議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成25年  9月 定例会(第5回) 09月03日−議案説明、一般質問−01号




平成25年  9月 定例会(第5回) − 09月03日−議案説明、一般質問−01号







平成25年  9月 定例会(第5回)




   平成25年第5回神川町議会定例会会議録第1号

             平成25年9月3日(火曜日)
                                    
議事日程 第1号                                
   平成25年9月3日(火曜日)午前9時開議                 
日程第 1 会議録署名議員の指名                        
日程第 2 会期の決定                             
日程第 3 諸報告                               
日程第 4 決議第 1号 前議会議員岸優君逝去に対する哀悼の決議        
日程第 5 第51号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第3号)     
日程第 6 第52号議案 平成25年度神川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
日程第 7 第53号議案 平成25年度神川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1
             号)                         
日程第 8 第54号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算(第2号) 
日程第 9 第55号議案 平成25年度神川町町営バス事業特別会計補正予算(第1号)
日程第10 第56号議案 平成25年度神川町観光事業特別会計補正予算(第1号) 
日程第11 第57号議案 平成25年度神川町公共下水道事業特別会計補正予算(第1
             号)                         
日程第12 第58号議案 平成25年度神川町水道事業会計補正予算(第1号)   
日程第13 第59号議案 神川町公益法人等への職員の派遣等に関する条例について 
日程第14 第60号議案 神川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例につい
             て                          
日程第15 第61号議案 神川町税条例等の一部を改正する条例について      
日程第16 第62号議案 神川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について 
日程第17 第63号議案 町道路線の認定について                
日程第18 第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について 
日程第19 第65号議案 平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認
             定について                      
日程第20 第66号議案 平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の
             認定について                     
日程第21 第67号議案 平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第22 第68号議案 平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算
             の認定について                    
日程第23 第69号議案 平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認
             定について                      
日程第24 第70号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第25 第71号議案 平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の
             認定について                     
日程第26 第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定について   
日程第27 報告第 7号 平成24年度神川町健全化判断比率について       
日程第28 報告第 8号 平成24年度神川町資金不足比率について        
日程第29 一般質問                              
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ
出席議員(13人)                               
       1番  赤 羽 奈保子 君       2番  山 ? 正 弘 君
       3番  大 川 喜和子 君       4番  渡 辺 浩 一 君
       5番  廣 川   学 君       6番  落 合 周 一 君
       7番  小井戸 英 夫 君       8番  田 村   勝 君
       9番  山 田 義 雄 君      10番  町 田   久 君
      11番  浅 見 好 雄 君      12番  岩 ? 一 義 君
      14番  主 山 義 雄 君
欠席議員(なし)                                
                                    
説明のため出席した者                              
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  島 田 邦 弘 君
  教  育  長  高 澤 利 藏 君  総 務 課 長  高 橋 重 久 君
  総 合 政策課長  坂 本   等 君  税 務 課 長  新 井 美 範 君
  町 民 福祉課長  青 木 由 一 君  防 災 環境課長  斉 藤   誠 君
  保 険 健康課長  神 住   健 君  診 療 所事務長  根 岸   寛 君
  経 済 観光課長  木 村   豊 君  建 設 課 長  村 山 浩 之 君
  会 計 管 理 者  飯 島 正 文 君  学 務 課 長  山 口 幸 雄 君

  生 涯 学習課長  秋 山 英 二 君  水 道 課 長  柴 崎 紀 夫 君
  兼 公 民 館 長

  神泉総合支所長  小 島 勇 一 君
  兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  櫻 澤   晃    事 務 局長補佐  春 山 孝 子





△開会・開議

   午前9時00分開会・開議



○議長(小井戸英夫君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第5回神川町議会定例会を開会いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(小井戸英夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において1番赤羽奈保子君、2番山?正弘君、3番大川喜和子君を指名いたします。

                    ◇               



△日程第2 会期の決定



○議長(小井戸英夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から9月13日までの11日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日から9月13日までの11日間と決定いたしました。

                    ◇               



△日程第3 諸報告



○議長(小井戸英夫君) 日程第3、諸報告を行います。

 本年6月14日、岸優君から会議規則第99条の規定に基づき、一身上の都合により議員の職を辞したいとの願い出があり、地方自治法第126条の規定に基づき、同日付で議員辞職の許可を行い、許可通知書を交付しましたので、会議規則第99条第3項の規定により報告いたします。

 次に、本定例会においてお手元に配付のとおり、第51号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第3号)外23件が提出されております。

 なお、本定例会に議案説明のため、町長ほか関係者の出席を求めました。

 次に、児玉郡市広域市町村圏組合議会議員、落合周一君から報告事項があります。

 6番落合周一君。

              〔6番 落合周一君発言〕



◆6番(落合周一君) 議長の許可をいただきましたので、平成25年第2回児玉郡広域市町村圏組合議会定例会のご報告を申し上げます。

 本定例会は、平成25年6月28日に開催され、管理者から2件の議案が提案されました。

 第6号議案 児玉郡市広域市町村圏組合一般職員の給与の人事特例に関する条例につきましては、平成25年7月から平成26年3月までの間、一般職員の給与を減額するものであります。減額率につきましては、3級以下の主任を除く職員が1.37%、3級の主任及び4級の職員は2.23%、5級以上の職員につきましては、2.8%であります。

 そして、第7号議案 児玉郡市広域市町村圏組合監査委員の選任につき同意を求めることについてですが、地方自治法第196条第1項の規定により、組合議員の中から選任された監査委員に欠員が生じたため、広瀬伸一氏を選任するものであります。

 以上の2議案につきましては、討論はなく、全て原案どおり可決されました。

 以上で報告を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 以上で諸報告を終わります。

                    ◇               



△日程第5 第51号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第3号)



△日程第6 第52号議案 平成25年度神川町国民健康保険特別会計補正予算(第1号)



△日程第7 第53号議案 平成25年度神川町後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)



△日程第8 第54号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算(第2号)



△日程第9 第55号議案 平成25年度神川町町営バス事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第10 第56号議案 平成25年度神川町観光事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第11 第57号議案 平成25年度神川町公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



△日程第12 第58号議案 平成25年度神川町水道事業会計補正予算(第1号)



△日程第13 第59号議案 神川町公益法人等への職員の派遣等に関する条例について



△日程第14 第60号議案 神川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例について



△日程第15 第61号議案 神川町税条例等の一部を改正する条例について



△日程第16 第62号議案 神川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例について



△日程第17 第63号議案 町道路線の認定について



△日程第18 第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について



△日程第19 第65号議案 平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第20 第66号議案 平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第21 第67号議案 平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第22 第68号議案 平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第23 第69号議案 平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第24 第70号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第25 第71号議案 平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第26 第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定について



△日程第27 報告第 7号 平成24年度神川町健全化判断比率について



△日程第28 報告第 8号 平成24年度神川町資金不足比率について



○議長(小井戸英夫君) 次に、日程第5、第51号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第3号)から日程第28、報告第8号 平成24年度神川町資金不足比率についてまで、24件を一括議題といたします。詳細説明、質疑、討論、採決については、後日行いたいと思います。

 次に、町長より招集の挨拶と議案に対する提案理由の説明を求めます。

 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

 本日ここに、平成25年第5回神川町議会定例会を招集しましたところ、議員の皆様におかれましてはご健勝にてご参会を賜り、深く感謝申し上げます。

 さて、平成25年度も5カ月が経過し、国においては7月に行われました第23回参議院選挙で自民党が圧勝し、いわゆる国会のねじれ現象が解消されました。今後、TPP問題や消費税増税等国内外の諸問題への対応等、国の動向が注目されるところであると思います。町といたしましても、このような状況下、国等の動向を注視しながら、町民の安心・安全施策の実現に向けて町政運営を進めていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

 また、先月は、中学生議会を開催し、中学生議員からさまざまなご質問やご意見をいただきました。中学生議員の真剣なまなざしの中に、これからのまちづくりに対する熱意を感じました。貴重なご意見等は今後のまちづくりに反映させていただきたいと思います。

 9月に入り、暦の上では既に秋ということですが、1カ月以上も続く猛暑の中、議員の皆様におかれましては、お体には十分ご自愛されるとともに、町民の福祉の向上と町勢発展のため、特段のご理解とご協力を重ねてお願いいたします。

 さて、本定例議会では、第51号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第3号)から第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算についてまで22議案と2件の報告の審議をお願いするものでございます。

 それでは、ご提案申し上げました提案理由についてご説明いたします。

 初めに、第51号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算についてご説明いたします。平成25年度神川町一般会計の補正予算は2,602万7,000円の減額で、補正後の歳入歳出総額は55億482万円となります。

 まず、歳出につきましては、国家公務員の給与減額措置を踏まえ、本年7月から年度末まで実施する職員給与減額と人事異動に伴う減額で、人件費が7,467万8,000円減額となります。また、事務用パソコンの基本ソフトのサポート打ち切りに伴うパソコン購入費として1,313万8,000円、神川中学校校舎改築に伴う備品購入費836万7,000円、町内4小学校空調工事の設計委託料630万円、交通安全対策のカーブミラー設置工事費216万円、住宅用太陽光発電設置補助申請増による補助金200万円等の増額をお願いするものでございます。

 一方、歳入においては、各種事業の実施等に伴い、国庫支出金165万円、県支出金145万2,000円及び介護保険特別会計からの繰入金486万5,000円等を増額し、財政調整基金からの繰入金4,218万6,000円の減額をお願いするものでございます。

 続きまして、第52号議案 平成25年度神川町国民健康保険特別会計補正予算についてご説明いたします。事業勘定の補正につきましては、歳入歳出予算総額にそれぞれ2,058万円を追加し、補正後の予算総額を17億1,058万円とするものです。今回の補正における主な歳出は、退職被保険者の保険給付費として645万2,000円、前年度分の精算に伴う国庫負担金の返還金として1,536万6,000円などをお願いするものでございます。これらに充当する財源として、過年度追加交付の療養給付費交付金を保険給付費に、前年度繰越金を国庫返還金にそれぞれ充てる内容となっております。

 施設勘定の補正につきましては、歳入歳出予算総額にそれぞれ2万1,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算総額をそれぞれ1億2,972万2,000円とするものです。歳入につきましては、前年度繰越金を充当し、歳出につきましては人件費の給料、職員手当等を減額し、共済費の増額をお願いするものです。

 続きまして、第53号議案 平成25年度神川町後期高齢者医療特別会計補正予算についてご説明ございます。後期高齢者医療特別会計の補正予算につきましては、歳入歳出予算総額にそれぞれ280万円を減額し、補正後の予算総額を1億1,258万6,000円とするものです。今回の歳出補正では、人事異動に伴う一般管理費を減額し、歳入では事務費繰入金の減額と前年度繰越金を充てる内容となっております。

 続きまして、第54号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算にいてご説明いたします。平成25年度神川町介護保険特別会計における補正予算の総額は2,780万1,000円の増額で、補正後の歳入歳出予算総額をそれぞれ9億3,388万円とするものでございます。補正予算の歳出の主な内訳は、平成24年度給付実績に伴う介護給付費準備基金積立金、保険給付費及び地域支援事業に係る国・県支払基金の返還金、平成24年度人件費事務費精算に係る一般繰出金及び人件費の増額であります。

 主な歳入につきましては、平成24年度実績に伴う繰越金及び人件費歳出増に伴う一般会計からの繰入金を充てる内容となっております。

 続きまして、第55号議案 平成25年度神川町町営バス事業特別会計補正予算についてご説明いたします。神川町町営バス事業特別会計補正予算(第1号)ですが、歳入歳出予算総額に5万3,000円を増額し、補正後の額を1,235万1,000円とするものです。補正内容は、歳入の前年度繰越金99万3,000円増額し、歳出の一般職人件費の5万3,000円の増額分を差し引いて、一般会計繰入金94万円を減額するものです。

 続きまして、第56号議案 平成25年度神川町観光事業特別会計補正予算についてご説明いたします。観光事業特別会計の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ211万4,000円を追加し、補正後の予算総額を5,243万4,000円とするものでございます。今回の補正における主な歳出は、冬桜の宿の露天小浴槽のろ過装置にふぐあいが生じ、その修繕にかかわる費用や消費税の不足額など宿泊研修施設経営費を増額補正するもののほか、レストハウス城峯において、食堂用消耗品の不足や仕入れの増加があるため、レストハウス運営費を増額補正するものでございます。

 歳入の補正は、一般会計からの繰入金とレストハウス城峯の平成24年度繰越金を充てる内容となっています。

 続きまして、第57号議案 平成25年度神川町公共下水道事業特別会計補正予算についてご説明いたします。平成25年度神川町公共下水道事業特別会計補正予算は139万7,000円の増額で、補正後の歳入歳出は2億1,506万5,000円となります。補正の主な歳出は、人事異動に伴う一般管理費59万7,000円の増額、特定環境保全公共下水道区域内の公共ます設置や道路補修工事費80万円の増額であります。

 歳入においては、前年度繰越金465万1,000円の増額、繰入金325万4,000円を減額するものでございます。

 続きまして、第58号議案 平成25年度神川町水道事業会計補正予算についてご説明いたします。平成25年度神川町水道事業会計補正予算ですが、予算第3条の収益的収入及び支出について、営業費用256万9,000円の減額は、4月の人事異動と神川町職員の給与に関する条例の臨時特例による総経費の給料及び手当を減額補正するものでございます。

 続きまして、第59号議案 神川町公益法人等への職員の派遣等に関する条例についてご説明いたします。公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律に基づいて、神川町職員を公益法人等へ派遣する制度を整備するため、本案を提出するものでございます。

 続きまして、第60号議案 神川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。医療職給料表3の適用を受ける職員の変更により、所要の改正を行うため、本案を提出するものです。

 続きまして、第61号議案 神川町税条例等の一部を改正する条例についてご説明いたします。神川町税条例の一部を改正する条例でございますが、平成25年3月30日に地方税法の一部が改正されたことに伴い、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成25年6月12日にそれぞれ公布されたことにより、神川町税条例について改正する必要が生じたので、本案を提出するものでございます。

 今回の改正の主な内容は、個人住民税における公的年金からの特別徴収制度について、特別徴収額は、仮特別徴収額の変更があった場合の取り扱いについての改正及び株式等に係る譲渡所得の特例の改正でございます。

 続きまして、第62号議案 神川町国民健康保険税条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。平成25年3月30日に地方税法の一部が改正されたことに伴い、地方税法施行令の一部を改正する政令及び地方税法施行規則の一部を改正する省令が平成25年6月12日に公布され、当該地方税法等の一部改正で、金融所得課税の一体化等を目指し、金融商品に係る損益通算範囲を拡大するとともに、公社債等に対する課税方式を変更するなどの改正を行うことに伴い、本案を提出するものでございます。

 続きまして、第63号議案 町道路線の認定についてご説明いたします。道路法第8条第1項の規定に基づき、別紙認定路線調書のとおり町道路線を認定する。新規認定によるもの1路線。

 続きまして、各会計の決算についてご説明いたします。

 初めに、普通会計から説明をさせていただきます。普通会計は、一般会計から介護保険事業の一部を除き、住宅資金貸付事業特別会計と町営バス事業特別会計と合わせものを普通会計とさせていただいております。

 まず、普通会計の歳入は、56億8,257万7,000円で、前年度比7.1%減となっております。主な内訳として、町税は歳入の約31%を占めておりますが、国の税制改正により個人町民税は増収となりましたが、評価がえによる固定資産税とたばこ税の減収により、町税全体では前年度比2.6%の減少となりました。地方交付税につきましては歳入の約32%を占め、その内訳は普通交付税が29%、特別交付税が3%となっております。

 町債につきましては、臨時財政対策債、合併特例債で歳入の約5%を占めております。また、国庫支出金は安全・安心な学校づくり交付金等の減少により、前年度と比較して約42%の減となり、歳入全体の5%となっております。県支出金につきましては、町道災害復旧補助金や緊急雇用創出事業補助金の増加により、前年度比約10%の増額となっております。

 次に、歳出は52億4,417万2,000円で、前年度比5%の減少となっております。歳出概要につきまして、まず性質別歳出から説明いたします。人件費や物件費等の経常経費につきましては、経費節減や合理化に引き続き努めており、人件費は前年度と比較して約3%の減額となっております。投資的経費につきましては、防災無線の整備事業等を実施しましたが、平成23年度に神川中学校体育館改築工事が完了したことにより大きく減少し、前年度と比較して約44%の減額となっております。

