議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 東秩父村

平成21年 11月 臨時会(第8回) 11月26日−議案説明、質疑、討論、採決−01号




平成21年 11月 臨時会(第8回) − 11月26日−議案説明、質疑、討論、採決−01号







平成21年 11月 臨時会(第8回)





         平成21年第8回(11月)東秩父村議会臨時会

議事日程 (第1号)
                      平成21年11月26日(木曜日)午前10時00分開会
 日程第 1 会議録署名議員の指名                               
 日程第 2 会期の決定                                    
 日程第 3 諸報告                                      
 日程第 4 議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する
              条例                                
 日程第 5 議案第59号 村長及び副村長の給与等に関する条例及び東秩父村教育委員会教育長の給与
              等に関する条例の一部を改正する条例                 
 日程第 6 議案第60号 東秩父村職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例        
 日程第 7 議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)           
 日程第 8 議案第62号 平成21年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)    
 日程第 9 閉会中の継続調査の申し出について                         

出席議員(8名)
     1番  福  島  重  次  議員     2番  渡  邉     均  議員
     3番  田  中  丈  司  議員     4番  松  澤  公  一  議員
     5番  栗  島  正  道  議員     6番  眞  下  ?  身  議員
     7番  吉  田  英  夫  議員     8番  足  立  理  助  議員

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者の職氏名
  村   長   若  林     全  君   教 育 長   高  野     勉  君
  総 務 課長   梅  澤     進  君   会計管理者   野  澤     進  君

  税 務 課長   鷹  野  法  邦  君   住 民 福祉   倉  林     均  君
                          課   長

  保 健 衛生   眞  下  春  男  君   産 業 建設   高  野  守  生  君
  課   長                   課   長

  教育委員会   関  根     功  君
  事 務 局長
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   山  田  幸  広      書   記   宮  崎  士  朗



                                              



△開会及び開議の宣告



○議長(足立理助議員) ただいまの出席議員は8人です。定足数に達しておりますので、平成21年第8回東秩父村議会臨時会を開会いたします。

                                      (午前10時00分)

                                              



△議事日程の報告



○議長(足立理助議員) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりです。

                                              



△会議録署名議員の指名



○議長(足立理助議員) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

  本日の署名議員は、会議規則第110条の規定により、4番、松澤公一議員、5番、栗島正道議員を指名します。

                                              



△会期の決定



○議長(足立理助議員) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

  ここで、さきに行われた議会運営委員会の結果を議会運営委員長から報告をしていただきます。

  栗島正道議会運営委員長。

               〔議会運営委員会委員長 栗島正道議員登壇〕



◆5番(栗島正道議員) 議席番号5番、栗島正道です。議長の命により、会期についてご報告申し上げます。

  去る11月20日に議会運営委員会を開催し、協議した結果、本臨時会の会期については、本日11月26日木曜の1日間と決定いたしました。よろしくお願いいたします。



○議長(足立理助議員) お諮りいたします。

  ただいま議会運営委員長から報告のあったとおり、本臨時会の会期は本日26日の1日間としたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 異議なしと認めます。

  よって、会期は本日26日の1日間と決定いたしました。

                                              



△諸報告



○議長(足立理助議員) 日程第3、諸報告を行います。

  本日の付議案件は、議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例ほか4件です。

  次に、議案説明のため、村長ほか関係者の出席を求めております。その者の職氏名を一覧表にしてお手元に配付いたしましたから、ご了解ください。

  ここで村長に招集のあいさつを求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) おはようございます。議長から発言のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

  本日ここに、平成21年第8回東秩父村議会臨時会を招集申し上げましたところ、議員の皆様にはご健勝にてご参会を賜りご審議いただきますことに、厚く御礼を申し上げます。

  さて、皆様もご承知のとおり、去る8月11日、人事院から国家公務員に対して給与勧告が出されました。したがいまして、本村でもその勧告に準じまして、関係する給与条例等の一部を改正をいたしたいとするところでございます。

