議事ロックス -地方議会議事録検索-


埼玉県 川島町

平成23年  6月 定例会(第4回) 06月08日−01号




平成23年  6月 定例会(第4回) − 06月08日−01号







平成23年  6月 定例会(第4回)



川島町告示第127号

 平成23年第4回川島町議会定例会を次のとおり招集する。

  平成23年5月31日

                         川島町長  高田康男

 1 期日 平成23年6月8日(水)

 2 場所 川島町議会議場

               ◯応招・不応招議員

応招議員(14名)

    1番  新井悦子議員      2番  栗岩輝治議員

    3番  石川征郎議員      4番  飯野徹也議員

    5番  森田敏男議員      6番  爲水順二議員

    7番  土屋祥吉議員      8番  佐藤芳男議員

    9番  菊地敏昭議員     10番  吉田豊子議員

   11番  尾崎宗良議員     12番  道祖土 証議員

   13番  山田敏夫議員     14番  小高春雄議員

不応招議員(なし)

          平成23年第4回川島町議会定例会

議事日程(第1号)

                平成23年6月8日(水曜日)午前9時30分開議

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

日程第3 諸般の報告(小高議長、比企広域市町村圏組合議会、川越地区消防組合議会)

日程第4 行政報告(高田町長、丸山教育長)

日程第5 報告第2号 寄附の受け入れについて

日程第6 報告第3号 平成22年度川島町一般会計繰越明許費繰越計算について

日程第7 議案第28号 川島町下水道条例の一部を改正する条例を定めることについて

日程第8 議案第29号 平成23年度川島町一般会計補正予算(第1号)

日程第9 議案第30号 町道路線の廃止について(町道5626号線外1路線)

日程第10 議案第31号 町道路線の認定について(町道5775号線)

日程第11 議案第32号 町道路線の認定について(町道3548号線外3路線)

日程第12 議案第33号 物品購入契約の締結について

日程第13 諮問第1号 人権擁護委員の推薦について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(14名)

     1番  新井悦子議員     2番  栗岩輝治議員

     3番  石川征郎議員     4番  飯野徹也議員

     5番  森田敏男議員     6番  爲水順二議員

     7番  土屋祥吉議員     8番  佐藤芳男議員

     9番  菊地敏昭議員    10番  吉田豊子議員

    11番  尾崎宗良議員    12番  道祖土 証議員

    13番  山田敏夫議員    14番  小高春雄議員

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 町長      高田康男     副町長     牛村安雄

 教育長     丸山一男     政策推進課長  石島一久

 総務課長    粕谷克己     税務課長    関 吉治

 町民生活課長  嶋田時夫     健康福祉課長  井上和夫

 農政産業課長  清水寿昭     まち整備課長  伊藤 順

 上下水道課長  宮下滋男     会計管理者   小島和江

 教育総務課長  渡辺英夫     生涯学習課長  柴田一典

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

事務局職員出席者

 議会事務局長  山口孝夫     書記(主事補) 清水森広



△開会 午前9時30分



△開会の宣告



○小高春雄議長 皆さん、おはようございます。

 大変ご苦労さまでございます。

 ただいまから、平成23年第4回川島町議会定例会を開会させていただきます。

 上着は自由にしてください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○小高春雄議長 ただいまの出席議員数は14名でございます。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○小高春雄議長 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○小高春雄議長 日程第1、会議録署名議員の指名について、会議規則第120条の規定により議長において指名いたします。石川征郎議員、飯野徹也議員、両議員を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○小高春雄議長 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 今定例会の日程につきましては、5月31日、議会運営委員会において協議されておりますので、議会運営委員長より報告を求めます。

 菊地議会運営委員長

     〔菊地敏昭議会運営委員長 登壇〕



◆菊地敏昭議会運営委員長 皆さん、おはようございます。

 これより、議長の命に従いまして、議会運営委員会の会議の経過と結果をご報告申し上げます。

 議会運営委員会は、去る5月31日午後1時30分より第4会議室において、委員全員、小高議長、議会事務局長、執行部より高田町長、粕谷総務課長の出席のもとに種々協議をいたしました。

 平成23年第4回川島町議会定例会の会期は、本日6月8日から6月14日までの7日間と決定いたしました。

 会期日程等につきましては、別紙会期予定表のとおりであります。

 また、委員会付託については、委員会付託議案文書表を後に配付いたします。

 なお、人事案件の諮問第1号は、委員会付託を省略し、本会議即決といたします。

 その後、議案の委員会付託に関することについての協議を行い、議会運営委員会は午後1時53分閉会いたしました。

 以上のように、議会運営委員会としては協議決定いたしました。この上は、議長において、よろしくお取り計らいを申し上げます。

 以上で報告を終わります。



○小高春雄議長 ご苦労さまでした。

 ただいまの委員長報告どおり、会期は本日から6月14日までの7日間ということでご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から6月14日までの7日間と、議会運営委員長の報告どおり決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○小高春雄議長 日程第3、諸般の報告を行います。

 最初に、議長より報告いたします。

 監査委員から例月出納検査の報告書が提出されております。報告書は議会事務局に保管してありますので、ご自由に閲覧を願います。

 次に、地方自治法第121条の規定により、本定例会の説明員として出席する関係者の職並びに氏名の一覧表をお手元に配付しておきましたので、ご参照願います。

 次に、議長報告をお手元に配付しておきましたので、ご了承をお願いいたします。

 次に、比企広域市町村圏組合議会議員より報告を求めます。

 佐藤芳男議員

     〔佐藤芳男比企広域市町村圏組合議会議員 登壇〕



◆佐藤芳男比企広域市町村圏組合議会議員 皆様、おはようございます。

 議長の命によりまして、平成23年第2回比企広域市町村圏組合議会の臨時会の概要を報告申し上げます。

 なお、皆様のお手元に議事日程と常任委員会の構成表を配付してございます。ご参照をお願いいたします。

 臨時会は、去る5月26日午前10時に、議長空席のため、高橋副議長が開議を宣告いたしました。統一地方選挙がございましたので、議員18名中12名の改選のため、議席の指定、全員の自己紹介の後、議事の進行となりました。

 会議録署名議員の指名の後、会期を本日1日と決定いたしました。

 続いて、空席の議長の選挙が行われ、指名推選により、東松山市の吉田英三郎議員が選出されました。

 議長就任のあいさつの後、常任委員会の選任が行われ、各常任委員会の正副委員長の互選のため、暫時休憩といたしました。決定の詳細は、お手元に配付させていただいております。再開後、互選の結果発表、諸般の報告を行いました。

