議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 東秩父村

平成23年  3月 定例会(第2回) 03月09日−議案質疑、討論、採決−02号




平成23年  3月 定例会(第2回) − 03月09日−議案質疑、討論、採決−02号







平成23年  3月 定例会(第2回)





          平成23年第2回(3月)東秩父村議会定例会

議事日程 (第2号)
                        平成23年3月9日(水曜日)午前10時00分開議
 日程第 1 諸報告                                      
 日程第 2 議案第 3号 平成23年度東秩父村一般会計予算                  
 日程第 3 議案第 4号 平成23年度東秩父村国民健康保険特別会計予算            
 日程第 4 議案第 5号 平成23年度東秩父村介護保険特別会計予算              
 日程第 5 議案第 6号 平成23年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算     
 日程第 6 議案第 7号 平成23年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算           
 日程第 7 議案第 8号 平成23年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算            
 日程第 8 議案第 9号 平成23年度東秩父村営バス事業特別会計予算             
 日程第 9 議案第10号 東秩父村、村立学校設置及び管理条例の一部を改正する条例       
 日程第10 議案第11号 東秩父村文化財保存施設等の設置及び管理条例の一部を改正する条例   
 日程第11 議案第12号 東秩父村こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例      
 日程第12 議案第13号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例             
 日程第13 議案第14号 平成22年度東秩父村一般会計補正予算(第6号)           
 日程第14 議案第15号 平成22年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)     
 日程第15 議案第16号 平成22年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第2
              号)                                
 日程第16 議案第17号 平成22年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)    
 日程第17 議案第18号 東秩父村・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託につ
              いて                                
 日程第18 議案第19号 東秩父村道路線の廃止について                    
 日程第19 議案第20号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任について          
 日程第20 議案第21号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任について          
 日程第21 議案第22号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任について          
 日程第22 閉会中の継続調査の申し出について                         

出席議員(8名)
     1番  福  島  重  次  議員     2番  渡  邉     均  議員
     3番  田  中  丈  司  議員     4番  松  澤  公  一  議員
     5番  栗  島  正  道  議員     6番  眞  下  ?  身  議員
     7番  吉  田  英  夫  議員     8番  足  立  理  助  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  村   長   若  林     全  君   教 育 長   高  野     勉  君

  参 事 兼   梅  澤     進  君   会計管理者   野  澤     進  君
  総 務 課長

  税 務 課長   鷹  野  法  邦  君   住 民 福祉   倉  林     均  君
                          課   長

  保 健 衛生   眞  下  春  男  君   産 業 建設   高  野  守  生  君
  課   長                   課   長

  教育委員会   関  根     功  君
  事 務 局長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   山  田  幸  広      書   記   宮  崎  士  朗



                                              



△開議の宣告



○副議長(眞下?身議員) ここからの議事進行は、副議長の眞下が務めます。

  ただいまの出席議員は8人です。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

                                      (午前10時01分)

                                              



△議事日程の報告



○副議長(眞下?身議員)  本日の議事日程は、お手元に配付のとおりです。

                                              



△諸報告



○副議長(眞下?身議員) 日程第1、諸報告を行います。

  本日の付議案件は、議案第3号 平成23年度東秩父村一般会計予算外19件です。

  次に、議案説明のため、村長ほか関係者の出席を求めております。その者の職氏名を一覧表にしてお手元に配付いたしましたから、ご了解ください。

                                              



△議案第3号 平成23年度秩父村一般会計予算

 議案第4号 平成23年度東秩父村国民健康保険特別会計予算

 議案第5号 平成23年度東秩父村介護保険特別会計予算

 議案第6号 平成23年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算

 議案第7号 平成23年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算

 議案第8号 平成23年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算

 議案第9号 平成23年度東秩父村営バス事業特別会計予算



○副議長(眞下?身議員) 日程第2から日程第8の議案について審議を行います。

  日程第2、議案第3号 平成23年度東秩父村一般会計予算、日程第3、議案第4号 平成23年度東秩父村国民健康保険特別会計予算、日程第4、議案第5号 平成23年度東秩父村介護保険特別会計予算、日程第5、議案第6号 平成23年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算、日程第6、議案第7号 平成23年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算、日程第7、議案第8号 平成23年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算、日程第8、議案第9号 平成23年度東秩父村営バス事業特別会計予算を引き続き一括議題といたします。

  初めに、議案第3号 平成22年度東秩父村一般会計予算の歳入歳出全般について質疑を行います。なお、質疑の際は、ページ数を告げてから質問していただくようにお願いをいたします。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 8番、足立です。総務課長にちょっとお聞きします。

  一般会計予算のポイント8ページです。ここに議員の共済費1,444万円、前年度比プラス1,148万円が載せてありますけれども、この内容につきましてご説明いただけるでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 暫時休憩します。

                                      (午前10時05分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時12分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁を申し上げます。

  先ほど照会のありました地方議会議員年金制度につきましては、もともと急に聞いたようなお話でございまして、こちらも予算が組み上がって各課から予算の要望が上がってきた、それをまとめた時点でそれ以降に、言葉、表現は悪いかもしれませんが、急にこの問題が出てきまして、これだけ必要なのだというふうな要望が出てきた次第で、その経緯、内容については存じ上げておりません。答弁になりませんが、よろしくお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) 暫時休憩いたします。

                                      (午前10時13分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 再開します。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前10時19分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 質疑のある方はどうぞ。

  2番、渡邉議員。



◆2番(渡邉均議員) 2番、渡邉でございます。

  1点一般会計予算のポイントの9ページでございますが、歳出のところで子宮頸がん等ワクチン接種補助金ということで、新規に今回686万円見込んでいただいているわけでございますが、これも前回の議会のときにお話が出たと思うのですけれども、女子の子宮頸がんのワクチンとか、それから小児用の肺炎球菌のワクチンということで盛り込んでいただいているのですが、最近の報道で小児用肺炎球菌のワクチンで死亡事故が、全国で4人ぐらい亡くなっているという報道がありました。その辺で、ちょっとこれ心配なところもあるのですが、かといってこれワクチンというのもやっていかなければいけないことだと思いますし、その辺どういうふうに対応をしていけたらいいのかちょっと心配になったものですから、お話を伺えればと思いますが。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) ただいま渡邉議員さんからご質問いただきました、一般会計のほうの予算でいきますと疾病対策事業、その中のワクチン接種事業の関連かと思います。その中で、23年度の当初予算の中では総額といたしまして697万2,000円、予算書上計上させていただいております。その中では、先ほどご指摘いただきましたように子宮頸がんワクチンの接種、それから小児に対するヒブワクチン、それから小児に対します肺炎球菌のワクチンの接種、それからさらには65歳以上の高齢者に対します肺炎球菌のワクチンの予防接種といたしまして、先ほどお話ししましたような金額を計上させていただいております。

  そして、ちょっと内容を説明させていただきますと、子宮頸がんのワクチンにつきましては、今のところ計画といたしましては、これから議会が終わりましたら要綱等を設置させていただきますけれども、中学1年生から中学3年生の女子の生徒を対象にいたしまして、子宮頸がんのワクチンの接種を行いたいと思って考えております。1人当たりの1回の接種費用が1万6,940円というふうなことで、最初1回接種しまして、その後1カ月後に2回目を接種しまして、さらにはそれから4カ月、通算いたしまして6カ月の間に3回予防接種をするというふうなことで計画させていただいております。そして、この費用につきましては、2分の1が国庫補助事業で2分の1が自治体負担というふうなことになっております。

  それから、さらに小児に対するヒブワクチンの接種ですけれども、これは対象者がゼロ歳から5歳未満の小児が対象になります。そして、これは接種する子供さんの年齢によって、年齢といいますか、生後何カ月かによって接種回数が異なってきますけれども、最高に受ける子供さんですと、生後2カ月以上7カ月未満の子供さんですと最高4回受けるような形になります。それで、1回当たりの費用が、比企の医師会のほうで提案されておりますのが、1回当たり9,400円ということです。

  そして、さらに小児の肺炎球菌のワクチンの接種ですけれども、これもゼロ歳から4歳の乳幼児が対象になりますけれども、これも接種するときの接種時期の年齢等によって変わってまいりますけれども、最高受ける子供さんですと3回受けることになります。それで、1回当たりの接種費用が1万1,800円というふうなことになっております。

  それから、さらに村独自のワクチンの接種といたしまして、65歳以上の高齢者に対しますワクチン補助を事業の中で計画させていただいております。65歳以上の高齢者に対しまして、4,000円の補助というふうなことで事業の中で計画させていただいております。

  それで、先ほど渡邉議員さんからご質問いただきましたように、ワクチンの接種が東秩父の場合ですと、平成23年度4月から実施するというふうなことで準備を進めさせていただいております。ですけれども、そんな中で先ほどご指摘いただきましたように、3月2日から3月4日までの間に4件の死亡事故が発生したというふうなことで、新聞報道等ご存じかと思います。これは、小児に対する肺炎球菌とヒブのワクチンを接種した子供さんが全国で4人、1日または2日後あたりに亡くなられたという事故が発生しております。ただ、この事故につきまして、現在厚生労働省のほうでワクチンの接種と死亡に対する因果関係を調査しております。ですから、この因果関係が判明するまでの間は、厚生労働省のほうではヒブワクチンと肺炎球菌の小児に対する予防注射を控えるようにというふうなことで、国、県のほうを通じて今、村のほうへも指導が来ております。ですから、これが解除になりまして、それからワクチンの接種のほうの事業に移らせていただきたいと思います。その前には、ご存じのように比企の医師会等の単価契約、またいろんな手続がありますので、その間に進めさせていただけたらと思って考えております。

  それから、さらにもう一つの子宮頸がんのワクチンの接種でございますけれども、今県のほうからの文書等によりますと、なかなかワクチンが逼迫しておりまして、7月1日以降でないと医療機関のほうへ希望するだけのワクチンが購入できないというふうなお話を伺っておりますので、子宮頸がんのワクチンにつきましても7月1日以降の実際には実施になるかと思います。そんなふうな段階で、一般会計の当初予算の中で先ほど申し上げましたような大きな金額を計上させていただきまして、この事業を23年度で進めていきたいと思って、今保健センターの担当職員とも打ち合わせをさせていただきながら進めさせていただいておりますので、また機会ありましたらいろいろご指導いただきたいと思いますけれども、よろしくお願いします。



◆2番(渡邉均議員) ありがとうございました。



○副議長(眞下?身議員) 1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  予算書の53、55ページ、選挙の投開票事務手数料について伺います。3つの選挙手当総額が495万4,000円計上されていますが、所得税の源泉徴収の有無を教えていただけますか。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁を申し上げます。

  この問題につきましては、かねてから福島議員さんのほうからどういうわけだというふうなことで、今まで再三にわたりご質問を受けてまいりました。昨年の支払い金額から源泉徴収税額は税務署に納付してございます。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○副議長(眞下?身議員) ほかには。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) それでは、続いて議案第4号 平成23年度東秩父村国民健康保険特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 続いて、議案第5号 平成23年度東秩父村介護保険特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 続いて、議案第6号 平成23年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番、吉田でございます。

  現在埼玉県では、河川の汚染等を考慮して浄化槽の普及を進めるというお話を伺っておりますが、この予算化の中にはそれが考慮されているかどうかお伺いいたします。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) 今、吉田議員さんからご質問をいただきましたけれども、今はこの合併処理浄化槽の特別会計の予算の中には、一般家庭に設置します大型合併処理浄化槽の設置に関する費用と、さらには平成15年から現在まで実施してきまして、263基市町村設置型で現在合併処理浄化槽が設置されているわけですけれども、それの維持管理等の費用を特別会計の中で計上させていただいております。

  先ほどご質問いただいた件が、ちょっとよくわからない面がありますので、今のご答弁で不足でしたら、再度ご質問をいただきたいと思いますけれども。



◆7番(吉田英夫議員) 上田知事のお話を伺いまして、新聞等で報道された件ですけれども、河川の汚染等の……



○副議長(眞下?身議員) 7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 失礼しました。7番の吉田でございます。

  河川の汚染をこれ以上進ませないと、そういうことで、いわゆる合併浄化槽の普及を促進するという、浄化槽の基数をどんどんふやしていきたいという知事のお話が載っておりましたが、この村でもそれを予算の中で考慮しているかどうか。その内容にちょっと触れてみたいと思ってお聞きしたわけなのです。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) どうも済みませんでした。今のご質問なのですけれども、確かにご存じのようにきのうの特別会計の予算の説明の中でもちょっと触れさせていただきましたように、平成21年度のときに国の緊急経済対策で、10月から翌年の3月までの間に設置しました浄化槽につきましては、管路に対して20万円の国の補助、またさらには既設の浄化槽を廃止、撤去処分するに当たっての10万円の補助というふうなことで県のほうで補助要綱を設置いたしまして、事業を進めさせていただきました。そんな関係で、21年度につきましては村では33基というふうなことで、補正予算を組ませていただいて事業を推進させていただきました。

  それで、今吉田議員さんからご質問をいただきましたように、新聞等の報道にありますように、今度は埼玉県独自で平成23年度には同じように合併処理浄化槽に伴います管路に対して20万円の補助、またさらには既設の浄化槽の撤去処分につきまして10万円の補助というふうなことで補助をしようというふうなことで、現在県のほうで補助要綱等を設置しているようでございます。ですから、そこら辺を見込みまして、これを利用していただきまして、一基でも多く設置できるようなことを検討させていただきまして、23年度も30基一般家庭に設置できたらなというふうなことで計上させていただきましたので、よろしくお願いしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) ほかにありませんか。

               〔「ちょっとよろしいですか」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 私、今この一般会計の予算ポイントでちょっとお話をお伺い……

               〔「一般会計の後で総括でやりますから、そこで質問してくだ

                 さい」と言う者あり〕



◆7番(吉田英夫議員) ああ、そうですか、はい。では、また後で。



○副議長(眞下?身議員) 今のは一般会計のほうのこと。



◆7番(吉田英夫議員) ああ、そうです。



○副議長(眞下?身議員) では、後で。

  議案第7号 平成23年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 続いて、議案第8号 平成23年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤ですけれども、257ページの水道メーター検査員賃金252万とございますけれども、これは8名分とお伺いしていますけれども、これは均一8名分でこれだけでいいのでしょうか。

  それと、水道メーターの8人というのは、各区で1人ということでしょうか。

  それで、この8名に対して水道のメーターは、1人何カ所ぐらい見回るのでしょうか。それをちょっとお聞きしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 予算書257ページ、水道メーター検針員の賃金ということで、ちょっとお待ちください。252万円です。これの内訳ですけれども、ちょっと今手元にはありませんが、水道メーターの量といいますか、数に応じて賃金を支払っております。ですから、全員一律ではありません。村内全部で8名ですが、金額はばらばらとなっております。量もばらばらです。だれが何個持っているかという資料を、申しわけないですが、ちょっと持ち合わせていないので、後で報告をさせていただきたいと思います。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) この8名というのは、各区に1名ずつということなのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 先ほど言いましたように調べるメーターの数が違いまして、各行政区に1人というわけではありません。ただし、地区の近くの人が実質的にメーターを検針しております。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) では、メーター1つ当たりの賃金ということで受けとめていいのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 基本的には、そういうふうなことになります。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) では、この明細については後でご報告願いたいと思いますが、よろしくお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 続いて、議案第9号 平成23年度東秩父村営バス事業特別会計予算の歳入歳出全般についての質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番、吉田でございます。

  この3月をもって村営バスの運転者さん2名が退職をされ、臨時職員としてバスの運行に尽力していただくということになっているようですが、そこには当然賃金の差が大きく出るわけで、今まで東秩父の村営バスは採算がとれないから云々というお話がちまたに流れておりましたが、この臨時の職員ですが、これは当分の間、この臨時職員がバスを運行されていくのかどうか。新採用されるときには、正式な職員がまた採用されるのかどうか。そこのところを伺っておきたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁申し上げます。

