議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 東秩父村

平成25年  3月 定例会(第2回) 03月06日−議案質疑、討論、採決−02号




平成25年  3月 定例会(第2回) − 03月06日−議案質疑、討論、採決−02号







平成25年  3月 定例会(第2回)





          平成25年第2回(3月)東秩父村議会定例会

議事日程 (第2号)
                        平成25年3月6日(水曜日)午前10時00分開会
 日程第 1 諸報告
 日程第 2 議案第 2号 平成25年度東秩父村一般会計予算
 日程第 3 議案第 3号 平成25年度東秩父村国民健康保険特別会計予算
 日程第 4 議案第 4号 平成25年度東秩父村介護保険特別会計予算
 日程第 5 議案第 5号 平成25年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算
 日程第 6 議案第 6号 平成25年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算
 日程第 7 議案第 7号 平成25年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算
 日程第 8 議案第 8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例
 日程第 9 議案第 9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正
              する条例
 日程第10 議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例
 日程第11 議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例
 日程第12 議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例
 日程第13 議案第13号 東秩父村社会教育委員設置条例の一部を改正する条例
 日程第14 議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例
 日程第15 議案第15号 東秩父村重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例
 日程第16 議案第16号 東秩父村在宅介護支援事業条例を廃止する条例
 日程第17 議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例
 日程第18 議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準
              を定める条例
 日程第19 議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並び
              に指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の
              方法に関する基準を定める条例
 日程第20 議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条
              例
 日程第21 議案第21号 東秩父村が管理する村道の構造等の基準を定める条例
 日程第22 議案第22号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例
 日程第23 議案第23号 東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例
 日程第24 議案第24号 東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資
              格基準に関する条例
 日程第25 議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について
 日程第26 議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の
              規約変更について
 日程第27 議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更について
 日程第28 議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)
 日程第29 議案第29号 平成24年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
 日程第30 議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)
 日程第31 議案第31号 平成24年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1
              号)
 日程第32 議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
 日程第33 議案第33号 平成24年度東秩父村簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)
 日程第34 議案第34号 東秩父村道路線の変更について
 日程第35 閉会中の継続調査の申し出について

出席議員(8名)
     1番  福  島  重  次  議員     2番  渡  邉     均  議員
     3番  田  中  丈  司  議員     4番  松  澤  公  一  議員
     5番  栗  島  正  道  議員     6番  眞  下  ?  身  議員
     7番  吉  田  英  夫  議員     8番  高  野  貞  宜  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  村   長   足  立  理  助  君   副 村 長   関  口  知  廣  君
  教 育 長   根  岸  敏  夫  君   総 務 課長   根  岸  義  和  君
  会計管理者   高  野  守  生  君   税 務 課長   柴  原     正  君

  住 民 福祉   井  上  高  一  君   保 健 衛生   坂  本     年  君
  課   長                   課   長

  産 業 建設   福  島  信  之  君   教育委員会   野  村     智  君
  課   長                   主   幹
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   神  田  典  仁      書   記   宮  崎  士  朗



                                              



△開議の宣告



○議長(眞下?身議員) ただいまの出席議員は8人です。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前10時00分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(眞下?身議員) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。

                                              



△諸報告



○議長(眞下?身議員) 日程第1、諸報告を行います。

  本日の付議案件は、議案第2号 平成25年度東秩父村一般会計予算ほか32件です。

  次に、議案説明のため、村長ほか関係者の出席を求めております。その者の職氏名を一覧表にしてお手元に配付いたしましたから、ご了解ください。

                                              



△議案第2号 平成25年度東秩父村一般会計予算

 議案第3号 平成25年度東秩父村国民健康保険特別会計予算

 議案第4号 平成25年度東秩父村介護保険特別会計予算

 議案第5号 平成25年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算

 議案第6号 平成25年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算

 議案第7号 平成25年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算



○議長(眞下?身議員) 日程第2から日程第7の議案について審議を行います。

  日程第2、議案第2号 平成25年度東秩父村一般会計予算、日程第3、議案第3号 平成25年度東秩父村国民健康保険特別会計予算、日程第4、議案第4号 平成25年度東秩父村介護保険特別会計予算、日程第5、議案第5号 平成25年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算、日程第6、議案第6号 平成25年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算、日程第7、議案第7号 平成25年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算を引き続き一括して議題といたします。

  初めに、議案第2号 平成25年度東秩父村一般会計予算の歳入歳出全般について質疑を行います。

  なお、質疑の際はページ数を告げてから質問していただくようお願いをいたします。

  それでは、質疑をどうぞ。

  1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  98ページ、045飲料水製造業務委託料についてなのですけれども、平成25年度144万2,000円を計上してありますが、何本製造する見込みかお聞きします。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) ただいまのご質問ですが、平成25年度は2万本を予定しております。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 過去、既に飲料水製造を実施していましたが、今現在何本売れ、その収益はどのくらいかお聞きしたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) 当初、平成22年の9月に1万本つくりました。村のPRのためにつくりました。それは全てPR用に処分してしまいましたので、ございません。このときは、県の補助金が6割弱ありました。2回目に製造しましたのが、平成23年9月2万本製造しました。平成23年9月から平成25年の2月までの売り上げですが、4,432本、29万1,680円、これは売っております。売り先は、和紙の里、商工会、JAの直売所、それから自動販売機の設置業者でございます。

  そのほかに、2回目に製造した目的は、PRとともに原発の被災地、葛尾村へ提供するということもありまして、葛尾村に4,800本提供いたしました。その後、各種イベント等で、例えば東松山のスリーデーマーチとか、埼玉県の比企元気アップとか、県庁のオープンデー、それから村の村民体育祭、羽生のゆるキャラサミット、それから東西小学校の閉校式、そのほか役場関係、村外からの会議の人たちに提供いたしました。その本数が、イベントで4,976本です。今現在、2月末現在で5,808本の残数がございます。金額にしまして、葛尾村へ4,800本提供しまして31万2,000円、各種イベントで4,976本配布しまして32万3,440円、残数5,808本で37万7,520円ということでございます。提供したのと残数で、金額にしますと101万2,960円ということになります。収益が29万1,680円、配布したのが残数合わせて101万2,960円ということでございます。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) PRでかなりの金額を使っていると思います。25年度は県の補助金は来るのですか、来ないのですか。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) 県の補助金は当初の1回のみで、それ以降はもう村の持ち出しということになります。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) PRに使うのもいいと思うのですけれども、また144万2,000円と。まだ5,000本近く残っていると思います。これを果たして村内、村外のPRにお水を使う。よそでも水をつくったりしていると思いますけれども、果たしてこのお水が本当にこのPRに役に立つのか、ほかにPRができるような方法があると思います。例えば、インターネットでもっとPRをする、その予算に使う。例えば、県にお水を持っていくのではなくて、もっとほかの形での、県から東秩父にPRをしていただけるように、村から情報を発信できるようなこととか、逆に東秩父から外にチラシを持って、例えば村外の東京、あるいはどこでもそういうものを配る。お水をただ配るだけでなくて、そういうPR活動というのも、この144万2,000円、これをそういうふうな形で使える方法があると思いますので、村長、この件につきましてPR活動に、もう少しお水でなくてほかの方法がありましたら、ちょっと答弁をお願いしたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 足立村長。



◎村長(足立理助君) この飲料水については、当初県の補助金もあったということで、それが今はないということで、今5,800本の残があるということで、これは2万本を一括で生産する単価でやっているらしいのですけれども、少なくとも水というのは1年間で、2年間置いてももつというようなお話を聞いたのですけれども、やはり1年間で少なくとも飲み干せるぐらいの量のほうが、私なりにはいいと思っています。

  また、PRの方法なのですけれども、先般埼玉新聞にも東秩父の花桃とか、やはりいろいろな角度で出費が出てきておりますので、この機会に私なりにもこの金額を見直して、ほかにも使えないかというようなものをこれからも職員と協議しまして行っていきたいと思いますので、その辺のことを、今非常にいい提案をいただきましたので、やはりインターネットでやるとか、もう新しい方法でやるのも必要かと思っております。そういうところを十分考えながら、これからも取り組んでいきたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 今村長が申されたように、お水でなくて、ほかの方法でのPR活動をぜひ進めていただきたいと思います。

  終わります。



○議長(眞下?身議員) ほかに。

  4番、松澤公一議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤公一ですけれども、129ページの006村民健康増進事業補助金、これきのうの時点で眞下議長さんに質疑をしていただきまして、使う用途がスポーツ団体のほうの補助金に使うということで答弁をもらいましたけれども、この名目の変更、これを変更していただくことはできないでしょうか。もし、この村民健康増進事業補助金となると、いろんなことをやっている、福祉やったり、いろんなことをやっている事業とも関連が間違えられるような、そんな名目でありますので、この名目を変更できるか、考えてはいただけないでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  野村教育委員会主幹。



◎教育委員会主幹(野村智君) 松澤議員さんのご質問ですけれども、この129ページの村民健康増進事業の補助金という、非常にわかりづらいという認識でよろしいでしょうか。



◆4番(松澤公一議員) ええ、そうです。



◎教育委員会主幹(野村智君) 常日ごろから松澤議員は、健康、元気はつらつにするために、スポーツを盛んにしたいというふうにおっしゃっているのをお聞きしますので、そういった面でスポーツの増進ということで質問されていると思います。それで、昨日説明したように体育協会でこういったスポーツ増進に係る事業で10万円の補助ということはご理解いただけますでしょうか、そちらのほうは。

  あと、名称に限ってですけれども、こちらの項目見ていただきますと、こちらのほうは保健体育費になっておりますので、すなわちスポーツ団体、体協を含むスポーツ団体、そちらのほうの団体に使う費用であるということで、主にスポーツ団体の項目の部類になっております。それを含めて、非常にわかりづらいというご指摘を受けましたので、場合によっては検討させていただきまして、もう少しわかりやすい、何に使うのかというふうな内容の変更を検討させていただくということでご理解、ご了承願いたいと思いますけれども。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 4番、松澤公一議員。



◆4番(松澤公一議員) 先ほどの答弁で、その変更のほうを考えてくれるということを伺いましたので、これはわかりました。

  もう一つ、この補助金の10万円と、130ページの025スポーツ団体派遣費補助金とありますけれども、これも各スポーツ団体の派遣費用として計上されていると思うのですけれども、これと合わせて23万5,000円、これを11団体のスポーツ団体で分けると、約2万ぐらいの補助金が行き渡ると思うのですけれども、各団体が県大会やいろんな団体の出張に行くときに、やはり今まで実費でやっていたらしいのですけれども、2万何がしのお金だとやはり不足をしているのではないかというふうに考えておりますけれども、以前は、平成21年度までは56万4,000円ぐらいの補助金が、この11団体に出ていたそうでございます。だから、私はこの2万何がしのお金だと足りないと思いますので、この補助金の10万円というものを、今体育協会のほうに委ねて補助金として使うということを聞きましたので、体育協会の会長さんに各団体の、今年は幾らかかる団体、忙しい団体、また来年にはこういう番が回ってくる団体、そういった団体に合わせて補助金を使っていただければ有効に使えるのではないかと私は思っております。

  そして、今も野村事務局長さんのほうから答弁がございましたけれども、やはりスポーツというのは健康維持を兼ねますので、これからも補助金を少しながらもこういう団体にふやしていけたら健康維持にもつながるのではないかと、こういうふうに思っております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 野村教育委員会主幹。



◎教育委員会主幹(野村智君) 今松澤議員さんのおっしゃったことを、体育協会の方々と協議しまして有効に活用できるように、またいろいろなご意見もあると思いますので、そちらのほうを有効活用できるように、体育協会との連携も深めながら教育委員会としても進めてまいりたいと思います。よろしくお願いいたします。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) 5番、栗島正道議員。



◆5番(栗島正道議員) 5番、栗島正道です。

  96ページなのですが、説明のほうの商工費なのですが、002商工会補助金、指導員補助金、こういう2点とか、前のページにあります94ページの緑の募金事業、ちょっと前後して申しわけないのですが、98ページにありますふるさと商工祭開催事業、こういうばらばらに商工会の関係の予算が、補助金等が出ておりますが、できればもっとまとめたほうが体裁よくできるのではないか。それと、またいただくほうもありがたみが多いのではないかというような気がするのですが、ちょっとご説明をいただけたらありがたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) ただいまのご質問でございます。ばらばらになっている補助金を1つにしたらというご質問ですが、前のページ、94ページの緑化推進事業は、これは県からの補助金も入っておりますので、これは単独の事業ということでさせていただければと思います。

  次に、商工会への補助金、それから指導員の補助金は、これは村からの持ち出しで1つにさせてもらっています。

  次に、ふるさと商工祭の補助金ということで、これは商工会の補助金、指導員の補助金とはまた別の、1つの事業としての補助金なので、分けさせてもらっております。1つにして、商工会にやって、商工会からまたふるさと商工祭というふうに出してもいいのでしょうが、もとがわかるようにということで分けさせてもらっているような状況でございます。

