議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成25年  9月 定例会(第5回) 09月04日−議案説明−02号




平成25年  9月 定例会(第5回) − 09月04日−議案説明−02号







平成25年  9月 定例会(第5回)




   平成25年第5回神川町議会定例会会議録第2号

             平成25年9月4日(水曜日)
                                    
議事日程 第2号                                
   平成25年9月4日(水曜日)午前9時開議                 
日程第 1 第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について 
日程第 2 第65号議案 平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認
             定について                      
日程第 3 第66号議案 平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の
             認定について                     
日程第 4 第67号議案 平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第 5 第68号議案 平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算
             の認定について                    
日程第 6 第69号議案 平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認
             定について                      
日程第 7 第70号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第 8 第71号議案 平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の
             認定について                     
日程第 9 第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定について   
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ
出席議員(12人)                               
       1番  赤 羽 奈保子 君       2番  山 ? 正 弘 君
       3番  大 川 喜和子 君       4番  渡 辺 浩 一 君
       5番  廣 川   学 君       6番  落 合 周 一 君
       7番  小井戸 英 夫 君       8番  田 村   勝 君
       9番  山 田 義 雄 君      11番  浅 見 好 雄 君
      12番  岩 ? 一 義 君      14番  主 山 義 雄 君
欠席議員(1人)                                
      10番  町 田   久 君                    
                                    
説明のため出席した者                              
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  島 田 邦 弘 君
  教  育  長  高 澤 利 藏 君  監 査 委 員  川 野 幹 夫 君
  総 務 課 長  高 橋 重 久 君  総 合 政策課長  坂 本   等 君
  税 務 課 長  新 井 美 範 君  町 民 福祉課長  青 木 由 一 君
  防 災 環境課長  斉 藤   誠 君  保 険 健康課長  神 住   健 君
  診 療 所事務長  根 岸   寛 君  経 済 観光課長  木 村   豊 君
  建 設 課 長  村 山 浩 之 君  会 計 管 理 者  飯 島 正 文 君

  学 務 課 長  山 口 幸 雄 君  生 涯 学習課長  秋 山 英 二 君
                      兼 公 民 館 長

  水 道 課 長  柴 崎 紀 夫 君  神泉総合支所長  小 島 勇 一 君
                      兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  櫻 澤   晃    事 務 局長補佐  春 山 孝 子





△開議

   午前9時開議



○議長(小井戸英夫君) 皆さん、おはようございます。

 町田久君から欠席の通告がありました。

 ただいまの出席議員は12名であります。定足数に達しておりますので、これより直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について



△日程第2 第65号議案 平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第3 第66号議案 平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第4 第67号議案 平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第5 第68号議案 平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第6 第69号議案 平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第7 第70号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第8 第71号議案 平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第9 第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定について



○議長(小井戸英夫君) 日程第1、第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についてから日程第9、第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定についてまで9議案を一括議題といたします。

 なお、本日は、各会計とも詳細説明にとどめ、質疑、討論、採決については後日にいたしたいと思いますので、ご了承いただきたいと思います。

 日程第1、第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について、担当課長の詳細説明を求めます。

 最初に、総合政策課長。

              〔総合政策課長 坂本 等君詳細説明〕

                                    



○議長(小井戸英夫君) ちょっと暫時休憩。

   午前9時25分休憩

                                    

   午前9時27分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) ただいま地震について、総務課長のほうから一言お願いします。

              〔総務課長 高橋重久君発言〕



◎総務課長(高橋重久君) それでは、状況報告させていただきます。

 下の震度計につきましては、震度2という表示がされております。全体では3から4ということで、震源地ですけれども、千葉県北西部ということで報告がございました。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) それでは、戻って、総合政策課長。

              〔総合政策課長 坂本 等君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、地域総務課長。

              〔地域総務課長 小島勇一君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、会計管理者。

              〔会計管理者 飯島正文君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、税務課長。

              〔税務課長 新井美範君詳細説明〕

                                    



○議長(小井戸英夫君) 説明の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午前10時18分休憩

                                    

