議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成27年  9月 定例会(第6回) 09月09日−議案説明−02号




平成27年  9月 定例会(第6回) − 09月09日−議案説明−02号







平成27年  9月 定例会(第6回)





   平成27年第6回神川町議会定例会会議録第2号

             平成27年9月9日(水曜日)
                                    
議事日程 第2号
   平成27年9月9日(水曜日)午前9時開議
日程第 1 第60号議案 平成26年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について 
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ

出席議員(14人)                               
       1番  福 島 康 弘 君       2番  川 浦 雅 子 君
       3番  野 口 弘 吉 君       4番  坂 本 貴 佳 君
       5番  清 水 敏 信 君       6番  堀 川 光 宣 君
       7番  滝 沢 邦 利 君       8番  柴 ? 愛 子 君
       9番  赤 羽 奈保子 君      10番  山 ? 正 弘 君
      11番  渡 辺 浩 一 君      12番  廣 川   学 君
      13番  落 合 周 一 君      14番  小井戸 英 夫 君
欠席議員(なし)                                
                                    
説明のため出席した者                              
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  古 平   渉 君
  教  育  長  ? 澤 利 藏 君  総 務 課 長  神 住   健 君
  総 合 政策課長  坂 本   等 君  税 務 課 長  中 原   孝 君
  町 民 福祉課長  桜 沢 典 明 君  防 災 環境課長  茂 木   修 君
  保 険 健康課長  山 口 国 春 君  経 済 観光課長  田 村   充 君

  建 設 課 長  深 谷 武 史 君  会 計 管 理 者  秋 山 英 二 君
                      兼  課  長

  学 務 課 長  浅 見 雄 一 君  生 涯 学習課長  大 谷 直 久 君

  水 道 課 長  斉 藤   誠 君  神泉総合支所長  鈴 木 幸 治 君
                      兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  櫻 澤   晃    事 務 局 次 長  亀 田 由 美





△開議

   午前9時開議



○議長(小井戸英夫君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 第60号議案 平成26年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について



○議長(小井戸英夫君) 日程第1、第60号議案 平成26年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についてを議題といたします。

 なお、本日は詳細説明にとどめ、質疑、討論、採決については後日にしたいと思いますので、ご了承いただきたいと思います。

 日程第1、第60号議案 平成26年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について、担当課長の詳細説明を求めます。

 最初に、総合政策課長。

              〔総合政策課長 坂本 等君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、総務課長。

              〔総務課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、神泉総合支所長、お願いします。

              〔神泉総合支所長 鈴木幸治君詳細説明〕

                                    



○議長(小井戸英夫君) 説明の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午前10時20分休憩

                                    

   午前10時35分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、会計管理者、お願いします。

              〔会計管理者 秋山英二君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、税務課長、お願いします。

              〔税務課長 中原 孝君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、町民福祉課長、お願いします。

              〔町民福祉課長 桜沢典明君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、防災環境課長、お願いします。

              〔防災環境課長 茂木 修君詳細説明〕

                                    



○議長(小井戸英夫君) 説明の途中ですが、昼食のため暫時休憩いたします。

   午前11時50分休憩

                                    

   午後1時再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、保険健康課長。

              〔保険健康課長 山口国春君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、経済観光課長。

              〔経済観光課長 田村 充君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、建設課長、お願いします。

              〔建設課長 深谷武史君詳細説明〕

                                    



○議長(小井戸英夫君) 説明の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午後2時18分休憩

                                    

   午後2時35分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、教育部門について、総括的な説明を教育長から求めます。

 教育長。

              〔教育長 ?澤利藏君発言〕



◎教育長(?澤利藏君) それでは、平成26年度における神川町教育施策の概要についてご報告申し上げます。

 初めに、学務課関係からご説明させていただきます。まず、教育方針としまして、個性を尊重した園児、児童生徒の教育を重視するともに、自分、家族、友達、学校の四方良しに挑戦し、生き抜く力の育成に努めてまいりました。具体的には、「素直」、「謙虚」、「感謝」、「奉仕」、「反省」の5つの心の育成や、2つの約束、挨拶と靴そろえの励行は、学校において、子供たちに定着してきました。また、埼玉県教育行政重点施策を受けて、学んだ知識を生活経験の中で生き抜く知恵にする力、失敗や挫折感を克服し、自立して生き抜く力、たくましい体と豊かな心を育て、志を立て、目標に向かって生き抜く力の育成に努めてまいりました。その中の一つとして、町内の小学4年生を対象にした「夢と希望を語る会(2分の1成人式)」を新たに立ち上げました。

 教育現場でのいじめについてですが、いじめ防止対策推進法に基づいて策定した神川町いじめ防止等のための基本的な方針、また各小中学校においても、学校いじめ防止等のための基本的な方針を作成し、いじめ根絶に向け、心の教育の推進とあわせて取り組んでまいりました。心の教育では、各学校に研究を委嘱し、道徳教育や人権教育、体験活動など、学校の教育活動全体を通して豊かな心の育成に努めております。また、子育ての指標として「神川っ子宣言」を定め、町内に向け発信し、啓発しているところであります。一方、子供たちの問題行動は、親子の対話や触れ合いの不足も原因と言われております。そのため、町では毎月20日をふれあいの日として、テレビやゲームの時間制限や、家族で向き合い、きずなを深める取り組みを各家庭に提言し、推進しております。また、家庭教育の指針として、園児、児童生徒を対象にした「なっちゃん・神じいとの約束」や、保護者を対象にした「神じいの小言10訓」を示し、啓発に努めました。