  以上でございます。



◆5番(栗島正道議員) どうもありがとうございました。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  144ページ、定年退職金及び、これに対する差しかえをしたわけなのですけれども、理由を説明していただけますか。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) このたび国家公務員と、それから民間の退職金の格差が約400万あるということで、これをある一定期間かけて国は是正をしたいというお話です。これにつきまして、国の制度のところの数字を差しかえさせていただきましたけれども、これは1月1日現在というふうに捉えますと、差しかえさせていただいた数字で国は改正を行ってございます。また、村の支給率につきましても、市町村総合事務組合に加盟して、そこで退職手当の事務を行っておりますので、この4月から国と同じ支給率になるということでございます。当初の数字が、全く申しわけありませんけれども、確認がうまくできていなかったということで訂正をさせていただいたところであります。おわびして訂正させていただきます。よろしくお願いします。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) わかりました。



○議長(眞下?身議員) ほかに。

  2番、渡邉均議員。



◆2番(渡邉均議員) 2番、渡邉です。

  土木費について、ちょっとお伺いいたします。予算書の102ページ、今回大変大きな事業であります社会資本整備総合事業1億5,000万、村道4271号線の工事の事業になると思いますが、これの財源の配分をちょっとお聞きいたします。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) ただいまの渡邉議員のご質問にお答えいたします。

  村道4271号線、半場線の道路と橋梁の工事でございます。予算が1億5,000万に対しまして、国への補助金申請が1億4,000万で計算して65%、9,100万の国庫補助金を申請してございます。さらに残りの分、過疎債を4,500万円で、村の持ち出しが1,400万円ということになりますが、国への補助金の申請1億4,000万円は工事として消化しなければなりません。ちょうど1億4,000万をとっておくのだと、工事が出た場合に消化できませんので、上乗せして1億5,000万という予算に計上させていただきました。1億5,000万全て使うということではなくて、補助金の範囲をちょっと超えて使うというふうな考えを持っていただければと思います。したがって、村の持ち出しが1,400万と計上してございますが、これは全て1,400万を使うということではないということでご理解を賜りたいと思います。

  よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) 2番、渡邉均議員。



◆2番(渡邉均議員) ありがとうございます。この東秩父村では、やはり億の金の事業となりますと、もう単独でやることはほとんど厳しい状況だと思います。今回この社会資本整備総合交付金ということで、65%国のほうからもらうことができた。やっぱりこういった皆さんの努力が、一つの村の大きな事業がやれることだと思います。これからも幾つか億のかかる事業があると思いますけれども、私ども議員団も全面的協力いたしますので、ぜひ村長、副村長には村のために頑張って県、国にお願いしていただいて、お金をもらってきていただかないとこういった事業できませんので、できましたら村長に一言意気込みをお願いしたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 足立村長。



◎村長(足立理助君) 渡邉議員さんには、以前も東秩父の光ファイバーに対する補助金を代議士を通じて国のほうに要望し、本当にたばこ一箱ぐらいで5億の事業が、当初5億5,000万かかる事業が2億円ちょっとということでできまして、最終的にはたばこ一つでできまして、本当にありがとうございます。これからも本当に議員が申したとおり、私たちは営業しながら補助金をいただくという、小さな村で財源がありませんので、そういうのはもう十分によく理解しているところであります。

  先般も埼玉県知事へ、花卉組合の振興のために議長ともども知事へ花桃を届けて村の宣伝アピールをしてきましたけれども、とても喜んでいただきました。折に触れてこれからも、外交は大変私たちの行政は必要なことだと思いますので、一生懸命副村長、教育長、各団体に足を運びながら、どのような補助金が利用できて、どのような事業ができるのかということはもう一緒に考えていただきまして、本当に取り組んでまいりたいと思います。ぜひ議員各位の力もおかりしながら進めてまいりたいと思います。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

  7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番、吉田英夫でございます。

  15ページの村税の中の軽自動車税ですが、この軽自動車税がアップしておりますが、軽そのものがふえるのではなくて、反面排気量の大きい車、軽自動車以外の車が減少しているのかどうか、そこをちょっとお聞きいたします。



○議長(眞下?身議員) 柴原税務課長。



◎税務課長(柴原正君) ただいまの吉田議員の軽自動車税の増加については、軽自動車の増加があるとともに普通車の減少があるのかというふうなお問い合わせですけれども、そのとおりでありまして、近年3年ほど、もうちょっと前ですね。近年自動車税については、例えば平成21年には、村に課税登録台数として1,609台の普通車があったわけですけれども、24年の実績では1,479台に減少しております。ここで約130台ほどでしょうか、落ちております。普通車から軽自動車への乗りかえというふうな動きが数字的にも見えてきているというふうな状況の中で、軽自動車税については増加の見込みというふうなことで計上させていただいております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 19ページ、使用料ですが、高齢者生きがいセンター使用料が5万円に対して、ふれあいセンター槻川使用料は12万という金額の差。これがどういう使用方法か、その内容的なものをちょっとお聞きしたいのです。無料で使用できる団体さん等もありますから、頻繁に生きがいセンターのほうが扉があいているような気もしますが、その内容についてちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) ただいまの吉田議員のご質問にお答えいたします。

  生きがいセンターよりふれあいセンターのほうが使用料がふえているということは、法事がふれあいセンターのほうが数が多いです。法事は個人で使うので有料になりますので、そこでこの差が出ております。サークル的な活動では、生きがいセンターのほうが多いです。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) ほかに。

  8番、高野議員。



◆8番(高野貞宜議員) 8番、高野です。

  49ページですけれども、防犯対策事業、これが昨年から比べると増額になっております。中身を見ますと、006の電気料というのがかなり大幅な増額になっていますが、新たに防犯灯等とか、何か防犯に関する新たな施策をとるのかどうか、その辺ちょっとお聞きいたします。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) この電気料につきましては、村内にありますいわゆる防犯灯等の電気料金になります。昨年までは交通安全対策費、道路関係ということで交通安全対策費のほうに予算措置をさせていただいておりましたけれども、基本的には防犯という性質のものでございますので、今年度から防犯対策のほうに組みかえをさせていただいております。

  大変失礼しました。昨年度までは財産管理のほうに計上させていただいております。財産管理のほうから防犯対策事業に電気料金を組みかえさせていただいております。防犯灯の電気料金と、村内全域ということになります。これは、1年間一括払いです。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 8番、高野貞宜議員。



◆8番(高野貞宜議員) 了解しました。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 続いて、議案第3号 平成25年度東秩父村国民健康保険特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 続いて、議案第4号 平成25年度東秩父村介護保険特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 続いて、議案第5号 平成25年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  227ページ、合併浄化槽会計の一般会計から繰出金が1,800万繰り出しがありますが、過去10年分繰り出し金額は、年度別に説明をお願いします。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 過去の10年分ですか。



◆1番(福島重次議員) はい。



◎保健衛生課長(坂本年君) 済みません、過去10年分資料を用意してございませんので、後ほど資料を用意させていただきますが、それでよろしいでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) では、この合併浄化槽なのですけれども、毎年ふえていると思います。平成25年度は1,832万2,000円と、多額な一般会計からの繰り出しがあると思います。これまた今年も15基ですか、また予算にのっているわけですが、これを続けていくと毎年予算がふえて、一般財源がふえていくと思うのですが、これをどういうふうな形でいくのか。受益者に負担をしていただかないと、合併浄化槽をしている家、していない家、これちょっとやはり平等ではないと思うのですけれども、その辺の答弁をお願いします。



○議長(眞下?身議員) 坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 合併浄化槽につきましては、平成15年度から事業を開始しまして、現在に至っておるところでございます。浄化槽、一般会計からの繰入金がどんどんふえていくのではないかというご質問ですが、今年度15基を見込ませていただきまして1,832万2,000円、前年比較では47万6,000円の減と、微減でございますが、減となっております。一般会計からの繰入金の内訳としましては、建設事業に係る分、これは3分の1国庫補助がございますが、残りの3分の2は一般会計からいただかないと建設に関する費用は払えませんので、3分の2は一般会計からいただいております。それから、地方債元金、利子等の償還分も一般会計からいただかないと払えませんので、それが含まれております。それから、既存の合併浄化槽の維持管理分としてもいただいておりますが、使用料月額2,500円を設置者のお宅からいただいているのと、あと清掃料とかをいただいております。

  今後ますますふえるのではないかということなのですが、今後の見通しを見ますと、浄化槽の設置管理件数と連動しておりますので、毎年15基ほどの計算でいきますと、25年度と比較して予算ベースでは同程度の規模で推移していくのではないかとは考えられます。ただ、この事業がもし建設が少なくなったとしても、既存の維持管理費等につきましては一般会計からの繰入金をいただかないとやっていけません。それと、元金、地方債の償還が済むまではいただかないとやっていけないと思います。

  浄化槽を入れていない方と浄化槽を入れている方で不公平があるのではないかということですが、できますれば今単独とかくみ取りとかの、まだ世帯も多く見られるのですが、そういった方のところは高齢世帯などに多く見られて、なかなか転換が進まない状況でございます。なるべくそういった方にも合併処理浄化槽への転換を進めていきたいと思っておりますが、この事業を続けていく限りは一般会計からの繰入金はなくならないと思いますので、ご理解をいただければと思います。よろしくお願いします。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 多額な金額になるので、これはできれば受益者負担全額ということは、村長、考えはいかがでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) 特別会計につきましては、基本的には独立採算が、これはもう原則になりますけれども、この事業を導入したときにいろいろ地方債を起債をしたり、施設整備を進める上で元手がありませんので、一般会計のほうから入れてございます。

  それから、この事業の趣旨をまずご理解いただきたいと思います。通常都市部ですと、下水道事業で下水道をやっています。ただ、やはり地形的、地勢的なものがありますので、合併処理浄化槽のほうが安価で有効だという手段で、村はそちらのほうの合併浄化槽を推進するという方針をとったわけです。当然生活環境の整備ですとか、高齢者のお宅につきましては、村が管理してしまいますのできちんと管理ができるというメリットがございます、そういった意味で、合併浄化槽を村が推進するという趣旨がありますので、そういう意味では全てこれを、建設費から借入金の償還まで全て受益者負担でということになりますと、非常に使用料が高額になってしまいますので、ある意味今度は推進ができなくなってしまうということがあります。そういう意味では、ある一定のものにつきましては村の方針として事業を実施しておりますので、税金の投入はやむを得ないかなというところはぜひご理解いただきたいと思っております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 私の考えなのですけれども、やはり国からの補助金、推進、これはいいと思います。その後まで管理を村ですると。予算をつけて改築工事をし、合併浄化槽にすると。それ後には、個人の持ち物として個人管理をしていただくという方法がとれるのであれば、そういうふうにしていただければ不平等さはなくなるとは思うのですけれども。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) これは村が設置するものであります。また、高齢化対策という面もございます。また、個人の方が、ある一定の期間の後、個人がまた管理ということになりますと、従前の制度ということになってしまいますので、いつにかはやはり合併浄化槽が普及してきて、今度は維持管理だけで済むよということになれば、当然その時点で使用料とかの見直しも、これは視野に入れなければいけないと思っております。今は推進するという時期でありますので、多少使用料を安くしてメリットを与えないと推進が進みませんので、最終的にはこれは独立採算で、メンテナンス費用を利用者の方にご負担いただくということになるのが理想かなと思っております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はないですか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 続いて、議案第6号 平成25年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算の歳入歳出全般について質疑を行います。

  これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 続いて、議案第7号 平成25年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算の歳入歳出全般について質疑を行います。

  これより質疑に入ります。 質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) これより一般会計予算及び各特別会計予算の歳入歳出全般について総括質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  質疑はないでしょうか。

  7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 40ページの総務管理費の中で電気保安業務委託料なのですが、この内容についてお聞きしたいのですが、これは月委託料掛ける12の金額だと思います。その委託の内容、その点についてちょっとお伺いしたいのです。業務の内容です。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) これは、電気関係の設備の法令に基づく検査です。私どもでは関東電気保安協会のほうから見積もりをいただきまして、そちらのほうに委託をいたしております。これは毎年実施する定期的な法令に基づく検査といいますか、調査でございます。

  以上です。



◆7番(吉田英夫議員) わかりました。



○議長(眞下?身議員) 7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) この電気保安業務では、これは年次点検もあると思うのです。いわゆる高圧ケーブルの耐圧試験とか、各高圧のスイッチがありますが、それの点検、それらを行っているかどうかお願いします。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) 規定に基づきまして定期点検、それから年に1回停電をして、電気を切った状態で点検をするということをやっております。通常の定期点検と、あと庁内ですとかやまなみを、電気を切断して点検をするということをやってございます。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) その年1回の点検の内容はおわかりになるでしょうか。わからなければ結構です。済みません。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はないでしょうか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより議案第2号 平成25年度東秩父村一般会計予算の討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第2号 平成25年度東秩父村一般会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第3号 平成25年度東秩父村国民健康保険特別会計予算の討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第3号 平成25年度東秩父村国民健康保険特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第4号 平成25年度東秩父村介護保険特別会計予算の討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第4号 平成25年度東秩父村介護保険特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第5号 平成25年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算の討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第5号 平成25年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第6号 平成25年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算の討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第6号 平成25年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第7号 平成25年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算の討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第7号 平成25年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  暫時休憩いたします。

