議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 寄居町

平成20年 12月 定例会(第4回) 12月03日−01号




平成20年 12月 定例会(第4回) − 12月03日−01号







平成20年 12月 定例会(第4回)



          ◯招集告示

寄居町告示第158号

 平成20年寄居町議会第4回定例会を12月3日に招集する。

  平成20年11月28日

                         寄居町長  津久井幹雄

          ◯応招・不応招議員

◯応招議員(16名)

    1番  大平久幸議員      2番  佐藤理美議員

    3番  原口 昇議員      4番  岡本安明議員

    5番  石井康二議員      6番  本間登志子議員

    7番  坂本建治議員      8番  押田秀夫議員

    9番  稲山良文議員     10番  松本 勇議員

   11番  大久保博幸議員    12番  佐野千賀子議員

   13番  原口 孝議員     14番  田母神節子議員

   15番  室岡重雄議員     16番  吉田正美議員

◯不応招議員(なし)

          平成20年寄居町議会第4回定例会 第1日

議事日程(第1号)

                 平成20年12月3日(水)午前9時00分開会

 1.開会

 1.開議

 1.町長の招集あいさつ

 1.議事日程の報告

 1.会議録署名議員の指名

 1.会期の決定

 1.諸報告

 1.議案第63号(町長及び副町長の給与等に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について)の上程、説明、質疑、討論、採決

 1.議案第64号(寄居町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について)の上程、説明、質疑、討論、採決

 1.議案第65号(平成20年度寄居町一般会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.議案第66号(平成20年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.議案第67号(平成20年度寄居町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号))の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.議案第68号(平成20年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.議案第69号(平成20年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑委員会付託

 1.議案第70号(平成20年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.請願第4号(「協同労働の協同組合法(仮称)の速やかな制定を求める意見書」提出を求める請願)の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.請願第5号(民間委託化せずセンター方式の学校給食を、充実させてください。)の上程、説明、質疑、委員会付託

 1.次会日程の報告

 1.散会

本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

出席議員(16名)

    1番  大平久幸議員      2番  佐藤理美議員

    3番  原口 昇議員      4番  岡本安明議員

    5番  石井康二議員      6番  本間登志子議員

    7番  坂本建治議員      8番  押田秀夫議員

    9番  稲山良文議員     10番  松本 勇議員

   11番  大久保博幸議員    12番  佐野千賀子議員

   13番  原口 孝議員     14番  田母神節子議員

   15番  室岡重雄議員     16番  吉田正美議員

欠席議員(なし)

説明のため出席した者

  津久井幹雄  町長        根岸安和   副町長

  梅澤泰助   教育長       今村幸男   総務課長

  轟 幸男   財務課長      古川定男   税務課長

  坂本賢蔵   町民課長      鈴木 隆   健康福祉課長

  金子正義   子育て支援課長   内笹井光江  人権推進課長

  大沢義憲   生活環境課長    小畑光男   産業振興課長

  神田良夫   企業誘致推進課長  清水克樹   まちづくり課長

  坂本勝己   上下水道課長    石田一男   教育総務課長

  関根正巳   指導班主席指導主事 金子眞土   生涯学習課長

  柴崎年正   会計管理者

事務局職員出席者

  大久保豊吉  議会事務局長    斎藤英樹   同書記

  川上好美   同書記



△議長あいさつ



○松本勇議長 おはようございます。

 本日は、日本三大曳山の秩父のお祭りでございますけれども、普通、この12月3日の秩父の夜祭が始まるころには北風が吹いて大変寒い朝晩を迎えますけれども、きょうは暖冬の関係か大分、それほど寒くありませんでした。

 本日は、皆様ご健勝にて全員この本会議にお集まりいただきましてありがとうございます。

 日程13まで議案がございますけれども、皆様の絶大なるご協力をいただきまして、本会議が無事終わりますようお願いいたしまして、あいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会 午前9時00分



△開会の宣告



○松本勇議長 これより本日をもって招集された平成20年寄居町議会第4回定例会を開会いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○松本勇議長 ただいまの出席議員は16名であります。

 定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長の招集あいさつ



○松本勇議長 最初に、町長から招集のあいさつをお願いいたします。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 皆様、おはようございます。

 師走を迎え、ことしも余すところ一月を切りましたが、そのような中、平成20年寄居町議会第4回定例会を招集申し上げましたところ、議員各位にはご健勝にてご参集賜り、厚く御礼を申し上げます。

 さて、本議会におきましては、条例の一部改正、平成20年度一般会計及び特別会計並びに水道事業会計の補正予算など重要な議案の審議をお願いするものであります。

 よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○松本勇議長 本日、これからの議事日程を報告いたします。

 事務局長から議事日程を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○松本勇議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第112条の規定により、議長において指名いたします。

 11番 大久保博幸議員

 12番 佐野千賀子議員

 13番 原口 孝議員

 以上3名を、本日の会議録署名議員に指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○松本勇議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 本定例会の会期につきましては、去る11月21日に行われた議会運営委員会において協議されておりますので、議会運営委員長から報告を求めます。

   〔室岡重雄議会運営委員長登壇〕



◆室岡重雄議会運営委員長 おはようございます。

 15番、室岡です。

 議会運営委員会の審議結果を報告いたします。

 本定例会に関します議会運営会を去る11月21日午前9時30分から第3委員会室において開催いたしました。

 協議の結果、本定例会の会期につきましては、本日12月3日から12月15日までの13日間とし、第1日、12月3日本会議、第2日、12月4日本会議、一般質問、第3日、12月5日産業建設常任委員会、第4日、12月6日休会、第5日、12月7日休会、第6日目、12月8日総務常任委員会並びに第4次三ヶ山地域開発調査特別委員会、第7日、12月9日文教厚生常任委員会、第8日目、12月10日から第12日、12月14日までを休会、第13日、12月15日本会議最終日であります。

 以上でございます。



○松本勇議長 ご苦労さまでした。

 お諮りいたします。会期は委員長報告のとおりとしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日12月3日から15日までの13日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○松本勇議長 日程第3、諸報告を行います。

 最初に、各常任委員会で、閉会中の特定事件として所管の事務調査が行われておりますので、各常任委員長から報告を求めます。

 最初に、総務常任委員長、報告願います。

 委員長。

   〔本間登志子総務常任委員長登壇〕



◆本間登志子総務常任委員長 おはようございます。

 総務常任委員会より、閉会中の特定事件調査報告をさせていただきます。

 委員長、本間登志子。

 調査項目、安心・安全なまちづくりについて。

 調査期日、平成20年10月29日。

 調査場所並びに出席者、第1委員会室、総務常任委員全員、議長、局長、書記。

 開会後、各学校区単位に行った調査(学校区単位で実施している子どもの見守り活動について、通学路の危機箇所の把握状況、防犯ベルの活用状況、携帯電話の所持に関する取り扱い等)について、各委員から報告を受けた。

 この中で、防犯ベルに関しては、小学校入学時に全員に貸与したものを中学校でも有効に活用しており、幸いに防犯ベルによる通報事例も報告されていないとのことでありました。

 また、携帯電話については、すべての学校で原則学校への持参禁止としているものの、学年が高くなるにつれて所持率が高くなっていることから、適正な利用法の講習等に努めているとの現状を把握することができました。こうしたことを踏まえ、委員会から意見等を聞きました。

 各中学校で行っている見守り活動については、調査結果から見ても一応の成果を得られていると見られ、評価することができる。防犯灯の設置箇所や維持管理の方法について、さらに検討が必要である。あいさつ運動についての指導も、防犯のための重要な取り組みである。防犯運動のため、町内統一したデザインのグッズをつくる必要があるのではないか。子ども110番の家の看板を掲げた家でも、現在は不在となっている場合もあり、全体的に見直しが必要ではないか。酒、たばこ等による非行の防止に関する取り組みも必要である。白線引き直し等、道路の安全管理や雑草の撤去等、通学路の環境整備が必要である。今回実施したアンケートに対する報告を各学校に返したほうがよいなどの意見があり、協議の結果、引き続き調査研究をすることを決定いたしました。

 以上です。



○松本勇議長 委員長に対して若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山良文です。

 報告の中で、適正な利用方法の講習等に努めているとの現状を把握することにしたというふうに述べられておりますが、特に、携帯電話はいろいろな面で影響があるものと私は思っております。これにつきまして、具体的にはどのような講習、もしくはどういうような方法でなされているのかお聞かせください。



◆本間登志子総務常任委員長 もう1回、ちょっと言葉が、ちょっとわからないんで、すみません。



◆9番(稲山良文議員) 携帯電話の使用につきまして、適正な利用方法の講習等に努めているとの現状を把握することができたと報告されていますが、具体的にはどのような講習が行われていたのかお聞かせください。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 学校のほうで、やはり携帯電話の使用等についての子どもたちに説明をしたりとか、やはりいろいろな、例えば何ですか、今の携帯電話で、何でしたっけ、あれは。サイトの問題とか、いろいろそういう説明とかして、やはり必要な場合もあるんですけれども、やはりそういうふうなあれをすると見られてしまうしというようなことで、子どもたちにはいろいろ指導していて、持たないようにということで、子どもたちも一応それを守ってきちんとやっているということです。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山です。

 そうすると、指導をしている、講習を開催したり、講習等の出席したんではなくして、先生が指導しているということだけなんですか。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 先生の指導と、それから、一応警察の方の指導もあると思います。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山です。

 そうすると、警察の方が見えて講習を行ったり、サイトに関するもののよしあしを話したり、学校へは原則として持ち込まないというようなことが話されたということでよろしいんでしょうか。そして、実際には、原則的には持参禁止とうたっているわけですが、実情はどうなっているんでしょうか、関連としまして。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 そのようなことで講習とか、そういうのをきちっとやっていて、実際に持参をしているということはないです、ないそうです。



○松本勇議長 ほかに。

 吉田議員。



◆16番(吉田正美議員) 16番、吉田です。

 防災面について論議はなされなかったんですか。例えば自然災害とか、火災、地震の耐震なんていう問題になっていますけれども、どうなんですか。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 いろいろこれに関しては幅広くなっていきますので、今回はとりあえず、今ここに書かれてあるようなことでやっていこうということで始めました。



○松本勇議長 ほかに。

 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 5番、石井です。

 防犯運動のための町内統一したデザインのグッズをつくる必要があるのではないかという意見がありましたけれども、これは各学校単位だとか町内によってデザインが違うんですか。

 それと、予算的なものはどういうところから出ているのかお聞きかせ願いたいんですが。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 この防犯のグッズがそれぞれ自主的にやられているところとかいろいろありまして、確かに活動されているところもすごくあるんです。そして、活動されていない、見守りというのがやられていないようなところがありまして、やはりそういうふうなところもいろいろな形でやってもらえるような形をとるのには何か余りお金もかからないような形で、例えば帽子とかそろえる、統一するのであれば、何とかできるのではないかなというようなことと。

 それから、やっぱり今やっていないところというのは、お母さんたちが出ていてすごく大変な状況で、子どもさんが少なくなっていたりとかしているので、やはり何かをそういうふうに統一したものをやるということは、子どもたちも、あの人はそういう形なんだ、やってくれている人なんだという安心感もあるというんではないかということで、一応そういうふうなしっかりした形の統一されたようなものができればいいのではないかなということです。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) そのやっているところとやっていないところがあるということなんですが、その状況というのはどういう、どんなことになっているんでしょうか。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 例えば、私は町の中のことで言いますと、やはり本町のほうは年配の方がボランティアで本当にその時間はというような形で交代で、そのボランティアの人たち同士、お年寄りの方たち同士でうまく連携とってやってくれているんです。

 そして、例えば今度違う町内になると、全くそれがされていないんですね。そういうふうなところがありまして、用土のほうは一番早くに、そのことというのは実施をされ始めたということなんですね。

