議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 寄居町

平成20年  6月 定例会(第2回) 06月20日−03号




平成20年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−03号







平成20年  6月 定例会(第2回)



          平成20年寄居町議会第2回定例会 第3日

議事日程(第3号)

                 平成20年6月20日(金)午前9時00分開議

 1.開議

 1.議事日程の報告

 1.会議録署名議員の指名

 1.諸報告

 1.選挙第4号(埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙について)

 1.議案第36号(寄居町国民健康保険税条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.請願第1号(道路改良舗装について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第38号(寄居町都市計画税条例の一部改正について)の上程、説明、質疑、討論、採決

 1.閉会中の特定事件の議決について

 1.閉会

本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

出席議員(16名)

    1番  大平久幸議員      2番  佐藤理美議員

    3番  原口 昇議員      4番  岡本安明議員

    5番  石井康二議員      6番  本間登志子議員

    7番  坂本建治議員      8番  押田秀夫議員

    9番  稲山良文議員     10番  松本 勇議員

   11番  大久保博幸議員    12番  佐野千賀子議員

   13番  原口 孝議員     14番  田母神節子議員

   15番  室岡重雄議員     16番  吉田正美議員

欠席議員(なし)

説明のため出席した者

  津久井幹雄  町長        根岸安和   副町長

  梅澤泰助   教育長       今村幸男   総務課長

  轟 幸男   財務課長      茂木邦男   税務課副課長

  坂本賢蔵   町民課長      鈴木 隆   健康福祉課長

  金子正義   子育て支援課長   内笹井光江  人権推進課長

  大沢義憲   生活環境課長    小畑光男   産業振興課長

  神田良夫   企業誘致推進課長  清水克樹   まちづくり課長

  坂本勝己   上下水道課長    石田一男   教育総務課長

  関根正巳   指導班主席指導主事 金子眞土   生涯学習課長

  柴崎年正   会計管理者

事務局職員出席者

  大久保豊吉  議会事務局長    斎藤英樹   同書記

  川上好美   同書記



△議長あいさつ



○松本勇議長 おはようございます。

 本日は、第2回定例会の最終日の本会議でございます。休会中のときに震度6強という岩手・宮城の地震がありました。死者11名、まだ行方不明の方が11名さらにいるそうでございます。11名の死者の方にはご冥福をお祈りしたいと思います。

 このような災害は、寄居町は地震に強いまちと言われておりますけれども、本当に思いがけない災害が起きる可能性もあります。

 3月議会のときに、寄居町も地域防災計画の改定案が出されました。これらのものを十分吟味した上で、寄居町も安心で安全なまちにしていきたいと思います。そういうことでございます。

 本日は最終日でございますけれども、慎重審議していただきまして、議会のほうが円滑に進んでいくよう、議員の皆様にお願いいたしまして、ごあいさつといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前9時01分



△開議の宣告



○松本勇議長 ただいまの出席議員は16名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○松本勇議長 本日のこれからの議事日程をご報告いたします。

 事務局長をして議事日程を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○松本勇議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第112条の規定により、議長において指名いたします。

 7番 坂本建治議員

 8番 押田秀夫議員

 9番 稲山良文議員

 以上3名を、本日の会議録署名議員に指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○松本勇議長 日程第2、諸報告を行います。

 陳情書が1通提出されておりますので、事務局長から朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕



○松本勇議長 次に、町長から行政報告の申し出がありましたので、報告を受けることにいたします。

 町長、登壇して行ってください。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 おはようございます。

 寄附の受け入れについて申し上げます。

 次のとおり、寄附の申し出があったので、受け入れるものといたします。

 寄附の目的 高齢者福祉のため

 金額    金13万3,790円

 寄附者   神奈川県海老名市河原口609番地2

       鈴木実様

 でございます。

 この寄附は、いわゆるふるさと納税制度を活用するものでございます。

 次に、行政報告の訂正についてご報告申し上げます。

 去る6月9日に、平成19年度における情報公開制度及び個人情報保護制度の運用状況についての行政報告を申し上げましたが、その中で一部誤りがございました。

 訂正箇所は、お手元に配付してございます報告書のアンダーラインの部分でございますので、おわび申し上げるとともに、差しかえをお願いいただきたいと存じます。

 以上を行政報告といたします。



○松本勇議長 以上をもって諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△選挙第4号(埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙について)



