議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成28年  6月 定例会(第4回) 06月07日−議案説明、一般質問−01号




平成28年  6月 定例会(第4回) − 06月07日−議案説明、一般質問−01号







平成28年  6月 定例会(第4回)





   平成28年第4回神川町議会定例会会議録第1号

             平成28年6月7日(火曜日)
                                    
議事日程 第1号                                
   平成28年6月7日(火曜日)午前9時開議                 
日程第 1 会議録署名議員の指名                        
日程第 2 会期の決定                             
日程第 3 諸報告                               
日程第 4 第39号議案 平成28年度神川町一般会計補正予算(第1号)     
日程第 5 第40号議案 平成28年度神川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
日程第 6 第41号議案 物品購入契約の締結について              
日程第 7 報告第 4号 平成27年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書について
日程第 8 報告第 5号 専決処分の承認を求めることについて(神川町税条例の一部
             を改正する条例)                   
日程第 9 報告第 6号 専決処分の承認を求めることについて(神川町国民健康保険
             税条例の一部を改正する条例)             
日程第10 報告第 7号 専決処分の承認を求めることについて(神川町特定教育・保
             育施設の利用者負担額等に関する条例の一部を改正する条
             例)                         
日程第11 一般質問                              
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ
出席議員(14人)                               
       1番  福 島 康 弘 君       2番  川 浦 雅 子 君
       3番  野 口 弘 吉 君       4番  坂 本 貴 佳 君
       5番  清 水 敏 信 君       6番  堀 川 光 宣 君
       7番  滝 沢 邦 利 君       8番  柴 ? 愛 子 君
       9番  赤 羽 奈保子 君      10番  山 ? 正 弘 君
      11番  渡 辺 浩 一 君      12番  廣 川   学 君
      13番  落 合 周 一 君      14番  小井戸 英 夫 君
欠席議員(なし)                                
                                    
説明のため出席した者                              
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  古 平   渉 君
  教  育  長  ? 澤 利 藏 君  総 務 課 長  神 住   健 君
  総 合 政策課長  坂 本   等 君  税 務 課 長  中 原   孝 君
  町 民 福祉課長  桜 沢 典 明 君  防 災 環境課長  茂 木   修 君
  保 険 健康課長  山 口 国 春 君  経 済 観光課長  田 村   充 君

  建 設 課 長  深 谷 武 史 君  会 計 管 理 者  秋 山 英 二 君
                      兼  課  長

  学 務 課 長  浅 見 雄 一 君  生 涯 学習課長  大 谷 直 久 君

  水 道 課 長  岩 丸 久 志 君  神泉総合支所長  鈴 木 幸 治 君
                      兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  櫻 澤   晃    事 務 局 次 長  亀 田 由 美





△開会・開議

   午前9時開会・開議



○議長(小井戸英夫君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより平成28年第4回神川町議会定例会を開会いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(小井戸英夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において2番川浦雅子君、3番野口弘吉君、4番坂本貴佳君を指名いたします。

                    ◇               



△日程第2 会期の決定



○議長(小井戸英夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から6月15日までの9日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日から6月15日までの9日間と決定いたしました。

                    ◇               



△日程第3 諸報告



○議長(小井戸英夫君) 日程第3、諸報告を行います。

 今定例会に町長より別冊配付のとおり第39号議案 平成28年度神川町一般会計補正予算(第1号)のほか6件が提出されております。

 また、本日までに受理いたしました請願は1件、陳情は1件であります。お手元に配付の請願及び陳情文書表のとおり、会議規則第92条第1項及び第95条の規定により、所管の常任委員会に付託いたしましたので、報告いたします。

 なお、本定例会に議案説明のため、町長ほか関係者の出席を求めました。

 次に、児玉郡市広域市町村圏組合議会議員、赤羽奈保子君から報告事項があります。

 9番赤羽奈保子君。

              〔9番 赤羽奈保子君発言〕



◆9番(赤羽奈保子君) 議長の許可をいただきましたので、平成28年第1回児玉郡市広域市町村圏組合議会定例会のご報告を申し上げます。

 本定例会は、平成28年2月23日から3月29日までの36日間開催され、11件の議案が審議されました。

 第1号議案 児玉郡市広域市町村圏組合一般職職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につきましては、人事院勧告及び埼玉県人事委員会の勧告に準じ、職員の勤勉手当等の支給割合及び給料表を改正するものです。

 第2号議案 児玉郡市広域市町村圏組合議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例につきましては、地方公務員災害補償法施行令の一部改正に伴い、議員その他非常勤の職員が公務上の災害等において支給される傷病補償年金等の給付率を改めるものです。

 第3号議案 児玉郡市広域市町村圏組合火災予防条例の一部を改正する条例につきましては、対象火気設備等の位置、構造及び管理並びに対象火気器具等の取扱いに関する条例の制定に関する基準を定める省令の一部改正に伴い、所要の改正を行うものです。

 第4号議案 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更については、平成28年4月1日から同組合に草加八潮消防組合を加入し、同日から皆野・長瀞上下水道組合が名称変更することについて協議するものです。

 第5号議案 平成27年度児玉郡市広域市町村圏組合一般会計補正予算につきましては、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,728万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ41億3,739万5,000円とするものです。主なものとしましては、見積もり合わせによる減額、工事請負費の入札差額による減額、実績による差額等です。

 第6号議案 平成28年度児玉郡市広域市町村圏組合一般会計予算につきましては、歳入歳出予算総額をそれぞれ44億8,484万5,000円とするものです。

 歳出の主なものとしましては、総務管理費2億4,635万4,000円、斎場費6,090万円、余熱利用施設費7,370万2,000円などです。

 利根グリーンセンター費2億5,857万4,000円につきましては、主に人件費及び施設運営にかかわる経費です。

 小山川クリーンセンター費は9億3,305万2,000円です。

 常備消防費は15億565万7,000円で、支出の主なものは、職員203名分の人件費と1本部1署6分署に配備している消防車両、救急車両及び消防庁舎の維持管理費や救助訓練等の経費です。

 消防施設費は1億7,514万1,000円で、前年度比5,908万6,000円の減額となっています。減額の主な要因は、はしごつき消防自動車の更新事業が完了し、備品購入費が減額になったことです。

 庁舎建設費は6億8,565万2,000円で、前年度比4億4,600万2,000円の増額ですが、増額の主な要因は、新児玉分署建設工事に係る経費を計上したものです。

 公債費は3億9,248万5,000円で、起債の償還金です。

 第7号議案 児玉郡市広域市町村圏組合行政不服審査会条例につきましては、行政不服審査会法の改正に伴い、行政不服審査会の設置及び手数料を定めるものです。

 第8号議案 児玉郡市広域市町村圏組合情報公開条例につきましては、行政不服審査法の改正に伴い、審査請求の手続を改めるものです。

 第9号議案 児玉郡市広域市町村圏組合情報公開審査会条例につきましては、情報公開条例の全部を改正することに伴い、情報公開審査会の設置について定めるものです。

 第10号議案 行政不服審査法の施行に伴う関係条例の整理に関する条例につきましては、行政不服審査法の改正及び行政不服審査法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、所要の改正を行うものです。

 第11号議案 地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例につきましては、地方公務員法及び地方独立行政法人法の一部を改正する法律の施行による地方公務員法の一部改正に伴い、所要の改正を行うものです。

 以上、11議案につきましては、討論はなく、全て原案のとおり可決された次第であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 以上で諸報告を終わります。

                    ◇               



△日程第4 第39号議案 平成28年度神川町一般会計補正予算(第1号)



△日程第5 第40号議案 平成28年度神川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第6 第41号議案 物品購入契約の締結について



△日程第7 報告第4号 平成27年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書について



△日程第8 報告第5号 専決処分の承認を求めることについて(神川町税条例の一部を改正する条例)



△日程第9 報告第6号 専決処分の承認を求めることについて(神川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例)



△日程第10 報告第7号 専決処分の承認を求めることについて(神川町特定教育・保育施設の利用者負担額等に関する条例の一部を改正する条例)



○議長(小井戸英夫君) 続いて、日程第4、第39号議案 平成28年度神川町一般会計補正予算(第1号)から日程第10、報告第7号まで7件を一括議題といたします。

 なお、詳細説明、質疑、討論、採決については後日行いたいと思います。

 次に、町長より招集の挨拶と議案に対する提案理由の説明を求めます。

 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

 本日、平成28年第4回神川町議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様にはご健勝にてご参会を賜り、深く感謝を申し上げます。

 平成28年度に入り、さきに策定しました地域総合戦略の取り組みが本格的に始まりました。自主防災組織の立ち上げやきらり☆サポート事業の支援など、町民の皆様が安心して、そして元気に神川町で暮らしていけるような事業を進めてまいりたいと考えております。

 一方、4月の熊本地震により、生命や財産に甚大な被害が発生しました。亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈りするとともに、被災された方々にお見舞いを申し上げます。現地では、いまだに多くの方が避難生活を余儀なくされている中、当町では被災地域への支援として、各方面に義援金の協力をお願いし、皆様のお気持ちをお届けする運びとなっております。幸いにして本町では、今のところ大きな災害は起きておりませんが、梅雨や台風シーズンを控え、いつ起きるとも限らない自然災害への備えと、自分たちの町は自分たちで守るという地域コミュニティーを核とした防災や減災に対する意識をさらに高めるとともに、協力体制づくりを推進していかなければと再認識したところでございます。

 また、先般、安倍首相が、来年4月に予定していた消費税増税を2019年10月まで再延期することを表明いたしました。これは、今後の地方経済にも大きく影響する大きな問題でありますので、国や県の動向を注意深く見守り、適切に対応してまいりたいと考えております。

 今後も議員の皆様におかれましては、多方面にわたり、特段のご理解とご協力をお願いいたします。

 本定例会の提出議案は3件、報告4件でございます。慎重なるご審議をお願い申し上げ、招集の挨拶とさせていただきます。

 それでは、本日の定例会にご提案申し上げます議案につきまして、説明をさせていただきます。

 初めに、第39号議案 平成28年度神川町一般会計補正予算(第1号)についてでございます。これは、一般会計の歳入歳出予算につきまして665万5,000円の増額をお願いするもので、補正後の歳入歳出総額を69億3,040万5,000円とするものです。

 歳出補正予算の主なものは、老人福祉施設への老人保護措置費委託料をはじめ神川中学校への通学費補助金、児童健全育成対策補助金、保育所における業務効率化推進事業費補助金、電算システム使用料、それぞれの増額によるものです。

 また、歳入では、老人福祉施設入所者からの費用徴収金をはじめ保育対策総合支援事業費補助金、児童健全育成対策費補助金に係る国庫支出金、多子世帯保育料軽減事業補助金に係る県支出金、それぞれの増額と歳出に対する不足額を繰越金から繰り入れるため、本案を提出するものです。

 次に、第40号議案 平成28年度神川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。これは、制度改正に伴うシステム改修費の増額をお願いするもので、国民健康保険特別会計の歳入歳出予算をそれぞれ97万2,000円を増額し、予算総額を19億297万2,000円とするため、本案を提出するものです。

 次に、第41号議案 物品購入契約の締結についてでございます。これは、指名競争入札を執行した神川町消防団第5分団、第7分団の消防ポンプ車両の購入につきまして契約を締結いたしたく、神川町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、本案を提出するものです。

 続きまして、報告第4号 平成27年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書についてでございます。これは、総務費における役場庁舎事務室棟建設に伴う設計委託料をはじめ民生費、土木費、道路橋梁費、教育費の各種事業費に係る歳出予算経費につきまして、繰越明許費繰越計算書を調製しましたので、地方自治法の規定により、ご報告するものです。

 次に、報告第5号 専決処分の承認を求めることについて、内容は神川町税条例の一部を改正する条例でございます。これは、地方税法の改正に伴いまして、専決処分により所要の改正を行いましたので、地方自治法の規定により、ご報告するものです。

 次に、報告第6号 専決処分の承認を求めることについて、内容は神川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例でございます。これは、地方税法の改正に伴いまして、専決処分により所要の改正を行いましたので、地方自治法の規定により、ご報告するものです。

 最後に、報告第7号 専決処分の承認を求めることについて、内容は神川町特定教育・保育施設の利用者負担額等に関する条例の一部を改正する条例でございます。これは、子ども・子育て支援法施行令及び子ども・子育て支援法施行規則の一部改正が予定されていることから、専決処分により所要の改正を行いましたので、地方自治法の規定により、ご報告するものです。

 なお、詳細につきましては、担当課長より説明させますので、慎重ご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    ◇               



△日程第11 一般質問



○議長(小井戸英夫君) 日程第11、町政に対する一般質問を行います。

 最初に、4番坂本貴佳君の質問を許します。

 坂本貴佳君。

              〔4番 坂本貴佳君発言〕



◆4番(坂本貴佳君) 議長のお許しを得ましたので、通告に従い一般質問を行います。

 なお、一般質問に先立ち、過日発生した熊本地震に際し、不幸にも犠牲になられた方のご冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた方々にお見舞いを申し上げます。我が神川町は、幸いにも長い間大規模災害が発生しておりませんが、このようなときこそ気を引き締め、災害に対する知識を高めたいものです。

 さて、一般質問に移ります。正月の大型連休、降雪とともに始まる冬のスキー、春のお花見、5月の大型連休、初夏の新緑と東京方面から群馬、新潟、長野方面に、高速道路、新幹線を利用し、大勢の人の移動が続いています。特に昨年末より、北陸新幹線の開通に伴い、金沢方面では年間を通し多くの観光客でにぎわい、大きな経済効果をもたらしているとの報道を耳にします。

 また、2020年東京オリンピック開催決定で、関東圏ですけれども、一段と高速網の整備が加速され、海外からの観光客を含め、大勢の人の移動で有名な観光地はますます活況を呈するでしょうが、反対に、その流れに乗りおくれた地域は、衰退の一途をたどるさまも容易に想像でき、観光客誘致の千載一遇のチャンスが衰退の入り口になる可能性も想像できます。

 このような環境を踏まえ、神川町の活性化の一助として、いかに地域外から人を呼び込み、経済効果を見出し、町内の活性化を図ることが重要であると思うが、いかんせん神川町は、県北3市町以外では認知されていません。というのが現状です。町として、このような状態、どの程度地名としての「神川」が認知されているか、町の感じ方、認知度向上をどう図るのかお伺いしたい。

 次に、当地は、東京から高速で1時間以内であります。このことは、東名高速では御殿場、東北道では那須塩原、中央高速道路では甲府地域といった有名観光地と同じ距離、時間帯で来れる地域であります。であるならば、県北1市3町は、さきの地域と同じように多くの観光客を呼び込み、大きな経済効果を生み出す要素を持ち合わせているということであります。ただし、さきの地域も最初から有名になったわけではありません。そこには多くの工夫とさまざまな努力があってこその今であることは、容易に想像できます。多くの人の流れが始まっているこの時期こそ、この方策を考えるときと考えます。

 多くの観光客が利用する新幹線及び高速道路からの環境を考えますと、近隣には本庄早稲田駅、本庄インターチェンジ、上里パーキングのETCを利用したスマートETCがあり、また美里町には、ことし10月の予定で寄居パーキングエリアにETCを利用したスマートインターチェンジが開通します。その点、神川町は、そのような大動脈への接続設備がありません。また、残念なことには、正式に調査したわけではないのですが、この市町の施設から神川町に誘導する標識もないのが現状だと思います。

 であるから、本庄、寄居、上里で県北の地におり立った観光客、すなわちこれは神川町にも立ち寄る可能性がある人たちです。をどのような方法で一人でも多く、言葉は悪いですが、神川の地に引きずり込み、神川の地にお金を落としていただき、もう一度神川の地を訪ねたいという気にさせるかが重要問題であります。そのためには、もちろん町内の観光資源、特産物販売所等の整備も必要でしょうが、それ以上に、他町村から神川町に誘導する接続道路整備は不可欠と考えます。今の観光客は、わかりづらい、不便だというところには行きたがりません。おり立った施設から神川町への誘導標識の設置及び誘導路について、町の考え方をお聞かせ願いたい。

 最後に、ちょっと観光とは離れますけれども、太陽光発電電気装置設置の件ですが、地下資源の枯渇対応、地球温暖化対応として注目を浴びている再生エネルギーの一種として太陽光発電が注目され、2011年の東日本大震災以降、原子力発電への違和感にも後押しされ、多くの新築物件では太陽光発電装置の設置が行われています。また、2012年度から電力の固定価格買取制度が始まり、農地、住宅地等に多くの太陽光発電装置が設置されています。それに伴い、太陽光発電装置に絡む問題が各地で発生しているのも事実であります。

 家太陽装置の多くは10キロワット以下ですが、多くは2階の屋根にパネルを設置しています。2階の屋根のパネルというのは高いですから、反射等の問題が起きにくかったと理解しています。反対に、大規模発電装置における設置場所は、多くが低い場所にあります。これは、設置費用の問題と考えられます。特に住宅地における大規模な発電装置は、隣接家屋内にパネルの反射が入り、室内温度の上昇を引き起こしたり、また隣接する土地への雨水処理が不十分なためのトラブルが起こったり、隣地いっぱいに建てられた装置が威圧的な建物になったり、景観を損ねる等の環境問題を報道で耳にしています。

 農地での太陽光発電装置に絡む問題は、農振地域からの除外申請、農地転用申請といったことを通じて農業委員会で審議されていて、それなりのチェック機能が働いているはずであり、問題は耳にしていません。