 だから、例えば、やられていないところがあるし、それから、最後に子どもさんが1人になるのがとても心配だというようなお話も出ていますので、その辺のところも、そういうふうなものをあれして、例えば帽子とか、そういう統一のものを出してもらって、そして協力をとにかくしてもらって、子どもたちを守ったほうがいいんではないのかなというようなことで、そういうお話が出てきました。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 小・中学校9校あると思うんですが、その中でやっている学校、やっていない学校、もしわかったらお願いします。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 学校のほうというのは、ほとんどできるだけのことはやっているんですね。ただ、その登下校の、学校から出てからのことというのは、やはり学校のほうは、そこまではやっぱりできないし、そこから、今言ったようにボランティアの人たちが、本町の場合はちゃんと最後まで送り届けているというような形をとっているんですね。学校のほうはほとんどやれることはやっています、どこでも。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) よくわからないんですが、学校のほうはというようなことと、要するに、ボランティアでその学校周辺の住民の方が協力をしてくれるというのとはまた別なわけですか。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 学校のほうでは一応そういう指導とか、そういうふうなことというのはやっていまして、例えば今の防犯ベルみたいなものも所持もしているというようなことで、ですが、学校から出てからの登下校の見守り安全隊みたいな形で一般のボランティアの方はしてくれている箇所があるところとないところがあるということなんです。それなので、それを全般的にお願いをするのには統一したグッズ等がよいのではないかということでございます。



◆5番(石井康二議員) はい、了解しました。



○松本勇議長 ほかに。

 再質問ですか。

 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山良文です。

 ちょっと申しわけなかったんで、失礼しました。

 防犯灯の設置箇所や維持管理の方法について、さらに検討する必要があるというふうに述べられておりまして、寄附の受け入れにつきまして、地域防犯推進のためということで、防犯灯が85基、埼玉県電気工事工業組合小川支部から寄附を受けるということが多分、この後報告あると思うんですが、これにつきましても、執行と協議していっていないと私は思いますが、いかがでしょうか。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 防犯灯のこの設置箇所の維持管理ということなんですけれども、つけるところが通学路とかというか、そういうふうになった場合に、例えば、防犯灯をつけるのが、各つけたところの自治体の負担になるというようなことがあって、その辺のところを、やはり通学路とかそういうふうに関しては、何というんですか、できれば町のほうで負担をしていただけたらいいなとか、そういうようなお話がありまして、今言ったように、寄附等の電球はたくさんあるということなので、有効に使っていただければいいんではないかと思っているんですけれども、そのような負担面があるのでというようなことの話が出ました。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山です。

 寄附は85基の電灯が寄附されるのについて、これの使用方につきまして、町のほうと、執行と協議をして進めていくお考えがあるのかということにつきましてお伺いしたわけなんですけれども。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 この防犯灯というのは、例えば、つけてほしいというようなところは、道路委員から要請があれば、そのようなことはしていただけるそうです。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 寄附された85基の安全灯につきまして、今後安全・安心のまちづくりのために、防犯灯について協議されたわけですので、これの使用方につきまして、町とよく協議を進めてやっていただくお考えがあるのかというものをお聞きしたわけなんであります。



○松本勇議長 委員長。



◆本間登志子総務常任委員長 できるだけそのように有効利用ができるように町のほうと協議をしてやっていきたいと思っております。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、文教厚生常任委員長、報告を願います。

 委員長。

   〔岡本安明文教厚生常任委員長登壇〕



◆岡本安明文教厚生常任委員長 文教厚生委員会より、閉会中の特定事件について、調査報告を行います。

 委員長、岡本安明。

 調査項目、企業との文化交流について。

 調査期日、平成20年10月30日。

 調査場所並びに出席者、第1委員会室、文教厚生常任委員全員、議長、局長、書記。

 開会後、各委員から企業へ依頼するアンケートの内容についての意見を聞いた後、依頼先企業の選択と実施の時期について検討を行いました。各企業へのアンケートの内容について、無記名ではなく、会社名、従業員数、事業内容の記入があったほうがよい、産業文化祭、スポーツ大会、文化的イベント、ボランティア活動への参加の有無と今後の参加希望の有無について聞くことにより現状を把握したい。交流事業に参加することのメリット、デメリットをどう感じているかを知りたい。企業は今後参加希望する交流事業を聞くことにより、地域住民との交流接点が見えるのではないか。地域住民との文化交流について、議会への具体的な意見を記入していただくほうがよいのではないか。その他、自由な意見を聞くことにより、企業との地域住民との文化交流について問題点等が見えてくるのではないか等の意見があり、アンケートを依頼する企業については、おおむね従業員30名以上と思われる企業を対象とすることと及び実施は11月中旬に、各委員が企業を訪問の上依頼し、下旬までに回収することを決め、協議の結果、本件について、引き続き調査研究することを決定いたしました。

 以上です。



○松本勇議長 委員長に対し若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

 佐野議員。



◆12番(佐野千賀子議員) 12番、佐野です。

 1点、アンケート調査の依頼をした件数、企業の件数、わかりましたらお願いします。



○松本勇議長 委員長。



◆岡本安明文教厚生常任委員長 先ほど、おおむね30名以上の企業ということで、寄居町内49社でございます。

 ちなみに、今現在の回収率ですけれども、49社中31社でございます。約63%の回収率ということでございます。

 以上です。



◆12番(佐野千賀子議員) はい、ありがとうございます。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 2点ほどお尋ねします。

 その30名以上の中に、100名以上の会社が寄居町で何社あるのか。

 もう1点は、産業文化祭やスポーツ大会、文化的なイベントのところで、現在産業文化祭に参加している企業があるわけなんですけれども、その企業に対してどのようにこれからの産業文化祭の参加の方法などについては考えているのか。より交流が持てるような参加の仕方について審議があったのかお尋ねします。2点お願いします。



○松本勇議長 委員長。



◆岡本安明文教厚生常任委員長 この49社のうち、100名以上の企業は何社あったかということが第1点ですか。

 第2点が産業文化祭へ参加している企業のどういうことでしたっけ。



◆14番(田母神節子議員) 住民との交流の仕方について、企業のほうで意見。



◆岡本安明文教厚生常任委員長 すみません。

 おおむね30名以上の企業ということでピックアップしたものて、今急に100名以上は何社あるかと言われても、ちょっと今現在は申しわけないんですけれども、これは即答ができないのですけれども、後で調べてお答えいたします。

 産業文化祭との文化交流に参加している企業との文化交流、交流を今後どのようにしてくかということにつきまして、まだアンケートの締め切り11月末ということですけれども、まだ集計、また分析等をしていない段階ですので、これからの集計、分析をいたしますので、その後、公表が図られるような形で、その集計の結果を見て検討してまいりたいと思います。

 以上です。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 まだアンケート集約したのを開いていないということで、100名以上がわからないということのようですけれども、大まかに大体、ボッシュなんかはきのうあれしたら500人とかと言っていましたけれども、その辺の把握があるのかないのか1点と。

 その文化交流については、委員会として企業との文化交流についてという目標を持って各企業にアンケート調査しているんだと思うんですけれども、その文化交流の位置づけが委員会として参加している企業に対してどのように考えているのかが聞きたいわけなので、その辺について審議があったかお願いいたします。



○松本勇議長 委員長。



◆岡本安明文教厚生常任委員長 再度言いますけれども、100名以上ということで、すぐ答えてくれと言われても、まだはっきりした、間違ってはいけないと思いますので、また調べてお答え申し上げます。

 また、産業文化祭のほうに参加している企業との文化交流についてですけれども、これも先ほど言いましたとおり、アンケートをまとめて集計した後検討して、今後も引き続き地域住民、または町と文化交流が保てるような、よい方向で進むような形で検討してまいりたいと思いますので、12月9日の日、文教委員会の後、アンケート集計等、分析等を行いますので、その後、この問題になるかと思いますので、よろしくお願いします。

 以上です。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 人数については後日ということで結構ですけれども、表題が企業との文化交流についてということですよね。研究課題といいますか、委員会として。今まで産業文化祭に参加していた人たちの企業がどんな企業があるのかという把握だけではなくて、より、住民との文化交流ということで調査しているんだと思うんですけれども、その辺について、委員会として思いがあるのかを聞きたいわけなのですけれども、いかがでしょうか。



○松本勇議長 委員長。



◆岡本安明文教厚生常任委員長 産業文化祭に参加している企業の文化交流を今後どのようにということですけれども、アンケート項目の中にも、問の中にあるんですけれども、産業文化祭に出店することによるメリット、デメリット等、また、今後の予定、規模等、詳しく書いていただく欄もございますので、その結果を見てよい方向でいくように今後検討してまいりたいと思います。

 以上です。



◆14番(田母神節子議員) 結構です。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、産業建設常任委員長、報告を願います。

 委員長。

   〔稲山良文産業建設常任委員長登壇〕



◆稲山良文産業建設常任委員長 閉会中の特定事件調査報告をさせていただきます。

 産業常任委員会委員長、稲山良文。

 1、調査項目、観光農業について。

 2、調査期日、平成20年11月6日。

 3、調査場所及び出席者、第1委員会室、産業建設常任委員会委員全員、局長、書記。

 開会後、委員から各地を訪問した際に、観光農業への取り組みについて聞いたこと、見たこと、感じたことなどを聞いて議論を進めました。城峯公園に冬桜を見に行ったが、人出もあり売店も結構繁盛していた。また、藤岡(旧鬼石町)の桜山公園で売店を営業している方の話を聞いたが、やはり売れると言っていた。温泉との組み合わせもよいと思った。寄居町でも中間平あたりで取り組めないかと思う。福島県の会津地方では、道路にのぼり旗を数多く立ててPRを行っていた。寄居町でもできると思う。有識者会議を組織して提言をいただくことも必要と思う。観光農業も観光に重点を置いて人集めに取り組む方法、農産物に重点を置いて人集めに取り組む方法等いろいろ考えられる。

 いずれにしても、町の特産品を生かした展開が必要であり、長期的な展望に立って進めなければならない。大事なことは、農家が意欲を持って取り組めるような環境が醸成されることであると考える。集客には観光農園の拠点を結ぶ回遊性ルートを研究開発し、観光会社等に情報提供することも必要と考える等の意見がありまして、協議の結果、次回については近隣の事例を視察することとし、本委員会では本件について引き続き調査研究することと決定しました。

 以上でございます。



○松本勇議長 委員長に対し若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

 本間議員。



◆6番(本間登志子議員) 6番、本間です。

 町の特産品として、観光とかお土産というようなもので、どのような品物があるんでしょうか。名前というか。



○松本勇議長 委員長。



◆稲山良文産業建設常任委員長 特産品として、町にどのようなものがあるかということなんですが、私が感じている範囲では、風布・小林のみかん、それから用土地区の植木、その他、町の市街地のほうではホルモン焼き、もしくはそういうような肉に関するみそ漬けの肉の販売等が、私がわかる範囲の特産品だと思っております。

 さらに、最近では、エキナセアの栽培は方々というか、中間平を中心とした折原地区で研究開発が進められ、将来町の特産品になる候補の中の1つだなと強く感じています。

 以上ですが。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 この中に、町の特産品を預かったり、農家が意欲をもって取り組めるような環境が醸成されることが必要というふうに審議されているわけなんですけれども、特に、農家の方の場合は、つくったものが自分のうちだけではなくて人に喜んで食べていただけるということでは、その季節季節の新鮮な物を余り遠くではなくて、町内の近くに持っていけるというようなことが大事だと思うんですね。

 そういうことの中で、特に神社だとか、お寺だとか、寄居町は多いじゃないでしょうか。そういうところに気軽に農産物が出品できるような、そんな方法も考えられると思うんですけれども、そういうふうにする場合に、どういう手順をとったらそういうことが実現できるのか、具体的になるとかなり簡単じゃないような話を聞くわけなんですけれども、その辺についてはどんな審議がされたのかお伺いいたします。



○松本勇議長 委員長。



◆稲山良文産業建設常任委員長 そこにつきましては、具体的な議論はなかったんであります。ただ、農家が意欲を持って取り組めるような環境の醸成ということなんですけれども、やはり今寄居町としては、特に農産物直売所等々の出荷で、農家が若干なりとも意欲を持って出店しているというふうに伺っております。近場では、花園町の農産直売所は日本でも有数な売上高を誇っていると伺っております。ですので、新鮮で安いもので、よいものが消費者の皆様に販売できれば直売所に出荷する意欲も高まり、もしくは、本当は農業そのもので生計が立てていければ一番いいんでしょうけれども、そこまで農業がなかなか発展しにく面があるということですので、そういう観光と農業を結びつけて、もしくは、その拠点となるようなところ、観光バスが入ってきて多くのお客様が見学したり、販売したり、もしくはおふろに入ったり、食事したり、そういうような拠点が将来できれば1つの発展する意欲が持てるのかなというような話も出てございました。