  村営バス事業につきましては、大変皆様方にご協力をいただきまして、昭和52年から寄居町に乗り入れというような形で、寄居町さんにお世話になってやっているわけでございますが、このたびたまたま議員さんのお話がございましたが、2名の職員が退職になるというふうなことで、大変今回はマイナスが大きく、960万というふうな総額が下がってきたわけです。その主な理由は、給料で支払っていたものが、臨時職員の賃金というふうなことで大変下がったというようなことが反映されているものと思います。

  これから将来にわたりましてどのようにするかというのは、当然寄居町さんとも協議をする必要があるとは思いますが、当面結論から申し上げて、新採用、新しい職員の採用は今のところ考えてございません。どの程度の要望があるか、村民の皆様にご協力をいただいて、言葉は悪いかもしれませんが、空気を運んでいるというような、そんなようなこともあります。そうですが、やっぱり小さい子供さん、お年寄り、車がない方については利用していただくことがいいのではないかというふうなことで、交通弱者というようなことは失礼かもしれませんが、そういう人のためにはやっていく必要があると思います。

  それからなお、これからだんだん児童生徒が少なくなってございます。そんな関係で、それらの統合の関係やら村民の足の関係やらをこれから随時協議をしていただいて、村民の皆様方のご協力がいただけるような形の村営バスになるのではないかと思いますが、結論から申し上げて、新採用は今のところ考えてございません。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤ですけれども、278ページ、バス使用料で211万7,000円とバスの料金がございますが、これは平均にしますと何名ぐらいが利用しているのでしょうか。ちょっとそこのところだけお聞きしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁申し上げます。

  今ここに資料がございません。大変申しわけない、数字のことにつきましては、また後ほどお願いしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 先ほども総務課長のほうから、空気を運んでいるようなことも言われるようなことも今答弁してもらいましたけれども、全然乗らない日とか、たまには随分利用者がいるとか、そういうことが把握できれば、運行する経費もまた違ってくるのではないかと思うのでございますけれども、またそれは後で報告していただければいいと思います。



○副議長(眞下?身議員) ほかにありませんか。

  3番、田中議員。



◆3番(田中丈司議員) 3番、田中です。

  279ページの広告料というのですけれども、これはバスの広告料だと思うのですけれども、これ何社と契約して、もっと募集というのですか、ふやすあれはないか、ちょっと教えてください。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 田中議員さんのご質問にお答えしたいと思います。

  まず、バスの広告料につきましては、5万円掛ける12社というふうなことでございます。60万というふうなことで計上させていただいておりますが。

  それから、その広告については今のところ枠がございませんので、バスを小さくした関係でこれが満杯でございます。ただ、補足して申し上げますと、中に広告を出したいというような方につきましても料金をいただいてというふうな形がございますので、そちらの面についてはまだお願いをする面があるのかなというふうな感じを持っておりますが、外枠の5万につきましては今満杯でございますので、また引き続き今協力をしていただいている村内の商店の方あるいは寄居町の商店の方、引き続きお願いしていきたいというふうに思っています。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) ほかには。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) これより一般会計予算及び各特別会計予算の歳入歳出全般について総括質疑を行います。

  これより質疑に入ります。

  8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 8番、足立です。総務課長にお尋ねします。

  平成23年度の予算書の中で一般会計予算のポイント、この8ページですけれども、臨時職員賃金合計3,160万円、前年度より251万円の増額が計上されております。各担当で臨時職員を雇っていると思いますが、職種と時給を、これは一覧表か何かにしてあるのでしょうか。もしないようでしたら、ちょっと調べていただければありがたいと思っているのですけれども、早急な質疑で申しわけないのですけれども、これは役場のほうで一覧表はあるのですか、ないのですか。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁したいと思います。

  時給の関係につきましては、毎年埼玉県の関係の最低賃金という指標が出ます。その埼玉県の最低賃金は守るようにして、またなおほかの町村の金額の動向も組み入れながら、あと時間についても職員の勤務時間というものを統一しないで、例えば学校の関係者であれば子供たちが来る時間から帰る時間、その時間の勤務というようなこと。役場の職員につきましては9時から4時とか、そういうふうな関係で時間を定めておりまして、今年から時間給というふうなことで一覧表はございます。ただ、名簿というふうなことになりますと、その名簿の中に給料といいますか、あなたは7時45分から3時15分まで幾らですよというような記載がございますので、その名簿の提出はできませんが、どういう仕事の内容の方が1時間幾らもらっているかと、その表につきましてはご提示ができるというふうに思います。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 8番、足立です。

  それでは、ちょっと時間かかると思うのですけれども、時間をいただきまして、もしそれがいただければありがたいと思っています。

  あと、総括でありますので、国保の問題についてちょっと保健衛生課長にお尋ねします。平成23年度の東秩父村予算概要説明書、ページ数が15ページですか、この中に一般会計繰入金3,000万円を計上しております。この繰入金の5年間の多寡ですか、どのくらいに変化しているのか、もしすぐわかれば教えていただきたいと思っております。

  あと13ページに、ここへ限度額、医療費51万、支援金14万、介護費12万、計77万円となっています。限度額が、医療費分が1万円、支援分が1万円、介護分が2万円上昇となっています。先日説明をいただく中で、たしかこれは昨年度も最高納付額が39万円から73万円、4万円……

               〔「69から」と言う者あり〕



◆8番(足立理助議員) ああ、69万円から4万円上がって73万円。また、今回1年間で4万円上がるのですか、これは。それは大変本当に専門的な面からすると、私正直言って東松山の、子供が行っているので、東松山で最高納付額は幾らぐらいなのですかと聞いたのです。そうしたら、東松山でさえ最高納付額が63万円というような言葉を聞いたのですけれども、この村にいて74万円というのは、確かに保険の費用がかかるから小さな村でも捻出しなければならないと思っていますけれども、やはりこれ毎年こういうものをこれだけ上げるということには、先ほども言ったように一般会計からの持ち出しの許容限度額というのですか、こういうものといつも精査していかないとできないと思うのです。

  私はよくわからないですけれども、たしか去年の8月に群馬県の高山村から東秩父村に国保の調査が見えました。あそこの村は、10年たっても人口がちっとも減らないのです。私は、担当の眞下課長一緒におりまして、どうして減らないのですかと、そうしたらやっぱりそれなりの努力をしている。要するに、あそこは4,000人の村ですけれども、ちょうど高原地帯で自然環境もいいでしょう。ゴルフ場もあって、大学もあって、かなり所得者があったと。それで、東秩父村の国保をなぜ調べに来たのかなと思って、私は大変誠実に答えるべき、自分で高山村へ調査に行ったのです。そうしたら、まあすばらしい環境で、なるほどここなら住んでみたいというような環境をつくっているというのに感心しました。その担当の職員が言うのには、東秩父村の医療費で人工透析がこんなに多くては大変でしょうということを言われて、実はその高山村がなぜかというと、医者が近年できて、その医者が来たおかげで人工透析がふえましたというようなことを言われたのです。だから、医療が進めば患者も多くなるのかなというものの中で、東秩父が突出して人工透析も多いと。そういうもろもろの面から、これだけの保険料も、私よくわからないですが、上がってきているのではないかと。担当している職員として、どうしたらこの医療費を少なくできるような方策が考えられるのかどうか。全体的な考え方として、もし答えられる範囲で結構ですけれども、答弁がいただけたらと思っているのですけれども。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) 今国保の関係につきましていろいろご質問いただきましたので、順を追って答弁させていただきたいと思います。

  今議員さんのお手元のところに、一般会計からの法定外繰り入れの平成14年度から平成23年度までの金額を示した一覧表をお手元に差し上げてありますので、ごらんいただきたいと思います。それで、先ほどご質問いただきましたように、この予算の概要説明書、その中の15ページに10款といたしまして繰入金、他会計繰入金といたしまして、その中の1目で一般会計繰入金3,000万円を計上させていただいております。それは当初予算の説明のときにも概要として説明させていただきましたように、平成21年度のときに前期高齢者交付金が当初予算で、正直なところ5,900万円計上させていただいてあったものが、最終的に21年度1億1,900万円というふうなことで、約倍交付されてきました。それが平成23年度に精算されるというふうなことで、当初予算にも計上させていただきましたように、前期高齢者交付金の金額を4,211万4,000円で見込ませていただきました。説明のときにもお話しさせていただきましたように、この金額につきましては例年ですと7,000万から8,000万円計上させていただくのが、精算されるというふうなことで減額になるというふうなことで4,200万円計上させていただきましたので、その7,000万、8,000万円から4,000万円で減額された分を補てんする意味をもちまして、そこに一般会計からの法定外繰り入れとして3,000万円見込ませていただきました。それから、さらにその不足を補う意味といたしまして、2項といたしまして基金繰入金、保険給付支払基金繰入金として、さらに1,000万円基金を取り崩させていただいて、23年度の国民健康保険の歳入に充当させていただきまして、全体的な予算を計上させていただいております。

  そして、先ほどお話いただきましたように、法定外繰り入れとして23年度3,000万円繰り入れさせていただくわけでございますけれども、なぜそういう数字が出てきたかといいますと、先ほど申し上げましたように前期高齢者交付金が減額になるというふうな関係、それからまたさらには当初予算の歳入の1款のところで話をさせていただきましたように、国民健康保険の当初予算の中に保険税の占める割合が17.4%というふうなことを話させていただきました。本来ですと、国民健康保険税、大きく負担割合を説明させていただきますと、本人の1部負担割合が3割医療費の中でかかります。それで、残った7割の半分を税金で賄いまして、さらにそのほかに保険税等で賄う分が、理想的に見込まれている部分が30%から約35%が、国民健康保険の予算の中の歳入に占める割合の30%から35%が保険税で賄うのが理想な形というふうな、今国のほうから示されている基準があります。その中で17%から18%きり保険税の自己財源がありませんので、どうしても30%との差が出てきますので、そこを賄う意味でもどうしても今後も前期高齢者の交付金が23年度減るということだけでなくて、これからも先ほど申し上げました一覧表で示させていただきましたように、ある程度一般会計のほうから法定外繰り入れとして繰り入れさせていただかないと、国民健康保険の予算が成り立っていかないのではないかなというふうに考えております。というのは、給付費はどんどん伸びてきますけれども、正直なところ保険税は、何かの機会に議員さんにお話ししたかもしれないですけれども、保険税の税率等を上げても保険税が伸びてきません。そういう関係もございます。

  それから、さらにちょっと話させていただきますと、村民の所得なのですけれども、税務課で作成しております課税状況の中からの所得を抜粋させていただきますけれども、村民の所得といたしまして、平成22年度は総額で33億3,929万7,000円というふうなことで、この金額は21年度の村民全体の所得から比較しますと4億9,457万円減額になっています。ですから、この前何かの機会に議員さんにお話ししたことがあるかと思いますけれども、保険税の税率は据え置くのですけれども、平成20年と21年の国民健康保険税の1人当たりの調定額、保険税の税率は同じなのですけれども、20年度は1人当たり8万6,000円の保険税の調定額ですけれども、21年度は8万3,000円です。1人当たりの調定額は3,000円減っております。というのは、国民健康保険に入っていらっしゃる方、また村民全体の方にも言えるかと思いますけれども、所得が減っているから、所得が減額になっていますので、同じ税率で課税しても税金は伸びないというふうなことです。ですから、これからも国民健康保険を運営していくのには、きのう村長が申し上げましたけれども、これからの村の財政的なことも関係してくるかと思いますけれども、ある程度毎年一般会計のほうから法定外繰り入れとして税が上がらない分何かの形で補てんしていただかないと、国民健康保険税はこれから先行きが大変になるのではないかなと思って考えております。

  それで、さっき議員さんからお話ありましたけれども、このような状態がいつまで続いていくのかわかりませんけれども、全国的な国民健康保険の特別会計の傾向といたしまして、市町村で赤字分を一般会計から繰り入れできないところが、今全国的に大分ふえてきております。ですから、そういうところは一般会計からの繰り入れができないところはどういうふうなことをしているかと言いますと、翌年度の収入を先食いといいますか、先に使わせていただく繰上充用している自治体が大分全国的にはふえているというふうなお話も伺っております。まだ今のところ、東秩父の場合ですと一般会計からの繰入金をお願いして、何とか繰り入れさせていただいて国民健康保険の予算を計上させていただいておりますけれども、これが先ほど申し上げましたように、このような状態が幾年続いていくかというふうなことは、また村長とご検討していただくような機会があるかと思います。

  ですから、くどいようですけれども、国民健康保険特別会計の歳入の中の理想的なものとしましては、30%から35%を保険税で賄えばいいわけですけれども、17%から18%の東秩父の今保険税の収入です。そしてまた、税率を上げて被保険者の方にお願いすれば、保険税そのものの徴収率ももちろん下がってくると思いますし、滞納もふえてくると思います。ですから、そんな関係がありますのでこれからも、23年度の予算は3,000万円というふうな大きな金額になりますけれども、ある程度毎年一般会計のほうから法定外繰り入れとして繰り入れさせていただかないと、国民健康保険の予算が成り立たないのではないかなというふうに考えております。

  それで、さっきご質問の中にもありましたけれども、あとさらには23年度の予算の中で11款として前年度からの繰越金が5,899万3,000円というふうな大きな金額を見込ませていただいてあります。というのは、ご存じかと思いますけれども、国民健康保険税の1期の納期限は7月でございます。7月ということは、年度が始まりまして4月、5月、6月の間は税は一銭もということはないですけれども、税が全然入ってきません。ある程度交付金は、12分の1した月割りで入ってくるのですけれども、4月、5月、6月の医療給付費等を賄うためには、どうしてもここで毎年ある程度五、六千万の繰越金を出させておいていただかないと、税が入ってくるまでの間、会計を賄うことができませんので、そこら辺のところを毎年繰越金を出させていただいております。これからといたしましても、先ほどの質問の答弁と繰り返しになるかと思いますけれども、ある程度の金額は法定繰り入れとして繰り入れさせていただかないと、それを繰り入れさせていただかない場合には保険税を上げる以外にはないと思います。

  それから、さっき課税限度額のお話をちょっといただきましたけれども、確かに東秩父の場合ですと地方税法の改正に伴いまして、ここ幾年か課税限度額を毎年3万円ないし4万円程度増額させていただいております。これは、去年あたりの何かの説明の中にも答弁させていただきましたように、中小企業のサラリーマンが加入する全国健康保険協会、協会けんぽという健保組合があるわけですけれども、その限度額が平成22年度から、82万円から93万円に引き上げられます。それで、将来この健康保険の一元化というふうなことの中で、厚生労働省のほうでは国民健康保険の課税限度額も、この協会けんぽの課税限度額に限りなく近づいていこうというふうなお話の意向のようでございます。ですから、今年に限らず来年、再来年と、73が来年度77になって、それが93に行くぐらいまでの間は、毎年課税限度額の引き上げがあるというふうなことが言われております。

  それで、今埼玉県の中で課税限度額をそのまま採用している自治体と、実際にはその保険者の考え方で採用していない自治体があります。そして、今のところ国保の運営状況の概要というふうな中で、来年度も東秩父と同じように課税限度額を引き上げますかという質問に対しまして、70ある自治体のうち11の自治体で、地方税法に伴って課税限度額を上げるというふうな回答をいただいております。ですから、残りの59ですか、59の自治体は同じ課税限度額までは引き上げないというふうなお話のようです。ただ、これを地方税法に沿って課税限度額を引き上げなくても、特にペナルティーだとか何かというふうなことは今のところないようですけれども、埼玉県の状況ではそういうふうなことです。ですから、ご質問いただきましたように、東秩父はそういうふうな形で地方税法の改正に伴って上げていきますけれども、東松山市あたりですと、そこまでいかないで課税限度額を引き下げているというか、据え置いているところもあります。

  それで、今東秩父の課税限度額に対する国保の世帯がどのくらいあるかと言いますと、20年度医療分の課税限度額に達している世帯が13世帯あります。21年度が10世帯、22年度が6世帯、その課税限度額に達している世帯があります。ですから、それが73から77になって、さらに81とかに上がっていく段階になると、この6世帯がまたさらに、正直なところ減ってくると思いますけれども、額が上がりますので、と思いますけれども、そんなような状況です。

