議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成24年  6月 定例会(第3回) 06月06日−議案説明、一般質問−01号




平成24年  6月 定例会(第3回) − 06月06日−議案説明、一般質問−01号







平成24年  6月 定例会(第3回)





   平成24年第3回神川町議会定例会会議録第1号    

             平成24年6月6日(水曜日)
                                    
議事日程 第1号
   平成24年6月6日(水曜日)午前9時開議
日程第 1 会議録署名議員の指名                        
日程第 2 会期の決定                             
日程第 3 諸報告                               
日程第 4 議会運営委員選任について                      
日程第 5 第39号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第1号)     
日程第 6 第40号議案 神川町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関
             する条例の一部を改正する条例             
日程第 7 第41号議案 児玉郡市及び深谷市における公の施設の相互利用に関する協
             議について                      
日程第 8 報告第 4号 平成23年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書について
日程第 9 一般質問                              
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ

出席議員(13人)
       1番  赤 羽 奈保子 君       2番  山 ? 正 弘 君
       3番  大 川 喜和子 君       4番  渡 辺 浩 一 君
       5番  廣 川   学 君       6番  落 合 周 一 君
       7番  小井戸 英 夫 君       8番  田 村   勝 君
       9番  山 田 義 雄 君      10番  町 田   久 君
      11番  浅 見 好 雄 君      13番  岸     優 君
      14番  主 山 義 雄 君
欠席議員(1人)
      12番  岩 ? 一 義 君
                                    
説明のため出席した者
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  伊 藤 政 雄 君
  教  育  長  高 澤 利 藏 君  総 務 課 長  飯 島 貴久雄 君
地 域 安全室長  根 岸 孝 芳 君  総 合 政策課長  島 田 克 彦 君
  税 務 課 長  新 井 美 範 君  町 民 福祉課長  青 木 由 一 君
  保 険 健康課長  高 橋 重 久 君  診 療 所事務長  根 岸   寛 君
  経 済 環境課長  木 村   豊 君  建 設 課 長  飯 島 直 樹 君
  会 計 管 理 者  飯 島 正 文 君  学 務 課 長  山 口 幸 雄 君

  生 涯 学習課長  市 川   寛 君  水 道 課 長  長谷川   隆 君
兼 公 民 館 長

  神泉総合支所長  柴 崎 紀 夫 君
  兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  石 井 基 完    次     長  春 山 孝 子







△開会・開議

   午前9時15分開会・開議



○議長(主山義雄君) 皆さん、おはようございます。

 岩?一義君から欠席の通告がありました。

 ただいまの出席議員は13名であります。定足数に達しておりますので、これより平成24年第3回神川町議会定例会を開会いたします。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(主山義雄君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 本定例会の会議録署名議員は、会議規則第120条の規定により、議長において10番町田久君、11番浅見好雄君、13番岸優君を指名いたします。

                    ◇               



△日程第2 会期の決定



○議長(主山義雄君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本定例会の会期は、本日から6月14日までの9日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は、本日から6月14日までの9日間と決定いたしました。

                    ◇               



△日程第3 諸報告



○議長(主山義雄君) 日程第3、諸報告を行います。

 今定例会に町長より別冊配付のとおり、第39号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第1号)外3件が提出されております。また、本日までに受理いたしました請願、陳情は4件であります。お手元に配付の請願・陳情文書表のとおり、会議規則第92条第1項及び第95条の規定により、所管の常任委員会に付託いたしましたので、報告いたします。

 なお、本定例会に議案説明のため、町長ほか関係者の出席を求めました。

 次に、5月1日付で10番町田久君から総務経済常任委員長並びに議会運営委員を辞任したいとの願い出がありました。よって、議会運営委員につきましては、5月1日付で、委員会条例第12条第2項の規定により、議長において議会運営委員の辞任を許可しましたので、報告いたします。

 また、総務経済常任委員長の辞任願につきましては、委員会条例第12条第1項の規定により、委員会の許可となりますので、本日、総務経済常任委員会を開催し、辞任が許可されました。これに伴い、副委員長の落合周一君が委員長に、副委員長に渡辺浩一君が互選されましたので、報告いたします。

 以上で諸報告を終わります。

                    ◇               



△日程第4 議会運営委員選任について



○議長(主山義雄君) 日程第4、議会運営委員選任についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 町田久君が5月1日付で議会運営委員を辞任したことに伴い、委員会条例第7条第1項の規定により、議会運営委員に落合周一君を指名したいと思います。これにご異議ございませんか。

              〔「異議なし」の声あり〕



○議長(主山義雄君) ご異議なしと認め、議会運営委員に落合周一君を指名することに決定いたしました。

                    ◇               



△日程第5 第39号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第1号)    



△日程第6 第40号議案 神川町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例



△日程第7 第41号議案 児玉郡市及び深谷市における公の施設の相互利用に関する協議について



△日程第8 報告第 4号 平成23年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書について



○議長(主山義雄君) 続いて、日程第5、第39号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第1号)から日程第8、報告第4号まで4件を一括議題といたします。

 詳細説明、質疑、討論、採決については、後日行いたいと思います。

 次に、町長より招集のあいさつと議案に対する提案理由の説明を求めます。

 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 皆さん、おはようございます。議長のお許しをいただきましたので、ごあいさつ申し上げます。

 本日ここに、平成24年6月定例議会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましてはご多用の折にもかかわらずご健勝にてご参会を賜り、深く感謝申し上げます。

 さて、平成24年度に入って2カ月余りが経過いたしました。今、国政におきましては、消費税の引き上げを柱とする一体改革法案が審議されているところでございます。神川町におきましては、各種団体等の総会がほぼ一段落し、本年度の事務事業が本格的に展開されているところでございます。

 今月3日には、土砂災害全国統一訓練が実施されました。当町では、金鑚地区で大雨による土砂災害が発生したことを想定して、当地区の住民を対象として避難訓練を行ったところです。今後もこうした訓練を通して情報伝達の確認、住民の防災意識の高揚等、警戒避難体制の強化を図り、万が一のときにも対応できる体制と安全なまちづくりを着実に進めてまいりたいと決意しているところでございます。議員各位におかれましても、特段のご理解とご協力をお願いしたいと思います。

 さて、本定例会には、第39号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第1号)を初めとして3件の議案と1件の報告案件をご審議いただく予定でございます。慎重ご審議の上、ご議決を賜りますようお願い申し上げまして、招集のあいさつにかえさせていただきます。

 それでは、ご提案申し上げました議案につきまして提案理由を説明します。まず初めに、第39号議案 平成24年度神川町一般会計補正予算(第1号)について説明申し上げます。今回の補正予算の総額は、2,492万5,000円の増額で、補正後の歳入歳出総額をそれぞれ46億9,262万5,000円とするものでございます。

 歳出の主なものは、丹荘小学校と神川幼稚園の遊具改修工事費として1,700万円、小学校下校ボランティアの方々の損害保険加入料84万8,000円、大字渡瀬地内町道7220号線に関しての災害復旧現場の用地買収費として100万円等の増額をお願いするものでございます。

 一方、歳入におきましては、国庫支出金15万7,000円、県支出金105万円、丹荘小学校と神川幼稚園の遊具改修工事費を教育施設整備基金から繰り入れ及び歳出に対する不足額671万1,000円を財政調整基金から繰り入れするものでございます。

 続きまして、第40号議案 神川町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例でございますが、神川町集会所条例を廃止したことに伴い、神川町特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例別表第1から「集会所運営委員会」の項を削りたいので、本案を提出するものでございます。

 続きまして、第41号議案 児玉郡市及び深谷市における公の施設の相互利用に関する協議についての提案理由を申し上げます。児玉郡市及び深谷市における公の施設の相互利用に関する協定書を変更したいので、地方自治法244条の3第3項の規定により議会の議決をいただきたいので、本案を提出するものでございます。

 続きまして、報告第4号 平成23年度神川町一般会計繰越明許費繰越計算書についてでございますが、平成23年度第6号補正予算において議決いただきました消防防災通信基盤整備補助対象事業の繰越明許費に係る歳出予算経費について繰越計算書を調製しましたので、地方自治法施行令第146号第2項の規定により報告するものでございます。

 以上、本定例会にご提案いたしました議案等の提案理由でございます。

 なお、各議案等の詳細につきましては、担当課長より説明させますので、慎重ご審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

                    ◇               



△日程第9 一般質問



○議長(主山義雄君) 日程第9、町政に対する一般質問を行います。

 最初に、3番大川喜和子君の質問を許します。

 大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従いまして質問をさせていただきます。

 町長のマニフェストの中に、安心の高齢者支援ということで、コミュニティ循環バス等を運行することを掲げておられます。神川町の高齢化率は毎年ふえ続けています。平成24年4月1日現在では22.47%になっています。その中には運転免許証を返納する方もいらっしゃると思います。高齢者夫婦、ひとり暮らしのお年寄り、また障害者の生活の足として、交通手段が必要になってきます。その方々が他人に頼らず、自分で役場や公共施設、買い物等ができれば、より生き生き生活できるのではないでしょうか。神川町近隣の本庄市、美里町、上里町では、10年以上前から無料で町内循環バスが運行されています。バス停も細かく、区間によっては乗りおり自由のところもあります。また、車いすも利用できる自治体もあります。ちょうど昨日の新聞に買い物弱者のことが報道されておりました。農林水産省では、その対策の必要性を訴えています。マニフェストに掲げているコミュニティ循環バス運行について、その進捗状況をお伺いします。

 また、いつごろ運行開始を予定されておられますか、お伺いしたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、大川議員の質問に答えさせていただきます。

 循環バスにつきましては、高齢者や障害者など、交通弱者と言われる方々の移動手段として、町として整備する方法をこれまでも検討してまいりました。埼玉県、群馬県内の自治体で実施している循環バスやデマンドバス等を視察し、研究しましたが、利用者数に比べ費用がかかることや、高齢者や障害者などバス停まで自分で行けない人たちのための対策、また神川町の場合には藤岡市等に需要のある方が多く、町外への移送規制等が問題となっております。町でも先進的な市町村の情報を収集し、運行の効率と乗客の利便性を考慮した効果的な移動方法を検討しておりますが、神川町に見合った有効な方法を見出すことが容易ではなく、どういった方法で高齢者等の移動手段を確保するか、現在も模索している状況でございます。