 それにつきまして、町の有識者の会議をお願いしたり、もしくは講師の先生をお願いしたりして、寄居町の観光農業について、今後どのようにしていくのかお考え等を出し合いながら進めていきたいという方向でございます。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 私は具体的にお寺だとか、神社だとかお寺だとかというふうな提案をしているわけなんですね。そういうところに近くの人たちが販売、よく道路上には無人の販売機なんかありますけれども、農家の方というのは、今高齢化が進んでおりますし、自分のうちだけで食べるよりも、やっぱり量が多くなるから、喜んでいただければ、それが張り合いになる。1日500円でも1,000円でもお金になれば張り合いがあるという、そういう思いの人もいるわけですよね。その人たちが元気でいられるというのは、それが生かされるということなので、大仰な観光バスで来る、来ないなんていうふうなところに行かなくても、身近にすぐできるようなことはすぐ実現する。その辺について委員会でも審議をしていただきたいと思いますので、希望して終わります。



○松本勇議長 ほかに質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長、報告をお願いいたします。

 委員長。

   〔原口 孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長登壇〕



◆原口孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長 第4次三ヶ山地域開発調査特別委員会。

 委員長、原口孝。

 調査報告を行います。

 1、調査項目、三ヶ山地域の開発調査について。

 2、調査期日、平成20年10月28日。

 3、調査場所並びに出席者、全員協議会室、第4次三ヶ山地域開発調査特別委員会委員8人、議長、局長、書記、企業誘致推進課長、同課主査。

 開会後、休憩に入り、環境整備センター共同研究オフィスにて、彩の国資源循環工場事業者協議会との間で意見交換を行った。

 帰庁後再開し、委員から質問・意見等を聞いた。

 資源循環工場への光ファイバー敷設の取り組みについて。?期事業の立地企業選定に当たっての選定委員会等の立ち上げについて。休業中の埼玉環境テックの現状について。さまざまな手続の迅速化と県がかかわらなければならない部分が多いと思う。現在の事業が安定的に運営できなければ2期事業も立ち上がらないのではないか。群馬県では、汚泥を堆肥化した製品を企業から買い上げ、公共事業の中で積極的に使う取り組みを行っている。こうしたことも必要になるのではないか。当委員会と事業者との間で?期事業に対する見解が異なっている部分があるように思えた。事業者協議会が県に行ったという4項目の要望(?地代の分割納入の実現、?緩衝緑地等相当分の地代負担の見直し、?県側協議窓口の一本化、?第?期事業の企業選定は?期事業者の稼働状況を踏まえて検討すること。)は、特別なものではないと思う。最終的に企業か立ち行かなければ町にも大きな影響が生じることになるのだから、議会としても県への働きかけを行う必要があるのではないか等の質疑、意見があり、協議の結果、今後、埼玉県の担当を招き、資源循環工場事業者協議会が県へ行っている4項目の要望についての見解を聞くこととし、本件について引き続き調査研究をすることを決定した。

 以上です。



○松本勇議長 委員長に対し若干の質疑を許しますから、質疑のある方はお申し出を願います。

 佐野議員。



◆12番(佐野千賀子議員) 12番、佐野です。

 2点ほどお伺いいたします。

 資源循環工場への光ファイバー敷設の取り組みについて、この内容。

 それから、全協でもあるようなんですが、休業中の埼玉環境テックの現状について。

 以上、2点についてお伺いいたします。



○松本勇議長 委員長。



◆原口孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長 資源循環工場に光ファイバー敷設の取り組みについてですが、現在、谷津のホンダ新工場に光ファイバーを導入する計画があり、資源循環工場の入り口付近まで引かれることとなるということでございます。?期事業に向けた環境整備という意味合いもあり、NTTに働きかけていくということです。

 それと、休業中の埼玉環境テックの現状についてですが、当面債権等を処理し、その後、稼働に向けた銀行の支援がなされるのではないかとの報告が県から受けていると。具体的なことが決定した際には、県が説明に来ると思うというふうな、この委員会のときはそうだったんですが、今後全協で、その説明に県が来るということですので、今の、現在の内容はちょっとわからないんですが、県の説明があるということです。



◆12番(佐野千賀子議員) はい、了解です。



○松本勇議長 ほかに。

 押田議員。



◆8番(押田秀夫議員) 8番、押田です。

 この中の、報告の中の最後のほうですが、当委員会と事業者との間で、?期事業に対する見解が異なっている部分があるように思えたということですが、どんな面か具体的なことが話し合われていたら、話し合いの中に出てきているもので結構ですから、お願いいたします。



○松本勇議長 委員長。



◆原口孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長 委員会と事業者との間の見解が異なっているという部分なんですが、委員会としては?期の、今出店というか、オープンしている循環工場等の企業と?期工事の企業がバッティングしないような意味で、?期工事については新しい環境に優しい企業を誘致してくれというふうなことで進んでおりますので、循環工場の方々は自分たちと同じような会社が?期工事にも来るんではないかというふうな点で、当委員会とはちょっと違っていたということでございます。



◆8番(押田秀夫議員) わかりました。



○松本勇議長 ほかに質疑ありませんか。

 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 5番、石井です。

 事業者協議会が県に行ったという4項目の要望の中で、3番目の県側協議窓口の一本化という、一本化していないんでしょうか。その辺ちょっとお聞きしたいなと。

 それから、今のお答えと類似するかと思うんですが、4のほうの第?期事業の企業選定、第?期事業の稼働状況を踏まえて検討するということですけれども、この辺、先ほど委員長の答えと類似するかと思うんですが、その辺ちょっとお聞きしたいなと思います。



○松本勇議長 委員長。



◆原口孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長 県の窓口の一本化というのは、いろいろな、企業のほうで改築だとかいろいろなものをするのに当たって、県のほうで産業廃棄物指導課、資源循環推進課、環境政策課、環境整備センター等、対応にいろいろな窓口があって時間がかかると。または協定書の問題もあり、県、寄居町、小川町、協議会が男衾、鉢形、折原と3団体あります。そこに循環工場の業者というものもあるので、いろいろな見直しするのに窓口が決まっていないと。それに協議会のほうの窓口というか、リーダーをとるところも決まっていないということによって、いろいろな地域住民との要望等も速やかに解決するのにもなかなかという点があるので、この辺は企業側も要望しているんですが、当委員会としても、そのようなことが迅速にできるのでいいのかなというふうに考えております。

 それと、もう1点何でしたっけ、選定は稼働を踏まえてということなんですが、たまたまその埼玉テックが休業していましたので、その辺の状況を見ながらというふうなお話が出ていました。しかし、先ほどお話しいたしましたとおり、環境テックも県からの説明があり、再開するようですので、それと今の廃棄物とか、それの受け入れ、企業が受け入れているような状況等を踏まえて、第1期工事の企業は選定していくというふうなことでございます。企業の選定に当たっては、選定委員会をつくっていくということです。

 以上です。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山良文です。

 12月8日に三ヶ山地域特別開発調査委員会が行われまして、全員参加になる全協が行われるわけなんですが、一番下のほうの資源循環工場事業者協議会が県へ行っている4項目の要望についての見解を聞くこととしというのは、その?、?、?、?とある要望について、ここで説明があり、意見が交換できるというふうに考えていいんでしょうか。



○松本勇議長 委員長。



◆原口孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長 12月8日の三ヶ山委員会を開催する予定ですが、開催いたしますが、そのときに委員の中からこのような4項目の件、またはほかの他の意見等も出ると思いますので、それは県からも説明者が来ますので、その委員会の中で協議したいというふうに考えております。



○松本勇議長 ほかに質疑ありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、私から議員派遣の結果を報告いたします。

 議員派遣の結果につきましては、派遣のあった後に開催される最初の議会の諸報告の中で報告することになっております。

 平成20年9月の第3回定例会において、派遣が議決されました埼玉県町村議会議長会主催議員研修会について概要を報告いたします。

 研修期日、平成20年10月17日。

 研修場所、熊谷文化創造館「さくらめいと」。

 次に、研修内容ですが、激動の日本政治と地方政治の課題について、政策研究大学院大学教授、飯尾潤氏を講師に迎えて講演をいただきました。

 講演の概要につきましては、朗読は省略させていただきますので、お目通しをいただきたいと思います。

 以上、埼玉県町村議会議長会主催による議員研修会の報告といたします。

 次に、陳情書が3通提出されておりますので、事務局長から朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕



○松本勇議長 次に、町長から行政報告の申し出がありましたので、報告を受けることにいたします。

 町長、登壇してお願いします。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 はじめに、寄附の受け入れについて申し上げます。

 次のとおり寄附の申し出があったので、受け入れるものといたします。

 寄附の目的、環境保全のため。

 金額、金5万円。

 寄附者、寄居町大字寄居407番地、木島宏様でございます。

 次に、寄附の目的、社会福祉のため。

 金額、金15万円。

 寄附者は、株式会社森林公園ゴルフ倶楽部、代表取締役白石大史様でございます。

 次に、寄附の目的、地域防犯推進のため。

 物品、防犯灯85基。

 寄附者は、埼玉県電気工事工業組合小川支部、支部長沼尻芳治様でございます。

 次に、行政報告を申し上げます。

 はじめに、教育委員会の事務に関する点検・評価についてご報告申し上げます。

 地方教育行政の組織及び運営に関する法律の一部改正により、平成20年4月から教育委員会は毎年その権限に属する事務の管理及び執行の状況について点検及び評価を行い、その結果に関する報告書を作成し、議会に提出するとともに、公表しなければならないこととされました。この点検評価は、効率的な教育行政の推進に資するとともに、町民に対する説明責任を果たしていくことを目的としております。

 点検・評価の方法については、第5次寄居町総合振興計画に示されている教育委員会の所管の施策を対象に作成した平成19年度寄居町教育行政重点施策に掲げられている、たくましく豊かな心をはぐくむ寄居教育の推進を目指して、人づくり、教育環境づくり、地域社会づくりの3つの基本理念のもとに平成19年度の各事業に取り組んだ結果を点検・評価する方法で実施いたしました。

 その結果、別紙のとおりでありますので、ご報告いたします。

 なお、この点検・評価を行うに当たっては、学識経験を有する者の知見を活用いたしました。

 次に、寄居町立学校給食センター調理業務等一部の民間委託について、9月定例会以降の進捗状況をご報告申し上げます。

 議会全員協議会の中で、ご意見のありました保護者へのお知らせにつきましては、10月14日付で、小・中学校を通じて、すべての保護者あてに送付いたしました。このことについてのご意見やお問い合わせは寄せられておりません。また、12月1日には学校給食運営委員会を開催し、進捗状況を説明いたしました。

 現在、委託業者選定に向けて準備を進めております。委託業者の選定につきましては、大量調理技術と厳密な時間管理、業務に当たる人員配置、衛生管理等による安全・安心な給食の提供や、さらに、受託実績や経営状況等を勘案して総合的に判断できるよう企画提案、プロポーザル方式で選定してまいります。委託予定業者選定後は移行準備を経て、来年4月の業務委託実施を図ってまいりたいと考えておりますので、ご理解をお願い申し上げます。

 次に、桜沢小学校内で児童の事故についてご報告申し上げます。

 事故は、教育の日に学校開放を行った11月1日土曜日、午後1時45分ごろ、2年生の教室内で担任がトイレ清掃の点検を行っている間に発生しました。

 状況は、数名の友達と床に寝ころび遊んでいる児童の顔の上で、別の児童が2本つなぎの鉛筆を持ち遊んでいたところ、鉛筆が落ち、寝ころんでいる児童の目に当たり負傷いたしました。学校は直ちに保護者に連絡し、町内の眼科医へ行き治療を受けましたが、その時点では傷の状況が判断できませんでした。

 翌日、同眼科医にて再度診察後、保護者がより細かい検査を希望し、同医院より紹介状をいただき埼玉医科大学で受診したところ、角膜裂傷・打撲で、その日のうちに入院いたしました。その後、眼内炎症を起こしておることから、11月4日火曜日に緊急に硝子体手術を行いました。経過観察後11月20日に再手術を行い人工レンズを挿入し、11月25日火曜日に退院し、自宅にて経過観察中であります。