 続きまして、東松山市長の森田光一管理者よりあいさつ、報告があり、議案第12号、13号、2議案の提案理由の説明の後に審議に入りました。

 議案第12号は、空席の比企広域市町村圏組合の監査委員に、滑川町の田幡宇市議員の選任に同意を求めるもので、異議なく承認され、可決いたしました。監査委員の就任のあいさつを行いました。

 議案第13号は、比企広域市町村圏組合議会消防特別会計の補正予算でございます。川島町は加入してございませんので、説明を省略いたします。

 上程されました2議案は、異議なく可決承認いたしました。

 森田管理者のあいさつがあり、閉会となりました。

 以上、平成23年第2回比企広域市町村圏組合議会臨時会の概要の報告とさせていただきます。



○小高春雄議長 ご苦労さまでした。

 次に、川越地区消防組合議会より報告を求めます。

 森田敏男議員

     〔森田敏男川越地区消防組合議会議員 登壇〕



◆森田敏男川越地区消防組合議会議員 おはようございます。

 ただいまより、議長より報告を求められておりますので、川越地区消防組合議会第1回定例会の報告を申し上げます。

 議会は、平成23年3月18日に開催されました。その報告をいたします。

 期日日程について、本日1日と決定いたしました。

 冒頭、東北地方・太平洋沖地震に対する黙祷で、午後1時40分から開始されました。

 議案第1号 川越地区消防組合消防本部及び消防署の設置に関する条例の一部を改正する条例を定めることについて、原案どおり可決されました。

 議案第2号 川越地区消防組合消防団条例の一部を改正する条例を定めることについては、原案どおり可決されました。

 議案第3号 平成22年度川越地区消防組合一般会計補正予算(第2号)歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ1,171万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ48億7,129万5,000円とすることについて、原案どおり可決されました。

 議案第4号 平成23年度川越地区消防組合一般会計予算歳入歳出の総額は、歳入歳出それぞれ47億2,678万円と定めることについて、原案どおり可決されました。

 以上で報告を終わります。



○小高春雄議長 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△行政報告



○小高春雄議長 日程第4、行政報告を行います。

 町長より報告を求めます。

 高田町長

     〔高田康男町長 登壇〕



◎町長(高田康男) 皆さん、おはようございます。

 議長のお許しをいただきましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

 本日は、平成23年第4回川島町議会定例会を招集いたしましたところ、議員の皆様方におかれましては、ご多用の中、ご参集を賜り、条例の改正等の諸案件をご審議いただきますことは、町政進展のため、まことにご同慶にたえないところでございまして、深く感謝を申し上げます。

 さて、3月11日に発生いたしました東日本大震災におきまして甚大な被害を受けた皆様に心よりお見舞いを申し上げますとともに、不幸にして亡くなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますとともに、被災後3か月たった今でも、復興の進まない被災地の一日も早い復興をお祈り申し上げます。

 また、去る5月20日、災害時における総合応援に関する協定を締結している栃木県芳賀町を訪ね、災害状況を視察し、お見舞いを申し上げてまいりました。現状を目の当たりにしますと、その被害の甚大さを痛感し、被害を受けた建物も数多く残されたものでございました。

 また、先日実施した水防演習につきましては、雨の降りしきる中、また、足元の悪い中、議員の皆様にはご参加をいただき、まことにありがとうございました。まさに台風が発生し、近づきつつある状況でありましたので、実践さながらの演習となりました。

 さて、平成22年度事業につきましては、議員の皆様を初め、関係各位の皆様のご支援、ご協力により順調に進捗いたしました。予定した諸事業も無事に終了し、5月31日をもって出納閉鎖をしたところでございます。

 また、平成23年度事業につきましては、3月議会定例会において当初予算の議決を賜り、順調にスタートさせていただいたところでございます。事業の執行に当たりましては、住民サービスを基本にした予算の効率的執行と事業の計画的な実施を職員に指示しており、鋭意、住民福祉の向上に努めているところでございます。

 なお、3月定例会から今定例会までの間につきましては、年度の変わり目でございまして、各種団体の総会や会合等が数多く開催されましたので、鋭意、出席して町政推進のためご協力をお願いするとともに、意見交換に努めてまいった次第でございます。

 それでは、さきの定例会でご報告申し上げました後の町政の状況につきまして、議会の常任委員会の所管ごとに報告をさせていただきます。

 まず、総務経済建設委員会関係でございますが、総合振興計画の関係では、平成23年度から10年間の目標を定める第5次川島町総合振興計画を策定し、定住の促進、交流の促進、生活基盤の充実の3つのリーディングプロジェクトを重点施策として掲げ、実施計画の作成など、具体的な取り組みを始めたところでございます。

 広聴事業では、私の理念であります対話の町政を一層進めるために、まちづくり懇談会を各地区で開催いたします。懇談会では、住民の皆様にまちづくりに関する意見を交換させていただきたいと考えております。

 なお、開催については、6月24日をスタートに、7月22日にかけ実施いたしますので、議員の皆様におかれましてはご参加賜りますよう、お願い申し上げます。

 広報事業につきましては、町の広報活動の活性化と積極的な町民参加を推進することを目的として、町民カメラマンを募集いたしましたところ、9名の方々に応募いただきました。今後は、さまざまな写真を撮影していただき、広報紙やホームページ、観光パンフレットなどに活用してまいりたいと考えております。

 入札につきましては、4月12日に川島町立中学校エアコン設置工事ほか3件、4月25日、川島町立小学校児童机・いす購入事業ほか14件、5月25日に、町道1−21号線の舗装工事ほか7件の指名競争入札を実施いたしました。

 広域行政の推進につきましては、5月12日、知事と市町村長との意見交換会が開催され、行政事務のアウトソーシングの推進についてを提案させていただき、知事を初めとして、各市町村長と行政のスリム化と外部委託の推進について意見交換をさせていただきました。

 また、埼玉県西部第1広域行政推進協議会総会が開催され、下水道処理事業の広域化などの所期の目的が達成されたため、今年度をもって解散することになりました。

 次に、自治振興関係でございますが、4月14日に全体区長会議を開催し、各地域から選出されました80名の方々を区長として委嘱させていただき、平成23年度の事業などを説明させていただきました。4月25日には、自警団長、消防団役員及び代表区長合同会議を開催し、災害時の対応や安全安心のまちづくりへの協力要請を行いました。

 地域防犯関係では、犯罪のない安全で安心のまちづくりを推進するため、川島町防犯のまちづくり推進条例に基づく施策を地域と協働で展開しているところでございます。現在、町内全域で自主防犯パトロール組織により防犯活動を実施していただいておりますが、地域での共助が大切であると感じております。また、依然として、町内での不審者の出現などが確認されておりますので、みずからの地域はみずからが守るという連帯意識のもと、引き続いて地域での見守り活動をお願いしてまいります。