 美里町や上里町においては現在、循環バスを運行しておりますが、高額の費用と利用率の低迷により、現状の見直しを行っているところでございます。町としましても、両町の状況等も考慮しながら、定住自立圏構想推進協議会の公共交通作業部会による新たな運行方法の検討や、デマンド方式によるバスやタクシーの運行について、さらに検討を進めてまいりたいと考えているところでございます。

 以上で第1回目の答弁とさせていただきます。



○議長(主山義雄君) 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) それでは、具体的に検討されたということはあると思いますけれども、また具体的にどういうことを検討されたか、ちょっとお伺いします。

 それと、話の進まない原因というのは、もう一度きちんとお話をお願いしたいと思います。

 それから、先ほどの質問の中で、いつごろをめどに運行されるかということを質問したのですが、そのことには全然触れられていらっしゃらなかったので、そのことももう一度お伺いしたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 具体的にということでございますけれども、これはやはりやりたいといってもなかなか、頭の中で思うのと実際とは違いますので、先ほど申しましたように、やっているところを見に行ったとか、そういった感じで、どういった方法が神川に一番合うかということでございます。ただ、今現在、これは前にもほかの方の質問でも申し上げたと思うのですけれども、神川町につきましては、簡単に言えば、南北に路線バスが運行しております。それと、旧神泉村地区におきましては、2路線において、今現在町のバスが運行されているわけでございます。そういったところも調整もございまして、それと県をまたぐ、いろんな諸条件がございます。これが町で単独に、勝手に運行路線を決めて運行するというわけにも法律上いきませんので、なかなか調整が難しいところがございます。路線バスとの兼ね合いもございます。

 現在考えているのが、神泉地区につきましては、今のバスを2回りぐらい小さくしまして、今発注しておるところですけれども、正味14人ですか……

              〔「12人」の声あり〕



◎町長(清水雅之君) 済みません。運転手さんを除きまして12人の乗車できる小さいバスを今現在発注しておりまして、前に私が言ったように、できればなるべく近くまで行けるということで今計画しておるところでございます。

 それと、今回大川議員のほうから請願が出ておりますけれども、そちらの辺も……あとは県道の工事もちょっと絡まっておりまして、これがなかなか終わらないということで、この工事が終わり次第、集落の最上部まで運行したいなという考えを持っております。

 それともう一つは、現在住居野路線と矢納路線と分かれているわけですけれども、これにつきましても、一本の路線で結んで、できれば便数をふやしていければなというふうに感じておりますけれども、ただ現実に利用者がどのくらいいるかということも非常に問題がありまして、その辺を、普通の運行にするか、デマンドバスにするかということで今現在検討中でございます。



○議長(主山義雄君) いつごろまでに検討するかということ。



◎町長(清水雅之君) 今言ったように、県道の工事がまだ終わらないものですから、なかなかそれが通せないのですけれども、それと住居野につきましては集落の中を大型ダンプが頻繁に通行していますので、その辺の危険性もありますので、県土に行きまして、なるべく早い開通をお願いしてはおりますけれども、ただ今回小さいバスを入れますので、なるべく早く運行したいなというふうには思っております。



○議長(主山義雄君) 3番大川喜和子君。

              〔3番 大川喜和子君発言〕



◆3番(大川喜和子君) ただいまのお話ですと、神泉地区のバスのお話だったのですが、その話を今質問しているのではなくて、神川町の町内の循環バスのことをお伺いしているのです。それで、いろいろ問題点はあるとは思いますけれども、でも問題点があるから、あるからといって、それをそのまま先延ばしにすることでなくて、少しでも早くしていただかないと、どんどん高齢の方たちが本当に、買い物弱者ではないですけれども、そういうふうになってしまうと思うのです。だから、その辺のところを、路線バスの路線はありますけれども、そこでなくて、もっと県道から横に入ったところをうまく回していくようにして、本当にバス停も細かくして、それで町民の方たちが、お年寄りが、障害のある方が本当に利用しやすいようにしていかなければ、これからどんどん、どんどんそういう方がふえると思うのです。だから、その点をよろしくお願いします。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) これにつきましては、先ほど私が言ったように、町単独で勝手にできるものではございませんので、公共交通会議というものがございまして、そこといろいろ相談してご理解を得ないとできないこともございますので、神川町内につきましては早急な検討をしてまいります。



○議長(主山義雄君) 以上で3番大川喜和子君の質問を終わります。

                                    



○議長(主山義雄君) 次に、5番廣川学君の質問を許します。

 廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。

 神川町の人口増加策についてですが、ある調査によりますと、児玉郡市では10年後には上里町だけが人口増加をしていると聞いております。そして、先日ある会合で、本庄市には新幹線本庄早稲田駅を中心とした開発、美里町は寄居サービスエリアのスマートインターチェンジに対応した開発、そして最強である上里町も上里サービスエリアのスマートインターチェンジによる開発がもう既に始まっております。もうお気づきだと思いますが、残念ながら、我が神川町には新幹線も関越自動車道も通っておりませんので、そのようなものの予定はございません。町長はよく「小さくても輝けるまち」とおっしゃっていますが、それは人口が少なくてもというか、人口が減っていってもという意味なのでしょうか、それとも単に小さな町という単位でということなのでしょうか、お聞かせください。

 人口増加策は、町としてもいろいろと考えているのだと思います。例えばお隣美里町では、皆さんご存じのとおり、ファーストマイホーム応援制度という美里町に定住する方に助成をして長く町に住んでいただこうというねらいを強く感じる制度がございます。神川町で現在行っている人口増加につながるであろう制度、政策にはどんなものがあるのか、教えてください。

 次に、毎年この6月定例会で質問しております結婚相談についてですが、昨年提案、お願いをして質問を終えたのですが、この1年でどのような成果が出ているのでしょうか。そして、どのような新しい取り組みをしたのか、お聞かせください。

 最後になりますが、未来の神川町についてですが、先ほど申したとおり、このままでは人口の増加は期待できません。それは神川町に限ったことではなく、日本じゅうがそうであり、けさのテレビなんかでも、毎年20万名の人口が減っているということだそうです。20万というと、市でいうと1つから5つ分ぐらいがなくなることになるそうです。そこで、これから神川町に人口をふやすためにということで予定している作戦などがもしあれば、ぜひ教えてください。

 郡市のほかの町が開発を、先ほど言ったように開発を行っていて、でも住むのは神川町というふうにもし思ってもらえれば、住民として来ていただけるということだと思います。そのために町は、お金を出せばよいということではないと思います。基本的に、個人の収入が県内でも下位のほうであると聞いております神川町に、そんな財政の余裕はないと思います。よって、例えば行政の接遇を上げるとか、そういうことで町の評価は変わるのではないでしょうか。一般的に、嫌な言い方ですが、公務員はとか、お役所仕事はなどのような言い方をされ、余りいい印象を持たれている場合が少ないように感じます。実際私廣川が議員になってからも、町民の方々から、役場でこんな対応をされたと耳を疑うような話も聞いたこともあります。もちろん民間がすべてよいなんて言うつもりは毛頭ありません。しかし、行政の対応等をよくし、そこで差別化を行い、神川町は違うと感じてもらえれば、神川町に住む理由にはなるのではないでしょうか。町長のお考えをぜひお聞かせください。

 つけ加えますが、私は議員になってからいろんな方とお会いする機会があるのですが、他の市町村の方に会ったときに、ほかの市町村に比べると神川町の職員の方の対応はすばらしいという話も聞いておりますので、みんながみんな悪いわけではないですし、神川町の職員の方は優秀であるというのは私も実感しております。ただ、一つ何かがあるとそれでマイナスになってしまうと思いますので、その辺を徹底させるとかと、そういう観点からも町長のお考えをぜひお聞かせください。

 以上で登壇による1回目の質問を終わりにします。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、廣川議員の質問に順次お答えをしていきたいと思います。

 初めに、神川町独自の人口増加策についての質問につきましてお答えをいたします。全国的な人口を見ますと、平成22年の国勢調査では1億2,805万人余り、平成17年の前回調査より約28万8,000人、わずか0.2%の増加となっております。人口が増加しているのは、東京、神奈川、千葉、埼玉、愛知の9都府県で、他の道府県はすべて減少しております。首都圏への人口集中がさらに進んでおるというふうに感じております。このうち埼玉県は約14万人、2%の増となっておりますが、児玉郡市で見ますと、875人、0.6%の減となっております。神川町の国勢調査人口は、平成12年の1万5,197名をピークに、平成17年は1万5,062人、平成22年は1万4,470人と減少しております。

 ご質問の人口増加策ですが、神川町でも勤労者住宅資金の貸し付けや町営中居住宅の中学生以下の子供がいる世帯への家賃割引、奨学金返済完納者に対する人材定住報奨金のほか、子ども医療費の無料化の拡大等を行ってきております。また、国の定住自立圏構想推進要綱に基づき、地方からの3大都市への人口流出を食いとめ、地方への人の流れを創出することを目指して、本庄市と郡内3町がそれぞれ協定を締結し、医療、福祉、産業振興、公共交通、人材育成等の取り組みを連携して進めることとしております。ほかにも人口増加に不可欠な工場誘致等による働く場の確保や住宅用地の確保等が考えられますが、神川町の大部分が農業振興地域に指定されており、国の食料自給率確保対策により、新たな工場、住宅の用地を確保するための農用地除外等が厳しい状況でございます。今後は具体的な方策について、県の協力をいただきながら、農業振興地域の見直し等も含め検討していきたいと考えております。