 学校では、校長、教頭、学年主任、担当、養護教諭等、入院中は毎日病院に行き、児童の病状を把握し、保護者への誠意ある対応を進めてきております。

 なお、11月25日火曜日、学校で午後6時30分よりクラスの保護者会を開催し、説明をいたしました。

 今後は、校長と連絡を密にし、保護者に対する誠意ある対応を進めることとともに、再発防止に向け学校と連携をとり対応してまいる所存でありますので、ご報告を申し上げます。

 以上、行政報告といたします。



○松本勇議長 以上をもって諸報告を終わります。

 ここで休憩したいと思います。

   〔「議長」と言う人あり〕



◆7番(坂本建治議員) 7番、坂本建治です。

 休憩に入る前に、ひとつお願いがございます。

 それは、次に審議が行われます議案第63号についてでございます。

 去る11月28日に議案資料が配付されましたが、私の能力では、この議案資料では、また提案理由では審議の判断ができませんので、本日、委員会における伝達のときに、このことについてお話を申し上げましたところ、細かい説明の資料が議場配付されるということでございましたが、このことにつきましても、議場配付された資料についても、これだけではちょっと不十分なような気もいたします。

 それから、この件につきましては、9月議会の最終日、10月1日の本会議終了後の全員協議会のときだったと思うんですが、議題の中にのっていなくて、その他の中で町長から口頭で話があったのみで、細かい説明等がございませんので、できれば審議の前に説明を受ける時間を持ってもらうように、この後、議会運営委員会等を開いていただければ幸いでございますので、よろしくお願いをいたします。



○松本勇議長 それでは、ここで休憩したいと思います。

 休憩時間、約30分とりますので、よろしくお願いいたします。

 休憩いたします。



△休憩 午前10時19分



△再開 午後1時14分



○松本勇議長 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第63号(町長及び副町長の給与等に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について)の上程、説明、質疑、討論、採決



○松本勇議長 日程第4、議案第63号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第63号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正について提案理由を申し上げます。

 さて、私、副町長及び教育長の給料額につきましては、チャレンジプランに基づき人件費の抑制の取り組みといたしまして特例条例により減額しておりますが、現在の行政改革の実施状況や町を取り巻く環境を考えるときに、減額措置を廃止できる状況にはないと考えておりますことから、今回の議案のとおり条例改正を提案したところでございます。

 なお、今回の提案は、特別職報酬等審議会に対し諮問を行い、同審議会からの答申を踏まえたものであり、諮問書、答申書の写し、並びに条例の新旧対照表を審議用資料として用意いたしました。

 適用時期につきましては、平成21年4月1日からと考えております。

 以上、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願いします。

 なお、詳細につきましては、担当課長から詳しく説明をいたさせます。



○松本勇議長 お諮りいたします。本案は会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 総務課長。



◎今村幸男総務課長 それでは、今回条例改正を提案をさせていただきましたけれども、経過について若干ご説明をさせていただきたいと思います。

 今回条例改正を提案いたしましたが、去る9月に議長経験者の4人の方に相談を申し上げまして、その後、ご承知のとおり10月1日の全員協議会の場で内容についてご説明を申し上げました。報酬審を11月上旬に開いて、その後12月議会に提案をしたいと、そういった内容でご説明を申し上げたところでございます。

 お手元に配付させていただきましたとおり、10月の末に報酬審を開き、現在、毎年条例を制定して減額を行っておりますが、これを条例の本則を直すことについての報酬審議会の意見を求めたところでありますが、報酬審では諮問のとおりでよろしいであろうと、こういった回答をいただいたところから、今回提案をさせていただいたところでございます。

 なお、報酬審のメンバーにつきましては、商業界を代表いたしまして商工会の会長、それから農業界を代表いたしまして農協の専務理事、それから労働者の代表といたしまして地区労の議長さん、峯岸さん、中嶋さん、それから山田さんというメンバーでございます。そのほか住民代表ということで、高橋武義さん、小柴道郎さん、前区長会長の岩本幹甫さん、吉田賢一さん、それから主婦の方で八木時子さん、石田智恵さん、こういった方に委員になっていただいて審議をいただいているところでございます。

 以上です。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 2点ほど質問させていただきます。

 1点は、この中身を見ますと、20%、15%、15%ということで、課長さんとの関係でどんなふうな状況なのかが1点と。

 あと、今まで1年に1回2006ということの中で年度の状況を見ながら減額は進めてきているわけですけれども、これを条例にするということの当面見通しといいますか、ここ数年先を見ても下げたほうがいいというふうな状況で条例にしたんだと思うんですけれども、その根拠となる2006との関係でどんなふうに位置づけたのか。2点よろしくお願いします。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 お答えを申し上げます。

 まず、課長職の給料との比較ということでございますが、給料額については特別職を上回っている職員はおりません。ただ、職員は扶養手当、管理職手当、こういった手当がつきますので、年収の比較をしますと、町長より上回っている職員はおりませんが、副町長を上回る職員が1人出ます。それから、教育長を上回る職員が5人出ると見込んでおります。

 それから、条例本則を改正してしまうことがどうなのかということでございますが、これまで17年から町長の給料20%、副町長、教育長の給料15%削減をしているわけでございますが、これからホンダの進出が見込まれますが、進出をしてからでも3年間については税の優遇措置などもやる予定でおりますことから、当面四、五年は町を取り巻く経済状況が改善をされる予測はできないと。したがって、これからまだ四、五年は最低でも今の状況が続くという判断から、今回本則の改正をお願いするものでございます。

 また、状況が変われば改めて報酬審議会に諮り、答申を得た後に議会で条例を議決いただければ改正することは可能でございます。

 以上です。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 近隣の寄居町に近いといいますか、上里だとか、美里などの町長についてはどんな状況なのか、わかったらお願いします。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 お答え申し上げます。

 埼玉県内の状況でございますが、町長の給料につきましては、30町村のうち22町村が減額を行っております。

 近隣の状況ということでございますが、美里町が町長の給料は20%削減、上里町も同じく20%削減をしております。

 以上です。



◆14番(田母神節子議員) はい、了解。



○松本勇議長 ほかに質疑のある方は。

 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 5番、石井です。

 報酬審という中で、最終的に決まったというふうなことですけれども、いろいろな有識者もいるんだと思いますけれども、この中でどのようなお話があったのか。また、経緯を話していただければと思います。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 報酬審につきましては秘密会でございまして、内容についてはお答えは控えさせていただきたいと思います。

 なお、報酬審に諮問をして答申をいただいて、その答申を執行側で尊重すべきという判断から、今回議会に対して条例を提案したものでございます。

 以上です。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 中身については話せないということですけれども、これが出されて本当に今近隣で30分の21が減額をしているということですけれども、減額はそうかもしれないけれども、先ほどの田母神議員の質問で答えが出るかなと思ったんですが出なかったんで、近隣の町村の額といいますか、その辺の、どの辺の位置に今の状態でいるのか。なおかつ、本当に近隣がそうだから下げたほうがいいというふうなことが必要なのかどうか、寄居町にとって。私の意見としては、このままの状況で行っても決して差し支えないんではないかなというふうなことなんですが、お答えをお願いします。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 埼玉県内の町村での現在の報酬額の位置ということでございますが、ほとんど横ばいの状態でございまして、順位をちょっとつけたことはありませんが、それほど変わっておりません。大体60万円の後半から70万円の後半ぐらいの間に町村は入っております。

 私のほうからは以上です。



○松本勇議長 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 石井議員の質問にお答えをします。

 私が町長になった時分、町村会等出席をした折に、寄居町は大きな町であると、寄居町が町長等の給料のプライスリーダーであるということでございました。私なんか3分の1の町でも寄居と幾らか安い程度だという話でございました。だけれども、寄居が上がらないと上がらないよということで、ぜひ寄居も上げていただきたいというふうな話も出たところであります。

 それから、経済状態もこのような状態になりました。寄居町でも合併を目指してやって、結局は今の単独行政となって2006を策定したわけでございます。2006の中でも、町民、また議員さんたちもお話し合いをしながら額等を決定いただいたということでございます。

 私は、その報酬審に出して、この5年ぐらいの間、ホンダが操業開始してからも3年間は固定資産税はいただかないというふうな条例になっておりますし、このままの状態が続くんであるということをおもんばかって、今までのままでやるには、やっぱり町の方針は1年ごとに改正するんではなく、ずっとやっていくのが、これがいいんであろうということを申しましてやってきたわけでございます。

 その後、急に世界状況は激変をいたしました。本来ならばもっと、20%以上、今出せば。そのようにすればよかったなということを考えているところでございます。

 以上です。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 先ほどの課長のお答えもちょっと正しく伺えていないような気がするんですが、今の町長のほうのお考えも、もちろんこれはわからないわけではないし、非常に急速な世界不況という中での判断ということであればわからないわけではないんですけれども、ただ、寄居町の役場の職員の皆さんもそうですし、いろいろな、我々もそうなんですけれども、中で、2006の中にのっとって、かなり我慢をしつつ、今、今日に至っていると思うんですね。

 ですから、それを条例化して固定化をするところまでは、私の考えとしては必要ないんではないかと。この状況で2006を乗り切るのは、この条例化してもしなくても同じなわけですけれども、ただ、片や3役が条例化をするということは、ほかに影響するところが非常に出てくるんではないかなというふうな気がするんですね。

 ですから、町の状況が悪化しているんであれば、これはやむを得ないかなというふうな状況もありますけれども、かなり、このまま頑張っていけばいけるんではないかというふうな状況にあると私は思っています。その中で、こういう条例というのがどうなのかなというふうに感じているんですね。

 先ほどのもう一つの課長のほうの答弁で、もうちょっと金額的なものが、例えばホンダが寄居に来る、小川に来る。そのほか同じような規模の町についての額について、私はお願いしたようなつもりなんですが、横ばいた、横ばいだと、それではわかりませんので、よろしくお願いします。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 数字的なものというお話でございますが、数字を若干申し上げたいと思います。

 ホンダが来る予定の小川町、人口3万4,722人でございますが、71万2,000円、町長の給料、これが15%減額をしておりまして、今減額後の給料が60万5,200円になっております。人口的にほぼ似たようなところと言いますと、あとは宮代町、人口3万3,386人でございますが、ここは73万2,000円、20%の減額をしておりまして、減額後の給料が58万5,600円です。それから三芳町3万7,000人の人口でございますが、75万円。ここは減額措置はしておりません。伊奈町が若干大きくて4万474人という人口でございますが、町長の給料77万円、ここが20%の減額をしておりまして、減額後の金額が61万6,000円となっております。そのほか、鷲宮町が人口3万5,338人、町長の給料77万8,000円でございますが、15%の減額をしておりまして、66万1,300円となっております。

 以上でございます。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 今挙げられた5つの、町で、条例で20%、15%暫定的にカットしているというところのものの、それを条例にかけてつくって固定化しているという町は何町あるんですか。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 これは減額をしているということは、条例の本則はいじっていないということですね。ですから、本則の給料が、私が最初に申し上げました数字で、減額の条例をつくって、減額後の条例が後から申し上げた数字ということでございます。したがって、本則はいじっていないということでございます。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) わかりやすく言うと、条例化していない、固定化していないということでよろしいわけですね。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 給料の条例はそのままにして、減額をするための特例条例を設けてあると。ですから、これまで、ことし寄居がやっていますけれども、こういった方式をとっているものだろうと思います。

 以上です。



○松本勇議長 ほかに質疑のある方は。

 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 9番、稲山良文です。

 この20%、15%という、出てきた経緯は、合併が破談になって、これから単独行政を行っていこうという中で、約15年間というところ、15億ぐらい財政が負担すると、足りなくなるということで合併をできなかった1つの責任として町長、副町長、教育長の減額を決めたと私は考えております。それに従いまして、議員も10%の減額をしてきたということがこの経緯かなと思いました。

 ですので、あえて条例化をしなくても、今のままで私はいいのかなと思っております。例えば、町長、副町長、教育長、3役は限られた任期で務めているわけでありますので、例えば、昨年、前回の町長選のときにおきましては、町長は、私は退職金の問題については返納したいんだと、寄附したいんだというような公約を結びまして、それが多分実行されるだろうなと私は思っているわけですが、そういうことも1つの政策でありまして、例えば、22年に町長選挙が行われるわけですが、そこではまた新たな政策を持った町長候補者が自分の給与も含めて政策を闘わすのかなと思っております。