 現在全国的に空き家問題が問題視されている現状では、地主が税金対策として、放っておくよりも、安易に太陽光発電装置の設置に動きかねません。

 このように、神川町の住宅地における大規模太陽光発電装置の設置に関するチェック機能はどうなっているのか心配でなりません。そこで、現状どのようにチェック機能がされているのか、現状をお聞かせ願いたい。

 以上の3点の質問をし、登壇での質問を終わります。ありがとうございます。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、坂本議員の神川町での観光行政についての、神川町の知名度をどのような方法で広げるかについてのご質問にお答えいたします。

 町では、観光PRのため、パンフレットやポスターの作成を行い、町内外の観光施設やイベントで配布、掲示をしております。また、ラインやツイッターなどのSNSやホームページなどを活用し、観光情報を発進することで広く広報をしております。

 ご質問にあります、神川町の認知度をどのような方法で広げるかについてですが、県内でも南部や東部の地域では、神川町がどこにあるのか、さらには埼玉県なのかもわからない人がいるのではと感じております。

 そこで、今年度は、埼玉新聞紙上でコスモスまつりなどのイベントや冬桜をPRしていく予定です。加えて、全国紙やテレビ放送などのマスメディアも活用し、今まで以上に情報発進に努めてまいりたいと考えております。

 次に、他市町におり立った観光客をどのような方法で神川町まで誘導するかについてのご質問にお答えします。議員のおっしゃるとおり、本庄市には新幹線の駅があり、高速道路のインターチェンジは近隣市町の藤岡市、本庄市に、そしてスマートインターチェンジは上里町に、そして加えて美里町でも近々開業予定でございます。これらの市町は、神川町に比べ、インターチェンジ等の設置により、遠方から来る方には利便性が高いと思われますが、神川町には自然豊かな環境と観光資源が豊富にあります。

 こうした中で、アプリやパンフレットなどで近隣市町や企業と協力することで、よりたくさんの観光客を誘致できると考えます。現在町では藤岡市のにぎわい観光課と連携して、きらり☆にぎわい観光会議を設置し、冬桜や下久保ダムなどをPRしております。また、本庄市、上里町、美里町と連携して、本庄児玉地域をPRするために設置した本庄地域広域観光振興協議会では、上里スマートインターの出入り口付近に、神川町を含む広域の地図や各市町の歳時記が記された看板を設置するなど、周辺地域と協力して観光客誘致を行っております。今後も神川町を訪れてみたいと思っていただけるような看板作成や、各市町のそれぞれの道路管理者と連携して誘導看板等を設置していけるよう検討してまいります。また、神川町への誘導路につきましては、児玉郡市1市3町で組織する本庄地域定住自立圏構想推進協議会に設置されている交通インフラワーキンググループにおいても、一体的な本庄児玉地域の道路整備について検討してまいりたいと考えております。

 続きまして、住宅地での環境保全についての住宅地における太陽光発電装置の設置要件・行政指導についてのご質問にお答えいたします。国のエネルギー政策の一環として推進されています太陽光発電設備の設置ですが、町内におきましても、この三、四年の間で急速に増加している状況です。特に一般住宅の屋根に取りつけられる設備のほか、空き地や農地への太陽光パネルの設置が目立ってきています。

 議員のご指摘のとおり、太陽光発電設備が農地に設置される場合には、農地転用許可の申請時に計画関係書類を提出し、農業委員会で事前に内容が審議される中で、隣接農地への配慮等が必要となります。しかし、住宅地に設置される場合においては、町で事前に内容をチェックする機関やその根拠法令などがないのが現状でございます。

 その理由につきましては、太陽光発電設備が建築基準法上の建築物または工作物に該当しないことから、建築確認申請や届出の必要がないということです。また、全国の自治体における太陽光発電設備の設置に関する規制状況を見ましても、景観計画や環境保全条例に基づき、主に景観保護や自然保護を目的としたものであり、住宅地を含めた場合の規制では、その設置規模の大きいものに限られている状況でございます。

 今後は、国や県の動向を確認しながら適時適切な対応を考えてまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 4番坂本貴佳君。



◆4番(坂本貴佳君) ご回答ありがとうございました。観光客は、いろいろなもので観光地を調べます。マスコミ、口コミ、通信媒体、紙媒体とあるのですが、「神川町」という単語を目にして耳にしないと、観光地としての神川町の認識がなくて、したがって神川町には100%近く来ることはありません。また、ドライブに今必ず必要なカーナビにも神川町云々という言葉、設定しません。

 今町長のお話で、いろんなことをやるということを言っているのですが、肝心なことは黙って下を向いていることではなくて、みずからの効果的な予算で、いろんな方法で、いろんな場所でアピールし続けることが重要です。何もしないと何も進まず、自然の人口減少の渦に巻き込まれ、地域経済とともに衰退するということだと思います。神川町に何の観光があるかとは別にして、「神川町」という単語をいかに知らしめるかということが最重要であるとも考えますが、いかがでしょうか。

 また、隣接の大動脈のお話もいろいろお話が出ましたが、その中で特に私が重要視するのは、上里インターチェンジからの神川町への重視です。今の道路状況では、神川町へ直接接続するような道路はありません。できるなら国、県、上里町を、また本庄市も巻き込み、神流川の土手沿いに道路整備が行えないか。これを行うことによって、上武大橋、上里ゴルフ場、上里パーキングエリア、藤武橋、かんなの湯、水辺公園、神泉地区の各地域を結び、県北一体を東西に結ぶ道路として活用することを提案します。上里町、神川町ともに観光資源を有効活用ができ、特に高速道路からの誘導路がない神川町には、観光を誘致できる有効な手段と考えています。

 案だけでなくて、その効果を試算してみますと、今上里パーキングエリアに1日乗降の台数は1,500台前後だと聞いています。乗りおりがありますから、半分の750台の車だというふうにしてみましょう。通勤等いますから、少なく見積もってそれの2分の1。大体2分の1ですね、750台。その1割が観光目的もしくはレジャー目的であれば75台。その1%でも神川に誘導できれば、1日に7台なのです。たかが7台なのです。

 ただ、そこは、1日7台ということは、月平均210台、年平均が2,500台近くになります。車というのは大体、1人ではなくて家族連れが多いのです。平均2人にしたらば、5,000人の観光客、もしくはそれに類似した方が神川町を訪れていただけるということになります。その人たちが、あわよくば特産物の購入、ガソリン代、たばこ代、食事代等で使用することによる経済効果が出るのではないでしょうか。微々たる金額かもしれませんが、それを突破口に地域の活性化につなげればと考えます。

 人口減少、高齢化が進む神川町は、観光客を地場産業品の購入者と捉えて、積極的に神川町を売り出し、観光客を誘導し、地場産業の育成に結びつけ、若者の働き場とし、3世代が共存できる豊かな地方として、観光と地場産業を結びつけた神川創生を図るべきと考えます。その辺について、神川町の町の考え方をお聞かせ願いたい。

 最後になりますが、太陽光発電のところでもう一度お願いします。今も、ここ三、四年で随分ふえてきたということは町長の答弁にもありました。特に問題になってくるのが反射問題。まだこれは余り出ていないようですが、密接問題、これはすぐ近くのところも、土地いっぱいに立てられて窮屈でしようがない。何でこんなでかいのをつくるのだというふうな問題。あとは、雨水が全部うちのほうに流れてきてしまうのだけれども、どうするのだよと。もしくは、雑草がそのままになって、うちのほうに入り込んできてしまう、どうしたらいいのだというふうな環境問題があります。

 町内の業者において、やっぱり地域性がありまして、いろんなことを、地元の感情、いろいろわかりますので、それなりの配慮があるかと思うのですが、その反対に、そういうことを全然意識しない業者さん。一部の金もうけ主義の業者のわなにはまって、近所同士がいがみ合うような住民間のトラブルを未然に防ぐためにも、事前チェックが必要であると考えます。

 最近では、ダイレクトメールや郵便物で太陽光発電装置の設置広告を手にすることがよくあります。中には、設置主及び近隣のことを理解しているのか疑わしい業者も散見されます。このような状況の中で早急に、施設計画段階での指導、改善指導及び設置後の指導の容易性を確保する手順、手段が必要であると考えますが、的確な法的制限、条例がない現状において、今後町として、いかにその手段を確保するのかお考えをお聞かせ願いたいと思います。よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) まず、1点目の観光行政について再答弁させていただきます。

 神川町は、私もいろんな機会があって、県南方面に出かけることが多い。また、その中でいろいろ集会、会議等に出席するわけですけれども、そういった中で私は皆さん方に質問します、神川町をご存じの方は手を挙げてくださいと。仮に500人集まると、その中で手を挙げてくれるのが10人ぐらいいますか。それでも私にしてみれば、ああ、結構な方が知ってくれているのだなという印象を持っているところでございますけれども、やはり認知度は低いということで、神川町という言葉は聞いていても、ではどこにあるのですかといったときにわからない。「本庄市はわかりますか」と言うと、「ああ、わかります」と。「その西側です」と言うと、「ああ、あの辺ですか」という形で返事が返ってきますけれども、そういった中でなかなか認知度が上がっていないというのが現実でございます。

 そういった中で、議員も言っております。また、私どもの第1回の答弁の中でもお答えさせていただきました。上里サービスエリアにスマートインターが開通いたしました。これにつきましても、これをフルに活用しない手はないということでございます。また、この開通に伴いまして、すぐお隣にカンターレ上里という施設ができました。ここも、一つは観光施設でありながら商業施設ということで、そこの社長さんいわく、上里町については、残念ながら観光名所等が少ないので、ぜひ神川と手を組んで、そういった車の流れをつくりたいという申し出がございました。

 先ほど議員のほうから話が出ました道路なのですけれども、現在の道路につきましては、知らない人を案内するには非常に複雑な案内になってしまうということで、それでもとりあえずは案内看板を出させていただきました。一番ベターなのが、スマートインターチェンジをおりまして、すぐのところ、神流川沿いになるのですけれども、今現在計画中でございます。一部用地買収が停滞しておりますので、そこが解決すれば、254の藤武橋のところへ続く道路ができる予定でおります。

 これができれば神川町にすんなりと誘導できるのではないかということで、今神川町でもいろんな観光名所の発掘、これを今考えております。そういったもので、またお隣の藤岡市鬼石地区とも連携して、観光をPRして、スマートインターでおりてくれた観光客を誘導したいという考えを持っております。また、それプラス、これはまだ先の長い話になりますけれども、ルート254バイパス、藤岡、神川で児玉地区を結ぶ道路ですけれども、これについても積極的な陳情をしていきたいというふうに思っております。そういった中で神川町が生き残れる道も出てくるのではないかと思います。

 また、最近よく言われるようにインバウンドです。外国人向けにPRも、本当の爪のあかほどですけれども、今少しずつ動き出しております。先ほど言いましたように、交通網の関係もございますので、神川町に誘導というのはなかなか難しいかもしれませんけれども、事あるごとに、そういった外国人の接点はとれないかということで今考えているところでございまして、うちの副町長も県の国際課におりましたので、そういった面ではいろんな知恵を拝借して今動き始めたところでございます。

 また、あとはPRにつきましては、テレビ等のメディアを使うというお話もさせていただきました。これにつきましては、俗に我々、テレビ、ラジオはオールドメディアでございます。こういったものを脱却する中で、コミュニティーFMラジオ、これはニューメディアという捉え方を国のほうでもしております。新しいメディアであるという、こういったものも活用できれば、全世界に発信できることも不可能ではないということでございまして、夢は大きく持っていきたいというふうに思うところでございます。

 それから、2点目のソーラーにつきましては、国が推奨しておるわけでございまして、なかなか町単位での規制というのは難しいところもございます。国が推奨する中で町が規制をかけるということも大変なことでございまして、ただこれを黙って見ているわけではなくて、やはり町としましても、近隣とのトラブル、また景観的なものも含めまして、設置業者、施工者、そういった者に対しまして、ある程度の指導はしております。また、不幸にしてトラブルが起きてしまった場合につきましても、行政側が中に入りまして、調整も積極的にやっているところでございまして、そういった中でやっていきたいと思います。

 また、太陽光につきましては、料金、売電価格等もございます。それから、設置費用等もございますと思いますので、今後につきましては、どうなるかわかりませんけれども、私一人の考えとしては、今後は少なくなっていくのかなというふうに思っております。また、用地につきましても、神川町につきましては、できるようなところにつきましては、もうかなり設置が進んでおるのかなというふうに思いまして、これからは減少傾向にあるのかなというふうに思いますけれども、行政としてはきちんとした対応をして指導は行っていくつもりでございます。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 4番坂本貴佳君。



◆4番(坂本貴佳君) 観光のところでもう一点お願いします。

 今誘導路云々もありましたけれども、実は神川町の中にバスが自由に通れるような、観光地と言われるところで。というのは、実は児玉の塙保己一記念館、昔の旧庁舎ですか、あそこで知り合いが館長をやっておるのですが、聞くと、約1,000人来るよと。よくバスも来るのだという話があります。すなわちバスが来やすいのでしょう。道路が整備されているということだと思っています。

 逆に言うと、その前、神泉の冬桜は、確かにはとバスも来ていました。ただ、ぎりぎりの道を危なっかしい運転で来るわけです。やっぱりそういうところも含めて、誘導路も必要なのですが、それに合わせて、誘導路ができました、神川に入りました、ただ危なくて運転できないよということでは困りますので、そこもあわせて整備をお願いしたいということが1点。

 あと、もう一つ、太陽光発電に関しては、何もないと思います、はっきり言って。私も、いろんなところを見て、お話を聞いたりしたのですが、やっぱり法的制限もないし、条例もないというのが、これは今の現状だと思います。ただ、何らか町が動くということになりますと、業者自身が、変なものをつくれない。つくると、あの町はうるさいよというふうなうわさが流れていいと思うのです。それによって、住民間トラブルを防げるのであれば、十分神川町役場に悪者になっていただきたいというふうに思っておりますので、その辺の覚悟は持って、議会としてもその辺はバックアップしますので、ぜひお願いしたいし、そういう考え方はいかがかなと思いますので、ご答弁のほうをよろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 観光客を誘致するには、バス等の誘導が非常に大事になってくるかと思います。先ほどお話が出ました塙保己一記念館につきましては、本庄インターをおりて、ルート462で一直線に来られるのかなという利便性もあるかと思います。そういった面も含めまして、先般も上里町長とお話しする中で、早く藤武橋まで開通してくださいということでお願いしたところでございまして、冗談ですけれども、お金がなければ神川町も少し出しますよという、これは冗談ですが、そういった話もさせていただいて、関根町長にお願いしたところでございます。

 特に神川は、観光地と言われるところが山間部に集中しております。議員ご指摘のとおり、矢納地区に行きましては、とにかく観光バスの運転手が嫌がるという急なカーブ等もございまして、また一方通行にもなっております。そういった中でございますけれども、少しずつそれを解消していく中で、現在交渉中の阿久原から住居野を通りまして矢納に抜ける県道ですけれども、これにつきましては今現在、住居野まで2車線に広がっております。今後はそれを、一部区間がまだ1車線になっておりますが、それを2車線にして矢納に結びつけるという、それを今県土のほうへお願いしているところでございまして、これももうちょっと時間がかかるかなというふうに思いますけれども、そういった形で大型バスが通れる、そして観光客誘致ができるというような考えの中で動いているわけでございまして、群馬県側につきましては、462、そして下久保ダムの堰堤につきましては、ある程度の道幅は確保できているのかなというふうに思いますけれども、いずれにしましても出口、入り口があるわけでございまして、そういった面も含めて、今後とも埼玉県の県土整備事務所、それで群馬県の土木事務所等につきましても、事あるごとにお願いをしていきたいというふうに思っているところでございます。

 ソーラーにつきましては、これは確かに今後少なくなるという予想はしていますけれども、それでもまだできるのかなということは承知しております。そういった中で、町としてできる指導等につきましては、決まり事でもできれば、そのほうが効果的かなというふうに思いますので、前向きに進めていきたいというふうに思います。



○議長(小井戸英夫君) 以上で、4番坂本貴佳君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、7番滝沢邦利君の質問を許します。

 滝沢邦利君。

              〔7番 滝沢邦利君発言〕



◆7番(滝沢邦利君) 7番の一般質問をさせていただきます。

 先ほど坂本議員から、鹿児島、そして大分の件につきましては、痛ましいことでございますが、私も心を痛めております。本当の少額でございますが、参加させていただいて、先般こちらから、お見舞いというほどではございませんが、させていただきました。本当に深く心からお見舞い申し上げたいと思います。

 それでは、皆様おはようございます。ただいま議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問をさせていただきます。

 先ほど坂本議員のほうから、神川町の観光はどうなっているのだと、るるご質問がございました。全くもって私も、もうここに移ってから20年になりますが、その前は神川町ってどこにあるのかな。友達と話していましたら、「神川町に越すのかよ、おまえ。どこなんだ」と。「どこといっても県北なんですよね」。神流川沿いにと言いましたら納得してくれました。「ああ、神流川はよく知っている」と。「群馬県の境だよね」と言うから「そのとおりです」と。そういうようなことで、どこにポイントを置いて神川町をアピールしていくのか、これが今後の重要な課題になっていくと思います。

 私の質問は、神川町が今抱えております観光地、非常にいい観光地だと思います。冬桜を抱えております件についてご質問をさせていただきます。

 神川町は、10周年を経過し、3月には記念式典も行われ、大きく羽ばたくときを迎えています。さらなる社会資本の整備で町の将来を担う設計図を作成すべきと考えています。神川町及び上里町は、神流川流域に沿った、埼玉県で非常に風光明媚で広大な景色が望める、唯一の夢とロマンあふれる地域と考えております。