                                      (午前10時53分)

                                              



○議長(眞下?身議員) 再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時09分)

                                              



△議案第8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第8、議案第8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  時間外勤務1時間当たりの支給額の計算方法を、労働基準法の趣旨に沿って改正したいため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 内容の説明を申し上げる前に、けさになって議案の内容を一部修正し、それに差しかえさせていただきました。大変おわび申し上げます。私のチェックが少しできていなかったものですから、差しかえさせていただきました。初めにおわびをさせていただきます。

  それでは、議案第8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。改正の趣旨は、職員の時間外勤務手当1時間当たりの支給額の算出方法を、現行では国に準拠した方法であるものを、労働基準法に規定された方法により算定したいため、本条例の一部改正をお願いするものです。この理由といたしましては、国家公務員は労働基準法が適用されませんが、地方公務員については労働基準法が適用となるため、現行の規定では労基法に違反している状態となるためです。本条例の第16条に算出方法が規定されており、1年間の給料総額を1年間の勤務時間で除して時間単価を算出しております。現行では、分母となる1年間の勤務時間の中に、国民の祝日と年末年始休暇が含まれておりませんので、当条例の一部改正により、勤務を必要としない祝日等を考慮したものとなります。

  第16条の全文を別紙のとおり改め、関係する祝日等の日数については、村の時間外勤務手当に関する規則に委任することといたしたいとするものであります。

  附則としまして、改正後の条例は平成25年4月1日から施行いたしたいとするものです。

  議案第8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第8号 東秩父村職員の給与に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第9、議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  引用法律の一部改正により、本条例の一部を改正する必要があるため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。

  当条例は、議会議員及びその他の非常勤職員の公務上の災害等に対する補償に関し、必要となる制度を定めたものです。先般「障害者自立支援法」の題名が、「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改題され、施行されることに伴い、地方公務員災害補償法の一部が改正されました。このことから、当条例も一部改正する必要が生じたことによるものです。

  第10条の2第2号中「障害者自立支援法」を「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改めます。また、同法律の「第5条第12項」を「第5条第11項」に改めるもので、第5条第10項が削除されたことに伴い、項番の整理を行うものです。

  附則として、改正条例は平成25年4月1日から施行いたしたいとし、ただし、「第5条第12項」を「第5条第11項」に改める改正規定は、関係する法律の施行日に倣い、平成26年4月1日から施行いたしたいとするものであります。

  議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の内容については以上です。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第9号 議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第10、議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  地方公共団体の財政の健全化に関する法律の一部改正により、本条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。

  本条例は、財産の交換、譲与、無償貸し付け等の取り扱いに関し、規定したものであります。第2次地域主権一括法により、地方公共団体の財政の健全化に関する法律が一部改正され、同法律の附則第5条が削除されたことに伴い、地方公共団体から国等に対する寄附等の制限がなくなりました。このことから、当条例において普通財産、物品等について、埼玉県を初め他の地方公共団体などと同様に国に対しても譲与または減額譲渡、無償貸し付け等を可能としたいため、改正をお願いするものであります。

  附則として、改正後の条例は公布の日から施行いたしたいとするものであります。

  議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第10号 財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第11、議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  地方公共団体の財政の健全化に関する法律の一部改正により、本条例の一部を改正する必要が生じたため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。

  本条例は、地方自治法の規定に基づき、行政財産の使用を許可した場合において使用者から徴収する使用料及びその徴収方法等に関して必要な事項を定めております。

  第9条では、他の地方公共団体が公共または公共用に使用した場合、使用料の減免ができると規定してございます。第2次地域主権一括法により、地方公共団体の財政の健全化に関する法律が一部改正され、同法律の附則第5条が削除されたことに伴い、地方公共団体から国等に対する寄附等の制限がなくなりました。このことから、行政財産の使用料について、他の地方公共団体と同様に国に対しても減免できるとしたいため、改正をお願いするものです。

  附則として、改正後の条例は公布の日から施行いたしたいとするものであります。

  議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第11号 東秩父村行政財産使用料徴収条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第12、議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  住宅用家屋の証明手数料について、県内自治体の例に倣い新たに規定したいため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。

  本条例は、地方自治法の規定により、村の事務で特定の者のためにする事務について手数料を徴収することができますので、手数料の種類、金額等について規定したものであります。

  別表において、手数料の種類、金額を定めておりますが、このたびの改正では県内の自治体に倣い、この表中に2の住宅用家屋の証明について新たに追加したいとするものです。手数料は、1件につき1,300円です。この住宅用家屋証明は、住宅用の家屋を新築または取得した個人の方が登記を行う際、当該証明書を添付することにより、課税される登録免許税が軽減されるものとなります。

  附則として、改正後の条例は平成25年4月1日から施行いたしたいとするものです。

  議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  住宅用家屋の証明1,300円、もう少し細かく説明を願います。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  柴原税務課長。



◎税務課長(柴原正君) 本手数料につきましては税務課で所管しておりますので、私のほうからご説明をさせていただきます。

  住宅用家屋証明につきましては、平成21年9月に埼玉県がまとめました平成21年度条例制定状況等に関する調べ集計表によりますと、埼玉県内63市町村中、住宅用家屋証明手数料として規定しているのが62市町、このうち1,300円とするものが61市町、800円とするものが1市、これは蓮田市であります、となっております。埼玉県内で唯一住宅用家屋証明の規定を持たず、その他証明としているのが本村となっております。以上の理由から、本村においても住宅用家屋証明を規定し、1,300円を徴収したいというふうな考えでおります。

  この内容について、さらに具体的なことで申し上げますと、住宅を新築し、法務局へ保存登記の申請をした場合に登録免許税が課税されます。このときの税率が0.4%となっております。住宅用家屋証明を提出した場合、0.4%が0.15%になり、0.25%軽減されます。例としますと、40坪の住宅用家屋を登記する場合、登録免許税はおよそ3万5,000円となりますが、この証明を提出することにより1万3,000円に軽減されます。申請者については、約2万2,000円の受益があるというふうなことになりますので、この規定を設け、1,300円を規定したいとするものであります。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑は。

  7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 4番の公簿、公文書等の閲覧ですが、これの範疇はどのくらいまでのことを言っているのか、ちょっとお聞きします。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  井上住民福祉課長。



◎住民福祉課長(井上高一君) 公簿、公文書の分類に入りますものとして、住民基本台帳等がございます。住民票の申請等をされた場合に、それの手数料として1件につき200円ということで手数料をいただいております。なお、閲覧は1件増すごとに40円を加えるということにはなっておりますが、住民票等公簿の証明という範疇になりますので、それが私の住民福祉課のほうでは該当するものの一つです。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 柴原税務課長。



◎税務課長(柴原正君) 4番、公簿、公文書等の閲覧及び証明というふうなことですけれども、通常住民の皆さんが役場に見えて公簿、公文書等の閲覧、証明というふうなことで見えた場合に一番多いのが、土地台帳の閲覧が一番多い件数かと思います。土地台帳を閲覧した場合に200円を頂戴しております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 例えば、これはオンブズマン等が要求する公文書等もあるかと思うのですが、こういう土地とか住民基本台帳とか以外のものも要求された場合は、それは手数料として扱うのかどうかお願いします。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) 吉田議員のご質問の趣旨は、おそらく情報公開条例に基づく文書の公開請求ということになるかと思います。これに基づきましては、村民の方が行う場合には無料、ただし書面でということになりますと、コピー代を実費いただいております。村外の方につきましては、1件につき200円をいただいてございます。

  以上です。



◆7番(吉田英夫議員) はい、わかりました。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第12号 東秩父村手数料条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第13号 東秩父村社会教育委員設置条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第13、議案第13号 東秩父村社会教育委員設置条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第13号 東秩父村社会教育委員設置条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  人口減少に伴い、適正な委員の人員構成を図るため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  野村教育委員会主幹。

               〔教育委員会主幹 野村 智君登壇〕



◎教育委員会主幹(野村智君) 議案第13号 東秩父村社会教育委員設置条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。

  東秩父村社会教育委員会設置条例(昭和31年条例第23号)において、委員の定数は20名と現在なっております。そして、各種団体の方々から構成されておりまして、例えば東西の小学校のPTA会長、小学校、中学校の各学校長等も委員に含まれております。委員の方々もご存じのとおり、今般東西小学校が閉校になりまして、そして来年から、4月1日から新しい新校として槻川小学校となります。そういった形で、人口減少に伴いまして委員の数も適正化を図らなければいけないという考えから、この内容を、東秩父村社会教育委員会設置条例の一部を次のように改正したいと思います。

  第2条中の「20人」の次に「以内」を加える。これで適正を図っていきたいと考えております。

  附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行したいと考えております。

  議案第13号の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  4番、松澤公一議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤公一です。

  この社会教育委員が人口の減少ということで改正されたわけでございますけれども、この委員の構成の改正、改革はやっていないのでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 野村教育委員会主幹。



◎教育委員会主幹(野村智君) 委員の構成ですけれども、先ほど申しましたように各種いろいろな老人クラブとかいう代表者の方もいらっしゃいますし、年においてそういう所属団体に入らずに学識経験者とひとくくりに、言葉としては語弊があるかもわかりませんけれども、いろいろ経験者、かつて公民館長をやられていた方とか引退されている方、あと学校の職員を経験なさっている方等を、随時構成メンバーを変えております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はないでしょうか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第13号 東秩父村社会教育委員設置条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第14、議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  人口減少に伴い、適正な委員の人員構成を図るため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  野村教育委員会主幹。

               〔教育委員会主幹 野村 智君登壇〕



◎教育委員会主幹(野村智君) 議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例の内容についてご説明いたします。

  東秩父村公民館設置及び管理条例(昭和40年条例第26号)の中には、委員の定数が20名とあります。先ほどの社会教育委員と説明がダブりますけれども、人口減少に伴い公民館運営審議委員の適正化を図るために、以下のように一部を改正したいと思います。

  第5条第3項中「20名」の次に「以内」を加える。

  附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行したいと考えております。

  以上、議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例の内容についてご説明を終わります。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第14号 東秩父村公民館設置及び管理条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第15号 東秩父村重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第15、議案第15号 東秩父村重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第15号 東秩父村重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  地域社会における共生の実現に向けて新たな障害者保健福祉政策を講ずるための関係法律の整備に関する法律(平成24年法律第51号)の交付に伴う改正において、「障害者自立支援法」(平成17年法律123号)の題名が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改められ、また、共同生活介護(ケアホーム)の共同生活援助(グループホーム)への一元化が行われたことにより、条文の文言修正が生じたため、東秩父村重度心身障害者医療費の支給に関する条例の一部を改正したいため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  井上住民福祉課長。

               〔住民福祉課長 井上高一君登壇〕



◎住民福祉課長(井上高一君) 議案第15号 東秩父村重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例の内容説明をいたします。

  提案理由にありましたように、本条例中にうたってあります関係法律の改正により、条文中の文言修正が生じたための一部改正を行うものであります。

  改正箇所の新旧対照表をお配りしてありますので、ご覧いただきたいと思います。1ページの第2条第1項第2号中「県の療育手帳制度」を「埼玉県療育手帳制度要綱(平成14年埼玉県告示第1365号)」に、「同制度」を「同要綱」に改め、同項第4号中「(平成19年政令第318号)」を削る。

  2ページの第3条第1項第1号ア中「障害者自立支援法」を「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改め、同号イ及びエ中「又は共同生活介護」を削り、3ページの同項第2号中「障害者自立支援法」を「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に、3ページ一番下の行から4ページ頭にかけての「のぞみの園」を「独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園法(平成14年法律第167号)第11条第1項の規定により独立行政法人国立重度知的障害者総合施設のぞみの園が設置する施設(以下「のぞみの園」という。)」に改め、4ページ、同号、同項第3号及び第5号中「又は共同生活介護」を削り、同条第2項第2号中「及び」を「又は同法」に改める。

  第4条ただし書き中「責」を「責め」に改める。

  附則として、この条例は平成25年4月1日から施行する。ただし、第3条第1項第1号イ及びエの改正規定、同項第2号の改正規定(「又は共同生活介護」を削る部分に限る。)並びに同項第3号及び第5号の改正規定は、平成26年4月1日から施行するものであります。

  以上の内容でありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第15号 東秩父村重度心身障害者医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第16号 東秩父村在宅介護支援事業条例を廃止する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第16、議案第16号 東秩父村在宅介護支援事業条例を廃止する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第16号 東秩父村在宅介護支援事業条例を廃止する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  東秩父村在宅介護支援事業条例による事業については、全て介護保険法によって包括されたため、本条例を廃止したいので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  井上住民福祉課長。

