議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 神川町

平成23年  9月 定例会(第4回) 09月07日−議案説明−02号




平成23年  9月 定例会(第4回) − 09月07日−議案説明−02号







平成23年  9月 定例会(第4回)





   平成23年第4回神川町議会定例会会議録第2号

             平成23年9月7日(水曜日)
                                    
議事日程 第2号
   平成23年9月7日(水曜日)午前9時開議
日程第 1 第45号議案 平成22年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について 
日程第 2 第46号議案 平成22年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認
             定について                      
日程第 3 第47号議案 平成22年度神川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第 4 第48号議案 平成22年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の
             認定について                     
日程第 5 第49号議案 平成22年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第 6 第50号議案 平成22年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算
             の認定について                    
日程第 7 第51号議案 平成22年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認
             定について
日程第 8 第52号議案 平成22年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定に
             ついて                        
日程第 9 第53号議案 平成22年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の
             認定について                     
日程第10 第54号議案 平成22年度神川町水道事業会計決算の認定について   
                                    
本日の会議に付した事件
議事日程に同じ
出席議員(14人)
       1番  赤 羽 奈保子 君       2番  山 ? 正 弘 君
       3番  大 川 喜和子 君       4番  渡 辺 浩 一 君
       5番  廣 川   学 君       6番  落 合 周 一 君
       7番  小井戸 英 夫 君       8番  田 村   勝 君
       9番  山 田 義 雄 君      10番  町 田   久 君
      11番  浅 見 好 雄 君      12番  岩 ? 一 義 君
      13番  岸     優 君      14番  主 山 義 雄 君
欠席議員(なし)
                                    
説明のため出席した者
  町     長  清 水 雅 之 君  副  町  長  伊 藤 政 雄 君
  監 査 委 員  川 野 幹 夫 君  総 務 課 長  飯 島 貴久雄 君
  地 域 安全室長  根 岸 孝 芳 君  総 合 政策課長  島 田 克 彦 君
  税 務 課 長  新 井 美 範 君  町 民 福祉課長  青 木 由 一 君
  保 険 健康課長  高 橋 重 久 君  診 療 所事務長  根 岸   寛 君
  経 済 環境課長  木 村   豊 君  建 設 課 長  飯 島 直 樹 君
  会 計 管 理 者  飯 島 正 文 君  学 務 課 長  山 口 幸 雄 君

  生 涯 学習課長  市 川   寛 君  水 道 課 長  長谷川   隆 君
  兼 公 民 館 長

  神泉総合支所長  柴 崎 紀 夫 君
  兼地域総務課長
                                    
事務局職員出席者
  議 会 事務局長  石 井 基 完    次     長  春 山 孝 子





△開議

   午前9時開議



○議長(主山義雄君) 皆さん、おはようございます。

 ただいまの出席議員は14名であります。定足数に達しておりますので、これより直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程につきましては、お手元に配付のとおりであります。よろしくご協力のほどお願いいたします。

                    ◇               



△日程第1 第45号議案 平成22年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について



△日程第2 第46号議案 平成22年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第3 第47号議案 平成22年度神川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第4 第48号議案 平成22年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第5 第49号議案 平成22年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第6 第50号議案 平成22年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第7 第51号議案 平成22年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第8 第52号議案 平成22年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第9 第53号議案 平成22年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について



△日程第10 第54号議案 平成22年度神川町水道事業会計決算の認定について



○議長(主山義雄君) 日程第1、第45号議案 平成22年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についてから日程第10、第54号議案 平成22年度神川町水道事業会計決算の認定についてまで10議案を一括議題といたします。

 なお、本日は、各会計とも詳細説明にとどめ、質疑、討論、採決については後日にいたしたいと思いますので、ご了承いただきたいと思います。

 日程第1、第45号議案 平成22年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定について、担当課長の詳細説明を求めます。

 最初に、総合政策課長。

              〔総合政策課長 島田克彦君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 次に、総務課長。

              〔総務課長 飯島貴久雄君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 地域安全室長。

              〔地域安全室長 根岸孝芳君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 神泉総合支所長。

              〔神泉総合支所長 柴崎紀夫君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 会計管理者。

              〔会計管理者 飯島正文君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 税務課長。

              〔税務課長 新井美範君詳細説明〕

                                    



○議長(主山義雄君) 説明の途中ですが、暫時休憩いたします。

   午前10時3分休憩

                                    