○松本勇議長 日程第3、選挙第4号 埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙を行います。

 埼玉県後期高齢者医療広域連合は、県内の全市町村で組織し、75歳以上の方が加入する医療制度で、保険料の決定や医療給付などを行う特別地方公共団体です。

 この広域連合議会議員のうち、町村議会議員から選出の議員に欠員が生じたため、今回選挙が行われることになりました。

 この選挙は、広域連合規約第8条の規定により、すべての町村議会の選挙における得票総数により当選人を決定することになりますので、会議規則第31条の規定に基づく選挙結果の報告のうち、当選人の報告及び当選人への告知は行いません。

 そこで、お諮りいたします。選挙結果の報告については、会議規則第31条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを、埼玉県後期高齢者医療広域連合に報告することとしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」「議長」と言う人あり〕



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 選挙の前に、諸報告の中で総務常任委員会と関係常任委員会の報告をするわけではないでしょうか。これには載っていますけれども、これは抜けたのではないでしょうか。寄附の後にありますよね。



○松本勇議長 暫時休憩いたします。



△休憩 午前9時10分



△再開 午前9時12分



○松本勇議長 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○松本勇議長 田母神議員の質問について、日程第4の議案第36号のところで議案の報告としてやりたいと思います。

 先ほどの、ご異議なしと認めますということで、よって、選挙の結果の報告については会議規則31条の規定にかかわらず、有効投票のうち候補者の得票数までを報告することに決定いたしました。

 選挙の方法は、投票により行いたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、選挙は投票により行います。

 議場を閉鎖させます。

   〔議場閉鎖〕



○松本勇議長 ただいまの出席議員は16名であります。会議規則第31条第2項の規定により、立会人に13番、原口孝議員、14番、田母神節子議員の2名を指名いたします。

 投票用紙を配付いたします。

   〔投票用紙配付〕



○松本勇議長 投票用紙の配付漏れはありませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 配付漏れなしと認めます。

 投票箱を点検いたします。

   〔投票箱点検〕



○松本勇議長 これより投票に入りますが、投票は単記無記名であります。投票用紙に被選挙人の氏名を記名の上、事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票願います。

   〔投票〕



○松本勇議長 投票漏れはございませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 投票漏れなしと認めます。

 投票を終了いたします。

 開票を行います。

 立会人の方、開票の立ち会いをお願いいたします。

   〔開票〕



○松本勇議長 選挙の結果を報告いたします。

 投票総数     16票

 有効投票     16票

 無効投票      0票

 有効投票のうち

  小坂 裕候補  15票

  佐伯由恵候補   1票

 以上のとおりです。

 議場の閉鎖を解きます。

   〔議場開鎖〕



○松本勇議長 立会人さんご苦労さまでした。

 以上で、埼玉県後期高齢者医療広域連合議員選挙を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第36号(寄居町国民健康保険税条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本勇議長 日程第4、議案第36号 寄居町国民健康保険税条例の一部改正についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は6月13日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、本間登志子委員長から委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 本間委員長。

   〔本間登志子総務常任委員長登壇〕



◆本間登志子総務常任委員長 おはようございます。

 総務常任委員会より、審査報告書を報告させていただきます。

 本委員会に付託された議案審査の結果を報告いたします。

 委員長、本間登志子。

 開催日時、平成20年6月13日午前9時30分から午前9時55分まで。

 開催場所、第1委員会室。

 議案第36号 寄居町国民健康保険税条例の一部改正について。

 開会後、税務課副課長さんから概要について説明を受けた後、審議に入りました。

 1、公的年金等受給者特別控除廃止に伴う影響の人数と額について。2、国民健康保険限度額が56万円から59万円になることの対象世帯数について。3、後期高齢者医療制度の町内被保険者数について。4、後期高齢者医療の被保険者証の送付状況について。5、後期高齢者医療制度に関する町民からの問い合わせについて。6、後期高齢者医療制度の町民周知について。7、後期高齢者医療制度導入により、国民健康保険に比べて負担がどう変わるかについて。8、国民健康保険税の納付書に後期高齢者支援金分の記載を行うことに伴う影響について等の質疑があり、慎重審議、採決の結果、賛成者多数をもって、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本勇議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出願います。

 吉田議員。



◆16番(吉田正美議員) 今、委員長が「慎重審議、採択」と申し上げたように聞こえたんですが、「採決」ですよね。訂正してください。



◆本間登志子総務常任委員長 はい、慎重審議、採決の結果。



◆16番(吉田正美議員) はい、了解。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 議案第36号 寄居町国民健康保険税条例の一部改正に反対します。

