議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成25年  6月 定例会(第4回) 06月13日−議案説明、質疑、討論、採決−02号




平成25年  6月 定例会(第4回) − 06月13日−議案説明、質疑、討論、採決−02号







平成25年  6月 定例会(第4回)





   平成25年第4回神川町議会定例会会議録第2号

             平成25年6月13日(木曜日)
                                   
議事日程 第2号
   平成25年6月13日(木曜日)午前9時開議
日程第 1 諸報告                               
日程第 2 第45号議案 神川町町民の歯科口腔保健の推進に関する条例      
日程第 3 第46号議案 神川町介護保険条例の一部を改正する条例        
日程第 4 第43号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第2号)     
日程第 5 第44号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算(第1号) 
日程第 6 報告第 4号 平成24年度神川町一般会計継続費繰越計算書について  
日程第 7 報告第 5号 平成24年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書について
日程第 8 報告第 6号 平成24年度神川町観光事業特別会計繰越明許費繰越計算書
             について                       
日程第 9 議案第48号 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条
             例                          
日程第10 議案第49号 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例  
日程第11 議案第50号 副町長の選任につき同意を求めることについて      
日程第12 請願第 1号 排水路の整備について                 
日程第13 請願第 2号 排水路の騒音消去対策整備について           
日程第14 陳情第 1号 下阿久原地内町道の舗装について            
日程第15 陳情第 2号 熊野堂地内町道の舗装について             
日程第16 陳情第 3号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について         
日程第17 陳情第 4号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について         
日程第18 陳情第 5号 中新里地内の側溝整備について             
日程第19 閉会中の継続調査                          
                                   
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ

出席議員(13人)                               
       1番  赤 羽 奈保子 君       2番  山 ? 正 弘 君
       3番  大 川 喜和子 君       4番  渡 辺 浩 一 君
       5番  廣 川   学 君       6番  落 合 周 一 君
       7番  小井戸 英 夫 君       8番  田 村   勝 君
       9番  山 田 義 雄 君      10番  町 田   久 君
      11番  浅 見 好 雄 君      12番  岩 ? 一 義 君
      14番  主 山 義 雄 君
欠席議員(1人)                                
      13番  岸     優 君
                                    
説明のため出席した者                              
  町     長  清 水 雅 之 君  教  育  長  高 澤 利 藏 君
  代 表 監査委員  川 野 幹 夫 君  総 務 課 長  高 橋 重 久 君
  総 合 政策課長  坂 本   等 君  税 務 課 長  新 井 美 範 君
  町 民 福祉課長  青 木 由 一 君  防 災 環境課長  斉 藤   誠 君
  保 険 健康課長  神 住   健 君  診 療 所事務長  根 岸   寛 君
  経 済 観光課長  木 村   豊 君  建 設 課 長  村 山 浩 之 君
  会 計 管 理 者  飯 島 正 文 君  学 務 課 長  山 口 幸 雄 君

  生 涯 学習課長  秋 山 英 二 君  水 道 課 長  柴 崎 紀 夫 君
  兼 公 民 館 長

  神泉総合支所長  小 島 勇 一 君
  兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  櫻 澤   晃    事 務 局長補佐  春 山 孝 子





△開議

   午前9時03分開議



○議長(小井戸英夫君) 皆さん、おはようございます。

 13番、岸優君からの欠席の通告がありました。

 ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 諸報告



○議長(小井戸英夫君) 日程第1、諸報告を申し上げます。

 本日、会議録署名議員の13番、岸優君が欠席のため、新たに会議録署名議員に14番、主山義雄君を指名いたします。

 お手元に配付のとおり、総務経済常任委員長から請願及び陳情審査結果報告書が会議規則第94条第1項及び第95条の規定により提出されております。

 次に、ただいま町長から別冊配付のとおり、第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例、第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例、第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについての3つの案件が提出されましたので、報告いたします。

 以上で諸報告を終わります。

                    ◇               



△日程第2 第45号議案 神川町町民の歯科口腔保健の推進に関する条例



○議長(小井戸英夫君) 日程第2、第45号議案 神川町町民の歯科口腔保健の推進に関する条例についてを議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

 ありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第45号議案 神川町町民の歯科口腔保健の推進に関する条例を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第3 第46号議案 神川町介護保険条例の一部を改正する条例



○議長(小井戸英夫君) 日程第3、第46号議案 神川町介護保険条例の一部を改正する条例についてを議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第46号議案 神川町介護保険条例の一部を改正する条例を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第4 第43号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第2号)



○議長(小井戸英夫君) 日程第4、第43号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 総合政策課長。

              〔総合政策課長 坂本 等君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、神泉総合支所長。

              〔神泉総合支所長 小島勇一君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、町民福祉課長。

              〔町民福祉課長 青木由一君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、経済観光課長。

              〔経済観光課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 次に、学務課長。  

              〔学務課長 山口幸雄君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

 ありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第43号議案 平成25年度神川町一般会計補正予算(第2号)を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第5 第44号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算(第1号)



○議長(小井戸英夫君) 日程第5、第44号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 神住 健君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑を打ち切ります。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第44号議案 平成25年度神川町介護保険特別会計補正予算(第1号)を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第6 報告第4号 平成24年度神川町一般会計継続費繰越計算書について



○議長(小井戸英夫君) 日程第6、報告第4号 平成24年度神川町一般会計継続費繰越計算書についてを議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 総合政策課長。

              〔総合政策課長 坂本 等君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

 質問ありますか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑を打ち切ります。

 本件は、報告事件でありますので、以上で終結いたします。

                    ◇               



△日程第7 報告第5号 平成24年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書について



○議長(小井戸英夫君) 日程第7、報告第5号 平成24年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 総合政策課長。

              〔総合政策課長 坂本 等君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑を打ち切ります。

 本件は、報告事件でありますので、以上で終結いたします。

                    ◇               



△日程第8 報告第6号 平成24年度神川町観光事業特別会計繰越明許費繰越計算書について



○議長(小井戸英夫君) 日程第8、報告第6号 平成24年度神川町観光事業特別会計繰越明許費繰越計算書についてを議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 経済観光課長。

              〔経済観光課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑を打ち切ります。

 本件は、報告事件でありますので、以上で終結いたします。

                    ◇               



△日程第9 第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例



△日程第10 第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例



△日程第11 第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについて



○議長(小井戸英夫君) 日程第9、第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例、日程第10、第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例及び日程第11、第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 町長から提案理由の説明を求めます。

 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、本日ご提出いたしました追加議案の提案理由についてご説明いたします。

 まず初めに、第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。

 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律に基づく国家公務員の給与削減措置を踏まえ、町長、副町長、教育長の給与の削減措置を講ずるため、本案を提出するものでございます。

 続きまして、第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例についてご説明いたします。

 国家公務員の給与の改定及び臨時特例に関する法律に基づく国家公務員の給与削減措置を踏まえ、神川町職員の給与の削減措置を講ずるため、本案を提出するものでございます。

 続きまして、第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについてご説明申し上げます。

 副町長の選任につき同意を求めることについてですが、4月から空席でありました副町長の人選について検討してまいりましたが、上里町大字神保原1407番地4に在住の島田邦弘氏を副町長として選任したいので、地方自治法第162条の規定により議会の同意を得たいので、本案を提出するものでございます。

 慎重審議の上、原案のとおりご議決いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 次に、担当課長から順次議案の詳細説明を求めます。

 第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例について、総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

 ありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

 8番田村勝君。

              〔8番 田村 勝君発言〕



◆8番(田村勝君) この削減の条例なのですけれども、神川町長、埼玉県の町村の中において2番目に高い給与を受給しているものにもかかわらず、この数字、本当に微々たる数字の減給では、近隣の町長と同じようにはならないのではないかと思います。

 今回は、この案について、町長みずから大幅な減給を行い、近隣の町長と歩調を合わせていただくか、以前、町長選に聞いたことがある20%減給を今回実行していただく時期ではないでしょうか。このような実行を行うべきであり、よってこの案件に対して反対するものであります。

