議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 東秩父村

平成28年  6月 定例会(第3回) 06月09日−一般質問、議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成28年  6月 定例会(第3回) − 06月09日−一般質問、議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成28年  6月 定例会(第3回)





          平成28年第3回(6月)東秩父村議会定例会

議事日程 (第1号)
                        平成28年6月9日(木曜日)午前10時00分開会
 日程第 1 会議録署名議員の指名
 日程第 2 会期の決定
 日程第 3 諸報告
 日程第 4 委員会調査報告
 日程第 5 一般質問
 日程第 6 議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)
 日程第 7 議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)
 日程第 8 議案第34号 東秩父村教育委員会委員の任命について
 日程第 9 閉会中の継続調査の申し出について

出席議員(8名)
     1番  田  中  秀  雄  議員     2番  根  岸  文  雄  議員
     3番  高  野  貞  宜  議員     4番  福  島  重  次  議員
     5番  渡  邉     均  議員     6番  田  中  丈  司  議員
     7番  松  澤  公  一  議員     8番  眞  下  ?  身  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  村   長   足  立  理  助  君   副 村 長   関  口  知  廣  君
  教 育 長   根  岸  敏  夫  君   総 務 課長   柴  原     正  君
  会計管理者   根  岸  義  和  君   税 務 課長   足  立  利  平  君

  住 民 福祉   福  島  則  元  君   保 健 衛生   宮  崎  士  朗  君
  課   長                   課   長

  産 業 建設   神  田  典  仁  君   教育委員会   野  村     智  君
  課   長                   事 務 局長

                                              
本会議に出席した事務局職員 
  事 務 局長   眞  下  哲  也      書   記   田  幡  裕  右



                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(高野貞宜議員) 会議の前に、本日の会議に際しまして、報道機関から議場内の写真撮影の申し出がありましたので、東秩父村会議規則第97条の規定により、これを許可いたします。

 ただいまの出席議員は8名です。定足数に達しておりますので、平成28年第3回東秩父村議会定例会を開会いたします。

  これより本日の会議を開きます。

                                      (午前10時00分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(高野貞宜議員) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(高野貞宜議員) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  本日の署名議員は、会議規則第117条の規定により、7番、松澤公一議員、8番、眞下?身議員を指名します。

                                              



△会期の決定



○議長(高野貞宜議員) 続いて、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

  ここで、さきに行われた議会運営委員会の結果を議会運営委員長から報告をしていただきます。

  田中議会運営委員長。

               〔議会運営委員会委員長 田中秀雄議員登壇〕



◆1番(田中秀雄議員) 皆さん、おはようございます。議席番号1番、田中秀雄です。議長の命により、会期についてご報告申し上げます。

  去る平成28年6月2日、木曜日、議会運営委員会を開催し、協議した結果、本定例会の会期については、平成28年6月9日、木曜日から6月10日、金曜日の会期2日間とすることに決定しました。よろしくお願いします。



○議長(高野貞宜議員) お諮りいたします。

  ただいま議会運営委員長の報告のあったとおり、本定例会の会期は、本日9日から10日までの2日間としたいと思います。これに異議ありますか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 異議なしと認めます。

  よって、会期は、本日9日から10日までの2日間と決定いたしました。

                                              



△諸報告



○議長(高野貞宜議員) 日程第3、諸報告を行います。

  本日の付議案件は、議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)ほか2件です。

  次に、議案説明のため、村長ほか関係者の出席を求めております。その者の職氏名を一覧表にしてお手元に配付しましたから、ご了承ください。

  次に、監査委員から、平成27年度2月分から平成27年度及び平成28年度4月分に係る例月出納検査の報告がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  次に、3月定例会後の議会活動について報告いたします。これについてもお手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  ここで、村長に招集の挨拶を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 皆さん、おはようございます。議長から発言のお許しをいただきましたので、一言ご挨拶を申し上げます。

  本日ここに、平成28年第3回東秩父村議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましてはご健勝にて参会を賜り、ご審議をいただきますことに衷心より厚く御礼申し上げます。

  さて、4月26日に開会されました第2回議会臨時会以降の東秩父村事業に関しまして、ご報告をさせていただきます。

  4月27日、花園IC拠点整備プロジェクト会議が開催されました。2019年春の開業に向けて、優先企業にキューピー株式会社が、野菜の魅力を体感できる複合型施設「深谷テラス」を開設するための調印式が行われました。

  5月5日、二本木峠の山開きが行われ、登山者の安全祈願を祈り、坂本会の皆様の企画により、太鼓演奏やフラダンスなどさまざまな催しが披露されました。

  5月20日、東秩父村老人クラブ連合会総会が開催され、減少していく会員数を心配する中でも、元気にご活躍している会員の様子がうかがえました。

  5月21日から22日、第31回和紙の里文化フェスティバルが開催されました。お天気にも恵まれて、村内外から多くの方にご来場いただき、楽しんでいただきました。

  5月28日、第42回東秩父中学校体育祭が開催され、光る汗、飛び交う声援、真剣勝負、全員が自信を持って参加をし、一人一人の走る姿に感動しました。

  さて、本会議に提案します議案は、平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)ほか2件であります。それぞれの議案の詳細につきましては、日程に従いましてその都度ご説明申し上げますので、慎重なるご審議の上、原案どおりのご決定をいただきますようお願い申し上げまして、招集の挨拶といたします。



○議長(高野貞宜議員) 以上で、諸報告及び村長招集の挨拶を終わります。

                                              



△委員会調査報告



○議長(高野貞宜議員) 日程第4、委員会調査報告を議題といたします。

  文教厚生常任委員長から委員会調査報告書が提出されましたので、お手元に配付しました。委員長に報告をお願いします。

  根岸文教厚生常任委員長。

               〔文教厚生常任委員会委員長 根岸文雄議員登壇〕



◆2番(根岸文雄議員) 議席番号2番、根岸文雄です。皆さん、改めましておはようございます。議長よりお許しをいただきましたので、文教厚生常任委員会の報告を申し上げます。

                                       平成28年6月2日

  東秩父村議会議長  高 野 貞 宜 殿

                                      文教厚生常任委員会

                                      委員長 根岸文雄

                委 員 会 調 査 報 告 書

   本委員会では、城山保育園、子育て支援センター訪問による調査を実施いたしましたので、会議規則

 第72条の規定により下記のとおり報告します。

                       記

1 調査目的

   平成28年度より実施されている保健センター内(旧槻川診療所)での子育て支援センターの状況を把握するとともに、城山保育園の子育て支援センター移設後の現状について調査研究することを目的とするものです。

2 調査の概要

  調査日時:平成28年5月11日(水)13時00分〜16時10分

  調 査 先:城山保育園、子育て支援センター

  調 査 者:福島重次副議長、根岸文雄委員長、渡邉均副委員長

       田中秀雄、松澤公一、田中丈司各議員

  調査内容:城山保育園では、福島則元住民福祉課長から概要説明、奈良幸子城山保育園長から、保育

       内容及び平成28年度事業計画についての説明をいただき、その後、意見交換を行いました。

       子育て支援センターでは、福島則元子育て支援センター長から概要説明、担当者である山

       崎輝美保育士から、支援センターの内容や平成28年度事業計画についての説明、意見交

       換が行われました。

 3 調査の結果

(1) 城山保育園

  ≪概要≫

   ・所 在 地  大字御堂16番地1

   ・開  園  昭和36年4月1日 60名定員

          平成6年4月1日 90名定員

   ・受入年齢  1歳児から

   ・保育時間  [平日]7:30から18:30 (3交替勤務 早・普・遅体制)

          [土曜]8:30から12:30 (正規職員交替体制)

   ・休  日  日曜・祝祭日 年末年始(おおむね12/29〜1/3まで)

   ・職員構成  園長1名 保育士6名(うち臨時保育士3名)

          栄養士兼調理員1名 調理員1名 計9名

   ・園児構成  1歳児2名 2歳児4名 3歳児14名

          4歳児5名 5歳児10名 計35名

   ・クラス担任 たんぽぽ組 1〜2歳児 高田保育士、横田保育士

          もも組 3歳児 齊藤保育士、江原保育士

          ちゅうりっぷ組・ひまわり組 4〜5歳児 太幡保育士、

          磯田保育士(一時保育兼ねる)

   ・一時保育  [平日のみ]8:30〜16:30 平成22年度から実施

   ≪意見交換≫

    Q, 子育て支援センター移設に伴い,職員が少なくなった後の不都合はありますか。

    A, 職員減により兼務体制がとれなくなり,身の回りの細かな作業(掃除等)が手薄になっています。できれば臨時職員などで対応してもらいたい。また、現在3歳児14名のうち10名が紙おむつをしている状況です。

    Q, 臨時職員の保育資格はどうなっていますか。

    A, 資格を持っている人を募集しています。

    Q, 夏休み期間はどのような体制をとっていますか。

    A, 保育の必要性に応じ全ての期間を開園していますが、お盆の期間中のみ協力保育とし、交替で休みをとって開けています。

    Q, 職員の3交代制と保育短時間認定について教えてください。

    A, 早番7:30〜16:15、普通番8:30〜17:15、遅番9:45〜18:30となっています。現在保育士4名,臨時3名で運営しています。保育標準時間認定は、最大利用可能時間1日11時間、保護者がおおむね1カ月120時間以上就労している場合であり、保育短時間認定は、最大利用可能時間1日8時間、保護者がおおむね1カ月120時間に満たない就労をしている場合です。

    Q, 年長さんが1月より昼寝がなくなり、外で遊ぶと思いますが、職員は足りていますか。

    A, 3〜5歳児が同室で午睡しているので,その分の職員により対応しています。

    Q, 保育料の自己負担50%というのはどういうことでしょうか。

    A, 近隣の市町村でも自己負担50%となっているところは余りありません。管外保育も同様の保育料となっています。

    Q, 設備について不備はないですか。

    A, 今のところありません。

    Q, 園児と保育士の割合は適正となっていますか。

    A, 制度上、問題ありません。職員がチームワークよく対応し運営しています。

    Q, 保育園開始時間等を住民へ周知してください。

    A, 広報やタブレットを活用して周知していきます。

 城山保育園訪問のまとめ

    昨年度も城山保育園を訪問したわけですけれども、昨年度訪問時に比べ問題点や課題が少なくなっ

たと考えられますが、今後とも魅力ある保育園にしていくよう不断の努力が求められています。

(2)子育て支援センター

  ≪概要≫

   ・所 在 地  大字坂本1284番地1

   ・開  始  平成21年4月1日(城山保育園内)→平成28年4月1日(保健センター内)

   ・利用対象者 就学前の乳幼児及びその保護者

          これから子育てを始める保護者も含む

   ・利用時間  9:00から16:00

   ・休  日  土曜・日曜・祝祭日 年末年始(おおむね12/29〜1/3まで)

   ・事業内容  育児不安についての相談及び指導

          各種子育てに係る情報提供及び援助に関する調整

          子育てサークル等の育成及び支援

          のびのび広場…親子でゲームや行事などを行う

          遊びの教室…親子のふれあいと遊びの場

                (支援センター主催事業に保健センターが協力)

          育児サロン…育児相談や子育てに関する相談,遊びの指導を行う

                (保健センター主催事業に支援センターが協力)

   ・職員構成  支援センター長(住民福祉課長兼務)1名

          保育士2名(山崎保育士、大澤保育士) 計3名

  ≪意見交換≫

    Q, 育児相談や子育て相談についての問題がありますか。

    A, 大きな不安はありません。冬期の寒さ対策について心配しています。また、非常口の場所が入り口だけとなっているので、追加が必要と思われます。

    Q, 利用頻度についてはどうですか。

    A, 以前と変わらないか若干多くの親子に利用されています。H28.4.21以外は,全て利用者がいます。

    Q, 子育て支援センター移設について保護者からの意見はありましたか。

    A, 多少ありました。

    Q, 0歳〜2歳児まで何世帯ぐらいの利用がありますか。

    A, 10世帯ぐらいです。生後3カ月ほどから来所しています。

    Q, 難しい相談はありますか。

    A, 来所してくれる方にはいろいろな対応をしているので問題ありませんが、来ない方が心配です。来られない方には乳幼児訪問で保健師が自宅に出向き対応しています。

    Q, DVなどの相談はありますか。

    A, 小さい村でもあり,その分きめ細かく住民福祉課,保健衛生課とともに対応しており,事件とな

     るような事案は発生しておりません。

    Q, 調理はどこで行っていますか。

    A, 事務室内の調理場で行っています。

    Q, 駐車場は狭くないですか。

    A, 狭くて苦慮しています。保健センターで事業等があるときはなおさら大変です。

  子育て支援センター訪問のまとめ

    保健センター内ということにより保健師との調整など進めやすい場面も存在し、移設による効果も

   出ていると感じましたが、子ども、子育ての主要拠点が分かれたことによる難点や課題があることが

   把握できました。妊娠期から子育て期を一体的に支援できるよう協議検討を重ねる必要を感じました。

  以上,議会文教厚生常任委員会の城山保育園,子育て支援センター訪問の調査報告といたします。

   以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) これで委員会調査報告を終わります。

                                              