 4月より、後期高齢者医療制度が創設され、ゼロ歳から74歳までの国保加入者で後期高齢者医療制度を支援するため、国は支援金を納付する仕組みを作りました。財源としては、後期高齢者を1、支援費を4、国庫補助を5です。

 高齢になると医者にかかることも多くなり、幾つもの医者をかけ持ちすることになり、そこで、医療費を削減するためにこの制度を考えたと言われております。

 医学的にも75歳を過ぎると認知症になる人も増加し、また先行きが短いことにもなるとして、厚生労働省は75歳以上を後期高齢者としたと言われております。

 医療費と支援費とを分けて支払う後期高齢者医療制度が、2年に1度保険料の見直しがあり、この支援費もおのずと見直しのたびに値上げされる仕組みになっております。

 そのたびに、支払う側は、支援費がなければこんなにも支払わなくてもよいのにと考えるのではないでしょうか。

 意識しなくても長生きすることに、また長寿を喜べない感情を植えつけてしまうのではないでしょうか。お年寄りに対して、早く死ねばいいと、どこかで思うようになるのではないでしょうか。

 長寿を喜べない社会に未来はありません。支援費という名目を打たなくとも、高齢者の医療をみんなで支えることは、今までも老人保健法でやってきたわけです。もう一度もとに戻し、みんなで納得のする議論を尽くし、納得の上で、新しい制度なり、仕組みなりをつくることが必要ではないでしょうか。

 以上の理由により反対し、反対討論といたします。



○松本勇議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 大平議員。



◆1番(大平久幸議員) 1番、大平です。

 議案第36号 寄居町国民健康保険税条例の一部改正について賛成いたします。

 本条例案につきましては、その主な内容が後期高齢者医療制度の創設に伴う改正であります。

 同制度は、現在、大きな関心事としてさまざまな場で議論がなされておりますが、私が承知している制度の目的は、急激な高齢化に伴い高齢者を中心に医療費が増大する中で、国民皆保険制度を将来にわたって安定的に持続可能なものとするため、現役世代と高齢者の負担を明確化し、世代間で公平に負担し合い、支え合うためのものと承知しております。

 さて、今回の条例案は、現役世代である被保険者に保険税によって後期高齢者を支援してもらおうというものであり、さらに保険税の負担が急激に増加しないよう経過措置が設けられたものでありまして、これらは新制度の導入に当たり必要なものであると考えます。

 ところで、後期高齢者医療制度につきましては、ここ数か月間全国的な混乱が続きました。参議院で民主党を含む野党は、この制度の廃止を迫り、福田首相の問責決議を行い、衆議院の解散総選挙に迫り、協議に応じない状態です。

 廃止にして、もとの国保に戻すと言っておられます。もとに戻すことは、制度の改革や改正ではなく、前に進めず、税の無駄遣いだけとも考えられます。私としては、国において運用面で十分な調査、点検を速やかに行って問題点を解消し、高齢者が安心できる制度を早くつくり上げてほしいと思います。

 寄居町においては大きな混乱はなかったと聞いておりますが、今後においても動向を注視する中で、執行の適切な対応を要望して、本条例の賛成論といたします。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本勇議長 起立多数であります。

 よって、議案第36号 寄居町国民健康保険税条例の一部改正については、原案を可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願第1号(道路改良舗装について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本勇議長 日程第5、請願第1号 道路改良舗装についてを議題といたします。

 なお、本請願は6月12日に産業建設常任委員会が開かれ、審査が行われておりますので、稲山良文委員長から委員会の審査経過並びに結果の報告を求めます。

 稲山委員長。

   〔稲山良文産業建設常任委員長登壇〕



◆稲山良文産業建設常任委員長 産業建設常任委員会審査報告を行います。

 委員長、稲山良文。

 1、開催日時、平成20年6月12日午前9時30分から10時50分まで。

 2、開催場所、第1委員会室。

 3、本委員会に付託された請願審査の結果を報告いたします。

 請願第1号 道路改良舗装について。

 開会後休憩に入りまして現地を視察しました。再開後直ちに審査に入りました。意見としまして、拡幅整備の必要性について。排水の考え方について。本請願道路の三ヶ山関連事業への位置づけについて。周辺の土地利用の状況について。道路幅について。関係地権者の承諾書も提出されており、東と西は広い道路に接続し、事業の合理性があり採択すべきである等の質疑、意見がありまして、慎重審査の結果、本委員会では採択すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本勇議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 1点お尋ねします。