 神川町、上里町を合わせた人口は4万5,000人を有します。産業面でも、ほかの市と比べて遜色ない有望な地域であり、群馬県との県境にあり、一大経済圏を担っています。人、物、金、情報の経営資源は、合わせると大きな資源であり、両町で相互に活用すれば、成長力は未知数です。今後は、経済の活性化に向け、人的交流を深め、両町が持つあらゆる資源とノウハウを相互に十分活用し、将来をにらんだ積極的な政策を実施すべきときと考えています。

 以上のことを追い風とし、城峯公園の再整備と活性化策に取り組む必要があると考えていますが、いかがでしょうか、お尋ねいたします。

 城峯公園は、神泉村時代から大切に育て上げてきた貴重な観光資源と認識しています。しかし、これからは観光資源を大きく飛躍させ、観光客を大量に誘致していくためのターニングポイントと考えています。城峯公園の現在を基礎とし、より積極的に埼玉県の桜の名所づくりに、新規に2種類の桜を植樹し、公園を再整備、活性化すべき時期を迎えていると考えますが、いかがでしょうか。

 では、整備内容について申し上げます。現行の冬桜の城峯公園から、桜を長期間楽しめる新しい公園に仕上げていくのはどうでしょうか。具体的には、冬桜に加え、カワヅザクラ、さらに丹荘小学校に植樹してあるサカバザクラ、後ほどサカバザクラについてはご説明いたします。を加え、3大桜の名所としてデビューさせたらいかがでしょうか。

 サカバザクラについて説明をさせていただきます。サカバザクラとはセンダイヨシノのことで、晩年を熊谷で過ごした植物学者、坂庭、坂に庭と書きます。坂庭清一郎氏が、明治34年、1901年です。4月23日、当時勤務していた宮城県師範学校の校庭で、センダイシダレザクラ、それとソメイヨシノザクラを父とし、前者のシダレザクラを母とし、人工交配に成功した新種で、坂庭氏の名をとってサカバザクラと呼ばれています。

 坂庭清一郎氏は、江戸時代末期の1864年、児玉郡熊野堂村、現在の神川町に生まれ、小学校教育を終え、中等教育を求めて、現神川町四軒在家の学者、松原玄谷の門をたたくことになりました。現在の神川町大字四軒在家の薬師堂境内に、松原玄谷翁死去の翌年に顕彰碑が建てられましたが、その裏面に、建立関係者として坂庭清一郎の名前が刻まれています。明治時代は、小学校の教員として教える傍ら、植物研究に没頭。手がけた新編植物図説は、大正時代教育現場で使われたほどです。

 サカバザクラの特徴は、ソメイヨシノが満開期を過ぎるころから咲き始め、花弁は薄紅色、花弁の重花弁、重なった弁、花ですね。それから、落花前は、花底が薄い紫色になる特徴があります。2度楽しめるということです。神川町の中では、丹荘小学校の校庭に植樹されています。私も先日丹荘小学校で見てまいりましたが、花弁、花梗、花の柄ですね、が長く、下に垂れて咲き、大変優美な雰囲気のある桜です。

 サカバザクラは、神川町に住む私たちにとっては、由緒があり、とても身近な桜です。名実ともに自信を持って世界に紹介できる桜であり、貴重な観光資源となります。冬桜に加え、2種類の桜を植樹し、公園整備を行いますと、冬桜は10月から12月、そしてカワヅザクラは2月初旬から3月中旬、サカバザクラは4月初旬から5月初旬となります。10月から翌年の4月まで城峯公園で思い切り3種類の桜が、中でもサカバザクラはいまだ近隣に多く植樹されていません。本格的に城峯公園内に展開すれば、神川町は3種類の桜の名所として有望な観光資源を持つことになり、町の経済にもプラス効果が生まれます。ぜひ町の発展に、そして将来の神川町の資産として残る事業として取り組む覚悟をしてはいかがでしょうか、所見をお伺いいたします。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、滝沢議員の城峯公園の再整備と活性化策についての、城峯公園を名所にするための再整備と公園の活性化策についてのご質問にお答えいたします。

 城峯公園は、昭和44年4月に神泉村営の公園として開園いたしました。その中に、今も受け継がれている冬桜が植栽されていることに着目し、冬に咲く桜として売り出し、冬桜シーズンには多くの観光客でにぎわうまでになりました。しかし、冬桜だけでは、開花時期が限られているため、観光客の数にも偏りが生じています。

 神泉村時代から大切に育て上げてきた城峯公園は、貴重な観光資源として認識しております。今後この観光資源を大きく飛躍させ、さらに多くの観光客を誘致していくために、現在の城峯公園を基礎とし、冬桜から始まり、長期間楽しめる新たな名所として公園の活性化を図っていきたいと考えています。

 その一つとして、議員ご提案の春先に開花するカワヅザクラやサカバザクラを活用することは、誘客を推進するための大変有意義な方法と考えられます。私も丹荘小学校でサカバザクラが咲いているところを拝見しましたが、その優雅な趣に、ソメイヨシノとは違う魅力を感じたところでございます。サカバザクラは、神川町にとってゆかりのある桜であり、今後、冬桜に並ぶ観光資源として活用していきたいと考えています。

 こうした中、城峯公園の活性化を図るため、スマートインターを擁し地域的につながりのある上里町と、人的交流を含め、今まで以上に連携して進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 7番滝沢邦利君。



◆7番(滝沢邦利君) 2回目の質問をさせていただきます。

 私が考えまして、冬桜までどう誘導するのか。先ほど坂本議員のほうからも課題として出ておりますが、その一つの解決策ではありませんが、方策として、元阿保の交差点から、誘導看板とサカバザクラの苗木を一緒に、一定区間に城峯公園まで植えるのはいかがでしょうか。特に小学校の校庭には全て植えていくと。目につく町の空き地には、サカバザクラを何カ所か植えて、この町はサカバザクラの名所なのだなというのを植えつけていくというのはいかがでしょう。町のPR効果は抜群と考えますが、所見をお伺いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) いろいろご提案ありがとうございます。先ほど坂本議員の中でお話がございましたように、道路につきましては、誘導的な文字等を入れた看板等の設置について努めていきたいというふうに思っております。

 また、サカバザクラの植樹でございますけれども、これにつきましては今現在苗木をふやしております。そういった中で、今後どういうところに植えていくかということも、また検討の一つになるかと思います。

 ただ、神川町も、旧の神泉村地区の冬桜がというのがメーンで今やっているところでございまして、これとの兼ね合いもございますので、その辺のバランスも考えながら検討してまいりたいというふうに思います。

 また、先ほど出ました3大桜の名所ですか、これにつきましても冬桜、カワヅザクラ、サカバザクラというお話がございました。これにつきましては、冬桜は冬、ひいて言えば春にも咲くということで、二度咲き桜ということもございます。春先に咲きます。それで、その前にカワヅザクラ、そしてサカバザクラが春に咲くというご提案でございます。

 さらに、私一つ考えまして、考えたといいましても、ちょっと私はいい考えかなと思いまして、インターネットを検索しましたら、当たり前で世間でやられていることに気がつきまして、ちょっとがっかりしたのですけれども、これも一つの方策かと思いますけれども、今現在城峯公園で冬場にイルミネーションをやっております。ライトアップとあわせてやっているわけでございまして、そして商工会青年部につきましては、役場庁舎裏におきまして冬のイルミネーションをやっていただいているわけでございまして、このイルミネーションを冬場だけでなくて、夏場も活用したらどうかなという考えを持ったわけです。

 そうしましたら、これは関東地区を含めまして、日本全国各地で夏場のイルミネーションのイベントを開催しているというのが非常に多くの箇所でございます。多くといいましても、数的に言いますと数えるほどになりますけれども、これがまた冬と違った趣で、若いカップル等にもかなり人気がある、また家族連れにつきましても人気があるということでございますので、せっかくある資源でございますので、1年間に1度ではなく、そういったものも夏に使って、観光客誘致につなげられるのではないかというふうな考えも持ったところでございまして、さまざまな手を使って町のPR、そして観光名所の発掘等をやっていきたいというふうに思っております。



○議長(小井戸英夫君) 7番滝沢邦利君。



◆7番(滝沢邦利君) サカバザクラは、植樹の際、個人をはじめ生涯学習のクラブあるいは各団体に参加していただくのはいかかでしょう。特に1/2成人式、それから成人式を迎えた人。1/2成人式は10年後に成人します。それから、成人式を迎えた方は、ちょうど町にいても、あるいは残念ながらほかの市町村に住んでも、子供の生まれたころに、自分が植樹したよということは強烈に印象に残っているはずです。それを見に行こうかと。家族あるいは親戚、あるいは友達に、俺が植樹した桜があるのだよというようなことで、神川町に訪問するというチャンスを与えるということにもなると思います。

 それには、サカバザクラ植樹式典というのを開催し、神川町の町民参加の植樹風景をメディアに仕掛けて広めていくのはいかがでしょうか。そして、さらに毎年アニバーサリー式典、これは先ほどの1/2成人式も申し上げました。成人式の方も、あるいは小中学生の代表の方でも結構です。参加できる方は参加していただいて、特に子供からお年寄りまで、老人クラブも含めまして、みんなが楽しめる我々の公園だよと、こういうのをやっぱりきちっと知っていただくということが重要だと考えております。そういうことについても行政のお考えをお聞かせいただければと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) おもしろいアイデア、提案ありがとうございます。特に先ほどご提案がございました1/2成人式等につきましては、おもしろいアイデアかなと思います。町としましても、いろんな方法、そういったものを活用してPRに努めていきたいと思いますので、今後ともお力をかしていただければと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 以上で、7番滝沢邦利君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、12番廣川学君の質問を許します。

 廣川学君。

              〔12番 廣川 学君発言〕



◆12番(廣川学君) おはようございます。熊本の方々には、お悔やみ、お見舞い申し上げます。

 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。6月の定例会ですので、例年どおり人口減少対策についての質問から始めさせていただきます。

 日本各地で人口減少対策が言われて長くなりますが、今年度の神川町独自の施策というのはあるのでしょうか。昨年の一般質問に対する答弁で町長は、人口減少対策の第1は子供を産むこととされておりましたが、産むためのその施策はあるのでしょうか。

 昨年度の全国出生率が2年ぶりに上昇に転じ、21年前の水準近くまで回復し、1.46となっています。埼玉県は1.34で、0.3ポイントの微増となっています。それでもまだまだ人口がふえるという数字にはなりませんし、その出産の前に、結婚してもらうことこそ必要だと思うのですが、結婚相談の昨年度の実績、成果はどのようになっているのでしょうか。例年質問させていただいておりますが、相変わらず町がかかわれる婚活というのは余りないのでしょうか。新たな試みに期待したいのですが、いかがでしょうか。

 そして、きずなを育む施策についてですが、地元を愛する、そしてコミュニティーの強化につながるような施策を町は何か考えているのでしょうか。例えば先ほども出ました、庁舎裏で行っている商工会青年部の方がメーンで尽力してくださっているイルミネーションは、大人ももちろんですが、子供たちにとっても、明るいうちから暗くなるまで遊んでいられるという特別感はとても大事な思い出になることだと思います。神泉の納涼祭ももちろん同様です。それらを含め、町で考えている施策というのはあるのでしょうか。

 都会ではなかなか、地元意識というか、その土地を愛し、きずなを深めるのは難しいようです。ただ、ここ神川町でも、仕事などの忙しさから、必要以上に交流を持たない方が多くなっているようです。神川町で生まれ育った方々が、再び交流を持ち、つながりを回復してくれれば、それによりきずなや縁が広がっていくと考えます。

 今、各地で行政が絡んだ同窓会が行われているそうです。新潟市や前橋市など幾つかあるのですけれども、我が神川町でその同窓会を行うことは可能でしょうか。現在他の自治体で行われているのに町で行うのは難しいという答弁は、つじつまが合わないと思いますので、よろしくお願いします。

 続きまして、保育士の労働環境についてですが、町の現状はどのようになっていますか。国が介護士や保育士の待遇改善を掲げています。先日の政府決定4計画の中で、介護士に関しては数字まで示されていますが、保育士では処遇改善という言葉のみとなっています。漠然と保育士の給与あるいは賃金が上がるように我々国民は感じてしまいますが、給与等のシステム上、賃金等を上げるというのは難しいのではないでしょうか。それでも町としては、処遇改善として実際に賃金を上げることを考えているのでしょうか、お答えください。

 そして、保育士の確保についてですが、今年度は丹荘、青柳両保育所で、それぞれ前所長先生が臨時職員として勤務されています。子供をお願いしている保護者としては、保育士が確保できないのではないかと心配をしております。臨時職員かどうかは保護者には関係なく、どの先生にも同じことをもちろん期待します。しかし、同じように働いて賃金が違う場合、保育士として勤務しようとは思わなくなってしまうのではないでしょうか。その結果が、前所長の勤務ということになっているのではないですか。保育士の確保状況は大丈夫なのでしょうか、明快にお答えいただきたいと思います。

 最後に、1/2成人式についてですが、先ほどもちょっと話が出ましたが、その意義、目的は何でしょう。そして、既に昨年、ことしと2回行われておりますが、その2回の評判はどのようですか。

 1/2成人式は、将来の夢を考えさせて、目的を持って学習等を進めていくことはとても有効だと考えます。そして、1/2成人式で児童たちが宣言した内容をキャリア教育に活用する考えは、町としてあるのでしょうか。

 例えばことし1月16日の1/2成人式で、112名が将来の夢と希望を発表しました。その中で一番多かったのは、パティシエ、パティシエールが8名、ケーキ屋さんが3名、お菓子店が2名、パン屋さんもいました。つまり1割もスイーツに興味を持っている児童がいます。町でその児童たちをメーンに、パティシエの方を招いて話を聞いたり、実際にスイーツをつくったりできたら、彼らの夢を応援できるのではないでしょうか。もちろんほかにも野球選手、サッカー選手、バスケットボール選手、先ほど出た保育士や幼稚園の先生も多かったです。残念ながら町長や町の職員はいませんでした。議員もいませんでした。

 町外から専門家を呼べれば、それはそれでいいのですが、PTAや町内の方に話していただくのも、先ほどのきずなにもつながるかと考えます。町として、そのような試みは考えられるのでしょうか。例えば生涯学習の講座などでもいかがでしょうか。政府も進めるキャリア教育に特筆されるような内容になると思うのですけれども、ぜひ進めていただきたいと考えます。

 以上3点になります。以上で登壇による1回目の質問を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、廣川議員の神川町の人口減少対策についての、神川町独自の人口減少対策についてのご質問にお答えいたします。

 国のまち・ひと・しごと創生法が平成26年11月に公布され、その第10条において、市町村独自のまち・ひと・しごと創生総合戦略を平成27年度中に策定することを努力義務としました。これを受けて町では、ことし3月に策定をいたしました。

 総合戦略の素案の作成に当たりましては、昨年3月に転出入者150名を対象に行ったアンケート結果に加え、国が統計情報を広く公開している地域経済分析システムを参考に現状把握を行いました。それらによりますと、通勤条件や自然環境、子育て環境について、各世代や生活スタイルの違いによってニーズは異なるものの、神川町の有利な点をより生かすことが大切であることを再認識することができました。

 これまで議員へお答えしてきたとおり、人口減少対策として私が最も重要と考えていることは、子供をふやすことである認識に変わりはございません。しかしながら、国全体の出生率の低下に歯どめをかけるためには、国、県、市町村が一体となって持続的に取り組む必要があることも事実であります。

 それを受け、町としましては、多子世帯保育料軽減事業、いわゆる第3子以降の保育料の無料化の施策に加え、認定こども園の新設、食育施策の充実等による子育ての魅力アップ事業など、町独自の子育て環境の整備充実を図り、子育て世代の定住促進に努めてまいりたいと考えております。

 一方で、他市町との人の移動の観点から申し上げますと、一言で言って神川町がまさるポイントは地価の安さであると考えます。これは、議員がかねてより提唱されている「住むなら神川町」につながる要素でもあります。土地購入に関しましては、戸建て住宅や集合住宅を建設する際、他市町に比べ数百万円単位のメリットが得られるケースも珍しくありません。

 町の土地利用においては、農用地の保全の立場から、農業振興地域の整備に関する法律等により、農用地の転用、開発が大きく規制されていることはご承知のとおりであります。しかし、今後の町の振興、発展を図る上で、農用地や自然環境の保全とのバランスに注意しながらも、土地利用計画の見直しを検討する時期が来ていると感じております。平成30年度からの10カ年の町のあり方をデザインする第2次総合計画の策定においては、十分にその土地利用計画に関する議論を進め、人口減少の抑制に努めてまいりたいと考えております。

 次に、町の結婚相談についてのご質問にお答えいたします。町では、社会福祉協議会におきまして、結婚を希望する方の相談に応じるための結婚相談所を、毎月1回、第1水曜日に、総合福祉センター内に開設しております。現在では4名の相談員が、相談日に2名体制で、出会いの場を提供するとともに、助言や援助を行っております。

 昨年度の実績では、男性6名、女性1名、計7名の方が登録をされています。登録の情報につきましては、児玉郡市の社会福祉協議会が協力して、登録者の中に条件が合う人がいましたら、相談員が相手に方に確認し、相談員同席のもと、いわゆるお見合いをすることになります。昨年度の相談実績としましては、来所7件、他の社協との資料交換が10件、うち3件はお見合いをしております。

