議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 寄居町

平成18年  3月 定例会(第1回) 03月24日−04号




平成18年  3月 定例会(第1回) − 03月24日−04号







平成18年  3月 定例会(第1回)



          平成18年寄居町議会第1回定例会 第4日

議事日程(第4号)

                 平成18年3月24日(金)午前9時00分開議

 1.開議

 1.議事日程の報告

 1.会議録署名議員の指名

 1.諸報告

 1.議案第3号(平成17年度寄居町一般会計補正予算(第3号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第4号(平成17年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第5号(平成17年度寄居町老人保健特別会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第6号(平成17年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第7号(平成17年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第8号(平成17年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第9号(平成18年度寄居町一般会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第10号(平成18年度寄居町国民健康保険特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第11号(平成18年度寄居町老人保健特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第12号(平成18年度寄居町下水道事業特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第13号(平成18年度寄居町農業集落排水事業特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第14号(平成18年度寄居町水道事業会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第24号(寄居町職員の給与に関する条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第25号(寄居町職員の給与の特例に関する条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第26号(寄居町職員の特殊勤務手当に関する条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第29号(寄居町行政財産の使用料に関する条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第33号(寄居町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第42号(寄居町法定外公共物管理条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第43号(寄居町道路占用料徴収条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第44号(寄居町営住宅管理条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第48号(寄居町国民保護協議会条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第49号(寄居町国民保護対策本部及び寄居町緊急対処事態対策本部条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第50号(寄居町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第51号(公の施設の指定管理者の指定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第52号(公の施設の指定管理者の指定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第53号(公の施設の指定管理者の指定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第54号(町道路線の廃止について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.議案第55号(町道路線の認定について)の委員長報告、質疑、討論、採決

 1.閉会中の特定事件の議決について

 1.閉会

本日の会議に付した事件

  議事日程に同じ

出席議員(19名)

    1番  小林金治議員      2番  松崎州男議員

    3番  坂本建治議員      4番  押田秀夫議員

    5番  稲山良文議員      6番  吉田賢一議員

    8番  佐野千賀子議員     9番  遠藤欣一議員

   10番  松本愛之助議員    11番  大久保博幸議員

   12番  松本 勇議員     13番  田母神節子議員

   14番  保泉康人議員     15番  柴崎利夫議員

   16番  坂本義則議員     17番  室岡重雄議員

   18番  岡田 要議員     19番  渡邊 務議員

   20番  吉田正美議員

欠席議員(1名)

    7番  小此木道郎議員

説明のため出席した者

  津久井幹雄  町長        根岸安和   助役

  岩田豊人   収入役       梅澤泰助   教育長

  今村幸男   総務課長      神田良夫   企画財政課長

  奈良和正   税務課長      鈴木 隆   町民課長

  坂本 隆   福祉課長      根岸秀介   健康増進課長

  坂本賢蔵   人権推進課長    作美和男   環境衛生課長

  小畑光男   農林課長      加藤守利   商工観光課長

  清水克樹   建設課長      大久保豊吉  都市計画課長

  坂本勝己   下水道課長     今井久雄   水道課長

  白川 充   学務課長      坂本岳司   指導班主席指導主事

  轟 幸男   生涯学習課長    金子眞土   文化財課長

事務局職員出席者

  石田一男   議会事務局長    高橋守章   議会事務局次長

  斎藤英樹   同書記       深田江美子  同書記



△議長あいさつ



○松本愛之助議長 おはようございます。

 桜前線もだんだん北上し、関東地方も開花が待たれるところでございます。この冬の異常気象等で、福島県地方では、梅、桜、桃が同時開花というように気象庁で予測もされております。

 本日3月定例会最終日でございます。議員諸兄にはご健勝にてご出席、ご苦労さまでございます。よろしく審議をお願い申し上げまして、開会前のあいさつとさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議 午前9時00分



△開議の宣告



○松本愛之助議長 ただいまの出席議員は19名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○松本愛之助議長 本日これからの議事日程をご報告いたします。

 事務局長をして議事日程を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○松本愛之助議長 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は会議規則第112条の規定により、議長において指名いたします。

 12番 松本 勇議員

 13番 田母神節子議員

 14番 保泉康人議員

 以上3名を、本日の会議録署名議員に指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸報告



○松本愛之助議長 日程第2、諸報告を行います。

 町長から行政報告の申し出がありましたので、報告を受けることにいたします。

 町長、登壇して行ってください。

 町長。

   〔津久井幹雄町長登壇〕



◎津久井幹雄町長 おはようございます。

 次のとおり寄附の申し出があったので、受け入れるものといたします。

 寄附の目的 新入学児童の防犯のため

 物品    光るトラック型防犯ブザー350個

 寄附者   社団法人埼玉県トラック協会

       会長 横塚正秋様でございます。

 次に、

 寄附の目的 日本100名城の選定を記念して鉢形城跡整備のため

 金額    金100万円

 寄附者   寄居町大字藤田150番地

       西原愛子様でございます。

 次に、行政報告を申し上げます。

 鉢形城跡が日本100名城に選定されたことについて、ご報告申し上げます。

 城郭研究者や愛好家で構成される財団法人日本城郭協会が設立40周年を迎えることから、文部科学省、文化庁の後援を得て、国内の城郭から100の名城を選定いたしました。埼玉県からは鉢形城と川越城の2城が選ばれました。

 選定作業は、城郭が生涯学習や子どもたちの総合的な学習の場としても活用されることを目指し、1、すぐれた文化財・史跡、2番目として、著名な歴史の舞台、3、時代・地域の代表であることを基準に行われました。

 審査に当たられた東京大学名誉教授新谷洋二委員長によれば、従来の選定と異なり、建築、土木、考古、歴史などの各分野の専門家が検討し、最新の情報と学問的成果とを反映した選定がなされたとのことであります。

 今後は、100城をめぐるスタンプラリーが計画されているほか、ガイドブックの刊行、旅行業者による名城めぐりなども検討されているとのことであり、今回の選定をきっかけに、今まで以上に多くの方々が寄居町を訪れることを期待しております。

 ついては、鉢形城公園の魅力をさらに増すため、第2期整備に向けて鋭意準備を進めてまいりますので、今後ともご指導、ご協力を賜りますようお願い申し上げまして、行政報告とさせていただきます。



○松本愛之助議長 以上をもって諸報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号(平成17年度寄居町一般会計補正予算(第3号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第3、議案第3号 平成17年度寄居町一般会計補正予算(第3号)の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 総務常任委員会審査報告書。

 開催日時、平成18年3月9日午前9時30分から11時50分まで。

 開催場所、第1委員会室。

 本委員会に付託された議案審査の結果を報告いたします。

 議案第3号 平成17年度寄居町一般会計補正予算(第3号)の議定について。

 開会後、直ちに審議に入り、主な補正内容について。財政調整基金の現在高について。国保会計への繰出金と今後の見通しについて。大里広域市町村圏組合負担金の更正事由について。寄居地区消防組合負担金の更正事由について。JR八高線第二飯塚踏切道拡幅改良工事が安価でできた理由について。補助費等の減額事由について。経常収支比率の今後の動向について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 稲山議員。



◆5番(稲山良文議員) 5番、稲山良文ですが、JR八高線第二飯塚踏切道拡幅改良工事が安価でできた理由についてということですが、中身につきまして説明を願います。



○松本愛之助議長 委員長。



◆松崎州男総務常任委員長 稲山議員の質問にお答えします。

 JRから工事の概算調書を提出してもらい計画し、予算化し、工事を委託したが、電力関係の埋設工事で当初予算より軌道敷地内工事が安価にできた。ベイシアから工事代金全額を負担金として納入してもらい、それを町からJRに支出するということでございます。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第3号 平成17年度寄居町一般会計補正予算(第3号)の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号(平成17年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第4、議案第4号 平成17年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に文教厚生常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、坂本建治委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔坂本建治文教厚生常任委員長登壇〕