 次に、結婚相談についてのご質問でございますが、結婚相談につきましては、廣川議員さんから昨年同様のご質問があり、少子化対策の一環として力を入れて取り組みたい旨回答させていただきました。結婚相談希望者に写真、独身証明書などを添付して登録をしていただき、本庄市、上里町の社会福祉協議会と情報を交換し、お見合いを実施しているところでございます。現在神川町で登録されている方は男性11名、女性2名で、昨年は5名の登録をいただきました。本庄、上里を含めた3市町での登録者は、男性78名、女性17名となっており、昨年より男性で19名、女性で6名増加しております。相変わらず女性の登録が伸び悩んでいる状況でございます。

 次に、1年間の成果でございますが、神川町でお見合いまで発展したのは1件でございます。相談員の方には地域の中で登録を希望する方の掘り起こしをしていただき、登録者の増加につながりました。また、登録者募集チラシの毎戸配布や、町内企業にもチラシを配布し、周知するとともに、登録者には近隣の社会福祉協議会で行っている婚活イベントの案内を送付し、参加を呼びかけております。また、昨年は児玉地域の交流事業として、本庄、上里、神川の登録者を対象に、クリスマスパーティーを本庄グランドホテルで行いました。男性10名、女性10名で募集しましたが、女性の参加者が少なく、登録者以外の方も含めて、9対9人で実施をいたしました。その席で3組のカップルが誕生しましたが、中には神川の方が1名含まれております。そのうち1組がことしの10月にゴールインすることになりました。なお、本年度は、神川町登録者の男女各1名ずつ2組のお見合いが行われております。

 次に、今後の予定ですが、昨年行った児玉地域交流事業をさらに進めまして、夏はバーベキュー、冬はクリスマスパーティーといった形で、気軽に参加できるイベントを考えています。そのほか、町の広報や社協ホームページでのPRを行い、商工会のイベント等への働きかけや、地元企業などにもご協力をいただき、独身者の発掘、登録の呼びかけを行い、少子化対策につなげる活動をしていきたいと考えております。

 次に、未来の神川町についてのご質問にお答えいたします。先ほどもお話ししましたとおり、定住自立圏構想による事業推進を行うほか、働く場の確保等の人口増加策につきましては、今後も検討していきたいと考えております。また現在、町として誇れるものとしては、城峰山や神流川などの豊かな自然、歴史ある文化財、また風水害等の少ない土地柄、新幹線、高速道路等へのアクセスのよさなどが考えられます。こうした恵まれた環境を前面に出して、高齢者が安心して暮らせる、子育てがしやすい町として町内外にPRすることも大切であると思います。町内におりますと、なかなか町のよさは理解できないかもしれませんが、毎年神川を訪れていただける観光客の皆様などはそういったよさをわかっていただいているのだと思っております。そうした町のすばらしさもアピールしながら、工場誘致や住宅用地の確保など具体的な人口増加策を、議員の皆様、町民の皆様のご意見、ご提案をお聞きしながら進めてまいりたいと考えております。

 以上で答弁を終わります。



○議長(主山義雄君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 先ほどの質問に答えていただいていない部分がありますので、もう一度言わせていただきますが、「小さくても輝けるまち」の説明の部分がなかったので、その辺をよろしくお願いします。

 それと、今答弁いただいた子ども医療費等、町長が就任されてから行った事業もたくさんあるのですが、最近なかなかほかのところとの差別化が難しくなってきて、ほかのところもやってしまっているので、ぜひ違うところで差別化ということをやっぱり考えていかなければいけないのではないかなというふうに考えていますが、現在のその政策で神川町に定住する、それが魅力になっているというふうに町長はお考えなのでしょうか、お願いします。

 それから、結婚相談ですが、昨年この場所で、先ほども言いましたが、お願いをいたしました。担当課だけでは成果を出すのはかなり難しいのではないか、そこで他の課の力もかりてイベントなどを計画してはどうかということで、登録云々は置いておいて、イベントをしかけていただいてというのをみんなで考えていただけないかというふうにお願いしたのですけれども、そのお願いで、ぜひそれを町長に、その案を集めて、それを実現に向けてほしいなと思っておったのですが、各課からそのような申し出というか、案の、こんなのはどうでしょうというのはあったのでしょうか、お聞かせください。

 職員の中にも独身の方が多々いらっしゃるというふうに聞いております。ぜひ、そんなイベントをしかけるようでしたら、その方々にも参加していただいて、一回でも多くイベントを行ってほしいと思います。

 今、各地で「街コン」と言われるものが開催されております。近いところでは高崎市など、もちろん前橋市も行っているのですが、開催されております。これは婚活はもちろん、町の活性化にも一役買っているようで、残念ながら、我が神川町ではこれを同じように行うというのは若干難しいかなというふうに思います。だからこそ、いろんな人あるいは団体等の力や知恵をかりて、神川町独自のイベントで町の活気を、町の魅力を上げていただきたいというふうに考えております。

 そこで、先ほど町長は各種団体等にという話があったのですけれども、特に力を入れて働きかけている、町主役ではなくて、そちらのほうでぜひ何とか町を助けていただけないかなんていうふうにお願いしていたりする団体があるのでしょうか、お聞かせください。

 それから、未来の神川についてですが、最近耳にしたのですが、上里町の方が、上里では土地が高いので、安い神川町に家を建てるという話を数件耳にしました。とてもありがたい話だと思います。上里町はすぐ隣で距離も近いですから、神川に来るのはそんなに抵抗はないのかなというふうに思うのですが、ぜひ遠い場所からでもこんなふうに神川に来てもらう、神川を選択してもらう材料というのをふやしていかなければいけないのではないかなと、そうしないと未来の神川町というのはなくなってしまうのではないかというふうに非常に心配しております。この辺については町長、いかがお考えでしょうか。お願いします。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 失礼いたしました。私のキャッチフレーズとも言うべき「小さくても輝けるまちづくり」ということでございますけれども、これは、これからの日本というのは、各自治体におきましても、県、国に対してどっぷり依存するのではなくて、やはり自立していかなくてはいけない、自立する中にお互いの共助という中でそれぞれが生活していけるようにならなくてはならないというふうに感じております。そういった中でこういう言葉を掲げているわけでございます。

 それから、先ほど廣川議員さんの中でちょっとございました、神川町は地理的条件の整備されていないというところがありましたけれども、上里サービスエリアにつきましても、私も国のほうへ陳情に行きまして、力にはなったのかなというふうには自負しております。

 それからもう一つ、お耳に入っているかと思いますけれども、今現在の構想としまして、お隣の群馬県の藤岡市と協働いたしまして、神流川に新しい橋をかけるという構想を今計画中でございまして、これから図面を引くわけでございますけれども、そういった中で交通の便を図る中で、そういった人口増加策につながるのではないかというふうな感じで今動いているわけでございます。

 それから、「街コン」という言葉が出てきました。議員おっしゃるとおり、神川町の場合、よその事例を見てみますと、街コンするにはちょっと条件的に違うかなという面がございまして、この辺も考えないわけではございませんけれども、非常に難しいかなということでございます。各課提案というお話でございましたけれども、ちょっと今のところ私の耳には入ってきておりません。

 それから、先日もちょっと話の中で出てきたのですけれども、そういった婚活運動といいますか、見てみますと、やはり行政主導というとなると非常にかたくなってくるということで、民間主導という流れが大多数ではないかというふうに感じております。商工会議所とか商工会、そういったところが中心になっていただけると非常に和やかなムードの中でできると、やはり行政としてそういうところを前面に出ていきますと、どうしても内容的にかたくなってしまうということで、参加者が少なくなるのではないかというふうに感じております。

 それと、婚活で力を入れている団体とありますけれども、今現在は、行政とすれば、民生委員さんを中心にお願いしています。先日も町の配り物の中にもあったかと思うのですけれども、社会福祉協議会におきまして、登録ですね、どこに独身者がいる、だれが結婚を希望しているかという情報もなかなかつかみにくい点がございまして、こういったものも活用していただければ、町としましても動きやすいかなというふうに感じております。少ないパーセントですけれども、着実に成果は出ているのではないかというふうに感じております。

 それから、3番目の神川町の未来についてですけれども、土地が安い、確かに神川町、私も感じているのですけれども、上里、本庄、児玉から比べれば神川町は土地が安い、安いからこそ人を引っ張ってくるのには都合がいいのですけれども、これ言いわけになりますけれども、先ほども1回目の答弁でも言いましたように、非常に土地が自由にならないという歯がゆいところがございまして、先月も県の産業労働部長さんとお話ししまして、企業誘致したくても神川町は土地がないのだという話で何とかしてほしいと、片や農林部長さんのところへ行くとまた違うことを言わなくてはいけないので非常に難しい立場なのですけれども、いずれにしても、やはり雇用の場がないということで町外へ出てしまう方も多いわけでございます。工業誘致ですね、これは神川もないわけではありません。結構企業さんの打診もございます。ただ、その場所、企業さんの希望する面積が確保できないという非常に、先ほど言いましたように歯がゆい面もございまして、なかなか企業さんが来られないという面がございます。これからも、先日も北部振興地域センターの所長さんともお話ししまして、いずれにしても神川町も何かの手を打っていかなくてはならない、どちらを立てるかという面もありますけれども、企業誘致も積極的に土地利用していかなくてはならないということで、お力をかりながら、また県のほうへ働きかけるというふうな段取りになっておりますので、ご理解をお願いしたいと思います。



○議長(主山義雄君) 5番廣川学君。

              〔5番 廣川 学君発言〕



◆5番(廣川学君) 最初の第1回目で、これから予定している作戦などあればというのもあったのですが、2回目で言いそびれてしまいましたが、とにかく土地が自由にならないということがやっぱりネックになっているのかなというふうに感じておりますが、ぜひそこは何とか、そう言っていてなくなってしまっては何もならないと思いますので、ぜひ頑張っていただきたいなと。もちろん私も頑張れることは頑張りたいと思いますが。だから、その町の作戦を、あるようでしたらお聞かせいただきたいなというふうに思います。

 それから、婚活のやつで、今回毎戸配布でピンクの「結婚相談及び登録者募集」というのが入ったと思うのですが、だんだんデザインはよくなっていると思います。去年も登録者がふえて、1名とはいえふえているわけですから、結果が出ているということにはなると思うのですが、いかんせん、これを見て、よしというふうになりにくいのかなという感じはどうしても否めないなというふうに思います。