 また、婚活イベントとして、児玉郡市の社会福祉協議会との共催により、婚活セミナーや婚活パーティーが開催されました。婚活セミナーは、講演会と親の交流会の2部構成で、講演会には90名、親の交流会には58名の方の参加があり、町からも講演会に7名、親の交流会に5名の方の参加がございました。

 一方の婚活パーティーは、婚活クリスマスパーティーと婚活バレンタインパーティーと称し、2回実施していただきました。両パーティーとも男女12名ずつの参加があり、全体で6組のカップルが成立しました。その中には神川町在住の男性2名が含まれており、私も今後の進展を期待しているところでございます。さらに、今年度は婚活パーティーの開催数を4回にふやし、当事者を対象とした講演会の開催を計画していただいております。

 また、新たに、児玉郡と大里郡の7市町が共同で取り組む埼玉県北部地域地方創生推進協議会が立ち上がり、さまざまな事業の一つとして婚活支援事業を検討しております。

 今後も、婚活イベントや結婚相談所の情報などを町の広報やホームページ等に掲載し、周知を図るとともに、関係機関と連携を図ってまいりたいと考えております。

 次に、きずなを育む施策についてのご質問にお答えいたします。まず、議員の質問については、人口減少対策につながるイベントのあり方についてのご提案でもあると受けとめたところでございます。質問の中にもありました商工会イルミネーションにつきましては、商工会青年部を中心とした商工会員の皆様の熱意が生み出した効果に敬意を表するものであります。町も城峯公園を拠点とした同様のイベントを企画しておりますが、今後も先進地のイルミネーションを参考に、改良、工夫を進めてまいりたいと考えております。

 また、同窓会開催についてのご提案ですが、近年同窓会開催の代行サービスについての報道を目にする機会がふえてまいりました。年齢を重ねるにつれ、個々の生活環境が変化していく中で、たとえいっときであっても、神川町での生活を懐かしんでいただける機会は大変有意義だと思います。

 代行サービスなどの報道がされる背景には、開催に当たって事務的な労力が甚大であることが大きな要因であると考えられ、その部分を行政が担うことにより、途絶えかけたコミュニケーションを復活させることの意義も十分理解できるところでございます。

 現時点では、総合戦略にあるきらり☆サポート事業の活用や北部地域7市町の共同事業における助成などが一つのヒントではないかと考えておりますが、議員のご提案のように、積極的に行政が主催する事業のあり方についても、今後は情報収集に努めてまいりたいと考えております。

 続きまして、保育士の労働環境についての町内の現状についてのご質問にお答えいたします。現在町の公立保育所2カ所では、正職員12名、非常勤職員3名、臨時職員18名、パート職員6名の計39名の職員で子供たちの保育に当たっています。非常勤職員、臨時職員の勤務時間は、正職員と同じ、朝8時半から夕方5時15分までとなっています。また、町では、朝7時半から8時半までと、夕方は4時半から6時半まで時間外保育を実施しておりますので、この時間帯については、時間外保育のパート職員のほか、朝は正職員が、夕方は提示勤務の臨時職員が当番で当たり、時間外保育を実施しています。

 賃金につきましては、経験年数等を考慮して決定しており、その状況は、郡市内の他の公立保育所と比べてほぼ同額となっております。有給休暇や特別賃金など、その他労働条件については、本人の希望する勤務条件等も考慮しながら、町の臨時職員の採用及び勤務条件に関する要綱に基づいて勤務していただいておりますので、町で雇用している他の臨時職員と条件は同様となっております。また、福利厚生面においても、ほとんどの臨時職員の方が雇用保険、厚生年金、健康保険に加入している状況でございます。

 今後も勤務いただく方の意見等をお聞きしながら、各種法令を遵守し、適切な労働環境の整備に努めてまいりたいと考えていますので、よろしくお願いします。

 次に、保育士の確保についてのご質問にお答えします。保育所を運営していくには、児童福祉法に定められる児童福祉施設最低基準を遵守する必要があります。そのため、預かる子供の数により、最低限必要とされる保育士の数が決まってきます。町から待機児童を出さないためには、状況に応じていかに保育士を確保することができるかが重要です。

 保育士の確保に当たりましては、町ではハローワークや広報等を通じて求人を出してまいりました。しかし、そこからの応募は必ずしも多くはありませんでしたので、職員の人脈等を活用し、実績や人柄など信頼できる保育士の確保に努めてまいりました。

 保育士の確保が困難なのは、神川町だけではなく、全国的な問題となっており、待機児童が出てしまう大きな要因の一つとされております。潜在保育士が、処遇の低さゆえ職場復帰しないことが保育士の確保を難しくしているとし、国では待機児童の解消に向け、一億総活躍国民会議において、保育士の処遇改善について、2017年度から新たに2%相当の処遇改善を行うと発表しました。これにより、民間保育所については、処遇の改善状況に応じて改善部分に対する補助が受けられることになると考えられますが、公立保育所についてはどのような財政支援があるのか今のところ未確定であります。

 今後、一億総活躍国民会議でどのような議論が行われるのか、国の制度がどのように改正されるのかを注意深く見守りながら保育士確保に努めてまいりたいと考えております。また、現在町で計画している認定こども園は、一つの園にすることで保育需要を満たし、あわせて保育士の弾力的な配置にもつながると考えておりますので、こうした観点からも認定こども園計画を推進してまいりたいと考えております。

 続きまして、1/2成人式についてのご質問につきましては、教育長より答弁させますので、よろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 町長より指示がありましたので、廣川議員の1/2成人式についての1/2成人式の意義、目的、評判についてのご質問にお答えいたします。

 町では平成26年度から、これまで2回、町内全ての小学4年生を対象に、夢と希望を語る集い、1/2成人式を開催しております。1/2成人式は、学年単位や学校単位では開催される事例がありますが、町を挙げて、全ての小学4年生を対象に、子供たちがみずから夢を語る機会を設けたこの式は、県内でも例のない貴重な取り組みであると考えております。

 この式の目的は、夢と希望を育み、10代としての目標を持たせ、その目標に向かって努力できるようにすることです。そして、一人一人の児童が、多くの方々の前で夢や希望を語る貴重な経験を積むことにあります。また、この式では、児童と保護者が手紙交換を行う企画を設けております。児童が、今までの生活を振り返り、感謝の気持ちとこれからの目標を保護者に伝え、保護者の方からも温かい応援のメッセージを児童に伝えていただきました。保護者からも、とても感動したとの評価をいただいております。

 今後とも児童が夢や希望を語る姿を見届けていただくとともに、その夢を支援していただけるようお願いしたいと考えております。

 次に、児童たちのキャリア教育への活用についてのご質問にお答えいたします。各小中学校では、各教科や教育活動において、働くことの意義や社会に奉仕することの喜びなどを学ぶとともに、生産や販売、産業について、調査、見学、体験を通して計画的にキャリア教育を進めております。昨年度小学校では、1/2成人式に加え、元プロ野球選手による講演等を行いました。中学校では、看護師による講演や町内の53事業所のご協力をいただいた神川町社会体験チャレンジ事業等を実施し、キャリア教育の充実を図ることができました。

 今後も、子供たちが1/2成人式で語った夢や希望を育むために、さまざまな職業の方のお話を聞ける会や体験活動の場を設けていきたいと考えております。また、地域の方々にも講師等をお願いし、子供たちのキャリア教育充実に努めていきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 12番廣川学君。



◆12番(廣川学君) 1つずついかせていただきます。

 まずは人口減少対策についてですけれども、3年前、4年前でしたか、町から出る人、入る人に、何で神川を選んだ、あるいは神川からなぜ出ていくのかということをアンケートできないものかということで、この場でお聞きしたところ、すぐに担当の方がアンケートをとってくれたということで、それが活用できているというのですか、それがデータとして使えるようになっているというのは非常にうれしいことでございます。

 先ほど町長の答弁にもありましたけれども、住むなら神川というふうに思ってもらえるためのことをいろいろと考えていくというのは非常に重要なことで、子育てを神川で行ってもらうということで、第三者の話もありましたけれども、もう過当競争になっていまして、ほかの地区となかなか区別するのは難しいのかなと。そうすると、特別感のあるものというのを考える必要が出てくるのではないかなというふうに考えます。そのために、先ほど言ったイルミネーションもそうですけれども、神川町っていいね、ここで生まれてよかったねと思ってもらえることに対する施策というのが重要になるかなというふうに考えます。

 先ほどの答弁では、前向きに考えていただけるというようなニュアンスだったと捉えておるのですけれども、それで合っているのでしょうか。

 同窓会をなぜ言い出したかというと、ほかの地区でやっているからということではなくて、結婚をするよい時期である方々が、結婚をしないで結構たくさんいるというのを耳にしまして、その人たちの横のつながりが確保できたら、ちょっと変わるのではないかなというのを思ったのです。それで、そういえば同窓会でつながるのはどうだろうと。

 実は個人的な話なのですけれども、私は生まれが隣の児玉町なのですけれども、中学の同窓会を30年ぶりに、45のときですか、行いまして、それもたまたま偶然同級生が町のお祭りで出会って、そこで何人か集まって、せっかくだからもっとたくさん集めようということから始まったと聞いております。

 だから、何かのきっかけでそういうものが広がっていくのではないかなというのを実感もしておりますので、神川町の方々、町に残っている方もいて、それでも同級生のつながりは余りないというのも聞きますので、子供の学校のとかではなく、ぜひ個人の大人としてつながっていただけるような、もちろん子供がいないと子供の学校のつながりはないですから、それのきっかけになれればいいなと。それを町ができないかなと考えていた後で、新潟市や前橋市がやっているということに気づいたという形なので、細かい問題はあるでしょうけれども、ぜひ前向きに進めていただきたいなというふうに思います。

 ちょっと戻ってしまうのですが、結婚相談のことなのですけれども、その昔というか、以前に質問させていただいたときには、結婚相談に訪れる方も少なく、イベントもほとんどない状態だったのです。それが、毎年6月にこの質問をさせていただいて、いろんな反応をいただいて、町で町民の方に出会っても、「廣川君、結婚相談はどうなった」というふうに聞かれるぐらいになりましたので、そういう動きが、国全体もあるのでしょうが、少しずつ動いて、イベントも2回から4回にことしはなるということなので、それがきっかけで結婚が進むというのは非常にうれしいことだなというふうに思います。それは、やっぱり言い続けることも大事だったかなというふうに考えております。

 町として行政がやるということには、やっぱりどうしてもネックになる部分があるのだということですけれども、比較的動きがよくなってというか、いろんなイベントが活性化したという理由が何かあるのですか。これは、ここ一、二年がすごく動いているような気がするのですけれども、やっぱり国の方針なりなんなりということが理由なのでしょうか、その辺をお答えください。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) それでは、2回目の答弁ということでお答えいたします。

 廣川議員におきましては、長期間にわたりまして、この問題につきましてはいろいろご提案等をまたいただいているわけでございまして、大変ありがとうございます。

 今の時代、人口をふやすといっても、結局は自治体間の人のとりっこになっているのが現実でございまして、今まさに各自治体におきましても、それに気がついてきて、そういう問題でなくて、とにかく人というものがふえなければだめだよということに気がついてまいりまして、いろんなチャレンジが行われているわけでございます。

 そういった中で、町としましても、社会福祉協議会等にお願いしまして、郡市連携、また今後はさらに広域連携ということでいろいろ話を進めていく予定でおりますけれども、私のこれも個人的な今考えの中にありますけれども、私は、今現在の社会福祉協議会は半官といいますか、半分は公というような形で考えられるのかなと思います。そういった中で、いろいろ動ける制約等も出てくるかと思います。情報等の問題もあるかと思います。その中におきまして、私が今考えておりますのが、民間事業者との連携はできないものかということで今調整を進めているところでございます。

 民間事業者といいますと、簡単に言いますと、民間の結婚相談といいますか、そういったところなのですけれども、ただ問題なのが、民間ですと、余りよろしくはないとは思うのですけれども、お金が絡んでくるということが一つのネックになってくる、また壁になってくるのかなというふうに思います。これがうまく取り払うことができれば、民間のそういったデータを持っているところとタッグを組むのも、また一つの手かなというふうに考えておりまして、今連携調整をしているところでございます。

 最近は地域とのかかわりを持ちたくない、なかなか持たない人がふえてきております。そういった中で、私の好きな言葉の中に「縁は切るものではなく結ぶものである」という言葉、私はこれを機会あるごとに、こういったものを言わせていただいているのですけれども、まさに縁は結ぶものである。そういった中で、地域住民の縁が深まっていけば大変ありがたいかなということでございます。

 その一環として、議員ご提案のございました同窓会への支援でございます。これにつきましても、今現在全国でもかなりの自治体がこういうものを実施しておりまして、地元の施設といいますか、神川町であれば神川町内で同窓会をしてくれた団体については、その一部費用を援助しますよと、ぜひ地元で開催してください。そうすることによって、地元地域に帰ってくる、地元を愛する心が芽生えてくるのではないかというふうな感じもあるかと思います。また、同窓会で会うことによって、同世代のカップルも誕生し得る、これも必ずしも間違っていないかというふうに思っているところでございまして。

 また、もう一つには、やはり私がこれは前々から言っていることなのですけれども、きょうも傍聴人の席を見ますと、非常にそれなりの貫禄をお持ちの女性陣の方が多くおられまして、私は、ちょっと言葉は失礼に当たるかもしれませんけれども、おせっかいばあさんといいますか、そういった仲人をしてくれる、地域を知っている方々が地域の若者同士を結びつけてくれる、そういったことを期待しまして、言葉は決まっているわけではありませんけれども、そういった方々を仲人に認定して、委嘱して、地域で活動していただける、こういった考えも今現在持っているところでございまして、実現できる方向でいければなというふうに思っているところでございます。

 国の動きもいろいろありますけれども、地方は地方として、自分の、それぞれの立場で考えていかないと、これからは乗りおくれる、また衰退の一途をたどることは確実でございますので、そういった中で積極的に話をまた進めていきたいというふうに思っております。



○議長(小井戸英夫君) 12番廣川学君。



◆12番(廣川学君) 3回目になります。

 この地域で皆さん、近隣の市町村は、やっぱり同じように考えていることで、そういうイベントがふえてきているというふうに捉えればいいのかなというふうに考えました。

 それで、先ほどの同窓会なのですけれども、やっているのが新潟市や前橋市など、例えば1学年にすると相当な数がいるような場所なのです。我が神川町は1学年が、学年にもよるのですけれども、今の中学校で言うと150人ぐらいということなので、できれば1学年だけではなくて、例えば30歳と35歳とか、2学年あるいは3学年ぐらい。くっつけると、もめごとが起きそうなので、できれば5つぐらい離していただけると丸くおさまるのではないかなと思うので、そのぐらい置いて、もっと軽い感じでできると、同窓会に行くのって結構覚悟が要るのだよとある方に言われまして、今の現状を知られてしまうというか、そういうので、なかなか行きにくい部分もあるのだよという話を聞いていますので、軽い感じで、この年生まれの方はぜひ来てくださいという形がとれると、きっとたくさん足を運んでいただけるのではないかなと思いますので、細かいことにはなりますが、そういうことも考えていただいて、ぜひ前向きに進めていただけるとありがたいと思います。いかがでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 議員ご提案の件につきましては、非常におもしろいアイデアかなというふうに思います。ただ、やはり1学年であれば、そこそこの人数なのですけれども、仮にそれが2学年となりますと、単純計算で倍になります。そうしますと、神川町内で受け入れる施設があるかなということも課題の一つかなと思います。

 ただ、やり方で別に、簡単に言うと、宴会的なものでなくても立食的なものであれば、考え方によりますけれども、母校を利用するのも一つの手かなというふうに思いますので、その点につきましては、また今後検討させていただいて、またさらによい知恵がありましたら、またご提案いただければ大変ありがたいということでございます。よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 12番廣川学君。



◆12番(廣川学君) では次、保育所の件に行きます。

 確保するのがとても困難で、近隣も苦労しているということだとすると、普通に一般で考えると、では状況をよくして神川に来てもらうということを考えるべきではないかなというふうに思ってしまうのですが、そこは行政のつらいところなのでしょうか。

 先ほど1回目の質問で申し上げたのですけれども、職員となると、給料を上げることはやっぱり難しかったりしますし、例えば先ほど臨時職員は、町内の臨時職員は全部一緒でということで、仕事で、これはつらくて、これはつらくないということはもちろんないのですけれども、一緒に働いている方と金額の差がある場合には、やはりちょっと何か違うのではないというふうに思われてしまうのではないかなというのをすごく感じますので、処遇改善が、先ほど町長から2%かという話がありましたけれども、実際にどうなるかというのが全く見えない状況で、違った金額で同じ仕事をさせるということでは、どうしても人は集まらないのかなと。

 ただ、神川町の保育士さんは優秀な方が多いので、人脈で今つないでいるという状況なのですけれども、必ずこれがずっと続けられるという保証はもちろんないわけで、その辺の危機感を持ったほうがいいように感じるのですけれども、その辺はどのようにお考えでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 第1回目の答弁の中で、私どもの職員の数等申し上げたところでございます。ただ、国の言うように、同一職種であれば同一賃金というのは、これは理想かと思います。ただ、その中におきまして、それぞれの雇用形態というのもあるかと思います。もちろんこれは行政ですから、ある程度の決まり事の中で話を進めていく必要があるかと思います。ただ、働く側のほうからの条件というのもございます。中には、よく言うように、扶養の範囲内でとかいうことが言われますけれども、そういったことも一つの条件に出てくるかなというふうに思います。