               〔住民福祉課長 井上高一君登壇〕



◎住民福祉課長(井上高一君) 議案第16号 東秩父村在宅介護支援事業条例を廃止する条例の内容説明をいたします。

  本条例は、在宅における要介護老人が老人保健施設に通所しサービスを利用した場合、その利用料の一部を助成し、福祉の増進を図る目的で制定されましたが、社会全体で介護を支える仕組みを創設した介護保険法施行に伴い、制度の中に包括的に取り込まれ、その支援を受けることができるようになりました。それにより、在宅による通所の者と施設入所による者の利用者負担の公平性、介護保険と年金給付の調整の観点から改正がされ、利用者負担については上限額が設けられ、基準費用額と負担上限額の差額に相応する額について、介護保険から一定の補足給付を行うことにより利用者負担の軽減をしています。本条例における対象者は、介護保険制度における介護認定を受けた者でなければ老人保健施設を利用することができませんし、通所による利用者だけの助成に限定されていますので不公平が生じることになります。改正が行われてきた社会の現状では、公平性にそぐわない条例となっていますし、また本条例でいう老人医療費支給対象者は後期高齢者医療制度に改正されていますので、ここでいう対象者がいないため、本条例の運用はされておりません。介護保険制度に包括された時点で廃止されるべきものでありましたが、条例のみが残っておりましたので廃止をするものです。

  附則として、この条例は平成25年3月31日から施行する。

  以上の内容でありますので、よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第16号 東秩父村在宅介護支援事業条例を廃止する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例



○議長(眞下?身議員) 日程第17、議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  新型インフルエンザ等対策特別措置法の規定に基づき、東秩父村新型インフルエンザ等対策本部に関し必要な事項を定める必要があるため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例の内容についてご説明を申し上げます。

  この条例の制定の背景としましては、平成21年に発生しました新型インフルエンザの経験を踏まえ、国は新型インフルエンザ対策の実効性を確保するため、法的根拠の明確化など法整備の必要があるとのことから、新型インフルエンザ等対策特別措置法を制定いたしました。都道府県及び市町村は、この特別措置法に基づき、条例により対策本部に関し必要な事項を定めるということになっておりますので、この条例案を提出させていただくものでございます。

  条文の朗読をもって説明にかえさせていただきます。条文をごらんいただきたいと思います。

  東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例。

  第1条は、目的が規定されております。第1条、この条例は、新型インフルエンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号。以下「法」という。)第37条において準用する法第26条の規定に基づき、東秩父村新型インフルエンザ等対策本部に関し必要な事項を定めるものでございます。

  第2条は、組織となっております。新型インフルエンザ等対策本部長(以下「本部長」という。)は、新型インフルエンザ等対策本部の事務を統括する。

  2項としまして、新型インフルエンザ等対策副本部長(以下「副本部長」)は、本部長を助け、新型インフルエンザ等対策本部の事務を整理する。

  3項としまして、新型インフルエンザ等対策本部委員(以下「本部員))は、本部長の命を受け、新型インフルエンザ等対策本部の事務に従事する。

  4項、新型インフルエンザ等対策本部に本部長、副本部長及び本部員のほか、必要な職員を置くことができる。

  5項、前項の職員は、村の職員のうちから、村長が任命する。

  会議としまして、第3条、本部長は、新型インフルエンザ等対策本部における情報交換及び連絡調整を円滑に行うため、必要に応じ、新型インフルエンザ等対策本部の会議( 以下、この条において「会議」)を招集する。

  2項、本部長は、法第35条第4項の規定に基づき、国の職員その他村の職員以外の者を会議に出席させたときは、当該出席者に対し、意見を求めることができる。

  第4条は、部が規定されております。第4条、本部長は、必要と認めるときは、新型インフルエンザ等対策本部に部を置くことができる。

  2項、部に属すべき本部員は、本部長が指名する。

  3項、部に部長を置き、本部長の指名する本部員がこれに当たる。

  4項、部長は、部の事務を整理する。

  その他としまして、第5条、前各条に定めるもののほか、新型インフルエンザ等対策本部に関し必要な事項は、本部長が定める。

  附則としまして、この条例は、新型インフルエンザ等対策特別措置法の施行の日から施行するということでございます。

  なお、この中の各本部長とか副本部長、これは本部長は村長を想定しております。また、副本部長は副村長、さらに本部員につきましては副村長、教育長、消防職員、また村職員等を想定しております。

  以上で議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例についての説明を終わらせていただきます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

  7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番、吉田英夫です。

  5番の前項の職員は、村の職員のうちから村長が任命するとありますが、これはこの項については担当する課から職員が任命されると思うのですが、どうでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 吉田議員さんの仰せのとおりでございます。前項の職員は、村の職員のうちから村長が任命するということは、4項でございますが、本部長、副本部長、本部員のほか必要な職員。この職員は、各課長、局長、もちろん担当課は含まれておりますが、そういった職員を想定しております。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はないでしょうか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第17号 東秩父村新型インフルエンザ等対策本部条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  暫時休憩いたします。

                                      (午前11時58分)

                                              



○議長(眞下?身議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時00分)

                                              



△議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例



○議長(眞下?身議員) 日程第18、議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  介護保険法の一部改正に伴い、東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める必要があるため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例について内容のご説明を申し上げます。

  大変容量の多い条例になっておりますので、概要説明をさせていただきます。お手元に議案第18号の説明資料というのをお配りさせていただいておると思いますが、そちらをごらんいただければと思います。よろしくお願いいたします。

  最初に、この条例の制定の背景でございますが、介護サービスの基盤強化のための介護保険等の一部を改正する法律が制定され、その中で介護保険法について所要の改正が行われました。これまで介護保険法に定められていた地域密着型サービスの事業者の指定に関する基準の一部や、厚生労働省令で定められていたサービスに係る基準を、市町村の条例で定めることとなりました。

  条例の内容でございますが、地域密着型サービスとは、要介護状態となっても可能な限り、住みなれた地域での生活を継続できるようにするためのサービスです。地域密着型サービスの種類には、8つの種類がございます。「定期巡回・随時対応型訪問介護看護」、「夜間対応型訪問介護」、「認知症対応型通所介護」、「小規模多機能型居宅介護」、「認知症対応型共同生活介護」、「地域密着型特定施設入居者生活介護」、「地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護」、それから「複合型サービス」の8種類のサービスがございます。この8つについて、それぞれ人員に関する基準、設備に関する基準、運営に関する基準等を定めてあるものでございます。条文の内容としましては、厚生労働省令に準じております。村内にこういった事業所が展開される場合に、この条例が適用となるものでございます。

  平成25年4月1日から施行するものでございます。

  説明資料の2ページと3ページをあわせてごらんいただければと思いますが、この条例は第1章から第9章までで構成されております。第1章から申し上げますと、第1章は総則としまして、趣旨、定義、事業の一般原則等が定められております。

  第2章が、第4条から第44条までございまして、この2章から9章が先ほど申し上げた8つの事業に分類されております。第2章が定期巡回・随時対応型訪問介護看護ということで、このサービスの内容としましては、日中・夜間を通じて定期的に巡回して、入浴、排せつ、食事等の日常生活上の対応をする訪問介護と緊急時の訪問介護・看護師等による訪問看護が一体となったサービスでございます。3ページの一番右の欄をごらんいただければと思いますが、この第2章についての人員、設備、運営ということで、本当に大まかな部分なのですが、ここに記載をさせていただきました。人員としては、例えばオペレーター1以上、また訪問介護員等必要な数ということが定められております。また、設備も、これも一部分なのですが、通信機器等備品。それから、運営としましては、内容及び手続の説明、同意を行うということでございます。

  第3章、これは夜間対応型訪問介護ということで、夜間に定期的に巡回する訪問介護と随時の訪問介護を受けることができるサービスです。人員、設備、運営の基準としましては、オペレーター1以上とか、訪問介護員等必要な数というふうなことが内容に入っております。

  それから、第4章に行きまして、認知症対応型通所介護。内容としまして、認知症の人が日帰りでデイサービスセンターに通って、食事・入浴・機能訓練などの日常生活の介助を受けるサービスでございます。基準については、右の欄のとおりでございます。

  第5章、小規模多機能型居宅介護。サービスの内容としましては、事業所への「通い」を中心として、一人一人の生活に合わせて、自宅への「訪問」や事業所への「泊まり」など、在宅生活を支えるサービスでございます。人員、設備等については、右端をごらんいただければと思います。

  第6章、認知症対応型共同生活介護。認知症の人が9人以下の少人数で家庭的な環境で共同生活を送り、家事などそれぞれの能力に応じて、できることを役割とし、その人の日常生活のできない部分について、介護職員から介助を受けながら生活を送るサービスでございます。一般的に、これはグループホームといわれているものでございます。人員等につきましては、3ページの右端をごらんいただければと思います。

  第7章、地域密着型特定施設入居者生活介護。定員29人以下の小規模な有料老人ホーム等で、見守りや食事、身の回りの世話などの生活介護が受けられるサービスでございます。人員、設備、運営等については、3ページのとおりでございます。

  第8章、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護。自宅での生活が困難な人が、定員29人以下の特別養護老人ホームに入所し、食事・入浴・排せつなど生活介護を受けられるサービスでございます。小規模な特別養護老人ホームということでございます。基準につきましては、3ページのとおりでございます。

  第9章、複合型サービス。小規模多機能居宅介護と訪問看護の組み合わせによる、介護と看護が一体となったサービスでございます。人員、設備、運営基準等は右の欄のとおりでございます。

  この地域密着型サービス、この部分につきましては、これは要介護1から要介護5に認定された方が対象になるサービスでございます。

  以上で、本当に概要でございますが、議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の内容説明とかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第18号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例



○議長(眞下?身議員) 日程第19、議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例を提出するものであります。提案理由を述べさせていただきます。

  介護保険法の一部改正に伴い、東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める必要があるため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例について、内容を説明させていただきます。

  この条例につきましても、先ほど議案第18号で申し上げました内容に準じております。こちらは介護予防という言葉が入っておりますので、適用される方は要支援1または要支援2に認定された方が利用できるサービスでございます。

  条例の内容としまして、この地域密着型介護予防サービスの種類には、3つの種類がございます。「介護予防認知症対応型通所介護」、「介護予防小規模多機能型居宅介護」、「介護予防認知症対応型共同生活介護」の3種類のサービスがございます。これにつきましても、それぞれ人員に関する基準、設備に関する基準、運営に関する基準等を定めたものでございます。

  これも、平成25年4月1日から施行するものでございます。

  こちらのほうは、第1章から第4章までで構成されております。第1章は、総則としまして、趣旨、定義、事業の一般原則ということが定められてございます。

  第2章につきましては、第4条から第42条ということで、介護予防認知症対応型通所介護。このサービスの内容でございますが、認知症の方が日帰りでデイサービスセンターなどに通って、食事・入浴・機能訓練などの日常生活の介助を受けるサービスでございます。人員、設備、運営等は、ここに記載されているとおりでございます。

  第3章、こちらは第43条から第69条まで、介護予防小規模多機能型居宅介護。事業所への「通い」を中心とし、一人一人の生活に合わせて、自宅への「訪問」や事業所への「泊まり」などの在宅生活を支えるサービスでございます。人員、設備、運営につきましては、ここに記載されておるとおりでございます。

  第4章、こちらは第70条から第90条までで、介護予防認知症対応型共同生活介護。第2章と第3章につきましては、要支援1、2の方が利用できたわけですが、第4章の介護予防認知症対応型共同生活介護につきましては、要支援2の方が利用できるということになっております。サービス内容につきましては、認知症の人が9人以下の少人数で家庭的な環境で共同生活を送り、家事などそれぞれの能力に応じて、できることを役割とし、その人の日常生活のできない部分について、介護職員から介助を受けながら生活を送るサービスでございます。これも、一般的にグループホームといわれている施設でございます。人員、設備、運営等につきましては、ここに記載されているのは一部分になりますが、以上のような状況でございます。

  以上で、議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例の内容説明にかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第19号 東秩父村指定地域密着型介護予防サービスの事業の人員、設備及び運営並びに指定地域密着型介護予防サービスに係る介護予防のための効果的な支援の方法に関する基準を定める条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条例



○議長(眞下?身議員) 日程第20、議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  介護保険法の一部改正に伴い、東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める必要があるため、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条例。内容説明をさせていただきます。

  先ほど説明をさせていただきました議案第18号、19号と関連する条例でございます。こちらは、先ほどのは事業所の基準等、設備等を定める条例でございましたが、こちらはそれを展開する事業者等の指定に関する条例ということでございます。

  趣旨としまして、第1条、この条例は、介護保険法第78条の2第1項及び第4項第1号並びに法第115条の12第2項第1号の規定に基づき指定地域密着型サービス事業者等の指定に関する基準を定めるものとするということでございます。

  第2条は、地域密着型介護老人福祉施設の入所定員ということで、法第78条の2第1項の規定により条例で定める定員は、29人以下とするということでございます。

  申請者の資格としまして、第3条、法第78条の2第4項第1号及び法115条の12第2項第1号の規定により条例で定める者は、法人とするということでございます。

  第3条の2項としまして、前項の法人は、その役員等(役員、支配人、支店長その他これに類する地位にある者又は経営に実質的に関与している者)のうちに、暴力団員(東秩父村暴力団排除条例第2条第2号に規定する「暴力団員」をいう。)があってはならないということが規定されております。