◆坂本建治文教厚生常任委員長 文教厚生常任委員会の審査の結果を報告いたします。

 委員長、坂本建治。

 開催日時、平成18年3月10日午前9時30分から10時40分まで。

 開催場所、第1委員会室。

 本委員会に付託された議案審査の結果を報告いたします。

 議案第4号 平成17年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の議定について。

 開会後、直ちに審議に入り、療養給付費等負担金の更正事由について。医療費の動向について。診療報酬明細書審査支払手数料の追加事由について。法改正が行われた場合の町への内容伝達方法について。インフルエンザの流行状況について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上でございます。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第4号 平成17年度寄居町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号(平成17年度寄居町老人保健特別会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第5、議案第5号 平成17年度寄居町老人保健特別会計補正予算(第2号)の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に文教厚生常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、坂本建治委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔坂本建治文教厚生常任委員長登壇〕



◆坂本建治文教厚生常任委員長 議案第5号 平成17年度寄居町老人保健特別会計補正予算(第2号)の議定について、本委員会の審査の結果を報告いたします。

 委員長、坂本建治。

 なお、開催日時及び場所につきましては、議案第4号と同様でございます。

 直ちに審議に入り、医療費交付金の追加事由について。第三者納付金の追加事由について。平成17年度老人保健医療の第三者納付金に係る交通事故件数について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上であります。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第5号 平成17年度寄居町老人保健特別会計補正予算(第2号)の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号(平成17年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第6、議案第6号 平成17年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第6号 平成17年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定について、議案審査の結果を報告いたします。

 開催日時、平成18年3月10日午前9時30分から12時10分まで。

 開催場所、第2委員会室。

 直ちに審議に入り、町債の発行残高について。地方債の借入利率について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第6号 平成17年度寄居町下水道事業特別会計補正予算(第2号)の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号(平成17年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第7、議案第7号 平成17年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第7号 平成17年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定について、本委員会に付託された議案審査の結果を報告いたします。

 開催日時と開催場所は、前と同じでございます。

 直ちに審議に入り、受益者分担金の算出方法と折原地区の分担金額について。用土中央地区の供用開始時期について。用土中央地区の宅内配管工事について。今市地区での未接続数について。農業集落排水事業の費用対効果について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上でございます。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第7号 平成17年度寄居町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号(平成17年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第8、議案第8号 平成17年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第8号 平成17年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)の議定について、本委員会に付託された議案審査の結果を報告いたします。

 なお、開催日時、開催場所については、前と同じでございます。

 直ちに審議に入り、水道料金の未納の状況について。公共工事の実施に当たっては、必要最小限の支出となるよう努めていただきたい。分担金・負担金及び企業債の対前年比増加の理由について。水道料金の納付方法について。内部留保資金の状況について等の質疑・要望があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 水道料金の未納の状況についてと内部留保資金の状況について、2点お願いいたします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 田母神議員の質問にお答えいたします。

 まず、水道料金の未納の状況についてでございますが、現在のところ、1か月平均471件の督促状を発送していると、そういう状況だそうです。

 それから、内部留保資金の状況についてでございますが、平成17年度末の予定で、内部留保資金は2億7,835万円であります。

 以上です。



○松本愛之助議長 田母神議員、よろしいですか。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 1か月471件督促が出されて、これが解消されるのにどのくらいかかっているのか、次の月には解消されているのか、一年ぐらいになってしまうのか、その状況について審議されましたら、お願いいたします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 お答えします。

 細かいところまでは話がいかなかったんですが、水道をとめるまでには至っていないということでございます。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第8号 平成17年度寄居町水道事業会計補正予算(第2号)の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号(平成18年度寄居町一般会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第9、議案第9号 平成18年度寄居町一般会計予算の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月14日及び15日に予算審査特別委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男予算審査特別委員長登壇〕



◆松崎州男予算審査特別委員長 予算審査特別委員会審査報告をいたします。

 開催日時は、平成18年3月14日午前9時30分から午後4時20分、3月15日午前9時30分から午前10時55分までです。

 開催場所については、全員協議会室です。

 委員の構成、総務常任委員4名、文教厚生常任委員3名、産業建設常任委員3名、計10名。

 本委員会に付託された議案審査の結果を報告いたします。

 議案第9号 平成18年度寄居町一般会計予算の議定について。

 本案は、歳入・歳出に分け、歳入は一括、歳出は各款ごとに審査を行った。

 歳入について

 資源循環工場の固定資産税額について。町民税の増加事由について。富田地区農道整備事業分担金の内容について。個人町民税の納税義務者数の算出方法について。

 歳出について

 第1款 議会費

 大里郡町村議会議長会の動向について。埼玉県町村議会議長会の見通しについて。

 第2款 総務費

 前年度と本年度の職員の増減について。総合案内受付業務の考えについて。コミュニティ施設整備事業補助金の減額理由について。人事評価システム導入支援業務委託料の内容について。人事評価システム導入に当たっての町の考え方について。週一回の開庁時間延長に伴う町民サービスの向上について。東秩父村村営バスの利用状況について。東上線複線化期成同盟会及び八高線電化期成同盟会の役割について。各補助金の新生チャレンジプラン2006と予算の状況について。

 第3款 民生費

 敬老祝金の支給対象者数について。寄居町シルバー人材センター補助金の増額事由について。高齢者筋力向上トレーニング事業の今後の取り組みについて。かわせみ荘の指定管理者による運営について。自立支援認定審査会委員の構成と審査内容について。部落解放運動団体活動費補助金の削減の考えについて。寄居町シルバー人材センター補助金の見直しの考えについて。緊急時通報業務委託料の内容について。生活保護の当町の状況について。

 第4款 衛生費

 衛生センターと汚泥再生処理センターとの施設管理・運営の比較について。ごみ処理基本計画策定の変更内容について。肺炎球菌ワクチンの予防接種の対象人員と補助額について。自動対外式除細動機(AED)の活用について。健康診査の受診者の動向について。大里広域市町村圏組合負担金の内容について。

 第5款 農林水産業費

 農業後継者媒酌褒賞金の実績について。中山間地域等直接支払交付金の交付対象地域について。ため池の底地の権利者について。当町の農業経営者状況について。中間平緑地公園の桜の植えかえについて。認定農業者の今後の見通しについて。園芸振興に対する町の考えについて。

 第6款 商工費

 円良田湖の駐車場整備について。商工業振興事業補助金の増額事由について。埼玉県環境整備センターに係る住民協議団体運営費交付金の交付内訳について。

 第7款 土木費

 赤浜南側上町・中町通り道路改良と明神川河川改修工事の用地購入の状況について。常木公園整備の内容について。寄居駅南口沿道区画整理型街路事業の推進状況について。道路台帳補正業務委託の内容について。本宿通学道道路改良工事の状況について。交通安全対策費のカーブミラー・ガードレールの設置について。桜沢駅周辺の整備の見通しについて。

 第8款 消防費

 購入する消防ポンプ自動車の性能と配置先について。埼玉県消防操法大会出場交付金について。公有財産としての防火水槽用地の場所について。

 第9款 教育費

 社会教育指導員の業務内容について。給食費用の収支について。教室用天井扇風機の設置について。町立図書館と学校図書室の連携について。適応指導教室(かわせみ教室)の今後のあり方について。学校サポーターの役割について。中学生社会体験チャレンジ事業の状況について。学校給食配送運転業務委託について。

 第10款 災害復旧費、第11款 公債費、第12款

 諸支出金、第13款 予備費については、一括審議とした。

 財政調整基金と鉢形城跡整備基金の現在高について。深沢川の崩落危険箇所を調査したことについて。公債費の増加理由について。諸支出金の基金費で科目を廃止した理由について。給与費明細書の給与減額理由について。