  いろいろ申し上げましたけれども、ちょっとわかりづらい点があったかと思いますけれども、答弁にならなかったらもう一度ご質問いただきたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 8番、足立です。

  この国保の問題は、人口の過疎化と所得と、すぐ返ってきてしまうのですね。私は国保というのは、県か国で一括で一元化していただければ常々ありがたいなと思っていますけれども、なかなかかけ声が上がっても現状できないで、村の調定額にしても村長の本当にご協力をいただいて、大きな調定をしていただいて、なおかつこの4,000万を繰り入れなければならない状態というのは危機的状況だと思うのです。それで、問題なのは所得水準を1つは上げるか、病気をどうやって防ぐか、あとは人口をどうやってふやすかと、そういうところまで来てしまっているのですね。それで、国保財政の、今市町村で東秩父はまだまだ支援していただいているからいいのですけれども、これが本当もう何年かすると、にっちもさっちもいかなくなる。そういうところを避けるためにも、本当に一人一人がこの医療費についてやっぱり勉強していかなくてはいけないと思うのです。

  わいわい懇の中でありましたけれども、埼玉県一高い医療費で、埼玉県一大きな負担率で、何で住んでみたいという村ができるのかというと、私はなかなか厳しい問題があると思うのです。そういうところを改善していくことこそ村の人口をふやす手だてであるし、住んでみたい村になるというのは、本当に一人一人が願っていることだと思うのです。やっぱりこれから保健衛生課長が、これだけ一生懸命毎年細かい資料を出していただいておりますけれども、やはりこういうところをしっかり私たちも勉強して、村民にこれから訴えていかなければならないのは、1人が医者にかかれば、当然みんなそれは自分たちの負担になるのですよということをやっぱりやっていかないといけないと思うのです。

  高山村もそうですけれども、高山村は一般財源からの繰り入れというのはやっていないそうです。埼玉県でやっていると言ったら、びっくりしていました。そんなことができるのですかと。私たちもこういう制度があるなら一般財源から繰り入れて、もう少し村民の皆さんからの負担をもっと安くできるようなことを言って、もう急いで、早速いい案だということで言っていました。それは繰り入れることがいいことではないのでしょうけれども、しかしそういう村も現実的にあるのです。群馬県のほうは、ほとんど一般財源からの繰り入れはないそうです。埼玉県は、こういうことをほとんどがやっていますよと言ったら驚いていました。そのくらい各個々の一人一人の問題についてはあると思います。私たちも資料をいただいた中から一生懸命勉強して、少しでも医療費を減らすため、また人口をふやし所得をふやす努力は、これから非常に大きな問題となってくると思います。

  そこで、先ほど総務課長より職員手当の賃金についていただきました。この賃金、時給を見ると、これは一般事務職860円、看護師1,000円、保健師1,100円、村長運転手1,300円、研修バス運転手1,300円、村営バス運転手1,200円。格差があるそうですけれども、これ埼玉県の最低労働賃金、1時間当たり750円と比較して全体的な高い額が設定されておりますが、この設定の根拠というのは総務課長、やっぱりどのような試算から割高になっているのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁申し上げます。

  先ほど若干ご説明をいたしましたが、資料の提供がおくれまして大変申しわけございませんでした。先ほどご質問がありました件でございますが、今ご質問の中で最低賃金が埼玉県の時給1時間当たり750円というふうな話を申し上げまして、それを下回らない金額。それから、近隣町村すべて調査をいたしまして、その調査の結果も踏まえまして、それから仕事の重要性、難易度、国の免許を持っているか、県の免許を持っているか。私も詳しくは存じ上げておりませんが、例えばケアマネであるとか看護師であるとか保健師であるとか、そういうふうなものに対しましてはそれなりの時給を、他の町村を参考にしながら決定をしたところでございます。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 8番、足立です。

  再びお聞きしたいと思いますけれども、この臨時職員に対する期末手当とか、ボーナスですね、また通勤手当とか、こういうものは普通の民間だとないように感じるのですけれども、この村ではボーナス、通勤手当、なおかつ有給休暇とか、そういうようなものは措置しているのでしょうか。ちょっとお聞きしますけれども。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 通勤手当等につきましては、職員に倣ってやはり支払っております。それは、ここ何年か、以前は賃金だけだったのですが、やはり同じように職員と一緒に通うというようなことがありまして、その距離に応じた金額を支払ってございます。2年ぐらい前に改正したというように、記憶ですが、しております。以前は払っておりませんでしたが、やはり勤務地まで来るのにはガソリン代もかかりますし、臨時職員だからといって歩いてくるわけにはいきませんので、表を使いまして、それに倣って支給をしてございます。

  それから、期末・勤勉手当につきましても、やはり一番下を見ていただきますと、表の一番下2段を見ていただきたいと思います。23年度臨時職員等の賃金(円)という表がございますが、その下、6カ月以上連続して勤務する者、臨時職員期末報償費というふうなことで、6カ月以上勤務をされた方につきましては6月期に5日分、例えば一番上の一般事務でありますと6,665円の5日分、3万円程度になりましょうか。それから、6月というのはほとんど考えられないわけですが、12月にいかないと、6月は普通は考えられないわけですが、12月には7日分というふうなことで、日額掛ける7日分を支給してございます。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 今やはり問題となっているのは、公務員の給与の問題も国会でいろいろ取りざたされております。今一般の人たちは、大変厳しい中での給与だと思っております。今後役場の臨時職員は、私全体的に時給も民間と比較すると多いのではないかと思っております。また、ボーナスがあり、有給休暇、通勤手当もあり、大変優遇されておりますが、この辺東秩父の現状を見まして、やっぱり財政力が一番低い中で、国では名古屋の河村たかしさんとか、いろいろなことを現実的には闘っておりますけれども、そういう厳しさがさらされてくる時期かと思っておりますけれども、やはり厳しいところに置いてこそ、村民の役場の職員としての信頼も厚く、よくやっているなという声は受けるかと思いますけれども、この点どうでしょうか。村長、やはり厳しい目で見て、今後の職員のボーナスとか通勤手当とかというものを是正するとか、お考えはどうでしょうか。ちょっとお聞きしたいと思いますけれども。



○副議長(眞下?身議員) 若林村長。



◎村長(若林全君) 足立議員のご質疑でありますけれども、臨時職員につきましては、きのうも申し上げましたけれども、国、県の方針によりまして、技能職員は今後民間でできるものは民間、そして臨時あるいはパートでできるものは、そういうものに移行しなさいということで調査が来ております。本来であれば、先ほど吉田議員がおっしゃいましたように、役場のバスを運転するのであれば正規の職員として雇って運転するのが筋でありますけれども、やはり職員でなくてもできるではないかと。民間に委託しても、臨時の方でもできるものはそちらに移行してほしいと、こういう調査が毎年来ておりまして、既にある自治体では技能職をゼロにしてございます。ですが、きのう申しましたように仕事がなくなったわけではございませんで、どうしてもその仕事を存続するということになりますと、そこに臨時あるいはパート職、非常勤、こういうものを雇用していかなくてはならない。委託にしろ、賃金で直接雇用するにしろ、そういうものは決してなくなるわけではございません。バスの運転も、バスそのものを廃止すれば要らなくなりますが、そして給食の調理場も給食センターそのものを民間に委託してしまえば、これは村で雇う必要はありませんが、ただ村でパートを雇って実施する場合、あるいは民間の専門の給食を調理する会社に委託するということになりますと、委託もかなり高いわけであります。そういう意味では、この村ではやはりそういった費用対効果を勘案して実施しなければならないという観点から臨時に置きかわっております。そういう意味では、非常に臨時の職員がふえておりまして、賃金もふえております。23年度は昨年度に比較しまして、やはりふえております。今申しましたバスの運転手、保育園の調理員、そういうものが臨時に振りかわってきております。そして、給食調理場も正規の職員、今2人になりまして、臨時、パートの人が2人ということで、そういう状況は国、県の指導によりまして進めていきたいと、こう考えております。

  臨時の職員の報償費、これボーナスと言っていますが、報償費となっていますが、いろいろこれは考えるところであります。私、職員あるいは課長からよく相談を受けますが、いずれにしましても小川町の制度、あるいは小川町の方によく伺って進めてほしいという話はしております。きのうも福島議員から話しましたように、合併の相手は小川町ではないかと、こういう話があります。そういう意味では、特に小川町の職員の皆さんは、そういう意味ではこの村の職員によく接していただいてご指導いただいております。そういう中では、小川町の制度を十分参考にするようにということであります。小川町でも、今申しましたように臨時職員には6月は5日間、12月は7日間、年間通じて12日間支払っております。これが高いということであれば、これは私は支払わなくても結構だということは課長には申しておりますが、でも課長たちとすると、ほかの職員と同じようにどうでしょうかと、こういうことであります。そういう意味で、近隣の全部の町の状況も調べてございますけれども、比較的小川町、ときがわ町を参考にしてございます。

  最低賃金は750円でありますけれども、これはおそらく事務の方の賃金になろうかと思います。資格とか免許とか、そういうものがないとできない仕事が非常に行政には多いわけであります。そういう意味では、資格、免許、そういうものを持っている方は、どこの町でも同じですが、時給高いものは1,000円前後、そして准と申しますか、看護師などは准というものがございますけれども、そういうものは若干下回る。それぞれの資格、免許によって時給が異なっております。埼玉県の市町村のそういうものの一覧表はございます。これは公表していいと思いますので、後で総務課でいただいてもらっても結構ですが、そんなものも参考にしております。そういう意味で、この村の賃金が高いと言われればそうかもしれませんが、何を基準にするか、根拠にするかということになりますと、やはり近隣の小川町、ときがわ町ということになります。

  そういうことで、今足立議員さんおっしゃいましたけれども、若干は一般の方から比較してみれば、そういう考えさせられる面もあるかと思いますけれども、行政の中の流れとしては、そういうことでやらせていただいております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 8番、足立議員。



◆8番(足立理助議員) 8番、足立です。

  お話をいただく中で、私は例えば役場の職員、パートの人たち、給料を安くただしろというのではなくて、やはり本来なら私たちもそうです。今の給与よりも少しでも多く取って豊かになればいいというのは、これは当然な話で、決して比較してどうのこうのという問題よりも、やはり過疎法の一つにもありました。東秩父の所得、平均1人当たりの所得187万7,500円ですか、そのくらいですよという、これは眞下君が過疎法の中で1冊で述べているように、そのくらい低くなっております。私は、これからもやはりそういう格差が少しでも埋まればと思っております。しかしながら、やっぱり所得というのは必ず上と下の見る幅がありますから、やはり皆さん方の所得が高ければ、それなりの一般の人たちは厳しい目で見られていることは事実なのです。そういうものを埋めるにしても、真剣に議員初め努力してやっぱりやっていって、どうにかして、いい村だ、そして住んでみたい、そんな村づくりを皆さんと一緒にやりたいと思って質問させていただきました。

  あと1点、この予算ポイントの14ページ、東秩父の財政指数、これ私のちょっと理解するところなのですけれども、総務課長ちょっとよろしいでしょうか。例えば経常収支比率が85.3と、県平均が90.3、これは県と比較して経常収支比率は良好なのでしょうか、悪いのでしょうか。これ去年たしかほかの議員が、よくこの表の見方がわからないということを言いましたので、ここへ本来なら経常収支比率は県ベースと比べて良好なのか悪いのか。財政力指数は東秩父は0.253、県は0.860、これが財政指数が良好なのか、こういうものをちょっと教えていただけないでしょうか。良否とか良好とかという判断で。

               〔「全部の表についてどういうふうに見るか」と言う者あり〕



◆8番(足立理助議員) 一つ一つ、例えば経常収支比率は県平均は90.3、東秩父の数値は85.3、これは県と比べて良好な状態であるのか、不良好な、不良好ということはないですけれども、余りよくない状態なのか、そういう比較の。それは村長が一番よく知っているのでしょうか。では村長、できたら簡単に教えていただけますか。



○副議長(眞下?身議員) 若林村長。



◎村長(若林全君) 今、村の財政指標ということで足立議員からご質疑をいただましたけれども、この数字をどういうふうに出すかということは説明をしていると長くなりますので。

               〔「はい、結構です」と言う者あり〕



◎村長(若林全君) これは、100に近いほど悪いわけです。100を超えたら、もうこれはどうしようもないということでありますので、90.3より85.3ということで率が低いわけですから、県の平均よりいいわけです。それで、行政で良好な運営だなと言われるのが75%前後です。そういうところは、なかなか今ございません。これは、いわゆる入ってくる一般財源と出ていく一般財源の比較ですので、地方交付税などが減っていますので、その影響はどんどん、どんどん、要するに分母が小さくなってきますから、出ていく費用というのは同じですけれども、入ってくる一般財源としてみなされるものが少ないということになると分母がどんどん、どんどん小さくなりますので、ふえる一方です、これは。ですから、85.3というのは、ここ近年では東秩父村ではいいと思います。90ポイントに近いこともありましたので。その辺は決して良好ではありませんけれども、県の平均よりはよいということです。それだけでよろしいのでしょうか。



◆8番(足立理助議員) できたら、その下までずっとやっていただけないでしょうか。



◎村長(若林全君) 時間がちょっとかかって恐縮ですが、財政力指数というのがあります。これは1が目安です。1を超えると、国からの交付税の援助はございません。0.253、きのう申し上げればよかったですが、田中議員から過去最悪だという話をいただきましたけれども、過去最悪なんていうことはありませんで、統計をとり始めた昭和52年からずっと見ますと、昭和53年0.161というのがございます。これは公表しているかどうかわかりませんけれども、どこかに数字があるはずですから、最悪は0.161です。これは、きのうも申しましたけれども、地方交付税の算定上の数値ですから、基準財政需要額で基準収入額を割ったものですから、かかる費用と入ってくるお金の対比です。ですけれども、この村に置きかえたのではなくて全国一律に置きかえた計算で、この村でかかる費用と入ってくる費用を計算します。実際にかかる費用と、実際に入ってくる税金とは違いますから、その辺はご理解いただきたいと思います。これは大都市であっても、小さなきのう申しました197人の青ヶ島村も同じ計算でやるわけですから、その比率です。そして0.253、1に達するまで0.747、この分はきのう申しましたように交付税で補てんされます。ですから、1になるのです、これは交付税が補てんされますから。だから、財政力指数低いといっても、それは低いというのは見た目は悪いですけれども、財政上の措置としては交付税が補てんするから、1に必ず戻ります、これは。そういうことであります。

  次の歳出予算に占める人件費の割合、これはこのとおりであります。人件費を歳出総額で割った、それから普通建設費もそうであります。

  それから、人口1人当たりの普通建設費、これもその上の数字を人口で割ったものであります。

  下も、公債費というのは借金の割合ですが、これは歳出予算に占める借金の割合です。ですから、そのとおりなのです、これは。

  その下も、1人当たりの公債費、今度借金の額が幾らあるかということです。

  実質の公債比率があります。これがいろいろ議論されるところでありますけれども、これが高いほどいけないわけです。県の平均は9.1ということでありますけれども、これは6.6、埼玉県では22位だそうです。ですから、高いほうから低いほうに向かって22番目と、こういう解釈でいいわけです。

  人口1人当たりの地方債の現在高、これ借金の現在高です。これは、よそから比べると高いです。上から高い順に5番目ということであります。

  それから、人口1人当たりの基金の保有額、これは貯金の額です。これは、1人当たりにすると相当高い。上と比較していただくとわかるのですが、一番下の欄ともかかわってきますけれども、人口1人当たりの借金の額と貯金の額を比較して貯金のほうが高いというのは、埼玉県では2つしかありません。東秩父と志木市、そこだけです。これは全国見てもないわけでありまして、こういう状況であります。

  その差が、マイナスで今出ていますけれども、5万5,944円。これは差し引いたものでありますので、これが4つの指標が国で公表するようになりますけれども、その中でマイナスだということは非常にいいと。どこの家庭も会社もそうでしょうけれども、借入額より貯金のほうが多いということは好ましいわけであります。ただ、こういう行政ですから、貯金をためればいいというものではありませんで、やはり使っていかなければなりません。そういうことであります。