 続きまして、目的別歳出について概要を説明いたします。まず、議会費につきましては、議員共済費負担金の減少により、前年度と比較して約14%の減少となっております。

 総務費につきましては、衆議院議員選挙費と財政調整基金及び減債基金への積立金の増額により、前年度と比較して約43%の増加となっております。

 民生費におきましては、国民健康保険特別会計事業勘定繰出金と子ども手当支給事業の制度改革による減額により、前年度と比較して約5%の減少となっております。

 衛生費につきましては、診療所の国民健康保険特別会計施設勘定への繰出金増額により、前年度に比べ約2%の増額となっております。

 労働費につきましては、埼玉県緊急雇用創出補助金を活用した各種事業を実施したことにより、前年度に比較して約30%の増加となっております。

 農林水産業費につきましては、農業振興基金への積み立て増により、前年度比約32%の増加となっております。

 商工費につきましては、観光事業特別会計繰出金の増加により、前年度比約21%の増加となっております。

 土木費につきましては、道路新設改良費や道路橋梁維持費の増により、前年度に比較して約41%の増加となっております。

 消防費につきましては、防災無線整備事業とLED防犯灯設置事業の実施により、前年度比約16%の増加となっております。

 教育費につきましては、神川中学校体育館改築工事の完了と教育施設整備基金積立金の減により、前年度比約53%の増加となっております。

 また、公債費につきましては、繰上償還金の減により前年度比約35%の減少となっております。

 このように、町政運営に当たり財政の健全化と安定化が必要であるため、一般財源の確保に努め、国、県からの補助金を有効に活用するとともに、歳出に当たっては委託料等の物件費や人件費などの経常経費の節減に努めてまいりました。引き続き今後も事務事業の見直しを行い、行政改革の着実な実施を図るとともに、限られた財源を活用しながら、新たな町民ニーズも応えられるよう積極的な町政運営に努めたいと考えております。

 以上、平成24年度普通会計の決算概要であります。

 続きまして、第64号議案 平成24年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についてですが、歳入総額56億8,568万1,362円、歳出総額52億4,903万4,261円、差し引き残額は4億3,664万7,101円となりました。

 続きまして、第65号議案 平成24年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についてですが、事業勘定につきましては、歳入総額17億2,906万7,402円、歳出総額16億2,199万6,709円、差し引き残額は1億707万693円となり、施設勘定につきましては、歳入総額1億3,119万7,828円、歳出総額1億2,051万7,573円、差し引き残額は1,068万255円となりました。

 続きまして、第660号議案 平成24年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についてですが、歳入総額1億1,177万5,474円、歳出総額1億1,111万364円、差し引き残額は66万5,110円となりました。

 続きまして、第67号議案 平成24年度神川町介護保険特別会計歳入歳出の決算の認定について、歳入総額9億212万940円、歳出総額8億7,440万9,196円、差し引き残金は2,771万1,744円となりました。

 続きまして、第68号議案 平成24年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、歳入総額171万4,116円、歳出総額71万298円、差し引き残額は100万3,818円となりました。

 続きまして、第69号議案 平成24年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について、歳入総額1,756万6,554円、歳出総額1,657万2,430円、差し引き残金は99万4,124円となりました。

 続きまして、第70号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について、歳入総額1億2,294万8,781円、歳出総額9,505万8,054円、差し引き残額は2,789万727円となりました。

 続きまして、第71号議案 平成24年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、歳入総額1億7,823万7,533円、歳出総額1億7,208万6,507円、差し引き残額は615万1,026円となりました。

 続きまして、第72号議案 平成24年度神川町水道事業会計決算の認定についてですが、収益的収入及び支出の総収益は、税抜きで2億7,803万3,055円で、総費用は2億6,997万1,657円となり、純利益806万1,398円の黒字となりました。

 資本的収支の収入額は、消火栓工事負担金の52万5,000円、支出額は1億2,883万5,702円で、差し引き不足額の1億2,831万702円は、内部留保資金及び建設改良積立金で補填いたしました。

 報告第7号 平成243年度神川町健全化判断比率について、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定により、平成24年度神川町健全化判断比率について報告するものでございます。

 報告第8号 平成24年度神川町資金不足比率についてですが、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、平成24年度神川町資金不足比率について報告するものでございます。

 以上、本定例会にご提案いたしました議案等の提案理由でございます。

 なお、各議案等の詳細説明につきましては、担当課長より説明させますので、慎重ご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集の挨拶及び提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    ◇               



△日程第4 決議第1号 前議会議員岸優君逝去に対する哀悼の決議



○議長(小井戸英夫君) 日程第4 決議第1号 前議会議員岸優君逝去に対する哀悼の決議を議題といたします。

 最初に、6月28日に逝去されました岸議員に対し、心からご冥福を祈り、謹んで黙祷をささげたいと思います。

 ご起立を願います。



○議長(小井戸英夫君) 黙祷をお願いします。

 黙祷。

              〔黙  祷〕



○議長(小井戸英夫君) 黙祷を終わります。

 ご着席ください。

 次に、局長に決議案の朗読をいたさせます。

 事務局長。



◎議会事務局長(櫻澤晃君) 

          前議会議員岸優君逝去に対する哀悼の決議

 本議会は、さきに逝去された神川町議会議員岸優君の、永年に亘る町政発展に対する顕著な功績を讃え、ここに謹んで哀悼の意を表します。

  平成25年9月3日

                            神 川 町 議 会



○議長(小井戸英夫君) 続いて、提出者からの趣旨説明を求めます。

 14番主山義雄君。

              〔14番 主山義雄君発言〕



◆14番(主山義雄君) 議長の許可をいただきましたので、去る6月28日に逝去されました故岸優議員を悼み、謹んで哀悼の言葉をささげ、趣旨説明とさせていただきます。

 思い起こしますと、あなたは、6月定例会において一般質問中に突然体調を崩され、緊急入院となり、懸命な治療を受けましたが、急逝されました。余りの突然の出来事に惜別の情を禁じ得ません。

 あなたは、41年という長きにわたり、神川町議会議員として卓越した識見と実行力を持って、町勢発展のためにご貢献されてこられました。この間、総務常任副委員長をはじめ国保診療所調査特別委員会委員長、産業廃棄物処理施設対策調査特別委員長などを歴任され、昭和52年からは14年間にわたり文教厚生常任委員長として、町の教育、福祉、保健、医療、介護などの幅広い分野で遺憾なく指導力を発揮されてこられました。これらのご功績が認められ、平成19年には、全国町村議会議長会総務大臣表彰を受章され、このほかにも数々の表彰を受けられ、本年6月には、叙位・正六位及び叙勲・旭日双光章を受章されました。

 今後、私たちは、あなたが築き上げた偉大な功績を生かし、町の発展のためにさらなる精進することをお誓い申し上げます。

 泉下の平安とご遺族並びに神川町の前途にご加護を賜りますようお願い申し上げまして、哀悼のことばといたします。

 平成25年9月3日、主山義雄。

                    ◇               



△日程第29 一般質問



○議長(小井戸英夫君) 日程第29、町政に対する一般質問を行います。

 最初に、5番廣川学君の質問を許します。

 廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) おはようございます。朝早くからたくさんの傍聴ありがとうございます。議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。

 まず、いきいきサロンについてですが、現在町内でほぼ毎月数カ所で開催されているようです。私、廣川も八日市のいきいきサロンのお手伝いを可能な限りさせていただいております。出席されている人生の先輩方も皆さん楽しそうに参加されていらっしゃいます。特に何かをするわけでもなくても、その場で会話を楽しんでいらっしゃいます。とにかく皆さん会話に飢えているかのようにたくさん話していらして、しかもほとんど笑顔です。きっとひとりで暮らしていたり、ひとりでなくてもなかなか話す機会が少ない生活なのではないかと想像いたします。そんな先輩方を閉じこもらせないために、いきいきサロンはかなり有効だと考えます。

 ことしも夏は猛暑となり、高齢者が熱中症でなくなるという事象が全国で何件も起こって、何名も亡くなってしまいました。しかも、数日間発見されなかったりしておりました。神川町でそのような悲しい事象が起きないためにも、いきいきサロンは有効だと考えます。

 ところが、このいきいきサロンが町内どこでも行われているわけではないのです。行政区で言いますと、12団体11行政区でしか現在開催されておりません。その現状を詳しく教えてください。

 そして、この11行政区という約半分の行政区でしか開催されていない理由があるようでしたらお答えください。

 先ほども申し上げたように、開催することに利点ばかりを感じるいきいきサロンですが、問題点もあるようで、現状では民生委員の方々の負担がとても大きい。こんなに民生委員の方々におんぶにだっこでは運営は困難なものになってしまうのではないでしょうか。もしかするとそれが開催を妨げている原因なのでしょうか。

 そこで、町としていきいきサロンに対する考え方、それから将来的にこのいきいきサロンをどのように捉えているのかお聞かせください。

 次に、出前授業についてですが、昨年の9月、この場所で質問させていただきました。それが今年度実現したということは大変喜ばしく思っております。しかし、今回、実際に行われたものは、私、廣川が質問してやっていただきたかったものとはかなり違うものになっておりました。廣川の希望としては、現在、国の意向としても重く考えられているキャリア教育をメーンに、町長の仕事とはといった授業をクラス単位でしていただきたかったのですが、実際は体育館で全校生徒対象でした。その結果、私が見る限りキャリア教育の色合いは感じられず、町長もボールペンをくれるおじさんになっていました。なぜあのようなやり方になったのか、あの出前授業の狙いは何だったのか、詳しくお聞かせください。

 そして、この2学期に小学校でも行われると思いますが、それも中学校と同じような方式で行うのでしょうか。それとも、また違う形を考えていらっしゃるのか、それもお聞かせください。

 そして、この先、来年度以降は、この出前授業はどうするのかお答えください。

 3番目、最後ですけれども、学力向上についてですが、今年度は指導主事を2人体制にして学力向上に尽力されていると思いますが、具体的にどのような取り組みを行っているのか教えてください。

 先日、新聞発表もありましたが、全国学力・学習状況調査、俗に言う全国学力テストです。これの結果が発表されました。埼玉県の発表では、算数、数学が全国平均を下回り、国語においても全国平均を辛うじてクリアしている程度です。県の学校に対する調査では、特に中学校では、宿題を出さない傾向が強く、宿題を出した学校は、国語で33%、数学は41%といずれも全国平均を10ポイント以上下回っているそうです。都市部では、塾に通う生徒が多いので宿題を出さないケースが多いと、県のほうでは考えているようですけれども、都市部でなく塾に通う生徒もそれほど多くはない我が神川町ではどうなのでしょうか。もちろん宿題は出せばよいというものではないことは重々承知しております。学力向上にはふだんの積み重ねが非常に大事です。それには宿題や家庭学習、自主学習が必要です。受験業界では昔から、小学生は学年掛ける10分、中学生は学年掛ける1時間、それ以上を家庭学習時間の目安として考えるというふうに言われております。

 そこで、先ほどもお話しした全国学力テストで毎回上位の結果を出している秋田県のやり方を、秋田方式と言って家庭学習のやり方などをまねている自治体もふえていると聞いております。我が神川町ではどのように考えているのでしょうか。

 学力向上に日々の学習は欠かせませんが、ことしの夏休みの宿題について、神川町の学校を含め調べてみたのですが、我が神川町では昨年と変わらない、あるいは少なくなっているようなのですが、これは学力向上に向かっているのでしょうか。私、廣川も宿題を出す側で、宿題を出す場合は狙いというものがありますので、一概に多い、少ないだけで判断するのは適切ではないと考えます。ですから、きっと理由があるものだと信じております。この機会に狙いの一端でもお伝えいただきたいと考えております。

 私、廣川がここ5年ほど頭を悩ませているものに、生徒たちの国語力の低下があります。計算力はかなりあり、計算はしっかりできるのに文章問題になると急にできなくなる生徒が大変ふえております。これは、文章が読み取れていないという何よりの証拠です。この文章を読み取る力、それから作文や日記などを書く力、これをまとめて国語力といいますが、この力をつけるには読書が一番なわけです。今年度は、各小学校で読書を進めているのもきっとそのためだと思います。

 生徒たちの身近なところで言いますと、皆さんご存じのとおり、近年のニュースでは、記述問題がふえていて、文章をたくさん書いて答えるという答えがふえております。受験業界でもその対策をしていることを売りにしている塾や予備校などがたくさん出ております。小学生のうちから本をたくさん読んでいる生徒は、国語力がつくので、ますます受験に強くなると言えるでしょう。計算や漢字の書き取りのような典型的な宿題や本などを読むということは、日々の積み重ねが大事で、一朝一夕にできるものではございません。受験にかかわらず社会で生きていく上で、とても重要な要因であると考えますが、なかなか児童生徒のころにはそれに気づくことができません。だから、学校における宿題の役割というのはとても大きいと考えます。町や教育委員会では、この宿題についてどのようにお考えなのかお聞かせください。

 質問の数は多いですが、わかりやすい答弁をぜひよろしくお願いします。

 以上で、登壇による1回目の質問を終わりにします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、廣川議員の質問に順次お答えしたいと思います。

 初めに、現在、町内で行われているいきいきサロンについてのご質問についてお答えをいたします。推進主体は社会福祉協議会で実施し、運営経費の支援や相談、保険の加入を所管し、民生児童委員等が新規サロンの立ち上げや高齢者の状況把握を行っております。地域の集会所や集落センターを利用して、会話や外出機会の少ない高齢者や障害のある方などの地域住民が地域のボランティアと一緒にどんなことをしたいのか話し合い、自主的に運営いたします。

 そこでの触れ合い、交流を通してお互いに仲間づくりや生きがいを持つことなど、大きな効果が期待されております。

 神川町では、平成15年に民生児童委員協議会の高齢者部会が中心となり、大字元阿保サロンがスタートし、現在12カ所で実施されております。昨年は、延べ3,000人の方の参加をいただきました。民生児童委員やOBの方、大字区長や大字委員、老人クラブ、赤十字奉仕団、ボランティアによる地域の皆さんにご協力をいただき、運営されているところでございます。

 内容は、500円の会費をいただき、お茶飲みや食事、おしゃべりを中心とした気軽なものから、体操、園芸など、時には町の保健師に依頼し、血圧測定や健康相談を行ったり、季節の節目にはお花見やクリスマス会を行うなど、参加者に喜んでいただけるよう工夫し、実施していただいております。

 次に、町の考え方についてのご質問にお答えします。町では、このふれあいいきいきサロンが高齢者の生きがいや仲間づくり、閉じこもり防止、介護予防など自立と健康の増進を促し、さらには地域住民同士の支え合いの輪を広げ、地域福祉の活性化につながるものと期待しております。今後は、社会福祉協議会との連携を強化するとともに、情報の共有を図り、新たな福祉ニーズの発見と未実施地域の開催の促進、高齢者の移動が困難な山間地域では、数人で気軽に集まれるようなミニサロンの提案等、地域の実情に合ったさまざまな支援や情報提供をしていきたいと考えております。

 次に、出前授業についてを答弁させていただきます。出前授業を計画した趣旨といたしましては、町長と子供たちの出前講座、意見交換会を実施することにより、町の現状や今後のまちづくりについて子供たちの理解を深めるとともに、郷土を愛する心情を養うことが狙いでございます。

 この中に、私の思いが2つ盛り込まれています。1つ目は、神川町の未来を担う子供たちは、まさに町の宝です。そんな子供たちとの対話をしたいと考えました。授業の場に担任の先生と一緒にゲストティーチャーとして入れば、子供たちの率直な意見や感想が聞けると考えたからです。将来、神川町にどんなことを期待しているのか、どこを改善していけば、より魅力ある神川町になっていくのかという子供たちの思いを感じ取りたいと考えたからです。

 2つ目は、子供たちにもっと神川町のことを知ってもらい、好きになってもらいたい、これからの神川町で活躍できる人材になってほしいという思いがあり、計画をいたしました。昨年、もちろん廣川議員からのご提案にもあったとおりでございます。

 初めに、先日の出前授業についてですが、神川中学校からの要望もあり、全校生徒を対象に町政について予算等の話も交えて、中学生に詳しく話をいたしました。これらはキャリア教育の意味合いもあります、講演会での内容は、主に神川町の現状、予算、神川中学校特別教室棟の改築計画について説明を行い、その内容についての質疑応答などでございました。

 次に、これからの出前授業についてですが、4つの小学校及び神泉中学校で2学期に計画されております。学校現場の意見を取り入れて、学年単位で行う学校、複数の学年で行う学校、全校で行う学校と学校規模によりさまざまであります。授業内容の構想ですが、小学校では神川町の現状説明及び神川町の副読本を活用しながら、意見交換を行おうと考えております。また、神泉中学校では、神川中学校で行った内容により実施いたします。町政にとっても子供たちにとってもお互いに刺激になれるような出前授業にしていきたいと考えております。