 続いて、歳入歳出総括して審議が行われ、本予算とチャレンジプランの比較について等の質疑があり、慎重審議採決の結果、賛成者多数をもって本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 議案第9号 2006年度寄居町一般会計予算の議定について、反対します。

 2006年度予算は、今までと違った特徴を持った予算です。合併をしなかった町が、国の三位一体の改革の中で今後どう生き延びていくのかが問われる予算です。

 町は、5年間で14億4,000万円程度の国庫補助金(地方交付金等々)が削減されると新生寄居町チャレンジプラン2006は考えて、計画しました。町長ほか3役の給与の削減、議員報酬の削減に加えて、職員にも3%給与の削減を迫りました。今年度は、国の方針でも諸手当や給与の見直しなどが進められ、若い職員をはじめ、子育て中の職員には大きな打撃となっています。

 そこへもってきて、人事評価制度が導入されます。町は、人材育成のために導入するもので、職員の能力開発の手段として考えていると言っておりますが、既に導入されているところでは、能力ある者には付加価値をつける、能力のない者は昇給停止なども考えられると言われております。このことによって職場内のチームワークはどうなるのか、個人の能力の開花がその職場全体のものになるには、特別な配慮が必要ではないでしょうか。

 チャレンジプランでは、5年間で8名の人員削減が計画されておりますが、既に今年度、昨年度に比べて4名減で出発することが計画されております。地方分権という名のもとに、地方自治体の仕事の量は決して少なくなってはおりません。初年度から4名もの職員削減では、職員の負担は大きくならざるを得ませんし、このことは住民サービスの低下へとはね返らざるを得ません。住民にとっても重大な問題です。

 住民といえば、新生寄居町チャレンジプラン2006について、2月の広報でお知らせしただけで、町では説明会を開いておりません。あの合併ができなくなって、その結果の説明会を町内7か所で行った際にも、各会場から、町は決まってから知らせるのではなく、決める前に町民に説明会を開催してほしいとの意見・要望が各会場から出されました。町長はじめ、そこに参加していた執行部の方々もご存じのわけですが、私の12月の一般質問にも、広報でお知らせする、結局開催してもほんの少ない人しか集まらない、何%の人が参加するだけでしょうと、集まってこないことを前提にして考えているようです。

 所信表明、(五)計画の推進の項で、地方分権の推進につきましては、国から地方へ、官から民へ、さらには三位一体の改革により、地方自治体はみずからの責任において社会経済情勢の変化に柔軟に対応できるよう、体質強化が求められております。このため、これまで以上に町民参画を、協働による意見等の取り入れを行い、ともに考えた上での地域一体となった施策が求められておりますので、時代に即応した取り組みを推進してまいる所存でありますとありますが、公募で住民の参加を呼びかけただけでは、このことは絵にかいたもちになりかねません。また、町民にとっても、企画の段階からの参加で、自分の思いや願い、考えが反映されたものになっていなければなりません。

 町独自の補助事業の見直しをまた行いましたが、部落解放運動団体への活動を支援する補助金は今年度手をつけませんでした。635万円という突出した補助金です。今回、123ある補助事業への見直しを行い、廃止、削減が多い中で、今回は手をつけないということはどういうことなのでしょうか。税の公平・公正の立場に逆行するものではないでしょうか。同和対策特別法の執行に伴い、必要なことは一般会計の中で行い、財政面からも差別・選別をなくす取り組みを行うことが、差別のない社会の実現になるのではないでしょうか。形を変えて、何らかの形で補助することを考えているようですが、それではすっきりと解決されないのではないでしょうか。

 さて、合併をしないで単独でまちづくりを進めることに、町民の皆さんは、町長の言う安心と豊かさを実感しているでしょうか。固定資産税、国保税、町民税、そして定率減税の見直しによる負担増、高齢者は介護保険税、障害者には応益負担の10%、非常に厳しい状況です。

 PFI方式で始まった三ケ山の資源循環工場も、当初予算で固定資産税を1,300万円ほど見込んだようですが、いよいよ6月には、すべて9社が操業開始となります。地元の協議の中で、公害防止協定や細目協定なども成立しておりますが、世界に誇る企業で、新しい機械です。熱処理では、何か新しい物質が出てこないという保証はありません。住民要望でも出されているように、一年じゅう排出先からの公害が測定できる装置を設置させ、いつ、だれが見ても安心・安全が見えることができるように企業にさせることが必要ではないでしょうか。町も住民の命の安全・安心を考えたらほうっておくことはできないと思います。

 安心・安全といえば、今回、国民保護法に基づく保護計画の策定、そして、町の計画の策定が所信表明で明らかになりましたが、この法律は、アメリカの引き起こす戦争に賛成していくという非常に危険なもので、戦争に協力するために国民を総動員させるものです。国の方針どおりに計画を進めることは、かえって住民を戦争に巻き込んでいくという大きな不安を与えるものでしかありません。

 平和都市宣言の町として、戦後六十数年間戦争で人を殺すことも戦争で殺されることもなかった、この平和のとうとさを町民とともに確認し合い、憲法9条のすばらしさ、憲法9条を守るために力を尽くすことこそが、今必要なのではないでしょうか。戦争が起きたときどうするのではなく、起きないようにどうするかではないでしょうか。

 今年度の最重点施策を見ますと、(一)子育て支援事業、(二)豊かに学べる教育環境の推進、(三)新生チャレンジプラン2006の推進、(四)町営住宅集約建替事業、(五)生活環境整備推進事業が挙げられ、(一)の子育て支援事業では、桜沢・寄居保育所の統合による保育所が、町の子育て支援センターの役割を果すなど一定の評価はできますが、現在ある保育所の職員体制を見ると、臨時職員(パート職員)が増加し、正規の職員の負担は増大しております。子どもたちをめぐる状況は、家庭が家庭として成り立たないなど大変悪化しております。心も体も年齢に即した発達をしていない子どもたちが増加している現実があります。幼児教育という大切な仕事には、身分保障のある正規職員が責任を持って取り組むことが必要ではないでしょうか。

 (二)豊かに学べる教育環境では、引き続きかわせみ教室の存続、体育館の耐震補強工事、各小・中学校への教室用天井扇風機の設置など評価できますが、低学年から競争を押しつけられ、できる子、できない子を色分けする少人数指導ではなく、少人数学級の実現で、どの子にも行き届いた教育、担任の心配り、気配りが十分できる1クラスの人数は30人以下が望ましいのではないでしょうか。少子化の中で、現実に30人以下の学級、クラスもあります。町は努力する必要があると思います。

 (三)新生チャレンジプラン2006の推進は、住民の皆さんの力をいかに発揮してもらい、協働のまちづくりを進めるかに成否がかかっていると思います。今回、各種の委員会、審議会等、住民を一般公募で参加を呼びかけておりますが、今までの延長線で考えていたら成功しないと思います。大体の方向を出しておいて賛否を問うというのでは、計画の段階から参加して英知を出し合うパブリックコメント制度の活用を、住民にも定着させることが必要ではないでしょうか。

 (四)町営住宅集約建替事業では、中道西団地第2期南棟と中道中団地建替工事については、長引く不況と景気の低迷により、ますます格差は広がり、生活保護世帯の増加、ひとり暮らしの高齢者、高齢者夫婦の増加などの社会状況の中で、町営住宅の果たす役割は大きいものがあります。今後も計画的に古くなった町営住宅の建てかえ計画を進めることは、子育て中の若い世代への支援にもなり、少子化対策の役割を担うことができるのではないでしょうか。

 (五)生活環境整備推進事業では、男衾、桜沢周辺地区都市計画事業の推進と寄居駅南の整備事業は、寄居町の顔としての役割を果たしているだけに、一日も早く大型バスが乗り入れられるような整備を進め、高齢者が安心して歩けるバリアフリーの促進で、歩道の整備は一刻の猶予もありません。