 防災関係では、災害時における要援護者を把握するため、防災カードによる登録を進めてまいりましたが、現在、952名の登録申請をいただいております。今後は、区長、民生委員、児童委員にもご協力をいただき、要援護者の家庭を訪問して援護の内容を確認するなど、情報の共有化と地域での支援の構築を図ってまいりたいと考えております。

 消防関係では、5月8日に消防団研修が中央防災基地で行われました。本年度は5名の新入団員がいましたが、まだ定数には達しておりませんので、今後も、消防機関、地域と連携し、団員の確保に努めてまいります。

 なお、議員の皆様にもご協力をお願い申し上げたいと思います。

 水防関係では、4月26日に水防協議会を開催し、水防計画の策定や水防演習について協議を行いました。5月29日に、釘無地先堤防を会場に、午前中は講習会、午後から演習を実施いたしました。

 次に、税関係でございますが、町税の収納率を向上させるため、5月1日から31日までの1か月間を特別徴収月間として、税務課、町民生活課の職員20名が国保税の滞納者や高額滞納者を対象に、滞納整理活動を実施しました。結果として、240件の臨宅徴収を行い、404万円の徴収実績を上げ、収納率の向上に努めたところでございます。

 続いて、経済建設関係でございますが、4月26日に、第1回農家組合長会議を農業協同組合と共同開催いたし、会議では、今年度より本格実施されます農業者戸別所得補償制度の説明と川島町地域水田農業ビジョンの推進をお願いしたところでございます。八ツ保地区に開設した市民農園につきましては、2年目の契約更新及び新規契約の申し込みを受付中ですが、既に84区画中、80区画が契約済みとなり、こちらも順調に進んでおりますので、新たな市民農園の増設に取り組んでおります。

 若者たちが農業の定着や新たな農業を始めようとする町といたしましては、新たに農業を始めようとする方や観光農園や市民農園を開設しようとする方を広く求め、町の補助金制度を有効活用されるよう、就農推進に努めてまいります。

 商工観光事業ですが、3月31日に町のマスコットキャラクターのかわべえが県で主催する郷土埼玉の魅力を広くPRするゆる玉応援団団員として任命されました。今後は、県の事業にも積極的に参加し、町のPRに努めてまいります。

 町の郷土料理のすったてについてですが、埼玉スタジアムで5月1日に開催されました第8回埼玉B級ご当地グルメ王決定戦では、県内外の郷土料理の40品が参加し、味について競われました。当日は、天候などの影響もあり、本町のすったては優勝を目指して挑みましたが、7位入賞という結果でした。今後も、地産地消の推進で商業と農業が融和し、活性化を図られるように取り組んでまいります。

 次に、建設関係ですが、県関係といたしましては、平成21年度より実施されております横塚川の樹木の伐採工事を引き続き実施し、今年度から河川護岸工事に着手していく予定でございます。

 県道日高・川島線につきましては、昨年度から着手した畑中地内の歩道の再整備工事を引き続き予定しております。また、県道川越・栗橋線の歩道整備につきましては、引き続き、用地買収と物件補償を進め、今年度からの工事着手を予定しております。

 次に、都市整備関係ですが、川島インター産業団地につきましては、現在、稼動中の企業が敷島製パン株式会社など6社、建設中の企業がプロロジスパーク川島など4社という状況です。

 なお、プロロジスパーク川島に関しては、震災の影響は少なく、予定どおり6月末の竣工と伺っており、今後、雇用の拡大が期待されるところでございます。

 また、5月5日の子供の日に、第13回ちびっこフェスティバルを平成の森公園において開催いたしました。肌寒い天候ではありましたが、約5,000人の来園者がいました。埼玉県から緑化推進のため、町の木であるキンモクセイの苗木をいただきましたので、ちびっこ広場へ記念植樹を行うとともに、今年度、小学校へ入学する子供たち全員に配布させていただきました。

 また、会場内で、東日本大震災義援金の募集を募ったところ、来場者や参加団体から10万円を超えるご協力をいただきましたので、日本赤十字社を通じ、被災地へお送りいたしました。

 平成の森公園関係でございますが、バラの小径につきましては、会員の皆様のご協力により、年々よくなってまいりました。ことしは節電のためライトアップを行いませんが、6月中旬ごろまでが見ごろとなっております。

 また、菖蒲園の花ショウブも今月に入り、きれいに咲き出しております。ぜひ、ごらんいただければと思います。

 水道事業に関しては、昨年度、八幡地内で発生した老朽管の破損による漏水事故に対処するため、今年度から3か年間の計画で、本管の約1,000メートルを耐震管に布設がえしていく予定でございます。

 続きまして、下水道整備事業でございますが、重点事業であります飯島3号線雨水幹線の本年度工区につきましては、主要地方道鴻巣・川島線から国道245号の横断部分約120メートルを予定しております。現在、東松山県土整備事務所との占用協議が調い、地元との調整や補助金申請等を行い、早期に工事を発注してまいります。

 次に、文教厚生常任委員会関係でございますが、まず、生活環境関係につきましては、生活排水が河川汚濁の大きな原因となっていることから、小型合併処理浄化槽設置補助事業を推進しております。昨年度末までの設置世帯は2,658世帯、普及率は86.41%となっております。本年度も推進計画に基づき、普及推進を図ってまいります。

 交通安全対策関係では、春の全国交通安全運動期間中の5月13日、役場庁舎北側の町道で東松山警察署、交通安全協会川島支部、交通安全母の会などのご協力をいただき、街頭キャンペーンを実施いたしました。通過車両のドライバーにチラシを配布し、安全運転を呼びかけるとともに、防災無線及び交通安全指導者による広報活動を実施したところでございます。

 しかしながら、残念なことに、翌日の5月14日に、長楽地内の県道でオートバイによる単独事故が発生し、死亡するという痛ましい結果となってしまいました。町といたしましても、東松山警察署などのご協力をいただきながら、引き続き、交通事故防止に努めてまいります。

 狂犬病予防法に基づく集合注射でございますが、4月8日から延べ4日間、8会場で実施いたしました。5月末現在の注射頭数は1,016頭となっております。

 次に、環境対策事業ですが、不法投棄防止を目的として、町内のパトロール活動を実施しております。本年度も引き続き、シルバー人材センター、町職員でパトロール活動を実施し、不法投棄防止に努めてまいります。

 また、第1回目のごみゼロ美化運動を6月5日から行政区ごとにお願いし、実施しております。

 ごみ焼却施設につきましては、4月下旬に施設の点検調査を実施しました。当施設は、昭和54年に稼動し、平成13、14年にダイオキシン恒久対策を行っておりますが、老朽化も進み、今後も計画的な定期修繕が必要と見込まれております。町民の生活上、必要不可欠な施設として故障を未然に防ぎ、修繕費の削減とともに、施設の延命化を図ってまいります。