 私がやはり保育所等に行ってみる限り、保育所の保育士さんにつきましては、大変だという感想はいつも持っております。ですから、その中でできることは何があるかということの中で、一昨年だったですか、クラスリーダーの保育士につきましては手当を支給ということで、少ない金額ですけれども、月5,000円という手当をつけさせていただいております。

 また、賃金につきましても、簡単に言えば、ゼロ歳、要するにちっちゃいお子さんを預かっているというのは、非常に危険性もあるし責任もある。大きい子は、比較的楽だという面もございます。そういった中で、ある程度の差をつけてもいいのではないかという提案は担当課にもしているわけでございまして、ただ公でやることですので、その賃金的なものにつきましては、条例等で決まっているわけでございまして、よそとの兼ね合いもございます。そういった中で運用せざるを得ないのかなというふうに思います。

 ただ、私個人的に言いますと、この給料表等を見ましての、これが一般の社会と比べて高いか安いか、一般の会社の労働条件等もございますけれども、そういった面も考えてみますと、現在の世間相場からいえば、そこそこ支給されているのではないかなという感じは持っております。ただ、先ほど言いましたように、私の個人的な感情の中で、大変な仕事だということは十分認識しておるところでございまして、改善できるものであれば改善していきたい。

 そういった中で、1回目の答弁でも申し上げたとおり、認定こども園等につきましては、そういったことが実現できた暁には、職員のある程度の融通もきくということになります。そういった中で、多少のそういう賃金の改定も、可能かどうかはまた別にしまして、考えていきたいというふうに思っているところでございます。



○議長(小井戸英夫君) 12番廣川学君。



◆12番(廣川学君) 3回目になります。給料を上げるのは、ほかとの兼ね合いもというのは必ず出てくるのですけれども、先ほども言ったとおり、神川はということができると本当はいいのかなと。だから、町長が最後に言われた、改善の方向で考えたいということなので、それに期待をしたいと思います。

 町長もおっしゃっていましたけれども、私も去年等、先生のお手伝いで、体験保育士というのをやらせていただきました。とにかく大変で、先生たちのすごさを実感したという1日でした。その状況と金額が折り合わないと思われてしまうと、やっぱり退職されてしまうのかなという恐怖がありますので、先ほど最後におっしゃった、前向きな賃金のほうにというのですか、処遇の改善のほうを具体的にぜひ考えられる方向でお願いしたいと思います。もう一度お願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 前向きに検討させていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 12番廣川学君。



◆12番(廣川学君) それでは、最後の1/2成人式についてですけれども、意義目的ということで、私もとてもいいものだなと。とにかく職業柄、児童生徒と接する機会が多いのですけれども、将来どうしたいと聞くと、夢を語れないというのですか、何になりたいと言えないという、この現実があって、それはある程度知ってしまうからこそだと思うのです。保育園児とかに聞くと、仮面ライダーゴーストになりたいという子がいっぱいいたりはしますけれども、だんだんゴーストにはなれないということがわかってきて、現実を見てきて、では今何がというのは考えられないという状況が中学生なんかには多いのかなというふうに思います。

 2年生で職場体験をするのですけれども、やっぱり町内の業者は、協力していただけるところは数ありますけれども、限られてしまう職種で、いろんなことはできないし、あるいはそこに行きたいけれども、ジャンケンで負けるとかということもある。そうすると、先ほど言ったようなことを、町内の方を含めていろんな人に話を聞く。

 先ほどの野球選手というのは森本稀哲選手だと思うのですけれども、青柳小だけだったのですよね。プロ野球選手になりたいという子はほかの小学校にもいたわけですから、ぜひそういう子も話を聞ける状況がつくれたらよかったかなと。

 それで、県のほうで今、青少年夢のかけはし事業というのを、私が言ったようなことをやっているのです。バレー選手とか弁護士と話そう、パティシエになってケーキをつくりたいとか、これがあるのですけれども、県のほうはやっぱり県の中で何名なので、これに当選する確率はやっぱりちょっと低いのかなと。

 ですから、町で何とか、これの一部でも、1個でも2個でもできるといいのかなというふうに考えますので。いろいろと学校が絡むと、どの授業でやるのかとか、なかなか面倒くさいことになるかと思うのですけれども、先ほどちょっと言った生涯学習絡みで、町の、土曜日にやってもらうとかということができると、比較的町でもやりやすいのかなと思うのですけれども、その辺はいかがでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。



◎教育長(高澤利藏君) ただいまのご質問にお答えします。

 議員さんのおっしゃるように、確かにこのキャリア教育というのは大切であります。特に最近の状況を見ますと、大学生なんかでも、最近は1年生からキャリア教育をやっています、1年から3年まで。同じように神川町でも、大人になってからではなくて、青少年のうちからやる必要があるのだろうというふうに思っています。なぜかというと、そのキャリアをですねとることによって、素直な心とか感謝の心とか、奉仕の心とか謙虚な心とか、あるいは反省の心、こういったものを養えるのです。学校教育の学校の現場だけでは、なかなかそういう面に接することはできないということがありまして、特に最近では注目されています。

 各学校におかれましては、もちろん各学校の校長の教育方針もあります。そういう中でいろいろと考えられるわけですけれども、やはり外部の人の外部講師というような形で、招いてお話を聞くということは非常に大切なことが多いと思います。ただ、それは教育の内容との関係がありまして、教科との関係あるいは教育活動の関係がありまして、そういう中で取捨選択してやっているというのが現状であります。

 私も相談を受ければ、そういう仲間でもいっぱいいますので、すぐ紹介することはできると思うのです。夢のかけはし事業のほうの県のほうの形の場合には、競争率が大変激しいものですから、なかなか担当者が見つからないというのが現状です。

 それから、やはり各学校では年間の計画がありますから、その計画の中で、この時期にというのが必要なのです。ところが、その時期にうまく当てはまればいいけれども、なかなかそれがうまくいかないというようなことでちゅうちょしているような状況を見ます。

 つい先日、栄養教諭、新しく今度栄養教諭がかわったのですけれども、給食センターのほう。その方に小学校のほうに講師で行ってもらいました。子供たちの目の輝きといいますか、違います、やっぱり。ああいうのを見ていると、将来はああいった道に進みたいということも出てくるのかなと思うのです。特に最近は、子供たちの中ではパティシエとか料理人なんかになりたいというような傾向が結構ありますので、これもキャリアを積んでいく中で、中学になれば多分変わってくるかなというふうに思いますけれども、より多くの成果を上げるためにも、そういった外部講師を招いてキャリア教育を積ませたいなというふうに思っています。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 12番廣川学君。



◆12番(廣川学君) 最後になりますけれども、生涯学習でという話の答弁をいただいていないのですけれども、先ほどの前の質問になりますけれども、きずなの関係で、町の方にしゃべっていただくというのですか、お話ししていただいたり、実際に仕事を見せていただいたりということがあるとおもしろいのかな。できれば、話を聞く場合には、幾つかの職業の方に来ていただいてやっていただくというのもおもしろいのかなと思いますので、ぜひ前向きに。

 どういうふうにやるか、先ほど言ったとおり、教育長がおっしゃったとおり、学校の授業の中でやるのは非常に難しいというのはみんなわかっているのですけれども、何とかそれを、先ほど言った生涯学習だったり何なりで、町のこととして、神川町はこんなことをしているよというのが出せるぐらい、町としてやっていただけるという方向は難しいのかお答えいただきたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。



◎教育長(高澤利藏君) 失礼しました。生涯学習のほうでも、年間の中で講座を設けまして料理教室等をやっております。詳細につきましては、生涯学習課長のほうからお話しさせてもらいたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(大谷直久君) 詳細な形になりますので、私のほうからちょっとご説明させていただきたいと思います。

 先ほど廣川議員さんから、1/2成人式、パティシエ、料理、そういう関係の子供さんたちが多くいるということですので、私どもちょっと手持ちのところをすぐ調べましたら、平成25年からの資料なのですが、毎年週末子ども教室、これは夏休み以外の土日です。それと夏休み子ども教室、夏休み中の子供さんたちのいろんな機会をつくるという、そういう2つの事業に取り組んでおりまして、年度ごとではないのですが、週末子ども教室ではピザづくり、それから親子料理教室。それから、夏休み子ども教室では料理教室、今の資料ではどんな料理をつくったかはありませんが。それから、去年ですが、スイーツ教室というのがありまして、これは廣川議員のご質問にどんぴしゃかなと思います。こういうものを実施したところが、1/2成人式の子供さんたちの次に将来なりたいというところに継続しているかなと思いましたので、ここで話させていただきます。

 その他親子でそばづくりとか、教育長が申しましたように、いろんな形で、スイーツではないのですが、やっております。

 あとは、消防署に一日消防体験、それから牧場体験、いろいろな形で、子供さんたちの未来に対して、キャリアというか、いろいろな情報を与えるために生涯学習課はやっております。今後もこれ以上に取り組んで実施したいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 短い時間ですので、ちょっと説明がこのような形になりますが、ご了解いただければと思います。



○議長(小井戸英夫君) 以上で、12番廣川学君の質問を終わります。

 質問の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午前11時00分休憩

                                    

   午前11時15分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、2番川浦雅子君の質問を許します。

 川浦雅子君。

              〔2番 川浦雅子君発言〕



◆2番(川浦雅子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従いまして質問させていただきます。

 初めに、学童保育について。日本は現在、働く人の実質賃金が5年連続でマイナスとなり、5%も目減りしている事実があります。労働も非正規雇用がふえて苦しくなり、アベノミクスで格差と貧困が拡大し、国民生活が破壊されています。この状況の中、子供を産み、育てながら働く若い世代の経済的負担を少しでも軽くし、安心して神川町で子育てができる環境をつくり、少しでも少子化に歯どめをかけられるよう努力していただきたい、この立場で質問をさせていただきます。

 神川町では現在、4カ所の民間学童保育所があります。保育料は、一律ではありませんが、3カ所で1カ月7,000円から9,000円で、1カ所運営方法の違いにより4,000円です。おやつ代などを含めると、保護者負担額は3カ所では1万円以上になります。

 神川町の放課後児童健全育成事業の推進についてを読みますと、「学童保育所は、日中に保護者がともに働いていたり、病気や家族の看護などにより、家庭で保育できない小学生を保護者にかわって保育する施設です。町では、町内4カ所の学童保育所に委託し、仕事と子育ての両立の支援及び児童の保護と健全育成を推進しております」とあります。神川町内の全児童651人中、学童保育利用者は173人で、利用率は26.5%になります。上里町では1,784人の児童数に対して利用者は352人で19.7%、本庄市は児童数3,890人で利用者は780人、20%の割合です。神川町は、保護者の職場も自宅から遠いことや就労事情で学童保育利用率が高いです。しかし、町民所得は低いです。仕事と子育ての両立で頑張っている若い世代を今応援しなくて、神川町で生まれ育つ子供がふえるでしょうか。

 上里町も本庄市も公立の学童保育所があります。保育料は所得に応じ、上里町は5,000円からゼロ円です。本庄市は5,500円からゼロ円です。熊谷市は公立と同じように民間利用者にも独自で助成し、保護者負担を軽減しています。皆野町は保育料を無料化しました。

 神川町の担当の方に、保護者負担を減らす方法はないかと伺いましたところ、安くすると、今間に合っている必要のない人まで利用するという内容の発言までありました。公立学童でもなく、独自の助成もない神川町の学童保育は、補助金の交付はありますが、ぎりぎりの運営で、他の市町の公立に比べれば保護者負担が高いです。高いから使えないという実情があります。子供さんが一人で家にいたり、保護者も思うように働けない状況があります。それから、同じ町内の保護者に格差が生じているという問題も出てきます。

 子育て支援の拡充をお願いすると、他の市町の動向を見てとお答えが返ってきますが、上里町や本庄市に公設公営の学童保育所があるのに、神川町は民間委託でやってきました。家賃の補助と民間運営もさらに支えていただきたいと思います。

 そして、子育てをするなら神川町でと本気で考えるならば、保護者負担を減らし、格差をなくす独自の助成をして、待機児童が出るならば公設を考えるなど、思い切った子育て支援をしていただきたいと思います。ひとり親家庭にも手厚い助成がある他の市町の動向も見ていただき、学童を安心して預けられる環境にしていただきたいと思います。町長のお考えを伺います。

 次に、「神川の梨」について。今日本経済の6割を占める個人消費が、2年連続でマイナスという異状事態で、企業の景況感が低水準の中、神川町の安定した雇用をつくるため、産業の発展が地域活性化も含め重要な柱ではないでしょうか。企業誘致の推進と農業従事者の維持を神川町総合戦略が掲げてありますが、その中で特産品の梨について伺います。

 神川の梨の収穫量は、生産者の高齢化、後継者不足、新規就農者も続かず減り続けています。長い年月をかけ育ててきた梨の木そのものを抜いてしまわれる方も多く見られます。

 梨の全国収穫ランキングを見ますと、千葉県、茨城県、鳥取県が上位で、埼玉県はずっと後から出てきます。埼玉県の中では白岡市が出てきます。神川町の地名は、かすりもしません。白岡市や他の産地では、梨の季節が終わっても、梨の加工品で年間を通じて梨が身近にあり、常時梨の産地であることを発進しています。うちの町の梨はおいしいという地元満足で終わらせず、多くの産地がさらに上を目指して工夫しています。

 神川町も課題ではないでしょうか。梨づくりに魅力を吹き込み、生産者を育てることにもっと力を入れるべきではないですか。昨年担当の方に具体策を伺いましたが、考えていると言っていました。先月も伺いましたが、担当の方はかわっておりましたが、考えているところですと同じ答えでした。農業関連補助事業を広報に載せただけでなく、どのような働きかけをしていくのか、どのようなところに呼びかけ、人材を発掘し、梨の振興につなげていくのでしょうか。

 高齢化は加速しています。農業には手間と月日がかかります。神川町のイメージキャラクターは梨の妖精です。妖精が消えないよう、神川町の特産品である梨が先細らない具体策を伺います。

 最後に、イノシシなど野生動物による被害について。ことし2月に、渡瀬地内においてイノシシが出没し、3名の方がかみつかれるなどの被害に遭いました。報道もされ、ご存じの方も多いと思います。目撃情報では、群馬県側から来て、渡瀬小学校南を通り抜けてきた手負いのイノシシであったということでした。

 3名の方は、それぞれが自宅の庭で被害に遭い、イノシシに体当たりされ、倒されたところを肘や膝をかまれた方、さらに倒れてもなお執拗に繰り返し体当たりされ、口とお尻をかじられた方、4回くらい体当たりされ、あと2回くらい当たられたら私は死んでいたと思うと言っておりました。もう1名の方は、ふくらはぎをかまれ、玄関に逃げ、ドアを閉めたところのドアにも傷があります。3名とも別々の病院に救急搬送されました。その後、1名の方は経過もよく、ふだんの生活に戻られ、口をかじられた方は自宅に戻られていますが、完治しておりません。ふくらはぎをかまれた方は、4月に転院し、40日間の入院を経て、先日退院されたばかりです。その2回後にはまたイノシシ目撃情報があり、当日の体験がフラッシュバックし、怖くて、怖くて日常生活が不安だと話しておられました。

 防災課の方に2月の被害者3名を出してしまった検証を伺いましたところ、1人目の方に気をとられていたことは反省すべきことですと言っておられました。被害に遭われた方からも、体験した者でなくてはわからないが、イノシシは恐ろしい動物だ。イノシシはおとなしい、人を襲わないと思っている人が多くいるようだから、危ないことを知らせてほしい。また、別の方も、見かけた場合の連絡先も各家庭に配ってほしいと言っておりました。

 担当課では、迅速な対応で情報を出し、被害を防ぐ努力をされていると思います。リアルタイムに近い情報発信と現場の対応を今後どうしていくか。今回は、情報を出す側も受ける側も、イノシシが人を襲うなんてという声を幾度も伺いましたので、住民への周知も徹底していただきたいと思います。

 そして、被害に遭われた方に対して町に支援制度がないのかと住民の方から相談がありました。担当の方に伺いましたら、前例がないとのことでした。想定外や前例がないと対応していただけないのでしょうか。前例がないほど、今回は特別な被害であったのではないですか。

 担当の方が、数年前、町内で鹿が走行中の車に当たって車が横転したことがあったが、町では何の対応もしなかったし、野生動物と一口に言っても蜂から蛇までいるから、どこまでの線引きかが難しいと言われました。ですが、防災放送で、蜂が出ました、蛇が出ましたとは今まで言っていないように思います。そこに線引きがあるのでしたら、判断はつくかと思います。県や国には、イノシシに襲われた被害者に対しての支援制度がありません。ですが、このようなまれな被害に対して、見舞金規則のその他に該当するか、または状況に応じた支援ができるか、そして二度と繰り返してはなりませんが、これからももし万が一の対応についてもお考えを伺います。

 以上で1回目の質問を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、川浦議員の質問に順次お答えしていきます。

 学童保育についての保護者負担の軽減につながるようにのご質問にお答えいたします。現在町では、町内4カ所の学童保育所を民間事業者に運営を委託し、仕事と子育ての両立支援及び児童の保護と健全育成を推進しております。入所児童数は、議員おっしゃるとおり、平成28年4月現在で173人、町内の児童数は651人ですので、26.6%の児童が学童保育所を利用しております。