 次に学力向上につきましては、教育長より答弁させますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 町長より指示がありましたので、学力向上についてを答弁させていただきます。

 初めに、今年度の取り組みについてですが、埼玉県教育委員会は、学力向上を最重要課題としております。それを受けて神川町教育委員会も、児童生徒の学力向上するために、今年度より指導主事を2人体制とし、次のような取り組みを始めております。

 1つ目は、学力向上推進委員会の活性化です。既に2回の会議を実施しましたが、学力における各学校の子供たちの実態やそれに対する有効な方策などについて調査結果をもとに話し合い、今後の取り組みについて確認を行いました。

 2つ目は、町内の小中学校の教員が一堂に研修を実施するオール神川研修会です。今年度は、8月28日に国語についての研修を行いました。町内の教職員が情報交換をすることは、神川町の教育の一つでもある9年間を見通した指導の確認をすることができるとともに、中1ギャップ対策にもつながります。

 3点目は、授業研究会の充実です。神川町では、教員の授業力向上の観点から、1人1研究授業を行っております。ご存じのとおり、神川町は小中学校の数が6校と少なく、またそのうち3校が小規模校です。そこで、校内授業研究会を町内の小中学校教員が参観できるようにし、研究会を深めることで授業力の向上を図ってまいります。

 その他、夏期休業中のベーシックサマースクールの実施や少人数指導や補修など、きめ細かな教育の推進や家庭学習や読書の推奨など、家庭、地域との連携を深めた教育の推進に一層努力してまいりたいと思います。

 次に、夏休み中の宿題についてですが、中学校における夏期休業中の宿題及び家庭学習について説明をいたします。

 埼玉県のホームページにも「家庭学習のすすめ」というページがあります。授業で学んだ内容確認、定着させる意味で家庭学習は大切であります。その意味からも家庭学習を推奨し、充実、改善を図っていきたいと思います。

 さて、夏期休業中の中学校における宿題についてですが、夏休みなどの時間に余裕があるときは、ゆっくり読書をしたり、絵を描いたり、研究をしたりするなど、ふだんできない宿題が出されます。コンクールなどの展覧会があるのも重要な一つですが、大きな理由としては、豊かな心を育むための情操教育です。夏休みの宿題としては欠かせません。また、体験学習などの機会としても適切な時期であります。3年生にとっては高校の体験教室や説明会などがめじろ押しであります。進路選択の材料を集める大事な時期になります。また、ボランティアや職業体験などをしている生徒もおります。これらは宿題ではありませんが、学校の紹介で希望者が参加しております。そのほかに国語、社会、数学、理科、英語の5教科の宿題があります。これは各学年の教科担任が生徒の状況を判断し、各担当の裁量で生徒に合った宿題を出しております。基本的には、1学期の復習が主な内容です。毎年各教科担任が以下の2点をよく考えて宿題を出しております。

 1つ目は、生徒の家庭学習における自主性を育てたいということです。宿題はいわゆる強制力の働いている家庭学習と言えます。しかし、家庭学習の本来の狙いは、自分で今の課題を考えて、自分で学習内容を精査し、計画を立てて行うところにあります。3年になって自分の進路目標が絞られてくると、自主性が生まれ、それぞれの生徒が自分の課題と向き合い、勉強をしていきます。自分の課題と向き合う時間も必要ですから、宿題は多くなく、少なくなくを意識して出しております。

 2つ目は、夏休みの宿題は勉強が嫌いな生徒にも頑張ろうと思える質と量にしたいというところです。学力面から見て勉強が好きでない生徒もおります。そんな生徒は、多い量の宿題、難しい問題が並んでいるのを見ると、やる気をなくし、無気力になるケースが多く見られます。このことを心配し、基本的な問題を精選し、実際にチャレンジしたらできるような問題を多く出して、反復練習、ドリル等の課題にしたりしております。その分、自分に時間的に余裕のある生徒は、問題集を自分で購入したり、地域の学習塾に行ったり、それぞれの勉強をしております。また、夏期休業中のまとめとして、有意義な学習の成果を確認させ、意識させるために、夏休み明けにテストを行って、まとめとしています。今後も夏期休業の有意義な取り組みを考え、実践してまいりたいというふうに思います。

 どうぞご理解をお願いいたします。以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) では、いきいきサロンのことからいこうと思うのですけれども、先ほど民生委員の方のことしか言わなかったのですけれども、もちろん町長のお答えのように、老人会だったり地域の方々のお力をとてもおかりしている部分は重々存じ上げております。

 それで、現状としてやっぱり12団体、11行政区でしか開催されていないということを鑑みると、やっぱり効果がいっぱい期待できるのに、なぜそういう状態なのだろうということをもっと考えなければいけないのかなというふうに考えます。

 先ほど社協と連携を強化してというよく聞く言葉が出てきたのですけれども、町としてもっと思い切ったことを、一気に補助金をどんと出すとか、お金だけの問題ではもちろんないのですけれども、そういう姿勢を見せてやってもらうとかというふうに考えるところはないのかなというふうに、こんなにも皆さん参加されている方が楽しそうに参加されていて、でも神川町内全部でやられていないということをすごく重く考えるべきなのではないかなというふうに思うのですけれども、町長いかがですか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) お答えいたします。

 11行政区、12サロンということで、なかなかこの輪が広がっていかないというのも事実でございます。そういった中で、町も多少の補助はさせていただいているつもりでございます。廣川議員仰せのとおり、私なんかも感じるところでは、そういった財政的な負担も多少は影響しているのかなという感じはございますので、その辺につきましては前向きに検討させていただきたいと思います。

 そうすることによって、応援の方々の負担が少なくなれば、それにこしたことはございませんので、本当に前向きに検討させていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 前向きと言われてしまうと、その後二の句が継ぎにくいのですけれども、先ほど私がお話ししたのは、お話を聞くと、やっぱり立ち上げることにしてもかなり丁寧に説明をしていただいて、こういうふうにやるといいのですよ、こういうふうに立ち上げるのですよという説明もすごく丁寧にしていただけるという話も聞いております。でも、なかなか開催できない場所が、もちろん地理的な要因があったりする場合も、先ほどの町長の答弁のようにあると思うのですけれども、なるべく皆さんが参加できるような状況をつくるためには、町がそこにお金を大量に出しますよと、今現状でちょっと出しています的な回答でしたけれども、そうではなくて、町としてはそれを推奨して、どんと補助しています、皆さんそういうところでボランティアできる人がいるのでしたら、お手伝いもくださいという形で、例えばボランティアしたら、前に赤羽議員の質問であったようなボランティアしたらポイントがとか、そういうみんなが手伝えるような、私も最初にボランティアとして行くときに、行っていいものなのかどうか大分悩んだのです。でも、八日市だったら行っても何という顔されないかなと思って、思い切って行ったら、とても歓迎していただいて、それからできる限りは参加しているのですけれども、その第一歩になるためのきっかけというのも重要だったりするのかなと、そうするとあそこでもやっているし、ちょっとやってみようかなとかという方向は出てくるのかなというふうに思うのですけれども、こういうふうに大事にお金を使ってくださいではなくて、もうどういうふうに使ってもいいですから、お金出しますからやってくださいというぐらいの思い切りが多少必要なのかなという気はするのです。それで、プラスさっき言ったボランティアとかの方の力をかりるためには、そのポイント制にするとか、何かそういう部分をプラスアルファしていくと、もっと町内の人、ほかの若い人たちもお手伝いできたりして、そうするとまた交流ができ、それこそ震災だの、ああいう天災があったときに、きずなとして、あそこのあの人どうしたかなという心配も民生委員の方だけでなく、みんなが心配できたりするのかなというふうに考えるのですけれども、町長いかがでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 非常に貴重なご提案ありがとうございます。

 ほかの分野でもこういったボランティアの方々に対するポイント制等云々はいろいろ出ております。私もそれにつきましては決して反対するものではございません。先ほども申しましたように、今現在、廣川議員からご提案ございました、こういったポイント制等も含めて、前向きに検討いたします。

 なお、ちょっと課長のほうからも細かい点があるかと思いますので、ちょっとお答えさせます。



○議長(小井戸英夫君) 町民福祉課長。

              〔町民福祉課長 青木由一君発言〕



◎町民福祉課長(青木由一君) それでは、町長から指名がありましたので、回答のほうさせていただきたいと思います。

 先ほど廣川議員さんのご質問のとおり、現在12カ所で、特に池田地域から丹荘地域、下のほうに集中している状況にあります。それで、先ほどの回答の中でもお答えさせていただいたのですけれども、補助金が年間10人以下だと1万円、10人を超えると2万円というような補助金の、少ない額なのですけれども、補助金で実施していただいております。山間地域ですと、どうしても会場等へ移動するのに不都合があったりするものですから、10人を割った人数でもいいからということで推進していきたいなと思って、これから進めていくつもりなのですけれども、まず私が今思うのは、民生委員さんに負担がかかるということで、もちろん承知しています。どうしても中心になってくれる方の発掘が一番今大変な状況にあります。民生委員さん多いのですけれども、11月いっぱいで民生委員さん改選になります。ほとんどの地域で新しい民生委員さんにかわるということで、また新しい顔ぶれで運営していただかなければならない状況になると思います。

 それと、代表者を見ますと、ほとんど民生委員さんと民生委員さんのOBの方が中心になって代表になっていただいております。それですから、これから改選を迎えても、現在の民生委員さんに継続してお手伝いしていただく。それから、普及するために、現在実施されているサロンですか、それを参考に見学等、全員で行くわけにはいかないですから、そういうこれから立ち上げてみたいなというところの、民生委員さんにまた負担がかかるようなこと言ってしまうのですけれども、見学に行っていただいて、どんな形で運営しているのかなというようなことも見ていただくのも必要かなと考えております。

 それから、また一番の課題は、会場までの送迎の問題がちょっとあるものですから、その辺も幾らか検討していかなくてはならないかなというようなことを考えております。

 なかなかまとまらないのですけれども、社会福祉協議会の連携、ボランティアさんにもよくそういうサロンのことを社会福祉協議会のほうから説明していただいて、いろいろ協力者を募っていけたらと考えております。よろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 今、課長がおっしゃったように、11月で、12月からは新しい方がなるので、その辺もしっかりフォローしていただきたいなというふうに思います。

 では、次の質問に移ります。出前授業なのですけれども、町長の意向はとてもよくわかったのですが、現状としてどうしても学校との兼ね合いがあるもので、ああいうふうになったのだというふうに理解しました。

 ただ、やっぱり教室で授業という形でできたほうが町長が希望していた生徒たちの声を聞くということで考えれば、いいのかなというふうに感じます。前回の体育館で全校生徒といったときには、やっぱりマイクを使って、それでもよく聞こえなくて、ざわざわする感じもあったり、それでいてお金の話だったので、余計にぴんとこないという、とてもマイナスが続いてしまった感じが見ていてしました。

 これから行うところは小規模校だったりすると、もっと意見を聞けたりということができるのかなと思いますので、少し期待をしたいと思うのですが、神川町のことをもっと知ってもらうということもよくわかるのですが、余り数字を羅列した感じでいきますと、あの後、生徒にも聞いたのですが、「ボールペンもらえなかった」が第一声だったのです。だから、どうしてもそのボールペンがメーンになってしまった感があって、あの数字はさすがに大人が見ても、やっぱりぴんこない部分はあるのかなと、だからやっぱり町長の仕事はこんなことで、例えば1日のスケジュールとして、朝ここ行って、夜何時まででこんな移動して、こんなところに行ってこんなことをしていますというような、「ああ、町長っていろいろと忙しいんだな」とかって感じられるようなほうがもっとぴんときたのかなというふうに考えます。

 キャリア教育として、町の宝である彼らが、では将来、町のために私も僕も働こうというふうに思ってもらうためにも、そっちのほうがよかったのではないかなと思うのですが、学校との兼ね合いはもちろんあると思うのですけれども、町長としてはやっぱりクラス単位で意見を聞けるというところが欲しかったのではないかと思うのですけれども、町長はいかがですか。

 教育長は、学校との兼ね合いとして、やっぱりどうしてもなかなか難しいものなのかお答えください。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) お答えいたします。

 言いわけみたいになりますけれども、学校との兼ね合い、まさにそのとおりでございまして、私のイメージとすれば、最初はクラス単位でやりたいなと、より身近なところでやりたいなというふうに思っていたのですけれども、そうしますと、神中ですと1学年4クラスあります。そうしますと、その授業時間の確保というのも非常に難しくなってくるというお話でございました。広くやりたい、そういう中で、結果的には入れる場所等の問題もありまして、結局体育館ということになったわけでございます。多目的室もあるのですけれども、あそこですと1学年全員がちょっと入るにはきついかなということでございまして、そんな感じで、どうせ体育館でやるなら1学年から3学年まで一緒にやってはどうか、1年生であっても多少のことは理解できるのではないかという中で、体育館で実施したわけでございまして、私の心配としましては、パワーポイントを使うことによって、中が暗くなると居眠りが出るのではないかという心配はございまして、その意味もあります。

 また、私も初めての出前授業という経験でございまして、実際のところ、中学生にしゃべるというのが初めての経験でございますので、どうしゃべっていいかも実際のところ迷いがございました。そういった中で、ボールペンでちょっとえさを与えて釣るような形になってしまいましたけれども、あれはあれでまた一つの盛り上がりで、非常に私はよかったのかなというふうに思っているところでございます。

 いずれにしましても、この内容につきましては、先ほど申しましたように、2学期につきましては、残った小学校、神泉中学校と実施する予定でございます。この経験を生かして、多少まだしゃべり方も変えていかなくてはいけない、内容も変えていかなくてはいけないということで考えておるところでございまして、また来年度につきましても、許されるものであれば続けていきたいというふうに感じておるところでございます。

 なお、小学校につきましては、丹荘、青柳につきましては、やはりクラスの数が多いということもございます。また、渡瀬、神泉小学校については少ないということでありますので、この辺は複数学級を対象にしてしゃべるようになるかなというふうに感じておるところです。

 神泉中学校については、在校生今5名ですので、先ほど言いましたように、神川中学校で行った説明をもう少し反省点を踏まえて、今度はしゃべれればなというふうに感じておるところでございます。

 以上でよろしいでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) それでは、質問に答えさせていただきます。

 まず、内容についてですけれども、内容につきましては、全部の生徒に知ってもらったほうがいいだろうと、神川町のことについての学習ですので、あるクラスだけよりは全校生徒にということで体育館のほうにということがありました。

 それから、年間の指導計画というものが特に中学校のほうはやかましいということではないのですけれども、あるのですが、それに伴っていくと、非常にその割り出しが難しいというのがありました。それなので、全校の生徒を集めて1カ所でやったほうが、その計画についても崩れなくて済むだろうという趣旨もありました。

 それから、全校生徒に話すことによって、例えば1年生は3年生の状況なんかを見ていますから、来年度になったらどうするかということも考えられるのではないかなというふうに思います。特に中学校の場合は、非常にわずか2歳の差ですけれども、えらい格差があるのです。そんな意味では大変有意義ではなかったかなというふうに思っております。

 それから、今後、各小学校等でも行われるわけでありますけれども、小学校の場合には副読本があります。社会科の副読本です。その副読本を活用しての授業ということになっていくかと思います。その副読本の内容も神川町のことが中心に書いてありますので、身近な問題として学習できるのではないかというふうに期待しております。

 なお、人数の関係もありまして、学年単位でやったり、あるいは全校生徒でやったりと、それは学校の実態によって変わってくるわけでありますけれども、そのような形で学校と話し合いをし、詰めてこの結果をもたらしたということであります。

 以上であります。



○議長(小井戸英夫君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) とてもわかりましたと言いたいところなのですけれども、例えば中学校でいえば、中学3年生だけで4クラスありますので、1時間目から4時間目まで1時間ずつ使うということは、そんなに難しいことなのかなというふうに考えます。もちろん学習内容がふえまして、やらなければいけないことがふえているのは重々存じておるのですが、あそこでまとめて1時間、体育館へ椅子を持ってとか、それで動くことを考えれば、教室に町長がぱっと行って、1時間授業をして、例えば午前中4時間分で4クラス回って、3年生になれば町長の話が聞けるよという形でよかったのではないのかなというふうに考えるのですが、いまいちどうしてもその辺がしっくりこないというか、納得いかないところではあるのです。