 そして、先ほど残念なお話がありまして、去年私がお願いをしたのですが、各課の課長、去年とたしかメンバーはかわっていないと思うのですが、町長のほうにはお話が行かなかったということは、これはとても悲しい話だなと。町長の指導力に問題があるというふうに言われても仕方がない部分もあるのかなと。ただ、去年お願いして、神川町がこのままではまずくないですかという話を私は本気でしたつもりだったのですが、私の本気が届かなかったのかなという反省もちょっと思っております。本当は言いたかったのだけれども、町長が受け入れてくれなかったという感じだとしたら、副町長もいらっしゃいますし、いろんな方もいらっしゃいますので、ぜひ皆さんでお力を合わせていきたいなというふうに思います。

 それと、未来の神川のことについてなのですが、小さくても輝ける、その輝くために力を蓄えて、これは未来を考えて、それをこんなふうにしていきたいのだというのがやっぱり提示されないと、なかなかみんなの力を合わせるというのも難しいのかなというふうに思います。だから、未来として神川町はこういうふうにしたいのです、なかなか言うといろいろ予算が動いたりなんだりということで言えなかったりするのかもしれませんが、言ってこういうふうにしたいのですというのでもあるだけでも、やっぱりみんなが考えていくのではないのかなというふうに思いますので、ぜひそういうのを示して、この間の国に補助してもらうという、通らなかったですけれども、あの法案のようなものも、ちゃんと未来、これをこういうふうに使うのですというのが出せれば法案通ったのではないかなという気もしますので、ぜひ輝く未来のために、漠然とお金必要ですと言われてもやっぱり皆さん賛成しにくいのかなと思いますので、その辺を含めて、私これで最後の質問になりますので、町長、ぜひしっかりとお答えいただきたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 申しわけございません、口足らずで。未来の神川町につきまして、はっきりとした方向性を示すいうことでございますけれども、これはちょっと漠然的、抽象的になりますけれども、総合振興、新町計画等に一応示されております。その中で、その時々に応じて私のほうも対応していかなくてはならないということでございますので、どうぞよろしくお願いしたいと思います。

 先ほどちょっと私も言い忘れたのですけれども、職員の対応の件ですね、これにつきましては、私が就任直後から毎朝あいさつということで、本庁舎におきましては各課の代表する職員が1名前に出てきて皆さんと一緒にあいさつをする、またそこで気づいたことを一言二言言うということで、2年ちょっと続いているわけでございますけれども、私はこういった成果が徐々に出ているのかなというふうに感じております。やはりしゃべらないよりしゃべるほうが人間としては少しずつなめらかになってくるのかなということで、それが住民対応にも少しずつ反映されているかなというふうに感じております。また、住民の皆さんからもそういったお褒めの言葉もいただいておるわけでございます。ただ、号令をかけて、今号令をかけたからあしたからなるという、なかなか意識改革というのは非常に難しいところがございまして、マンツーマンでしたら簡単かと思うのですけれども、150人前後の職員を相手にしていまして、隅々まで私の意が酌んでもらえないというような職員もまだまだ感じているところでございますので難しいかなということでございますけれども、気長に、長く続いてきた歴史がございますので、早急には変えられないかなというふうに私自身も感じておりますので、気長に今後も続けていきたいなと思います。そういった中で、ほかの面におきましても職員の意識改革は図っていくというふうな感じでございます。私も一生懸命やっているつもりなのですけれども、何回も言うようですけれども、私の意思がなかなか伝わっていかないというところがございますので、ご容赦願えればというふうに思います。

 人口につきましては、神川町の過去の統計を見てみましても、生まれる方、亡くなる方の差をずっと集計しましても、神川町とするとそんなには人口が極端には減にはなっていないというふうに感じております。大体平均にしまして、生まれる方が100名、亡くなられる方が150名前後ということになりますと、自然減が大体50名前後になりますか、そういった数字を見たときに、そんなに極端な減り方はしていないということは、逆に言えば新しい人が来ているのかなというふうな感じでございまして、新しい住宅等もいろいろ見受けるわけでございます。ただ、これも先ほど、何度も言うようですけれども、勝手に家は建てられないという非常に厳しい現状がございまして、私の土地でしたら私はどんどん開発に進んでいくのですけれども、何せ人の土地なものですから自由にならないということでございます。その辺もご理解をお願いしたいと思います。

 なお、人口の件で私も職員の一部の方には言ったことがあるのですけれども、職員におきましても、町外に居住している職員がかなりおります。この辺も、職員の意識を少し変えていただかないと、神川町の将来もないのかなというふうに感じておりますので、そういった面につきましてもおいおい、ちくりちくりとやっていきたいというふうに思っておりますので、ご理解をお願いします。



○議長(主山義雄君) 以上で5番廣川学君の質問を終わります。

                                    



○議長(主山義雄君) 次に、1番赤羽奈保子君の質問を許します。

 赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。

 1点目の災害支援金についてですが、昨年の東日本大震災から1年3カ月が過ぎようとしています。神川町でも、たくさんの支援物資や支援金を町民の皆様からお預かりしました。それは全部でどのくらいあったのでしょうか。その使い方はどのようにしたのか。まだお預かりしている支援金があるとのことですが、どのくらい残っているのか。今後どのように使っていくのか、お聞かせください。

 私も昨年の大震災以降、6月、11月、ことしの4月と被災地に行ってきました。復興はまだまだと感じています。4月には、コミュニティー支援のボランティアにも行ってきました。仮設住宅の集会所はとても立派なものがつくられていますが、在宅の方たちが使うための集会所はまだまだ修繕されておらず、トイレも使えない、水も出ない現状です。それでも地域のコミュニティー再生のために頑張っている方たちがたくさんいます。そんな被災者のために今使うべきだと考えますが、なぜ残額があるのか、町民の皆様がどう思うか、町長のお考えを伺いたいと思います。

 2点目の防災対策ですが、最近では地震や台風に限らず、突然のゲリラ豪雨もふえ、常日ごろから災害に備える必要性が高まっています。中でも災害弱者と言われる要援護者を適切に避難させることが大事だと考えます。災害時の要援護者に対して具体的にどういう対策をとっているのか、お聞かせください。

 また、寝たきりの方はピンク、ひとり暮らしの方は黄色、だれがだれを見守るかといったものを書き込んだ独自の支え合いマップが役に立ったところもあるそうです。神川町でも災害時支え合いマップの作成のお考えがあるのか、お聞かせください。

 次に、防災教育についてですが、神川町でも各小中学校の耐震診断などハード面については整備されてきていますが、子供たちの防災意識を高めていくことも必要だと考えます。岩手県の釜石市では、群馬大学の片田教授による独自の防災教育が功を奏し、市内の小中学生のほぼ全員が避難することができたことが「釜石の奇跡」として大きく取り上げられました。神川町の今後の防災教育について、町長のお考えをお聞かせください。

 以上で1回目の質問を終わりにします。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、赤羽議員の質問に順次お答えしていきたいと思います。

 最初に、災害支援金の総額についてのご質問にお答えいたします。災害支援金につきましては、昨年の3月に発生した未曾有の大震災で被害に遭われた方々に対して少しでもお役に立てていただくためにとご支援を、7団体及び個人2名の方から総額で125万9,286円のご支援をいただいておるところでございます。

 次に、支援金の使途状況についてでございますけれども、その使途につきましては、大震災の被害を受けた現地対策本部に問い合わせたところ、全国各地からの日常生活品の救援物資は充足しているとお伺いしておりました。そのような状況の中で、救援物資の日常生活用品と合わせて現地で調達が極めて困難と言われている肉などの生鮮食料品を17万1,982円分を購入し、福島県の新地町に支援させていただきました。さらに、被災市町村の復興支援として、福島県の新地町へ現金で20万円、いわき市、大熊町へそれぞれ10万円の計20万円、3月12日の地震災害の支援として長野県栄村へ現金で20万円の支援をさせていただいております。

 なお、残額につきましては、45万1,969円につきましては、被災市町村との調整を図りながら、被災地の一日も早い復興に役立ててまいりたいと思っております。

 それから、災害弱者への対応についてですが、近年の災害を見ますと、高齢者、重度障害者、乳幼児、妊婦等の災害対応能力の低い方が被害に遭われることが多くなってきております。そうした方々の災害発生時においての避難誘導の体制整備が課題となっており、町では自助及び地域の共助を基本として、避難場所及び避難経路の周知徹底と防災に関する情報の伝達や避難誘導など避難支援体制を整備し、安心して暮らせるまちづくりを目指しております。

 町では災害が起きたときに援護が必要な方に迅速な対応ができるように、災害時要援護者として登録していただき、支援を受けるために必要な個人情報を自治会や民生・児童委員、消防関係者等に提供することに同意していただく制度で、民生・児童委員や包括支援センターで登録を促進し、現在186名の方が登録されております。また、昨年度は、高齢者と地域のつながり再生事業県補助金を活用し、既存の要援護登録者や登録のされていない独居高齢者、高齢者のみの世帯、重度障害者、重度の介護認定者等、日ごろの見守りや災害時に支援が必要と思われる方を抽出し、住宅地図と一体的に管理できるシステムを作成いたしました。本年度はこのシステムを活用し、民生・児童委員の協力をいただきながら、要援護者登録の促進と避難支援個別計画を作成し、自治会や地域との連携により、要援護者に対し地域で支援していただける方を複数お願いし、地域支援体制の強化、充実を図っていきたいと考えております。

 続きまして、各小学校での防災教育についてでございますが、これにつきましては教育長より答弁をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 それでは、1回目の答弁を終わりにします。



○議長(主山義雄君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) それでは、答弁をさせていただきます。