 次に、戸籍関係でございますが、東日本大震災等に伴い、避難されてきた方々の所在地等に係る情報を把握するため、総務省からの依頼に基づき、全国避難者情報システムの窓口を町民生活課に設置しております。5月末現在、町内では5世帯9名の方が登録されております。

 次に、社会福祉に関しましては、5月13日にJA埼玉中央、川島苺組合からイチゴ224パックが寄贈されましたので、民生委員、児童委員さんを通じて町内の231世帯の要援護家庭、単身高齢者などに配布いたしました。

 健康管理、予防関係につきましては、町民の方々の生活習慣病予防や生活習慣の改善における意識の向上を図るため、積極的に各種検診や特定健康指導を展開しているところであります。特に当町では、がん検診の受診率が低いため、受診率向上のため積極的に取り組んでまいります。

 また、保険者に義務づけられております特定健康診査につきましては、平成24年度の国民健康保険者の目標受診率は65%となっております。当町においては、年々、受診率は向上しているところですが、平成22年度には暫定値ではありますが、37%で目標には到達しておりません。今後は、健診会場を3か所増やして、受診しやすい体制づくりに努めているところでございます。

 引き続き、疾病の予防や早期発見を図り、医療費の適正化に努めてまいります。

 なお、4月より実施予定だったヒブワクチンと小児肺炎球菌ワクチンについては、一部で死亡例が3月初旬に発表されたことを受けて、調査のためスタートを見合わせておりましたが、以後、副反応の動向を厚生労働省と確認してきたところであり、ある程度の安全性が確保されましたので、7月から接種を開始いたします。

 次に、教育関係でございますが、川島町立幼稚園、小学校、中学校エアコン設置工事については、平成22年度安全安心な学校づくり交付金事業の採択を受けて実施するもので、それぞれ4月に契約を締結し、工事に着手いたしました。

 伊草小学校太陽光発電設置事業に関しましては、設計業務委託の契約を5月30日に締結したところでございますが、現時点では、残念なことに補助金の交付は未確定であり、実施に当たっては検討課題となっております。

 また、八ツ保小学校校舎屋根改修工事及び川島町立小学校児童用の机・いす購入事業に関しては、夏休み期間に実施する予定で準備を進めております。

 なお、購入事業については、今定例会に議案として上程させていただいておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

 以上で行政報告とさせていただきます。ありがとうございました。



○小高春雄議長 ご苦労さまでした。

 次に、教育長より報告を求めます。

 丸山教育長



◎教育長(丸山一男) おはようございます。

 議長より報告を求められておりますので、教育委員会所管の行政報告を申し上げます。

 初めに、議員の皆様には、幼稚園並びに小・中学校の卒業式及び入学式に際し、ご多用の中をご臨席賜りましてまことにありがとうございました。ここに、改めて感謝申し上げます。

 なお、今年度の公立幼稚園、小学校、中学校の園児・児童・生徒数は、4月6日現在ですが、園児が102名で前年比21名の減であります。児童が1,134名で前年比40名の減、生徒数が574名で前年比9名の減となっております。

 さて、3月11日に発生しました東北地方・太平洋沖地震は、東北、関東の太平洋沿岸の市町村に甚大な被害をもたらし、2か月以上たった今も10万人近くの方々が不自由な避難生活を余儀なくされております。改めて、不幸にして亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された方々に謹んでお見舞い申し上げます。

 この地震によりまして、教育委員会所管の施設や事業にも若干の影響がございました。

 まず、学校施設でございますが、川島中学校で体育館の柱が損傷し、コンクリートの一部が欠落しました。また、西中学校でも受水槽に通ずる水道管が損傷を受けました。いずれも学校運営に支障が生じるため、緊急に修繕を施したところでございます。

 なお、西中学校におきましては、現在は使用していない合併処理浄化槽が隆起してしまったため、その撤去と解体処理工事をすべく、今回、予算の補正をお願いさせていただいているところであります。

 そして、何よりよかったのは、1人の子供も地震によるけががなかったことであります。先生方の的確な判断と行動に感謝申し上げる次第であります。

 次に、被災地からの児童等の受け入れでございますが、東京電力福島第一原子力発電所の事故の影響で、3月21日に福島県双葉郡富岡町から知人を頼って父親と小学校6年生の子1人が転入し、諸手続を経て、4月1日付で出丸小学校に転入学いたしました。

 なお、この子については、学用品一式が埼玉県より支給されております。

 次に、学校給食への影響ですが、東京電力による計画停電が3月14日より実施されたことに伴いまして、3月15日は給食を中止してお弁当になりました。また、3月22日には、おにぎりと牛乳、デザートのみの簡易給食とさせていただきました。4月14日も調理をする時間帯に停電が予定されておりましたので、パンとジャム、デザート、牛乳といった簡易給食を実施させていただきました。現在は、計画停電も回避されており、食材も確保されている状況ですので、通常給食を実施しております。電力供給は、今後も余談を許さない状況ですが、引き続き、安全安心でおいしい学校給食を実施できるよう、職員一同、努力してまいります。

 また、計画停電の実施に伴いまして、公民館を初め、各種社会教育施設及び学校体育館の夜間利用を制限させていただいておりましたが、3月下旬より停電が実行されていないことや町民の皆様のスポーツ・文化活動の停滞が懸念されることなどから、通常使用電力の25%相当を抑制してもらうことを条件に、5月1日より施設の利用を再開させていただきました。

 次に、事業の中止について報告いたします。

 まず、中学生海外派遣事業でございます。

 本事業につきましては、平成5年度より毎年実施させていただいており、本年につきましても、オーストラリア国クイーンズランド州サンシャインコースト市への派遣を予定しておりました。

 しかし、東日本大震災やニュージーランド地震の影響が多方面に及んでいることから、やむを得なく中止させていただいたところであります。これまでにも、SARSや新型インフルエンザの世界的流行により中止にしたことがございましたが、本年も生徒の安全確保を第一に考え、決定させていただきましたので、ご理解お願いいたします。

 また、4月9日に、川島町民会館において開催を予定しておりました第24回郷土芸能祭万作サミットin川島につきましても、計画停電中のこともあり、さらに東日本大震災の発生から1か月たたないこともあり、その被害に配慮して中止させていただきました。

 次に、平成22年度から繰越明許しました事業について、ご報告申し上げます。

 まず、小見野小学校校旗購入事業ですが、4月8日の入学式にお披露目することができ、ご寄附いただいた当町出身の横川亨様も秩父市から駆けつけていただきました。ぜひ、小見野小学校には、横川様の母校に対する思いを尊重し、大切に使っていただきたいと思います。