  これは、真ん中のは24、いわゆる町村が今24ですから、そこの団体の比較です。そして、一番右は、これは市を含めた64市町村の埼玉県の平均です。ですから、そういうふうにごらんをいただければと、こう思っております。時間があればもっと詳しく説明しますが、とりあえず時間もございませんで、若干触れさせていただきました。

  以上です。



◆8番(足立理助議員) ありがとうございました。



○副議長(眞下?身議員) ほかに。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  ページ数116、117なのですけれども、東西小学校の雑誌代が多額だと思うのですけれども、説明をお願いします。



○副議長(眞下?身議員) 関根教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(関根功君) ご答弁申し上げます。

  この雑誌代、予算上は雑誌代となっておりますが、内容的には教師用の指導書あるいは教材等を購入する費用であります。これにつきましては、23年度から新学習指導要領が施行されるということ。それと、それに伴いまして小学校の教科書が全面的に改訂されるということであります。教科書については、通常4年に1遍程度全面改訂されているわけですが、その都度その教科書に合わせまして教師用の指導書、教師が教えるための、いろいろ指導するための資料ですね。それから教材、最近はデジタルテレビ等も購入した関係もありまして、DVDとか、そういう映像関係のも新たにすべて購入するということになります。そのために今回270万ですか、かなり高額になっておりますが、計上しております。これにつきましては4年に1遍程度、このくらいの金額については例年購入しているものでございます。

  以上であります。



○副議長(眞下?身議員) 1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  東小学校295万1,000円、西小学校274万1,000円、21万円の差額があるのですけれども、これ両小学校、例えばどうしてこの差が出たのか。

  もう一つ、雑誌代等なのですけれども、この雑誌代等でなくて、要するに教科書とか、そういう文面はここには入れてないのですけれども、どうなのかお聞きします。



○副議長(眞下?身議員) 関根教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(関根功君) そうですね、雑誌代という計上、従来からそうなっていたものですからこのようにいたしましたが、それにつきましては今後項目等は検討してまいりたいと思います。

  東小と西小がちょっと異なっているというのは、若干校長のほうの考え方がありまして、東小については英語の指導教科書が少し若干ふえておるところでございます。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) 福島議員さんのご質問ですが、予算を立てる経過としましては、同様のものを購入するようにというふうに考えて指導しております。ただ、学校の考え方もありまして、では片方が多いから全部多く買えというわけにもいかず、また先生方の指導方針によって必要というふうに、ヒアリングをしまして、これは教育委員会の委員が全員でヒアリングをするわけですけれども、その上にまた教育長がそれぞれ面談した上で、必要と認めた結果としてはこういう差が出ております。ただ、これはやはり学校の校長先生の指導方針、もしくはそれぞれの先生方がこういうことをやりたいというものによって若干の差異は出てきます。基本的なものは、東西小学校同じものになっております。また、来年度は中学校が教科書が改訂になりますので、今度は中学校の雑誌代がふえるということになるかと思います。

  以上です。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○副議長(眞下?身議員) 5番、栗島議員。



◆5番(栗島正道議員) 5番、栗島です。

  一般会計予算のポイントの5ページにあります学校教育について少しお伺いしたいと思います。中学校の海外派遣事業なのですが、ニュージーランドに派遣して毎年やっておりますが、今年大変な事故が起きまして大きな問題となっておりましたが、この派遣する場所、またそれに宿泊とかする場所についての調査とか、そういうものをこれからやっていったほうがいいのではないかと思いますが、父兄の皆様にもそういうことで安心をいただけるのではないかなと思いますので、お聞きしたいと思います。

  あと1点、図書館の改修事業が載っておりますが、大きな金額になっておりますので、ちょっと詳しくご説明をいただければありがたいと思いますが、よろしくお願いしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) では、栗島議員さんのご質問について、まず海外派遣については私が、それから図書館のことについては事務局長のほうからご答弁をさせていただきます。

  海外派遣につきまして、今東秩父が行っておりますのはオークランドというところを中心に行っております。オークランドとクライストチャーチの間は770キロ離れております。日本の地図で考えますと、東京都が中心と考えますと大分県で発生した地震、もしくは札幌で発生した地震ということになります。最近の地震では、日本では例えば新潟とか、それから能登があるわけですけれども、そこが約330キロ離れている位置にございます。ですから、私たちが今経験をしている大きな地震の距離からすると、宮城県とかそういうのを考えると、それよりさらに倍離れているところに今回発生したものでございます。

  また、ニュージーランドもニュースで言っているように火山国でございますし、地震の多いところでございまして、ちょうどクライストチャーチから北の方向に斜め東のような感じで大きな活動の断層が走っているところがたくさんございますので、そういった意味では日本もニュージーランドも安全性につきましては同等ぐらいと思います。ただ、今回の場合、クライストチャーチも前は訪れていた場所ですし、日本でいえば京都に当たる古い都市でございます。したがいまして、2年前までだと思いますが、ニュージーランド航空という飛行機が1機、1社だけ日本からは飛んでいるわけですが、そこのところが最初日本から、成田からクライストチャーチに行って、クライストチャーチからオークランドに行って、オークランドから日本に帰るというルートで飛んでおりました。したがいまして、それのときは1回おりてしまいますので、朝6時にクライストチャーチに着きますので、それ以降1泊だけクライストチャーチにいて体験をしながら、あの崩れた教会も見たところでございます。

  しかしながら、今はルートが変更になりまして、成田空港からですが、成田空港からオークランドに飛んで、オークランドからクライストチャーチ、クライストチャーチから日本に帰るという形に今はなっておりますので、今はクライストチャーチに行っておりません。したがって、オークランドを中心とした町を中心に見学、また交流している学校もオークランドにございますので、そういったことで安全性からいいますと、これは絶対ということは申し上げられませんが、今回の地震の特徴としましては浅い直下型ということでございまして、クライストチャーチの市街中心、あの崩れたビルあたりから10キロ離れたところにクライストチャーチの国際空港があるのですが、そこの状況を確認しましたところ全く問題なく、その地震当日も離発着をして、そこに南極探検隊の日本や各国が使う基地も、施設があるのですが、そういったものも通常どおり動いておりますので、本当に10キロ離れたところでそういう状態ですから、770キロ離れたところの、同じ国とはいえ、まずは今回の影響はないのではないかというふうに判断をしております。

  ただ、きのう冒頭に議会の皆さんにああいう黙礼等をいただきましたことにつきましては大変感謝しておりますので、この件につきましてはクライストチャーチの学校に皆さんのご厚意はお伝えしたいと。そして、今年度もできる方向で安全は確認しながらも実施をしていきたいというふうに考えております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 関根教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(関根功君) 続きまして、図書館の改修工事についてご説明申し上げます。

  これにつきましては、22年度の補正予算で計上いたしまして、23年度に繰り越す事業であります。工事については23年度に当然実施するということになりますが、その内容について申し上げます。まず、図書室のエアコン、これがやまなみをつくって以来のものを使用しておりますので、これを新たに改修するということであります。

  それから、続いて照明でございますが、この照明が書棚と平行といいましょうか、ちょっとずれておりますので、非常に本を選ぶときに暗いような状況がありますので、この照明も新たに改修するということであります。

  それから、閲覧室、ここは増設したところでありますが、図書室と若干の段差があります。これについても今回段差の解消を、すべてではありませんが、一部解消するということを予定しております。

  さらに、閲覧室内、幼児が安全に床に座って本が読めるというような、そんなような一般的にキッズコーナーですか、これを設けたいと考えております。

  さらに、図書室に入る扉ですか、現在金属製のものを使用しておりまして、子供が手を挟んだりした場合には非常に危険であるということで指摘を受けておりますので、この扉を木製のものに変えるというようなことで進めております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 若林村長。



◎村長(若林全君) 今事務局長からお話をいたしましたけれども、これ前の議会で福島議員にご質疑をいただきましたのですが、これは昭和56年に建てまして、空調施設がまだ使えるのではないかという、こういう話で、無理に取りかえないほうがいいと、こういう話を伺いましたので、早速国のほうに、県を通じて国に働きかけましてみたのですが、これは住民生活に光をそそぐという、今国が補正予算をとりました。きめ細かな交付金は、もう2次配分はしませんが、この住民生活に光をそそぐ交付金については2次配分があるという、そういう連絡がありましたので、早速財政の職員に申し入れをするようにという話をしましたら、申し込みどおりの交付金がいただけました。最初は800万円でしたのですが、さらに八百三十数万円を申し込んだらそっくりつきまして、この事業ができるわけですが、実際設計をしてみますと、これより若干安くなったわけです。そうしますと交付金のほうが多くなってしまったのですが、それは返せということであります。ただ、この住民生活に光をそそぐ事業は、唯一この村では図書館しかありません。ほかで使いたくてもないわけでありまして、図書館あるいは学校の図書館の空調、要するに冷暖房、この2つしかないのです、この村は。ですから、それをよく精査して、学校の図書館、図書室のクーラーは入れかえます。これも入れかえようと思っておりました。

  今の政権は、残ったお金は返してほしいと、こういうことです。これまでは、差し上げたお金は同じ事業で使ってほしいと。ですから使い道があったのですが、今度はございません。しかし、返すのも、せっかくいただいたものを返すこともないと思いますので、図書でも買おうかなと今、教育委員会にこれから指示をしていきたいと、こう思っているところであります。そういう意味では、福島議員に大変ご心配をかけましたけれども、全額いただけたということで、この場をおかりしましてちょっとご報告だけさせていただきます。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 5番、栗島議員。



◆5番(栗島正道議員) どうもありがとうございました。教育長さん、また事務局長さんには大変子供たちにも、また一般の読書をされる方にも配慮をしていただきまして、大変ありがたいことだと思っております。

  初めに伺いました中学生の海外派遣なのですが、親御さん等の心配等を避けるためにも、教育長が今700キロぐらい離れているから安全ではないかというようなお話をしましたが、日本も九州で地震があったり北海道で地震があったりして、1,000キロを上回る距離に地震もありますので、調査とか、調べられる範囲内で親御さんの安心感を持たせていただけるようなことをしていただければありがたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) おっしゃるとおりかと思っております。この間、今までこの海外派遣をお任せした日本旅行という会社の担当者を呼びまして、またその資料も、意見も聞いて、今進めているところでございます。また、今年の募集にあっては、多分そういう精神的な負担というか、子供たちにかけるかなというふうに思いますので、この予算が通りまして年度が変わりましたら、早速学校、児童生徒には今のような話も直接私も行ってしていきたいなというふうに思っております。これからの国際社会に向けては、どこに行ってもある意味のリスクが伴う、その中でどう日本の若い人たちが活躍していくかということが一つの課題なのかと思いますので、去年やった折には東秩父の中学生の生徒たちの英語能力が非常に近年上がってきているということも、向こうでも言っていただいたような状況にありますので、できるだけこの事業を教育の効果につなげるように進めていきたいと。そのためには、具体的に申し上げますと、先ほど言ったような距離とか、そういう問題しかありませんが、あとそういう大規模な活断層の位置、それも国ですとかテレビなんかで発表されている以上の資料は私たちには手に入りようがないのですが、そういうふうなことを努力したいと思います。

  また、今回議員の皆さんにもそういういろんな義援金の問題なんかでもご心配いただきましたが、実は中学生たちも自分たちの独自な判断で、生徒会を中心に義援金を集める今活動をやっているようです。そういう意味では、国際社会に対して目が向いてきているかなというふうに思いますし、また村長のお話もいただいて、今、村の玄関にもそういう義援金の箱を置いて、今月末まで日赤が受け付けているものに対してやっていくようなこともしていって、国際社会の中で協調していくという環境を、中学校の教育の中にも実践的に取り入れる方向で努力をしていきたいというふうに思っておりますので、よろしくお願いいたします。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 5番、栗島議員。



◆5番(栗島正道議員) どうもありがとうございました。海外派遣もほかの町村の方とお話をしても、大変すばらしいことで、東秩父ではよくやっているなというような意見を数件聞いております。これすばらしいことなので、長く続けていっていただきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

  ありがとうございました。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 松澤ですけれども、先ほど村営バス事業の予算について、バスの乗車人員は何名ぐらい1日平均利用しているのかなというのを伺いまして、今ここに資料を総務課長さんのほうからいただきまして、平成元年から載っているわけですけれども、これが2万6,358人、21年度が1万2,251名と、もう半分以下に減っているわけでございます。当時から東秩父の村営バスは、2台を使って午前と午後を運営してきたわけですけれども、この人数を見ますと1台のバスで運行は間に合うのではないかと。昨年の予算のときもそういうふうに申し上げたわけなのですけれども、故障とかあった場合とか車検があった場合休みになってしまうというような、だから2台が必要だということを伺ったわけですけれども、今の車は性能もよくなっているし、距離的にも寄居と東秩父の往復で、距離数もそんなに乗るわけではないので、これ1台で済めないかという事業ではないかなと、こう思うのですけれども。

  この今資料を拝見しまして、割方1日平均18.何人、ざっと計算して。私が思ったのは、もっと少ないのではないかと思ったら、意外と利用はしているのですね。だけれども、この利用人数からしてみると1台で済むのではないかと、こう思うのですけれども、いかがでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁させていただきたいと思います。

  以前にも同じような質問を受けたことがございます。1台で間に合うのではないかといったときに、今議員さんがおっしゃるとおり、私は2台あったほうがよろしいのではないかというような答弁をした記憶がございます。いろんな面を考えて、今のまま2台で運行する方向でいきたい。なぜかと言えば、やはり車検もありましょうし、事故がないほうがいいのですけれども、定期的に動かなくてはならないものだというふうな認識をしておりますので、バスも小さくしてきましたし、検討の材料にはなるでしょうけれども、私はこのまま2台がパーフェクトではないかというふうに認識をしております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 今やっぱり事故とか車検とかということが出ましたけれども、やり方もその事業所によって、夜車検整備なんかやってしまいます。休まないでも、そういった整備もできます。今後ともそういうような検討に向けて考えていただければ結構だと思います。



○副議長(眞下?身議員) 若林村長。



◎村長(若林全君) バスの問題につきましては、1月寄居町とのバスの運営協議会がありまして、その際私も寄居の町長さん、あるいは寄居の議員の皆さんにお話をさせていただきました。松澤議員がちょいちょいこのバスについてはご心配いただいて、まことにそのとおりだなというような私も思いはしております。ただ、総務課の参事がおっしゃいましたように、交通弱者と言うと言葉は悪いですが、高齢者あるいは子供たち、運転免許を持たない人がたとえ数人でも乗るということになりますと、なかなか廃止はできないと、こういう話をこの間寄居町とさせていただきました。

  ただ、ご承知のように教育を考える会が立ち上がりまして、学校の教育について検討していくということを申しているようでありますが、その中身の一つにも小学校の統合があるのではないかと、こう考えております。小学校の統合が仮に実現をしたときからは、寄居町へ乗り入れているバスを少し形態を変えさせてほしいという話をしております。大内沢地区の児童生徒の足の確保がありますので、仮に朝学校へ通学するとき、あるいは帰るとき、こういう時間に合わせてバスの運行をしたいと、こう考えております。そのときには、寄居線を廃止をしてほしいということで申し入れがしてございます。ですから……

               〔「川博線」と言う者あり〕



◎村長(若林全君) ああ、川博線。寄居の駅から川の博物館に行っている川博線、これは寄居町の希望で運行したわけでありますから、今度はこちらの事情に合わせてバスの運行を子供たちに合わせてしたいと思っております。そういう意味では、川博線があると子供たちの朝晩の通学に非常に影響が出るということであります。そんな関係から、今そういうふうに申し入れをしてございます。これは、向こうがいい、悪いではなくて、そのようにやるつもりで私はおります。それを機にバスを廃止するかどうかも考えたいと思っておりますので、教育を考える会、長くて2年だと思いますが、2年後にはこのバスがどうなるかということも考えていきたいと思っております。