△一般質問



○議長(高野貞宜議員) 続いて、日程第5、一般質問を行います。

                                              

         ◇ 福 島 重 次 議員



○議長(高野貞宜議員) 通告順に従って質問を許します。

  4番、福島重次議員。

               〔4番 福島重次議員登壇〕



◆4番(福島重次議員) 発言番号1番、議席番号4番、福島重次。議長のお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただきます。

  質問事項1、国保財政と村民の健康について。質問の要旨、昨年12月の一般質問で国保財政と村民の健康について質問しましたが、1人当たりの医療費が県内で上位を占めている事実を理解しました。当村の医療費増加原因は、高齢者医療ではなく、生産年齢人口における15歳から64歳までの医療費が高額になっていることがわかりました。疾病別の原因を見ても生活習慣病が上位を占めています。

 (1)、15歳から64歳までの疾病原因について、年齢を5歳刻みに区切っての疾病は何か。また、生産年齢者の疾病発生原因と治療の効果について、わかっている範囲で答弁してください。

 (2)、国保加入者の特定健診受診率は約50%と答えていただきましたが、80%以上へ伸ばし、早期発見、早期治療に努めることが大事だと思います。受診率が高まらない原因、高めるための方策を答弁してください。また、受診率が高まれば、国保加入者一人一人の健康状態をデータベース化することにより、村の置かれている現状を把握し、対策を考える上で重要と思います。受診率の向上と数値のデータベース化を行ってみる考えはあるでしょうか。

 (3)、村民の健康増進を図るため、食生活の改善、基礎体力を維持するための運動等を推進していかなければならないと思います。食生活及び体力(肥満)に問題がある家庭には、村の保健師が積極的に関与し、改善に努める必要があると思いますが、いかがでしょうか。保健師と村民のかかわりはどのくらいあるでしょうか。直近の数字で結構ですから、保健師が家庭に出向いた件数、指導内容等を報告してください。その結果はどのようにあらわれていますか。

 現状の保健指導体制を見直し、村が前面に立ち、村民の健康は村が責任を持つという考えのもと、村民の健康増進を図る必要があると思います。村民が健康で穏やかに暮らしていければ、健康長寿村を達成することも夢ではないでしょう。

 以上、質問します。



○議長(高野貞宜議員) 福島議員の質問事項1、国保財政と村民の健康についての答弁を願います。

  宮崎保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 宮崎士朗君登壇〕



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) 福島重次議員の質問事項1、国保財政と村民の健康についてご答弁いたします。

  まず(1)「15歳から64歳までの疾病原因について、年齢を5歳刻みに区切っての疾病は何か、また生産年齢者の疾病発生原因と治療の効果について」ですが、生産年齢人口の5歳刻みに区切っての疾病については、国保連合会で集計した生活習慣病の疾病別医療費分析の過去3年間のデータを見ますと、15から49歳までは「精神疾患」が主な疾病で、50から54歳は「がん」、55から59歳では「脳梗塞」や「狭心症」、60から64歳では「糖尿病」が多くを占めています。特に、60から64歳の男性の糖尿病の医療費が際立って高くなっております。

  疾病発生原因については、遺伝性の方、生活習慣による方等、特定はできておりませんが、過去の1人当たり医療費の推移を見ると、高血圧性疾患の方が県内市町村平均を2倍以上上回っている状況が続いております。

  治療の効果については、医療の分野になりますので、現時点では把握できておりませんが、医療機関との連携については今後の課題として挙げられている事項で、国で進めている「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」の中でも、各自治体と医療関係者が協働・連携できる体制の整備が必要とされております。

  次に(2)「特定健診受診率が高まらない原因、高めるための方策についてとデータベース化にする考えはあるか」についてご答弁申し上げます。東秩父村の特定健診受診率は、県内で伊奈町に次いで2位に位置しております。村としても、医療費の抑制を図るため、病気の早期発見・早期治療のため、がん検診を含め特定健診の受診率を上げるために、平成27年度から自己負担金を廃止し、全て無料化にいたしました。平成26年度特定健診受診率は49.3%でしたが、平成27年度はまだ確定値は出ておりませんが、5月末時点で51.3%となっており、前年度比2%の増となっております。

 特定健診受診率が高まらない原因については、7月の終わりの3日間、保健センターで実施する集団健診に都合のつかない方のために、6月から12月の6カ月間、比企郡市内医療機関で受診してもらう個別健診を実施しておりますが、村内に医療機関がないことも受診率が高まらない一つの要因かと思われます。

 また、特定健診を受けていない方の中には、治療、入院中で別に検査を受けられている方、人間ドックを受けられている方もいらっしゃいます。今後とも健診の必要性と重要性、無料で受けられることの周知徹底を図り、一人でも多くの方に健診を受けてもらう努力は続けてまいります。

 次に、データベース化についてですが、近年、特定健康診査の実施や診療報酬明細書(レセプト)等の電子化の進展、国保データベース(KDB)システムの整備により、保険者が健康や医療に関する情報を活用して被保険者の健康課題の分析、保健事業の評価等を行うための基盤の整備が進んでおります。厚生労働省は、こうした背景を踏まえ、レセプト等のデータを分析、活用して、それに基づく加入者の健康保持増進のためのデータヘルス計画の策定、健康・医療情報を活用してPDCAサイクルに沿った保健事業の実施及び評価を行い、さらなる被保険者の健康保持増進に努めるため、保有しているデータを活用しながら、ターゲットを絞った保健事業の展開や重症化予防等の保健事業を進めていくことなどが求められております。

 データヘルス計画や糖尿病性腎症重症化予防の取り組みについては、保健センターが主担当になるわけですが、国保連合会端末で閲覧できるレセプトやKDBシステムが導入されていませんでしたので、今年度は保健センターにもシステムを導入し、今後の保健事業に最大限役立てていきたいと考えております。

 最後の(3)「保健師が家庭に出向いた件数、指導内容等についてとその成果について」ですが、まず家庭訪問について。保健センターの保健師の訪問は、精神疾患や難病、特定妊婦、養育支援家庭、健診結果に大きな問題がある等のハイリスク家庭が中心となっております。ハイリスクゆえの受診同行、関係機関への連絡等も多くなっております。一般の住民への支援は、健康教育や健康相談、電話等で対応しております。

 平成27年12月から平成28年5月の6カ月間の訪問支援者数をご報告申し上げます。まず、精神疾患・心の問題で58人、難病支援で16人、特定妊婦・新生児・養育支援家庭で70件、身体障害・人工透析関連で16人、その他で6人、またこれらに伴う受診同行を22回実施しております。

 次に、健康相談についてですが、平成27年度の特定健診受診者のうち、メタボリックシンドロームの判定が27名、うち治療中が15名、メタボリックシンドローム予備軍の判定が79名、うち32名が治療中でした。計106名の方に特定保健指導を受けるよう案内し、あわせて運動教室や食生活改善教室への参加も呼びかけております。

 メタボ判定者に対して行う積極的支援では、血液検査の必要があるため、東松山医師会病院に依頼し、メタボ予備軍に対して行う動機づけ支援では、9月上旬に保健センターで実施される健診結果説明会にて、運動指導士、栄養士とともに具体的な生活指導を実施しております。保健センターで実施している結果説明会においては55名、うち特定保健指導対象者12名の参加がありました。そのほか、訪問による結果説明は11名、うち特定保健指導6名、電話指導が8名、うち特定保健指導2名を実施いたしました。今後とも特定保健指導の実施率の向上にも力を入れていきたいと考えております。

 最後に、健康教育についてですが、運動教室は、住民の要望等を組み入れたプログラムを構成し、多くの方の参加の機会となるよう、夜間の教室も開催しております。平成27年度は全31回実施し、延べ401名の参加がありました。プログラムによっては、栄養指導を組み込んで実施しております。教室終了後にちょっとした食生活や体の相談をお受けすることも多いので、運動教室は、運動だけではなく健康相談の場としての意味も大きいと感じており、平成28年度は39回の実施を予定しております。

 また、6月末の3日間、保健センターで実施いたします乳がん検診の待ち時間を利用して、健康づくりのためのミニ講話も実施しております。

 保健指導の成果については、しなかった場合との比較が困難なため検証はしておりませんが、成果は出ておるものと確信しております。

 以上、福島議員からの一般質問、質問事項1、国保財政と村民の健康についての(1)から(3)の答弁とさせていただきます。



○議長(高野貞宜議員) 再質問を許します。

  4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 4番、福島です。

(1) の再質問をいたします。生産年齢15歳から64歳までのデータを見ますと、最も多いのが60歳か

ら64歳で糖尿病ということでありますが、その前の要するに若いときからもう少しこの糖尿病を抑えられるような指導を、今現在、保健センターではデータを見ながらやっているのでしょうか、その辺をお聞きします。



○議長(高野貞宜議員) 宮崎保健衛生課長。



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) ただいまの再質問についてご答弁申し上げます。

  先ほど答弁の中に、60歳から64歳の男性の糖尿病の医療費が際立って高くなっているというようなことを申し上げました件に関しましてですが、今までも当然、特定健診等で糖尿病の数値が高い方については個別に特定保健指導等を実施してきておるわけでございますが、今後につきましては、国保連合会からのデータをフルに活用いたしまして、ハイリスク者に対しての特定保健指導を実施してまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) もう一つですが、高血圧性疾患が県内市町村の中で2倍に上回っているというお話をしましたが、これをどういうふうな形で予防するか、今現在もう始めているのでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 宮崎保健衛生課長。



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) 高血圧性疾患の方の対策というふうなことでございますが、今までも高血 圧になる原因といたしましては、やはり塩分の摂取量の関係が多いかと思われますが、減塩料理教室の開催ですとか、個別に保健指導で食生活の改善についての指導等につきましては、栄養士を含めた中で実施してきております。ただ、そのリスク者全てに対して保健指導がなされてきていたわけではございませんので、今後ともこの特定保健指導の実施率の向上に努めてまいりまして、一人でも多くのリスク者に対して適切な保健指導ができるように努めてまいりたいと考えております。

  以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) (2)番で。受診率を上げ、51.3%とここに書いてあるとおりで、確かに入院している方、治療中の方は、この定期健診ですか、これを受けていないので、受診率はかなりよくなっているのとは思いますが、1つ、KDBシステムが村には今までは配置されていないと、保健センターには。でも、これからは保健センターにそのシステムを導入したことによってどんな効果が生まれるのか、どんな対策で、どんなふうな村民の皆さんにいろいろな病気等健康状況を予防できる情報が伝えられるのか、わかる範囲で質問します。



○議長(高野貞宜議員) 宮崎保健衛生課長。



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) 今現在は、役場の国保担当の席には国保連合会の端末がありまして、そちらのほうではKDBシステムのほうは閲覧は可能なわけでしたが、保健センターで必要なデータというものをその都度役場の庁舎のほうに来ないと見れない現状であります。それを今年度、この後の一般会計補正予算のほうでまたご説明いたしますが、保健センターにもこのKDBシステムの端末を配置いたしまして、今後の保健指導に最大限役立てていきたいと考えております。具体的なその使い方等につきましては、私のほうで把握している範囲内というようなことでご答弁させていただきますが、国保連合会で集計しているKDBシステムですが、いろいろな抽出方法がございます。この糖尿病の危険性のある方等を年齢別に抽出することや、またそのほかのいろいろな疾病ごとの年齢別統計ですとか、いろいろなデータがとれるシステムになってございます。村のほうで、必要なデータをこのシステムから抽出することにより、また村全体の傾向をこのシステムを使って分析することにより、今後の村の保健指導の方向性、また課題等が見えてくるかと思われますので、それらに基づいて、適切な保健指導が実施できるように最大限活用していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) もう一つですが、(3)で、保健師が家庭に出向いてのいろいろな健康指導等やっていると思いますが、精神疾患、心の問題ですか、これ58%。これ全部もろもろで、これは住民の皆さんから要望が、要望というか、お願いがあって指導に行くのか。また、逆にこれはデータを見て、この人には行かなくてはいけないということで行っているのか。また、その辺は電話でも対応するということですが、電話で対応するということは、やはり行かなくとも何とかこの人だっらば大丈夫だとか、その辺はどんなふうに考えてこの訪問指導、あるいは電話相談をしているのでしょうか、お聞きします。