  附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行するものでございます。

  以上で、議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条例の内容説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第20号 東秩父村指定地域密着型サービスの事業者等の指定に関する基準を定める条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第21号 東秩父村が管理する村道の構造等の基準を定める条例



○議長(眞下?身議員) 日程第21、議案第21号 東秩父村が管理する村道の構造等の基準を定める条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第21号 東秩父村が管理する村道の構造等の基準を定める条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  道路法等の一部改正に伴い、村が管理する村道の構造の技術的基準等を定めたいので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  福島産業建設課長。

               〔産業建設課長 福島信之君登壇〕



◎産業建設課長(福島信之君) 議案第21号 東秩父村が管理する村道の構造等の基準を定める条例について、内容の説明をさせていただきます。

  お手元の資料の条例の概要をごらんいただきたいと思います。条例制定の趣旨としまして、道路法及び高齢者、障害者等の移動等の円滑化の促進に関する法律の改正に伴い、道路の構造の技術的基準、道路標識の寸法の基準、道路移動等円滑化基準に係る標識の表示基準を規定するものでございます。

  本条例は、本文、別表で構成し、詳細な値等については施行規則で定めます。

  条文の概要としまして、第1条は、この条文の趣旨を明らかにするものでございます。

  第2条は、村道の構造に関する技術的基準について規定するものでございます。

  第3条は、道路標識の寸法について規定するものでございます。

  第4条は、道路移動等円滑化基準について規定するものでございます。

  また、別表第1は、第2条の道路の構造の技術的基準を規定するもの、別表第2は、第3条の道路標識の寸法について規定するもの、別表第3は、第4条の道路移動等円滑化基準について規定するもの。

  附則は、本条例の施行期日を規定するものでございます。

  2ページをごらんください。条例の内容としまして、道路の構造の技術的基準は、道路構造令を参酌して定めるとともに、埼玉県が管理する県道の構造等の基準を定める条例を基準に、東松山市が管理する市道の構造等の基準を定める条例を参考に村の基準を定めるものでございます。

  次に、2条では、道路の構造の技術的基準の独自基準を別表1で定めており、規定する道路の範囲。対象とする道路は村が管理する道路とし、道路構造令で定める区分では、第3種第2級から第5級、第4種第1級から第4級の道路が本条例の対象となります。下の表の太枠内が、村の条例の範囲となる道路の区分でございますが、第3種(地方部)第5級、幅員4メートルの地方部の道路が、村道のほとんどにこれが該当いたします。

  3ページをお願いいたします。第3種第5級の道路における待避所の整備の規定でございます。第3種第5級の村道では、大型車両の通行が極めて少なく、地形の状況等特別な理由により規則で定める幅員での整備が困難な場合に、待避所を整備することにより部分的な整備を行うことができる規定を追加しております。

  次に、中段の下でございますが、植樹帯及び植樹ますの設置規定でございます。第4種第1級及び第2級の村道について、植樹帯のかわりに植樹ますを設けることができる規定を追加しております。

  続きまして、4ページをお願いします。特例の規定。基準に適合させることが著しく困難であると認められるときは、当該基準は適用しないことができる規定を追加しております。

  次に、第3条では、道路標識の寸法の基準の独自基準を別表2で定め、道路標識の寸法の基準は、標識令を参酌して定めるとともに、県条例及び市条例を参考に以下に内容を定めております。まず、交差点案内標識の文字の寸法の規定でございます。2車線の道路に設置する場合及び車線で構成されない道路に設置する場合は、30センチを標準とする規定に改める。4車線の道路に設定する場合は、40センチを標準とする規定に改める。ローマ字で表示する部分の寸法は、上記に規定する寸法の2分の1を標準とする規定に改める。従来では、高速道路などでは1文字の大きさが30センチ、一般の国道や県道などでは20センチとなっておりますが、高齢者等にとってもわかりやすいように、県や比企管内と同様30センチの文字を標準としております。

  次に、特例の規定でございます。基準に適合させることが著しく困難であると認められるときは、当該基準は適用しないことができる規定を追加しております。

  次に、第4条では、道路移動等円滑化基準を別表3で定めております。国の道路移動等円滑化基準を参酌して定めるとともに、埼玉県福祉のまちづくり条例第12条に規定する道路の整備基準の内容を追加する。

  その他、村の地勢的状況等を踏まえ、降雪・波浪等を考慮した技術的基準を省略するほか、村内に存在しない道路区域内の軌道敷に関する基準も省略することでございます。

  5ページ以降は、条例制定の根拠法令が記載されております。

  なお、附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行したいとするものであります。

  以上で議案第21号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第21号 東秩父村が管理する村道の構造等の基準を定める条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第22号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第22、議案第22号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第22号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  公営住宅法の一部改正に伴い、村営住宅の整備基準及び入居者の資格要件を定める等したいので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  福島産業建設課長。

               〔産業建設課長 福島信之君登壇〕



◎産業建設課長(福島信之君) 議案第22号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例について内容の説明をさせていただきます。

  この条例の改正内容は、大きく分けて2つあります。1つ目は、公営住宅及び共同施設の整備に関する基準を国土交通省で規定していたものを条例に取り入れたことです。2つ目は、入居者の資格について明確化、収入基準については公営住宅法の一部改正に伴い、条例で収入基準を定めたことです。

  お手持ちの資料、新旧対照表の1ページをごらんください。目次の第1章の次に第1章の2、整備基準を加えました。整備基準の条文は、1ページの第2条の2から4ページの第2条の16までの15項を定めました。これは、村営住宅は国民生活の安定と社会福祉の増進に寄与することを目的とし、住宅に困窮する低所得者に対し低廉な家賃で賃貸するために整備する、健康で文化的な生活を営むに足りる住宅とされています。そのため、村営住宅は一定水準以上の品質と性能を備えていなければならず、村営住宅を整備する際に村営住宅の敷地や住宅等の品質や性能についてどのような基準で整備するか定めたものでございます。

  次に、5ページをごらんください。第5条は、入居者の資格について定めたものでございます。第5条中の改正部分について、入居者の資格を明確化するために定めました。右側の旧条例では、公営住宅法施行令を参照して入居資格者であるかを判断していましたが、5ページ左側、新条例の第5条第1項第2号アから、6ページ第5条第1項第2号(ウ)まで、6ページ以下の第5条第2項及び8ページの第3項に公営住宅施行令の条文を条例に加えたことにより、条例だけで入居資格がどうか判断できるように改正しました。新たに加えたものとして、5ページ第5条第1項中、福島復興再生特別措置法に該当する被災者について、入居の資格を認めることを定めました。

  次に、入居収入基準についてですが、5ページ右側の旧条例第5条第1項第2号アに、第6条第5項第1号に規定する金額とありますが、この金額は21万4,000円で、左側新条例では25万9,000円に引き上げました。その理由は、公営住宅法一部改正により入居収入額を引き上げることが可能になり、本村では応募倍率も低く、旧条例の収入基準では、数少ない入居希望者があらわれても入居資格に該当しないことも多々あり、旧条例では本村について村営住宅を十分に活用できないため引き上げたものです。また、第5条第1項第2号イについても24万1,000円から25万9,000円に、ウについては15万8,000円から21万4,000円に、同様の理由から入居収入基準を引き上げました。

  次に、9ページの第6条と第28条についてです。これは、第5条に第2項及び第3項が追加されたことにより、整合性を図るため追加したものでございます。

  なお、附則としまして、本条例は平成25年4月1日から施行したいとするものであります。

  以上で議案第22号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第22号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第23号 東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例



○議長(眞下?身議員) 日程第23、議案第23号 東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第23号 東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  河川法及び河川管理施設等構造令の一部改正に伴い、準用河川に係る河川管理施設等構造令を事業主体で定める必要が生じたので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  福島産業建設課長。

               〔産業建設課長 福島信之君登壇〕



◎産業建設課長(福島信之君) 議案第23号 東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例について、内容の説明をさせていただきます。

  お手持ちの資料、条例の概要で説明させていただきます。ごらんください。条例制定の趣旨としまして、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律が施行され、河川法が一部改正されました。これに伴い、村内の準用河川(43河川)の河川管理施設等(堤防、橋等)に関する構造基準について、国が全国一律に定めている基準であった政令を参酌して自治体が独自に基準を定めることになったため、東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例を制定するものでございます。

  次に、条例制定の概要としまして、本村はこれまで、政令に従い準用河川の改修や管理を行っていました。この政令は治水に関して、現在までに得られた技術的知見や現場における運用等を勘案して作成されており、これまで本村の運用においても特にふぐあいは生じていないことや、河川全体として同一の構造基準であることが安全上望ましいことから、今後の河川改修、管理においても基本的に国と同じ基準とすることが妥当であると思います。なお、政令の内容を参酌して、本村管理の準用河川の河川管理施設等として想定し得ないものについては対象外としました。

  次に、河川管理施設等構造令の参酌概要としまして、条例全般、高潮区間・高規格堤防・湖沼・高水敷・取水塔に関して本村の準用河川では存在せず、また今後も整備する見込みがなく、本村の準用河川では想定し得ないことから条文を削除するものでございます。

  次に、条例の内容ですが、第1章の総則では、第1条から第2条で、この政令の趣旨、用語の定義を規定したもの。

  第2章の堤防では、第3条から第15条で、堤防の構造や高さや幅、護岸、管理用通路等を規定したもの。

  第3章の床どめでは、第16条から第19条で、床どめの構造、護床工、護岸、魚道等を規定したもの。

  第4章の堰では、第20条から第28条で、堰の構造、ゲートの構造や高さ等を規定したもの。

  第5章の水門及び樋門では、第29条から第36条の水門の構造、ゲートの構造や高さ等を規定したもの。

  第6章、揚水機場及び排水機場では、第37条から第40条で、揚水機場等の構造、流下物排除施設、樋門等を規定したもの。

  第7章、橋では、第41条から第47条で、橋の構造、橋台、橋脚、桁高等を規定したもの。

  第8章、伏せ越しでは、第48条から第52条で、構造、流下物排除施設、樋門等を規定したもの。

  第9章、雑則では、第53条から第56条で、適用除外等を規定しております。

  なお、附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行したいとするものであります。

  以上で議案第23号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第23号 東秩父村準用河川管理施設等の構造の技術的基準を定める条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第24号 東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例



○議長(眞下?身議員) 日程第24、議案第24号 東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第24号 東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律による水道法の改正に伴い、布設工事監督者が監督業務を行う水道の布設工事及び布設工事監督者の資格並びに水道技術管理者の資格を定めるため、条例を制定したいので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  福島産業建設課長。

               〔産業建設課長 福島信之君登壇〕



◎産業建設課長(福島信之君) 議案第24号 東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例について内容の説明をさせていただきます。

  お手持ちの資料、条例の概要で説明させていただきます。条例の制定の趣旨としまして、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るため関係法律の整備に関する法律が施行され、同法により水道法が一部改正されました。これまで法令で規制されていた基準の一部について、国が定める基準を十分参酌した上で地域の実情に応じて条例で定めることとされたため、東秩父村においてもそれらの基準を条例で定めることにより、安全、安心な体制で水道事業サービスの提供を行うべく、東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例を制定したいとするものでございます。

  次に、条例の制定の概要としまして、水道の布設工事の施行に関する技術上の監督業務を行う者の配置に関する基準を、村の条例で定めることとなりました。

  次に、水道の布設工事の施行に関する技術上の監督業務を行う技術者の資格に関する基準を、村の条例で定めることになりました。

  次に、水道技術管理者の資格に関する基準を、村の条例で定めることとなりました。

  続きまして、条例の内容としまして、第1条では、水道法の一部改正に伴い、村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準を条例で定めることとなったため、当条例制定の趣旨を規定したものでございます。

  第2条は、水道の布設工事監督者を配置する工事について規定したものでございます。

  第3条は、水道の布設工事監督者の資格を規定したものでございます。

  第3条第2項は、簡易水道の布設工事監督者の資格を規定したもので、第3条第1項第1号から8号までの2分の1の期間となっております。

  第4条は、水道技術管理者の資格を規定したもの。

  第4条第2項は、簡易水道の水道技術管理者の資格を規定したもので、第4条第1項第1号から5号までの2分の1の期間となっております。

  最後に、附則としまして、この条例は平成25年4月1日から施行したいものとするものでございます。

  なお、詳細については、下表をごらんいただきたいと存じます。

  以上で議案第24号の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第24号 東秩父村布設工事監督者の配置基準及び資格基準並びに水道技術管理者の資格基準に関する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について



○議長(眞下?身議員) 日程第25、議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少について、この案を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  埼玉県市町村総合事務組合から久喜地区消防組合、埼玉西部広域事務組合及び加須鴻巣学校給食センター組合を脱退させることについて協議したいので、地方自治法第290条の規定により、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少についての内容を説明いたします。

  本議案は、埼玉県市町村総合事務組合からの依頼によるものであります。平成25年3月31日をもって、埼玉県市町村総合事務組合から久喜地区消防組合、埼玉西部広域事務組合及び加須鴻巣学校給食センター組合を脱退させることについて、地方自治法第286条第1項の規定に基づき関係地方公共団体に協議し、議会の議決をいただきたいとするものであります。