   午前10時15分再開



○議長(主山義雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(主山義雄君) 引き続き、町民福祉課長から説明を求めます。

 町民福祉課長。

              〔町民福祉課長 青木由一君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 引き続き、保険健康課長。

              〔保険健康課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 建設課長。

              〔建設課長 飯島直樹君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 続いて、教育部門について、総括的な説明を学務課長から求めます。

 学務課長。

              〔学務課長 山口幸雄君発言〕



◎学務課長(山口幸雄君) それでは、教育全般につきまして、教育長にかわり説明させていただきます。

 初めに、学務課関係から説明させていただきます。まず、教育の方針といたしまして、私は「教育は人づくり」との基本理念に立ち、知・徳・体のバランスのとれた教育を推進しながら、みずから学び、考え、主体的に行動できる児童生徒を育成していきたいと考えております。その実現のため、各学校の教育力の向上を図り、わかりやすい授業を目指し、3つの達成目標の着実な実践など、基礎学力の底上げを行い、さらに計算力と漢字力の向上のため、神川町独自のチャレンジプリントを効果的に活用し、より高い学力の定着を目指しているところでございます。

 また、教育現場でのいじめについての対応では、いじめ防止プロジェクトにより、心の教育の推進とあわせて取り組んでまいりました。心の教育では、各学校での道徳教育の研究や、その取り組みの成果を生かし、豊かな心の育成に努めております。また、子育て支援の指標として「神川っ子宣言」を定め、町内に向け発信し、啓発しているところであります。

 また、一方では、子供たちの問題行動は、親子の対話や触れ合いの不足も原因と言われております。そのため町では、毎月20日をふれあいの日として、家庭でのきずなを深める取り組みを行っているところであります。

 次に、児童生徒に直接被害が及ぶ不審者に対応するため、スクールガードリーダー2名による町内の巡回、防犯活動に当て、各校の下校ボランティアによる各地区での見守り活動など、子供の安全対策に万全を期しているところでございます。各小中学校では、児童生徒と教職員が不審者対策の防犯訓練を実施し、万が一の緊急時の対応に取り組んでおります。また、埼玉県トラック協会から防犯ブザーの寄贈をいただき、小学校新1年生全員に配布し、緊急時の対応に活用させていただいております。今後とも児童生徒の安全を第一と考え、対策を講じていきたいと考えております。

 次に、人権教育についてでございますが、町では重要な施策の柱として、人権を尊重する教育の推進を掲げ、幼稚園や各小中学校での子供の発達段階に応じた人権教育を実施してまいりました。

 次に、幼稚園教育でございますが、幼児期の教育は、生きる力の基礎となる心情、意欲、態度などを身につけていく重要な時期ととらえております。このため、体験を通して具体的に健康で安全な教育の充実と基本的な生活習慣の育成を図りながら、生きる力の基礎を身につけるよう幼児教育に当たっているところであります。

 次に、学校給食につきましては、成長期にある子供たちに栄養のバランスのとれた食事を提供するため、幼稚園児、小中学校の児童生徒及び教職員に合計で1,608名、延べ27万2,407食の給食を提供しているところであります。

 次に、幼稚園、小中学校の施設整備についてでございますが、青柳小学校校舎耐震補強工事、神川幼稚園アスベスト対策工事を初めとしてさまざまな工事を実施するとともに、平成22年度繰り越し事業にて、平成23年度に建築予定の神川中学校体育館建築実施設計の委託を行いました。また、小中学校の教職員及びパソコン教室にパソコンの配置整備を行ったところであります。

 最後に、神泉中学校の統廃合についてでございますが、生徒数の減少から、神川中学校への統合を進めることが、生徒がよりよい環境で学校生活が送れるものとの考え方から、保護者、地域住民、神泉中学校生徒との意見交換会等を行い推進してまいりました。

 以上が学務課関係の取り組みの概要でございます。

 次に、生涯学習課関係でございますが、ご存じのように町では平成19年3月に「生涯学習推進のまち」宣言を行い、町民一人一人が心豊かで充実した人生が送れるよう生涯学習を積極的に推進しているところでございます。また、子供たちの健全育成のために行った「神川っ子宣言」の啓発を、子ども会やスポーツ少年団等で推進してまいりました。生涯学習は、自己啓発はもとより、明るい家庭や仲間づくり、地域づくり、まちづくりにつながるものと私は確信しております。平成22年度は、前年度に策定いたしました生涯学習推進計画にのっとり、より充実した生涯学習の推進を図るため、町民の皆さんへ学習機会の提供や支援をしてまいりました。