  なお、本臨時会にご提案申し上げました案件は、条例の一部改正が3件、補正予算が2件でございます。それぞれ議案の詳細につきましては、日程に従いまして提案の都度ご説明申し上げます。何とぞ十分なるご審議を賜りますようお願いを申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつといたします。



○議長(足立理助議員) 以上で諸報告及び村長の招集のあいさつを終わります。

                                              



△議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(足立理助議員) 日程第4、議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) それでは、議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。

  平成21年8月11日に出された人事院の勧告により、国家公務員に対して支給される12月期の特別給が減額されることにかんがみ、職員同様に議会議員の期末手当を減額いたしたいので、この提案をするものでございます。



○議長(足立理助議員) 内容の説明を求めます。

  梅澤総務課長。

               〔総務課長 梅澤 進君登壇〕



◎総務課長(梅澤進君) それでは、議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明を申し上げたいと思います。村長が提案理由で申しましたとおり、重複する部分もございますが、お願いしたいと思います。

  平成21年8月11日、人事院は、国会及び内閣に対し、公務員給与の改定を勧告をいたしました。皆様方のところに議案第60号資料というのがございますが、それをちょっとお開きをいただきたいと思いますが、これは職員に対するものの内容説明となっておりますが、関係をいたしますので、それをちょっとお開きをいただきたいと思います。

  概要ということで標題には書いてありますが、これから審議をしていただきますが、その1番の給与改定の内容の(2)番、期末・勤勉手当というところをごらんをいただきたいと存じます。この内容につきましては、概略で申し上げますと、年間支給割合の引き下げ0.35カ月分、現在「4.5カ月」となっておりますが、それを「4.15」にするものでございます。それによりまして下の表につきましては、21年度は1.60、期末手当、改正前でありますが、0.75、勤勉手当でございます。それを21年度、改正後ということで1.5と0.70で年間支給割合としては4.15にすると、こういうふうな内容の説明になっております。

  その内容につきましては、今年は厳しい経済・雇用情勢が民間の給与に反映されたことを受けて、公務と民間の給与比較において、月例給、特別給のいずれも公務が民間を上回っていることが明らかになり、初任給を中心とした若年層の部分を除いて、月例給について俸給表の引き下げ改定を行うとともに、自宅に係る住居手当の廃止を行う勧告が行われました。また、特別給(ボーナス)についても、先ほど申し上げましたとおり、年間で0.35分引き下げるという厳しい内容の勧告となっております。

  重複をいたしますが、期末・勤勉手当については、昨年8月から本年7月までの1年間における民間の特別給の支給割合との均衡を図るため、支給月額を0.35カ月分引き下げ4.15とすることとされました。本年度については、6月期における期末・勤勉手当の特例措置により、凍結した支給月数分0.2カ月分を支給しないとするとともに、引き下げ月数から当該凍結分に該当する月数0.2カ月分を乗じた月数0.15カ月分を12月期の期末・勤勉手当から差し引くこととされました。

  次のページをお開きをいただきたいと思いますが、先ほど村長から提案理由の説明にもあったように、職員同様に議会議員の期末手当を減額させていただくものでございます。

  第5条第2項は、6月に支給する場合においては「100分の210」、12月においては「100分の240」を乗じて得た額とあるものをそれぞれ「100分の190」と「100分の225」に改めるものでございます。6月議会で0.2カ月分暫定的に引き下げていますので、12月期に0.15カ月分で合計0.35カ月分引き下げ4.15カ月に改めようとするものでございます。

  附則といたしましては、この条例は、平成21年12月1日から施行するものでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(足立理助議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第58号 東秩父村議会議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(足立理助議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第59号 村長及び副村長の給与等に関する条例及び東秩父村教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例



○議長(足立理助議員) 日程第5、議案第59号 村長及び副村長の給与等に関する条例及び東秩父村教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第59号 村長及び副村長の給与等に関する条例及び東秩父村教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。