 小学校図書整備事業につきましては、国の地域活性化交付金事業の採択を受け、学校図書館、図書標準を満たしていない伊草小学校と小見野小学校の不足冊数を購入するものですが、納入業者も決定し、今月中に納品されることになりました。これにより、町内すべての小・中学校で図書標準を達成することができることになります。

 次に、幼稚園、小・中学校のエアコン設置事業ですが、この事業につきましては、国の安全安心な学校づくり交付金事業の採択を受け、普通教室にエアコンを整備するもので、4月に入札を執行していただき、請負業者と契約を締結いたしました。今後、早期完了を目指して工事をしていくわけですが、東日本大震災の影響により部材の調達が不安定のため、工期を延長せざるを得ない状況になっています。

 次に、出丸公民館耐震診断調査業務委託についてですが、調査報告書の内容につきまして、5月に社団法人埼玉建設設計管理協会既存建設物耐震性能判定委員会の判定を受けたところでございます。

 また、図書館書架、仕切り棚整備事業につきましては4月中に完了しており、図書館図書購入事業につきましても、計画どおり図書の購入を実施しております。

 続きまして、教育総務課関係の事務事業をご報告申し上げます。

 教育委員会は、3月17日に臨時会を開き、委員長の選任を初め、委員会構成について審議いたしました。その結果、委員長に長島常雄委員、委員長職務代理に小島小百合委員が選任され、新たな体制でスタートを切りました。また、4月1日には、さきの定例会でご同意いただきました鈴木喜久雄氏が町長から任命され、新たな委員として活躍いただいているところであります。

 次に、新学習指導要領についてですが、質量ともに従来のものより充実が図られた新学習指導要領は、今年度から小学校で実施されております。新学習指導要領は、子供たちの生きる力をより一層はぐくむことを目指したもので、小学校では授業時数の増加や外国語活動の導入などが図られております。現在のところ、大きな支障もなく、スムーズに移行できているということであります。今後も、知・徳・体のバランスがとれた生きる力を養っていけるよう指導してまいります。

 次に、町立小学校児童用机・いす等購入事業についてですが、本事業は老朽化している机、いすを新しい規格の机等に更新するものであり、このほど、仮契約が済みましたので、本定例会に物品購入契約議案として提案させていただいております。子供たちの学習環境を整備する一環として事業実施させていただくもので、よろしくお願い申し上げます。

 続きまして、生涯学習課関係の事務事業について、ご報告いたします。

 まず、第4次川島町生涯学習推進総合計画の策定でございます。平成22年度末で終了した第3次の計画にかわり、平成23年度から27年度の5か年間を計画期間とする第4次川島町生涯学習推進総合計画を策定いたしました。本計画は、本町の生涯学習推進における根幹的な総合計画であり、基本理念を「見つけた、私の好きなこと、つくろう、みんなの好きな町」と定め、町民の皆様のより一層の生涯学習を推進していくものであります。計画では、この基本理念を踏まえて、「地域の力で子供を育てよう」「いつまでも健康、生き生き輝こう」「チャレンジ、そして変化を楽しもう」という3つの観点に基づいて6つの基本目標を設定いたしました。

 基本目標は、1、子供をはぐくむ地域教育力の向上、2、家庭教育力の向上、3、健康づくりとスポーツ推進、4、生きがいづくりと多様な学習活動の振興と支援、5、文化芸術振興と伝統文化の継承、6、地域社会の変化に対応する学習の推進とし、それぞれの目標に沿って具体的な取り組み項目を定めております。

 今後も、生涯学習という大きな視点の中で、町民の皆様1人1人が生きがいを見つけ、協働のまちづくりが進められるよう努力してまいります。

 次に、地域子供教室事業についてですが、この事業につきましては、世代間交流を通して地域の教育力を高め、学年を超えた異年齢との活動の中で本町の自然、文化、人のすばらしさを新たな視点で再発見し、心豊かにたくましく自信を持って生きることできる子供をはぐくむことを目的として、平成18年度から実施しているものであります。本年も運営の中心的存在であるコーディネーターの会議を4月22日に開催いたしました。教室は、各公民館を活動拠点に、年間12回程度を行うことになっております。活動に当たっては、まとめ役であるコーディネーターと教室の指導に当たるクラブリーダー及び多数のボランティアのご協力をいただいて行っております。

 このほかの主な事業についてですが、第19回川島町グラウンドゴルフ大会を4月17日に平成の森公園多目的広場において開催しました。当日は、21チーム、204名が参加し、A、Bブロックに分かれて競技を行いました。その結果、宮富久Aチームと畑中Aチームが優勝し、両チームには比企地区の大会に出場いただくことになりました。

 また、4月29日、昭和の日に、第27回川島一周ハイクを多くの団体や関係機関のご協力を得て開催いたしました。当日は晴天に恵まれたものの、東日本大震災の影響もあってか、例年より1割ほど少ない1,018人の参加となりました。また、完歩賞は267人、町外からの参加者は144人でした。

 以上、簡単ではございますか、教育委員会所管の行政報告といたします。ありがとうございました。



○小高春雄議長 ご苦労さまでした。

 以上で行政報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第2号の上程、説明、質疑



○小高春雄議長 日程第5、報告第2号 寄附の受け入れについてを議題とし、事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 石島政策推進課長

     〔政策推進課長細部説明〕



○小高春雄議長 ただいまの報告内容説明に対し、発言があればこれを許します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 以上、報告のとおりといたします。

 休憩します。なお、10時35分より再開いたします。



△休憩 午前10時17分



△再開 午前10時35分



○小高春雄議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△町長提出議案の一括上程、説明



○小高春雄議長 日程第6、報告第3号 平成22年度川島町一般会計繰越明許費繰越計算について、日程第7、議案第28号 川島町下水道条例の一部を改正する条例を定めることについて、日程第8、議案第29号 平成23年度川島町一般会計補正予算(第1号)、日程第9、議案第30号 町道路線の廃止について(町道5626号線外1路線)、日程第10、議案第31号 町道路線の認定について(町道5775号線)、日程第11、議案第32号 町道路線の認定について(町道3548号線外3路線)、日程第12、議案第33号 物品購入契約の締結について、日程第13、諮問第1号 人権擁護委員の推薦について、以上8件を一括上程いたします。

 提案理由の説明を求めます。

 高田町長

     〔高田康男町長 登壇〕



◎町長(高田康男) それでは、議長の命に従いまして、議案についての提案理由を申し上げます。報告第3号 平成22年度川島町一般会計繰越明許費繰越計算についてでございますが、都市計画図作成及び統合型GIS構築事業や道路維持事業等につきまして、それぞれ事業費を計算書のとおり平成23年度予算に繰り越しいたしましたので、地方自治法施行令第164条第2項の規定に基づき報告するものでございます。