 初めに、生涯学習推進事業といたしまして、生涯学習地域活性化事業を継続し実施いたしました。地域社会を学習の場として、区長さん、推進員さんを中心に学習会、交流会等を展開していただきました。あわせて町政に関する理解を深め、学習機会の充実を図れるよう、町の職員が講師として地域に伺う生涯学習まちづくり講座を実施いたしました。大きなイベントといたしましては、11月6日、7日に文化協会との共催により生涯学習町民文化祭を実施いたしました。

 少年期の学習活動では、完全学校週5日制対応事業を実施し、休日になった2日間に、児童生徒が生活、自然、社会、文化、スポーツなどの体験や活動ができるよう事業を展開してまいりました。実績といたしましては、39教室で42回開催いたしました。延べの参加人数につきましては543名でありました。

 続いて、生涯学習の拠点としての中央公民館、ふれあいセンター、ステラ神泉の活動でございますが、生涯学習施設は学習の場であるとともに、同時に住民の触れ合いの場であります。魅力ある事業を展開するとともに、だれでも気楽に利用できる雰囲気づくりを心がけ、運営に当たりました。

 事業といたしましては、生涯の各時期における学級、講座の開設、イベントの開催、自主学習サークルへの支援等を実施いたしました。また、読書活動の推進を重要課題として取り組み、指導者の育成や学級の中に読書活動につながるメニューを取り入れ、読書活動の推進を図りました。なお、施設によっては、常勤職員の配置がない施設もありますが、住民サービスの低下を招かないよう心がけ、運営を図りました。

 続きまして、人権を尊重する教育の推進でございますが、さまざまな人権問題解決に向けて、人権教育講演会、研究集会、各種研修会を開催し、人権教育、人権啓発活動の推進に努めてまいりました。

 次に、文化財の保護と活用の推進でございますが、郷土の文化財がより身近なものとして受け入れられるように、収蔵品展、歴史講座、こども歴史教室等を開催するとともに、発掘調査報告書発刊に向けた遺物の整理、神川中学校体育館建設に伴う発掘調査並びに開発に対する試掘調査等を実施いたしました。

 最後に、スポーツ・レクリエーション施設の振興でございますが、町民の皆様が健康で生きがいのある生活が送れるよう歩け歩け大会を初めとするイベントの開催や、スポーツ教室の実施、団体の支援等を行いました。また、町民体育祭につきましては、雨天のため、残念ながら中止となった次第でございます。

 次に、施設としましては、海洋センター、ゆ〜ゆ〜ランド内町営グラウンド、サッカー場、野球場、ターゲットバードゴルフ場、また美原公園テニスコート、学校開放による各施設使用管理に当たったところでございます。

 以上が教育部門の事業概要についての報告とさせていただきます。

 詳細につきましては、それぞれ担当課長より報告させますので、よろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。

                                    



○議長(主山義雄君) 説明の途中ですが、昼食のため暫時休憩します。

   午前11時55分休憩

                                    

   午後1時再開



○議長(主山義雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(主山義雄君) 引き続き、学務課長から説明を求めます。

 学務課長。

              〔学務課長 山口幸雄君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 次に、生涯学習課長。

              〔生涯学習課長 市川 寛君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町一般会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第2、第46号議案 平成22年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定について、初めに事業勘定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 次に、施設勘定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 診療所事務長。

              〔診療所事務長 根岸 寛君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町国民健康保険特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第3、第47号議案 平成22年度神川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町老人保健特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第4、第48号議案 平成22年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第5、第49号議案 平成22年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 保険健康課長。

              〔保険健康課長 高橋重久君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町介護保険特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

                                    



○議長(主山義雄君) 説明の途中ですが、暫時休憩します。

   午後2時21分休憩

                                    

   午後2時40分再開



○議長(主山義雄君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。

                                    



○議長(主山義雄君) 日程第6、第50号議案 平成22年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 地域安全室長。

              〔地域安全室長 根岸孝芳君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町住宅資金貸付事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第7、第51号議案 平成22年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 神泉総合支所長。