○議長(高野貞宜議員) 宮崎保健衛生課長。



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) 保健師の訪問につきましては、さまざまなケースがございます。ご家族からの電話での要請、またご近所の方からの要請、それとこちらからの特定健診の結果に大きな問題がある方、要するにハイリスク者家庭に対しての訪問が中心となっておりますが、やはり緊急性を要するものもございますので、保健師が出向いて判断をしなければいけないこともありますので、今年に入ってからでもこれだけの件数があるというふうなことで、今後もこういったケースというのはふえてくるかと思われます。職員体制も含めて、今後のこういったハイリスク者家庭への対応については、村としても考えて行かなければいけないことと思っております。

  電話等での対応につきましては、要は先ほど議員申されたとおり、保健師が出向くまでもなく、ご自分の心配ごとですとかというものを電話での相談があった場合にはその電話で対応したり、また電話を受けて話を聞いている中で、心配があれば出向いて直接保健指導をしたり、医療に結びつけたりというようなケースもございます。

  以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 健康相談なのですが、メタボリックシンドローム、これ治療中の方、あるいは予備軍、特定健康指導をある程度協力してくれるというのですか、ある程度来てくれる人とか、こういう106名というのは、要するに同じ人が来るのだと思うのですが、そういう中で、まだまだほかにもいると思うのですよ。そういう人たちの対策とか、そういうのはある程度声をかけたり、いろいろなことで相談をしてあげたり、家でこんなことをすればいいとか、こんな体操すればいいとか、そんなようなことは指導はしているのでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 宮崎保健衛生課長。



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) 先ほどの答弁の中でも申し上げさせていただきましたが、特定保健指導が必要な方106名に対して、保健指導のご案内をするとともに、運動教室や食生活改善教室へのご参加の呼びかけもさせていただいております。ただ、実績といたしますと、結果説明会においても特定保健指導対象者は12名、また訪問による結果説明の中でも6名、電話指導の中でも2名というような実績でございまして、これについては決して高い数値ではありませんので、今後もこれから導入するKDBシステムをフルに活用して、特定保健指導の実施率の向上についても力を入れていきたいと考えておるところでございます。

  以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 呼びかけて指導したりいろいろしていることはいいと思いますが、食生活の改善、これはなかなか直らないと思います。これは栄養士さん、保健師さんが食のプログラムをつくって、朝にはこんなもの食べる、お昼にはこんなもの、夕食はこのぐらい、そういうものをデータをつくって、あなたはこういうものを食べられるように努力をしてくださいと。そうすれば自分の健康管理が徐々にでもよくなるというような方法で、もっともっと個別にそういうプログラムをつくっていただいて指導していただくというのはいいと思うのですが、これからの対策とは思うのですが、それで5年、10年後にある程度自分のメタボ、あるいは健康状態の数値がよくなるような形をとれる方策をお願いしたいと思うのですが、その辺はこれからの計画ではどんなふうに考えているのでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

  宮崎保健衛生課長。



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) この後の補正予算の中でもお願いする内容ではございますが、今年度、埼玉県の健康長寿埼玉モデル事業を当村でも取り入れることとなりました。この内容につきましては、保健センターで実施しております各種運動教室、また食生活の改善のための料理教室等に参加していただくとともに、万歩計をつけていただいて毎日5,000歩を目標と、また個別の運動プログラムをご提供して、なおかつバランスのよい食事を心がけていただいて、事業の実施前と実施後に血液検査と体力測定を実施し、実施前と実施後の数値の検証をいたしまして、ひいては医療費の抑制につなげていくという事業でございますが、これを県の補助をいただきまして3年間実施し、その後も継続的に実施していくことによって、村民の健康増進、ひいては医療費の抑制につながるものと考えておりまして、そちらのほうを今年度から実施する予定でございます。

 以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 平成27年度に31回、運動教室ですか、これをやった結果、401名の人の参加があったと。401名、これは特定の人で、やはり同じ人が多分運動に行ったりしていると思うのですが、これ以外の人をどういうように呼び込むか。また、自分の家でそういう運動体操をプログラムを組んでスケジュールできる。先ほど課長が言っていただいたように、万歩計、いいと思います。それを、要するに、運動を私は今このぐらいやっていますとかそのプログラムに書き入れたり、万歩計も書き入れたり、そんなようなのをそういう人たちから集めて、そして、この人はまだ足らないなとか、この人はもうちょっととかというような形の、やはり一人一人のプログラムをつくって健康管理を指導していかなければいけないと思いますが、そういうところで食生活、運動、それで健康管理はそういう行政で管理をして、もう少しこの人には何をしなくてはいけないなとかという、見守りながらの健康管理をしていただかないと、村民の皆さんというのはやはりどうしてもおろそかになってしまうと思うのですよ。体操、運動にしても、食の改善にしても。だから、そういうところをこれから改めて指導を徹底していただければ、村民の皆さんはもう少し、「ああ、私はそういうことやっているんだな」という感覚を持ってくれると思うのですが、そういうところはこれから考えていただきたいと思います。



○議長(高野貞宜議員) 答弁は。



◆4番(福島重次議員) 結構です。済みません、では、次に、村長に伺いますが。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員、どうぞ。



◆4番(福島重次議員) この間埼玉県から、今課長からありましたが、健康長寿埼玉プログラムということで、東秩父も参加をして、これから健康管理のためのモデル地区、モデル村になると思うのですが、村長、このことについて、3年後にどのくらいの目標で健康長寿村にできるか。要するに、いろいろな病気が減っていくような対策というのはどんなふうにこれからとっていきたいと思っていますか、お聞きします。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

 足立村長。



◎村長(足立理助君) 福島議員の質問に私なりの見解をもって答弁させていただきます。

 そもそもこの健康づくりというのは、私は自分で国保に加入しておりましたので、毎年3年ごとの組み替えが国庫の負担率で、所得1,000万を基準にして、それから応分の割合で配分いたします。そうすると、3年ずつに最高の納付額は4万円ずつ上がってきました。このような実態を見て、この小さい村では国保は大きな問題になるということで、常に自分としてはこの国保の一元化、どこの市町村に住んでいても本来なら国保税というものは同じであってほしいということで、いろいろと町村のほうにも呼びかけをしました。おかげさまで平成30年度には国保税の一元化ということがもう決まりました。おそらくそういうものに対しては、一つの国もたまたま大きな問題として抱えていたことと思います。

 そういう中で、例えば今課長が答えておりました。こういう問題を今度具体的にどうしたらよいかということに対しましては、ここにあります保健師が家庭に出向いた件数の、これは審査しまして、毎日の日誌をつけろと。日誌をつけてどこへ誰が何にかかわったというか、そういう細分した手法をしなければいけないのではないかということで指導しました。結果的にこういう数値が残っているのは、そういうもので今実現をされております。

 そしてまた、私が村長になったとき、なぜこの村はこんなに大きな医療費がかかるのかということに対しまして、人口透析が非常に多いということになりました。大変これは言いづらいことだったのですけれども、当時のお医者さんに、「先生、なぜ人工透析がこんなに多いのかということを調べてください。そして、なぜ人工透析をしなくてはいけないのか」ということを言いました。私は、もし人工透析をするなら、3件くらいの医者に全部見てもらって、それでもなおしなければいけないのではないかと、そういうことをしていただけないでしょうかと言いましたら、随分言いづらいことを言う村長だということで直接言われましたけれども、そのくらい東秩父村の医療費というものは非常に厳しいものだと以前から考えておりました。ましてや国保税の仕組みになると、こういうことがわかっていないと、これは正直言って打破できないのですね。こういうのが根本にありました。

 そして今、さまざまな施策を、本当に国と県も進めてきました。たまたま埼玉県の上田知事も5月26日埼玉県町村会の総会の席で、「志あるところに道は開ける」というお話の中で、「人口減少と高齢化社会の到来に対して、景気と雇用を丁寧にひもときながら進めなければならない。高額な医療の負担を抑えるのはみずからの健康管理が求められている中で、1日1万歩運動へとつながる一人一人の取り組みに期待している」と語られていました。本村においても、自分の健康は自分で守るという村民意識の高揚を図るために、健康づくりを推進するため、地域のボランティアの養成や健康づくり自主グループの育成をさらに推進していきたいと考えております。

 議員が日ごろから散歩をやっております。あのような団体に改めてお願いをし、また毎朝、安戸のほうから歩いてくる団体も見かけております。さらには夜中の9時ごろ、本当に1人で孤独になってマラソンをしていただいておる方を多く見かけます。このような人にさらに呼びかけをして、一人一人が参加をしていただく。参加をしていただければ、全てこのような問題もだんだん、だんだん負担率が軽減されていくと思いますので、また担当の職員と話をし、またさらには地域でボランティア活動でやっている見回り隊の人たちにも呼びかけをして、やっぱりこのような健康づくりを皆さんと一緒に取り組んでまいりたいと思っています。

 以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 最後に、生活習慣病は、やはり自分だけの問題でなくて、村民、やはり行政と一緒になって、一人でも生活習慣病がなくなるように行政と一緒になって健康管理を守っていければと思います。

 以上で終わります。

                                              

         ◇ 渡 邉   均 議員



○議長(高野貞宜議員) 続いて、一般質問を許します。

  5番、渡邉均議員。

               〔5番 渡邉 均議員登壇〕



◆5番(渡邉均議員) 発言番号2、議席番号5、渡邉均です。議長のお許しをいただきましたので、一般質問をさせていただきたいと思います。

  質問事項、東秩父村まち・ひと・しごと創生総合戦略について。質問の要旨、平成26年11月に「まち・ひと・しごと創生法」が公布、施行されました。村においても、平成28年3月に東秩父村人口ビジョン及び東秩父村まち・ひと・しごと創生総合戦略が作成されました。東秩父村人口ビジョンによりますと、国立社会保障・人口問題研究所推計では、2040年、今から24年後には約1,625人、2060年、今から44年後には1,000人を切りまして853人と予測されています。現在の村の状況を考えますと、単身世帯、高齢者世帯が大変多くあります。子どもは村外へ、跡継ぎがいない世帯は廃墟となり、24年後の2040年を想像すると1,625人はさほど間違っていないのではないかと推測できます。

 当村では、さまざまな施策を展開し、将来展望人口推計で2040年に1,878人、2060年には1,657人とすることを目指しております。戦略の期間は、平成27年から平成31年度の5年間となっており、基本目標に、地元に根差した仕事をつくり、安心して働けるようにする。新しい「ひと」の流れをつくり、新しい交流の輪を広げる。結婚・出産・子育ての希望をかなえ、切れ目のない支援を行う。時代に合った地域をつくり、安心な暮らしを守るとともに、地域と地域を連携する。以上4つの基本目標を取り上げて取り組みしていくこととなっております。

 また、具体的な施策としては、和紙を通じた雇用拡大、村の資源を生かした雇用の拡大、和紙を通じた交流の拡大、観光による交流拡大、自然を生かした交流、そして定住の促進、結婚を希望する人々への支援、出産・子育て環境の充実、きめ細やかな教育の充実、快適で暮らしやすい村づくりの実現、医療・福祉・健康の拡充、以上10項目の施策を展開するものです。この施策に対する主な事業として、各項目について幾つかの事業を行い、重要業績評価指標(KPI)を設定し、目的値を定め、その結果検証を実施することの戦略は、今後の村のあり方を大きく左右するものと考えられます。掲げられている事業の執行に当たり、下記について質問いたします。

 (1)、総合戦略のあり方について、村長はどのようなお考えを持っているでしょうか、お伺いいたします。

 (2)、続いて、戦略実施体制は整備されているのでしょうか。

 (3)、また、今後の取り組みの具体的な計画やスケジュール、また推進に向けた意思疎通はどのようにとられているのか、お伺いしたいと思います。

 以上3点、よろしくお願いいたします。



○議長(高野貞宜議員) 渡邉議員の質問事項1、東秩父村まち・ひと・しごと創生総合戦略についての(1)の答弁を願います。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議席番号5番、渡邉均議員の一般質問、ご質問の趣旨であります総合戦略のあり方についてどのように考えているのかという質問についてご答弁させていただきます。