 議案第28号 川島町下水道条例の一部を改正する条例を定めることについてですが、この案は、日本下水道協会埼玉県支部の名称が埼玉県下水道協会に変更されることに伴い、条例の所要の改正をいたしたいとするものでございます。

 議案第29号 平成23年度川島町一般会計補正予算(第1号)ですが、この案は、さきの東日本大震災に係る被害に対応する経費を緊急に追加するもので、歳入においては基金繰入金の追加、または歳出においては清掃費や中学校費の追加など、既定の予算に変更を加えるものでございます。

 議案第30号 町道路線の廃止についてでございますが、この案は、新設改良工事に伴い、起終点が変更するため、町道5626号線外1路線を廃止いたしたいとするものでございます。

 議案第31号 町道路線の認定についてですが、この案は、町道5775号線の起終点の変更に伴い、新たに町道を認定いたしたいとするものでございます。

 議案第32号 町道路線の認定についてですが、この案は、町道3548号線外3路線について、国の施行による圏央道整備事業に伴い、新たに町道を認定いたしたいとするものでございます。

 議案第33号 物品購入契約の締結についてですが、町立小学校児童用机、椅子の購入契約であります。議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定に基づき、提案をいたしたいとするものでございます。

 諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてですが、人権擁護委員矢部恒子氏の任期が平成23年9月30日で満了となるため、後任の人権擁護委員として埼玉県比企郡川島町大字白井沼838番地1、品川芳幸氏を推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により、議会の意見を求めるものでございます。

 以上、簡単ではございますが、提案理由の説明とさせていただきます。

 細部につきましては担当課長から説明いたさせますので、十分ご審議の上、提案どおり可決決定を賜りますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○小高春雄議長 ご苦労さまでした。

 お諮りいたします。

 今定例会に上程されました諮問第1号については、会議規則第39条第3項の規定により、常任委員会の付託を省略したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 異議なしと認めます。

 よって、上程されました諮問第1号については、常任委員会の付託を省略することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第3号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第6、報告第3号 平成22年度川島町一般会計繰越明許費繰越計算についてを議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 石島政策推進課長

     〔政策推進課長細部説明〕



○小高春雄議長 ただいまの報告内容説明に対し、発言があればこれを許します。

 道祖土議員



◆道祖土証議員 道祖土です。

 2月時点では、私は議員でなかったので、皆さんはご存じかもしれませんけれども、私はわからないので、ちょっと何点かお尋ねします。

 まず、小学校図書整備事業ということで90万円支出していますけれども、今回の一般財源からも支出してもよいと思うんですけれども、そういう考え方はなかったのですか。学校図書を充実するようにと思っていますので、一般財源を支出する考えがなかったのか。そういう考え方をしたのか、しなかったのか。今後、そういう気持ちはあるかどうか、お伺いしたいと思います。

 それから、エアコンですけれども、先程、教育長の行政報告にもありましたが、震災の関係で少しおくれるということなんですけれども、大よそのめどは立っているのか、それとも全然立っていないのか。

 それと、エアコンの工事方法、小学校、中学校、幼稚園で違うのか、同じなのか。それから、台数は、各小学校、中学校、幼稚園を教えていただきたいと思います。

 以上です。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) それでは、道祖土議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。

 まず、小学校図書整備事業についてですけれども、こちらについては、教育長の行政報告にもありましたように、文部科学省が設定しております学校図書館図書標準というものがありまして、基準冊数がございますが、それを充足するように毎年、一般財源等を使いまして整備しているところでございます。

 今回、地域活性化交付金、住民生活に光を注ぐ交付金事業がございましたので、こちらの事業を活用して、今現在、不足となっております伊草小学校と小見野小学校にそれぞれ不足冊数を整備するということで、すべての小学校、中学校の図書標準を充足するようになるということで、今回、こちらの交付金を活用させていただいたところでございます。

 それから、エアコンの設置事業でございますけれども、4月に請負業者と契約いたしまして、ここまで2回ほど事業者のほうと打ち合わせをさせていただいております。こちらにつきましても、教育長の行政報告にもありましたけれども、東日本大震災の影響もありまして、部材のほうがなかなか調達が難しいということもありまして、当初は電線類の調達がちょっと不安定という話もあったんですが、2回目の業者との打ち合わせの中で、ほぼ部材については調達見込みがついたということで、今後、本格的な工事に入っていくということで打ち合わせが済んでおります。

 ただ、エアコンの本体のほうは、なかなか夏場までの納期は難しいということで、最終的に工事が完了するのは夏場を過ぎた秋になる予定で、今、工事業者のほうと打ち合わせを進めているところであります。

 それから、工事の方法ということでありますけれども、普通教室にエアコンのほうを設置するということで、冷暖房のエアコンを設置いたしますけれども、ほとんどの教室には天井つり型のエアコンを設置するということになっております。ただ、西中学校の教室では、一部、床置き型のエアコンも設置することになっております。

 室外機についても、ベランダ等には極力設置しないで、生徒の安全を確保するという形で進める形になっております。

 それから、エアコンの設置台数でございますけれども、町立の小学校すべてで57教室、それから、中学校の普通教室で21教室、川島幼稚園には5教室ということで、全部で83教室に設置する予定になっております。

 エアコンについては、空冷のヒートポンプ式ということで、天井つり型と床置き型という形の機種を設置することになっております。

 以上でございます。



○小高春雄議長 道祖土議員



◆道祖土証議員 天井型と据え置き型、その台数がわかれば。

 あと、各小学校にというのも質問したんですけれども、それは、後でまた資料をいただければよろしいです。

 それと、図書整備の中で、一般財源からの繰り入れは考えなかったのかと。基準を上回ったということで、それは結構なことなんですけれども、できたら、基準を大幅に上回ったほうがいいのかなと、自分は思っていますので、その辺の考え方、今回はなかったのはわかっていますけれども、今後、そういう考え方ができるかどうかというのだけお聞きして終わりたいと思います。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) それでは、道祖土議員さんのご質問にお答えいたします。

 天井つり型と床置き型の台数ということですけれども、床置き型については、西中学校に3教室分、設置する予定になっております。ですので、残り80教室については、すべて天井つり型という形になっております。

 内訳ですけれども、中山小学校が15教室、伊草小学校が15教室、三保谷小学校、出丸小学校、八ツ保小学校が7教室、小見野小学校が6教室になります。中学校になりますが、川島中学校が10教室、西中学校が11教室ということになります。

 それから、図書購入の関係のご質問ですが、こちらについては、毎年、入れかえもありますので、一般財源のほうで予算のほうをつけさせていただいて、随時、新しい図書のほうに更新しているということになっております。