   午前10時32分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) まず、町民福祉課長。

              〔町民福祉課長 青木由一君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、防災環境課長。

              〔防災環境課長 斉藤 誠君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、経済観光課長。

              〔経済観光課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 続きまして、建設課長。

              〔建設課長 村山浩之君詳細説明〕

                                    



○議長(小井戸英夫君) 説明の途中ですが、昼食のため暫時休憩します。

   午前11時54分休憩

                                    

   午後1時再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) それでは、教育部門について、総括的な説明を教育長から求めます。

 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) それでは、平成24年度における神川町教育施策の概要についてご報告申し上げます。

 初めに、学務課関係からご説明させていただきます。まず、教育の方針としまして、個性を尊重した園児、児童生徒の教育を重視し、生きる力を育て、きずなを深めるための取り組みを進めました。また、たくましく人間性豊かな園児、児童生徒の育成のために5つの心、素直な心、謙虚な心、感謝の心、奉仕の心、反省の心の育成や、2つの約束、挨拶と靴そろえの励行などの規律面、親子で語り合うふれあいの日、そして生き方について親子考え実行する家庭の約束や、町民の子育ての指針でもあります神川っ子宣言など、家庭や地域での子供の育成を図る地域ぐるみの教育を推進してきました。今課題の一つである接続期の教育にも力点を置き、幼保小中の交流にも取り組んでまいりました。

 施設面では、学校施設耐震化を図るため、神川中学校特別教室棟改築及び神泉中学校校舎耐震補強を平成25年度に工事を実施するため、設計業務の委託をいたしました。学校給食センターについては、平成25年度当初から調理と配送を民間業者に委託することで、委託業者の決定を行いました。

 教育現場でのいじめについての対応では、いじめ防止プロジェクトにより心の教育の推進とあわせて取り組んでまいりました。心の教育では、各学校での道徳教育の研究や、その取り組みの成果を生かし、豊かな心の育成に努めております。また、子育ての指標として神川っ子宣言を定め、町内に向け発信し、啓発しているところであります。また、一方では、子供たちの問題行動は親子の対話や触れ合いの不足も原因と言われております。そのため、町では毎月20日をふれあいの日として、家庭でのきずなを深める取り組みを行っているところであります。

 次に、児童生徒に直接被害が及ぶ不審者に対応するため、110番の家の設置やスクールガードリーダー4名を各小学校ごとに配置し、町内の巡回防犯活動や各校の下校ボランティアによる各地区での見守り活動など、第一に子供の安全対策に万全を期しております。各小中学校では、児童生徒と教職員の不審者対策の防犯訓練を実施し、万が一の緊急時の対応に取り組んでおります。また、埼玉県トラック協会から防犯ブザーの寄贈をいただき、小学校新1年生全員に配布し、緊急時の対応に活用させていただいております。今後も児童生徒の安全を第一と考え、対策を講じていきたいと考えております。

 次に、人権教育でございます。町では、重要な施策の柱として、人権を尊重する教育の推進を掲げ、幼稚園や各小中学校での子供の発達段階に応じた人権教育を実施してまいりました。

 次に、幼稚園教育でございますが、幼児期の教育は生きる力の基礎となる心情、意欲、態度などを身につけていく重要な時期と捉えております。このため、体験を通して具体的に健康で安全な教育の充実と基本的な生活習慣の育成を図りながら、生きる力の基礎を身につけるよう幼児教育に当たっているところであります。

 次に、幼稚園、小中学校の施設整備についてですが、主な事業として、丹荘小学校及び神川幼稚園の総合遊具の交換工事、丹荘小学校校庭の芝生化などを実施いたしました。平成24年度当初から藤岡市との教育事務の委託契約に基づき、神泉地区から8名の生徒が鬼石中学校に就学しております。