 司馬遼太郎著書の「この国のかたち」という言葉にひかれて目を通したことがありますが、第1巻が上梓されたのは1990年です。当時「この国のかたち」という言葉はブームになり、その後「坂の上の雲」の本は、自分を見つめ直す私にとって大きな参考となりました。議員ご質問の趣旨は、地方のかたちづくりを産官学勤労言で総合戦略に参画をしていただき、目標を設定して、できたかできないかを検証するものであると認識をしております。

 政府(内閣官房)は、まち・ひと・しごと創生本部を平成26年11月28日に立ち上げて、法律により都道府県と市町村に地方版総合戦略を作成するように努めなければならないと通知をいたしました。この地方版総合戦略の策定に当たっては、国のまち・ひと・しごと創生総合戦略を勘案し、地方人口ビジョンの策定に関する事項も含め策定をするように指示が出されました。このことに従い、平成27年1月に内閣府地方創生推進室から、地方版総合戦略策定のための手引きが配付されました。以後、本村においても、平成27年11月19日に第1回東秩父村まち・ひと・しごと創生総合戦略審議委員会を開催し、委員長に高野貞宜議長を初め、副委員長に豊田馨商工会長、委員に?田長子教育委員長、江原國利農業委員会長、鈴木健史地域振興センター所長、白石吉彦やまびこ会副代表理事、田中克一埼玉中央農協東秩父支店長、梅沢昇司埼玉県中央部森林組合長、矢島賢イーグルバス代表取締役、安藤憲成埼玉りそな銀行小川支店長、堀由美子城西大学准教授、江原正喜夢楽いく会副会長、田村智美和紙工房たかの、西沙耶香地域おこし協力隊、江原章文PTA連合会長の参加のもとで、たび重なるご審議をいただき、平成28年3月に策定する運びとなりました。

 地方版総合戦略による地域の再生は、そこに住む住民がもう一度自身のふるさとを見つめ直し、埋もれている資源を掘り起こし、再認識することから始めることだと思っております。

 国の総合戦略では、地方で展開する施策として、小さな拠点づくりと定住自立圏構想の形成がうたわれており、総務省の公民連携まちなか再生事例に関する調査研究事業報告書(平成27年3月)では、東秩父村の和紙の里ハブ化構想が小さな拠点づくりにつながる先進事例として取り上げられ、あわせて埼玉りそな地域研究レポート(萩原淳司主席研究員)にも掲載されました。

 東秩父村総合戦略においては、村の特産である和紙を前面に押し出し、そのバックグラウンドである地域の自然をベースに、そこに住む人々の有機的なつながりをもとに、出生率や転入者の増加、転出者の減少を目指すこととしております。本村のような地域資源に乏しい自治体にとって、その資源に磨きをかけ、そこに住む住民にとって資源そのものが誇りになるように足もとを見つめることが大切であり、そうしたことで、住民が輝き、そこを訪れる人々にも東秩父村の魅力を感じていただけるものと思っております。

 地域資源としての手すき和紙技術を保存、伝承し、そこから生まれる和紙を素材から作品へ発展させ、村から都会へ発信する、そうした循環を村民みずからの手で築き上げていくことにより、村民に自信が生まれ、生き生きとした地域が形成されるものと信じております。こうした活動が本村を訪れる人々にとって魅力となり、本村のプライドとなると考えております。

 そのためには、紙すきという地道な作業を担う職人を育て、品質のよい和紙を供給することが必要となります。手すき和紙職人にとっても、自身のすき上げる和紙が姿を変えた本村のエンブレムになることに誇りを持ち、継続することの糧となっていくはずです。この地元のプライドこそが地方創生の源であり、この村に住むことの誇りと本村への移住を呼び起こすものと考えます。さらに、この地域に生まれ育つことを支援し、安心して子どもたちの成長を見守ることのできる地域づくりを目指したいと考えております。村民の熱き思いと夢が形となり、確かな政策へとつながるよう、一人ひとりが実践の中で誇りを持ってつくり上げていく戦略を講じてまいります。

 以上、本村の総合戦略のあり方についてのご答弁とさせていただきます。



○議長(高野貞宜議員) 続いて、質問事項1、東秩父村まち・ひと・しごと創生総合戦略についての(2)及び(3)の答弁を願います。

 柴原総務課長。

               〔総務課長 柴原 正君登壇〕



◎総務課長(柴原正君) 渡邉均議員よりの一般質問(2)、総合戦略の実施体制についてご答弁を申

し上げます。

 平成28年5月6日より、東秩父村まち・ひと・しごと創生総合グループを発足させ、事務局を総務課に設置いたしました。この推進グループにおいては、総合戦略の事業の推進、総合戦略修正案の策定、各事業におけるPDCAサイクルの確立を進めることとしております。構成といたしましては、各課よりリーダー1名、サブリーダー1名を選出し、グループ内で戦略に基づき各課の事業を進めるための報告提案を課長会議に対して行い、課長会議においてはその内容を検討し、予算化をいたします。

 また、審議委員会に対して各事業の推進状況を報告するとともに、効果の検証についての資料提供を行います。その中で、戦略の修正が必要な部分については、課長会議了承のもと修正案を作成し、審議会における承認を受けるサイクルを続けながら、戦略の推進を図ります。

 続きまして、渡邉均議員の一般質問(3)、今後の取り組みの具体的な計画やスケジュール、また推進に向けた意思疎通はどのようにとられていますかについてご答弁を申し上げます。

 質問の(2)のご答弁で申し上げましたとおり、推進グループにより事業の進捗を管理してまいりますが、その状況がよりわかりやすいものとなるよう、年度別事業のタイムテーブルを作成し、当該年度における事業の確認、実施スケジュールの管理を行うこととしております。こうした全ての人が見てわかりやすい進行管理を行うことで、各課における事業の進捗状況が一目で理解できますので、戦略を進める上で推進グループのメンバー以外でも理解しやすいものとしてまいります。

 以上、渡邉議員からの質問(2)、(3)についてのご答弁とさせていただきます。



○議長(高野貞宜議員) 再質問を許します。

  渡邉均議員。



◆5番(渡邉均議員) それでは、再質問させていただきます。

 最初に、総務課長にもう一度お聞きしたいのですが、ただいまこの推進体制を述べていただいたわけですが、このリーダー、それからサブリーダー2名、それに総務課のほうが全体をまとめながらそういった体制をつくるということなのですが、これは専任でやられるわけですか、それとも各課の職員というのは、そこに当たった職員というのは、その都度事案に対して人が変わるわけですか。それとも、ふだんの仕事をしながらその部分もまたやるということなのでしょうか。その辺をちょっとお聞きしたい。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

  柴原総務課長。



◎総務課長(柴原正君) 各課から出てまいりますリーダー及びサブリーダーが、戦略の中において各課で所管します事業について内容を調整して、このグループ内で検討を行って実施方策についてを進めてまいるというようなことで、リーダー及びサブリーダーについては、固定した職員がこの年度内活動していくことになります。そこのリーダー、サブリーダーによって各課の対応を調整して、グループ内での討議に持ち込んで推進するという形になります。



○議長(高野貞宜議員) 渡邉議員。



◆5番(渡邉均議員) 今、体制、本当に役場の職員の皆さんも数少ない人数の中で、各課本当によく頑張っていただいているものと思います。しかしながら、ただいま村長の答弁もありましたけれども、地方創生の国の取り組み、そして各地域、我々小さな自治体ではありますが、この取り組みが本当に今後の10年、20年、30年の将来に大きな影響、また将来を決めるものと思います。立派なこの東秩父村総合振興計画というものができまして、まち・ひと・しごとをいかにつくり上げるか、これからの将来をどうするのか、これは本当に住民と行政と一体となってやっていかなければいけないことかと思います。

 先日も民論社のお計らいにより、上田知事を小川町に招いて対談、また対話する機会を設けさせていただきました。国では、つい何カ月か前、1つ話題になったこともありますが、今は第三者という言葉で話題になっておりますけれども、「日本死ね」というツイッター、あの言葉で、一生懸命働くにも働く子育てが大変だと。保育所、幼稚園に子どもを入れられない、待機児童が何千人といると。これは、人口の集中している都内では確かにそうかもしれません。東秩父村では待機児童はいないと思います。全国人口というのが一極に集中してしまっている。それに行政が追いつかない、大きな問題があると思います。ですから、国は地方に、地方が頑張って地方でその地方を再生してもらいたい、これが今の施策だと思います。

 東秩父村のこの総合振興計画を見ますと、まずこのたびの大きな事業として、和紙の里を再生するという事業に今取り組んでおります。先ほどの村長の答弁にもありましたけれども、あの和紙の里をあそこに直売所も、JAの直売所ですね、寄っていただいて、あの場所をさらに観光と地域のために両方両立するためにあそこを開発するという事業だと思います。しかしながら、住民の中にはまだその趣旨というものを深く理解できていないといいますか、これは説明不足なのではないかと思います。我々議会も、そういった住民に対する説明というのがなかなかなされていない。それから、行政のほうも、住民に今どういう状況で進んでいるのか、細かい説明がなされていない。そういったところもあろうかと思います。大事な事業ではあると。まず今、大きな大変な事業だろうと私は捉えておりますので、その辺、その事業のあり方について住民に対する説明とかそういったところ、もし村長、その辺一言ありましたら、副村長でも結構ですから、お話をお伺いしたいと思います。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

  足立村長。



◎村長(足立理助君) 議員ご指摘の和紙の里のハブ化構想、議員もこの委員に入りまして、推進委員会を立ち上げていただきまして、そこでいろいろな審議をしていただきまして、おかげさまで工事が着工の運びとなりました。私は、折に触れて、地域説明もそうでしたけれども、今このような文書に明記して、地域の皆様方にはむろん呼びかけをしまして、集まった人にこういうような文書を配布しております。これをどう捉えるか、また捉えられていないのかということに対して、不足というものがあれば、これはまたその手だてを広報等でもまた一言一句をやっぱり流さなくてはいけないと思いますけれども。当時の小さな拠点づくりの和紙の里のハブ化構想ということにつきまして、もう一度ここで確認をしていくために読ませていただきますけれども。

 「東秩父のような中山間地域の人口規模が小さい地域において、小さな拠点の形成を戦略的に進める目的とは、各集落に存在する商店、診療所、ガソリンスタンド等が人口減少に伴って廃業、撤退するなど、生活の利便性が低下しているところにあります。このため、地域内の基幹集落に行き来できる範囲内に生活サービス機能を集約し、基幹集落とその他の集落を公共交通等で結ぶことで、地域住民の生活を守ろうとするものであります。なし崩し的に基幹集落への機能の集約が進むことを防ぎ、集約化とネットワーク化を長期的な視点をもって、計画的、戦略的に進めていくことが必要です。この小さな拠点の形成は、地域住民の生活を守ることを目的とするものであり、周辺の集落を切り捨てるものではありません。皆様には、小さな拠点の形成に当たりこのような点にご理解をいただきたく、ご意見を伺いながら、地域住民の声とともに議論をし続けてまいります」と。

 「国の政策である地方創生の交付金は、「やる気があり、創意工夫したところを支援する」とあり、人口減少時代の地域の質を高めていくには、地域の人たちがみずからの頭で考え、創意工夫をし、みずからの責任で徹底して実行していく以外にはありません。右肩上がりの時代の自治体は、住民の要求もあれもこれも借金や国の補助金で実現しようとしてきましたが、人口減少社会では、何をやり何をやめるのか、適切に判断することが不可欠であり、そのための住民の合意づくりが問われている。今、住民と向き合い、国からの目線ではなく、住民から出発して、地方再生に本当に何が必要なのか議論の対象としております。人口減少となった現在、町村を初めとする地域の皆様が主体的に取り組んでいただき、今後も計画の推進を通じ、地域の皆様が国を取り囲む課題や将来像についての理解を深め、地域づくりに取り組むことを期待して。結び」とあります。というようなことを常に発信をしてまいりました。

 このようなことがまた住民に周知されていないとするならば、また広報等でもお知らせをして、ここの目的はこういうもので明確にうたってありますということを示していきたいと思っております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 5番、渡邉議員。



◆5番(渡邉均議員) ただいまの村長の答弁のとおり、本当にこの和紙の里を中心とした、何もない、何もないと言われているこの東秩父村にとって、ちょうど今ユネスコのことであるとか、いろいろなところでちょうどいい時期にあると思います。国から支援をしていただいたお金であそこを再開発し、村の中心としていく。今後の本当に将来のあり方の上でも、あの事業この事業が確かなものとなり、この地に根づくようなものにしなければならないと私も思います。