  平成21年8月11日に出された人事院の勧告により、国家公務員に対して支給される12月期の特別給が減額されることにかんがみ、職員同様に村長及び教育長の期末手当を減額したいので、この提案をするものでございます。



○議長(足立理助議員) 内容の説明を求めます。

  梅澤総務課長。

               〔総務課長 梅澤 進君登壇〕



◎総務課長(梅澤進君) 議案第59号 村長及び副村長の給与等に関する条例及び東秩父村教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例を説明したいと思います。

  この案件につきましても、先ほど議案第58号で説明したとおりの内容でございます。同様の理由で、1ページをお開きいただきたいと思いますが、第1条、村長及び副村長の給与等に関する条例、第2条、東秩父村教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を次のように改正するものでございます。いずれも第5条第2項中「100分の210」を「100分の190」に、「100分の240」を「100分の225」に、勧告どおり0.35カ月分引き下げるものでございます。これによりまして、年間総支給割合を「4.5」から「4.15」に改めようとするものでございます。

  附則といたしまして、この条例は、平成21年12月1日から施行するものでございます。

  以上でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(足立理助議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第59号 村長及び副村長の給与等に関する条例及び東秩父村教育委員会教育長の給与等に関する条例の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(足立理助議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第60号 東秩父村職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例



○議長(足立理助議員) 日程第6、議案第60号 東秩父村職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) それでは、議案第60号 東秩父村職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例の提案理由を申し上げます。

  平成21年8月11日に出された人事院の勧告により、国家公務員の給与改正に準じ、職員の給与改定を行うため、必要な事項を定めたいので、提案するものでございます。



○議長(足立理助議員) 内容の説明を求めます。

  梅澤総務課長。

               〔総務課長 梅澤 進君登壇〕



◎総務課長(梅澤進君) 議案第60号 東秩父村職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例のご説明をさせていただきたいと思います。

  本議案につきましても、人事院勧告によって行うものが主なものでございます。改正条文をお開きをいただきたいと思いますが、第1条として、東秩父村職員の給与に関する条例(昭和32年条例第8号)の一部を次のように改正をいたします。

  第3条第2項中「別表第3及び」は、今まで前回の改正規定がわかるように、いわゆる内容に東秩父村独自の国の基準でないものの給料表があったために、別表第3を残しておいた経緯がありますが、これは村の給料表を平成20年1月に国の俸給表に切りかえた折に、前のものの給料表が必要との認識から残しておいたもので、今回、国の俸給表として同じであるため削除するものでございます。

  その下にあります第4条第8項中は、規則第36条との条文の整合性を図るために削除するものでございます。

  次の17条の4第2項中及びその下にあります17条の7第2項中は、人事院勧告に基づく勤勉手当の減額と再任用職員の減額措置の条文となります。

  別表第3削除は、先ほど説明したとおりです。

  次の別表第4を次のように改めるは、今回の給与月額の減額、いわゆる人事院勧告を受け入れるためのもの、行政職給料表の改定のためのものでございます。

  第2条では、今回の勧告では、住居手当の廃止を勧告していますので、国と同様の措置をとるためのものでございます。

  その下の17条の4第2項中は、人事院勧告に基づく勤勉手当の減額と再任用職員の減額措置を改めるための条文となります。

  第3条関係では、人事院勧告に基づく給与構造の見直しで、現給補償の対象者を指し、その対象者についても100分の99.8を乗じた額の減額をするためのものでございます。

  次に、附則でございますが、この条例は、平成21年12月1日から施行することになります。ただし、2条のいわゆる住居手当に関するものにつきましては、平成22年4月1日から施行することになります。

  次のページに移りますが、個別に説明は申し上げませんが、わかりやすく説明しますと、4項では4月から11月までの合計額に、期末・勤勉手当をプラスしたものに0.19を乗じた額を支給するとの記載条文となってございます。

  説明は以上でございますが、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(足立理助議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