 だから、そういうふうに分けるのは問題があるのかということと、あとは中学生を前に話すということ、小学生も一緒だと思いますけれども、生徒たちの前で話すということがとても難しいことだと町長がわかってくれたというのがとても実になったことかなというふうに思いますので、2学期以降はそれを期待して、自分もぜひ見学させていただきたいなと思うのですけれども、1つだけどうしても、3年生だけで1クラスでやるということはそんなに難しいことなのか、教育長よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 各クラスでということはあるのですけれども、例えば社会科の公民の授業ということでやった場合に、その授業が3年生は3年生の1組から4組までが、1時間目、2時間目、3時間目、4時間目ということで連続であるとは限りません。その日にその教科はないこともあるのです。そうすると、きょうはあるけれども、このクラスはないから、ではあした行きますよという形になってしまうということがあって、なかなか日程の調整が難しいということがございます。

 そんなことで今回の場合には、中学の場合は、全校一斉にということで行ったわけであります。確かに廣川議員さんのお話がありますように、各クラスでやればまた違う意見等も交換もできるかと思うので、それなりの効果はあるかというふうに思うのですが、今年度の場合はそういうことで、例えば金曜日の午前中に全部公民の授業があるとは限りませんので、そんなことで今回のような計画を立てたわけであります。

 以上であります。



○議長(小井戸英夫君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) この先もちょっといろいろと聞きに行ったりしたいなと思います。

 それでは、最後の質問になりますけれども、学力向上の現状をということで、今年度どんなことをということの話の中の授業研究会というのを行っているということなのですけれども、授業研究会というのはどういった内容なのか、先ほど答弁の中にあったのですけれども、いまいちちょっとわかりにくくて、授業研究会と聞くと、私なんかが考えるのでいくと、どういうふうに生徒たちに伝えるかということ、理解をさせるためにどういうふうにするかということを見学しながら、こうしたほうがいいのではないか、ああしたほうがいいのではないかなとやるのかなというふうに考えてしまうのですけれども、そこは一体どうなのかということを1つ。

 それから、夏休みの宿題のほうなのですけれども、自主性をというふうにおっしゃっていたのですけれども、それがその昔ゆとり教育という名のもとでやったことによって、それは間違いだったという形でそれをやめたのではないのかなというふうに思うのです。詰め込めという意味ではないのですけれども、もう少しフォローしていただいてもいいのかなというふうに思います。何でこんなことを言うかというと、学校の宿題が少ないのではないかとある父兄が先生に聞いたそうなのです。そうしたら先生が、自主学習というか、家庭学習を自分で考えてやってくださいというふうに言われたそうです。先ほどの答弁と同じことなのですけれども、残念ながらその保護者の方は、先生は見る気がないのだというふうにとってしまったようなのです。だから、自分でやってください、私は知りませんけれどもというふうにどうも聞こえたようなのです。もちろんそのようには言っていないのですけれども、そのように感じてしまったようなのです。それは結構問題があるのかなと。

 それで、先ほどおっしゃったように、塾へ行っている子やというのがありましたけれども、みんながみんな塾へ行けるわけではないわけです。そうすると塾に行かない子は自分でやる。では、自分でやれるのかといったら、自分でやれる子だったらとっくにやっているような気がするのです。嫌いな子ももちろんいる、それはいると思います。だから、簡単な計算を、いや、簡単な計算だとするのでしたら、もう少し量が出てもしかるべきなのではないかなと、私なんかが見てはそう思うわけです。

 さっき、1回目の登壇でお話しさせていただいたような、基礎的なところです。ポイントとしてテストの点数が低くてというのは、基本的には記述系の問題が解けなかったりしたのが低かったりしているわけですけれども、実際問題、計算問題をしっかりできる子が、ではどれだけいるかというと、ちょっと驚くような状況はあるわけです。私も町内の生徒を何名か接する機会があって、計算を見たりするときに、びっくりすることが多々あるわけで、その単純な計算をさせることぐらいをって、簡単なってさっきおっしゃっていましたけれども、それだったらもっと量があるだろうし、その自主学習、自主性を、もちろんそれはとても大事なことでわかるのですけれども、現状としてそれでいいのかなというふうに私は考えるのですけれども、その3点ですか、教育長どのようにお考えでしょうか。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) それでは、ご質問にお答えします。

 まず、授業研究会のほうでありますけれども、子供たちの学力向上のためには、教師の指導力の向上も必須のものであります。その授業力の向上というのは、ほかの先生方にも見ていただくと、それによっていろんな指摘も受けるわけです。それによって授業力というのは向上していきます。例えばことし1学期に新任者の教職員、それから転入者の教職員は、幼稚園で実習を受けました。そのときに私も行ったのですけれども、小学校や中学校の先生方の顔が全然違うのです。結構苦虫潰したような顔して授業をやっているのですけれども、幼稚園で子供たちの対応をしているのはにこにこしているのです。心も通じ合っているということです。終わった後の感想でも言ったのですが、そういう顔をして授業をやってくださいよという話もしたのですけれども、もう小学校、中学校で授業をするときに、苦虫を潰したような顔で授業をやったら、なかなかついてこられなくなってしまうのではないかなと思うのです。

 そのような研修もしているわけですけれども、この授業研究会では、教育委員会の指導主事、それから事務所の指導主事等にも来てもらって、研究会を行っているのが多いわけですけれども、そういうときに例えば数学の授業をするにしても、いろんな角度から見てもらいます。ですから、授業が終わった後の研修会でも、いろんな指摘があるわけです。そういったこともまた勉強していくというようなこと。

 それから、中には非常にすばらしい授業をしてくれる先生もいます。そういう先生の授業というのは、ほかにも一つの模範になるわけですが、そして授業力を高めていこうということがございまして、これにも力をつれていきたいということであります。

 それから、宿題のほうの件がありましたけれども、議員さんもご存じのとおり、小学校と違って中学校の場合は、ある程度子供たちが自立するという狙いがあるわけです。何でもかんでも先生から言われたことをそのまま守るだけ、親から言われたことを守るだけ、それではちょっと中学校の3年間というのは通用しないのではないかなと思います。この時期というのは、小学校で学んできたものをやっぱり自分の考えでさらに発展していくと、要するに自立という時期であります。そんなことを考えますと、よく歌舞伎の世界では、守破離という言葉があります。守る、破る、そして離れるということです。やはり人間も小学校、中学、高校、そういう段階でこの守破離が当てはまるのではないかなと思うのです。そういった意味でこの中学の時期というのは大切だと、特に自主性というのはそれであります。ただ、議員さんが心配しているように、自主性が全部育っておりません。自立できていません。ですから、そこにどう手を入れていくかということも大事であります。

 そんなことから、特に学力なんかで身についていない子供を中心にサマースクール等をやって、そういった補充学習も入れていくということであります。ただ、これがただ単に補充学習ということであれば、非常に抵抗があります。ですから、教科によっても子供たちというのは得意と不得意がありますから、その教科によって数学あるいは国語、そういう中で教科別にそういうサマースクールを行っているというのが現状であります。これはやっぱりある一定の学力がないと、特に高等学校への進学等は果たせませんので、そういった意味でもやっぱり守っていく必要があるのではないかなということで進めているということでございます。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 最後になりますので、大事にいきたいと思います。

 先ほどの授業研究会のほうなのですけれども、授業を見て意見を言っていくというのはわかるのですけれども、誰か、この授業はこういうところがよかったですよねとかというふうにする人がいてやるものなのか、それともみんなで相談してというか、ここはよかったと思います、悪かったと思いますということでやるものなのか、そこをまず1つ。

 それから、先ほどの夏休みのことで、絵を描いたり、そういう情操教育をというのはとてもよくわかりますし、夏休みは本当にいい機会だというふうに自分も考えております。ただ、どうしても学校へ行かなくなると時間が多いわけです。その多い時間を、少なくとも先ほど言った中学生だったら学年掛ける1時間ぐらいはやれるような状況をつくる、それは自主性云々はもちろんもう百も承知でございますが、そこら辺をもうちょっと考えるべきだったのではないかなと、この先で言えば、考えるべきなのではないかなというふうに私は考えるのです。それも、先ほどもちょっと言いましたけれども、残念ながら都市部でもありませんし、塾へ通っている子が多数を占めるような学校でもないので、そうなると塾へ行っていない子たちは、前に質問させていただいたように、受験指導がやっぱり遅いので、受験指導になったときに、もうここしか行けませんという状況になってしまう。それを起こすのを変えるのも、やっぱり1年生のうちから学力のことを考えてやっていただくほうがいいのではないかなというふうに思うのです。そうしないと、神川中学校はいい中学校ですよ、学力も力入れていますというのを思い切って言いにくいのではないかなというふうに考えるのですけれども、ぜひ経済的なもの云々ではなくて、学校へ行っているおかげで、ある程度の学力はついたという形にしていただきたいなというふうに思います。

 学校がよくなるということを願っているという質問なので、わかっていただきたいのですが、私の商売としては、学校がだめなほうがいいわけです。そのほうが仕事があるわけです。学校がだめなので先生お願いしますと言われて仕事があるわけで、それを学校がよくなってくれと言っているということの本気ぐあいを感じていただきたいなというふうに思いますので、先ほどの質問、繰り返しますけれども、授業研究会のシステムをということと、あとは基礎的な学力をつけるため、現状とは違う、しっかりつけるためのことをいただきたいなということで、その辺についてもう一度どうお考えか、よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) お答えします。

 今、授業研究会のシステムということなのですけれども、研修を行った後には、参加した職員によりまして討議を行います、検討会です。その討議で、私はこういうふうにやったほうがいいと思いますとか、あるいはこの点はよかったですというようなことで話し合いをするわけです。そういう形で授業力を高めていくと、そして最後にまとめとして、指導主事に指導していただくというような内容が中心であります。

 あとは、教頭、校長等が授業中に各教室を回っておりますけれども、そういうところで気がついたところについては、この間の研修会でこういうことを言われたではないか、それができていましたねとか、あれがちょっと欠けていましたねというような形で担任の教諭とも話をするというような形で考えてやっているということであります。それが1点であります。

 それから、情操教育の話も出ましたけれども、受験指導というのは、20年ほど前に、業者テストを一切学校は取り扱わなくなりました。といいますのは、我々もそうだったのですけれども、北辰テストなんていうのがありました。そういう形で授業中にそういうテストまでやっていると、本来授業中というのは、そのほかの指導要領に基づいて学習しなければならない。ところが、そういう時間を業者テストのために使っているというようなこともありました。

 それから、どちらかというと、本来の教育というのは、もちろん学力向上が一番大切なことでありますけれども、そのほかに全人教育がなければいけないわけです。ところが、ややもすると進路一辺倒になってしまったというそういう時代がありました。それで、20年ほど前に、県の教育委員会でもそれを討議しながら全廃するということで変わってきています。現在は、そういう業者テストを受ける場合には、土曜日、日曜日等にその会場に集まって受験しているというのが現状であります。

 それから、その点数だけで受験校を決めてしまうと、あの学校は学力高い学校、こっちは低い学校というそれだけの判断になってしまうのです。ところが、社会に出た場合には、それだけではないのです。小学校、中学のときにいろいろと教員が面倒見た、そういう子供たちが社会に出ると結構活躍しているのです。小学校、中学校のときにあの子供は優秀だったね、意外と伸びていない、伸びていないということではないのですけれども、社会で活躍する子供たちの中には、そういう小学校や中学校の義務教育の段階で、挫折感を味わっている子供非常に強いのです。そういうのを考えますと、やはり学校教育の場合には、全体の全人教育でなければいけないと思うのです。ですから、今、県のほうでも一生懸命やっておりますけれども、3つの達成目標というのがあります。学力の向上もありますけれども、授業規律もあります。それから、最近では、いろいろと問題になっているのですが、幼稚園あるいは小学校、中学に入るときに、そのギャップ問題があります。それを解消するのにどうしたらいいかということで、幼稚園と小学校の連携、あるいは小学校と中学校の連携、あるいは中学、高校の連携というような形で、ギャップをなくすような、そんな取り組みも行われています。神川でもその辺の交流学習については、かなり進めております。この秋には県のほうでもその指導の指針が出されると思います。そういう中でも一部こちらの資料も使わせてくれという話がありましたけれども、そんなことも進められておるということであります。

 いずれにしましても、大切なのは学力であります。でも、学力だけではないということです。やっぱり社会の決まりがいろいろ守れるということも大事ではないかなというふうに思います。

 さらに、健康、これもなくてはいけないかなと、幾ら学力があっても、健康を損なっていたら、やっぱり社会に出て活躍できません。まず、そういった意味で、この3つの達成目標というのを中心に学力向上を含めまして、進めているというのが現状であります。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 以上で5番廣川学君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 質問の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午前10時37分休憩

                                    

   午前10時55分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) ただいま5番廣川学君から発言許可の申し入れがありましたので、これを許可いたします。

 廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 先ほど不適切な発言がありましたので、訂正願いたいと思います。

 「会話を熱望している」ということで訂正を願いたいと思います。よろしくお願いします。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、6番落合周一君の質問を許します。

 6番落合周一君。

              〔6番 落合周一君発言〕



◆6番(落合周一君) 議長の発言の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問を行います。

 近年、インターネットやゲーム機器の普及によって、子供たちだけでなく大人の人々にも本離れ、読書離れが進み、子供たちの健全な精神の発達、基礎的な学力の蓄積、読解力の向上等に少なからず影響をもたらしていると心配されているところです。神川町の小中学校の児童生徒の学力向上の施策は、先ほど廣川議員がいろいろ問題提起をしていたように、まだまだ研究、努力をする必要があると思います。子供たちの学力向上を図るために、授業のやり方や学校で教科書を用いて勉強すること、あるいは教科書の内容を理解させること、こういうことももちろん大切なことです。しかしながら、神川町の児童生徒の学力を向上させるために、読書活動の推進も大切な施策の一つだと考えております。

 このように読書教育を推進しても、結果があらわれるのは5年先、6年あるいは15年と時間がかかりますが、本を読み続けることにより豊かな人間性、豊かな想像力も養われ、学習をするために必要な読解力も養われるはずです。もちろん小学校に入学してから読書教育を推進を進めるのではなく、幼稚園、保育園のときから読書活動の推進を図っていく必要があります。

 平成18年6月には、神川町子ども読書活動推進計画が教育委員会により、おおむね5カ年程度の期間を想定して作成されています。教育長は、この計画の存在をご存じだったのでしょうか。この計画書によれば、青少年に対する図書サービスの充実や神川町の読書活動の推進、幼児期の読み聞かせ活動の推進、さらには町立図書館の設置の必要性までも掲げられております。このようなすばらしい読書活動推進計画は、どのように実践されてきたのでしょうか。これらのことを鑑み、お伺いしたいと思います。

 まず、1つ目に、教育長にお伺いいたします。小中学校に置ける読書教育がどのように現在行われているのかお伺いいたします。

 そして、2つ目に、教育長、町長にお伺いいたします。読書の大切さをどのように考えておられるのか、まず最初にお伺いしたいと思います。

 そして次に、学校の図書室の蔵書についてお伺いします。小学校、中学校の図書室には、毎年生徒の人数に応じて、ここ2年ですけれども、平成24年、25年度はともに丹荘小学校36万、青柳小学校36万、渡瀬11万7,000円、神泉小学校11万2,000円、神川中学校は45万円、神泉中学校には10万4,000円と24年、25年度には予算が配分されております。執行部は、この予算で十分と思っているのでしょうか。丹荘小学校では、各学年にマッチした本を身近に置く、図書室に行かなくてもすぐに本と触れ合うことができるとの考え方から、学級文庫の充実を図ろうとしております。そのため図書室の本が手薄になってしまうという状況にあります。さらに、さきに申したように、読書の大切さを浸透させるためには、神川町の児童生徒の学力向上を図るためには、これまでなかなか読書等をしようとしない児童生徒たちに、本への興味を持たせることが必要だと思います。そのためにやはり新しい本を与えることや、たくさんの本の中から自分にとって興味のある本が身近にあることも読書教育推進の一つの方法ではないでしょうか。神川町の子供たちの学力向上、健全な精神の構築、長期的には神川町の将来を担う子供たちの育成のために、今まで一定額であった図書の予算を増加させる考えはあるのでしょうか。あるいは3年、5年に1度ぐらいは図書予算を一時的にもふやし、図書室の充実を図ることも必要だと思います。ぜひ学校の図書予算をふやして、子供たちの健全育成、学力向上に力を注いでいただきたい。そして、特に神川中学校においては、今年度から特別教室の改築が始まり、学校の玄関先に、そして学校の中心的な位置に図書室を配置して、図書の庭として他の学校には見られない工夫がされております。それによって生徒たちが気軽に本と触れ合うことができるようになることが考えられます。