 この請願道路の三ヶ山関連事業との位置づけ、関連についての審議内容をお願いいたします。



○松本勇議長 稲山委員長。



◆稲山良文産業建設常任委員長 田母神議員のご質問にお答えします。

 三ヶ山関連事業に位置づけされているということでございます。



◆14番(田母神節子議員) 了解。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、請願に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本勇議長 次に、請願に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本勇議長 では、討論を終結いたします。

 これより本請願を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本請願を採択することに賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本勇議長 全員起立であります。

 よって、請願第1号 道路改良舗装については、採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第38号(寄居町都市計画税条例の一部改正について)の上程、説明、質疑、討論、採決



○松本勇議長 日程第6、議案第38号 寄居町都市計画税条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案につきまして、提案理由の説明を聞くことにいたします。町長の説明を求めます。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 議案第38号 寄居町都市計画税条例の一部改正について、提案理由を申し上げます。

 地方税法の一部が改正され、寄居町都市計画税条例の規定を整備する必要があり、この案を提出するものであります。

 なお、本案は、改正条例第2条の施行期日を地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律の施行と同期日とする必要があり、該当法律の平成20年5月30日の公布を待っての上程となりました。

 詳細につきましては、担当副課長から説明をいたさせますので、よろしくご審議の上、ご協賛賜りますようお願い申し上げます。



○松本勇議長 税務課副課長。



◎茂木邦男税務課副課長 それでは、都市計画税条例の一部改正の概要につきまして、議案第38号審議用資料によりまして説明をさせていただきます。

 なお、この一部改正は、去る3月議会の最終日の議員全員協議会におきまして概要の説明を申し上げたものでございます。また、本来であれば、6月議会初日に上程をして審議をいただく予定でございましたが、先ほど町長から説明いただきましたとおり、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律の公布が5月30日となったことから、本日お願いをするものでございます。

 それでは、税条例の改正の概要につきまして、議案第38号資料に基づきましてご説明を申し上げます。

 改正内容につきましては、固定資産税等の課税標準の特例措置の廃止及び独立行政法人の整理等に伴い関係条項が削除されたために、既存の条項がそれぞれ1項または2項繰り上げられたための条文の整理を行ったものです。

 次に、条例の一部改正の本文をごらんください。本文の第2条の規定につきましては、先ほど説明しましたとおり、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律が施行するのに伴い、条文の整理を行ったものです。

 第3条の規定は、一般社団法人及び一般財団法人に関する法律が本年12月1日に施行するのに伴い、条文の整理と条項の追加によるものでございます。

 以上が、平成20年度都市計画税条例の改正の内容でございます。よろしくお願いいたします。



○松本勇議長 お諮りいたします。本案は、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、本案は委員会付託を省略することに決定いたしました。

 これより審議に入ります。

 質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 この法律ができたことによって、社団法人、財団法人で、寄居町で影響のある団体があるかどうか伺います。



○松本勇議長 税務課副課長。



◎茂木邦男税務課副課長 財団、社団の影響につきましては、当町はございません。



◆14番(田母神節子議員) 了承。



○松本勇議長 ほかに。

 吉田議員。



◆16番(吉田正美議員) 16番、吉田です。

 地域公共交通の活性化及び再生に関する法律の一部を改正する法律、これはどんなものなのですか。聞いたことがないのですが。



○松本勇議長 税務課副課長。



◎茂木邦男税務課副課長 内容につきましては、地域公共交通の活性化及び再生に関する法律に基づく鉄道の再生事業、また鉄道事業の再生構築事業を実施するというようなことの内容でございます。要は、鉄道の廃線、または継続が困難になった路線等につきまして、自治体と鉄道会社が再生をするというような、再生によって地域の活性化を図っていくと、そういったものの内容でございます。



○松本勇議長 吉田議員。



◆16番(吉田正美議員) それが今回提案されている条例案とどのような関係があるのですか。



○松本勇議長 税務課副課長。



◎茂木邦男税務課副課長 その活性化の、鉄道の再生事業につきまして、国の補助金によってその再生をするというようなことから、その再生をする中で固定資産、さらには家屋・償却資産、そういったものを新たに導入等、さらにはさせた場合について、固定資産税の特例措置といたしまして課税標準額を4分の1にすると、そういった内容がございます。それが絡んでくるということでございます。



◆16番(吉田正美議員) はい、了解しました。



○松本勇議長 よろしいですか。

 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本勇議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本勇議長 全員起立であります。

 したがって、議案第38号 寄居町都市計画税条例の一部改正については、原案を可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の特定事件の議決について