  6番、眞下?身議員。



◆6番(眞下?身議員) 6番、眞下です。1〜2点、確認の意味でお聞きしたいと思うのですが、今の説明文の中で、第3条中の中ほどに括弧書きのところで平成21年条例第何号というのでありますが、これは何号というので数字が入っていないのですが、このあれはこれから入れるのかどうか。



○議長(足立理助議員) 答弁を願います。

  総務課長。



◎総務課長(梅澤進君) 本議案がきょう可決すれば、議案番号が入ることだというふうに思います。



○議長(足立理助議員) 6番、眞下議員。



◆6番(眞下?身議員) わかりました。

  それと、あと1点は、これに対する減額改定対象外職員というのがありますけれども、対象者の人数は把握できておるでしょうか。



○議長(足立理助議員) 答弁を願います。

  総務課長。



◎総務課長(梅澤進君) 眞下議員さんの質問ですが、ちょっと今人数については把握できておりません。今回の給与改定には、先ほど私が申し上げたとおり、ここの条文にもありますが、1級から6級までということで国の俸給表を使っております。その方の、ここにもちょっと説明欄のところに括弧で書いてあったと思いますが、人数につきましては後ほどちょっとカウントしてみないと、私が今、集計表を持ってございませんので、大変恐縮なのですが、今回の改正では、1級の1号から1級の56号まで、それから2級の1号から24号まで、それから3級の1号から3級の8号まで、この方が変わらない若年層というふうなことでございますので、3級の9号以上のものがすべて対象になるというふうに思います。

  それから、給与構造改革のときに、現給補償ということで給料を国に準じて下げた経緯がございますが、その下げたことによってマイナスになる職員が、職員といいますか、そういう関係者がおりましたので、現給補償ということで給料そのものは下げてありますが、現給補償額でもらっているものもございますが、その方のことについても一応0.2%下げるということで現給補償額あるいは今言いました3級の8号まで、この方の給料と、それから今までの6級の現給補償を相対して、全体に2%といいますか、全体上げないものと上がっているものを下げて、その公平性で、全体で何%というような勧告でございますので、それらを調整したというふうに考えております。

  それから、人数につきましては、ちょっと今把握ができておりませんので、また後ほどご答弁させていただきたいと思います。

  以上でございます。



○議長(足立理助議員) よろしいでしょうか。

  6番、眞下議員。



◆6番(眞下?身議員) はい、結構です。

  これだけ一般職といいますか、職員が給料また期末手当等が減額されますと、臨時職員等の賃金表等は、これは21年度については現行どおりだと思うのですけれども、22年度、新年度、これから予算編成の時期迎えるわけですけれども、新年度については現行どおりでいくのか、あるいは幾らか引き下げ等も考えるのか、要するに賃金表の見直しをされるかどうか、その辺をちょっとお伺いしたいと思いますが。



○議長(足立理助議員) 総務課長。



◎総務課長(梅澤進君) ご答弁申し上げたいと思います。

  非常勤職員の給料につきましては、いわゆる言い方でいろいろありますが、今ちょっとここに表はございませんが、概略を申し上げます。臨時職員の賃金につきましては、うちの村では、ある程度何日ということで、普通のアルバイトとは違い、非常勤職員とは違いますが、長年、1カ月を通して勤めていただく方につきましては、6月期に特別給というふうなことで25日分、12月期に30日分というふうなことで特別手当を支給した経緯がございます。この特別手当につきましても、6月に25日から職員同様22.5、12月期につきましても30日を27日というふうなことで減額を今年度からさせていただくよう、6月はそのように支給しましたし、規則の改正をしまして、12月支給分につきましても30日から27日というふうな支給でいくということで決裁を受けております。