  寄居の皆さんが多分6割ぐらいは乗っていると思いますが、寄居町でもこのバス路線でなしに、この時代になりますと、やはり住民の足の確保ということがありますと、デマンド方式あるいは借り上げタクシー方式、いろいろ交通の研究をしていかなくてはならないということになるかと思います。そういうときに、このバスも一緒にあわせて運行形態を変えたいと、こう思っておりますので、職員をして、寄居町の職員の皆さん、それから村の職員あわせて秋口までに検討してほしいという申し入れはしてございます。

  ですから、従来から申していますように、たとえ数人でも乗る人がいるということを、どうしても行政の立場だと考えます。そういう意味では若干時間をいただきたいと、こう思っております。その中で、議員がおっしゃるような方向が見出せれば、それはよろしいということで今考えております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 今、村長に答弁をいただきましたけれども、まさにこのバス事業というのは東秩父村営バスでございますから、今後東、西小学校が統合した場合には子供たちの足として、これをまた利用するのも私は結構だと思います。このバスを有意義に使えたらば最高ではないかと、こう思っております。



○副議長(眞下?身議員) ほかに。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  58ページをお願いします。58ページの民生委員の報酬なのですけれども、01で3万6,000円、これについて伺います。



○副議長(眞下?身議員) 倉林住民福祉課長。



◎住民福祉課長(倉林均君) ご答弁申し上げます。

  今ご質疑のあった件は、民生委員の報償費、委員報酬3万6,000円と伺ったのですが、これは民生委員さんの推薦会の委員さんの費用でございます。民生委員の任期は3年間で決められております。これは、あくまでも一斉改選のときでございます。それ以外に民生委員さんが不慮の事故等、あるいは一身上の都合で退職した場合には補充員を見つけることが義務づけられております。したがって、予算措置ということで、民生委員さんの推薦委員さんは7名ですが、6人分の費用を毎年計上してあります。といいますのは、今言ったような形で民生委員が欠けた場合に新たに推薦会を経て、県の推薦会、国のほうへ進達する関係で、必ずこの推薦会を経ませんと民生委員さんが任命できませんので、毎年この費用は計上してあるものでございます。

  民生委員さんの推薦会の委員さんについては、議員さんもご存じだと思うのですが、市町村の議会議員さん、それから民生委員さん、社会福祉事業の実施に関係ある方、それから市町村を区域とする社会福祉関係の団体の代表者、それから教育の関係者、それから関係行政機関の職員、学識経験という7名の中から推薦された方が、常にそのとき任命してやるということになっておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



◆1番(福島重次議員) わかりました。



○副議長(眞下?身議員) 暫時休憩いたします。

                                      (午後 零時07分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 再開します。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 1時10分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 午前中の松澤議員の質問に関しまして、高野産業建設課長より補足説明がありますので、これを許します。

  高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 午前中、松澤議員さんより質問を受けました水道メーター検針員についてご説明申し上げます。

  8名で現在水道の検針をしております。大字安戸のうち帯沢を除いて1名、帯沢が1名、大字御堂、萩平を除いて1名、萩平が1名、奥沢1名、大字坂本1名、皆谷、白石で1名、大内沢1名の計8名であります。

  それから、メーターの検針員の単価ですけれども、メーター1つにつきまして150円と175円となっております。西地区、そして萩平が175円、東地区が150円となっております。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 引き続き総括質疑を行います。

  4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 今高野課長さんよりメーター検針のことを、人数と1メーターの単価を教えていただきましたが、大体この8名1人当たり何件ぐらいの件数を持っているのでしょうか。

  それと、この検針員はどういうふうに選んでいるのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) まず、件数ですけれども、水道につきましては若干の数の変動がありますが、これは今年の2月分ですが、全部で1,281件です。1,281メーターです。内訳は、安戸が244、帯沢が65、御堂が209、萩平が40、奥沢が100、坂本が240、皆谷が169、白石が50、大内沢が164、合わせまして1,281のメーターとなります。

  それから、検針員さんの選び方ということですが、なかなか検針員さんを見つけるのも大変ということもありますが、こちらでお願いをしまして検針をしていただいているというのが実態であります。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 今のお話だと、メーター単位150円、そうすると安戸地区だと244メーター、これ月に1遍ずつ見るわけでしょうけれども、結構いい単価になりますよね。これあれですか、こっちからお願いするような状態なのでしょうか。これは結構やり手がいると思うのですけれども、いかがなものでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 私がなってからも、そう多くいるわけではないのですが、やはりお願いして検針をしていただいているという状況です。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) これは、先ほど臨時職員の受付場所も載っていましたけれども、この指針計の検査の届け出というか、やりたいといった場合どこへ出しておけばいいのでしょうか。水道課のほうへ申し込んでおけばいいのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 先ほどから言いましたように、水道検針員さんにつきましては、こちらでお願いして、現在のところメーターの検針を行ってもらっております。この検針員さん、病気等の都合で検針をやめたいといった場合には、やはりその地区の方を探したいと思っております。例えば、安戸の人が大内沢のほうを検針するというふうなことは、今のところやっておりません。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 今、この東秩父村臨時職員登録制度のご案内というのをいただいたのですけれども、この検針員の申し込み場所が見当たらないのだけれども、これ出しておいてもらえないでしょうか、今度。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 水道検針員さんは、職員ではありません。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) では、それを職員でない人に頼むというから、建設課のほうでその人員を求めるのですか。ということになると、一般の人に権利はないように思えますけれども。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 今まで水道については、何年となく担当課のほうで人にお願いをしてきたという経緯がありますが、募集をしておくことは可能と考えます。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 今度は、では募集をしていただくようにお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質問はありますか。

  7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番の吉田でございます。

  文化財の保護ということで、この一般会計の予算ポイントでお聞きしておきたいことがございますので、お願いいたします。東秩父村、県の指定の民俗文化財が、紙漉き屋根ふきかえ工事というのが計画されておるわけですけれども、以前私も一般質問の中でカヤぶき屋根の傷み、ふきかえが忙しいのではないかということを質問したわけでございますが、それに合わせてふきかえ時点で隣接している山林の整備もしておかないと、ふきかえてもすぐ傷みが来てしまうので、山の湿気をそのままカヤぶき屋根が吸ってしまいますから、何十年ももつものがもたないで朽ちてしまう。こういうことで、隣接している山林の整備をお願いしたわけですが、この金額2,153万、県の補助金が613万、過疎対策債が1,500万、一般財源として今40万を入れているわけですが、この中に山林の整備が含まれているかどうか伺いたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 関根教育委員会事務局長。



◎教育委員会事務局長(関根功君) ご答弁申し上げます。

  議員さんご指摘のように、紙漉き屋根の裏ですね、あの整備は非常に必要だとこちらでも感じております。できれば本当は早急にやりたいと思っているところでありまして、早々に検討したいと思っております。

  ご指摘の件につきましては、この23年度予算については、その伐採についての予算は含まれてございません。



○副議長(眞下?身議員) 7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 7番の吉田でございます。

  私が急いでいるのは、ふきかえて1年、2年、3年とたちますと、せっかく高いお金をかけてふき上げた屋根が朽ちてしまうのが早いですよということで、この隣接、隣接というよりも、もう接触状態ですから、あの山林の水分を全部このカヤぶき屋根が吸い込む状態になっていますので、あわせてこの隣接する山林の整備、立ち木を切り、風通しのよい場所をつくってあげるということが必要不可欠でございますので、それもあわせてお願いをしているわけで、今の時点ではしていないということで、どうでしょうか、将来に向けて、この年度内あたりにやりたいという計画が頭に浮かぶかどうか、伺いたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) 今の件でございますけれども、これは地主さんがおられることでございまして、民有地でございますので、民地の木がどうであれという、こちらで切ってしまうわけにはいかないので、ただ一応地主さんにはお会いして、あそこはお借りしている土地なのです。お借りしている範囲のものは切っていいですよというご回答をいただいていますので、これはこの屋根に合わせてお金のかからない形で整備しておきたいというふうに思いますが、あの民家をつくるに当たって借りている部分というのは裏の土手の上までなので、それ以降に生えている木については、私どもは手の出ない木でございますので、その補償費を払えば話は違うかと思いますが、そこまでの、今までの経緯からいって、そこの交渉には至っておりませんので、これはいつやるとかというふうに、今ここしのぎの回答であればできるのですけれども、それをしても結果としては実現できない場合、お互い信頼感をなくしますので、今交渉しておりますのは、村が借りている部分までは刈り払わせていただこうというふうに、その部分については了解をいただいておりますので、やりたいと思っております。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 7番、吉田議員。



◆7番(吉田英夫議員) 吉田でございます。

  事情を話していただいて、交渉を持っていただいて、その方が過去の気持ちと現在では違うと思いますので、過去は森林もいわゆる農地も大変大切なものでしたから、そんなに簡単には手放せないところがありますが、もう時代も変化しまして、見たところ山林といっても竹やぶと、何といいますか、整備されていない状態のようですから、そんなに持ち主の方もかわいがって育てている土地かなという目で私も見ていましたけれども、1度地主の方と交渉していただきまして、そのお答えをいただいて、また結論を出していただければと思います。どうぞよろしくお願いしまして、答弁はこれで結構でございます。

               〔「課題ということで」と言う者あり〕



◆7番(吉田英夫議員) ええ、そうですね。



○副議長(眞下?身議員) 2番、渡邉議員。



◆2番(渡邉均議員) 2番、渡邉です。

  予算のポイントの4ページ、それから予算書のほうでいきますと43ページになりますが、このたびきのうも委員会報告でいたしましたが、東秩父村でもこの3月から光通信やっと念願かないまして、私も先週から、光通信の工事終えましたもので早速インターネット、それからいろいろと今パソコンをいじくりながらいろんな情報を見たり、ユーチューブなどでいろんな世界じゅうの情報を調べたり、大変便利に今活用させていただいております。これも大変大きな、2億までかかる大きな事業、本当に若林村長の行政努力のもとに、今回すべて交付金でこの事業ができたということは本当にありがたいことだと思います。

  つきましては、この今回予算、事業費として432万円ほど組んでいるわけでございますが、この中に電柱等の使用料、これが300万からかかりますので、こういったものが大きなものなのだとは思いますが、今後毎年この辺の使用料がかかるのか。

  また、これは東電のほうから今度逆にいただくお金もあるのではないかとは思うのですが、この辺の、年間経費としてこのくらいこういう状態でかかるというところがありましたら、その辺ちょっと詳しく説明していただければ、また住民にも我々も説明できますと思いますので、ちょっとお話をお願いできればと思います。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 渡邉議員さんのご質問にお答えしたいと思います。

  43ページの光事業の継続維持管理経費が431万9,000円ということで、今回計上させていただいております、その内容についてご質問されましたので、それについてご答弁をさせていただきたいと思います。

  1番として、施設修繕費、電柱の支障移転等に係る工事費、これ想定額というふうなことで10万円。

  委託料、光通信設備保守委託料、これNTT東日本ということでございます。110万3,000円。

  それから、使用料、地支線、今回光を引くに当たって引っ張り線を引いております。その方の地権者に借上料を支払わなければならないということで、地権者80人、10万円。

  電柱の共架料というふうなことで、2,160本なのですが、それに対して1,260円で272万2,000円。

  NTTにお支払いします地下管の管路の使用料、月2,415円、これが年間で2万9,000円。

  NTT局内の配線設備の使用料、それが2万2,050円、年間で26万5,000円。

  合わせて431万9,000円というふうなことでございます。

  以上でございます。

               〔「来年以降もこれがかかってくるか」と言う者あり〕



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 来年以降も、これに係る経費につきましてはかかっていくというふうに認識をしております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 2番、渡邉議員。



◆2番(渡邉均議員) ありがとうございました。確かにこういった事業、ただでできるのではないので、維持していくのには大変こういったお金もかかるかと思います。

  それから、現在400名を超えて、当初心配していた390件を大きく超えたわけですけれども、今後これさらに件数がふえていければ、若干プラス使用料のほうになってくるかと思うのですが、そういったものがこの金額に振り当てることができるのでしょうか。それとも、これはまた別に多く加入してもらって、使用料が入った場合は、それはそれでまた貯蓄しておかなければいけないとか、その辺はどうでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁を申し上げます。

  この件に関しましては、29ページにございます歳入のところの雑入、30ページの一番頭にもありますが、雑入のところの047光通信設備貸付収入というふうなことで270万9,000円というふうなことでございまして、当然この貸付収入と支出の差を、加入者がふえれば埋まっていくというふうな形でございますので、その費用に、今私が申し上げた維持管理経費の直接の歳入には、ここへ埋めることはできませんが、村に入ってくる収入を全体的に考えてみれば村の負担分が少なくなると、そういうふうな認識でございます。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 2番、渡邉議員。



◆2番(渡邉均議員) ということは、その収入で貸付料が入ってきますので、その差額となると、かなり少ない金額で維持ができていくということの理解でよろしいと思いますが。

  それから、こういった本当にいろいろとこれからこの通信網を活用していただいて、さらに住民の向上のために何ができるか、これ我々も本当に一生懸命やりますので、ぜひいろいろご指導いただきまして、一緒になって取り組んでいきたいと思いますが、よろしくお願いします。答弁は結構でございます。



○副議長(眞下?身議員) 1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  予算書の102ページ、土木費なのですけれども、公有財産購入費607万3,000円、この土地はどこを購入するのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 住宅費ですけれども、607万3,000円、これにつきましては坂本にあります新井住宅の一部の地主から、土地をどうしても買収してもらいたいという強い要求がありました。土地につきましては、20年の賃貸契約ということで契約をしていたわけですけれども、期限が切れるということもありまして、村とすれば今までどおりまた同じ金額で継続で借りることを強く願ったわけですけれども、なかなか同意が得られず、買収をするということで予算を計上いたしました。買収する予定の土地なのですけれども、大字坂本、先ほど言いましたように新井団地ですが、1464番地の1を、土地を買収する予定でおります。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 福島です。

  この土地を購入するに当たり、土地の単価といいましょうか、土地の埼玉県あるいは秩父、あるいは田畑、住宅地、そういうところの単価としては、どんなふうな単価の見積もりをしたのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) まず、地目ですが、地目は現況宅地ということであります。

  そして、単価ですが、単価につきましては、昨年ですけれども、西小学校のところで埼玉県が、東松山の県土整備事務所が県道のわきの宅地を購入いたしました。地主は村だったわけですけれども、そのときの買収単価ですが、旧の農協支所のあったところです。これ村で持っていた土地で、これを買収に応じたわけですけれども、単価が1平米当たり1万200円で村が埼玉県との売買契約に応じております。坪当たりに換算しまして3万3,660円、1坪ですけれども、この単価で村が埼玉県に歩道用地を売っております。

  新井住宅につきましても、これは直接鑑定をとったわけではありませんが、鑑定士の話として、ほぼ同等の値段が出るだろうという鑑定士の話もありました。県道わきと、県道から少し中に入っているということはありますけれども、似たような単価が出るということだったものですから、1坪当たり3万円で予定しております。先ほども言いましたように、村の買収単価3万3,660円でした。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) そのほか。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  予算書20ページ、まず最初に税務課長にお聞きします。20ページの002の督促料について伺いたいのですけれども、今年度の督促料を発送した件数を教えていただけますか。



○副議長(眞下?身議員) 鷹野税務課長。



◎税務課長(鷹野法邦君) 22年度分でございますが、現時点ではその実績はございません。

  以上です。



◆1番(福島重次議員) わかりました。



○副議長(眞下?身議員) そのほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより議案第3号 平成23年度東秩父村一般会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第3号 平成23年度東秩父村一般会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立多数〕



○副議長(眞下?身議員) 起立多数。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第4号 平成23年度東秩父村国民健康保険特別会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第4号 平成23年度東秩父村国民健康保険特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第5号 平成23年度東秩父村介護保険特別会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第5号 平成23年度東秩父村介護保険特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第6号 平成23年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第6号 平成23年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第7号 平成23年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第7号 平成23年度東秩父村後期高齢者医療特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第8号 平成23年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第8号 平成23年度東秩父村簡易水道事業特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

  続いて、議案第9号 平成23年度東秩父村営バス事業特別会計予算の討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第9号 平成23年度東秩父村営バス事業特別会計予算を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決いたしました。

