしまうような仕事は、県や国などのより大きな政府が実施すると、行うという、いわゆる互換性の原則に基づく政府関係を構築していかなければならないものと、そのように思っております。私はこのような考え方に基づきまして、県と町がともに信頼関係を築きながら、分権社会にふさわしい共同関係を構築していけるように努力をしてまいりたいと考えております。

 次に、(2)の就任以来の基本的な政治姿勢についてのお尋ねでございますが、この点につきましては、平成13年の12月議会におきましても唐沢議員さんに対しましてお答え申し上げておるところでございますが、本日はそれを踏まえまして繰り返しになりますが、ご答弁をさせていただきます。

 私は、平成5年10月、町長に就任させていただいて以来、優しさという感性を重視し、町民の皆様の夢と声を大切にする、いわゆる思いやりのある町政の実現を目指しまして、今日まで常に全力で取り組んでまいりました。こうした町政運営に対する私の信念を形にするため、まちづくりの創造理念として、「農」のあるまちづくりを掲げました。人間と環境の調和した景観と暮らしを創造するとともに、その理念を福祉や教育の分野にまで広く浸透させる努力を重ねてまいりました。

 申し上げるまでもなく、こうした町政の着実な実現は、到底私1人の力でなし得るものではございませんでした。議会議員の皆さんのご理解とご協力、そして町の職員の努力、研さん、そして、町民の皆さんお一人お一人の自立と参加が何よりも重要でございます。とりわけ住民自治の確立は昨今の市町村合併のうねりの中で、ともすれば規模の拡大を求めがちな自治体の隅々まで、ぬくもりと優しさを行き渡らせる、そして、ともに支え、ともに助け合う、真の意味での分権型社会の実現のために不可欠のものであると考えております。

 我が宮代町も今、市町村合併という町民の皆様の生活を大きく左右する重大な岐路に差しかかっているわけでございます。このような時代の大きな変革期である今こそ、私の信条であります優しさと温かさのある政治を、町政運営の中に十分生かしていかなければならないものと決意を新たにしているところでございます。

 したがいまして、私はこれからも優しさという感性を片時も忘れることなく、温かい心と思いやりの心を常に抱きながら、熱い情熱と冷静な判断、毅然たるリーダーシップを持って人と自然が輝く町、すべての命を大切にする優しさのあるまちづくりをじっくり、ゆっくり、そしてきめ細かく、万事に心を尽くして進めてまいりたいと思いますので、議員の皆様方にはより一層のお力添えとご支援を賜りますようお願いを申し上げる次第でございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 2点目、「新しい村」の周辺整備。

 農政商工課長。



◎農政商工課長(小暮正代君) お答え申し上げます。

 まず、1点目の「新しい村」周辺の今後の整備計画でございますが、平成10年度より実施してまいりました山崎山周辺環境整備事業に伴います農村総合整備統合補助事業につきましては、来年度をもって事業完了予定となっております。来年度の主な整備計画でございますが、新しい村内におきましては、現在、未舗装となっております集落道路7号の道路整備を初め、それに並行して走っております水辺3号の水路整備、笠原落とし沿いの沿路整備を予定しているところでございます。また、集落内におきましては、集落道路4号の道路整備工事を予定しているところでございます。

 続きまして、将来に向けての展望でございますが、新しい村は条例で設置されております公の施設でありまして、それを運営上、行政が直接行うよりも効率的に行うことを目的といたしまして、公共的団体であります有限会社「新しい村」にその管理運営を委託しているところでございます。

 今後につきましては、まだ組織的に人材がそろっていない部門もありますことから、会社の経営内容を見ながら計画的に人材の登用を行い、組織の強化を図り、自立性を高めてまいりたいと存じます。

 また、運営に当たりましては、単なる営利を追求した組織ではなく、「農」のあるまちづくりを実現していくに当たりまして、町民の皆様の夢と期待が込められている拠点施設であると受けとめておりますことから、会社側と町側でお互いに情報交換を密にし、協力し合って事業を行ってまいりますとともに、積極的に町民参加を行い、より効果の高い事業展開を図ってまいりたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員、再質問ありますか。

 唐沢議員。



◆1番(唐沢捷一君) 再質問をさせていただきたいと思います。

 まず、1番目の方の榊原町長の基本姿勢、就任以来全く変わらない、優しさとぬくもりを持って一歩一歩町民とともに歩んできた、そんなことの答弁をいただきました。私もその町長の進めてきたまちづくりにつきましては、評価をしているわけでございます。それだからこそ、2期目、3期目、無投票の当選を得ているわけでございます。特に3期目につきましては、1政党を除いて全政党、公党が推薦ないしは支持を得て、磐石の体制で今3期目を担当しているというふうに理解をしているわけでございます。