  以上でございます。



○議長(足立理助議員) 6番、眞下議員。



◆6番(眞下?身議員) それは手当だけについてですか。1日の賃金の単価についてはいかがですか。



○議長(足立理助議員) 総務課長。



◎総務課長(梅澤進君) ご答弁申し上げます。

  先ほどご質問にありました1日の単価につきましては、埼玉県の平均賃金、今、言葉はちょっと悪いかもしれませんが、県のほうから示される1日の労働時間に対しての時給は幾ら以上にしなさいというふうな指示がございますが、それらを照らし合わせまして、その下限の下にいくことのないように、県で定められた賃金より上にいくようにしなければならないということで毎年改定を行ってございます。ただ、埼玉県全体のそういう調書がございまして、それとともにどこの町村で臨時職員1日当たり幾らか、例えば1カ月当たり幾らかというものも当然比較をして村の賃金を定めているものでございますので、そちらの関係につきましても、町村の状況、それには比企郡の状況、埼玉県じゅうになりましょうか、それらと照らし合わせて批准して定めていくような形で、毎年変更するような形で進んできておりますので、そちらも当然変更が少なければ変更はしないかもしれません。多ければ変更するかもしれませんし、その下限については1日当たりの時間給を下回らないように設定をしている実情でございます。

  以上でございます。



○議長(足立理助議員) ほかに質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第60号 東秩父村職員の給与に関する条例等の一部を改正する条例を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の挙手を求めます。

               〔挙手全員〕



○議長(足立理助議員) 挙手全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)



○議長(足立理助議員) 日程第7、議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)についての提案理由の説明を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ2億2,271万8,000円を追加し、予算の総額を歳入歳出それぞれ21億9,587万4,000円といたしたいので、この提案をするものでございます。

  本補正予算は、歳入では平成21年度の辺地共聴施設整備事業、地域活性化・公共投資臨時交付金、光ファイバー整備事業交付金及び村立西小学付近の歩道整備事業の不動産収入等を計上し、歳出については、人事院勧告に伴う補正、光ファイバー整備工事費及び緊急に処理しなければならない事業について、歳入歳出それぞれ精査し、調整を図り、補正予算を編成したものでございます。



○議長(足立理助議員) 内容の説明を求めます。

  梅澤総務課長。

               〔総務課長 梅澤 進君登壇〕



◎総務課長(梅澤進君) 議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)の内容についてご説明いたします。

  本補正予算につきましては、先ほどご審議賜りました人事院勧告に伴うもの及び緊急に対応しなければならないものを精査の上、予算措置を行ったものでございます。

  それでは、それぞれの内容につきまして、主だったところを説明させていただきます。

  まず、お手元の9ページの歳入歳出予算補正事項別明細書の2、歳入より説明をさせていただきます。9ページをごらんいただきたいと思います。

  13款国庫支出金、1項国庫負担金、1目民生費国庫負担金では、1節保育所運営費負担金で管外保育を含む実績見込額に対する補正291万7,000円を見込み、8節では障害者自立支援給付費負担金として4月から診療報酬の改定がありまして、そのため91万1,000円の負担金の増額補正となります。

  次に、13款国庫支出金、2項国庫補助金は、4目総務費国庫補助金、1節総務費補助金で辺地共聴施設整備費補助金では、坂本地内和知場テレビ共同受信施設組合の組織が立ち上がり、実施の準備が整ったための補助対象事業費840万円の3分の2の国庫補助金を見込んだものでございます。

  次の地域活性化・公共投資臨時交付金では、議員の皆様もご承知のとおり、本村ではブロードバンドゼロ地域が多く、情報格差が課題となっているため、公共施設等を結ぶ光ファイバーを整備し、地域住民においても情報化の推進を図るための国庫補助金を見込み計上をいたしました。

  なお、国庫補助金を見込みましたが、万が一、公共投資臨時交付金がいただけない場合のことを考え、6ページをごらんをいただきたいと思います。第2表、地方債補正でございます。地域活性化事業債を補正予算債に借り換え、この事業の滞ることのないよう進めようとするものでございます。