 大体、小学校、中学校ともに、今お話ししましたように100%を超えております。多いところでは、川島中学校は130%ぐらいということになっておりますので、せっかくのこの機会に、すべての小・中学校で標準冊数を超える蔵書数になりましたので、これを下回らないような形で努力してまいりたいと思います。よろしくお願いします。

 以上です。



○小高春雄議長 道祖土議員



◆道祖土証議員 図書館のほうの購入費の質問もしてあるんですけれども、今、学校関係は聞きましたが、図書館のほうをお願いします。



○小高春雄議長 柴田生涯学習課長



◎生涯学習課長(柴田一典) お答えさせていただきます。

 図書館につきましても、入れかえを含めて計画的に納入させていただいているわけなんですが、スペースの問題もございますので、それを含めて計画的に行っております。

 たまたま、この22年度に、こちらの住民生活に光をそそぐ交付金のほうで500万円という金額をいただきましたので、この範囲内で22年度、23年度につきましても整備は十分できるということを判断しましたので、今回、一般財源のほうからの出しはなしということで処理させていただいております。

 以上です。



○小高春雄議長 ほかに発言はありますか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 以上、報告のとおりといたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第28号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第7、議案第28号 川島町下水道条例の一部を改正する条例を定めることについてを議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 宮下上下水道課長

     〔上下水道課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第29号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第8、議案第29号 平成23年度川島町一般会計補正予算(第1号)を議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 石島政策推進課長

     〔政策推進課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 飯野議員



◆飯野徹也議員 飯野です。

 補正予算書の12ページ、教育費の学校管理費、西中学校の浄化槽解体撤去に399万円ほど見込まれておりますが、使っていなかった浄化槽が液状化によって浮き上がったというようなお話だと思いますが、どのような状態で、どのような構造の浄化槽だったのか。使っていないということでしたが、どういう状態で置かれていたのか、教えていただきたいと思います。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) それでは、飯野議員さんのご質問にお答えさせていただきます。

 西中学校の合併処理浄化槽につきましては、190人槽の合併処理浄化槽になります。建設当初は公共下水道もございませんでしたので、合併処理浄化槽によって処理された水を放流しているという状況でしたが、平成9年3月に公共下水道のほうに接続いたしまして、その後は、こちらの浄化槽については使用していないという状態でございました。

 今回、3月11日に地震が発生いたしまして、震度5強という大きな地震だったんですが、この地震によりまして、浄化槽に隣接して受水槽につながる50ミリの給水管が通っているんですが、そちらのほうは強い圧力を受けまして、揺れによりまして破損した影響で、水が大量に流出してしまったと。その関係で、浄化槽の下に水が流れ込みまして、強い揺れに合わせて浄化槽のほうが液状化のような状態で隆起してしまったということになっております。

 受水については、以上です。よろしくお願いします。



○小高春雄議長 飯野議員



◆飯野徹也議員 通常、浄化槽等を含めまして、地下の構造物、埋設物、190人槽というと、ある程度の容量があると思うんですが、使わなくなった場合は、そのまま放置してあったというふうに理解してよろしいですか。要は、普通、コンクリートでつくった構造物、空洞がありますと、中に、例えば亜硫酸ガスですとか、いろいろなそういうものが発生するおそれがありますので、底を抜いて、中に良質の山砂とか再生砂とか等を入れて、埋めた状態で残しておくというのが、これが普通の処理の仕方あるいは掘り上げてしまうかということになると思うんですが、そうしますと、ほかの小学校、中山小学校とか、あと、合併処理でなかったほかの構造物、浄化槽等の地下構造物が、そのままの状態、要は、くみ取りをして空洞になっているというふうに理解してよろしいんでしょうか。

 以上です。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) ただいまの飯野議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。

 平成9年のときに、公共下水道のほうに接続したという状態でおりましたけれども、中については空洞という状態になっているかと思います。また、中山小学校等についても、撤去したというような形ではありませんので、恐らく、今までその状態になっております。

 以上です。



○小高春雄議長 飯野議員



◆飯野徹也議員 そうしますと、今回のことは、いわゆる地震での液状化による浮上ということではなくて、当時の処理の仕方が、逆に言えば悪かったためというふうに理解せざるを得ないと思うんですが、普通のこういった公共下水道への切りかえ等で公共施設には大きな浄化槽が各地で残っておりますが、通常、どこの市町村におきましても、必ず底部に穴を開けて、地下水からによる浮上防止を行った上で適正なもので埋め戻しをして、将来に危険な状態を残さないようにするということが、私としては常識なんじゃないかと思うので、そういったところが、例えば、ほかの庁舎や公民館等におきましてあるようでしたら、できるだけ早く現況を調査して、報告をお願いしたいと思います。

 以上です。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) それでは、ただいまの飯野議員さんのご質問にお答えいたします。

 飯野議員さんのご指摘もありましたので、今後、そういった公共下水道への切りかえをした公共施設についても現況確認していきたいと思います。よろしくお願いします。



○小高春雄議長 ほかに質疑はありませんか。

 石川議員



◆石川征郎議員 石川です。

 衛生費の中の災害等廃棄物処理料について、ちょっとお伺い申し上げます。

 3月11日の東日本大震災の我が町におけるかわら等の被害における一時借り受けという形で町のほうで受けていただいたことは、まことに住民にとってもありがたいことかなと思うんですが、そのことが5月28日をもって最終だというふうに聞いております。今後、どのように対応するのか、その辺をお伺い申し上げます。



○小高春雄議長 嶋田町民生活課長



◎町民生活課長(嶋田時夫) それでは、石川議員さんのご質問にお答えさせていただきたいと思います。

 ご案内の件につきましては、議員さんのおっしゃったとおりでございまして、この件につきましては、各地区からの報告に基づきまして、かわら等が飛散して2次災害も想定されましたので、町民の皆様の宅地内で置き場に困っておられる状況から、その災害ごみを緊急避難措置として町有地に収集し、処分することとしたものでございます。

 日程につきましては、当初は、3月末日をもってということで町有地への搬入という予定でございましたが、その後の町民の皆様のかわら等の搬入がまだ間に合わないということで、4月、5月ということで2回にわたりまして搬入のほうをさせていただいたという状況でございます。それで、今回の補正で、その搬入をしていただいたものを処分させていただきたいというものでございますので、よろしくお願いします。



○小高春雄議長 石川議員



◆石川征郎議員 そうしますと、5月28日の最終をもって、今後はその辺のことはないと、受け入れはないというふうに理解してよろしいですか。



○小高春雄議長 嶋田町民生活課長



◎町民生活課長(嶋田時夫) 先程も申し上げましたが、あくまで緊急避難的措置ということでございますので、今回の補正予算の範囲内で処分のほうをさせていただきたいと思います。よろしくお願いします。