 駅前から鉢形城公園まで散策ができるよう、車いすでも安心して公園にまで行けるような町並みの整備が必要ではないでしょうか。全国100名城に選ばれた鉢形城跡を、来町してくれた方々にいやしと景観のすばらしさを満喫してもらうためには、どうしても旧林業試験場は、今、管理者が常駐していない中で、今までと同じ管理が行き届くとは考えられません。古くなった建物を壊し、更地にしてもらい、無償で町は県から払い下げる。町が管理することが必要ではないでしょうか。

 あの場所には、本曲輪や二の丸跡の鉢形城に直接にかかわる由緒ある場所です。地元の人々もいろんな思いでこの地を見ております。鉢形城公園と歴史館に至る広大な地域をいつまでも美しく整備しておくには、経費も大変必要になりますが、鉢形財産区から譲り受けたとき、鉢形城公園のために使ってほしいということが鉢形財産区区民の願いでもあります。

 しかし、鉢形城公園に対する思いは、荒川の南の鉢形、折原、公園に隣接している地域の人々と荒川の北の市街地の人々では、温度差があるというように思います。一度、町民で話し合う機会をつくり、寄居の町の来客に対するいやしの場、目玉となる場所をどこにするのかなどを考え、意見を出し合うことが必要ではないでしょうか。

 町民の心を一つにした取り組みでないと、町は発展しないと思います。今まで、町の方針に対して町民が一つになって、その方向に取り組んでいる姿もなければ、実感を持つことがありません。町は何を考えているんだろうという思いが町民の中には広がっております。安心と豊かさを実感するためには、時間はかかるかもしれませんが、相当腹を据えて意見を出し合い、共通する方向を見出していく、その努力が必要です。

 以上の理由により、反対討論といたします。



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 保泉議員。



◆14番(保泉康人議員) 14番、保泉康人、賛成討論を行います。

 はじめに、全国町村会による行財政運営優良表彰を47年ぶりに受賞されましたことに、敬意を表したいと思います。

 また、鉢形城が名城100選に選定され、さらに、3月11日に町民の念願であったホンダの進出というビッグニュースがあり、これまでも町長を先頭に熱心に取り組んでいただいた結果であり、これを高く評価いたします。このホンダの進出は、町民に明るく大きな希望を与えるニュースでもありました。

 それでは、改めて平成18年度一般会計予算に賛成し、賛成討論を行います。

 まず、前段といたしまして、寄居町政の流れについて若干述べさせていただきます。

 津久井町長は、合併は避けて通れないと公言され、花園との合併を決断され、柳町長との会談で確証が得られたと全協で発言があり、議会も全会一致をもって花園町との合併を目指してまいりました。しかしながら、花園町の住民投票の結果、寄居町は単独行政を余儀なくされたところであります。

 以来、町は、7つの行政区ごとに説明会を開催し、町民から厳しい意見と不安の訴えもありました。その後、町は、新生チャレンジプラン2006の作成に着手して、公募による寄居町新生町民会議を4月から5月に開催し、町民の意見・要望を受けております。

 議会は、昨年3月、行財政改革検討委員会を議員全員で立ち上げました。渡邊務委員長のもと、議会のあり方、財政のあり方、行政のあり方をテーマとして、延べ11回にわたり真剣に議論を重ね、これを議論の内容を付して議会の提言として執行に届けました。

 これを踏まえて、職員による素案の作成を、町長を本部長とする行政改革推進本部で検討・協議を重ねた結果の案を、寄居町行政改革推進委員会に諮問され、推進委員会も精力的にさまざまな角度から改革に対する審議を重ね、諮問に対し、11月に、推進委員会はおおむね適切であるとの答申と附帯をつけたものを提出されました。

 これらの経緯のもと、昨年12月議会にこの2006案が提案され、議決を得たところであります。

 この新生チャレンジプラン2006が平成18年度予算にどのように反映されているか、予算審査の最重要ポイントと考えます。提案された一般会計平成18年度予算歳入歳出合計が91億8,594万2,000円であります。率にして前年度比1.2%増であります。新生チャレンジプランの見通しでは、平成18年度で87億8,600万でしたので、約4億円増の確保ができたわけであります。

 その内訳ですが、町税では、財政見通し38億9,000万から38億2,300万、1,400万が計上されております。これは、国保税の減収を勘案すると、懸案でありました彩の国資源循環工場の影響が大だというふうに思われます。

 この歳入をさらに分析すると、2006の財政見通しに対し、地方譲与税の増額があり、地方交付金の見通し額14億600万から2億5,600万を減らし、平成19年度に向けた措置と読み取れます。繰り入れについては、国保会計の現状の制度からを勘案すると、やむを得ないと思います。

 歳入全体では、新生チャレンジプラン2006の財政見通しに比べて申し上げてまいりましたが、後年度への影響を交付金に依存しない配慮もうかがえ、その中で1.2%増の歳入を確保された執行企財の努力を私は評価いたします。

 次に、歳出についてに移ります。

 まず、人件費ですが、2006の見通し、21億500万から20億6,500万円、4000万円の減額であります。率にして1.6%減です。人件費については、議会の検討委員会、行政改革推進委員会でも最大のテーマでありました。プラン作成に当たっては、これを実施するに当たり、町民にも痛みを与えることであります。この義務的経費である人件費の抑制を図らなければ、経常収支の上昇を招き、財政の硬直化につながり、ひいては町民要望にこたえる投資的経費が計上できなくなります。

 前年度の人件費、経常収支の占める割合が30.5%から今年度は28.9%、1.6ポイント減にこぎつけられたことは、これまた執行の努力と職員にもご理解と協力をいただいたことに、私は感謝の気持ちもあります。

 次に、物件費に移ります。

 見通し額9億9,100万から今年度は19億3,200万、大幅に増加しておるのは、消防費の委託費5億3,647万7,000円がその他の支出から移動されて計上されており、また、汚泥再生処理センターの新設に伴う、また、解体処理も加わっているので、この数値が上がっても委託料として入ってくるので、高い数値でも問題はないと思われます。

 扶助費に移ります。

 2006の見通し案8億800万から9億3,100万の5,000万の増であります。寄居町は、県平均よりも保護者家庭、あるいは準保護家庭の数値が高い。しかしながら、福祉水準を下げない町の姿勢を評価いたします。

 次に、公債費ですが、見通しは9億8,000万に対し、予算は9億8,300万で、これまた微増であります。経常収支に与える影響も13.9%となりますが、今年度、汚泥再生処理センターの建設に伴うものでやむを得ないと思います。しかしながら、さきに表彰を受けた03年次は11.7%であり、12%が望ましいという数値であることを指摘しておきたいと思います。

 次に、繰出金は、県の2億5,900万、そして、その他支出も2億6,400万減少しております。これは、消防費、あるいは衛生処理センターの関係で問題はありません。

 最後に、経常収支に移ります。

 今年度は85.6%であり、2006の作成に基づく説明会で、県平均より低いとのことですが、経常収支は75%前後が望まれるとしております。この経常収支は、先ほどの公債費に続いて表彰時は76.1%でありましたので、今後5年間にわたる新生チャレンジプラン2006の推進中に改善を要望しておきたいと思います。

 最後になります。一般会計全般でありますが、今年度の重点事業として、先ほども出ました子育て支援事業があります。少子化が進む中での保育の充実、ゼロ歳児の受け入れを図っております。教育費については、小学校の耐震補強、男衾中の窓枠改修ほか扇風機の設置、新生チャレンジプランを積極的に推進、また、町営住宅につきましては、住宅に本当に困窮する人は寄居町にはたくさんおります。そして、5番目の生活環境整備としての事業、この5つの重点事業に詳細な計画に基づく予算配分がしておられますので、私は平成18年度一般会計に賛成いたします。