 以上が学務課関係の平成24年4月からの1年間の取り組み概要の報告でございます。

 次に、生涯学習課関係でございますが、ご存じのように、町では平成19年3月に「生涯学習推進のまち」宣言を行い、町民一人一人が心豊かでより一層充実、成熟した人生が送れるよう、生涯学習を積極的に推進しているところでございます。生涯学習は、自己啓発はもとより、明るい家庭や仲間づくり、地域づくり、まちづくりにつながるものと私は確信しております。平成24年度も21年度に策定いたしました生涯学習推進計画にのっとり、より充実した生涯学習の推進を図るため、町民の皆さんへ学習機会の提供や支援をしてまいりました。平成23年10月1日からは、生涯学習課の事務室と公民館の事務室を統合し、月曜日も図書の貸し出しができるなど利便性の向上を図ることができました。

 初めに、生涯学習課推進事業といたしまして、生涯学習地域活性化事業を継続し実施いたしました。地域社会を学習の場として、区長さん、推進員さんを中心に学習会、交流会等を展開していただきました。あわせて町政に関する理解を深め、学習機会の充実を図れるよう、町の職員が講師として地域に伺う生涯学習まちづくり講座を実施しております。大きなイベントとしましては、11月3日、4日の2日間行われます、文化協会との共催により、生涯学習町民文化祭を実施いたしました。また、12月2日にはステラ神泉まつりを実施いたしました。

 青少年期の学習活動では、週末子ども教室を実施し、授業のない週末に児童生徒が生活、自然、社会、文化、スポーツなどの体験や活動ができるように事業を展開してまいりました。実績といたしましては、34教室で40回開催いたしました。延べ参加人数は683名でありました。

 続きまして、人権を尊重する教育の推進でございますが、さまざまな人権問題解決に向けて、人権教育研修会及び神川ハートフルデイ2012を開催し、人権教育、人権啓発活動の推進に努めてまいりました。

 続いて、生涯学習の拠点としての中央公民館、ふれあいセンター、ステラ神泉の活動でございますが、生涯学習施設は学習の場であると同時に、住民の触れ合いの場であります。魅力ある事業を展開するとともに、誰でも気軽に利用できる雰囲気づくりを心がけ、運営に当たりました。

 事業といたしましては、生涯の各自における学級、講座の開設、イベントの開催、自主学習サークルへの支援等を実施いたしました。特に生きがい学級では、芸能を楽しむ会を開催し、198人の参加があり、盛況な行事となりました。また、読書活動の推進を重要課題として、読書ピクニック事業などを取り入れ、読書活動の推進を図りました。

 次に、文化財の保護と活用の推進でございますが、郷土の文化財がより身近なものとして受け入れられるよう、収蔵品展、歴史講座、こども歴史教室等を開催するとともに、発掘調査報告書発刊に向けた遺物の整理、開発に対する開発調査及び試掘調査を実施いたしました。

 最後に、スポーツ・レクリエーションの振興でございますが、町民の皆様が健康で生きがいのある生活が送れるよう、歩け歩け大会や町民ハイキング等のイベントの開催やスポーツ教室の実施、関係団体の支援等を行いました。また、町民体育祭は好天に恵まれ、町民約3,800人の参加で盛大に開催することができました。体育協会主催による第8回神川駅伝大会では、オープン参加として男女混合による中学生チームの参加があり、充実した大会となりました。

 施設としましては、海洋センター、ゆ〜ゆ〜ランド内の町営グラウンド、サッカー場、野球場、ターゲットバードゴルフ場、美原公園のテニスコート、学校開放による各施設の使用管理に当たってまいりました。

 以上で教育部門の事業概要についての報告とさせていただきます。

 詳細につきましては、学務課長、生涯学習課長の報告させますので、よろしくお願いいたします。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 次に、詳細説明を求めます。

 学務課長。

              〔学務課長 山口幸雄君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、生涯学習課長。

              〔生涯学習課長 秋山英二君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第2、第65号議案 平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、初めに事業勘定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、施設勘定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 診療所事務長。

              〔診療所事務長 根岸 寛君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第3、第66号議案 平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 説明の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午後2時27分休憩

                                    

   午後2時45分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 日程第4、第67号議案 平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第5、第68号議案 平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第6、第69号議案 平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 神泉総合支所長。

              〔神泉総合支所長 小島勇一君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第7、第70号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 経済観光課長。