 ですので、あえてこれを条例化するんでなくして、文言に残すんでなくして、自主返納、今までどおり自主返納していくと。町は苦しいから町民のためにも自分の給料を割いてでも町の財政を助けていきたいという強い意思がありまして、町政運営をしているんだと思っております。

 さらに、先ほどの話で言えば、こういう景気が悪いときでは、私は3割でもよかったよというような意見がありました。ですので、これを条文化されると、町長が3割と思ったって3割にならないんですよ。条文がなければ4月1日以降、私は3割自主返納しましょうと言えば3割できるんですよ。

 ですので、そういう意味からも町長の誠意を考えるならば、3割減額というのが条例にしなければ町長の自主返納で3割になるわけですよ。ですので、あえてそういう部分において条文化していく必要がないと思います。

 ですので、今までの特例というんでしょうか、この方式を町長の任期の間続けるということで、私はいいかなと思っておりますので、そこら辺に考えましてお考えがありましたらばお聞かせください。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 私のほうから制度のお話だけ申し上げますけれども、今減額をしておりますのは、条例の本則はそのままになっているわけですね。職員の給料もちろんそうですけれども、議員さんも特別職の町長、副町長、教育長の給料につきましても、条例に基づかなければ支給ができないと。したがって、今減額をしているのは、毎年3月議会で、来年度はこれだけ減額をするけれども、いいですかという条例を提案して、議決をしていただいているんでできるわけです。

 ですから、仮にこれまでの方式を踏襲するんだとすれば、また、3月議会で21年度は減額をこれだけしたいけれども、どうでしょうかという条例を提案して議決をいただければ21年度ができるわけですね、また、1年間ということで。

 ところが、今回は条例の本則をいじりますから、毎年毎年条例改正をしなくても、改めて上げるという議決をいただかない限り、そのままいけると。ただ、先ほど申し上げましたとおり、改めて上げられる状況になれば、報酬審の意見をいただいて、議会に条例改正を提案して議決をいただければできると。

 したがって、先ほど町長から2割、3割というお話が出ましたけれども、これも変えるには条例改正が必要となります。制度的にはそういったことになります。

 以上です。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) ですので、例えば1つの任期の期間としまして、時限的なものになると思うんですが、あと2年間先まで任期はあるわけですけれども、そこで、3月の議会で私は3割なり、4割なりカットしたいんだというふうに申し出があれば、これは十分に審議する内容があると思っておりますし、その都度、その都度ご提案していただければ議会でご審議していかようにでも気持ちは通ると思うんですよね。

 これが文言になってしまうと、おれは3割にしたいんだけれども、2割とあるから2割しかできないんだよ、それでは非常に気持ちを遮ってしまうような気もするんですよね。町長がせっかくの善意の3割という気持ちがあるならば、その3割を生かすためにも文言化しないほうが、3月議会に出してもらったほうが減額の幅が広がるというふうに私は考えているんですけれども。だから、これも1つの政策であると思いますので、あと1年7か月後には任期が来て町長選挙が行われるわけでありますので、新しい町長職という報酬のあり方につきましても、その候補者が自分の政策を述べたり、もしくは、自分の身の置き方を考えて町民の皆さんにアピールしていくんだなと私は思っておりますので、当面任期の期間ということで、恒久的なその文言をつくるというのはいかほどなものかなと思うわけです。

 そして、なおかつ今の課長のほうから上げると要素は生まれてくれば、また、踏襲すればいいんですよというようなお話ですが、下げるということに関しましては、非常に町民には耳当たりがいいし、そうだなという納得が得られるんですけれども、一たん下げた報酬をまたもとに戻す、あるはそれ以上にアップするとなると、大変なるハードルが待ち構えていると思うんですよ。だから、簡単に踏襲すればできるんだよというような発言とは思いませんけれども、非常にそのものをクリアしていく上においては大変な抵抗があるなと私は思っております。

 できれば、私は激務で生活もあるわけですので、町のことを考えてのことなんでしょうけれども、大変な激務ですので、いろいろな意味で再考してもいいのかなというふうに、幅を持ってもいいのかなと思う気持ちもあります。

 ですので、ぜひこの文言をつくるんではなくして、今の現状を任期中は答申していただければと思うわけであります。もう一度その辺につきまして、お考えがあったらお聞かせ願います。



○松本勇議長 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 先ほども申し上げましたとおりでございます。ここへ来て世界情勢は悪化の一途をたどっております。報酬審を私ども上げたときと、今現在では全然経済状況は激変をしていると言っても過言ではないと思っております。失業者も多い、また、季節雇用者も何百人、何千人というほどリストラの目に遭っている。そういう時期に、給料の問題を出すということは、私もいろいろ考えた末出したわけですけれども、今寄居町はホンダが来る、ホンダが来るということで、皆さん喜んでおります。

 だけれども、いつも申し上げますとおり、太陽は昇ってから温かくなるんだよと、昇る前が温度が一番寒いんだよと。今の寄居町はまさにそのとおりでございます。3役は、そのことを一番思って、まず自分たちのできることは、この給料をこのまましておくということ、それから、これを1年ごとに更新するんでなくて、せめてそのぐらいの気持ちでやっていっていこうよというふうなことで、副町長、それから教育長にもお願いをして、そのようなことを決定して出したわけでございます。我々の気持ちは町を愛している気持ちがいっぱいでございますので、皆さん方にもご理解のほどよろしくお願いをしたいと存じます。

 以上です。



○松本勇議長 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 稲山です。

 ですので、実質的にはこの文言化しなくても町民を思う気持ちは変わらないし、その部分におきましては、何ら損失というか、膨大なものでもないわけですので、3月の年度年度の当初に、その自主返納の部分をご提案していただければ、これについて十分議会としても尊重していきたいと思っているし、何ら問題がないのかなと思うわけです。

 さらに、これをつけ加えるならば、額が決まってしまえば、これ以上幾ら町長が町を思って減額したいと思ってもできないんですよね。なければ、私は3割でも4割でもいいよというならば、今度の3月議会には、私は町長職として3割カットをよろしくお願いしたい、そういうふうに言えば、3月議会が承認すれば3割カットになるわけですよ。これは最高限やったって2割しか、町長ならないわけですよ、決まってしまえば。ですので、幅があるほうが私は町の思う気持ちが、町長さんの気持ちが素直に出るのかなと思うし、あえてこれをかちゃんと枠にはめなくても、町長さんの任期のうちは十分に町を思ってくれているんだなというような評価につながると思いますし、あえて、あと今後の3月と来年の3月、2回ほどお話ししていただければ、文言、条例をいじくらなくたって通るわけですよね。

 ですので、早急過ぎて、ここで答申させてもらったわけなんですけれども、答申の委員さんのことを考えれば、素直にこの答申案を通さなくてはいけないのかなという気持ちもありますし、また、政策面で来るならば、あえて新しい町長が生まれた場合、自分の政策でこれが足かせになってしまうのかなと思う面もあるし、いろいろな面でどういうふうにしていいか、はっきり言うとなかなか結論が導けないというのが自分の意見なんですけれども、ここにいらっしゃる方々も恐らくそんなつもりでいると思うんですよ。

 ですので、少し、本当は議運も開かせてもらいましたときに、いろいろ即決案件ですが、何とか付託案件にさせてもらって、最終日にでもというようなお話をしたんですけれども、全員の意見を聞いたり、全員が意見を発表したりしながら審議していくのがいいんではないかということできょうに至ったわけなんですけれども、非常に事を思うと、私は条例化文言ということについては、なかなか賛成できないかなというふうに思っております。

 以上です。



○松本勇議長 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 3役の給料等につきましては、町民からいろいろな話が聞こえてまいります。そんなこと言ったって、町長、2割カットしているったって、いつか上げるんだべというような話が来ます。そうでないよと、このとおりやりたいと。それには条例改正をすれば、このとおりだと。下げることも、上げることも報酬審等にかければできます。できないんだろうという話ありますけれども、3月議会に出すかもしれません。

 そのようなことでございますので、私の気持ちの整理として、これはやっていきたいということを思っております。

 以上です。



○松本勇議長 ほかに質疑のある方は。

 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 4番、岡本です。

 毎年3月に条例の提案ということで、20%、15%の提案をして減額していたという経過がございます。このたびの条例の改正ということで、これを毎年提案しないで固定して、20%、15%ということにしようという今回の議案なんですけれども、町長さん、副町長さん、教育長さんの町を思う、本当に真摯な気持ちに大変敬服したところでございます。

 ただ、これを固定化するということは、固定化ということであって、これは下げることではないんで、減額することに意味があると思うんですよ。毎年減額するということによって、町民、執行、議員もそうですけれども、これに意味がある。町のためを思って大変多忙な、ハードな仕事をこなしているけれども、減額をしておるということで、町民はまた評価、すごいな、ありがたいなと評価してくれるような気がするんです。

 今、町長さんの言葉を聞いて、大変私大感動したところですけれども、毎年これを町民、広報、議会だより等で示すことによって、町民は町の姿勢、執行の姿勢、議員の姿勢を再認識するんではないでしょうか。

 以上、お伺いします。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 これまで17年から減額条例を制定していただき毎年毎年やっているんですけれども、一方から見れば、いつ上げるんだろうというふうなことを伺われるんだろうかと思います。

 したがって、そういった不安定な状態ではなく、当面、ここ四、五年は、先ほど申し上げましたとおり、町の税収が大幅に上がるという状況ではないということから、経済環境がそれほど好転するとは考えられないと。したがって、これからも、4年も5年も、毎年毎年同じ条例を制定していくということではなく、ここで長の姿勢としてそういうことをあらわしたいということから、町長は今回提案をさせていただいたというものでございますので、ご理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 4番、岡本です。

 今、課長の説明もわかるんですけれども、町民としてみれば、毎年下げて、提案して下げていただいたほうが、より身近に町長さん、また、3役さん、執行の気持ち、誠実な気持ちがより伝わるような気がしてなりません。これで下げたのを固定化して、今回は下げたということですけれども、これで固定というのは来年から下げないと、減額しないと、いじらないということになろうかと思います。毎年減額するご提案をすることが一番意味があるのかなと町民はそう思うような気がしてなりませんけれども、いかがでしょうか。



○松本勇議長 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 先ほども申し上げましたとおりでございます。条例を人気とりの材料にはしたくありません。

 以上です。



○松本勇議長 ほかに。

 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 私はどういうふうにとられたかわからないけれども、町長さん、3役さんのお気持ちを十二分に理解し、また、感動した中で言っているんであって、別に人気とりとかそういうのは一切、そういう気持ちはさらさらないので、町民にとってみれば、またことしも町長さん、あれだけ忙しいのに給料を下げていただいているんだなということを感ずるのかなと。私も一町民ですから、そう思うんですけれども、私の要望で結構です。

 以上です。



○松本勇議長 ほかに質疑のある方は。

 坂本議員。



◆7番(坂本建治議員) 7番、坂本建治です。

 今回の条例でございますが、毎年提案するのではなくて固定化したいということでございますが、本来の現行の金額にはそれなりの意味があって制定したものと思います。報酬というものは、その職の、仕事の内容や量に応じての金額であると思います。2割報酬が減ったからといって、2割仕事を減らしているわけではないと思います。仕事は同じに続けていると思いますが、減額になってきたのは、2006のチャレンジプラン等を考慮し、合併破綻したために税財源の不足が5年で14億余り生じるということに基づいての2006のプランに対応するために減額をしてきたわけだと思います。

 減額をすることについては、私は議員もしていますが、議会も昨年の当選以降の6月議会の中で決定したわけですが、そのときもいろいろ論議がされましたが、もとに戻せばいいんではないかと、あるいは任期いっぱいまで決めればいいんではないかという、そういうような中で、2年間でという年数を限ったわけでございます。

 3役については毎年出していたということでございますが、もし期間が短いというんであれば、みずからの町長の任期の期間、あるいは2006のチャレンジプランが終了するまでというような期間を限定して現在の減額を続けるべきであって、それから先については、固定化することは私は僣越ではないかと。それから先に、また引き続いて、そのときの町長が考えるべきことであって、今ここで決定を、未来永劫と言ったら失礼かもしれませんが、だれが次の時代になるか、あるいは引き続いて今津久井町長がやっていただけるのか、それはわかりませんが、その時期を区切って、それからあとは、またその時点で論議するべきではないかと思います。