 結びに、新生チャレンジプラン2006を推進して、ホンダの進出による税収確保が見込まれますので、寄居町は不交付団体となって、寄ってくる町、合併してくださいという寄居町になるよう、執行のさらなる努力を要望し、私の賛成討論といたします。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 起立多数であります。

 よって、議案第9号 平成18年度寄居町一般会計予算の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

 ここで休憩したいと思います。

 再開は午前10時30分といたします。

 休憩いたします。



△休憩 午前10時11分



△再開 午前10時30分



○松本愛之助議長 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号(平成18年度寄居町国民健康保険特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第10、議案第10号 平成18年度寄居町国民健康保険特別会計予算の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月14日及び15日に予算審査特別委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男予算審査特別委員長登壇〕



◆松崎州男予算審査特別委員長 議案第10号 平成18年度寄居町国民健康保険特別会計予算の議定について、予算審査特別委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所、委員の構成については、9号議案と同じです。

 本案は、歳入・歳出一括審議としました。

 国保税の減額事由について。国庫負担金の減額事由について。国保税率改正に関する考えについて。資格証明書の発行状況について等の質疑があり、慎重審議採決の結果、賛成者多数をもって本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 議案第10号 2006年度寄居町国民健康保険特別会計予算の議定について、反対します。

 国民健康保険制度は、国民だれもが安心して医療機関にかかれるようにと、戦後の混乱期を乗り越えてできた制度です。

 ところが、政府は、国政の失政による財源不足の責任をとらず、そのツケを国民に押しつける形で国の負担割合を削減しました。

 このことで、全国各地でいろいろな問題が起き、国会では出発点の国の負担の割合に戻すことが決まりました。しかし、決まったとおりに実行せずに、何年も地方自治体に大きな負担、国民へのしわ寄せが生まれています。

 補助金を削減する一方で、税の公平・公正を図るためには、保険証の発行ではなく、窓口で100%の支払いをしなければならない資格証明書を発行するよう指導しております。各自治体も財源不足のために、ほとんどの自治体が一般会計からの繰り入れを余儀なくされております。また、住民への負担増、保険料の値上げで乗り切っている状況です。

 当町においても、昨年度から資格証明書が二十数件発行されました。保険料を払わない悪質な者に発行したと言っておりますが、必要なときに医者にかかれないことがないよう、一枚のはがきや督促状といった機械的なことではなく、対面してよく話を聞き、説明を行うなどの配慮は特別に必要ではないでしょうか。事情があるから払えないのではないでしょうか。社会保障としての国民健康保険として位置づける必要があります。

 町は、強力に補助金をもとに戻すよう要求すること、安心して医療にかかれる制度の見直しを行うよう要求すること、そして、その間は自治体の責任で町民の安心・安全のために、保険証はすべての人に、特別な悪質な人を除いて、渡すことが必要だと考え、反対いたします。

 以上です。



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 小林議員。



◆1番(小林金治議員) 1番、小林です。

 議案第10号 平成18年度寄居町国民健康保険特別会計予算について、賛成いたします。

 国民健康保険は、国民皆保険の中核として、住民の健康保持・推進と地域医療の確保に必要な役割を果たしており、本年2月1日現在の国保加入世帯は7,272世帯で、加入割合は53.9%と大きな比率を占めております。国民健康保険は、中・高齢者を多く抱えるとともに、医療技術の高度化等により、医療費は年々増加を続ける一方、無職者等低所得者の増加により国民健康保険財政の厳しさがうかがえます。

 このような状況の中、本年10月1日より、被保険者証を個人別にカード化し、国民の利便が図られるようにするとともに、本年度も一般会計から財政支援措置としての繰り入れや医療費の提言を図るための施策として、人間ドック・脳ドックなどの保健事業の展開や医療費の適正化対策としてレセプト点検の実施など、被保険者の健康を維持するための諸施策が効果的に予算措置されていることについて評価できるものです。

 また、引き続き税負担の公平を確保するため、保険税の収納率向上対策の強化やいわゆる悪質滞納者・世帯に対しての資格証明書の発行及び適用、適正化の推進などにより、健全な国民健康保険の運営が図られるよう執行のさらなる努力を要望して、本予算の賛成討論といたします。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 起立多数であります。

 よって、議案第10号 平成18年度寄居町国民健康保険特別会計予算の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号(平成18年度寄居町老人保健特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第11、議案第11号 平成18年度寄居町老人保健特別会計予算の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月14日及び15日に予算審査特別委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男予算審査特別委員長登壇〕



◆松崎州男予算審査特別委員長 議案第11号 平成18年度寄居町老人保健特別会計予算の議定について、予算審査特別委員会報告をいたします。

 開催日時、開催場所、委員の構成については、9号議案と同じです。

 本案も歳入・歳出一括審議といたしました。

 人間ドック、脳ドックの受診状況について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第11号 平成18年度寄居町老人保健特別会計予算の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号(平成18年度寄居町下水道事業特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第12、議案第12号 平成18年度寄居町下水道事業特別会計予算の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月14日及び15日に予算審査特別委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男予算審査特別委員長登壇〕



◆松崎州男予算審査特別委員長 議案第12号 平成18年度寄居町下水道事業特別会計予算の議定について、予算審査特別委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所、委員の構成については、9号議案と同じです。

 本案も歳入・歳出一括審議といたしました。

 コンビニエンスストア等での収納について。今年度の事業計画について。使用料滞納繰り越しの状況について。工事後の道路舗装について。荒川上流流域下水道維持管理組合負担金の内容について。水洗化率の向上と使用料の収納努力について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第12号 平成18年度寄居町下水道事業特別会計予算の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号(平成18年度寄居町農業集落排水事業特別会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第13、議案第13号 平成18年度寄居町農業集落排水事業特別会計予算の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月14日及び15日に予算審査特別委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男予算審査特別委員長登壇〕



◆松崎州男予算審査特別委員長 議案第13号 平成18年度寄居町農業集落排水事業特別会計予算の議定について、予算審査特別委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所、委員の構成については、議案第9号と同じであります。

 本案も歳入・歳出一括審議といたしました。

 折原地区施設整備事業の状況について。道水路重点整備の考え方について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第13号 平成18年度寄居町農業集落排水事業特別会計予算の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号(平成18年度寄居町水道事業会計予算の議定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第14、議案第14号 平成18年度寄居町水道事業会計予算の議定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月14日及び15日に予算審査特別委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

   〔松崎州男予算審査特別委員長登壇〕



◆松崎州男予算審査特別委員長 議案第14号 平成18年度寄居町水道事業会計予算の議定について、予算審査特別委員会報告をいたします。

 開催日時、開催場所、委員の構成は、9号議案と同じです。

 本案も歳入・歳出一括審議といたしました。

 本田技研工業進出に伴う、男衾配水場の対応について。玉淀ダムの県企業局から指定管理者への移行について。老朽配水管の整備計画について。水道事業広域化の現状について。水道料金未納者に対する給水停止状況について。男衾地区の新たな消火栓への対応について等の質疑があり、慎重審議採決の結果、賛成者多数をもって本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 議案第14号 2006年度寄居町水道事業会計予算の議定について、反対します。

 今年度の水道事業は、資源循環工場の建設に伴う荒川南部地域への新たな水需要に対する県水受水施設男衾配水場が完成し、給水エリア変更のための配水管の整備や老朽配水管の更新を計画的に進めて、安定した給水に努めているところですが、水は本来、人が生きていくためには不可欠のものです。この不可欠の水は、無償に近い価格で住民に提供されるべきではないでしょうか。全県を見ても、水くらい価格に差のあるものはありません。その自治体が独自に決めることができるからです。