 人口を考えますと、3,000人を切ってしまい、あと本当に何十年かの間に1,000人台、1,000人を切るのではないかというような予測が本当にされております。確かに、この村で今、小学校、中学校を卒業して、手厚い教育のおかげだと思いますが、少ない人員の中でも本当に優秀な若い人たちが村外に出ていっております。それも遠くの浦和高校まで行く生徒も出ております。大学も優秀な生徒が数多く育っているとこであります。いかにそういう人たちがこのふるさとの東秩父村に居を構えてこちらに住んでいただくか、それがこの地域にいる我々の使命だと考えます。

 今1点、再質問の中で、最初の一般質問の趣旨から外れてしまうのではないかというような、ちょっと私、心配もしているのですけれども、いかにまち・ひと・しごとが地域によって必要なこと、大事なことということの観点から、もう一点質問させていただきたいのですが、若い世代がなぜ都会といいますか、便利なところへ出ていってしまうのだろうか。確かにコンビニもありません、映画館があるわけではないし、駅があるわけではないし、高速道路も走っていません。国道もないのです。でも、豊かな自然のあるこの東秩父村。先ほど村長の示していただいたその指針の中にもありますけれども、この総合戦略に基づいて、しっかり取り組んでいけば、必ずや人は、若い人の世代を誘致できるものと、また地元に残ってもらえるものと思います。そんな中で、和紙の里、あの一帯を、そういったところも考えながらこれから開発するべきだと思うのですが、役場の職員の若い人の中にも村外から通っていらっしゃる職員の方も数多くおられると思います。その中で、方針として、どうでしょう、職員の方が結婚して住めるアパート、それから今独身でも住める場所、そういったものをあの辺につくって、まずは職員の人が住んでもらって、その上でさらに若い人たちに入ってもらう。そういったことも必要なのではないかと思うのですが、その辺について、これはまち・ひと・しごと総合計画に基づく事業をやる中の一つの案として、そんなのはどうでしょうかと思うのですが、村長のご見解をお聞きしたいと思います。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

  柴原総務課長。



◎総務課長(柴原正君) ただいま渡邉議員から、和紙の里周辺に職員住宅を、職員を含む若い方たちが生活できる集合住宅的な整備はどうなのかというふうなことでご質問をいただきました。1点、確かに今職員構成の中で、半数を超える人間が村外から通ってくるような実態はございまして、そのことについて、庁内でもいろいろ、特に防災面で話をするときに、その体制をこれからどう組んでいくのかという点においても、非常に課題として取り上げられる話題ではあります。そのことについて、特に職員ということに限定するということであれば、場所をどこにということについてまでは申し上げられない点もありますけれども、村内にそういった集合住宅的なものが整備できるのであれば、それは望ましいことであるなというふうには思います。ただ、それが、職員を限定としたというふうなことになっていったときに、住民の皆さんのご意見がどういただけるのかという点については少し不安な点もございますので、その対象となる、そこに住む人をどういう対象としていくのかという点には十分配慮が必要なことかと思いますけれども、そういった点を踏まえながら、村内にそういった住宅の整備というのは考える必要はあるのではないかということは考えております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 5番、渡邉議員。



◆5番(渡邉均議員) 確かに、若い人がいかに住んでいただくかというのが、これからの人口問題、本当に一番のかなめとなるところだと思います。旧西小学校のところにこのたび特別養護老人ホームを誘致し、あそこに特別養護老人ホームを建設ということも進んでいるわけでございますが、人口はこれはどうしても生産者人口といいますか、若い世代がいかに住んでいるかということが、この東秩父村に本当に大きな将来を左右することだと思います。このまち・ひと・しごとの推進する体制というのは、今総務課長からお話しいただきましたが、ちゃんとこのような体制というのは今教えていただいたところでございますけれども、大事なのはこの審議委員会、大変なメンバーがそろっておりますので、この皆様方にいろいろ審議、助言をいただきながら事業を進めるものだと思いますが、その体制というものをつくっても、細かい、では、いざ空き家対策はどうするのだ、何をやったらいいのだと。その実際に一歩を踏み出す、行動する、その案であるとかアイデアだとか、そういったものが出てくるかどうか、また出てこなければいけないのですけれども、これは職員の皆さんに全てをお願いするのではなく、住民が一体となって取り組むべき問題だと思います。その中から、本当に必要なもの、数多く意見を出していただいて、その中からそれを精査するというのにはこの体制で必要だと思います。その数多くいろいろな、これは白石から安戸まで、大内沢を含めて、周りの秩父と比企の間に挟まれた東秩父というこの地形、この地域の中で、さまざまな問題もあるでしょうし、取り組まなければいけない課題があると思います。それをいかに吸い上げるかが行政の本当の役割だと思います。その方法について、どうやったらそれができるのか。その辺について、もし村長の考えがありましたらお伺いできればと思います。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

 足立村長。



◎村長(足立理助君) 渡邉議員がどのような趣旨のもとで私どもにご相談をしておられるのか、私なりの捉え方をしております。おそらくこの田園回帰、回帰願望というのは、この近年の大きな目標となってきております。それには、なぜ、何が必要なのか。私はそもそも政治の根本は人づくりだと思っております。それには議員を初め、多くの先人たち、そして今まで培われた歴史の中にすばらしい人格を完成できる、そのような組織こそ一番の魅力あるものだと思っています。私ども、折しも東京大学の大森彌先生に「農村文明」ということでご講演をいただきまして、いや、人口が減ることは恐れることではないと。本当に恐れるのは、人としての心がなくなることが一番大きな問題であると。ましてや、この人口がもし今の人口が倍になったら、それこそ日本は恐ろしい国になると。そういうことをしばらくよく自分たちで学んで、すばらしい地域づくりはまさに皆様の知恵にかかっているということを常々聞いております。私たちはここで考えなくていけないのは、人口が減るということは怖いことではない。ましてそこに住む人たちの心が窮すになることが問題だと。それにはおそらく来る数十年間は人づくり、まさにすばらしい議員の資質、そういうものこそ、また行政が取り組む先人のすばらしいものこそ、私は大事だと思っています。それには、まず議員が公正公平を旨として取り組み、そして誇りとなる議員活動をみずから探し、そこに住む人たちが仰げるような人をつくることこそ本当の政治ではないかと思っております。それが当分しばらくは時間かかると思います。しかしながら、そういうものをつくることこそ政治の根本ではないでしょうか。おそらく私も平成12年に田園回帰という一つの世相の風というもので書き上げておりますけれども、今となって小田切徳美先生は、まさに回帰願望は国の悲願であるということを言っておりますので、そういう人たちの先人の知恵に学びまして、一緒に議員ともども、この村がすばらしい埼玉県でどこにも負けない議員の資質を高めながら、必ずやり切ってみたいと思います。

 以上、皆様方の協力をいただきながら、すばらしい村づくりを築き上げていきたいと思っていますので、お願いします。



○議長(高野貞宜議員) 5番、渡邉議員。



◆5番(渡邉均議員) 本当に今、村長から意気込みというものをお話ししていただいたわけでございます。それを本当に我々も議会としてお手伝いできることはしなければならないと考えております。一生懸命取り組むところは取り組まなければならない。議会というその立場のほかにも、やっぱりこれは行政と一緒になって取り組むべき課題だと思います。

 近隣のよその自治体では、まち・ひと・しごと、こういった地方創生にかかわる特別な対策室というのですか、立ち上げて、専門に取り組んでいる自治体もあるように思います。これ、よそが何かをやって、それをまねしてもできることではないと思います。同じ比企の中でも東松山と東秩父は状況が違うわけですし、お隣のときがわ町、小川町と比べても、この地域はこの地域の独特なものがあるわけですから、それを生かして取り組まなければならないと考えております。その専従の対策室といいますか、地方創生の課、例えば課を設置するか。専従の者を置いて責任を持たせ、真剣に取り組んでいただく。その辺の取り組みについて、もう一度総務課長にお聞きしたいのですけれども。



○議長(高野貞宜議員) 柴原総務課長。



◎総務課長(柴原正君) 地方創生のまち・ひと・しごと創生総合戦略の実現に向けた組織体制を専任の体制として確立すべきではないかというふうなご意見だったかというふうに思いますけれども、現在、庁内においても、今の体制、実際に和紙の里の整備に伴うもの、総合的な企画立案、それから施策の推進というふうなところを専任として扱う部署について、必要性が意見として出ているということもございます。ただ、現在直ちにこの総合戦略に向けての体制を、あるいはすぐに立ち上げてというふうなことで、推進すべきというふうなことに向けて直ちに取り組むというのはなかなか難しい点があろうかと思います。ただ、先ほど申し上げたように、庁内においても企画政策の立案、それから実際に村の中心となるべき観光推進に向けては、力を入れていく必要性を職員の中からも意見が出ておりますので、そうした点について、今後、中の体制を課の組織の再編等も行う必要性も感じておりますので、そういった点は踏まえて、その組織のあり方等は考えてまいりたいというふうに思っております。

 現在においては、総務課内の企画部門においてその事務をとりおこなっておりますので、現在の推進についてはその体制の中で進めてまいりたいというふうに思っております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 5番、渡邉議員。



◆5番(渡邉均議員) 職員、本当に少ない中で、これこんな、こういった大事なところに当たる、本当に少ない中で年間通して多くの決められた仕事のほかにもやらなければいけないと、これは大変なことだと思います。今、若い本当に優秀な職員もおりますので、いろいろなアイデアが出てくると思うのですが、また職員に頼らず、各地のこれは区長会議とかいろいろな方法があろうかと思いますけれども、各地域の問題を掘り起こし、何が必要なのかをまとめられる、そういった体制で取り組んでいかないと、形だけで終わるのが一番困るわけですし、将来にわたって本当に取り組むには一番大事な今時期だと思います。せっかくすばらしい計画はできているのですから、これを実現に向けるようお願い申し上げまして、一般質問を終わりにさせていただきたいと思います。ありがとうございました。



○議長(高野貞宜議員) 以上で、通告のあった一般質問は全て終了いたしました。

  これをもちまして、一般質問を終わります。

  午前はこれまでとし、暫時休憩します。

                                      (午前11時44分)

                                              



○議長(高野貞宜議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時15分)

                                              



△議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)



○議長(高野貞宜議員) 日程第6、議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)の提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,121万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億3,121万8,000円とするものです。

 なお、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるところです。

 なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(高野貞宜議員) 内容の説明を求めます。

 柴原総務課長。

               〔総務課長 柴原 正君登壇〕



◎総務課長(柴原正君) 議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)について内容の

 ご説明を申し上げます。

 先ほど村長が提案理由で申し上げましたとおり、今回の補正予算につきましては、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ3,121万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を21億3,121万8,000円とするものです。

 それでは、歳入歳出補正予算事項別明細書により説明させていただきますので、補正予算書6ページをお願いいたします。今回の補正予算の概要につきましては、歳入において、14款県支出金が、ふるさと創生資金の交付決定に伴い2,200万円の増額、16款寄附金におきまして、1,300万円の一般寄附金を受けたことによる増が主な内容となります。

 また、歳出におきましては、2款総務費において、旧西小学校の解体整備に伴う予算が約2,000万円の増額となったものでございます。

 続きまして、内容のご説明を申し上げますので、7ページをお願いいたします。2、歳入から申し上げます。13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金、5節介護保険負担金32万1,000円は低所得者保険料軽減負担金で、国の施策として介護保険料低所得者の軽減強化のための国負担分です。

 2項国庫補助金、1目総務費国庫補助金、1節総務費補助金73万6,000円はマイナンバー制度関連事務委任補助金で、個人番号カード作成等の事務委任交付金に対する補助金です。

 14款県支出金、1項県負担金、4目民生費負担金、6節介護保険負担金16万1,000円は低所得者保険料軽減負担金で、国の施策として介護保険料低所得者の軽減強化のための県負担分です。

 2項県補助金、3目衛生費補助金、1節保健衛生費補助金200万円は健康長寿埼玉モデル普及事業補助金で、県の施策として健康長寿埼玉モデル普及促進事業費の補助金となります。

 同じく5目商工費補助金、1節商工費補助金2,200万円はふるさと創造資金で、ふるさと文化伝承館改修工事予算5,000万円の財源となるものです。

 16款寄附金、1項寄附金、2目指定寄附金、1節教育費寄附金、一般寄附金1,300万円は、東秩父村在住の方1名からの寄附金となります。

 17款繰入金、2項基金繰入金、2目公共施設等整備基金繰入金、1節公共施設等整備基金繰入金△700万円は、今回の補正予算において歳入が上回ったため、当初予定していた基金繰入金の減額を行うものです。