 各事業者へ支払う委託費につきましては、国、県の補助金交付要綱に基づき、町も支出しており、学童保育の一層の育成に努めておるところです。保護者の方が各学童保育所へ支払う保護者負担額については、町立の施設であれば町で定めることができます。しかし、町内の学童保育所は民間施設のため、それぞれの事業所が、施設の運営状況を考慮し、保護者の負担額を定めております。保護者負担の軽減措置につきましても、ひとり親世帯や2人目、3人目同時入所者を対象とした軽減措置を各事業は独自に定めており、その結果、町内では4カ所の施設間で負担額に差が生じております。

 議員ご質問の保護者負担の軽減につきましては、各施設で定められた軽減措置のみで、町独自の軽減措置は実施しておらず、このような負担額の差や軽減措置の有無は、児玉郡市内他市町でも同様となっております。町といたしましては、子育て支援の重要課題の一つと捉えておりますので、今後の対応につきましては、国、県の交付金や補助金を活用できないか情報収集を図ってまいりたいと考えております。

 続きまして、「神川の梨」についての農業継承者育成の取り組みと現状のご質問にお答えいたします。神川の梨は、主力品種である「幸水」、「豊水」を中心に非常に人気があり、糖度の高さとみずみずしさは他の産地よりも抜きん出ており、高い評価を得ています。その品質の高さから、県内はもとより、全国でも夏から秋にかけてのシーズンを楽しみにしている方が多いと聞いております。また、町のマスコットキャラクターの「神じい・なっちゃん」は、ともに梨をモチーフにしており、神川といえば梨というイメージ、梨は町のシンボルであると言えます。

 しかし、栽培面積、栽培農家は年々減少しています。平成7年には約63ヘクタールあった梨畑は、現在約27ヘクタール、同じく栽培農家は114軒から50軒と、20年間で面積、農家ともに半数以下にまで減少しております。この大きな要因は、梨農家に限らず、農家全体に言えることですが、高齢化と後継者不足です。特に梨などの果樹栽培は、機械化が困難で手作業が多いため、体への負担が大きく、繁忙期には多くの人手を必要とします。また、専門的な知識や技術の習得が必要なため、梨栽培を選ぶ新規就農者が少ないのも現状です。

 梨農家に特化したものではありませんが、町では、認定農業者への機械補助や県や国と協力した新規就農者への補助を行ってきました。今後は、これらの補助と並行しながら、町のシンボルである梨栽培への新規就農や転向を促すにはどのような施策が必要かを考えなければなりません。

 具体的には、梨栽培の新規就農者への技術指導や圃場の紹介といった営農に直接的な支援と生活支援、住居あっせんなど間接的な支援が考えられます。こうした支援策とあわせて、神川梨のブランドとしての優位性をPRし、後継者や新規就農者の確保につなげていきたいと考えております。

 これらの新規就農者への支援は、現在の栽培農家の協力なくしては成り立ちません。また、就農希望者の意向も調査する必要があります。今後は、町として、梨農家を中心に関係者の要望、意見をしっかりと聞き、ニーズにマッチした支援策を検討してまいりたいと考えております。

 続きまして、イノシシ等野生動物による被害についての被害者支援と今後の課題はのご質問にお答えいたします。近年では、野生動物にとって本来の生息域と集落との境界線がなくなりつつあり、イノシシをはじめ鹿や猿などが道路や住宅地の近くまで出没するケースがふえており、その対応に苦慮しているところでございます。そして、当町におきましても、農作物への被害にとどまらず、大きなけがをされた方がいらっしゃることも承知しており、心配しているところでございます。

 そのような状況の中で、議員ご質問の災害見舞金等の支給につきましては、災害弔慰金の支給等に関する法律に基づいて、町でも条例や規則が制定されております。そして、その中で、災害とは、暴風雨、豪雨、洪水、地震、火災及びその他異常な自然現象により被害が生ずることと定義されており、議員ご質問の野生動物による被害は、自然現象には含まれていないと考えております。また、近隣市町におきましても、同様の状況に対する見舞金などの支給につきましては実施している状況にはございません。

 これらを踏まえますと、まず優先すべきは被害を未然に防ぐための取り組みであると考えており、関係する情報をいち早く地域の皆さんにお知らせするとともに、関係者の迅速な連携による情報の収集や共有、現地パトロール実施など、日ごろから関係各課に指示しているところでございます。

 今後、議員ご指摘の被害者への支援策につきましては、近隣市町だけでなく、県内外の取り組みなど積極的に情報収集に努め、制度化に向けた研究を進めてまいりたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 2番川浦雅子君。



◆2番(川浦雅子君) 学童保育について、2回目の質問をさせていただきます。

 例えば他市町の公立が5,000円として差額を計算してみてください。保育料が7,000円でしたら2,000円が何人、9,000円なら4,000円が何人。ひとり親家庭は、熊谷市では、子供1人につき民間利用者に5,000円助成しています。

 数年前はおじいちゃん、おばあちゃん世代に預けられたかもしれませんが、今社会保障が削られ、定年後も働き続けている方もふえ、大人はみんな働く状況の中で、子供を健全に、安全に預けられる場所が学童保育ではないですか。他の市町が子育て支援が進みつつある中で、子供の数が少なくなっているこの神川町で子育て支援が進まないのはなぜでしょうか。こども医療費や多子世帯保育料など、他では独自で軽減策を考え、実行しています。真っ先にやりました。神川町では他の市町より率先して思い切ってやるべきではないですか。子育て支援は、毎回言いますが、実感できる経済的支援が必要です。

 「神川町は自然環境がいいですね」とよく言われますが、勤め先には遠いです。一般論ですが、「勤め先は近いほうがいいよ」なんて言いますが、そう考えると、神川町は子育て環境がいいところという町にしていかなくては、勤め先に遠く、子育て支援に補助がなく、お金がかかる町では、どう考えても若い世代の定住には結びつかないのではないですか。活気のある町は、子供がたくさんいる町ではないですか。ぜひ思い切ったかじ取りをしていただきたいと思います。それと、家賃補助や土地使用料の助成についてもお考えを伺います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 議員ご指摘のございました学童保育でございます。これにつきましては、町内には4カ所ございまして、それぞれの施設につきましては、梨の実につきましては約560万強、そして青柳学童につきましては555万ほど、渡瀬学童につきましては500万強、丹荘学童保育につきましては600万円ほどの補助金が現在出ているわけでございまして、問題なのは、各施設におきまして、それぞれの保護者負担が違うということでございまして、渡瀬の月5,000円から始まりまして、5,000円、7,500円、それから7,000円、9,000円という形でございまして、平均しますと7,125円という金額になりますけれども、これを仮に1人に月1,000円補助としますと、年間で207万6,000円。それから、一番多く見まして、月額4,000円ほど補助いたしますと830万ほど。これを完全無料化しますと1,500万費用がかかってくるわけでございまして、隣の皆野町におきましては、そういった中ではございますけれども、完全無料化ということで、予算的には1,090万の予算組みをしているということでございます。

 金額的にもなかなか大きい金額ですので、これは単年度で済むことではございません。継続してするようになれば、これは財政的な措置もかなり負担が大きくなってくるかなというふうに思うところでございますけれども、いずれにしましても職員対応につきましては、厳しい答弁といいますか、お答えをしたということで気分を害したかなと思いますけれども、職員は職員の立場としての答弁がございますので、ご了解していただければと思います。

 町としましても、子供が少なくなるという中で、いろんな処置はしていかなくてはならないということでございます。ただ、問題になってくるのが、ある程度公平性も保たなくてはいけないということも、これは行政の立場としてご理解いただければと思います。そういった中で、できればそういった方法がとれれば一番よろしいかと思いますけれども、これも一つの検討課題として考えさせていただければと思いますので、ご理解をよろしくお願いしたいと思います。

 それから……



○議長(小井戸英夫君) 暫時休憩します。

   午前11時41分休憩

                                    

   午前11時45分再開



○議長(小井戸英夫君) それでは、休憩前に引き続きまして、会議を開きます。

 町長。



◎町長(清水雅之君) 大変失礼いたしました。では、引き続きお答えいたします。

 議員ご指摘の家賃補助、土地使用料につきましては、一応委託費の中に基準に沿っての形で補助はされておりますけれども、実情に合った補助金は出ておりません。これにつきましては、調査いたしまして、町といたしましても前向きな方向で考えていきますので、ご理解をよろしくお願いいたしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 2番川浦雅子君。



◆2番(川浦雅子君) 今までそれを余り気がつかなかったのかわかりませんけれども、それが学童保育にとってとても負担であり、保護者に結局は負担が行くことにもなりますし、あとひとり親家庭に対しては、とにかくもっと助成をしていただいて、働ける環境をつくっていくべきではないでしょうか。そこだけはもっと手厚くしていただきたいと思いますが。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) いろいろご指摘ありがとうございます。これにつきましては、誠意を持って調査していきたいというふうに思います。

 また、先ほど出ていました各学童保育の個別の負担額についても、これはお聞きしますところによると、学童保育所によっては、職員の方々の賃金も違うという中で、こういった差が出てくるのかなというふうに思いますけれども、その辺も加味しまして、家賃補助、土地使用料につきましても前向きな姿勢で行きたいと思いますので、ご理解よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 2番川浦雅子君。



◆2番(川浦雅子君) では、前向きな行動に移していただきたいと思います。お願いします。

 では、「神川の梨」について2回目の質問をします。農協で梨の担当の方にも伺ってきました。世代継承のための策は何もしていないのと同じですと言われました。梨だけでなく、農業そのものから離れていく方が多いです。梨生産者の方にも後継者について伺いましたところ、「後継者が育てられなくて悪いのう」と逆に謝られてしまいました。農家個人の問題ではなく、町全体で支えて維持させるべき課題です。安定した生活を送るため、農家の所得をふやす取り組みと生産者育成には、補助事業の拡充も含め、さらに加工品の開発、推進を援助し、梨生産の維持拡大に努めていただきたいと思います。今まで試した加工品もあると伺いましたので、その検証をしつつ、どのようなお考えであるのか伺います。

 それと、もう一つ紹介をさせていただきます。ここに上毛新聞2016年5月22日付の記事があるのですが、鶴舞う形の群馬県の顔の部分、明和町。昨年7月にも認定こども園の視察で議会で伺ったところです。新規就農者2名で、2人とも梨栽培です。1人は大阪出身、大学卒業後、都内で8年間新聞記者を務め、2012年4月に梨農家に就農。もう1人の方は、東京都の職員でしたが、53歳で退職し、家族を都内に残し、単身で明和町に移住し就農とあります。明和町は「梨人(なしんちゅ)」という若手農家グループもあります。先進地視察は行っているとは思いますが、神川町で生かせるものを見つけていただき、もう考えている時間は過ぎたと思いますので、行動していただきたいと思います。いかがでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) いろいろご心配いただきましてありがとうございます。梨農家に限らず、神川ではクジャクソウ等の花卉栽培等もございます。また、稲作等もございます。そういった中で、いろいろ心配はしているところでございます。後継者不足ということで、これは全国的なことなのですけれども、神川町もご多分に漏れず後継者不足ということでございます。

 後継者不足のその一つの原因としまして、苦労の割合に収入が少ないということをよく言われます。そういった親の姿を見ているからこそでしょうけれども、やはり子供さんがいないのではなくて、いても後を継いでくれないというのが現実かというふうに思います。そういった中で、私なんかも梨農家の皆さん方にご提案しているのですけれども、やはり神川だけのブランドで終わるのでなくて、やはり全国的にこれは勝負していかないとだめですよというお話は再三させていただいているのですけれども、なかなか、梨農家はそれぞれ固定客をお持ちのようで、それでさばいて終わってしまうという、その辺の満足の中で終わってしまっているのかなというふうに思います。

 そういった中で、ただ指をくわえているだけではなくて、俗に今現在言われております6次産業。生産して、加工して出荷する、そういったこともご提案させていただいております。ですけれども、なかなか梨農家の方々がそれに乗ってこないといいますか、なかなか人手がないという一つの理由ではねのけられてしまうのですけれども、やはりB級品、C級品をただ単にお土産、また捨てるのではなくて、そういったものを有効活用して2次製品をつくって、それで販売すれば、またプラスアルファが出るのですよと言うのですけれども、なかなかそれにも乗ってくれない。ですから、6次産業につきましては、国、県のほうでもいろいろ補助が出まして、そういった施設をつくることもできます。しかし、なかなか乗ってきてくれないというのが現実にございます。

 また、先般私も、ちょっと言葉に出しましたけれども、カンターレ上里の社長さんなんかもいわく、梨、またイチゴ等、もし余っているものがあれば提供してくださいと、買い取りますよということまで言われているのですけれども、そういったこともご提案差し上げましたところ、取りに来てくれるのであれば出してやってもいいよと。そうすると、逆に言うと、欲しいほうも、個別の農家を回って集めて歩くとかなりの手間がかかってしまうと。そうすると、製品加工するときに、それがコストにはね上がってくると、なかなか採算性が合わないということもございまして、なかなか実現しないのが正直なところの現実でございます。

 かつては神川町も、加工品、農産物加工場を神泉に設けまして加工したところでございますけれども、なかなか原材料の入手が困難になってきて、しまいには町内でなくてほかから仕入れるような現状になってきたということもございます。それも現実でございます。その辺のご理解をお願いしたいと思います。

 いずれにしましても、梨農家に限らず、そういった後継者不足。特につい先日は、新宿の梨農家の方が急逝されまして、結局その方が亡くなったことによって、お持ちの梨畑約5反ほどを今後やめてしまうということで、急な話だったのですけれども、そういったものを単純に抜根して梨を終わらせてしまうのではなくて、やはり全国的に見ればやりたい人もいるのかと思います。

 まずそういったこともありましたので、先日の梨組合の総会におきましても、組合長等にもお話しいたしました。そういった中で、新規就農者が仮にいるとすれば、そういった方の指導ができますかと。ただ、梨はきょうあしたで指導したからといってできるものではないということで、やはり年数がかかる。また、問題になってくるのは、住居の問題、生活支援の問題。こういったものが充実しないと新規就農者が神川町には来られないでしょうという中で、これは空き家バンク等もございますけれども、これからそういったものも含めて総合的に調整していかなくてはならないのかなというふうに思っているところでございまして、これからよろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 2番川浦雅子君。



◆2番(川浦雅子君) 梨の3回目です。先ほども新規就農者の話をしましたが、こういうところを具体的に呼びかけるツールは何かお持ちですか。そういうところを、どんどん人を集めるために、まず神川を知ってもらう。神川の梨を知ってもらう。特にこの2名の方も、梨がつくりたくて来たと言って、なぜ明和町かは書いてなかったのですけれども、ただ明和町には「梨人(なしんちゅ)」という若手グループもあって、精神的支柱となる仲間の存在があったとは書いてあります。だから、そういうものを神川町でまずつくらないと、土台をつくらないと、若い方も新規就農の方も来ないと思うので、まず生産者をふやさないと加工品にも回りませんので、まず生産者をふやすというところを力を入れていただきたいと思います。具体策をお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) これにつきましては、私のほうでも積極的に生産農家に調整に入りたいと思います。今後年齢的にあと何年できるかということも計算できると思いますので、そういった農家を対象にして、新規就農者ですか、先般もちょっと言葉を出させていただきましたが、地域おこし協力隊、国からの補助が出ますので、生活支援を兼ねながら、こういったものもやってくれる人も出てくるのではないのかということで、こういった支援策を有効に活用しながら調整を図っていきたいというふうに思いますので、またよろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 2番川浦雅子君。



◆2番(川浦雅子君) では、お願いいたします。

 イノシシなどの2回目の質問をします。ふくらはぎをかまれた方は、ご自分で通報しようと電話をかけたが、今思えば110番にかければよかったのだけれども、別なところにかけて、そこから救急車を呼んでくれたのだと思う。どうしても気が動転するから、イノシシが出た場合の連絡先を住民に大きく知らせてほしいと強く望んでいます。新里地内でもイノシシや鹿の目撃情報があり、通学の時間帯など、児童生徒の安全をどのように確保するのでしょうか。

 口をかじられた方は、体当たりして倒されて、倒してから、体のやわらかいところを狙うのだと言っておりました。大人でよかったということはありませんが、もし子供だったらと思うと、さらに被害が考えられますので、各家庭向けに注意喚起をしていただきたいと思います。

 そして、先ほどの見舞金の支給規則、もちろんこれはその他異常な自然現象ではありますが、この災害に当たらないでしょうか、そういう解釈はできないでしょうか、お願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 今回のイノシシの被害につきましては、3名の方がけがをされたわけでございまして、私もたまたま阿久原におりまして、一報をいただいて、すぐに現場へ向かったところでございます。そういった中で、1番目に被害に遭われた方、お伺いしまして、救急車で運ばれたということで、そのまま次の、第2の現場といいますか、車に体当たりされたということで、そこに行きました。

 そういった中で、ちょっと心配になったことがございまして、言葉は悪いですけれども、野次馬的な人が非常に多く出てきたという。これは、裏を返せば、隣近所を心配してくれたのかもしれませんけれども、そういった中で私が耳にしたのは、とにかく危ないですから家に入ってくださいと言うにもかかわらず、イノシシはふだん人なんか襲わないのだから大丈夫だよということで、言うことを聞いてくれないというのがほとんどの人の行動でした。そんなことを言っている矢先に、目の前をイノシシが山に入っていったわけでございますけれども、非常に怖いなというところを感じたところでございます。