 また、水道事業は公益企業で、公共の福祉のために寄与することがうたわれております。少子・高齢化社会において、企業のように水が利益を生むことのない生活水は、昨年は県水の値下げもありました。また、留保金も出ております。今年度は高齢者世帯、若い子育て世帯など、きめの細かい料金改定の見直しが必要ではないかと考え、反対いたします。

 以上です。



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 吉田議員。



◆6番(吉田賢一議員) 6番、吉田です。

 議案第14号 平成18年度寄居町水道事業会計予算の議定について、賛成いたします。

 水道事業は、良質で安全な水を安定的に供給していく必要があります。男衾配水場の完成により、男衾地域の安定給水が図られるとともに、彩の国資源循環工場等新規の水事業にも対応できるようになりました。

 平成18年度予算では、配水管も整備し、給水能力を向上させるための配水管布設事業及び漏水事故防止対策を踏まえた老朽配水管の更新事業を計画的に進め、安定給水に努めることとしております。

 また、利用者の利便性を図るため、寄居町新生チャレンジプラン2006の実施項目でもある上下水道料金の一括徴収及びコンビニエンスストアでの料金の収納に向けてコンピューターのプログラム修正を行うこととしており、効率的な事業運営に努力していることがうかがえます。

 執行におかれては、引き続き効率的な事業運営を基本とされ、さらに安全で良質な水道水の安定供給に努力されることを要望し、賛成討論といたします。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 起立多数であります。

 よって、議案第14号 平成18年度寄居町水道事業会計予算の議定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第24号(寄居町職員の給与に関する条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第15、議案第24号 寄居町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第24号 寄居町職員の給与に関する条例の一部改正について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、議案第3号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、改正に伴う影響について。昇給制度の改正理由について。当町と県平均のラスパイレス指数について。調整手当と地域手当の違いについて。住居手当の対象者数について。職員は、地方公務員法で一定の制限がされており、業務も多忙化してきている。住民サービスの低下につながらないよう職場環境の改善等に努めてほしい等の質疑・要望があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 小林議員。



◆1番(小林金治議員) 1番、小林です。

 寄居町職員の給与に関する条例の一部改正についての当町と県平均のラスパイレス指数についてお聞きします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆松崎州男総務常任委員長 小林議員の質問にお答えします。

 当町と県平均のラスパイレス指数についてでございますが、当町のラスパイレス指数は、平成17年度は96.7、16年度は96.4、15年度は98.5、14年度は99.3という状況であります。

 17年度の県平均は95.4となっております。

 以上です。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第24号 寄居町職員の給与に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号(寄居町職員の給与の特例に関する条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第16、議案第25号 寄居町職員の給与の特例に関する条例の制定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第25号 寄居町職員の給与の特例に関する条例の制定について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、第3号議案と同じであります。

 直ちに審議に入り、影響額について。特例期間の短縮の考えについて等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 議案第25号 寄居町職員の給与の特例に関する条例の制定について、賛成します。

 政府は、国家公務員の削減と給与の見直しの方針を出しております。議案第24号と議案第26号がその関連条例です。それに加えて、町独自に給与の3%の削減方針は職員にとっては大きな打撃です。新生寄居町チャレンジプラン2006の策定に当たり、向こう5年間で、人件費関係が6億円近い、全体額から見ても大変な額です。職員の負担はもとより、住民サービスの低下にならないか心配されます。

 この方向を出すまで、組合と執行の2か月間にわたる話し合いがあったと聞いております。職員の皆さんの納得した結論だということですから、あえて反対はしませんが、この職員の方々の思いを受けとめ、働きやすい職場環境づくりと住民サービスの低下を来さないことを希望し、賛成討論といたします。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第25号 寄居町職員の給与の特例に関する条例の制定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号(寄居町職員の特殊勤務手当に関する条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第17、議案第26号 寄居町職員の特殊勤務手当に関する条例の制定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第26号 寄居町職員の特殊勤務手当に関する条例の制定について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、議案第3号と同じです。

 直ちに審議に入り、技術管理者と水道技術管理者の業務内容と人数について。行旅死亡人取り扱い件数について。獣畜犬猫等死体取り扱いについて等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第26号 寄居町職員の特殊勤務手当に関する条例の制定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号(寄居町行政財産の使用料に関する条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第18、議案第29号 寄居町行政財産の使用料に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第29号 寄居町行政財産の使用料に関する条例の一部改正について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、議案第3号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、改正に伴う影響額について。建物の該当事例について。従前の電柱等の使用料について。災害対応型自動販売機の設置状況について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第29号 寄居町行政財産の使用料に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号(寄居町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第19、議案第33号 寄居町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に文教厚生常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、坂本建治委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔坂本建治文教厚生常任委員長登壇〕



◆坂本建治文教厚生常任委員長 議案第33号 寄居町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部改正について、本委員会の審査の結果を報告いたします。

 委員長、坂本建治。

 なお、開催日時及び場所につきましては、議案第4号と同様でございます。

 直ちに審議に入り、改正に伴う影響について。支給対象者数について。町内の対象障害者施設について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上であります。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 改正に伴う影響についてお伺いいたします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆坂本建治文教厚生常任委員長 田母神議員のご質問にお答えいたします。

 改正に伴う影響についてですが、従来は、住所を移すと、移った市町村で医療費を支出ということだったが、改正により、生まれ育った市町村で、住所を移しても援護をしましょうということになりました。

 よって、今までは施設が多い市町村は大変でしたが、その辺が緩和されるということでございます。



○松本愛之助議長 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 自立支援法との関係はないのか、その点伺います。



○松本愛之助議長 委員長。



◆坂本建治文教厚生常任委員長 その点については、審議がなされませんでした。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第33号 寄居町重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第42号(寄居町法定外公共物管理条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第20、議案第42号 寄居町法定外公共物管理条例の制定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第42号 寄居町法定外公共物管理条例の制定について、産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 開催日時、開催場所については、議案第6号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、占用許可の期間について。占用物の権利の譲渡について。地位の承継について。占用料の見直しについて。法定外公共物の状況確認について。法定外公共物の管理の現状について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 小林議員。



◆1番(小林金治議員) 1番、小林です。

 寄居町法定外公共物管理条例の制定についての占用物の権利の譲渡についてと法定外公共物の状況確認について、どういう話し合いがあったかお伺いします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 小林議員の質問にお答えいたします。

 占用物の権利の譲渡についてでございますが、状況によっては占用物の払い下げも考えられる。個々の状況によって検討し、対応していきたいということでございます。

 それから、もう一つ、法定外公共物の状況確認についてでございますが、状況確認については、特別行っていないと、道路改良工事、開発行為、道路境界立ち会い時等に確認したとき、その時々に対応しているということでございます。



○松本愛之助議長 よろしいですか。

 小林議員。



◆1番(小林金治議員) 1番、小林です。

 占用物の権利の譲渡についてのお答えで、払い下げも考えられるというのですけれども、これは、方法としてという方法論はちょっと話し合いはしましたか、お聞きします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 お答えいたします。

 それについては話し合いはいたしませんでした。



○松本愛之助議長 よろしいですか。ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第42号 寄居町法定外公共物管理条例の制定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第43号(寄居町道路占用料徴収条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第21、議案第43号 寄居町道路占用料徴収条例の一部改正についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第43号 寄居町道路占用料徴収条例の一部改正について、産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 開催日時、開催場所については、議案第6号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、道路占用件数と占用料の最高額について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第43号 寄居町道路占用料徴収条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第44号(寄居町営住宅管理条例の一部改正について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第22、議案第44号 寄居町営住宅管理条例の一部改正についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第44号 寄居町営住宅管理条例の一部改正について、産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 開催日時、開催場所については、議案第6号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、町営住宅の申し込み状況について。入居者の状況の変化について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上でございます。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 町営住宅の申し込み状況についての審議内容をお願いします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 田母神議員のご質問にお答えいたします。