              〔神泉総合支所長 柴崎紀夫君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町町営バス事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第8、第52号議案 平成22年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 経済環境課長。

              〔経済環境課長 木村 豊君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町観光事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第9、第53号議案 平成22年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について、担当課長から詳細説明を求めます。

 建設課長。

              〔建設課長 飯島直樹君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定についての詳細説明を終わります。

 日程第10、第54号議案 平成22年度神川町水道事業会計決算の認定について、担当課長からの詳細説明を求めます。

 水道課長。

              〔水道課長 長谷川 隆君詳細説明〕



○議長(主山義雄君) 以上で平成22年度神川町水道事業会計決算の認定についての詳細説明を終わります。

 以上で平成22年度神川町一般会計及び特別会計歳入歳出決算の詳細説明がすべて終わりました。

 ここで、監査委員から決算審査意見書が提出されています。審査の経過、結果の概要について、川野代表監査委員から報告を求めます。

 川野代表監査委員。

              〔監査委員 川野幹夫君発言〕



◎監査委員(川野幹夫君) 平成22年度決算に関する審査報告について申し上げます。

 地方自治法第233条第2項及び第241条第5項並びに地方公営企業法第30条第2項の規定によりまして、去る8月2日から8月5日までの間の4日間、廣川監査委員とともに、町長及び水道企業管理者から審査に付されました平成22年度神川町一般会計、平成22年度神川町国民健康保険特別会計(事業勘定)、平成22年度神川町国民健康保険特別会計(施設勘定)、平成22年度神川町老人保健特別会計、平成22年度神川町介護保険特別会計、平成22年度神川町後期高齢者医療特別会計、平成22年度神川町住宅資金貸付事業特別会計、平成22年度神川町町営バス事業特別会計、平成22年度神川町観光事業特別会計、平成22年度神川町公共下水道事業特別会計、平成22年度神川町水道事業会計、以上10会計、1事業会計につきまして歳入歳出決算書及び関係書類等の審査を実施いたしました。

 各会計とも歳入歳出決算書及び関係書類等、いずれも法令の定めるとおり作成されており、計数においても正確でありましたので、ここにご報告いたします。

 平成22年度の決算状況について申し上げますと、一般会計及び特別会計の歳入の合計は92億5,412万3,000円で、前年に比べ2億2,584万7,000円、率にしてプラス2.5%の増、同様に歳出の合計は83億1,349万円で前年に比べて7,531万6,000円、率にしてプラス0.9%の増で、歳入歳出ともに増額となっております。

 しかし、これは地域活性化対策に係るきめ細かな臨時交付金を初め、経済危機対策臨時交付金等の国庫支出金の増額や、その関連事業の実施に伴う普通建設事業費等の支出増による一時的な要因によるもので、財政を取り巻く環境は依然として厳しい状況にあります。

 そのような中で、財政構造の弾力性を判断する比率である経常支出比率は、普通会計におきましては前年に比べ1.0ポイント増の78.2%とほぼ横ばい、さらに実質公債費比率は前年に比べ1.8%減の10.6%となっており、一定の改良がなされている状況にありますが、今後も継続して経常経費の抑制並びに一般財源の収入確保に努める必要があると思われます。

 次に、水道事業会計においては、本年度も石綿管の更新を初めとする配水管布設がえ工事等が実施されましたが、今後予想される老朽施設の更新や老朽管の布設がえなど、中長期的な展望のもとに、事業全体の経営内容について常に分析と検討を加えながら、経営の合理化及び効率化を進めるとともに、安全で良質な水の安定供給が図られるようお願い申し上げたいと思います。

 また、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項及び第22条第1項の規定に基づき、町長より提出されました平成22年度神川町健全化判断比率及び平成22年度神川町資金不足比率につきまして、8月24日に廣川監査委員とともに審査を実施いたしました。両比率とも算定の基準となる事項を記載した書類に基づき、適正に作成されているかどうかに主眼を置き実施いたしましたところ、健全化判断比率、資金不足比率ともに法の定めるとおり作成されており、計数においても正確でありましたことをあわせてここに報告いたします。

 最後になりますが、審査の総括としての意見書は別冊にて、また各比率に対する意見書については報告第3号、報告第4号中に写しを掲載してありますので、ご参照いただくようお願い申し上げ、報告を終わらせていただきます。

                    ◇               



△散会



○議長(主山義雄君) 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。

   午後3時30分散会