 ですから、その辺の、なぜ毎年でなくてということであれば、任期までとか、2006まで、なぜ区切らなかったのか、その点についてお伺いいたします。



○松本勇議長 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 私の気持ちの問題です。



○松本勇議長 坂本議員、あとはいいですか。



◆7番(坂本建治議員) はい、結構です。



○松本勇議長 ほかに質疑のある方は。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本勇議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本勇議長 では、討論ありませんようですので、終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本勇議長 起立多数であります。

 したがって、議案第63号 町長及び副町長の給与等に関する条例及び教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第64号(寄居町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について)の上程、説明、質疑、討論、採決



○松本勇議長 日程第5、議案第64号 寄居町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第64号 寄居町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について提案理由を申し上げます。

 お手元に配付してあります議案第64号審議用資料をごらんください。

 平成21年5月21日から裁判員制度が実施されることに伴い人事院規則が改正されたことから、町条例の関連する部分を改正するものであります。

 具体的には、証人や参考人等として、公官庁に出頭する場合特別休暇が認められますが、その中に裁判員を新たに加えるものであります。

 以上、ご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げます。



○松本勇議長 お諮りいたします。本案は会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 1点お尋ねします。

 もう裁判員に予定される人に発送をされたというふうな情報が流れておりますけれども、この条例が平成21年5月21日から施行というふうになっているわけなんですけれども、裁判員に適当かどうかだとか、不服だとか、いろいろなことで申し出をしたり、審議してもらったりということがあって受けるということになるのかなと思うんですけれども、これはあくまで裁判員に決定したということの中で休暇が保障されるということなんでしょうか伺います。



○松本勇議長 総務課長。



◎今村幸男総務課長 今回提案をさせていただいた内容は、職員が裁判員になったときに、いわゆる職免を出したいと、こういったことから、裁判員制度に協力を職員もするようにという趣旨から、職免を与えるということで条例改正をしたものでございます。

 なお、裁判員制度は法律の施行が来年の5月21日でございまして、11月27日付で候補者としての通知が出たわけですね。これが全国で大体29万5,000人、大体350人に1人ぐらい行っているかと思います。行った後に欠格条項、なれない方、事情があってなれない方、職業的になれない方いろいろいらっしゃいますので、そういった方々といろいろやりとりをして、最終的には5,000人に1人ぐらいずつ裁判員が選ばれることになるだろうと、そういうふうに言われております。

 したがって、5,000人に1人に、仮に職員が当たった場合に職免を与えたいという趣旨の改正でございます。

 以上です。



◆14番(田母神節子議員) はい、了解。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本勇議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本勇議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本勇議長 全員起立であります。

 したがって、議案第64号 寄居町職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第65号(平成20年度寄居町一般会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第6、議案第65号 平成20年度寄居町一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第65号 平成20年度寄居町一般会計補正予算(第2号)を上程するに当たりまして、その要旨を申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 今回の補正予算は、歳入歳出予算につきまして所要額の補正を行うものであります。

 はじめに、第1表の歳入歳出予算補正でありますが、補正額は1億896万1,000円の増額で、現計予算額93億8,706万9,000円に対し1.2%の増額補正となります。

 主な補正要因といたしましては、1、道路特定財源の暫定税率執行に伴う4月分の減収補てん措置として、地方税等減収補てん臨時交付金を計上したこと。2、国民健康保険特別会計繰出金に財源不足分を含め、所要額を追加したこと。3、その他事務事業の確定等に伴い、事業費を追加、更正したことなどであります。

 それでは、歳入歳出補正予算事項別明細書に従いまして、主なものをご説明いたします。

 最初に、歳入ですが、3ページの地方交付税では、普通交付税の再算定に伴う追加交付とともに、今回の補正財源として特別交付税を1億500万円計上いたしました。

 次に、4ページの負担金でございますが、民生費負担金では、入所児童数の増加により、保育所保護者負担金等を追加し、衛生費負担金では汚泥再生処理センター運営事業費の精算により深谷市から負担金を更正しております。

 また、5ページの国庫支出金以降は、事務事業の確定に伴う追加、更正が主なものであります。

 次に、歳出につきまして申し上げます。

 はじめに、総務費ですが、年度末までを見込んだ経常経費等の追加、更正に加え、13ページの交通安全対策費では、鉄道利用者による踏切道の安全対策を促進するため、踏切道保安設備整備費補助金を新たに計上いたしました。

 次に、民生費ですが、18ページの社会福祉総務費では、共同生活介護事業所に入所する重度障害者の方々への支援策を強化するため、ケアホーム重度障害者支援体制強化事業補助金を計上し、19ページでは財源不足の補てん分を含め、国民健康保険特別会計繰出金を追加しております。

 また、21ページの保育対策費では、入所児童数の増加により保育所入所児童委託料を追加いたしました。

 次に、衛生費ですが、24ページのし尿処理費は、汚泥再生処理センターの運営に要する費用を追加、更正したものであります。

 次に、農林水産業費ですが、事務事業の確定等に伴い補助費等を追加、更正するとともに、26ページでは家畜排出物利用施設の整備に対する補助事業として、家畜経営振興事業補助金を計上いたしました。

 次に、29ページからの土木費では、下水道事業特別会計繰出金を更正し、33ページの消防費では、前年度分の事業費の精算により深谷市への消防事務委託金を更正しております。

 最後に、教育費ですが、35ページから37ページの小・中学校費では、学校管理費において需用費、役務費等を追加計上するとともに、学校建設費では、安全・安心な学校づくりを推進するため、各小学校の工事請負費を計上いたしました。

 以上、歳入歳出の主なものにつきましてご説明申し上げましたが、ご審議をいただく過程におきまして、ご質問により担当課長から説明をいたさせます。

 なお、補正予算審議用資料もお配りしてございますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げまして、提案理由とさせていただきます。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 審議用資料の5ページで、民生費の中の老人福祉費で、敬老祝金の更正が243万円なんですが、この内容説明をお願いします。

 もう1点は、同じ民生費の中で、保育士等補充分、臨時職員賃金追加が1,649万4,000円なんですが、臨時職員さんをどこの保育園に何人配置したのか。

 以上、2点お願いします。



○松本勇議長 健康福祉課長。



◎鈴木隆健康福祉課長 1点目のご質問にお答え申し上げます。

 敬老祝金の算定につきましては、昨年、19年9月1日現在にいる人数に対しまして、その方が今年度1年年齢が延びることを想定としての予算を組んでおります。

 その結果、本年度の実際9月との人数の差が、合計で297名減少しております。これは、大きく分けると死亡関係でございますけれども、その減少に伴っての不用額が発生したことによりまして減額措置をしたものでございます。

 以上です。



○松本勇議長 子育て支援課長。



◎金子正義子育て支援課長 2点目の保育士補充分の賃金についてご説明を申し上げたいと思います。

 各保育所で退職補充、それからクラス増、それから産休代替等によります欠員が生じたところから今回の補正となりました。各保育所への臨時さんの数ということですが、寄居保育所へ14名、用土保育所に4名、城南保育所に4名、男衾保育所に10名、計32名でございます。

 以上です。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 先ほどの老人祝金の更正についてですが、297名の方が予定よりも少なかったということなんでしょうか。そうではなくて、結果的に297名だったとなりますと、予定していた人数がどのくらいを例年に見て設定したのか、その辺がちょっとよく理解できなかったので、もう一度お願いします。

 それと、保育士の件ですが、今各保育所の職員、これは臨時の方がこれだけということなのか、正規が何人、臨時が何人ということでお願いしたいと思いますので、もう一度すみません、お願いします。



○松本勇議長 健康福祉課長。



◎鈴木隆健康福祉課長 再質問にお答え申し上げます。

 予算の立て方としまして、当初予算では平成19年9月1日現在の人口の方が、次の年度も全員が対象になるという想定のもとに敬老祝金が3段階、年齢ごとに3段階ございますので、その方を全部の人数として確保しておりました。その合計数が4,124名でございます。この方が1年経過した場合に、いろいろ出来事があって、結果的に実質支給された人数が3,827名ということで、この差が297名発生したということで、そういう死亡関係を想定はしていない予算等にしてございます。

 以上です。



◆14番(田母神節子議員) 了解。



○松本勇議長 子育て支援課長。



◎金子正義子育て支援課長 田母神議員の再質問にお答えしたいと思います。

 大変失礼をいたしました。寄居保育所、正職が10人、臨時が14人、用土保育所、職員が5人、臨時が4人、城南保育所が、職員が5人、臨時が4人、男衾保育所が、職員が6人、臨時が10人、合計で、職員が26人、臨時が32人。こちらは保育に携わる方のみで、調理員、用務員等は除いてございます。

 以上です。



◆14番(田母神節子議員) はい、了解。



○松本勇議長 ほかに。

 稲山議員。



◆9番(稲山良文議員) 敬老祝金の支給についてなんですが、3,827名の方々に祝金を支給したということですが、ことしから支給方法が変わったと伺っておるんですが、銀行振り込みと手渡しというんでしょうか、じかに渡したというのがわかれば教えてもらいたい。

 要望としまして、非常に銀行振り込みの件につきましては老人の方々から余り評判がよくないと。稲山さん、何か機会があったら支給方法をよく聞いてくださいと頼まれておりますので、あえてこの機会でお聞きするわけですが、支給方法を今後もこの方式でやっていくのか、もしくは従来のような方法に戻すのか、お考えがあればお聞かせ願いたいと思います。



○松本勇議長 健康福祉課長。



◎鈴木隆健康福祉課長 ご質問にお答え申し上げます。

 敬老祝金につきましては、本年度から口座の振り込みを実施いたしました。実施の対象は全員の人数でございます。今までは、昨年までは窓口の交付をしておりましたけれども、なかなか高齢者の人口の増加とか、体調の問題等で来られない場合等いろいろございますので、そういうことと。それから、防犯の安全面、いろいろ各種総合的に考えた上で銀行振り込みを採用させていただきました。今後とも、この口座振り込みという形で実施をしてまいりたいと考えてございます。

 以上です。



○松本勇議長 ほかには。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 本案は担当の総務常任委員会に付託して、さらに詳細にわたり審査させることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は総務常任委員会に付託いたします。よろしくご審査願います。

 ここで休憩したいと思います。

 再開は14時30分といたします。2時30分、よろしくお願いします。



△休憩 午後2時17分



△再開 午後2時31分



○松本勇議長 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第66号(平成20年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第7、議案第66号 平成20年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにいたします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第66号 平成20年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を上程するに当たりまして、その要旨を申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 今回の補正予算は、医療費の動向や職員の異動等に伴い、歳入歳出予算につきまして、所要額の補正を行うものであります。

 はじめに、第1表の歳入歳出予算補正でありますが、補正額は1億8,992万8,000円の増額で、現計予算額35億5,991万3,000円に対して5.3%の増額補正となります。

 それでは、歳入歳出補正予算事項別明細書に従いまして主なものをご説明いたします。

 最初に、歳入でありますが、3ページの国庫支出金は、一般被保険者にかかわる医療費の増加を見込み、定率負担分を追加するものであります。

 次に、4ページの療養給付費等交付金は、退職被保険者にかかわる医療費の減少を見込み更正するものであり、5ページの共同事業交付金は、国保連合会からの通知に基づき交付額を更正、追加するものであります。

 また、6ページの繰入金のうち、その他一般会計繰入金は、財源に不足が見込まれるため一般会計から財源補てん分として繰り入れるものであります。

 次に、支出でありますが、7ページの一般管理費は、職員の異動等に伴う追加であります。

 8ページからの保険給付費は、制度改正により退職被保険者から一般被保険者への移動による被保険者数の増減があったため一般被保険者分を追加し、退職被保険者分を更正するものであります。

 また、12ページの共同事業拠出金は、拠出金の決定に伴い追加するものであります。

 以上、歳入歳出の主なものにつきましてご説明申し上げましたが、ご審議をいただく過程におきまして、ご質問により担当課長から説明をいたさせますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げまして、提案理由といたします。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 1点お伺いします。