 そこでお聞きをするわけでございますけれども、先の衆議院選挙で上田知事は、友情支援を受けた人には友情応援でこたえていきたいと言って、一部民主党の議員の応援をし、街頭に立ったところでございます。この上田知事のとった行動に対して、町長はどのような思いを持っているのか、ひとつお聞かせをいただきたいと思います。

 それから、もう一点でございますけれども、榊原町長、前土屋知事とは太いパイプで幾つかの政策をも実現してきた、このことは評価もしておりますし、私も十分理解をしているわけでございますけれども、この太いパイプが今途切れたわけでございまして、今後県政、先ほど町長の答弁の中で地方分権を迎えた今、県と町との信頼関係を持って有効に各施策に臨んでいきたいという答弁があったわけでございますけれども、今後さらに町が進めている残された課題をクリアするためにも、ぜひともこの上田県政と綿密な連携も必要かと思いますけれども、そんな意味でひとつこれからの上田県政との関係、もう一度ひとつ確認も含めてお聞かせをいただければありがたいと思っているわけでございます。

 続きまして、2点目の方の新しい村の方でお聞かせ願いたいと思います。

 今、課長の方から順調に事業も進め、来年、平成16年で事業の終了予定だという答弁をいただきました。具体的には集落道路の7号線の整備、それから、集落農園整備等々が来年ですべて終わって完成するというような答弁をいただきました。そこで、平成17年度、事業の計画によりますと約6,000万円近い、これからの周辺環境維持管理費ということで予定をされている額がありますけれども、具体的にどのような維持管理をしていくのか、ひとつお聞かせいただきたいと思います。

 それから、安心・安全の食を求め、消費者のニーズにこたえる意味で、地元で生産したものを地元の皆さん方に提供する重要な事業ということで、「結」が今、順調に事業が進められているわけでございますけれども、お聞かせ願いたいということは、1つには、この「結」で販売している生産物、いろいろな食品、食品と申しますか野菜も含めてでございますけれども、あろうかと思いますけれども、具体的に町民から苦情やトラブルが起きていないのかどうか、ひとつお聞かせをいただきたいと思います。

 それから、もう一つでございますけれども、これはお願いというか、ぜひこれからの事業を進めるということでお聞かせ願いたいと思いますけれども、私もさきの一般質問の中で新しい村に通ずる道路のことで質問し、特に夜が暗いということで街路灯のお願いをしたわけでございますけれども、おかげをもちまして、あそこに街路灯、大きなやつが6本から7本ですか、設置をさせていただきました。町民の皆さん方、本当に喜んでおりますけれども、せっかくできたこの街路灯でございますけれども、残念ながら笠原小学校の北側、それから、ちょうど目の前に東武動物公園の表玄関があるんですけれども、あの笠原小学校に途中まで立派な歩道があるわけでございますけれども、残念ながら途中で切れているわけでございます。これは笠原小学校の建物と当たるというふうなこともあって、また、立派な石垣があって歩道が延長できなかったのかなという感じがするのですけれども、せっかくあそこまでできた歩道が途切れて非常に危険だと。特にお年寄りが車を引いて、あそこまで行って途中でとまって右側に移るのに、車がクランクになっていますので非常に見えない、危険だという声が聞かれるわけでございます。そんなことで、ぜひ歩道の延長を考えていただきたいと思いますけれども、そのような考えがありやなしや、ひとつお聞かせをいただきたいと思います。

 それから、もう一点でございますけれども、新しい村、先ほど課長の答弁で駐車場、本当にきれいに整備をしていただきました、なりました。そこで、逆に心配なことは、東武動物公園の来園者、特に夏場の花火のときに町民がなかなか利用できない、どういう人かナンバーを見るとほとんど県外の人が多いナンバーが駐車しておるんですけれども、これの対策なんかはどのようなお考えを持っているのか。難しいと思いますけれども、ひとつお聞かせをいただきたいと思います。本当に町民が利用できる駐車場をつくっておいて、実際はなかなか大変だというふうな現状もございますので、何か施策はあるのかどうか、あればひとつお聞かせ願いたいと思います。

 以上、ひとつ再質問でございます。よろしくお願いします。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員の再質問に答弁願います。

 1点目、町長。



◎町長(榊原一雄君) 衆議院選挙において、上田知事が友情支援に対しては友情支援で返すということで幾つかの候補者を応援したこと、それがいろいろ言われているところでございますが、知事は知事としての公人は700万県民の代表でありますので、1党1派に偏らない政治姿勢、あるいは政治行動が求められているということでいかがなものかということであろうかと思いますが、知事といえども人間ですよね、公人的な立場、あるいはまた、私的な立場もございます。政治はその渦の中にあるわけです、政治活動はですね。