 現在、町営住宅の入居待機者は24名いる。現在、川北の木造の町営住宅を集約する目的で建てかえ工事を行っていますが、第1期、第2期工事では、戻り入居者の関係から、入居者を公募することにはならないと。建てかえ工事に伴う入居者の公募は、戻り入居者の状況にもよりますが、今のところ不透明であって、第3期以降になると思うと。

 以上でございます。



○松本愛之助議長 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 町営住宅の必要性が、この人数でもわかるわけなんですけれども、町営住宅に一たん入りますと、その人の所得で入居が継続していくんだと思うんですけれども、一般的に見て、町営住宅に入るとほとんどの方が出ないといいますか、入居し続けるということでいるわけなんですけれども、出たときには、家を建てるので出たりとか、いろいろそういう状況があるわけですが、入居状況の中で、所得の申請を毎年しているんだと思うんですけれども、一番せっぱ詰まった人に入居してもらうということでは、その辺のところが公正なのかというような疑問が町民からも話が出されるわけなんですけれども、そういう入居状況についての話、審議はなされませんでしたでしょうか、伺います。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 お答えします。

 一つ一つの状況についての話はしませんでした。



○松本愛之助議長 よろしいですか。ほかに。

 稲山議員。



◆5番(稲山良文議員) 5番、稲山良文ですが、入居者の状況の変化についてということで、どのようなご審議がなされたか、内容についてお伺いいたします。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 稲山議員のご質問にお答えいたします。

 現在、217戸を管理している中で、61戸が単身世帯になっていて、これがふえている傾向にあるということでございます。

 以上です。



○松本愛之助議長 よろしいですか。ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第44号 寄居町営住宅管理条例の一部改正については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第48号(寄居町国民保護協議会条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第23、議案第48号 寄居町国民保護協議会条例の制定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第48号 寄居町国民保護協議会条例の制定について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、議案第3号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、他市町村の状況について。今の世相を考えると制定しておく必要がある。日本の過去を見ても事態が発生することは少ないし、町民不安をあおるもとにもなるのでないかと思うので反対である等の質疑・意見があり、慎重審議、採決の結果、賛成者多数をもって本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 議案第48号 寄居町国民保護協議会条例の制定について、反対します。

 昨年は、都道府県の段階で条例の制定が進められ、今年度市町村での制定を実施するというものです。この条例のもとである国民保護法は、米軍支援法や自衛隊法改正、アメリカの有事の周辺事態法とすべてリンクしており、まさにアメリカの戦争に国民を引き込んでいくものであることは明らかです。

 また、政府が全国で160の指定公共機関を既に指定しており、埼玉県では、民間機関も含め43の指定公共機関が、有事の際には労働者も含めて動員されます。そして、病院や学校、公民館など地方自治体の施設を米軍や自衛隊に提供したり、医療関係者や輸送関係者なども動員されます。

 自衛隊法は、103条では、有事の場合、土地や施設の収用や保管命令などの土地強制収用なども明記され、罰則規定もあります。

 武力攻撃予測事態では、武力攻撃がなくとも政府が予測されると判断したら、国民保護法が実施に移されるというもので、対策本部長は町長がなり、自衛隊関係者の参加要請も行うことができます。最近、各地区の自然災害などに対するための自主防災組織も支援しなさいという対象となっております。

 政府は昨年、全国を9ブロックに分けて都道府県への説明会を行いましたが、仮に武力攻撃が発生した場合、侵害排除のため米軍や自衛隊の軍事行動が優先するのか、それとも国民の避難や救援が優先されるのかの質問が出されましたが、明快な回答ができなかったそうです。どう考えても、この法律が国民を守るためのものであるとは考えられません。

 有事を考えるより、戦後六十数年間、戦争によって人を殺すことも殺されることもなかった事実、憲法9条によって守られた事実を重視し、今こそ9条を守るため、国も地方も力を尽くすべきではないでしょうか。

 以上の理由により反対し、反対討論といたします。



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 大久保議員。



◆11番(大久保博幸議員) 11番、大久保です。

 寄居町国民保護協議会条例の制定について、賛成いたします。

 今回、国民保護関係の条例が提案されましたが、町内で平穏な暮らしを過ごしていますと、武力攻撃事態や緊急対処事態など自分の問題としてなかなか考えられないのが実態かと思います。

 しかし、最近の情勢を見回しても、国内では、平成10年には、北朝鮮から弾道ミサイルが我が国に向けて発射されました。また、平成13年に、同じく北朝鮮からの不審船が侵入、海上保安庁の巡視船と銃撃戦になったことは記憶に新しいところであります。また、地下鉄の車内でサリンがまかれたこともありました。

 さらに、国外に目を向けますと、アメリカでは、航空機によるニューヨークの9.11テロ事件やヨーロッパ各地やインドネシアで起こった爆弾テロなどがあり、大きな社会不安を引き起こしています。

 このように、改めて国内・外の情勢に目を向けますと、現実の脅威が実感できます。

 このようなことから、我が国においても、有事法制の整備が進み、平成15年6月、武力攻撃事態対処法が成立し、さらに平成16年6月には、国民保護法が制定され、市町村に対し、国民保護計画の策定が義務づけられました。

 これらのことから、住民の生命・財産保護に重要な役割を担う義務を持つ町が、緊急事態に備えて体制を整えておくことは当然のことであると思います。

 テロや武力攻撃が起こる背景には、さまざまな外交問題があることは想像にかたくないわけでございますが、現実の問題として、世界各地でのテロなどを見ますと、有事の際に最善の努力を傾けて、住民に対し避難、救援、被害の最小化に努めるための準備は備えておかなければなりません。

 決していたずらに不安をあおることではありませんが、以上のようなことから、有事に備えて体制を整えておくことは必要であり、この条例だけでなく、今議会に提案された国民保護関係の条例の制定に賛成いたします。

 また、私も対策本部が設置されるような事態が起きないことを心から願う一人であることをつけ加えさせていただき、賛成討論といたします。

 以上です。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 起立多数であります。

 よって、議案第48号 寄居町国民保護協議会条例の制定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第49号(寄居町国民保護対策本部及び寄居町緊急対処事態対策本部条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第24、議案第49号 寄居町国民保護対策本部及び寄居町緊急対処事態対策本部条例の制定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第49号 寄居町国民保護対策本部及び寄居町緊急対処事態対策本部条例の制定について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、議案第3号と同じでございます。

 直ちに審議に入り、国民保護対策本部と国民保護協議会の委員構成について。国民保護対策本部を設置する場合について。町の国民保護計画の策定について等の質疑があり、慎重審議、採決の結果、賛成者多数をもって本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 議案第49号 寄居町国民保護対策本部及び寄居町緊急対処事態対策本部条例の制定について、反対します。

 この条例は、国民保護法の関連条例です。

 反対理由は、議案第48号と同じです。

 終わります。



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

 大久保議員。



◆11番(大久保博幸議員) 11番、大久保です。

 議案第49号に賛成いたします。

 先ほどの国民保護協議会条例の制定について賛成討論を申し上げましたが、賛成の理由も同様でございます。

 以上です。



○松本愛之助議長 ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 起立多数であります。

 よって、議案第49号 寄居町国民保護対策本部及び寄居町緊急対処事態対策本部条例の制定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第50号(寄居町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第25、議案第50号 寄居町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月9日に総務常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、松崎州男委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 議案第50号 寄居町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定について、総務常任委員会審査報告をいたします。

 開催日時、開催場所については、3号議案と同じです。

 直ちに審議に入り、町に派遣された職員について。現在の国際情勢を見た場合に、日本もいつ巻き込まれるかわからない。準備も必要である。憲法第9条があり、このような条例は必要ないと思う等の質疑・意見があり、慎重審議、採決の結果、賛成者多数をもって本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