 各小学校での防災教育についてのご質問について答弁申し上げます。教育委員会といたしましては、幼稚園、各小中学校において連携して取り組んでおります。平成23年3月11日の東日本大震災を受け、神川町内幼稚園、各小中学校では消防計画や学校防災マニュアルの見直しを図っております。その中で、震度5弱以上の地震発生時における対応につきましては、神川町教育委員会から出した対応マニュアルに沿いまして、各学校において防災訓練の改善に努めているところであります。例えば授業中に震度5弱以上の地震が発生した場合には、直ちに授業を中止し、児童生徒を校庭中央等の安全な場所に避難させます。また、登校前に震度5弱以上の地震が発生した場合には自宅待機となり、学校に被害がなく、通学路の安全確認ができた場合には、学校から保護者に連絡を取り、通学することになっております。

 また、各学校の安全教育主任が埼玉県教育委員会で実施している研修会等に参加し、その内容を安全教育主任が講師になり校内で行われております研修会等で情報伝達を行っております。これらの研修のもとに、町内の幼稚園、各小中学校では年間に2回から3回の防災訓練を実施しております。本年度より、埼玉県教育委員会の方針により、緊急地震速報を利用した避難訓練を実施することになりました。また、校内の安全点検を徹底強化し、全教職員の安全管理能力、危機管理能力の向上に努めております。また、小中学校では道徳の授業において、児童生徒に生きることの喜びや生命を大切にする心、人のために尽くした方々への尊敬や感謝の心、思いやりの心や社会へ貢献する心など、豊かな心をはぐくむことを目的とし作成されました東日本大震災を題材とした道徳教育指導資料集「彩の国の道徳「心の絆」」を活用し、指導を行っておるわけであります。以上のような形で、それぞれの幼稚園、各小中学校では実際の指導を行っております。

 以上でございます。



○議長(主山義雄君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) まず1点目の災害支援金の残金について、45万6,000円くらい残っているということなのですけれども、これはいつまで預かっておくというか、4月にも行かせていただいたときに、本当に地域で頑張っている方がたくさんいらっしゃって、集会所等が全然直っていない現状もあって、なかなか行政としては難しいのかもしれないのですけれども、例えば電気に使うお金であったりとか、水道を修繕するためのお金であったり、そういう支援がまだまだ足りないというお話も伺ってきています。今使うべきなのではないかなというふうに考えるのですけれども、どういうふうに使っていくのかというのをもう一回お聞かせいただきたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) この支援金につきましては、議員もご承知だと思いますけれども、災害直後に義援金という形で集めさせていただきました。このお金につきましては、日赤を通しまして被災地へ配布するということで集められたわけでございますけれども、なかなかそれが手元に渡らないということで、私のほうで独自に町民の方にお願いしましたところ、先ほど言いましたように125万を超える金額が集まったわけでございます。これにつきましては、当初の義援金がなかなか行かないということで、当初ご縁のありました新地町等に、物資に買い足すという形で使わせていただきました。なお、その後につきましては、ある程度義援金につきましても、少ないですけれども、配分されたということでございます。先ほど私のほうで言いましたように、その後、新地町の社会福祉協議会でボランティア対応にお金が足らないということでございましたので、その時点で20万円ほど現金を送りまして、現地で物資を調達してくださいということでお願いいたしました。

 また、いわき市、大熊町につきましては、民生・児童委員の方が現地視察ということでお伺いするということでございましたので、避難所に対するお見舞金のような形で10万円ずつお願いしまして届けていただいたわけでございます。

 栄村につきましては、皆さんなかなか記憶にはないかと思うのですけれども、3月12日に震度6強の地震に見舞われまして、村が活滅的な被害を受けたと。その後、かなり復旧しているということをお伺いしましたけれども、その後お伺いしましたところ、まだまだ復旧は大変であるという話を聞きましたので、ではということで、少ない金額ですということですけれども、一応20万円を送らせていただきました。

 なお、残額につきましては、今後、ことしの8月に、お盆明けなのですけれども、大船渡市の一地区に復興支援の形で神川豊穣太鼓の皆さんがお伺いするということでございますので、その辺も調整させていただきまして、この中から支援をさせていただければなというふうに今現在考えております。ただ、お金をばらまくというのは非常に簡単なのですけれども、せっかく皆さんからお預かりしました貴重な浄財でございますので、なるべくなら少しでも有効に、時間はかかるかもしれませんけれども、そういった形で今やっているわけでございますので、ご理解をお願いします。



○議長(主山義雄君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) では、有効に使っていただけたらと思いますので、よろしくお願いします。

 2点目の防災対策なのですけれども、先ほどの要援護者の登録は186人いらっしゃって、高齢者の住宅地図と抱き合わせてということだったのですけれども、その地図というのはやっぱり配布というのは難しいのでしょうか、個人情報等々あるので。例えばここの地区のものとか、例えば元原だったら元原地域の要援護者の地図というものの配布等々というのは難しいのでしょうか。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) これは非常に、私が日ごろ言っているのですけれども、個人情報という言葉が腹立たしいということを言っているのですけれども、これが非常に壁になりまして、なかなかそういったあれが前へ進めないという現状がございます。ただ、行政とすれば、そんなことは言っていられない、やはりいざという場合には、たとえ本人がいいと言っても助けなくてはならない責務がございますので、その点の中でいろいろ考えている中で、そういった補助金を受けながらシステムをつくったわけなのですけれども、これはやはり個人情報ということで、どこにでも出すというわけにいきません。それで、私が言っているのは、最低限でも消防署には出さないとまずいのではないのという形では話はしております。ただ、なかなか個人の了解を得るという、非常に難しい問題がございまして、勝手に情報は出せないということでございます。だから、あとは民生委員さん等にも出してもいいのではないのかという話はしているのですけれども、あとは仮に出したとすれば、その担当された方々の責任の問題が出てくるわけですので、私はその辺は信じていきたいと思って話はしているのですけれども、非常に高い壁がございます。ただ、せっかくつくったこういったことですので、私は積極的に、一刻も早く活用していきたいというふうには思っております。



○議長(主山義雄君) 1番赤羽奈保子君。

              〔1番 赤羽奈保子君発言〕



◆1番(赤羽奈保子君) 支え合いマップが本当に役に立って、震災後数時間で全員の安否確認がとれたという場所もあるそうなので、ぜひ活用ができるような形をつくっていただければというふうに思いますので、よろしくお願いします。

 もう一点、防災教育についてなのですけれども、先ほど教育長がおっしゃっていた防災マニュアルに関しては、私も小学校等のホームページで見させていただいて、しっかりしたものがつくられているなというふうに思っておりますが、子供たちの防災意識というか、例えば釜石の小学生に対しては、想定を信じるなということと、自分が率先避難者たれということと、自分に向き合えということを時間をかけて教えてきたそうなのです。そういう先ほど豊かな心というか、命を守る教育を道徳の授業でしてくださっているということだったのですけれども、自分たちが身を守る対策というのもしっかり教えていただいて、時間はかかると思うのですけれども、時間をかけて教えていっていただければというふうに思いますが、その点はいかがでしょうか。



○議長(主山義雄君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) お答えします。

 特に学校教育の中では、安心・安全な場所でなければならないということがございます。そういう中で、特に低学年の児童の場合には、担任の話をよく聞いて行動するということが大事だと思います。そして高学年になりましたら、ある程度自分の判断で行動もできるようになると思います。ただ、その前には必ず担任等の指事があるかと思いますので、人の話をよく聞くという、そういうことが非常に大事ではないかなというふうに思っています。このことにつきましては、防災教育のみならず、各全部の授業の中でそういった指導を入れてもらっております。

 以上でございます。



○議長(主山義雄君) 以上で1番赤羽奈保子君の質問を終わります。

                                    



○議長(主山義雄君) 一般質問の途中ですが、暫時休憩します。

   午前10時25分休憩

                                    

   午前10時40分再開



○議長(主山義雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(主山義雄君) 次に、13番岸優君の質問を許します。

 岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) 議長の許可をいただきましたので、質問の通告の順序に従いまして2点ほど質問をさせていただきます。

 まず最初に、町営水道整備と水道料金収納状況についてお伺いいたします。町営水道が設立され、44年が経過いたします。設置当時の配水管は石綿管であり、その後、布設がえにより約15キロメートルを実施いたしました。残り約18キロあると言われております。これを早期にかえる必要があります。東日本大震災後、余震が多発しております。インフラ整備の重要性が叫ばれ、特に水道は最重要事業として取り組まなければなりません。町営水道の石綿管については、耐久年数は過ぎ、老朽化しております。また、水圧の比較的高い丹荘地区に多く残っておることであります。万一の事故に備えて、早期に整備することであります。今までの約15キロの布設がえは、水道料金の値上げによって賄ってきました。これ以上の水道料金の値上げは許されません。県下の水道料金を見ても、神川町は超過料金が170円と2番目に高い水道料金であります。本来は社会資本整備であり、資本の増強であります。民間企業でいうと、返済する必要がない株式の発行による資本に当たるものであります。水道事業においても、施設の拡張や設備がえするときなどは、一般会計からの出資や増資をすれば済むことであります。残る石綿管の布設がえについては、町が出資をすることであります。このことについての町長の見解を承りたいと思います。

 次に、水道料金の滞納状況と生活困窮者への対応についてお伺いをいたします。現在は働く人の3人に1人が非正規雇用で、派遣や臨時雇用と言われております。その上、リストラなどで突然職を失い、生活困窮者がふえております。生活保護受給もできないボーダーラインの方は大変な生活を強いられております。水道料金滞納状況を見ても359件あり、水道停止したのが88件、現在はこれがないようでありますが、極めて深刻な状況であります。滞納世帯については調査をし、町民課と連携し、状況によっては生活保護などの申請をすることも必要であります。また、水道料金の減免措置をすることであります。水は生命の源であります。最近は各地で餓死する事件が発生をしております。町民の命と暮らしを守るためにも、町としてきめ細かな配慮をすることが必要であります。町長の見解を承りたいと思います。