○松本勇議長 日程第7、閉会中の特定事件の議決についてを議題といたします。

 事務局長をして、閉会中の特定事件名一覧表を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕



○松本勇議長 ただいま朗読のとおり、各常任委員会、議会運営委員会及び第4次三ヶ山地域開発調査特別委員会から申し出のありました事件について、調査の概要、方法等につきまして各委員長の説明を求めます。

 最初に、総務常任委員長、登壇して説明願います。

 本間委員長。

   〔本間登志子総務常任委員長登壇〕



◆本間登志子総務常任委員長 平成20年6月20日から次の定例会までの閉会中の特定事件といたしまして、総務常任委員会から報告をさせていただきます。

 毎日のように悪質な事件が報道されておりまして、寄居町も本当に、先日身近で大変な事件が起きております。

 どうしたらそういうような事件が防げるのか、皆さんと一緒にこれから、住民の方たちにも協力をいただきながら、いろいろな提案をしていただきながら、しっかりとした安心・安全なまちづくりをやっていきたいということで、今回「安心・安全なまちづくりについて」ということでさせていただくことになりました。よろしくお願いいたします。



○松本勇議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、文教厚生常任委員長、登壇して説明願います。

 岡本文教厚生常任委員長。

   〔岡本安明文教厚生常任委員長登壇〕



◆岡本安明文教厚生常任委員長 4番、岡本安明です。

 文教厚生常任委員会の閉会中の特定事件、企業との文化交流について調査、研究してまいりたいと思います。

 これからホンダを迎えるに当たり、その先駆けとして文化的交流をできればと考えております。

 以上でございます。



○松本勇議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 企業を育成するという意味でも、ホンダさんだけでなく、寄居町に企業はあると思うんですけれども、その辺を視点に入れるということはないのか、1点お尋ねします。



○松本勇議長 委員長。



◆岡本安明文教厚生常任委員長 一応企業ということですので、全体ということだと思います。全体ということです。ホンダも含めてということです。



○松本勇議長 田母神議員。



◆14番(田母神節子議員) 14番、田母神です。

 アタゴ体育館と言われているぐらい、企業があそこをつくったということなんですけれども、そういうところとの交流を今まで具体的に、議会としてというふうには、目に見えたことはなかったと思うのですけれども、これから寄居のまちにある企業に、ホンダが刺激になって頑張ってもらうということでは、その辺の労働者の状況やスポーツの状況、文化状況などもこう調査しながら、ぜひ豊かに、企業と文化交流ができるような方向でやっていただきたいと思います。希望を述べて終わります。



○松本勇議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、産業建設常任委員長、登壇して説明願います。

 稲山委員長。

   〔稲山良文産業建設常任委員長登壇〕



◆稲山良文産業建設常任委員長 産業建設常任委員会では、閉会中の特定事件としまして、観光農業についてを件名といたしました。

 観光と農業が一体となりまして、農業後継者の育成、あるいは遊休地の効率利用等を含めて、観光農業を通じてまちに活力が生まれればよいとの考えからこの件名を決定しました。

 以上です。



○松本勇議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、議会運営委員長、登壇して説明願います。

   〔室岡重雄議会運営委員長登壇〕



◆室岡重雄議会運営委員長 議会運営委員会から報告いたします。

 委員長、室岡です。

 次期議会(定例会までの間に開かれる臨時議会を含む)の会期の日程等の議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項、これらにつきまして調査・研究をしてまいりたいと思います。

 以上です。



○松本勇議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、第4次三ヶ山地域開発調査特別委員会委員長、登壇して説明願います。

 三ヶ山委員長。

   〔原口 孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長登壇〕



◆原口孝第4次三ヶ山地域開発調査特別委員長 第4次三ヶ山地域開発調査特別委員会の閉会中の特定事件を報告いたします。

 委員長、原口孝。

 三ヶ山地域の開発調査についてですが、第2期工事並びに現在出店なされている循環工場等の検証について調査・研究してまいりたいと思います。

 以上です。



○松本勇議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 なければ質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 お諮りいたします。本件についてご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本勇議長 ご異議なしと認めます。

 よって、閉会中の特定事件の議決については、各委員長の報告のとおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○松本勇議長 以上をもちまして、平成20年寄居町議会第2回定例会の日程は残らず終了いたしました。

 これにて閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前10時00分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

    議長     松本 勇

    署名議員   坂本建治

    署名議員   押田秀夫

    署名議員   稲山良文