  議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少についての内容は以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第25号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少についてを採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更について



○議長(眞下?身議員) 日程第26、議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更について、この案を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  平成25年4月1日から埼玉県市町村総合事務組合に埼玉西部消防組合及び埼玉東部消防組合を加入させること並びに埼玉県市町村総合事務組合規約を変更することについて協議したいので、地方自治法第290条の規定により、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更の内容についてご説明いたします。

  本議案は、埼玉県市町村総合事務組合からの依頼によるものであります。平成25年4月1日から埼玉県市町村総合事務組合に埼玉西部消防組合及び埼玉東部消防組合を加入させることについて、地方自治法第286条第1項の規定に基づき関係地方公共団体に協議し、議会の議決をいただきたいとするものであります。また、議案第25号に基づき脱退する組合並びに本議案によって加入する組合がありますので、埼玉県市町村総合事務組合の規約の一部を変更する必要が生じましたので、あわせて議決をいただきたいとするものであります。

  組合規約の別表第1は組合を構成する団体を列記し、また別表第2では同組合規約第4条第1項から第3項に規定した退職手当に関する事務等共同処理する事務について参加する団体を記載してございます。規約の変更の要旨は、平成25年3月31日をもって脱退する久喜地区消防組合、埼玉西部広域事務組合及び加須鴻巣学校給食センター組合を、この別表1及び別表2から削除するとともに、4月1日から新たに加入することとなる埼玉西部消防組合と埼玉東部消防組合を別表1及び別表2に加えるものとなります。

  附則として、変更後の規約は平成25年4月1日から施行いたしたいとするものであります。

  議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第26号 埼玉県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の増加及び同組合の規約変更についてを採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更について



○議長(眞下?身議員) 日程第27、議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更について、この案を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  地域社会における共生の実現に向けて新たな障害保健福祉施策を講ずるための関係法律の整備に関する法律(平成24年法律第51号)が施行され、「障害者自立支援法」(平成17年法律第123号)が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改題されることに伴い、比企広域市町村圏組合の規約を変更することについて協議したいので、地方自治法第290条の規定により、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更の内容について説明いたします。

  本議案は、比企広域市町村圏組合からの依頼によるものであります。組合規約の第3条は、共同処理する事務について規定しており、同条第6号は、介護給付費等の支給に関する審査会の設置及び運営に関する事務を行うと定めております。当該事務の根拠法令である「障害者自立支援法」が「障害者の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律」に改題されることに伴い、組合規約の改正の必要が生じたため、整備を図りたいとするものであります。

  附則として、改正後の規約は平成25年4月1日から施行いたしたいとするものであります。

  議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第27号 比企広域市町村圏組合の規約変更についてを採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)



○議長(眞下?身議員) 日程第28、議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)は、次に定めるところにより、この案を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ2億1,203万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ21億4,344万1,000円とするものであります。この案を提出するものであります。

  なお、詳細については、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  根岸総務課長。

               〔総務課長 根岸義和君登壇〕



◎総務課長(根岸義和君) 議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)の内容についてご説明いたします。

  今回の補正は、経常経費における過不足額への対応や、一部の事業においてこれまでの実績及び生産見込み額をもとに所要額等を計上するとともに、修繕費等においては早急に対応しなければならないものについて補正いたしたいとするものであります。

  あわせて政府の進める経済再生に伴う補正予算へ対応する事業として、社会資本整備総合事業と学校施設環境改善事業、2つの国庫補助事業も盛り込んだところであります。なお、当該2事業については、お手元の補正予算書6ページの第2表、繰越明許費に掲げましたとおり、全額平成25年度へ繰り越して実施いたしたいとするものです。また、7ページの第3表、地方債補正に記載のとおり、当該国庫補助事業の裏負担分については、補正予算債をもってその財源といたしたいとするものです。

  それでは、お手元の補正予算書9ページからの事項別明細書により、補正予算歳入歳出の主なものについてご説明いたします。まず、2の歳入について、1款村税は、村民税法人分、調定見込み額が予算額を下回ったため95万円減額補正いたしたものであります。

  6款の地方消費税交付金及び12款使用料及び手数料のうち保育料は、実績見込みに基づきそれぞれ9万9,000円の増、96万9,000円の減額補正となります。

  13款1項1目の民生費国庫負担金は、実績見込みに基づき保育所運営費負担金が168万7,000円の減、障害者自立支援給付費負担金が90万円の増額補正となるものです。

  10ページをお願いします。13款1項3目土木費国庫補助金7,793万5,000円及び4目教育費国庫補助金2,984万8,000円は、このたびの国の緊急経済対策のための補正予算に係るそれぞれの事業の国庫補助金を補助率に基づき見込んだものであります。

  14款県支出金、1項3目民生費負担金は、実績見込みに基づき保育所運営費が84万3,000円の減、障害者自立支援給付費負担金が45万円の増額補正となるものであります。

  11ページをお願いします。14款2項3目の衛生費補助金は、平成24年度においても引き続き基金事業補助金制度が延長されたことにより、98万7,000円を見込んだものです。

  4目農林水産費補助金は、中山間地域等直接支払い制度における補助対象地の減少により、40万7,000円減額いたすものです。

  19款諸収入、3項2目雑入の埼玉県市町村振興協会市町村交付金は、このたび交付額が確定したことにより845万円を増額補正いたすものです。

  12ページをお願いします。20款村債は、国の補正予算に係る2つの国庫補助事業、社会資本整備総合事業及び学校施設環境改善事業の裏負担分の財源について、補正予算債9,820万円を活用して手当ていたしたいとするものです。

  次に、13ページからの3、歳出について主な内容を説明いたします。1款議会費は、議員1名の不在期間があったことによる議員報酬等の減額であります。

  2款総務費、3款民生費、4款衛生費、9款教育費において、職員の手当や臨時職員の賃金及び社会保険料等に係る補正を行っておりますが、これは人事に伴う職員の期末・勤勉手当や時間外勤務手当の実績見込みを精査し、臨時職員にあっては勤務実績見込み等に基づき、それぞれ過不足を補正いたすものであります。

  また、2款総務費、3款民生費、7款土木費において、料金単価等の値上がりのための電気料や施設の燃料費、並びに自動車燃料費を増額補正いたしたいとするものであります。

  次に、2款1項1目一般管理費の法令追録代とコピー使用料及び2目文書広報費の広報印刷代において不足が生じましたので、それぞれ増額補正するものであります。

  14ページをお願いします。4目財産管理費のやまなみ管理費では、非常用照明バッテリーの交換や大ホールステージの修繕を至急行いたいため、施設修繕費として41万2,000円の増額を、また空調設備工事の請負残金を273万円減額補正いたすものであります。

  また、5目企画費では、実績見込みにより地域計画策定事業に係る職員の時間外勤務手当を100万円減額いたしたいとするものです。

  15ページをお願いします。2款4項4目村議会議員選挙費では、4月に執行される当該選挙において立候補者へ貸与する街頭演説用のぼり旗等、いわゆる七つ道具を事前に購入する必要がありますので、19万8,000円を増額補正いたすものであります。

  3款1項1目の社会福祉総務費は、障害者自立支援事業におけるデイサービスや療養介護の利用者の増加により、給付費負担金の増額となります。

  16ページをお願いします。3款2項2目児童措置費は、平成23年度の子ども手当交付金額が確定したことによりまして、補助金の返還が生じたことによる補正となります。

  3目児童福祉施設費は、保育所運営事業において管外保育委託対象児童が減少したことにより400万円減額となるものです。

  4款1項3目後期高齢者医療広域連合費は、医療給付費負担金及び特別会計への繰出金が確定したことにより562万9,000円減額補正いたすものであります。

  17ページをお願いします。4款1項6目の予防費は、公用車の修理のため一般修繕費を3万7,000円、健康教育事業への参加者が増となったため、その送迎に使用する自動車の借上料1万1,000円、定期予防接種のための予診票の印刷製本費を9万5,000円増額補正するとともに、実績見込みに基づき予防接種委託料を65万円減額、18ページの疾病対策事業における子宮頸がんワクチン接種、高齢者肺炎球菌ワクチン接種の各補助金を240万円減額補正いたすものであります。

  7目母子保健費の妊婦健診委託料等は、対象者の増により31万6,000円増額するものです。

  次に、5款1項3目の農業振興費は、公用車の冬用タイヤの買いかえのため3万6,000円を、またふれあいセンターの放送設備の修繕費として7万6,000円を増額補正し、19ページの中山間地域等直接支払い事業においては、対象農地の減少により補助金を54万4,000円減額するとともに、対象農地を精査した結果、補助対象とならない農地が含まれていたため、過年度分の補助金105万円を国及び埼玉県へ返還するため措置いたしたものであります。

  6款1項1目の商工振興費は、和紙の里研修会館等の非常用照明バッテリーなど消防設備の交換、修繕に要する工事費を81万8,000円計上いたしました。

  次に、7款1項1目の土木総務費では、公用車2台分の冬用タイヤの買いかえ費用12万3,000円を計上し、20ページの県工事負担金83万2,000円は、皆谷地内における県道改良工事と一体となった滝ノ前橋の工事費が増加したための増額となります。

  次に、7款2項1目の道路維持費の原材料費は、凍結防止剤の購入費30万8,000円です。

  2目道路新設改良費は、村道1―2号線道路改築工事設計業務委託費の請負残金369万2,000円と、実績に基づく用地の購入費300万円を減額補正とするものであります。

  また、社会資本整備総合事業の明許繰り越し分については、国の補正予算に対応した国庫補助事業を盛り込み、路面性状況調査委託料600万円、村道の舗装修繕工事費1億750万円、並びに現在の除雪用トラックを廃止し、新たに除雪対応車両を購入する経費750万円を措置いたしたものであります。

  21ページをお願いします。7款4項1目の住宅管理費は、村営住宅新井団地の床修繕等村営住宅の維持管理に要する経費43万5,000円を計上いたしたものです。

  次に、9款教育費の1項2目事務局費は、中学生海外派遣事業が完了いたしましたので、委託費の残金245万6,000円を減額するものであります。

  また、2項小学校費、1目学校管理費も、東西小学校の屋内運動場耐震補強工事が完了したことにより、請負残金を減額補正いたすものです。

  22ページをお願いします。3項中学校費、1目学校管理費については、校舎内装木質化工事の設計委託料の請負残金135万2,000円の減額、さらに国の補正予算に対応した国庫補助事業である学校施設環境改善事業の明許繰り越し分として、校舎内装木質化工事及びアスベスト除去工事等に要する経費8,598万5,000円を措置いたしたものであります。

  2目教育振興費は、工事と同様に国の補正予算を活用して理科教育に必要な備品を整備するため49万9,000円を計上いたしました。

  23ページの4項4目文化財保護費は、ふるさと館のトイレの修繕のため42万8,000円を措置いたしました。

  5項2目の体育施設費8万7,000円は、ふれあい広場において使用する凍結防止剤の購入経費であります。

  24ページをお願いします。まず、12款2項1目の繰出金は、これまでの特別会計における事業実績を勘案して繰出金の抑制が図られたため、570万5,000円の減額補正となります。

  最後に、12款1項1目積立金において、本補正予算の歳入歳出の調整を図るため、4,144万8,000円を財政調整基金及び公共施設整備基金へ積み立てたいとするものであります。

  議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)の内容については以上でございます。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番、吉田英夫です。

  20ページの道路橋梁費の中で、除雪車の購入というのがありましたよね。自動車購入費で除雪車ということですが、この利用はどのような利用をされるのか、もう一度お願いいたします。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) ただいまの質問についてお答えいたします。

  現在役場で、産業建設課で除雪対応で1台車両がありまして、その車両で鉄板を引いて除雪を職員が直接行っております。その車両の更新ということで補助金が出るということで、この車両を購入するということになっております。現在使用している車両は、平成2年に購入したハイラックスというものでございます。大分古くなっておりまして、この期に更新をしたいと考えております。新しく購入する車両につきましては、2トンの小型低床ダンプ、それに排土板がつけられるものということで、それで職員が直接除雪に回る予定でございます。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 8番、高野貞宜議員。



◆8番(高野貞宜議員) 8番、高野です。

  14ページですけれども、やまなみ管理費の中で工事請負費、空調設備の工事をやられたそうですが、270万の減額補正ですが、目標どおりの工事はできたのでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 根岸総務課長。



◎総務課長(根岸義和君) やまなみの調理実習室、それから保健室がございます。もう一つ談話室というのがございまして、そこの空調が不調になりまして、交換を計画したところでございますけれども、詳細な設計、現地調査の設計の結果、談話室につきましては、既にもうそちらで交換してあるということで、設計からは除外をさせていただきました。結果この額が不用となったものでございます。談話室が、当初計画があったのですけれども、そこはしなくても済んだということで、所期の目的は達成できたということであります。



◆8番(高野貞宜議員) はい、わかりました。



○議長(眞下?身議員) 7番、吉田英夫議員。



◆7番(吉田英夫議員) 吉田英夫です。

  22ページの中学校のアスベスト除去工事ですが、以前ざっと見たら、この辺がそうなのですよというお話は聞いたのですが、実際にはどの部分を剥離して撤去するのかお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) 野村教育委員会主幹。