 以上、議員の皆様ご理解をいただき、賛同をよろしくお願いを申し上げまして、反対討論とさせていただきます。



○議長(小井戸英夫君) 14番主山義雄君。

              〔14番 主山義雄君発言〕



◆14番(主山義雄君) 第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例に対する賛成討論を行います。

 本議案につきましては、東日本大震災や地域の防災、経済活性化などに対処するため、所要の改正を行うものであります。

 以上により、神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例に対する賛成討論といたします。

 何とぞ議員各位の賛成をお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。



○議長(小井戸英夫君) ほかに討論はありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) これをもって討論を終結いたします。

 これより第48号議案 神川町町長等の給与の特例に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小井戸英夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例について、担当課長から詳細説明を求めます。

 総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(小井戸英夫君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

 浅見好雄君。

              〔11番 浅見好雄君発言〕



◆11番(浅見好雄君) 今減額説明がありましたが、7月1日から3月31日まで、この職員の減額をするということになりますと、何十億円誤差が出るのですか。答えをお願いします。



○議長(小井戸英夫君) 総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君発言〕



◎総務課長(高橋重久君) この9カ月間に関しまして減額措置が行われるわけでございますが、職員全体の総額といたしましては、902万9,636円ということで試算申し上げているところでございます。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) 11番浅見好雄君。

              〔11番 浅見好雄君発言〕



◆11番(浅見好雄君) では、900万で、3月31日になると、4月1日からはもとの給料体制に戻るという考えでいいわけですね。



○議長(小井戸英夫君) 総務課長。

              〔総務課長 高橋重久君発言〕



◎総務課長(高橋重久君) これは、あくまでも臨時特例ということでございますので、この期間を過ぎますと現行のところの給料に戻るという考えでございます。

 以上でございます。



○議長(小井戸英夫君) ほかに質疑ありますか。

 2番山?正弘君。

              〔2番 山?正弘君発言〕



◆2番(山?正弘君) 説明をお聞きして、職員の給与が一時的にも下がるというそういった条例のようですけれども、これが端を発したのが、当然東北の大震災の関係だと思うのですけれども、国家公務員が昨年から2年間に限って7.8%の給与の減額を行ったと、それに準じて地方公務員もぜひやってほしいというようなことから始まった内容だと思うのですが、国のほうでは地方交付税という地方自治体にとって固有の財源を、その給与を減額するというようなことから削ったというような解釈でいるわけですけれども、そういったかなり前から地方の時代と言いながら、中央集権的なやり方をしているということで、非常に私個人としては不満に思っているところです。

 神川町においても職員が数年給与については減額で年収も減っていると、生活費ですから非常に厳しい状況に置かれていると、なおかつまた国に言われてこういった形で、パーセントから言えば国家公務員よりもかなり低い額ですけれども、そういった形で減額をせざるを得ないというのは、非常に職員のやる気をそいだり、そういったことにつながるのではないかと思います。その辺のことにつきまして、町長どのようにお考えかお聞きしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) お答えいたします。

 この件につきましては、上田知事をはじめ、また全国の知事会、そして全国の市町村会についてもいろいろ議論されてきたわけでございまして、今回の措置につきましては、東北の復興ということがございますので、国全体で我慢のときかなというふうに感じております。



○議長(小井戸英夫君) 2番山?正弘君。

              〔2番 山?正弘君発言〕



◆2番(山?正弘君) 神川町独自ででも予算から復興支援という形で3県に予備費を使って送ったり、当然職員あるいは町民の方々も募金もしております。そういった中で、なおかつまたこの給料が減るということについての職員のやる気、あるいは今後のモチベーションというか、非常に給料が減るということ自体がやる気をなくすことになるのではないかというふうなことについてどうお考えかをお聞きしたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 確かに今いただいている報酬、給料が減額されるということは、心理的におきましてもかなりダメージは大きいかと思いますけれども、これも国難という中でのいたし方ない措置かなというふうに思います。

