議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成25年  1月 臨時会(第1回) 01月23日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成25年  1月 臨時会(第1回) − 01月23日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成25年  1月 臨時会(第1回)





     平成25年第1回神川町議会臨時会会議録     

             平成25年1月23日(水曜日)
                                    
議事日程 第1号
   平成25年1月23日(水曜日)午前10時開議
日程第 1 会議録署名議員の指名                        
日程第 2 会期の決定                             
日程第 3 諸報告                               
日程第 4 第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)      
日程第 5 第2号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計補正予算(第4号)  
日程第 6 第3号議案 物品購入契約の締結について               
日程第 7 議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例        
日程第 8 議案第2号 神川町議会会議規則の一部を改正する規則         
日程第 9 議案第3号 神川町議会政務活動費の交付に関する条例         
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ

出席議員(13人)
       1番  赤 羽 奈保子 君       2番  山 ? 正 弘 君
       3番  大 川 喜和子 君       4番  渡 辺 浩 一 君
       5番  廣 川   学 君       6番  落 合 周 一 君
       7番  小井戸 英 夫 君       8番  田 村   勝 君
       9番  山 田 義 雄 君      10番  町 田   久 君
      11番  浅 見 好 雄 君      13番  岸     優 君
      14番  主 山 義 雄 君
欠席議員(1人)
      12番  岩 ? 一 義 君
                                    
説明のため出席した者
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  伊 藤 政 雄 君
  教  育  長  高 澤 利 藏 君  監 査 委 員  川 野 幹 夫 君
  総 務 課 長  飯 島 貴久雄 君  総 合 政策課長  島 田 克 彦 君
  経 済 環境課長  木 村   豊 君  会 計 管 理 者  飯 島 正 文 君
  学 務 課 長  山 口 幸 雄 君
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  石 井 基 完    次     長  春 山 孝 子





△開会・開議

   午前10時45分開会・開議



○議長(主山義雄君) 皆さん、ご苦労さまです。

 岩?一義君から欠席の通告がありました。

 ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより平成25年第1回神川町議会臨時会を開会いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(主山義雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本臨時会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により議長において13番岸優君、1番赤羽奈保子君、2番山?正弘君を指名いたします。

                    ◇               



△日程第2 会期の決定



○議長(主山義雄君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は、本日1日限りと決定いたしました。

                    ◇               



△日程第3 諸報告



○議長(主山義雄君) 日程第3、諸報告を行います。

 本臨時会に別冊配付のとおり、第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)外2件が提出されております。

 また、小井戸英夫君外4名の議員から、議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例外2件が地方自治法第112条及び神川町議会会議規則第14条の規定により提出されております。

 なお、本臨時会に議案説明のため、町長ほか関係者の出席を求めました。

 次に、児玉郡市広域市町村圏組合議会議員、山田義雄君から報告事項があります。

 9番山田義雄君。

              〔9番 山田義雄君発言〕



◆9番(山田義雄君) 議長の許可をいただきましたので、平成24年第4回児玉郡市広域市町村圏組合議会定例会のご報告を申し上げます。

 本定例会は、平成24年12月27日に開会され、6件の議案が提案されました。第15号議案 児玉郡市広域市町村圏組合が設置する一般廃棄物処理施設に置く技術管理者の資格に関する条例につきましては、廃棄物の処理及び清掃に関する法律の一部改正に伴い、組合が設置する一般廃棄物処理施設に置く技術管理者の資格の基準を定める必要があるため、本条例を制定するものであります。

 第16号議案 指定管理者の指定については、斎場の管理及び運営に関し、地方自治法第244条の2第6項の規定により、株式会社サニタリーセンターを指定管理者として指定するため提案されました。

 第17号議案 児玉郡市広域市町村圏組合公平委員の選任につき同意を求めることについてにつきましては、現在就任されております本庄市の阪上八郎氏が、平成24年12月31日に任期満了となるため、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、その後任者として、本庄市の鬼沢親仁男氏を選任するため、同意を求めるものであります。

 第18号議案 児玉郡市広域市町村圏組合公平委員の選任につき同意を求めることについてにつきましては、現在就任されております美里町の根本英博氏が、平成24年12月31日に任期満了となるため、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、再度根本英博氏を選任するため、同意を求めるものであります。

 第19号議案 児玉郡市広域市町村圏組合公平委員の選任につき同意を求めることについてにつきましては、現在就任されております神川町の加藤雅頌氏が、平成24年12月31日に任期満了となるため、地方公務員法第9条の2第2項の規定により、その後任者として、上里町の千葉貞男氏を選任するため、同意を求めるものであります。