 次に、広域ごみ焼却場の灰の処分についてお伺いをいたします。美里町の広木に平成10年に設置いたしました広域ごみ焼却灰処理場は、10年間の処分期間が終了いたしました。まだ延長して数年間は可能と言われております。しかし、昨年8月に汚水排水ポンプ場の電気の故障により汚水が逆流し、排水不能となり、付近の河川への流出や地下水汚染が心配され、それを防ぐために緊急に改修工事が行われております。1期、2期工事は、合わせますと1億3,639万5,000円であります。この費用は、広域圏組合各市町の負担であります。多額な工事費とともに、事故の管理責任が問われるものであります。事故は、電気のヒューズが切れていたのを放置していたとのことであります。これは管理体制が確立していれば防げた問題であります。また、地元住民には約束違反であり、二度と協力は得られません。こうした問題に対して、広域圏組合の副管理者としてどのような考えを持っておりますか、町長のお考えをお伺いをいたします。

 次に、処分場と今後の焼却灰処分について伺います。広域圏組合独自での焼却灰処分場については、今後は民間委託によりこれを持たないと言われておりますが、現在委託している処分費用は1トン当たり2万1,000円であります。年間焼却灰排出量は7,500トンとなります。処分費用は年間1億5,750万円であります。今後処分費用も値上がりされるものと思われます。それでも広域圏組合での処分場を持たないで委託を続けるつもりでおりますか、お伺いをいたします。

 また、今回委託をされた大きな原因は、この故障によるものと思われますが、それ以外のものでこの経費の計算もされておるのですか、お伺いをいたします。

 現在の広域ごみ焼却灰の主灰には、金属類や瓶などの不燃物が混入をしております。そのため灰の量が多く出ます。不燃物の除去するためには、分別収集を徹底することによることであります。焼却灰を、そのことによって減少させることができます。それは経費節減にもなります。町長の見解を承りたいと思います。

 以上で登壇での第1回の質問を終わります。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、岸議員さんの質問に順次お答えしていきたいと思います。

 初めに、耐震対策として石綿管の布設がえについてのご質問にお答えをいたします。神川町上水道事業では、平成12年度より補助率3分の1の国庫補助を受け、計画更新総延長15キロメートル、総事業費5億5,000万円の事業を推進し、石綿管の耐震化を進めてまいりました。

 石綿管の状況ですが、平成11年度末の石綿管総延長は33キロメートル、平成23年度末現在石綿管の延長は18キロメートルと、45%が整備済みの状況です。また昨年、八日市地区を400メートル、本年度430メートルの更新工事を予定しております。今後の耐震化事業としましては、事業費がおよそ6億6,000万円程度が見込まれております。

 今後におきましては、水道事業の独立採算を基本原則に、経営状況に影響を及ぼさない程度に耐震化事業を進め、安全に安定供給できるよう石綿管の更新を進めていきたいと考えております。

 次に、水道料金の滞納状況と生活困窮者への対応についてのご質問にお答えいたします。平成24年5月18日現在の水道料金未収金は、平成23年度分を含めて1,716万9,580円です。そのうち平成23年度分は782万4,020円で、人数は395人の状況でございます。また、昨年度の給水停止予告通知者数は359件、停水件数は86件で、現在の停水者はない状況でございます。

 次に、生活困窮者の対応ですが、給水条例施行規程に基づく漏水減免は行っておりますが、生活困窮者の減免につきましては行っていない状況でございます。

 次に、広域ごみ焼却場の灰処分について順次お答えいたします。初めに、美里町に設置したごみ焼却灰処分場の漏水問題についてお答えいたします。漏水につきましては、平成23年8月16日に実施した処分場の水質や機器類等の定期点検時におきまして、地下水の排水ポンプが停止している異常が確認され、水位の上昇が見られました。水質の調査をした結果、地下水と浸出水のまじり合った滞留水が確認されたところでございます。緊急の対応としまして、対策工事の手法が決定するまでの間は、たまった水をくみ上げ、小山川クリーンセンターで焼却処分をしてきましたが、その後、工事方法を決定し、12月に工事に着手した結果、灰の処分槽から浸出水をとめる工事を本年4月に完了しました。現在は、一日も早い地下水の水質改善が図れるよう処分場の滞留水を一時貯留槽へくみ上げるなどの浄化作業を実施しており、地下水の水質改善が確実に図られたことが確認できた後に従来の常時排水を再開するとのことでございます。

 また、今後の焼却灰の処分についての質問でございますが、小山川クリーンセンターで発生する焼却灰は、可燃物を燃やして出る主灰、集じん装置等で捕集された飛灰、この2種類があります。これらの焼却灰の処分につきましては、平成23年度以降につきましては、すべて民間の処分場等に委託しており、主灰につきましては、3分の2を寄居町にある彩の国資源循環工場内の施設において人工砂の原料として、また3分の1は県内にあるセメント会社においてセメントの原料として資源化され、活用されております。また、飛灰につきましては、セメント等で処理を行い、固化、県外の最終処分場で埋め立て処分を行っております。

 以上で第1回目の答弁とさせていただきます。



○議長(主山義雄君) 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) 私が聞いているのは、町営水道の設備をするときに町は、これは受益者負担ということで、利用者からの水道料金によって全部賄っているのが実態であります。過去の実態を見ますと、町が支出したのは今までで1億6,000万余しか出していないのです。だから、本来はこれは、今ほとんど全員が加入しておりますので、福祉施策として、当然これは町の事業としても、町はそれなりの支出をすべき、出資金として出すべき性格のものでございます。先ほども申し上げましたけれども、平成10年に大幅な神川町値上げをいたしまして、それによって布設がえ等も実施をしてきたのですけれども、この料金は、町長も当時議員だったのでご承知のとおり、170円ですよね。これは県下で、先ほども申し上げましたけれども、皆野・長瀞の企業団に続いて高いものでございます。その下はずっと安くなります、3位以下については。非常に突出をした神川町の水道料金の高さでございます。ですから今後、今の町の水道会計を見ますと、2億9,000万円の現金預金等もありますけれども、これではとても、残った石綿管の布設がえ、この状況からいくと、当分完成しないというのが実態でございます。ことし440メートルするということでございます。残り6億6,000万円と言われました。これは3分の1が国庫補助ということになりますと、4億4,000万円が町の負担、受益者負担ということになります。少なくもその半分は町の出資金で私は実施すべきものと考えております。当初からの水道の会計を見ますと、そういう実態でございますので、ぜひその辺を町長のお考えをお聞かせ願いたいと思います。

 それから、水道料金の滞納でございますけれども、現在1,700万余ありますけれども、これは減ってこないと。そして、先ほども申し上げました非常に生活が厳しい状況にあります。生活保護を受けている方については保護費の中から、これは水道料金も含まれておりますので、そういうものが徴収をされますけれども、突発の事故や、あるいはリストラなどで全く無収入になったり、今そうでなくとも臨時や派遣などで働いている人は、本当に10万そこそこ、あるいは15万ぐらいの方はざらにおります。働いても、とても生活できる状況ではないわけであります。そういう人たちが突然解雇されますと、全くこれは途方に暮れているのが実態でございます。町内にもそうした方々、私も相談も受けております、見受けられます。そうした方々が水道料金の滞納になりますし、水道課もその徴収には非常に苦慮されておりまして、滞納された方については何回も通知を出して、そして最後はレッドカードを出すわけですけれども、昨年は停水も行ったけれども、現在はされていないと。停水をするということは、生命の源である水を切るということで、これは本来やってはならないものでございます。そういう状況に陥った場合には、先ほども申し上げました福祉担当ともよく相談をして生活保護などの手続をとるような、やっぱりそういう町で指導もしていくことが必要ではないかと思いますけれども、これらについてもう一度町長お考えをお願いをいたします。町では減免は行っていないと簡単にされましたけれども、非常に今深刻な状況でございますので、町の対応をお願いをしたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) それでは、お答えいたします。

 石綿管の布設がえにつきまして町が出資ということでございますけれども、これもちょっと言いわけじみたことになりますけれども、町としましてもさほどそう大金を持っているわけでもございません。今後、6億を超える金額ですので、受益者負担の中で水道企業が運営されているわけですので、その範囲内で私はやっていくつもりでございます。

 また、生活困窮者への対応について岸議員のほうからいろいろ申されたわけですけれども、であるならば生活困窮者の線引きをどこでするか。水道検針の方につきましても、本人と会話をしてくるわけではございません。水道メーターを見てくるだけです。本当に生活困窮者であれば、私は生活保護の申請もされてもいいのではないかと思いますし、そういったことを今後とも水道課と福祉と連絡取り合いながら適切な対応がとれればなというふうに感じております。



○議長(主山義雄君) 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) 水道の石綿管の布設がえについては、では町長、今年度は440メートルということなのですけれども、18キロあと残っております。これをこのテンポでやると何年後になりますか。そんなことを言ったら石綿管が、老朽化もさることながら、使い物にならない状態になりますよ。これは早急にする必要があると思いますし、町にはそんなに金はない、全体としてはないでしょうけれども、基金として町に13億がありまして、それの中で、この前もお聞きしましたら、すぐ何にでも使えるというのが約7億あるということを言われております。そういうものを有効に活用して、やっぱり早期にこれを実現すること、これは必要であります。

 町長はあるところでは、町には金はあるよという、そういう話もして、そのくらいの仕事はできるよということも言われたということも耳に入ってきております。所によってはそういうことも平気で言うということ、これは許されない問題であります。それで我々が聞くと、金はないということになりますけれども、これの水道事業については、私はむやみにこれを町から出せと言っているのではないのですよ。資本金として、当初からの金額が非常に少ない、ほとんどが受益者負担でこれをやってきたという、そういう観点からするならば、町が公営として、それで福祉事業として、社会資本として、これを増資をするということは当然ではないですか。ここのところをきちっと考えていただいて、それによって石綿管を早期に改修していただきたいと思います。このテンポでいくならば、非常に危険な状況に陥ることは明らかであります。