 しかし、中学校では一時的な図書室の閉鎖により、古くなった多くの本が廃棄され、全体の蔵書数が減少すると聞いております。新しい図書室に見合う蔵書数が必要と思いますが、新しい図書室ではどのような計画で整備をしていくのかお尋ねします。

 図書教育を推進し、学校の図書室を整備し、神川町の子供たちが明るく健全な心を持ったすばらしい子供たちに成長できるように力を注ぐことを願っております。

 そこで、教育長にお伺いします。答えていただくのは、学校における図書予算をふやして、図書室を整備する考えがあるのか。そして、中学校の図書室をどのように整備していくのか答弁をお願いいたします。

 そして、図書関係の最後の質問として、公民館、ふれあいセンター、ステラ神泉等の図書室のあり方について質問をします。現在、神川町の図書室は、残念ながら図書館としての機能を十分に果たしているとは思えません。子供たちが自由に本と触れ合い、また気軽に本と向き合わせる、そしてより多くの神川の子供たちが読書好きの子供たちとして育っていくようにするために、現在の図書室は、子供、青少年の図書室として活用し、本を読む子供たちをふやしていくのも読書教育推進の一つにはなるのではないかと思っております。

 大人向けの図書、文献は別の場所に集める。例えば閉校となる神泉中学校の教室を大人用の図書館として改装し、本を1カ所に集め、内容を充実させるようにする。神泉中学校跡地利用検討委員会からは、どのような答申がなされるかわかりませんが、一つのアイデアとして気にとめていただきたいと思っております。このような図書室のあり方を提案しましたが、教育長のお考えをお伺いいたします。

 これで図書関係は終わります。

 次に、来年1月に予定されている町の町長選挙についてお伺いします。清水町政になってから3年と6カ月、町長として我が神川町をリードしてまいりましたが、この3年間、大過なくただ何となく時が流れていってしまったという感が否めません。高齢者社会に向けての施策は、ある程度進展していると評価はしますが、神川町の農業や商業の問題、工場誘致や働く場所の提供等、神川町の将来に向けてのビジョン、神川町の未来のあるべき姿がなかなか見えてきません。この3年間の町政を顧みて、神川町のあすをどのように変化発展させていくつもりなのかお答えください。

 町長の町に対するビジョン、ポリシーに自信がなければ、立候補を自粛するのでしょうか、神川町をリードしていく自信がおありなのでしょうか。この3年間を町長自身で総括してお答えください。当然出馬の意思があるのかないのか、はっきり答弁をお願いいたします。

 以上で質問を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、落合議員の質問に順次お答えさせていただきます。

 まず、落合議員の神川町の読書教育につきましては、教育長より答弁させますので、よろしくお願いいたします。

 2点目の町長選挙についてお答えしたいと思います。町長在籍3年半の総括について及び出馬の意思について一括してお答えしたいと思います。

 平成22年1月の町長選挙におきましては、多くの町民皆様からご支援をいただき、当選することができました。町長就任以来3年半が経過し、何事にも全力で取り組むを信条とし、住民目線に立って町政の運営を行ってまいりました。その間、主な事業としまして行財政改革の推進としまして、同和対策事業、関連事業の全面廃止、神川版事業仕分けの実施、公共施設の指定管理者への移行、給食センターの外部委託、また子育て支援といたしましては、中学3年生までのこども医療費の無料化や第3子の給食費無料化の実施、教育関係整備としましては、教育関係施設の耐震補強工事及び耐震診断の実施、神川中学校体育館建てかえ、神川中学校特別教室棟の建てかえ、高齢者福祉支援としましては、高齢者見守り支援事業の実施、要支援者災害時受け入れ協定の締結、医療支援としましては、風疹予防接種や胃がんリスク検診、前立腺がん検診の実施、そのほかにも観光事業として、マスコットキャラクターの決定や日本自動車連盟JAF包括協定の締結、防犯・防災に対する整備として、防犯灯のLED化、女性消防団の発足などの取り組みと、まだまだたくさんございますが、これらも町民の皆様の安心・安全のために議員の皆様のご理解、ご協力をいただきながら、町民の負託に応える実績を積み重ねてくることができたと考えております。

 これからもこれらの施策をより充実させ、時のニーズに合った施策を推進し、住民目線に立った町政の運営をするため、一層の努力をしていきたいと考えておりますので、皆様方の引き続きのご理解、ご支援を賜りたくお願い申し上げます。

 以上で第1回目の答弁とさせていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 町長より指示がありましたので、神川町の読書教育についてを答弁させていただきます。

 初めに、学校における読書教育の取り組みについてですが、子供の成長にとって読書はかけがえのないものです。子供たちが言葉を通して物事に興味を持ったり、自分の世界を広げたりするとともに、豊かな感性や情操、価値観の育成に大きな役割を果たすと考えます。

 また、全国学力テストと学習状況調査のクロス集計の結果、よく読書する児童生徒は学力が高いことが明らかになっており、埼玉県の課題である学力向上の面からも読書の重要性が明らかになっております。

 神川町では、神川町子ども読書活動推進計画を策定し、平成18年度から5カ年計画で子供の読書活動の推進に取り組んできました。今年度も引き続き各学校で発達段階に応じた読書活動を推進しております。具体的には、教師や地域ボランティアによる読み聞かせ活動、朝の読書タイム、図書委員会による図書の貸し出し、読書感想文コンクールへの参加、公立図書館との連携、教師による推薦本の紹介、給食時間中の放送や図書集会の実施などが挙げられます。

 子供たちの読書活動の様子は、幼稚園や各学校の読書時間を有効に利用し、読書に親しんでいます。しかし、ことし1月に実施した教育に関する3つの達成目標の調査結果から、学年が進むにつれて1日の読書時間が減少する傾向があることがわかりました。その理由として、ほかにしたいことがある。読みたい本がない。本を読む習慣がないの割合が多い結果となっております。今後、学校では、読書への意欲喚起や読書の重要性の啓発を強化するとともに、小学校低学年の段階から読書の習慣化が図られるよう、一層の努力をしてまいります。

 次に、学校における図書の蔵書についてですが、神川町では、小中学校の図書整備費として毎年補充しており、子供たちに新しい本を提供しています。しかし、平成24年度の調査では、6校中3校が図書標準を達成していない状況にあります。また、長年蔵書として保管しているために傷んでいる本もあります。子供たちの読書活動を推進していくためにも、計画的に古くなった蔵書を新しく入れかえるなど、蔵書の整備充実を図っていきたいと考えております。

 神川中学校の改築後の図書室の整備計画については、既存の図書で生徒たちが関心を示さないと思われる古い本については、新図書室への引っ越し時期に、学校内で処分するか否かの判断を行いたいと考えております。

 また、神泉中学校が平成26年3月で閉校となり、神川中学校に統合となることから、必要と思われる図書については、新図書室への蔵書といたしたいと思います。

 職員室前の図書の庭で生徒が読書をするすばらしい空間ができますので、可能な限り予算措置を行い、より魅力のある図書の蔵書に努め、読書教育の充実を図りたいというふうに考えております。

 続きまして、公民館の図書室のあり方についてのご質問にお答えさせていただきます。公民館は、各種講座や学級等の学ぶ場所以外にも、地域に根差した学習活動を支える場として、町民に広く利用されており、その果たす役割は極めて重要な生涯学習施設でございます。近年、インターネット等で最新情報が気軽に検索できるようになり、読書離れや活字離れが進み、本を読むという習慣が薄れつつある中で、読書活動は言葉を学び、感性を磨き、表現力を高め、想像力を豊かにして、人生をより深く生き抜く力を見に備える上で欠かすことのできない活動と言えます。

 公民館の図書室では、平成19年度にふれあいセンター図書室とともに図書システムを導入して、図書の貸し出し、返却業務及び蔵書検索が速やかに行われ、利用者の利便性の向上を図ってまいりました。また、県内の図書館の相互貸借を利用することにより、利用者が必要とする図書をリクエスト用紙で予約をして、本を借りることができるようになっております。図書の購入においても、学校における図書課題や利用者のリクエストに対応したり、古い図書は買いかえをするなど、蔵書に配慮しております。平成23年度には、図書購入代として300万円を予算化し、3カ所の図書室の蔵書の充実を図りました。

 また、図書室等の改修工事を行い、図書室内では閲覧室の拡張や個別に学習できる机等を配置するとともに、幼児が親と一緒に本を楽しむことができるよう、靴を脱いで本を自由に読むことができるスペースを設け、今まで以上に有効活用できるよう改善いたしました。これらの改善とともに公民館のロビーにも学習机を設置し、図書室の延長としての機能を持たせ、読書や学習あるいは打ち合わせの場所としての確保をし、幼児から大人まで活用できる配慮をいたしました。

 今後も公民館図書室が子供たちをはじめ町民にとって読書の楽しみを知ることができる場所として、良好な環境づくりに努めてまいりたいと思います。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 6番落合周一君。

              〔6番 落合周一君発言〕



◆6番(落合周一君) 町長、それから教育長の答弁に対して幾つか聞いていないところがありますので、また深く掘り下げたいので質問したいと思います。

 まず最初に、順序が逆ですけれども、私が聞き漏らしたのかどうかわからないのですが、読書の大切さをどのように考えておられるのかお伺いしたいと、教育長のほうは、当然大切だという返事をいただきましたけれども、町長のほうからも読書の大切さをどのように考えておられるのか、まだ聞いていません。

 それから、もう一つ、町長選について出馬の意思があるのかどうか、するのかしないのかというのは……

              〔「それは次だよ」の声あり〕



◆6番(落合周一君) いや、最初の答弁のときに……

              〔「次だよ」の声あり〕



◆6番(落合周一君) ああ、そうかそうか、はいわかりました。わかりました。

 それでは、まず最初に、その町長の読書の大切さのというのを、教育長が担当でしょうけれども、町長の考えをひとつお聞かせください。

 それから、学校での読書教育の毎日本を読むとか、読み聞かせるとか、いろいろ活動しているのは評価できます。ただ、その毎日の読書活動がどの程度子供に影響したのか、また学校で教育長が本を読ませると、予算も十分毎年考えているということを返答いただきましたが、これはここに今、低学年、高学年、中学年の子供たち、これは正直青柳小学校からお借りしてきたのですが、なぜ持ってきたかというと、背表紙がこのような状態になっている本が多いし、実はこの本を製作した年代が、これは昭和45年、45年というと、私がまだ高校卒業したばかりですか、もう40年ぐらい前の本が、これは子供たちに気軽に読み聞かせようとする学級文庫に置いてありました。全て学級文庫です。なぜ学級文庫にこういう古い本があるかというと、青柳小学校の場合は、図書館はきれいに本がそろってきれいになっているのです。ただ、学級文庫になるとこういう1981年とか、これは84年です。これが71年。今から30年、40年はいかないのですけれども、30年から、そういう古い本が「はい、読みなさいよ」と、教室に置いてあるわけです。これで本当にこれは子供が、きっといい本なのでしょうけれども、楽しく読むのだろうか、やっぱり真新しい本、渡瀬とか神泉は県のほうから各学年に40冊前後の県の図書が毎月届くのです。ただ、青柳とか丹荘は、公民館、ふれあいセンターがあるために、県からは本が届きません。渡瀬小学校とか神泉小学校は、毎月新しい本が60冊来ているのと同じです。クラス、子供も少ないし、60冊も読めると思わないけれども、目先だけでも変えられるのです。新しい本があれば、見てみるのだけれども、この本を読みなさいと言っても、30年、40年前の本を堂々と教室に置いてある。その全てがこうではないです。約半分がこうです。50%ぐらいが。これでは子供たちに本を読ませようということはできません。ですから、先生にも、借りたけれども、少し嫌みでもありますよ、こういう本を置いたって子供読まないよと一言言ってお借りしてきたのですけれども、こういう現状ですから、学校の先生が一生懸命読ませようとしているのかなと、非常に疑問に思われるところです。

 ここにも、ことしも読書教育の推進ということで、ここに8月30日にもらった24年度の行政報告にも、読書活動についての報告がなされております。そして、これは平成18年につくられた神川町子ども読書活動推進計画ということで、残念ながら、それは無理がないと思うのですけれども、この担当者もなかなかこの本の存在を知らなかった。前の教育長から引き継がれたのか、あるいは前の生涯学習課の課長から、こういうのがありますよというのが引き継がれたのか、担当者から引き継がれたのかというのがわかりませんけれども、この中にも蔵書、丹荘小学校とか各蔵書、18年には51%、77%、ただ渡瀬小学校が100%の蔵書の標準達成率というのに達しています。あとは50%は超えていますけれども、そして昨年度の、ことしもらった24年度では、3校、青柳、渡瀬、神泉が2,000冊とか1,000冊、この18年から6年たってふえていますけれども、ただふえているって、達成率が上がっていますけれども、内容的にはこういう本も数えられていると、非常に、「先生、どうしてこんなのがあるんですか」と言うと、やっぱり図書館、私は図書館より丹荘小学校はこうなのですよということで、学級文庫のほうが子供が身近に持って読めると、本の嫌いな子は図書館に行きません。だから、もう学級文庫を教育長にもっと充実させるようにしたほうが、本の嫌いな子は身近にあったほうがいいのです。手の届くところに。図書館まで行って本を借りなさいと言っても、先生に言われれば仕方ない、行くだろうけれども、そうではなくて学級文庫をこれから神川の子供たちに充実させていくべきなのではないかなと思います。

 こういう古い本があったのではしようがない。その辺、学級文庫を充実させる、それには青柳小学校は図書館の中に真新しい本がいっぱいあります。ですから、そういう学級文庫を充実させていく方針にしていただければと思うのですが、その辺教育長にひとつお伺いします。

 それと、もう一つ、読書教育、朝の10分間の読書、聞くところによると、自分の本でもいい、漫画でもいい。ただ静かに精神を統一するのだ、それも大切だということで、学校では別に難しい本を読むのも大変だなと、10分間で毎日読んでも、きのう読んだことを忘れてしまうのではないかななんて思うのですけれども、子供たちに短い文章でもいいから、私は、例えば新聞のコラムは難しいだろうけれども、小学生新聞とか易しい文章、すぐ5分、10分で読み切れるような文章を読ませて、それを毎日感想文を書く、それは最初からもう子供は嫌がるでしょう。だけれども、継続して文章を読む、あるいはそれを感想文に書かせる。さっきも廣川議員が述べていたように、書くことが非常に不得意、私も余り得意ではありませんけれども、そういう子供たちに本に書いてあることを、何が書いてあるのだ、その短い文章から何を読み取るのだということは、毎日継続して長い時間をかけて取り組まないといけないと思いますけれども、ただ漫画でもいいと、読書の時間、本の嫌いな子はそれなのだけれども、それは余り、ただ静かに10分間を過ごせればいいのかな、そんな感じに目標を持っていっているのかな、そうではなくて、それには10分では終わらないと思います。30分は最低必要でしょう。読書感想、その読んだことについて文章を書かせる、書いてもらうというのは、30分かかる。その30分がとれないのであれば、毎日の宿題、1週間に3回は書くとか、そういう課題にして、長い間継続したほうが文章を読む、その文章を真剣になって読まないと、最初は変な感想文書くでしょうけれども、重ねるごとにだんだん的確な感想文、あるいはそういう文章が書けるようになるのではないかな、そういう取り組みもしたらいいのではないかなと、私は思っています。

 それから、もう一つあったのですが、そういう取り組みも考えてください。そして、ぜひ学級文庫の充実を図っていく。

 それから、最後に、公民館とかふれあいセンターとか、さっきも300万円もの予算をやった。確かに中央公民館とかふれあいセンターは、本棚が足りないぐらいあふれています。前の学童の子供たちがふれあいセンターに来ていると、夏休みだから多かったよ。だけれども、私よく聞いていくと、ある特定の大人、あるいは子供たちが借りに来る。それってどうなのだろう。私は、もっと広く、余り本を読むことの得意ではない子供たちが本を読むようにするのには、公民館の本を充実させることではなくて、学校の身近に本があったほうが、本の嫌いな子は、それは毎日は読まないかもしれないけれども、何となく手にとる。その中におもしろい本が、たまたまその子に合った本に出くわせれば、本に対する興味を持つのですけれども、ふれあいセンターへ本が足りない子は行きなさいと言っても、好きな子は行くのでしょうけれども、なかなか行かないと思います。その辺を私は考えている。