 ですから、友情に対して友情でこたえる、これは昔の言葉でいえば義理と人情ですよね。今の言葉でいえば人と人とのきずな、信頼関係であろうと思います。しがらみもいいしがらみと悪いしがらみがありますよね。しがらみを切るのも保つのもやはりそういう信頼関係、きずなから生まれて、それがよりよい社会をつくるわけです。今の世の中はしっかりとした信頼関係がないと、人と人とのきずながないという社会に一番問題があると言われておりますので、そういう点であの行動を、私はむしろ正直といいますか、自分の思いを正直に行動できる勇気を、私はなかなかできませんので、さわやかに感じております。

 私もこれからいろいろ皆様方にお世話になっている人、支援されました方には恩義を感じています。不安にもなるわけでございます。民心の不安ということでまた物議を醸しだしているわけでございますが、そこら辺を繰り返して申し上げますけれども、人と人との、人間としてのこれは優しさといいますか、いい意味で厳しさもあるわけですけれども、公人ですから。しかし、先ほども申し上げましたように、正直に行動して、それを言いわけをしないというところにさわやかさを感じました。その辺で勘弁していただきたいと思います。

 以上です。



○議長(横手康雄君) 続きまして、2点目。

 農政商工課長。



◎農政商工課長(小暮正代君) 再質問にお答え申し上げます。

 まず、第1点目の平成17年度の予定でございますが、6,000万円計上されているということでございますが、こちらにつきましては委託料が含まれている数字でございまして、整備につきましては1修繕料を計上しているところでございます。

 また、「結」で農産物に対します苦情でございますが、こちらにつきましては、特段大きな苦情というのは余りないようなところでございます。

 また、3点目の集落道路の笠原小学校のところの歩道でございますけれども、こちらにつきましては、当該歩道につきましては、現在の歩道を延長いたしますと、先ほど議員もおっしゃられておりましたとおり、小学校の建物の一部にぶつかってしまうということから、当初から現在のところで行きどまりとなる計画であったものでございます。しかし、ご質問のとおり危険性につきましてほかにも意見をいただいているところでございまして、現在、夜間につきましてはやはり道路照明灯を設置させていただいたところでございます。

 また、今後の対応でございますが、カーブ付近で車が速度を減速せざるを得ないような対策につきまして、現在検討を進めているところでございますので、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

 また、4点目の東武動物公園の来客者の駐車問題でございますけれども、やはり議員がおっしゃられるとおり、平日は余り見受けられませんが、土日・祝日等につきましては、確かに東武動物公園の利用者の一部の方が新しい村に駐車していくというような実態があるようでございます。しかし、人をつけて監視するということになりますと、人件費のこともございますから、なかなか有効な対策を打つことができない状況でございます。ご承知のとおり新しい村には、それを囲む塀でありますとか、出入り口、そういったものは特にありません。どこからどこまでが新しい村なのかというのを意識するものではなくて、「農」の息づく風景を地域の皆様が人と環境を調和した空間を創造していけるよう、また、新しいコミュニティを創造していけるよう、自由な空間としているものであります。したがいまして、今後につきましては、駐車場の誘導看板を設置したり、長時間駐車している車などにつきましては、できる範囲で注意を促していくことを検討してまいりたいと考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(横手康雄君) 唐沢議員、再々質問ありますか。

 唐沢議員。



◆1番(唐沢捷一君) 質問というよりも私の思いを最後に申し上げまして、今回の一般質問を終わらせていただきたいと思いますけれども。

 1番目の方の榊原町長の政治姿勢につきまして、質問させていただきました。率直な榊原町長の思い、答弁をいただきまして、ありがとうございました。町長の歩みは、立場は違いますけれども、我々議員の歩みでもあるわけでございます。今回、榊原町長の基本的な政治姿勢の質問をしたということは自分自身への自戒でもあるわけでございます。そのようなことでひとつご理解をいただきたいと思いますし、町長につきましては、今後も1党1派に偏ることなく、3万5,000人の町民の夢と声を大切にして、ぜひひとつ歩んでいっていただきたいということを、心からお願い申し上げますし、また同時に期待をして今回の一般質問を終わらせていただきたいと思います。

 今回最後の一般質問、任期の最後でございます。大変この4年間お世話になったことを心からお礼を申し上げまして、今回の一般質問を閉じさせていただきます。ありがとうございました。



○議長(横手康雄君) 以上で唐沢捷一議員の一般質問を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(横手康雄君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後1時36分