 今後はこういった事例、頻繁に出てくるかと思います。特に大型の野生動物につきましては、一旦そういった場面に出くわしますと、被害が大きいということも現実でございます。これにつきましては、議員ご提案のとおり、各家庭につきましては、そういった啓発をかけていきたいというふうに思いますし、出没情報等が入りましたら、すぐ防災無線等を使いまして住民に周知させていくことはもちろんでございます。リアルタイムの発進に心がけていきたいというふうに思います。

 また、大型の野生動物でございますので、この辺につきましては、危険だと思えば有害鳥獣駆除ということで、私のほうでは即座に命令を出しまして、捕獲または射殺なりの処置はとらせていただくことになるかというふうに思いますけれども、これも猟友会との連携等もございます。うちの猟友会は、年はとっておりますけれども、幸いにして皆さん元気な方が多くて、一声かけますとすぐに参集していただけるということでございまして、心強い限りでございます。そういった連携も大事にしながら、事に当たっていきたいというふうに思います。

 また、議員ご提案の見舞金につきましても、自然災害ではありませんけれども、けれども、やはりこれは現実的に考えていく時期が来ているのかなというふうに思います。ですから、大型動物につきましては近寄らないという啓発を住民にすると同時に、万が一不幸にして被害に遭われた方につきましては、そういった措置も必要になってくるかなということで検討させていただきたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 2番川浦雅子君。



◆2番(川浦雅子君) では、前向きな検討をお願いいたします。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 昼食の時間ですので、暫時休憩いたします。

   正  午休憩

                                    

   午後1時再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、8番柴?愛子君の質問を許します。

 柴?愛子君。

              〔8番 柴?愛子君発言〕



◆8番(柴?愛子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。

 「不育症」について。啓発について質問いたします。町長は、不育症という言葉を知っていますか。私が第1子を出産した36年前に、親しい友達が、ようやく授かった子供がおなかの中で育っていなかった。心音が聞こえなくなってしまったので、諦めなければならなかったという話を聞いていました。最近でも何人かの方に、子供が育っていなかった、また2回、3回流産してしまったという大変つらい話を聞きました。なぜなのだろう。生活環境なのだろうか。職場の環境なのだろうか。私自身疑問に思っていました。

 調べてみると、厚生労働省不育症研究班により、平成20年から22年に、不育症専門医が集まり不育症の研究調査がされました。不育症とは、2回以上の流産、死産あるいは早期新生児死亡がある場合を不育症と言います。また、1人目がいる場合でも、2人目、3人目が続けて流産や死産になった際、続発性不育症と言います。

 研究調査の中で、過去に3回までの流産であっても80%以上、5回の流産であっても56%の方が次の妊娠で子供を持てることができると厚生労働省のデータがあります。適切な検査と診断と治療をすれば、妊娠が継続できることがわかってきました。ですが、そのことを知らずに悲しい思いをしている人が大変多くいると思います。

 神川町でも担当課の職員は、不育症の知識の共有をしていただき、子供を持とうとしている人たちに、子供を欲しいと思っている人たちに不育症の原因となるものがあること、そして適切な検査と診断と治療の方法があることを伝えていただきたいと思いますが、そのことについて伺います。

 次に、助成について質問いたします。検査は、画像診断による子宮形態検査と血液検査による内分泌検査、夫婦染色体検査、抗リン脂質抗体検査、血栓性素因スクリーニングがあります。その中で大きな原因の一つに、血液が固まりやすく胎児に酸素や栄養が行かなくなり、流産になってしまうものがあります。この治療方法には、低容量アスピリンの服用またはヘパリンの自己注射の治療法があります。この自己注射は、平成24年1月から保険が認められましたが、妊娠判明時から出産まで注射し続けなければなりません。不育症一般検査でおおむね10万円くらいかかるそうです。その治療にも大変お金がかります。神川町では既に不妊治療に対する助成をしていただいていますが、不妊症の原因の中に不育症があるようです。不育症の検査と治療に助成することに対して町の考えを伺います。

 2、旧神泉中学校跡地利用について。高齢者ひとり暮らしの方のための集合住宅について質問いたします。高齢化が進む中で、昼間はいいのだが、夜間大変不安を感じるなどの声を耳にします。神川町には民間のサービスつき高齢者向け住宅や有料老人ホームが現在8カ所あります。入居者のほとんどが町外の方です。その費用は13万円から16万円を超える金額で、誰もが入居できる金額ではないように思います。

 上野村高齢者生活福祉センターを見学してきました。入居の条件として、上野村に10年以上居住していること、独立して生活が営めること等です。利用は、所得割ですが、ほとんどの方が、別途、3食の食事提供を受けても国民年金で納まる金額だそうです。自室に流し台やIHの調理台の設備がありましたが、自炊することなく、皆さん一緒におしゃべりしながら食堂で食べているようです。昼間、入居者は、農具を持って自分の畑に行き、作業しているそうです。

 また、ことし5月にオープンした南牧村の、軽く、費やすと書きます、軽費老人ホーム、ケアハウスいこいも見学してきました。入居の条件として、健康で日常生活が自分ででき、共同生活に支障のない方とし、食事等生活費は国、県の補助金を受け、独自の金額設定ができなかったため、村長さんの確固たる考えで、国民年金で入居できる金額にするため、施設管理費を1日100円に決定したそうです。どちらも運営は指定管理者で、上野村は社会福祉協議会、南牧村はNPO法人MINNA南牧です。

 学校跡地利用で高齢者向け住宅があるか検索してみたら、福岡県大牟田市と東京品川区にありました。どのような補助金でできるか調べているうちに、空き家再生等推進事業の対象地域に該当するため、地域住宅計画や空き家等対策計画の策定が必要なようです。国土交通省へ策定の提出は義務づけではないが、きちっとした計画の提出がないと補助事業は受けられないようです。国土交通省を調べると、神川町は耐震改修促進計画を含め計画の策定が全くされていないようです。このことについても町長のお答えをいただけたらと思います。

 そして、我が町にぜひとも、旧神泉中学校跡地利用として、国民年金で入居できる高齢者の集合住宅にすることについて町の考えを伺います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 柴?議員の不育症についての啓発についてのご質問にお答えいたします。

 テレビなどで取り上げられる機会も多くなり、不妊症については知られるようになりましたが、不育症については私も存じ上げておりませんでした。議員ご指摘のとおり、現在不育症についての資料は少なく、県内、町内の状況につきましては把握できておりません。平成22年度の厚生労働省の報告により、不育症という言葉と不育症に苦しんでいる方々が数多くいるということが少しずつ理解されるようになりましたが、いまだに認知度は低い現状だと思います。

 県では、ホームページによるPRをはじめ保健所や埼玉医大での専門相談、さらには助産師による電話相談を行っております。それらを踏まえ、町では不育症への理解や認識を深めるため、パンフレットを作成、配布し、妊娠届け時や乳幼児健診、マタニティーデンタル教室などを通じて周知を図ってまいりたいと考えております。さらに、町の広報やホームページを利用して知識の普及を推進し、不育症に対する周囲の理解を深めていただけるよう努めてまいりたいと思います。

 次に、助成についてのご質問にお答えいたします。不育症の一般的な検査や治療は、ほとんどが保険適用をされております。しかし、有効性、安全性等が十分確認されていない研究段階の検査や治療については、保険適用されていないものもあり、本人や家族の方の精神的負担に加え、経済的負担にもつながっています。

 町では、不妊治療の助成に関しては、平成26年度より積極的に取り組んでおりますが、不育症の検査や治療の助成に関しましては、国、県の動向を見ながら今後検討してまいりたいと考えております。

 続きまして、旧神泉中学校跡地利用についての高齢者ひとり暮らしの方のための集合住宅についてのご質問にお答えいたします。跡地利用につきましては、地域関係者等で構成した神泉中学校校舎等利用検討委員会の答申を踏まえ、町内関係課長で構成する検討会議に議論を重ねてまいりました。複合的な施設利用を前提に、文化財の展示室、地域交流施設、図書室を1階に、防災関係施設を2階に配備する予定で、今年度予算により教室、トイレ等の改修設計を進めてまいりたいと考えております。その他の教室等につきましても順次利用を検討し、地域住民の皆さんがより利用しやすい施設の整備に努めてまいります。

 議員ご質問の高齢者ひとり暮らしの方のための集合住宅ですが、検討会議の中でも議題に上り、平成26年5月に先進地視察として、上野村高齢者生活福祉センターに私を含め7人で研修に行ってまいりました。後日検討会議で議論した結果、町では民間運営による高齢者の居住施設が多数建設済みであり、直営施設の設置の必要性が薄れていると考えておるところですので、現在ひとり暮らしの高齢者の集合住宅の整備については考えておりません。ご理解をお願いしたいと思います。

 それから、先ほどご質問にございました建築物耐震改修促進計画につきましては、建設課のほうでお答えさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 建設課長。



◎建設課長(深谷武史君) 柴?議員のほうからご質問のありました、建築物耐震改修促進計画についてお答えさせていただきます。

 柴?議員ご指摘のとおり、耐震改修促進計画につきましては、埼玉県内で作成しておりませんのが神川町と東秩父村ということで、2つの自治体において作成をしていないところでございます。こちらにつきましては、神川町におきましては、神川町地域防災計画の中に記載のとおり、埼玉県の建築物耐震改修促進計画、平成19年の3月に作成しておりますが、そちらをもとに、地域防災計画のほうに記載してあるとおり、地震による被害を最小限にくいとめる耐震計画を促進するということで、そちらのほうで記載をさせていただいております。

 また、そちらの計画の未策定の理由でございますが、昭和56年以降の木造一般住宅の改修のみを対象としているような計画でありまして、かつ改修工事を行うことを条件として調査費等の一部を補助する制度というものを作成をしておるところでございます。しかしながら、こちらの調査費用を補助する制度自体が、こちらのほうが余り効果が期待できないということから、神川町においては、こちらの計画のほう、建築物耐震改修促進計画のほうを作成していないという状況でございました。

 他市町の集まりの中で、今埼玉県の熊谷建築安全センター管内で4町会議というのを、神川町、上里町、美里町、寄居町、こちらの4町で会議を定期的に持っておるところですが、そちらの意見交換の中でも、各町におきましては、こちらの耐震促進計画のほうの更新を今検討中と。というのも、先ほど申しましたとおり、こちらにある補助制度等が実際余り活用されていないという状況がございます。また、埼玉県におきましても、平成28年3月、この3月に、新たな計画のほうを見直しということで策定されたばかりでございまして、こちらの改定された計画内容を吟味しまして、町でも今後計画の策定が必要かどうか検討してまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 8番柴?愛子君。



◆8番(柴?愛子君) 不育症啓発についてですが、町長が先ほど答えていただいたとおりに、埼玉県庁、群馬県庁等に確認をとってみましたけれども、まだ県としても十分に集約されていない状況のようなのですが、私の知る限りでは、埼玉県では長瀞町です。群馬県では、9の市と町で既に助成金制度が始まっております。ここで効果を上げていたのが中之条町なのですけれども、これは不妊の理由に不育症があるということで、助成金制度を不育症と不妊治療に対して、両方抱き合わせでの助成金を出しているようでございます。

 ほかの町村に、助成制度があるのに、これが利用されていないという町が幾つか群馬県ではあったのです。その理由を聞いてみましたら、やはり十分に住民にこの不育症のことが伝わっていないのではないかということと、それと田舎ですので、不妊症も含めてなのですけれども、ほかの方にこの情報が漏れてしまうということを大変気にされているのではないかというような担当課の答えが返ってきたのですけれども、これは神川町でも、私はプライバシー保護には十分気をつけてくださいということなのですけれども、とにかく不育症という言葉が周りに伝わる、私にしてみると36年前からなのですけれども、こういう状態が以前からあった。それに対して、一般の方がやっぱり知らなかったという現実があるのだと思うのです。本当に今回質問につき担当課の職員と話をさせていただきましたけれども、やはり不育症ということを知らなかった。

 この冊子、神川町も届いているようですけれども、これは実は埼玉県のほうから各市町村に送られたものなのですが、県がつくったものではございません。不育症のこの研究班でいらっしゃった先生がつくったものを埼玉県庁のほうに寄附していただいたというのでしょうか。それを各市町村に、枚数的には少ないのですけれども、お配りしてある状況ですが、神川町も、これはほかのリーフレットと一緒に棚に入っていただけでございました。職員も知らない状況でしたので、ぜひとも、これは本当に大事なことですので。

 本日の庁舎の人口、6月1日現在で1万3,979人です。残念ながら1万4,000を切ってしまいましたけれども、本当にこの啓発というのを、知らない方がいっぱいいますので、どうぞ住民にわかりやすい言葉で伝えていただきたいなと思っております。

 次に、助成に対してですが、ちょっと先に触れてしまいましたけれども、ごめんなさい。中之条町は、先ほど言いました、不妊症と不育治療の助成に対して上限180万を見ているのです。すごいなと思ったのですけれども、これに関して、そういった助成を受けた方があったのでしょうかと27年度のことを聞いてみましたら、お一人方、一番高額で170万の助成をしたそうです。やっぱり担当課にしてみても、不妊の原因の中に不育症があるということで、ただ近くの病院でも、このことは余り先生自身が知らないところもあって、不妊治療をしている病院、それから妊娠届けをしている、窓口とかでしているということでしたけれども、町長、不妊治療に対して神川町助成金を既に出していただいておりますけれども、その中に不育症の方も恐らくいらっしゃると私は思っております。ぜひともこれに対しても、検査に関しても、治療に関しても、大変お金がかかるということですので、助成金を出していただきたいと思います。

 済みません、神泉中学校跡地利用ですが、検討委員会等で高齢者住宅というのは、話し合いの中に、進めることがなかったという回答でしたけれども、神川町に8カ所有料老人ホーム等ありますけれども、これは先ほども言いましたとおりに大変高額なものです。入居していらっしゃる方は、ほとんど東京からおいでになった方とかで、神川町の住人は1割ちょっと、2割はいない程度と私は聞いております。大変高額なものですので、ぜひとも国民年金で入れるような、ほかの地域の方が入居するのではなく、神川町の町民が国民年金で入れるような施設という考えをぜひお持ちになっていただきたいと思います。

 先ほど建設課の課長のほうまで振っていただきましたけれども、耐震改修促進計画に関して、余り使われないと思うので、これを進めていないということでございましたけれども、私の情報だと、これは行政がということではなく、一般住民が壊れかけた建物等を解体するときに、3分の1補助、上限30万とするという文面だったでしょうか。これは一般住民にかかわることなので、ぜひともこれを速やかに神川町がつくって提出していただきたいなと思います。

 2回目の質問を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) それでは、まず1点目の不育症についてでございます。これについては、議員もいろんなところをお調べになって、また参考資料等も取り寄せているのかと思いますけれども、我々も同様な資料内容となっているというふうに思います。

 先ほど例に出てきました長瀞町、中之条町につきましても、こちらのほうの資料でいきますと、長瀞町につきましては、不妊症については1件、不育症についてはゼロ件だという話でございました。また、中之条町につきましては、年ですね、1年の間に最高対象額として180万円。ただし、県が助成する助成額を引いた金額ということになっておりまして、そのほかの市でも3市、高崎、伊勢崎、館林と資料がありますけれども、高崎につきましては14件、伊勢崎については3件、館林につきましてはゼロ件ということでございまして、そういった問題が出ていることも事実だと思います。

 先ほど言いましたように、私のほうもそういった知識がほとんどなかったということで大変申しわけないということでございます。これにつきましては、先般保健センターのほうからもいろいろ打ち合わせ等、また連絡等がございまして、今後につきましては、議員お示しの資料等、また独自のパンフレット等も作成いたしまして、住民に対しましての不育症についての啓発、周知を図っていきたいというふうに思っているところでございます。

 また、2点目の中学校の跡地利用につきましては、この利用につきましては、私も当初の選挙公約の中に、お年寄りを対象とした共同生活ができる場所の改修ということで挙げておりましたけれども、先ほど申し上げたとおり、地域の跡地利用検討委員会ですか、この中におきましても、そういった話が出てこなかったという、また要望も出てこなかったということで、これは私も選挙公約でしたので、地元の人たちに、全部とは言いませんけれども、ある程度の人数の方々に、こういう施設をつくったら皆さんどうですか、入って共同生活をしますかという問いかけをしましたところ、すると言った方はおりません。やはり住みなれたその場所で暮らすということを念頭に置いて、それが一番の幸せだという形での返答かと思いますけれども、そういった中で私の思いとはちょっと違った現場サイドの意見かなというふうに感じたところでございます。

 それにあわせて、今回の跡地利用につきましても、そういったご意見が出てこなかったということでございまして、地元の方々の要望を無視するわけにもいきませんので、ある程度取り入れていく中で、その件につきましては諦めたといいますか、やめたという経緯でございます。

 国民年金で入れる金額といいますと、非常に金額的に少ないということでございまして、仮にそういったことを仮定する中におきましても、非常に負担が大きくなってくるのかなと、これは町の負担がですね、大きくなってくるのかなというふうに思うところでございまして、これにつきましてもまだ一考の余地があるかというふうに思っているところで、ご理解をお願いしたいと思います。

 それから、耐震改修計画を速やかに提出ということでございます。これにつきましては建設課長のほうから続いてお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 建設課長。



◎建設課長(深谷武史君) 耐震改修促進計画につきましては、埼玉県のほうでも、この3月に新しい改修計画のほうを策定しまして、今住宅の耐震化率というのを95%にするという目標を、2020年までにそちらの目標を強化するというふうに掲げております。