 以上が歳入予算の補正の内容となります。

 続きまして、歳出予算の補正内容をご説明申し上げます。9ページをお願いいたします。歳出における今回の全般的な内容といたしましては、各人件費については4月1日現在の一般職員の配置等により調整したものとなりますので、その部分のご説明は省かせていただきますので、ご了承ください。

 9ページ、2款総務費、1項総務管理費、4目財産管理費、これは旧西小学校校舎・プール解体及び整地工事設計業務委託料及び工事請負費で、当初は本校舎のみを解体予定でしたが、その後の県等の協議によりプールほかも解体することとなったため、プール解体費及び整地工事に係る設計業務委託料251万2,000円の増額、及び15節工事請負費は同内容に伴うプール解体及び整地工事に伴う工事請負費1,727万4,000円の増額となるものでございます。

 10ページをお願いいたします。5目企画費、ICT推進事業、11節消耗品24万4,000円は、基幹系端末へののぞき見防止フィルム購入費となります。同目マイナンバー制度対応事業、事務委任交付金73万6,000円は、個人番号カード作成等の地方公共団体情報システム機構に対する事務委任交付金です。

 11ページをお願いいたします。4項選挙費、1目選挙管理委員会一般経費43万3,000円は、投票箱及び投票箱の鍵の購入費となります。

 3目参議院議員通常選挙一般経費13万6,000円は、期日前投票に当たる臨時職員賃金及び選挙期間延長に備えるための費用として計上したものです。

 4目村長選挙一般経費2万6,000円は、村長選挙に関する印刷費用。

 6目衆議院議員総選挙一般経費145万4,000円は、衆参ダブル選挙に備えるための費用で、衆議院議員選挙がなくなったため未執行となります。

 12ページをお願いいたします。3款民生費、2項児童福祉費、3目児童福祉施設費は、保育所運営事業及び子育て支援センター運営事業双方における臨時職員賃金174万4,000円、臨時職員通勤手当8万5,000円、臨時職員期末報酬費6万円は、相互の事業からの予算組み替えとなります。

 13ページをお願いいたします。4目介護保険事業、高齢者介護支援事業費、介護保険特別会計繰出金64万3,000円は、国の施策として介護保険料低所得者の軽減強化のために、介護保険特別会計へ繰り出すものとなります。

 6目予防費、健康教育事業182万1,000円は、県の施策として健康長寿埼玉モデル普及促進事業に充てる費用で、8節報償費から13節委託料までがこの事業に当たる費用となります。

 14ページをお願いいたします。同じく健康教育事業、15節工事請負費、国保連合会システム導入工事50万8,000円は国保連合会システム導入費、フレッツ光回線工事2万7,000円は国保連合会システム導入に伴うものとなります。予防接種事業、印刷製本費8万3,000円は、各予防接種予診票印刷費に関する費用となります。

 15ページをお願いいたします。7款土木費、2項道路橋梁費、2目道路新設改良費、村費単独事業、15節工事請負費、村費単独事業費390万円は、和紙の里施設増改築工事における水路改修工事に伴う村の水路工事となります。

 8款消防費、1項消防費、1目常備消防費、比企広域消防組合負担金△24万8,000は、負担金決定による減額となります。

 16ページをお願いいたします。9款教育費、2項小学校費、1目学校管理費、槻川小学校管理一般経費、臨時職員通勤手当14万4,000円は、教科支援員1名の通勤手段が村営バスとなったことに伴う増額となります。

 12款諸支出金、2項繰出金、1目繰出金、特別会計繰出金、介護保険特別会計繰出金2万5,000円は、事務費の増額分を介護保険特別会計に繰り出すものとなります。

 17ページ、予備費につきましては、補正予算の端数調整29万4,000円となります。

 18ページ以降につきましては、本補正予算に係る給与費の明細書になりますので、ご説明は省略させていただきます。

 以上が平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)の内容説明となります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(高野貞宜議員) これより質疑に入ります。

 質疑はありませんか、

 7番、松澤公一議員。



◆7番(松澤公一議員) 7番、松澤公一です。

 9ページの旧西小学校プールの解体工事にかかわる件なのですけれども、壊すのに委託料251万2,000円という金額は、これほどかかってしまうのですかね。

  それと、もう一つ、これはこのプールは借地なのでしょうか、それも答えていただきたいと思います。



○議長(高野貞宜議員) 答弁願います。

 柴原総務課長。



◎総務課長(柴原正君) ただいま松澤議員から質問のありましたこの予算の編成に伴う内容につきましては、私のほうからお答えしたいと思います。

 今回の西小学校の解体に伴いまして、担当課において整備の方針等を県と協議いたしておる途中において、県等の指導により、面積等の関係も考慮してプールまで、当初はプールは解体しない予定でおったわけですけれども、プールまで含めた面積で整備を考えたほうが今後事業がスムーズに進むでしょうというふうな指導等も受けまして、そこまで解体するというふうなことで補正を組んだということになります。

 設計委託料として251万2,000円、それに伴う工事請負費として1,727万4,000円が今回追加となるものでございます。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 松澤公一議員。



◆7番(松澤公一議員) 今総務課長のほうから答弁していただきましたけれども、最初はここは解体しないでおくという計画だったですよね。これはこの施設のための、今の答弁だと敷地をそこまで拡大してやらなければできない、そんな状況なのでしょうか。これはこのプールの敷地は借地と聞いていたのだけれども、これ返すのではなくて、また引き続き借地として借りるわけですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 松澤議員の、敷地は借地ということで、1名の方から借地として小学校のときにお借りしております。借地につきましては、私のほうでお伺いしまして、教育委員会財産のほうから普通財産に戻しまして、特別養護老人ホームをつくるために貸していただけますかというふうな形でお願いしましたら、快くお引き受けしていただきました。

 それと、平面図を見ますと、旧西小学校の跡地の面積が全体で8,205平米になりますけれども、当初予定していたところは、それに体育館が災害時と社会体育施設として使うということで、それを省いた7,372平米を予定しております。特別養護老人ホームと小規模多機能型施設、それとグループホーム、それをつくるとなると、どうしてもこの面積が必要であるということになりましたので、プール等についての解体もお願いしました。それと、埼玉県西部福祉事務所と協議した中で、東秩父村は都市計画区域外ということになっておりまして、施設用地面積が1万平米以下となるということで、プールを防火水槽や調整地として使用することは必要なくなったということもありましたので、プールのほうの解体もお願いしました。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 7番、松澤公一議員。



◆7番(松澤公一議員) これは旧小学校を先に解体する、それともプールのほうが先に解体ですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) プールと小学校、どちらを先に解体するかという質問ですけれども、同時に解体をする予定でおります。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 7番、松澤公一議員。



◆7番(松澤公一議員) 今の状態では同時でなくてはできないよね、道路も入り口も少ないし。それで、着工はいつごろ計画しているのか。



○議長(高野貞宜議員) 柴原総務課長、答弁願います。



◎総務課長(柴原正君) 済みません。現在の施設が教育財産から一般財産のほうに変わっておりまして、総務課で管理しておる関係で、私のほうから予算執行に伴うことについてご答弁申し上げます。

 この後、この予算が成立した後に実際に設計に入ってまいります。その設計等の期間を置いて、その後、その期間を見るとおおむね9月議会を待って、この額によって議会承認の案件になろうかとも思いますので、9月議会後に実際の解体工事は始まるのではないかというふうに今は考えております。

 以上です。

               〔「終わります」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) ほかに質疑はありませんか。

 6番、田中丈司議員。



◆6番(田中丈司議員) 6番、田中丈司です。

 今の松澤議員に関連してなのですけれども、今住民福祉課長の説明だと、次の事業の特別養護老人ホームが来るために面積的にプールを壊さないとできないような感じの答弁だったのですけれども、次の特別養護老人ホームの業者というのですか、それは選定もできているのですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 今の田中議員の特別養護老人ホーム等の施設整備についての業者が選定できているのかということですけれども、これにつきましては、平成28年1月22日に東秩父村福祉総合施設整備法人公募要領というものをホームページにアップさせていただきました。業者のほうにつきましては、この5月23日から7月15日までを協議書、計画書を提出することになっております。業者選定につきましては、東秩父村で業者を選定するわけではありません。埼玉県西部福祉事務所で第1次審査を行いまして、2次審査として埼玉県庁の本庁のほうに行って、外部団体の学識経験者等を含めた委員さんで2次審査を行いまして、今年12月末から1月の中旬ぐらいには法人さんが決定する予定になっております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 6番、田中丈司議員。



◆6番(田中丈司議員) では、このプールの、もしきょう予算が通りまして補正予算が決まりましたら、プールの解体だとか工事の解体のときには、住民説明とか、それは近いうちにやる予定はありますか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 田中丈司議員の今の質問ですけれども、住民説明会は行いますかということなのですけれども、先ほど申しました5月23日から7月15日までに協議書、計画書を村のほうに、西部福祉事務所に提出するものと同じものを提出していただくことになっております。このため、7月15日から8月1日の間に2週間の間の1日を利用しまして、住民説明会を手を挙げてくださる法人さん全て参加して予定しております。その後、説明会が終わりましたら、近隣の方に同意書等をとっていただいてというふうな予定、スケジュールになっております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) ほかに質疑はありませんか。

  2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 議席番号2番、根岸です。

 今の松澤議員と田中議員の質問にも関連してちょっとお聞きしたいのですが、初めに、ちょっと言葉尻捉えるわけではありませんけれども、今の福島課長の答弁で、お願いしましたと。何をお願いしたのですか、誰に。お願いしましたと答弁がありましたね、松澤議員の質問に対して。忘れてしまいましたか。



○議長(高野貞宜議員) ちょっと、どういったことでしたか。



◆2番(根岸文雄議員) 何か、今の業務委託の内容が、要は当初予算の場合は、西小学校跡地の解体のみ設計業務委託料を計上したわけですね。今度ふえて、251万円計上して全部でふえて461万円になったのだけれども、何かそれを既にお願いしてしまったというような話をちょっと今していましたので、どういう内容なのかお伺いします。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 先ほどの根岸議員のお願いしましたという話なのですけれども、お願いしましたというのは、総務課のほうにお願いしましたということで、埼玉県西部福祉事務所のほうとの東秩父村住民福祉課との協議の中で、特別養護老人ホームが80床から100床以下、小規模多機能型居宅介護が29人以下、グループホームが1ユニット9人を施設整備するということで、面積としては十分な面積だと聞いたのですけれども、このほか介護職員を含む職員と来客用の駐車場を確保するとなると、プールを解体して教職員の駐車場も解体しないと狭いのではないかという指導をされましたので、このことを含めて、プールの解体、教職員の駐車場の解体整備のほうを予算計上してもらうように総務課長のほうに依頼しました、お願いしましたということです。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 引き続いて、同じようなことの質問です。それに連続した質問なのですけれども、1つ、今のやりとりではっきりしたことは、何か当初予算が210万円計上したのだけれども、いろいろ県との協議の中でプールの解体とか敷地工事のそういうものが、設計業務がふえたというような、そういう話が出たという、そういう説明があったという理解になるわけですけれども、1つお伺いしたいのは、これ総務課長に聞いていいのだかわかりませんけれども、県との協議というのはいつからいつごろの間に行われたのですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 先ほどの根岸議員の埼玉県との協議はいつからいつまでしていたかということなのですけれども、一番初めに埼玉県西部福祉事務所に行ったのが平成26年10月に西部福祉事務所のほうに行っております。その後、そのときには特別養護老人ホームというのはどういう形で進めていけばいいのかということをちょっと聞かせていただいたわけですけれども、それから村のほうで11月に第1回の西小学校跡地検討委員会が開催されまして、そのあたりからずっと県とのやりとりが行われまして、今でも県とのやりとりは行っております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 何かいまいちはっきりしないのですけれども、私がお伺いしたいのは、当初予算の議会、3月9、10、11日でしたかね、行われたわけです。そのときにはまだそういう話は出ていなかったわけですね。つまり、いつそういうふうに意思決定が変わったというか、その時期はいつなのですか。いつ、だから、当初予算を編成するときにそういう話は出ていなかったのですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 当初予算のときに出ていなかったのかどうかということなのですけれども、西部福祉事務所と初めにずっと協議していたのは、平成28年1月22日に東秩父村福祉総合施設整備法人公募要領、これをつくることでずっと県とのやりとりをさせていただきました。その中では、敷地がどうのこうのとかそういう話は特には出ませんで、これが出た後に、実は質疑をメール、ファックス、電話で受けるということになっておるのですけれども、そのときに設計業者さんのほうからちょっと疑義、質問がありまして、そのことで埼玉県西部福祉事務所と話をしましたら、面積的にプールをどうしても潰さないと、駐車場の整備まですると狭いということを言われましたので、3月以降、そうですね、今年になって4月になってからこの辺の指導をされました。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 今の、当初予算編成時ではそういう考え方は全く村になかったということで、その後の状況の変化ということになるわけですね。初めというか、私を含めて議員の中でも多くの人間が、一番初めの当初予算の説明だと、そこを全部きれいに解体しまして、そこで老人福祉施設ができるのだというような話だったので、当然福祉施設をつくるであろう場所については、当然そこ設計業務委託が必要であればそれも含めているし、それから解体の費用についても当然見積もっていると思っていたわけですよ。だから、今度の予算を見て驚いたのですけれども、では、そういう状況の変化があったということなのですね、間違いないですね。