◎教育委員会主幹(野村智君) ただいまの吉田議員の質問にお答えいたします。

  中学校のアスベストの除去工事という、どの部分を指すのかと申しますと、1階から全ての校舎ですね、ちょうど出っ張っている、もうごらんになってご存じだと思いますけれども、その部分全てを撤去するという工事を行います。これは木質化とセットになっておりまして、まずアスベストを除去してからでないと木質化は進められませんので、全ての教室におけるアスベストを今封じ込めておるのですけれども、それを全て撤去するということの工事です。

  以上です。



◆7番(吉田英夫議員) あそこの見える部分、露出している部分ですよね。



◎教育委員会主幹(野村智君) そうです。



◆7番(吉田英夫議員) はい、わかりました。



○議長(眞下?身議員) 2番、渡邉均議員。



◆2番(渡邉均議員) 2番、渡邉です。

  先ほどの吉田議員の質問と重複するのですが、20ページの除雪車の購入、これに古くなりましたハイラックス、トラックピックアップですね、あれをかえるということで下取りに出すということなのではないかと思うのですが、それはふやすのですか、出すのですか。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) ふやすのでは、この補助金が使えませんので、新しく購入して出してしまいます。



○議長(眞下?身議員) 2番、渡邉均議員。



◆2番(渡邉均議員) その出す件なのですが、廃車にするということだと思うのですけれども、今インターネットで官公庁、ですから役場とか役所関係で、いろいろな今まで使用していた車が全国にオークションとして出されております。その中で、トヨタのハイラックスピックアップ、ああいった車ですと、予定5万円とか7万円ぐらいの入札価格で出品するのですが、見ておりますと四、五十万ついております。ですから、ただその車を下取り、これは多分抹消すれば、村の名義でなくなれば、多分下取りに出したということになると思いますので、もし役場の中でインターネット、あれは簡単に、官公庁だけが実施しているサイト、オークションですね。ヤフーオークションですけれども、そこに出品してみたら何十万かになるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。近隣では小川町がパジェロミニをやはりオークションに出品しまして、かなり年数乗って距離を乗っている車が二十何万ついていました。ですから、あのトヨタのピックアップでしたらば、全国からかなり問い合わせがあるのではないかと思いますが、どうでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) まず、補助金の内容を精査しまして、どの範囲でできるかということを検討させていただきまして、ご了解していただきたいと思います。なるべく高く売れればと思います。

               〔「もしなら欲しいぐらい」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) ほかに。

  1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  22ページ、吉田議員の中学校管理の一般経費なのですけれども、このアスベスト、あとは木質化、同時進行の工事だと思います。ここで補正にのせた理由を説明していただけますか。



○議長(眞下?身議員) 野村教育委員会主幹。



◎教育委員会主幹(野村智君) 今、福島議員の質問にお答えいたします。

  先ほど全体的な説明で総務課長が触れたのですが、今般の1月15日に閣議決定されました緊急経済対策ということで補助がつくということで、平成25年度事業で見込んでおったのですが、今の緊急経済対策の補助事業を使って繰り越しをしたほうが補助がいただけるということで、それのほうが財政的にも負担が軽減されるということで、今回の補正予算に上げさせていただきました。

  以上です。



◆1番(福島重次議員) はい、終わります。



○議長(眞下?身議員) 4番、松澤公一議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤です。

  16ページ、保育園の委託料ですけれども、管外保育料の委託料の減が相当大きな金額になっているのですけれども、この管外保育が減った理由も、この東秩父からほかの市町村へ行ったのか、それとも東秩父村の保育園に戻ってきたのか、ちょっとその辺を教えていただきたいと思います。



○議長(眞下?身議員) 井上住民福祉課長。



◎住民福祉課長(井上高一君) この減につきまして、管外保育へ出していた当初の見込みから年度途中、退所者が5人おりました。それは、全て村外への転出者でございます。そのため、委託費が減となったものでございます。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第28号 平成24年度東秩父村一般会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第29号 平成24年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○議長(眞下?身議員) 日程第29、議案第29号 平成24年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第29号 平成24年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところにより、この案を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ72万円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4億8,862万6,000円とするものです。この案を提出するものです。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第29号 平成24年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)について、ご説明をさせていただきます。

  お配りしてございます補正予算書の5ページからご覧いただきたいと思います。5ページの歳入から順を追って説明をさせていただきます。歳入の2款1項1目督促手数料でございますが、予算措置しておりました1,000円を減額させていただいてゼロとするものでございます。督促手数料の徴収規定がないため、減額させていただくものでございます。

  次の3款2項4目高齢者医療制度円滑事業運営事業費補助金でございますが、2万4,000円の増額となります。これは、70歳以上の方の一部負担金が平成25年4月以降も据え置かれることから、それの高齢受給者証の再交付経費として国から交付されるものでございます。

  7款共同事業交付金、1項1目の高額医療費共同事業交付金でございますが、これは国保連合会からの交付額が減少が見込まれるためにより、74万7,000円の減額補正となります。

  続きまして、6ページをお開きいただきたいと思います。歳出に関する事項になりますが、1款1項1目一般管理費の委託料になりますが、92万4,000円の減額補正となります。これは、国保連合会の電算システムに関する部分なのですが、この電算システムが昨年更新になったのですが、これの経費については当初で各保険者が、市町村が負担することとなっていたものなのですが、これは後ほど国保連合会がこの部分については負担するということになったため、不用となるために減額をするものでございます。

  次の2款の部分なのですが、これは交付金が移動になったということで、財源内訳が移動になりましたので、ここにのってしまったのですが、補正の額はございませんので、ご了承いただきたいと思います。財源内訳の移動ということでございます。

  最後の2款5項1目葬祭費でございますが、財源不足が見込まれるために20万円を増額させていただくものでございます。

  以上でございます。議案第29号の東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第29号 平成24年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)



○議長(眞下?身議員) 日程第30、議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)は、次に定めるところにより、この案を提出するものです。提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ270万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億2,109万5,000円とするもので、この案を提出するものです。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)について、内容の説明を申し上げます。

  補正予算書の5ページをご覧いただきたいと思います。歳入から申し上げます。3款1項1目国庫負担金の介護給付費国庫負担金でございますが、これは国への変更交付申請に基づきまして交付決定額が変更となるために減額補正をさせていただくものでございます。

  同じく3款2項1目調整交付金でございますが、当初予算見込み時の交付率が、当初8.13%が7.89%に減額したために、交付額も減額になるものでございます。

  5款1項1目介護給付費県負担金でございますが、165万1,000円の減額となります。これにつきましても、県への変更交付申請によりまして減額となりましたので、減額補正となります。

  8款2項1目介護給付準備基金繰入金でございますが、こちらは274万7,000円の増額補正をさせていただくものでございます。

  6ページをお願いいたします。歳出の部分になりますが、2款保険給付費になります。2款1項1目の居宅介護サービス給付費、これにつきましては1,000万円の増額補正をさせていただきます。給付の伸びが見込まれるためでございます。

  3款の地域密着型介護サービス給付費、こちらも100万円の増額補正を行いたいと思います。利用者が伸びているためでございます。

  5目の施設介護サービス給付費1,500万円の減額補正となります。これにつきましては、給付額が減少しているため、不用額が見込めるために減額補正をさせていただきます。

  続きまして、7ページをお願いいたします。2款1項7目の居宅介護福祉用具購入費でございますが、こちらも財源の移動でございまして、補正額は発生しません。

  8目の居宅介護住宅改修費でございますが、こちらについては給付額の不足が見込まれるために30万円の増額補正をさせていただきます。

  また、9目の居宅介護サービス計画給付費につきましても補正額は発生しておりません。財源の移動になります。

  8ページの2款2項から9ページ、それから10ページの保険給付費、高額介護予防サービス費等までは、やはりこれも負担金等が減ったための財源の移動になりまして、補正額は発生しておりません。

  それから、10ページの2款4項1目高額医療合算介護サービス費でございますが、こちらは利用者の増が見込まれているために100万円の増額補正をさせていただきます。

  11ページ以降につきましても、財源移動ということで補正額は発生しておりませんので、省略をさせていただきます。

  以上で議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)について内容説明にかえさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第30号 平成24年度東秩父村介護保険特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第31号 平成24年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1号)



○議長(眞下?身議員) 日程第31、議案第31号 平成24年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第31号 平成24年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところにより、この案を提出するものであります。提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,900万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,400万円とするもので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第31号 平成24年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1号)につきまして、内容のご説明をさせていただきます。

  お配りしてございます補正予算書の7ページからご覧をいただきたいと思います。歳入に関する部分からご説明をさせていただきます。平成24年度の合併処理浄化槽設置管理事業につきましては、新規の設置申請等締め切りましたことから、事業費がおおむね確定に近づいてまいりました。それによりまして予算補正をさせていただくものでございます。平成24年度の当初目標設置基数は30基と設定しておりましたが、現在までの設置基数はその3分の1の10基でございます。これに基づきまして、予算の補正を行ったものでございます。

  歳入、1款1項1目設置費分担金でございますが、224万8,000円の減額補正になります。設置基数の減によるものでございます。

  2款1項1目浄化槽使用料でございますが、195万円の減額を見込ませていただきました。これは、浄化槽使用料の当初見込みを278基としておりましたが、168基としたことと、浄化槽清掃料の当初見込み223基から、これも168基としたためのものでございます。

  3款1項1目合併処理浄化槽設置整備事業費補助金でございますが、730万8,000円の減額補正となりました。これは、国からの3分の1の補助にかかわるものでございますが、設置基数の減によるものでございます。

  4款1項1目浄化槽県支出金でございますが、浄化槽整備事業奨励交付金でございますが、400万円の減額となっております。

  8ページをごらんいただきたいと思います。6款1項1目一般会計からの繰入金でございますが、520万5,000円の減額補正をするものでございます。こちらも事業費の減により、繰入金の減額をさせていただきます。

  7款1項1目の繰越金ですが、前年度からの繰越金を69万1,000円増額するものでございます。

  8款の諸収入、雑入でございますが、これは消費税が納付見込みになるために、これの収入がないということで減額補正になります。

  続きまして、9款1項1目過疎対策事業債ですが、これは870万円全額を減額補正をさせていただきます。当初過疎対策事業債を借り入れる予定でございましたが、平成24年度から過疎対策事業債が借り入れできなくなったことと、事業費等も縮小になってしまったことから、今年度は起債を行わないで全額を補正減するものでございます。

  9ページ、歳出に移らせていただきます。1款1項1目総務費の一般管理費、その中の負担金補助及び交付金でございますが、400万円の減額補正をさせていただくものでございます。この内容につきましては、既存の単独浄化槽等から合併処理浄化槽へ入れかえる場合の配管費並びに既存の単独浄化槽等の撤去費に対して補助するものでございましたが、こちらも基数の減少により減額するものでございます。

  2款1項1目施設管理費、合計で321万9,000円の減額補正を行うものでございます。内訳としましては、修繕費、それから委託料の法定検査、保守点検、清掃委託料等の減額、また原材料費、これはブロアなどの購入費等の減額補正になるものでございます。

  10ページへ進んでいただきたいと思いますが、3款1項1目施設整備費ですが、2,175万6,000円を減額補正をさせていただきます。説明欄の工事請負費並びに原材料費、それぞれ工事請負費が1,482万6,000円、原材料費は浄化槽本体の購入費でございます。それを693万円それぞれ減額補正をさせていただくものでございます。

  最後の予備費につきまして、2万5,000円の減額補正をさせていただきます。

  以上、議案第31号 東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1号)の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  9ページ、先ほどの説明で合併処理浄化槽施設管理費なのですけれども、321万9,000円、これ浄化槽を設置していると、この施設管理というのは毎月、毎年同じだけかかると思うのですけれども、その辺の説明をお願いします。



○議長(眞下?身議員) 坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 最初に、修繕費の34万6,000円の減なのですが、浄化槽本体亀裂修繕を2件予定したところなのですが、これが1件になる予定で12万6,000円の減、それから今までブロア、ダイヤフラムというものを定期的に交換しておったようなのですが、それは定期交換を行わなくなったことにより22万円の減ということが発生しておるようでございます。

  それから、法定検査の委託料でございますが、これ7条検査、これは新設したときの検査になると思うのですけれども、これも基数の減により10件減を見込みまして、これが13万円の減額になっております。保守点検委託料ですが、もちろんこれは定期的に保守点検を行っていると思うのですが、これが当初見込みを278基見込んでおったわけなのですけれども、実績見込みにより10基分を減額しました。その分が16万円というふうな数字になっております。

  それから、清掃委託料でございますが、これもやはり見込みでは223基というふうにしておきましたが、これも実績見込みによりまして、これが198万円の減額というふうになっております。

  それから、原材料費としまして、ダイヤフラム、ブロア、それから電磁弁、マグネットセット等、それからマンホール等いろいろ予定しておったのですが、こちらが60万3,000円の不用額ということで発生をしております。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) 1番、福島重次議員。