  次に、9ページにお戻りをいただきたいと思います。その下の地域情報通信基盤整備事業費交付金は、先ほど説明をいたしましたブロードバンド整備、わかりやすいので光ファイバー整備と申し上げますが、この交付金につきましては、地元の国会議員、県会議員の先生方及び村長、議長、総務委員長、議員の皆様に大変ご努力をいただきまして、交付金の対象となったもので、2億496万円の3分の1のITC交付金の受け入れを見込んだものでございます。なお、3目衛生費国庫補助金と90目、衛生費国庫補助金は、何かの手違いで90目、衛生費国庫補助金は使われていないために3目に組み替えたものでございます。

  次に、14款県支出金、1項県負担金、3目民生費負担金では、冒頭に申し上げた管外を含む実績見込額に基づく補正でございます。7節の障害者自立支援給付費負担金につきましても、4月からの診療報酬の改定及び支出が高かったための県負担金の補正でございます。

  次に、10ページをお開きをいただきたいと思います。14款8節後期高齢者医療費負担金は、実績での県からの通知の数字を3万8,000円計上をいたしました。

  14款県支出金、2項県補助金では、1節社会福祉補助金はゼロ歳児から小学校6年生までの補助金の支給額の増加に伴う補正で、2目の衛生費補助金は1節保健衛生費補助金として生活保護者市町村民税非課税世帯の歳出の4分の3の補助金を新型インフルエンザワクチン接種助成事業補助金として計上をいたしております。

  15款財産収入では、預金利子をそれぞれ財政調整基金利子及び庁舎建設基金利子として計上したものでございます。

  次に、11ページ、15款財産収入、2項財産売払収入では、西小学校から皆谷、白石方面に向かっての、校庭をも含みますが、歩道整備、いわゆる通学のための歩道が整備されておりませんので大変危険であるため、それに伴う校庭の一部、県東松山県土整備事務所補償の額を計上いたしております。

  次に、19款諸収入、3項雑入は、説明欄で039、地域情報通信基盤整備東電・電磁誘導対策補てん金で、電気関係のことは私も詳しくは承知はしていないのでございますが、東京電力では平成20年度に完成した西上武幹線新設工事が終了をいたしまして、議員さんもご承知かとは思いますが、東電の鉄塔のかけかえといいますか、建て直しをしたことをご存じと思いますが、群馬県中之条から新所沢変電所、鶴ヶ島を結ぶ送電線50万ボルトを構築したものであり、今回の計画は昭和26年に建設されて以来、50年の長きにわたり27万5,000ボルトの中東京幹線のルートを長瀞町から小川町までの間を50万ボルトの送電線に建てかえるもので、この送電線が平成24年5月に送電を開始する予定となっており、先ほどから光ファイバーで説明いたしておりますが、村光ファイバーの事業が東京電力が送電を開始する予定の24年5月前に完成する予定のため、電気設備に関する技術基準に基づき、同送電線の近傍の通信線に対する電磁波誘導対策としての補てん金として計上するものでございます。

  次に、20款村債、1項村債では、2目教育費で当初テニスコートの整備事業債を借りる予定で計上をいたしておりましたが、光ファイバー事業での計画も予定されており、借り入れも極力抑える必要がありますので、これを自己負担で賄うこととし、3目で万が一のために地域活性化事業債を借り受けようとする等計画するものでございます。

  次に、恐縮ですが、12ページをお開きをいただきたいと思います。3歳出を説明したいと思います。歳出の補正につきましては、平成21年度も8カ月を経過しようとしていますが、これまでの支出の状況及びこれからの支出の見通しを考慮し、精査の上、補正をしたものでございます。

  1款議会費につきましては、職員の給料改定、議員報酬率の引き下げによる給料、職員手当等共済費などの減額補正を計上いたしました。これ以降の人事院勧告に伴うものにつきましては説明を省略させていただき、説明欄でおわかりのところを除き主だったところを説明させていただきます。

  2款総務費、1項総務管理費、1目一般管理費では、13ページ、23款償還金、利子及び割引料では、補助金返還金といたしまして平成20年度の東秩父村営バス事業も決算額が出まして、寄居町から負担金をいただいておりますので、決算に伴う寄居町への返還金として69万8,000円計上させていただいております。