 第20号議案 平成24年度児玉郡市広域市町村圏組合一般会計補正予算(第3号)につきましては、歳入歳出それぞれ3,003万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ46億2,758万3,000円とするものであります。主なものとしましては、寿楽園の解体工事費の増額に伴う追加であります。

 以上、6議案につきましては、討論はなく、全て原案どおり可決された次第であります。

 以上で報告を終わります。



○議長(主山義雄君) 以上で諸報告を終わります。

 続いて、町長より招集の挨拶と議案に対する提案理由の説明を求めます。

 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、議長のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶申し上げます。

 本日は、緊急案件につきご審議をいただきたく臨時議会を招集いたしましたところ、議員の皆様におかれましてはご健勝にてご出席を賜り、心より感謝申し上げます。

 本日の提出案件は、第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)から第3号議案 物品購入契約の締結についてまでの3件でございます。

 慎重なるご審議をお願い申し上げまして、臨時議会招集の挨拶とさせていただきます。

 それでは、本日の臨時議会に提案申し上げました議案等の提案理由についてご説明させていただきます。

 まず初めに、第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)ですが、平成24年度神川町一般会計の補正予算は、3,556万円を増額し、補正後の歳入歳出予算総額は51億7,630万5,000円となります。今回の補正予算の歳出は、給食センター備品修繕費として159万6,000円の増額及び冬桜の宿神泉の浄化槽布設がえ工事費等により、観光事業特別会計への繰出金3,396万4,000円の増額をお願いするものでございます。一方、歳入においては、歳出の不足分に充てるため、前年度繰越金3,556万円の増額をお願いするものでございます。

 続きまして、第2号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計補正予算(第4号)ですが、観光事業特別会計の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ3,609万7,000円を追加し、補正後の予算総額をそれぞれ1億2,290万1,000円とするものです。今回の補正予算の主な歳出は、冬桜の宿神泉の浄化槽布設がえに伴う工事請負費設計管理委託料等を増額するものです。一方、歳入においては、一般会計からの繰入金及び前年度繰越金等を充てる内容となっております。なお、第2条では、浄化槽布設がえ工事が翌年度に及ぶため、繰越明許費を設定させていただくものでございます。

 続きまして、第3号議案 物品購入契約の締結についてですが、神川町学校給食センターの食器及び食缶洗浄機を購入したいので、神川町議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条により、この案を提出するものでございます。

 以上が本日臨時議会にご提案いたしました議案等の提案理由でございます。

 なお、各議案等の詳細説明につきましては、担当課長より説明させますので、慎重ご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集の挨拶並びに提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    ◇               



△日程第4 第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)



○議長(主山義雄君) 日程第4、第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)を議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 総合政策課長。

              〔総合政策課長 島田克彦君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 次に、経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 学務課長。

              〔学務課長 山口幸雄君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第1号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第7号)を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第5 第2号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計補正予算(第4号)



○議長(主山義雄君) 日程第5、第2号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) 前回浄化槽が水漏れがしたという説明のときに、3月11日の大震災によって被害が出たのだろうという、そういうことだったのですけれども、そのときに基礎が沈下しているかもしれないという、そういう報告があって、これについては調べるということだったのですけれども、それを調べてありますか。これは、全体でざっと計算しても86トンの水が入るし、それともう一つは、上にやっぱり覆土したりコンクリートをすると、かなりの100トンぐらいの重みがかかるし、これはこれだけの浄化槽になりますと、基礎はもちろんのこと、ダブル筋が入って、きちっとしていないと、こういう基礎が沈下するという部分が出てきます。仮に地震で被害を受けたとしても、これは基礎がしっかりしていれば、これぐらいのものでは基礎そのものがゆがむということはないわけで、全体がずれるという部分はありますけれども、これは多分、わかりませんけれども、設置したときに基礎の部分がしっかりしていなかったのではないかと私は思うのですけれども、この部分については、沈下した、それを調べるということだったのですけれども、どういう結果になったのか。

 そして、今度改めてこれは布設するのですけれども、きちっと基礎にはそれなりのコンクリートを打たれるし、ダブルの鉄筋が当然入るはず、ダブルで入れなかったらこれはだめなのですけれども、シングルではもたないし。それで、支柱がこれには、これだけのものになると入りますし、その上へふたが入るわけで、コンクリートも入りますから、支柱がしっかりしていないと、その重み等もありますので、今回のゆがんだところは、これはやっぱり支柱がしっかりしたりしていれば、こういうゆがみは出てこないはずなのですけれども、やっぱりその辺の原因をしっかり究明して、二度とこういうことが起こらないように、今度の施工の場合には、きちっと基礎のコンクリート部分をしっかり監督をしていただいて、二度とこういうものが起こらないように。これは、正確にはまだ10年たっていないし、9年ぐらいだろうと思うし、こういう傷み方をするはずがないのです。地震でもし傷んだとすれば、パイプの部分が、全体がゆがむからパイプの部分がゆがんできて水漏れがするのは、これは当然なのですけれども、このタンクそのものがこういうゆがみ方をするはずがないのです。これは工事がきちっとできていなかった証拠ではないかと思うのですけれども、その辺の原因はどうなっているのか、お聞かせ願いたい。