 県内、昭和56年以前の旧建築基準法で建てられた建築物というのが約74万戸ですか、ほどあって、そのうち3分の2程度が木造住宅で耐震化が進んでいないという数字もございます。また、県のほうでは、県の職員による無料の耐震の診断というのがありまして、そちらのほうも活用していただいて、それでもかつ耐震化の診断が必要だという住民の皆さんがいらっしゃれば、ご自分の負担で大体10万円から20万円程度実際は最新の診断のほうが、有料の場合は、調査士さんに頼むとかかるということで、それの助成という形で多分計画等を作成になって、補助をしている市町村が大半というふうにございます。そちらの補助制度等を、周りの市町村の利用状況を含めて、また県の新たに改修された計画の内容をもう一度精査しまして、作成のほうを検討してまいりたいと思います。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 8番柴?愛子君。



◆8番(柴?愛子君) 3回目お願いします。

 啓発については、町長に答えていただきましたけれども、十分に町民の皆さんのところにお話が届くように進めていただきたいと思います。

 助成に関しては、先ほど話をいたしましたが、本当に長瀞町でも実際助成金をつけても、これを利用した方はありませんという回答を私も聞きました。群馬県でも、館林等も26年から助成金制度はしているのだけれども、やっぱりこれを利用する方がなかったと。館林の場合は、26年から始めて、27年には正直言って助成金の金額をふやしているのです。それなので、利用者がふえたのかなと思って、私もここに一番に電話してみたのですが、残念ながらここは対象者がおりませんでしたということは、やはり私は、皆さんが知らないというのと、あとやはり人の目を気にしていらっしゃるのかなという思いもあります。ですが、本当に子供を欲しいと思っている方にとっては、精神的にも、お金的にもかなり大変な状況ですので、神川町も私はこれで悩んでいる方はあると思います。プライバシー保護には十分気をつけていただいて、ぜひともこの助成金制度をつくっていただきたいなと思っています。

 それと、高齢者住宅ですが、町長委員会でも地域の人にも聞いてみたけれども、希望する人がいなかった、諦めたという言葉でしたけれども、実は上野村の職員に私も聞いてみました。今回この打ち合わせをさせてもらう時点で担当課の職員とも話しましたけれども、みんな畑を持っていて仏様を持っていると、ほかの場所には動かないのではないですかというようなことも言われましたけれども、上野村でも、これを63年のときに事業として始めようとしたときに、執行部は大変、土日、祭日、夜間等、もう行政ではとても対応はし切れないのではないかなという実際の問題を抱えている中でこれを進めたにもかかわらず、入居希望者が当初はなかったのだそうです。ですが、保健師、町職員、診療所の先生に、何度となく相手方にお話をしていただいて、そして今は満室の状況のようです。

 だから、これというのは一度で諦めるのではなくて、やっぱり皆さんご先祖様があって、畑があってという状況で、そこを離れることって難しいかと思うのですけれども、本当に町の対応としても、土日、祭日、夜間、対応し切れない部分というのが、これからさらに高齢化が進む中で私は起きてくると思うのです。これを一回提案してみたけれども、だめだった、諦めるという言葉ではなくて、ぜひとも、私は国民年金で入居できるという数字にこだわっているのですけれども、上野村が昭和63年に始めたときは、いわゆる年金を納めていない方、老齢福祉年金というのでしょうか、この方たちが入居できるような料金設定だったそうです。4万1,250円とか、4万1,000円ちょっとの福祉年金だったと聞いておりますが、それで入居できる数字というのにこだわったそうです。

 現在、条例としては所得割にしておりまして、厚生年金をもらっている人たちの入居もありますので、本当に入居した人たちの言葉も私は直接聞いてきましたけれども、大変住みやすいところだと。夜も本当に職員がいてくれて安心できるという言葉を言っていらっしゃいました。本当に自分の畑もありますから、日中あぜかき持ってトラックで出かけていく人。また、では車が運転できない高齢者はどうするのですかと言ったら、町営バスとかに乗って、あぜかき持って畑に行くそうです。

 町長、ぜひともこれは諦めないで、本当に山間部の高齢化がますます進む中で、ぜひとも行政として考えていただきたい。新築に関して、やっぱり町負担が大きくなって難しいと思ったので、私は神泉中学校跡地利用として考えたのですけれども、ぜひとも今後検討していく方向に持っていただけたらありがたいと思うのですけれども、もう一度お願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 再三のご質問でございます。一度ならず何回もということでございます。私も先ほど言いましたように上野村のほうに行きまして、直接入居者、そしてまた職員の方にもお伺いしました。議員おっしゃるとおり、最初のうちは拒んでいたけれども、回数を重ねるごとに少しずつ気持ちが引かれてやっていくという話もお聞きしました。

 その中でちょっと特異的なものが、やはり上野村の過疎地と、うちの神川町、旧神泉村の過疎地の地域差があるかなというふうに感じました。これは年配の方もおっしゃっておられたのですけれども、極端なことを言えば、一つの集落が少しずつ人口減になっていく中で、一つの集落の中で人が住んでいるのが2軒、3軒しかになってしまったので、心細くなって出てきましたという方もおりました。そういった違いもあるかと思いますけれども、いずれにしましても神川町も過疎地ということで、今後10年先の数的なものも見えてきているわけでございます。そういった中で検討していかなくてはならないかなというふうに思います。

 新築でなくて、やはり私も考えておったのが、中学校跡地の利用ということは、先般申し上げましたように考えていたわけでございますけれども、今現在そういった状況で、他の利用ということで話が進んでおります。また、何度も言うようですけれども、神川町にも今サ高住等の施設が十分なほど設置されておる。また、入居状況を見ましても満杯ではないということでございます。金銭的な面もあるかというふうに思いますけれども、そういったものを考慮しながら考えていかなくてはならないかなと。また、金額的につきましても、年金生活ということになると、かなり厳しい条件かなというふうに思いますので、あわせてその辺は検討課題にさせていただきたいというふうに思います。

 ちょっと答弁漏れして済みません。不育症につきまして、啓発につきましては、保健センターの保健師とも連携しながら、これは啓発は進めていきたいというふうに思っております。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 以上で、8番柴?愛子君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、9番赤羽奈保子君の質問を許します。

 赤羽奈保子君。

              〔9番 赤羽奈保子君発言〕



◆9番(赤羽奈保子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順次に従い質問させていただきます。

 まず、認知症対策についてです。1点目、認知症による徘回行方不明防止の支援についてですが、警視庁によると、認知症による行方不明者は約1万人いるそうです。その大半は発見、保護されるケースも多いそうですが、事故等で亡くなるケースもあり、高齢化が進む中で深刻化しています。GPS機能を持つ機器や携帯もありますが、必ずそれを入れたかばんを持ったり、服を着るとは限りません。

 兵庫県加古川市のNPO法人が始めた反射材シール。これは、家族や民生委員さんなどの関係者が事前に、徘回の可能性があるご本人の情報を登録。蛍光色のシールに登録番号と自治体名が入ったものをご本人の靴のかかとや爪先に張りつけるものです。この登録番号を近隣の自治体、地域包括支援センター、警察など関係機関が共有したり、徘回のおそれのある人がシールを張っていることを広く町民の皆さんに周知すれば、防災無線で特徴を聞いているだけより、様子をうかがったり、声をかけていただくなどすることで情報をもらいやすくなり、早期発見につながるのではないでしょうか。

 埼玉県では、ふじみ野市が昨年7月から始めています。靴がかわってしまっても大丈夫なように10足分配布しているそうです。万が一徘回から行方不明になってしまっても、早期発見、保護ができるように、神川町でも取り入れていく考えがあるかお伺いします。

 2点目は、「これって認知症?」の導入についてです。認知症対策として、「これって認知症?」と「わたしも認知症?」が開発されています。認知症も早期発見、早期対応が大切です。神川町も深刻な状況になってからの相談も多いと伺いました。家族がちょっとおかしいなと思ったら、簡単にチェックができ、サイトの先には相談する地域包括センターの連絡先がアップされるシステムになっています。本庄市でも6月から導入されていますが、神川町では導入の考えがあるかお伺いします。

 次に、B型肝炎ワクチンについてです。B型肝炎ワクチンの助成について伺います。ことし10月からB型肝炎ワクチンが法定接種になりますが、法定接種ではゼロ歳児が対象になっています。B型肝炎は、ウイルスが血液や体液を介して感染することで発症し、悪化すると肝硬変や肝臓がんを引き起こすことがあるとして、厚生労働省の専門部会が、全てのゼロ歳児に接種すべきとの見解をまとめました。

 B型肝炎は、3歳までに感染すると、大人になってから感染するよりずっとキャリア化しやすいと言われています。本来なら3歳の子供までワクチン接種が理想だと伺いました。そこで、神川町として、3歳までの子供さんで、希望に応じワクチン接種の助成を行う必要があると考えますが、町の考えをお聞かせください。

 以上で1回目の質問を終わりにします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、赤羽議員の認知症対策についての認知症による徘回の行方不明防止の支援についてのご質問にお答えいたします。

 町の高齢化率を見ますと、平成28年4月時点で27%を超え、介護認定者は約570名、そのうち6割の約340名が、程度の差こそあれ、認知症状を抱えている状況となっています。町でも過去に、徘回中に行方不明になった事例は何度かございましたが、現段階では、町内のグループホームなど重い認知症高齢者を受け入れることができる入所施設が十分に機能しており、日常的に深刻な徘回は発生していない状況です。

 行方不明防止の支援についてですが、一部の市町村ではGPS機器を無料で貸し出したり、出歩く際の靴にステッカーを張り、単独で出歩いているときに地域の人が通報してくれるような支援体制などを実施している例もございます。このような支援は、徘回高齢者本人の保護はもちろんですが、高齢者を支える家族や地域が望む徘回高齢者の早期発見や事故防止などに効果があると思われます。

 超高齢化社会の対策として高齢者支援の核となるのは、認知症等の高齢者の方を在宅で支える、いわゆる地域包括ケアシステムを地域で充実させることです。包括支援センターでは、体操教室や地域サロン支援を通じて、高齢者に寄り添った形での介護予防や認知症予防に努めてまいりました。また、元気な高齢者に活躍していただく互助の考えに沿って、シニアボランティアや民生委員の方などと連携しながら高齢者の見守りを行っております。今後もこのような支援体制を引き続き拡充し、ご指摘の支援策も参考にしながら、2025年には65歳以上の5人に1人が認知症を抱えると言われている状況の中で、増加するであろう徘回高齢者の効果的な対策に努めてまいりたいと考えております。

 次に、「これって認知症?」の導入についてのご質問にお答えいたします。認知症の啓発につきましては、小中学校で認知症サポーター事業等を実施するとともに、広報紙への掲載や消費生活被害担当と連携、作成した啓発物品などを活用しております。

 ご質問の「これって認知症?」は、20項目の質問に答えて認知症のリスクを確認できる手軽なチェックシステムで、近年各地の市町村で取り入れられております。しかし、導入費用に加え、ランニングコストもかかります。包括支援センターでも、広報紙への認知症チェックシートの掲載やホームページ上の認知症ケアパスの中で認知症簡易チェックシートを掲載しておりますので、ご活用いただければと思います。

 今後も毎週水曜日に認知症相談を実施するとともに、医療機関や関係機関とのネットワーク力を高め、地域の実情に勘案した支援体制を構築してまいりたいと考えております。

 続きまして、B型肝炎ワクチンについてのB型肝炎ワクチンの助成についての質問にお答えいたします。B型肝炎は、B型肝炎ウイルスが血液や体液を介して感染する病気で、一過性の感染で終わるものとほぼ生涯にわたり感染が持続するものがあります。感染が持続した場合、一部の人は慢性肝炎を発症し、肝硬変や肝がんに進行する可能性があります。

 平成24年より厚生科学審議会において、B型肝炎を含む複数のワクチンを広く接種することが提言されており、B型肝炎ワクチンについては、ことし10月から予防接種法に基づく定期接種とすることが承認されました。B型肝炎ワクチンの定期接種の対象年齢は、生後1歳までに3回接種とされ、2カ月、3カ月、7から8カ月での接種が想定されております。乳幼児で行う予防接種は近年急激にふえており、接種方法も複雑になっております。そうした中、B型肝炎ワクチン導入に向けて、まずは定期の予防接種を適正で確実に受けられることが重要であると考えております。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 9番赤羽奈保子君。



◆9番(赤羽奈保子君) では、1点目の認知症についての質問なのですけれども、確かに町内グループホーム等たくさんできまして、あるグループホームさんでは、ワンユニット分あいているからという話も伺ったこともありますが、これから地域包括ケアシステムが進んでいくに当たり、やっぱり在宅でどうしても高齢者の方を見なければいけないという現状が出てくると思います。やっぱりそれも地域ぐるみで今後支えていく必要があるというふうに思うのですが、そうなったときに、やっぱり先ほど町長も、小中学校でも認知症キャラバンメイトの講習もしてくださっているというふうにお話をされていましたが、確かに、キャラバンメイトではない、認知症サポーターのお話を聞くのもすごく大事だと思うのですけれども、実際にもし認知症の方と遭遇したときに、なかなか声をかけたりとか、そういうことってできないというふうに思うのです。そういうときに何か、この人、さっき防災無線で言っていた人だというのがわかりやすくできるようになると、みんなでというか、みんなで発見がしやすくなるのではないかなというふうに思うのですが、その辺はいかがでしょうか。

 認知症のチェックシートについても、簡単にできるものではあると思うのですけれども、さらに簡単にというか、本当にスマートフォンでもできるような、「これって認知症?」というものは、本当に簡単に自分でもチェックができるので、これから本当にどんどん、どんどん認知症の方がふえてくる、またそういう方を認知症がひどくならないようにするためにも、ぜひ導入の考えをしていただきたいなというふうに思います。

 確かに体操教室とか、私もボランティアで参加をさせていただいているのですけれども、今まで隔週だったのが、今毎週やるようになったりとか、一緒にされている方もシニアボランティアの方だったりと、本当に町でもいろんな取り組みをしてくださっているなというのはわかるのですけれども、本当にまた地域とかそういう中で、もっともっといろんな方がかかわれるシステムづくりというのも大事なのではないかなというふうに思うのですけれども、いかがでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 認知症につきましては、今現在、先ほど申しましたように、いろんな方法を使って啓発等もやっているわけでございます。そういった中で、今後2025年問題も含めて大事になってくるのは、私は共助、そして互助の精神かなというふうに思います。その根本となるのは、地域コミュニケーションということになってくるかと思います。そういったものがしっかりとしていれば、私はある程度のそういった認知症高齢者の徘回等についてもカバーできるのかなというふうに思っております。なかなか地域コミュニケーションをとりたがらない人がふえているところではございますけれども、やはりそういったもの、共助の精神、また互助の精神を持ってカバーできればなというふうに思います。

 また、今後につきましては在宅ケアが主流になってくるかと思います。そういった中で、身近にそういった認知症の高齢者もふえてくるのかなと思います。そういった面におきましては、積極的に広報等、またホームページ等を使って、そういった啓発はやっていきたいというふうに思いますし、そういった中で住民の皆さんもそういったことに関心を持っていただいて、他人事ではなくて、あすは我が身ということも思いながら生活していただけるようになっていただければというふうに思います。

 ホームページ、またスマホ等につきましても、そういう環境にある人でしたら見ることもできるかと思いますけれども、なかなか全住民を対象としたものは難しいかと思います。そんな中でできる限りのことはやっていかなくてはならないということは認識しておるところでございます。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 9番赤羽奈保子君。



◆9番(赤羽奈保子君) 今後もそういう形でいろんな対応を、ではお願いしたいというふうに思います。

 次に、B型肝炎ワクチンの件なのですけれども、助成をずっとしてくださいということではなくて、ことしから始まるので、ことしゼロ歳児の子は受けてもらえると思うのですけれども、例えばことし1歳になってしまって、1歳から3歳までの子供さんで、もし希望する方がいれば、例えば半額とか、そういう助成はしていただけないかという質問だったのですけれども、やっぱり大人になってからかかる場合は、治る確率も高いそうなのですけれども、本当に3歳まで、子供のころにかかってしまうと、それがキャリア化してしまうということが多いというお話を伺っていますので、本当に人の汗からも感染をするということなので、ぜひその辺、単年度というか、そういう形で助成はしていただけないのかお答えをお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) これは、先ほど違う面でも出ましたが、どこで線引きをするかという問題も出てくるかと思います。国のほうでは、1歳という線引きの中で助成をしていくということでございます。それに漏れた方はどうするかということが、また地方の自治体に投げかけられる一つの問題かと思いますけれども、その線引き等も含めて、よく精査して検討してまいりたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 9番赤羽奈保子君。



◆9番(赤羽奈保子君) 多分3歳までのお子さんは、そんなに神川町としては人数が多くないと思うので、ぜひその辺検討をお願いしたいというふうに思います。

 線引きが難しいとおっしゃっていたのですけれども、3歳から急にというか、3歳から大きくなると、やっぱり大分キャリア化する、症状が変わってくるというお話も伺ったので、線引きというのはそこでしていただければいいのではないかなというふうに思うのですけれども、全員ということではなくて、希望されるお子さんがいらっしゃったら、そこでぜひ助成をしていただければなというふうに思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。



◎町長(清水雅之君) 検討させていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 以上で、9番赤羽奈保子君の質問を終わります。

 これをもって町政に対する一般質問を終結いたします。

                    ◇               



△散会



○議長(小井戸英夫君) 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。

   午後1時53分散会