○議長(高野貞宜議員) よろしいですか。



◆2番(根岸文雄議員) はい。



○議長(高野貞宜議員) ほかに質疑はありませんか。

 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) 4番、福島です。

 11ページをお願いします。選挙管理委員会費の中で、先ほど説明がありました備品購入45万円、これは投票箱、あとは鍵というわけですが、今まで使っていたものが老朽化していたのだとか、鍵は壊れたとか、説明をお願いします。



○議長(高野貞宜議員) 柴原総務課長、答弁願います。



◎総務課長(柴原正君) 今回の参議院選挙につきましては、ご案内のとおり衆参同時選挙になるのではないかというふうなことで、要はそこの補正予算の編成時においてはそれが同時に行われる公算が大分強い時期でありました。村では、これまで選挙を行うに際しては、そういった備品類について整備して用意をしておったわけですけれども、一部老朽化する等で、今回の衆参同時に対応するためには個数が幾らか足らないというふうなことで、期日前投票等を含めて実施するに当たっての個数をそろえる必要があったというふうなことで、今回はこの備品購入費については計上してあります。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 同時選挙はなくなったということは、これは備品を購入しなくてもいいという考えでよろしいのでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 柴原総務課長。



◎総務課長(柴原正君) 今回の参議院選挙について、衆参同時選挙はなくなったというふうなことであるわけですけれども、6目の衆議院議員の選挙費につきましては未執行というふうなことで考えておりますけれども、できるものであれば、総務課とするとこの備品購入については、また次いつどういうことが起きてくるのかというのが非常にわかりにくい状況がここへ来て発生しておりますので、備えておくという意味では、この投票箱及び鍵については執行させていただきたいというつもりではあります。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) この質問は終わります。

 次、15ページでございます。村費単独事業の和紙センターの水路ということですが、もう少し詳しく説明をお願いします。



○議長(高野貞宜議員) 神田産業建設課長、答弁願います。



◎産業建設課長(神田典仁君) こちらの村費単独事業につきましては、現在ある和紙の里の販売所裏側の水路の工事です。ちょうど駐車場のところまでは今回の水路の工事に入っておるわけでございますが、そこの駐車場から板屋さんの裏、東側の角までのおよそ65メートルの水路が老朽化して、住民説明の際にも住民の方から要望があった箇所でございます。その水路の65メートルをあわせて追加で工事をしたいということでございます。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) この追加工事ということですが、和紙センターの工事のときに設計見積もり段階のときに、そこは先ほど課長から話ありましたように、住民からそういう要望が出ていたということは、一緒の工事として予算計上はしていないということは、設計がそこまではいっていなかったということだと思うのですが、それはちょっとおかしいと思います。もう住民の人からそういう、ここの60メートルも一緒に直してくださいということであれば、今回の和紙の里の工事に一緒に見積もりの中に入れてやっていける。設計がもしかしたら間違っていたということではないでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 神田産業建設課長。



◎産業建設課長(神田典仁君) ただいまの質問にお答えいたします。

 和紙の里の整備全体としての中で、水路につきましてもあくまでもあの枠の中の工事を検討しておりました。その中で、その先が水路については細くなっているということは、途中ではございますけれども、判断はされていまして、それは土木サイドの工事として、水路工事として急遽計上させていただいたということでありまして、初めからこの水路については和紙の里などの設備の中の工事としてはカウントされておりませんでした。

 以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) そうすると、この60メートルというのは、今現在早急に直さなければいけないという問題なのでしょうか。それとも、まだこのまま使えるのであれば、そのままの水路で使っていただいたほうがいいと思いますが、いかがですか。



○議長(高野貞宜議員) 神田産業建設課長。



◎産業建設課長(神田典仁君) 現行ある水路を今度の和紙の里整備によって水路が断面積が広くなります。その広い面積を受けるのに既設の狭い断面積の水路では、水路が水を全て飲み込めないということもありまして、その水量を吸収するために改修するものであります。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) 水路が大きくなってその下が細くなると。それであれば、当然もっと設計段階で和紙の事業に入れておかなければいけないと思います。それはどう考えていますか。



○議長(高野貞宜議員) 神田産業建設課長。



◎産業建設課長(神田典仁君) 福島議員の指摘されるのはごもっともだと考えております。しかしながら、予算上、施設の要望等を検討していく上で、設備等がどんどん予算上計上がふえてまいりまして、正直申しまして予算不足になってしまったということでございます。その中で、設備が軽微というか安く済むようであった場合には、こうした予算の中でそこの水路も改修できるという判断ではございました。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) 予算が膨らむからこの工事は単独事業にしようと。結局補正でのっけてくるのなら同じことだと思います。その辺はよく考えて工事をしたほうがいいと思います。終わります。



○議長(高野貞宜議員) ほかに質疑ありませんか。

 5番、渡邉均議員。



◆5番(渡邉均議員) 5番、渡邉です。

 今回の3,000万円以上の補正なのでございますが、この中に今回1,300万円という住民から大きな大きな寄附金をいただいております。この寄附金の使い道については、寄附していただいた方から教育会計に使ってくれと、そのように言われていただいているようでございますが、この補正見まして、寄附者に対しまして、寄附した人にみればですね、教育関係でこういうことに使ってという事例はないかもしれませんけれども、使ってくださいということでありがたいお金をいただいたと思います。執行部として、今回1,300万円いただいたこの中で、寄附者に対してこういうふうに有効に使わせていただきますという、ありましたらお聞かせ願いたいと思いますが、教育長か村長か、お願いしたいと思います。



○議長(高野貞宜議員) 野村教育委員会事務局長、答弁願います。



◎教育委員会事務局長(野村智君) ただいまの渡邉均議員のご質問ですけれども、こちらの指定寄附になりますけれども、村立の小中学校の振興のために使っていただきたいという1,300万円の寄附をいただきました。そういったご寄附をされた方のまず第一には意向をくんで、それを生かすための事業に充てるというのが最も前提になります。そこで、今後どのようにしてこのご寄附された方に応えるかということで、ただいま考えられることは、今後数年間、学校教育関係の環境整備、教育施設の環境整備等並びに教育振興費、それを想定に入れまして、今年度実施できるかどうかということも視野に入れまして、それを調査検討しているところでございます。そして、今後学校現場の意見も聞きまして、そしてあとは教育委員会、そして村長、副村長、教育長等協議しながら、ご寄附された方の意向に沿うような事業を必ず実現していきたいと現在検討中でございます。

 以上でございます。



○議長(高野貞宜議員) よろしいですか。



◆5番(渡邉均議員) はい、結構です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 2番、根岸です。

 ちょっと今の渡邉議員に対する事務局長の答弁の、ちょっと引っかかったのですけれども、これ一般寄附金ですよね。純理論的にはそういう答弁になるのかなという気がしたのですけれども、どうですか。



○議長(高野貞宜議員) 野村教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(野村智君) こちらの15ページに……16ページですね、失礼しました。特定財源の中の1,300万円となっていますので、寄附自体は特定財源というふうに補正でされております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) そうすると、いわゆる一般の何でも使える寄附金とは違う性格のものだという認識なのですね。



○議長(高野貞宜議員) 野村教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(野村智君) 根岸文雄議員のただいまの質問、ちょっと疑問点というのは、こちらの16ページにありまして、一般財源というところでマイナスになっていると思うのですね。一般財源で組み込むと、寄附された1,300万円の使徒がどこで使われたかがはっきりわからないということも含めた質問でしょうか。まず、ちょっとその辺、1点確認させてください。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 歳入のところに教育費寄附金と書いてあって、備考の欄に一般寄附金と書いてあったので、そういうあれですね、何か一般的にやるあれではなくて、そういう目的がある程度絞られている、そういう寄附金という理解なのですね。それだけはっきりしてもらえばいいです。



○議長(高野貞宜議員) 柴原総務課長、答弁願います。



◎総務課長(柴原正君) 済みません。歳入において7ページをごらんいただきたいと思うのですけれども、歳入の16款寄附金、1項寄附金、2目になりますけれども、指定寄附金としてここには予定しておりますので、この指定という内容が教育費に充てるという指定となっております。

 以上でございます。

               〔「わかりました」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) どうも済みませんでした。

 ちょっと12ページでも、保育所運営事業の関係でちょっとお伺いしたいのですが、午前中、私、文教常任委員会の委員会調査報告書を先ほど読み上げたわけですけれども、その中にも触れたのですが、保育園の現場では職員減により勤務体制がとれなくなり、身の回りの細かな作業、例えば清掃等が手薄になっているという、そういう実情が現場へ行ったらわかったわけですが、このたびの補正というものはそうした現状に対応したものなのでしょうか、お伺いします。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長、答弁願います。



◎住民福祉課長(福島則元君) 委員会報告でもありましたけれども、今の根岸議員の質問に回答させていただきます。

 今回の補正予算につきましては、当初予算のときには城山保育園のほうに正規職員が4名、臨時保育士が2名、非常勤職員が1名、臨時調理員が1名ということになっておりました。子育て支援センターのほうにつきましては、正規職員が2、臨時職員、臨時保育士が1名ということで、3名の当初予算になっておりました。今回、私と一緒に根岸委員長も行っていただいてわかるとおり、保育園内にあったものが、この4月から城山保育園から子育て支援センターが保健センター内に移動しまして、子育て支援センターに行っている職員が正規職員2名のみというふうになっております。当初は子育て支援センターは2名と臨時保育士1名の3名ということで予定しておりましたから、その関係で、臨時保育士の予算を計上したものを城山保育園のほうに組み替えたということになります。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 2番、根岸です。わかりました。

 次の質問なのですが、これ老婆心で申し上げるのですけれども、その今のところの下に子育て支援センター運営事業というのがありますが、12ページのほうです。ちょっと、住民福祉課長である福島課長は子育て支援センター長を兼務しているわけですよね。それで、これからあそこの支援センターの職員が常勤2人ということで、現場へ行って見させてもらいましたけれども、なかなか大変だなというのがわかったわけですが、やはり電話その他の通信手段でいろいろ連絡調整というか、職員を指導したり、いろいろしたりするのではちょっと不十分なので、やはり現地に行っていろいろな課題があればそれを発掘して、それでよりよい方向に行くように努力する必要があると思うのだけれども、そうすると、車を使う必要があると思うのだけれども、どうも当初予算にしても、4月の臨時会の補正見ても、今回の補正もそうなのだけれども、何か足代というか、移動車燃料費のほうが、細かいことなのだけれども、予算措置していないようなのだけれども、こういうの大丈夫なのですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 今の根岸文雄議員の自動車燃料費等が予算にとっていないのはどうしてかという話ですけれども、実は子育て支援センターには今現在庁車はございません。何かあった場合には、一応隣にいる保健衛生課の宮崎課長ともちょっと話をしているのですけれども、何か買い物に行くとか、出張に行く、その他もろもろで庁車を使うというときには、保健センターの車をちょっとお貸ししていただきたいというふうな話をしております。どうしても子育て支援センターで庁車が必要だということになりましたら、これは今度村長、副村長との協議になりますけれども、庁車を1台買っていただいて、子育て支援センター専用に乗るような形をとれればと思っております。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 2番、根岸です。