○議長(主山義雄君) 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君発言〕



◎経済環境課長(木村豊君) まず、全員協議会で説明した後に、先ほど岸議員から指摘されたようなことで、早速、当時冬桜の宿を設置する前に地盤調査がしてある資料を探しまして、確認等をしました。その段階では、浄化槽の設置した場所の地盤の調査がされているわけではなくて、宿舎のほうのところの、たまたま地盤の調査がされている資料はございまして、その段階では特に盛り土がしてあるとか、そういうことではなかったので、必要を、どうしてもということで感じてはおらなかったのですけれども、いろいろ全員協議会のときにも議員の皆様から心配されているように、原因が不明な中で、また同じことがあってはならないということも踏まえて、基礎の下にくいを打つ予算の要求もこの中に含めさせていただきました。さらには、非常に建物との距離も近いということがありまして、そちらからの圧力にも耐えられるように、そこへどういう工法になるかわからないですけれども、矢板の工法に、どういう工法かはちょっと不明確なのですけれども、そういうふうな方法を取り入れて設置、安全には安全を期しながら設置をしていきたいというふうなことで考えています。

 さらには、前回の原因の一つであろうと思われる製品の厚さ、これにも十分注意を払って、物の確認をしていったり、承認をしていきたいというふうなことで考えています。さらには、道路あるいは宿に来るお客様からの工事箇所が非常近いということも含めて、その安全対策等を行いながら、安全を期していきたいと思っています。

 以上です。



○議長(主山義雄君) 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) ぜひしっかりした工事してもらいたい。ただ、前回説明のときに、基礎が沈下しているかもしれないという、担当が説明したのです。これについては調べるということだったのですけれども、この沈下、基礎がどういう沈下の仕方をしたのか、それはわかっているのですか。調べると言ったのですけれども、調べてありますか。



○議長(主山義雄君) 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君発言〕



◎経済環境課長(木村豊君) 経済環境課、私及び主幹のほうで説明させてもらった中では、そういう説明をした記憶はございません。実際原因を調査すると、全て掘削してしないとはっきりした原因がわからない中で、想定できる原因を幾つか業者の知見等も参考にしながら述べさせていただいたので、その原因を調査することによる経費も相当の額に上るということを含めると、あとは前回の修繕のときに浄化槽が揺れていたという原因を調べたときに、あるいはそういうことも想定できるというふうなことで、はっきりとした原因を究明するには、全て掘削して中を全部くみ取りしまして調査しないと、はっきりとした原因がわからない中での判断でございますので、原因を調査するという説明はしていなかったと思っております。もしそういうふうに感じ取られたとすれば、説明不足だったと思います。

 以上です。



○議長(主山義雄君) 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) では、それは調査していないということですね。ぜひ二度とこういうことが起こらないように、しっかりした工事をしていただきたい。特に支柱をきちっと入れないと、これだけの重みのものだから支柱が入るのです。これのところがしっかりしていないと、支柱そのものが沈んでしまう。支柱の基礎がしっかりしていなければ。立てただけではだめなのです。だから、基礎と、基礎の部分に支柱を乗せるのですけれども、そこのところがしっかりしていないと支柱が下がってしまうから、こういう結果になるのです。それを今度の工事のときにはしっかり監督して、絶対こういう、二度とこんな、10年もたたないうちにまたこういうことになってしまうということになると、また町の持ち出しになりますので、ぜひお願いをしたいと思います。



○議長(主山義雄君) 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君発言〕



◎経済環境課長(木村豊君) ただいまのご指摘の支柱等につきましても、設計に生かしながら、十分に耐えられるようなものをつくっていきたいと思っています。よろしくお願いします。



○議長(主山義雄君) ほかにありませんか。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 質疑を打ち切ります。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第2号議案 平成24年度神川町観光事業特別会計補正予算(第4号)を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第6 第3号議案 物品購入契約の締結について



○議長(主山義雄君) 日程第6、第3号議案 物品購入契約の締結についてを議題といたします。

 担当課長から詳細説明を求めます。

 総合政策課長。

              〔総合政策課長 島田克彦君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 第3号議案 物品購入契約の締結について原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第7 議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例