              〔経済観光課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第8、第71号議案 平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 建設課長。

              〔建設課長 村山浩之君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第9、第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 水道課長。

              〔水道課長 柴崎紀夫君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 以上で平成24年度神川町水道事業会計決算の認定についての詳細説明を終わります。

 以上で平成24年度神川町一般会計及び特別会計等歳入歳出決算の詳細説明が全て終わりました。

 ここで、監査委員から決算審査意見書が提出されています。審査の経過、結果の概要について、川野代表監査委員から報告を求めます。

 川野代表監査委員。

              〔監査委員 川野幹夫君発言〕



◎監査委員(川野幹夫君) 平成24年度決算に関する審査報告について申し上げます。

 地方自治法第233条第2項及び第241条第5項並びに地方公営企業法第30条第2項の規定によりまして、去る8月5日から8月8日までの間の4日間、廣川監査委員とともに、町長及び水道事業管理者から審査に付されました平成24年度の神川町における一般会計、国民健康保険特別会計(事業勘定)、国民健康保険特別会計(施設勘定)、介護保険特別会計、後期高齢者医療特別会計、住宅資金貸付事業特別会計、町営バス事業特別会計、観光事業特別会計、公共下水道事業特別会計、水道事業会計、以上9会計、1事業会計につきまして、歳入歳出決算書及び関係書類等の審査を実施いたしました。

 各会計とも歳入歳出決算書及び関係書類等、いずれも法令の定めるとおり作成されており、計数においても正確でありましたので、ここにご報告いたします。

 平成24年度の決算状況について申し上げますと、一般会計及び特別会計の歳入の合計は88億8,030万5,000円で、前年に比べ3億5,387万9,000円、率にしてマイナス3.8%、同様に歳出の合計は82億6,149万2,000円で、前年に比べて2億466万5,000円、率にしてマイナス2.4%となっております。

 これは、神川中学校建設工事の完了による普通建設事業費の減少に伴って国保支出金が減額となったことや、人件費の削減など義務的経費の減少によって歳入歳出ともに減少したことが大きな要因の一つであると考えられます。

 また、財政構造の弾力性を判断する比率である経常収支比率は、普通会計におきましては前年度に比べ0.2ポイント減の76.1%、さらに実質公債費比率は前年度に比べ1.7ポイント減の6.5%となっており、一定の改善がなされている状況にあります。

 そのような中で、当町の歳入の大きな柱である町税等については、明らかな回復基調が見られない現在の経済情勢を考えると、速やかな改善は期待できる状況にはなく、今後も厳しい財政状況は継続することが予想されるところです。以上のことから、今後も積極的な経常経費の抑制を推進しながら、同時に一般財源の収入確保を継続実施していく必要があると考えるものである。

 次に、水道事業会計においては、今年度も石綿管の更新をはじめとする配水管布設がえ工事や漏水場所の修繕等が実施されました。今後予想される老朽施設の更新や水道管の布設がえなど、中長期的な展望のもとに事業全体の経営内容について分析と検討を加えながら、経営の合理化及び効率化を進めるとともに、安全で良質な水の安定供給が図られるようお願いしたいと考えています。

 また、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき、町長より提出されました平成24年度神川町健全化判断比率及び平成24年度神川町資金不足比率につきましても、8月27日に廣川監査委員とともに審査を実施いたしました。両比率とも算定の基礎となる事項を記載した書類に基づき、適正に作成されているかどうかに主眼を置き実施いたしましたところ、健全化判断比率、資金不足比率ともに指摘すべき事項は見当たりませんでしたので、あわせてご報告いたします。

 最後になりますが、審査の総括として意見書を別冊にて、また各比率に対する意見書につきましては報告第7号、報告第8号中に写しを掲載させていただきましたので、ご参照くださいますようよろしくお願い申し上げ、私からの報告を終わらせていただきます。

                    ◇               



△散会



○議長(小井戸英夫君) 本日の日程は全て終了いたしました。

 これにて散会いたします。ご苦労さまでした。

   午後3時50分散会