 田母神議員。



◆13番(田母神節子議員) 13番、田母神です。

 議案第50号 寄居町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定について、反対します。

 この条例は、国民保護法との関連条例です。

 反対理由は、議案第48号と同じです。

 終わります。



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 起立多数であります。

 よって、議案第50号 寄居町災害派遣手当等の支給に関する条例の制定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

 ここで昼食休憩にしたいと思います。

 再開は午後1時20分といたします。休憩いたします。



△休憩 午前11時47分



△再開 午後1時20分



○松本愛之助議長 再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第51号(公の施設の指定管理者の指定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第26、議案第51号 公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に文教厚生常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、坂本建治委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔坂本建治文教厚生常任委員長登壇〕



◆坂本建治文教厚生常任委員長 議案第51号 公の施設の指定管理者の指定について、本委員会の審査の結果を報告いたします。

 なお、開催日時及び場所につきましては、議案第4号と同様でございます。

 直ちに審議に入り、他市町村の状況について。移行後の状況予測について。指定期間について。かわせみ荘の今後の修繕や建てかえの考えについて。かわせみ荘の運営について。施設内の備品整備について。浴場での事故予防策について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決された。

 以上であります。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第51号 公の施設の指定管理者の指定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第52号(公の施設の指定管理者の指定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第27、議案第52号 公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第52号 公の施設の指定管理者の指定について、産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 開催日時、開催場所については、議案第6号と同じであります。

 開会後、直ちに審議に入り、日本の里の増築部分の帰属について。日本の里の管理状況について。日本の里管理委員会の代表者について。日本の里管理委員会の法人登記について。日本の里を管理させる対象範囲について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第52号 公の施設の指定管理者の指定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第53号(公の施設の指定管理者の指定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第28、議案第53号 公の施設の指定管理者の指定についてを議題といたします。

 なお、審議に先立ちまして、本案は3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第53号 公の施設の指定管理者の指定について。

 開催日時、開催場所については、議案第6号と同じであります。

 直ちに審議に入り、かわせみ広場を管理させる対象範囲について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では原案どおり可決すべきものと議決されました。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第53号 公の施設の指定管理者の指定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第54号(町道路線の廃止について)、議案第55号(町道路線の認定について)の委員長報告、質疑、討論、採決



○松本愛之助議長 日程第29、議案第54号 町道路線の廃止について、日程第30、議案第55号町道路線の認定について、以上2議案は関連がありますので一括上程し、議題といたします。

 本2議案は、3月10日に産業建設常任委員会が開かれ、審議が行われておりますので、押田秀夫委員長から、委員会の審議経過並びに結果の報告を求めます。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 議案第54号 町道路線の廃止について、議案第55号 町道路線の認定について、産業建設常任委員会の審査報告を行います。

 開催日時、開催場所については、議案第6号と同じであります。

 本2議案は、休憩に入り現地を視察しました。

 本2議案は、関連があるので一括審議としました。

 直ちに審議に入り、町道4108号線の廃止の経緯について等の質疑があり、慎重審議の結果、本委員会では議案第54号 町道路線の廃止については、原案どおり可決すべきものと議決されました。議案第55号 町道路線の認定についても、原案どおり可決すべきものと議決されました。

 以上です。



○松本愛之助議長 これより委員長の報告に対する質疑を行います。

 委員長に対して質疑のある方は申し出を願います。

 吉田議員。



◆20番(吉田正美議員) 20番、吉田です。

 町道4108号線の廃止の経緯について、どのような経緯だったのか伺います。



○松本愛之助議長 委員長。



◆押田秀夫産業建設常任委員長 吉田議員のご質問にお答えいたします。

 この路線は、以前つけかえ手続を行ったか、について、昭和44年から昭和61年の18年間に提出された議案をつぶさに調査しましたが、上程されていなかったと、また、開発行為の協議については、制度以前のことで確認ができなかったということでございます。



○松本愛之助議長 よろしいですか。ほかに。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 これより討論に入ります。

 最初に、議案第54号 町道路線の廃止について、反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第54号 町道路線の廃止については、原案どおり可決することに決定いたしました。

 続いて、議案第55号 町道路線の認定について、反対論、賛成論を発表したい方は申し出を願います。

 まず、原案に反対者の発言を許します。

   〔発言する人なし〕



○松本愛之助議長 次に、原案に賛成者の発言を許します。

   〔「賛成」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、討論を終結いたします。

 これより本案を表決に付したいと思いますが、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 委員長報告どおり本案に対して賛成の方の起立を求めます。

   〔賛成者起立〕



○松本愛之助議長 全員起立であります。

 よって、議案第55号 町道路線の認定については、原案どおり可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の特定事件の議決について



○松本愛之助議長 日程第31、閉会中の特定事件の議決についてを議題といたします。

 事務局長から閉会中の特定事件名一覧表を朗読いたさせます。

   〔事務局長朗読〕



○松本愛之助議長 ただいま朗読のとおり、各常任委員会、議会運営委員会及び第3次三ヶ山地域開発調査特別委員会から申し出のありました事件について、調査の概要、方法等につきまして各委員長の説明を求めます。

 最初に、総務常任委員長、登壇して説明願います。

 委員長。

   〔松崎州男総務常任委員長登壇〕



◆松崎州男総務常任委員長 閉会中の特定事件については、平成18年3月25日から次の定例会の間、総務常任委員会といたしましては、行政の活性化について引き続き調査・研究することといたしております。

 以上です。



○松本愛之助議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、文教厚生常任委員長、登壇して説明願います。

 委員長。

   〔坂本建治文教厚生常任委員長登壇〕



◆坂本建治文教厚生常任委員長 文教厚生常任委員会より、閉会中の特定事件につきまして、次の定例会までの間に、生涯学習施設の活用について引き続き調査・研究をいたす予定でございます。

 以上です。



○松本愛之助議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、産業建設常任委員長、登壇して説明願います。

 委員長。

   〔押田秀夫産業建設常任委員長登壇〕



◆押田秀夫産業建設常任委員長 産業建設常任委員会では、閉会中の特定事件として、引き続き遊休地対策について調査・研究を行いたいと思っています。



○松本愛之助議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、議会運営委員長、登壇して説明願います。

   〔渡邊 務議会運営委員長登壇〕



◆渡邊務議会運営委員長 議会運営委員会の閉会中の特定事件について説明申し上げます。

 議会運営委員会では、次期議会(定例会までの間に開かれる臨時議会を含む)の会期日程等の議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について調査・研究をしてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。



○松本愛之助議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 次に、第3次三ヶ山地域開発調査特別委員長、登壇して説明願います。

 委員長。

   〔岡田 要第3次三ヶ山地域開発調査特別委員長登壇〕



◆岡田要第3次三ヶ山地域開発調査特別委員長 第3次三ヶ山地域開発調査特別委員会の閉会中の特定事件をご報告申し上げます。

 引き続きまして、三ヶ山地域の開発調査について調査・研究を続けたく思っております。よろしくお願いいたします。

 以上です。



○松本愛之助議長 若干の質疑を許しますから、質疑のある方は申し出を願います。

   〔「なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 では、質疑を終結いたします。

 委員長さん、ご苦労さまでした。

 お諮りいたします。本件について、ご異議ありませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○松本愛之助議長 ご異議なしと認めます。

 よって、閉会中の特定事件の議決については、各委員長の報告のとおり可決することに決定いたしました。

 以上をもちまして、平成18年寄居町議会第1回定例会の日程は残らず終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○松本愛之助議長 これにて閉会をいたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午後1時40分

 地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

    議長     松本愛之助

    署名議員   松本 勇

    署名議員   田母神節子

    署名議員   保泉康人