 それで、あと公民館のところというのは、子供はもっとあそこで勉強したり遊んだりして、もっと子供にリラックスして本と親しめるように、そこに大人が調べ物しているのにうるさいなと思われて、図書館では静かに、もちろんある程度は静かにしてもらわなければいけないけれども、もう少し自由に本をあさるような雰囲気づくりができたらいいなと、こう思っています。

 もう一度、読書の大切さをどのように町長考えているのか、あるいはこういう古い本があります。これをどう、これでは本読めと言っても読みません。幾らここにきれいごとが書いてあっても何もなりません。よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) お答えいたします。

 読書の大切さをどう考えるかにつきまして、私も若いころ、高校時代は読書にのめり込んだ時期もございました。それがあったからかどうかわかりませんけれども、今の自分があるのかなというふうに感じます。また、字を読むということは、すなわち考えるということにもつながると思います。そういったことでは非常に大事になるかなというふうに思うところでございます。私も今、毎晩、孫に絵本を読んであげているのですけれども、やはり小さいときからこういったことは非常に大事だなということで、今非常に大事にする時間をとっているところでございます。

 また、ご指摘のとおり古い本につきましては、先般も担当職員のほうに古い百科辞典等につきましては、処分してもいいのではないのかなというふうな提案はしてあるところでございます。また、ご提案のありました学級文庫の整備につきましては、これは非常に大きな問題になりますので、十分検討させていただきますけれども、必要であるという結論が出るならば、町としましても予算づけはしていきたいというふうに考えております。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 読書の大切さについて述べたいと思います。

 特にこの中で、学級文庫の充実ということが挙げられておりましたけれども、私も平成15年から19年まで丹荘小学校の校長のほうでお世話になったわけでありますけれども、そのときに読書離れ、活字離れというのが非常に言われておりまして、図書館までなかなか行かないというのがありましたので、学級にそういう文庫をつくったらどうかということで、子供たちが本を持ち寄って、それを学級文庫に寄贈するわけです。最後は持ち帰ったのですけれども、貸してもらったというようなことがありました。それから、学級担任が持っている本についても、やっぱり学級文庫に入れてくれということで啓発したことがあります。なかなか図書室までは行かないけれども、学級文庫だと短時間ですぐつかめるということで、そんなことから非常に効果的ではないかなと思いますので、またこの後もこれについても進めていきたいというふうに思っています。

 なお、学級文庫の場合の本は、ほとんどが図書室で廃架になったもの、そういったものを活用してもらっている。それから、子供たちが自分で持っていて、もう読んでしまったというようなものを貸してもらっている。あるいは学級担任からこれはよかったよということで推薦本を入れてもらっていると、そんな形で読ませてもらっている。特に学級文庫の本が壊れているというのがあるのですけれども、やっぱり図書館にもあった人気のある本というのは、みんなそういうふうになってしまっています。実際には図書室の本につきましては、ボランティアの方たちに随分直してもらっているというのが現実にあります。大変ありがたいと思っているわけでありますけれども、それから朝の10分間読書というのがありましたけれども、これは非常に大切であると思います。一つの機会にしたいというふうに思っているわけであります。10分間ではというのですけれども、大体1つの単元ぐらいは、10分間でもなれてくれば読めると思います。

 それから、さらに、できれば読み終わった後に、本当に自分の考え、簡単なものでいいから感想文を書くということは非常に大切かなと、読んだ後に、それを自分でまとめるということが大変大切ではないかなと思っております。さらに、それについても進めていきたいというふうに思います。

 それから、読み聞かせについては、主としては、小学校の低学年の子供たちが多いわけでありますけれども、私は、中学のときにやっぱり同じように、担任の先生に読んでいただいた。「ジャン・バルジャン」という本があるのですけれども、読んでいただいたことがありました。時たま、おとといですか、中央公民館のほうでもその映画会がありましたけれども、「レ・ミゼラブル」と、これです。この作品は、まさに「ジャン・バルジャン」の作品なのです。見ていて、50年前に読んだ本のものを映画で見たのですけれども、やっぱり感銘を受けました。そんなことからすると、やはり読書というのは大切ではないかなというふうに思っています。

 それから、文章が書けるということなのですが、一番効果的なのは日記指導が一番効果的かなというふうに思います。もちろん文章を読んで書くのもいいのですけれども、小学校の低学年から1日の出来事を自分でまとめてみるということです。実際にこの活動をやったクラスもありましたけれども、3年後、4年後には非常に力になったということがございます。落合議員さんのほうから指摘のありましたことを含めまして、読書活動のほうの充実を図っていきたいというふうに思います。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 6番落合周一君。

              〔6番 落合周一君発言〕



◆6番(落合周一君) 2回目の答弁聞かせていただきました。およそ私の言いたいことはそういうことで、町長あるいは教育長にこの読書教育、学校のこういう図書室、学校の図書室より学級文庫を充実させるという考え方を、丹荘小学校の場合はいいのですが、青柳小学校は図書館はきれいに並んでおります。ただ、子供たちは夏休みだから大分借りているのですよとは言っていましたけれども、ふだん読書するのには身近に本があったほうがいいと思いますので、青柳小学校にはぜひそれを研究するようにお願いしたいと思います。

 渡瀬、神泉につきましては、学級文庫は県からいっぱい本が来ますので、充実していると思います。心配なのは青柳小学校、丹荘小学校はお金があるから、今年度から50万ずつ学級文庫にPTA独自の金を250万、5カ年でつぎ込むそうです。お金のある学校はいいなと思いましたけれども、それに見合う青柳小学校にも、PTAの活動が足りないのであれば、補助して、充実を図っていただければと思っております。この図書に関しての質問は以上にします。

 続いて、町長の選挙について、よろしいですか。大体いろいろな体育館とか見守り支援とか、いろいろ聞かせていただきましたが、神川のやった結果は聞きましたが、これからの神川の町をどう変化させていくつもりなのか、もちろん次回の町長選に当選をした後なのですが、出馬の意思もはっきり聞けなかったような気もしますし、将来の神川町をどのように考えているのかを含めて答弁をお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 先ほどちょっと言い漏れた面もあるかと思います。私としましては、今まで3年半やってきまして、いろんな施策を公約も含めて実行させていただいたつもりでございます。中には法律的な壁もございまして、公約が実現できないものもございます。それはまた別としまして、この期間も公約以外にも新しいこと、議員さんからの提案等、また住民からのご意見等を参考にする中で、できることにつきましてはすぐにやるという姿勢を持って実施してきたつもりでございます。

 今後につきましては、また同じようにできることはすぐにやる。また、住民ニーズにある、時のニーズに必要とされるものにつきましては、すぐにやるという姿勢を持って、町の健全財政、少子高齢化が進む中で、町の今後、財政的な面も出てきますので、そういった面も勘案しながら、引き続き町政を担っていければというふうに思って、これも住民の皆さんのご支援がなくてはできないことでございますけれども、ご支援がいただけるのであれば、引き続き私はやっていきたいというふうに感じておるところでございますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 6番落合周一君。



◆6番(落合周一君) そういう出馬の意思があるという方向で承りましたけれども、以上で私の質問は終わりにします。質問はしませんので、答弁は結構です。



○議長(小井戸英夫君) 以上で6番落合周一君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、3番大川喜和子君の質問を許します。

 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従い質問させていただきます。

 神泉地区のデマンドタクシーについてですが、デマンドタクシーは町長の公約にもあった件だと思っております。それで、質問させていただきますが、1つ目は、この10月から来年の3月まで6カ月間、神泉地区のデマンド型乗り合いタクシー実証運行と高齢者見守り活動事業ということで、今年度432万円が承認されました。

 8月19日に地域公共交通会議が開かれ、合意を得て運行されることになりましたが、いまだに陸運局からの許可がおりておりません。もう9月に入り、そのような状態で10月1日からの実証運行が可能なのでしょうか。

 また、1カ月の間に住民の方に利用条件、利用方法、手続の説明などをどのように徹底していくのかお伺いします。

 そしてまた、タクシー業者との契約は取り交わされていることと思いますが、その支払い条件はどのようになっておるのかお伺いします。

 2つ目は、デマンドタクシー実証期間中の町営バスについてです。現在、町営バスは普通の日は小中学生合わせて5人の通学と数名の方の通院に利用されています。デマンドタクシーが運行されれば、通院の方々は、初めのうちは利用方法がわからないので、バスを利用するかもしれませんが、利用方法がわかれば、町営バスを利用することは考えることは難しいと思います。ですから、町営バス利用は小中学生の通学だけということも考えられると思います。10月から3月まで、町営バスの運行はどうなっているのでしょうか、お伺いいたします。

 次に、手づくり弁当の日についてお伺いいたします。神川町では、食育の一環として、年3回手づくり弁当の日を実施しています。もちろんこの日は先生方も手づくり弁当を持参のことと思います。給食とは違って、親が好みのものをきれいにつくってくれるということで、子供たちもこの日はとても楽しみにしていることと思います。

 この弁当の日を初めに提唱された方は、小学校の校長先生でしたので、調理実習をした5、6年生を対象に始めました。献立づくりから始まり買い物、調理、弁当箱詰め、後片づけまで親は絶対に手伝わないで、全て自分で行うことにより、子供のいきる力を育てることを目的としていました。また、親も見守ることで学ぶ、気づくことが出てきたそうです。

 神川町では、運動会や遠足のときもお弁当を持ってくると思います。でも、わざわざ手づくりお弁当の日と名づけて設けているのですから、その目的に違いがあるのでしょうか。また、保護者がつくってくれたお弁当に、子供たちや保護者たちにどのような効果がもたらされたのかお伺いいたします。

 以上で第1回の質問は終わらせていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、大川喜和子議員の質問に順次お答えしたいと思います。

 まず初めに、デマンドタクシーについてのご質問にお答えいたします。これに先立ちまして、私の選挙公約の中でコミュニティーバスの運行ということをお約束させていただいております。この問題につきましては、種々のいろいろな問題点がある中で、今回デマンドタクシーという試験運行という形になったわけでございますので、ご理解をよろしくお願いいたします。

 まず、デマンド型乗り合いタクシーは、高齢者や交通不便地域の新たな公共交通として実証運行するもので、道路運送法第21条第2号の規定により、町の委託を受けて有償で旅客を運送するものです。町では、8月19日に国、県、警察、タクシー協会、バス協会、住民代表等で構成される神川町地域公共交通会議を開催し、デマンド型乗り合いタクシー実証運行について協議いたしました。

 協議の内容として、運行の期間、料金、運行区域、運行時間など合意をいただいたところでございます。この会議の結果に基づき、町では実施要綱を定め、既に道路運送法第21条第2号の期間限定の申請を関東運輸局に提出してありますが、許可がおりてから正式運行となります。そのため10月からの開始は厳しい状況にありますが、町では一日でも早く運行できるよう努めていきたいと考えております。

 次に、デマンドタクシー試行期間中の町営バスの運行についてですが、町営バスは、民間路線バスの廃止により公共の福祉を確保するため、廃止代替路線バスとして運行しております。子供の通学や観光客の移動手段として重要な役割を担っていることから、デマンドタクシー試行期間中も並行して運行する予定ですので、ご理解をお願いいたします。

 次のお弁当の日につきましては、教育長より答弁させますので、よろしくどうぞお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 町長より指示がありましたので、その目的と効果についてのご質問にお答えいたします。

 手づくり弁当の日は、平成11年度より親子の触れ合いや温もりのある家庭づくりとともに、学校給食費の値上げを抑え、安定を図ることを目的として、保護者の負担ならないよう年3回実施しています。学校給食費につきましては、平成4年度から幼稚園、小学校が月3,600円、中学校が4,300円、現在の食数は、1日約1,450食、食材相当額が約33万円ですので、手づくり弁当の日が年3回ですので、約100万円の経費が抑えられています。

 平成17年度までは、学校ごとに年3回、手づくり弁当の日を設け、校庭や野外で食事をしたり、クリーン遠足などの校外学習を実施し、異学年で食事をする取り組みが行われました。

 平成18年の合併後は、学期に1回、町内全校一斉に実施しています。給食の配膳にかかる時間を省略できるため、時間を有効に活用することが可能となり、食事中のコミュニケーションの向上が図られております。

 幼稚園、小学校では、保護者の皆さんのつくった愛情あふれるお弁当を食べることにより、感謝の心を学び、楽しみながら食について考えることができる環境づくりが図られております。中学校では、生徒が創意工夫をしてお弁当をつくることによる料理の大変さ、栄養のバランスなど、食に対する意識の高揚は図られております。全部自分でつくった子、親と一緒につくった子、お弁当箱におかずを詰めてきた子と、お弁当づくりにかかわることで食への関心が高まり、手づくり弁当の日は確実に定着しております。

 また、平成25年度から防災教育の一環として、子供が災害時におにぎりができるよう、年2回おにぎり給食の日を設けております。自宅において保護者と一緒におにぎりをつくり、学校に持参しております。今後も有意義な取り組みですので、手づくり弁当の日として、おにぎり給食の日については実施していきたいというふうに考えております。

 ご理解とご協力のほど、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 先ほどの第1回目で答弁漏れがございましたので、詳細説明をしたいと思いますので、課長の発言の許可をお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 地域総務課長。

              〔地域総務課長 小島勇一君発言〕



◎地域総務課長(小島勇一君) では、先ほどの質問の件について、まず住民への周知方法なのですが、住民への承知方法につきましては、9月15日に町内回覧ありますから、神泉地区の住民に関しましては、まずその回覧文書を神泉地区の全戸配布というような形をまずとらせていただきます。

 それと、高齢者相談員というのが今ありまして、そちらが神泉地区を回っております。それですので、その方たちにも一応周知の方法をまたお知らせして、お願いしたいと思っています。

 それと、業者の支払い条件という質問ありましたが、これにつきましては、1日当たりの借り上げということで、まずタクシーは1台を借り切って常駐させるような予定で、月曜日から金曜日までということで、時間的には8時半から17時までを一応予定しております。

 それで、これで1日の借り上げにつきましては、車両の借上料、人件費、8時半から17時までのものと、それと燃料油脂費というのがあるのですが、それとか故障したときの修繕費、点検費、課税公課費というのがあるのですが、それと保険料、あとそれに付随しまして、予約の受け付けも一応業者のほうにお願いするような形をとりたいと思っています。

 それと、あと運賃の徴収管理、それと緊急時の対応等を考慮して、一応借上料を考えたいと考えておりますので、よろしくお願いします。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 質問の途中ですが、昼食のため暫時休憩いたします。

   午前11時56分休憩

                                    

   午後 1時03分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 引き続き一般質問を行います。

 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) デマンドタクシーのことについて続いてお伺いしますけれども、先ほどちょっと質問したところで、タクシー業者の方と契約が済んでいるのかどうか、また支払い方法、タクシー業者にどのような方法で支払うのかということがちょっと私聞き漏らしたか、もう一度そのことについてお答えしていただきたいと思います。

 それから、この神川町のデマンドタクシー説明資料というのをいただいたのですが、これを見ますと、これよりも随分計画進める上でおくれているのですが、そのおくれている間に住民の方々との話し合いというのが実際何度も行われていたのでしょうか。それで、出ていれば、その意見も検討して今回のことを進められると思います。それで、これから実際に試験運行していくのですが、住民の方たちからいろんな意見が出てくると思いますけれども、その中ですぐ改善して取り入れられることは、少しでも利用しやすいように、その時点でどんどん、どんどん変えながら運行していくのか、それともこういうふうな改善要望は、そのまま意見として聞いておいて、一番最初決めたようにタクシーを進めていくのかどうかお伺いします。

 それと、もう一つは、デマンドタクシー運行期間中もバスを運行するという話でしたが、すごい無駄なことではないかなと思うのです。それで、実際、通学している人が5名いて、あと通院に使われる方、毎日何名かは通院されると思いますけれども、そうであれば、先ほど申しましたように、通院する方はデマンドタクシーのほうがより便利になると思うので、全くバスを利用する方が少なくなっていなくなってしまうのではないかと思います。

 それで、今までバスが運行していたということを聞けば、神泉の住民の方は、今まであったバスがなくなったのだから、すごい不便になるのではないかと思われると思います、確かに。でも、実際にバスに乗っていた方がそういうふうに思われるのならば、考える余地もあるけれども、実際にバスに乗らない住民の方たちがなくなったら不便になる、不便になるということは、ちょっとそういうふうに不便になるのではないかなという思いでそうおっしゃるのではないかなと思います。だから、実際に町営バスをどのくらいの人が利用していたかということで、バスを運休してもいいかなと思うのですけれども、運休することに対して、実際どれだけの人が本当に不便に感じるのか、その辺のところをお聞きしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 今回のデマンドタクシーにつきましては、あくまでも試験運行という形で、こういうことをやることによってどういう結果が出るかということを実証実験するわけでございまして、それに合わせてバスの並行運転というのは無駄なように思われますけれども、今回の場合は、まだあくまでも試験運行です。これを来年の3月までやりまして、その結果、どうするかということは、またこれは検討段階に入るかと思います。