                                              



△議案第10号 東秩父村、村立学校設置及び管理条例の一部を改正する条例



○副議長(眞下?身議員) 日程第9、議案第10号 東秩父村、村立学校設置及び管理条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第10号の提案理由を申し上げます。

  西小学校大内沢分校及び西小学校白石分校を廃止したいので、この提案をするものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  関根教育委員会事務局長。

               〔教育委員会事務局長 関根 功君登壇〕



◎教育委員会事務局長(関根功君) 東秩父村、村立学校設置及び管理条例の一部を改正する条例の内容説明を申し上げます。

  平成22年4月1日から休校している西小学校大内沢分校及び平成14年4月1日から休校している西小学校白石分校を平成23年3月31日をもって廃止するための条例改正でございます。

  そのほか条例の題名を、「東秩父村、村立学校設置及び管理条例」とありますものを、「東秩父村立学校設置及び管理条例」に題名を改める改正でございます。

  条文の内容については、以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  2番、渡邉議員。



◆2番(渡邉均議員) 2番、渡邉です。

  このたび大内沢分校と白石分校が、休校という扱いがこれで廃校になったということでございますが、今後の活用に関してなのですが、例えば今度、今まで休校ということでしたが、教育関係しか使えなかったものが、今度ほかにもいろいろと可能性が出てくるのではないかと思うのですが、実は地元のほうで老人クラブが近くでゲートボールやっているのですけれども、今回この廃校になったことによって、その分校使用が可能になるかどうか、そこをちょっとお聞きできればと思います。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) 渡邉議員さんのお話でございますけれども、今回分校としては廃校をいたしましたけれども、基本的に教育財産を外したわけではありません。これは大内沢分校についても同じでございます。これは前に議会にも説明してありますように、国の補助金を得てつくった学校施設でありますので、教育財産以外にまだ外して一般的な利用に供せる財産として管理するのには、いろいろな制度のハードルをクリアしなければなりませんので、ここで一たんは廃校して、そして一般的な教育財産として管理をしていくということでございまして、教育目的のために使うということでございます。

  ただ、今ご指摘の地域の方がゲートボールをしたと、その間ちょっとお茶飲みをしたいから中を使いたい。こういうのであれば、これは申請していただければ、その都度お使いいただくことはこれまでも可能だったはずでございます。したがいまして、その利便性に今後変化が今のところ生じることはないというふうに考えております。ただ、これからのほうが、そういった意味では大手を振るって使えるかなと思うのですが、ただかぎを貸し出してしまうとか、そういうことは今のところ考えておりませんので、言っていただければ、その目的に応じて、その利用者の目的に合致したようにお使いいただけるように。また、その使うときには4月までには規定を、若干内規的ですが、整備をして、こういう条件で使ってもらおうということで進めていきたいというふうに思っておりますので、ご利用に際しましては、どうぞご利用いただければというふうに思っております。

  以上です。



◆2番(渡邉均議員) はい、わかりました。結構です。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第10号 東秩父村、村立学校設置及び管理条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○副議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第11号 東秩父村文化財保存施設等の設置及び管理条例の一部を改正する条例



○副議長(眞下?身議員) 日程第10、議案第11号 東秩父村文化財保存施設等の設置及び管理条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第11号の提案理由を申し上げます。

  廃校する施設を、文化財保存施設として管理したいので、この提案をするものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  関根教育委員会事務局長。

               〔教育委員会事務局長 関根 功君登壇〕



◎教育委員会事務局長(関根功君) 議案第11号の内容の説明を申し上げます。

  東秩父村文化財保存施設は、現在和紙の里に3館ございます。文化財収蔵庫、細川紙紙漉き家屋、ふるさと文化伝習館、以上の3館でございます。今回、旧白石分校、大内沢分校を廃校したことに伴いまして、これを旧白石分校をふるさと文化伝習館分館として、旧大内沢分校を東秩父村ふるさと館として管理したいので提案したものでございます。

  この旧白石分校のふるさと文化伝習館分館につきましては、先ほど渡邉議員さんからもご質問がありましたが、これにつきましては文化財の倉庫として使用してまいりたいと考えております。このため、建物の中につきましての一般利用はある程度制限する予定でございます。利用できる団体としては、地域の公共的団体及び文化伝習団体等を予定しているところでございます。

  続きまして、旧大内沢分校は東秩父村ふるさと館として管理するわけでございますが、現在この旧分校の職員室や音楽室の4室につきましては、教育委員会の文化財整理室が坂本の旧農協支所にあったわけですが、そこから移転しまして使用しております。このため、一般村民の皆様に利用していただくことを考えておりますが、利用できる施設としては、施設内の多目的ホール、会議室、調理室の3室を予定しておるところでございます。なお、この文化財保存施設のふるさと館は、文化財保存施設ということでございますので、酒類を伴う飲食や火気の使用は原則禁止を予定しておるところでございます。

  以上で説明といたします。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  東秩父大字大内沢703番地、ここの「東秩父村ふるさと館」、こういう今度名称になると思うのですけれども、「東秩父村」と最初にふるさと館、なぜここに「東秩父村」がついたのか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) 福島議員のお尋ねだと思うのですけれども、多分片一方が「ふるさと文化伝習館分館」で、片一方が「東秩父村ふるさと館」ということで、なぜということだと思うのですけれども、まず一般のその施設が東秩父村の村民であれば、場所は大内沢にありますけれども、お使いいただけるものだということで、基本的には今あります生きがいセンターとか、そういったものと全く同じというわけにいかないですけれども、できるだけそれに近いものにしようということで、前に「ふるさと館」という名前で考えていたのですが、そうすると今度はそこに何かイベントなんかをやったときに、よそから入ってきていただくときに、ふるさと館というのはあちらこちらにあるので、どこのものかわからないということがありますので、そうすると「東秩父村」をつけたほうがいいであろうということで、大内沢のふるさと館には「東秩父村ふるさと館」をつけました。

  それから、今度はふるさと文化伝習館というのは、ご存じのように和紙の里の敷地内にある施設でありまして、この和紙の里に既に「東秩父村和紙の里」という名前がついておりまして、その施設内にふるさと文化伝習館があるものですから、これには「東秩父村」がもともとついておりません。したがいまして、それの分館にだけ「東秩父村」がつくわけにいかないので、分館はあくまでも本体があって分館ですから、倉庫としての位置づけでございますので、「東秩父村」はそれに冠しませんでした。これがやはりよそでもし何かあって東秩父の所在だということになれば、ふるさと文化伝習館のほうには集客を予定しておりますけれども、分館のほうはあくまでも倉庫ですので集客を予定しておりません。したがいまして、東秩父村にある位置を明示する必要がないので、本体の名前までを、分館ができたから今度本体のほうも条例改正しなくてはならなくなりますので、本体の名前を分館のために変えるというのもちょっと本末が転倒しているかなということで、あくまでもふるさと文化伝習館は東秩父村の和紙の里に附随する施設としてありますから、そこに「東秩父」が2つかぶってしまいますので、つけなかったというか、つけられなかったというか、そういうことでございます。

  また、では大字白石とか大内沢とかとつけるのも考えたのですけれども、そうすると今度はそこの地域の人が特段して使えることの施設となって、例えばほかの地域の人が使いづらくなるという側面もありましたので、あくまでもより広い方に使っていただくという意味合いで「東秩父村ふるさと館」にさせていただきました。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) もう少し「東秩父」ではなくて、何かほかにうまい、先ほど教育長申したように大内沢とか坂本とか、そういう名前ではなくて、もう少し何か東秩父にイメージに合った、頭に言葉をつけていただきたいと思いますけれども、いかがですか。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) それは考えたわけなのですが、例えばお考えいただきますと、前にコミュニティセンターをつくるときに、まだあの当時の時代は、あそこは「やまなみ」という名前がついて、一般公募でつけた名前なのですけれども、ほかのでも小川町立文化会館とか市民会館とかというのが普通の名称、東松山中央公民館とか、やはり村の外に一般的に公式的に出す名前としては、「東秩父村」というのがやはり第一義には来ないと位置が特定できませんので、それが1つと。その後に、例えば「ふるさと館」とつけたところが、その今議員の趣旨にのっとるなじみ深い名前だというふうに私は考えて、本当は「東秩父村地域館」でも何でもよかったのですけれども、やはりそこをいろいろ考えまして、村長とも相談してご指示もいただきながら「ふるさと館」というのが、東秩父村立コミュニティセンターやまなみ、東秩父村ふるさと館、東秩父村生きがいセンターというようなことの並びの中で、やはりこれから東秩父村本体のネームバリューというのですか、ネームバリューを強くして、これから観光や何かに行くときに、やはりおそらくそこの今度大内沢の施設なんかは、近くにある花桃なんかとの連動したいろんなイベントも地域の方は考えてくるのではないかと。

  そうする意味で、よそから来るときにはやはり「東秩父村」でないと、例えば「和紙の里ふるさと館」でもいいのかもしれませんが、小川町は「和紙のふるさと」と言っているわけですよね。こっちが「和紙の里」で「和紙のふるさと」があって、ではどっちなのだという話で、なかなかやはり東秩父という、来る目的場所を特定、やはり村外の方にしていただけるということは重要なことかと思います。おそらく将来は愛称として、ふるさと館で何かやろうみたいな話にはなっていくのが望ましいというふうに考えておりますが。

  以上でございますけれども。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤です。

  この白石分校と大内沢分校は以前から休校でありまして、廃校になることは聞いておりました。この議会の中でも、あの白石分校と大内沢分校が廃校になるに当たって、いろいろと栃木と茨城のほうへ行って廃校を利用しているところを視察してまいりました。1校は「おやき学校」、もう一校は「星降る学校」というところでございましたけれども、そういったところを視察して、東秩父村のこの分校を、そういった東秩父のイメージをよくするようなことに利用できないかということで視察に行ったわけです。

  今度この条例で文化財保護ということをうたってありますけれども、この文化財がどの程度あるのでしょうか。この量によっては、これから文化財ふえていく量によっては、この2校とも、今後ともよりよい計画ができたときに使用できないのではないかと、こう思っているわけです。この量がどのくらいこれからふえてくるか、そこのところをちょっと教えてください。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) 今文化財の量の話がありますが、まず白石の分館のほうに持っているものは、主には量がふえるというのではなくて、足立さんのお宅の後ろを掘りまして、あそこに石製の、石のいろいろなものをつくった遺跡なんかがある、発掘をしたり、それからいろいろな工事のときに、村はいろいろなものを発掘して、そこを新しい社会的な道路ですとかグラウンドとかゴルフ場なんかも含めまして、そういうものに使うために発掘をして、その資料を保存しないといけないというまた文化財保護法の立場もありまして、そういう調査の出てきたときのいろいろな資料を保有しているわけです、現在。それは文化財ですから、どこかへやってしまうというわけにいかないので、それをいろいろなケースに入れて、そしてすべてその掘り出したものは写真を撮り、データベース化して、今ずっと保存しておくという仕事も担当の職員がやっているわけです。

  そういうものを終わったものを、今度は収蔵しておく部分が必要なわけですが、東秩父村ではそれがまだ整備がされていない。そして、そこは実は農協の支所があいたので、それを買い取って坂本に置いてあったわけなのです。今度はその建物自体が、そこの道路が広がることによって県に買収をされてしまいまして、中に入っているものをどこかへ持っていかなくてはいけなくなってしまったところに、今度白石分校のあいているところをまず活用させていただくというものがありまして、この文化財をこれから新しくふえていくだけではなくて、今持っているものを保存しておかなくてはならない。そういうことがありますので、それはこれから村の責任としても、ずっと未来永劫保管していかなくてはならないことだと思っております。

  それから、今大内沢分校で、今度ふるさと館になるほうでは、コンピューター処理を使って、そのずっと処理をしていたわけです。コンピューターに読み込んで、デジカメを撮ってそれをDVD化をして、そしていつも利用に供せるように目録をつくるという作業をずっと続けております。今もそれは大内沢分校でやっております。その場所が、やはり農協の支所でやっていたのですけれども、それを道路をよくするためにはどかしてしまいまして、本当は最初後ろへ引いてほしいと言っていたのですけれども、それもだめだということで、地主さんとの話し合いがつきませんで壊すことになりまして、その作業場所と今度は保管場所を別々に移ったということで今回の措置になりました。したがいまして、その辺はこれからもふえていくこともあるかとは思いますが、ふえていかないまでも、今既にかなりの古文書ですとか、それからそういう出土品を村が保有して、常に保存していく必要がこれからあるというふうに、ですから白石分校なりをそういうふうなことで新しい目的に使う際には、今度はそれのまた移転先を考えなくてはならなくなってくるということでございまして、必ずしも白石分校が今までもあいていたわけではないわけです。ずっとそれを保存しておりましたので、そういったことを今回学校の分校という法律的な位置づけから、それぞれ本来これから使うべき方向にしたところでございます。

  ただ、今後議員がご指摘のように、より効率的な、そういう新しい今度は収蔵庫か何かに移して、そこをまた別に活用するいい具体的な案があれば、分校で置くよりは一歩使いやすくなったという措置ではあるというふうに思っております。ですから、ちょうど今、議員各位が目指しておられた方向と、学校の分校というちょうど途中にある制度に移行したというふうにお考えいただければありがたいと思います。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 分校の使用目的ということでいろいろ考えたわけですけれども、まだ皆さんで視察へ行った、連合で行った視察の考えが、まだこれといった考え浮かばなくて、今こうして文化財の収蔵庫として使うということ。これはあいているところですから、より有効に使うのが、これは一番だと思いますけれども、名目を改めますと使用目的が限られてしまうと思うのです。だから、そうなるともうなかなかさっきも言われていましたように、よりよい使用目的ができた場合にも、またほかに文化財を移動しなくてはならないという、そういった難しいこともかかってくるので、今現在はもうこれでしようがないということですか。



○副議長(眞下?身議員) 高野教育長。



◎教育長(高野勉君) しようがないというと、非常に私も気持ちの中は同様でございますけれども、もっと具体的なより効率のいい目標ができれば、ただ分校の状態ではすぐそこには、たとえそういう状況が起きても移れないわけです。どうしても1回国の補助金をもらって学校をつくった以上、60年は国が学校として使えと言える権利を持っているわけです。まだそんなにたっていない建物ですから、これを廃校にするためにはいろいろ基金を積み立てたりとか、そういうこともしないと、さらにより自由な方向には参れませんので、やはりまたいろいろなおそらく、私どもも分校の活用方法としては西会津町にある国際芸術村とか、いろいろ検討はしてみましたが、どこもかなりの資金を町が毎年つぎ込んで、表向きはまあいいとしても、かなりつぎ込んでそれを運用しているというのが実態のようでございます。西会津芸術村の関係者の場合は、それを支援するNPO法人が東京にあって、その代表にも会ってきましたし、またその代表も東秩父に来ていただいていろいろ見てもいただきましたが、やはり村が相当の資金援助をしていかないと回転していないというのが実情のようでございますので、なかなかそれは今、村では今のところできませんので、今より効率的な費用といいますか、余り費用をかけないで何とか村民の文化財を守ったり、それから社会的な活動を円滑にやるための場所として、まずは運営していくということにしていきたいと思っております。

  特に大内沢分校につきましては、既に今年の1月に行いましたものつくりの公民館活動、それから暮れに行いました正月のお飾りですか、それをつくる講習会なんかは大内沢の施設を使わせていただいてやっております。これからもそういったことにつきましては大内沢の施設を利用しながら、だんだん一般村民になじみの深い施設にしていければなというふうに考えております。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 教育長さんが、今あっちこっちでも分校とか廃校の利用は大変な負担がかかっているという話を聞きまして、確かに負担はかかると思います。今文化財の収蔵庫とか、いろんな面のお話をいただきましたけれども、今後東秩父村もよりいい方向に利用ができたらいいかなと思います。

  終わります。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第11号 東秩父村文化財保存施設等の設置及び管理条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○副議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第12号 東秩父村こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例



○副議長(眞下?身議員) 日程第11、議案第12号 東秩父村こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第12号の提案理由を申し上げます。