 次に、児童生徒に直接被害が及ぶ不審者に対応するため、110番の家の設置やスクールガードリーダー4名を各小学校に配置し、町内の防犯活動や下校ボランティアによる見守り活動、さらには教育委員会の登下校パトロール等、子供の安全対策に万全を期しております。各校では、児童生徒と教職員が不審者対策の防犯訓練を実施し、万が一の緊急時の対応に取り組んでおります。

 次に、2年目の取り組みとして、夏季休業中に中学生議会を開催するとともに、町長の出前授業を各小中学校で実施いたしました。それぞれ自分の住んでいる神川町について考え、知る機会となり、有意義な授業であったと考えております。また、教職員を対象に、オール神川研修体制のもとに、教職員の資質向上を目指して取り組んできました。

 以上が学務課関係の平成26年4月からの1年間の取り組み概要の報告でございます。

 次に、生涯学習課関係をご説明させていただきます。町では平成19年3月に、町民一人一人が心豊かに充実、成熟した人生を送るために「生涯学習推進のまち」宣言を行い、生涯学習を推進しているところでございます。生涯学習とは、個人の啓発はもとより、皆さんの家庭や仲間づくり、地域づくり、そしてまちづくりにつながるものと私は常々考えております。平成26年度につきましても、平成21年度に策定された神川町生涯学習推進計画を基本とし、各種事業を実施してまいりました。

 まず、町の大きなイベントとして、11月1日、2日に町文化協会との共催による生涯学習町民文化祭を、12月1日にはステラ神泉まつりを実施いたしました。また、全行政区を対象とする生涯学習地域活性化事業を継続して実施いたしました。各行政区を学習の場として、区長さんと推進員さんを中心に行政区独自の生涯学習事業として研修会、交流会等を展開してまいりました。

 また、児童生徒を対象とした週末子ども教室を実施し、週末に生活、自然、社会、文化、スポーツなどの体験や活動ができるように各種事業を展開しております。

 続きまして、人権教育の推進でございますが、さまざまな人権問題解決に向けて、人権教育研修会及び神川ハートフルデイ2014を開催し、人権教育、人権啓発活動の推進に努めました。

 続いて、生涯学習の拠点としての中央公民館と地域生涯学習センターとしての位置づけられたふれあいセンター、ステラ神泉の活動でございますが、学習の場であるとともに、町民の触れ合いの場としても重要な役割を担っており、魅力ある事業を展開するとともに、誰でも気軽に楽しく利用できる雰囲気づくりを心がけ、運営に当たりました。

 事業といたしましては、生涯の各時期における生きがい学級や女性学級等の学級、講座の開設、イベントの開催、自主学習サークルへの支援等を実施いたしました。特に新たな取り組みとして、実行委員会による映画「じんじん」の上映会を実施し、映画上映協力金で絵本を中心とした「じんじん文庫」を中央公民館に開設いたしました。また、小学生を対象とした読書ピクニック事業などにより、読書数をふやすことを重要課題として取り組み、読書冊数増加を図りました。

 次に、文化財の保護と活用の推進でございますが、ふるさとの文化財がより身近なものとして受け入れられるように、収蔵品展、歴史講座、こども歴史教室等を開催するとともに、発掘調査報告書発刊に向けた遺物の整理、開発に対する発掘調査及び試掘調査を実施するとともに、国特別天然記念物「御嶽の鏡岩」周辺の立ち木伐採と防護柵の改修を行い、景観の改善を行ったところであります。

 次に、スポーツ・レクリエーションの振興でございますが、歩け歩け大会や町民ハイキング等のイベントの実施やスポーツ教室の開催を行うとともに、スポーツ関係団体への支援等を行いました。特に町民体育祭や駅伝大会は好天に恵まれ、多くの町民の参加をいただき、盛大に開催することができました。

 最後に、富岡製糸場が世界遺産に決定されたことに伴い、関係各課と連携を図り、絹に関する神川町の2人の偉人である木村九蔵、原善三郎の展示用パネルやパワーポイントを作成し、啓蒙を図りました。また、町内各小学校への町長出前授業として、この2人の偉人を取り上げ、郷土神川への誇りを持つことの大切さを伝えました。この成果を踏まえ、学務課と連携し、学校における授業の中でも継続的に取り組んでいきたいと考えております。

 以上で教育部門の事業概要についての報告とさせていただきます。

 詳細につきましては、学務課長、生涯学習課長に報告させますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 次に、詳細説明を求めます。

 学務課長。

              〔学務課長 浅見雄一君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、生涯学習課長。

              〔生涯学習課長 大谷直久君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成26年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

                    ◇               



△散会



○議長(小井戸英夫君) 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。

   午後3時42分散会