 まして神川町につきましては、交付税に頼る割合がよその市町から比べましても多いわけでございまして、やはり県の実施、また国の実施の中で、それに対してやらないという措置はできないかというふうに判断したわけでございまして、その中で最小限の措置ということで、今回はこういった低い数字ではございますけれども、実施させていただいたということでございます。この件につきましては、職員の皆様も理解していただけるのではないかというふうに感じております。



○議長(小井戸英夫君) ほかに質疑はありますか。

 ありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) それでは、質疑なしと認めます。

 質疑を打ち切ります。

 討論を許します。

 8番田村勝君。

              〔8番 田村 勝君発言〕



◆8番(田村勝君) この案件は、本町も県と同様に削減策を取り入れ、短期間とはいえ町職員の士気を下げかねないことになるのではないでしょうか。隣町と同様に歩調を合わせて行えばよいというものではないと思うところです。このことにおいても、本町独自の色が出てこないのは、職員としてみれば減給となることは非常に厳しい状況になるのではないでしょうか。町長の生活が苦しいとはわけが違うと思います。

 よって、本案件について反対するものであります。議員各位のご理解をいただき、賛同をよろしくお願いいたします。



○議長(小井戸英夫君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。

 14番主山義雄君。

              〔14番 主山義雄君発言〕



◆14番(主山義雄君) 第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例に対する賛成討論を行います。

 本議案につきましては、東日本大震災や地域の防災、経済活性化などに対処するため、所要の改正を行うものであります。

 以上により、神川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の賛成討論といたします。

 何とぞ議員各位の承認をお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。



○議長(小井戸英夫君) ほかに討論はありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) これをもって討論を終結いたします。

 これより第49号議案 神川町職員の給与に関する条例の臨時特例に関する条例を採決いたします。

 本案を原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小井戸英夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 会議の途中ですが、暫時休憩します。

   午前10時14分休憩

                                    

   午前10時25分再開



○議長(小井戸英夫君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(小井戸英夫君) 第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

 詳細説明は省略し、直ちに質疑を許します。

 質疑ありますか。

 2番山?正弘君。

              〔2番 山?正弘君発言〕



◆2番(山?正弘君) 詳細説明というか、もうちょっと詳しく聞きたいところがありまして、質問させていただきます。

 この件につきましては、前の副町長の伊藤副町長が3月をもって退職されたということから後任にということだと思いますが、この方を選任するに当たり、その経過というか、まず伊藤副町長がやめてからすぐに県のほうにお願いをして人選を図っていただいたのか、それとも町内で人材を探したのかどうか、その辺についてちょっと説明をいただきたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) では、お答えいたします。

 副町長人事につきましては、前副町長が辞表を出したいという旨いただいたときに、一応県のほうには報告をさせていただいた経緯がございます。その中で今後どうするかということにつきましては、前副町長がいつまでというまだ期限がはっきりしておりませんでしたので、それまでの話ということでございました。最終的に3月いっぱいというお話をいただきまして、その中で私のほうとしましては、町内でいろいろ人選といいますか、私なりに適任者を探したわけでございますけれども、私なりに出した答えが見当たらなかったというのが結論でございます。

 その中で、県のほうにご相談申し上げましたところ、何とかなるかもしれないというお返事いただきましたので、その返事を待っていたわけでございますけれども、5月末にお返事をいただいた中で、議会のほうへご報告させていただいたというのが経緯でございます。



○議長(小井戸英夫君) 2番山?正弘君。

              〔2番 山?正弘君発言〕



◆2番(山?正弘君) 神川町でも人材がいないわけではないと思います。町長の意向にあったとか適任と思われる方がいなかったということかもしれませんけれども、できれば町内の方にやっていただくほうが私たちも顔が見えますし、この方は県の要職についておられる方でしょうけれども、実際にどういう方かも全然承知しておりませんので、ここで最後には賛否を問うのでしょうけれども、保留にしたいような気持ちでございます。