  次に、2款総務費、1総務管理費、5企画費では、歳入のときにご説明いたしました14ページになりますが、和知場テレビ共同受信施設組合に関係いたします総額840万円の加入者負担金を除く786万円の世帯数9軒分の地上デジタルテレビ共聴施設整備事業補助金を計上いたしました。

  次に、右側、説明欄二重丸、地域情報基盤整備事業、いわゆる光ファイバー整備事業ですが、この事業に伴います需用費、役務費、委託料、工事請負費を2億1,000万円計上をいたしました。

  次に、15ページをお開きをいただきたいと思います。2款総務費、2項徴税費、2目賦課徴収費では、固定資産税システムの電算処理委託料として189万円計上をいたしました。

  次に、17ページ、3款民生費、1項社会福祉費及び17から18ページの2項児童福祉費、4款衛生費、1項保健衛生費は、歳入で若干ご説明をいたしましたので、省略をいたします。

  次に、20ページをお開きをいただきたいと思います。20ページ、一番下になりますが、7款土木費、1項土木管理費では、右側説明欄、19負担金補助及び交付金で、坂本地内、滝のところにあります栗和田川稲荷橋の県工事負担金1,000万円として計上したものを県土整備事務所と協議の結果、384万9,000円を減額し、計上をいたしました。

  次に、飛びますが、25ページ、12款諸支出金、2項繰出金は、特別会計繰出金で後期高齢者医療特別会計繰出金を一般会計からもらわなくとも済むとの見込みであるため、30万円減額をいたしまして計上いたしました。

  次の26ページでございます。13款予備費で歳入歳出の調整を図ったものでございます。

  次に、27ページ、補正予算給与別明細表をごらんください。今回の1、特別職の補正後、補正前比較が記載されています。一番下の比較では、期末手当で44万3,000円の減、共済費で2万9,000円の減、合計で47万3,000円の減額となります。

  次の28ページからでは、一般職について記載してございます。

  29ページ、説明欄、人事院勧告に伴うものは、先ほども何回か申し上げていますとおり、平成21年8月11日に勧告され、8月の25日に閣議決定されたもので、本村におきましても人事院の勧告を踏まえ給料表の改定、期末勤勉手当の改定等を行うものです。

  真ん中にありますが、次の制度改正に伴うものとは、平成18年度の給与構造の見直しによる給料表の引き下げに伴う経過措置において、最終年度となっている21年度が終了することによる特例の見直しでございます。

  その下の規則改正に伴うものとは、初任給、昇格、昇給の基準に関する規則第4条関係の別表第2級、資格基準表及び第34条関係、別表第7、昇給時号給対応表の改正に伴う不均衡の調整を行うためのものでございます。

  その下ですが、職員手当といたしまして、315万7,000円の減となるわけでございます。

  特に説明は省略をいたしますが、30ページ、31ページは後ほどごらんをいただきたいと思います。

  議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)の説明は以上でございます。わかりにくかったことをおわび申し上げます。よろしくお願いいたします。



○議長(足立理助議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第61号 平成21年度東秩父村一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(足立理助議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第62号 平成21年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)



○議長(足立理助議員) 日程第8、議案第62号 平成21年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

  提案理由の説明を求めます。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議案第62号 平成21年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)につきまして提案理由を申し上げます。

  既定の歳入歳出予算の総額に、歳入歳出それぞれ8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ4,111万8,000円としたいとするものでございます。

  本補正予算は、保険料の還付に伴う補正が主なものでございます。



○議長(足立理助議員) 内容の説明を求めます。

  眞下保健衛生課長。

               〔保健衛生課長 眞下春男君登壇〕



◎保健衛生課長(眞下春男君) それでは、議案第62号の補正予算の内容についてご説明させていただきたいと思います。

  後期高齢者医療制度の運営につきましては、議員さんご存じかと思いますけれども、制度の運営事務につきましては埼玉県後期高齢者広域連合で行っておりますけれども、各市町村では保険料の徴収、また各種の申請の受け付け、相談など被保険者にとって身近な窓口事務を担当しております。そして、先ほどご説明の中にもありましたけれども、今回の補正は、過年度分の修正申告によりまして所得が減額になりましたので、それに伴います保険料の還付というふうな補正が主なものでございます。