○小高春雄議長 石川議員



◆石川征郎議員 わかりました。



○小高春雄議長 ほかに質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第30号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第9、議案第30号 町道路線の廃止について(町道5626号線外1路線)を議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 伊藤まち整備課長

     〔まち整備課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第31号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第10、議案第31号 町道路線の認定について(町道5775号線)を議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 伊藤まち整備課長

     〔まち整備課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第32号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第11、議案第32号 町道路線の認定について(町道3548号線外3路線)を議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 伊藤まち整備課長

     〔まち整備課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第33号の説明、質疑



○小高春雄議長 日程第12、議案第33号 物品購入契約の締結についてを議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 渡辺教育総務課長

     〔教育総務課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 森田議員



◆森田敏男議員 入札結果表を見て、品物というのは、全部同じ品物なのかをお尋ねします。

 もう1点、10社入札に入っているんですけれども、4社ですか、2社、2社が同じ金額なんですけれども、これはどういう関係で、同一製品なら、同じものだと698万円ですか、一番高いところは986万円で、約300万円の差が出ているということは、品物が相当違うんじゃないかと思うんですが、その点を聞きたいと思います。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) それでは、ただいまの森田議員さんのご質問にお答えいたします。

 今回購入する机といすにおきましては、学校現場の要望等も聞きまして製品のほうを決めさせていただいております。コクヨ社製ということで製品のほうは限定させていただきまして、主要メーカーのこういった児童用の机、いすの場合に、足がT字型になっているものとU字型ということで、足を広げると伸ばせるような規格のものがございまして、今回は、U字型の足をつけているコクヨ社製ということで製品のほうを限定して入札をさせていただきました。

 ですので、金額の差は開きがありますが、製品については、同じものとして見積もりをしていただいております。

 以上です。



○小高春雄議長 森田議員



◆森田敏男議員 見積もりは、まるっきり、この10社全部同じ製品ということでいいんですか。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) ただいまの森田議員さんのご質問にお答えさせていただきます。

 ただいまお話ししましたように、仕様の中身は同じコクヨ社製の机といすということで入札していただくように10社の業者のほうには説明をさせていただいております。

 以上です。



○小高春雄議長 森田議員



◆森田敏男議員 ありがとうございました。よくわかりました。



○小高春雄議長 ほかに質疑ありませんか。

 爲水議員



◆爲水順二議員 爲水です。

 今の関連として質問させていただきます。

 300万円ほどの差があるという質問でしたけれども、この最高額と最低額の単価がわかれば教えていただきたいと思います。

 また、先程の説明の中に、搬入搬出、そして、廃棄が処分ということで入っているというふうに説明がございましたけれども、その辺の金額についても、わかればお伺いしたいというふうに思います。

 あと、落札率についてもお願いいたします。

 そして、10社が指名競争入札ということで入札されているわけでございますけれども、この中に川島の業者はいるのか。また、いなければ、川島で物品購入に対応できる業者はないのか、お伺いいたします。



○小高春雄議長 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) ただいまの爲水議員さんのご質問にお答えしたいと思います。

 まず、仕様の中身で、購入・搬入設置費用、また、搬出・廃棄処分費用ということで、どのくらいの差があるのかというお話ですけれども、単純な単価で比べますと、今回、落札しました株式会社細村は、新規の机、いすの代金、また、搬入・設置費用、それから、搬出・廃棄費用、それぞれ1基当たりで単純に計算しますと1万5,000円ぐらいになります。一番高い値を入れました良元機器、また、ムトーセーフにつきましては約2万2,000円ぐらいという差が出ております。

 それから、町内にこういった納入する業者はないのかということでございますけれども、指名委員会のほうで選定していただいた業者の中には、町内の業者は入ってございませんでした。

 あと、落札率についてでよろしいでしょうか。ちょっと今、手元ですぐに出せませんので、計算しましてお答えさせていただきます。よろしくお願いします。



○小高春雄議長 暫時休憩します。



△休憩 午前11時32分



△再開 午前11時34分



○小高春雄議長 再開します。

 渡辺教育総務課長



◎教育総務課長(渡辺英夫) 大変失礼しました。

 落札率ですが、83.4%になります。

 以上です。



○小高春雄議長 爲水議員



◆爲水順二議員 先程、単価をお伺いしたところ、倍近く違うようですけれども、これは今、いすという形でお答えいただいたような気がするんですけれども、いすと机とセットですか。わかりました。

 入札の業者の関係なんですけれども、川島の町内では、そういった対応できる業者はいなかったのかどうかというお答えをいただいていなかったような気がするので、お願いいたします。



○小高春雄議長 石島政策推進課長



◎政策推進課長(石島一久) 町内の対応できる業者さんということですけれども、町内に対応する部分がないということで、町内の業者は入らず、選定をさせていただいたという経緯でございます。

 よろしくお願いします。



○小高春雄議長 ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諮問第1号の説明、質疑、討論、採決



○小高春雄議長 日程第13、諮問第1号 人権擁護委員の推薦についてを議題とし、事務局より朗読いたします。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 所管課長の説明を求めます。

 粕谷総務課長

     〔総務課長細部説明〕



○小高春雄議長 本案について質疑を受けます。

 質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 質疑を終結し、討論に入ります。

 初めに、反対の方の発言を許します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 次に、賛成の方の発言を許します。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 討論を終結し、採決に入ります。

 諮問第1号 人権擁護委員の推薦については、原案どおり承認することにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 異議なしと認めます。

 よって、諮問第1号 人権擁護委員の推薦については原案どおり承認することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の各常任委員会所管事務調査事項の報告について



○小高春雄議長 続きまして、閉会中の各常任委員会所管事務調査事項の報告についてですが、会議規則第73条の規定により、議長に6月13日までに報告していただきたいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の委員会付託



○小高春雄議長 以上で今定例会に上程されました全議案・全議事については説明、質疑は終了いたしました。

 上程されました議案等については、会議規則第39条第1項の規定により、各所管の常任委員会に付託したいと存じます。

 付託案件を事務局より朗読します。

 事務局長

     〔事務局長朗読〕



○小高春雄議長 ただいま事務局より朗読いたしましたとおり付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○小高春雄議長 異議なしと認め、各常任委員会に付託することに決定いたしました。

 なお、付託文書表は配付のとおりであります。各委員会の審査日程は、申し入れのあったとおりです。各委員会において慎重審議していただくことをお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○小高春雄議長 長時間にわたり慎重審議、まことにありがとうございました。

 本日は、これにて散会といたします。

 なお、次の本会議は6月13日午前9時30分から開会といたします。定刻までに本会議場にご参集いただきたいと思いますので、よろしくお願い申し上げます。

 長時間にわたり、ご苦労さまでした。



△散会 午前11時40分