 全員協議会のときにちょっとお聞きしたのですけれども、この方の任期というのはいつまでなのですかという質問をしたところ、1年9カ月だと、再来年の3月までということでお答えいただいているところですけれども、この辺については、来年、神川町長選があると思いますけれども、そのときに例えば現町長恐らく出馬されるのだと思いますけれども、もし町長がかわったりしたときに、この副町長についてはどんな形になるのでしょうか。例えば県の職員ですから、2年間は神川町へということでお願いして、現在6月だから1年9カ月というそういった流れなのでしょうけれども、その辺の任期的なものというのはどうなるのでしょうか、確認をさせていただきたいと思います。



○議長(小井戸英夫君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 1年9カ月につきましては、一応その任期でお願いするということでございます。これからの動向につきましてはわかりませんけれども、いずれにしましても町の業務というのは引き続いていくわけでございます。仮に私が再選する、しないにかかわらず、業務というのは続行しているわけでございますので、私の思いとすればそのまま続行ということでございます。



○議長(小井戸英夫君) ほかに質疑ある方おりますか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑を打ち切ります。

 討論を許します。

 8番田村勝君。

              〔8番 田村 勝君発言〕



◆8番(田村勝君) 退職された副町長においては、長く町職員を務められ、定年となり副町長として我々議会は満場一致で選任を行ったところでありますが、任期中途になって退職され残念に思うところであります。町長の思いつき施策による板挟みになっていたのではないでしょうか。

 今回は、空席の副町長を県職員の登用との案件でありますが、県職員が神川町の現状、財政等々がわかっていないのではないでしょうか。先日、協議会においての町長の答弁は、県職員を副町長に迎え、神川町の筋道をつくってもらうために迎えるということでの答弁がありました。神川町の道筋をつくるのは町長あなたではないのですか。神川町のかじ取りをするのは町長あなたではないのですか。県職員を副町長に迎え、道筋をつけてもらう場合ではないでしょう。県職員が副町長に採用されれば、町民の血税が2年間高額な給与として支給されるわけであります。

 また、約半年後になれば町長選が行われるところであり、この中途半ばのこの時期に県職員の副町長を置くことには私は反対するものであります。

 議員各位のご理解いただき、ご賛同をよろしくお願い申し上げ、反対討論といたします。



○議長(小井戸英夫君) 次に、原案に賛成の方の発言を許します。

 14番主山義雄君。

              〔14番 主山義雄君発言〕



◆14番(主山義雄君) 第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについて、賛成討論を行います。

 本議案の島田邦弘氏は適任者であり、議会として同意するものであります。

 何とぞ議員各位の賛成をお願い申し上げまして、賛成討論を終わります。



○議長(小井戸英夫君) ほかに討論ありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) これをもって討論を終結いたします。

 これより第50号議案 副町長の選任につき同意を求めることについてを採決いたします。

 本案を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

              〔賛成者起立〕



○議長(小井戸英夫君) 起立多数であります。

 よって、本案は原案のとおり同意されました。

                    ◇               



△日程第12 請願第1号 排水路の整備について



△日程第13 請願第2号 排水路の騒音消去対策整備について



△日程第14 陳情第1号 下阿久原地内町道の舗装について



△日程第15 陳情第2号 熊野堂地内町道の舗装について



△日程第16 陳情第3号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について



△日程第17 陳情第4号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について



△日程第18 陳情第5号 中新里地内の側溝整備について



○議長(小井戸英夫君) 日程第12、請願第1号 排水路の整備について、日程第13、請願第2号 排水路の騒音消去対策整備について、日程第14、陳情第1号 下阿久原地内町道の舗装について、日程第15、陳情第2号 熊野堂地内町道の舗装について、日程第16、陳情第3号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について、日程第17、陳情第4号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について、日程第18、陳情第5号 中新里地内の側溝整備について、以上7件を一括審議といたします。