 なお、先ほど課長のほうからちょっと答弁漏れもあったようですので、そこについては課長のほうから補足させますので、よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 地域総務課長。

              〔地域総務課長 小島勇一君発言〕



◎地域総務課長(小島勇一君) まず、この契約の関係ですが、契約については一応済みました。

 それと、あと支払い方法なのですが、一応金額を決めて、あとは利用者が料金、1日100円から400円まで払いますが、その金額を差し引いた金額を町のほうに業者から請求いただきまして、支払うような形をとっています。

 それと、あと次の質問で、説明資料というか、おくれているっていう話ですが、これにつきましては、現在、高齢者訪問のほうで回っていられる方がおりますので、一応その方たちに会ったときに、一応そういうのも今度始まるという話はさせていただいています。詳しい内容については、まだこれからしますので、その辺はよろしくお願いします。

 それと、あと一応試験期間中で、今これからやるのですが、それに関しまして、まだ改善しなければならないことが何カ所かあるかと思うのですが、その辺は実際に運行してみて、それから判断して、よりよいほうに改善していきたいと思っています。

 それと、もう一つは、バスとの関係について先ほど質問されたのですが、町営バスは規定路線を定時に通過するものです。それで、学生の通学や観光客の移動手段として利用するのが主なものなのです。デマンドの乗り合いタクシーにおいては、規定のバス停までの移動が困難な方を対象としております。ですから、バス停まで歩けないような方も大勢今ふえてきている状況にありますので、どちらかというとそういう方を対象にしたものを一応考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) タクシー業者の方の支払い方法なのですが、それは1カ月まとめて後払いというような形式をとられるのでしょうか。そのことがちょっとお聞きしたかったので、もう一度お聞きします。

 それで、今回の実証運行というのは、お話ですと、実証運行の結果次第でまた続けるとか続けないということを考えられるということなのでしょうか。それとももう本運行をやろうと思っていて、それの下準備としてやったということではなくて、全く結果次第ということなのですね。そのことをお聞きします。

 それから、私、神泉の今新しくデマンドバスなのですが、神泉の住居野とか矢納の方たちは、今まで通院には町営バスを利用できました。通院できて、その上今度はそのデマンドタクシーが利用できるようになりますけれども、旧の神川町でも診療所に行くのにバスを利用できない方が今でも随分大勢いらっしゃると思うのです。だから、私は、新しく購入した町営バスを診療所の送迎バスに利用したりとか、スクールバスに利用して、この町営バスを通学に使っている方たちに、そういうふうに使っていただいて、工業団地に近いほうとか元原とか熊野堂、あちらの方面の方たちの診療所の送迎バスに使っていただきたいと思います。

 それで、神川町に住んでいる全ての人が同じような恩典を受けられるように、そういうふうな方法に話を進めていってほしいと思うのですが、いかがですか。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) このデマンドタクシーにつきましては、あくまでも試験運行でして、この結果、どういう結果が出るかわかりませんけれども、それに基づきまして町営バスの運行もどうなのかということでございますので、今簡単にデマンドタクシーの試行運転するから、そのバスをこっちに回してといった簡単なあれではいきませんので、これは将来的にはどうするかということは考えなくてはいけません。また、旧の神川地域につきましても、大勢のそういった交通弱者の方がいるわけですので、それは考えていかなくてはならないということは考えております。ですから、今回、神泉で試験運行いたしまして、どういう利用形態になるのか、どういう問題があるかということを検証したいというふうに思っておりますので、ご理解をお願いします。

 なお、先ほどの答弁漏れは、また課長のほうから言いますので、よろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 地域総務課長。

              〔地域総務課長 小島勇一君発言〕



◎地域総務課長(小島勇一君) 先ほどのタクシーの支払い方法なのですが、タクシーの支払い方法につきましては、タクシーの会社のほうに1カ月まとめた月報を提出していただきます。それに基づきまして、何人乗ったか、金額は幾らかというのを提出していただきまして、それに基づいて支払いをしたいと思っております。



○議長(小井戸英夫君) 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) それでは、支払い方法はちょっともう一度確認したいのですが、月末締めか、次に払うということなのですね。

 次に、手づくり弁当のことについて質問させていただきます。先ほど手づくり弁当で親がつくったお弁当を子供たちがとても楽しみにして、学校の外で食べたり、異学年同士で食べたりして、すごい楽しいのだと思います。その縦のつながりというのですか、今は登下校も一緒にしていると思いますけれども、そういう縦のつながりを大切に育てていかれるような指導をしていってほしいと思います。

 それで、ちょっとさっきのお話に、手づくり弁当、調理実習をした学年以上の子供たちは、自分でお弁当をつくる子もいるというお話なのです。全て自分でやる子もいるし、ちょっとだけ手伝う子もいるし、全然手伝わない子供もいると思います。でも、とにかくそういうのをなるべく子供が自分で全てつくるようにというふうにしていただきたいと思うのです。

 それで、子供が全てつくるということは、共働きの家庭にとっては、もう本当に朝の忙しいときに、子供がお台所うろうろされたら、本当に親にとっては迷惑ということになるかもしれませんけれども、でも子供のつくるというのを見守るのはとても忍耐が要ることで大変なのですが、やっぱりそのことはこれから先、子供の長い人生の礎となる、生きる力を育むために必要なことだと思います。

 先ほども出ましたが、食育の中には食べ物とか生き物に対する感謝の気持ち、またお弁当づくりにかかわる全ての人への感謝の気持ちを育むことも含まれています。自分でつくることによって、本当に感謝の気持ちが湧いてくるのだと思います。ですから、今できない子は、初めからひとりでつくることは無理かもしれませんけれども、やはり調理実習をやった子供たちには、生きる力というより、ことし一歩踏み込んだ生き抜く力を育むということだそうで、それの一助として、やっぱり手づくり弁当は自分で全てをつくるというふうにしていただきたいと思うのですが、それをどのように町としては父兄に浸透させるというか、納得させて、自分たちでつくらせるようにしていくのか、お伺いしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 今のご質問についてですけれども、まず最近つながりということをよく言われています。きずなという言葉はよく使われているのですけれども、つながりと同じことなのですが、やっぱり家庭においては親子のきずな、これも大切ではないかなと思います。もちろん学校では友達同士のきずなもありますけれども、そういったきずなづくりにも一つ役立つのではないかというふうに思っています。

 それから、学校では、小学校の中学年あたりから料理実習を家庭科の時間に行っています。もちろん中学生もやっています。中学生の場合も男子もやっていますけれども、そういう中で、やはり自分のことは自分でできるということは大事なのです。今度の県のほうも、関根教育長が生き抜く力をというふうなことを随分強調しております。神川でも2年ほど前から、生きる力ではなくて生き抜く力だろうという話をしてやっているわけですけれども、生き抜くためには、その本人が、子供自体がそういう力を持っていなければいけないのです。人にやってもらうのではなくて。その年齢に応じてその取り組みというのはできるかというふうに思っています。

 先ほども話が出ましたけれども、初めからつくれではなくて、家庭でもまず保護者につくってもらう、その次には保護者と一緒につくるということ、さらにできたら今度は自分でつくらせてみるということ、それが大事だと思います。どんなものでもつくったら、やっぱり褒めてあげるということが、本人の意欲にもつながると思うのです。そういった意味で、これからも学校と家庭、特に保護者と担任との関係、これも非常に大きな役割ではないかなと思います。ですから、ただつくれではなくて、学校でもつくろうねという話かけをする。と同時に、家庭でもつくってみようという形で働きかけをする。そういうことによって、子供を育てていくということは大事ではないかと思います。学校が育てればいい、家庭が育てればいい、そういうことではありません。お互いに連携をして、その上で子供を育てていくということが大事ではないかなと思います。

 特に食については、生きていく上ではもう欠かせないものですから、そういった意味で大変重要だと思いますので、今後PTAの活動等も含めて啓発をしていきたいというふうに思います。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) 今、教育長がおっしゃられましたけれども、今の時代は男性も女性もお料理ができるということはとても大事なことだと思います。そういう意味でも調理の時間というのもあるのではないかと思いますけれども、自分でつくることによって食べ物への関心も持ち、それから健康な肉体をつくり、健全な精神と正しい判断力、考え方というのも養われると思います。

 お弁当づくりしたから、それだけでできるということではないですけれども、そういうこともやっぱり子供の生き抜く力というのを育てるためにとても大切なことだと思うので、ぜひとも、お弁当づくりだけでなくて、家庭で食事をつくるとか、そういう食事つくる手伝いをするとか、そういうふうにしていけるようにみんなでやっていけたらいいと思いますけれども、答弁結構です。



○議長(小井戸英夫君) 以上で3番大川喜和子君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、1番赤羽奈保子君の質問を許します。

 赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。

 まず、1点目の子ども・子育て3法について伺います。昨年、社会保障と税の一体改革の一環として、子ども・子育て3法が成立しました。早ければ27年度から施行される予定とのことです。この法律により幼保連携型子ども園をはじめ、小規模保育や保育ママなどの家庭的な保育を含む多様な保育子育て支援が拡充されます。この制度が本格的に動き出す前に、神川町でも準備を進められていくようですが、神川町ではどのように推進していくのかお聞かせください。

 また、地方版子ども・子育て会議の設置についてですが、会議の設置は町の努力義務となっていますが、神川町でも設置していく予定と伺っています。せっかく設置するのですから、町のニーズを吸い上げるためにも、現役のママたちにも会議に参加していただき、その声をしっかりと聞き、子育て計画に反映していただきたいと思いますが、いかがでしょうか。

 最後に、事業策定に当たってのニーズ調査についてですが、子育てのニーズは多様化してきており、検討することがたくさんあると思います。どのようにしてニーズ調査を行っていくのかお聞かせください。

 2点目は、骨髄ドナーへの助成についてです。公明党本庄支部では、公明本庄として、平成13年から献血運動を実施してきました。それとともに、平成22年から骨髄バンクのドナー登録も行ってきました。ことしまでの4年間で54名の方にドナーの登録をしていただきました。

 造血幹細胞移植という治療法は、ほかの治療法と異なり、患者さんと医療のほかに提供者というボランティアの方がいて初めて成立します。しかし、せっかくHLA型が適合しても、最終的に骨髄提供まで至らないケースが4割程度あるそうです。さまざまな疾患で提供できない場合もありますが、ドナーの通院や入院における休業補償がないなど、ドナーの負担が重いことが挙げられます。

 私もドナー登録をして3年になりますが、ことしHLAが適合したとのことで、コーディネーターさんや医師との面接をさせていただきました。残念ながら改善されることがあるということで保留になってしまったのですが、そのコーディネーターさんや医師との面接に平日8日ほど病院に行き、入院は3日から4日となると、かなりの負担です。病院も近いところばかりとは限りません。新潟の加茂市や島根の浜田市などは、独自にドナー助成制度を立ち上げているようですが、神川町でも安心してドナーになっていただけるように、ドナーへの助成を行うべきだと考えますが、町の考えをお聞かせください。

 以上で1回目の質問を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、赤羽議員の質問に順次お答えしたいと思います。

 初めに、子ども・子育て支援関連3法を受けて、神川町の推進についてのご質問でございますが、昨年8月に子ども子育て支援法、認定こども園法の一部を改正する法律、関係法律の整備等に関する法律の子ども子育て関連三法が成立し、地域の子ども子育て支援拡充のために本年度から具体的内容が検討され、平成27年度から本格施行される予定です。

 町におきましても、町民のニーズに基づき制度の施行に当たっては、事業計画の策定、必要なサービスの確保、給付システムへの対応など、これらが円滑に進められるよう努めてまいります。

 国から示されました平成27年度実施までのスケジュールに合わせ、今年度中にニーズ調査をし、今後5年間保育・教育・子育て支援などの見込み量を3月に県へ報告する予定です。来年度には、国の動向を注視しながら、神川町子ども・子育て支援事業計画を策定し、平成27年度にスムーズな移行ができるよう進めてまいります。

 次に、地方版子ども・子育て会議の設置についてのご質問にお答えいたします。地方版子ども・子育て会議の設置については、法律上市町村の努力義務とされておりますが、子ども・子育て支援に関する施策の実施状況を調査、審議する等の重要な役割を担うことになっております。町では現在、神川町保育連絡協議会があり、この協議会を母体として見直し、検討をしていきたいと思います。なお、現役ママの声も生かす予定でございます。

 次に、事業策定に当たってのニーズ調査についてのご質問にお答えいたします。国より示されたニーズ調査に町の実情に合わせて調査表を作成し、広くニーズを把握するため、保育が必要な子供だけでなく、幼稚園、放課後児童クラブも含めた790人の子供の世帯を対象として調査をお願いしたいと考えております。

 12月には結果を取りまとめ、来年度には計画素案を策定し、パブリックコメントを実施して、広く町民皆様のご意見を伺った上で、神川町の実情に即した神川町子ども・子育て支援事業計画を策定したいと考えております。

 いずれにいたしましても、今後の国の財源の確保や基本指針の告示等、国の動向に応じて進めていきたいと思っております。

 次に、骨髄ドナーへの助成についてのご質問にお答えいたします。近年、骨髄移植を必要とする血液疾患の患者は年々増加傾向にあり、移植件数も増加しております。骨髄バンクへのドナー登録者は、全国で43万人、埼玉県では2万5,000人を超え、年々ふえ続けていますが、移植を必要と患者登録数も全国で3万9,000人おり、埼玉県では1,700人を超えております。血縁関係者以外が骨髄を提供する場合、提供可能となる白血球の型が一致することが必要ですが、数百人から数万分の1と言われております。よって、骨髄移植の推進にはドナーの確保が不可欠であり、より多くの方がドナー登録されることと、移植につながる支援体制の充実が望まれているところでございます。

 ドナーの確保につきましては、埼玉県赤十字血液センターが運営する8カ所の血液ルームに骨髄ドナー登録相談窓口が常設されております。町としましては、広報やホームページなどで積極的に啓発推進してまいりたいと考えております。支援体制につきましては、昨年9月に公布された造血幹細胞移植推進法により、国及び地方公共団体が適切な役割分担を踏まえて必要な措置を講じることとされております。

 まず、ドナーが骨髄を提供しやすい環境につきましては、家族の介護や子供の保育が必要なため、家族から同意が得られないなどの理由により、ドナー候補者が提供をあきらめるケースもあることから、高齢者を一時的に預け、介護してもらえる短期入所生活介護等の介護保険サービスの活用、子育て中の方につきましては、保育所の一時預かり事業など、各種福祉サービスの利用につきまして、広く周知を図ってまいりたいと考えております。

 次に、ドナーとして一般的な骨髄提供に当たり、2日間程度の入院と5日間ほどの通院が必要となることから、会社の理解を得にくい、収入が減るため仕事を休むことができないなどの課題があります。そのため助成制度の取り組みを進めている市町村もありますので、今後その利用実績や効果などについて、調査検討していきたいと考えておりますので、ご理解を賜りたいと存じます。

 以上で1回目の答弁とさせていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) まず、子ども・子育ての関係についてなのですけれども、まず地方版子ども・子育て会議が保育連協の方を中心にということだったのですけれども、その中で実際に子育てをされている方の割合というのはどのくらいなのでしょうか。

 保育連協のほかにも学童保育の指導員さんとか、そういう方々もそこに含んで今後いただけるのかどうか、お聞きしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) ちょっと数字につきましては、私のほうも承知しておりませんので、担当課長から述べさせます。



○議長(小井戸英夫君) 町民福祉課長。

              〔町民福祉課長 青木由一君発言〕



◎町民福祉課長(青木由一君) まず初めに、保育連絡協議会の保護者というか、子育てしている割合ですか。保育連絡協議会のメンバーは、保育所の先生、それとPTAの役員さん、それから幼稚園の先生と役員さんという形で、人数的には大体同じなのですけれども、保育所の先生方が2名ずつ出てきます。それと、保護者が大体1名ですので、現在、役場の事務局を抜いたほかが13名の役員で構成されております。そのうちの約3分の1が保護者というような状況でございます。