◆1番(福島重次議員) 済みません、もう一度伺いたいのですけれども、清掃委託料、ちょっと細かくお願いします。



○議長(眞下?身議員) 坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 10人槽以下223基から予定しておったわけですが、55基分を減額しております。それが3万6,000円掛ける55基で189万8,000円の減額でございます。

  以上です。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○議長(眞下?身議員) ほかに。

  8番、高野貞宜議員。



◆8番(高野貞宜議員) 8番、高野です。

  新規の浄化槽の取りつけが30の目標に対して10件というふうなことで、大幅に少ないですよね。先ほど総務課長から説明があったように、東秩父村は下水道を持っていないわけですから、こういった合併処理槽をどんどん普及させて、槻川に流す排水をきれいにしなくてはならないというふうに思っています。したがって、下流地域に対しても、槻川がいかにきれいな水を流しているかというのは、上流に住んでいる東秩父村の役目だというふうに思っています。この30の目標に対して10しかできなかったその原因、それから今後については、やはりどんどん推進の方向でいかなくてはならないというふうに私考えますが、その辺をちょっとお伺いしたいと思います。

  それから、清掃予定が223に対して50もマイナスしてしまう、あるいは定期点検ですか、もう一つは。そういったところが、当初の計画に対してなぜマイナスなのか、それがちょっと不思議でしようがないですけれども、ちょっとその辺2点お伺いいたします。



○議長(眞下?身議員) 坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 高野議員さんご指摘のとおり、30基から10基、20基も目標に達しなかったわけでございますが、始まった当初は順調に40基、30基と推移してきたわけなのですが、その後なかなか目標基数に達しなくなったわけなのですが、現在単独槽とかくみ取り槽が設置されている家庭というのが、なかなか高齢の方が住まわれている世帯が多くなってきたということが原因の一つに挙げられると思います。なかなか高齢者の方のみの世帯については、新しく合併処理浄化槽を設置することに抵抗があるというわけではないのですが、なかなかそこまでを考えていただけないということが現実にあると思います。

  それから、保守点検委託料でございますが、これ今年順調に30基ふえれば、この10基分減少しなくも済んだものと思われます。

  清掃委託料なのですが、これも1年1回は清掃しなくてはならないことでありますが、実際に汚泥のたまりぐあいとか汚れぐあいを見てした部分があるかと思いますので、この実績見込みで55基分が減ってしまったということになります。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) 8番、高野貞宜議員。



◆8番(高野貞宜議員) 8番、高野です。

  この推進について、村として村長の意見をちょっと聞きたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) 足立村長。



◎村長(足立理助君) 高野議員ご指摘のとおり、この事業は国の非常に推進している事業であります。近隣の町村を見ても、今公共下水というものの事業が、大変人口減少に伴い負担率が多くなって、川島町では導入しないでよかったなという声さえ聞こえてきております。そういう中で、今高野議員ご指摘のとおり、上流に住む者として、洗濯の水が非常に汚染率が高いということで、この合併浄化槽はぜひ一基でも多く設置をしていただきたいというのは希望であります。

  今回これだけ、なぜこういう見通しが大きく違ったのかということですが、これは私の知るところによると、ある程度の設置基準を満たすと補助率が違うというようなことがありまして、当初私なんかも30基は無理ではないかというもくろみもありましたけれども、国とのそういう補助率のかけ合いから、どうしてもこの30基を設置しないとというような甘さもあったのだと思っておりますけれども、そのところは担当の職員でないとちょっとわからないところなのですけれども、そのような考え方もあるやに聞いております。

  議員ご指摘のとおり、これからもやはりこういう啓発運動は積極的にやっていきたいと思います。よろしくお願いします。



◆8番(高野貞宜議員) 以上です。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑は。

  7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番、吉田です。

  高野議員に重複するところがあるかもしれませんが、30基という目標を立てられたということは、それが可能であろうという数字を出したと思うのですが、今お話聞いたらそういうことで鈍化しているのではないかと。そうすると、これはほとんどこれからは取りつけるべき人は、家庭は取りつけてしまったと。これから取りつけようとする方が鈍化していくのは、これは当然ですけれども、こういう今、村長さんが言ったように少し多いのではないかと、計画の中で。そう思いますが、現在の東秩父の普及率はどの辺までいっているでしょうか。

               〔「さっき聞いたような」と言う者あり〕



◆7番(吉田英夫議員) ああ、聞いたっけ。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  坂本保健衛生課長。



◎保健衛生課長(坂本年君) 現在、村の設置事業で設置しました合併処理浄化槽の基数になりますが、24年度現在までで293基でございます。これは生活排水に限った合併浄化槽でございますが、村の設置事業で設置した合併浄化槽でございます。それが293基ということです。

  以上でございます。



○議長(眞下?身議員) ほかにはないですか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第31号 平成24年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  暫時休憩いたします。

                                      (午後 3時05分)

                                              



○議長(眞下?身議員) 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時20分)

                                              



△議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)



○議長(眞下?身議員) 日程第32、議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)は、次に定めるところにより、この案を提出するものです。提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ60万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3,589万8,000円とするもので、この案を提出するものです。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  坂本保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 坂本 年君登壇〕



◎保健衛生課長(坂本年君) 議案第32号についてご説明をさせていただきます。

  内容説明に入る前に、補正予算書の訂正をお願いしたいと思います。2ページの1行目の見出しでございますが、大変監督不行き届きで失礼しましたが、「平成23年度」とございますのを「平成24年度」に訂正をさせていただきます。訂正するとともにおわびをさせていただきます。

  それでは、議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)について内容のご説明を申し上げます。補正予算書の5ページからご覧いただきたいと思います。歳入からご説明いたします。1款1項2目普通徴収保険料でございますが、現年度分、滞納繰り越し分ともに増額補正をさせていただきたいと思います。合計で補正額が56万8,000円となっております。

  4款1項1目一般会計からの事務費繰入金でございますが、50万円を減額補正をいたします。

  2目の保険基盤安定繰入金70万5,000円減額補正でございますが、埼玉県後期高齢者広域連合からの通知によりまして減額をさせていただくものでございます。

  6款の繰越金でございますが、前年度からの繰越金を3万5,000円増額補正をするものでございます。

  6ページをお開きいただきたいと思います。3の歳出でございますが、1款2項1目徴収費、後期高齢者医療の電算システムの委託料でございますが、5万2,000円の減額補正になります。

  予備費につきましては、予備費の支出見込みがないために55万円を減額補正するものでございます。

  以上で、議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第32号 平成24年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第33号 平成24年度東秩父村簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)



○議長(眞下?身議員) 日程第33、議案第33号 平成24年度東秩父村簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第33号 平成24年度東秩父村簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)は、次に定めるところにより、この案を提出するものです。提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ311万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ9,143万2,000円とするものです。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  福島産業建設課長。

               〔産業建設課長 福島信之君登壇〕



◎産業建設課長(福島信之君) 議案第33号 平成24年度東秩父村簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)の説明をさせていただきます。

  補正予算書の5ページをご覧いただきたいと思います。最初に、歳入、1款分担金及び負担金、1項1目衛生費分担金、1節加入者分担金24万2,000円の増額につきましては、口径13ミリ及び口径変更の分担金増額によるものでございます。

  次に、3款県支出金、1項1目県補助金、1節安全な飲料水確保緊急対策事業補助金224万2,000円の減額につきましては、平成13年度の元金償還額が算定から削られたことによるものの減でございます。

  次に、5款繰越金、1項1目繰越金、1節前年度繰越金170万1,000円の増額につきましては、前年度繰越金の増額分でございます。

  次に、6款諸収入、1項1目雑入、1節雑入341万3,000円の増額につきましては、水道施設の保険金及び放射性物質検査の東京電力からの賠償金でございます。

  続きまして、6ページ、歳出をごらんいただきたいと思います。1款衛生費、1項1目水道管理費、11節需用費140万円の増額は、各浄水場の電気料の不足が生じたため、増額したものでございます。

  15節工事請負費141万4,000円の増額は、突発的工事に備えたものでございます。

  16節原材料費30万円は、突発的工事に備えた水道資材の購入費でございます。

  以上で議案第33号の説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第33号 平成24年度東秩父村簡易水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第34号 東秩父村道路線の変更について



○議長(眞下?身議員) 日程第34、議案第34号 東秩父村道路線の変更についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議案第34号 東秩父村道路線の変更について、この案を提出するものです。提案理由を申し上げます。

  道路の管理延長が延びたため、この提案を行うもので、この案を提出するものであります。

  なお、詳細につきましては、担当課長をしてご説明を申し上げます。



○議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  福島産業建設課長。

               〔産業建設課長 福島信之君登壇〕



◎産業建設課長(福島信之君) 議案第34号 東秩父村道路線の変更について、内容の説明をさせていただきます。

  2枚目をご覧ください。村道1207号線の起点は、大字安戸字東町33番地1から同東町1068番地3まで道路認定されております。さらに、この先大字安戸字町北46番地2までの180メートルを道路認定するものでございます。

  以上で議案第34号の説明を終わります。よろしくお願いいたします。



○議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

  4番、松澤公一議員。



◆4番(松澤公一議員) この道路変更につきまして、資料によってある赤線の延びている区間がございますけれども、この延長は考えておるのでしょうか。



○議長(眞下?身議員) 答弁願います。

  福島産業建設課長。



◎産業建設課長(福島信之君) この先、まだ村道としてどこまで行けるかなのでございますけれども、延長がどこまで延びているかによりまして、そこで随時認定をしていければと思っております。



○議長(眞下?身議員) 4番、松澤公一議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤ですけれども、今の件なのですけれども、私もあそこを通ってみまして、あとわずかな区間を整備すれば、あそこを一回りというか、元県道の村道にわずかで出られるような気がしますので、そういった考えをしていっていただければと思っております。

  以上です。



○議長(眞下?身議員) 答弁はいいですね。



◆4番(松澤公一議員) はい。



○議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  討論はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第34号 東秩父村道路線の変更についてを採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△閉会中の継続調査の申し出について



○議長(眞下?身議員) 日程第35、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

  議会運営委員長から、特定事件について閉会中の継続調査をしたい旨の申し出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

                                              



○議長(眞下?身議員) お諮りいたします。

  本定例会で議決されました議案等の条項、字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 異議なしと認めます。

  よって、条項、字句、数字、その他の整理は、議長に委任することに決定いたしました。

                                              



△閉会について



○議長(眞下?身議員) お諮りいたします。

  本定例会で会議に付された事件は全て議了いたしました。

  ここで、村長から挨拶のための発言を求められています。これを許可いたします。

  足立村長。

               〔村長 足立理助君登壇〕



◎村長(足立理助君) 議長より発言のお許しをいただきましたので、平成25年第2回東秩父村議会定例会閉会するに当たり、一言お礼の挨拶を申し上げます。

  きのう、きょうと大変お忙しいところご参会を賜り、本定例会にご提案を申し上げました諸案件につきまして、極めてご熱心にご審議をいただき、原案どおりご決定を賜り、ここに閉会できますことに衷心より深く感謝を申し上げます。

  ご審議を通じていただきましたご意見につきまして、今後の村政運営に生かしてまいります。

  余寒なお厳しい季節でございますが、議員皆様方におかれましてはますますご自愛をいただき、ご健勝にてご活躍を賜りますようご祈念申し上げまして、閉会に当たりましてのご挨拶にさせていただきます。まことにありがとうございました。



○議長(眞下?身議員) 以上、村長の挨拶を終了いたしました。

  よって、東秩父村議会会議規則第6条により、本日をもって閉会することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(眞下?身議員) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会は本日をもって閉会することに決定いたしました。

  ここで、閉会に当たり、一言ご挨拶を申し上げます。きのう、きょう2日間、議員各位におかれましては熱心にご審議賜り、ありがとうございました。執行部におかれましては、平成25年度予算等議決されました案件を適切に運用され、村政発展と住民生活向上のため、さらなる努力をいただきますようお願い申し上げる次第であります。

  さて、私たちは来る4月22日に任期満了を迎えます。平成21年4月24日の初議会から今日まで、それぞれ議員活動に精励してきましたが、今任期中、この議場において皆さんと顔を合わせることは、おそらくきょうが最後になるものと思います。過去4年間、本村議会の運営が円満に本日まで参りましたことを皆さんとともに喜びたいと思います。これもひとえに議員各位の議会に対する深い理解と、村政への熱い情熱のあらわれのたまものと衷心からお礼を申し上げ、敬意を表する次第であります。

  また、村長初め職員の皆さんにもいろいろとご協力をいただいたことに、改めて感謝を申し上げます。ありがとうございました。

  なお、4月14日が村議選ということですが、立候補を予定されている各位におかれては、どうかくれぐれもご自愛の上、奮闘努力され、全員が当選の栄を得られ、再びこの議場で顔を合わせられるよう心からご祈念申し上げまして、簡単ではありますが、お礼の挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(眞下?身議員) これにて、平成25年第2回東秩父村議会定例会を閉会といたします。

  ご苦労さまでした。

                                      (午後 3時40分)