 本件につきましては、請願及び陳情審査結果報告書が提出されております。

 また、審査の経過及び結果の概要について、所管の総務経済常任委員長、主山義雄君から報告を求めます。

 主山義雄君。

              〔総務経済常任委員長 主山義雄君発言〕



◆総務経済常任委員長(主山義雄君) 議長の許可をいただきましたので、総務経済常任委員会における審査の経過及び結果の概要についてご報告申し上げます。

 本委員会に付託された請願は2件、陳情は5件の7件について報告いたします。

 審査及び現地調査は、6月7日、執行部から担当の建設課長ほか関係職員の出席を求め、紹介議員、請願者、陳情者の立ち会いのもと、慎重に審査いたしました。

 請願第1号 排水路の整備については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、請願箇所は排水路がない中で宅地造成され、宅内の排水や雨水を個人の承諾を得て、民地に排水パイプを通し1カ所に集め、ポンプアップにより南側道路の側溝に排水しており、新たに側溝を整備し、東側道路に接続する必要があるとの意見でありました。討論では、反対はなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 次に、請願第2号 排水路の騒音消去対策整備については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、特に町道3523号線の排水路が道路の中央付近に設置されているため、車が走行するたびに場所によりコンクリートのふたが動き音がするため、近隣住民が迷惑をこうむっているとのことで、現状のふたを取り外し、クッション材を入れる必要があるとの意見でありました。

 質疑では、予算等の関係もあるので、特にひどいところから修繕をするべきではないかとの発言がありました。討論では反対はなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 次に、陳情関係ですが、陳情第1号 下阿久原地内町道の舗装については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、本件は下阿久原地区と住居野地区を結ぶ道路で、数カ所に損傷がひどい箇所があり、舗装の修繕が必要であるとの意見がありました。

 質疑では、優先順位をつけた上で、特にひどいところを修繕すべきではないかとの意見がありました。討論では反対はなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 陳情第2号 熊野堂地内町道の舗装については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、陳情箇所は延長55メートル、平均幅員3メートルの未舗装道路でありますが、緊急性や財政状況等考慮しながら検討していきたいとの意見がありました。討論では反対はなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 陳情第3号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、本陳情箇所は延長130メートル、平均幅員4.5メートルの未舗装道路でありますが、緊急性や財政状況等を考慮しながら検討していきたいとの意見がありました。

 質疑では、隣地の同意が必要ではないかとの発言がありました。討論では反対はなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 陳情第4号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、延長110メートル、平均幅員3メートルの道路の側溝及び舗装整備の陳情ですが、幅員が狭いため、本年は一部用地を買収する計画となっており、段階的に整備していきたいとの意見がありました。討論では反対ははなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 陳情第5号 中新里地内の側溝整備については、執行部から考え方及び今後の事業の見通し等について、陳情箇所の道路は甲ふたなしのU字側溝で、布設後年数が経過し、劣化している部分が多く確認でき、このため既設のU字側溝を撤去し、新たに側溝の設置が必要であるとの意見がありました。討論では反対はなく、趣旨妥当として採択すべきものと決した次第であります。

 以上7件につき報告を終わります。



○議長(小井戸英夫君) 委員長に対する質疑を許します。

 ありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 質疑なしと認めます。

 続いて、討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 請願第1号 排水路の整備について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本請願は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

 お諮りいたします。

 請願第2号 排水路の騒音消去対策整備について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本請願は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

 お諮りいたします。

 陳情第1号 下阿久原地内町道の舗装について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本陳情は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

 お諮りいたします。

 陳情第2号 熊野堂地内町道の舗装について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本陳情は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

 お諮りいたします。

 陳情第3号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本陳情は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

 お諮りいたします。

 陳情第4号 熊野堂地内町道の排水溝と舗装について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本陳情は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

 お諮りいたします。

 陳情第5号 中新里地内の側溝整備について、総務経済常任委員会の決定のとおり採択することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、本陳情は総務経済常任委員会の決定のとおり採択されました。

                    ◇               



△日程第19 閉会中の継続調査



○議長(小井戸英夫君) 日程第19、閉会中の継続調査の件を議題といたします。

 議会運営委員長から、議会の閉会中の調査として、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について継続調査としたいとの申し出がありました。申し出のとおり、継続調査とすることにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(小井戸英夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、次期議会の会期日程等の議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項は、継続調査と決定いたしました。

                    ◇               



△閉会



○議長(小井戸英夫君) 以上で本日の会議を閉じます。

 これをもって、平成25年第4回神川町議会定例会を閉会いたします。ご苦労さまでした。

   午前10時44分閉会