  こども医療費の対象年齢の拡大と比企管内に所在する協定医療機関等で受診した場合はこども医療費の窓口払いを廃止するため、東秩父村こども医療費の支給に関する条例の一部を改正したいので、この提案をするものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  倉林住民福祉課長。

               〔住民福祉課長 倉林 均君登壇〕



◎住民福祉課長(倉林均君) それでは、東秩父村こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例の内容のご説明を申し上げます。

  本件につきましては、平成21年度に作成しました東秩父村次世代育成支援後期行動計画の中で、就学前児童がいる世帯と、小学校就学児童がいる世帯の皆様から、住民の子育てに関する状況や保育サービス、子育て支援に関するニーズについてのアンケート調査や、子育て支援事業に参加している方々から意見の聞き取り調査を行っていく中で、こども医療費の窓口払いの廃止に対する要望が多くありました。このたび比企管内でこども医療費の窓口払いの廃止を行っている市町と給付内容についての調整を行うことができ、さらに関係医療機関等に了解がいただけることになりましたので、東松山市と比企郡内の町及び東秩父村に所在する本村と協定を締結した医科、歯科、保険調剤薬局で受診した場合には、保険診療の自己負担分について窓口での支払いが不要となるようにするために、東秩父村こども医療費支給に関する条例の一部を改正するものです。

  主な改正部分は次のとおりですが、お配りしました新旧対照表2枚のものが行っていると思いますので、ごらんいただきたいと思います。まず、第2条の定義で、「満12歳」とあるものを「満15歳」に改めます。

  第3条の支給対象でありますが、所得制限に係る部分を削除します。

  さらに、先ほど申しました「対象児」を「対象となるこども」に改めまして、4条以降、同じように「対象児」を「対象となるこども」に改めます。

  それから、第5条に第4項を加えます。記載してありますとおり、指定医療機関等に支払う額の審査及び支払いに関する事務を埼玉県社会保険診療報酬支払基金と、埼玉県国民健康保険団体連合会に委託することができるとの規定を加えます。

  それから、第7条の所得制限に関する項目を削除いたします。その関係で、以下の番号が1条ずつ繰り上がります。

  条例の施行日ですが、平成23年4月1日から施行いたします。ただし、施行日前の診療に係る医療の申請は、従来どおり窓口に領収書あるいは証明書を持ってきていただくことになります。

  今回の協定を締結しました医療機関等の数につきましては、3月1日に広報と一緒に折り込みでチラシを配布してお知らせしましたが、関係団体の会員登録を行っている医療機関等で、医科が114カ所、歯科が62カ所、調剤薬局が55カ所の予定ですが、関係団体の会員以外の医療機関等の協定の申し出があれば適宜追加していく予定です。現在、歯科が1、調剤薬局が1、単独でやってくださいということでお願いが来ております。

  また、この窓口払い廃止に伴い支払われる事務費手数料ですが、埼玉県社会保険診療報酬支払基金と、埼玉県国民健康保険団体連合会に対して医療費の審査支払い分が、1件につきおおむね114円20銭程度、調剤分が1件当たり57円20銭程度かかる予定でございます。これは当初の予算で組み込んであるとおりでございますので、よろしくお願いしたいと思います。

  説明を終わります。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第12号 東秩父村こども医療費支給に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○副議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第13号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例



○副議長(眞下?身議員) 日程第12、議案第13号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第13号の提案理由を申し上げます。

  公営住宅から暴力団員を排除し、入居者及び周辺住民の生活の安全の確保を図り、さらに住宅困窮者の公営住宅への入居の妨げを防ぐ。また、入居者の保証人条件を変更し、保証能力を確保するためこの提案を行うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  高野産業建設課長。

               〔産業建設課長 高野守生君登壇〕



◎産業建設課長(高野守生君) それでは、議案第13号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例について内容の説明をさせていただきます。

  この条例の改正内容は、先ほど村長が提案理由の説明で申し上げましたとおり、暴力団員を排除するとともに、入居する人の保証能力を確保するために改正をするものです。お配りいたしましたお手持ちの資料、新旧対照表の2ページをごらんいただきたいと思います。第5条、入居者の資格を規定しているものです。1号では、「12条において」を削除します。

  また、現在1号から3号まで規定していますが、次の3ページの4号を加え、暴力団員を排除し、住民生活の安全と平穏の確保を図るものです。

  次に、4ページをごらんください。第10条、住宅入居の手続を定めたものです。同条第1項第1号は、保証人について規定されています。今回の改正は、入居者の保証人を連帯保証人2名に改めるとともに、連帯保証人は住民税が課税されている者に改正し、保証能力の確保を図るものです。

  次の第11条は、同居の承認を規定したものです。先ほど述べました第5条と同様、同居する者が暴力団員であるときは、承認をしてはならない旨の規定を加えるものです。

  次に、5ページをごらんください。第12条は、入居の承継を規定したものです。第11条第2項同様に、暴力団員は承認してはならない旨の規定を加えるものです。

  6ページの第41条をごらんください。同条は、住宅の明け渡し請求について定めたものです。次の7ページの1行目、第7号は、「暴力団員であることが判明したとき」を加えたものです。

  改正の説明は以上です。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  保証人の要件を厳しくしたとき、保証人になり手が少なくなると思いますが、管理者の見解を伺います。



○副議長(眞下?身議員) 若林村長。



◎村長(若林全君) 従来は2人でなくて1人でありました。2人にしたと。しかも住民税の課税されている人ということでありす。これまでやってきましたが、今お話しになったようなことはないわけであります。これからどうなるかわかりませんが、一応村とすると保証人をしっかりつけていただきまして、その入居者の滞納等については保証人がしっかりと保証していただくということでないと、なかなかこれから住宅は難しい行政の一つでありますので、そういう意味では2人つけるからといって、ではいませんとか、入居ができませんということはないようであります。これもっとこの法令改正をして努めてまいりたいと、こう思っております。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑は。

  3番、田中議員。



◆3番(田中丈司議員) 3番、田中です。

  暴力団員と、こういう名前が出るのですけれども、この暴力団員というのはだれが判断して、どういう基準で、ちょっとそこをお聞きしたいのですけれども。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 暴力団員とは、お手持ちにあります条例改正にも書いてあるとおりでございます。平成3年法律第77号第2条第6号に規定する暴力団員です。

  以上です。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 私のほうでちょっと補足をさせていただきます。

  今回の条例の改正につきましては、今暴力団というお話が出たわけですけれども、この条例が通りますと早速県警のほうと協議をして、村長と埼玉県警のほうで協定を結びます。その結ぶ協定の中に、この人が暴力団であるかどうかということを県警のほうに照会をするわけです。県警のほうが照会をいただきますと、県警が回答します。この人は暴力団であるとか、暴力団でないとか、関係者にそういう人がいるだろうと。そういう協定を結んで、県警に判断をしていただく手続をさせていただくというふうなことで、協定を結んで暴力団員かどうかを判定をすると、そういう形になっていくものでございます。

  村長と県警の刑事部長だったでしょうか、協定を結んで、その協定書の中で判断をしていただいて、その方が、重複して申しわけありませんが、その判断は県警にやるというようなことで、照会に基づいて県警が村長に回答してくれると、そういうふうなことで協定を結ぶということでございます。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第13号 東秩父村営住宅管理条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○副議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  暫時休憩します。

                                      (午後 2時27分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 再開します。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 2時44分)

                                              



△議案第14号 平成22年度東秩父村一般会計補正予算(第6号)



○副議長(眞下?身議員) 日程第13、議案第14号 平成22年度東秩父村一般会計補正予算(第6号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第14号 平成22年度東秩父村一般会計補正予算(第6号)について提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,599万1,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ20億6,770万円といたしたいとするものでございます。

  本補正予算の主なものは、歳入では地方消費税交付金及び地域活性化・住民生活に光をそそぐ交付金の第2次配分による増額を充て、歳出については予防事業の受診者の確定等による減額、緊急情報施設調査委託の取りやめなど、歳入歳出それぞれに精査をし、調整を図ったものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  梅澤参事兼総務課長。

               〔参事兼総務課長 梅澤 進君登壇〕



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 議案第14号 平成22年度一般会計補正予算(第6号)の内容について説明をいたします。

  お手元の6ページをお開きをいただきたいと思います。第2表、繰越明許費ということでございますが、ここをごらんいただきたいと思います。ここに記載の3つの事業、地上デジタルテレビ放送共聴施設整備事業補助金交付事業、それから花桃の郷観光トイレ新設工事事業、それから図書館改修事業、いずれも年度内に完成することができないため、平成23年度に繰り越すものでございます。

  次に、8ページ、歳入歳出予算補正事項別明細書により、主立ったところを説明をさせていただきたいと思います。

  6款地方消費税交付金、1項地方消費税交付金は、2回の実績と3回目の交付見込額を算定いたしまして500万円増額し、計上するものでございます。

  次に、13款国庫支出金、2項国庫補助金、4目総務費国庫補助金、1目総務費補助金は、地域活性化・住民生活に光をそそぐ交付金で、当初、以前にも今回の会議のときに村長から申し上げてありますとおり、912万4,000円を見込みました。1次で半分、残りの部分については事業計画の効果を見て配分することになっていましたが、今回2次の配分額が920万8,000円示されたために補正をするものでございます。

  次に、14款県支出金、2項県補助金、4目農林水産費補助金は、中山間地域等直接支払制度補助金は、第3期増額分の交付決定に基づき増額補正をするものでございます。

  9ページ、19款諸収入、3項雑入では、説明欄018資源物売却収入は、永田紙業による紙類、新聞等の売却が当初予算より伸びていますので17万5,000円の増額、049光通信設備貸付収入は、当初の予定ですと光サービスを6月1日に供給開始の予定でありましたが、業者の努力によりまして本年3月1日供給開始ができる運びとなったため、NTT東日本からの3月分、1カ月分の15万8,000円を貸付収入として計上するものでございます。

  次に、10ページをごらんください。2款総務費、1項総務管理費では、2目文書広報費で13委託料、例規集の委託料で改正条例が多くなり、現予算が不足していますので増額補正をするものでございます。

  5目企画費、光通信設備貸付収入による財源内訳の一般財源から特定財源への組み替え、次の7目交通安全対策費、交通安全対策一般経費は、故障いたしました防犯灯が高額なナトリウム灯を修繕したため、村内ほかの防犯灯の修繕に不足が生じるので20万円増額を補正するものでございます。

  3款民生費、1項社会福祉費、1目社会福祉総務費、11節需用費は、福祉医療事業費、11需用費の印刷製本費、こども医療費のチラシ及びステッカーの印刷代。13委託料では、やはりこども医療システムの改修委託料の補正31万5,000円です。

  その下の4款衛生費では、結核検診委託事業、予防接種事業、次のページのがん検診事業、健康診査事業、母子保健一般経費につきましては、いずれも受診者等の減少によるものでございます。

  5款農林水産費、1項農業費、3目農業振興費、右側説明欄、中山間地等直接支払事業、19節では、1集落増加したことなどにより補正をするものでございます。

  6款1項商工費では、和紙の里施設管理事業として、現在小学生の来訪者が年々減少しているため、小学生向けの体験パンフレットを作成し、県内、都内の学校に配布するためのパンフレット印刷代として12万補正し、12役務費としてそれに使用する切手代ということで9万9,000円を増額補正をするものです。

  7款土木費、1項土木管理費では、当初栗和田川にかかる稲荷橋、槻川にかかる滝の前の2橋を県工事負担金として計上いたしましたが、工事が変更され稲荷橋だけ施工したため、48万円減額するものでございます。

  次に、14ページをお開きください。8款消防費、緊急情報施設調査委託料事業ですが、東日本電信電話株式会社のオフトークについての情報提供があり、平成26年度をもってサービスを終了する旨の情報があったために、当初予定していました調査の効果が十分得られないというふうなことになったために取りやめるものでございます。

  次に、9款教育費、1項教育総務費、次のページの4項社会教育費は、それぞれ地域活性化・住民生活に光をそそぐ交付金の2次の配分があったことを申し上げましたが、それに伴う一般財源から国庫支出金への財源内訳の変更になります。

  15ページ、一番下にあります12款諸支出金、2項繰出金は、合併浄化槽設置管理事業特別会計繰出金及び後期高齢者医療特別会計繰出金につきましては、それぞれの会計を精査の上、減額補正を計上したものであります。

  次に、12款諸支出金、1項積立金では、基金管理事業として、歳入歳出の差し引き残について財政調整基金積立金に2,524万5,000円積み立てるものでございます。

  議案第14号 平成22年度東秩父村一般会計補正予算(第6号)の説明は以上でございます。よろしくご審議を賜りますようお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  6ページの繰越明許ですけれども、2月に補正を行ったと思うのですけれども、当初から繰り越す予定があったのですか、伺います。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁を申し上げます。

  住民生活に光をそそぐ交付金については、以前にも議会で申し上げました。予算に計上されているもののうちから何月何日、今ちょっと日を忘れましたが、10月十何日だったでしょうか、それ以降予算に計上されているもののうちから交付金を交付しますよという形です。ですから、議会の予算を通っていないものについては、補正予算をして光をそそぐ交付金を充てるか、あるいは予算を通らなければ交付金は来ませんというふうなことで、ある程度額の確定があったのが今年の1月の半ば過ぎだったでしょうか、第1次が。一応早急に調整をして、1月の末に国のほうに出したと思いますから、そういうような関係で予算に計上しているもののうちからその交付金を充てますという、そういう事情がございましたので、当然繰越明許も認められるというふうなことで計上したので補正をとらないわけにはいかないと。これはちょっと言い過ぎでしょうが、補正をとったもののうちから交付金は交付しますよという、そういう建前になっておりますので、答弁をさせていただきます。

  以上でございます。



◆1番(福島重次議員) わかりました。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑ありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第14号 平成22年度東秩父村一般会計補正予算(第6号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第15号 平成22年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)



○副議長(眞下?身議員) 日程第14、議案第15号 平成22年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第15号 平成22年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)については、既定の歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ100万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ4億6,900万円とするものでございます。

  本補正予算は、給付費の増額に伴うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  眞下保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 眞下春男君登壇〕



◎保健衛生課長(眞下春男君) それでは、議案第15号 平成22年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)の内容を説明させていただきたいと思います。

  お手元に差し上げてあります補正予算書の4ページをお開きいただきたいと思います。4ページの歳入から説明させていただきたいと思います。

  3款2項1目財政調整交付金10万円の増額は、国保連合会レセプトシステム更新に伴う国からの補助金でございます。

  同じく4目の高齢者医療制度円滑運営事業費補助金2万4,000円の増額は、70歳以上の一部負担金2割負担が1割負担に平成23年度以降も据え置かれることから、高齢者受給者証の交付経費として国から交付されるものでございます。

  それから、4款1項1目療養給付費交付金87万6,000円の増額は、退職被保険者療養給付費が増加傾向にあるためでございます。

  それから、続きまして5ページにまいりまして、歳出のほうでございますけれども、1款1項1目一般管理費10万円増額するのは、国保連合会レセプトシステム更新に伴う負担金を拠出するものでございます。

  それから、2款1項2目退職被保険者等療養給付費を234万8,000円増額、またさらには2款2項2目退職被保険者等高額療養費を80万円増額するのは、療養給付費がそれぞれ増加傾向にあるためでございます。

  また、2款2項3目一般被保険者高額介護合算療養費を80万円減額するのは、給付費が減少傾向にあるためです。

  続きまして、8款1項1目特定健康診査等事業費150万円減額するのは、健康診査実施人数が確定したためによる減額でございます。

  9款1項1目保険給付費支払基金積立金を2,000円増額するのは、支払基金の預金利子が生じるためのものでございます。

  11款1項3目償還金を5万円増額するのは、21年度に超過交付された療養給付費負担金、老人保健拠出金分を償還するためのものでございます。

  以上でございますので、よろしくご審議をお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第15号 平成22年度東秩父村国民健康保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第16号 平成22年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第2号)



○副議長(眞下?身議員) 日程第15、議案第16号 平成22年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第16号 平成22年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第2号)についてご説明申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額から1,340万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ5,000万円とするものでございます。