  それでは、お手元に差し上げてあります補正予算書をごらんいただきたいと思います。5ページからごらんいただきたいと思います。歳入についてご説明させていただきたいと思います。

  4款1項1目一般会計の事務費繰入金を30万円減額いたしまして、260万3,000円とするものでございます。これは前年度の繰越金の確定によりまして、一般会計からの繰入金を減額するものでございます。

  続きまして、4款1項2目保険基盤安定繰入金、これは繰入金が970万7,098円となったために5万円増額し、970万8,000円とするものでございます。

  それから、続きまして5款1項1目保険料還付金、これは先ほども申し上げましたように平成20年度分の保険料の還付金が2万7,170円発生したために、広域連合からの還付金支給額について2万6,000円を増額し、2万7,000円とするものでございます。

  続きまして、6款1項1目前年度繰越金が決算等によりまして確定いたしまして、24万1,812円となったためで、当初金額の9,000円に23万2,000円を増額し、24万1,000円とするものでございます。そして、お手元に差し上げてあります補正予算書の最後のページ、6ページになるかと思いますけれども、3款1項1目保険料の還付金、平成20年度保険料の歳出還付が2万7,170円発生したため、当初見積もっておりました2万円に保険料還付金8,000円を増額いたしまして2万8,000円とするものでございます。先ほども申し上げましたように、この還付金につきましては過年度分の修正申告によりまして、所得に減額が生じたために還付金が生じたものでございますので、よろしくご審議を賜りたいと思います。



○議長(足立理助議員) これより質疑に入ります。

  質疑はありませんか。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 質疑なしと認めます。

  これにて質疑を終わります。

  これより討論を行います。

  まず、原案に反対者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 次に、原案に賛成者の発言を許します。

               〔「なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 討論なしと認めます。

  これにて討論を終わります。

  これより議案第62号 平成21年度東秩父村後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。

  本案に賛成の諸君の起立を求めます。

               〔起立全員〕



○議長(足立理助議員) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

                                              



△閉会中の継続調査の申し出について



○議長(足立理助議員) 日程第9、閉会中の継続調査の申し出についてを議題といたします。

  議会運営委員長から、特定事件について閉会中の継続調査をしたい旨の申し出がありましたので、お手元に配付しておきましたからご了承願います。

  お諮りいたします。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

                                              



○議長(足立理助議員) お諮りいたします。

  本臨時会で議決されました議案等の条項、字句、数字、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 異議なしと認めます。

  よって、条項、字句、数字その他の整理は、議長に委任することに決定いたしました。

                                              



△閉会について



○議長(足立理助議員) お諮りいたします。

  本臨時会で会議に付された事件はすべて議了いたしました。

  ここで、村長からあいさつのための発言を求められています。これを許可いたします。

  若林村長。

               〔村長 若林 全君登壇〕



◎村長(若林全君) 議長のお許しをいただきましたので、一言御礼を申し上げさせていただきたいと存じます。

  今臨時会におきましては、提案申し上げましたすべての議案につきまして慎重ご審議をいただき、いずれも原案のとおりご決定を賜りましてまことにありがとうございます。ご審議いただきましたことに心から感謝を申し上げまして、御礼のあいさつとさせていただきます。



○議長(足立理助議員) 以上、村長のあいさつを終了いたしました。

  よって、東秩父村議会会議規則第6条により、本日をもって閉会することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

               〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(足立理助議員) 異議なしと認めます。

  よって、本臨時会は本日をもって閉会することに決定いたしました。

                                              



△閉会の宣告



○議長(足立理助議員) これにて平成21年第8回東秩父村議会臨時会を閉会といたします。ありがとうございました。

                                      (午前11時02分)