 それから、子育て会議の設置のメンバーに学童保育の保護者の方も入れるのかどうかというご質問ですけれども、もちろん学童保育の保護者の方にも入っていただきたいと考えております。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) 現在、神川町では、待機児童はいないということなのですけれども、保育園に入れずに幼稚園にという家庭も、私のうちもそうだったのですけれども、ありました。今後、神川町でも幼保一体のこども園等の考えというのはあるのでしょうか。

 それと、ニーズ調査についてなのですけれども、幅広くニーズ調査をしていただけるということなのですけれども、把握し切れないというか、潜在的ニーズというのもかなりあるかと思うので、さまざま細かいところでわがままを言っているようなニーズもたくさんあると思うのですけれども、たくさんの声を拾っていただいて、計画に反映していっていただきたいと思います。

 やっぱりここで子育てをしてよかったと言えるような子育て計画をしていただければと思うのですけれども、よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) お答えします。

 幼保一体という言葉が出てまいりましたけれども、これにつきましては先日議員もご同行していただきまして、認定こども園の視察等を行ったわけでございます。今現在、神川の保育園につきましては、継ぎ足し、継ぎ足しの建物で、非常に使いづらいといいますか、火災等が起きた場合には、非常に危険な構造になっておりますので、そういった面を含めまして、新しい考え方を持って対応できればなという形で考えておるところでございます。

 これにつきましては、私の選挙公約の中にもありまして、認定保育園を推進するということがございました。これは、国のほうの厚労省、教育と意見の対立等もございまして、なかなか推進することができませんでしたけれども、今後につきましては先進的な事例等も大分視察させていただきましたので、そういった考え方も参考にしながら、幼保一体については、私は進めていきたいなというふうに感じておるところでございます。

 また、多くの声、これはやはり必要でございますので、関連する方々に対しましては、お声がけをし、またお知らせをするなりして、多くの声を参考に反映できればなというふうに考えておりますので、よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) 2点目の骨髄ドナーへの助成についてなのですけれども、今後、先進地等々の状況を見ながら助成制度をつくっていっていただけるとありがたいなというふうに思うのですけれども、先ほど町長も答弁の中でおっしゃっていましたが、介護や子育て等でなかなかやっぱりドナーになれない方とかもたくさんいると思うのですけれども、町としてというか、そういう方に対して、もちろんショートステイ等々の費用とかの助成というのも、もし一緒に考えるとしたら考えていただけるのかどうかというのもお聞かせください。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 調べた中では、やはり簡単に骨髄ドナー登録といいましても、それに行くまでかなり時間的な必要が出てくるということで、かなりハードルは高いかなというふうに感じております。私もいろいろ個人的には調べまして、全国のそういった補助をしているところなんかも調べてみましたけれども、やはり気持ちはあっても、なかなかそのハードルが乗り越えられないというのが現実問題として壁として立ちはだかってきているということをお伺いしております。これを全部カバーすることはできないとは思いますけれども、町とすればこういった貴重な気持ち、そしてそういったものに対しまして支援はしていきたいというふうに思っております。よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) それと、あわせてというか、今後、広報等でドナーの登録の啓発活動というのもしていただけるとありがたいなというふうに思いますので、よろしくお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) もちろんでございます。そういった方法等を利用して、積極的に行っていきたいと思います。

 私ごとになりますけれども、私の友人も実は白血病になりまして、私のところにも相談に来たことがございました。私は、気軽な気持ちで、いいよという返事をしましたところ、年齢制限がだめ、それから薬を飲んでいるからだめ、いろいろそういったハードルがございまして、役には立てなかったのですけれども、そういった方々の必死の思いというものは大切にするといいますか、酌んであげなくてはならないということでございますので、フルカバーはできないと思いますけれども、一部助成でもできればいいのかなというふうに考えております。



○議長(小井戸英夫君) 以上で1番赤羽奈保子君の質問を終わります。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 次に、4番渡辺浩一君の質問を許します。

 渡辺浩一君。

              〔4番 渡辺浩一君発言〕



◆4番(渡辺浩一君) 議長の許可を得ましたので、通告の順序に従い質問させていただきます。

 子宮頸がんワクチンの接種中止を求めることについてということであります。重い副反応によって全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会が結成されました。下村博文文科相、田村憲久厚労相に面会して中止を求める嘆願書を提出しております。私のところに送ってこられた子宮頸がんワクチンを勧める会があるのですが、この制圧最短の道を探るという文書においては、日本での死亡者は3,500人、そして30歳をピークに年間3,500人死亡しているというふうにあります。しかし、このワクチンを勧める文書においては、これは問題がありまして、ピークは55歳から65歳であります。このゼロ歳から100歳まで5年刻みの各年代の死亡率の表がありますけれども、30歳においては48人であります。20歳から24歳、5人、25歳から29歳は19人であります。ピークは55歳から80歳までで、この間に200人から300人近い死亡者が出ております。そして、合計は2,423人であります。3,500人というのは、かなりオーバーな数字であります。そして、ピークは30歳とありましたけれども、この表で一目瞭然のように、ピークは55歳から80歳であります。すなわちこのワクチンは、中学生に接種しても20歳前後でそのワクチンの効果が薄れてしまいます。したがって、ピークに届くまでには、その効果が働くまでにはいかないわけです。そして、再接種は、今のところ検討中であるというふうに書かれております。ですので、これを若い女性に注射しても、ピークに達するまでにとてもワクチンの効果がないということになります。したがって、このワクチンは、打ってもほとんど効果はない。要するに予防の影響をもたらさないということであります。これは、この勧める会が少し事実を曲げて知らせているということだと思います。

 そして、次の問題は、医薬品による健康被害の救済ということでありますが、この救済業務を行う独立行政法人医薬品医療機器総合機構というところが補償金を払うということなのでありますけれども、このワクチンの件に関しては、支払われていないということであります。これに対して被害が出た自治体職員が大変困惑しているということであります。その理由は、因果関係の解明がまだされていないからだということであります。

 私の考えによれば、こういうワクチンの被害に遭った場合の、それに対する補償体制を整えてからワクチンを接種すべきであるというふうに思います。この因果関係が解明されなければ払えないというのは、この因果関係を解明するには大変な費用と時間がかかります。したがって、被害者を救済することはできません。ですので、この点において、厚労省が明らかにワクチンによってこのような被害を受けたということが明らかである場合においては、因果関係の解明とか必要なく、すぐに補償金を支払うべきではないかと思います。

 この勧められてワクチンを打つわけですから、これは自己責任ではありません。勧めたほうの責任であります。しかし、この頸がんにかかる人たちは、自己責任であります。20歳から29歳までに24人の方が死亡しておりますけれども、この方たちは、どのような生活態度、生活習慣あるいは栄養状態がどうなのかということもあわせて考えてみると、かなり普通でない生活をしていたと思われるわけであります。このような危険な生活をどのような内容があるのかということを一般的に若い人たちに教育しなければならないと思います。そのような生活を避けなければならないということを教えなければならないというふうに思うわけです。それによってこのがんで死亡する人をかなり減らせるはずであります。

 そのように思うと、ただ安易にワクチンを打てばいいというのではなくして、ワクチンを打たなくて済む教育が必要であるというふうに私は思っております。ですので、ぜひこのワクチンの中止を、この因果関係の解明が必要だというのでしたら、この因果関係が解明されるまで、このワクチンを中止すべきであると思っております。

 つけ加えるならば、このサーバリックスの原料は、HPVのウイルスではなくして、イラクサギンウワバというガの細胞を遺伝子組みかえしてHPVウイルスに似せたものをつくっているわけです。これが原料です。

 そして、ガーダシルは、酵母菌の核を抜いて、これを遺伝子組みかえして、それを原料にしております。つまり、これが本当に効果があるのかどうかということは、疑問を持っている、そういう組織がいっぱいあるわけですが、そういう組織はなかなか取り上げられてもらえません。今の現状はです。みんな勧めるほうばかりにそういうマスコミが偏っておりますので、本当のところはなかなか知らせてもらえない状況にあります。

 そういうわけで、これはもうちょっと考えるべきだ。それほど流行しているわけではないし、不要不急のものであるので、それほど勧められたからといって急いで打つ必要はないという、したがってただいまのところこれは中止にするのが大変よろしいと思います。もしそういう重い症状が出た場合においては、学校も自治体もそれの救済のために大変になりますので、ぜひ中止の決定をしていただけたらと思うわけであります。それは地方自治体でもできることではないかと思うわけであります。

 1つ目の質問はこれで終わります。

 次に、神川町の利便性向上のためにということであります。20年も前からゆ〜ゆ〜ランドのあたりから対岸の藤岡市の牛田工業団地に橋をかけてほしいという、そういう要望があったということを聞いております。いまだ計画段階のように思われますけれども、特によく私も体験するのですけれども、藤武橋が通勤時間帯は朝夕かなり混み合います。そして、行楽シーズンになると、日曜日の夕方なんかも相当な混みようになって、そこに入るとなかなか動かないという体験をしております。そういう体験をされた方が何人かここにもいらっしゃると思いますけれども、そこで藤武橋の通行量を聞いてみたのですけれども、これは平日ですけれども、24時間で約2万4,843台ということであります。これは、夜間は、夜中とか早朝すいておりますけれども、混み合いますときはかなりそれを通過するのに時間がかかっております。

 例えば神川町から隣の藤岡に救急車で緊急搬送をされる場合には、そのような混み合ったところを通過しなければならないということで、かなり大変ではないかというふうに思います。

 それで、前からゆ〜ゆ〜ランド、今はかんなの湯ですか、のあたりから対岸の藤岡市までの橋をかけていただくということが大変利便性の向上になるのではないかと思います。

 ちなみに、昨年の救急車の搬送人員は465人であります。そして、本庄市が153人、深谷市、川越市とか寄居町もおりますし、行田市も1人おります。これを合わせると188人であります。藤武橋を渡って隣の藤岡市に行きますと、これは神川分署の資料でございますけれども、藤岡市が230人、その他伊勢崎、高崎、前橋、富岡、渋川まで行っております。これらを合わせると257人となっております。本庄市よりも、県内よりも県外のほうが多いということになっております。したがいまして、この隣の藤岡市との高速のインターにつながるバイパスに延長が今藤岡市の神田という場所を残すのみとなって、そこまで届いてきておりますので、この間行ってお話ししましたところ、神田という地区まで道路を早くつくってほしいというふうに、藤岡市では県に要請をしておるということであります。したがいまして、神川町としてもそれに呼応して、橋の建設の計画を急いでほしいというふうに思っております。

 ひとつよろしく答弁をお願いいたします。

 以上です。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、渡辺議員さんの質問に順次お答えしたいと思います。

 初めに、子宮頸がんワクチンの接種中止を求めることについてのご質問にお答えいたします。

 日本人の死亡原因の第1位であるがんに対する施策の充実は町の喫緊の課題であると捉え、予防接種や検診などの施策を展開してまいりました。がんで亡くなる人が一人でも少なくなるよう、引き続きがん対策を推進していくことが重要であると考えております。

 子宮頸がんは、全国で年間9,000人が発症し、毎2,700人を超える方が亡くなっております。年代別の発症率は、20代から30代で増加し、40代以降横ばいとなり、女性で乳がんに次ぐ発症率です。近年では若い人の罹患も増加していることなどを受け、子宮頸がん予防ワクチン接種が任意接種として平成21年12月から始まりました。

 平成25年4月1日からは、小学校6年生から高校1年生相当の女子を対象に予防接種法の規定による法定接種が開始されました。しかし、接種後に体の痛みや歩行障害などの重い副作用があらわれた事例も一部で見られたことを受けて、国では国民に適切な情報提供ができるまでの間、積極的な個別通知や広報等はすべきではないとされました。

 これは、法定接種を中止するものではないので、対象者のうち希望者が法定接種を受けることができるよう、接種機会は確保されています。

 町は、この決定を受け、町内の医療機関に対して法定接種の対象者等が接種のために受診した場合には、積極的には勧めていません。受ける場合には、ワクチン接種の有効性及び安全性について十分に説明した上で、接種することを周知いたしました。また、町民に対しても広報や町のホームページにおいて、ワクチン接種について積極的に勧めない内容のお知らせをいたしました。

 なお、子宮頸がんワクチンの接種につきましては、予防接種法の法定接種であることから、町の判断として中止することは難しいわけですが、今後の厚生労働省の調査や専門家による評価などの動向を注視したいと考えております。

 また、感染してもがんになるまで10年以上かかると言われていることから、小まめに検診を受け、早期発見に心がけることも重要であることから、さらなる受診率向上に努めてまいりたいと考えております。

 次に、神川町における利便性向上のための計画についてのご質問にお答えいたします。この新橋の計画ですが、平成9年から一般質問、地元からの陳情・要望があり、町としても国道254号藤武橋の渋滞解消やゆ〜ゆ〜ランドへのアクセス向上のみならず、将来当町の産業経済等の発展に対し、重要な位置づけとなる幹線道路として考えております。そのため、関係機関との研究会等事務レベルでの打ち合わせをこれまでに17回開催し、新橋建設の効果、可能性、諸問題などを検討しております。

 また、平成14年度の埼玉県知事への要望活動をはじめとして、平成24年度には埼玉県町村会を通じて要望書を提出するなど、多方面にも必要性を訴えかけております。今後も藤岡市並びに本庄市と綿密に調整を行い、今後はさらに技術的な検証を進め、検討から計画へと行動を移し、早期実現に向け関係機関への働きかけを行っていく考えでおりますので、ご理解、ご協力をいただきたいと思います。

 なお、神川町におきましては、平成23年度につきまして、コンサルに委託しまして調査を行っております。国の政治、コンクリートから人への政策転換から建設推進への方向性が見えてきましたので、そういった面も利用いたしまして、今後とも藤岡市と協力しながら進めていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 4番渡辺浩一君。

              〔4番 渡辺浩一君発言〕



◆4番(渡辺浩一君) 既に頸がんワクチンの被害については、テレビで報道されまして、多くの年ごろの子供たちを持った人も知っておりますので、ワクチンを実際に打つ人がかなり減っていると思います。現実的にはほぼ中止の状態になっているかというふうに思います。

 ただ、厚労省のワクチン行政というものは、実は正確な臨床試験、そしてしっかりとしたデータをもとにワクチンを採用というのであればいいのですが、これは実は、このグラクソスミスクライン社のロビー活動、すなわち政治家に対しての働きかけによって、これを大々的にキャンペーンを行って、採用されたという経緯がございます。臨床試験が十分に行われていないということです。これも表明しているそういう研究者もおるわけであります。これは、実際にワクチンをつくっている研究者がそのワクチンの不備を指摘しているわけであります。

 そのようなわけで、例えば車においては、そのふぐあいが生じた場合は、メーカーが責任を持ってリコールということで、リコール制度でもって無償で修理しておりますけれども、ワクチンなんかにおいても、その被害があれば、これはこの製薬会社はワクチンの販売によって、ワクチンは病人ではなくて健常者に打つので、極めて範囲が広いです。そして、1人前当たり5万円という高額なお金を取っているわけで、極めて膨大な利潤を生み出しているわけであります。このようなメーカーに責任を持っていただくというのは、これは当然のことでありまして、今現在は、自治体がそのような責任を持っているのでありますけれども、当然これはメーカーが責任を持つべきである。また、そのような制度にしなければならないということを訴えておきたいと思います。

 それから、この神川町の橋の件でありますけれども、本当に藤岡市のほうも神川町と、橋が1本ふえれば、かなり神川町とのアクセスがよくなるし、また神川町も極めて住民にとって……



○議長(小井戸英夫君) 済みません。渡辺さん、質問の趣旨をはっきりしてください。



◆4番(渡辺浩一君) ああ、そうですか。分けて、済みません。

 ワクチンの件はこれで終わります。



○議長(小井戸英夫君) 質問の趣旨がちょっとよくわかりづらかったので……



◆4番(渡辺浩一君) ああ、そうですか。

 これは、町の取り組みはわかりました。とりあえずほぼ中止という、実際は中止というそういう事態になっていると思いますので、それで結構です。



○議長(小井戸英夫君) 4番渡辺浩一君。

              〔4番 渡辺浩一君発言〕



◆4番(渡辺浩一君) 橋の件について、利便性の向上のために、また神川の発展のために、なるたけ早く、一日も早くといいましょうか、その計画を前倒ししてでも進めていただきたいと思います。

 以上です。答弁はよろしいです。



○議長(小井戸英夫君) 以上で4番渡辺浩一君の質問を終わります。

 これをもって町政に対する一般質問を終結いたします。

                    ◇               



△散会



○議長(小井戸英夫君) 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。

   午後2時00分散会