  本補正予算は、事業規模の縮小に伴い減額を行うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  眞下保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 眞下春男君登壇〕



◎保健衛生課長(眞下春男君) 議案第16号 平成22年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第2号)の内容を説明させていただきます。

  お手元に差し上げてあります補正予算書の6ページをお開きいただきたいと思います。6ページの歳入から説明いたしたいと思います。

  1款1項1目設置費分担金34万2,000円の減額は、当初予算のとき大型合併処理浄化槽2基、さらには一般家庭用の浄化槽28基、計30基というふうなことで予定していたものが、22年度は21基、予定より9基減少いたしましたので、それに伴う分担金の減でございます。

  2款1項1目浄化槽使用料195万円の減額は、浄化槽の清掃が見込みより下回り、さらに新規の浄化槽設置も下回ったためによるものでございます。

  3款1項1目合併処理浄化槽設置事業補助金434万8,000円の減、またさらには5款1項1目一般会計繰入金246万円の減、8款1項1目下水道事業債430万円の減額は、新規の浄化槽の設置基数の減によるものでございます。

  続いて、お手元に差し上げてあります補正予算書の8ページをごらんいただきたいと思います。2款1項1目施設管理費211万5,000円の減額は、清掃委託料の減に伴うものです。

  3款1項1目施設整備費1,115万2,000円の減額は、新規の浄化槽の設置数の減に伴い、工事請負費、浄化槽本体購入費の減によるものでございます。

  それから、5款1項1目予備費13万3,000円は、これは予算上減額するものでございます。

  以上でございますので、よろしくご審議を賜りたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 4番、松澤です。

  8ページの歳出のところでございますけれども、合併浄化槽の設置の東秩父村のパーセントは36%ぐらいだと聞いておりますけれども、これもうその後にふやすような計画とか、進めるとか、そういったことは続けているのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) ご存じのように、市町村設置型の大型合併処理浄化槽の設置につきましては平成15年から事業を進めさせていただきまして、平成22年度までに263基設置を終わりました。それで今後の予定なのですけれども、今のあれですと、今後も同じような形で毎年設置をさせていただくような計画になっております。

  以上ですけれども。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 若い人がいる世帯だと、この浄化槽も設置を進んで進めるということがありますけれども、なかなか老人世帯の場合、設置を拒むということは聞いておりますので、そういうところなんかもどうなのでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) ただいま松澤議員からご質問いただきましたように、確かに現状的には高齢者世帯、それから人口が高齢化に伴いまして、単独浄化槽から合併浄化槽への転換は、なかなか進んでいないのが現状です。平成15年から始めた当初のときには、1年間に40基、50基というふうな計画のもとに事業が進みまして、計画どおりに進んでいたようでございますけれども、ここ20年、21年、22年というふうなことにつきましては、特に21年につきましては午前中の質問にも述べさせていただきましたように、国の緊急経済対策の里川再生事業の中で33基浄化槽は設置させていただきましたけれども、20年は20基、22年も21基というふうなことで、年々なかなか基数が伸びないのが現状です。といいますのも、単独浄化槽を設置されている家庭が560軒程度あるわけですけれども、特に日常生活等には困らないわけなものですから、単独浄化槽が壊れた場合だとか、またさらには先ほど議員からのご質問の中にもありましたけれども、若い世代の方が跡継ぎとしてその家庭に入ってこられる方につきましては、家庭で投資して新たに合併浄化槽を設置するというふうな話もだんだん進んでくるかと思いますけれども、そういう家庭でない限りは、なかなか事業をお願いしても進まないのが現状です。

  ただ、そういいましても、それだけを見放しておくわけにはいきませんので、午前中吉田議員からもご質問ありましたように、平成23年度におきましては埼玉県で単独浄化槽から合併浄化槽への転換を促進するために、県独自で補助金を設置するというふうなお話を伺っておりますので、その補助金の要綱にのっとりまして、一軒でも多くの方が単独浄化槽から合併処理浄化槽に転換できればと思いまして、23年度の予算も組ませていただきました。22年度の予算につきましては、こういうふうなことによりまして、当初30基予定していただいて予算を組ませていただいたものが、ちょっとなかなか事業が進展しなかったことはおわび申し上げさせていただきたいと思いますけれども、今後の事業に対しましてもまたご協力をいただけたらと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) この合併浄化槽も、比較的村全体として人口はそんなに多くないのですけれども、地域的に人口が多いところと少ないところがあると思うのです。だから、合併浄化槽を入れるところはかなり進んでいると思うのです。地域によって合併浄化槽が入っていないというようなところもあると思うのです。そういったところの水質の汚れとか、そういうのは目についたところがありますでしょうか。



○副議長(眞下?身議員) 眞下保健衛生課長。



◎保健衛生課長(眞下春男君) 特に今ご指摘いただきましたように、水質の汚れたというふうな面は見受けられないと思って考えております。といいますのは、槻川の本流、落合のところと萩平川が合流いたします地点、その2カ所を水質検査を年2回やらせていただいておりますけれども、特に河川の水質が劣っているとか汚れているとかというふうことは、ここ幾年か現状としては見受けられませんので、今の事業に沿ったような形で何とかこれからもできたらなと思って、これからも事業を推進していきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) 4番、松澤議員。



◆4番(松澤公一議員) 私も、この槻川の水、以前から大変きれいになったと思うのです。水量も幾らか、ここのところ年々下がっているのですか、きれいにはなっているような気がいたします。これからもぜひとも合併浄化槽を進めていけるようにお願いしたいと思いますが。

  終わります。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第16号 平成22年度東秩父村合併処理浄化槽設置管理事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第17号 平成22年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)



○副議長(眞下?身議員) 日程第16、議案第17号 平成22年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第17号 平成22年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についての提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額から590万円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ3,430万円といたしたいとするものでございます。

  本補正予算は、保険料の減額に伴うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  眞下保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 眞下春男君登壇〕



◎保健衛生課長(眞下春男君) それでは、議案第17号 平成22年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)の内容を説明させていただきます。

  先ほどご説明いただきましたように、今回の補正は保険料の減額によるものが主なものでございます。保険料の算定につきましては、埼玉県広域連合で市町村ごとに20年の4月から21年8月までの被保険者の平均伸び率を算出し、またさらには平成22年度の平均被保険者数を見込むわけですが、この点の見込み誤り等があり、またさらには景気低迷などの影響により保険料が減額となりました。

  お手元に差し上げてあります補正予算書の5ページをごらんいただきたいと思います。歳入から説明させていただきたいと思いますけれども、1款1項1目特別徴収保険料100万円の減額、またさらに2目の普通徴収保険料420万円の減額は、埼玉県広域連合の算定による県内の平均的な被保険者の伸び率を東秩父の場合には下回り、さらには景気低迷などの影響によりまして保険料が減額となったものでございます。

  4款1項1目事務費繰入金648万円の減額、また2目の保険基盤安定繰入金61万1,000円の減額は、保険料の減額に伴い一般会計からの繰入金を減額するものでございます。

  6款1項1目繰越金55万9,000円の増額は、前年度からの繰越金に伴う増額でございます。

  さらには6ページのほうをごらんいただきたいと思います。1款2項1目徴収費5万円の減額は、通信運搬費、被保険者証の発送料等の減額によるものでございます。

  2款1項1目後期高齢者広域連合納付金585万円の減額は、先ほど申し上げました保険料の減額に伴い納付金が減額となるものでございます。

  以上でございますので、よろしくご審議をお願いしたいと思います。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第17号 平成22年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第18号 東秩父村・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託について



○副議長(眞下?身議員) 日程第17、議案第18号 東秩父村・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第18号の提案理由を申し上げます。

  知事の権限に属する事務処理の特例に関する条例に基づき、埼玉県から移譲を受ける一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務を東松山市に委託することについて協議したいので、地方自治法第252条の14第3項において準用する同法第252条の2第3項の規定により、これを提出するものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

               〔「これ違うんじゃないですか。きょうの日程のあれと。議案

                 17号は後期高齢者、こっちは」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 議案第18号です。

  暫時休憩します。

                                      (午後 3時20分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 再開いたします。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午後 3時21分)

                                              



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。

               〔参事兼総務課長 梅澤 進君登壇〕



◎参事兼総務課長(梅澤進君) 議案第18号について説明いたします。

  県は、住民に身近な行政は、できる限りより住民に身近な地方公共団体である市町村が担任し、地域の課題をその地域の住民の判断と責任において自主的に主体的に解決できるよう市町村の理解と協力を得ながら、その規範能力等に応じた権限移譲の推進に取り組んでいくこととし、今回の旅券、いわゆるパスポート申請交付を東松山市に委託しようとするものでございます。

  既に権限移譲されている市町は、平成19年に川口市、越谷市、草加市の3市、平成21年4月に秩父地域、秩父市、横瀬町、皆野町、長瀞町、小鹿野町の5市町の権限移譲がなされています。比企地域における旅券事務の権限移譲については、東松山市、滑川町、嵐山町、小川町、吉見町、ときがわ町及び東秩父村の7市町村です。旅券窓口の設置場所は、東松山市役所市民課です。権限移譲の時期は、原則4月というようなことで言われておりますが、4月は住民登録事務及び旅券事務の繁忙期であること、住民に対して市町村議会の事務委託議決後から十分な周知期間を設けること、東松山市民課内における新たな事務処理スペースの設置は、予算措置及び工事期間の関係で平成22年度内に実施困難なことが理由であります。実施期間を、今年平成23年10月1日からとするものであります。

  事務委託料は、県からの交付金額と同額とすることになっていまして、村からの持ち出し分はございません。承認が得られましたならば、広報その他の方法で住民にお知らせしていくこととしたいと考えています。今までは県のパスポートセンター、あるいは川越、熊谷などで申請・受領していたものが、東松山市役所で申請・受領が10月1日からできるということになります。各条文の説明は省略をさせていただきますが、よろしくご審議賜りますようお願いいたします。

  以上でございます。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  今総務課長からの説明だったですけれども、村の持ち出しはないと言っていましたが、この下の4番に村への旅券事務交付金45万2,000円、下から3行目、委託料は、県からの交付金額と同額とするということで、その下に各町村から市への委託料総額は年間520万円の見込みとありますけれども、これでも村の持ち出しはないのでしょうか、伺います。



○副議長(眞下?身議員) 梅澤参事兼総務課長。



◎参事兼総務課長(梅澤進君) ご答弁申し上げます。

  県からの事務委託、権限移譲につきましては、県から交付金、名称はちょっとはっきりあれですが、県からの交付したための交付金が来ます。その交付金によってすべて、東松山市さんもその交付金の全額で間に合わせようと。東秩父村も、その権限移譲の権限を委任することによってお金が参ります。その県から来る中で東松山市さんにお願いするということで、暫定の金額ですから、はっきりこの金額何円まで出ておりませんが、根本的には権限を県から東秩父村が受けるわけです。その交付金によってすべての、各町村来ますね。県に例えば小川町は小川町分が、料金が多いでしょうが、それが来ます。東秩父村は額が少ないですけれども、来ます。それを全部東松山市さんにお願いして、その中でやるということで、小川町さんもこの各町村も、全部のすべての町村が自己負担はなく、県の交付金を全部お願いして、東松山市さんぜひお願いしますと、こういうことでございますので、村の持ち出しはないというふうなことでございます。

  以上でございます。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第18号 東秩父村・東松山市一般旅券の申請受理及び交付等に関する事務の委託についてを採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○副議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第19号 東秩父村道路線の廃止について



○副議長(眞下?身議員) 日程第18、議案第19号 東秩父村道路線の廃止についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第19号の提案理由を申し上げます。

  県道294号線、坂本寄居線でありますが、路線変更され当路線と重複したため認定廃止をいたしたいので、この提案を行うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 内容の説明を求めます。

  高野産業建設課長。

               〔産業建設課長 高野守生君登壇〕



◎産業建設課長(高野守生君) それでは、議案第19号 東秩父村道路線の廃止について、内容の説明をさせていただきます。

  村道2119号線の起点は、大字大内沢字砂場685番地から同砂場684番地までの幅員1.8メートル、延長33.3メートルの村道です。この道路は、県道坂本寄居線、宮前橋の先から左の山へ入る道路でしたが、県道の改良工事が行われ、現在は県道と重複しているため廃止するものであります。

  以上です。よろしくご審議いただきますようお願いいたします。



○副議長(眞下?身議員) これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  1番、福島議員。



◆1番(福島重次議員) 1番、福島です。

  この県道の道路変更は、いつ行われましたか。



○副議長(眞下?身議員) 高野産業建設課長。



◎産業建設課長(高野守生君) 申しわけありませんが、調べておきませんでしたが、20年以上はたっていると思われます。この路線につきましては、平成22年度道路台帳作成業務を発注し、その過程でこの道路が既に県道と重複しているということが発見されたために、今回議案として提出させてもらったものであります。

  以上です。



◆1番(福島重次議員) 終わります。



○副議長(眞下?身議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第19号 東秩父村道路線の廃止についてを採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○副議長(眞下?身議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第20号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任について



○副議長(眞下?身議員) 日程第19、議案第20号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第20号の提案理由を申し上げます。

  平成23年3月31日をもって任期満了となる東秩父村固定資産評価審査委員会委員、富田禎二氏を再度選任したいので、この提案を行うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 本案件は人事案件ですので、質疑、討論を省略して直ちに採決いたします。

  これより議案第20号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

  本案に原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

                                              



△議案第21号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任について



○副議長(眞下?身議員) 日程第20、議案第21号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第21号の提案理由を申し上げます。

  平成23年4月26日をもって任期満了となる東秩父村固定資産評価審査委員会委員、田中則夫氏を再度選任したいので、この提案を行うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 本案件は人事案件ですので、質疑、討論を省略して直ちに採決いたします。

  これより議案第21号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

  本案に原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

                                              



△議案第22号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任について



○副議長(眞下?身議員) 日程第21、議案第22号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任についてを議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第22号の提案理由を申し上げます。

  平成23年4月26日をもって任期満了となる東秩父村固定資産評価審査委員会委員、落合繁要氏を再度選任したいので、この提案を行うものでございます。



○副議長(眞下?身議員) 本案件は人事案件ですので、質疑、討論を省略して直ちに採決いたします。

  これより議案第22号 東秩父村固定資産評価審査委員会委員の選任についてを採決いたします。

  本案に原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○副議長(眞下?身議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。

                                              



△閉会中の継続調査の申し出について



○副議長(眞下?身議員) 日程第22、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

  議会運営委員長から、特定事件について閉会中の継続調査をしたい旨の申し出がありましたので、お手元に配付しておきましたから、ご了承願います。

  お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

                                              



○副議長(眞下?身議員) お諮りいたします。

  本定例会で議決されました議案等の条項、字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 異議なしと認めます。

  よって、条項、字句、数字、その他の整理は、議長に委任することに決定いたしました。

                                              



△閉会について



○副議長(眞下?身議員) お諮りいたします。

  本定例会の会議に付された事件はすべて議了いたしました。

  ここで、村長からあいさつのための発言を求められています。これを許可いたします。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議長のお許しをいただきましたので、一言御礼を述べさせていただきます。

  今定例会におきまして提案申し上げましたすべての議案につきまして、慎重ご審議の上、いずれも原案のとおりご決定を賜りまして、まことにありがとうございます。ご審議を通じまして、いろいろご意見等を伺ったわけでございます。今後の村行政の執行に当たりまして、十分参考にさせていただきたいと存じます。

  ご審議いただきましたことに心から感謝を申し上げまして、お礼のあいさつといたします。



○副議長(眞下?身議員) 以上、村長のあいさつを終了いたしました。

  よって、東秩父村議会会議規則第6条により、本日をもって閉会することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○副議長(眞下?身議員) 異議なしと認めます。

  よって、本定例会は本日をもって閉会することに決定いたしました。

                                              



△閉会の宣告



○副議長(眞下?身議員) これにて、平成23年第2回東秩父村議会定例会を閉会といたします。

  ご苦労さまでした。

                                      (午後 3時37分)