 何で支援センターの移動車燃料費がないのかという実情、そういう車、庁用車がないわけですね、支援センターの。その実情はわかりました。今後の検討課題ということで。

 それから、細かいちょっと質疑ではないような話で、確認になろうかと思うのですけれども、こういうところで取り上げるような話ではないかもしれませんが、この補正予算書の20ページに書いてある内容なのですが、総務課長からはちょっと説明がなかったのですが、20ページの大学卒の行政職の初任給の数字の話なのですけれども、ちょっと教えてもらいたいというか確認なのですが、これが16万1,600円と書いてあるのですけれども、何か当初予算の数字でいきますと、全然ちょっと数字が若干違うような気がするのですけれども。当初予算は、当初予算の113ページに書いてあるのですけれども、16万4,300円。いつから16万1,600円になったのかなということで、4月の臨時会で給与の改定があったので、それが関係しているのかなという疑問もあるのです。そのときの出された資料を見ると16万1,000何某という数字が出てこないので、ちょっとその辺を確認したいのですが。

 済みません、今の……



○議長(高野貞宜議員) 根岸議員、追加ですか。



◆2番(根岸文雄議員) 根岸です。

 今の話でちょっと説明不足で。ほかの行政職、技能職、国の制度とかいろいろ中卒、高卒、短大卒、全部数字が載っていますが、これの数字は変動なくて、当初予算と。この大卒の試験のところだけ下がってしまっているのですよね、数字が。だから、何かいつ下がったのか、教えてもらえばと思うのです。

               〔「休憩いただけますか」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 暫時休憩します。

                                      (午後 2時06分)

                                              



○議長(高野貞宜議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時07分)

                                              



○議長(高野貞宜議員) 柴原総務課長、答弁願います。



◎総務課長(柴原正君) ただいま根岸議員からご指摘をいただきました補正予算書20ページ、イの初任給、大学卒試験の行政職の金額が「16万1,600円」となっておりましたが、大変申しわけございません。こちらの資料、補正予算書を作成する上での入力ミスでありまして、当初予算のとおり、「16万4,300円」が正しい数字でございます。申しわけございませんでした。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 事情わかりました。



○議長(高野貞宜議員) よろしいですか。

 ほかに質疑ありませんか。

 4番、福島重次議員。



◆4番(福島重次議員) 4番、福島です。

 15ページをお願いします。失礼しました。16ページです。学校教育の槻川小学校一般管理費、臨時職員の通勤手当14万4,000円、これは、この方は通勤を変えたのですか、村営バスに。それで、これは何月からこの予算を計上するようになったのでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 野村教育委員会事務局長、答弁願います。



◎教育委員会事務局長(野村智君) ただいまの福島重次議員のご質問にお答えします。

 こちらのほうは小学校の臨時職員の教科支援員1名の方の例で、4月当初から通勤手段を村営バスとしたということです。それまで4月分については自分で支払ったと、日割りで通勤をしておったというのが事実です。それで、相談を受けまして、その実態がちょっとこちらも把握していなくわからなかったので、本人の申請と、あと学校長からの申し出がありまして、通勤方法についてはそういった村に制度がないのかということの問い合わせがありましたので、臨時職員でありますので通勤手当は支給することはできると。それは自家用自動車ではなくて、公共交通、村営バスのときには出ますということで、5月から3カ月定期を購入して開始をしました。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) そういうことはわからなかったと、バスで通っているのは。では、車では通っていたのですよね。そうすると、車で通っていたとなると、距離によっての交通費がきっと出ていると思うのですが、その辺はどうだったでしょうか。



○議長(高野貞宜議員) 野村教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(野村智君) この方は最初から自家用自動車ではなくてバスを、もしくはご家族の方が帰りのときに迎えにいくという変則な方法で通われていたということで、自分がみずから自家用自動車で通勤をした事実はございませんでした。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 4番、福島議員。



◆4番(福島重次議員) 臨時職員にも通勤手当が出るということであれば、勤めるときからそういうことはちゃんと決まりなのですから、車で来る人はその距離の金額を払う、またバスで来る人にはバスの定期代を最初に予算計上しておかなければいけないと思います。これはもう当初予算にものせられたと思うのですが、これからはそういう臨時職員にもそういう手当が出るのであれば、初めからお願いしたいと思います。

 終わります。



○議長(高野貞宜議員) そのほか質疑はありませんか。

 7番、松澤公一議員。



◆7番(松澤公一議員) 7番、松澤公一です。

 さっきのプールの件で戻るのですけれども、このプールの解体した跡地は施設になるのですか、それとも駐車場になるのですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 松澤議員の質問に答えさせていただきます。

 現在、村、県に社会福祉法人を公募していますけれども、法人として正式に手を挙げるというところはまだございません。ただ、数社、興味を持っているということで、うちのほうでは数社挙げてくれるのかなというふうには思っていますけれども、その法人さん一つ一つが平面図から小規模多機能、グループホーム、特別養護老人ホーム、その建て方自体とか位置が全部変わります。それなので、ある1法人に決まった段階でおそらくそのプール跡地がどうなるかというのが決まってくるのですけれども、今現在ではまだその1法人に決まっておりませんので、そのプールを解体したところが何になるかというのはちょっとまだ答えられないところであります。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 7番、松澤議員。



◆7番(松澤公一議員) あそこが今課長のほうから説明がありますとおり、業者が決まらないうちは施設が駐車場になるかわからないという答弁をいただきましたけれども、もし駐車場になるのであれば、あそこの保健センターと包括支援センターの駐車場が余りにも狭くて困っているという話なので、もしできればあそこをもう少し延長してしまって、保健センターのほうまでつなげてしまって、そこへ駐車場にすれば、両方かなうのではないかと思うのですが、いかがですか。



○議長(高野貞宜議員) 福島住民福祉課長。



◎住民福祉課長(福島則元君) 松澤議員の質問に答えさせていただきます。

 保健センターの駐車場ということで広げてですけれども、社会福祉法人にうちのほうが施設として貸す形になりますので、多分、特別養護老人ホームと小規模多機能型居宅介護、グループホームの敷地、うちのほうでお貸しする敷地につきましては、多分フェンスか何かでずっと囲われるような形になると思われますので、そのまま駐車場から延ばしてというわけには多分おそらくいかないとは思います。村の駐車場として使って、特別養護老人ホーム等につきましては、特別養護老人ホーム等の方の職員の駐車場ということに多分はっきりと分かれる形になると思われます。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) 7番、松澤議員。



◆7番(松澤公一議員) 補正予算とは関係ない話してしまって申しわけないのだけれども、理想としたらという話をしたので、それもできたらということです。

 以上です。



○議長(高野貞宜議員) よろしいですか。

  ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 総務課長より補足説明がありますので、お願いいたします。



◎総務課長(柴原正君) 大変申しわけございません。直接補正予算とは関係ない内容とはなりますけれども、通例、東秩父村で繰越明許費があった場合には補正予算の流れの中でご説明をさせていただいておりました。平成27年度の東秩父村の繰越明許費の繰越計算書というものがお手元に配付されているかと思いますけれども、内容につきましては、3月定例会でご説明を申し上げました内容がそのまま繰り越しされております。内容については変わっておりませんので、報告事項としてここでその旨を報告させていただくということでご容赦いただきたいと思います。

 大変申しわけありませんでした。



○議長(高野貞宜議員) 2番、根岸文雄議員。



◆2番(根岸文雄議員) 今の繰り越しの関係で1つだけちょっと。その一番下の欄の何か全協の場で総務課長の説明だと、どうもこれ書いてあるのだけれども、できそうもないというのは一番下の事業と説明がありましたですね。それで、ちょっと理論的には繰越明許費を27年度中に繰り越しをするのだという決議をして、今回これをいわゆる提出なのだけれども、中身は報告ということできょう議会がいただいているので、初め議決した内容を覆すということは通常あり得ないので、きょうの内容をあれこれ言うつもりは全くないのですが、一番最後のところ、未執行というのはそれちょっと気になりまして、それは合法的なのですけれども、だと思うのですが、何か未執行になる、まあ内容的にもいろいろいい事業かなと思っているのだけれども、できるならせっかく議会でも議決して繰越明許でやると言ったものなので、できればその事業を推進してもらいたいなという気もするのだけれども、何が未執行の原因なのですか。それだけちょっとかいつまんでお答えください。



○議長(高野貞宜議員) 繰越明許は今回の議題にありません。したがって、別の機会にほかの席で答えを求めてください。



◆2番(根岸文雄議員) 議案ではないのですか。



○議長(高野貞宜議員) 議案ではないです。



◆2番(根岸文雄議員) わかりました。



○議長(高野貞宜議員) ほかに質疑がありましたら。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第32号 平成28年度東秩父村一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(高野貞宜議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)



○議長(高野貞宜議員) 日程第7、議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)の提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ66万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億7,316万3,000円とするものです。

 なお、歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は、「第1表 歳入歳出予算補正」によるところです。

 なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(高野貞宜議員) 内容の説明を求めます。

  宮崎保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 宮崎士朗君登壇〕



◎保健衛生課長(宮崎士朗君) 議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)の内容についてご説明いたします。

  お手元の補正予算書の事項別明細書によりご説明いたしますので、恐れ入りますが、5ページをお開きください。初めに、歳入でありますが、7款1項1目介護給付費繰入金64万3,000円の増額については、平成27年度から国による低所得者の軽減強化が行われ、第1段階において基準額に対する割合が「0.5」から「0.45」に引き下げられたことによる差額4,200円の対象者153人分について、国2分の1、県4分の1の負担金の内示があったため、村の負担分4分の1を合わせた金額を一般会計から繰り入れるものであります。

 同項4目事務費繰入金2万5,000円の増額については、平成28年4月1日から地域密着型通所介護が施行され、小規模な通所介護が地域密着型サービスへ移行されたことに伴い、介護給付費単位数表標準マスタが必要となったため、標準マスタの年間ライセンス料の9,000円と主任介護支援専門員の更新研修費の不足分1万6,000円を一般会計から繰り入れるものでございます。

 次に、歳出についてご説明いたします。1款1項1目一般管理費は、先ほど歳入でご説明いたしました介護給付費単位数表標準マスタの年間ライセンス使用料と主任介護支援専門員の更新研修費の不足分をそれぞれ増額補正するものです。

 5款1項1目給付準備基金積立金については、一般会計から繰り入れる低所得者保険料軽減負担金を不測の事態に備えるために全額積み立てるものでございます。

 議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)の内容説明は以上であります。ご審議のほどよろしくお願いいたします。



○議長(高野貞宜議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

 これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第33号 平成28年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(高野貞宜議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第34号 東秩父村教育委員会委員の任命について



○議長(高野貞宜議員) 日程第8、議案第34号 東秩父村教育委員会委員の任命についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第34号 東秩父村教育委員会委員の任命についての提案理由を申し上げます。

  委員の渡辺成夫氏が平成28年7月31日をもって任期満了となるので、新たに田中俊哉氏を任命したいので、この提案を行うものです。



○議長(高野貞宜議員) 本案件は人事案件ですので、質疑、討論を省略して、直ちに採決いたします。

 これより議案第34号 東秩父村教育委員会委員の任命についてを採決いたします。

  本案に原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(高野貞宜議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

                                              



△閉会中の継続調査の申し出について



○議長(高野貞宜議員) 日程第9、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

  特定事件について閉会中の継続調査をしたい旨の申し出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  お諮りいたします。各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

                                              



○議長(高野貞宜議員) お諮りいたします。

  本定例会で議決されました議案等の条項、字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これに異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 異議なしと認めます。

  よって、条項、字句、数字、その他整理は、議長に委任することに決定いたしました。

                                              



△閉会について



○議長(高野貞宜議員) お諮りいたします。

  本定例会で会議に付された事件は全て議了いたしました。

  ここで、村長から挨拶のための発言を求められています。これを許可します。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議長のお許しをいただきましたので、一言御礼を申し上げます。

  今議会定例会にご提案申し上げました全ての議案につきまして、慎重にご審議を賜り、いずれも原案のとおりご決議をいただき、まことにありがとうございました。ご審議を通じて賜りましたご意見等につきましては、今後の行政の執行に当たり、十分配慮してまいります。

  さて、新年度の大きな事業であります小さな拠点づくりが着実に進捗しておりますが、議員各位にさらなるご支援を賜りますようお願いを申し上げまして、閉会の挨拶とさせていただきます。

 本日はまことにありがとうございました。



○議長(高野貞宜議員) 以上、村長の挨拶を終了いたしました。

  よって、東秩父村議会会議規則第6条により、本日をもって閉会することにいたしたいと思います。これに異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(高野貞宜議員) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会は本日をもって閉会することに決定いたしました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(高野貞宜議員) これにて平成28年第3回東秩父村議会定例会を閉会といたします。

                                      (午後 2時28分)