○議長(主山義雄君) 日程第7、議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例を議題といたします。

 提出者、小井戸英夫君から提案理由の説明を求めます。

 小井戸英夫君。

              〔7番 小井戸英夫君発言〕



◆7番(小井戸英夫君) 議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例についての提案理由。

 議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例について、提案理由の説明を申し上げます。

 この改正案については、地方自治法が一部改正されたことに伴い、本案を提出するものであります。改正の概要について申し上げますと、委員会に関する規定を簡素化し、委員の選任方法、在任期間等について法律で定めていた事項を条例に委任することとなりました。

 お手元に配付しました神川町議会委員会条例の新旧対照表をごらんいただきたいと思います。第3条における常任委員の任期、第5条における特別委員会委員の在任期間、第7条では委員の選任等について改正するものであります。

 なお、この改正条例の施行期日は、地方自治法の一部を改正する法律、附則第1条ただし書きに規定する政令で定める日またはこの条例の公布の日のいずれか遅い日から施行するものであります。

 以上が改正の概要であります。何とぞ慎重ご審議の上、ご賛成いただきますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(主山義雄君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第1号 神川町議会委員会条例の一部を改正する条例を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第8 議案第2号 神川町議会会議規則の一部を改正する規則



○議長(主山義雄君) 日程第8、議案第2号 神川町議会会議規則の一部を改正する規則を議題といたします。

 提出者、小井戸英夫君から提案理由の説明を求めます。

 小井戸英夫君。

              〔7番 小井戸英夫君発言〕



◆7番(小井戸英夫君) 議案第2号 神川町議会会議規則の一部を改正する規則についての提案理由を申し上げます。

 この改正案については、地方自治法が一部改正されたことに伴い、本案を提出するものであります。

 今回の改正概要は、お手元に配付しました神川町議会会議規則の新旧対照表をごらんいただきたいと思います。地方自治法の改正に伴う条項ずれにより、神川町議会会議規則における第17条第1項及び第73条第2項中の引用部分のみが改正されるものです。

 何とぞ慎重ご審議の上、ご賛成いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(主山義雄君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第2号 神川町議会会議規則の一部を改正する規則を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△日程第9 議案第3号 神川町議会政務活動費の交付に関する条例



○議長(主山義雄君) 日程第9、議案第3号 神川町議会政務活動費の交付に関する条例を議題といたします。

 提出者、小井戸英夫君から提案理由の説明を求めます。

 小井戸英夫君。

              〔7番 小井戸英夫君発言〕



◆7番(小井戸英夫君) 議案第3号 神川町議会政務活動費の交付に関する条例について、提案理由の説明を申し上げます。

 本条例につきましては、地方自治法が一部改正されたことに伴い、現在ある神川町議会政務調査費の交付に関する条例を廃止し、新たに神川町議会政務活動費の交付に関する条例として制定するものであります。

 概要ですが、今回の地方自治法改正で「政務調査費」の名称が「政務活動費」に、そして交付の目的が「調査研究」から「調査研究その他の活動」と改正され、またこの政務活動費に充てることができる経費の範囲を、現在の規則での規定を条例で定めることとし、議長は政務活動費について、その使途の透明性の確保に努めることとなりました。

 これに伴いまして、従来の神川町議会政務調査費の交付に関する条例から大きく変わった部分は、政務活動費に充てることができる経費の範囲が条例に規定され、お手元の条例の別表を見ていただきますと、この中で「要請陳情等活動費」、「会議費」、「事務所費」が追加されました。そのほかの交付手続等につきましては、大きな変更はなく、議長は政務活動費について、その使途の透明性に努めることとされました。

 この条例の施行期日は、地方自治法の一部を改正する法律、附則第1条ただし書きに規定する政令で定める日またはこの条例の公布の日のいずれか遅い日から施行します。

 また、経過措置として、この条例の施行前に廃止前の神川町議会政務調査費の交付に関する条例の規定により交付された政務調査費については、従来どおりの取り扱いとなります。

 以上が改正の概要であります。何とぞ慎重ご審議の上、ご賛成いただきますようお願い申し上げまして、提案理由の説明にかえさせていただきます。



○議長(主山義雄君) 説明が終わりましたので、質疑を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 質疑なしと認めます。

 討論を許します。

              〔「なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) 討論なしと認めます。

 お諮りいたします。

 議案第3号 神川町議会政務活動費の交付に関する条例を原案のとおり可決することにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

                    ◇               



△閉会



○議長(主山義雄君) 以上で本日の会議を閉じます。

 これをもって平成25年第1回神川町議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。

   午前11時30分閉会