 それともう一つは、水道料金の滞納の問題でございますけれども、これは非常に深刻な問題で、どこで線を引くかというのは、これは皆さん方が判断をして、私が見ても非常に生活が大変な方がいます。例えば生活保護を申請する場合に、なまじ財産、資産があると、これは受けられないのですよ。例えば住宅があるとか、あるいは少しぐらいの畑がある。それを売るわけにはいかないですよ。買い手もいないでしょう。例えば不動産を売ったら、もう住むところもなくなってしまうでしょう。そういう状況で、それを買い手がいればいいですけれども、そういうことにはなりません、この不況のときですから。やっぱりそういう中で非常に困っている方がいらっしゃるし、担当の方も回っていって、この方は大変だという、そういうのをあるということを認めております。ですから、そうした方々に対する町として福祉の手を差し伸べるという、そういう観点から減免をできる、もし減免ができなければ生活保護あるいは準保護という、そういう形でその手だてをすること、それは水道だけでなくて、その人の生活を一時的に助けてやると、そういうことにつながるものでございますので、ぜひその手だてをとっていただきたいと思います。町長と担当課のお考えをお聞かせ願いたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 石綿管の布設がえにつきましては、水道課でも多少のお金がありますので、これにつきましては私のほうで担当課にはできる範囲内で早く進めるようにという指示は出してございます。ただ、岸議員の言われるように、残りを早急にと言われましても、かなりの金額にも、距離もありますので、なかなか難しい面がございますので、ご理解願いたいと思います。

 また、先ほど私が言いましたように、生活困窮者の線引きという話をしましたけれども、この生活保護につきましては、町民課長のほうからちょっとその辺の水準についてもう一回、議員の皆様にもご承知願えればと思います。

 また、数字的なものにつきまして、水道課長のほうからちょっと細かい点は説明していただきたいと思います。

 それと、私のほうでも一つお願いがあるのですけれども、確かに私、町民の前へ行きますと、お金があるという言葉も発したこともあります。ただそれは、大きい金額でなくて、町民の方がよく私の顔を見ると、町長こういうことをやってくださいよといった場合、先日もふれあいセンターで調理用のコンロといいますか、それがだめになってきていると、そういうものを何とかしていただけませんかという話がございました。ところが、担当に話をしたら、お金がないからだめだという返事で断られたと、そういうレベルの問題でしたら、お金があるからその辺はやってあげるよということは言いますけれども、やはり億の単位になってきますと、そんな簡単にお金があるからどうこうというあれはできませんので、言葉一つで非常に誤解を招くおそれがありますので、どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(主山義雄君) 町民福祉課長。

              〔町民福祉課長 青木由一君発言〕



◎町民福祉課長(青木由一君) 保護制度の内容を説明しろということなのですけれども、基本的には生活保護制度は、生活に困窮する方に対して、その困窮の程度に応じて必要な保護を行い、健康で文化的な最低限度の生活を保護するということを目的としております。

 それと、岸議員さんから出た資産関係の活用につきましては、基本とすると預貯金だとか、土地家屋等を売却して生活費に充てるという基本がありますけれども、先ほどおっしゃいましたように、すぐに処分したり売却して生活費に充てるということは困難な状況にあると思います。そこで、状況を確認させていただいた中での判断、これは福祉事務所の専門職が判断してくれるわけですけれども、状況を把握して対応していきたいと考えております。

 それと、状況確認につきましては、水道課と連携を図りながら対応のほうをさせていただきたいと考えております。

 以上です。



○議長(主山義雄君) 水道課長。

              〔水道課長 長谷川 隆君発言〕



◎水道課長(長谷川隆君) 神川町の水道の事業としましては、先ほどもあれですけれども、44年石綿管のほうがたってきて早急に必要なわけですけれども、水道課としましても、企業債の借り入れ等まだ9億という数字で残ってございます。現金で、先ほどもありましたように、本年度の形では二、三億程度残るといいますか、現金では、ある状況ではございますが、今後配管の老朽化だけではなく施設的な面とかいろんな面で工事のほうでかかっていくという状況もございまして、すべてを配管のほうで使うという形にはならないという状況でございます。

 また、生活困窮者の料金の減免という形ですけれども、一つには減免する場合には、減免の方法といいますか、基本料金を減免するのか、全体の額を減免するのかという問題もあろうと思います。ただ、水道課のほうとしましては、独立採算という形になっておりますので、減免した分がどういう形で、ほかのところに影響があるかという形になりますと、全体の水道料金のほうで賄うという状況になってしまうと思います。特に一般会計からその分を補てんしていただけるというのであれば、ほかに影響はないとは思いますけれども、そういった状況にある形です。

 以上です。



○議長(主山義雄君) 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) ぜひ検討していただきたいと思います。

 では次に、2番目に広域ごみ焼却場の灰の処分についてお伺いをいたします。町長のほうから言われましたけれども、今回の事故によって生じた修理費1億3,639万5,000円、これの負担についてはどのように考えておりますか。

 それと、今回事故が起きたのは昨年8月だそうですけれども、この管理体制、これを明確にしていただきたいと思います。管理がきちんとしていれば、落雷か何かでヒューズが飛んだのではないかと言われているのですけれども、それをそのまま放置してきたという、それによってポンプが動かなくなってしまって、それで汚染水がくみ上げられなくて逆流したという、そういうことで、そのために地下水にもそれが浸透したり、あるいは河川にもこれが流れ出すのではないかという、その調査、またそれを防ぐための措置ということでこれだけの膨大な費用がかかるわけでございますので、その責任を副管理者であります町長に明確に、今どうなっているのか、お聞かせ願いたい。それで、今後の対策としてはどうするのか。

 それともう一つは、このごみ処分を、去年の8月事故が起こったので、急遽全量民間委託という形になったのですけれども、今後は広域圏では処理場を持たないという、そういうことを言われているのですけれども、実際それでいいのかどうか。

 それともう一つは、美里で処分場をあそこへ広域圏でつくった金額は、これは総額でいいますと6億117万7,500円ですよね、進入路だとかいろいろな諸工事を含めて、そういう費用なのですけれども、例えば単純計算でしますと、今の灰の処分を民間に委託してやりますと、1億5,000万円はかかるわけでしょう。1億5,600万という費用が年間にかかるわけです。これを単純にやりますと、10年間だと17億円近くもかかってしまう。その間に灰が、処分料が、民間が値上げをしてくると、もっと高くなる可能性があります。単純計算でしますと、処分場をつくったときのは6億ですから、10年間で10億浮くという計算になりますよ、計算上は。広域が今後民間に委託をして処分場をつくらないという、その根拠は一体何なのか。それで、こういう計算をして、それでもなおかつ民間に委託をすると。それで、この負担は広域で出すのだから構わないという、そういう感覚ですか。その辺のところを明確にしていただきたいと思います。

 それから、地元美里の人たちはこれで非常に迷惑をこうむっておるわけで、まさに約束違反で、こういう被害を広木の方々に負わせたわけでございますので、そういう部分の今後の対応についてどう考えているのか、広域ではどうなっているのか、お聞かせ願いたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) まず最初にありました費用負担ですけれども、1億を超える金がかかったわけでございます。この問題につきましては、私も当初報告を受けたときに言ったのですけれども、当時の設計はどうなっているのというふうな形でいろいろ質問しましたけれども、当時はオーケーだったという説明でございます。これにつきましては、その管理体制云々という言葉が出ておりますけれども、当時から現在に至るまでそういった管理体制でやってきたわけでございまして、たまたま被害があった後、次の点検までの期間があったということでこういった体制になったかということでございます。これについては、広域のほうで話が出ておりましたのは、これを改めていかなくてはしょうがないということで、今度の改修に合わせてそういった通報ができる体制をとるということで一応話はついております。

 処理場の問題等も聞かれましたけれども、これは以前に管理者会議等で今後の地元での処理についてはやらないということで話がされているようでございます。昔の話ですと、美里の次は神川という話がございましたけれども、何かそれはもうなくなったというふうに私はお聞きしております。

 いずれにしても、現在何でもかんでも焼却場に持ち運ぶという状況になっておりますので、これは昔から言われているようにリサイクルの推進とか、こういった焼却の量を減らしていかなければならないかというふうに感じておりますので、今後は広域議会の議員さんとも相談しながら対応に努めていきたいと思います。



○議長(主山義雄君) 13番岸優君。

              〔13番 岸  優君発言〕



◆13番(岸優君) 私が聞いたことを答えていないですよ。この費用がかかる、例えば建設の当時の費用と計算すると、これは広域で処理場を持ったほうがはるかに安いという、そういう計算は出るのですよ。そういうのは全く無視をして、単純に今回こういう事故が起こったので慌てて民間に委託して、今後は、民間業者もあれでしょう、あるいはその裏でそういう話し合いができたのでしょう。今後ずっと私どもに出しますかという、多分そういう取引がされたのではないですか。こういう高い金額で、それでさらに金がかかるわけですよ。そういうものをずっとやるということ。それで、これは広域各自治体が負担をする金ですから、全くおおようなのですよ、広域のを見ていると。工事だとかいろいろ金の使い方。これは、各自治体はやっぱり議会の中できちっと住民の声が反映されるけれども、広域になりますと、代表が行くものですから、直接住民の声でないから、首長さんが理事者ですから、そういう点では、各自治体からの負担金で賄われるという、そういうおおような部分があって、こういう雑な、私から言わせると雑なのですね、それで大金がかかる、そういうことを平気でやるということ、これは許されるものではないと私は思います。

 それと、ごみの分別収集については、きちっともう少ししないと、金属類や小さい瓶類が、ドリンクだなんかの瓶が生ごみと一緒に排出されて、それが焼却灰として出ていくわけですから、非常に量がふえ、3分の1減るそうですね、これをきちっと分別すれば。そこのところはきちっとしないと大金がかかるということでございます。ですから、ここのところをぜひ明確にしていただきたいと思います。