 12ページの高額医療費共同事業拠出金の2,486万6,000円、高額医療、幾らぐらいの額の方が何件ぐらいあったのかお尋ねいたします。



○松本勇議長 町民課長。



◎坂本賢蔵町民課長 お答えいたします。

 この金額につきましては、国保連合会が高額共同事業の運営者なんですけれども、そちらから決定されてきました概算の拠出金額が合計金額になるわけなんですけれども、当初予算との比較、不足する分、2,400万ほど追加するというものでございまして、件数等につきましては把握しておりません。

 以上です。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 補正が組まれたということは、高額医療の費用が余分に出てしまったので、足らなくて組んだということだと思うんですね。そうしますと、何件でどのくらいの費用のかかる患者さんがいてという、内容と一致しないと補正にならないと思うんですけれども、その辺はいかがなんでしょうか伺います。



○松本勇議長 暫時休憩いたします。



△休憩 午後2時37分



△再開 午後2時43分



○松本勇議長 再開いたします。

 田母神議員の質問について、資料がわかり次第、またお答えするそうですので、よろしいでしょうか。



◆14番(田母神節子議員) はい。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 本案は担当の文教厚生常任委員会に付託して、さらに詳細にわたり審査させることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は文教厚生常任委員会に付託いたします。よろしくご審査願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第67号(平成20年度寄居町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号))の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第8、議案第67号 平成20年度寄居町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにいたします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第67号 平成20年度寄居町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を上程するに当たりまして、その要旨を申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 今回の補正予算は、事務事業の確定等に伴い、所要額の補正を行うものであります。

 はじめに、第1表の歳入歳出予算補正でありますが、補正額は36万円の減額で、現計予算額3億3,082万円に対し0.1%の減額補正となります。

 それでは、歳入歳出補正予算事項別明細書に従いましてご説明いたします。

 まず、歳入でありますが、3ページの一般会計繰入金は、事務事業の確定等により、事業費繰入金を更正するものであります。

 次に、歳出でありますが、4ページの一般管理費につきましては、医療費通知の製作委託料等を更正するものであります。また、徴収費につきましては、保険料の追加軽減措置の実施に伴い、減額後の新たな納付書等を印刷するための所要額を追加するものであります。

 以上、歳入歳出につきましてご説明申し上げましたが、ご審議をいただく過程におきまして、ご質問により担当課長から説明いたさせますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げます。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 5番、石井です。

 後期高齢者医療制度の補正ということなんですが、この補正についての意見というよりも、その後期高齢者医療費制度が今どういう状況になっているのかというのをちょっと聞きたいなということなんですが、よろしくお願いします。



○松本勇議長 町民課長。



◎坂本賢蔵町民課長 後期高齢者医療制度の現在の動向というんですか−−のご質問だと思うんですけれども、6月に政府決定された新たな保険料の軽減措置、均等割7割の人を8.5割にする、あるいは所得が低い人について、所得割を50%軽減するという措置が、これはもう既に始まっておりまして、その後としましては、来年の1月から、これまでたまたま入院しているときに75歳になりますと、今までの制度、それと後期の制度、両方で自己負担限度額目いっぱい取られるというような1つの欠陥があったんでしょうけれども、それらを是正するというようなことが今後始まる予定です。

 それと、来年度につきましても、保険料の軽減策、今度は均等割の7割が9割になるとか、あるいは50%軽減は継続するとか、そういったことが予定されております。

 なお、制度自体につきましては、舛添厚生労働大臣の試案、これに基づいて現在論議がなされております。いわゆる県民保険構想ですね、そういった状況でございます。

 以上です。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) 今、その後期高齢者医療制度という名前のほかにも何か名前があるようにいろいろなところで見るんですが、そのことと。

 もう一つ、先ほどの制度の中の具体的に後期高齢者の方の、例えば世帯主の扶養になっているという人の場合の制度があったかと思うんですね。それは短縮になったんですか。そのまま、いついつまでは、扶養されている場合にはかからないというのがありましたけれども、その辺のことについてはどうなんでしょうか。

   〔発言する人あり〕



◆5番(石井康二議員) 1つが、後期高齢者医療制度というふうになっていますよね。この名前はよくないということで、違う名前がいろいろなところで、括弧づきなりいろいろ飛び交っていますけれども、その名前については、このままでずっと行くということでよろしいわけですか。後期高齢者医療というのがよくないということで、長寿何とか云々とかという、そういうものがたまに出ていますよね。



○松本勇議長 町民課長。



◎坂本賢蔵町民課長 お答えをいたします。

 4月に後期高齢者医療制度スタートしたわけですが、4月の本当に初めだったと思います。当時の総理大臣のほうから名前がよくないということで、長寿医療制度という名前を使ったらどうかというようなことで、政府のほうから来ている通知によりますと、正式には「後期高齢者医療制度(長寿医療制度)」といった、そういう名称を使ってくれというようなことになっております。

 以上です。



○松本勇議長 石井議員。



◆5番(石井康二議員) すみません、これは括弧はないんですけれども、いいんですか。括弧がないんだけれども。

 それと、先ほどの扶養をされている後期高齢者、あるはい長寿医療者の免除されている期間ということについての話なんですが。



○松本勇議長 町民課長。



◎坂本賢蔵町民課長 お答えいたします。

 名称につきましては、あくまでも法律上は後期高齢者医療制度でございます。ただ、一般向け、例えば広報で使う場合には、その後ろに括弧書きで長寿医療というような名前を使ってくれということでございます。

 それと、免除というのは、保険料の話だと思います。いわゆる被用者保険の被扶養者につきましては、今年度4月から9月までにつきましては10割軽減ということで保険料がゼロでございます、これ均等割の話ですが。

 それから、10月から3月分につきましては9割軽減ということで1割だけ納めるということは、これはもう去年決まっていたわけなんですけれども、その継続につきまして、21年度も継続する方向で、今政府のほうでは検討しているという話を聞いております。

   〔「21年度」と言う人あり〕



◎坂本賢蔵町民課長 ですから、21年度も9割軽減ですね、をするという話を聞いております。

 以上です。



◆5番(石井康二議員) はい、了解です。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 本案は担当の文教厚生常任委員会に付託して、さらに詳細にわたり審査させることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は文教厚生常任委員会に付託いたします。

 先ほど日程第7の田母神議員の質問について、町民課長より答弁お願いします。



◎坂本賢蔵町民課長 先ほどの田母神議員さんのお答えなんですけれども、大変申しわけないんですが、ちょっと数字が把握できませんので、後日、あしたでも、申しわけないんですけれども、お答えさせていただきたいと思います。ご了解をお願いいたします。



○松本勇議長 よろしいですか。



◆14番(田母神節子議員) はい。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第68号(平成20年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第9、議案第68号 平成20年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにいたします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第68号 平成20年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)を上程するに当たりまして、その要旨を申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 今回の補正予算は、職員の異動及び事業費の確定等に伴い、歳入歳出予算及び地方債につきまして、所要額の補正を行うものであります。

 はじめに、第1表の歳入歳出予算補正でありますが、補正額は996万8,000円の減額で、現計予算額11億929万6,000円に対し0.9%の減額補正となります。

 次に、第2表の地方債補正につきましては、流域下水道事業及び公営企業借換債を借り入れ条件の確定等により減額するものであります。

 それでは、歳入歳出補正予算事項別明細書に従いまして主なものをご説明いたします。

 まず、歳入ですが、3ページの受益者負担金につきましては、上程額の確定により追加するものであり、一般会計繰入金につきましては、事業費の確定等により更正するものであります。

 また、4ページの消費税還付金につきましては、還付額の確定により追加するものであります。

 続きまして、歳出ですが、5ページの一般管理費につきましては、人件費等を追加、更正するものであります。

 次に、6ページの公共下水道建設費につきましては、人件費を追加、更正するとともに、事業費の確定等により委託料を更正し、工事請負費を追加するものであります。

 以上、歳入歳出につきましてご説明申し上げましたが、ご審議をいただく過程におきまして、ご質問により担当課長から説明をいたさせますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げます。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 6ページの更正額がちょっと多いようなので、この中身、内容について説明をお願いいたします。



○松本勇議長 上下水道課長。



◎坂本勝己上下水道課長 お答えいたします。

 委託料の関係がかなり更正になっているということでございます。これにつきましては、寄居第2処理分区、男衾地区でございますが、この実施設計を当初考えておりましたが、ホンダのほうの事業、そちらの整備を進めることを今年度主眼としておりましたので、それを更正いたしまして、工事請負費のほうに変更をしたと、そういうものが主な内容でございます。

 以上です。



◆14番(田母神節子議員) はい、了承。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 本案は、担当の産業建設常任委員会に付託して、さらに詳細にわたり審査させることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は産業建設常任委員会に付託します。

 よろしくご審査願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第69号(平成20年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第10、議案第69号 平成20年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにいたします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第69号 平成20年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を上程するに当たりまして、その要旨を申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 今回の補正予算は、職員の異動及び事業費の確定等に伴い、歳入歳出予算につきまして、所要額の補正を行うものであります。

 はじめに、第1表の歳入歳出予算補正でありますが、補正額は67万2,000円の減額で、現計予算額2億6,006万2,000円に対し0.3%の減額補正となります。

 それでは、歳入歳出補正予算事項別明細書に従いまして主なものをご説明いたします。

 まず、歳入ですが、3ページの一般会計繰入金につきましては、事業費の確定等により更正するものであり、消費税還付金につきましては、還付金の確定により追加するものであります。

 続きまして、歳出ですが、4ページの施設建設費につきましては、人件費を追加更正するとともに、事業費の確定により委託料、工事請負費を追加し、補償料を更正するものであります。

 以上、歳入歳出につきましてご説明申し上げましたが、ご審議をいただく過程におきまして、ご質問により担当課長から説明をいたさせますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げまして、提案理由といたします。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 本案は、担当の産業建設常任委員会に付託して、さらに詳細にわたり審査させることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は産業建設常任委員会に付託いたします。

 よろしくご審査願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第70号(平成20年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号))の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第11、議案第70号 平成20年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにいたします。

 町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第70号 平成20年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)を上程するに当たりまして、その要旨を申し上げ、提案理由とさせていただきます。

 今回の補正予算は、収益的収支、資本的収支及び企業債につきまして、農業集落排水事業に伴う排水管布設事業費の減額、借換債償還金の減額及び人事異動に伴う所要額の補正を行うものであります。

 はじめに、第2条ですが、水道事業収益を200万円増額して9億390万9,000円とし、水道事業費用を53万8,000円増額して8億5,851万1,000円とします。

 次に、第3条ですが、資本的収入を2,640万円減額して3億9,594万1,000円とし、資本的支出を3,613万2,000円減額して8億4,370万7,000円に補正いたします。また、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額を4億4,776万6,000円に補正し、その補てん財源として、減債積立金を8,500万円に、当年度分消費税資本的収支調整額を1,033万1,000円に、過年度分損益勘定留保資金を2億5,952万9,000円に、当年度分損益勘定留保資金を9,290万6,000円にいたします。

 次に、第4条ですが、借り入れ条件の確定に伴い、借換債を10万円減額いたします。

 以上、主なものにつきましてご説明申し上げましたが、ご審議をいただく過程におきまして、ご質問により担当課長から説明いたしますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げまして、提案理由といたします。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 本案は、担当の産業建設常任委員会に付託して、さらに詳細にわたり審査させることにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は産業建設常任委員会に付託いたします。

 よろしくご審査願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第4号(「協同労働の協同組合法(仮称)の速やかな制定を求める意見書」提出を求める請願)の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第12、請願第4号 「協同労働の協同組合法(仮称)の速やかな制定を求める意見書」提出を求める請願を議題といたします。

 事務局長から請願書を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕



○松本勇議長 本請願について、紹介議員の方から趣旨説明を求めます。

 登壇して行ってください。

 岡本議員。

   〔4番 岡本安明議員登壇〕



◆4番(岡本安明議員) 4番、岡本安明です。

 請願第4号 協同労働の協同組合法(仮称)の速やかな制定を求める意見書提出を求める請願について趣旨説明をさせていただきます。

 紹介議員は、室岡重雄議員、坂本建治議員、そして私の3名であります。

 代表して、私のほうから説明させていただきます。

 日本社会における労働環境の大きな変化の波は、働くことに困難を抱える人々を増大させ社会問題となっています。正規の働く機会が得られないことで、ワーキングプア、ネットカフェ難民など新たな貧困が広がっています。