 これはワンクッションあるから非常に難しい問題なのですよ。我々は広域議会ではないですから。代表が行って広域議会でやられて、それで首長さんがやる問題ですから。だけれども、負担をするのは各自治体だから。自治体の人口割で負担しているのでしょう、財政割と人口割で。そうすると、直接一人一人の住民負担というものに結びつくので、大まかな、おおような予算を組まれて、そしてそういう工事を発注されたのでは困りますよ。ぜひもう少し真剣に考えて、そして灰を処分するときには、その地元の人たちに迷惑のかからない、それをするということ。美里の工事が今1億3,000万余ですけれども、これによって、地下水に浸透したものだとか、あるいは河川に流れ出さない、これで絶対にそういうことが防げるのかどうか。さらにそれの追加の工事が出てくるようなことになると、非常にこれは重大な問題だと私は考えております。

 もう一度お伺いしますけれども、この処理場の事故の問題、その責任は一体どうなっているのか。それを感じているのかどうか、その辺のところも明確にしていただきたいと思います。



○議長(主山義雄君) 町長。

              〔町長 清水雅之君発言〕



◎町長(清水雅之君) 管理体制についての責任問題ですけれども、これは本来であれば責任追及していくべきところでございますけれども、大分長い時間がたっておりまして、私のほうとしても副管理者として一応広域のほうには強い指示はさせていただきました。

 なお、今回のこの問題につきましては、私は副管理者という立場ではございますけれども、神川町長としてどうのこうの言う立場ではございません。今後の振興につきましては、広域議会の議員さんも代表で神川町議会から出ているわけでございますので、そういった方々と詰めながらやっていきたいと思います。

 なお、担当課長のほうから一部補足させていただきます。



○議長(主山義雄君) 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君発言〕



◎経済環境課長(木村豊君) ただいま岸議員からのご質問でございますが、環境を担当する課長として聞き及んでいる範囲において発言したいと思います。

 まず、灰の処分でございますけれども、岸議員のご指摘ですと、今回の震災の以後、民間への処分というふうなことで、それが値上げにつながったというふうなお話でございましたけれども、震災以前からできるだけコスト削減と、灰の資源化といいますか、再利用というふうなことを含めまして、砂あるいはセメントの原料として、そういうふうな会社のほうで処理を依頼して、それがコスト削減につながっているというふうなことで、そのような取り組みをしておりますので、今回の事故の原因でそういうふうなことにしたわけではございません。23年度に入りますと、既にそういうふうな100%美里町の最終処分場での処分は行っていないという状況でございました。

 それと、もう一点ですけれども、工事費に対する、処分に対する費用についてでございますけれども、岸議員が指摘している、これまでのかかった費用につきましては、あくまでも1期槽、2期槽の本体工事の額だと私としては、ちょっとうろ覚えなのですけれども、認識しております。当然そのほかにも用地の買収費、あるいはその後の管理費、いろいろ考えますと、さらにいろいろ経費がかかってくるというふうなことをもとに当時コストの面で見たときには、美里町の最終処分場、自前の処分場で処分するよりも民間に委託したほうが安くなるだろうというふうなことで、聞いたところによりますと、平成21年ですか、そこの管理者会議等で最終処分場の持ち回りは廃止しようというふうなことを今のところ決議されたままだと認識しております。

 以上です。



○議長(主山義雄君) 以上で13番岸優君の質問を終わります。

                                    



○議長(主山義雄君) 次に、4番渡辺浩一君の質問を許します。

 渡辺浩一君。

              〔4番 渡辺浩一君発言〕



◆4番(渡辺浩一君) 議長の許可をいただきましたので、通告の順序に従って質問させていただきます。

 学校教育についてということであります。私の娘も学校にお世話になっておりまして、十分なきめ細かい指導を至れり尽くせりでしていただきまして、本当にその点においては十二分に感謝しております。ただ、全部が全部完璧かというと、やはり改善するべき点もあるかと思いますけれども、その点について質問させていただきます。

 教育基本法第10条には、父母その他の保護者は、子の教育について第一義的責任を有するとありますし、2項においては、家庭教育の自主性を尊重し、保護者に対する学習の機会及び情報の提供を行うとあります。

 この点について参考資料として、英国に3年間、日本語教育をした方がおりまして、そこで自分の子供を英国の義務教育に入れた人がその感想を述べております。日本と英国の義務教育の違いということについて聞いた内容があります。国旗、国歌とはですね……国旗については、教室の中に国旗がありまして、毎朝そこに敬礼してから授業を行うということであります。それから、いろいろ項目があるのですが、短くしていきたいと思います。給食は特に、栄養は家庭でとるのが基本であるということで、給食は極めて質素であるということが極めて特徴的なことですね。でも、余り簡素なものですから、これが問題となりまして、現在では多少改善されているということであります。大人の便利と思う生活が子供によい環境かとか、子供への親と大人の責務とか、褒める教育と可能性を伸ばせる教科の選択とか、特に私が関心を持ったのは性教育ということで、これは発達段階に応じて、その教える内容を親に通告して、親に許可をいただいた、その内容においてするかどうかを親に聞いて、それでもってやるということです。ですから、親がこの点については教えなくてよろしいと言えば、それは学校では教えないということであります。ですから、そういう点において、親の意見を聞くということが一番印象に残った点であります。

 日本においては、男女一律に性教育をされておりますけれども、実際は、警察庁の発表にあります、性被害を受ける未成年は1,060人というふうに把握されておりますけれども、そのうち男性が23人ということで、これは圧倒的に性被害は女子が多いということであります。この点において、学校における性教育は男女混合で区別なく行われているということに対して、女子のほうに極めてリスクが大きいのではないか。私の子供の保健の教科書を見ても、女子の年代の体格の成長の度合いということが図解されておりますけれども、これは男子にとってはただ好奇心の対象でしかないと。どのようなこれが教育効果があるのかという点において疑問に思うところであります。私の考えとしては、これは男女別にするのが最もよいのではないか。今ちまたには情報がはんらんしておりますけれども、学校内において男女のけじめをきちんとつけるという、そういう教育あるいは指導の仕方がより適切なのではないかということを思いまして、この点について質問させていただいているわけであります。

 以上であります。



○議長(主山義雄君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) それでは、性教育のあり方についてご質問にお答えしたいと思います。

 学校教育における性教育のあり方についてでありますけれども、現在は児童生徒の身体的、生理的発達が早まっております。性に関する意識や価値観が多様化するとともに、児童生徒を取り巻く家庭環境や社会環境も大きく変化しております。このような中で、性の問題行動や若年層の性感染症が問題となっております。性に関する悩みや不安を抱える児童生徒も増加しております。このような状況を踏まえ、神川町内小中学校では、児童生徒の実態を把握し、発達段階に応じた効果的な性に関する指導を年間指導計画に組み込み、学校教育活動全体を通じて行っております。

 まず、保健体育における保健学習では、性に関する指導の内容は、児童生徒の発達段階に応じて示されております。年間指導計画に沿って確実な指導を行っております。また、理科では生物分野において、生命の誕生や体のつくりなど、生殖に関する具体的な学習も行っております。さらに、特別活動において、担任とのティームティーチングで養護教諭が児童生徒に授業を行ったり、授業参観の中で性教育を取り上げ、保護者とともに学ぶ時間を設けたり、中学校では保健センターの保健師による特別講演会、授業などを実施したり、各小中学校の現状に応じた指導を行っております。

 学校における性に関する指導は、人格の完成を目指す人間教育の一環であり、理科や保健の授業において科学的知識を理解させるとともに、児童生徒が生命尊重、男女平等の精神に基づく正しい異性観を持ち、現在及び将来の生活における性に関する問題に対して適切な意思決定や望ましい行動がとれるようにすることが大切であろうと思います。

 指導のあり方や内容については、児童生徒の環境変化におくれることがないよう、学校医や医療機関等の専門家の参加、協力を得ながら、より効果的な指導の改善に努めてまいりたいと思います。

 なお、子供たちにとりましては、個人差がございますので、時によっては放課後等に個人的に養護教諭等が指導するというようなこともあらゆる場面で行われております。

 以上でございます。



○議長(主山義雄君) 4番渡辺浩一君。

              〔4番 渡辺浩一君発言〕



◆4番(渡辺浩一君) 十分に学校としても配慮されているということはよくわかりますけれども、私が学校に通っていたころは、いつの間にか女子がいなくなって別の教室で授業を受けていたということがあります。それがそういう方面の教育ではなかったかと思いますけれども。実際は、今は男女共同参画社会ということで、何でも男女一緒というふうになっておりますけれども、これが私は問題だというふうに思っておるわけで、できれば男女別にしたほうがしっかりとけじめがついて、ちゃんと秩序が学内で保たれるのではないかと思います。学内では極めて、非常に混乱したそういう危険な、女子にとって危険な状況もあります。また、光市の母子殺害事件にあるように、極めて弱い立場の者が犠牲になるということもあります。そういう点、要するに女子に対する男子の暴力という、その抑制という点についても十分に考慮して教育されたいというふうに思いますが、いかがでしょうか。



○議長(主山義雄君) 教育長。

              〔教育長 高澤利藏君発言〕



◎教育長(高澤利藏君) 小学校の例えば高学年なんかでは、宿泊の学習ですね、それから修学旅行なんかがあるわけでありますけれども、そういう前には男女別にこの性についても指導しております。といいますのが、特に小学生なんかの場合には初潮が始まる時期でもありますし、それから旅行期間中にということもあるわけであります。そのことも踏まえまして、担任及び養護の教諭が放課後、あるいは授業時間内もそうですけれども、特別の時間をつくってそういう指導もしております。もちろん中学のほうでもありますけれども、ほとんど中学生の場合には小学校でそういう学習してきておりますので、修学旅行前ではあえてということはありません。ただ、ちょうどその期間が、そういう月経の期間に入っている子供たちもおりますので、そういう子供たちについては養護教諭等が適切に指導をしておるということでございます。

 以上でございます。



○議長(主山義雄君) 4番渡辺浩一君。

              〔4番 渡辺浩一君発言〕



◆4番(渡辺浩一君) よく配慮されていると思いますので、よろしくお願いいたします。

 ありがとうございました。



○議長(主山義雄君) 以上で4番渡辺浩一君の質問を終わります。

 これをもって町政に対する一般質問を終結いたします。

                    ◇               



△散会



○議長(主山義雄君) 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。

   午前11時40分散会