 また、障害を抱える人々や社会とのつながりがつくれない若者など、働きたくても働けない人々の増大は、日本全体を覆う共通した地域の課題です。

 一方、NPOや協同組合、ボランティア団体などさまざまなな非営利団体は、地域の課題を地域住民みずから解決することを目指し、事業展開をしています。

 この1つである協同労働の協同組合は、働くことを通じて人と人とのつながりを取り戻し、コミュニティーの再生を目指す活動を続けており、社会問題解決の手段の1つとして大変注目を集めております。国会でも、公明党の坂口前厚生労働大臣を会長とし、超党派の協同出資、協同運営で働く協同組合法を考える議員連盟が結成され、実に164名の国会議員が名前を連ねております。

 一方、埼玉県議会では、ことしの6月の議会において、協同労働の協同組合法の速やかな制定を求める意見書が全会一致で採択されました。また、埼玉県内70の市町村のうち、既に42の市や町の議会において意見書が採択されております。

 つきましては、当寄居町議会におかれましても、法制定を後押しする意見書の採択をいただけますよう重ねてお願い申し上げまして、請願の趣旨説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 紹介議員に対して質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 1点お尋ねします。

 寄居町にはNPO、またボランティア団体、協同組合など、この法律が通ったときに該当されるであろうと思われる団体がどのくらいあるのか教えていただけたら、よろしくお願いします。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 質問にお答えします。

 今、寄居町で、これが制定されたときどのぐらいあるかという質問ですけれども、今のところ、私自身で把握しているというのはございませんけれども、近隣では深谷市で既に行っておりますので、この制定ができ次第というか、できると、その規模もふえてくるのではないかと期待しているところでございます。

 これ小冊子があるんです、深谷の「だんらん」という協同労働の団体で、老人の介護とか、お弁当ですか、デイ・サービスとか、そういうのをやっている事業所でございまして、寄居町も今現在は把握はしていないんですけれども、期待しているところでございます。

 以上です。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 かわせみ荘などの福祉バザーのときに、かなりいろいろなボランティア団体さんが協力して盛り上げていますよね。そういう団体の人たちも、これが通ったときに恩恵を受けるのか、そういう地元の団体の人たちに、この制度ができるとこんなメリットがあるんだよというのが、ちょっと私に、今、目に浮かばないので、その辺のところを説明お願いしたいんですけれども、よろしくお願いします。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 各団体の意向もありますので一概には言えないと思うんですけれども、今までみたいに雇用者、使用者という方式の企業体系ではなくて、全く新しい形の労働体系でございますので、今言われたかわせみ荘に出店されているような団体の中に、これを目指すところも出てくるような気がいたしております。まだはっきりした数字等は把握はしていませんが、そう希望しております。

 以上です。



○松本勇議長 ほかに。

 大久保議員。



◆11番(大久保博幸議員) 請願のちょっと内容がよくつかめないものですから、ちょっと何点か質問させていただきますけれども、NPOとかボランティア団体というのはかわるんですよね。ただ、この協同労働の協同組合というのは、具体的にどういう形のものか、ちょっとそれが見えない部分がございます。

 それから、一番最後のほうに、働くこと、生きることに困難を抱える人々がという部分なんですけれども、こういう人たちがつくっている協同組合というふうな理解でよろしいのか。その協同労働の協同組合そのものの意味がちょっとわからないものですから、具体的な例等を挙げていただいて、説明いただければありがたいと思います。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 大久保議員の質問にお答えします。

 私の言葉ではなく、ここに参考、小冊子がありますので、それを朗読させていただきます。

 まず、協同労働とは、非常にわかりづらい言葉で聞きなれない言葉だと思いますので、協同労働とはと定義してありますので、これを読みたいと思います。

 協同労働とは、みずから出資し、自分で働き、経営に参加しながら、人と地域に役立つ仕事起こしを目指す協同組合です。私たちは、主に、働く者同士が協力して、誰かに雇われるのではなく、自分が主体となって地域社会に貢献する新しい仕事をつくり出す労働のあり方を協同労働と呼び、このような働き方、事業形態の法制化を求める運動を進めています。

 あと、なぜ法制化が必要だということもちょっと読みたいと思います。

 なぜ法律が必要か。法制化の主な目的は、ワーカーズ協同組合に、これは協同労働の組合ということです。−−に法人格を与えることにあります。この法人格により、組織として、また働く組合員にととっても活動していく上で社会的に信用されるあかしになり、また、活動の趣旨が認知されることで、社会の一員として活動しやすい環境となります。

 わかりづらいとは思うんですけれども。



○松本勇議長 大久保議員。



◆11番(大久保博幸議員) 言わんとすることは、そこに書いてあるということでございますけれども、いずれにしても、ここの請願については、総務委員会に付託の予定になっているようでございますけれども、できれば、そういった資料をいただければ大変審議する上でありがたいと思うんで、それは希望ということでお願いしたいと思います。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 参考資料はたくさんありますので、たくさんお渡しできると思います。

 以上です。



○松本勇議長 本間議員。



◆6番(本間登志子議員) 6番、本間です。

 この近辺ではどのあたりにあって、視察等は行かれているんでしょうか。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) この近辺は、先ほど申し上げましたとおり深谷市でございます。あと、私の知っている限りは北本市にございます。この議会が終わりましたら視察、見学に行ってまいりたいと思います。

 以上です。まだ行っていません。



○松本勇議長 原口孝議員。



◆13番(原口孝議員) これ、今の説明というか、働くことを通じて人と人とのつながりを取り戻しというふうなことですから、普通の、一般的ではないのかなと思うんですね。

 ところが、このボランティアというか、NPOが法制化するのには、この協同労働者の方々が協同組合をつくって、そして、団体として認知され、認められて入札だとか、いろいろな会社等の契約ができるようにしたいんだというお話ですが、それだけの意思があるんであれば、その協労者の方々が、今ゼロ円から株式会社もできますし、一般企業としてやっても、普通の方が会社をやるにしても、当然その営業であれば、仕事として考えれば、人と人とのコミュニケーションを図りながらしなくてはならないし、いろいろなことを考えると、こういうのが本当に全国的には必要なのかなというふうなことですが、実際寄居町の今活動している方々が、このようなものが本当に望んでいるのか、望んでいないのか、その辺もわからない中で、どうなのかなと私は思うんですが、この方々は、今協同組合費として自分たちの力の中で一般企業と同じような感覚でやれないという方が集まってやっているのか、それともできるのか、その辺はどうなんでしょうか。



○松本勇議長 岡本議員。



◆4番(岡本安明議員) 原口議員の質問にお答えします。

 会社でもいいんではないかと、務めても、会社を起こしてもいいんではないかというようなことでしたけれども、多分働き方の、全く新しい働き方の形態という、新しい感覚の労働体系ということで出発しているんだと思います、この協同労働ということは。

 これも参考資料なんですけれども、後で総務委員会にもお渡しするんですけれども、ちょっとここに、株式会社と協同労働の違いというのがちょっと対比させてありますので、ちょっとわかりづらいと思いますけれども、ちょっと読み上げたいと思います。

 株式会社と協同労働の協同組合ということで対比の表がありますので、ちょっとわかりづらいと思うんですけれども、ちょっと読み上げたいと思います。

 まず、働き方、株式会社につきましては、分担、分業でございます。協同労働の協同組合につきましては、出資、経営、労働の三位一体ということです。個人が出資、経営、労働、3つの働きをするということです。

 運営方針の決定など、株式会社で言いますと、株主、経営者からの上意下達というんですか、経営者からの運営方針で働くということです。協同労働の協同組合については、全組合員で経営ということです。

 議決権、これが一番違うかなと思うんですけれども、株式会社につきましては、1株1票ということです。協同労働の協同組合については、1人1票、何口出資しても、1人1票ということでございます。

 労働者同士の関係、株式会社については競争関係、協同労働の協同組合については協同関係ということです。

 利用者との関係、株式会社につきましては、提供者と顧客という関係です。協同労働の協同組合につきましては、利用者、市民も組合員になれるということです。与える人と与えられると、どっちもなれるという意味でございます。

 ちょっとわかりづらい説明で申しわけないんですけれども、よろしいでしょうか。



○松本勇議長 原口孝議員。



◆13番(原口孝議員) いずれにしましても、大変新しい労働の体系をつくるというふうなお話ですが、新しい体系をつくるために、その法整備がどうしても必要なんだというふうなことで、こういう請願になっていると思うんですが、団塊の世代等の方々がいろいろな方法で、同じような形の中で、いろいろな仕事を立ち上げてやっているというふうなのも聞いております。そういう方々もこういう中に入っているのかわかりませんが、いずれにしましても、これは総務付託ということですので、よろしく審議をしていただきたいというふうに思いまして、終わります。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 紹介議員さん、ご苦労さまでした。

 本件は、お手元の請願文書表のとおり、所管の総務常任委員会に付託いたします。

 よろしくご審査願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第5号(民間委託化せずセンター方式の学校給食を、充実させてください。)の上程、説明、質疑、委員会付託



○松本勇議長 日程第13、請願第5号 民間委託化せずセンター方式の学校給食を、充実させてください。を議題といたします。

 事務局長から請願書を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕



○松本勇議長 本請願について、紹介議員の方から趣旨説明を求めます。

 登壇して行ってください。

 田母神議員。

   〔14番 田母神節子議員登壇〕



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 請願第5号 民間委託化せずセンター方式の学校給食を、充実させてください。の請願の趣旨説明をさせていただきます。

 皆さんもご存じのように、今、食の安全ということでは、食の輸入化が自由化されることの中で、かなり厳しい状況でいろいろな問題が起きております。肉食をはじめ、豆類から野菜類から安い食材を使おうとすれば輸入食品に頼らざるを得ないということの中で、農薬漬けで輸入されるような状況の中では、食事の場合にはすぐすぐ食べたからどこがどうなるという状況に出ないだけに、長年食べ続ける中で健康を害することも出てきますし、特に、小・中学校の義務教育の中で学校給食というのは、教育行政、町の行政がしっかりと責任を持って子どもたちを発達や成長を保障していくということが基本ではないか。

 特に、日本の学校給食が始まったのは、戦後の混乱の中で未来を担う子どもたちをどう守っていくかということで始まったわけですね。各学校では、皆さんも自覚、覚えていると思うんですけれども、お昼近くになると、給食室からいいにおいがしてきて、きょうは何をしているんだろう。

 その給食も地域のお母さんたちがかわりばんこでやることから始まって、だんだん仕事の分担ということで毎日やってくれる人が来てやってくれるというふうになったわけですけれども、その原点である子どもたちの本当に発達、成長を助ける食を民間に委託するということは、コスト面から言ったら、学務課の資料でもあるように、かなりのコストは安くなる、お金はかからなくなるという面はありますが、長い目で見たときに、民間がやるということは最終的には利潤追求、利益を追求するということがあるわけで、もうからないようなことは最終的には手を引いていくし、やらないということにつながるわけで、もうけようとしたら、どこを一番目をつけるか。

 人件費であったり、食材であったりということになると、最終的には子どもたちの安全が本当に守られるんだろうかという危惧がされるということの中で、いろいろな行政の中で公から民間にしてもいいものありますけれども、学校給食については、自校が本来理想ですが、せめてセンター方式を充実、発展させてほしいという親の思いで10月14日にお手紙が出た後、11月18日までの短期間に801名の署名が集まったということは、その親の思いがここに出てきたというふうに受けとめているわけなんですけれども、皆さんの慎重審議でぜひ実現させてほしいということで紹介させていただきます。

 以上です。



○松本勇議長 これより審議に入ります。

 紹介議員に対して、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ、質疑を終結いたします。

 紹介議員さん、ご苦労さまでした。

 本件は、お手元の請願文書表のとおり、所管の文教厚生常任委員会に付託いたします。

 よろしくご審査願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△次会日程の報告



○松本勇議長 以上をもちまして、本日の日程はすべて終了いたしました。

 次の本会議はあす12月4日午前9時から開かれますので、定刻までにご参集願います。

 なお、この後、午後4時から議員全員協議会を開催いたしますので、議員は全員協議会室にご参集ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○松本勇議長 これにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後3時38分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

    議長     松本 勇

    署名議員   大久保博幸

    署名議員   佐野千賀子

    署名議員   原口 孝